(上期国内線旅客状況から)JAL・ANA羽田線とスカイマークの実績

(上期国内線旅客状況から)

JALANA羽田線とスカイマークの実績

 

20161130

 

国内線の2016年度上期旅客実績から、注目すべきと考えられる点をピックアップした。

 

1.好調なスカイマーク

  破綻から立ち直り、2015年度には営業黒字化を達成したスカイマークの勢いが増している。

  上期搭乗率は全ての月で80%超を達成した。

昨年上期に比べると約10ポイントも高いレベルであり、大手2社と比べても各月20ポイント以上高い。

中でも羽田線は全ての月で85%を超え、89月は90%超となっている。

 

 

《図表1》3社の国内線搭乗率の月別推移

 

2.影響を受けたか、JALの羽田基幹路線?

羽田発着の主要5路線(札幌・福岡・大阪・那覇・鹿児島)について、前期対比で旅客増減をみると;

・札幌&福岡線はJAL/ANAともに旅客減となっている。

JALはその他の3路線でも減少、ANAは鹿児島線では減少したが、大阪&那覇線では増加。

・結果的にJALの減少幅が大きい。

JALはこれら5路線への依存度が大きい(国内線総旅客数の36%)ことから、この旅客減が上期減益理由の一部にもなっているのではなかろうか?

 

 

《図表2JALANAの上期国内線旅客増減

 

以上

世界の航空及びツーリズム最新ニュース

 最新ニュースはこちらからご覧

 頂けます。

 

 

     好評発売中!

日本のオンライン旅行市場調査
       第3版