掲載記事記事検索


JAMRレポート

 

  JAMRレポートは、当研究所主席研究員による航空業界の
  今の情報を、JAMR独自の分析を行い、わかり易く解説しています。

 

  また、これらの分析のより詳しいレポートを必要とされる方は
  当研究所までご連絡下さい。


    お問い合わせはこちらから 

 

 

2016年レポート

■11月30日

 

(上期国際線旅客実績から)

ANAJALの国際旅客路線別実績(概算)

 

ANAJALの上期決算公表をもとに国際旅客収入等について概算計算をして、路線別に比較してみた。

 

上期国際線旅客実績から.pdf
PDFファイル 130.2 KB

■11月30日

 

(上期国内線旅客状況から)

  JALANA羽田線とスカイマークの実績

 

 

国内線の2016年度上期旅客実績から、注目すべきと考えられる点をピックアップした。

 

 

 

上期国内線旅客状況から.pdf
PDFファイル 175.3 KB

■11月1日

 

 ANA/JAL 2016年度上期決算の簡易比較


この度発表されたANAJALの上期連結決算を簡単に比較した。

 

 

2016上期 ANAJAL決算簡易比較.pdf
PDFファイル 185.9 KB

■10月25日

 

 せとうちSEAPLANES

 

JAMRレポート【せとうちSEAPLANES_2016】v1.0.pdf
PDFファイル 440.4 KB

■9月30日 

 

(経営数値でみるLCC-4

  世界の主要LCCの比較

 

これまで3回にわたってみてきた世界の主要LCCについて、主な指標を比較した。 

日本のLCC3社も参考として併掲した。

 

経営数値でみるLCC④(コスト内訳).pdf
PDFファイル 204.7 KB

■9月28日

 

(経営数値でみるLCC-3

  ライアンエアとイージージェット概観

 

欧州の2LCCであるRyanairteasyJetについて、2015年度の経営数値をもとに概観した。

 

経営数値でみるLCC③(RYeJ).pdf
PDFファイル 231.9 KB

■9月26日

 

(経営数値でみるLCC-2

 サウスウエストとジェットブルー概観 

 

米国の2LCCであるSouthwestJetblueについて、2015年度の経営数値をもとに概観した。

 

 

経営数値でみるLCC②(SWJB).pdf
PDFファイル 231.7 KB

■9月23日

 

(経営数値でみるLCC-1

 エアアジア概観 

 

東南アジア最大のLCCであるAirAsia(含グループ会社)について、2015年度の経営数値をもとに概観した。

 

経営数値でみるLCC(AA).pdf
PDFファイル 228.2 KB

■9月3日

 

日本のLCC3社;業容と業績概観

 

日本のLCC3社(PeachJetstar-JVanilla)について、その業容と業績を概観した。

各社および国交省が発表した2015年度資料※による(それを加工した試算値を含む)。

 

 

Jetstar-J6月決算、他の2社は3月決算、国交省資料は2015年度。

 

日本のLCC3社.pdf
PDFファイル 227.5 KB

■8月23日

 

お盆期間の実績からみる航空業界の動向

 

 

各社が発表したお盆期間(夏季繁忙期間;8/1021日)の旅客実績をもとに、日本の航空業界の至近の動向を概観してみた。

 

2016お盆期間の実績からみる航空業界の動向.pdf
PDFファイル 236.4 KB

■8月19日

 

スカイマークの2015年度業績について

 

破綻のあと再建されたスカイマーク社の2015年度の業績について、同社が公表した資料をもとに収益性を分析してみました。

 

スカイマークの2015年度収益性について.pdf
PDFファイル 212.9 KB

■8月5日 

 

ANA/JAL 20161四半期決算の簡易比較

 

この度発表されたANAJALの第1四半期連結決算を簡単に比較した。

(旅客に関わる数値は両社のプレスリリースをもとに算出。)

 

(注)末尾処理により別表数値(四捨五入)と発表

   値(切り捨て)とが一致しない箇所がある。

 

2016Q1 ANAJAL決算簡易比較.pdf
PDFファイル 177.4 KB

■7月30日

 

バニラエアの収益性簡易分析

 

黒字化したバニラエアの2015年度収益性などを簡易分析するとともに、競争関係にあるLCC2社と収支・財務状況を比較した。

(数値は、各社や国交省の公表値と、若干の試算を加えたものによる。)

 

バニラエアの収益性簡易分析.pdf
PDFファイル 224.6 KB

■7月30日

 

3空港会社の2015年度実績(簡易比):Update

 

空港3社(新関西、成田、中部、参考として羽田の空ビル会社)の2015年度実績について、各社の決算値や運航等の実績値で簡単に比較してみました。

 

 

3空港会社の2015年度実績 update.pdf
PDFファイル 232.6 KB

■7月29日

 

空港民営化2016.年7月現在

 

 

 


■7月28日 

 

中堅3社の実績比較(2015年度)

 

Air Do、ソラシド航空、スターフライヤーの中堅3社について、2015年度の実績を 簡単に比較してみた。 

(各社や国交省の公表資料にもとづく)

 

中堅3社の実績比較.pdf
PDFファイル 230.6 KB

■5月10日

 

ゴールデンウイークの旅客実績

 

国内主要10社が発表した2016GW期間(4/285/8)の旅客実績を概観した。

 

GWの旅客実績(国内航空会社)R (2).pdf
PDFファイル 236.5 KB

■5月3日

 

ANA/JAL 2015年度決算について

 

この度発表されたANAJALの連結決算を比較分析しました。

2015ANAJAL決算比較Final.pdf
PDFファイル 273.4 KB

■3月1日 

シングル アイル機と燃料効率

 

 

 

JAMRレポート1mar16【シングルアイル機と燃料効率】v1.1.pdf
PDFファイル 311.7 KB

■2月2日

 

ANA/JAL 2015第三四半期決算の比較
(付)ハワイ線の旅客状況

 

この度発表されたANAJALの第三四半期連結決算を簡単に比較した。

 

併せてANAが中期的にA380の投入を考えているハワイの旅客状況を眺めてみた。

 

2015Q3 ANAJAL決算簡易比較.pdf
PDFファイル 260.5 KB

■1月8日

 

年末年始の旅客実績は?

 

国内の航空各社が公表した年末年始(12/251/3)の旅客実績をとりまとめ、若干の考察 

(といっても単なる推量の域を出ないが)を行った。

 

年末年始の旅客実績は.pdf
PDFファイル 263.8 KB

■1月4日

 

国内線上期実績にみるLCC

 

12月に国交省が公表した国内線の2015年度上期旅客実績をもとに、日本のLCCについて若干の分析を行った。

 

国内線上期実績にみるLCC.pdf
PDFファイル 424.8 KB

■1月4日

 

日本のLCC4社の業績比較

2014年度決算資料等から)

 

12月にようやく出そろった日本のLCC4社の2014年度業績を簡易比較してみた。

 

日本のLCC4社 業績比較.pdf
PDFファイル 475.7 KB

注目した記事6.2

欧州委員会の付帯条件に難色を示していたルフトハンザ監査役会は、その条件がより有利な形で受け入れられたとして、独政府の90億ユーロ救済策を承認。再建プロセスが一歩進んだ。

 

「独ルフトハンザ監査役会、独政府と合意の救済案を承認」2020.6.2 ロイター)

https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-lufthansa-rescue-idJPKBN23831Q

注目した記事6.2

日経新聞は、コロナ禍の終息が見とおせない中で正常化に向けて動き出すLCCについて、JALが新設したZIPAIR Tokyoを中心にとりあげている。 

(全文を読むためには会員登録が必要です)

 

LCC、正常化遠く苦渋の一手 JAL系は貨物便で参入」(日経新聞2020.6.2 

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59819220R00C20A6000000/

注目した記事6.2

 国交省が、空港が感染症対策に要した費用を施設利用料に加算することを認める方針を決めた、との同じ内容のNEWSが共同通信等多くのメディアから出ている。

対象は11空港※。いずれも航空会社が運賃に加算して旅客から徴収している。 

  羽田、成田、関西、伊丹、中部、新千歳、仙台、福岡、那覇、北九州、茨城 

11空港の感染対策、乗客負担に 利用料に上乗せ、値上げの可能性(2020.6.1共同通信47NEWS)」 

https://ovo.kyodo.co.jp/flash/a-1459523 

この時期での決定、発表となった経緯等には触れられていない。 

また朝日、読売、毎日、日経の各紙にはこの情報はみあたらない。

 

注目した記事6.1

ルフトハンザ90億ユーロ救済策のその後; ルフトハンザ取締役会は、欧州委員会の条件をより有利な形で受け入れたと発表したことをロイターが報じている。(2020.6.1

 

独ルフトハンザの政府救済が前進、最大24枠放棄で条件受け入れ(ロイター6.1) 

https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-lufthansa-rescue-idJPKBN2370TL

 

注目した記事5.30

2015年に経営破綻ののち1年でみごと再建、以後高い収益性と運航品質を維持してきたスカイマークも、コロナの前には大手2社同様に苦しんでいる。

 

5.29の日経ビジネス(高尾記者等)の記事は、業界再編の可能性も含め幅広い見地からよくまとめられている。(全文を読むためには会員登録が必要です)

 

(日経ビジネス2020.5.29) 「高まる再編圧力 スカイマークは生き残れるか」 

https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00165/052900003/

注目した記事 5.29

深刻な経営危機にあるルフトハンザ航空に対してドイツ政府は90億ユーロ規模の救済策を示したが、ルフトハンザ監査役会はこの受入れを拒否(保留)した。 

 

これに関して「現代ビジネス(講談社)」は下記で詳しく述べている。

 

倒産危機のルフトハンザが「ドイツ政府の救済案」を拒否した理由(2020.5.29 

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/72923

 

COVID-19関連 JAMRレポート

マラソン講座