CAPA分析:NEW HEADLINES  5月ー2020年

CAPAアナリストによる アジア・太平洋の航空業界のトピックスは

今・そしてこれからの展望を紐解く大変興味深く、そして貴重なレポートです。

 

毎週幾つかのレポートをピックアップし、その序章をご紹介致します。  

5月24日掲載

 

欧州のエアライン供給、緩慢な上昇を開始

 

24-May-2020

 

CAPA保有機群データベースの客室座席仕様と組み合わせたOAGのスケジュールに拠れば、2020年5月18日の週、欧州の総供給席数は、対前年で84.6%落ちて居る。

 

これは、前週の86.5%下落に比べ、ほぼ2ポイント小さく、2020年3月以来、最小の下降率である。にも関わらず、概ねマイナス85%からマイナス90%の幅での減少は、7週連続となる。

 

欧州の供給減少は、もはや世界最大では無い。現在、このタイトルは対前年で88.7%下落したラテンアメリカのものとなった。供給席の減少率は中東では80.8%、アフリカでは80.5%、北米では78.7%そしてアジア太平洋で51.6%である。減少率は、アジア太平洋、欧州と北米の3大地区で縮小して居るが、その他の地区では拡大して居る。

 

登録済みのスケジュールに拠れば、欧州の航空は、供給の緩やかな再構築の始まりを示して居るのかも知れない。

 

然しながら、ライアンエア、IAG、ルフトハンザそしてエアフランス-KLMの計画は、2020年7月でも依然として、50%〜80%の供給減を意味して居る。これらの計画は各種規制の解除が基本となって居るのにである。

 

Europe's airline capacity begins slow climb

 

CAPAの視点:済州ーソウル/金浦が最繁忙路線

 

23-May-2020

 

済州ーソウル/金浦線は、供給席数で、常に世界で最も繁忙な路線であったが、COVID-19の時代にあってもそれを守った。

 

世界中のどの路線とも同じで、対前年の供給席数は落ちたが、2019年の同じ週に比べ15%低かったにも関わらず、トップの座へと戻る努力をして来た。

 

今週は、更に、266,000席の増加があり、2019年のそれより僅か8%低くなる。この路線は1〜2週間のうちに、2019年の水準に返り咲く事になりそうである。

 

CAPA Insights: Jeju-Seoul Gimpo tops busiest route list

Premium Analysis 

 

COVID-19:タイ空港公社、2020年第1四半期に痛打を浴びる

 

23-May-2020

 

IPOの手法で部分的に民営化されて居る、タイ空港公社(AOT)は、現在のパンデミックで発生した運航取り消しの所為で、2020年第1四半期に収入と利益の厳しい減少を発表した一連の空港運用グループの最後の部類となった。

 

AOTはバンコクの2つ、2019年以来、国有の4つの空港の運営と経営など、6空港の運営を担って居る。AOTの決算に表れたマイナスの数字の規模は、特に2020年3月中の運航取り消しが同グループに与えた影響の大きさを示して居る。

 

タイは、年間12兆*THB(約37兆円)の国のGDPの10%から20%を占める観光に、強く依存して居り、AOTは、可及的速やかな観光ビジネスのキックスタートを助ける事を期待されて居るだろう。

 

*THB1=JYE3.37

COVID19: Airports of Thailand takes a battering in 1Q2020

Premium Analysis   

インド政府、AAI空港民営化に更に6カ所を加える

 

23-May-2020

 

インドの空港民営化のスケジュールは、控えめに言っても、始動停止を繰り返す段階である:2006年に多くの主要空港が民営化され、次いで2015年まで長い待機、そして、2018年に幾つかの取引が完結する前に、より多くを民営化しようと言う試みが不成功に終わって居る。

 

インドの民間航空担当国務大臣ハーディープ・シン・プーリは、2020年5月16日、政府が「ごく近い将来」、ティルチラッパリ空港、ブバネスワル・ビジュ・パトナイク空港、アムリトサル・スリ・グル・ラム・ダース・ジー空港、ライプール・スワミ・ヴィヴェカナンダ空港。インドーレ・デヴィ・アヒルヤバイ・ホルカール空港、そしてヴァナサイ空港の民営化のための入札過程を開始する計画だと発表した。

 

これらの空港の幾つか、例えばアムリトサルは、以前、数年前に民営化の一群に放り込まれて居たのだが、政情が不安定な時期に引き戻された。

 

今度は、地球全体の危機の最中に作業が再開されたのだ。

Indian government adds six more AAI airport privatisations

 

中国、米国、国内線復活をリード。欧州では、LCC各社

 

22-May-2020

 

中国のエアラインは、国内市場が再開し始めるのに合わせ、提供される国内線の供給席数に大きな増加を見せ始めて居る。中国南方と中国東方は、今やそれぞれ、週間150万席以上を提供し、人々がまた旅行を考え、思い切って外へ出かけようと思い始めるのに合わせ、他の中国のエアラインもまた供給を増やしつつある。

 

米国最大の運航会社であるサウスウエスト航空も、週間150万を超える供給席を持って居るが、COVID-19以前の時代の水準を取り戻すまでには、しなければならない事が沢山ある。

 

国際的に、現在、欧州の幾つかのポケットが開き始める兆候があり、ライアンエアは、まだ100万席を超えないけれど、国際線供給席数で最大のエアラインとして戻って来ており、これに続くのはウイズエアである。

 

各種ランキングは、以下にこのレポートが説明する様に、CAPAメンバーのために分かり易く描かれて居る。

 

China, US lead domestic airline regrowth. In Europe, it's LCCs

 

 

インディゴ・パートナーズMD、ビル・フランク、とCOVID-19:LCCは最良の立場

 

22-May-2020

 

業界のベテランである、インディゴ・パートナーズ常務取締役のウイリアム(ビル)・フランクは、COVID-19パンデミックの突然の襲撃から立ち直ろうとする中で、エアラインが直面して居る2つの最も緊急の課題は、彼らがキャッシュフローの損益分岐点を達成できる事を、そして旅客が旅するのを安全と感ずるのを確かなものにする事だと考えて居る。

 

CAPAの第4回オンライン・マスターズクラスの中で、フランク氏は空港とエアラインは、ワクチンが出来るまで一連の手段を講じて、旅客が旅をすることは安全なのだと納得させる必要があり、そして今日の段階では、概して欠けて居る、より協調した努力が必要だと述べて居る。

 

エアラインがCOVID-19後の現実に適応しようと努める中で、明らかに市場現場に幾らかの変化があるだろうが、フランク氏は超LCCモデルの回復力について強気な姿勢を崩さない。インディゴは最終的にバージン・オーストラリアを追いかける事に成功するのか否かはまだ判然としないが、フランク氏は豪州市場は興味深く、そして2つのエアラインが必要だと考えて居る。

 

多くの場合、エアラインは彼らの発注リストを再検討して居り、それは航空機の値段にのしかかる圧力を生み出すだろう。

 

インディゴは、エアバスに対して大規模な発注リストを持って居り、これからは、可なり居心地が良い状況だと感じて居り、フランク氏は、航空機メーカーとリース会社は、誰にも効果のある解決策を摸索中であると語った。然し、短期的には、航空機の値段には必然的にある種の圧力がかかるだろう。

 

CAPAの次のマスタークラスは、IATAのCEOアレクサンドル・ドゥ・ジュニアック、そして世界旅行ツーリズム協議会の会長グロリア・ゲバラを招き、航空と観光の回復が相互にかかわる部分を検証する。

 

会議は2020年6月3日(水)のロンドン時間午後4時、ニューヨーク午前11時、そしてシンガポール時間午後11時に開催される。

 

 

 

Indigo Partners MD, Bill Franke, and COVID 19: LCCs best placed

 

国内線航空市場。「良さ」、「悪さ」そして「醜さ」

 

22-May-2020

 

COVID-19危機は、航空と旅行市場を混沌の淵に投げ込んだ。エアラインの供給には急激な減少が記録され、全ての目が市場の回復の兆しが見えるのを注視して居る。

 

概して、認められるのは国際線の運営は、工程の標準化が可能な国内線市場に比べ、より複雑で限られて居る事だ。国際的には、機内と空港での標準と言うもののコンセンサスは達成までに時間がかかる。

 

然し、大きな国内線航空市場を持つ国々にとって、最初の「芽生え」が期待されて居る。

 

COVID-19蔓延を制御した者が、最初に回復するだろう。その他の人々は、その成り行きを、そして航空旅行の再開とともに、新たな感染の波がついてくるのか否かを注視する事になるだろう。

 

良さ、悪さ、そして醜さの区分けは、基本的にはリスクの範囲だ。コロナウイルス感染の傾向が下降状態で、或は既に可なり低い中で、「良い」市場はよりリスクが低く、慎重に再開をしようとする様に見えるだろう。

 

ここで使われて居るグラフはジョンズホプキンス大学コロナウイルスリソースセンターのデータである。

 

https://coronavirus.jhu.edu/.

 

Domestic aviation markets. The ‘good’, the ‘bad’ and the ‘ugly’

 

 

COVID-19:ブラジルのアズール=多機種戦略に有利さ

 

19-May-2020

 

ブラジルのアズールは、COVID-19パンデミックが巻き起こした危機を、同社が漕ぎ渡るに当たっては、多機種の保有機群を使う事が、有利さを生み出すと考えて居る。

 

ブラジルの政府は、COVID-19パンデミックの間中、エアライン各社は枢要な航空便の運航を維持することを義務付けて居る。アズールは、この国のゆっくりとした回復を始めた需要に供給を適応させるため、9席のセスナ・キャラバンから214席のA320neo系列ジェット機に至るまでの機材を保有して居る。アズールの現在の考えは、2020年12月当初のスケジュールの40%を運航するのが良いと言うものである。

 

アズールは常に、ブラジル市場でのハイブリッドモデルとして、比較的低いコストで運航して来たのだが、伝統的な地点間運航戦略を採った事が無く、この国のハブ構造での運航をして来た。

 

多種の保有機群と乗り継ぎを最適化する路線網を持つことが、概ね同社の12年間の事業展開の主流であり、この困難な事業環境の中でも、同社のスケジュールを最適化するのに、それらの要素が依然として上手く働いて居る。

 

COVID 19: Brazil’s Azul - advantages in multi fleet strategy 

 

 

ウイズエア、1年間で回復、対してエアライン業界は2~3年;ヴァラディ

 

19-May-2020

 

2020年5月6日のCAPAのオンライン・マスタークラスに於いて、ウイズエアのCEOで創始者であるジョセフ・ヴァラディは、強気な見通しを示した。欧州中の複数のバラバラの旅行規制にも関わらず、殆どの人々は「旅行の機会に心躍らせ」、そして彼は「通常の資本主義」が戻ることを期待して居る。

 

ウイズエアの強いキャッシュ状況(より多くのエアラインが「書類上の利益の為でなく、キャッシュの為」に経営されるべきである)は、長引く危機を切り抜ける筈だ。

 

同社は、1年以内に保有機群を、現在の121機から145機に拡大する計画である。ヴァラディ氏は、同社がその低コストモデルで需要を刺激し、他の、より脆弱なエアラインの撤退で恩恵を得ると言う好機を見出して居る。成長はウイズエアの中/東欧の核で継続するが、また西欧と更に遠く東の市場も含んで居る。

 

政府の財政援助は「非効率な部分を保護する」、そしてヴァラディ氏はウイズエアは、他のエアライン業界全体が2~3年掛るのに対し、ほぼ1年間で回復すると予言して居る。

 

CAPAの次回のマスタークラスはインディゴ・パートナーズの常務取締役ビル・フランク氏を招く。

 

会議は2020年5月19日(火)のニューヨーク午前11時半、ロンドン時間午後4時半、そしてフランクフルト時間午後5時半に開催される。

Wizz Air to recover in one year, vs 2-3 for airline industry - Varadi

 

COVID-19:米国の低コストエアライン、フルサービスエアラインより優位

 

18-May-2020

 

米国の低コスト及び超低コスト運航会社は、需要の回復について、COVID-19が短/中期に亘り引き続き業界を再形成し続ける環境下では、彼らの単純化された保有機群や、より簡略化された路線構造が有利に働くと考え、より大規模なグローバルエアライン各社より前向きの見通しを持って居る。

 

ジェットブルー、スピリット、そしてフロンティアなどのエアラインは、レジャー、VFR(友人、親戚訪問)そしてコストに敏感な消費者などの彼らの標的とする旅客基盤は、企業顧客より早く立ち上がるだろうと考えて居り、これは回復が本格的に始まった時には彼らの強味になると考える要素である。

 

これらのエアラインは、ある程度、楽観を示して居るのだけれど、彼らの殆どは、全般的な需要は底を打ったというコンセンサスに関わらず、回復への長い道のりについては現実的である。

COVID 19: US low cost airlines - advantages over full service carriers

 

COVID-19。アビアンカ、チャプター11から無事立ち直れるか?

 

18-May-2020

 

アビアンカ・ホールディングズのチャプター11倒産保護を求める決断については、驚くには足らなかった。負債のリストラでは、昨年来、ある程度の進展を見せたにも関わらず、アビアンカは、多くのエアラインより弱い立場で、COVID-19が齎らした危機に突入した。政府の支援も少ししか無く、負債返済期限が来て、倒産は同社にとって危機を凌ぐための、唯一の選択肢だった。

 

危機の前には、アビアンカは、ボゴタを乗継地点として強化することに焦点を絞り、その空港から国際線運航を拡大して、事業全体をオーバーホールしつつあった。然し、国境が封鎖されたままであり、国際線への需要が何年にも亘って回復する見通しが立たない事から、明らかにその戦略は、当面の間、棚上げとされるだろう。

 

この時点で、コロンビア最大のエアラインであるアビアンカは、最終的に倒産から無事に立ち直るかどうか、確証は全く無い。

 

もしこの最古のエアラインブランドの一つが、存在しなくなるとしたら、エアライン各社はCOVID-19後の環境の中で、自社の最善の規模を策定する作業の真っ只中である事から、アビアンカの残した穴を埋めるために進んで踏み込もうとする運航会社が存在する可能性は低い。

 

COVID 19. Will Avianca successfully emerge from Chapter 11?

 

COVID-19:CAPA、様々な空港衛生防御対策をリストアップ

 

18-May-2020

 

航空旅行の将来に関する議論の殆どが、ソーシャルディスタンシングの具体化、衛生管理そして結果としての運営の経済的側面など、機内の飛行体験に集中して居る。

 

然し旅客にとっては、出発地から目的地までの旅行全体が、その最弱の部分が安全かどうかで決まる。旅の一つの主要な構成要素は、出発時と到着時に少なくとも2つの空港を通り過ぎる事だ。そして理想的にはこの体験が標準的で、そして安全であるべきである。

 

セキュリティと環境保護問題に対応するために行って来たのと同じ様に、新たな業界の一分野が形作られつつあるのは明らかである。空港は、旅客が取り扱われる方法に、かなりの変更を行わねばならなくなるだろう。その明白な要素の一つは、行列を作るのを避ける事である。

 

大規模で、そして費用のかかる、そして、誰かが(どんな形にせよ、旅客が)それを支払わねばならなくなるだろう。

COVID-19: CAPA lists airports' varied sanitary protection measures

 

エアライン国内線路線ランキング、アジア太平洋の回復を示す

 

17-May-2020

 

国内線路線の世界ランキングは、少なくとも現時点では、アジア太平洋の各市場が、他の地区の市場に比べ、概してCOVID-19危機を良く凌いで居る事を示して居る。

 

パンデミックの初期段階に、厳しい影響を受けて、アジアの各市場は、より早く底を打ち、そして当然エアライン業界の回復の先導者となれると見られて居る。

 

近年、アジア太平洋の都市組合せは、最繁忙国内路線のリストの中で大多数を占めて来たが、パンデミックは彼らの支配的立場を更に強めて居る。特筆すべきは、CAPAとOAGのスケジュールデータによれば、供給席数で計った場合、現在の国内路線トップ100のうち、アジア太平洋地区以外は僅か4つである。

 

この動向は、部分的にはアジアの幾つかの主要国内線市場は、他の地区ほど減少して居ないと言う事実の所為である。そしてこの地区で、より厳しい打撃を被った、中国や韓国と言った市場が、今や回復しつつある。

 

各国が、このランキングに影響する国内線便を、異なったタイミングで復活させるにつれて、中期的には全体像はまだ流動的なままである。

 

また、供給席数は足し戻されたと言うだけで、それが満席になったことを意味しないこと、そして搭乗率と需要は未だに弱いことに留意するのも重要である。多くの場合、エアラインは、欠かせない貨物の流れを守るために、僅かな或はゼロの旅客需要でも路線を飛んで居るのである。

 

Airline domestic route rankings highlight Asia-Pacific recover

 

 

COVID-19:嵐を凌ぐのにジェットブルー航空の優位

 

16-May-2020

 

ジェットブルー航空も、他の米国のエアライン同様、COVID-19パンデミックが引き金になって地に落ちた需要は、底を打ったという慎重な楽観主義を表明して居る。然しながら、同社はまた回復の時期や形については分からないと警告を発して居る。

 

一方で、ジェットブルーは世界中のエアラインが採用して居る、危機を生き残るための世界共通の戦略、即ちパンデミックに起因する不確実性が続くのに耐えるよう、大規模に供給を削り、保有機群はほんの一部だけを使い、流動性の強化に務める事、を使って居る。

 

然しジェットブルーは、よりレジャー顧客へと切替て来た事から、有利な状況で危機から抜け出すことが出来ると考えて居る。にも拘らず、どのエアラインもビジネス需要は、回復のスタートがレジャー分野より遅れると見られるという理由で、全てのエアラインに、運賃設定で牽引力が出せるかという課題を生み出す、その客体を惹き寄せようとするだろう。

 

COVID 19: JetBlue Airways' advantages for weathering the storm

 

5月18日掲載

 

ウイズエアCEOジョゼフ・ヴァラディ;CAPAマスタークラス、2020年5月6日

 

14-May-2020

 

2020年5月6日、ウイズエアのジョゼフ・ヴァラディがCAPAマスタークラスに登場した。

 

2020年5月6日のヴァラディ氏のCAPAマスタークラス、そしてスカイスキャナー営業担当副社長ヒュー・エイトケンの講演で、3,000を超える登録視聴者から、150以上の質問が寄せられた。

 

残念ながら、時間の制限からマスタークラスの開催中にオンラインで答えられた質問は、ほんの数件だった。

 

我々は、答え切れなかった質問には、マスタークラスにオンラインで参加した業界のプロたちの念頭にある、重要な問題について幅広い見解を示すと同時に、豊富な情報が含まれて居ると感じて居る。これらは、今後何年もの間、エアライン各社が直面するだろう、重要な問題を良く代弁して居る。

 

以下に、それらの質問の多くを挙げてみた。幾つかは簡単に編集し、類似の論点を含むものは纏めてあるが、同時に、特定の話題にとっての共通の見方を示すものとして大切である事から、ほぼ重複するものも入れてある。また、CAPAに向けての1~2の質問についての短い回答も入れてある(太字の部分)。

 

CAPAの次回のマスタークラスは、エアアジア創業者トニー・フェルナンデスを招き、2020年5月20日に開催予定である。間もなく更なる情報をお届けする。

Wizzair CEO Jozsef Varadi; CAPA Masterclass 6-May-2020

 

CAPA:豪州国内線供給は、2020年末までに60%の回復

 

14-May-2020

 

政府の声明の分析、エアラインの予測そして現下の需要動向を組み合せたものに基づく、CAPAのエアライン供給モデルは、2020年の残りの期間を通して、豪州の国内線航空が、緩慢で、複数局面に分かれた回復をすると予測して居る。7月上旬までに昨年の物量の37%に達するとして、スコット・モリソン首相は、コロナウイルス規制を緩和する、連邦政府の3段階計画のもとで国内旅行を回復する事を予告して居る。

 

航空、旅行業界の市場情報の源泉として世界で最も信頼される、CAPA-航空センターは、航空と旅行業界の将来の航空供給計画への、堅固できめ細かい指針を提供するために開発された、「エアライン供給モデル」の始動を謹んでお知らせする。

 

CAPA: 60% recovery in domestic Australia capacity by end-2020

Premium Analysis  

COVID-19:スピリット航空、地平線に光明が見える

 

14-May-2020

 

米国の超LCC、スピリット航空は、2020年5月末には米国の夏シーズンが始まろうとして居る中で、本来のスケジュールの、ほんの僅かな部分で運航を続けて居るが、同社は予約と価格設定に関し、慎重な楽観主義を表明して居る。

 

然しながら、わずか数週間の内にCOVID-19パンデミックが、需要を基本的には一掃してしまったが、これらの指標に、かすかな上昇の動きが、非常に低い足許から離れようとして居る。

 

スピリットは、世界の他のエアライン同様に、同社にとっての危機の直後の理想的な規模を決定しようと試みて居る。それら評価を進める中で、同社はエアバスと航空機納入の延期について協議するエアラインの一つであり、スピリットは2020年と2021年に予定されて居る何機かの納入を遅らせる事を予測して居る。

 

COVID 19: Spirit Airlines sees light on the horizon

Premium Analysis   

2020年第1四半期フラポ-トの収入、マイナスへと減少=見通しは不確実

 

14-May-2020

 

フラポートは、2020年第1四半期の決算を発表した。フラポート・グループはドイツ(フランクフルト空港)、そしてその他の欧州、ロシア、アフリカ、アジア、北米、そしてラテンアメリカでの空港と施設の運用をして居る。

 

2020年第1四半期にはこの事業運用者は、ウイルスパンデミックにり深刻な影響を受けて居る。2001年の同グループのIPO以来、初めて純利益(グループの業績)がマイナスの領域に入った。

 

他社と同様に、同グループも前月(2020年3月)には事業に大きな下落を経験したが、四半期全体を台無しにする程ではなかった。フラポートに依れば、収入は「大きく」下降したが、収入の数値はもっと悪い可能性があった。2020年3月の最後の2週間、即ち決算期の終わりに、航空便のスケジュールの大量キャンセルが、フランクフルトとその他グループの主要空港、例えばギリシャの空港で始まった。

 

フラポートのCEOステファン・シュルテ博士によれば、フラポートは「この危機を通じて、我らが企業を、安全に操縦して行くに充分なコスト削減のための段階的対応がとられて居るかどうかを、継続的に検証して居る。」

 

次の四半期は、さらなる悪化が予想される。

 

Fraport’s revenue declines into negative in 1Q2020 – outlook uncertain

 

欧州のエアライン供給席数、底辺で乱高下;都市封鎖が緩和され

 

13-May-2020

 

CAPA保有機群データベースの客室座席仕様と組み合わせた、OAGスケジュールに拠れば、2020年5月11日の週、欧州の総供給席数は、対前年で86.5%落ちた。

 

これは極めて僅かながら、前週の87.1%下落より改善して居るのだが、2020年4月20日の週のマイナス90.4%で底を打ってから3週連続でマイナス87%に近似した週となった。

 

欧州の供給削減は世界の各地域の中でも最も大きい。ラテンアメリカの供給席数は86.4%の下落、欧州より僅かに良かった。中東と北米では79.8%の減少、アフリカでは78.1%そしてアジア太平洋では55.6%である。

 

欧州のエアライン供給は、引き続き底辺で乱高下して居る。更には欧州の登録済みエアラインスケジュールで予想されて居る、U字型の供給回復が、依然としてその幅を広げて居る。

 

より前向きな事に、Uの字の幅の拡大は緩慢になり始めて居り、そして欧州の大部分での都市封鎖の規制は、徐々に慎重な進み具合で緩み始めて居る。これは欧州の航空への需要が戻るためには前向きで、必要な展開である。

 

然し、規制の緩和は一直線に進む事はなさそうである。行く手には、かなりの不確実性が横たわって居る。

 

Europe's airline capacity bumps along the bottom; lockdowns ease

Premium Analysis   

COVID-19:フロンティア航空、殆どのエアラインより強気の見通し

 

13-May-2020

 

米国の超LCCであるフロンティア航空は、COVID-19パンデミックを生き残ろうと模索して居る殆どの他のエアラインに比べ、より明るい見通しを持って居る。同社は、2020年7月には、保有機群の全てを稼働させ、路線網の殆どが復旧すると考えて居る。

 

これはフロンティアの競合各社が表明して居る見通しとは随分違ったものだ。多くの一致する所は、需要がパンデミック前の水準に達するには少なくとも2~3年かかり、このため、殆どのエアラインは、パンデミック後の世界に、自社をどの様な規模とすべきか決断しようと躍起になる結果を招いて居る。

 

勿論、フロンティアは、航空機を地上待機とし、保有機の退役を加速させて居る、地球規模の運航会社に比べれば、ずっと小さなエアラインである。然し、ひとたび危機が去った後、エアラインは、より小さくなった旅客の集団を取り合って激しく争う事になり、市場には旅行へと誘う低運賃があふれる結果になる可能性がある。

 

これが、予測できる将来に亘って、フロンティアや全てのエアラインにとっては、収入への圧力を創出し続ける事になるだろう。

 

COVID 19: Frontier Airlines has a more bullish view than most

 

広島空港民営化、遅延するも、ほんの3ヶ月

 

13-May-2020

 

世界中で空港民営化への作業行程や取引が中断する中で、次の広島空港の例では、ほんの数カ月遅れるだけで、日本での時間の尺度は、とても僅かな調整がなされて居る。

 

日本の国交省(MLIT)は、旅行に対するコロナウイルスの影響のため、広島国際空港の民営化スケジュールを3カ月遅らせる計画をして居る。

 

同空港は、現在、2021年4月では無く、2021年7月に民営化空港としての事業を開始するスケジュールとなって居る。

 

日本は、空港民営化の考えが、他の同様な経済規模の国々で進んでいた程、進んで居なかった国である。政府の赤字が大きな理由の一つだったが、その点では、観光の強化とLCCの成長が考え方を変えさせる大きな牽引役となった。民営化は「良い事」であるという概念は、今や、政党間で広く合意され、共通の論拠と共通の目的がある:観光の振興である。

 

日本の空港民営化は、ゆっくりとしたスタートを切り、そして当局は断固として居り、今や何が起ころうとも、その時間の尺度を死守するだろう。

 

Hiroshima Airport privatisation delayed, but only by 3 months

 

COVID-19。コパ航空:自らの理想的な規模を決定しようと試みる

 

12-May-2020

 

パナマのコパホールディングズは、COVID-19パンデミックが齎した危機に、他のラテンアメリカの幾つかの競合他社に比べて、より良い状態で突入したのだが、未だに同社は困難な時期に直面して居る。そして、結果として、コパは、他の世界のエアライン同様に、充分な流動性を構築しようと試み、同時にパンデミック後の世界での、自社の将来の規模を熟考して居る。

 

他のエアライン同様に、コパはより小さな会社として、危機から立ち上がる事が可能だろうし、同社はその保有機群を、ボーイング737-800と737MAXの2機種に削ることの評価を計画し、既にその方向へ踏み出して居る。

 

短期的には、コパは、2020年6月1日に、この時期に本来目論んで居た供給のほんの一部を使って、運航を再開する事を計画して居る。同社は2020年の残りの期間を通して、緩やかに再構築を図るつもりだが、その運航は、引き続き対前年では大きく減少するだろう。

 

COVID-19. Copa Airlines: attempting to determine its optimal size

Premium Analysis   

COVID-19:メキシコの空港、未だそれほど影響を受けず

 

12-May-2020

 

メキシコで株式上場する3つの空港グループの内2つは、2020年第1四半期の順調な決算を報告して(即ち国際線は余り劇的な下落を見せず、国内線需要は増加したと言うもの)、その他の空港と比べ、現在のCOVID-19の状況に、まだ、それほど酷く影響を受けて居ない様に見える。

 

OMA(中央北部空港グループ)は、ほんの2.3%と言う小規模な収入の下降を報告し、そして純利益は28%も上昇した。GAP(太平洋空港グループ)は、この期間の収入が実際に35%も上昇し、純利益は29%増えた。

 

然しながら、より多く外国の資産に晒されて居る、第3のグループ、ASURの輸送量実績は、警告を発して居る。この記事の時点で、ASURは2020年第1四半期の自社の決算をまだ発表して居ないが、2020年第1四半期に、パンデミックの影響から、メキシコで旅客数が95.7%、プエルトリコで94.5%、そしてコロンビアで99.9%それぞれ減少して居る。

 

外国の空港「資産」に晒されて居る事は、予測できない結果となる可能性がある。

 

COVID-19: Mexican airports not so badly affected – yet

Premium Analysis   

COVID-19:ブラジルのGOL、737MAXについては依然強気

 

12-May-2020

 

ブラジル最大の国内線エアラインであるGOLは、供給を削り、流動性を積み上げるなど、COVID-19危機を凌ぐための、全ての必要な段階を踏んで居る。同社は、また、自社の保有機群の再評価をして居り、需要が危機以前の水準に戻るのに、最終的にどの位の時間がかかるかが見えない事から、多くの自社のボーイング737MAX納入のキャンセルを決断して居る。

 

GOLは、またボーイングからMAXの地上待機に対する補償を受領して居り、これが同社の流動性の強さを助けて居る。そして、MAXの発注リストを縮小する事を決断してもなお、GOLは、危機が去った後にはMAXへの保有機群の移行の好機がある筈だと考えて居る。

 

COVID 19: Brazil’s GOL remains bullish on the 737 MAX

Premium Analysis   

ノルウエーエア、英国航空そしてヴァージンのガトウイック撤退、英国の長距離航空業界を凹ます

 

12-May-2020

 

ロンドン/ガトウイック空港は、COVID-19後にノルウエーエア、英国航空、そしてヴァージン・アトランティックと言う主要な長距離エアライン全3社を失うかも知れないリスクに直面して居る(2019年夏季スケジュールで、3社併せて長距離供給席の2/3を占める)。

 

ノルウエーエアは、2021年第2四半期に計画して居る、より少ない座席数(特に長距離)での再開まで、全保有機群を地上待機させて居る。英国航空は、より大規模なロンドン/ヒースロー運用に統合するため、ガトウイック基地の閉鎖を考慮中と報じられて居る。ヴァージン・アトランティックは、36年の歴史を持つガトウイック基地を閉鎖しヒースローに集中する事を発表して居る。

 

2019年の夏季スケジュールで、ガトウイックは英国の長距離供給席の15%を占め、英国の長距離路線のほぼ1/4を担って居る。同空港は英国=北米間供給席数の1/6を持ち、英国=ラテンアメリカ間の座席のほぼ半数を担って居る。同空港はまた、限られた供給量ではあるが、アジア太平洋とサハラ以南のアフリカにも便を持って居る。

 

エアライン3社がガトウイックから居なくなる事は、同空港の長距離路線網にとって深刻な影響を及ぼすだけではない。それはまた、ヒースローに代替する、英国の長距離空港に大きな穴が残る事になる。

 

Norwegian, BA & Virgin's Gatwick exit would dent UK long haul aviation

Premium Analysis   

イタリア:欧州で航空座席供給第1位=短期間の。アリタリアへの財政援助が迫る

 

12-May-2020

 

イタリアは欧州の他の大きな市場より前に、コロナウイルスで打撃を受け、エアラインの定期便カットに悩まされて居る。この国はまた、供給が再起し始めた最初の市場である。週間供給席数は、過去3週間でほぼ3倍増して居る(それでも、2020年5月4日の週は、未だに対前年で77.5%下落して居る)。これがイタリアを欧州第1位とした原因である。

 

イタリアのエアラインは、大きく縮小したイタリア市場で、存在感を減じつつあって、危機は、それを完全に一掃してしまう可能性さえあった。イタリアは、アリタリアを再国有化してこれに立ち向かう事を計画して居た。

 

より重要な疑問は、公共の資金を節約し、復旧の中で市場が需要に適応するに任せる事がより良いことかというものだ。イタリアの年間供給席数は、2019年までの5年間、31%伸び、西欧の5大市場の中では、唯一スペインに劣るのだが、この伸びは外国社(主としてLCC)が牽引したものだ。

 

イタリアは供給席数で、歴史的に英国(最大)、ドイツ、スペイン、そしてフランスに次いで、欧州の第5の航空市場である。ひとたび復旧が進むと、イタリアはその第1位である時間が、ほんの一時的な事に過ぎなかったとしても、欧州の主要市場の内に残りそうだ。

 

Italy: Europe's #1 by airline seats - briefly. Alitalia bailout looms

5月11日掲載

 

ヒースロー空港:2020年第1四半期収入13%下落、収容能力減少

 

09-May-2020

 

殆どの空港にとって、輝かしく始まったものの、大惨事に終わった四半期である、2020年第1四半期の空港決算報告は分厚く、迅速になりつつある。

 

最も新しいものの一つに、嘗てはロンドンと英国全域に7つの空港を持って居たが、今や、未だに欧州随一の繁忙空港ではある、ロンドン/ヒースロー空港だけの運営に縮小した、ヒースロー空港ホールディングズがある。多くの英国域内空港は閉鎖するしかなかったのに対し、ヒースローは、英国経済がきれぎれながら継続するのを守るため、開港して居なくてはならない。

 

航空便は、早ければ今月にも再スケジュールされようとして居るが、空港の第3滑走路が、殆ど帳消しにされて居り、空港は、滑走路がたった一本に減り、幾つかのターミナルと、毎日たった数千人の旅客だけになり、新たに環境保護運動のロビー活動の攻撃に晒されそうである。

 

Heathrow Airport: 1Q2020 revenue down 13%, capacity reduced

 

Premium Analysis  

 

スウェダヴィアの2020年第1四半期決算報告:ホテル売却で窮地を脱する

 

09-May-2020

 

スウェーデンの主要空港運営会社である、スウェダヴィアは、どの運営会社とも同じ様に、「東方からの獣」(beast from the east)コロナウイルスにやられる前から、既に2020年の厳しい問題に直面しようとして居た。その問題は、地元を本拠とする世界的な環境保護運動の形でやって来た。

 

それを目のあたりにして、同社の2020年第1四半期の決算報告は、そう悪いものではない様に見えるが、それは最終損益を支えた、ホテルの売却で緩和されたものだ。

 

全ての他の運用会社の状況がそうである様に、スウェダヴィアは、それがどんな形で現れようと「新たなる標準」と折り合いを付けようとして居るのだが、経済の可能な限り早いキックスタートを何とか手助けしようと決心して居る。

 

Swedavia's 1Q2020 financial report: hotel sale saves the day

Premium Analysis  

 

COVID-19:サウスウエスト航空:危機管理を加味する

 

09-May-2020

 

サウスウエスト航空は、COVID-19パンデミック期間の供給管理に、少し異なった手法を採ろうとして居る。向こう数週間の同社の供給削減は、供給をそのスケジュールに足し戻すより、全体から差し引く方が容易であると言う、同社の結論から導かれた決断があり、競合他社ほどの深い度合のものでは無い。

 

同エアラインは、危機の期間を通して、そしてこの時点でも、可能な限り多くの旅程を維持しようと努めて居り、それらの旅程の大半は、手つかずのままである。然し、サウスウエストは需要の弱さがこのまま続けば、もっと供給を引きはがすつもりだと強調して居る。

 

サウスウエストは、また、他社同様に、向こう数週間、数カ月の間、旅客がソーシャル・ディスタンシングを実行できるよう、便毎の予約を制限するなど、旅客が居心地良く旅する事を確保するよう努めても居る。

 

然し、ある時点で、エアラインはソーシャル・ディスタンシングと航空旅行の入手し易さの釣り合いを取る必要があるだろう。

 

COVID-19: Southwest Airlines: nuanced crisis management

 

ベルリン/ブランデンブルク空港ターミナル、開業に免許取得=遂に

 

08-May-2020

 

最後に発表したベルリン/ブランデンブルク空港についてのCAPAのレポート(2019年12月)では、遂に2020年10月に開港する事になったと言明し、そして質問した:「これから何が問題になるのだろう?」 さて今や、私たちには分かった。

 

ブランデンブルクの資金調達と建設の物語と、そして電気の配線と消火管理システムで、巨大な問題にぶち当たったことは、長い話で、CAPAによって何度も記録に残されて居る。2019年12月には、新たな空港が、直面した技術的な問題の為に、もしかしたら、解体され、建て直しにさえなりかねないと報じられて居る。

 

ターミナル1は、既に2020年10月31日に、空港の立ち上げとともに、旅客取り扱いの運用を承認されて居る。*FBBは今や、同ターミナルでの、運用体制と空港移行(ORAT)の準備を開始可能である。同時に、小売コンセッションの最終的な内装刷新は、向こう数ヶ月で行われる。

 

開港の日付けは、かつて何千もの瑕疵の有ったターミナルビルが、旅客運用の取扱に合格したとのニュースとともに「再確認された」のだが、新たな課題は、エアライン各社に元に戻って、一度やめた事を再開する様、説得する事だろう。

*FBB:Flughafen Berlin Brandenburg GmbH (ベルリン・ブランデンブルク空港有限会社)

 

Berlin Brandenburg Airport’s terminal certified for opening - at last

Premium Analysis  

 

COVID-19:米国エアライン、キャッシュ燃焼と流動性の均衡を図ろうと試みる

 

07-May-2020

 

COVID-19パンデミックは、世界中のビジネスを変え続けて居り、エアライン各社は、キャッシュを維持し、キャッシュ燃焼を抑える努力について、具体例を提示する代わりに、彼らの伝統的な財務指標を、一時忘れる事を余儀なくされて居る。

 

米国では、アメリカン、デルタそしてユナイテッドは自らのキャッシュ燃焼を減らし、流動性を維持或は強化する事に必死に努めて居る。これら大手3社は、ある種の条件付きの政府の融資の承認を求めて居るところだが、アメリカンは、余り魅力的でない可能性のある、この借金に付随する契約条項にも拘らず、「新型コロナウイルス経済対策法(CARES)」による、融資への途に最も熱心な様だ。

 

世界中のこれらエアライン、運航会社の最大の焦点は、危機を無地に凌ぐことだ。

 

然し、COVID-19パンデミックの厳しさは、かなり長い期間に亘って、エアラインが達成したいと熱望する流動性の適正な水準について、疑問を提起するだろう。

 

COVID 19: US airlines try to strike cash burn-liquidity balance

Premium Analysis  

 

欧州のエアライン供給:幅広いU字回復。世界のCOVID-19標準が鍵

 

07-May-2020

 

CAPA保有機群データベースの客室座席仕様と組み合わせたOAGのスケジュールに依れば、欧州に於けるエアラインの総供給席数は対前年で87.1%下落した。

 

これは、コロナウイルス危機始まって以来、実質上初めて緩和した、前週(2020年4月27日の週)の86.8%減に比べ、とても僅かながら悪い。基本的には、データは欧州のエアラインの供給席数は、底辺で飛び跳ねて居る事を示して居る。

 

欧州の削減は、最早、世界の各地域の中で最大では無くなった。この週、ラテンアメリカの座席数は、とても僅かだが欧州より悪く、87.3%落ちて居る。座席数は、それぞれ中東で79.3%、北米で79.4%、アフリカで77.4%、そしてアジア太平洋ではたった56.7%の減少となって居る。

 

スケジュールのデータから期待される、供給の回復は、幅の広いU字型となって、更に先へと滑り続けて居る。この工程はまだ続きそうだ。

 

一方で、感染を避け、航空旅行の安全性を確実なものとするための、社会的距離を取る事や、その他の対策の標準は、まだまだ先まで続いて居る。この分野での世界的な協調が無い限り、いかなる都市封鎖や旅行規制などの緩和は、飛行への需要には、少ししか、或は全く影響を与えないだろう。

 

European airline capacity: a wider 'U'. Global COVID-19 standards key

Premium Analysis  

 

COVID-19:デルタ航空の焦点都市の運命、不確実に

 

05-May-2020

 

過去数年間、デルタ航空は国内線、国際線で、米国の大手グローバルネットワークのライバル達とは異なった戦略を採って来た。

 

国際的には、同社は外国提携社の株式を取得する事とし、彼らと共同事業を形成して来た。国内線では、同社がより大きな存在感の影響力を行使できると決めた、焦点都市というのものを創り出して居る。同社はまた、ボストン、シアトル、ニューヨーク、そしてロサンゼルスに、特定の沿岸のハブを構築して来た。

 

焦点都市と沿岸ハブ戦略は、エアラインの保有機群を地上待機にさせ、米国と世界のエアライン業界を立往生させて居る、唐突なCOVID-19の勃発の前まで、同エアラインにとって上手く回って居た。

 

そして需要は、向こう3年から5年間は、2019年の水準に戻らないかも知れないと言う、広まりつつあるコンセンサスの中で、デルタは、間違いなくその焦点都市戦略が、将来も生き延びるのか否かを検討して居るだろう。

 

COVID 19: the fate of Delta Air Lines’ focus cities is uncertain

 

ガトウイック空港、第2滑走路変更で前進へ

 

05-May-2020

 

多くの空港が、2019年晩くから2020年の最初の月に存在した様な、需要の水準は、もう暫くは見られなくなりつつあり、その期間は数ヶ月というより数年である事を認識して居る。

 

例え、そうで有ってもCAPAがしばしば報告して居る様に、この不自由な期間をこれらの終焉へと進め、新たな投資家達のご搭乗を歓迎する好機として使って、計画段階、そして工事期間を通じ、新たなインフラを獲得しようとする意思が存在する。

 

一つの例が、一本滑走路の空港で、世界一繁忙なロンドンのガトウィック空港である。

 

ガトウイックには、既にフランスのコングロマリットである、ヴァンシと言う形で、新たな投資家が居て、同社は、現在、空港に2本目の滑走路を与えようと、タクシーウェイ兼非常用滑走路の、通常の滑走路への変更を早回ししようとして居る。或は少なくとも1.5本目に。

 

Gatwick Airport to proceed with second runway conversion

Premium Analysis  

 

COVID-19:アルゼンチンの飛行禁止延長、LCCを窮地に

 

04-May-2020

 

 

2020年9月の始めまで、基本的に、この国を発着、そして国内を運航する航空旅行は、全て止めると言う、アルゼンチンの飛行の取り扱いに関する決断は、不可解であるとともに憂慮させるものだ。

 

他の国で、もっと調整され、組織だった努力への通常のチャンネルでなく、ずっと先の将来まで続く、またCOVID-19後の航空分野に自国の標準の一式を採用しようとする国々にとっての、前例となる可能性がある、旅行禁止を、延長して居るところは、もしあったとしても、僅かしかない。

 

この決断はまた、2019年晩く、この国の治世を受け持った、新しい政府から、余り暖かく迎えられて居ないままの、アルゼンチンの起業組である低コストエアラインの将来に、もう一層の不確実性を創り出して居る。

 

この最後の展開は、アルゼンチンの、若いが、将来性のある低コストの分野を一掃しかねない。

 

保護主義へのアルゼンチンの歴史的変遷が振り返して来て居る様子から、国有のアルゼンチン航空が、最後に残るエアラインになる可能性がある。

 

 

COVID 19: Argentina’s flight ban extension puts LCCs in peril

5月3日掲載

 

CAPATV:ボラリスCEO-エアラインは5月に供給を減らす事を余儀なくされる

 

02-May-2020

 

メキシコは、COVID-19の蔓延で、これから最も危機的な時期を迎えようとして居るが、ボラリスは迫りくる問題に立ち向かおうと準備して居る。

 

3月の末に、ボラリスは米国、メキシコ、そして中米など主要市場で、大規模な旅客需要の減少に見舞われたが、ウイルスの最大の影響は、まだこれからやって来ると考えて居る。

 

メキシコの感染者数は、世界中の他の国に比べ、ずっと少ない:然し、蔓延を最小化するために、ボラリスは、2020年4月の供給を80%近く減らして居る。

 

ボラリスのCEOエンリケ・ベルトラネナは、メキシコでのCOVID-19のピークは2020年5月に到来すると考え、結果として同社はその月は総供給の僅か12-15%にまで縮減する計画である。

 

 

CAPA TV: Volaris CEO - airline forced to reduce capacity in May

 

 

シティジェットの破産、欧州域内エアラインの極めて重要な役割を示す

 

01-May-2020

 

2020年4月27日、アイルランドの高等裁判所が、シティジェットの暫定的審査人として、KPMGに所属する破産管理人の指名を確認した。「審査人」は最長100日間、債権者から保護するアイルランドの制度である。

 

シティジェットは欧州の各フラッグキャリアーに域内ジェットの機能を提供する、主導的なウエットリース会社であるが、コロナウイルス危機で経営破綻に追い込まれた。それはまた、同社が欧州最大の域内エアラインを形成する筈だった、エア・ノストラムとの合併計画も阻止して居る。

 

欧州の域内エアラインはまた、2020年4月26日に発表された、全欧州の行政機構や加盟諸国に「この分野の完全な崩壊を避けるための、緊急で迅速な支援」を求める欧州域内エアライン協会(ERA)の公開書簡でもスポットライトを浴びて居る。

 

CAPA保有機群データベースのデータによれば、欧州の域内エアラインは実際に、その他のエアライ(30%)より、高い就航率(41%)を示して居る。にも拘らず、今回の危機は、しばしば遠くの地域に必須の乗り継ぎを提供して居る、極めて重要な域内エアライン分野(実質的には、大手のエアラインの一部門ではないもの)に対し巨大なリスクを負わせて居る。

 

CityJet insolvency highlights Europe's regional airlines' vital role

 

欧州、エアラインへの国家支援に、小出しの調整しか出来ず

 

01-May-2020

 

世界中で、各国政府は、その主要産業に対する財政的な支援を供与するために苦闘して居る。一方で、危機以前の欧州単一市場の存在にも拘らず、欧州各国政府はエアラインを支援するために、それぞれ独自の取り組みを採って居る。

 

フランスはエアフランスへの支援に合意して居り(他のフランスのエアラインには未だだが)、オランダはKLMを助けようと考えて居る。ルフトハンザグループは本国からの支援を摸索して居り、バージンアトランティックは英国政府に助けを求めると同時に新たな投資家を探して居る。

 

イタリアは、アリタリアを再び国営化する計画で、コンドルは国家からの融資が保証され、ノルウェーのノルウェイエアに提案する支援は、ほぼ既存の資本を一掃するだろう。異なる水準の支援がフィンエア、アイスランドエア、TAPエアポルトガル、エアバルティック、TAROM、ブルーエア、そしてクロアチア航空に対しても合意に至って居る。

 

Europe only manages a piecemeal approach to airline state aid

Premium Analysis  

バージン・オーストラリアの生き残りは域内空港にとって重要

 

01-May-2020

 

バージン・オーストラリアは、今回のパンデミックの直接的な結果として、多くのエアラインが不可避的に管理課に入るか、より劣悪な状態になる中での、最初のもののひとつである。エアラインが破綻する衝撃は、特に小規模な地域空港でも痛切に感じられる。

 

殆どの大規模な豪州の空港は、多くの当初から関係して来た企業は今は居ないけれど、1990年代後半の中ごろからの過程で、リースされて居る。明らかに3から6社以上の投資会社が関係して居り、およそ50年の(今やそのうち20年以上を経過して居る)リースだった。

 

多くの小規模な豪州の空港は、バージン・オーストラリアに強く依存して居り、幾つかの、特に豪州勢以外の投資企業が、とりわけ重大な競争的脅威に晒されて居る所では、今が辞める潮時だと決断するかも知れない。大規模な空港は、複数のリース主が居るお陰で、高い資本金と、追加の借入債務資金調達がより容易に出来ることから、概ね、嵐を乗り切るのに、より良好な位置に居る。

 

Virgin Australia's survival is important for regional airports 

 

オリアリー:EUは、国営のみならず、欧州エアラインに援助を与えるべきである

 

30-Apr-2020

 

ライアンエアのCEOマイケル・オリアリーは、コロナウイルス危機に於て、国家のエアラインに対する支援について、新たな考えを持って居る。

 

彼はEU競争委員に対し、政府支援は全てのEUエアラインに対し、その国に於ける輸送量の占有率に按分して供与されるべきであると示唆して居る。

 

彼に一理あるかも知れない。ある国に飛んで居る全てのエアラインは、その国の経済に対し、乗り継ぎや、より広範な恩恵を提供して居り、多分、いかなる支援も、彼らの中で分かち合われるべきである。恐らく、それがより幅広い欧州の利益になるだろう。

 

O'Leary: EU should give European airline aid, not just national

Premium Analysis  

欧州エアラインの供給、COVID-19危機の中で初めて上昇

 

29-Apr-2020

 

CAPAの保有機群データベース客室座席仕様と組み合わせたOAGのスケジュールデータによれば、欧州エアラインの供給席数の総和が、対前年で87%下落した。

 

COVID-19危機が席巻して以来、前週に比べ、下落率が小さくなった(先週の下落率は90%)のを見るのは初めてのことである。供給は対前週で40%上昇(低い基準から)した。

 

にも拘らず、欧州の削減は未だにどこよりも大きい。比較すると、ラテンアメリカは82%減、中東は79%減、アフリカは75%減、北米は71%減、アジア太平洋は60%減である。ラテンアメリカ、アジア太平洋、そしてアフリカも今週は縮小の率を鈍化させて居るが、中東と北米は下落を加速して居る。

 

欧州の週間定期便供給量の、どん底からの小さな一歩上昇は、慎重に歓迎せねばならない。

 

登録された欧州の2020年夏季スケジュールが、V字型からU字型回復へ移行する事は、今や明らかである。にも拘らず、ACIそしてICAOの予測との比較は、登録されたスケジュールは調整が遅れて居る事を示して居る。

 

European airline capacity up for the first time in COVID-19 crisis 

Premium Analysis 

ハンブルグ、空港店舗再開で先陣を切る=然し、早過ぎる?

 

28-Apr-2020

 

感染率が1:1水準か下降する方向に落ち着くに連れ、ゆっくりとだが確実に、ベトナムや韓国など少数の国々で、ビジネスが再開されて居る。

 

ドイツでは、都市封鎖の規制が緩和が進んで居り、幾つかの報道では町では「商業活動は平常である」ハンブルグ空港(どこよりも)で、店舗の再開が可能になって居る。

 

然し、これまで同様、入国、出国双方のツアーオペレーターは、平常に戻るにはまだ長い時間がかかり、期待するのは望み薄だと忠告を受けて居て、早すぎるし急すぎる例だと言う恐怖がある。

 

Hamburg leads as airport shops reopen - but too soon?

Premium Analysis    

COVID-19:デルタ航空、混乱の期間中提携社と協働

 

27-Apr-2020

 

世界のエアラインビジネスの殆どの局面が、COVID-19パンデミックによりひっくり返され、不確実性が標準と言う状態がまだ少なくとも、後数カ月は続くだろう。COVID-19パンデミックがエアラインのビジネスモデルに、最終的にどれほどの変化を与えるものか、未だに全て暴かれては居ない。明らかに、幾つかの要素が、永遠に変化する可能性に直面して居る。

 

過去数年間のデルタのビジネスモデルの主要素は、デルタがそこで存在感を強化し、そこの運航会社と共同事業を形成する必要のある地域の、地元エアラインの株式を取得するというものである。それは、デルタが国際線市場で競争力ある地位を強めるのを助ける戦略で、概ね。同社にとって成果を上げて居る。

 

然し、今、デルタと全ての提携社は、ほんの数週間の短い間に、全く異質な現実に直面して居る。

 

デルタは依然として、提携関係を守り、世界がパンデミックから回復する間、彼らとともに働く事を誓って居るが、それらの提携エアラインが危機に瀕して居たとしても、デルタは彼らに財政的支援はして居ない。

 

COVID 19: Delta Air Lines works with partners during turmoil 

 

COVID-19:ラテン・エアラインへの政府支援、依然としてつぎはぎ状態

 

27-Apr-2020

 

COVID-19パンデミックがどのくらいの期間続くのか、未だに定かでない中で、世界中のエアラインは、依然として生き残りモードのままで、自社の流動性水準を維持拡大するために、同時にキャッシュの流出をくい止めようと試みて、熱病の様に働いて居る。

 

IATAは、COVID-19の所為でラテンアメリカの需要は、2020年には対前年で49%落ちると予測して居る。

 

COVID-19、それに伴う旅客収入180億米ドルの下降。とても低いかゼロ収入しか入って来ないで、バランスを取るのは微妙であり、エアライン各社はそれぞれの政府に、大体は融資の形で、財政的援助が緊急に必要なことを強調して居る。

 

政府は、特に、ラテンアメリカでは、エアラインの請願に対する、種々の対応を示して居る。

 

この地域の3大航空市場である、ブラジル、メキシコ、そしてコロンビアでは、支援の要請に対する反応は、ブラジルが、最も明白な形で財政的な援助の提供する様で、かなり異なって居る。

 

COVID-19: government aid for Latin airlines still patchy

Premium Analysis    

TAV、空港運用会社の2020年第1四半期財務業績、最初の表明

 

27-Apr-2020

 

戦後の航空輸送の歴史の中でも、最も意味深い(これまでは)2020年第1四半期の財務諸表が発表され、これまでもしばしばあった様に、トルコのTAVエアポーツが最初にスタートを切った。

 

TAVはコストを抑制しようと試みたが、出来たのは僅かに10%減で、一方その倍以上、収入が下落した。にも拘らず、2020年6月にはいくらかの国際線便が再始動すると言う広まりつつある期待の中で、この四半期の統計は、予想された程、悪くはない様で、第3四半期がどの様なものか、多分、その後の業績もより良いものの様だと暗示して居る。

 

TAV first indication of airport operator's 1Q2020 financial results

 Premium Analysis  

注目した記事 5.29

 

深刻な経営危機にあるルフトハンザ航空に対してドイツ政府は90億ユーロ規模の救済策を示したが、ルフトハンザ監査役会はこの受入れを拒否(保留)した。 

 

これに関して「現代ビジネス(講談社)」は下記で詳しく述べている。

 

倒産危機のルフトハンザが「ドイツ政府の救済案」を拒否した理由(2020.5.29

 

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/72923

 

COVID-19関連 JAMRレポート

マラソン講座