2021.5.14.

AIRDO、ソラシドエアの業容について

  (2020年度上期決算より)

513日の日経新聞およびNHKにて、AIRDO/ソラシドエアが共同で持ち株会社を

設立する方向で調整を進めていると報じられた。

両社は「決定・発表したものではない」としている。

 

いかし両社ともに、

 コロナの影響を受けて業績悪化し、経営再建が必要なこと

 ANAと全便コードシェアし、予約販売システムもANAと共用であるなど、事業形態が類似していて、

  統合による効率化効果が考えられること

  AIRDOは北海道を、ソラシドは九州を主要市場としていて、統合は販売面でも効果が期待されること

 政投銀を筆頭株主とし、ANA2番目の株主であること、

等の事情を考えれば、この統合は十分合理的なものと考えられる。

 

 

下表は両社の事業形態とその規模を表わしたものである。

また下表は2020年度上期の収支実績を表わしたものである。

コロナの影響で大幅な旅客減となり、収入の過半をANAからのコードシェア収入に依存

 

した形となっている。

更に詳しくは、以下のレポートをご参照下さい。

 

2021.1.27. Air Do、ソラシドエアの収支・財務状況(上期実績分析)

2020.5.31. 中堅3社の2019年度決算

 

 

                                                    以上(Y.A

4月5日
航空機小型化で物流配送に遅延

DL、人員不足で一部運休も など

4月4日
ワクチンパスポート
SKY上場へ など

各国航空会社のコロナ禍への対応