スカイマークの2015年度業績について

スカイマークの2015年度業績について

 

2016819

 

 破綻のあと再建されたスカイマーク社の2015年度の業績について、同社が公表した資料をもとに収益性を分析してみました。 

 
   

 

 

 

   (ポイント)① 本来事業は黒字化; 15億円の営業利益を計上

        ② 損害賠償金のために最終損益は約400億円の赤字

         (債務免除ネット後で約440億円の賠償を特損処理)

        ③ 羽田路線の好調(準LCCモデルへの回帰)が黒字化の原動力

 

 

. 損益状況

  ・営業収益は720億円、営業利益は15億円。

  ・損害賠償金は440億円(139億円の債務免除を差引き後のネット額)

 

 

  《図表1》損益計算書の骨子

 

  

 

. 財務状況

  ・累損418億円を差引いた純資産額は36億円。

・長期預け金と敷金保証金で計253億円、整備引当金は242億円。

  ・手元資金は53億円;売上の約27日分にあたり、手元資金としてはまずまずの量か。

 

  《図表2》貸借対照表の骨子

 

 

. 収益性指標(試算)

  ・便数は44,731便 ⇒1日辺り平均61往復で、平均路線距離は約1,000km
・うち約6割が羽田路線(便数で58%、旅客数で64%)
 

・搭乗率は76%と大手や中堅3社に比べるとかなり高い。

・羽田路線の搭乗率は84%と極めて高く、その他路線の65%をカバーしている。

・旅客単価は約12,000円。大手や中堅3社よりも大幅に低い。

・座席コストは約8,900円でB/E74%⇒搭乗率との差2ポイントが利益分。

 

 

  《図表3》旅客に関わる収益性指標(試算)

 

  《図表4》路線別内訳(試算)

 

. 国内他社との比較

  ※ 旅客単価は国交省資料をもとにした千㌔当り(円)で、旅客運賃収入を旅客㌔で除したもの

    搭乗率は各社の公表資料による。 いずれも国内線での数値である。

  

  ・旅客収入単価;SKYは、LCCには及ばないものの、大手や中堅3社に比べて大幅に低い。

・搭乗率;SKYは大手や中堅3社に比べて突出して高い(特に羽田路線)。

・羽田=札幌、羽田=福岡の搭乗率;競合他社に比べてSKYが際立って高い。 

・このことから、SKYは破たん前の事業モデル(羽田起点の準LCCモデル)に回帰した
ことが奏功して黒字化(営業損益)したものと考えられる。

 

 

  《図表5》国内線の旅客単価比較(千㌔当り;円)

 

   《図表6》国内線の搭乗率比較(%)

 

 

   《図表7》羽田=札幌、羽田=福岡の搭乗率比較(%)

 

以上

世界の航空及びツーリズム最新ニュース

 3月21日より世界の航空

 及びツーリズム最新ニュースの

 掲載を始めました。

 

 最新ニュースはこちらからご覧

 頂けます。

 

■5月26日

 

525日、米連邦控訴裁判所トランプ大統領令の差し止め地裁決定を支持

     好評発売中!

日本のオンライン旅行市場調査
       第3版