欧州3社、揃って赤字1兆円規模

  機材リストラ急ぐ。 AFは債務超過に、IAGは増資で回避、LHも厳しい

  欧州主要3社(LufthanzaLHAF-KLMIAG)の2020年連結決算を概観した

 

  (注1EUR=130円で換算して円貨で表示。

  (注2) 単純化した内容で分かり易く説明(例;借入金にはリース債務を含む)。

  (注3) 税前利益-特殊(リストラ)要素 ⇒「事業利益」とした。

 

13社の収益性

  

   ・ 収入規模(2019ベース)は4.7兆円(LH)~3.3兆円(IAG)。

       2020年の収入は前年の3割(IAG)~4割(AF)だが、その約半分はコロナ影響の
少ない第1四半期に稼いだものであることに留意(詳細後述)。

     コロナの影響を受けた2020年の「事業損失」は▲6~▲7千億円でほぼ横並び。

     リストラ等の特殊費用(2020)は2500億円(AF)~4000億円(LH)。

     税前損益(2020)は▲9千億円(AF)~▲1.1兆円(LH)。

 

     当期損益(2020)は3社ほぼ横一線の▲9千億円。

 2.リストラ等費用; 機材、リストラ、ヘッジ損

 

   ・ ヘッジ損主に燃油から発生(大幅減便→結果的    
           に
ヘッジ過剰)、LHは通貨ヘッジも。

 

     リストラ; LHはケイタリング事業(欧州事業処   
        分)やMRO事業から発生。

         AF-KLIAGは主に雇用調整から発生。

 

 

     機材減損; 退役(含予定)機材を減損処理、詳細後述。

 3.各社の事業構造

 

   ・LH; 4つのFSC1つのLCCEurowing)、Logistics(貨物事業)、そしてMRO(整備)、

 Catering等から成る。

        Catering事業は大幅に縮小(欧州事業を処分)。

        貨物事業は好調で、前年の売上を上回っている。

 

   AF-KL AFKLMのほか、LCCTransvia)、Maint(整備)事業を持つ。

 

IAG BA、イベリア等4社のFSC1社のLCCLEVEL)から成る。

 

     但しLEVELは近距離事業から撤退、僅かに長距離便のみ残る。 

 4.機材の状況

   

   ・各社の機材(大きさにより大まかに分類)状況は下表のとおり。

   ・各社ともに経年機、大型機を中心に大幅な退役を予定(IAGは既に実行)し、
    2020年決算で減損処理を行っている。

 

   ・中でも大型のA380A340や旧式小型のA319A320等の退役を急いでいる。 

 5.財務状況

 

   ・各社借入金により(IAGは大規模な増資も)、手元資金の積み増しを図っている。

   ・借入金の規模は、1.8兆円(IAG)~2.4兆円(AF)となった。

   ・手元資金の規模は7000億円(LH)~9000億円(AF)。

   ・キャッシュフローをみると、営業活動による資金流出は▲3200億円(LH)~

     4800億円(IAG)程度、即ち当期赤字の46割程度。

 

減価償却費のほかCash流出を伴わない減損処理が多かったことによる。

 6.今後の展望

 

   ・ 右図は各社の売上高(対前年比;%)を四半期別に示したものである。

 

    第4四半期に至っても回復は弱く、収入は前年の20%(IAG)~36%(AF)である。

     第24四半期では平均3割にも届いておらず、今も厳しい状況と言わざるを得ない。

 

ワクチン効果の規模とスピードを期待したい。

 

  回復が遅れれば、各社2021年中に更なる資金調達が必要になるのではないか。

金利負担加重化も心配なところである。

 

 

 

 

                    以上(Y.A

6月4日

九州で大手系列越え初の共同運航

米ユナイテッド航空、超音速機購入へ