(経営数値でみるLCC-4)世界の主要LCCの比較

(経営数値でみるLCC-4

世界の主要LCCの比較

 

2016930

 

これまで3回にわたってみてきた世界の主要LCCについて、主な指標を比較した。

日本のLCC3社も参考として併掲した。

 

1.規模と収益性の指標比較

① 規模;Southwestが突出して大きくRyanairが続く。この2社は旅客数1億人を突破。

これにeasyJetJetblueが続き、かなり離れてAirAsiaが位置する。

 

 ② 利益率; AirAsiaXを除き、いずれも20%前後の高い利益率を示している。

 

③ 搭乗率; AirAsiaXを除き、いずれも80%を超える搭乗率を示し、欧州2社は90%超となっている。

 

④ 収入単価(千㌔当り);AirAsiaが最も低く、米国2社は高い。

欧州2社はその中間。

 

⑤ 座席コスト(千㌔当り);AirAsiaが極端に低いが、グループ他社への機材リース収入が多く、それが費用の控除項目として機能しているのも影響している。

Ryanairの座席コストも4,000円台と低い。 Southwestと欧州2社が6,000円台。

 

⑥ 有利子負債依存度;AirAsiaは借入金等への依存度が非常に高く、Ryanairが続く。

 米国2社とeasyJet1020%。

 

 

⑦ 留保利益; Southwestは留保利益が大きく、RyanaireasyJetが続く。

 

《図表1》事業規模と指標の比較(2015年度)

 

《図表2》旅客単価(千㌔当り)と搭乗率の比較(AirAsiaXは除く)

 

《図表3》財務状況の比較

 

2.座席コスト(千㌔当り)の内訳

AirAsiaのコストは2,000円台と極端に低いが、グループ会社に賃貸している機材の収入などの費用圧縮効果が1,000円あることの作用もある。

Southwestは人件費がコストの4割以上を占めている。

Jetblueもそれが高めである。(easyJetの人件費は不明)

 ③ 欧州2社は空港使用料等、空港でかかるコストが高い。

 

 

《図表4》コストの比較;グラフ

《図表5》コスト内訳;表

 

以上

 

 

(数字の訂正)

 

 「経営数値で見るLCC-1」にて紹介した中で、AirAsiaXの以下の数値が間違っておりましたので下記のとおり訂正します。

出版物のご案内

好評発売中!

 

当研究所の丹治隆主席研究員がこの度本を出版しましたのでお知らせいたします。

 

著書名 :「どこに向かう日本の翼---LCCが救世主となるのか---

 

出版:2019/09/30 晃洋書房

定価:2600円+税

 

 

好評発売中!

 

日本のオンライン旅行市場調査 第4版」 

 

フォーカスライトJapan(代表 牛場春夫)が、「日本のオンライン旅行市場 第4版」(全14章、220ページ)

を発行します。これは、2012年から2年おきに発行しているシリーズの最新版で、第4版ではダイナミックに変化し続けている2017年度の日本のオンライン旅行市場の概況をレポートしたものです。 

 

総合電子書籍販売サイBookWay―ブックウェイ―(https://bookway.jp/

 ・ BookWayヤフーショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/bookway/

 

定 価:

「電子書籍」販売価格13,900

「電子書籍+紙書籍」販売価格 18,500