CAPA分析 特別号⑥:ANA、黒字回復、国際線で25%の成長=航空輸送以外の事業が貢献

 

当分析は、CAPAが8月11日に発表し

All Nippon Airways, due to non-flying businesses, returns to black with 25% international growthを、JAMRが翻訳したものです。

 

尚、この分析記事内の図表は、ANAの発表した該当する原文資料(日本語資料)に全て差し替えてあります。TA 

 

 

CAPA分析

 

ANAホールディングスが、2014630日までの2014年度第1四半期で黒字を回復した。基幹事業である航空輸送では、損失を圧縮したものの引き続き赤字である。

 

しかし、この見方は不完全で、事業分野間のやり取りで、極めて収益率の高い他の事業に収入が移転されているのだ。

 

どの分野に金が動いたかに関わらず、話はANAの航空輸送分野、それも国際線事業の問題である。国際線のASKは主として羽田昼間帯の新発着枠のお陰で拡大しているが、これは国内線ASKより国際線を、より多く運営するという方向に向かおうとしているANAのテーマに沿って居る。

 

ANAの状況は順調だが、最近の需要に先立って、供給を拡大していることを始め、幾つか改善の余地がある;ASKの伸び25.2%は、RPKの伸び21.7%より大きかった。この供給拡大が、ANAを国際線でJALを抜くまでに、大きくしたのだが、同時に欧州線の搭乗率では、5ポイント近く下降させている。

 

国際線全路線平均の69%の搭乗率は未だ改善の余地がある。ANAの中核であり、大きな利益の源である国内線市場は、嬉しくない競争の圧力を受け、ASK0.5%下げる一方で、安売りをして、RPK3.5%上げる結果になった。国内線の搭乗率は2.2ポイント上がったのだが、未だに59.2%という低い数字だ。

 

 

 

ー これ以降の全文はPDFからご覧くださいー

 

 

 

CAPA分析 特別号⑥ANA黒字回復.pdf
PDFファイル 1'009.3 KB

海外事情

出版物のご案内

好評発売中!

 

当研究所の丹治隆主席研究員がこの度本を出版しましたのでお知らせいたします。

 

著書名 :「どこに向かう日本の翼---LCCが救世主となるのか---

 

出版:2019/09/30 晃洋書房

定価:2600円+税 

 

好評発売中!

 

日本のオンライン旅行市場調査 第4版」 

 

フォーカスライトJapan(代表 牛場春夫)が、「日本のオンライン旅行市場 第4版」(全14章、220ページ)

を発行します。これは、2012年から2年おきに発行しているシリーズの最新版で、第4版ではダイナミックに変化し続けている2017年度の日本のオンライン旅行市場の概況をレポートしたものです。 

 

総合電子書籍販売サイBookWay―ブックウェイ―(https://bookway.jp/

 ・ BookWayヤフーショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/bookway/

 

定 価:

「電子書籍」販売価格13,900

「電子書籍+紙書籍」販売価格 18,500