Peach AviationCAPAAsia Pacific LCC of the Year」を受賞

 

オーストラリアの航空専門シンクタンク、Center for Aviation(CAPA)1123日、シンガポールで開催したAsia Aviation Summit 2015で、「CAPA Aviation Awards for Excellence」の発表と受賞式を行いました。

 

13回目となる今年は、日本からPeach Aviation株式会社(以下、Peach)が「Asia Pacific Low CostAirline of the Year」を受賞しました。

 

CAPA Aviation Awards for Excellence」は、アジア太平洋地域において、事業成果に加えて、新しい環境の変化の中で、優れたリーダーシップを発揮している航空会社と空港を表彰するものです。

 

今回Peachの受賞理由について、CAPAのピーター・ハービソン会長は、「Peach2012年就航開始以来、日本で本格的なLCCとなった。そして、競争の激しい市場環境でサービスと戦略の革新によって差別化を図ってきた。現在、2年連続で黒字を達成している。そして最も重要なことは、LCCモデルが日本市場においても成功することを証明したことである。」と紹介しています。

 

受賞についてPeachの井上慎一CEO(最高経営責任者)は、航空経営研究所のインタビューに対して「この受賞は、ご利用いただいているお客さまのサポートは勿論のこと、海外乗り入れ地域で営業活動をしている販売会社やPeachで働く全てのスタッフの努力の賜物と感謝しています。今後もPeachは日本ブランドを超えたAsian Brandの航空会社になることを目指してまいります。」とコメントしました。

 

 

          授賞式に華を添えたPeachCA、南さん()と今矢さん()

  受賞式直後のPeach井上CEO(左から3人目)CAPAのハービソン会長(中央)

 

*「CAPA Aviation Awards for Excellence」では以下の8つのカテゴリーで表彰が行われました。
    ( )内は受賞者


 ・Asia Pacific Airport Chief Executive of the Year

   (Dubai Airport CEO Paul Griffiths

  Asia Pacific Airport of the Year

       (Mumbai Airport)

  Asia Pacific Turnaround of the Year

       (The Qantas Group)

  Asia Pacific Regional Airline of the Year

       (Bangkok Airways)

  Asia Pacific Low Cost Airline of the Tear

       (Peach Aviation)

  Asia Pacific Airline of the Year

       (QATAR Airways)

  Asia Pacific Airline Chief Executive of the Year

       (Singapore Airlines Group CEO Goh Phong)

 ・CAPA Legends Award (Hall of Fame)

       (Lion Group CEO Rusdi Kirana)

 


                                                                                                     以上

海外事情

 

6 10 日から 21 日までの 2 週間のオンライン旅行流通に関係する海外主要記 事です。
この号では、「3. OTA エアビーとレートパリティー」に注目したいと思います。 Airbnb がホームシェアに加えてホテルまで販売するとなると、
泊とホテルが 一つのプラットフォーム上で横並びにリストされることになり、タイプの異な る施設同士の価格比較が難しくなって、レートパリティーの維持が困難になる と言っている・・・と理解しました。しかし「(Airbnb では)、ゲストが施設の 真のコストを判断できない不明瞭なプライシングの環境が存在する」とはイマ イチ良く理解できませんでした。Airbnb が最近導入したホストオンリーのコミ ッションモデルであれば、OTA のモデルと近似するのですから、そんなことに はならない、のではないでしょうか?
 

 

Airbnb が上場して・・・顧客獲得コストが上昇・・・ホテルの直販志向を強 くさせることになるが・・・一方でパリティー破りの悪役である格安販売のホテ ルオンリーの業者が増加するデメリットも存在する」とも言っています。しか し、ホテルにとっては、Airbnb のホテル販売開始によってチャネルがそれだけ 増えるので(OTA の中抜きのチャンスが生じるので)良いことである、と考え るのは間違っているのでしょうか?ホテルオンリーのパリティー破りは、 Airbnb とは関係のない別の次元の話では。「Airbnb のコミッションが、将来値 上げされる可能性もある」と言っていますが、EXPEBKNG との対抗上、こ の大手 OTA2社を上回ることにはならないのではないでしょうか。Airbnb の 多角化戦略は、「焦点が合っておらず・・・会社(Airbnb)は衰退する可能性が ある」とも言っていますが、ホームシェアからホテル販売を開始して、OTAHotelTonight を買収し、OYO に投資し、そしてタビナカの Experiences プロダ クトを開発して EXPEBKNG に競争を挑むのは、まさに Airbnb総合旅行 会社になるという大いなる経営ビジョンであると考えるべきだと思います。 この記事の著者(OTA Insight, Chief Commercial Officer)は、Airbnb に対して かなり否定的であるようです。中小の独立ホテルにとっては、そもそもパリティ ーに縛られたくない筈ですから、Airbnb がパリティー維持を困難にしてくれる というのであれば、これは歓迎すべきことではないのでしょうか。最後に「ホテ ルは、ますます複雑化する流通を制御することができない。ゲストが他では取得 できない並外れたエクスペリエンスを提供することに最善を尽くし続ける必要 がある」については全く同感です。 

 

恒例のメアリー・ミーカーの「インターネット・トレンド 2019」が発表されま した。「12. メアリー・ミーカー、インターネット・トレンド発表」
この 333 枚のスライドでは、日本の企業は Sumitomo MitsuiLINEMIXI の たったの3社が言及されているに過ぎません。中国は独立した章(11China) で 30 ページ以上が割かれています。日本のインターネットテクノロジーの弱さ が見て取れて、とっても悲しいことです。(編集人)