CAPA分析 特別号② エティハド航空、2014年上期業績:ビジネスモデルの急速な進化が目覚ましい =28%の収入増よりも

 

当分析は、CAPAが710日に発表した

 

Etihad 1H2014 results: The model's rapid evolution even more remarkable than a 28% revenue increase

 

を、JAMRが和訳したものです。

CAPA分析

 

エティハド航空、2014年上期業績:ビジネスモデルの急速な化が目ましい=28%よりも

10-Jul-2014 2:30 PM

 

エティハド航空は、2014年上期の業績として、収入を伸ばしたと報告するだろうかという質問はあり得なかった。あるとすれば、伸び率は2桁だが、正確にはいくらになるのかという質問だけだった。そしてエティハドはグループとして収入を28%伸ばしたと報告した。急ペースの湾岸の標準に照らしても素晴らしい数字で、殆どの見出しを独り占めしてしまった。しかし、エティハドが地上サービスの事業を買収したことも総収入にプラスのインパクトを与えているのだ。

 

旅客収入の伸びは「より緩やか」で14%ASKの伸び19%を下回る)、短期間とすれば多分この程度の伸び率はそれほど素晴らしいとは言えないかもしれないが。

 

利益率、搭乗率、RPKは(利益の数値に加えて)公表されなかった。この拡大のスピードを緩めさせるものがあるとすれば、エアフランス-KLMとルフトハンザグループが、欧州委員会に提出した書面で「すべての湾岸エアラインの拡大は過剰である」と糾弾した事から発するのだろう。

 

エティハドが地上サービス事業を取得したことは、明らかに、ビジネスモデルに多様性を加える助けになって、今や、グループ総収入に占める旅客収入の割合が64%と、エミレーツやルフトハンザよりも低くなって居る。提携先からの収入は、2014年度に10億米ドルを超えようとして居るが、より意味のある数字は2014年上期に提携先収入が旅客総収入の23%を占めたことである。ジェットエアウエイズそしてアリタリアとの大型提携など新たな提携が定着するに連れて、これもまた拡大すると見られる。「飛行機を飛ばす事は比較的易しい。しかし、その席を売る事は難しい。」のだ。

 

 

論議はさておいて、エティハドは、中傷する人々が、とにかく変化を止めさせようと躍起になるよりも、寧ろそれに集中した方が賢明と思わせる様なやり方で、多次元に成長し続ける、素晴らしい新ビジネスモデルを創り出して居る。

 

 

 ー これ以降の全文はPDFからご覧くださいー

エティハド航空、2014年上期業績:ビジネスモデルの急速な進化が目覚ましい=28%の収入増よりも
CAPA分析 特別号②:ETHIHAD.pdf
PDFファイル 549.1 KB

海外事情

海外事情 120日号

 

「アメニティ」という言葉が目立った。

 

1.(TJ) シェアアメニティー増加」「2.(TJ)宿泊サイトもアメニティー強化」

 

3.(TJ) 新興ガイドツアーに1.3億円」の3 つのニュースだ。1.のニュースでは、ゴルフやビーチなどのホストの会員権のシェアリングが開始すると予測。2.では、HotelByDayが、稼働率が40%と低く、余り使われていないホテルのアメニティ(スパ・プール・キャバナ、ジム・フィットネスルーム)を販売する。

 

3.の記事は、新興企業のDomioがアメニティーそのものを専門に販売する。ここでのアメニティーは、アパートのリビングルームにおける、ミレニアルやグループ旅行者向けにアピールするアメニティー(娯楽)が販売対象となる。E2E(エンドツーエンド)の様々な旅行パーツをシームレスに繋いで、トラベルジャーニーの全てのタッチポイントで、パーソナル旅行の提案をするわけなので、当然、アメニティー販売も強化されるというわけだ。

 

 

 

今週号では、年の変わり目にあたるのか、2020年のトラベルの予想や期待の記事が多かった。「1.(TJ) シェアアメニティー増加」、「6. 2020年の旅行マーケティング進化」、「11. 2020年、エアビーの年」、「14. 2020年の空港」がそれらだ。いずれの記事も、トラベルテックのイノベーションの進化や進展に加え、新ビジネスモデルの誕生を予測している。旅行は、右肩上がりの持続的成長が約束されている数少ない産業の一つであるので、どの記事を読んでも将来の明るい展望と新たなイノベーションに期待をかけている。特に世界の人口の半分以上が集中するAPAC市場の期待は大きい。(編集人)

 

出版物のご案内

好評発売中!

 

当研究所の丹治隆主席研究員がこの度本を出版しましたのでお知らせいたします。

 

著書名 :「どこに向かう日本の翼---LCCが救世主となるのか---

 

出版:2019/09/30 晃洋書房

定価:2600円+税 

 

好評発売中!

 

日本のオンライン旅行市場調査 第4版」 

 

フォーカスライトJapan(代表 牛場春夫)が、「日本のオンライン旅行市場 第4版」(全14章、220ページ)

を発行します。これは、2012年から2年おきに発行しているシリーズの最新版で、第4版ではダイナミックに変化し続けている2017年度の日本のオンライン旅行市場の概況をレポートしたものです。 

 

総合電子書籍販売サイBookWay―ブックウェイ―(https://bookway.jp/

 ・ BookWayヤフーショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/bookway/

 

定 価:

「電子書籍」販売価格13,900

「電子書籍+紙書籍」販売価格 18,500