2021.5.5.

欧州トップLCC ライアンエアの業績(1~3月は再び需要消失)

  強い財務力もかなり低下

欧州トップLCCであり、旅客数では主要3社グループ(LH,AF-KLIAG)をも上回るRyanairの今年度の業績を概観します。

(注)金額はEUR()131.93円で換算して表示。

 

1.Ryanの機材規模; 全小型機で467機(含子会社)

 

Ryanairは傘下に4つの子会社を持ち、機材はB737で統一運用している。

最近(2018年)子会社化したラウダ(オーストリアがベース)のみA320であるが、増機のための発注を取り消す等、今後B737化していく方向である。

 

今後Ryanが導入する機材は全てB737MAXRyanB737-8200Game Changerと呼称)である。 現有機に比べて座席は+4%、燃油効率+16%、騒音は40%低減と公称している。

 

 

MAX2019年に運航停止となったことで導入を止めていたが、運航再開が認められため2020.12月には75機を追加発注した。20213月までに初号機を受領する予定。

2. 輸送量の月別推移; 

 

 コロナの影響を受けた2021年度(2020.4

 2021.32021年度と定義)実績をその前2ヵ月

 と比べると;

 ・2020.3月中旬~6月の3ヵ月間は需要が消

  失、99%の機材が運航停止した。

  夏場には回復の兆し(8月は対前年46%)も

  見えたが、再び感染拡大、12/19~20日には

  EUが英国渡航を禁止し、需要はまたもや消

  失状態となった。

 

 ・Ryan2021年の年間度旅客数27百万人。

  これは部分的にコロナの影響が入った前年(148百万人)と比べても▲82%減である。

 

 ・しかしながら、ワクチン接種が進んでおり、  

 

  2022年度は回復が期待されている。

2020.4~12月の収支実績; 税前赤字▲1000億円

 

 収入;当年9か月間の旅客数は25百万人で前年の▲8割減、これに連動して収入も▲8割減の2000億円であった。

     うち運賃収入はその2/3であり、残る1/3が付加収入である。

     超格安の基本運賃(表示運賃)に加えて様々な名目の付加料金(機内飲食・手荷物・優先搭乗・

     支払手数料など数々)で目いっぱい稼ぐというRyanモデルが表れてい

 

 費用;費用を眺めるとRyanの削減率は主要3社と比べて各段に高い。

     収入前年比▲79%、供給座席▲72%に対応する事業費用は▲65%である。

     思い切った減便による変動費削減は無論であるが、固定的な費用の削減率も高い。

     特に人件費は▲58%(うち▲8%は政府補助金)となっている。 

     詳細不詳ながら、厳しい施策がとられていると考えられる。

 

  損益;事業損益は▲708億円。 これにヘッジ損(燃油・通貨)を処理した税前利益は▲1049億円である。

 

 

   通年見通し; 13月の旅客数は前年の1割にも満たない。
   Ryanは通年の事業損益を▲850~▲950百万ユーロ(▲1120~▲1250億円)と予想している。

14. 財務状況とキャッシュフロー; 

 

 ・財務状況; 借入金増加(+1710億円)の一方で現預金が減少(▲420億円)、資金力は
大幅に低下した。 当期赤字と、前期末未払金の精算による資金流出が多きかったためである。(借入金依存度29%↗43%と上昇)

   
純資産は、赤字による目減りを増資で補完し、ほぼ期首なみの自己資本比率を維持した(3336%)。

   
現預金残高を年間売上高(2019)との対比でみると4.9ヵ月分、借入金残高は7.8ヵ月分
となる。 低下したとはいえ、資金力はまだかなり高いといえよう。

 

 ャッシュフロー; 増資と借入金で2267億円を調達(返済net後)した。

赤字による流出は約400億円(減価償却等による歩留まり後)、設備投資はあったが、機材売却やメーカーからの償還金によりむしろ150億円の受取増であった。


他方期首に残っていた未払金の精算による資金流出等が大きく、上述の資金調達にも拘わらず
手元資金は▲420億円の減少となった。

 

 

                                                                                    

                                                       以上(Y.A

6月4日

九州で大手系列越え初の共同運航

米ユナイテッド航空、超音速機購入へ