海外事情・旅行流通

 

フォーカスライトJapanでは、PhocusWire Daily (phocuswire.com) の毎日のニュース

意訳して、毎週 月曜日更新の「海外事情」に掲載しています。

「海外事情」は、この他に TD 勉強会( www.e-tdb.com )と、その一部を 

トラベルジャーナル(TJ)の隔週コラム「FROM THE WORLD / 海外事情」にも

掲載しています。 

 

2020年以前の「海外事情」は、TD 勉強会 www.e-tdb.com のアーカイブにて 

ご覧になれます。TD = Travel Distributionの略です。)

 

 

TD海外事情 927

 

u  8. eコマースと将来の航空旅客コネクション」が、AirAsiaのスーパーアプリによる、旅行リテールの拡大に触れている。 AirAsiaのスーパーアプリの市場価値は10億ドルで、現在の約9億ドルのAirAsia Groupの時価総額を上回ると言うから驚きだ。(尤も、パンデミックの影響で同社の株価が20182月の4 MYR 以上が1 MYR4分の1以下に値を下げていることを考慮に入れる必要もある。)

航空会社が、収益源の多角化の為にeコマースに注目している。 航空会社は、何しろ巨大なダイレクトトラフィックを有しているのだから、eコマースには打って付けの有利の立場にいる。これを利用しない手はない。

 

u  Googleが、旅行に関連する持続可能性の問題Google Things to Doのツアー、アクティビティ、アトラクションの検索および予約機能を更新した。 そしてKlookGoogle Things to Doと統合している。 Googleの絶え間ない旅行バーティカルの強化が、ステルスモードで着々と続いている。

(「3. (TJ) グーグル Things to Do更新」、「13. グーグルの持続性イニシャティブ」)

 

u  15. 旅行ブランドのロイヤルティ開発」が、ロイヤルティプログラムに加えて、顧客とのインタラクションが必要だと説く。 粘着性(stickiness)が重要だと言っている。 つまりコンシューマージャーニーのすべての段階で顧客により添い、特に何かがうまくいかず、問題が発生したときにそこにいて、(Mコマースの時代だ!)、適切にトラブルシューティングすることが重要であると言っている。 航空会社に勤務していた時に、顧客サービスの部長が、いつも「顧客の苦情を解消することが、すなわちその旅客のロイヤルティを作り出す瞬間だ」と言っていたことを思い出す。

(編集人)

 

 

目次

1. (TJ) エクスペディアG、ロイヤルティPを単一プラットフォームに統合

2. (TJ) フィンエアー、2025年までにオールNDC

3. (TJ) グーグル Things to Do更新

  (TJ) = トラベルジャーナル 1025日号 参照ください

 

4. 不動産会社JLL、短期レンタルプラットF立ち上げ

5. アジア太平洋地域の大旅行市場開発

6 VIDEO:平等を核とした未来を築く

7. Q&A:クルックのかけ協業と新たなトレンド                       第3位閲覧

8. eコマースと将来の航空旅客コネクション

9. VIDEO:新たなオーディエンスと販売予算の支出先

10. トリアドのサブスクPlus、キャッシュバックにシフト        2位閲覧

11. Plusgrade小売プラットフォーム

12. PhocusWire Pulse: レンタル上昇                                         6位閲覧

13. グーグルの持続性イニシャティブ

14. バケーションレンタル市場の点検                                        第1位閲覧

15. 旅行ブランドのロイヤルティ開発

16. ローラ、事業停止

17. RateGainMyHotelShop買収

18. VIDEO:旅行の将来、多様性・公平性・包括性                  3位閲覧

19. 社説:トリアドPlus変更、旅行サブスクの複雑さ

20. ルフトハンザ、健康パスポートAPP開発

21. トリップ・コム、国内旅行需要復活で有利

22. VIDEO:旅行プロダクトが中心となる時                             4位閲覧

23. 920日の週の資金調達記事

 

 

4. 不動産会社JLL、短期レンタルプラットフォーム立ち上げ

不動産サービスプロバイダーのJLLは、AirbnbBooking.comなどの分野の巨人のライバルとして位置付ける短期賃貸プラットフォームを立ち上げた。

JLL Short Staysと呼ばれるこのプラットフォームは、英国全土の都市で3泊から12か月以上の範囲で、柔軟で専門的に管理された短期レンタル滞在を提供する。 このプラットフォームは、不動産ポートフォリオブローカーとホームシェアサービスを接続するサービスとしてのソフトウェアプラットフォームである英国のプロップテック(property technology)企業Lavandaによって提供されている。 JLLの既存のパートナーであるLavandaは、20199月に500万ドルを調達した。 JLLによると、レジャー旅行者とビジネス旅行者の両方を対象とした短期賃貸サービスの開始により、機関投資家の不動産クライアントとパートナーは、都市賃貸の柔軟性に対するパンデミック主導の需要を活用できるようになる。 「革新的なこのプラットフォームは、JLLが機関投資家向け住宅ポートフォリオにさらに最適化されたリターンを提供するための基盤を築き、住宅事業を積極的に拡大しようとする独自のセールスポイントを生み出す」と同社は声明で述べている。 同社が主要なオンライン旅行代理店より信頼できるプロフェッショナルな代替手段として宣伝しているJLL Short Staysは、英国で1,000ユニット以上を発売し、2022年にさらに広範なグローバル展開を計画している。 「JLL Short Staysは、ホテルやサービスアパートメントに代わるよりお得なホテルを提供すると同時に、Greystar, Blackstone, CA Venturesなど、世界で最も信頼されている優良企業が専門的に管理する都会のプレミアムな宿泊施設への独占アクセスを提供する」とJLLのディレクターであるSam Winnardは言う。(9/19https://bit.ly/3ua8Lvj )

 

5. アジア太平洋地域の大旅行市場開発

COVID-19パンデミックは、アジア太平洋地域、特に観光への依存度が高い国々の経済と旅行業界を荒廃させた。 政府が自国民を保護しようとしたとき、政府は国内および国際的なモビリティに厳しい制限を課し、旅行およびホスピタリティ業界に大きな打撃を与えた。 Phocuswrightの最新の旅行調査レポートAsia Pacific Travel Market Report 2020-2024によると、2020年の旅行総取扱高は、前年の4,440億ドルから58%減少して1,840億ドルになると予測されている。 減少率は、すべての地域の旅行市場の中で最小である。 これは主に、APACで最大の旅行市場である中国が世界の他のほとんどの国よりも早くウイルスを制御したためだ。 回復への道のりは長く、市場によって異なる。 特に、ウイルスのより伝染性の高いデルタ変異体が2021年に地域全体に大混乱をもたらし、旅行の回復を妨げている。 市場は2024年までに2019年のサイズに回復すると予想されている。 以下は旅行会社が注意を払うべき研究からの5つの重要な進展である:

(1). OTAはより強力になる。 2020年に、OTAはオンライン予約のシェアをサプライヤーと同等に増やした。 強力なブランド、優れた顧客体験、仲介業者へのサプライヤーの依存度の高まり、OTAを使用する顧客の傾向、およびオンラインチャネルへの従来の代理店ビジネスの移行は、OTAの成長の追い風として機能した。

(2). 中国がモバイルの普及率を引き上げる:地域的には、その年にオンラインで費やされる10ドルの旅行ごとに、ほぼ6ドルがモバイルに費やされている。

(3). 国内旅行は輝いており、海外旅行は暗いままである。 各国の旅行業者は、国内および国内の旅行に焦点を当てるために製品を再設計した。 中国、インド、オーストラリアのような巨大な国内市場を持つ国々は、シンガポールやタイのようなインバウンド観光への依存度が高い他の国々よりも自然に有利である。

(4). 中国がリードしている。 中国の独特の経験は、世界の他の旅行市場に教訓をもたらす可能性がある。

(5). ワクチンは楽観的な理由である。 Phocuswrightは、APACの旅行市場が2024年までに2019年の規模にほぼ達すると予測している。 ワクチンはこの旅で重要な役割を果たす。 ワクチンの展開のペースは市場によって異なるが、この地域の多くの国では、今年の終わりまでに国民の大部分にワクチンを接種することを目指している。

このレポートでは、オーストラリア、中国、インド、日本、ニュージーランド、北東アジア(香港、マカオ、韓国、台湾を含む)、東南アジア(インドネシア、マレーシア、シンガポール、タイを含む)の13か国がアジア太平洋地域の旅行市場を構成している。(9/20 https://bit.ly/2Xzlb3i )

 

6. VIDEO:平等を核とした未来を築く

COVID-19のパンデミックは、健康上の危機以上のものであることが証明されている。 それは平等(equality)の危機でもある。 働く女性、特に有色の女性にとって、昨年の8月と9月には、男性216,000人に対し、女性865,000が仕事を辞め、多くの人が劇的に後退した。 パンデミックはまた、男女賃金格差の解消の進展を停滞させた。 COVID-10以前は、男性が1ドル稼ぐごとに77セントを稼ぐ女性の格差を狭めるのに100年かかると予想されていた。 危機のために、UN Women UK調査では、その進歩の25年が失われたと予測している。 旅行業界がパンデミックから脱却し、労働力を再構築するにつれ、業界のリーダーは「私たちの行動がこれまで以上に大胆で、より過激で、より実用的であり、平等を中心に据えていることを確認する必要がある」とUN Women UKの提唱者であるSimon Gallowは述べている。 PhocuswrightDiversity in Leadershipイベントで講演したGallowは、リーダーが大胆なリーダーシップを発揮し、職場を再考し、コミュニティで役割を果たすことが重要である理由を説明する。

From Crisis to Recovery: Achieving an Equal Future in a Post-COVID-19 World”と題されたセッションで、Gallowはまた、未来について楽観的である理由と、女性の成長を支援するためにリーダーが今取れる5つの行動について説明する。セッション全体https://bit.ly/3CsVDEn をご覧ください。

(9/20 https://bit.ly/3EA1aeb )

 

7. Q&A:クルックのかけ協業と新たなトレンド

中国でのCOVID-19の発生からほぼ2年が経過し、その後アジア太平洋地域、そして世界の他の地域に急速に広がった。 主にアジアを拠点とするユーザーの顧客プロファイルを持つ香港を拠点とするKlookにとって、危機は回復力と革新の教訓となっている。 海外旅行が停滞する中、オンライン旅行代理店のツアーとアクティビティは、国内旅行者向けの製品とサービス、および加盟店をサポートするデジタルソリューションに焦点を移した。  1月、KlookはシリーズEの資金調達で2億ドルを調達した。 同社によれば、一部の市場での収益は、COVID以前よりも高くなっている。 今月の会社の立ち上げから7年が経ち、PhocusWireは最高商務責任者のWilfred Fanに、Klookの回復の主な推進要因、ライブビデオサービスの重要性、最近のGetYourGuide-Expedia契約についての考え、そして― 意味のあるユーザーデータがない場合 ― “勇敢”である必要がある理由について話を聞いた。 会話は簡潔にするために編集されている。

Q. Klookは、パンデミック前のデータが、現在の環境に関連していないことを考えると、データ駆動型の方法は現在では効果が低いという考え方で運用されていると理解している。 これがあなたの戦略にどのように影響したか説明できるか? 

近年、私たちがデータを使用するとき・・・それは本当に最適化プロセスである。すべてが再編成されている過去1年半で、あなたはゼロまたは非常に低い情報ベースから始めている。 私たちは、ゼロから多くのプロジェクトを開始し、市場で新しいイニシャティブと新しい活動を開始するという、私たちの仕事にもう少しリスクを冒すことに決めた。 ・・・私たちは、この種のサービスの需要をテストするために、顧客にいくつかの仮想体験を提供した最初の一社であった。 データがなかったので、私たちはすぐに市場の評価を行った。・・・そしてすぐに何かを立ち上げ、それをテストした。 しかし、展開した後も、データの状況を非常に徹底的に調べている。 それらは、コンバージョン、クリック率、アタッチメントレート、およびそれらすべての数値に関するeコマースの指標である。 

Q. あなたが試したリスクについて、何かの例を共有できるか?

香港や東南アジアなどの一部の市場では、たとえば月餅を販売している。 旅行プラットフォームで商品を販売するのは前代未聞だ。しかし、それは季節的であり、人々が探しているものである。・・・これは棚ぼたの収益ではないが、このようなワイルドなアイデアや私たちが試してみたいことを通じて、顧客との関わりを維持するのに役立つ。 だから私たちは月餅を売っている、私たちはいくつかの市場でさまざまな特製ドリンクを売っている、私たちは前に述べたようなバーチャルツアーや他のたくさんのものを持っている。

いくつかは取り上げて成功し、いくつかは一種の関心の獲得、注目の獲得であり、実際のスケーラブルなビジネスは実現しなかった。 しかし、それでも大丈夫。これは私たちが勇気を持って挑戦し続ける必要がある時なのだ。 

Q. Klookは海外旅行の不足にどのように適応しなければなかったか?

以前は、ODペア、つまり出発地と目的地のペアで世界を見て、それぞれの旅行者の行動を理解していた。 しかし、今ではほとんどが国内旅行である・・・そのため、分析のためにその層を取り出し、提供するコンテンツに人々がどのように反応するかに焦点を当てている。 私たちはまだローカライズに多くの時間を費やしており、国内消費向けにコンテンツを最適化している。 これは非常に多様な市場で事業を行っているため、かなり困難である。 ほとんどの国際的なWebサイトを見ると、プラットフォームまたはユーザーインターフェイスの特定の要素が常に存在していることが分かる。 たとえば、中央に検索ボックスがあり、ウェブサイトやOTAアプリをナビゲートするための他のオプションはほとんどない。しかし、私たちにとっては、アプリであろうとWebであろうと、検索をナビゲートするためのさまざまな方法がある。 また、多くの推奨事項、ハイライト、機能、ポップアップ、ドロップダウンメニューがある。 そして、それをどこに配置するか、どのように混ぜ合わせるかを決定し、それらのいくつかをホームページだけに埋め込むのか、それともソーシャルメディアコンテンツにさえも埋め込むのか ― それはおそらくCOVID以前のより簡単な方法よりもはるかに多くの作業を必要とする。

Q. コンテンツとユーザーエクスペリエンスの取り組みに影響を与えることに加えて、国際的なビジネスの欠如は、マーチャントとの仕事に影響を与えたか? 

そのとおり。たとえば、あなたが経験豊富なサービスプロバイダーであり、すべてのインバウンド訪問者にエッフェル塔ツアーを販売する場合、1つの製品があり、観光客のバックグランドに関係なく多くの顧客に適合する。 しかし、フランス人は必ずしもそうすることに熱心ではない。・・・国内旅行者は、より多くの地元の体験を検討している。 彼らは、有名なアトラクションに行って写真を撮るだけではなく、ワイナリーを探索して珍しいヴィンテージを見つけたいと思うかもしれない。 私たちにとって、私たちはそれらの興味を見つけなければならない。 また、ツアーオペレーターや加盟店と協力してサービスを微調整し、旅程を変更する必要があるため、国内の観光客にはまったく興味がない3時間のどこかへの旅行で写真を撮る代わりに、 ・・・彼らはより多くの要素の追加を欲している。多分途中でより多くの娯楽を必要とする。それは彼ら自身では作成できないことである。

Q. 先週、ツアーとアクティビティの分野での大きなニュースは、GetYourGuideExpediaのパートナーシップであった。 それについてどう思うか? Klookも同様の戦略を追求するのか? 

実はそのニュースを見ても全く驚かなかった。 この発表のかなり前から、時間の経過とともに発展してきた買収とパートナーシップのニュースが存在する MusementTUIの関係であり、数年前にはBooking.comFareHarborを買収した 。 タイミングがおもしろいと思う。 ・・・ワチン接種率が高く、欧米旅行の可能性が高くなり、この機会を捉える需要とニーズが高まり、それらがこのパートナーシップを開始する交渉の終結を迫った。 しかし私は、彼らが何年もの間、交渉していたと確信している。 同様に、他のパートナーへのサービスのサプライヤーとして、またはこれらすべての異なるタイプのSaaSプラットフォームまたはチャネル管理システムからのサービスの取得者として、私たちはすべてのプレーヤーと話し合っている。 私たちはいかなる種類のパートナーシップも排除しない。 Expediaが私たちと協力したいのであれば、私たちは間違いなく交渉テーブルに着く。 私たちが信じているのは非独占性である。 “どちらか一方だけを独占したい” と言っても、私たちにとっても、消費者にとっても、商人にとっても、何の役にも立たない。 それはオープンワールドだ。 テクノロジーは、APIやコンテンツフィードなどのすべてが非常に簡単に利用できる。 

Q. しかし、このようなより広範な流通戦略は、Klookのような企業のブランドを差別化する能力を弱め始めるか? 

私たちのビジネスの大部分は直接消費者である。 特にアジアでは、GrabUberAlibabaなどの多くの中国のeコマースプラットフォームといくつかのパートナーシップが存在する。しかし、顧客が予約するときは、彼らはまだKlookで予約していることを知っている。 私たちは誰でも登録して何かを売ろうとすることを可能にするプラットフォームではない。 私たちははるかに厳選されている。 特定のサービスごとに、サービスの指定販売者がおり、流通の微調整、コンテンツの微調整、価格、在庫レベルの微調整に非常に密接に取り組んでいる。 また、予約レベルだけでなく、外出中や旅行中の顧客のその体験の消費方法、フィードバックなど、物事の顧客へのデリバリーの方法など、さまざまな詳細に取り組んでいる。したがって、万里の長城へのツアーなど、単一のサービスタイプの場合は、特定のプロバイダーからの特定の旅程に対する単一のタイプのサービスとなる。10の異なるプロバイダーが表示されることはなく、誰もが最高だと言っているものしか扱わない。 すでにスクリーニングを行っている。 Klookが提供するブランドを使用すると言うことが、消費者にとっての付加価値であると感じている。 また、サービスと価格保証、および予約後のサポートも数多く提供している。 それは消費者にとって非常に重要だと思う。 そしてもう1つ、それらはTripadvisorViatorのようなモデルでは存在しない。  世界中に非常に多くのものがリストされているので、あなたが全体的なリストについて話すだけなら、彼らはおそらく世界のチャンピオンだ。 しかし、使いやすさという点では、私たちが行うことと彼らが行うことには大きな違いがあると思う。

Q. GetYourGuideブランドツアーも提供している ― 興味があるか?

Klookで予約するという意味で、オペレーターと協力してサービスや製品をキュレートおよび改善するために時間を費やす方法は、すでに良い参考資料であり、ある程度のブランディングである。 しかし、特定のサービスをKlook製品またはKlookエクスペリエンスとしてブランド化するために、それが実際に違いを生むとは思わない。 また、それはオペレーターにとっては素晴らしいことではない・・・そして消費者にとっては、プラットフォームとしての選択肢を制限している。 絶対に試さないと言っているわけではないが、業界のさまざまなパートナーすべてに真の価値があるとは思えない。

Q. 昨年秋、KlookKlook Liveを立ち上げた。 これにより、ユーザーはライブストリーミングを通じてブランドと交流し、特別オファーを得ることができる。 それで何が起こっているのかについての最新情報を教えてくれるか? 

私たちは、台湾、シンガポール、香港など、かなりの数のアジア市場でそれを実行してきた。 毎日のライブフィードではない。 週に1回実行するものもあれば、月に1回実行するものもある。 ライブコンテンツを作成し、顧客と関わり、トリックを学び、パートナーと消費者とどのように連携し、彼らにとって魅力的でどのような種類のオファーや情報を提供するかについて学ぶ能力をテストし改善する機会である。 そして、どのようにそれを宣伝するか? これは、私たちが、消費者との従来のコミュニケーションが大きく変化することを早い段階で理解しているので、顧客とのライブビデオコンテンツコミュニケーションを行う能力を構築する。 ライブビデオコンテンツはかなり充実したものになるだろう・・・それは確固たる位置にとどまる。 どのプラットフォームが今後最大のプラットフォームになるかは分からない。 それは私たちが今見たものの1つかも知れないし、あるいは今後数年で完全に新しくなるかも知れない。

しかし、そのプロセスや能力は私たちが自分自身を訓練し、才能とノウハウを構築したい。 だから、どんなブランドやプラットフォームが生まれても、それがライブビデオ関連である限り、私たちはそれを非常に得意とすることができるだろう。そして、うまくいけば、COVID後、それは私たちにとって大きなことになるだろう。

Q. Klook Liveに加えて、視聴者を引き付けるために何か新しいことをしているか?

プラットフォームを最適化している。 COVIDの期間中、私たちは既存のユーザーインターフェイスを内側から見ることに多くの時間を費やし、かなり重要な変更を加えた。 過去18か月間に2回ウェブサイトのホームページを変更した。 当サイトの検索機能を一新した。これは単なる単語検索ではない。 検索を入力すると、多くのタブとボタンが表示され、たくさんの推奨事項が表示される。 カリフォルニアを検索すると、サンフランシスコとロサンゼルスもクリック可能なリンクとしてすぐに表示される。 このような変更は、プラットフォーム全体の変換と使いやすさに大きな違いをもたらした。 また、よりユニークなものをテストした。 ここでも、いくつかの市場で行うことでもう少しリスクを冒している。 これは、グループコインゲームと呼ばれている。このゲームにサインアップした人は、最小値で1回予約すると、Kの文字が表示される。

5文字すべてがK-L-O-O-Kになると賞品 ― 無料のステイケーショントップリゾートのようなものがもらえる。 それはゲーミフィケーションであり、少し楽しくなり、消費者から得られる以上のものを提供し、消費者がそれにどのように反応するかを確認する。

Q. Klookは最近Google Things to Doと統合された。 マーチャントが店先を管理し、チャネルを運営するのを支援するために、他に何をしているか?

まず、Google Things to Doは、アジアの販売者やオペレーターパートナーに、Klookを介してGoogleと連携する非常に簡単な方法があることを示しているため非常に励みになる。 それは彼らにとって何の費用もかからない・・・そしてそれは私たちがマーチャントのためにもう少し価値を創造し、そして彼らにとってより重要なパートナーになるのを助けるのでそれを本当に奨励する。私はそれを財務(financial situation)とは見ていない。 もちろん、行われるべき取引はあるが、最終的な目標は、Klookを使用することは私たち自身のウェブサイトやプラットフォームで販売するだけではないことをマーチャントに理解させることである。 また、すべての加盟店が申請できるホワイトラベルソリューションもある。 それは彼らが彼ら自身のサービスを宣伝するために使うことができるテンプレートである。 彼らは私たちのドメインを使用するか、私たちに使用したいドメインを教えてくれる。 私たちはそれをカスタマイズする。または、既存のWebサイトに適用してトランザクションを完了することができるホットリンクまたは予約ボタンにすることもできる。したがって、オンラインで取引する能力が限られている企業は、私たちを介して作業することができ、それから私たちは彼らが取引を遂行するのを助けることができる。 繰り返しになるが、私たちが提供するB2Bサービスの多くは、いかなる費用や料金でも提供していない。 それを潜在的な収益創出の機会とは考えていないが、可能な限りサプライチェーンに実際に投資するというのが私たちの見解である。したがって、最終的には顧客は最高の体験を得ることができる。 それが私たちのモデルの基盤である。

Q. Klookの将来の優先事項は何か?

香港、シンガポール、台湾などの場所で、収益がCOVID以前を超えた。 それは本当に励みになる。 現在私たちが行っているのは、Klookに対する顧客の関与がどのように変化したかを理解することである。 以前は、海外旅行中に使うブランドやダウンロードするアプリであった。 現在、彼らは自宅でそれをより頻繁に使用している。 だから、私たちは消費者とのエンゲージメントが高く、ブランドのエンゲージメントと視点も異なる。 それで何ができるのだろうか。それは私たちが考えているものであり、より多くの輸送オプションに投資している・・・より多くのレンタカーサービス、いくつかの市場でのレンタカーの導入などである。 移動と交通機関は私たちが以前持っていたものであるが、ほとんどの場合、観光客の乗り換え、電車、プライベートチャーターのようなものであった。 しかし、私たちはそれを少し超えて、輸送に関して国内旅行者のニーズを満たす方法を考えたいと思っている。 すでに台湾国内で高速鉄道を発売している。 私たちと一緒になれば、それはモバイル体験になる。 それが人気になっている理由である。 そして、私たちが事業を行っている各国でできることはまだまだ存在する。 それが、私たちが調査と構築に多くの時間を費やしていることである。 もう1つは・・・アトラクションとさらに統合する方法・・・大きな会場、人気のある美術館のいくつか、そしてそれらとよりよく統合する方法である。 これらのパートナーの拡張マーケティングになるにはどうすればよいだろうか。 たとえば、TikTokでブランドを宣伝したい場合、多くの作業を必要としない非常に優れたソリューションとどのように一緒にすればよいだろうか。 彼らは代理店を雇う必要はない。 私たちと協力するだけで、ブランドがオーディエンスの中心になる。(9/20 https://bit.ly/3CvdQRx )

 

8. eコマースと将来の航空旅客コネクション

インターネット時代の幕開け以来見られなかった空の旅のレベルを経験したにもかかわらず、eコマース企業は2020年に繁栄した。 多くの航空会社は現在、生き残りを確保し、収益源を多様化するためにeコマースモデルに注目し、適応している。 その結果、航空会社のアプリが台頭し、それに伴い、航空会社と乗客の相互作用(interactions)のダイナミクスが変化している。

“スーパーアプリ”とエアアジアの台頭

The rise of the “super app” and AirAsia

何年もの間、いくつかの航空会社は、乗客がフライト予約を管理し、カスタマイズされたプッシュ通知を受信できるようにするためにアプリを使用してきた。 COVID-19が飛行を台無しにしたとき、航空会社は商品、アルコール、免税品を販売することでデジタル小売サービスを強化し始めた。 特に、マレーシアの格安航空会社AirAsiaは、“スーパーアプリ” になりたいという願望の中で最も大胆でありGrabSEA HoldingsAlibabaの他のより確立されたアプリのライバルとなりつつある。 AirAsiaは、そのデジタルブランドの中で、国境を越えたラストマイルデリバリー(Teleport)のロジスティクス部門を開発し、フードデリバリー事業(AirAsia food/Santan)とファームダイレクト(AirAsia Farm)を開発した。 20218AirAsia、当初クランバレーで利用可能だったAirAsia Ride発売により、マレーシアのライドヘイリングに加わった。 AirAsia Rideは、既存の顧客データを活用して、乗客に摩擦のない体験を提供し、フライトと空港への乗車の両方を1か所で予約できるようにすることを目的としている。 これは、エアアジアが20216Gojekのタイ事業を買収した直後に続くサービスだ。これには配車サービス、ラストマイルロジスティクス、食品配達、デジタル決済サービスが含まれる。

AirAsiaはまた、ウェブサイトとマイレージプログラムをさまざまなオンラインサービスのライフスタイルアプリ(BigLoyalty)に進化させ、独自の支払いシステム(BigPay)を開発し、機内Wi-Fiと機内エンターテインメントシステムであるRokkiを通じて機内ショッピングを可能にした。 そして、このモデルは機能している。 SK Groupは、AirAsiaのフィンテックプラットフォーム(BigPay)に最大1億ドルを投資することに合意した。 参考までに、AirAsiaのスーパーアプリの市場価値は10億ドルで、現在の約9億ドルのAirAsia Groupの時価総額を上回る。 私たちの見解では、従来の乗客の旅と電子小売機能の両方を組み込んだ、ますます多機能な航空会社のアプリは、従来の航空会社のビジネスモデルからの移行をさらに加速させるだろう。 また、航空会社が従来のeコマースプレーヤーの領域に押し寄せるなど、小売全体でのさらなる商業化による増益も期待している。

航空会社の電子小売業の拡大

The expansion of airline e-retailing

利用可能な顧客データの進化により、航空会社は、フライト、アンシラリー、免税ショッピング、旅行予約などの既存の製品を販売する方法をより包括的にすることができる。 ホテルとエクスペリエンスは最も論理的な拡大の機会であるが、多くの航空会社は通勤、ショッピング、食事のライフスタイルの領域にも広がっている。 さらに、航空会社のアプリを使用して、物理的および仮想的な商品の販売、オンラインゲーム、ビデオストリーミングなど、さまざまなeコマースサービスやコンテンツをホストできる。

24時間年中無休で顧客のポケットに

In the customer’s pocket 24/7

アプリを使用する航空会社は、予約時に顧客とのやり取りだけに頼るのではなく、飛行機であるかどうかに関係なく、どこにいても顧客とつながることができる。 このモデルは、eコマースアプリですでに使用されているため、航空会社は旅行の領域外でマインドシェアを構築できる。 アプリを使用すると、航空会社は顧客の行動をより詳細に追跡することもできる。 乗客の支出と旅行の習慣に関するこの理解は、アプリ内プロモーションやボーナス(おまけ)に情報を提供し、カスタマージャーニー全体の購入決定に影響を与え、コンバージョンと顧客維持を改善する。 マイレージプログラムはまた、顧客を航空会社のエコシステム内に保ち、ロイヤルティを高める。 また、ますます重要なアンシラリー収入源として、航空会社のマイレージプログラムは、ポイントの販売と償還を通じて強力なキャッシュフローを生み出し、追加の流動性を提供するために不可欠である。 マイレージプログラムを航空会社のアプリ体験の一部にすることは、この立場を確固たるものにするのに役立つ。

顧客接続の未来

The future of customer connectivity

2020年のオーバーホールの前に、航空会社は運賃やその他のアンシラリーな収益イニシャティブを分離することによって小売業の旅を始めていた。 業界がデジタルオファリングと収益源のコーナーを曲がるにつれて、アプリ内のインタラクションを集中化することにより、航空会社は顧客体験を制御し、製品開発努力のスピードを上げ、プロモーション活動を加速するより大きな権限を持つようになる。 これらの戦術はすべて、顧客とプラットフォームパートナーの両方からの定着率を高め、フライト以外の総マーチャンダイジングの価値とテイクレートを高めることを目的としている。

 

(注)テイクレートtake rate, rake)とは、マーケットプレイス型ECモールやフリマアプリビジネスにおける受託販売手数料、取引手数料の割合こと。 ... マーケットプレイス型ECモールでの流通取引総額(GMV)にテイクレートを掛けた金額が、そのECモールの収益、ネット売上となる。 (https://bit.ly/3AvIWrT)

 

著者:Joshua Ngは、Alton Aviation Consultancyのディレクター。

(9/21 https://bit.ly/2Z97F7l )

 

9. VIDEO:新たなオーディエンスと販売予算の支出先

Pelotonは、パンデミックの際に、忠実なオーディエンスセグメントを構築してさまざまなセクター、さまざまな要件、さまざまな戦略をケータリングすることにより、ビジネスを活性化させた。しかし、マーケターが使用する戦術のいくつかは普遍的である。 旅行の売り手はどのようにしてビジネスのオーディエンスを特定でき、旅行ブランドはどのように彼らをターゲットにしているか?

旅行業界で広く使用されているパフォーマンスマーケティング、またはいわゆるインフルエンサーへの依存なのか? それとも、企業はマスメディアやソーシャルメディア上のターゲットを絞ったメッセージを通じてブランドキャンペーンに依存する必要があるのか?  そして最後に、どのチャネルに予算を支出するか、そしてどこで最大の価値を得ることができるかを決定するとき、ブランドは何を考慮する必要があるか。

PhocuswrightのマネージングディレクターであるPete Comeauは、最近のTravelTech Show 2021オンラインイベントで、Facebook業界マネージャーであるMichael Shafrirとこれらの問題などについて話し合った。

https://bit.ly/3ztF9Kkの完全なVIDEOインタビューをご覧ください...

(9/21 https://bit.ly/39r9oXF )

 

10. トリアドのサブスクPlus、キャッシュバックにシフト

米国の消費者向けに正式にリリースされてから3か月後Tripadvisorは、Tripadvisor Plusサブスクリプションプログラムに大幅な変更を加え、より多くのホテル、特に大規模なチェーンをプログラムに取り入れ、ひいてはより多くのサブスクライバーを獲得しようとしている。 最も注目すべき変更は、宿泊料金に関連している。 さらに、元のバージョンでは202012月にベータを開始し、3月に全世界の全てのホテルにオープンし、ホテルには、Tripadvisorのサブスク会員に対して自社Webサイトの料金よりも安い料金を提供し、さらにTripadvisorに対する手数料も免除した。 そして今年の第4四半期からは、Tripadvisor Plusは加入者向けのキャッシュバック特典に移行する。 参加ホテルは、公的にアクセス可能な最低の小売料金を提供し、予約時に手数料を支払う。 Tripadvisor PlusのゼネラルマネージャーであるSean Graberによると、「チェックイン後、Tripadvisorは旅行者に、内部アルゴリズムによって計算された金額を支払い、手数料の大部分を消費者に還元する」と言う。 同社によれば、この報酬は、加入者が元のインスタントセービングPlusモデルで経験したのと同じ “価値レベル” に相当する。 Tripadvisorによると、キャッシュバックは、チェックインから24時間以内に複数の支払いパートナーを通じて旅行者に送金される。 「長期的なビジョンは、Tripadvisorでウォレットテクノロジーを作ることである。 Tripadvisorで予約すると、そのウォレットで資金を獲得できる。 現在行っている旅行に費やしたり、将来の旅行のためにそれらの資金を銀行に預けたりすることができる。 このウォレットがどのように機能するか、たとえば旅行者が “ウォレット” を使用して滞在中に食事やスパサービスの料金を支払う方法など、まだ“未解決の問題”であるとGraberは言う。 Tripadvisorはホテルと協力して、Plusメンバーが将来の旅行のためにお金を節約したり、現金として受け取ったりするのではなく、サイトにいる間にお金を使うように誘うソリューションを開発したいと考えていると彼は言う。 重要であるが完全には明確ではないもう1つは ― Tripadvisorが、ゲストがホテルにチェックインしたことをどのように認識し、報酬の支払いをトリガーするかを示す機能である。 TripadvisorのスポークスマンBrian Hoytは、同社は「APIと他の方法を組み合わせて」チェックインを追跡すると述べている。

利害の対立のために特定されないように求めた情報筋は、「彼らがこれらすべてのことを考え抜いたかどうかは分からない」と言う。 チェックインの追跡の複雑さに加えて、この情報筋は、投資家が報酬の資金調達方法について懸念していると述べている。 Tripadvisorの株価は7.6%下落した。 「ホテルが出発後の通常のコミッションサイクルで支払う場合、それは出発後約745日かかる。 Tripadvisorが旅行者に前もって、基本的にチェックイン時にお金をバックする場合、彼らはどのようにそれに資金を捻出するつもりか? キャッシュフローの観点からは問題となる」と情報筋は述べている。 Tripadvisorは、そのコミッションモデルがリワードプログラムに「継続的に資金を提供」できるようになると述べている。

「それを可能にするのは、業界に関するテクノロジーとコネクティビティの知識だけである。 これらのキャッシュフローのタイミングをスムーズにして、旅行者により多くの価値を提供できるようになる」とGraberは言う。Tripadvisorによると、予約時の割引からチェックイン時のキャッシュバックへのこの移行は、過去数か月間に加入者とホテル経営者の両方からフィードバックを得た後のことである。 ホテル経営者は、Tripadvisorが非加入者にサインアップするように説得する方法として割引Plus会員料金を表示して以来、料金のパリティについて懸念してきた。 Hoytは、「私たちの信念は、より多くの供給が、より多くの旅行者がプログラムの利点にアクセスする能力に直接等しいということだ。 今日、Tripadvisor Plusを介していつでもアクセスできるホテルは数万あるが、さらに多くの供給が必要であることはわかっていた」と述べている。 彼は、この変更により、“数千以上” のホテルがPlusに参加することを期待している。
しかし、ホスピタリティコンサルタントのSimone Puortoは、この変更はパリティの問題とは関係がなく、プログラム内のホテルの結果が良くなかったため、TripadvisorPlusを再パッケージしたいという願望と関係があると考えている。 Puortoのクライアントの数軒のホテルが、数か月間Plusに参加しているが、彼らは「ほとんど結果が出ていない」と述べている。 Puortoによると、世界で最も旅行者の多い都市の1つでTripadvisorのポジションナンバーワンにいるクライアントは、過去約5か月でPlusを通じてわずか3件の予約を獲得しただけだ。 Hoytは、Tripadvisorは引き続きこのプログラムに “大きな期待” を抱いており、Plusに参加するホテルが増えるにつれて、加入者、そして予約が続くと信じている。 「それはホテル料金の節約から始まるが、Tripadvisor Plusはそれだけではない。 特典を考慮に入れる必要がある。 フライトでのDollar Flight Clubパートナーシップを通じて、レンタカーの割引を受けているという事実を考慮に入れる必要がある。 また、予約可能なすべてのエクスペリエンスが10%オフになる。 宿泊施設を超えた価値は実際に加算されている」と彼は言う。 ここ数週間、Tripadvisorは、Rent the RunwayおよびAudibleとのパートナーシップを通じて、加入者のメリットを追加した。 Plusメンバーは、Tripadvisor Textを通じて旅行計画サービスにもアクセスできる。 Puortoは、これらの特典が旅行者に99ドルのサブスクリプション料金を支払うのに十分かどうかを疑問視する。 特に、無料のGeniusプログラムのメンバーに10%の割引を提供するBooking.comなどの他のオプションがある場合はそうなる。 同社によれば、Plusの元のインスタントセービングオプションは、一部のホテルが関心を示した場合に維持できるとのことであるが、報酬モデルの開発に注力する予定である。 Tripadvisorは現在、ホテル経営者に変更を伝えており、第4四半期に改訂されたプログラムを消費者に提供する予定である。

同社は、初期テストからのフィードバックに基づいて、加入者が変更を歓迎すると予想している。 ただし、Graberは、加入者が新しいキャッシュバックモデルでプログラムに参加することを望まなくなった場合、Tripadvisorはケースバイケースでそれに対応すると述べている。

* 20213月のPhocusWire PulseLoyalty For the Long HaulイベントでTripadvisorのチーフエクスペリエンスおよびブランドオフィサーであるLindsay NelsonPlusの導入について話すインタビューhttps://bit.ly/3lLIHm7 をチェックしてください。(9/21 https://bit.ly/3CxsesE )

 

11. Plusgrade小売プラットフォーム

プライベートエクイティ会社のNovacapは、マーチャンダイジング・プラットフォームプロバイダーのPlusgradeに投資して、アンシラリー収益ソリューションを拡大した。 契約の条件は明らかにされていないが、Novacapはリリースの中で、モントリオールに本拠を置くPlusgradeの「実質的な株式持分」を取得したと述べている。 Plusgrade2009年に設立され、航空会社、クルーズライン、鉄道事業者が座席のアップグレードやその他のプレミアムサービスから得られる収益を管理および最適化するのに役立つ。 Plusgradeの製品は完全にホワイトラベルとなっており、既存の予約システムに統合されている。 航空、クルーズ、鉄道セクター全体で70以上のパートナーを数え、同社は50か国以上の旅行サプライヤーに数十億ドルの新しい収益機会を生み出す責任があると主張している。 パンデミックの中で、Plusgradeは航空会社向けのDynamic Seat Brockerツール発表した。 これは、航空会社の増分収益を獲得し、COVID-19環境で飛行する乗客の要件を満たすように設計されている。  この資金調達取引後、201811月にPlusgrade出資したケベック州投資信託銀行(CPDQ)は、引き続き同社の主要な投資家となっている。(9/21 https://bit.ly/3nXJKlS)

 

12. PhocusWire Pulse: レンタル上昇

PhocusWire Pulse イベントは、旅行、観光、ホスピタリティの単一のトレンドまたはトピックに専念する、業界リーダーの一連の仮想集会である。 今年で6回目のイベントでは、代替宿泊セクターの開発の急速な進展に焦点を当てる。 

パックされたプログラムには、テクノロジー、ニッチを対象とした出張、ポリシーと規制、顧客獲得などに関するディスカッションが含まれる。

PhocusWire PulseRentals On The Riseは、2021927日月曜日の東部標準時午前10時から行われる。 最新のイベントはSalesforceによってサポートされている。 

このイベントには、次の講演者が参加する。

  • Airbnb、ポリシーディレクター、Chris Lehane
  • Rentals Unitedの共同創設者兼最高マーケティング責任者、Vanessa de Souza Lage
  • RVShare製品担当副社長Melissa Fortenberry
  • Jacqueline NunleySalesforce、旅行およびホスピタリティのシニア業界アドバイザー
  • CuddlyNestの共同創設者兼最高執行責任者であるRitesh Raj
  • Phocuswright、マネージングディレクター、Pete Comeau
  • AnyPlaceCEOSteve Naito
  • HomeToGoCEOPatrick Andrae
  • Transparent、エグゼクティブチェアマン、Drew Patterson

このイベントのインタビュアー:

  • Linda Fox、シニアレポーター、PhocusWire
  • PhocusWire、シニアレポーター、Mitra Sorrells
  • PhocusWire、ニュース編集者、Jill Menze
  • PhocusWire編集長Kevin May

(9/22 https://bit.ly/2XKiRXs)

 

13. グーグルの持続性イニシャティブ

Googleは、2つの新しいイニシャティブで、旅行に関連する持続可能性の問題に取り組んでいる。 今週から、Green KeyEarthCheckなどの特定の独立した組織の持続可能性基準を満たしたホテルでは、google.com/travelでの検索で名前の横にエコ認定バッジが表示される。 さらに、これらのホテルの“about”タブには、節水への取り組みや持続可能な調達方針など、プロパティの環境に優しい慣行のリストが表示される。 Googleは、HiltonAccorなどの大規模チェーンを含む世界中のホテルと協力して、プロパティの持続可能性情報を収集していると述べている。 また、ホテルがこのタイプの情報をGoogle My Businessのプロフィールに追加することも奨励されている。 Googleはまた、Booking.comSkyscannerTrip.com GroupTripadvisorVisaと提携して、サセックス公爵のハリー王子が2019年に立ち上げた持続可能な旅行連合であるTravalystに参加している。 Googleは、この組織が空の旅からの炭素排出量を計算および表示するための標準化されたオープンモデルの開発を支援し、ホテルの同様の標準の開発に貢献する。 Googleはまた、旅行の持続可能性ソリューションのみに取り組むエンジニア、デザイナー、研究者の新しいチームを創設したと述べている。

同社によれば、これらの動きはすべて、Googleが「世界中のパートナーや人々が持続可能な選択を行えるよう支援するテクノロジーに投資することで気候変動に対応する」というGoogleCEOであるSundar Pichaiが昨年共有した取り組みを反映しているとのことである。

Travalystは、Googleの参加を、システムの変化を推進し、次世代の旅行および観光業界に回復力のある繁栄する未来をもたらす持続可能性イニシャティブに、世界最大の旅行および観光プラットフォームとプロバイダーをまとめる“重要な前進”と呼んでいる。(9/22 https://bit.ly/39tebb4 )

 

14. バケーションレンタル市場の点検

バケーションレンタルは、パンデミックの最初の年の旅行業界の疑いのないサクセスストーリーであった。 予約は急速に増加し、需要は前例のないレベルに上昇した。 国境が閉鎖され、コロナウイルスの急増を心配しているが、それでも家族や友人と一緒になって休憩したい旅行者にとって、バケーションレンタルは当然の選択のように思われた。 彼らはプライバシー、安全性、そして家から離れた家を提供した。 海外旅行の禁止はまた、旅行者を国内旅行に向かわせ、結果として彼らにバケーションレンタルを試すように促した。 消費者は、ビーチ、山、都市など、自国の未開拓の楽しみを発見し、パオやツリーハウスでのユニークな滞在を予約した。 ホテルがすぐに開業できず、新世代のゲストをこのセクターに呼び込んだため、選択ではなく必然的にバケーションレンタルを選択した人もいた。 去年の冬までに、COVID-19がどこにも速く進んでいないことが明らかになった。 バケーションレンタルは、旅行制限が緩和され、2019年の“通常の”レベルを超え、宿泊部門を支配したため、2021年の夏まで成長を続けるように見えた。 子供たちが学校に戻り、企業の従業員が暫定的にオフィスに戻るので、今年の夏が誇大宣伝に耐えたかどうかを考えるのは適切な時期のようである。 それは本当に記録上最高であったのか? さらに重要なことに、バケーションレンタルは現在、将来この需要を維持するのに適した位置にいるのだろうか? それとも、それを伝えるのは時期尚早か?

データは何と言っている?

What does the data say?

現在私たちが目にしているすべてのデータは、昨年の夏のバケーションレンタルの記録的な成長期を示している。 ほんの数週間前、AirDNA7月に米国で74.9%の高い稼働率を報告し2020年から販売された宿泊数は23.9%増加した(2019年からは3.9%増加)。 旅行者が選択できるリストが実際には10.6%少ないことを考えるとさらに印象的であるが、その月の物件の平均レートが294ドル上昇したのはおそらくそのためである。 これは、2019年と比較して20%増加し、2020年より8.8%高くなっている。 しかし、すべての場所が同じというわけではなく、Hostawayのデータは確かにそれを反映している。 AirbnbBooking.comVrboなど、提携している主要な予約プラットフォームで在庫供給をはるかに上回る需要がある米国のトップの場所は、ペンサコーラなどの沿岸の場所、サンタフェなどの自然に簡単にアクセスできる小さな都市、タホ湖のような州立公園または全国的な場所であった。 都市部の場所は引き続き苦しんでいたが、これは概して予想に沿ったものであった。 バケーションレンタル業界にサービスを提供する私たちのような企業も、急激な成長軌道を経験している。 私たちのビジネスは、より多くの不動産所有者と管理者が彼らのビジネスの管理を専門家に外注し、急増する需要に対処しようと努めているため、この夏、毎月1025%成長している。 バケーションレンタル業界の成功を測定する際には、このデータを考慮する必要がある。 つまり、2021年の夏は、予測される地域で2019年と2020年の予約レベルと価格を超えることで、業界の期待に確実に応えた。

2021年のトレンドから学ぶ

Learning from the trends of 2021

業界が過去2年間の夏に成功を収めたからといって、必ずしも同じことが2022年に起こるとは限らない。 結局のところ、パンデミックの長期的な影響が社会全体と業界にどのような影響を与えるかは誰にもわからない。 私たち全員が今できることは、成長の背後にあるトレンドを解き明かし、それらを使用して顧客と将来の行動を理解することである。 これにより、業界は既存の顧客を維持するだけでなく、今年初めて獲得した顧客を忠実なリピーターに変えることができるようになる。

(1). 旅行者は、バケーションレンタルが安全でCOVIDに安全な滞在を提供すると感じた

Travelers felt vacation rentals offered a safe, COVID-secure stay

バケーションレンタルに滞在することで、旅行者はCOVIDに安全な環境で自分自身をレンタルのバブルで守ることができる。 これは、スペースと設備が少ないホテルでは行うのがはるかに難しいことだ。 また、国内で旅行したり、車でアクセスできる自宅に近いバケーションレンタルに旅行したりすることで、国境の制限規則の変更に対応したり、忙しい空港を移動したりするリスクを減らすことができる。 COVIDが存在する限り、旅行者は国内外で安全を感じる必要があり、これがこのセクターの成功につながる。 実際、不動産運用プラットフォームのBreezewayは、業界の専門家の73%が、予約時に清掃と安全性が引き続き最も重要な要素であると考えていることを発見した。 したがって、バケーションレンタルがこの時点で運用プロセスに関する洞察を提供できる場合、これは顧客に自信を与えるのに役立つ。 それは、より高い水準のクリーニングのために、遅いチェックインと早いチェックアウトを説明するのと同じくらい簡単かもしれない。 さらに、所有者と管理者は、将来のゲストに安心を提供することを容易にする多くの新しい非接触技術を利用できる。

(2). 人々は、パンデミック前とは異なった理由で旅行する

People are traveling for different reasons than before the pandemic

AirbnbCEOであるBrian Cheskyが今年、「旅行、生活、仕事の境界線が曖昧になっている」と言う。 人々は、前とは異なる理由で旅行している。 バケーションレンタルは、これらの3つすべての要素を保持して、旅行者の劇的に変化した習慣に光を当てた。 2019年から2021年にかけて、滞在期間は3.2泊から4.6泊に増加した。 また、1予約の平均人数も1.3から1.9に増加した。 ピークシーズンの場所は一年中人気があったため、予約の季節性がなくなった。 これはすべて、リモートワークの台頭に要約される。 自宅で仕事ができれば、インターネットに接続できれば、世界中どこからでも仕事ができる。 ノートパソコンを持参するだけで、家族での休暇を延長できるのだ。 業界は今、人々が将来旅行する理由を予測する必要がある。 プロパティの以前の季節性から学ぶことは、将来の需要を予測し、レートを正確に設定するのにも役立つ。 そして、職場が世界中で再び開かれ、一部の人がデジタル遊牧民になるのが難しくなる一方で、法人旅行のセクターは今年の復活に向けて設定されている潜在的な顧客基盤の1つである。 高速Wi-Fiは、今後のバケーションレンタルに欠かせないアメニティになる。

(3). 直接予約の人気が高まった

Direct booking has become more popular
OTAがこのセクターを支配し続けている一方で、昨年のAirbnbIPOに後押しされて、旅行者はここ数年静かに直接予約に向かっている。 これは2021年の夏にピークに達した。 Hostawayのプラットフォームでは、直接予約の割合が20197月の4%から2020年には11%に増加し、現在は18%になっている。 これは、ゲストだけでなく、所有者や不動産管理者の両方から、このセクターへの信頼を示している。 ソフトウェアソリューションの数とインテリジェンスの増加により、専門家はマーケティングと販売を社内で行うことができる。 キャンセルされた予約によってお金を失う可能性が減少するにつれて、消費者は旅行計画と調査でより冒険的になっている。 Booking.comTripadvisorの両方が今年、ロイヤルティプログラムを再起動して、直接予約からこのシェアの一部を取り戻すことができたのは興味深い。

2022年の最初の調査

An initial look into 2022

他の業界メンバーが、現在の予約データから2022年の記録的な夏をすでに予測しているのを目にするかもしれない。 率直に言って、これに関する確固たるデータはまだ実際には存在しないが、これはこの時期には完全に当たり前のことであり、数か月間予約が急増することはないだろう。 初期の兆候は有望である。

特にワクチンや国境の制限など、さまざまな外的要因が働いているため、しばらく静観するゲームになるだろう。 これらの外的要因は、今年初めてバケーションレンタルを試した旅行者、伝統的にホテル、シティステイ、またはホステルを予約したことがある旅行者の興味をそそるものである。 それはどちらの方向にも行くことができる。 一方、最大のチャンスは、リピーター、特にパンデミック前にすでに定期的にバケーションレンタルに滞在している顧客にある。 過去18か月は、バケーションレンタルの価値を証明しており、ゲストの変化する旅行習慣を専門化し、それに対応できることを示している。 このセグメントの継続的な慣習は、将来的にセクターを維持する予定である。 来年の最大の課題は、間違いなく在庫供給の減少だ。 これは、バケーションレンタル業界だけでなく不動産にとっても重要な問題であり続けている。

著者:Marcus Raderは、Hostawayの共同創設者兼CEO

(9/22 https://bit.ly/3hXfZO1 )

 

15. 旅行ブランドのロイヤルティ開発

旅行がCOVID-19のパンデミックから回復するにつれて、旅行ブランドは、再訪問を奨励し、ポジティブなブランドイメージを構築する上で、ロイヤルティプログラムの有効性を再検討する必要がある。 Phocuswrightによる最近の調査によると、パンデミックにより、ロイヤルティプログラムのメンバーは新しいプロバイダーを試すようになった。 その変更の意欲は、プログラムのステータスによって異なる。

  • 地位の低いメンバーの30%は、ブランドを変えて何か新しいことに挑戦したいと言っている。
  • 中間層のステータスメンバーの22%は、変更する意思があり、
  • ステータスの高いメンバーの44%は、別のブランドを試してみることを厭わない。

この感情の強さに注目するのも興味深いことである。 ステータスの低いメンバーの33%だけがブランドを変更したくないと答え、中間のステータスのメンバーの29%は変更しないと答え、ステータスの高いメンバーの25%だけが新しいブランドを試したくないと答えた。

3つのステータスカテゴリすべて(低ステータスの38%、中間層ステータスの50%、高ステータスの31%)には、適正なオファーとマーケティング戦略によってロイヤルティプログラムから引き離される可能性のある、変更可能なニュートラルの広大な範囲がある。

マイルとポイントでは、もうロイヤルティを買うことができない。

Miles and points can’t buy royalty anymore.

通貨としての報酬は減価する資産であり、特に今では、ポイントやマイルを蓄えている顧客の経済的影響が持続不可能になっている。 たとえば、航空会社の分野では、負債が増加した為に、飛行したマイルの価値を減らしたり、特典を請求できる座席数を制限したりしている。 これはビジネス上の必要な措置かもしれないが、顧客をブランド支持者に変え、前向きな顧客関係を築き、収益を増やしながら顧客基盤を拡大するロイヤルティを促進するものではない。 マイルがなくなり、ポイントが消費されたら、何が顧客を維持できるかを尋ねる時が来た。 Salesforceの旅行とホスピタリティのシニア業界アドバイザーであるJacqueline Nunleyが指摘するように、旅行者は鬱積需要(pent-up demand)に対応した。 1年以上旅行を逃した後、一部の人は余分な現金を使うことができたかもしれない。 他の人は、シャットダウン中にロイヤルティステータスポイントが保持されており、それを有効に活用したいと考えている。 それはロイヤルのための新しい不均一な競争の場を作り出す。

「ロイヤルティポイントを使い果たした場合どうなるか? どのブランドもやって来て、あなたに感銘を与え、その特定のブランドや製品へのロイヤルティをつかむことができる。 適切な人々に適切な方法でメッセージを発信し、消費者を理解するには、効果的にマーケティングを行う必要がある。 これは、単なる当て推量ではなく、真のパーソナライズに関するものである。 あなたの以前の忠実な顧客の注目を集めている、他の競合ブランドの競争戦略がある。 ロイヤルティプログラムを持っているだけではもはや十分ではない。 体験的なロイヤルティ(experimental loyalty)に移行しているブランドは、彼らのより顧客に関連したメッセージのために利益を得るだろう」とNunleyは言う。

今、十分に粘着性があるか?

Are you sticky now?

あなたを思い出深いものにするのは何か? あなたの旅行ブランドが楽しい旅の一部としてなくてはならないものである理由は何か? オファーされた製品を提供するという基本を行うだけでは十分ではない。 また、意味のある方法で満足度を確認し、問題が発生したときにそこにいて、顧客の問題に適切に対応することも重要である。 「私たちが粘着性に強いことについて話しているとき、それは顧客擁護の概念であり、前向きな口コミであり、ワレットシェアを増やすのに役立つ」とNunleyは言う。

粘着性のある旅行ブランドについて考えるとき、旅行者が旅行途次で必要なものを提供することで旅行に不可欠なものとしての地位を固めたAmerican Expressに言及する必要がある。 信頼できる貨物輸送サービスとしてAmerican Expressが設立から提供しているすべての製品は、旅行者の資産を保護し、コミュニケーションを支援し、慣れない環境で役立つガイダンスを提供することに重点を置いている。著者兼カスタマーサービスコンサルタントのMatt Dixonは、特にB2Bクライアントにとって、記憶に残るようにしたい場合は、コミュニケーションの量よりも顧客とのコミュニケーションの質の方が重要であると説明する。 「ビジネス顧客の目から見て、ある会社を次の会社に分けるのは販売エクスペリエンスの質である。 したがって、ロイヤルティを生み出すという点で、販売が非常に重要であることが大きな影響を与える瞬間であることを私たちは知っている。 重要な瞬間は、何かがうまくいかず、顧客が会社に助けを求めたときである。 その瞬間、それは、会社がその相互作用を処理する方法である — 高努力または低努力の方法であるかどうかにかかわらず — 顧客が会社から購入し続けるかどうか、時間の経過とともに会社とより多くを費やすかどうか、そして会社のことを友人、家族、同僚などに良いと言うかどうかを決定する」とDixonは言う。 製品のエクスペリエンスも重要だと彼は付け加える。 その点で、粘着性または共鳴(resonate)は、製品エクスペリエンスの楽さと直接相関し、製品の知覚価値にも直接影響する。 労力の少ないエクスペリエンス、シームレスなエクスペリエンスを作成することで価値が高まり、顧客は正しい選択をしたと感じることができる。

旅行商品会社が提供するものが何であれ、これらの3つの要素(価値の保持、効果的なコミュニケーション、予期せぬ事態への効果的なサポート)により、旅行ブランドの粘着性は決定する。 結局のところ、宣伝されている通りに旅行商品を届けることは基本的な期待である。 そして、安心して旅行することほど値打ちのあることはない。しかし、旅がドミノのスタック(stack of dominos)である場合、粘着性のこれらの3つの要素を提供するための最良の方法は何か?  旅行者が航空会社に未解決の問題を抱えているとしょう。 後で遭遇する問題をどのように認識するか? ホテルは旅行者のうんざりした不満の矢面に立たされるか? このチェーンを逆転させるために旅行ブランドができることはあるか?

ロイヤルティのための正しい努力は何か?

What’s the right effort for loyalty?

COVID-19後の忠誠プログラムに関するPhocuswrightの研究は、ロイヤルティを動機付ける要因についてもいくつかの光を当てている。 たとえば、金額に見合った価値の提案と機会のギャップに対する強い選好がある。

·        航空会社のロイヤルティプログラムメンバーの62%が、金額に見合った価値が予約の決定を左右すると述べており、主要な航空会社のブランドが金額に見合った価値を提供していると答えているのはわずか38%である。

·        ホテルロイヤルティプログラムのメンバーの61%は、金額に見合った価値が予約の決定を左右すると述べ、45%は主要なホテルブランドがこれを提供すると述べている。 

プログラムメンバーは何を最も大切にしているか? Phocuswrightのロイヤルティ調査によると、優れたカスタマーサービスは、高い(48%)および低い(26%)ステータスのメンバーの間で航空会社のロイヤルティの最も強力な推進力であり、中間層のメンバーは、優れたカスタマーサービスと簡単な旅行計画によって均等に動機付けられている(33%)。

ホテルのスペースでは、ロイヤルティプライムメンバーも(47%)、優れたカスタマーサービスとロイヤルティプログラムが優れているという認識に動機付けられている。 中間層のメンバーは、優れたカスタマーサービス(34%)に最も意欲的であり、すぐに計画を立てることが容易である(33%)。下位層のメンバーは、ブランドへの信頼に最も動機付けられている(30%)。

全体的に見て、ブランドの相互作用(interactions)は、ブランドが優れた製品やサービスを提供しているという認識よりも強力なロイヤルティの動機である。

Matt Dixonが示唆するように、顧客エクスペリエンス(effortless customer experience)は最高のロイヤルティのビルダーである。 「キャプティブcaptiveとウイルフルwillfulのロイヤルティには違いがあると思う」とディクソンは説明する。 「ウイルフルは、この商品は違うので欲しい。このビジネスの顧客であり続けたいと考える場合である。キャプティブとは、他の場所に行くと機会費用が高くなるときである。 航空会社を切り替えると、もう一度、始めからやり直さなければければならない。 旅行会社はそれらの一流の顧客獲得のために必死に戦っている。 私は他の航空会社から定期的に、1年間のトップティアのロイヤルティプログラムと引き換えに航空会社の切り替えのオファーを受けている。「1年間試してみて、これらの旅行のしきい値(thresholds)と支出のしきい値に達すると、航空会社に応じて、エグゼクティブのプラチナメダリオンやダイヤモンドメダリオンなどになる。 現在の状態と一致する。 私の航空会社でのネガティブな経験のために、私はこれらの他の会社に乗り換えるかもしれないと思う時があった。 何が失われるのか? 彼らは赤いじゅうたんを広げて待っている。 彼らは私を望んでいる、そして彼らは、悪い経験の直後に私を捕まえに来る」 とDixonは語る。 旅行ブランドがトラブルや混乱を通じて顧客に楽なサービス(effortless service)を提供するとき、彼らはその変化する感情を逆転させることができる。 しかし旅行者のトラブルが、あなたの手に負えない場合はどうなるか?

以下省略

カスタマージャーニーの所有者は誰か?

Who owns the customer journey?

B2Bのロイヤルティ

B2B loyalty

調査はうまくいかない

Surveys don't cut it

約束を守る

Keeping your promise

(9/22 https://bit.ly/3EMyjmN )

 

16. ローラ、事業停止

中小企業に焦点を当てた旅行管理プロバイダーのLolaは、同社の「これからの新しいこと(new tings to come)」を引用したWebサイトの通知によると、サービス停止した。 Lola3年弱前にAmerican Express Global Business Travelとのパートナーシップを締結していた。 GBTによると、Lolaの事業が停止したことで、少なくとも今のところ、その法人顧客はAmex GBTの中小企業中心の旅行および経費管理プラットフォームNeo 1に移行している。 Neo 1、もともと昨年英国で発売されたが  7月に米国に拡大した。 

Lolaのウェブサイトで共同署名された通知の中で、会社のCEOであるMike VolpeCTOPaul Englishは、会社の「次の段階に関するエキサイティングなニュース」を宣伝したが、それらの将来の計画についての詳細は提供しなかった。 Lolaは、コメントの要求にすぐには応答していない。 

2016年にKayakの共同創設者であるEnglishによって立ち上げられたLolaは、その初期の頃に大きな注目を集め 、画期的な2018 年のAmex GBT提携とともに 8,000万ドル以上の投資資金を獲得した。 しかし、同社はCOVID-19の大流行の中で企業旅行の閉鎖に大きな打撃を受け、20203月に従業員の約3分の1にあたる34人の従業員を解雇すると発表した。  旅行の低迷の中でその製品を多様化するために、202010Lolaは、新たな企業支出と経費管理ツールLola Spend ロールアウトした Lolaの閉鎖は、中小企業と軽度の法人旅行管理企業向けの人気企業のUpside Business Travelが、COVID-19パンデミックの継続的な影響を理由にその終焉を迎えてから1か月も経たないうち に発生した。 しかし、中小企業に焦点を当てた旅行管理の新興企業は、パンデミックに起因する課題に直面しているため、確立されたTMCは引き続きそのセグメントにサービスを提供することを熱望している。 特にAmex GBTは、Neo 1プラットフォームの米国への拡大とともに、計画されているEgencia買収をその主要な推進力として、SMEビジネスの成長に熱心に取り組んできた。

(9/23 https://bit.ly/3AMWkbi )

 

17. RateGainMyHotelShop買収

RateGainは、コンプリメンタリーの会社を購入するという以前に発表されたコミットメントに固執し、MyHotelShopを買収する予定である。 インドに本拠を置く旅行技術会社による買収の条件は明らかにされていない。MyHotelShop2012年にドイツで創立され、ホテルの直接販売を増やすためのツールとサービスを提供している。AhornRubyNovumAlthoffなどを含む、約2,500のプロパティとチェーンで動作する。 RateGainによると、すべてのスタッフと経営陣が移籍し、8月、RateGain、今後の新規株式公開のためにインドの規制当局に文書提出した。 同社は新たな株式発行を通じて5,400万ドルを調達することを望んでおり、既存の投資家であるプライベートエクイティ会社TA Associatesの関連会社であるWagner Limitedと同社の創設者からの株式も売却される。 同社は声明の中で、調達資金はRateGain UKの債務返済、DHISCOの買収に関連する繰り延べ債務返済、および戦略的投資に使用されると述べている。RateGainは、3年前にDHISCO 非公開の金額で買収し、その流通の存在感を高めた。 同社は、201910月にHarmeet SinghCEOとしてスカウト し、毎年複数の買収を行う戦略を監督させた 

(9/24 https://bit.ly/2XVMc1q)

 

18. VIDEO:旅行の将来、多様性・公平性・包括性

組織が従業員と顧客の価値とニーズを再評価するにつれて、COVID-19のパンデミックの中で、多様性、公平性、包括性の概念が大きな注目を集めた。

しかし、次に何が来るのか? 旅行ブランドは、より包括的で持続可能な方法で、どのようにリセンタリング、採用、再構築に努めることができるか? Cultural Heritage Economic Allianceの創設者兼最高経営責任者であるStephanie Jonesは、旅行リーダーは多様性と包括性へのアプローチについて“意図的”でなければならず、その指示は上から来なければならないと語る。

[多様性、公平性、包括性]は、チェックボックスをオンにするために行う1回限りの短期的なことではない」と、JonesPhocuswrightDiversity in Leadershipイベントで講演した。 彼女は続けて、企業は多様性と包含を含める予算項目の準備をする必要がある。「その努力が持続可能である唯一の方法である」言う。 “リセンタリング、採用、再構築:旅行への道”というタイトルのセッションでは、 McKinsey & Companyの旅行、ロジスティクス、インフラストラクチャのアソシエイトパートナーであるパネリストのSusann Almasi Googleの旅行業界ディレクターSusie Vowinkel; Viageurの創設者兼CEOであるKristina Liburd(モデレーター)がJonesに参加した。 パネリストは、包括的な雇用慣行に加えて、労働力における偏見の役割、才能を引き付けて維持する方法、旅行ブランドが文化の構築に取り組む方法について話し合う。 以下の完全なセッションhttps://bit.ly/3zGrzDhを参照してください。(9/23 https://bit.ly/3AUOYTb)

 

19 社説:トリアドPlus変更、旅行サブスクの複雑さ

「今日、Tripadvisor Plusを介していつでもアクセスできるホテルは数万あるが、さらに多くの供給が必要であることは分かっていた。 私たちの信念は、より多くの供給が、より多くの旅行者がプログラムの利点にアクセスする能力に直接等しいということである」、これは今週のPhocusWireの記事で、TripadvisorのスポークスマンBrian HoytPlusサブスクリプションプログラムの変更に関する発言からの引用である。
YES
、確かに、Tripadvisor Plusプログラムに参加しているホテルの数が多いということは、加入者がプログラムの特典にアクセスする場所と方法をより多く選択できることを意味する。 ただし、旅行者がこれらの特典にアクセスする前に、Plusサブスクライバーになるには、実際には99ドルの料金を支払う必要があることを覚えておく必要がある。  6月に米国で発売された元のモデルでは、参加ホテルが予約時に手数料を支払う必要がなかったため、その年間サブスクリプション料金がTripadvisorの唯一の収入源であった(サブスクライバーに割引料金と特典を提供するホテルと引き換えに)。Tripadvisorは、加入者の数を開示していないが、この段階では会社が“十分”と見なしているものではないため変更を加えたと推測できる。 Hoytが説明するように、Tripadvisorは、より多くの供給を引き付けることを期待して、Plusプログラムの基本構造を変更した。 ホテル、特に大規模チェーンからの不満は、元のモデルでは、Plusが割引料金を公然と表示していたため、料金のパリティが問題であったというものであった。 今年の第4四半期から、Tripadvisor Plusは加入者向けのキャッシュバック特典に移行する。 参加ホテルは、公的にアクセス可能な最低の小売料金を提供し、予約時に手数料を支払うことになる。 チェックイン後、Tripadvisorは旅行者に、元のモデルの前払いの節約と同じ“価値のレベル”に相当する金額を支払う。これは、約1015%と見積もられているが、Plusが加入者へ手数料全額を送金するかどうかは不明である。この変更が意図したとおりに行われると仮定しょう。 ホテルの懸念を満たし、プログラムへの参加を促すことになる。 この動きにより、より多くの消費者が即座にPlusサブスクライバーになり、Tripadvisorの収益ドライバーになると信じるのは早計だ。

より長い視野を持っていても、消費者は、多くの場合、チェックイン時のキャッシュバックの遅れの不満に対して、99ドルを前払いする用意があるのか?  Tripadvisorは、Plusの特典はホテルの節約だけでなく、レンタカー、フライト、体験などの割引も含まれると指摘している。それは確かに魅力を増すが、頻繁なおよび/または高予算の旅行者にのみその可能性がある。 Plusを価値のある製品にするために、Tripadvisorは何人の加入者と予約を確保する必要があるか?  さらに、運用上の問題がある。 Tripadvisorによると、特典はチェックインから24時間以内にサブスクライバーに転送される。 しかし、Tripadvisorは世界中のホテルのチェックインデータにどの程度正確にアクセスするのだろうか。 その送金、そしてそれが計画している将来の“ウォレット”を、どのようにして実現するのだろうか。 また、Tripadvisorの貸借対照表は、チェックイン時に加入者に報酬を支払っているが、数週間後までホテルからコミッションを受け取らない可能性がある場合、どういう意味を持つことになるのか? Tripadvisor Plusに関する質問は残っているが、革新、テスト、そして必要に応じて最初からやり直すことを認識する価値がある。 Tripadvisorによると、これらの変更は、学習とフィードバックを取り入れた新製品の自然な進化を示している。 Plus製品が進化するにつれて、業界は注目するだろう。

(9/24 https://bit.ly/2XGKZL3)

 

20. ルフトハンザ、健康パスポートAPP開発

LHAmadeusと提携して、乗客が航空会社のモバイルアプリを介して健康に関する書類を確認できるようにしている。 リスクのないシェンゲン協定地域のフライトで利用できるこの開発は、現在11の航空会社で使用されているAmadeusTraveler ID for Safe Travelイニシャティブの一部である。 LHはまた、スタッフが空港のどこからでも旅行者に支援を提供できるようにするAmadeus Airport Companion Appを使用して乗客の健康に関する文書を確認することができる。  Safe TravelテクノロジーのTraveler IDは、関連する旅行の要件を自動的にチェックし、モバイルデバイスをチェックインに使用するときに、 乗客がQRコードを使用して予防接種の証明またはテスト結果をスキャンできるようにする。 このテクノロジーは、LHの医療検査パートナーであるCentogeneとも統合されており、このパートナーからの検査結果を持つ乗客は、キャリアのアプリにチェックインするときにドキュメントをスキャンすることもできる。 AmadeusのグローバルエコシステムイニシャティブのエグゼクティブバイスプレジデントであるMonika Wiederholdは、このテクノロジーは100万件の健康検証トランザクションに近づいており、今年はさらに10社の航空会社が導入される予定であると述べている。 彼女は、このテクノロジーはモバイルでのシームレスなチェックインエクスペリエンスを取り戻すだけでなく、航空会社の既存のデジタル環境内に乗客を維持することでもあると付け加える。 Traveler IDテクノロジーは、もともとデジタルIDイニシャティブとして考案されたが、パンデミックにより、健康要件が組み込まれるようになった。 Wiederholdは、COVID健康検証機能は1つの機能にすぎず、他の文書やチェックは将来デジタル化される可能性が高く、航空会社のチェックインだけに限定されることはないと付け加えている。 「これらの状況は、旅の途中やさまざまなタッチポイントで見られる。 ホテル、クルーズ、展示スペースに適用できる。 アクセスコントロール、身元確認、健康診断書などは、必要な一般的な機能である」と彼女は言う。(9/24 https://bit.ly/3ucR0uY )

 

21. トリップ・コム、国内旅行需要復活で有利

Trip.com Groupは、2021年の第2四半期に事業全体で91,200万ドルの収益を上げた。 この数字は、今年の第1四半期に獲得した62,800万ドルから増加し、2020年の4月から6月の期間の44,800万ドルから大幅に増加(86%)している。 CtripSkyscannerTrip.com ブランドの運営会社である同社 は、国内のホテルと航空券の総流通額(GMV)は2020年第2四半期よりも約150%多いと述べている。 多数の製品セグメントで、Trip.com Groupは、2020年の同じ四半期と比較して2桁の大幅な成長を遂げた。 Trip.com Groupは、2020年の同じ四半期と比較して2桁の大幅な成長を遂げた。 宿泊施設の収益は前年比96%増の38,000万ドル、航空および陸上輸送は80%増の32,000万ドルであった。 前年比で最大の急増はパッケージング事業であり、第2四半期に5,700万ドルが取り込まれ、これは182%の増加に相当する。 法人旅行関連の収益は、前年比で141%増加して6,000万ドルになった。 20214月から6月の報告期間の調整後EBITDA14,200万ドルであった。(9/24 https://bit.ly/3lQOaIw)

 

22. VIDEO:旅行プロダクトが中心となる時

世界的な危機を利用したとは誰も言いたくないが、過去20か月の間に、多くの企業が時間を使って戦略について深く考えるようになった。 旅行、観光、ホスピタリティセクターのあらゆるタイプのビジネスの優先順位が異なる中で、この反省の時期は、2019年後半の製品ロードマップにはほど遠い製品やアイデアの作成につながった。 しかし、製品開発を監督する部門には、そのような新しいイニシャティブと運用のバランスをとる方法、資金調達、アイデアの寿命の確保などの課題が存在する。 最近のTravelTech Show 2021 オンラインイベントで、旅行および観光組織のさまざまな部門の以下の3社の製品およびテクノロジーの幹部が、成功と失敗、およびどのタイプの製品が回復に勝つかを共有した 

パネルの特徴:

  • Hopperの最高戦略責任者、Dakota Smith
  • Jetblue Technology Venturesの社長、Amy Butt
  • TripActionsの共同創設者兼最高技術責任者であるIlan Twig

PhocusWireKevin Mayとの完全なインタビュー https://bit.ly/3zKcNvn をご覧ください・・・

(9/24 https://bit.ly/3o9b40k)

 

23. 920日の週の資金調達記事

·        Altacasa

高級別荘の分割所有権は、投資家にとって明らかに熱いものである。 エンジェル投資家からの200万ユーロのプレシードラウンドを発表したロンドンを拠点とするAltacasaは、今月3番目の資金調達スタートアップである。 先週、そのような最大の企業の1つである米国を拠点とするPacasoは、Softbank Vision Fund 2が主導するシリーズCの資金調達で12,500万ドルを調達した。

そして、9月の初めに、メキシコシティを拠点とするKokomo5,600万ドルのラウンドを終了した。 Altacasaを通じて、ユーザーは家の6分の13分の1、または半分を購入できる。 同社によれば、現在パイプラインに約12戸の住宅があり、英国のコーンウォール、フランスのプロヴァンスとアルプス、スペインのコスタデルソルなどの望ましい場所にある物件を中心に急速に拡大している。 Altacasaのテクノロジープラットフォームは、各プロパティのスケジューリング、クリーニング、および管理を処理する。 このスタートアップは、プロパティを追加するとともに、その資金を使用してテクノロジーを開発し、ロンドン、パリ、ルクセンブルグでチームを成長させると述べている。 Altacasaは、印紙税などの税金の費用を所有者全体に分散し、不動産費用とバンドルする。 所有者が自分の持分を売却したい場合、他の所有者は先買権を持ち、Altacasaはそのプラットフォームですべての再販を処理する。 所有者は、空港送迎、清掃、メンテナンスなどのサービスに対して月額料金をAltacasaに支払う。(9/22 https://bit.ly/3zxoEg7 )

 

·          航空会社収入管理 Flyr

一連の著名なベンチャーキャピタル組織からの15,000万ドルのシリーズCラウンドがFlyrによって確保され。 米国を拠点とするこの会社は、主要な投資家であり成長株式会社であるWestCapからの支持を得ている。

ラウンドに参加している他の企業には、Silver Lake WatermanWindrCoPeter ThielStreamlined VenturesJetBlue Technology VenturesGopher Asset Managementが含まれる。これは、20196月にシリーズB2,200万ドルを投資した後、これまでで最大のラウンドである。 新たな資本ラウンドは、テクノロジーの構築、カスタマーサービスチームの育成、戦略的買収のサポートに使用される。 Flyrは、この事業が航空会社の顧客のために140億ドル以上の収益を管理すると主張している。今月初め、FlyrFaredirect  xCheck を買収し 、キャリア向けのソリューションを強化した。

取引条件は明らかにされていないが、同社は買収により既存の機能に高度な補助収入と運賃マーケティング技術が追加されたと語った。  Flyrのコア製品には、航空会社の収益パフォーマンスを改善し、部門間の意思決定を統合するためのツールが含まれている。

* How I Got HereCEO Alex Manとのインタビュー、202011月にポッドキャストhttps://bit.ly/3lQzeKsを参照ください。

(9/22 https://bit.ly/3F0ROIG )

 

·          法人旅行のSpotnana

2019年後半からステルスモードで運営された後、今週、4,100万ドルがすでに調達され、投資家、アドバイザー、エグゼクティブとして数人の業界ベテランが関与する新しい企業旅行プラットフォームが立ち上げられている。

旅行管理会社WTMCの創設者であるSpotnanaの共同創設者兼CEOSarosh Waghmarは、クラウドネイティブでAPIに適したプラットフォームは、「単なる予約ツールや優れたUIではない。 これは、旅行用のAWSのように、根本的に深いものである」と語る。 Waghmarと共同創設者でCTOShikhar Agarwalは、 DecibelMubadala Capitalの参加を得て、ICONIQ CapitalMadrona Venture Group が主導し、2020年に700万ドルのシードラウンド、7月にシリーズAの資金調達ラウンドで3,400万ドルを調達した。

MubadalaのマネージングディレクターであるConcurの創設者で元CEOSteve SinghSpotnanaの取締役会の議長になり、ICONIQ CapitalのゼネラルパートナーであるExpediaDuettoの元CFOであるGreg Stangerが取締役に就任する。 American Express Global Business TravelおよびHogg Robinson Groupの元COOであるBill Brindleは、Spotnanaの業務担当副社長であり、ConTgoの創設者であり、American ExpressMeziTravelportなどの元幹部であるJohnny Thorsenは戦略およびパートナーシップの責任者となる。 Waghmarによると、Spotanaのアイデアは、2016年にWTMCでアメリカン航空と“世界初のNDCパイプ”を開発したときの経験から生まれたとのことである。 「当時、私は旅行の未来が配管(plumbing)にあることに気づいた。 配管を修理すれば・・・顧客とサプライヤーを勝ち取ることができまる。 Spotnanaが行っているのは、予約ツールを構築するだけでなく、コンテンツや流通スタックに至るまで、すべてのミッドオフィスと記録システムを構築することである。 私たちは航空会社やサプライヤーと直接連絡を取り合っている — それがそれをとてもユニークなものにしている。 前提全体がレガシー技術スタックに基づいて構築されているわけではないと彼は言う。 Spotnanaは、数十のソースから旅行在庫を提供し、人材、経費管理、持続可能性管理、およびその他のサービスのためにサードパーティのテクノロジープロバイダーに接続する。 同社はまた、その技術を代理店や旅行管理会社が利用できるようにしている。「旅行は非常に閉鎖的なビジネスモデルであり、誰もが自分で物を作り、それをサードパーティと統合しようとする。 私たちは、他の人々がSpotnanaの上にシステムを構築することを許可している。 これはオープンなプラットフォームであり、基本的に旅行では決して起こらなかったものである」とWaghmarは言う。 Waghmarはクライアントを指名しないが、同社にはすでに50を超える顧客がおり、そのほとんどは世界中に複数のオフィスを持つ企業であり、2つはテクノロジースタックをSpotnanaのプラットフォームに置き換えるTMCである。  Spotnanaは使用量ベースの価格設定を採用しており、Waghmarは、特にCOVIDのために旅行が停止したにもかかわらず、高額な契約に縛られたクライアントから好評を得ていると述べている。 SpotnanaTripActionsのような他の新しい旅行管理ソリューションとどのように比較されるかを尋ねられたとき、Waghmarは「これはプラットフォーム全体であるため、他のTMCがこのプラットフォームを使用でき、他のテクノロジープロバイダーが当社のツールを使用してその上に構築できる。 ・・・そして第二に、私たちはグローバルなフットプリントを持ち、グローバルに自社を解決しようとしている非常に異なる一連の顧客を追いかけている」と述べる。 Waghmarによると、Spotnanaのクラウドベースのマイクロサービスアーキテクチャは、世界中の数十の場所にいる従業員に数週間で導入できることを意味する。 Spotnanaには現在約120人の従業員がおり、すべての部門で“迅速に採用”を継続している。

「この機会の窓は、COVIDが私たち全員にとって不幸なことであったが、法人旅行の観点からすると、人々は本当に立ち止まって考え、そして前進する。

何が欲しいのか 組織をどのように旅行させたいのか? 将来の仕事のために従業員に何を提供したいのか? を、立ち止まって考えている。 それは多くの会話を生み出し、顧客からは非常に受け入れられてきた。 世界最大のバイヤーの何社かは、旅行を再建する時間があったとしたら、今がその時だと何度も共有している」とWaghmarは言う。(9/23 https://bit.ly/2Y0aAiD )

 

+++++

6月4日

九州で大手系列越え初の共同運航

米ユナイテッド航空、超音速機購入へ