CAPA分析 : NEW HEADLINES   7月

CAPAアナリストによる アジア・太平洋の航空業界のトピックスは

今・そしてこれからの展望を紐解く大変興味深く、そして貴重なレポートです。

 

毎週幾つかのレポートをピックアップし、その序章をご紹介致します。

 

 

 英文本文の翻訳を航空、旅行業界の豊富な経験と知識で承ります。 

  

      お問合せはこちらから

 

 

CAPA豪州太平洋航空サミット=出席登600人、エアライン40社、企業購買担当100

31-Jul-2014 4:39 PM

 

CAPA(航空センタ)では868日の3、シドニのシェラトンオンザパクで催される「豪州太平洋航空サミット」に600人の出席者を迎える準備めているが、これまでCAPA経験した最大のイベントになる。

 

この年に一度のサミットは第2回目だが、この地区でかれる航空界の略のための会としては最大のものとなる。

 

豪州、ニュランド及び太平洋諸島から、経営のトップ、及びこの地区に就航しているエアラインのリー達が、このの重要な問題について討議するために集まる。また、「企渡航の日」には100を超える企業購買担当者が出席する予定だ。

 

このサミットではまた、カンタス、ジェットスタ、エティハド、ユナイテッド、フィジ、ハワイアン、ロイヤルブルネイの各エアラインから、及び豪州国土地域開発省からの基調講演が予定されている。

 

 

CAPA Australia Pacific Aviation Summit: 600 registered attendees, 40 airlines, 100 corporate buyers

シンガポル航空SWOT分析=2015年度第1四半期業績るように争激化で難問

31-Jul-2014 3:15 PM

 

シンガポル航空(SIA)の利益が去数年、激化する争と、問題の多い市から着に落ちて来て居る。利益は20146月末までの四半期(2015年度第1四半期)に、またも落ちて、グルプ全体で、利益が52%下落し3,900万シンガポルドル(SGD)(3,100万米ドル)になっている。

 

しかし、SIAは未だに世界で最も尊敬されるエアラインのひとつであり、立以来42、一度も通年の赤字を出した事がい。同社が近年、企史の中で史上最大の問題に直面しており、これからもくことは言う迄もい。しかし、同社は2011年始めにCEOとしてゴチュンフォンが引きいで以来、つかの略的調整をして来ている。

 

SIA2桁の利益率を上げて界をリドした光の日々は、もはやって来ないだろうが、ひとたび新略が定着すれば、グルプとして、期に亘る益性と成実現できる良い状になるだ。SIAは依然として核となる強靭さと多くのチャンスを持っている。しかし、更なる障害も前途に横たわっていて、同社の新略や調整がリスクを伴ってって来る。今回のSWOT分析では、SIA2015年度第1四半期の業績報告を具体的に考えてみたいと思う。

 

訳注)SWOT分析=強み(Strength)、弱み(Weakness)、機会(Opportunity)と脅威(Threats)4項目で見た要因分析

 

 

Singapore Airlines SWOT: challenges continue as competition intensifies as shown by 1QFY2015 results

PREMIUM CONTENT

空港投家、二次的空港取引を見捨てる=第2

30-Jul-2014 4:00 PM

 

前回「空港投家、二次的空港への投見捨てる=信用格付を惹き付ける大きな案件になびく」とした1部では、来の投家像は、投ファンド、年金基金、ヘッジ、政府系ファンド、そしてベンチャー資本などの新しい波の押し寄せる前で、既にれになって居るかも知れない、高度にまれた空港投のポイントについて、概括してた。

 

また、前では、CAPAの空港デタベス大の一部である、「世界空港投タベス」にって、取引が継続中か、正にわったばかりの世界的市についても振り返って果、この向は、欧州では44%の空港、殆どが小模な地域空港、が赤字経営だとじた、つい最近のACI-欧州レポトにも出せる。

 

今回の第2部では、主に、在、却、賃貸、コンセッションに出されて居るか、つい最近取引が着した、世界の二次的空港の概要をめてた。これを完するに、最近、これまでの投を引き上げた投家について、その中でも、私的ファンド、ヘッジファンドが目立っているが、そのリストを用意した。

 

 

Airport investors forsake secondary airport transactions: Part 2

ジェットスタパシフィックとベトジェットエア、更なる急速な国際線大を模索=シンガポルとソウル路

30-Jul-2014 3:00 PM

 

ベトナムの2つのLCCである、ジェットスタパシフィックとベトジェットエアはやかに、ベトナムの国際線に浸透しようとして居る。2014724日ベトジェットは第3の国際線目的地として、ソウル開設し、一方ジェットスタパシフィックは、201410月に、第2の国際線目的地としてシンガポ開設しようとして居る。

 

ベトジェットとジェットスター・パシフィックの両社はこれまで、国内線市場に焦点を絞り、ベトナム国内線でのLCC浸透率をほぼ40%まで引き上げて来た。これに比べ、ベトナム国際線のLCC浸透率はおよそ14%しか無く、その供給量の殆どが外国のLCCのものだ。これは、東南アジア全域でのLCC浸透率が、域内国際路線の60%を含め、全体で40%を超えているのとは対照的である。

 

ベトジェットの新しいハノイ=ソウル線はベトナムと北アジアを結ぶLCCの路線としては、ほんの2番目である。ホーチミン=シンガポールが、ベトナム最大の路線だが、ここにジェットスター・パシフィックが参入することは、これまで、自らフルサービス路線として、既に就航して居る同じ路線に、LCCブランドを使う事に消極的だった、親会社のベトナム航空の戦略方針が変わったことを示して居るのかも知れない。

 

 

Jetstar Pacific & VietJet Air pursue more rapid international expansion with Singapore & Seoul

スカイマーク、A380の発注に深刻な疑問=エアバス社が大手エアライン傘下に入る解決策を勧告

29-Jul-2014 4:55 PM

 

自分より大きな子の持つ玩具を欲しがったばかりに、日本の低コストエアラインであるスカイマーク・エアラインは、その評判を落とし、巨額の資金を要求され、最も重大な事には、自らの核である国内線市場に新たなLCCが次々と参入してこれに対応しなければならないこの大事な時期に、経営をリスクに曝すという事になりかねない様だ。

 

スカイマークは2010年に発注した、6機のA380の受領について、延期、或は発注取り消しさえあり得る計画について、「攻撃は最大の防御」の方針で、鉄面皮な表情を見せている。メディアに対して、発表した声明では、エアバス社が、もし発注が取り消された場合は「常識を逸脱した法外な違約金を」提示して来た、と言っている。この発表によれば、エアバス社がスカイマークに対して、解決策として「大手航空会社の傘下に入ること」を要求している模様である。

 

スカイマークによれば、機材受領の延期或は取り消しについては、20144月から交渉が行われていると言う。スカイマークはその原因を「近年の円安や競争の激化により経営環境が厳しくなったため」と説明している。

 

同社の国際路線計画は23転 していたが、各案に共通するのはスカイマークには、この巨大な航空機を、特に初体験の国際線として投入するには、送客力が欠けていると言う点だった。エアバス社は既にスカイマークのロゴとデザインに彩られた新機材の初号機の試験飛行を始めている。2機のA3802014年以内に、続いて2015年と2016年にもう2機ずつ納品される予定になっていた。発注は表示価格で総額13億米ドルに上り、ずっと不可思議なものと見なされ、業界でこれを安全確実なものと見ていた人々は僅かだった。

 

これから、多くの事実関係が明らかにされ、スカイマークは懲らしめられたエアラインとして事態は収拾するだろう。しかし、6機のA380をキャンセルする事により、同社は、国内線専門のエアラインが、余りにも野心的な、長距離路線で全席プレミアムのA380を運航するという考えに飛躍する以前に、日本の国内線市場で培った実力に、磨きをかける事が可能になる、というより、それを余儀無くされるだろう。

 

 

Skymark Airlines A380 orders are in serious doubt as Airbus recommends an "umbrella" solution

アメリカン航空、2014年第2四半期好業績=ベネズエラ線休止による減収にも関わらず

28-Jul-2014 10:15 PM

 

アメリカン航空は、米国の同業者仲間と同様に、2014年第2四半期も堅調な業績を記録したが、デルタやユナイテッドに似て、米国国内線が特に好調だった。

 

また、デルタとユナイテッドの様に、アメリカンも大西洋線市場に、余分な供給があると結論付け、2014年の残る期間、他社に倣って供給目標の微調整をして居る。

 

アメリカンは特に、2014年第3四半期にはベネズエラ線の削減から逆風に見舞われているが踏ん張って居て、最終的にはデルタやユナイテッドより単位収入では低くなる模様だ。この問題は第4四半期まで継続する。

 

地理的に問題のある地点があるにも拘らず、アメリカンは全体として需要環境については、前向きな見通しを持っていて、これまた、米国の路線エアライン各社と同様に、新たな株主還元の内容を検討している。

 

American Airlines’ strong 2Q2014 results despite revenue headwinds from Venezuela suspensions

ガルインドネシア、国際線大をめ、材受を延期=2014年上期の不調を受けて

28-Jul-2014 3:30 PM

 

ガルインドネシアは、2014年上期に21,200万米ドルの純損失をんだ、活のない国際線業績を受けて、国際線大のペスをめる事になるだろう。ガルダの2014年上期の国際線率は63%ぎず、ASK15%と大量にえたにも拘らず、RPK3%下落というとなった。

 

インドネシア及び南アジア市での争は激化し、スカイチムへの格に伴って、国際線で更なる成を遂げようと目むガルダの生存をめてしい物にしている。正に、略を修正しなくてはならないに、昨年、5777-300ER入した事が、供給過を招く一因になってしまった。

 

ガルーダはこの好ましからぬ市場環境に対応する為、インド線、フィリピン線の開設を延期した。同社はまた、不採算路線を切り、航空機の受領を延期して、事業の拡大を遅らせる計画を立てて居る。

 

Garuda Indonesia will slow international expansion and defer aircraft following a dismal 1H2014

中国南方航空、HNA子江エクスプレス=上海で、中国方航空の市シェアに攻をかける

28-Jul-2014 1:04 PM

 

争が激しく、分化された、上海の航空市は、中国南方航空が20146月支社を開設、一方、HNAが地元を点とする子江エクスプレスをから客双方をうエアラインに衣替えさせることから、更に化する事になるだろう。

 

中国南方の上海での存在感の向上は、北京やハブである州での立つ存在感にくものだ。中国方はこれを阻もうとしているものの、期的には、中国南方は、今はまだい、上海発長開設を目むことだろう。子江エクスプレスは、在も、旅客便に使える最上のスロットをつか持っているので、最的にはHNAグルプの上海での存在感も向上するだろう。

 

中国方の上海での市シェアは、北京での中国国の、州での中国南方のシェアに比べて急速に下降していて、これがまだきそうな状である。上海の虹と浦空港は2013年、せて8,280万人の旅客を取りったが、これは北京の首都空港の8,370万人にかに及ばない数だ。来年にかけて、上海浦空港の大により、行エアラインや新参入社にもえる予定だ。

 

 

China Southern Airlines and HNA's Yangtze Express attack China Eastern's market share at Shanghai

全日空のSWOT分析=固たる基に改善の余地あり、自己足の余地は

26-Jul-2014 2:05 PM

 

全日空は国内、そしてつい最近国際線の双方で日本最大のエアラインとなった。その母体は、日本のエアラインへの情を持ち、最近ますますライバルのJALではなく、ANAの方に、より高いを与えている国内市である。一方ANAは国内市への依存をらすために、国際線、そしてへの大を画している。2015年、かつて国内のエアラインだったANAは、史上初めて、国際線の供が国内を上回る事になる。

 

しかしANAは、アジアの主要エアラインの中でもコスト水準は最高で、どの同業他社よりも小さなアジア路線網しか持たず、まだまだ成長の可能性にあふれた市場に居る。ANAは配当をしているものの、機材稼働率、国内線搭乗率は約60%と低く、ある意味では不十分なものと言える。これらの現状が、市場の求めている信頼性と見返りを提供しているのだが、ひとたび、市場がより複雑化し、変化を求めた場合、ANAはリストラする選択肢を持っていると言う事になる。これは世界の同業他社がもはや追求すべき道は僅かしか残されていないのに比べ、大きな対照を見せている。

 

国際線への方針転換とともに、やってくるのは、ANAがこれまで概ね日本発需要のみを扱って来て、その他の市場での経験は極めて限られているという現実である。これは、前途に過ちを犯す事を意味するが、ANAは、今やその実効性が疑わしいミャンマーのアジアン・ウイング社への小規模で低リスクの投資なども含め、国際的企業買収を含む戦略を試そうとする充分な積極性を備えている。

 

訳注)SWOT分析=強み(Strength)、弱み(Weakness)、機会(Opportunity)と脅威(Threats)4項目で見た要因分析

 

 

All Nippon Airways SWOT: a secure base with room for improvement, but no room for complacency

ユナイテッド航空、2014年第2四半期の業績改善=このいを如何に保つかを考える

25-Jul-2014 11:52 PM

 

ユナイテッド航空は2014年第2四半期に業績が改善し、米国の同業他社と比べて驚くほどには低く無い利益を計上した。対前年の収益性の向上に加え、ユナイテッドはその旅客単位収入が、ガイドラインを超え、単位コストをほぼ前年並みに抑えて居る。

 

これに加えて同社は、向こう3年間で完結する、「10億ドル株券買い戻しプログラム」という形で株主還元策の概要を打ち出している。

 

ユナイテッドの目の前には、統合合併の効果がフルに上がるまでにまだまだ長い道があるけれども、この兆候は勇気づけられるものだ。しかし、同社は域内運営の改善など、最善の路線網を作り上げるなど、収入を如何に押し上げる計画なのか、その具体策を、これから示すことになるだろう。

 

 

United Airlines improves 2Q2014 performance and defines how it intends to sustain momentum

タイガエア、第1四半期またも上=業績ぎ旅客のとエアライン提携でまる

25-Jul-2014 1:08 PM

 

シンガポールを拠点とするLCCグループであるタイガーエアは20146月末までの四半期(2015年度第1四半期)に純損失6,500万シンガポールドル(SGD)5,200万米ドル)を計上し、引き続き苦闘している。タイガーエア・シンガポールは、これで4四半期連続で赤字を出して居り、タイガーエア・オーストラリアや、既に幕を閉じたインドネシアでの合弁であるタイガーエア・マンダラでも損失が膨らみ続けた。

 

タイガーエア・グループでは、より多くの乗継ぎ旅客をシンガポールのハブに集め、海外でのセールスへの依存度を上げ、新たにより多くの、或はより深い提携関係を創出することで、収益性を向上させるための戦略を開始しようとしている。一方で、グループとしては、東南アジアで唯一残っている、シンガポール子会社が、既に供給過剰に悩む問題多い市場にあって、搭乗率をそして最終的には利益率を向上させる策の一部として、供給を現行水準に保とうとしている。

 

この新戦略は、必要なものであり、タイガーエアの長期業績見通しを改善出来る可能性がある。しかし、少なくとも当面は、市場環境の悪さや、余剰機材を持って行くべき、行き先探しに苦労する事など、同社の黒字回復への努力は、大きな障害に直面している。

 

 

Tigerair incurs another loss in 1Q. Turnaround hinges on increased transit traffic and partnerships

デルタ航空、大西洋路いをひとまず休める=第2四半期の好業績

24-Jul-2014 11:55 PM

 

デルタ航空は2014年第2四半期に、4四半期連続で、コスト単価の増大を2%未満に抑える一方、四半期収益で17%の向上を示すという、強力な業績を記録した。

 

デルタ全体の堅固な業績は、国内線及び業務渡航の市場での好調が創り出している。夏場のピークに大西洋路線で供給過剰が心配されるにも関わらず、デルタはそれらの路線でも堅調な収入を見込んで居り、同時に来るべき冬場のピーク期には、妥当な需給バランスを確保出来る様に、提携先エアラインと検討している。

 

デルタは、このコスト実績が続き、国内需要が引き続き固いと見て居り、同社の好業績は第3四半期にも続くと予測していて、同社の掲げている、年間11%15%の営業利益率、15%の投資回収率(ROI)を達成するお膳立てがなされつつある。

 

 

Delta Air Lines puts trans-Atlantic worries to rest as it posts strong 2Q2014 results

カンボジアの航空業界、創業ブーム=中国人旅行者が急速に伸びる中で

24-Jul-2014 10:20 AM

 

カンボジアの航空市場は2014年上期、隣国タイの政情不安や、最大の市場ベトナムからの需要が弱いにも関わらず、引き続き、急速に成長している。カンボジアはタイの混乱、そしてマレーシアが突然不人気になってしまったことを利用するチャンスに恵まれ、中国人旅行者にとって、その両国に代わる目的地として、自らを売り込む事に成功したのだ。カンボジア政府の航空業界に対する自由な政策に基づき、投資家たちは中国市場を路線の反対方向から取り込もうと地元で起業する好機を活用している。

 

今年に入ってこれまで、中国からの訪問者数は約20%も増えており、中国=東南アジア間の旅行者の流れが下降する中で、カンボジアは例外となっている。

 

カンボジア=中国間市場には、少なくとも2社の中国資本を後ろ盾にしたカンボジア新規企業によるチャーター便など就航する便が増え、2014年下期にもブームが続くと見られる。

2014年上期、カンボジア航空市場全体は約10%の伸びを見せ、プノンペンとシエムリアップの二つの主要空港とも、同じような伸び率を示している。この成長率は2012年、2013年より下がっているが、他の東南アジア諸国の市場では、より大きな伸びの鈍化が見られ、中には減少に転じている例もあるのに比べ極めて印象的である。

 

 

Cambodian aviation's surge in airline start-ups as Chinese traffic drives rapid growth

EMEA空港都市Aerotropolis」会議報告=第2部:強力な政治的リーダーシップが必要

23-Jul-2014 6:22 PM

 

CAPAの「EMEA空港都市Aerotropolis」会議の報告第2回。

 

この報告にはカサーダ教授の主宰のもと、以下の様な広範なパネリストのコメントが採録されている。

 

ミュンヘン空港、ガトウィック空港、ストックホルム空港、ロンドンヒースロー、エルプラット市議会、アムステルダム市、スキポール不動産、ダーバン・デューブ商業港、コペンハーゲン空港、エドモントン空港、デンバー空港などなど。

 

カサーダ教授の結論として、aerotropolisを成功させる為には以下の様な重要なテーマがある:

 利害関係者の意思統一とプロジェクトへの地元の参画;

 的確なビジネスモデルが必要;

 空路と陸路双方の乗継が至便;

そしてAerotropolisは過程・戦略であり、プロジェクトでは無い!

 

 

The ‘Aerotropolis EMEA’ Conference report. Part 2: Strong political leadership needed

PREMIUM CONTENT

 

ミャンマー航空はATR72-600を、マンダレー航空はMRJ90を発注=ミャンマー市場での激闘、更にエスカレート

23-Jul-2014 2:38 PM

 

ミャンマーではいくつかのエアラインが野心的な保有機材拡大計画を推し進めて、エアライン間の競争にますます激しさを加えようとしている。その内の2社は今回のファーンボロ航空ショーを利用して、新機材を発注し、これまでは主として外国のエアラインが恩恵に与かってきたミャンマー市場で地元の航空会社が急速な拡大を計画しているとして脚光を浴びることとなった。

 

国内市場のリーダーであるミャンマー航空は、少なくとも6機のATR72-600の購入を確約し、国有エアラインである同社が、2014年初めにGECASと契約して発注した10機の737に追加しようとしている。一方で、競合する民間エアライン8社のうちの1社、マンダレー航空は少なくとも6機のMRJ90リージョナルジェットを確約した。

 

ミャンマーの航空業界の構成は、現在、国内線の8社を含め、9社が、合計で40機余りの機材を保有している。現行各社が拡大し、また新たなエアラインの参入もあり、合計保有機数は今後数年間で倍増する可能性がある。然し、そのような急激な拡大は維持不能とも思え、今後の整理統合は避けられないだろう。

 

 

Myanma Airways ATR 72-600 and Air Mandalay MRJ90 orders further escalate battle for Myanmar market

エアラインの米国侵略=湾岸エアラインは西へ、中国エアラインは東で拡大

22-Jul-2014 7:56 PM

 

伝統的な国内線の維持管理に気を取られている内に、米国のエアラインは、より大きく、急速に拡大する、だがリスクの高い長距離国際線市場を見過ごしている。この近視眼的なものの見方をしていると、後で痛い思いをする事になるかもしれない。彼らの居ないのを良いことに、湾岸と中国のエアラインが、米国発着の国際線旅行の形を作り変えているのだ。

 

10年前、彼らの米国への供給座席は年間50万席だったが、2014年には400万席を超えている。需要の性格と技術的な必要性から、彼らはまず、比較的自国に近い米国の地点に焦点を絞って来た。即ち、湾岸のエアラインは東海岸に、中国のエアラインは西海岸に足場を据えた。

 

しかし、今や、この二つのグループは共にさらに内陸へと進み、湾岸エアラインは西海岸に拡大している。エミレーツはそのサンフランシスコ線をA380に大型化し、エティハドは201411月にサンフランシスコ線を開設する。中国エアラインは米国東部まで手を伸ばし、海南航空はボストン線を、中国国際はワシントン・ダレス線、中国南方はニューヨーク・JFK線をそれぞれ開設。一方、湾岸各社は2014年に中国各社の2倍の席数を投入、供給は中国各社を急ピッチで追い越してしまった。中国の拡大率は盛り返しているものの、未だに湾岸各社には及ばない。

 

 

Airline invasion of the US: Gulf airlines extend into the west, Chinese airlines grow in the east

カンタスから売却法を外す、唯一のチャンスが潰える=修正法案が立ち消えに終わり

22-Jul-2014 2:12 PM

 

カンタス航空は2014630日までの、2013/14会計年度に、7億から10億豪ドルの損失を計上すると見られるが、今や、カンタス売却法(QSA)が出口なしの懸案として残るという現実に直面している。

 

豪州の連邦政府は、QSAの第3部を無効にする筈だった、カンタス売却法修正案2014を、上院を通過させるのは難しいと判断し、上程を断念、今度は外国人所有制限の撤廃を主張する豪州労働党(ALP)に与することとした。大きくポイントのずれた妥協である修正案が2014718日に採択された。

 

以前の規定は、特定エアラインからの投資が単独でカンタスの25%以上を所有すること、そして、全ての外国エアラインが合計で35%を所有すること、さらに外国からの投資が合わせて49%を超える事を妨げていた。新たな規定は単に外国人による所有は49%を上限とするもので、エアラインの制限は無くなった。

 

Taking the Sale Act out of Qantas - a one-off opportunity missed as amendment fizzles out

 

 

マレーシアのマリンド航空、ターボプロップの運航を急速に伸ばす=新たなペナン基地とスバンへの展開で

21-Jul-2014 1:00 PM

 

ライオンエアグループのマレーシア子会社である、マリンドエアは2014年に、マレーシア国内の近距離路線での商機を追求し、ターボプロップの運航を拡大する事に的を絞って居る。

マリンドは2014年上期に5機のATR72-600を追加し、下期にもう5機を受領して保有機材はATR72が計13機となる一方、737-900ER8機のみである。

 

ターボプロップ機に頼り切って居るのはマリンドにとって想定外だったが、全機がA320のエアアジアが考えられない路線を運航することが可能になっている。その代わり、マリンドは今年これまでのところ、殆どの事業拡大をクアラルンプールの第2空港であるスバング空港に絞っているために、マレーシア航空の子会社ファイアーフライと主に競合している。

 

マリンドは2014年の末までにペナンに第2のターボプロップの基地を開設する予定で、マレーシア東部のコタキナバルとクチンにも基地を開く可能性を探っている。これらの基地開設で、これまでに全く航空便の無かった様な地点も含め、新規路線の開設が可能となる。

 

 

Malaysia’s Malindo Air rapidly grows turboprop operation with new Penang base and Subang expansion

中国東方航空、再活性化に取り組む=777長距離線拡大と新たなブランディングで

21-Jul-2014 12:17 PM

 

中国東方航空は、北京の寵愛を受けた子どもでは無い。中国で第2位、世界で第8位の航空会社でありながら、かれこれ5年前に発表された上海航空との経営統合の騒ぎから未だに抜け出せないでいる。これは一つには、中央政府の所有する中国東方と地方自治体の所有する上海航空の利害がぶつかり合い、双方とも満足の行く結論が出せないためだと思われる。

 

このすっきりしない統合合併が、語り草になりそうな非効率を生み出している。中国東方には都合の悪い事に、上海は中国の主要ハブとしては、ますます最も細分化された市場になっていて、旅客にはいくらでも他の選択肢があって、よそに行ってしまえるのだ。

 

それでもなお、上海は国際線ビジネスが、とてつもない成長可能性を秘めた都市であり、中国東方は正にその上に跨っているのだ。それなのに同社は長距離路線の拡大が鈍く、このチャンスを、有効活用出来ていない。これは、787の就航遅れと、これに伴い同社が機種を777に転換した事が大きく影響している。2014年末になって、漸く777の初号機を受領する予定である。20機を発注して、これは中国のエアラインとして大きなものだが、同社は主として北米への長距離路線の拡大を、そして発信するイメージの改善を計画している。

 

これには中国では初の試みであるが、オープンしたディズニーランドと、発展するフリートレードゾーン(FTZ)を擁して、国際的地位の上昇する上海の先頭に立つために、新たなブランディングが役立つだろう。中国東方はこの変更策が、遅すぎず、小さすぎない事を証明しようとしているのだ。その賭けが当たれば、他社にはダメージとなるが、同社の評価は上がることだろう。

 

 

China Eastern Airlines seeks to revitalise its position with 777 long-haul growth and new brand

タイ航空、業績見通し悪化=政情不安が続き、競争も激化

20-Jul-2014 3:00 PM

 

他の長い歴史を持つフラッグキャリアーと同様に、タイ航空は、厳しい市場環境の中で戦いを続けつつ、危機に直面している。この政府の所有するフラッグキャリアーは、調整、リストラが必要なのだが、取締役会や経営陣の交代があって、新たな事業計画の開始は、容易でない。

 

タイの出入国者数は2013年後半以来、長引く政情不安が入国需要に大きく影響して、急激に落ちている。搭乗率は、供給を削ったのにも関わらず、2014年第2四半期も下がり続け、5月と6月は60%以下に沈んでいる。

 

政治の混乱が、保有機材の更新などの喫緊の戦略の決断を遅れさせて居る。一方で、タイの市場での競争は、新たに3つのLCCが参入し、激化しており、タイ航空の業績見通しをますます暗いものにしている。

 

 

Thai Airways outlook weakens as political uncertainty lingers and competition intensifies

空港都市、プロジェクトではなく戦略=「EMEA空港都市Aerotropolis」会議レポート:第1

20-Jul-2014 9:38 AM

 

「空港都市Aerotropolis」とはプロジェクトでは無く、一過程または戦略である。これは、20147月初旬、英国マンチェスターで開かれた「EMEA空港都市(Aerotropolis)」会議の主たる結論だった。

 

まず、既に情報に通じて居る人から全くの初心者まで、多岐に亘る出席者に対して、「空港都市(Aerotropolis)」を定義し、Airport Citytとの違いを示す試みがなされた。面白いことに、幾つかの主要空港では、自分自身がそのどちらか、或は両方だと広く見られているにも関わらず、airport cityaertropolisという言葉も使っていないのだ。

 

更にもっとおかしな事に、最高の実例が、特にダラス/フォートワース空港周辺地区がそうだが、米国内にあるにも関わらず、米国連邦航空局が最近、この会議の議長であるジョン・カサーダ教授にAirport Cityという言葉を自分たちに説明して欲しいと手紙を書いて来たことだ。おまけに奇異なことに、FAAAerotropolisの定義を定めているのだ。

明らかに、これらの概念は、現在進行中の一過程なのである。

 

The Aerotropolis – a strategy, not a project. ‘Aerotropolis EMEA’ Conference report: Part 1

東南アジアのエアライン、観光市場に痛手=中国人旅行者が北東アジアに移行して

18-Jul-2014 1:14 PM

 

事実関係の一致する所は、近距離旅行をする中国人が、東南アジアを避けて、北東アジアを好んでいるという事だ。東南アジアの主要中国人旅行者市場である、マレーシア、シンガポールそしてタイの入国統計では、中国人が2013年より減って居り、北アジアの市場ではしばしば2013年の伸びより大きく増えているのである。このため、東南アジアのエアラインは利益と搭乗率の低下に悩んでいる。

 

タイでは政情不安が入国者数の低下に影響して居り、マレーシアではMH370事故により、激減していて、これは多くの中国人が陰謀説を信じて居り、それ以外の人々は事実上の抗議の印としてマレーシアを避けているからだ。これらが積もり積もった影響は、入手出来る最新のデータである20144月の入国者数で20%の減となっている。

 

シンガポールは、ずっと、この反東南アジア感覚のとばっちりを食っていて、20144月には39%の減、今年に入って現在までで17%の減と、マレーシアよりも大きな減少になっている。20145月、ベトナム=中国間の緊張状態が燃え上がったが、2014年に入って、5月までの伸びが43%増だったことを考えると遥かに下がっているとは言え、20146月の入国者数で中国人旅行者の数は未だに6%の伸びを見せている。

 


Airlines and tourism markets hurt as Chinese tourists divert from Southeast to Northeast Asia

エアカナダ、米国第6の自由旅客獲得に動く=しかし、新たな圧力が待つ

17-Jul-2014 11:52 PM

 

エアカナダの今後数年間の主要な戦略的計画の一つはカナダの国際線航空会社の筆頭としての存在感を確固たるものにすることだが、ライバルのウエストジェットが広胴機を入手しようとする最初の具体的一歩を踏み出した事から、その戦略を実行する事が、ますます重要になって来た。

 

エアカナダの、より高い利益率の国際線旅客数を最大化するための努力の一部が、第6の自由旅客の流れを米国からカナダのハブに奪い取ることだ。これは、特に、エアカナダのアジア、欧州への長距離路線に継ぎ目なく乗り継ぐ基本設計が整っている、トロントにとって重要である。

 

エアカナダは、もし今想定されている国際乗継旅客のシェアが獲得できれば、年間4億カナダドル(3.71億米ドル)の収入が創出できると考えている。しかし、米国エアライン各社も機内商品を改善し、長距離便を盛り立て、エアカナダの乗継旅客計画に新たな難問をぶつけて来ている。

 

 

Air Canada moves to attract more US sixth freedom traffic, but new pressures await

航空機リース企業、ファーンボロで大活躍=400機以上を買約

17-Jul-2014 8:15 PM

 

2014年ファーンボロ航空ショーの第2日目、航空機リース企業が突風の様に高価な発注を繰り出し、表舞台に登場した。エアショーの開始以来、8社のリース企業が広範囲な機種の発注を発表し、その数は400機、表示価格にして350億米ドルに及んでいる。

 

特にリース各社はエアバスのA330neoの早期発注と言うチャンスに飛び乗った。2014年7月14日になされた105機の航空機に対する確定発注、確約の内、65機はリース企業からのものだった。

 

 

Leasing companies have a Farnborough field day, committing to more than 400 aircraft

ユナイテッド航空、路線網を迫られる=入が伸びむ中で

17-Jul-2014 5:00 PM

 

ユナイテッド航空の出の不振が、他の米国エアライン各社に比べて、引く中で、ユナイテッドの経営して、路線網成や、特定のハブはめて止すべきではいかといった疑が募っている。

 

最近、ユナイテッドのダレス空港ハブの実績については、ニュクのリバティ空港ハブに近い距に有ることから、ユナイテッド路線網全体に於ける重要性が落ちているえるため、の俎上に上がっている。

 

のユナイテッドへの航空界からの批判は、一体いつになったら他の米国エアライン仲との実績を埋めることが出来るのかという、好奇の目と苛立ちを反映したものだ。ユナイテッドが改善のかな兆候を示し始めるまで、同社の路線網航は部にわたって引きしいに晒され、批判はくことだろう。

 

 

United Airlines pressured to make network changes as its revenue growth remains sluggish

エアアジアXLCCのリの立化=A330neo50機発注して

17-Jul-2014 4:00 PM

 

エアアジアXは、2018年より、50A330-900neoの受することを明らかにして、急速に成している、中低コストエアラインの分野で、リとしての地位を化しようとしている。2014715日、エアアジアXはファンボロ航空ショに、この新型のユエアライン第1号として登し、他に55確約した2つのリス会社の仲入りをした。LCCが、ユエアライン第1号となるのはこれが初めてのことだ。

 

エアアジアXからの新たな確約は、ひとたび注にわると、グルプの保有数は在の222013年の開業時12に比べ、2020年代の半ばまでに、117までに大することになる。マレシアに基地を持つエアアジアXは、アジア太平洋の4社を含め、全6社あるLCCの中で、すでに最大のグルプになっている。また、タイとインドネシアに新たな基地をき、大を加速させている。

 

同グルプは、しかし、有のA330-300を退役させたり、可能性としてはA330-300A350-900注の一部取り消しなどにより、自らの事大を調整する柔性を持つことになるだろう。

 

究極的にはエアアジアXの保有機材はこれから10年間で90100機に拡大し、供給を毎年約20%、もし市場の状況が許せば、更に大きな率で、伸ばす事になりそうである。

 

 

AirAsia X reinforces position as long-haul LCC leader with 50 commitments for A330neos

地域航空用材=ファンボロ航空ショ初日に心を集める

16-Jul-2014 5:33 PM

 

エアバスとボイングは常に大きな航空ショでメディアの出しを独占するのが典型的な例だが、2年に一度のファンボロ航空ショの初日、地域航空会社用の航空は取分け心を集めた。

 

小型のメである、エンブラエル、ボンバルディア、スホイ、ATRCOMACそして三菱航空が、全体で130近い、ジェットとタボプロップの、定及び定の注を受け、更に120のオプションを得したと表した。

 

この全ての発注とオプションを併せると、取引総額は78億米ドル以上になる。

 

 

Regional aircraft the not-so quiet achievers on the first day at the Farnborough Airshow

中国発旅行者、2014年に1億人を超える=まず北東アジアのエアラインに恩恵

16-Jul-2014 12:35 PM

 

中国旅行者数は2014年に、ドイツの人口をいて、日本の人口に迫る、1人を超えそうである。しかし、それでも一年に一回外国旅行をしたのは、中国の人口の10%以下ということになる。また重要なのは、成率がとても高いことだ。

 

これらは、明らかに、エアラインにとって、特に殆どの中国人の外国旅行の目的地である、北アジアのエアラインにとっては、市場を変革する様なチャンスである。しかし、短期的には、中国人旅行者の海外目的地の好みが変動するので、各国にとって、このチャンスは中々複雑である。

 

この2回シリーズのレポートの第1回では、ほぼ堅調に伸びている、中国人の北東アジア旅行の需要について見てみたい。日本は、2012年後半から2013年前半にかけて、政治的な緊張から、中国人訪日客数が劇的に落ちるという試練に見舞われた。日本はその後、元に戻っている。韓国は恩恵に預かっており、この勢いは今も続いていて、2014年の最初の5か月間に中国人訪問客の数は対前年57%の増となっている。

 

中国の旅行界レポート第2回では、観光の指標が最近弱まって居る、東南アジアに目を向ける。

 

Outbound Chinese tourists to surpass 100 million in 2014. Northeast Asian airlines first to benefit

ベトナム航空、フーコックから国際線を開設=島の空港が急速に拡大中

16-Jul-2014 11:17 AM

 

ベトナム南西部フーコックには、この島が人気の観光目的地になるに連れ、供給の大波が押し寄せている。フーコックには2012年後半に新たな空港が開港したが、それ以来、順位を4つも上げて、今やベトナム第5位の規模の空港となった。

 

フーコックの座席供給量はベトナムの2つのLCC、ベトジェットエアとジェットスター・パシフィックの就航、及びフラッグ・キャリアーのベトナム航空の増便などに牽引されて、過去2年間に2倍以上に拡大している。フーコックは2014年第4四半期には、ベトナム航空がシンガポール線と、カンボジアのシェムリアップ線の開設を予定しており、ベトナムで6番目の国際線を持つ空港になり、更に急速な成長を遂げようとしている。

 

フーコック国際空港は外国社の定期便など、更に新たな路線開設を惹きつける魅力的な場所にある。既に現在も、限られた数だが、国際チャーター便が運航している。

 

 

Vietnam Airlines launches international services from Phu Quoc. Island airport is growing rapidly

ライオンエアグルプ、保有のギアを上げる=エアアジアが停滞する

15-Jul-2014 1:06 PM

 

ライオンエアグルプの事大のペスはA320の初号を受し、737の受のピッチを上げつつ正に加速しようとしている。グルプは2014年下期に30以上の材を追加し、総計して平均月領機材数を3から5に引き上げ、2015年もこれをけて、果として来年は60の受という、くべき画である。

 

同時に、エアアジアグループは、保有機材拡大のペースを、特に東南アジア市場で緩めている。

 

エアアジアは東南アジア用の機材、として2014年下期に受領するのは僅か6機で、2015年には焦点はインドと日本における新規子会社の立ち上げにあるため、機材の追加は無いかも知れないという計画である。

 

もし、ライオンが東南アジアでの拡大をスローダウンするエアアジアに追従しないとすれば、ライオンはすぐさま、エアアジアに追いつき、追い越してしまうだろう。東南アジアのいくつかの市場は既に供給過剰に悩んでおり、市場占有率を上げることは利幅と利益率を犠牲にするというリスクがあるだろう。しかし、そこでは、より大きな戦略的なゲームが戦われているのだ。

 

 

Lion Air Group rate of fleet expansion kicks into a higher gear while AirAsia slows down

2014CAPA世界航空界年=地域、航空会社の情

15-Jul-2014 12:00 PM

 

CAPA2014CAPA世界航空界年表した。この年は市場別、エアライン詳細な分析へのリンクを含む、1,000ジを超えるユニクな内容になっている。

 

CAPA世界航空界年報は世界の展望、世界で最も大きな航空業界を持つ50の国々の広範なデータ、70社の主要エアラインの詳細な分析を網羅し、世界の全地域をカバーしている。

 

各エアライン及び地域毎に、保有機材、機材発注、受領時期、路線・地域別供給、そしてプレミアム・プロファイルなどの全データが網羅されて居り、CAPA年報はこの上ない情報資源となっている。

 

 

CAPA World Aviation Yearbook 2014: Regional, Airline data in a comprehensive report

インドの国家予算、光、空港小界を後押し=しかし、エアラインには未だ

15-Jul-2014 10:00 AM

 

2014710日、インドで最近選出されたBJP政権による最初の国家予算が通達されたが、これには、電子ビザの導入、外国人旅行者に対するパッケージツアー販売税の廃止、宗教的、文化的価値のあるアトラクションの改善の為の投資、聖地巡礼の周遊列車の展開、一大コンベンションセンターをゴアに建設などのこの国の観光産業には、大いに喜ばしい計画が含まれている。

 

発表された、これらの計画の幾つかは長期的な目標で、旅行者数の拡大に即効性の無いものもあるが、それでも、現政権が観光産業を自国の経済的発展と、雇用の創出のための起爆剤と優先順位をつけた事が反映されている。

 

観光産業(Tourism)は、首相が先に発表した、インドの世界的ブランドを発展させる主要因である5つの「T」の一つである。後の4つは、才能(Talent)、伝統(Tradition)、科学技術(Technology)、そして貿易(Trade)である。

 

India’s budget provides a boost to tourism and airport retail, but no relief for airlines - yet

アメリカン航空、好調を持続=2014年第2四半期まで

15-Jul-2014 10:17 AM

アメリカン航空は2014年第2四半期には第1四半期実績の利益計上の2倍以上の税引前利益を見込み、好調な業績を予測している。その単位収入は5.5%6.5%向上すると予測されていて、20147月に始まった米国のハイシーズンに幸先の良いスタートとなった。

しかし、この好調な業績の陰に、2014年の供給増見積もり3%がある、これはこの供給抑制的な時代の新基準に比べると高い数値である。アメリカンはこの伸び率は概ね機材の大型化の所為であり、市場での無軌道な供給拡大に舞い戻る訳では無いと明言している。殆どの供給増は国際線市場に向けられており、同社が20146月に開設したダラス・フォートワースハブからの香港、上海線に反映されている。

この路線は、まだ定着し、安定するのに時間がかかるが、アメリカンの幹部が認めている様に同社のアジア市場は歴史的に採算性が良く無い。

アメリカン=USエアウエイズの統合合併は未だに初期段階に留まっているものの、現時点では同社の業績は主要指標でも米国の他社に比べて同等であり、この提携も円滑に動いている模様だ。

 

American Airlines indicates its positive momentum is continuing in 2Q2014

787の路線分析=ドリームライナ-路線の20%は新規路線、残りは現存路線の機材変更

14-Jul-2014 8:20 PM

 

ボーイングの787ドリームライナーは「ハブ殺し」と呼ばれることになった、この飛行機が新規路線を開き、需要の小さな市場にも、ハブで乗り換える事無く、直航できるからだ。

 

787は就航以来3年になろうとしているが、エアラインはどの様にこの飛行機を使っているだろう?

 

北半球の2014/2015年冬のスケジュールを見ると、787路線の17%はこのドリームライナーにより開設されたものだ。残りの83%は現行の機材の差し替えか、補完に使われている。

 

787が就航するまでに問題が発生したために、787で開設しようとしていた路線を他機種で暫定的に運航せざるを得なかったエアラインもあった。もし、そのような当初他機種で仮に始め、後から(ほんの数日間、或は数週間の事も多かった)787に切り替えた例も含めると、ドリームライナーで初めて開設された路線は20%に増える。

 

 

787 network analysis: 20% of Dreamliner routes are new, others replace aircraft on existing routes

エアバス、思惑検討を止めてA330neoの開発へ=1席当たり14%の燃油費節減を可能に

14-Jul-2014 1:00 PM

 

エアバスはグループ取締役会の決定に基づき、1席当たり14%の燃油費節減が可能となるA330neoの開発を開始したと発表した。

 

この決断は12ヶ月に及ぶ、広胴機プログラムの将来について、「するだろうか、しないだろうか」という思惑の検討に終止符を打つ事になった。

 

エアバスCEOで社長のファブリス・ブレジールは、A330neoA330一家の「論理的な進化」であり、「燃油費や運航費用を最小化したい顧客に理想の解決策を提供し、一方で搭乗客に対しては、最高の快適性を提供する」と述べている。

 

Airbus ends speculation and goes ahead with an A330neo, with "14% per seat" fuel savings

中国南方航空、上期損失を予測=経済が再編される最中に供給が需要を上回り

14-Jul-2014 11:43 AM

 

2014711日、中国南方航空は珍しくも上期の純損失911億人民元(1.451.77億米ドル)との予測を発表した。これはアジアの航空業界の実績が弱まっていることに追加する事態になる。

 

中国がくしゃみをしたとなれば、残りのアジアは、風邪をひいたのだろうか。大中国圏の中で、そしてアジアの広い範囲にわたって、他にも業績の悪化が見られるとしても、それらが本質的に関連している訳では無さそうだ。タイ航空は国家の政治的状況から、マレーシア航空はMH370の悲劇以降(中国人旅客が東南アジアを避ける様になったため、シンガポール航空も同様に)、業績の不振に悩んで居る。

 

中国南方の問題も同じ様な意味合いを持っている。通貨の為替レートの変化で同社が引き続きインパクトを被っている間に、事業の中核が、中国の経済再編に捕まってしまったのだ。経済成長は鈍化しているにも関わらず、まだ経済状態が好調だった頃に立てられた、国家の指導による供給拡大計画を遵守しなければならない。

 

中国南方は供給の調整を自分の判断ですることが出来ないでいる。その結果、搭乗率や利益率が下落する、供給過剰の状態に陥っている。2014年上期の純損失は、2013年上期の純利益ながら、営業損失という業績に続くもので、改めて、この業界の不確かさを浮き彫りにする事となった。

 

China Southern Airlines expects 1H loss as capacity outstrips demand amid economy re-ordering

タイガーエアとエアアジア、ジャカルタシンガポール間市場で供給過剰修正を主導

14-Jul-2014 11:25 AM

 

ジャカルタ=シンガポール間の供給がLCCグループのタイガーエアとエアアジアの調整に導かれて、素早く20%以上減少した。この減少は、インドネシア=シンガポール間の2国間協定が妥結して、急激な供給の大波を招いた、2013年からの供給拡大の流れを逆転させている。

 

ジャカルタ=シンガポールという都市間路線は世界で2番目の規模だが、2013年後半から2014年第1四半期にかけての供給は遥かに需要を上回っていた。この結果、東南アジア市場の中でも最も明らかな供給過剰の例になってしまった。

 

エアライン各社は余りにも野心的で、攻撃的に新たに生まれた輸送権を利用したのである。最近の修正が、ずっと求められて居た市場の合理性をもたらした。しかし、供給は再び、簡単に元に戻されて、またも利益率や搭乗率に圧力を掛け始める可能性がある。

 

Tigerair and AirAsia lead adjustments to overcapacity in the Jakarta-Singapore market

フィリピン航空、略的投家を探す=国大をける中で

11-Jul-2014 12:35 PM

 

フィリピン航空(PAL)は黒字転換への努力、そして更なる国際線拡大への手助けをして呉れる戦略的な投資家を探している。しかしながら、当面、外国のエアラインは、熾烈な競争の舞台である東南アジア市場にあるPALの位置が、引き続き多難で、求婚しようとする候補者とのシナジー効果が比較的限られていることから、皆、同社への投資に気乗り薄である。

 

エティハドとの新たな提携はPALの見通しを改善してくれる。しかし、PALにはさらに多くの提携先と理想的には新たな投資家が必要である。

 

一方で、フィリピンの国際線市場では、PALが攻撃的に市場への供給を拡大し、セブ・パシフィックが参入を計画していることから、競争が熾烈化している。PALが野心的な国際線拡大を続ければ、供給過剰のリスクが高まって来る。

 

 

Philippine Airlines seeks a strategic investor as its international expansion continues

エティハド航空、2014年上期業績:ビジネスモデルの急速な化が目ましい=28%よりも

10-Jul-2014 2:30 PM

 

エティハド航空は、2014年上期の業績として、入を伸ばしたと告するだろうかという質問はあり得なかった。あるとすれば、伸び率は2桁だが、正にはいくらになるのかという質問だけだった。そしてエティハドはグルプとして入を28%伸ばしたと告した。急ペスの湾岸の標準に照らしても素晴らしい数字で、殆どの出しを独り占めしてしまった。しかし、エティハドが地上サビスの事したことも入にプラスのインパクトを与えているのだ。

 

旅客入の伸びは「よりやか」で14%ASKの伸び19%を下回る)、短期とすれば多分この程度の伸び率はそれほど素晴らしいとは言えないかもしれないが。

 

利益率、搭率、RPKは(利益の数に加えて)公表されなかった。この大のスピドをめさせるものがあるとすれば、エアフランス-KLMとルフトハンザグルプが、欧州委会に提出した面で「すべての湾岸エアラインの大はである」とした事からするのだろう。

 

エティハドが地上サビス事を取得したことは、明らかに、ビジネスモデルに多性を加える助けになって、今や、グル入に占める旅客入の割合が64%と、エミレツやルフトハンザよりも低くなって居る。提携先からの入は、2014年度に10米ドルを超えようとして居るが、より意味のある数字は2014年上期に提携先入が旅客入の23%を占めたことである。ジェットエアウエイズそしてアリタリアとの大型提携など新たな提携が定着するにれて、これもまた大するとられる。「ばす事は比的易しい。しかし、その席をる事はしい。」のだ。

 

論議はさておいて、エティハドは、中する人々が、とにかく化を止めさせようと起になるよりも、ろそれに集中した方が明と思わせるなやり方で、多次元に成ける、素晴らしい新ビジネスモデルをり出して居る。

 

Etihad 1H2014 results: The model's rapid evolution even more remarkable than a 28% revenue increase

カンタスグルプ、独自のタスマン海峡路=エアNZ&バジンの可スケジュルに抗して

9-Jul-2014 12:30 PM

 

カンタスは豪州=NZで、散期の供を、より柔調整できるよう路線運直しをしようとしている。比的ズバリと言えば、カンタスはかつてこれをやったことがいのだ。2013年カンタスは月の供席数を-9%~+7%の幅で調整したが、一方、エアNZは-19%~+16%、ジェットスタは-22%~+22%、そしてバジンストラリアは-15%~+10%という幅で調整していたのだ。

 

エアNZは恒常的に高い搭乗率で、上手く行ったのに対して、ジェットスターと特にカンタスはオフ期に低調な実績となった。そして、今、ジェットスターとカンタスの間により強い統合の好機が来た。バージン・オーストラリアは各社の中でも最低の搭乗率だったが、多分これは同社がプレミアム旅客層の取り込みに重心を変えようとする動きが、本来、同社の中核であるタスマニア海峡路線のレジャー市場とバランスが取れていない事を示しているのだろう。同社も、やはりその手法について再診断した方が良さそうである。

 

 

Qantas Group adapts its trans-Tasman network, matching Air NZ and Virgin's adjustable schedule

インドの空港、官民提携モデルで大変身=しかし、学ぶべき重大な教訓がある

8-Jul-2014 6:31 PM

 

インドの首都圏空港の近代化事業に参画するよう、民間資本を招じ入れる決断は、利用者、エアライン、そして政府にとって、少なからぬ利益をもたらしている。

 

民間資本を代表する2社であるGMRGVKは、デリー、ムンバイ、バンガロール、そしてハイデラバードの空港のインフラを劇的に改善し、旅客にとっては全く新しい体験となり、エアライン各社には効率、処理能力ともに向上、国営のインド航空局にはたっぷりと配当をもたらしている。

 

インド政府が、めでたく本格稼働を始めた暁には、航空業界に対する新たな取り組み方が地に着いて来て、革新と改善への見通しは幾何級数的な成長を示すことだろう。PPP(官民提携)はその方程式の重要な一部なのである。

 

India airports Public Private Partnership model is transformational but key lessons to be learned

 

 

中国国際航空-ルフトハンザグループ合弁事業、欧州-中国間市場の35%を支配=拡大に伴う緊張は緩和へ

8-Jul-2014 1:10 PM

 

中国国際航空とルフトハンザグループが欧州=中国間路線での合弁事業を成立させるための新たな覚書は、多くの、実際にはほとんど全ての詳細内容が決まっていない。ただ、この合弁事業がEUの競争規定に適合するとすれば、両社の立場を高め、強化するだろうことは容易に想像できる。

 

競合他社は現行の合弁事業を強化する一方、新たな提携相手を見つけようとするだろう。あるケースではこの中国国際=ルフトハンザ合弁に対抗しようとするだろうし、また別のケースでは、既に準備は整っていたのだが、管理統制側の出方が定かでないことから思いとどまっている例もあるだろう。もう一つ合弁を認可することにより、これに続こうとする圧力は高まるだろう。

 

しかし、より短絡的には、この合弁話は、少なくとも中国国際とルフトハンザクループという欧州と中国を結ぶ最大のエアラインである2社の間にくすぶる、緊張を一部でも取り除いてくれるのだ。中国国際は、単独で世界最大になろうとしている航空市場に君臨している訳で、これからの成長性から言ってルフトハンザを見劣りさせている。然し、中国国際はルフトハンザが支配できる貴重な以遠権や、より幅広い国際的な経験を必要としている。両社を合わせると、欧州=中国路線の便数の35%を、ドイツ=中国路線の便数の84%を占めている。

 

ルフトハンザにとって、中国路線の合弁は日本、北米路線に続くものだが、中国国際にとっては、長距離路線では初めての経験である。一方で、湾岸のエアラインは中国へのアクセスが可成り限定的であることと、湾岸経由の欧州ルートは遠回りであることから、この合弁の主たる標的ではない。

 

 

Air China-Lufthansa Group JV will control 35% of Europe-China market while easing growth tensions

ミャンマの航空と光システム=CAPA別総合レポ

4-Jul-2014 4:00 PM

 

CAPA(航空センター)はこのほど、100ページに亘るミャンマーの航空と観光のシステムに関するレポートを発行した。

 

世界の旅行界にとって秘められた宝石の一つであるミャンマーは、今、外国の旅行者に対し、急速に、大きく扉を開こうとしている。他のインフラがしっかり着いて来られるとは限らないにも関わらず、外国のそして地元のエアラインの供給が大きく伸びている。同時に、突風のような、新たな供給拡大とエアラインの新規参入によって、この先、採算性への道程には犠牲者も出てくるだろう。

 

尚、このレポートの総括的情報は、経済状況、旅行のトレンド、ホテルの収容能力、エアライン、そして空港の展開状況を網羅し、それぞれ、CAPAの各地区アナリストによるユニークで詳細な分析がこれを補足している。

 

 

Myanmar’s Aviation and Tourism System: a comprehensive country report from CAPA

PREMIUM CONTENT

バングラデシュ航空、市場での競争が激化=LCCを含む2社の新規参入で

4-Jul-2014 12:29 PM

 

バングラデシュの国内線および域内国際線の市場では、同国の民間航空業界が急速に拡大するに連れて、いよいよ競争が激しくなって来た。今や、バングラデシュではエアライン3社が運航して居り、更に2社が参入の準備をしている。

 

競争は、国内幹線および、いくつかのバングラデシュ最大級の国際路線でも激しくなっている。ある国際路線では、国有のビマン・バングラデシュ航空を含む地場のエアライン3社が飛んでおり、近い将来、12社が新規参入する見通しである。

 

このバングラデシュの民間航空分野の拡大は、ビマンが業績回復と成長を目指しているところから始まっている。現在のビマンの事業計画には国内市場にさらに力を入れる方針が含まれているが、おそらく、ビマンは国際線市場、とりわけ競合の無い、中長距離路線に集中した方が採算は良くなると思われる。

 

 

Bangladesh airline market competition becomes intense, with two new startups including an LCC

空港投家、二次的空港への投見捨てる=信用格付を惹き付ける大きな案件になびく

4-Jul-2014 9:00 AM

 

ほんの少し前まで、空港は、まるで新たな低コストエアラインが飛び立つのと同じくらいに、公的機関から民間のセクターが買い取ったり、2次、3次の取引で所有者が変わったりしていた。

 

しかし、今では、LCCの立ち上げと言ったらアジアに限られ、少なくともこの半年余りというもの、主要以外の範疇の空港の取引もすっかり影を潜めてしまっている。

 

今回の短いリポートでは、この売買活動が払底している理由や、どのタイプの取引が未だに人気があるのかを探り、このセクターをやめた投資家達にその理由を尋ねて見る。これは、間もなく発行されるCAPAリポート「賢い投資家のための空港投資ガイド」の予告編である。

 

Airport investors forsake secondary airport transactions for larger deals that attract credit rating 

アエロメヒコ、乗継旅客の大に焦点=787保有数のに伴って

29-Jun-2014 2:00 PM

 

アエロメヒコは、広胴機の保有機材を増強し、長距離路線での急速な拡大を追求している。2013年第3四半期に始まり、2015年の半ばには完成する予定の、767からより大きな787-8への移行で、アエロメヒコは長距離路線への供給を伸ばし、利益率を向上させる事が出来るだろう。

 

同社は、一年前には、広胴機は11機しか持って居なかったのに比べ、2010年代の終わりには78720機保有する事になり、新規目的地への路線開設や現行路線の増便などが可能になる。この787と、拡大する長距離路線網が、国内線そして隣の米国路線で激化する競争と供給過剰に直面している、メキシコでは唯一の広胴機を運航する会社であるアエロメヒコを差別化してくれる重要な武器なのである。

 

アエロメヒコは長距離路線を運営する一方、ラテンアメリカ内で拡充して来た路線網を梃子にして、同社のメキシコシティのハブでの乗継旅客を増やそうと計画している。同社はまた、商品の改善と、英国など、より高収益の発地市場にセールスの焦点を絞って、ここ数年で下落してしまった利益率の向上を目指している。

 

 

Aeromexico focuses on long-haul and transfer traffic growth as 787 fleet expands

ビマンバングラデシュ、的な保有材更新が完了近=しかし展望は問題を残す

3-Jul-2014 7:00 PM

 

ビマンバングラデシュ航空は、かなり老朽化していた材の更新画が最に来て、大きな改善をせている。しかし同社が業績成するためには、まだ多くの障害が残り、路線網略の調整が必要だろう。

 

ビマンは2014年第1四半期に7774機導入し、老朽化したDC-10の保有群を退役させることが出来た。このフラッグキャリアは、2015年に2の新しい737-800を受して、古いA310を退役させ、保有材の更新を完了させる画である。

 

ビマンは2015年にニューヨーク線の開設に充てるために、777をもう2機、リースする可能性を検討している。また、シドニー線も検討しているが、これにはフランクフルト線の休止などの路線網調整が必要となるだろう。ビマンはまた、商品の改善を梃子に利益率の向上と提携先を惹き付ける必要があるだろう。

 

Biman Bangladesh nears completion of dramatic fleet renewal, but its outlook remains challenging

 

 

アジアの航空貨物の展望:大手貨物エアライン各社で異なる実態=しかし総じて見通しは良くない

3-Jul-2014 5:48 PM

 

アジアの大手エアラインにとって航空貨物は極めて重要だが、地域によってそれぞれ異なる意味合いを持つ。北米市場は大韓航空にとって重要で、この地域のAFTK(有効貨物トンキロ)シェアはキャセイ太平洋の27%に比べ42%を占めている。シンガポール航空にとっては豪州-太平洋地域がより大きい。CAPAの新しい貨物スケジュール分析ツールを使って、PAYLOAD CAPACITY(最大積載量)で見ると、大韓航空では、中国と日本が最大の国であり、キャセイではインドとUAEが含まれる。

 

これら全ての性格の違う市場を総じて見ると、貨物は不振であるという共通点がある。新たな旅客便が、アジア太平洋で最も高く、それでも50%を超えるか超えないかの貨物便のLOAD FACTOR(搭載率)に戦を挑んで来る。

 

全て、ベリーにたっぷりと貨物スペースを持っている旅客便が増える事が、貨物専用機の業績改善を阻んでしまう。アジアの大手エアラインは現在28機の貨物専用機を(殆どが747である)地上に寝かせている。情勢はますます湿っぽく、アジア太平洋地域でのFTK5.2%の伸びは、中国とアジアの台頭する市場の需要が下降気味である事から、拡大スピードが緩み始める可能性がある。

 

 

 

Asian air cargo overview: different profiles for major freight airlines, but united in weak outlook

エアアジアジャパンII2012年以来日本で5番目のLCCに=より深い知準備を整えて

3-Jul-2014 12:57 PM

 

2015年、エアアジアは提携相手と市のニズに関して、より経験んで日本に再参入する。最初のエアアジアジャパンはとても良い学過程であったし、その半の所有者であったANAから学んだことから、今回の新たな合弁事業の提携相手として、日本のエアラインは避けるという認識に至っている。エアアジアジャパンIIは、2012年以来、日本に於ける第5番目LCCとなるが、半を所有せず、エアアジアの低コストの哲学がに入ったのだと思われる、4社の地元出者を持つ予定である。

 

出資社の一つである、オンライン旅行業界の巨人である楽天は、エアアジア・ジャパンとスカイマークの起業家達が、アジア第2の規模の市場でありながら、世界の趨勢から見ると、運賃が馬鹿げて高い日本で、ANAJALという確立された存在に対抗しようという興味深い筋書きを描いている。そこでは、2013年度に、ハイブリッドとLCCの浸透度は併せて凡そ19%だったが、真に低コストを基盤とする新しいLCCだけで見ると僅か13%のシェアしかない。まだまだ、大きな変革が起こる猶予がある。

 

エアアジア・ジャパンはおそらく、前回の成田と違って、(今のところ)まだLCCの競合他社が居ないし、発着制限時間の無い、名古屋に基地を置いて再参入する事になるだろう。エアアジア・ジャパンはまた、日本では完璧に近い定時制や顧客本位のウェッブサイトの大切さが、前回の挫折から痛いほど分かって居る。同社はまた、設立に関して、日本の航空行政を蝕む、公式、非公式に存在する奇妙な手続き慣行を意識して、比較的慎重な日程を計画して居る。エアアジアとANA(バニラエアを使って)は双方ともLCCに再挑戦をしようとしている訳だ。もし自由にやらせてもらえれば、新エアアジア・ジャパンはかなり将来有望だろう。

 

 

AirAsia Japan Mk II to be Japan’s fifth LCC since 2012. AirAsia enters better informed and prepared

エアラインの収益サイクル、上昇したものは必ず落ちねばならない。あり得る警鐘とは=ファーンボロが近づく中で

2-Jul-2014 6:00 PM

 

絶対数でも、前年末の保有機材数に対する比率にしても、またも過去最大の機材発注があった2013年を終え、業界では当然ながら、この事が供給の自己抑制にどう響くか懸念されて居る。

 

CAPAでは、過去に何度もこの懸念とそれに関連する事情を調べて来たが、問題は相変わらず、懸念され続けている。IATA20146月上旬、航空業界の財政状況の予測・最新版を発表したが、既に2014年も半ばを過ぎてしまった。ファーンボロ・エアショーを目前に控えて、今回のリポートでは世界のエアラインの収益サイクルと、供給サイクルの関連についての我々の分析をまとめ、アップデートする。

 

航空業界は歴史的な中間期限界収益点を、充分に上回って居り、依然として上り調子の段階にある。更に、現在の区間収益性は純粋に周期的なものではなく、構造的な局面を持っているという徴候もある。しかしながら、上昇したものは、必ず落下する。下がり調子に近づく、ごく初期の兆しはあるのだろうか?

 

 

The airline profit cycle: what goes up must come down. Possible warning signs as Farnborough nears

中国エアライン各社、深州から廈門便=高速道の通で

1-Jul-2014 3:44 PM

 

中国のエアライン各社は20131228日、200kmの高速(HSR)通し、深圳、州からこれまで11時間かかった道での移3時間50分に短された、南部の廈門への航空便を便して、市化に対応しようとしている。これまで、が断然有利だった旅が、今やに大したメリットがなくなったのだ。

 

くことではいが、深圳から廈門への航空便は、1/3削られ、週間53便から35便になっている。

 

広州から廈門への航空便は12%減って、週間91便から約80便になった。(運賃情報が無いけれど、鉄道との競争のために割引が行われている事だろう。)変化は現実の物である、しかし、全体像から見ると影響は小さい;即ち、20146月に中国の国内線は、週間凡そ31,000往復飛んでいるのだ。数ダースの便をこれから削減しても、それは誤差の範囲であって、より現実的には発着枠と空域が他の路線開設に使えるというものだ。

 

Airlines reduce flights from Shenzhen and Guangzhou to Xiamen after high-speed rail opens

 

 

インドのエアライン、2015年に再び大きな損失計上へ=しかし間もなく良いニュースも

1-Jul-2014 2:39 PM

 

歴史的な大統領選挙に続いて、市場を覆すエアラインの提携が生まれ、大きな新規参入社が現れ、純粋な変革への見通しとともに、インドでは過去の10年には例のない大きな出来事にあふれた2015年度になる事は間違いなさそうだ。

 

CAPAでは2014715日に2015331日までの一年をカバーする「インド航空業界展望」を発行する。この一年は、エアアジア・インディア、タタ-SIAの新規参入、及びエティハドが投資したジェットエアウエイズ、スターアライアンスに加盟したエアインディアという新しい姿、そして2014年後半にはインディゴのIPOが予想されるなど嘗てなく興味深い、そして波風に満ちた一年になる事は間違い無い。

 

世界で最も複雑で問題に溢れながら、台頭する市場の一つで、CAPAのインド展望はかけがえの無い参考書になると思われる。今回、この短い分析ではインドのエアラインが直面している大きな財政上の問題について見てみたい。

 

 

India's airlines are heading for another big loss in FY2015 - but good news may be around the corner

ハワイアン航空、依然として本土と島嶼路線に依存=長距離路線の弱点を相殺するために

29-Jun-2014 8:28 PM

 

ハワイアン航空は、2014年第2四半期に、供給をアジアから米国本土に戻し、多分長距離路線網の収支にいくらかの改善が見られ、単位収入に確実な向上があるだろうと期待している。長距離路線は過去数年、為替の変動に痛めつけられ、新路線はまだ定着しない中で、ずっと、同社にとって弱点になっていた。

 

同社は在、線網への投がゆっくりと現実のものになって行く中で、2014年は、去の急激な供めようと、中途半端な状っている。大の速度をめるのは良いのだが、自社の路線網の中の各地区に全てプラスの献をさせる事が出来るかという問題が大きく立ちはだかっている。

 

ハワイアンの北米、および島嶼間市場での業績が良い事は、同社の健全な収入構造を引き続き支えて呉れる筈だ。しかし、これらの定着した市場での拡大は大きくは望めないため、ハワイアンの長距離路線戦略が上手く行く事の重要性が強調されるところである。

 

 

Hawaiian continues to rely on mainland and inter-island strength to offset long-haul weakness

エアアスタナ、757A321neoに置きえる=新世代757797?)を期的な解策とている

27-Jun-2014 12:35 PM

 

カザフサタンのエアアスタナは、アジアと欧州への中ばしている、老朽化した757を更新する材としてA321neoんだ。同社は11の新世代A321neo2017年から受するとともに2016年にA320neo1する予定で、このエンジン装したエアバスの狭胴の最新のユとなる予定だ。

 

しかしエアアスターナは、757の後継機計画について、ボーイング社とも交渉している。同社は次の10年の半ばにA321neoの後継として、180210席の新型狭胴機の初期ユーザーになる事に興味を持っているのだ。

 

エアアスターナは保有機約30機を運航する、比較的小規模のエアラインであり、通常、飛行機メーカーの興味を引く存在では無い。しかし、同社の機材保有の決断は、世界が757後継機について、どの様に取り扱うべきかという例示をしてくれている。757の生産は既に2004年に終わっているが、相応しい後継機は現れていないために、エアアスターナの様に飛行時間68時間の需要の弱い路線を持つエアラインは未だにこの機材を使い続けているのだ。

 

 

Air Astana to replace 757s with A321neos, eyes new generation 757 (797?) as long-term solution

ジェットスタジャパン、重要な大阪、西基地を開設=日本の国内旅客数が8%伸びる中で

27-Jun-2014 1:40 PM

ジェットスター・ジャパンは漸く大阪関西空港に第2の基地を開設した。日本のLCCとして第2の基地を持つのは初めてである。2012年中頃にはすでに201210月に開設の方向で検討が行われていたが、内部の整備規程の工程を守っていないと指摘され、日本の監督官庁の、悪い面にぶち当たってしまった為に、基地開設を遅らせねばならなかった。同社はずっと関空発着の便を飛ばして来たが、より柔軟な運航を実現してくれる、整備の拠点を持てなかった。

 

ジェットスター・ジャパンは関西での供給を53%も増強しているが、現行の4地点への路線に増便しただけである。全4地点即ち、福岡、那覇、札幌そして成田には、関西を拠点とするピーチも関西から定期便を持っている。ピーチは成田以外の全地点で、ジェットスターに勝る存在感を示すだろう。ピーチはまた、関西から他の国内地点への路線を持っているし、国際線路線網もある、一方でジェットスターは国内線だけで、規模で言えば日本で第4番目のエアラインである。

 

関西基地はジェットスター・ジャパンが、LCCの主たる競争相手であるピーチから、相当の遅れをとっている、機材の稼働率を押し上げるために極めて重要である。

 

Jetstar Japan launches critical Osaka Kansai base as Japan posts 8% domestic traffic growth

海外事情

 

6 10 日から 21 日までの 2 週間のオンライン旅行流通に関係する海外主要記 事です。
この号では、「3. OTA エアビーとレートパリティー」に注目したいと思います。 Airbnb がホームシェアに加えてホテルまで販売するとなると、
泊とホテルが 一つのプラットフォーム上で横並びにリストされることになり、タイプの異な る施設同士の価格比較が難しくなって、レートパリティーの維持が困難になる と言っている・・・と理解しました。しかし「(Airbnb では)、ゲストが施設の 真のコストを判断できない不明瞭なプライシングの環境が存在する」とはイマ イチ良く理解できませんでした。Airbnb が最近導入したホストオンリーのコミ ッションモデルであれば、OTA のモデルと近似するのですから、そんなことに はならない、のではないでしょうか?
 

 

Airbnb が上場して・・・顧客獲得コストが上昇・・・ホテルの直販志向を強 くさせることになるが・・・一方でパリティー破りの悪役である格安販売のホテ ルオンリーの業者が増加するデメリットも存在する」とも言っています。しか し、ホテルにとっては、Airbnb のホテル販売開始によってチャネルがそれだけ 増えるので(OTA の中抜きのチャンスが生じるので)良いことである、と考え るのは間違っているのでしょうか?ホテルオンリーのパリティー破りは、 Airbnb とは関係のない別の次元の話では。「Airbnb のコミッションが、将来値 上げされる可能性もある」と言っていますが、EXPEBKNG との対抗上、こ の大手 OTA2社を上回ることにはならないのではないでしょうか。Airbnb の 多角化戦略は、「焦点が合っておらず・・・会社(Airbnb)は衰退する可能性が ある」とも言っていますが、ホームシェアからホテル販売を開始して、OTAHotelTonight を買収し、OYO に投資し、そしてタビナカの Experiences プロダ クトを開発して EXPEBKNG に競争を挑むのは、まさに Airbnb総合旅行 会社になるという大いなる経営ビジョンであると考えるべきだと思います。 この記事の著者(OTA Insight, Chief Commercial Officer)は、Airbnb に対して かなり否定的であるようです。中小の独立ホテルにとっては、そもそもパリティ ーに縛られたくない筈ですから、Airbnb がパリティー維持を困難にしてくれる というのであれば、これは歓迎すべきことではないのでしょうか。最後に「ホテ ルは、ますます複雑化する流通を制御することができない。ゲストが他では取得 できない並外れたエクスペリエンスを提供することに最善を尽くし続ける必要 がある」については全く同感です。 

 

恒例のメアリー・ミーカーの「インターネット・トレンド 2019」が発表されま した。「12. メアリー・ミーカー、インターネット・トレンド発表」
この 333 枚のスライドでは、日本の企業は Sumitomo MitsuiLINEMIXI の たったの3社が言及されているに過ぎません。中国は独立した章(11China) で 30 ページ以上が割かれています。日本のインターネットテクノロジーの弱さ が見て取れて、とっても悲しいことです。(編集人)