CAPA会員サービス

CAPAの提供する情報

会員の方は以下の全ての情報がご覧頂けます。 

 

情報の全ては英語で記載されています。 



 

 

情報名

発行

内容

 

 

 

  asia pacific
  airline daily 

250 

発刊 

アジア太平洋地域の航空会社の動向、具体的には、機材、路線、財務、輸送統計、二国間協定、アライアンス、資本関係およびその日の重要な情報分析をお届けします。 

 

 

 

  airport businessdaily

250 

発刊 

アジア・パシフィックを中心に世界の空港の最新情報を 

カバーしています。統計も充実しています。 

 

 

 

  europe airline daily

250

発刊

ヨーロッパの航空会社の動向、具体的には、機材、路線、財務、輸送統計、二国間協定、アライアンス、資本関係およびその日の重要な情報分析をお届けします。

 

 

 

  america

 airline daily       

250

発刊

アメリカ(北米、中南米)の航空会社の動向、具体的には、機材、路線、財務、輸送統計、二国間協定、アライアンス、資本関係およびその日の重要な情報分析をお届けします。

 

 

 

 

 Middle EastAffrica

  airline daily

 

 

50

発刊

中近東とアフリカの航空会社の動向、具体的には、機材、路線、財務、輸送統計、二国間協定、アライアンス、資本関係およびその日の重要な情報分析をお届けします。

 

 

 

  RAR daily

250

発刊

複雑な航空関連法規や規制の理解を助けるとともに、ビジネスに及ぼす影響を解説します。世界の航空会社や空港に影響する政府や規制関連ニュースをカバーします。

 

 

 

  peanut$ Daily

250

発刊

ヨーロッパ、北米、南米、中近東、アフリカ、アジア太平洋のLCCの情報(機材、路線、財務、輸送統計、二国間協定、アライアンス、資本関係を含む)を提供するコンテンツであり、その日の重要な話題を分析します。

 

  

 

  Aviation Investor

 daily

250

発刊

世界の航空会社および空港の輸送実績と決算、株価解説、動向分析をとりまとめてお届けするもので、最も新しい業界パフォーマンスを提供するものとなっております。

 

  Peanut$ the low cost

  airline weekly

毎週

50回発刊

世界のLCCの最新動向の要約と綿密な分析を提供します。統計資料としても価値の高いものとなっております。

 

 

10

  airport & airline
  asia pacific 

隔週

26回発刊

 

アジア太平洋の航空業界の動向を2週間毎にまとめてお伝えする包括的なサマリーです。国や地区別に空港、航空会社、サプライヤーの最新情報をわかりやすいかたちでお届けします。

 

 

11

  airport & airline
   europe

隔週

26回発刊

 

ヨーロッパの航空業界の動向を2週間毎にまとめてお伝えする包括的なサマリーです。国や地区別に空港、航空会社、サプライヤーの最新情報をわかりやすいかたちでお届けします。

 

 

12

 

  monthly essential
  china 

月刊

12

注目を集める中国の航空市場・LCC・空港・ツーリズム・航空政策などの最新の包括的情報を提供しています。統計としての価値も高く中国の経済の動きを知る上でも興味深いコンテンツです。

 

 

13

  monthly essential
  india

月刊

12

注目を集めるインドの航空市場・LCC・空港・ツーリズム・航空政策などの最新の包括的情報を提供しています。統計としても価値が高く、インドの昨今の経済の動きを知る上でも興味深いコンテンツです。

 

 

14

 

  monthly essential
  middleeast

月刊

12

注目を集める中東の航空市場・LCC・空港・ツーリズム・航空政策など最新の包括的情報を提供しています。統計としても価値が高く、中近東の経済の動きを知る上でも興味深いコンテンツです。

 

 

15

  airport investor
  monthly 

月刊

12

グローバルな投資観点を鋭くするのに役に立つもので、各国の空港の民営化および経営の綿密な分析をお届けするとともに空港投資に関する最新の情報を提供します。

 

 

16

 

  ATM monthly

月刊

12

世界の航空管制にかかわる最新のニュースと分析です。管制技術、管制契約、管制細則の変更、予算等に関しお届けします。

 

 

17

  CAPA data

月刊

12


月次輸送実績と通常報告されていない地域別輸送トレンドおよびLCCの輸送実績を含むもので、包括的なデータベースと独自の視点から深く掘り下げた分析を提供します。

 

 

18 

 

  aviation  executive 

 monthly 

 

月刊

12

世界の航空業界のマーケティング、ネットワーク情報を提供します。主たるトップ人事情報を知ることができます。

 


会員料金

会員料金の問い合わせは下記の「CAPA会員お申し込み」よりお願い致します。

 

Member rates for information on CAPA membership, please contact JAMR at:

 

info@aviatn.com

TEL 042-316-5371

FAX 042-335-7171

CAPA会員申し込み方法

 CAPA会員お申込みはこちらをご参照ください。

  お気軽にお申し込みください。

海外事情

 

84~16日の主要ニュース19本のうち、いつもはPhocusWire Dailyにはほとんど表れない法人旅行に関する記事が7本(目次の下線箇所)もあった。取扱高ベースで米国市場のおよそ3割が法人旅行市場にあたり、そしてそれに加えておよそ2割程度のunmanaged business 旅行市場が存在すると言われている。つまり米旅行市場のほぼ半分あるいはそれ以上が、法人旅行で構成されていることになる。それだけ大きな市場にもかかわらず、業界ニュースが少ないのに驚かされる。(尤もこれにはPhocuswrightの親会社であるNorthstar Travel Mediaが、法人旅行市場専門誌であるBTN=Business Travel Newsを編集していることも影響している。)

 

7本の記事を読むと、この市場のセルフ予約ツールの使い勝手が極めて劣悪で、法人旅行管理会社(TMC)のサービスに対しても出張者の不満が多く、その上企業の出張規定のかなり厳しい遵守の要求のために、出張者のモラルと生産性の低下が発生している可能性がある、という何やら暗い話が連続する。要するに観光旅行市場の方が法人旅行市場よりも、旅行の計画や手配のプロセスで、テックを含めてずーっと先進洗練先行しているというのだ。

 

しかし、最近になって、この遅れた法人旅行市場に目をつけた新規参入者たちが参入しつつある。そして彼らは、企業のコスト削減最優先に変えて出張者ファースト、出張者セントリックの戦略を敷いている・・・というようなことが、これらの記事に書かれている。観光旅行のベストプラクティスを法人旅行が真似ようとしている。これはFSCLCCを真似て、FSCLCCの境界線がぼやけ始めている話と似ている。出張先で仕事の前後に休暇旅行までしてしまうブレイジャーの拡大も、法人旅行のセルフインベンションの一つのきっかけとなっているのだろうか。

 

11. OTA4つの神話」は、“高い手数料をふんだくっている悪者OTA”の評判(風評?)に対するOTA の恨み節が書いてあって面白い。(編集人)

 

 

海外事情 916日号B 

 

81923日のニュースに加え、法人旅行に関する特集シリーズ3部作の第1部を掲載する。(お盆休みのために、1週間のニュース配信となります。)

 

前々号の楽天キャピタルの都市エクスペリエンスプラットフォームFever(ロンドンとマドリッドベース)出資に引き続き、「3. 楽天、東南アジアのバジェットホテルに投資」した。

 

2. 電子IDと旅行」は、プライバシーの問題について何も触れていない。生体情報は、整形手術をしない限り究極的個人情報なのでプライバシー保護には細心の、最善の、最大限の注意が必要だ。

 

6. 米司法省、セーバーのフェアロジックス買収を否認」は、この買収が実現しない場合は、SabreNDC開発に遅れが生じる可能性がある。これは、FarelogixGDS代替システムの能力に、DOJが“お墨付き”を与えたということか。(編集人)