Peach AviationCAPAAsia Pacific LCC of the Year」を受賞

 

オーストラリアの航空専門シンクタンク、Center for Aviation(CAPA)1123日、シンガポールで開催したAsia Aviation Summit 2015で、「CAPA Aviation Awards for Excellence」の発表と受賞式を行いました。

 

13回目となる今年は、日本からPeach Aviation株式会社(以下、Peach)が「Asia Pacific Low CostAirline of the Year」を受賞しました。

 

CAPA Aviation Awards for Excellence」は、アジア太平洋地域において、事業成果に加えて、新しい環境の変化の中で、優れたリーダーシップを発揮している航空会社と空港を表彰するものです。

 

今回Peachの受賞理由について、CAPAのピーター・ハービソン会長は、「Peach2012年就航開始以来、日本で本格的なLCCとなった。そして、競争の激しい市場環境でサービスと戦略の革新によって差別化を図ってきた。現在、2年連続で黒字を達成している。そして最も重要なことは、LCCモデルが日本市場においても成功することを証明したことである。」と紹介しています。

 

受賞についてPeachの井上慎一CEO(最高経営責任者)は、航空経営研究所のインタビューに対して「この受賞は、ご利用いただいているお客さまのサポートは勿論のこと、海外乗り入れ地域で営業活動をしている販売会社やPeachで働く全てのスタッフの努力の賜物と感謝しています。今後もPeachは日本ブランドを超えたAsian Brandの航空会社になることを目指してまいります。」とコメントしました。

 

 

          授賞式に華を添えたPeachCA、南さん()と今矢さん()

  受賞式直後のPeach井上CEO(左から3人目)CAPAのハービソン会長(中央)

 

*「CAPA Aviation Awards for Excellence」では以下の8つのカテゴリーで表彰が行われました。
    ( )内は受賞者


 ・Asia Pacific Airport Chief Executive of the Year

   (Dubai Airport CEO Paul Griffiths

  Asia Pacific Airport of the Year

       (Mumbai Airport)

  Asia Pacific Turnaround of the Year

       (The Qantas Group)

  Asia Pacific Regional Airline of the Year

       (Bangkok Airways)

  Asia Pacific Low Cost Airline of the Tear

       (Peach Aviation)

  Asia Pacific Airline of the Year

       (QATAR Airways)

  Asia Pacific Airline Chief Executive of the Year

       (Singapore Airlines Group CEO Goh Phong)

 ・CAPA Legends Award (Hall of Fame)

       (Lion Group CEO Rusdi Kirana)

 


                                                                                                     以上

■4月5日 NEW!

 

日本や世界の航空事業について諸々のデータから読み解く「マラソン講座」

の掲載を開始致します。

どうぞご期待ください。 

 

TD(旅行流通)勉強会

旅行流通に関する世界のニュース

 

■4月16日  NEW! 

 

「オフラインの世界に戻る Part 4(最終回)ハイテック対ハイタッチ ホテル」が、H.I.S.の「変なホテル」とForbes 5つ「Boston Harbor Hotel」の極端な2つのケースを比較していて面白い。宿泊業界は、ハイテックで割安なホテルと、高価であるがそれに見合う人的サービスを提供するホテルの2つのセグメントに別れるのだろう。航空業界におけるLCCFSAの違いと似通った話なのかもしれない。それにしても、Boston Harborの徹底したCRMは物凄い。

 

しかし宿泊施設では、これにホームシェアー(private lodgingとかalternative lodging facilityとも呼ばれている)の新経済が加わる。 

 

Google 民泊拡大」は、GoogleHotel Searchにバケーションレンタル施設を加えたと報じている。

 

Expedia Groupなどの提携サイトの掲載施設をリストすると言う。これはバケーションレンタルのメタサーチ?Googleの旅行市場への参入はとどまるところを知らない。そのGoogleが、先々週、欧州委員会から独禁違反で14.9億ユーロの制裁金支払いを命じられた。これでGoogleの独禁違反は3回目となる。中核事業(特に個人情報集約)の先行きを案じて旅行業を含む事業の多角化を目指していると勘ぐる。 

 

「エアビー5億人利用」によれば、民泊本家のAirbnbが累計で5億人の利用者獲得を達成し、600万軒の代替宿泊施設をリストしている。Booking.com570万軒を上回ったと言っているが、即予約(インスタント・ブッキング)できる施設数ではBooking.comが追い抜いていると理解している。Airbnbは、OTAHotelTonightを買収したと思ったら、今度はインドのOYO$150M~$200Mを投資したらしい。年内上場を睨んで、Airbnbの事業拡大戦略が継続している。

            (編集人)