中堅3社の実績比較(2015年度)

中堅3社の実績比較(2015年度)

 

2016728

 

 Air Do、ソラシド航空、スターフライヤーの中堅3社について、2015年度の実績を

簡単に比較してみた。 (各社や国交省の公表資料にもとづく)

 

1.収支実績

  ・営業収益;ソラシドは増収だったが、ADOSFJは減収であった。

  ・営業利益;ソラシドとSFJが増益、ADOは減益であった。

  ・3社ともに、ANAへの座席販売収入が営業収益の3分の1以上であった。

 

 《図表1》3社の収支実績(前年対比)

 

(参考)3社の財務状況  

            《図表2》3社の財務状況(貸借対照表より)

2.3社の旅客収益性指標

  (算出方法)旅客の自社販売収入(国交省数値)を「収入」とし、

営業利益はすべてそこから生じているとみなしての試算値である。

旅客㌔単価;1000km当りの旅客収入

座席㌔コスト;1000km当りの座席費用

 

  ・3社ともに旅客単価は上昇し、座席コストは低下した。

    →その結果、採算点(B/E)はともに低下(=改善)した。

・搭乗率はともに60%台で、SFJは上昇したが、ADOとソラシドは低下した。

1便当りの利益は、ともに8~9万円のレベル。

 

 

《図表3》旅客の収益性指標

   ※1 国交省データによる自社販売収入

   ※2 営業利益は全て旅客の自社販売部分から生じたものとみなした

      (その他の事業は収入=費用とみなした)

   ※3 旅客㌔÷総飛行距離で算出した数値

 

   ※4 座席㌔÷総飛行距離で算出した数値

 

以上

TD(旅行流通)勉強会

旅行流通に関する世界のニュース

 

■3月18日  

2183月1日までの主要記事をまとめた海外事情を送付します。

 

今回は、以下の通り中国関連記事が4つも有りました。 

(1)Ctrip Hotel University 

(2)Yextの中国旅行者向けアプリの追加 

(3)途家CBOインタビュー 

(4)WeChatと旅行ブランド 

 

(4)の記事以外でも、10億人以上のアクティブユーザーを持つWeChatの話題が多く登場する。 

ここでは、航空では、ANAのコンテンツがAirAsiaに次いで良く閲覧されているようです。 

中国市場をターゲットにする海外旅行ブランドは、WeChat抜きには商売できなくなるかもしれません。 

(編集人)