2021.6.2.

数字で読み解くAIR DOとソラシドエアの決算

  相似の両社、増資後中小企業に

この度発表されたAIR DO(ADO)とソラシドエア(SNA)の2020年度決算を数字で読み解いてみました。

 

ANAとのコードシェアなど両社の事業形態は双子のように相似しており、今回の決算も

同じような結果となった。

両社は共同持ち株会社のもとに提携を深化させる(10月予定)。

 

1.収支と収益性指標(前年比)

 

  AIR DO

     便数▲37%減→座席㌔▲47%減、差はANA席数の割合が増えたことによる。

     旅客数は▲72%、搭乗率が6937%と大きく落ち込んだため。

     営業収益は▲62%の174億円。 コードシェア収入が旅客減を補った。

     営業損益は▲130億円の赤字。

     雇用調整助成金(6億円)を得たが、支払利息が大きく、経常損益は▲132億円。

     特別損失(2億円)は、退役機材(B767)の減損と思われる。

     当期損益は▲122億円。

     1便当り収入は▲4割減の129万円、固定費効率低下で費用が1割上昇、

→便当り損益は▲96万円。

 

  ソラシドエア;

     便数▲31%減→座席㌔▲33%減、差はANA席数の割合が増えたことによる。

     旅客数は▲63%、搭乗率が6435%と大きく落ち込んだため。

     営業収益は▲52%の203億円。 コードシェア収入が旅客減を補った。

     営業損益は▲105億円の赤字。

     雇用調整助成金(8億円)を得、支払利息が少なく、経常損益は▲96億円。

     当期損益は▲77億円。

     1便当り収入は▲3割減の109万円、固定費効率低下で費用が1割上昇、

 

→便当り損益は▲56万円。

2.財務状況(期中の変化)

 

 AIR DO

     借入金(含関連会社から)は110億円増えて132億円となった。

     一方手元資金は▲7億円減って160億円となった。

     それらの増減差(▲117億円)は、要素は多々あるが、突き詰めれば赤字(▲122億円)によるところが大きい(リース依存→有形固定資産少→償却費による回収少)。

     繰延税金資産が5億円増えて18億円となった(赤字→将来の税圧縮)。

     純資産は▲106億円減って、22億円となった(赤字がヘッジ評価益で減殺)。

 

 ソラシド;

     借入金は133億円増えて187億円となった。

     一方手元資金は+64億円増えて121億円となった。

     それらの増減差(▲69億円)は、要素は多々あるが、突き詰めれば赤字(▲77億円)に  

    よるところが大きい(リース依存→有形固定資産少→償却費による回収少)。

     繰延税金資産が13億円増えて37億円となった(赤字→将来の税圧縮)。

     純資産は▲61億円減って、58億円となった(赤字がヘッジ評価益で減殺)。

 

2.増資とその後の処理

 

 AIR DO; 増資で70億円を調達する。

 

     資本金;増資後「1億円」にまで減資、税務優遇の多い小規模企業とする。

     資本剰余金;増資と資本金の振替わりで増加した資本剰余金から、▲17億円を充てて

       累損(利益剰余金▲17億円)を消却する。

     純資産は増資後は92億円となる。

 

  ソラシドエア; 増資で25億円を調達する。

 

     資本金;増資後「1億円」にまで減資、税務優遇の多い小規模企業とする。

     資本剰余金;増資と資本金の振替わりで増加し、52億円となる。

     2020年度には赤字だったが、利益剰余金は残っている(21億円)。

     純資産は増資後は83億円となる。

 

 

                                                   以上(Y.A

 

以下のレポート(事業構造を詳述)もご参照下さい。

 

2021.1.27. Air Do、ソラシドエアの収支・財務状況(上期実績分析)

4月5日
航空機小型化で物流配送に遅延

DL、人員不足で一部運休も など

4月4日
ワクチンパスポート
SKY上場へ など

各国航空会社のコロナ禍への対応