CAPA分析 特別号⑤:スカイマーク、A380の発注に深刻な疑問 =エアバス社が大手エアライン傘下に入る解決策を勧告

 

 

 

当分析は、CAPAが7月29日に発表したSkymark Airlines A380 orders are in serious doubt as Airbus recommends an "umbrella" solutionを、JAMRが翻訳したものです。(TA

 

 

CAPA分析

 

スカイマーク、A380の発注に深刻な疑問
      =エアバス社が大手エアライン傘下に入る解決策を勧告

 

自分より大きな子の持つ玩具を欲しがったばかりに、日本の低コストエアラインであるスカイマーク・エアラインは、その評判を落とし、巨額の資金を要求され、最も重大な事には、自らの核である国内線市場に新たなLCCが次々と参入してこれに対応しなければならないこの大事な時期に、経営をリスクに曝すという事になりかねない様だ。スカイマークは2010年に発注した、6機のA380の受領について、延期、或は発注取り消しさえあり得る計画について、「攻撃は最大の防御」の方針で、鉄面皮な表情を見せている。メディアに対して、発表した声明では、エアバス社が、もし発注が取り消された場合は「常識を逸脱した法外な違約金を」提示して来た、と言っている。この発表によれば、エアバス社がスカイマークに対して、解決策として「大手航空会社の傘下に入ること」を要求している模様である。

 

スカイマークによれば、機材受領の延期或は取り消しについては、20144月から交渉が行われていると言う。スカイマークはその原因を「近年の円安や競争の激化により経営環境が厳しくなったため」と説明している。

 

同社の国際路線計画は23転していたが、各案に共通するのはスカイマークには、この巨大な航空機を、特に初体験の国際線として投入するには、送客力が欠けていると言う点だった。エアバス社は既にスカイマークのロゴとデザインに彩られた新機材の初号機の試験飛行を始めている。2機のA3802014年以内に、続いて2015年と2016年にもう2機ずつ納品される予定になっていた。発注は表示価格で総額13億米ドルに上り、ずっと不可思議なものと見なされ、業界でこれを安全確実なものと見ていた人々は僅かだった。

 

 

これから、多くの事実関係が明らかにされ、スカイマークは懲らしめられたエアラインとして事態は収拾するだろう。しかし、6機のA380をキャンセルする事により、同社は、国内線専門のエアラインが、余りにも野心的な、長距離路線で全席プレミアムのA380を運航するという考えに飛躍する以前に、日本の国内線市場で培った実力に、磨きをかける事が可能になる、というより、それを余儀無くされるだろう。

 

ー これ以降の全文はPDFからご覧くださいー

 

 

 

CAPA分析 特別号⑤スカイマーク、A380の発注に深刻な疑問
CAPA分析 特別号⑤スカイマーク、A380の発注に深刻な疑問.pdf
PDFファイル 896.9 KB

海外事情

毎日、外国の旅行流通ニュースを読んでいると、トラベルテックの急速な変化 に驚かせられると同時に、それが達成する能力や機能のレベルの高さにワクワ クする高揚感を禁じ得ない。 OTA の市場における勢力が勢いを増し始めた 2010 年頃に、伝統的オフライン の旅行会社は無くなってしまうと喧伝されたが、それから20 年近くたった今で もそうなっていない。TTA のヒューマンタッチのサービスは、オンライン専業 のOTA には真似られないというのがその理由だ。しかし近のトラベルテック の凄まじい進化と発展を見ると、この理由は根拠を失いつつあるようだ。旅行 ではパーソナルなエクスペリエンスを提供できた者が勝利者となる。AI(人工 知能)を駆使してビッグデータを分析すれば、パーソナルなエクスペリエンス の提供が可能なると想像するのは間違いではないかもしれない。 すでに、「もの」の世界で Amazon がこれを実現して大きな成功を収めている。 「こと」の世界でも同じようなことが起きるだろう。事実、旅行者のポケット に収まる24/7のパーソナルアシスタントが実用化し始めている。こんなことを、 「12. ホスピタリティー教祖Dave Berks とのQ&A」を読んで考えた。(編集人)