CAPA分析特別号 2016年一覧

  1. 12月11日 特別号⑱ ライアンエア:デジタル分野の成功で、付帯サービス収入目標を30%に引き上げ=航空旅行のアマゾンになる
  2. 11月15日 特別号⑰ トランプ大統領と米国航空界=保護主義へ逆行の可能性大
  3. 11月8日 特別号⑯ フィリピン–中国間航空便拡大、フィリピンの中国人観光を押し上げ=ドゥテルテが馬を乗り換える中で
  4. 10月15日 特別号⑮ ANA:A380を戦略的にホノルルに振り向ける=路線網の核心としての決断ではない
  5. 8月31日 特別号⑭ 中国-日本の航空界:LCCピーチ、ジェットスター・ジャパンが乗入れ権取得=供給過剰の懸念が起こる
  6. 7月27日 特別号⑬ バニラエア、「第5の自由」輸送の基地、台北に開設=東南アジアで最初の日本の大手LCCとなる
  7. 7月22日 特別号⑫ 長距離LCCが優勢に:スクート2017年に欧州線開設へ=世界一長いLCC路線
  8. 7月6日 特別号⑪ 英国のEU離脱と航空業界 第1部
  9. 6月29日 特別号⑩ 東南アジアのLCCモデル、進化する=展望は依然明るいが、成長が鈍化して
  10. 5月29日 特別号⑨ 台湾のLCC、タイガーエアとVエア、日本路線の拡大に焦点=他市場を育てながら
  11. 4月30日 特別号⑧ 日本の観光業界、目標を倍増=エアラインは供給を落としたが、長距離路線が焦点
  12. 4月15日 特別号⑦ アラスカエア・グループ-バージン・アメリカ=アラスカは米国市場のシェア拡大の為にデレバレッジへ
  13. 4月9日 特別号⑥ JALとエアアジアの提携=東南アジアでJALがANAに追い付くのに役立つ可能性あり
  14. 3月30日 特別号⑤ キャセイパシフィックの2015年収益=10億米ドルの燃油ヘッジ損が戦略的な弱さを覆い隠す
  15. 2月25日 特別号 遅れていた羽田発着枠交渉、合意に至る=デルタの反対がアメリカンとユナイテッドを結束させて
  16. 2月10日 特別号③ ユナイテッド航空のアジア戦略=シンガポール-米国市場はシンガポール-サンフランシスコ直航で進化
  17. 2月1日 特別号② デルタ航空の「俺の道以外はダメな道」的姿勢が米国と日本の利益を危うくする=羽田便の交渉に於いて
  18. 1月10日 特別号① ユナイテッド航空、政府の補助金を失い、ドバイを去る=2016年、米国ー湾岸間市場は12%の成長

海外事情

毎日、外国の旅行流通ニュースを読んでいると、トラベルテックの急速な変化 に驚かせられると同時に、それが達成する能力や機能のレベルの高さにワクワ クする高揚感を禁じ得ない。 OTA の市場における勢力が勢いを増し始めた 2010 年頃に、伝統的オフライン の旅行会社は無くなってしまうと喧伝されたが、それから20 年近くたった今で もそうなっていない。TTA のヒューマンタッチのサービスは、オンライン専業 のOTA には真似られないというのがその理由だ。しかし近のトラベルテック の凄まじい進化と発展を見ると、この理由は根拠を失いつつあるようだ。旅行 ではパーソナルなエクスペリエンスを提供できた者が勝利者となる。AI(人工 知能)を駆使してビッグデータを分析すれば、パーソナルなエクスペリエンス の提供が可能なると想像するのは間違いではないかもしれない。 すでに、「もの」の世界で Amazon がこれを実現して大きな成功を収めている。 「こと」の世界でも同じようなことが起きるだろう。事実、旅行者のポケット に収まる24/7のパーソナルアシスタントが実用化し始めている。こんなことを、 「12. ホスピタリティー教祖Dave Berks とのQ&A」を読んで考えた。(編集人)