CAPA分析:NEW HEADLINES  11月ー2020年

CAPAアナリストによる アジア・太平洋の航空業界のピックスは

今・そしてこれからの展望を紐解く大変興味深く、そして貴重なレポートです。

 

毎週幾つかのレポートをピックアップし、その序章をご紹介致します。  

11月30日掲載

CAPA Liveー貴方のネットワークと知識にとって毎月の必需品

27-Nov-2020

 

COVID-19ワクチンの先頭走者たちのワクワクするニュースは、世界に、そして航空業界に歓迎されて居る。然し、ワクチンの投入段階への行く手には長く、複雑な道が控えて居るだろう。航空、旅行業界が、急速に「2019年平常モード」へひとっ飛びする事を夢想して居る人にとっては、目を覚ます時だ。回復は遅く、波乱だらけで、課題の多いものだろう。

CAPAは、この予測不能の時代に、私たちのヴァーチャルな月例プログラムCAPA Liveで、2021年の全体にわたって、優れた内容、ニュース、データそして業界のリーダー達からの意見など、定期的に、想像可能なプログラムを提供する。

 

 CAPA Live – your networking and knowledge monthly must-have

Premium Analysis

スキポール・グループ=オークトゥリーの提携、北米の空港案件を摸索

27-Nov-2020

 

米国の空港民営化は、交差点に来て居り、その将来の方向は、まだ最終決定されて居ない大統領選挙の結果に掛って居る。

然し、それが、ある欧州の主導的空港運営会社と、左前になった企業を黒字転換させる事を専門とする、米国の代替投資ファンド(双方とも北米に於ける潜在的な案件を探って居る)が、少々尋常でない手を組むのを阻んでは居ない。

普通では無い、が時代の象徴であり、多分多くの中でも最初になるだろう。

その様な取引のうちの幾つが、実際に米国で顕在化するかは定かでは無いが、新たな市場は、多くの地域空港が「今そこにある危機」に瀕して居るカナダでも出て来る可能性がある。

 

Schiphol Group-Oaktree tie-up seeks N America airport deals

Premium Analysis

ロシアの航空業界:ポベーダの成長、LCCの競争を触発

26-Nov-2020

 

地球全体が、COVID-19危機の中にあって、長距離需要とビジネス旅行が最も痛手を受けて居る一方で、近距離とレジャー需要(より具体的には、友人、親族訪問)が回復を引っ張って居る。この事は低コスト運航会社の力になるよう作用し、そして欧州の大手LCC(ノルウエーエアを除く)は概ね、フルサービスの競争相手達より良い業績を上げて居る。

ロシアは、供給が2020年夏場のピークに2019年水準以上に戻った、欧州最大の国内線市場を持って居る。これはロシアが2020年11月23日の週に、2019年の供給水準の50%を運航して、供給席数合計で欧州最大の航空市場となるのを助けた。これは、他のどの主要欧州諸国よりも多く、そして全欧州平均26%と比べ対照的である。

ロシアの国内線市場の強さ、そして消費者の間に価格感受性が広がった事は、ロシア唯一のLCC、ポベーダに勢いを与えた。2020年7月以来、このアエロフロートグループの子会社は、旅客数で4カ月連続で対前年プラスの実績を達成した。他のロシアのエアラインも、今やLCCモデルを考慮しようとして居る。

 

Russian aviation: Pobeda's growth will spark LCC competition

CAPA Live:エアアラビアCEO:エティハドとの共同事業は順調

25-Nov-2020

 

エアアラビアCEOアデル・アリは、中東地区の旅行については、コロナウイルスが概してコントロール出来て居るので、楽観的である。旅行は2019年に比べ落ちるが、以前の夏季に比べ、LCCは強い需要を体感して居る。

UAE内の検査の実施は、広く普及し、エアアラビアに搭乗する前には義務化されて居る。国家間の協定がある事から、エアラインが運航できる便の数は減らされて居るが、これは搭乗率が高い事を意味して居る。多くの鬱積した需要があり、より多くの便が復活できるに連れ、供給は急速に吸収されて居る。

エティハドとの共同事業は、高い料金は払いたくないが、それでも近・中距離路線を飛びたい顧客にエアアラビアがサービスを提供して、上手く行って居る。このLCCは、現在、2024年が納期の長距離狭胴機は、そのころまでには需要が回復して居て、拡大の為にその機材が必要となると予測し、発注を延期する必要を感じて居ない。

2020年11月11日のCAPA Liveにて、エアアラビアのCEOアデル・アリはCAPAの名誉会長ピーター・ハービソンと語った。その主要部分の幾つかは以下に収録されて居る。

 

CAPA Live: Air Arabia CEO: JV with Etihad working well

Premium Analysis

旅行制限、欧州の航空業界を委縮させる、COVID-19では無く

25-Nov-2020

 

2020年の第3四半期を通じて、COVID-19の感染を抑制する為に旅行制限と検疫隔離のパッチワークが欧州中に敷かれた。

然し、ACI欧州による2020年11月の分析では、この期間のデータを基にした、感染率と航空旅客需要との間の相関関係は見えない。これはコミュニティの感染が既に存在する所では、旅行制限と言うものは、影響が無い事を示唆して居る。

にも拘らず、検疫隔離と制限は欧州の航空業界を浸食し続けて居る。この大陸のエアラインの供給席数は、益々他の地区の最下位から大きく引き離されて居る。欧州の供給席数の対前年減少率は、2020年6月以来最大のカットとなった2020年11月23日の週には▲73.8%に広がり、中東の▲60.6%より13.2ポイントも下になった。

アフリカは▲58.6%、ラテンアメリカは▲50.0%、北米▲42.0%、そしてアジア太平洋は▲37.9%だった。

EUレベルでの検査体制の共通のアプローチを盛り上げようとする試みにも拘わらず、欧州各国は、旅行制限と同様に、この問題でも分裂して居る。自由に入手出来て、広く管理されたワクチンの出現まで、共通に合意された航空旅客の検査システムが導入されない限り、欧州の航空業界は衰え続けるだろう。

 

Travel restrictions shrink European aviation, but not COVID-19

CAPA Live:ヴァージンアトランティック、キャッシュ黒字に集中し続ける

24-Nov-2020

 

ヴァージンアトランティックは、キャッシュ黒字になる航空便、そして就航する事が重要な新路線の発見に集中する姿勢を維持して居る。同エアラインは、コスト基準を下げたために、嘗ては、収入とコストの均衡だけの理由で手の出せなかった目的地が、今や手の届く所にある。

同エアラインは、7対3の割合で北大西洋に集中して居たが、現在は、インドとパキスタンへの路線が追加され、6対4に近づいて居る。

同社は英国政府に対し、航空業界を国家のインフラと捉えるよう、そして検査体制が感染が旅をしない事を確証出来る事は明らかなのだから、検査を実施する事に合意するよう要請して居る。

ヴァージンアトランティックの2050年までにネットゼロを達成すると言う公約と、航空界で最も機齢の若い保有機群は揺るいで居ない。

2020年11月11日のCAPA Liveにて、ヴァージンアトランティックのCEOシャイ・ワイスはCAPAの主席財政アナリストのジョナサン・ウーバーと語った。以下はその筆記録要旨である。

 

CAPA Live: Virgin Atlantic laser focused on being cash positive

Premium Analysis

COVID-19感染者数上昇、米国の旅行需要を弱める

24-Nov-2020

 

ほんの数週間前、米国のエアラインは、近づく感謝祭休暇シーズンへの予約が上向いたのに望みを繋いだ。然し、そのすぐ後に、この国の毎日のCOVID-19感染者数が100,000の敷居を超え、今や毎日の新規感染者数の数値はじわじわと200,000に近づいて居る。

この国最大のエアライン2社が、公衆衛生行政機関が米国民に対し、感謝祭の休暇期間に旅行をしない様に促すに連れ、予約が鈍化して居る事を証言して居り、結果として、社会の感情は明らかに変化した。

これら全ては、業界がCOVID-19のワクチンが広く入手可能になり、信頼出来る流通チェーンが創られると言う前向きのニュースを歓迎して居る最中に起きて居る。そのため、業界は、若し需要の針が動くのであれば、安価で早急な検査体制を強く要請する事から焦点を外すわけに行かないのである。

 

Rising COVID-19 cases soften US air travel demand

CAPA Liveーレックス航空、豪州の航空市場で商機を見出す

24-Nov-2020

 

豪州の航空市場は、コロナウイルスのパンデミックに深刻な影響を受けて居るが、クリスマス前に

国内線市場中に航空旅行の回復があるだろうと言う、幾らかの強い望みがある。

CAPAー航空センターの専務取締役、デレク・サドゥビンは2020年11月11日版のCAPA Liveの中で、メルボルンでの第2波は15週間の都市封鎖の後に収束し、「航空事業の活動が、少なくとも国内では復活する道を拓いた」と強調した。

エアラインのCEO達や業界の首脳陣の洞察、情報、データそして生のインタビューを次世代のヴァーチャルイベントのプラットフォームに乗せた、新たな月例のヴァーチャル・サミットCAPA Liveの2020年11月11日版は、選ばれた州間航空便が復活しつつある地元市場での、ある種の楽観を示した。

アビエーションウイークの航空輸送上席編集者エイドリアン・スコフィールドは、2020年11月23日にニューサウスウエールズが、ヴィクトリアへの州境を開けば、「もう一つの大きな展開」が起こるだろうと強調した。

これは、「世界でも最大の国内線の流れの一つである、シドニー=メルボルン路線の回復に拍車をかけるだろう。」とスコフィールド氏は言う。

この再開は「特にカンタスにとって大きな一歩である。」「同社がこれらの州の間で2020年11月23日から現在の週間10便に対して、100便以上の往復便の運航を計画して居るからだ。」とアナリストは言う。

 

CAPA Live – Rex Airlines spots opportunity in Australia's air market

CAPA Live:ライアンエア;幾つかの国家支援は「露骨な差別」である

23-Nov-2020

 

ライアンエアDAC*のCEOエディー・ウイルソンは、幾つかの欧州政府の国家支援は露骨な差別で、良好に経営され充分な資本を持つエアラインにとって、問題を惹起する可能性があるが、より長期的に見れば、それは消えてしまうだろうと考えて居る。

ウイルソン氏は、737MAX機材は、多くの選択肢と柔軟性を与えてくれるゲームチェンジャーであり、その戦略の主要部分は更に前進するだろうと語った。

ハードBREXITの危機に陥る事は、誰の利益にもならない。多分常識が支配する事になるだろうが、ライアンエアは充分に備えて居る。

2020年11月11日版のCAPA Liveの中で、ライアンエアDACのCEOエディー・ウイルソンはCAPAの名誉会長ピーター・ハービソンと語った。以下はハイライトの筆記録である。

 *Ryanair Designated Activity Company =ライアンエア指定活動会社

CAPA Live: Ryanair - some state aid is "blatant discrimination"

ANAとJAL:広胴機LCC、国際線サービスを広げる

23-Nov-2020

 

COVID-19は、日本の2大エアラインの主要な戦略の見直しを促して居り、その最も意味深い結果は、LCCへの焦点を増加させた事である。これには、国際線市場に広胴機低コスト事業を設立する、或は拡大する事が含まれる。

ANAとJALの両社ともに、広胴機の退役を前倒しする事により、本体の保有機群を縮小しようとして居る。対照的に、彼らのLCC部門は強化されようとして居る。

これは、両社が予測する需要見通しの変化を反映して居る。国境規制が緩和された時には、レジャー需要と友人家族訪問が、より早くはね返って来ると予想されるとともに、プレミアムビジネス旅行は、より長く、弱いままにとどまると思われる。ANAは、他の多くのエアライン同様、バーチャル会議の科学技術が長期にわたってビジネス旅行の足を引っ張ると考えて居る。

 

All Nippon and JAL: widebody LCCs to broaden international offering

    

       全文訳はこちらから

   11月24日 特別号㉒ ANAとJAL:広胴機LCC、国際線サービスを広げる - 航空経営研究所 JAMR (jimdo.com)

           

CAPA Live:KLM、欧州路線の90%を50%の供給で飛んで

23-Nov-2020

 

2020年11月11日版のCAPA Liveの中で、KLMのCEOピーター・エルバースは、CAPAの名誉会長ピーター・ハービソンと語った。このレポートには、そのハイライトを納めてある。

KLMは、現在、飛べるところには、どこにでも飛んで、50%の供給ではあるが、欧州目的地の90%に運航して居る。

政府からの資金には、CO2排出量を減らし、継続可能な航空燃料を使用するなどの条件が付いて居る。

KLMは、北大西洋には小さなビジネスクラスを投入して居り、新しい保有機群とともに、前進のために良い足許となる。貨物は、非常に大きな暗雲の中で、一筋の希望の光である。

 

CAPA Live: KLM flying 90% of Europe routes, with 50% capacity

11月22日掲載

Premium Analysis

ブダペスト空港のコンソーシアム入札;見た目以上に政治的?

21-Nov-2020

 

現在は民間が所有(外国の投資による)する、首都の空港と、2010年からハンガリー政権を握る政党との関係は不安定なものである。2005年にそれが最初に民営化された時にはブダペスト・フランツ・リスト空港は、当時はまだ政権を握って居なかったこの政党に再国有化されると脅されて居た。

それからもう15年間が経ち、この空港に対して相応しくない打診、そして願わしくない入札が、一部国有の石油会社とその他(今のところ匿名の)のコンソーシアムメンバーによって纏められ、政府がこの瞬間にも空港のために動くかも知れないと憶測されて居る。

事態の真実はどうあれ、入札者(たち)は、それに既に大枚を投資して居る、手ごわい相手の敵に回って居る。

 

Consortium bid for Budapest Airport; more political than it appears?

GAD-世界空港開発会議2020年レビュー第2

20-Nov-2020

 

このレポートの第1部に続いて、第2部は5つの主要なプレゼンテーションと第2日のセッションを伝える。

それは、現在、空港が直面する課題の進展をカバーして居る;将来の空港に於ける貨物の役割;空港のデザインを「イメージし直す」、空港の小売り業を含む商業戦略を「イメージし直す」;そしてパンデミックとインフラ建設の中で拡大する官民協力の必要性の両方の観点から、ニューヨークの各空港の将来についてである。

 

GAD - Global Airport Development Conference 2020 review. Part 2

CAPA Live:KLMのCEO、航空業界の乱高下する回復を覚悟

19-Nov-2020

 

「我々はとても寒い冬に向かって居る。」KLMのCEOピーター・エルバースは2020年11月11日のCAPA Liveで語ったが、「ワクチンと幾つかの対策により、我々は楽観的である。」と付け加えた。

KLMは、合計34億ユーロに上る政府支援パッケージを受け取って居るが、そのうち24億ユーロは、オランダ国家の90%保証付きの銀行融資であり、10億ユーロは政府からの直接融資である。国家の支援の承認には、15%の従業員のコスト削減への組合の合意が必要だったが、KLMは従業員を2020年末までに5,000名、削る予定である。

これでKLMは、COVID-19危機の間の生き残りの確証を得て、特に長距離の、需要が回復した時には、商機を得られる。同社は、ほぼ国内線市場を持たないハブキャリアーの必要性として、殆どの欧州の伝統的エアラインに比べ、より多くの保有機と路線網を運航して居る。

当面は、エルバース氏は慎重であり、CAPA Liveにて語って居る:「私の内なる焦点は、我々はこれまで6~9カ月の間、危機管理を行って来た。今や、回復の過程にある。それは直線的な回復ではなく、乱高下する回復である。」

 

CAPA Live: KLM CEO straps in for aviation's bumpy recovery

カンタス創業100年の展望:ジョン・ウォード前CEO

19-Nov-2020

 

2020年11月16日、カンタスは100歳になった。

記念すべき変化の1世紀の間、カンタスは、商品改良、技術的優秀性、運用実績そして優れた経営の才で世界の航空業界をリードして来た。

それを実行する中で、同社は多くの苦境を生き延びて来た。時には、自らを創り直し、同社は成功した、回復力を持った、世界的に展開する、類まれな豪州の企業の手本である。今日、同社は、能力とその経済的そして社会的な適合性の双方で自信を抱いて居る:そしてもう一度、創り直しが予想されて居る。

 

A Qantas centenary perspective: John Ward, former CEO

Premium Analysis

欧州のLCC各社、伝統的エアラインのライバル達より上手く危機を漕ぎ抜ける

19-Nov-2020

 

COVID-19に対する、有効なワクチンに関する前向きなニュースが、航空業界の希望に純粋な根拠を与えて居る。にも拘らず、イージージェットが2020年9月までの会計年度で、初の損失を確認したのは、航空業界が、未だに前例の無い危機の泥沼にはまって居る事を思い知らされる事だ。

他の全ての欧州エアライングループと同様に、イージージェットは、「連続する短期的な不確実性」の為に、次の会計年度への指針を出すことが出来ない。他の全ての欧州エアライングループと同様に、直近の焦点はキャッシュを生み出す航空便のみである。

今回のレポートは、欧州の主導的LCCグループ(ライアンエア、イージージェット、ノルウエーエアそしてウイズエア)と、大手伝統的エアライングループ(ルフトハンザグループ、エアフランス-KLM、そしてAIG)を保有機群の規模、現在の供給、2020年第3四半期の財務実績と予測について、比較して居る。

欧州の主導的低コストエアラインは、主導的伝統的エアライングループに比べ、殆どが、危機をより良い形で漕ぎ抜けようとして居る。ノルウエーエアの財務的な問題の重圧は、その地位を弱め、将来を脅かして居るが、特にライアンエアとウイズエアは彼らの伝統的エアラインのライバルたちを、収益性で、そしてより決定的にキャッシュの面で凌駕して居る。

 

Europe's LCCs navigate the crisis better than legacy airline rivals

州境の決断、豪州国内線エアラインの回復を支配する

18-Nov-2020

 

2020年の過去数カ月間、豪州のエアライン市場で主要な動きとして見るべきは、州境が次第に再開することから、国内線の供給の伸びである。州の間の規制の解除が進んで居るのだが、そのペースはバラバラであり、ある例では規制が再開されたために、逆の動きさえ起こった。

毎月、CAPAはオーストラレーシア地区の主要な傾向と展開をCAPA Liveイベントの一部として検証して居る。2020年11月の最新版は、その分野で殆どの動きが生まれて居る事から、主に豪州の国内線市場に焦点を当てる。然し、より先の国際線復活の見通しの中に、ある興味深い兆候もある。

州境とは別に、国内線市場のとても興味深い展開の一つが、リージョナルエクスプレス・ホールディングズ(REX)の豪州東海岸の幹線に就航するという野心的な努力である。

 

State border decisions dictate Australian domestic airline recovery

Premium Analysis

欧州のエアラインの供給が再び落ちる、然し楽観論広がる

18-Nov-2020

 

WHOに依れば、欧州のCOVID-19感染者数は2020年11月9日の週には減少して居る。合計はほんの2カ月前に比べ、依然として5.5倍多いのだが、これは2020年7月以来、初めての減少である。これが、最近の数週間に欧州の多くの地域で発令された、より厳しい都市封鎖の規制が功を奏して居る証拠とみなされるかも知れない。

然し、当面は、欧州の航空業界は、世界のどこよりも急速に供給を縮小し続けて居る。

2020年11月16日の週に、欧州の供給席数の対前年削減は、2020年6月以来最大となる▲73.0%に拡大して居り、▲60.7%の中東より12.3ポイント下にある。アフリカは▲57.1%、ラテンアメリカは▲49.9%、北米は▲46.7%、そしてアジア太平洋は▲38.6%だった。

エアラインのスケジュールから割り出した、2020年11月全体の欧州の供給は、現在2019年水準の30%と予測され、これは2019年に対する割合として、3カ月連続で、より小さくなって居る。

にも拘わらず、COVID-19の数字は欧州で次の数週間に、幾らか規制の緩和が行われる前触れとなるかも知れない。更には、最近の完成間近な第2の極めて有効なワクチンのニュースは、広がりつつある楽観主義の感覚を強めて居る。

 

European airline capacity falls again, but optimism grows

CAPA Live:アビアンカ、長期的な成功のための難しい選択

18-Nov-2020

 

アビアンカ・ホールディングズは、2020年3月にCOVID-19パンデミックが世界の航空業界をひっくり返した時、2019年に実施したリストラの成果を刈り取り始めて居た。

そして今、アビアンカとラテンアメリカの大手路線網の同業社であるLATAM航空グループとアエロメヒコは、全てチャプター11に追い込まれて居る。

規模を適正化する努力の中で、アビアンカは、次の外因性の出来事に、それがどんな形態をとろうと、耐える為には、同社と業界は、構造的なコスト変容をする必要があると認識して居る。

回復への長い道のりに関わらず、アビアンカは、5年で同社のCOVID-19以前の規模に届く潜在能力がある、そしてラテンアメリカでより多くの統合が出現する可能性があると強く信じて居る。

 

CAPA Live: Avianca makes tough choices for long term success

Premium Analysis

貨物、再び流行に=北米エアラインにとって

17-Nov-2020

 

世界のエアラインは、COVID-19パンデミックの所為で彼らが経験して居る惨憺たる旅客収入の下落を和らげるために、貨物に向かって居る。北米では、グローバルネットワークエアラインが、貨物の事業の強化を喧伝し、危機の間は、程度の差こそあれ、貨物の商機を探ろうとして居る。

今や、エアカナダは、もう一歩進んで、何機かのボーイング767広胴機を貨物専用機仕様に改修して、向こう数年間で、貨物事業を拡大する可能性を示しつつある。

より小規模なエアラインでさえ、旅客需要に対するパンデミックの影響を鈍らせる為に、貨物を使って居る。

米国の超LCCサンカントリーのアマゾンとの契約は、弱まる兆候を見せない、堅固に収益性のあるこの業種で、同エアラインに恩恵を与えて居る。

 

Cargo is fashionable again for North American airlines

GAD-世界空港開発会議レポート第1部

17-Nov-2020

 

世界空港開発会議(Global Airport Development Conference)は、2020年11月11日から13日の間、(バーチャルで)開催された。

このレポートは、PPPモデルは、単なる付け足しではなく、パンデミックの中でどの様に進化して居るか、或は環境、社会、そして管理上の要求項目を、どの様に、現在、彼らが空港戦略に組み込んで居るかの様な、選ばれたセッションの抜粋が含まれて居る。

また、ある空港グループが、パンデミックの影響を、特に激しかったイタリアの地方で、如何に取り扱ったか、そして、そのグループは現在、それがいつになるかは別として、COVID後の事業展開環境についてどの様に計画して居るか。

レポートはこれに加えて、東南アジアとラテンアメリカの、空港分野と特に民営化活動の短い見通しの概観を示して居る。

第2部は会議の第2日を報告する。

 

GAD – Global Airport Development Conference report Part1

ハンガリーのウイズエア、供給回復を減速、キャッシュに護られて

17-Nov-2020

 

何年もの間、2桁の成長を示して居るウイズエアの供給席数が、2020年始めの10カ月で、43%下落して居る。これに比べ、全欧州の供給下落は55%である。

ウイズエアは、7月~9月の四半期の地上待機から立ち上がって来た時、供給を市場水準より攻撃的に回復させた。然し、この超LCCは、都市封鎖と旅行制限の再発に従い、ブレーキを掛け、現在、供給は2019年水準に対する比率としては欧州の平均より低くなって居る。

至近時点の削減した供給計画にも拘らず、ウイズエアは、危機に於いても商機があると予測して居る。同社の保有機群は、2021年度に13%拡大、そして2027年度までに、倍増する予定である。その供給席数の占有率は、中/東欧の核となる市場に於いて拡大して居り、英国からロシアまで、欧州中に13の新たな基地を開設しようとして居る。更に新しい市場が、2020年12月に開業を予定するウイズエア・ドバイにより追加される事になって居る。

更には、ウイズエアは弱い需要の期間が長引く事にじっと耐えることが可能である。CEOのジョゼフ・ヴァラディは同社のキャッシュ残高は、完全な都市封鎖と全便停止があっても、2年間は事業継続に充分と言って居る。

 

Wizz Air slows its capacity recovery, cushioned by cash

Premium Analysis

空港の財政:2020年9月30日までの3/9カ月概観

16-Nov-2020

 

今年の空港の財政状況に関する、これまでのCAPAレポートでは、赤が支配する、陰鬱な絵を描いて来た。

2020年9月30日に終わる、3カ月及び9カ月のレポートは、既に可なりの国内航空便がある所(そこでは空港は動き続けて来た)では、より明確になろうとして居るが、似た様な物語を語って居り、期待される回復が始まれば、安定を取り戻すのを助ける事になるだろう。

そして、相変わらず、パンデミックが、実際には、他のモードの犠牲のもとに、航空輸送ビジネスを強固にするのを助ける様な、突飛な例がある。

 

Airport financials: overview of 3/9 months to 30-Sep-2020 

11月15日掲載

エアライン地点間旅行が流行;ハブが力を取り戻す

13-Nov-2020

米国の低コスト、地点間エアラインは、旅客が、ハブでの乗継よりも、直航便を好む事から、COVID-19パンデミックの間に獲得した、彼らのこの新発見の優位性を活用し続けようとして居る。

米国の超低コスト運航会社アレージアントエアの調査によると、顧客のうちの大きな多数派は、予約をしたか否かに関わらず、「パンデミックの間は、混雑したハブにて明らかに発生する乗継、立ち寄りというものが、彼らの飛ぼうとする意思に大きく否定的な影響を及ぼすと言う事が、充分に明らかになって居る。」

然し、忍び寄る大きな疑問は:その優位性はいつまで続くのか?長期的に見てハブ&スポークモデルの寿命について疑う理由はあまり無い;然し、旅客の居心地の良さが通常の水準に戻るのはいつになるのかを決める事は難しい。

今の所、レジャー顧客は次第に旅に違和感を感じなくなって居る;然し、彼らが地点間の旅の方を好む強い傾向は、しっかりとそのまま残って居る。

Point to point airline travel in vogue; hubs will regain strength

Premium Analysis

CAPA LIive:ヴァージン・アトランティックCEO、生き残りを確信、収益への道を示す

12-Nov-2020

2020年11月11日のCAPA Liveで、ヴァージン・アトランティックCEOシャイ・ワイスは、主役となったエアラインCEOの一人であった。

CAPAのチーフエコノミックアナリスト、ジョナサン・ウーバーとのインタビューの中で、ワイス氏は、彼の全てのビジネス経験を、パンデミックの間にヴァージン・アトランティックの航路の舵取りのため、どの様に当てはめようとして居るかを説明した。この英国のエアラインCEOは、以前に同社CFOとCCOを勤め、また、ネットワークとインフラによって形作られる、もう一つの分野、ケーブルの業界でも働いた事がある。

全機広胴機の長距離エアラインとして、ヴァージン・アトランティックは国境の閉鎖に、そして旅行の崩壊に、どの欧州エアラインよりもずっと厳しい打撃を受けて居る。然し、目の前の生き残りへの課題は、資本増強と大きなコストのリストラで対応出来て居る。

ワイス氏は、運航を合理化し、ロンドン・ヒースローだけとし(同エアラインは来月マンチェスターへの運航を再開する予定であはるが)、従業員を半減し、保有機群を圧縮し、そして4発エンジンの航空機の退役を加速して居る。

然し、話は縮小についてだけではない。ヴァージン・アトランティックはインドとパキスタンへの新たな路線を計画して居る。

ワイス氏は、CAPA Liveにてヴァージン・アトランティックは、依然として同じ数の路線区間を、小さくなった保有機群で飛ぶことが出来ると語って居る。更には、収入が回復した時には、同エアラインは、継続可能に利益の上がる、より低いコスト基準にすると言って居る。 

CAPA Live: Virgin Atlantic CEO ensures survival, plots path to profits

現実と向き合う時:CAPA2030年の航空業界を見つめる=今日

11-Nov-2020

本日、11月のCAPA Liveバーチャルサミット会議では、CAPAの創始者で名誉会長のピーター・ハービソンの月例展望が、COVID-19がもたらした結果としての「とても異なった業界」を予め示した。

11月編は11月11日のGMT0300に開会し、アジア太平洋地区からの生のセッションで始まり、太陽を追いかけて、EMEAと米州へと続いた。

ハービソン氏は、「今、COVID-19大災害の勃発から9カ月が経ち、ある種の現実チェックをする事が大切である。基本的には、我々は業界がそこから次の10年間を築いて行く、新たなプラットホームを見て居るのだ。

次の状況は一体どんなものなのだろうか?殆どの人々は、真に思い違いをして居ない限り、それは構造的に、極めて異なった業界になろうとして居る事を、もう理解して居る。」と語る。

Time to face reality: CAPA previews the 2030 airline industry - TODAY 

Premium Analysis

欧州の航空業界、更に後れを取る。ワクチンのニュースに希望が湧く

11-Nov-2020

ユーロコントロールの、2020年11月から向こう5カ月の航空交通の予報では、交通量は、最も有りそうなシナリオでも2026年以前には、2019年水準には戻らないと示唆して居る。その最も楽観的なシナリオでは2024年にこの水準に達するが、最悪のシナリオはこの閾値を2029年にまで押し下げて居る。

2019年水準への復活の可能性が、まる10年掛ると言うのは、欧州のエアラインの供給席数が、世界のどの地区よりも大きく落ちて居る時に、この大陸の航空業界にとって陰鬱な予想である。

欧州の対前年供給席数の減少は、2020年11月9日の週には▲69.8%へと広がって居る。中東の▲60.4%に比べ9.4ポイント下にある。アフリカは▲58.4%、ラテンアメリカは▲50.1%、北米は▲48.7%、そしてアジア太平洋は▲38.8%である。

更には、登録されたスケジュールによれば、欧州の来週(2020年11月16日から)の供給席数は、70.2%と更に大きな減少となる。2019年水準に対する割合としては、欧州の2020年11月の供給席数は、現時点では僅かに31%と予測される。

最近の、ワクチンの明るいニュースは、より速い平常回復への希望を湧き上がらせるが、これが近い時点の見通しを変えそうには無い。2020/2021年冬季は欧州エアラインにとって、相変わらず極めて難しいものとなるだろう。

European aviation falls further behind. Vaccine news raises hopes

航空業界のパンデミックの勝者と敗者:CAPA Live、11月11日

10-Nov-2020

CAPA-航空センターは、2020年11月11日CAPA Live11月編を開催する予定である。

このバーチャルなサミット会議は、航空業界のエキスパート、指導者およびインサイダーたちがコロナウイルスの時代の、主要な問題について議論する事に脚光を当てる。講演者とパネリストは、勝者と敗者が明確になり始めて居る中で、いかに航空業界が、将来を見直すかを探る。議題は、また、この分野の長期的展望と回復への見通しをも検証する。

航空業界の歴史に前例の無いこの騒音と混乱の中を、くぐり抜ける助けにするために、第2回目のCAPA Liveは、以下の主要な世界的エアラインのCEOたち、そして経営幹部たちのインタビューも含めて居る:

KLM社長兼CEOピーター・エルバース、ライアンエアDAC CEOエディー・ウイルソン、エアアラビアグループCEOアデル・アリ、アヴィアンカCEOアンコ・ヴァンデルヴェルフ、ヴァージン・アトランティックCEOシャイ・ワイス、そしてリージョナル・エクスプレス取締役会長リム・キム・ハイ。

CAPA Live 2020年11月版はまた、世界的な観光と空港のコミュニティから、航空と旅行分野のリーダーたち、また、業務渡航、流通、そして旅客体験のエキスパートたちが、広範な話題についての大規模な議論に参加する予定である。

講演者とプレゼンテーションには、以下の方々が予定されて居る。太平洋アジア旅行協会CEOマリオ・ハーディ、ACIアジア太平洋事務局長ステファノ・バロンチ、欧州委員会モビリティ&輸送事務局長ヘンリク・ホロレイ、ロンドンガトウイック空港営業担当役員ジョナサン・ポラード、エアライン旅客対円協会(APEX)CEOジョー・リーダー博士、ERA事務局長モンステラート・バリガ、そしてスカイスキャナー営業担当役員ギャビン・ハリス。

Aviation's pandemic winners and losers: CAPA Live, 11-Nov

Premium Analysis

小規模でエアライン1社のみのフロリダの空港、プンタ・ゴルダ、リース/P3を目指す可能性

10-Nov-2020

米国の空港民営化計画が窮地に追い込まれて居る。現在までに、主流の民間空港で成功した例はプエルトリコでただ一つであるが、そこは米国本土でさえ無いし、シカゴやセントルイスの様なその他の都市での試みからは撤退して居る。そして、これは、更に広く参加を促進するために、計画に改善がなされたにも拘らずである。

然し今や、小さな観光客向けの空港であるフロリダのプンタ・ゴルダで、可能性としてもう一つの動きが持ち上がって居り、その計画は、航空事業以外の必要性の別の目的の資金が配分される可能性に牽引されて居る。

然し、ここで複雑なのは、この空港で運航して居るのは、商業エアライン、アレージアントただ一つだと言う事である。この事はアレージアントに、如何なる動きについても、もし望めば拒否出来る力を与えて居り、同社はまた、空港周辺で、空港計画に織り込まれる可能性さえある大規模な不動産プロジェクトに投資をして居るため、これがまた難問を創り出して居る。 

Small single-airline Florida airport, Punta Gorda, may seek lease/P3

Premium Analysis

ロシアの航空業界、回復力を示す;国内旅行に支えられ

10-Nov-2020

ロシアでのコロナウイルス感染者数は、高い水準にあるが、一つの空港、この国を主導する空港(モスクワ・シェレメチェボ)のトップは、他で予想されて居るより、短い時間枠の中で、平常に戻る事に自信を持って居る。彼の自信の理由の一つは、この夏、対前年同期比で実質的に供給増だった、国内線便がビジネスを動かして居る事だ。

ロシアの国際空港協会は、この国の最大の各空港は、2020年9月、対前年の旅客数が、2020年8月の28%減から、25%の減少となったと記録して居る。然し、他のどの国とも同様に、ロシアは国際的ロックダウンと検疫隔離によって邪魔されて居り、そして復活は主として国内線需要から来つつある。

然し、ロシアが早くワクチンが入手可能になる事を期待するのと同様に、国際線旅行もまた、急速に回復する必要がある。 

Russian aviation shows resilience; sustained by domestic travel

パリCDG空港、今や欧州で最も忙しい空港=ロンドン・ヒースローを抜いて

09-Nov-2020

パンデミックは、世界中の空港に、ある奇妙な統計的な逸脱を生じさせて居る。欧州では、パリのシャルルドゴール空港が、ロンドンのヒースロー空港の上に上がり、2020年最初の9カ月間の旅客数で第1位の座を奪った事を表明して居る。

事実、CDGは既にLHRを捉えつつあったし、遅かれ早かれ、次の数年間でその座を奪って居ただろう。

今年の終わりに、それが続いて居るかどうかは未だ定かでは無いし、2つの国やその他の国々により、発令された、旅行禁止、検疫隔離、そしてロックダウンの幾つかの並べ替え、そしてそれをどの順にと言う事で決められるだろう。

業界から、戦略を変更するよう明快な声が上がって居るにも拘らず、現時点で、パンデミックに対処する為には、それが彼らの提供出来る事の全てである。

Paris CDG Airport now busiest in Europe, ahead of London Heathrow

バイデン 政権と航空業界。11月11日のCAPA Liveを観よ

09-Nov-2020

米国の航空専門家が、2020年11月11日のCAPA Liveにて、航空分野に対する、ジョー・バイデン次期大統領がとる行動の、有り得べき姿と影響を探訪する予定だ。

ワシントンD.C.にやって来る、ジョー・バイデン次期大統領の率いる政権は、苦境に陥ったエアライン業界にとって、幾つか大きな意味を持つと予想される。バイデン次期大統領の運輸政策の概要は、広範な鉄道のインフラを建設する事に力点を置き、彼の政権は環境と気候変動に強くなる模様だ。

両候補のどちらも、米国大統領選挙への途の中で、包括的な航空政策の様なものは何も公表して居ないが、その役割が経済成長を促進するために必要不可欠であることから、やがて必ず明白な焦点になるだろう。近時点では、エアラインは出血し、2021年半ばまでキャッシュ焼失を止められそうに無いが、有りそうな包括的な資金調達パッケージは従業員維持を助ける筈で、エアラインは採算性の無い路線を飛び続けられるだろう。

然し、その先には、感染者数が14日間だけで過去の半数以上の増加という、米国での恐るべきCOVID-19ウイルスの蔓延で、この先数カ月の施策への影響は避けられないだろう。バイデン氏は彼の政権では、蔓延を遅らせる、中期的回復に前もって必要な事、そして旅客の飛びたいと言う気持ちを取り戻すために「必要な事は何でも」すると言って居る。

Biden Administration and aviation. Watch CAPA Live, 11-Nov

11月8日掲載

Premium Analysis

ベルリンの新空港、遂に開港=然し、タイミングは最高とは言えない。。。

07-Nov-2020

 

世界中が、痛々しいほど遅々とした完成を見守って居た、そして「Vorsprung durch Technik」(「科学技術を通じた進歩」)の国として知られた国でありながら、何かSchandenfreude(他人の不幸を喜ぶ)と表現したら最も当たって居そうなものとともに、遂にBER、ベルリンの新空港(従来の二つの空港を一つの近代的な施設に合体した)が、何かしらもの笑いの種になってしまった。

然し、今や、空港は穢れなき輝きの中で、現実に開港し、そしてテーゲル空港と言う古いシステムの最後の痕跡は、このレポートが発表される中で閉鎖となるだろう。

今後は、前進、そして向上の好例となるだろう。或は少なくとも、パンデミックがなければ、そうだっただろう、即ちBERはゴーストタウンの様に開港した事を意味する。

然し、この空港にまつわる、全ての否定的な要素があっても、同空港は間違いなく展望を持って居り、そして民間の投資さえ、有り得る結果として協議されて居ることは、その証である。

 

Berlin’s new airport finally opens – but timing not the best…

欧州エアライン、新たなロックダウン、経済の収縮の打撃を受ける

06-Nov-2020

 

フランス、ドイツ、英国、イタリア、ベルギー、アイルランド、そしてギリシャなどの欧州の国々は、急激に増加したCOVID-19の感染者数に対応して、ロックダウンの様な規制を再度導入して居る。これは、経済に打撃を与えるだろう:フィナンシャルタイムズ(2020年11月2日)による、経済学者の調査では、2020年第4四半期のユーロ圏のGDP伸び率は、2020年第3四半期の回復から後退して▲2.3%と予想して居る。

航空の供給量は、結果としてずっと被害をこうむり続けて居る。欧州の対前年供給席数削減は、2020年11月2日の週には、前週の▲62.1%から▲64.7%に広がった。

これは、世界の全地域の供給量の中で、最大の削減幅で、中東の▲60.9%より3.8ポイント下にある。アフリカは▲56.9%、ラテンアメリカは▲51.2%、北米が▲50.2%、そしてアジア太平洋が▲38.9%である。

更には、欧州航空業界の見通しとして、状況は改善する前に、悪化するだろうと言うものだ。欧州の月例の供給量は2020年4月に、2019年水準の10%から回復して、2020年8月には、結局これが頂点となった55%になって居る。エアラインの登録したスケジュールに基づけば、2020年11月には37%と、3ヶ月連続で落ち込む事になるだろうとして居る。

ロックダウンと経済的な萎縮が、更に低いところまで行かせるかも知れない。

 

European airlines hit by new lockdowns, economic contraction 

Premium Analysis

米国の低コストエアライン、パンデミックでは直航便が好まれる

06-Nov-2020

 

世界のエアラインは、COVID-19危機の中に置かれた結果、新たな現実に沿った顧客行動の読み方に調整する事を余儀なくされて居る。

然し今は、ざっと8カ月ものパンデミックの運用を積んで、幾つかの米国の低コストエアラインは、顧客が新たな現実に適応しつつある傾向が現れて居るのを、そして、運用の環境下で、回復の動きを正しい方向に保つには何が必要かについて、察知して居る。

米国の超LCC、アレージアントエアは、旅客が、明らかな条件の下、具体的には混雑したハブでの乗継を避けて、直航便で旅をする意思が拡大して居ると言う結論に至って居る。

一方、ジェットブルーは、パンデミック以前の水準に届くには、短期・中期的には徹底したテスト戦略が極めて重要であると考えて居る。

全てのエアラインは、次々に進化する背景をずっと漕ぎ渡って居るが、今や、アレージアントとジェットブルーは、回復への長い道のりを予測する方法が進化して行くよう、幾つか明らかな結論を引き出して居る。

 

US low cost airlines say pandemic preference for non-stops

イサヴィア:アイスランド、より多くの観光客とハブ需要を惹き寄せる位置に

06-Nov-2020

 

アイスランドの空港とATC運営者であるイサヴィアは、2020年上半期の財務報告を発表したところである。

他の殆どの例と同様に、幾つかの同業他社のものほどでは無いものの、気の滅入る読みものである。アイスランドエアは依然として、同社が国家支援を求めなくてはならないとは言え、断然最も重要な顧客であることは変わらない。

更には、堅実な声明の中で、イサヴィアは同社が再び「純粋性」を求め始めれば、観光客は戻り始めるだろうし、また他社が独自の直航便の復便を躊躇して居るため、この国営航空会社が、ケフラビック空港ハブを通じて、旅客を大西洋横断で運ぶのに、以前にも増して、良い位置に居る事に自信を持って居る。

一方で、イサヴィアはアイスランドの遠く離れた市民が、現実には数は少ないのだが、この国の首都や他の地域にアクセス出来る事を保証する責任を負って居た。この国の国内線の各空港は国際線のケフラビック空港に比べ、供給席数がより速く復活するのを見て来た。

 

Isavia: Iceland placed to attract more tourists and future hub traffic

Premium Analysis

欧州の5大エアライングループに夏場は無し。ライアンエアが最良の位置取り

04-Nov-2020

 

2019年第3四半期、夏場が未だエアラインの大きな収益を産み出すと頼りにされて居た頃、IAG、ルフトハンザグループ、エアフランス-KLM、ライアンエアそしてイージージェットは、併せて52億ユーロの営業利益を産み出した。これは、その年の彼らの総営業利益の65%に当たるものだった。

2020年夏季は大きく異なった。旅行制限と検疫隔離規則は、2020年第3四半期の総営業損失39億ユーロを意味して居た。これは、初夏の損失、2020年第2四半期の51億ユーロに続くものである。

注目すべきは、ライアンエアが夏季ピークの四半期に、第2四半期の損失を埋め合わせる程ではないが、小規模な営業利益を出した事である。同社はまた、昨年の収入対比の割合で、5社の中で最強の流動性を持つと位置づけられて居る。

通常の年であれば、夏場の利益は、欧州エアラインにとって、(通常は小規模な)冬場の四半期の営業損失に対する緩衝材になって居る。

今年は、通常の年からはかけ離れて居る。危機から抜け出す勝者として、5社の中では最良の位置につけて居るライアンエアも、冬場には更に大きな損失を予測して居る。新たに始まったロックダウン、暴落する需要、搭乗率の崩壊は、欧州の5大エアライングループにとって、大きな冬場の損失へと導くことになるように見える。

 

No summer for Europe's big 5 airline groups. Ryanair best positioned

ラブロヴォ空港、小さなカリーニングラードの大きなハブへの野望を蘇らせる

04-Nov-2020

 

時折どこかで、似つかわしくなく小規模な航空輸送のハブが登場する事がある。それが、ロシアのカリーニングラード州で、フラブロヴァ空港を通じてロシアの大路線を欧州とつなごうとした革新的なエアラインであるKD-Aviaのお陰で、15年前に起こった。同社が財政的な問題から倒産したため、それは長くは続かなかった。

2年前、フラブロヴォの経営陣は、ポベーダの様なLCCを使って、このハブを再生させる事を検討したが、上手く行かなかった。

今や、第7の自由の運用環境を確保する事に成功したセントピーターズバーグ・プルコヴォ空港を念頭に、フラブロヴォは、当たり前に容易な乗り継ぎをするハブの旅客が増える、独自のハブ空港になり得るものを持ちたいと模索して居る。

 

Khrabrovo Airport revives little Kaliningrad’s big hub aspirations

Premium Analysis

デルタ、ウエストジェット共同事業:LCC各社、ラガーディアで更なる発着枠を獲得できるか?

04-Nov-2020

 

米国のカナダとの国境越え市場は、基本的には、閉鎖されたままであり、カナダ政府が2020年の終わりまでに、取り分け米国での感染者数が増加して居ることから、規制を解除する如何なる計画も持って居る兆候は無い。

国境閉鎖にも関わらず、米国の連邦運輸省(DoT)は、デルタ航空とカナダ第2のエアラインであるウエストジェットがその国境越え共同事業計画を前進させるために、ニューヨーク・ラガーディア空港の発着枠を剥奪する必要に留意した。

剥奪が求められるのは驚くまでもない;然し認可のタイミングは、危機以前には無理だと考えて居た市場での拡大の好機を掴むために、COVID-19パンデミックを使おうとする低コストエアラインにとっては都合の良いものかも知れない。

デルタとウエストジェットが認可の条件を見直す一方、低コスト運航各社はラガーディアでの拡大の見通しに涎を流しそうだ。

 

Delta, WestJet JV: will LCCs seize more slots at LaGuardia?

CAPA Live:ウエストジェットのCEOエド・シムズ、「分野別支援」が必要

03-Nov-2020

 

ウエストジェットのCEOエド・シムズは、2020年10月のCAPA Liveで語り、カナダの政府による資金供与の欠如が、今や15〜20%の市場占有率を占める外国エアラインに対し、カナダのエアライン業界が「大きく曝されて」放置されて居ると論じて居る。

これらの過程は皆、米国大統領選挙が終わるまで現状維持となりそうだが、検疫隔離そして米国=カナダ間国境の閉鎖の解除とともに迅速なPCR検査が、旅行の動きを起動させるために必要である。

低コスト航空会社スウープは、ずっと、ウエストジェットに比べ、異なる客体で、より高い搭乗率を経験して来て居る。ビジネス旅行は、企業の出張規定が制限的なのと、ズームを使用する事に回復を邪魔され、遅れそうである。

ボーイング737MAXは、2020年クリスマスまでに、ウェストジェットの保有機群に戻って来そうである。

 

CAPA Live: WestJet CEO Ed Sims, "sector relief" needed

フレア航空の新CEO、カナダでの超LCCモデルに強気

03-Nov-2020

 

COVID-19パンデミックは、世界中の多くの地域で第2、第3波へと進行を続けて居るが、低コストと超低コスト運航会社は、その特異なビジネスモデルの回復力が、企業の迅速な復活を許すだろうと、ある水準の自信を持って居る。

カナダの超LCCフレア航空は、最近、以前、成功した欧州の超低コスト運航会社ウイズエアに居た、新たなCEOを指名した。そしてパンデミックの厳しさにも関わらず、スティーブン・ジョーンズは、カナダに於けるULCCモデルとその長期的な可能性について、依然として強気のままである。

然し、短期的には、目下、フレアは、この伝統的な計画や予約カーブが、予見できる将来に亘って、ひっくり返った環境下で、旅客にとって最適なスケジュールを構築しようと努力して居る。

 

Flair Airlines' new CEO bullish on ULCC model in Canada

Premium Analysis

ノルウェーの航空業界:ウイズエアyes、ブラーテンyes、ノルウエーエアはno

02-Nov-2020

 

ノルウェーは、航空市場として、そしてその相対的重要性が、パンデミックによって、更に充実して、予想以上の結果を納めて居る。国内線の市場は、特に、多くの路線で地上交通に現実的な代替手段が得られ無い所では、国際線市場に比べてより速く回復しようとして居る。

ノルウエーの地理そして気候が、大きな国内線航空市場への条件を産み出して居る。その国内線市場は欧州で第6位に、そして一桁百万台の人口の国々の中で第1位にランクされて居り、欧州全体より急速な供給量の回復を助けて居る。

その潜在能力に惹かれて、超LCCのウイズエアは、オスロとトロンハイムと言う、2つの新たな基地をノルウェーに構築しつつあり、そこに同社の最初の国内路線を開設しようとして居る。SASと、特にノルウェーエアと言う主流派が生き残りに苦闘して居る事から、好機を狙って居る事は間違いない。

然し、首相を含むノルウェーの人々の幾らかは、ウイズエアが従業員の組合結成を認め無い事を快く思って居ない

更には、経験のある航空業界の経営者であるエリック・ブラーテンの計画した、新たな地元出身のエアラインが、SASとノルウエーエアから(そして域内航空のヴィデロー航空から)市場占有率を奪う戦いで、ウイズエアに挑戦する準備は万端の模様である。

 

Norway aviation: Wizz Air would, Braathen would. Norwegian wouldn't

Premium Analysis

北大西洋崩壊、欧州のエアラインを麻痺させる

02-Nov-2020

 

北大西洋は欧州のエアラインにとって、非常に重要である。ASKで見ても、彼らの最も重要な長距離路線地域である。更には、欧州のエアラインは、自らの大陸内で、北米とアジア太平洋のエアラインに比べ、より小さなASK占有率しか持って居ない(2019年実績で)。これは、長距離路線が干上がった時には、より少ない選択肢しか持たない事を意味する。

2019年の供給席数の割合としては、北大西洋は更に落ち込み、そして2020年4月以来、欧州の総供給量より低いままになって居る。更には、旅客交通量では、欧州=北米は2番目に悪い下落、そして実収単価では、欧州発の路線地区の中で最大の落ち込み、即ち最悪の収入実績に見舞われて居る。

2019年の北大西洋のASKでは、英国航空、ルフトハンザそしてノルウェーエアが、欧州のエアラインを主導して居り、一方、ASKの割合では、ラコンパニー、ヴァージンアトランティック、アイスランドエア、そしてエアリンガスが最高の露出を示して居た。

2019年に北米に飛んで居た、全ての欧州のエアラインにとって、ASKのほぼ1/4がこの路線地区になり、収入の重要性を示す合理的な指標である。

ロンドン=ニューヨークのトラベルバブル、或は航空回廊を導入して、北大西洋の航空業界をキックスタートさせる努力は、欧州エアラインにとって、極めて大きな重要性を持つ事である。

 

North Atlantic collapse is crippling to Europe's airlines

メキシコのボラリス、2021年上期に旅客の回復を予測

02-Nov-2020

 

メキシコの超低コストエアラインであるボラリスは、2020年末に、2019年の供給水準に達する、世界でも数少ない運航会社の一つである。過去数カ月の間、同エアラインは、競合他社が市場から後退するのを利用して、他の運航会社よりも速いペースで供給を足し戻して来た。

今や、ボラリスは2021年上半期に、2019年の旅客水準に達すると予測して居るが、これは殆どのエアラインに比べ、ずっと早い回復期間である。この予測は、同社の主要な旅客分野である、友人親族訪問(VFR)とレジャー顧客の、順調な回復に基づいて居る。

ボラリスは、また、競合他社が同空港で縮小を続けて居るために、メキシコシティ/フアレス国際空港にCOVID-19パンデミックによってもたらされた、好機を利用して居り、同社は予見できる将来に亘って、メキシコ最大の空港で手ごわい勢力であり続ける可能性がある。

 

Mexico’s Volaris expecting a passenger recovery in 1H2021

CAPA LIive:エミレーツ、ティム・クラーク卿:ネットワークエアラインは更に強力に

02-Nov-2020

 

エミレーツ航空社長ティム・クラーク卿は、2020年10月のCAPA Liveにて語り、需要が牽引する立ち直りは、すぐにもやって来て、ネットワークエアラインは以前より強力な姿で戻って来る可能性があると論じた。需要は戻るだろうから、エアラインは物理的に商品を維持せねばならないし、顧客の心の中にブランドを留め置くために、マーケティングの武器を使わねばならない。

密接な政府の支援が無い事は、助けにならない。殆ど達成不能な指標を持つ事で、各国政府は独善的な仕事をやり続けて居る事になる。

貨物スペースの必要性に牽引された70~80の路線を再開するほどの、貨物に対する巨大な需要があり、これは、キャッシュの消耗を減らす大きな助けになって居る。

 

CAPA Live: Emirates Sir Tim Clark: network carriers stronger

欧州エアライン:最大の供給量下落と最速のキャッシュ焼失

01-Nov-2020

 

欧州エアライン業界は、COVID-19危機の重荷を、世界の他のどの地区よりも更に重く感じて居る。欧州の今年これまでの累積供給席数は55%の下落で、他のどの地区よりも悪い。

更には、IATAに依れば、加盟エアライン各社は、2020年第2四半期に▲83%の収入で、マイナスのフリーキャッシュフローを生み出したが、これに対し全地区合計では平均▲52%だった。2020年第3四半期の主要欧州エアライングループ、ルフトハンザ、IAG、そしてイージージェット、の実績速報値では、彼らは引き続き、急速にキャッシュを焼失して居る。

2020/2021年冬シーズンの最初の週である2020年10月26日の週、欧州の供給席数の対前年減少は▲62.1%と、前週の▲63.4%より僅かに小さくなった。これは、10週間のトレンドで初の改善だったが、欧州は中東と並んで▲62.1%と、依然として最大の供給減だった。アフリカは▲58.4%、ラテンアメリカは▲57.4%、北米は▲51.5%、そしてアジア太平洋が▲38.4%である。

世界的に、エアライン各社は、少なくとも来年の末まで、依然としてキャッシュを焼失し続けると予測されて居るが、欧州のエアラインは、それより長く、キャッシュのプラスマイナスゼロに向けて苦闘を続けるかも知れない。

 

European airlines: biggest capacity drop and fastest cash burn

ブラジルの空港コンセッション、第7ラウンド開始

01-Nov-2020

 

CAPAは、ブラジルの空港コンセッションの進展について、それが始まった2011年以来ずっとレポートして来た。第7回発行分で、或は可能性として次の第8回で、とうとう終わりが見えて来た。

空港民営化の分野では、大都会の空港が入手可能となった場合、多くの国際的「大打者」が、もっと早い発行分で、コンセッションを終わらせて来た。殆どの取引で、政府と企業の双方にとって上手く行って居るが、全てでは無い。

より最近では、遅い発行分があるのは、主に、より小規模の地域空港で、進行中の、より大規模なものと抱き合わせ、現地では「骨付きステーキ」と呼ばれる、国内の投資家のみを惹き付けるものだ。

然し、これについては、小規模の空港は依然として進行途中ではあるが、国家の運用者であるインフラエロがそれ無しには利益の上がるものが無いと言う理由で、以前には除外されて居た2つの大規模なものが含まれて居て、これが外国の投資家たちにとって、最後の目覚ましコールになるかも知れない。

 

Brazil’s seventh round of airport concessions begins

11月1日掲載

ドミニカ、COVIDにめげず、長距離線用空港を建設へ
31-Oct-2020

カリブ海の小さな島国ドミニカ、長距離旅行には隣国の空港に頼らねばならないが、自前の国際/大陸間路線の空港を持とうとして居る。

CAPAは、パンデミックの始まって以来、認可を受けた、最近ではニュージーランドなど、いくつかの新たな空港計画について報告して来た。今や、世界の中でも、カリブ海で、小国のドミニカが、拡大するエコツーリズムへの関心、そして同国のオフショア金融分野を復活させようとする試みの恩恵を受け、新たな空港を建設する計画して居る。

この計画は、野心的なもので、大半をパスポートと引き換えに寄付をする外国の資本が資金供給するが、エコツーリズム需要だけとれば、これから何年も先に成長するものである。この新空港を建設することは、ドミニカに他の域内のライバルたちに先んじたスタートをもたらす筈である。 

 

Dominica, undaunted by COVID, to build first long-haul airport

米国大統領の政策、航空のインフラを無視
30-Oct-2020

2020年11月3日、多くの都市で沸騰する憎悪と暴動が続き、対立で2分極化した国を背景に、長い間待たれた大統領選挙が行われる。多分この国でこれまで戦われた最も重要な、そして全ての国々に余波を及ぼす選挙となり得る。

候補者の間で、これまで、インフラ全体の事項に声高に語られる中でさえ、殆ど触れられて居ない問題が、航空輸送産業である。

最近、4年毎に行われる、連邦弁護士協会の発表した出版物の中に、主要な輸送事業に関する、両陣営の立場についての公式見解がある。

多くを明らかにして居る訳では無いけれども、本音を隠して居るか、或は本当に言うべき事が余り無いかどちらかだが、共和党の勝利が意味するのは、この分野で、民間の、そして利益中心の活動が続く、一方で、民主党の方は、環境問題に、そして航空の代替としての地上交通に力点が置かれるだろうと言う事が少なくとも明らかである。

実際にやってに、さほど驚くべきことでは無い。今回レポートは、どちらが勝つとしても、何が優先されるのか、CAPAの目から概観したものである。 

U.S. presidential policies ignore aviation infrastructure

CAPA Live:ボラリスのベルトラネナ=メキシコの国内航空市場は強い
30-Oct-2020

ボラリスのCEO、エンリケ・ベルトラネナは、2020年10月14日のCAPA Liveで語り、巨大なメキシコのバス旅客を航空旅行に、良い結果を残して変更させる事に注力する必要性を強調した:今や、ずっと多くの初めて飛行機に乗る人々が生まれて居る。バス市場は、現在、航空旅客の1億500万人に比べ、およそ20億人である。

供給は、*VFRとレジャー市場に対するテストの柔軟化に伴い、2020年7月から増強されて居る。また、アエロメヒコがチャプター11を申請した事、そしてインタージェットが約65機を失った事も活用して居る。

同エアラインは、世界でも最も低い単位コストを誇る運航会社の一つであり、これはパンデミックの様な危機に対応するには、とても良い位置付けを与えてくれる。

*VFR:Visitng Friend and Relatives

CAPA Live: Volaris' Beltranena - Mexico’s domestic air market strong

CAPA Live:アメリカンのダグ・パーカー「アライアンスは信じられぬほど重要」
29-Oct-2020

アライアンスと共同事業(JV)は、需要に問題のある時に、それが戻るまで、エアライン各社が最も効果的な方法はどれかを決断するために協力できる点で、信じがたいほど重要である。

ハブとスポーク路線網のエアラインは、地点間往復国内線のエアラインに比べて、少し痛みが大きいかも知れないが、世界的な航空旅行への回帰が起こった時には、エアラインは大規模そして小規模な市場の双方に飛んで居るエアラインが成功するだろう。

ビジネストラベルは落ち込んで居るが、ビデオ会議が、旅をして人々に会う必要性に取って代わる事は無いだろうから、これが戻らないと信ずる理由は無い。検疫は人々が正に旅を出来ない環境を創り出して居る。

CAPA Live: American's Doug Parker - alliances "incredibly important”

Premium Analysis
米国の航空業界:需要の上り調子、第3波を生き残れるか?
28-Oct-2020

全体的に、米国のエアラインは、感謝祭とクリスマス休暇に向かって、何か前向きな予約の傾向を見て居て、2020年7月にこの国のCOVID-19感染者数が急増して、需要が失速したことから、これは歓迎すべきニュースである。

今や、この国は幾人かの健康専門家が言って居る様な第3波に踏み入れようとして居る。

然し、今の所、米国の休暇シーズンの予約は堅調の様だ。これは業界の人々に航空旅行が安全であると納得させる努力と、人々が将来すぐに、緩和すると言う兆候が見えない、パンデミックの中を生きて居る事に、単に慣れ始めて居ると言う現実とが組合わさったためだろう。

US aviation: will an uptick in demand survive a third wave?

Premium Analysis
ロンボク空港:インドネシアの空港コンセッションに巨大な利益
28-Oct-2020

世界の大手空港運用者、投資家にとって、現在目標とするような取引が余り見当たらない。そんな中でも、またそこが重要な観光地域のゲートウェイだとしても、インドネシアの小さな空港のコンセッションに、彼らの多くが、事前の資格要件認定をしようとして居ることは、驚きとともに受け止められて居る。

しばしばある事だが、この手続きは、多くの新顔を掘り出して居て、彼らの殆どがこれまで航空輸送ビジネスに関与したことが無いが、コンソーシャムの中の有名企業に提供出来るスペシャリストとしてのスキルを持って居る。

より重要な事には、このビジネスに投資する事には、今、正に必要な、継続する利益がある事を示して居る

Lombok Airport: huge interest in Indonesian airport concession

Premium Analysis
アラスカエア:回復への長い道のりに連続的改善
28-Oct-2020

世界中のエアラインは、COVID-19パンデミックのもたらした事態と戦い続けて居るが、需要が厳しく圧迫される中でも、米国の運航各社は予約傾向に連続した改善が見られる事に勇気付けられて居る。

アラスカエアグループは、予約カーブが幅広くなり、週単位で輸送旅客数が増加し、米国がCOVID-19感染の増加の第3波と見做せるものに踏み込んで居るものの、顧客はどんどん航空旅行を居心地の良いと感じる様になって居る様である。

勿論、これらの勇気付けられる兆候は、依然として厳しく圧迫された需要と言う背景に対してとどまって居るが、エアライン各社が、収入をキャッシュ焼失のプラスマイナスゼロを達成する事を目指して、需要を元気づけようと躍起な時に、如何なる前向きの傾向も有難い一休みである。

 

Alaska Air: sequential improvements on long road to recovery

「これは、理解を超えた大転落だ」:CAPA Live

28-Oct-2020

COVID-19パンデミックは、全く無防備な我々を捕らえた。業界はこれまでに幾つもの危機に直面して来たのだが、それに次ぐ回復は、それぞれ異なった速さで起こったという事実が、人々をこの様な重大さの出来事に対して自己満足と、準備不足へと導いてしまった。

「この恐ろしい探検旅行を始めた時は、6カ月くらいで終わるだろうと言う予想がなされて居た。各国政府も同様に考えたが、今となってはそうは行かないと言うのが明らかである。」、名誉会長ピーター・ハービソンは、2020年10月14日、次世代バーチャルイベントの舞台を通じて、洞察、情報、データ、そして生のインタビューを提供する、新たな月例バーチャルサミット、CAPA Liveの企画開始に当たって、そう指摘した。

「種々の形での政府の補助金、そしてエアラインが負債で資金を増やして居ることなどを含む、優先順位は、キャッシュの出血が優に2021年まで続くと思われる事から、今や不意を突かれてしまって居る。これは理解を超えた大きな転落であり、ワクチンは少なくとも2021年中頃以前には、広範囲に広がる影響を

持たないだろう。」と彼は警告を発した。「顧客の信頼は回復にとって鍵となる部分である;もし顧客が戻って来なければ、当然のことながら業界は成り立たない、、、ある一定の公式を見つけ出すことが肝心であるが、依然として掴みどころがない。」

旅行と輸送が2021年、或はその後まで圧迫されたままである事は明らかであり、今や業界は、新たな風景を甘受する必要がある。然し、この宇宙の中には、世界を現状のままに受け入れ、順応できる人々を支えられるだけの需要のポケットが存在する。これはレジャー需要が支配し、ビジネス旅行はほぼ休眠したままの変貌した世界である。

‘This is a big downturn, beyond comprehension’: CAPA Live

Premium Analysis
カタールのハマド空港:拡張続く、貨物が焦点
27-Oct-2020

カタール航空は、パンデミックの初期段階で貴重な役割を担った:自からの基地に直接つながって居ない、重要な貨物の輸送便を世界中で提供し、一方旅客部門でも、時には以前には使ったことの無い第5の自由を発動して、当然の役割分担以上の便を提供した。

現在、そして小規模ながら次第に数を増す他の空港と同様に、同エアラインと、その運用する空港は、将来を見据えて居り、ドーハのハマド空港の拡張計画フェーズIIは、「コロナ後」の世界でも、そして2022年ワールドカップが水平線に見えて来て居る今、その世界の主導的なハブとしての地位を確立する手助けとするため、継続するだろうと確固たる信念を持って居る。

Qatar's Hamad Airport: expansion continues and cargo a focus

Premium Analysis
ユナイテッド航空、ヒューストン、デンバー空港のハブへ移行

26-Oct-2020

米国の大手エアラインは、COVID-19危機の間に、国家間の国境閉鎖が起こり、ビジネス旅行が干上がったために、幾つかの路線網の変更を実施して居る。ユナイテッドの変更には、沿岸のハブへの注力を減らし、レジャー旅客がビジネス顧客より速い率で回復して居る事から、内陸のハブでの商機を追及しようとして居る。

米国の供給が対前年で、依然可なり落ちて居るけれども、この国のエアライン各社はユナイテッドのハブで戦略的な動きを見せて居り、ユナイテッドと全ての運行会社が、多くはより安い運賃を提供して、旅客を旅に誘おうとして居るため、新たな競争が発生して居る。

米国国内線市場での変化が、永続するのか、誰も予言することは出来ないが、パンデミックの真っ最中でさえ、競争は根強く続いて居る。

United Airlines pivots to its Houston, Denver airport hubs

Premium Analysis
欧州の冬季交通量、昨年の25%。エアライン倒産が予想される
26-Oct-2020

9カ月連続で、対前年の次第に悪化する落ち込みの後、欧州は今、世界各地区の中で最大の供給カットを経験して居る。

2020年10月19日の週で、供給席数は▲63.4%削減されて居る。以前は中東が最下位に居たが、今や▲62.8%減で欧州の上に来て、アフリカは▲59.1%、ラテンアメリカは▲57.8%、北米▲52.1%そしてアジア太平洋が▲39.2%である。

欧州最大のエアラインであるライアンエアは、冬季の供給計画を2019年水準の60%から40%に減らして居る。ユーロコントロールDGのイーモン・ブレナンは10月のCAPA Liveで欧州の航空交通量は、今冬は昨年の40%と予測して居るが、これは供給席数ではもっと低い数値になる事を意味する(座席のより多い長距離便が、近距離より多く切られて居る)。

EUの「交通信号」の旅行制限に対する取り組みは、今後の見通しを如何なる意味のある程度への緩和ももたらしそうにない。欧州の航空機は、多分平均して半分程度の混み具合で、旅客数は前年実績の25%にも達しないかも知れず、収入を更に低く抑えるだろう。

この冬季の終わりまでには、複数の欧州のエアラインの倒産が予想される。

Europe's winter traffic <25% of last year. Expect airline bankruptcies

新宿ブックファースト店のセレンディピティを起こす150冊に選ばれました!

マラソン講座