年末年始の旅客実績は?

年末年始の旅客実績は?

   201617

 

国内の航空各社が公表した年末年始(12/251/3)の旅客実績をとりまとめ、若干の考察

(といっても単なる推量の域を出ないが)を行った。

 

1.国内線の概要と考察

  旅客数は前年より+24千人(+0.8%)増えて3,047千人となった。

・うちLCCは+25千人(+10%)、JALも+14千人(+%)増加。

ANAは減少(富山・小松での北陸新幹線の影響等か?)。

・中堅のADOとソラシドも減少(LCCの影響か?)。

 

  搭乗率は、LCCとスカイマーク(SKY)が80%台後半、大手2社と中堅は70%台。

ANAが小幅低下、中堅のADOとソラシドは大幅に低下

・実績搭乗率を12/8時点の予約率と比べると、LCCが+14.8ポイントで多くの駆け

込み需要を獲得した。(12/8時点の予約率は大手2社とほぼ同じレベルだった。)

 

  旅客シェアはANA46.2%JAL32.8%LCC9.5%

・夏季繁忙期には10%を上回っていたLCCのシェアは9.5%に留まった。

大手2社とLCCとの搭乗率格差が夏季繁忙期より小さかったことによる。

(夏季繁忙期)大手2社 75.5%、LCC 91.5% 差16.0ポイント

(年末年始) 大手2社 74.0%、LCC 86.4% 差12.4ポイント

→ 年末年始客は大手の選好度が高い? またはLCCも運賃を比較的に高く

設定したためか?

 

2.国際線の概要と考察

  旅客数は前年より+65千人(+12%)増えて601千人となった。

LCCは規模増により+31千人(+64%)の大幅増となったが、大手2社も+34

千人(+7%)と増加した。

 

  搭乗率は、LCC(規模増が大きく前年より低下)JAL85.9%、ANA79.4%。

JALANAの搭乗率の差は6.5ポイントと拡大した。 

Peach91.5%と図抜けて高く、Jetstar-J71.8%に留まった。

 

 LCCの旅客シェアは13.2%となった。

ANAの旅客シェアは42.0%だが、系列LCC2社を加えると53.1%となり、

JALJetstar-J46.9%を大きく上回った。

 

 

 

《図表1》年末年始旅客状況の概要

 

《図表2》年末年始旅客状況の概要

《図表3》旅客シェア

    国内線                     国際線


 

《図表4》年末年始旅客状況 会社別詳細

 

 以上

世界の航空及びツーリズム最新ニュース

     好評発売中!

日本のオンライン旅行市場調査
       第3版