CAPA分析特別号 2016年一覧

  1. 12月11日 特別号⑱ ライアンエア:デジタル分野の成功で、付帯サービス収入目標を30%に引き上げ=航空旅行のアマゾンになる
  2. 11月15日 特別号⑰ トランプ大統領と米国航空界=保護主義へ逆行の可能性大
  3. 11月8日 特別号⑯ フィリピン–中国間航空便拡大、フィリピンの中国人観光を押し上げ=ドゥテルテが馬を乗り換える中で
  4. 10月15日 特別号⑮ ANA:A380を戦略的にホノルルに振り向ける=路線網の核心としての決断ではない
  5. 8月31日 特別号⑭ 中国-日本の航空界:LCCピーチ、ジェットスター・ジャパンが乗入れ権取得=供給過剰の懸念が起こる
  6. 7月27日 特別号⑬ バニラエア、「第5の自由」輸送の基地、台北に開設=東南アジアで最初の日本の大手LCCとなる
  7. 7月22日 特別号⑫ 長距離LCCが優勢に:スクート2017年に欧州線開設へ=世界一長いLCC路線
  8. 7月6日 特別号⑪ 英国のEU離脱と航空業界 第1部
  9. 6月29日 特別号⑩ 東南アジアのLCCモデル、進化する=展望は依然明るいが、成長が鈍化して
  10. 5月29日 特別号⑨ 台湾のLCC、タイガーエアとVエア、日本路線の拡大に焦点=他市場を育てながら
  11. 4月30日 特別号⑧ 日本の観光業界、目標を倍増=エアラインは供給を落としたが、長距離路線が焦点
  12. 4月15日 特別号⑦ アラスカエア・グループ-バージン・アメリカ=アラスカは米国市場のシェア拡大の為にデレバレッジへ
  13. 4月9日 特別号⑥ JALとエアアジアの提携=東南アジアでJALがANAに追い付くのに役立つ可能性あり
  14. 3月30日 特別号⑤ キャセイパシフィックの2015年収益=10億米ドルの燃油ヘッジ損が戦略的な弱さを覆い隠す
  15. 2月25日 特別号 遅れていた羽田発着枠交渉、合意に至る=デルタの反対がアメリカンとユナイテッドを結束させて
  16. 2月10日 特別号③ ユナイテッド航空のアジア戦略=シンガポール-米国市場はシンガポール-サンフランシスコ直航で進化
  17. 2月1日 特別号② デルタ航空の「俺の道以外はダメな道」的姿勢が米国と日本の利益を危うくする=羽田便の交渉に於いて
  18. 1月10日 特別号① ユナイテッド航空、政府の補助金を失い、ドバイを去る=2016年、米国ー湾岸間市場は12%の成長

■4月5日

 

日本や世界の航空事業について諸々のデータから読み解く「マラソン講座」

の掲載を開始致します。

どうぞご期待ください。 

 

海外事情

 

51324日の主要ニュースを集めたこの号で目立った記事は、2.(TJ)「アマゾン、印で航空予約開始」、7.「アマゾンと旅行」の2つです。前号3.の「アマゾン、異なる方法で旅行に参入?」の記事と合わせて、アマゾンの旅行領域への参入が何やら本格化している気配が感じられます。 

 

世界の旅行業界が恐れているように、アマゾンが旅行業界に参入すれば、とてつもない大きな影響を既存のインターメディアリー(仲介業者)、特にOTAに与えることになるのでしょう。Googleが本格的にメタサーチに手をだして、今度はアマゾンが参入して来るようなことにでもなれば、GAFAの2強が入ってくるのですから大変なことなりそうです。

 

Googleは、あくまでオンライン広告ビジネスの一環としての旅行領域への間接的参入ですが、アマゾンの場合はどのようになるのでしょうか?Amazon Payのメニューを拡大するためなのか? 前号3.の記事に書いてあった通り、クラウドのAWSAmazon Web Services)の販売先として旅行業界を取り入れようとしているのか?はたまたパーソナルアシスタントAlexaのスキルの対象として旅行を取れて行くのか?は良くは分かりませんが、何れにしてもアマゾンのことなので間接的であれ直接的であれ、どのような方法であっても対応する能力を備えている、と考えるのが妥当なのでしょう。今後の動きから目が離せません。(編集人)