JAL、関西・ロサンゼルス線再開へ =再建中に削ったニューヨーク・サンパウロ区間復便も検討


当分析は、CAPAが913日に発表した


Japan Airlines to re-open Osaka-Los Angeles, consider New York-Sao Paulo, cut during restructuring


を、JAMRが和訳したものです。

 



    

       JAL、関西・ロサンゼルス線再開へ
=再建中に削ったニューヨーク・サンパウロ区間復便も検討

 

  

 

近年のJALの国際線拡大は、ボストンやサンディエゴと言った新地点に的を絞って来た。しかし、ここへ来て、この日本第2の国際線エアラインは、財政難時代に休止して居た路線の復活を始めた。JALは、ニューヨーク線のデイリー第2便を復便し、20153月には、大阪関西=ロサンゼルス便を復活させる。これは、東京以外では唯一の長距離国際路線になるが、同社は更に、関西=ロンドン・ヒースロー線の再開も検討して居る。やはり検討されて居るのは、サンパウロ線の復活で、多分、ニューヨーク経由となるだろう。 

 

JALは、国内線市場の拡大予想が頭打ちになって居る事から、国際線での成長を狙って居るのだ。そして、JALには発注済みの30機の787、次いでA350と、新造機は主に機材更新の為とは言え、新路線を必要とする機材が有るのだ。 

 

国際線拡大へ引き戻すのは、財務的な圧力なのである。JALは第1四半期(2014630日までの3ヶ月)に、羽田での急速拡大が、供給過剰を招き、搭乗率も収入単価も下げてしまったANAに比べて、かなり良い結果を出して居る。 

 

JALの課題は徐々に国際線を伸ばして行くことだが、更なる供給増は矢張り国際線の収支を悪化させる可能性が有る。それでも、同社の利益率が2桁で有ることから、より大きな利益と引き換えに、これを実行する余地は有る。

 

 ー これ以降の全文はPDFからご覧くださいー 

CAPA分析特別号⑨JAL2014年9月13日REVISED.pdf
PDFファイル 862.9 KB

■4月5日

 

日本や世界の航空事業について諸々のデータから読み解く「マラソン講座」

の掲載を開始致します。

どうぞご期待ください。 

 

海外事情

 

51324日の主要ニュースを集めたこの号で目立った記事は、2.(TJ)「アマゾン、印で航空予約開始」、7.「アマゾンと旅行」の2つです。前号3.の「アマゾン、異なる方法で旅行に参入?」の記事と合わせて、アマゾンの旅行領域への参入が何やら本格化している気配が感じられます。 

 

世界の旅行業界が恐れているように、アマゾンが旅行業界に参入すれば、とてつもない大きな影響を既存のインターメディアリー(仲介業者)、特にOTAに与えることになるのでしょう。Googleが本格的にメタサーチに手をだして、今度はアマゾンが参入して来るようなことにでもなれば、GAFAの2強が入ってくるのですから大変なことなりそうです。

 

Googleは、あくまでオンライン広告ビジネスの一環としての旅行領域への間接的参入ですが、アマゾンの場合はどのようになるのでしょうか?Amazon Payのメニューを拡大するためなのか? 前号3.の記事に書いてあった通り、クラウドのAWSAmazon Web Services)の販売先として旅行業界を取り入れようとしているのか?はたまたパーソナルアシスタントAlexaのスキルの対象として旅行を取れて行くのか?は良くは分かりませんが、何れにしてもアマゾンのことなので間接的であれ直接的であれ、どのような方法であっても対応する能力を備えている、と考えるのが妥当なのでしょう。今後の動きから目が離せません。(編集人)