3空港会社の2015年度実績(簡易比較) Update

 

3空港会社の2015年度実績(簡易比較):Update

 

2016730

 

 空港3社(新関西、成田、中部、参考として羽田の空ビル会社)の2015年度実績について、各社の決算値や運航等の実績値で簡単に比較してみました。

 

1.収支と運航等の実績(前年対比)

  ・各社とも営業収益は大巾増、特に新関西は+307億円(+20%)と著しく増加。

  ・各社とも増益、特に新関西は営業利益が+150億円の大幅増で、トップを維持。

  ・3社とも外国人旅客が著しく増加、反面日本人旅客は減少。

  ・成田の国内線旅客は、LCCの増加が効いて+15%と大幅増。

  ・羽田は国内線旅客は前年並みであったが、国際線旅客は+16%と大幅増となり、

   東京発着国際線旅客(成+羽)に占める割合は2830%と増加した。

 

 

  

2.財務状況(2015年度末貸借対照表)

  ・新関西;土地が1兆5千億円、それに対応するのは出資金(資本金等)と借入金。

土地の大半は、子会社である関西空港土地保有会社が所有。

年度明けの運営権移転にむけてコンソシアムから得た保証金によって、現預金(資産)と預り保証金が膨らんでいる・

・成田、中部ともに利益剰余金が積み上がった。

 

 

  

3.運航等の実績

  ・伊丹を含む新関西が、発着回数・旅客数ともに成田を上回っている。

但し旅客数では羽田(H26年度数値)が圧倒的に多い。

  ・新関西の国際線では、外国人旅客数が日本人旅客数を大きく上回る。

 

 

 

以上

海外事情

出版物のご案内

好評発売中!

 

当研究所の丹治隆主席研究員がこの度本を出版しましたのでお知らせいたします。

 

著書名 :「どこに向かう日本の翼---LCCが救世主となるのか---

 

出版:2019/09/30 晃洋書房

定価:2600円+税 

 

好評発売中!

 

日本のオンライン旅行市場調査 第4版」 

 

フォーカスライトJapan(代表 牛場春夫)が、「日本のオンライン旅行市場 第4版」(全14章、220ページ)

を発行します。これは、2012年から2年おきに発行しているシリーズの最新版で、第4版ではダイナミックに変化し続けている2017年度の日本のオンライン旅行市場の概況をレポートしたものです。 

 

総合電子書籍販売サイBookWay―ブックウェイ―(https://bookway.jp/

 ・ BookWayヤフーショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/bookway/

 

定 価:

「電子書籍」販売価格13,900

「電子書籍+紙書籍」販売価格 18,500