CAPA分析 特別号③:中国発旅行者、2014年に1億人を超える =まず北東アジアのエアラインに恩恵

 

当分析は、CAPAが716日に発表した

 

Outbound Chinese tourists to surpass 100 million in 2014. Northeast Asian airlines first to benefit

 

を、JAMRが和訳したものです。

 

 

 

 

中国発旅行者、2014年に1億人を超える=まず北東アジアのエアラインに恩恵

16-Jul-2014 12:35 PM

 

中国旅行者数は2014年に、ドイツの人口をいて、日本の人口に迫る、1人を超えそうである。しかし、それでも一年に一回外国旅行をしたのは、中国の人口の10%以下ということになる。また重要なのは、成率がとても高いことだ。

 

これらは、明らかに、エアラインにとって、特に殆どの中国人の外国旅行の目的地である、北アジアのエアラインにとっては、市場を変革する様なチャンスである。しかし、短期的には、中国人旅行者の海外目的地の好みが変動するので、各国にとって、このチャンスは中々複雑である。

 

この2回シリーズのレポートの第1回では、ほぼ堅調に伸びている、中国人の北東アジア旅行の需要について見てみたい。日本は、2012年後半から2013年前半にかけて、政治的な緊張から、中国人訪日客数が劇的に落ちるという試練に見舞われた。日本はその後、元に戻っている。韓国は恩恵に預かっており、この勢いは今も続いていて、2014年の最初の5か月間に中国人訪問客の数は対前年57%の増となっている。

 

中国の旅行界レポート第2回では、観光の指標が最近弱まって居る、東南アジアに目を向ける。

 

 

 ー これ以降の全文はPDFからご覧くださいー

 

 

 

CAPA分析 特別号③:中国発旅行者、2014年に1億人を超える.pdf
PDFファイル 826.8 KB

■4月5日

 

日本や世界の航空事業について諸々のデータから読み解く「マラソン講座」

の掲載を開始致します。

どうぞご期待ください。 

 

海外事情

 

51324日の主要ニュースを集めたこの号で目立った記事は、2.(TJ)「アマゾン、印で航空予約開始」、7.「アマゾンと旅行」の2つです。前号3.の「アマゾン、異なる方法で旅行に参入?」の記事と合わせて、アマゾンの旅行領域への参入が何やら本格化している気配が感じられます。 

 

世界の旅行業界が恐れているように、アマゾンが旅行業界に参入すれば、とてつもない大きな影響を既存のインターメディアリー(仲介業者)、特にOTAに与えることになるのでしょう。Googleが本格的にメタサーチに手をだして、今度はアマゾンが参入して来るようなことにでもなれば、GAFAの2強が入ってくるのですから大変なことなりそうです。

 

Googleは、あくまでオンライン広告ビジネスの一環としての旅行領域への間接的参入ですが、アマゾンの場合はどのようになるのでしょうか?Amazon Payのメニューを拡大するためなのか? 前号3.の記事に書いてあった通り、クラウドのAWSAmazon Web Services)の販売先として旅行業界を取り入れようとしているのか?はたまたパーソナルアシスタントAlexaのスキルの対象として旅行を取れて行くのか?は良くは分かりませんが、何れにしてもアマゾンのことなので間接的であれ直接的であれ、どのような方法であっても対応する能力を備えている、と考えるのが妥当なのでしょう。今後の動きから目が離せません。(編集人)