年末年始の旅客実績は?

年末年始の旅客実績は?

   201617

 

国内の航空各社が公表した年末年始(12/251/3)の旅客実績をとりまとめ、若干の考察

(といっても単なる推量の域を出ないが)を行った。

 

1.国内線の概要と考察

  旅客数は前年より+24千人(+0.8%)増えて3,047千人となった。

・うちLCCは+25千人(+10%)、JALも+14千人(+%)増加。

ANAは減少(富山・小松での北陸新幹線の影響等か?)。

・中堅のADOとソラシドも減少(LCCの影響か?)。

 

  搭乗率は、LCCとスカイマーク(SKY)が80%台後半、大手2社と中堅は70%台。

ANAが小幅低下、中堅のADOとソラシドは大幅に低下

・実績搭乗率を12/8時点の予約率と比べると、LCCが+14.8ポイントで多くの駆け

込み需要を獲得した。(12/8時点の予約率は大手2社とほぼ同じレベルだった。)

 

  旅客シェアはANA46.2%JAL32.8%LCC9.5%

・夏季繁忙期には10%を上回っていたLCCのシェアは9.5%に留まった。

大手2社とLCCとの搭乗率格差が夏季繁忙期より小さかったことによる。

(夏季繁忙期)大手2社 75.5%、LCC 91.5% 差16.0ポイント

(年末年始) 大手2社 74.0%、LCC 86.4% 差12.4ポイント

→ 年末年始客は大手の選好度が高い? またはLCCも運賃を比較的に高く

設定したためか?

 

2.国際線の概要と考察

  旅客数は前年より+65千人(+12%)増えて601千人となった。

LCCは規模増により+31千人(+64%)の大幅増となったが、大手2社も+34

千人(+7%)と増加した。

 

  搭乗率は、LCC(規模増が大きく前年より低下)JAL85.9%、ANA79.4%。

JALANAの搭乗率の差は6.5ポイントと拡大した。 

Peach91.5%と図抜けて高く、Jetstar-J71.8%に留まった。

 

 LCCの旅客シェアは13.2%となった。

ANAの旅客シェアは42.0%だが、系列LCC2社を加えると53.1%となり、

JALJetstar-J46.9%を大きく上回った。

 

 

 

《図表1》年末年始旅客状況の概要

 

《図表2》年末年始旅客状況の概要

《図表3》旅客シェア

    国内線                     国際線


 

《図表4》年末年始旅客状況 会社別詳細

 

 以上

出版物のご案内

好評発売中!

 

当研究所の丹治隆主席研究員がこの度本を出版しましたのでお知らせいたします。

 

著書名 :「どこに向かう日本の翼---LCCが救世主となるのか---

 

出版:2019/09/30 晃洋書房

定価:2600円+税

 

 

好評発売中!

 

日本のオンライン旅行市場調査 第4版」 

 

フォーカスライトJapan(代表 牛場春夫)が、「日本のオンライン旅行市場 第4版」(全14章、220ページ)

を発行します。これは、2012年から2年おきに発行しているシリーズの最新版で、第4版ではダイナミックに変化し続けている2017年度の日本のオンライン旅行市場の概況をレポートしたものです。 

 

総合電子書籍販売サイBookWay―ブックウェイ―(https://bookway.jp/

 ・ BookWayヤフーショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/bookway/

 

定 価:

「電子書籍」販売価格13,900

「電子書籍+紙書籍」販売価格 18,500