CAPA会員サービス

CAPAの提供する情報

会員の方は以下の全ての情報がご覧頂けます。 

 

情報の全ては英語で記載されています。 



 

 

情報名

発行

内容

 

 

 

  asia pacific
  airline daily 

250 

発刊 

アジア太平洋地域の航空会社の動向、具体的には、機材、路線、財務、輸送統計、二国間協定、アライアンス、資本関係およびその日の重要な情報分析をお届けします。 

 

 

 

  airport businessdaily

250 

発刊 

アジア・パシフィックを中心に世界の空港の最新情報を 

カバーしています。統計も充実しています。 

 

 

 

  europe airline daily

250

発刊

ヨーロッパの航空会社の動向、具体的には、機材、路線、財務、輸送統計、二国間協定、アライアンス、資本関係およびその日の重要な情報分析をお届けします。

 

 

 

  america

 airline daily       

250

発刊

アメリカ(北米、中南米)の航空会社の動向、具体的には、機材、路線、財務、輸送統計、二国間協定、アライアンス、資本関係およびその日の重要な情報分析をお届けします。

 

 

 

 

 Middle EastAffrica

  airline daily

 

 

50

発刊

中近東とアフリカの航空会社の動向、具体的には、機材、路線、財務、輸送統計、二国間協定、アライアンス、資本関係およびその日の重要な情報分析をお届けします。

 

 

 

  RAR daily

250

発刊

複雑な航空関連法規や規制の理解を助けるとともに、ビジネスに及ぼす影響を解説します。世界の航空会社や空港に影響する政府や規制関連ニュースをカバーします。

 

 

 

  peanut$ Daily

250

発刊

ヨーロッパ、北米、南米、中近東、アフリカ、アジア太平洋のLCCの情報(機材、路線、財務、輸送統計、二国間協定、アライアンス、資本関係を含む)を提供するコンテンツであり、その日の重要な話題を分析します。

 

  

 

  Aviation Investor

 daily

250

発刊

世界の航空会社および空港の輸送実績と決算、株価解説、動向分析をとりまとめてお届けするもので、最も新しい業界パフォーマンスを提供するものとなっております。

 

  Peanut$ the low cost

  airline weekly

毎週

50回発刊

世界のLCCの最新動向の要約と綿密な分析を提供します。統計資料としても価値の高いものとなっております。

 

 

10

  airport & airline
  asia pacific 

隔週

26回発刊

 

アジア太平洋の航空業界の動向を2週間毎にまとめてお伝えする包括的なサマリーです。国や地区別に空港、航空会社、サプライヤーの最新情報をわかりやすいかたちでお届けします。

 

 

11

  airport & airline
   europe

隔週

26回発刊

 

ヨーロッパの航空業界の動向を2週間毎にまとめてお伝えする包括的なサマリーです。国や地区別に空港、航空会社、サプライヤーの最新情報をわかりやすいかたちでお届けします。

 

 

12

 

  monthly essential
  china 

月刊

12

注目を集める中国の航空市場・LCC・空港・ツーリズム・航空政策などの最新の包括的情報を提供しています。統計としての価値も高く中国の経済の動きを知る上でも興味深いコンテンツです。

 

 

13

  monthly essential
  india

月刊

12

注目を集めるインドの航空市場・LCC・空港・ツーリズム・航空政策などの最新の包括的情報を提供しています。統計としても価値が高く、インドの昨今の経済の動きを知る上でも興味深いコンテンツです。

 

 

14

 

  monthly essential
  middleeast

月刊

12

注目を集める中東の航空市場・LCC・空港・ツーリズム・航空政策など最新の包括的情報を提供しています。統計としても価値が高く、中近東の経済の動きを知る上でも興味深いコンテンツです。

 

 

15

  airport investor
  monthly 

月刊

12

グローバルな投資観点を鋭くするのに役に立つもので、各国の空港の民営化および経営の綿密な分析をお届けするとともに空港投資に関する最新の情報を提供します。

 

 

16

 

  ATM monthly

月刊

12

世界の航空管制にかかわる最新のニュースと分析です。管制技術、管制契約、管制細則の変更、予算等に関しお届けします。

 

 

17

  CAPA data

月刊

12


月次輸送実績と通常報告されていない地域別輸送トレンドおよびLCCの輸送実績を含むもので、包括的なデータベースと独自の視点から深く掘り下げた分析を提供します。

 

 

18 

 

  aviation  executive 

 monthly 

 

月刊

12

世界の航空業界のマーケティング、ネットワーク情報を提供します。主たるトップ人事情報を知ることができます。

 


会員料金

会員料金の問い合わせは下記の「CAPA会員お申し込み」よりお願い致します。

 

Member rates for information on CAPA membership, please contact JAMR at:

 

info@aviatn.com

TEL 042-316-5371

FAX 042-335-7171

CAPA会員申し込み方法

 CAPA会員お申込みはこちらをご参照ください。

  お気軽にお申し込みください。

海外事情

 

6 10 日から 21 日までの 2 週間のオンライン旅行流通に関係する海外主要記 事です。
この号では、「3. OTA エアビーとレートパリティー」に注目したいと思います。 Airbnb がホームシェアに加えてホテルまで販売するとなると、
泊とホテルが 一つのプラットフォーム上で横並びにリストされることになり、タイプの異な る施設同士の価格比較が難しくなって、レートパリティーの維持が困難になる と言っている・・・と理解しました。しかし「(Airbnb では)、ゲストが施設の 真のコストを判断できない不明瞭なプライシングの環境が存在する」とはイマ イチ良く理解できませんでした。Airbnb が最近導入したホストオンリーのコミ ッションモデルであれば、OTA のモデルと近似するのですから、そんなことに はならない、のではないでしょうか?
 

 

Airbnb が上場して・・・顧客獲得コストが上昇・・・ホテルの直販志向を強 くさせることになるが・・・一方でパリティー破りの悪役である格安販売のホテ ルオンリーの業者が増加するデメリットも存在する」とも言っています。しか し、ホテルにとっては、Airbnb のホテル販売開始によってチャネルがそれだけ 増えるので(OTA の中抜きのチャンスが生じるので)良いことである、と考え るのは間違っているのでしょうか?ホテルオンリーのパリティー破りは、 Airbnb とは関係のない別の次元の話では。「Airbnb のコミッションが、将来値 上げされる可能性もある」と言っていますが、EXPEBKNG との対抗上、こ の大手 OTA2社を上回ることにはならないのではないでしょうか。Airbnb の 多角化戦略は、「焦点が合っておらず・・・会社(Airbnb)は衰退する可能性が ある」とも言っていますが、ホームシェアからホテル販売を開始して、OTAHotelTonight を買収し、OYO に投資し、そしてタビナカの Experiences プロダ クトを開発して EXPEBKNG に競争を挑むのは、まさに Airbnb総合旅行 会社になるという大いなる経営ビジョンであると考えるべきだと思います。 この記事の著者(OTA Insight, Chief Commercial Officer)は、Airbnb に対して かなり否定的であるようです。中小の独立ホテルにとっては、そもそもパリティ ーに縛られたくない筈ですから、Airbnb がパリティー維持を困難にしてくれる というのであれば、これは歓迎すべきことではないのでしょうか。最後に「ホテ ルは、ますます複雑化する流通を制御することができない。ゲストが他では取得 できない並外れたエクスペリエンスを提供することに最善を尽くし続ける必要 がある」については全く同感です。 

 

恒例のメアリー・ミーカーの「インターネット・トレンド 2019」が発表されま した。「12. メアリー・ミーカー、インターネット・トレンド発表」
この 333 枚のスライドでは、日本の企業は Sumitomo MitsuiLINEMIXI の たったの3社が言及されているに過ぎません。中国は独立した章(11China) で 30 ページ以上が割かれています。日本のインターネットテクノロジーの弱さ が見て取れて、とっても悲しいことです。(編集人)