英国航空市場の構造と現状(1)

2020.10.20.

英国航空市場の構造と現状(1

 

コロナは欧州の航空市場にも甚大な影響をもたらしていますが、今回は英国に注目し、その市場の構造と現在の状況について2回に分けて概観します。

前半の今回は英国の市場構造の概観を、次回は国内線、国際線の構造をもう少し詳しく述べ、

その後コロナの影響を受けている現況について述べます。

なお市場構造は2019年の実績を、現況は202018月の実績をもとにしております。

(注) データは英国空港当局、国交省統計による、また図はグーグルMapによる。

 

Ⅰ.英国航空市場の構造; 大きな国際線ネットワーク

 

1.         英国の航空市場概観; 

下表1は英国の内際別航空旅客数を、下表2は英国系航空会社の旅客実績を、そして下表3は発着空港別(ロンドン/その他空港別)旅客数を示したものである。

 

1) 国内線の規模は2251万人、国際線が25530万人であり、うちEU国への路線で1.7人となっている。

《参考》 日本の航空市場と比べると、国内線は日本(1.14億人)の1/5であるが、国際線は日本(1.03億人)の2.5倍であり、市場範囲が広く旅客数の規模も各段に大きい。

 《参考》 日本との旅客数比較(2019


 

2)英国の主な航空会社は下表2のとおりであり、これらの会社で英国の国内線全てと国際線旅客の52%を輸送している。

      旅客数で見る限り、短距離LCCの「easyJet」が52百万人で最も多い。

      最大手の「英国航空」が国際線を中心に45百万人。

      LCC2番手の「Jet2」が欧州路線で14百万人を運んでいる。

      長距離国際線中心の「Virgin Atlantic」が574万人。

      Flybe」とBA子会社の「cityflyer」が国内線と近距離欧州線を担っているが、「Flybe」は破綻して3月に運航を終了した。

      旅行会社系の「Tui Airways」が不定期便中心に12百万人を運んでいる。

      Thomas Cook航空」もTui同様にかなりのシェアを占めていたが、旅行大手のトーマスクックグループ破綻とともに運航を終了した(2019.9月)。

      ほかに、WizzairNorwegianUK子会社等がある。

 

3)旅客の発着空港をロンドン(6空港)とその他に分けてみると;

      国内線は55%がロンドン発着旅客であり、

      EU路線は59%が、その他の国際線は80%がロンドン発着旅客である。  

 

  【英国航空市場の旅客概要(2019年;単位万人)】

 2         英国の空港概観; 

下図4はロンドンの6空港を示した地図、下図5は英国の主な空港を示した地図である。

また下表6は、各空港の発着旅客数を示している。

 

1)ロンドンの6空港;

ロンドンの中心市街にシティ空港、市街を取り巻くように5つの空港がある。

シティ空港; 短い滑走路(1500m級)と騒音対策のための急角度離発着のため小型機専用。2019年の発着旅客は5百万人。

ヒースロー空港; 最主要空港、特に長距離線は専らこの空港を使用。 発着旅客81百万人。

ガトウィック空港; ヒースローに続く第2の空港。 発着旅客47百万人。

スタンステッド空港; 欧州圏内路線が中心でRyanairの基地。 発着旅客28百万人。

ルートン空港; 滑走路が短く(2000m級)欧州圏内向け、TuiやWizzair、そしてRyanairの第2ベースとなっている。 発着旅客18百万人。

サウスエンド空港; 滑走路が短く(1800m級)、ロンドン市街から最も遠い。発着旅客2百万人。 

 

 

【(図4)ロンドンの6空港】             【(図5)英国の主な空港】


 2その他の空港; 一般40空港+王室属領島の4空港

・ 定期便が運航している一般空港は40あり、うち年間旅客1000万人超がマンチェスター、エジンバラ、バーミンガムの3空港。

・ 特にマンチェスターは国際線27百万人を含む30百万人規模の旅客数。

エジンバラは、ベルファストと並びロンドンに繋がる国内線が多く、またEU発着旅客も多い。

バーミンガムはマンチェスターと同様に、ロンドンに繋がらない国内線とEU路線旅客が多い。

      発着旅客数100万~1000万人の空港が13

うちベルファスト(2空港)とアバデーン、サザンプトンは国内線中心。

      旅客数100万人未満の空港が24空港ある。 

      イギリス海峡のチャンネル諸島に3つの空港(ジャージー、ガーンジー、オルダニー)があり、ジャージーが最も大きく年間旅客は173万人。

      同じくアイリッシュ海峡に浮かぶマン島も王室属領で、年間航空旅客は81万人。 

 

 

【(表6)英国の空港と旅客数の内訳】             

    (注) 国内線は発・着双方で旅客をカウントしているため、実旅客数の2倍になっている

 

以上

その2へ続く

注目した記事10.14

【独自】ピーチ 中部発着国内線 12月下旬…新千歳・仙台便 有力(読売10.14)

 

https://www.yomiuri.co.jp/economy/20201014-OYT1T50129/

注目した記事10.5

エアアジアが12月に日本撤退 国内航空、コロナ禍で初(日経10.5)

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64621680V01C20A0TJ1000/

エアアジア、日本撤退に透けるしたたかな戦略(日経ビジネス10.1) 

(全文を読むためには会員登録が必要です。)

エアアジアについての当研究所の分析も併せてお読みください。 

マラソン講座