お盆期間の実績からみる航空業界の動向

 

お盆期間の実績からみる航空業界の動向

 

2016822

 

各社が発表したお盆期間(夏季繁忙期間;8/1021日)の旅客実績をもとに、
   日本の航空業界の至近の動向を概観してみた。

 

 

1.国内線の動向

 ① 旅客数;総旅客数は400万人で、前年に比べて18万人(+5%)増加。

  LCCは、資源を国際線拡大に振り向けたこともあって、国内線は旅客減となった。

  大手2社は、席数を僅かながら絞ったが、旅客数は+5%増で、搭乗率は向上した。

 

 


    ② 旅客シェア;LCCのシェアが低下した。

(前)10.3 ⇒9.2

   JALのシェアは30%、ANAとの格差は拡大してその差は▲19ポイントとなった。

 

 

    ③ 搭乗率;LCCSKY90%超レベル、JALと中堅380%台後半、ANA81%。

 

 

   2.国際線の動向

    ① 旅客数;総旅客数は80万人で、前年に比べて7万人(+10%)増加。

  うち大手2社が3万人、LCC4万人(前年比1.5倍)

 

    ② 旅客シェア;LCCのシェアは(前)11% ⇒15%と大きく上昇。

 

  JALのシェアはが▲3.4ポイント低下して41.5%に。

 

    ③ 搭乗率;全社高レベルながら、

      大手ではANAよりJALが高く、

         LCCではJetstar-Jが比較的に低めだった。

 

 

      2016年夏季繁忙間の旅客実績

 

 

以上

世界の航空及びツーリズム最新ニュース

 最新ニュースはこちらからご覧

 頂けます。

 

■8月17日

Airberlin files for bankruptcy as Etihad stops funds

 

 

■8月13日

 

International travel to the US slumps for first time since 2009

 

     好評発売中!

日本のオンライン旅行市場調査
       第3版      

 

ニュージーランド航空 - A Fantastical Journey of New Zealand - New Zealand flights - Where we fly - Plan

New In-flight Safety Video | Singapore Airlines