CAPA分析特別号:2015年 タイトル一覧

 

①仁川空港、新たなパラダイムに直面
        =日本・中国のハブが乗継旅客を奪う

 

   ②タイのノックスクート、日本、中国、そして韓国乗入れ準備整う
                  =開設の遅れが乗り越えられれば

 

   東京成田の展望 第一部:嘗てのメガハブ
        =国際線と乗継旅客の衰退

 

   東京成田の展望 2:LCC専用ターミナル開業 
              =
近距離低コスト便の発展を明確

 

   ⑤中国ー日本間市場、旅行者倍増で拡大
         =エアライン4社新規参入、都市の組み合わせが
大きく増加

 

   CAPA、米国-湾岸エアライン間の討論を主宰
         =エミレーツ、エティハド、アメリカン、デルタ、フェデックス、パイロット、旅行業界

 

   ⑦中国のエアライン太平洋横断路線で米国社を追い越す
         =大きなジレンマ、米中オープンスカイは?

 

   アメリカン航空、ダラス-北京線開設
          =米国エアラインの日本より中国優先の再認識を加速

 

   中国のエアライン、国際線57%の成長の大波
          =国内線持ちこたえるが、香港、マカオはダウン

 

   キャセイ・パシフィック航空の長距離路線拡大、アジアのエアライン統合を刺激する可能性あり
           =ANAとSIAか?
 

   

   ⑪スカイマーク航空、デルタの標的になるか
           =エアバスとイントレピッドがANA主導の再建案に反対

 

   デルタ航空のスカイマークへの出資提案
           =あり得べき大韓航空との合弁計画に暗雲を漂わす 

 

   ⑬エアアジア・ジャパン、日本で5年間で5社目のLCCとなる
           =成長の鈍化にも関わらず、チャンスは誰にもある

 

   ⑭JAL、ダラス線を復活
           =事業拡大によって、新たに身に付けた収益性は保てるか?

 

   ⑮中国-日本間市場、旅行者倍増で拡大
            =エアライン4社新規参入、都市の組み合わせが大きく増加

 

   ⑯米国の湾岸エアライン攻撃、デルタと盟友達の悲劇的な計算違いに終わるかも知れない
            =メキシコが反旗を翻して

 

   ⑰バニラエアの 親会社ANAとの二重ブランド計画
            =広胴機と新たな基地が再検討される中で

 

   ⑱航空の安全 対「告発の要請」
            =無差別な告発が、安全の文化を蝕む
  

      

   ⑲日本のLCC、爆発する中国市場に攻勢の可能性
            =エアアジア・ジャパンの就航、春秋航空日本の拡大で

 

   日本初のLCC、ピーチ アビエーション、拡大を続ける
            =日本の旅行者数が目標を超える中で

 

 

 

 

 

■4月5日

 

日本や世界の航空事業について諸々のデータから読み解く「マラソン講座」

の掲載を開始致します。

どうぞご期待ください。 

 

海外事情

 

51324日の主要ニュースを集めたこの号で目立った記事は、2.(TJ)「アマゾン、印で航空予約開始」、7.「アマゾンと旅行」の2つです。前号3.の「アマゾン、異なる方法で旅行に参入?」の記事と合わせて、アマゾンの旅行領域への参入が何やら本格化している気配が感じられます。 

 

世界の旅行業界が恐れているように、アマゾンが旅行業界に参入すれば、とてつもない大きな影響を既存のインターメディアリー(仲介業者)、特にOTAに与えることになるのでしょう。Googleが本格的にメタサーチに手をだして、今度はアマゾンが参入して来るようなことにでもなれば、GAFAの2強が入ってくるのですから大変なことなりそうです。

 

Googleは、あくまでオンライン広告ビジネスの一環としての旅行領域への間接的参入ですが、アマゾンの場合はどのようになるのでしょうか?Amazon Payのメニューを拡大するためなのか? 前号3.の記事に書いてあった通り、クラウドのAWSAmazon Web Services)の販売先として旅行業界を取り入れようとしているのか?はたまたパーソナルアシスタントAlexaのスキルの対象として旅行を取れて行くのか?は良くは分かりませんが、何れにしてもアマゾンのことなので間接的であれ直接的であれ、どのような方法であっても対応する能力を備えている、と考えるのが妥当なのでしょう。今後の動きから目が離せません。(編集人)