ピーチ・エビエーションの黒字 =変わりゆく日本の市場でジェットスターとスカイマークの損失の影に隠れる



当分析は、CAPAが11月18日に発表した Peach Aviation profits overshadowed by Jetstar Japan & Skymark losses in Japan's changing marketを、JAMRが和訳したものです。



 

 

日本のピーチ・エビエーションは、開業以来2年で、初の利益を計上した。6.5%の営業利益率で、ピーチは、部分所有親会社のANAの営業利益率4.1%を凌いで居る。然し、ピーチの黒字は、部分所有者のJALが、12.7%の利益率だったのに比べて、マイナス36.8%と言う、ジェットスターの巨額の損失の影に隠れてしまった。因みにJALグループには、利益率最高と最低のエアラインが、存在する事になる。ジェットスターの業績は、スカイマークの赤字より悪く、より小さなスターフライヤーよりも悪い。

 

ジェットスター・ジャパンは、大阪関西空港にも基地を立ち上げて、一時はピーチの半分だった機材の生産性を押し上げてから、回復に向かって居た。ピーチの機材稼働率は、段々落ちて来て居るが、一方で春秋航空日本の、ひどく稼働の低い状態は続いて居る。ジェットスター・ジャパンは2014年第1四半期に利益率を伸ばした、たった2社のうちの1社でもある。ジェットスターは、ペースを緩める一方で、ピーチは創立以来の定評通り、保守的だが堅実な成長を続けようとして居る。

 

ピーチは初の黒字を計上、ジェットスター・ジャパンは、3年連続の赤字

 

ピーチ・エビエーションは20123月に、同社が最初に飛んで、日本で始まった新しいLCCの波の一番手だった。ジェットスター・ジャパンとエアアジア・ジャパン(のちにバニラエアになった)は、それぞれ20127月と8月にサービスを開始した。春秋航空日本は20148月に開業し、エアアジアは2015年に日本市場に再参入しようとして居る。


ピーチとジェットスターは、業績を公表している。  ピーチは2013年度(2014331日までの12か月)に20億円(1,940万ドル)の営業黒字を計上した。これは、ピーチにとって初の黒字で、2012年度(開業初年度)96千万円(960万ドル)の損失に続くものだった。ピーチによれば、営業利益は、計画より12.7%も高かったと言う。これは、収入が31.2%伸びた結果だが、日本円の為替値下がりの影響で、コストが上がり、目減りしてしまった。


ピーチのCEO井上慎一は、201410月、シンガポールで開かれたCAPAの最近のLCC会議で、講演し、ピーチは、開業からたった25ヶ月で黒字を実現したこと、そして、コストの高い日本で、LCCが黒字を出すなど誰も予想しなかったのだと誇らしげに語った。

 

ー続きはPDFからお読みくださいー

 

CAPA分析特別号⑪ 2014年11月18日PEACH.pdf
PDFファイル 502.1 KB

海外事情

海外事情 120日号

 

「アメニティ」という言葉が目立った。

 

1.(TJ) シェアアメニティー増加」「2.(TJ)宿泊サイトもアメニティー強化」

 

3.(TJ) 新興ガイドツアーに1.3億円」の3 つのニュースだ。1.のニュースでは、ゴルフやビーチなどのホストの会員権のシェアリングが開始すると予測。2.では、HotelByDayが、稼働率が40%と低く、余り使われていないホテルのアメニティ(スパ・プール・キャバナ、ジム・フィットネスルーム)を販売する。

 

3.の記事は、新興企業のDomioがアメニティーそのものを専門に販売する。ここでのアメニティーは、アパートのリビングルームにおける、ミレニアルやグループ旅行者向けにアピールするアメニティー(娯楽)が販売対象となる。E2E(エンドツーエンド)の様々な旅行パーツをシームレスに繋いで、トラベルジャーニーの全てのタッチポイントで、パーソナル旅行の提案をするわけなので、当然、アメニティー販売も強化されるというわけだ。

 

 

 

今週号では、年の変わり目にあたるのか、2020年のトラベルの予想や期待の記事が多かった。「1.(TJ) シェアアメニティー増加」、「6. 2020年の旅行マーケティング進化」、「11. 2020年、エアビーの年」、「14. 2020年の空港」がそれらだ。いずれの記事も、トラベルテックのイノベーションの進化や進展に加え、新ビジネスモデルの誕生を予測している。旅行は、右肩上がりの持続的成長が約束されている数少ない産業の一つであるので、どの記事を読んでも将来の明るい展望と新たなイノベーションに期待をかけている。特に世界の人口の半分以上が集中するAPAC市場の期待は大きい。(編集人)

 

出版物のご案内

好評発売中!

 

当研究所の丹治隆主席研究員がこの度本を出版しましたのでお知らせいたします。

 

著書名 :「どこに向かう日本の翼---LCCが救世主となるのか---

 

出版:2019/09/30 晃洋書房

定価:2600円+税 

 

好評発売中!

 

日本のオンライン旅行市場調査 第4版」 

 

フォーカスライトJapan(代表 牛場春夫)が、「日本のオンライン旅行市場 第4版」(全14章、220ページ)

を発行します。これは、2012年から2年おきに発行しているシリーズの最新版で、第4版ではダイナミックに変化し続けている2017年度の日本のオンライン旅行市場の概況をレポートしたものです。 

 

総合電子書籍販売サイBookWay―ブックウェイ―(https://bookway.jp/

 ・ BookWayヤフーショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/bookway/

 

定 価:

「電子書籍」販売価格13,900

「電子書籍+紙書籍」販売価格 18,500