ANA/JAL 2016第1四半期決算の簡易比較

ANA/JAL 20161四半期決算の簡易比較

 

201685

 

この度発表されたANAJALの第1四半期連結決算を簡単に比較した。

(旅客に関わる数値は両社のプレスリリースをもとに算出。)

(注)末尾処理により別表数値(四捨五入)と発表値(切り捨て)とが一致しない箇所がある。

 

1. 収益性概観; ともに減収減益だが、その幅はJALが大。

          ANAの収益性はJALに接近した。

   ・両社ともに減収。 ANAは国際旅客が増収ながら、国内旅客・貨物は減収。

    JALは国際旅客が大幅減収、国内旅客・貨物も減収。

   ・両社ともに減益。 減益幅はJALが大きく、ANAとの利益差は縮小。

 

   ・両社ともに通年予想を期首から変えていない。

 

 

2. 旅客指標概観; 国内線にLCCの影響が見受けられる?

国際線はANAが差を拡げた。

   ・国内線は両社ともに旅客減。 

熊本震災の影響もあるが、LCCへの旅客移転も伺える。

・国際線は、ANAは欧州線を除き旅客数を伸ばしたが、JALは近距離の東南アジア線等で旅客減となり、両社の規模差は拡大した。

 

 但し搭乗率ではJALが大きく上回っている。  

 

 

以上

世界の航空及びツーリズム最新ニュース

 最新ニュースはこちらからご覧

 頂けます。

 

■8月17日

Airberlin files for bankruptcy as Etihad stops funds

 

 

■8月13日

 

International travel to the US slumps for first time since 2009

 

     好評発売中!

日本のオンライン旅行市場調査
       第3版      

 

ニュージーランド航空 - A Fantastical Journey of New Zealand - New Zealand flights - Where we fly - Plan

New In-flight Safety Video | Singapore Airlines