CAPA分析:NEW HEADLINES  5月ー2021年

CAPAアナリストによる アジア・太平洋の航空業界のピックスは

今・そしてこれからの展望を紐解く大変興味深く、そして貴重なレポートです。

 

毎週幾つかのレポートをピックアップし、その序章をご紹介致します。  

5月9日掲載

Premium Analysis

都市封鎖のリスク、豪州=NZ間航空旅行バブルへの需要をくじく

08-May-2021

豪州とニュージーランド間の旅行バブルを創出する事は、エアニュージーランドとカンタスそして広く航空業界にとっての重要な道程を示して居る。然し、また、実施の早い段階で後退して居る事は、エアラインが直面して居る、需要を再構築する上での課題も描き出して居る。

2021年4月19日に始ったこのバブルは、COVID-19パンデミックの勃発以来、アジア太平洋地区で初めて開かれる双方向の検疫隔離免除の国際旅行回廊である。これは既に、エアニュージーランドとカンタスグループがこの市場に飛ばす、多くの航空便を復活させて居り、一年以上振りの確固たる国際旅客収入の流れを提供して居る。

予想通り、最初の旅客ラッシュがあり、主として家族との再開を待ち焦がれて居た人々か、その他の緊急の旅行の必要のあった人々だった。

然し、その後、新たなCOVID-19感染が起こった場合、このバブルは急遽中断されるとの見通しから、自由な旅行は水をかけられた状態で、需要は収束して居る。政府は、中断のリスクは明確にして居り、豪州の数か所での都市封鎖による、いくつかのバブル中断がこのメッセージを補強する結果となった。シドニーとパースでの2つの新たな感染でニュージーランドはこれらの都市を当面の間、バブルから除外する事とした。 

Lockdown risk dampens demand for AU-NZ air travel bubble

Premium Analysis

台湾、遂に主要空港を拡張;域内の脅威に立ち向かう

06-May-2021

大きな流れの中では、中華民国、台湾は西側諸国では殆ど顧みられることがない。台湾は、南シナ海に佇み、静かに自らの仕事に専念して居り、この地域外の殆どの人々は地図の上で位置を示すのも容易でない。

然し、最近のニュースによると北京が政治的な圧力を強めて居る。台湾は実際には、COVID-19感染を概ね水際に止めることに成功し、世界から集める関心に恩恵を受ける立場にあるが、ついに、その主要空港に大きな、新しいターミナルを建設する契約に署名する。

Taiwan finally extends its main airport; faces down regional threats

Premium Analysis
欧州:旅行制限の緩和と感染検査のコストが航空業界回復の鍵

06-May-2021

欧州の殆ど、特にEUと英国は、国際旅行の制限を緩める準備をして居る。どの国がグリーンリストに載るか、詳細はまだこれから明らかにされ、ひとだび発表されれば、そのうちにまた変更されるだろうが、これは歓迎すべきことだ。

夏のピーク月間に登録されたスケジュールは、確信的楽観論を示して居る。CAPAのの座席仕様データと組み合わせたOAGデータは、2021年第3四半期の欧州の供給を2019年水準の78%(即ち、たった22%の減少)と予測して居る。これは、現時点(2021年5月3日の週)の欧州の供給が2019年対比71.9%減であるのとは対照的である。

欧州はこの指標では、更に他の地区に遅れをとって居る:次に弱い地区は、2019年対比で51.1%減のアフリカ、49.7%減の中東、43.8%減のラテンアメリカ、36.2%減の北米、そして31.3%減のアジア太平洋である。

ワクチン接種率が不均等であること、また疫学的に、2019年水準対比78%は余りに楽観的ではあるが、旅行制限の緩和は、航空業界回復の致命的に重要なステップである。この回復はまた、感染検査が旅行者にとって非常に高いコストとなれば、失速する可能性がある。

にも拘らず、第3四半期は、欧州の現在の供給に大きな改善を示す筈である。

Europe: lower travel barriers & testing costs key to aviation recovery

Premium Analysis
サウスウエスト航空のパンデミック対策:日和見主義と現実主義の混合

05-May-2021

サウスウエスト航空は、COVID-19危機からの強固なリバウンドをするのに、最適な位置に居る運航会社の一つだと言う事に異論は少ない。その貸借対照表の強靭さは、比類が無く、同社は、コロナウイルスのパンデミックの間に積み上がった負債を返済するのに、依然として好位置に居る。

サウスウエストは、間違いなく、米国のレジャー需要の変曲点に力づけられ、危機の最悪の地点は過ぎたと考えて居る。然し、同社は、米国の秋季期間の視界が依然不透明であるため、より現実的と思われる回復の見通しを採って居る。

然し、同エアラインの、明らかに慎重なアプローチは、サウスウエストがパンデミックの期間中、ずっと月桂冠の上に胡坐をかいて居た事を意味する訳ではない。同社は現在、17の新たな市場を追加しようとする最中であり、次の15年間への保有機の発注書を確定させて居り、同エアラインの2021年第1四半期の輸送旅客数が依然として38%近い下落だったのに対して、そのどちらも決して小さな実績では無い。

Southwest Airlines pandemic play: a mix of opportunism and realism

Premium Analysis

日本の空港民営化:次は新潟空港

05-May-2021

選ばれた一握りの国々と同様に、日本は、空港民営化の松明を運び続けて居る。この国は、既に、いく種類もの大規模な、そして小規模な空港を、あるものは個別に、あるものはグループに対しコンセッションを実現し、そして嘗ては、民営化を一緒くたにして避けて来た政府も、この分野では実に好調である。

米国のカウンティに匹敵する、地方自治体は、彼らの空港の民営化の認可を求めて列をなして居り、米国の民営化計画の創始者(また改訂者)たちを羨望の眼差しにさせるに違い無い。

次に控えるのは、もし政府が合意すれば、新潟であり、年間僅か100万人強の旅客を扱い、LCCの供給も少なく、観光客にとっても比較的に魅力的な潜在力の無い空港が市場に参入するのだが、これはこれまでの過程の厳密な吟味をする事となるだろう。 

Japan airport privatisation: Niigata Airport next

 

旅行の回復ースカイスキャナー、世界のトレンド報告を発表

04-May-2021

世界の旅行市場、スカイスキャナーは、最近、2021年に現れる、新たな旅行のトレンドについての詳細なレポートを発表した。「スカイスキャナーの地平線ー戻って来る旅行」と名づけられたこのレポートは、旅行者たちが、休暇の最盛期を前に、如何に新たな常態への計画を立てて居るかに光を当てるため、3年間の検索と予約のデータを分析したものだ。

CAPAのディジタルツーリズム シンクタンクとスカイスキャナー航空担当副社長のヒュー・エイトキンという業界のリーダーが、このトレンドについて独占解説をして居る。進化する旅行の嗜好性とトレンドの背後に見出された幾つかの経緯を理解するために、全世界の5,000人の消費者に対する意向調査も実施して居る。

l  スカイスキャナーの地平線レポートは、旅行者の行動の変化を見つめ、この分野に現れようとするトレンドを検証する。

l  洞察は、旅行が如何に変わって戻って来るかを測るため、2019年データとの対比を基本として居る。 

The Return of Travel – Skyscanner publishes global trends report


CAPAがライブに帰って来る=対面で!「CAPA航空サミット」2021年9月8/9日於シドニー

03-May-2021

CAPAは、待望のライブ・対面の・イベントを、2021年9月8日~9日シドニーに於いて「CAPAの豪州太平洋航空サミット」を開催し、復活させる予定だ。

さあ、その日程を確保して欲しい。

世界は、COVIDパンデミックによって、停滞して居るが、CAPAは毎月第2水曜日のCAPA Liveのイベントによってオンラインで、燃える炎を守って来た。

然し、私たちは、今や、何ヶ月もの強いられた空白の後、2021年9月8日~9日に対面での最初の催しで戻って来る計画であることを喜んでお知らせする。そして、大きな祝祭が、再びライブで対面で戻って来ることを確認して欲しい。

CAPA returns Live - in person! 8/9-Sep-2021, Sydney 

Premium Analysis

JAL、もう一社追加で傘下LCCの成長戦略を強化

03-May-2021

春秋航空日本の支配的株式を買収すると言う、日本航空の計画は、この日本の大手エアラインがLCCに対して関心を集中させようとするのを更に証明し、そして、特にひとつのLCCにとって、この国を支配する2つのエアライングループの外で生き残ることが、如何に困難なことかも示して居る。

春秋航空日本は、この国内市場に於いては、小さな存在である一方で、JALグループのLCC品揃えを強化し、ライバルANAホールディングズのそれに少しでも近づくべく占有率を引き上げる事になる。

更に重要なのは、春秋日本は、同時にJALグループが中国のレジャー市場へのアクセスを改善できる潜在能力を持って居ることだ。然し、春秋日本がJALの現有のLCC共同事業であるジェットスタージャパンとどの様に足並みを揃えるか、そして、春秋日本は現行の中国の株主である春秋航空の路線網と所有の関係など、提案された買収の詳細の多くは、未だに明かにされて居ない。 

JAL to boost its LCC growth strategy by adding another airline

5月2日掲載

CAPA Live: 英国航空CEOショーン・ドイル=「我々は最後までやり遂げる」

30-Apr-2021

 

2021年4月14日のCAPA Liveにて、英国航空のCEOショーン・ドイルが、CAPAのピーター・ハービソンと語った。

ドイル氏の議論の筆記録抜粋から重要項目は以下の通り:

- 英国航空は「規模の適正化を図って居る。」

- 継続可能性、燃費効率の高い保有機群と2050年までにネットゼロ達成

- ワクチン接種の浸透は、英国=米国間市場を、そして「Zoom商談の疲労」から解き放つのを助ける

- 「A321neo狭胴機の商機」の潜在力

- アジア路線網の再開のためにカタール航空との提携の重要性

- 英国のサービス事業分野に肩を並べる、中国市場の重要性

- ロンドンシティ空港の大きな潜在能力

- 旅行の再開に向けて、安価な感染検査、ワクチン接種の枠組みを創り出す

- APD(Air Passenger Duty英国航空旅客税)は英国の業界を競争力を削ぐ

- 英国航空の核となる空港での行程に、統合されたAPI(Application Programming Interface)を導入する事に集中

- 継続可能性:「IAGは世界で初めて2050年までにネットゼロを達成すると公約したエアライングループ」

 

CAPA Live: BA CEO Sean Doyle - "we'll come out the other end”

Premium Analysis

アムトラックの拡大:恐れられた米国の航空旅行への脅威ではない

30-Apr-2021

 

大統領選の討論では、航空業界の事は殆ど取り上げられなかったが、ジョー・バイデンは、確かに、米国の鉄道分野への、彼のグリーン・ニューディール信任状を提示した。

大統領の、最近発表されたインフラ計画が、これらの信任状に、ある種の肉付けがなされ、今や、公営鉄道運行会社であるアムトラックが、2035年までに大きく拡大される鉄道路線網への展望を提示して居る。バイデン氏はこの動きを加速するため、現存する米国運輸省の連邦補助金と融資計画を利用し、融資の手続きを改善し簡素化する予定だ。空港に対しては何も無い。

一見すると、これは航空ビジネスにとっては、もう一つのボディブローの様だが、逆に、もし窮地を脱することが出来れば、これは自分の家を整理し、贅肉を削ぎ、筋力を上げ、コーナーから出て強烈で素早いパンチを繰り出すために必要な拍車になるかも知れない。

Amtrak’s expansion: not the threat to US air travel that was feared

Premium Analysis

英国の域内エアライン:再生フライビー、様変わりした景観を見出すだろう

29-Apr-2021

 

最近の2つの展開が、英国の域内エアライン(チャネル諸島を含む)にスポットライトを当てて居る。それは、ブルーアイランドとオーリニー・エアサービスの間の、主としてコードシェアの契約と、フライビーがこの夏、再出発すると発表したことだ。

CAPA保有機群データベースに依ると、英国の域内エアラインは、2021年4月27日現在、総計774機の12%に過ぎない、107機の旅客機を保有して居る。域内エアラインの、英国での保有機供給席数の占有率は、更に低く、僅か4%である。

にも拘らず、域内運航各社は就役中の保有機数の占有率(65%)では、その他のエアライン(47%)より高く、最初の都市封鎖では、その活動低減をより小さくとどめて居る。

英国の域内エアラインが国内路線に的を絞っていることが、パンデミックが始まると同時に、フライビーの倒産が助けたように、危機にあっても彼らを助けて居る。

フライビーは、全て以前のフライビー路線に参入した、ブルーアイランドとローガンエア、そしてイースタン航空とオーリニー・エアサービスの間にコードシェアも始まって居り、すっかり様変わりした域内エアラインの景観を見出すことになるだろうが、その計画は、この分野の力強い勢いを思い知らせてくれる。

UK regional airlines: reborn Flybe will find a changed landscape

Premium Analysis

欧州のエアライン、2021年に世界最悪の損失幅に苦しむ

29-Apr-2021

 

2021年4月のIATAのエアライン経済業績予測に依れば、欧州のエアラインは、今年、世界の全地区で最大の損失幅に苦しむことになるだろう。これは、その国際線市場への高い依存度によるもので、また欧州に浸透する高い水準の国際旅行への制限の所為である。

ここ数か月の間、欧州は危機前の最後の年である、2019年に比べ、最低水準の供給に悩まされて来た。2021年4月26日の週には、欧州の供給席数は、2019年の同じ週に対し、72.5%下落して居る。次に弱い地区は2019年対比で53.7%落ちたアフリカである;2019年に比べて、中東は、52.2%減、ラテンアメリカは45.0%減少、北米が38.3%減そしてアジア太平洋が30.6%減である。

ACI欧州のデータによると、旅客数は供給席数より更に低い。2020年の10~12pptから2021年には5~8pptと小さくなって居るが、これは供給がこれほど低いのに大した慰めにはならない。

IATAは、今年、欧州のRPKは、2019年対比で66.3%減となるだろう、2021年下半期に50%へと回復することもないだろうと予測して居る。業界団体も今年の欧州のエアラインはEBITマージン(売上高営業利益率)が世界平均の2倍も悪い▲19%と予測して居る。

European airlines to suffer world heaviest loss margin in 2021

Premium Analysis

英国、炭素排出目標に航空業界を加える

27-Apr-2021

 

2021年4月20日、英国政府は、二酸化炭素の排出目標に国際線航空業界を加える、最初の主要国になると述べた。これは、英国に排出目標について忠告する、気候変動委員会(CCC)の勧奨に従ったものだ。

2019年、英国はより広い経済界のCO2排出ネットゼロの2050年目標を公約した最初の主要な先進国となったが、それは航空業界を含んで居なかった。英国の航空業界(そして、欧州の殆どの航空業界)は、既に2050年までにネットゼロを目標として居るのだが、これは今や、政府の公約によって正式になる様だ。

これに加えて、航空業界の需要の伸びを抑制する必要性の様な、その他のCCC勧奨に対する注目も増加させて居る。勧められる対策としては、税金、課徴金、そしてカーボンプライシング、英国の空港でのネット増が無い事を確実にするなどがあり、その全てが、とても業界は歓迎しそうにない。

更には、英国の対応はEUを、そしてその他の国際的な提携相手たちが後を追うことを促すかも知れない。

 

UK to include aviation in carbon emissions targets

Premium Analysis
米国のエアライン、国内需要の変換点を歓迎する

27-Apr-2021

 

殆どの米国エアラインのアカウントにとっては、予約カーブが広がり、この国の夏季繁忙期の実収単価も上々の模様で、2020年から2021年への過去半年間、話題を独占して来た鬱積需要は、遂に、解き放たれたかの様である。

勿論、これは、全て国内と近距離国際線市場でのレジャー需要が牽引するものである。

現時点で、誰しも考える事は、大規模な国境の開放はいつになるのか;だが米国の運航各社は、国内線で起こっている同じ需要のシナリオが、長距離旅行にも有効だと考えて居る。

それでも、欧州が米国のワクチン接種済の旅行者が、今夏同地区を訪れるのを認めようと示唆して居るのに、この夏季繁忙期の欧州への旅行の扉は、急速に縮小して居る。

企業からの渡航需要さえも緩和し始めて居り、いくつかの運航会社は、米国のビジネス旅行の50%回復は今年末前に起こり得ると考えて居る。然し、より長期間で見ると、企業の業務渡航が回復するのか否かは、依然、定かではないだろう。

 

US airlines welcome inflection point in domestic demand

欧州のエアライン供給、2020年4月以来最低に再び滑り落ちる

27-Apr-2021

 

2019年水準に対する比率で現わして、欧州のエアライン供給席数は、2020年4月以来、最低水準に再び滑り落ちようとして居る。

2021年4月19日の週に、欧州の供給席数は2019年の同週対比で、73.6%も低く、とても慎ましい回復を見せる前の、2021年2月と3月の殆どを占めた▲75%の領域にそう遠くない。

もう6か月以上も、欧州は、この指標では、他の地区に比べ遥かに低い状態である。アフリカの供給は2019年対比で54.5%落ち、中東は52.3%、ラテンアメリカは48.3%、北米は38.0%そしてアジア太平洋は31.0%減少して居る。

CAPA保有機データベースのデータは、欧州はまた、就航中の航空機の占有率でも世界の他の国々に後れを取って居る。2021年4月19日現在、世界平均では72%なのに対し、欧州運航会社のジェット旅客機で就航中なのは61%である。

欧州のLCC各社と伝統的エアラインは、現在、似たような就航率であるが、LCCは、危機の間を通じて、この率をより多様に変えて居る。欧州の主要LCCは、より良好な流動性とより低いコストを持ち、概して、需要の変動により順応出来て居る。

 

Europe's airline capacity slides back towards lowest since Apr-2020

スウェダヴィア、CO2排出ネットゼロ達成の最初の空港グループ

27-Apr-2021

 

空港というものは、常にエコ戦士たちにとっては、公認された標的であり、COVID-19パンデミック以前には、一般大衆は、空港に関して環境保護に良く、快楽主義に反対するよう、自分自身にとっての必要性と欲求を評価し直そうとする兆を見せて居た。

現在は、事業が再び始まろうとするに当たって、空港が少なくとも自からの役割を沈思黙考し、再評価をしようする中で、顧客にとって衛生的な通り道を確保すると同時に、まだ無くなっては居ない持続可能な形で需要を満たすという、新たなビジネスを奨励する難問に直面して居る。(丁度、細い綱の上で、PPEマスクの目隠しをつけ、片手に免税品の酒瓶を、もう一方の手に航空用バイオ燃料を1ガロンぶら下げ、片足でバランスをとろうとして居るのに似て居る。)

大手空港運営企業の一つ、スウェダヴィアは優先順位付の決断をして居る。殆ど旅客が居ないのだけれど、世界に向かって完全なカーボンニュートラルを達成したのみならず、それを求められた期限の30年も前に達成した事を喜んで居る。

Swedavia is the first airport group to achieve net zero CO2 emissions

Premium Analysis

ブラジルの基幹空港の民営化法則、ラテンアメリカに広がる

26-Apr-2021

 

2011年以来、ほぼ全ての民間定期便空港を、幾つかの州では、個別の手順で補足する、一連のコンセッションにより、競売に掛ける試みが進んで居る、ブラジルに、人々の注目が集まって居る。ブラジルは、ラテンアメリカで、これを行う3番目の主要国である。

今や、ブラジルと、1998年と言う遥か以前にその空港をコンセッションとしたアルゼンチンの間に挟まれたウルグアイが、遅れ馳せながら小規模な、そのうち幾つかは崩壊寸前の、定期便もない地域空港の、コンセッショネアを見つけようとして居る。

コンセッショネアを見つけ、それが実現するかどうか、良い見込みは多くは無い様で、そのうちモンテヴィデオとプンタデルエステの2か所は、既に消えて居る。

然し、少なくともウルグアイのインフラに投資する事は、水面下では多くの潜在的な恩恵が見出だせる。

 

Brazil's anchor airport privatisation theory spreads in LatAm 

4月5日
航空機小型化で物流配送に遅延

DL、人員不足で一部運休も など

4月4日
ワクチンパスポート
SKY上場へ など

各国航空会社のコロナ禍への対応