CAPA分析特別号:2015年 タイトル一覧

 

①仁川空港、新たなパラダイムに直面
        =日本・中国のハブが乗継旅客を奪う

 

   ②タイのノックスクート、日本、中国、そして韓国乗入れ準備整う
                  =開設の遅れが乗り越えられれば

 

   東京成田の展望 第一部:嘗てのメガハブ
        =国際線と乗継旅客の衰退

 

   東京成田の展望 2:LCC専用ターミナル開業 
              =
近距離低コスト便の発展を明確

 

   ⑤中国ー日本間市場、旅行者倍増で拡大
         =エアライン4社新規参入、都市の組み合わせが
大きく増加

 

   CAPA、米国-湾岸エアライン間の討論を主宰
         =エミレーツ、エティハド、アメリカン、デルタ、フェデックス、パイロット、旅行業界

 

   ⑦中国のエアライン太平洋横断路線で米国社を追い越す
         =大きなジレンマ、米中オープンスカイは?

 

   アメリカン航空、ダラス-北京線開設
          =米国エアラインの日本より中国優先の再認識を加速

 

   中国のエアライン、国際線57%の成長の大波
          =国内線持ちこたえるが、香港、マカオはダウン

 

   キャセイ・パシフィック航空の長距離路線拡大、アジアのエアライン統合を刺激する可能性あり
           =ANAとSIAか?
 

   

   ⑪スカイマーク航空、デルタの標的になるか
           =エアバスとイントレピッドがANA主導の再建案に反対

 

   デルタ航空のスカイマークへの出資提案
           =あり得べき大韓航空との合弁計画に暗雲を漂わす 

 

   ⑬エアアジア・ジャパン、日本で5年間で5社目のLCCとなる
           =成長の鈍化にも関わらず、チャンスは誰にもある

 

   ⑭JAL、ダラス線を復活
           =事業拡大によって、新たに身に付けた収益性は保てるか?

 

   ⑮中国-日本間市場、旅行者倍増で拡大
            =エアライン4社新規参入、都市の組み合わせが大きく増加

 

   ⑯米国の湾岸エアライン攻撃、デルタと盟友達の悲劇的な計算違いに終わるかも知れない
            =メキシコが反旗を翻して

 

   ⑰バニラエアの 親会社ANAとの二重ブランド計画
            =広胴機と新たな基地が再検討される中で

 

   ⑱航空の安全 対「告発の要請」
            =無差別な告発が、安全の文化を蝕む
  

      

   ⑲日本のLCC、爆発する中国市場に攻勢の可能性
            =エアアジア・ジャパンの就航、春秋航空日本の拡大で

 

   日本初のLCC、ピーチ アビエーション、拡大を続ける
            =日本の旅行者数が目標を超える中で

 

 

 

 

 

海外事情

毎日、外国の旅行流通ニュースを読んでいると、トラベルテックの急速な変化 に驚かせられると同時に、それが達成する能力や機能のレベルの高さにワクワ クする高揚感を禁じ得ない。 OTA の市場における勢力が勢いを増し始めた 2010 年頃に、伝統的オフライン の旅行会社は無くなってしまうと喧伝されたが、それから20 年近くたった今で もそうなっていない。TTA のヒューマンタッチのサービスは、オンライン専業 のOTA には真似られないというのがその理由だ。しかし近のトラベルテック の凄まじい進化と発展を見ると、この理由は根拠を失いつつあるようだ。旅行 ではパーソナルなエクスペリエンスを提供できた者が勝利者となる。AI(人工 知能)を駆使してビッグデータを分析すれば、パーソナルなエクスペリエンス の提供が可能なると想像するのは間違いではないかもしれない。 すでに、「もの」の世界で Amazon がこれを実現して大きな成功を収めている。 「こと」の世界でも同じようなことが起きるだろう。事実、旅行者のポケット に収まる24/7のパーソナルアシスタントが実用化し始めている。こんなことを、 「12. ホスピタリティー教祖Dave Berks とのQ&A」を読んで考えた。(編集人)