CAPA分析 特別号③:中国発旅行者、2014年に1億人を超える =まず北東アジアのエアラインに恩恵

 

当分析は、CAPAが716日に発表した

 

Outbound Chinese tourists to surpass 100 million in 2014. Northeast Asian airlines first to benefit

 

を、JAMRが和訳したものです。

 

 

 

 

中国発旅行者、2014年に1億人を超える=まず北東アジアのエアラインに恩恵

16-Jul-2014 12:35 PM

 

中国旅行者数は2014年に、ドイツの人口をいて、日本の人口に迫る、1人を超えそうである。しかし、それでも一年に一回外国旅行をしたのは、中国の人口の10%以下ということになる。また重要なのは、成率がとても高いことだ。

 

これらは、明らかに、エアラインにとって、特に殆どの中国人の外国旅行の目的地である、北アジアのエアラインにとっては、市場を変革する様なチャンスである。しかし、短期的には、中国人旅行者の海外目的地の好みが変動するので、各国にとって、このチャンスは中々複雑である。

 

この2回シリーズのレポートの第1回では、ほぼ堅調に伸びている、中国人の北東アジア旅行の需要について見てみたい。日本は、2012年後半から2013年前半にかけて、政治的な緊張から、中国人訪日客数が劇的に落ちるという試練に見舞われた。日本はその後、元に戻っている。韓国は恩恵に預かっており、この勢いは今も続いていて、2014年の最初の5か月間に中国人訪問客の数は対前年57%の増となっている。

 

中国の旅行界レポート第2回では、観光の指標が最近弱まって居る、東南アジアに目を向ける。

 

 

 ー これ以降の全文はPDFからご覧くださいー

 

 

 

CAPA分析 特別号③:中国発旅行者、2014年に1億人を超える.pdf
PDFファイル 826.8 KB

海外事情

 

2. OYO、欧州で1,000人採用」、「5. OYO データサイエンスのダナミカ買収」と、インドのユニコーンOYO2013年設立)の威勢が良い。201810月には日本にも進出、20194月には、ソフトバンクと組んで合弁会社「OYO Hotels Japan合同会社」を立ち上げた。ソフトバンク・ビジョンファンドも、作9月に数億ドルを投資している。OYOは、Airbnbに次いで宿泊施設オンライン販売のグローバル プラットフォームになりつつある。“売り”(セールスポイント)はテクノロジーのサポート。 

 

10. グーグル、バケーションレンタルにVacasa追加」、「13. グーグルのホテル最低価格保証はあるのか?」を読んでみても、Google Tripの勢いも止まらない印象だ。Googleは、自身の事業のコアコンピタンスは、あくまでオンライン広告事業であり、旅行領域の拡大は、単にそれを保管するものだと言っているのだが・・・、タビマエ・タビナカ・タビアトのエンドツーエンドの旅行サービスをこれだけ多くシームレスに一気通貫に提供するとなれば、最早 立派な総合旅行会社となっていると言われても間違いない。(編集人)