航空用語事典 日本語 [む]

向かい風 (むかいかぜ)【技術】
(head wind) 機首方向から吹く風。巡航中の向かい風は同じ対気速度でも対地速度は小さくなるため所要時間が延びる。離着陸時の向かい風は必要な対気速度を満たす対地速度が落ちるため低速で離着陸できる。(類)追い風(tail wind)。
無線交信 (むせんこうしん)【技術】
(radio communcation) 無線で航空交通管制や会社と交信すること。
ムンバイ (むんばい)【都市】
(Mumbai) (地域:南アジア, 国:インド)チャトラパティ・シヴァージー国際空港(Chhatrapati Shivaji International Airport), 首都デリーと並ぶ2大都市の一つ。中西部海岸部の中心都市。IATA City Code:BOM, IATA Airport Code:BOM。世界の都市圏別GDP順位(2014):89位。人口(2014):21.5百万人。1人あたりGDP(2014):7000$/年。出発便総座席数の世界順位(2016.4):22位。東京からの大圏距離:6720km。

 

Copyright©2016 H.Inagaki of JAMR All Rights Reserved.

 

世界の航空及びツーリズム最新ニュース

 最新ニュースはこちらからご覧

 頂けます。

 

 

     好評発売中!

日本のオンライン旅行市場調査
       第3版      

 

旅の写真カフェ

 

・12月11日 NEW!

 

2017年 京都の紅葉」

 

A Very Merry Mistake #MirryChristmus #AirNZXmas

Airbus A380 & Boeing 777 Formation Flight with Al Fursan | Dubai Airshow 2017 | Emirates Airline

KLM – It’s not just the blue…