ANA/JAL 2016年度上期決算の簡易比較

 

ANA/JAL 2016年度上期決算の簡易比較

 

2016111

この度発表されたANAJALの上期連結決算を簡単に比較した。

(注)末尾処理により別表数値(四捨五入)と発表値(切り捨て)とが一致しない箇所がある。

 

 

1. 収益性概観; ともに減収ながらANAは増益、JALは大巾減益。

          営業利益はほぼ並んだ。

   ・両社ともに減収 ⇒国内旅客はともに▲1~▲2%の減。

円高為替や燃油サーチャージ減の影響を受けた国際旅客と貨物郵便も減少ながら、
ANA
は規模増(座㌔+12%)に旅客が伴いほぼ前期なみを確保した。

・費用は、燃油価格低下の効果などで減少したが、JALは人件費や整備費が増加して減益幅が大きくなった。

 

   ・通期予想;前回予想に比べて、ANAは減収のみを反映させたのに対し、JALは利益も約300億円下方修正した。

 

2. 旅客指標概観; 「ANAJAL」の収入差は、半期で国内旅客が1,000億円規模、

国際旅客が500億円規模。

搭乗率はJAL34ポイント高い。

   ・国内旅客は、平均単価はともに▲2%低下、旅客数はANA微減・JAL微増。

・国際旅客は、平均単価はともに▲10%程度低下、旅客規模はJALはほぼ前年並み、
搭乗率はJAL4.3ポイント上回り80%台を確保。

 

   

 

 

3. 財務状況; ANAは、航空機ANAは建設仮勘定を含む)と有利子負債が大きく、
        JALは、それらがともに少なく、利益剰余金が多い。

 

 

以上

TD(旅行流通)勉強会

旅行流通に関する世界のニュース

 

■3月18日  

2183月1日までの主要記事をまとめた海外事情を送付します。

 

今回は、以下の通り中国関連記事が4つも有りました。 

(1)Ctrip Hotel University 

(2)Yextの中国旅行者向けアプリの追加 

(3)途家CBOインタビュー 

(4)WeChatと旅行ブランド 

 

(4)の記事以外でも、10億人以上のアクティブユーザーを持つWeChatの話題が多く登場する。 

ここでは、航空では、ANAのコンテンツがAirAsiaに次いで良く閲覧されているようです。 

中国市場をターゲットにする海外旅行ブランドは、WeChat抜きには商売できなくなるかもしれません。 

(編集人)