中堅3社の実績比較(2015年度)

中堅3社の実績比較(2015年度)

 

2016728

 

 Air Do、ソラシド航空、スターフライヤーの中堅3社について、2015年度の実績を

簡単に比較してみた。 (各社や国交省の公表資料にもとづく)

 

1.収支実績

  ・営業収益;ソラシドは増収だったが、ADOSFJは減収であった。

  ・営業利益;ソラシドとSFJが増益、ADOは減益であった。

  ・3社ともに、ANAへの座席販売収入が営業収益の3分の1以上であった。

 

 《図表1》3社の収支実績(前年対比)

 

(参考)3社の財務状況  

            《図表2》3社の財務状況(貸借対照表より)

2.3社の旅客収益性指標

  (算出方法)旅客の自社販売収入(国交省数値)を「収入」とし、

営業利益はすべてそこから生じているとみなしての試算値である。

旅客㌔単価;1000km当りの旅客収入

座席㌔コスト;1000km当りの座席費用

 

  ・3社ともに旅客単価は上昇し、座席コストは低下した。

    →その結果、採算点(B/E)はともに低下(=改善)した。

・搭乗率はともに60%台で、SFJは上昇したが、ADOとソラシドは低下した。

1便当りの利益は、ともに8~9万円のレベル。

 

 

《図表3》旅客の収益性指標

   ※1 国交省データによる自社販売収入

   ※2 営業利益は全て旅客の自社販売部分から生じたものとみなした

      (その他の事業は収入=費用とみなした)

   ※3 旅客㌔÷総飛行距離で算出した数値

 

   ※4 座席㌔÷総飛行距離で算出した数値

 

以上

海外事情

出版物のご案内

好評発売中!

 

当研究所の丹治隆主席研究員がこの度本を出版しましたのでお知らせいたします。

 

著書名 :「どこに向かう日本の翼---LCCが救世主となるのか---

 

出版:2019/09/30 晃洋書房

定価:2600円+税 

 

好評発売中!

 

日本のオンライン旅行市場調査 第4版」 

 

フォーカスライトJapan(代表 牛場春夫)が、「日本のオンライン旅行市場 第4版」(全14章、220ページ)

を発行します。これは、2012年から2年おきに発行しているシリーズの最新版で、第4版ではダイナミックに変化し続けている2017年度の日本のオンライン旅行市場の概況をレポートしたものです。 

 

総合電子書籍販売サイBookWay―ブックウェイ―(https://bookway.jp/

 ・ BookWayヤフーショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/bookway/

 

定 価:

「電子書籍」販売価格13,900

「電子書籍+紙書籍」販売価格 18,500