CAPA分析 特別号③:中国発旅行者、2014年に1億人を超える =まず北東アジアのエアラインに恩恵

 

当分析は、CAPAが716日に発表した

 

Outbound Chinese tourists to surpass 100 million in 2014. Northeast Asian airlines first to benefit

 

を、JAMRが和訳したものです。

 

 

 

 

中国発旅行者、2014年に1億人を超える=まず北東アジアのエアラインに恩恵

16-Jul-2014 12:35 PM

 

中国旅行者数は2014年に、ドイツの人口をいて、日本の人口に迫る、1人を超えそうである。しかし、それでも一年に一回外国旅行をしたのは、中国の人口の10%以下ということになる。また重要なのは、成率がとても高いことだ。

 

これらは、明らかに、エアラインにとって、特に殆どの中国人の外国旅行の目的地である、北アジアのエアラインにとっては、市場を変革する様なチャンスである。しかし、短期的には、中国人旅行者の海外目的地の好みが変動するので、各国にとって、このチャンスは中々複雑である。

 

この2回シリーズのレポートの第1回では、ほぼ堅調に伸びている、中国人の北東アジア旅行の需要について見てみたい。日本は、2012年後半から2013年前半にかけて、政治的な緊張から、中国人訪日客数が劇的に落ちるという試練に見舞われた。日本はその後、元に戻っている。韓国は恩恵に預かっており、この勢いは今も続いていて、2014年の最初の5か月間に中国人訪問客の数は対前年57%の増となっている。

 

中国の旅行界レポート第2回では、観光の指標が最近弱まって居る、東南アジアに目を向ける。

 

 

 ー これ以降の全文はPDFからご覧くださいー

 

 

 

CAPA分析 特別号③:中国発旅行者、2014年に1億人を超える.pdf
PDFファイル 826.8 KB

海外事情

毎日、外国の旅行流通ニュースを読んでいると、トラベルテックの急速な変化 に驚かせられると同時に、それが達成する能力や機能のレベルの高さにワクワ クする高揚感を禁じ得ない。 OTA の市場における勢力が勢いを増し始めた 2010 年頃に、伝統的オフライン の旅行会社は無くなってしまうと喧伝されたが、それから20 年近くたった今で もそうなっていない。TTA のヒューマンタッチのサービスは、オンライン専業 のOTA には真似られないというのがその理由だ。しかし近のトラベルテック の凄まじい進化と発展を見ると、この理由は根拠を失いつつあるようだ。旅行 ではパーソナルなエクスペリエンスを提供できた者が勝利者となる。AI(人工 知能)を駆使してビッグデータを分析すれば、パーソナルなエクスペリエンス の提供が可能なると想像するのは間違いではないかもしれない。 すでに、「もの」の世界で Amazon がこれを実現して大きな成功を収めている。 「こと」の世界でも同じようなことが起きるだろう。事実、旅行者のポケット に収まる24/7のパーソナルアシスタントが実用化し始めている。こんなことを、 「12. ホスピタリティー教祖Dave Berks とのQ&A」を読んで考えた。(編集人)