海外事情・旅行流通

 

フォーカスライトJapanでは、PhocusWire Daily (phocuswire.com) の毎日のニュース

意訳して、毎週 月曜日更新の「海外事情」に掲載しています。

「海外事情」は、この他に TD 勉強会( www.e-tdb.com )と、その一部を 

トラベルジャーナル(TJ)の隔週コラム「FROM THE WORLD / 海外事情」にも

掲載しています。 

 

2020年以前の「海外事情」は、TD 勉強会 www.e-tdb.com のアーカイブにて 

ご覧になれます。TD = Travel Distributionの略です。)

 

 

TD海外事情 920日号 NEW

 

NDCに関するニュースが3つも掲載されている。「2. (TJ) NDCクリティカルマスへの障害」と、「7. ルフトハンザとトラベルポートのNDC新契約」と、「11. NDCの次は、コンテンツ投資とイノベーション」だ。

 

2. (TJ) NDCクリティカルマスへの障害」は、AmadeusのレポートNDC 2021 and Path to IndustrializationNDCのクリティカルマスを達成するテクノロジーに対する以下の “残りの5つの障壁” を伝える

 

(1). 単技術的準備を超えて進むために必要な商業的調整

(2). 航空会社のテクノロジーを適用するさまざまな方法の存在

(3). TMCの予約およびサービス技術におけるシステムの変革

(4).古いPNRとチケットの包括的なオーダーへの変更

(5).文化の変化

 

DLが、昨年9月に、NDCの開発一時中断を発表したとおり、パンデミックによる甚大な減収の影響で、確かにNDC展開に遅れが生じている航空会社が存在する。 しかしその一方で、「7. ルフトハンザとトラベルポートのNDC新契約」が伝えているように、大手航空会社の一部は、着実にNDCの導入の進展させている。 BAは、202012月に、2020年までにNDCトランザクションを全体の20%にするIATA開発目標をクリアした。 UAは、今年後半、Amadeus GDS上でNDCコンテンツの流通を開始する。 AAも、すでにNDC対応のコンテンツをAmadeusに提供している。 そしてAmadeusの幹部は2021年にはNDCの採用が世界規模で見られるようになると確信していると語る (726日号「6. UA航空、アマデウスとNDC」)。

 

NDCが、着実にその世界展開を突き進めているのか、それとも計画したタイムラインに遅れが生じているのかは、これらのニュースだけでは情報量が乏しく俄かに判断できない。

 

719日号 「7. 航空会社、NDC利用で異なる販売ルート提供」 は、Sabre Travel Solutions社長Dave Shirkが、5月の第1四半期決算説明会で、パンデミックのためにNDC取引は非常に低水準であり、大多数の航空会社が “この時点でNDC活動を一時停止または完全に停止した” と述べている通りパンデミック禍でNDCの勢いが失われたことは疑いの余地がないようだ。 そして、「11. NDCの次は、コンテンツ投資とイノベーション」は、NDCを含めてマルチチャネルによる航空コンテンツの取得が必要だとも言っている。

 

NDCとは直接関連しているわけではないが、「15. 出張者、パーソナルな航空旅行を気にする理由」が、『今日、企業と旅行サプライヤーをつなぐために、市場をゼロから発明して構築するとしたら、どのようになるか? あなたが知っていることをすべて忘れて、レガシーを学ばないで欲しい、それを機能させるために本当に必要なものを想像して欲しい』と言う問いを投げかけている。 そしてその解は、すべての人に開かれ、仲介者を必要とせずに、自動的に取引できる完全に透明であるオープンソース・ソフトウエアの採用になるだろうと言う。 これはブロックチェーンの “スマートコントラクト” によるもので、すでにいくつかの企業が、旅行流通のためのブロックチェーンの可能性を模索していると言う。

 

毎週のPhocusWireのニュースに見られる通り、トラベルテックが急速に進化している。 そしてパンデミックがそれをさらに加速していると言うのに・・・NDCにはクリティカルマス到達のための障害がまだ多く存在するというではないか。 そもそもこの通信技術標準は、XMLをベースにした共通言語であり、決して新しいカッティングエッジのテックが開発されているわけではない。

 

IATAは、201210月に公式にNDC開発承認、20148月に米DOT(運輸省)の認可取得、20159月に初の公式標準を世に出した。 開発承認から10年近くが経過していると言うのに、その歩みはどうも遅れがちだと感じてしまう。 NDC開発に時間がかかっている間に、最先端技術のブロックチェーン・テクノロジーの旅行への応用が進んでいるようだ。 ブロックチェーンを使うと仲介業者を排除することができる可能性があると言う。 GDSやクレジットカード会社も仲介業者に分類される

 

ところで航空会社の販売経費のうち、GDSセグメントフィーとクレジットカード手数料は、喉に刺さった大きな二つの棘だ。 1つ目の棘のGDSフィーについては、航空会社は直販拡大により何とか減少させるのに成功しつつある。LHをはじめ、欧州の大手航空会社はGDS経由の予約に割増料金すらチャージしている。 米系航空会社は、GDSを経由せず直接販売したエージェントにインセンティブを払っている。 DLは航空会社-GDS商用モデル内で標準的なフラットなセグメントフィーを廃止し、代わりにアンシラリー販売を含めた予約の価値に基づいてフィーを増減する新たな流通方式を導入した。

 

残るは、2つ目の大きな棘であるクレジットカード手数料だ。 これをブロックチェーンの導入で減少させることができたならば、航空会社の収支改善に劇的に貢献するだろう。(それどころか、仲介業者の旅行業者まで排除する可能性が出てくると言うのだから、そうなればインセンティブコミッションすら無くすことができるはずだ。)

今週号の「15」の記事がレポートしている通り、TravalaのようなOTAは暗号通貨での支払いを受け入れ、UATPでさえ暗号での支払いを可能にするパートナーシップを発表した Winding Treeと呼ばれる会社は、ブロックチェーンを利用して、クレジットカードをより安価で安全な支払い方法に置き換えるサプライヤーと旅行業者の間のピアツーピアの旅行市場を提供することを試験している。

 

96日号「10. 新興企業ステージ:Aeropayeのブロックチェーン」は、この新興企業がブロックチェーン分散型台帳テクノロジー(DLT)とNDCコンポーネントを使用して、航空会社の発券プロセスを合理化すると伝える。 この他にもModiHost726日号)や Aruba510日号)がブロックチェーンの応用技術を開発している。 NDCよりも、ブロックチェーンの採用が先になるなんてことがあるかもしれないと考えるのは性急し過ぎるか・・・。

 

この他、「22. 920日の週の資金調達記事」には、ソフトバンク ビジョンファンド2の、米Pacasoバケーションホーム共同所有プラットフォームと中国Keenon Roboticsに対する投資の記事があった。

(編集人)

 

 

目次

1. (TJ) NDCクリティカルマスへの障害

  (TJ) = トラベルジャーナル 1011日号 参照ください。

2. 旅行イノベーション対決開始

3. ロシアのオンライン旅行の鍵となる開発

4. GetYourGuideExpedia支援、Amazonバーチャルツアー拡大

5. トラベルマーケティングの無意識の偏見への対処                    閲覧第4

6. ホテル契約のテクノロジーイノベーション

7. ルフトハンザとトラベルポートのNDC新契約

8. 目的地体験の変革のためのデータとテックの役割

9. 航空会社、2020年アンシラリー増収

10. VIDEO:ロケーション ターゲッティング               閲覧第2

11. NDCの次は、コンテンツ投資とイノベーション                    閲覧第3

12. 新興企業ステージ:法人収益プラットフォームYour Pocket Fuel 

13. VoxelTroovo買収でB2B決済プラットフォーム強化

14. PhocusWire Pulse: レンタル増加

15. 出張者、パーソナルな航空旅行を気にする理由

16. VrboAirbnbのホストをスカウト

17. VIDEO: 旅行業界繁栄に役立つ希望の概念              閲覧第1

18. CWT、資本許可で負債解消

19. エミレーツ、VR搭載

20. 社説:リーダーはこの機会を差別化に利用しろ

21. 終わりのない観光                                                        閲覧第5

22. 920日の週の資金調達記事

 

 

2. 旅行イノベーション対決開始

Business Travel Show の“Faceoff”は、旅行のイノベーションの企業6社を選んだ。これらの企業は、今月後半に開催される対決イベントで、一連の直接の戦いでサービスを紹介する。プレゼンテーションもバーチャルで見ることができる。

PhocusWireの姉妹会社であるBTN GroupのエグゼクティブバイスプレジデントLouis Magliaroは、「持続可能性、コスト管理、サプライヤーリレーション、TMCの付加価値、旅行者中心の視点、これらすべて、そしてそれ以上のことが、バイヤーが毎年ビジネストラベルショーヨーロッパに参加する理由」と述べている。

参加している6社は次のとおり。

  • Climate Neutral Groupは、オランダを拠点とする企業で、企業がフライトコストを削減できるようにTravel Scan Programを開発した。
  • Element Travel Technologyは、企業のバイヤーに企業の旅行テクノロジーを提供するだけでなく、小規模な旅行管理会社(TMC)にもテクノロジーを提供する。
  • Grapevineは、TMCや予約の機会を逃した旅行者を対象とした、英国を拠点とするサービスである。
  • PayPenseは、ドイツを拠点とする旅行の支払いおよび経費のビジネスであり、旅行の購入を会社に請求して支払うことにより、現金前貸しを取り除く。
  • PredictXは、旅行マネージャーが旅行プログラムを更新し、無効になったものを削除し、将来のボリュームを予測するのに役立つ。
  • Meetingsbookerは、組織が最高の従業員を引き付けて維持し、どこからでも安全に作業できるようにするための新製品を、このイベントで発表する。

一方、GrapevineTravelTech ShowTrailblazer賞でも3位になった。

同社は、数日間のツアー技術スペシャリストであるTourAmigoと、B2Bクルーズアドバイス会社であるCruisewatchの次に入賞した。

審査員によると、1位のTourAmigoは、ツアープロバイダー向けの予約および予約テクノロジーで業界を混乱(disrupt)させる可能性がある。

今週開催されるTravelTech ShowバーチャルイベントのStevie Rackleyは、「彼らは、プレゼンテーションの品質と、旅行業界に画期的な価値を生み出す可能性について、特に高いスコアを獲得した」コメントしている。 ショーは、イベント中に18社の参加者から聴衆によって選ばれた受賞者と共にさらに2つのイノベーションの受賞者を発表する予定である。

TourAmigoCEOであるMurray Deckerは、「この賞は、ツアー旅行テクノロジーのグローバルマーケットリーダーになるというTourAmigoの使命をサポートするのに大いに役立つ。 ヨーロッパと米国への拡大は、この使命を達成するための私たちの旅の重要なステップである。Trailblazer Awardから得られた認識、ネットワーキングの機会、および製品の検証は、新しい機会を開くだけでなく、この海外展開の際に非常に貴重な助けとなるだろう」と述べている。TravelTech Showには、世界のさまざまな地域向けの特定のコンテンツを含む「follow the sun」形式が存在する。

(9/13 https://bit.ly/3tCyPyJ )

 

3. ロシアのオンライン旅行の鍵となる開発

インターネット(81%)とスマートフォン(73%)の普及率の上昇に支えられて、ロシアのオンライン旅行市場は2021年にその基盤を取り戻すと予測されており、収益は16%増加して84億ドルになる。Phocuswrightの最新の旅行調査レポートRussia Travel Market Report 2020-2024によると、オンラインの総予約数の伸びは、オンラインの普及率が高まるにつれて、2024年まで毎年旅行市場全体を上回る。

オンラインまたはオフラインの流通チャネルを使用しているかどうかにかかわらず、ロシア人はパンデミックの制限にもかかわらず、彼らの故郷が提供する観光の宝石を再発見している。これらのタイプの国内旅行は、2021年にロシアの航空会社、ホテル、鉄道、ツアーオペレーターの収益増加を促進する。

ロシアの旅行市場における5つの主要なトレンドと開発は次のとおりである。

(1). 航空会社は運航を継続している。ロシアのすべての航空会社の目標は、国境が再開し、アウトバウンドが再開したときに準備を整えることである。

(2). ホテルはbooking.comの裁判所の判決を待っている:中小企業の全ロシアの公的組織であるOPORA RUSSIAは、このOTA巨人の価格パリティ契約条項に法廷で異議を唱えることにより、Booking.comの特大市場での存在感を狙い打ちした。

(3). ツアーオペレーターは国境の再開を切望している。彼らは最も大きな打撃を受け、その結果、ロシアのツアーオペレーター協会によると、国内の小規模な旅行代理店の推定30%が恒久的に営業を停止している。

(4). パンデミックはオンライン予約を開始する。ロシア人は、ユビキタスインターネットアクセスとスマートフォンの使用により、国内旅行の願望を実現するためにデジタルトランザクションを採用している。

(6). ワクチン接種忌避は回復を危うくする:ロシアのスプートニクVワクチンは世界で最初に認可された。それでもこの国のワクチン接種率は他の先進国と比較して低い。

2021年半ばに症例数が増加し、ワクチンの躊躇が続く中、海外旅行のインバウンドとアウトバウンドの両方が大きな課題に直面している。 それでも、ほとんどのセクターで、オンラインの普及率は増加しており、特にモバイル検索の使用率が高いため、今後も増加すると予想される。

Russia Travel Market Report 2020-2024は、2024年までのロシアの旅行業界の市場規模、予測、および主要セグメント分析を提供する。

(9/13 https://bit.ly/3hwGf1D )

 

4. GetYourGuideExpedia支援、Amazonバーチャルツアー拡大

3年は長い旅の時間であった。特にその期間の約半分がCOVID-19のパンデミックに見舞われた。しかし、2018年の初めに、多くのオンライン旅行代理店の巨人がツアーやアクティビティのリーダーとしての地位を確立しようとスクランブルをかけたため、市場にいる保護貿易主義戦略の企業たちを取り巻くフェンスは少なくなっている。最新の例は、ExpediaGetYourGuide間で、ドイツを拠点とするプレーヤーの製品をExpediaが流通するという取極だ。

Expediaのかなり最近の新しい戦略は、サードパーティの在庫のアクティビティを公開することで、ペア間にパートナーシップが存在することを可能にする。 これにより、顧客はExpediaのサイトでGetYourGuideのコンテンツを検索して予約できる。GetYourGuideは、Expediaへの製品プロバイダーとしてライバルのViatorに対抗する。 このパートナーシップは今月開始され、GetYourGuideは、サプライヤーがExpediaに掲載するための技術的および運用上の要素を処理する。Expedia202012月にオフラインのアクティビティのコンシェルジュ事業を閉鎖し、現在はサードパーティから製品を調達する戦略に切り替えている。

一方、Amazonは仮想ツアーサービスを拡張して、小グループのアクティビティを追加した。場所は異なる最大7人の顧客が、同じライブエクスペリエンスを一緒に予約して参加できる。製品には、香港のバーチャルツアー、ブエノスアイレスでのアルゼンチン料理、メキシコでのコーヒー作りのクラス、コスタリカでの犬の救助センターが含まれる。 グループツアーの追加は、Amazon ExploreCOVID-19パンデミックの第1フェーズの最後に開始されてから、丁度1年後となる。(9/13 https://bit.ly/3C3PD4C )

 

5. トラベルマーケティングの無意識の偏見への対処

目的地が絶えず変化する制限や義務に適応するにつれて、DMOは、個人旅行をするのに1年以上待っている疲れた休暇をとる人たちを引き付けようとしている。 今日、旅行は検疫や予防接種を待つために費やされた時間を埋め合わせるという、より深い意図を持って販売されている。 旅行を取り戻すことは、ホスピタリティと観光のソーシャルメディアアカウントにとって素晴らしい考え方であるが、投稿やストーリーにこの “より深い意味” を適用するとき、彼らは何を誰に言おうとしているのだろうか。 意味のある旅行は、この再開をブランド化するための優れた方法である。 トレンディで非常に “ハッシュタグ付け可能”である。 “リベンジトラベル” に対する素晴らしいアンチテーゼだ。 ただし、実際の懸念はまだ残っている。

  • 目的地とその熱心な旅行者にとって意味のある旅行とはどういう意味なのか?
  • ホスピタリティリーダーとDMOは新しいオーディエンスにリーチしているか、それとも通常の期待されるゲストにプレイしているだけか?

意味のある重要な休暇をよりよく想像するために、誰もが広告を利用している。 しかし、あまりにも多くの場合、何かが欠けている。 旅行のすべての側面が示されているわけではなく、ブランドがこれらの美しい場所で見たいと思っているのは誰なのかということだ。

コンテンツが重要

Content matters

あなたの通常のコンテンツを再考し、意図的に影響を与える時が来た。2020年の国勢調査データのリリースは、米国の多様性について知る必要があるすべてを示しており、多文化および多民族として識別される市民の増加浮き彫りにしている。さらに興味深いことに、Havas Groupよると2035年までに高齢者が初めて子供を上回るにもかかわらず、米国の広告の約5%のみが50歳以上の人々を対象としている。GLAADGetty Imagesは、ストック画像からの洞察さえ提供した。 LGBTQIA+ コミュニティの視覚的表現は、米国および世界的に低く画一的なままであることを示している。より多様なキャストが主導するキャンペーンは、通常はトップ・オブ・マインド(第一想起)とはならない体験をするために出かけ、今日の旅行スペースで流行になっている。 LGBTQIA +、ブーマー、BIPOCの旅行者を特集したコンテンツを検討して、以前のソーシャルキャンペーンから取り残されたと感じたかもしれない旅行に熱心なグループと再び交流することを勧める。 直接の例、多様な声、多様なメッセージングでリードする能力により、DMOは本物の視点からすべての潜在的な旅行者に到達することができる。 ホスピタリティ、旅行、観光のリーダーも大胆に、そしてある意味でより挑発的になる可能性がある。 YES、これらのソーシャルメディアの投稿はすべて、美しい空中ショット、グラスワインを楽しむカップル、トレイルを打つ冒険家を特集しているが、実際にこれらの画像に関与しようとしているのは誰なのか?

意味のあるビジュアル

Visuals with meaning

素晴らしいハイキング、雪に覆われた山々、息を呑むような国立公園を強調する、冒険に焦点を当てた視聴者がいる目的地には、活動を促進するソーシャルメディアコンテンツがあり、強い視聴者とエンゲージメントがある。 ただし、目的地には、旅行者の新しい潜在的なオーディエンスに到達する絶好の機会があるが、それらの人々の中には、特定のDMOが彼らを歓迎していないように感じたり、自分たちが期待しているエキサイティングな体験がそこには不足していると感じたりする可能性がある。包括的なソーシャルメディアの感情調査によると、これらの目的地のいくつかが特定のタイプの旅行者に対して無意識に偏見を持っている可能性があることが簡単にわかる。 この見落としを克服するために、すべての旅行者を歓迎していると感じさせるために、新しい、より意味のあるマーケティング戦略が必要かもしれない。 フォロワーとのより深い会話を活用することが重要である。ソーシャルコンテンツを刷新する際に考慮すべきその他のアイデアは、旅行ロジスティクスや最も魅力的なアトラクションではなく、全体像に焦点を当てることである。 さらに、訪問者がソーシャルメディアで提起した可能性のある、現在地に関する誤解や問題に対処する。 DMOは、落書きやゴミの問題と戦う完璧ではない画像から、あまり知られていないインサイダーのヒントやコツまで、以前はタブーと見なされていたであろう、より多くのアップフロントのメッセージを使用できる。 意味のある旅行ソーシャルメディアの投稿は、すべての旅行者が目的地を訪れ、目的地が提供するすべてのものを安全に体験するための包括的な招待状である必要がある。

著者:Lizzy Duffy Andersonは、Sparkloft Mediaのシニアストラテジスト。

(9/13 https://bit.ly/3975tiG )

 

6. ホテル契約のテクノロジーイノベーション

旅行業界が再び独り立ちできるようになったとき、初期の兆候は、ビジネスを再構築する機会をつかんだ人々が、劇的に変化した状況で成功する可能性が最も高いことを示している。次に起こることは誰も分からない ― 私たちは確かに未知の領域にいる ― しかし今再構築することによって、大小の組織は競争の一歩先を行くことができる。

アジャイルであることはあるべき場所

Being agile is the place to be

ホテル、ツアーオペレーター、代理店、企業の旅行プラットフォームなどは、旅行ビジネスとして、ビジネスをより機敏にする方法を常に模索している。 つまり、これは、販売からアカウント、マーケティングに至るまで、ビジネスのすべての領域を調べ、イベントにどれだけ迅速に対応し、プロセスを強化し、必要に応じて新しいコースを作成できるかを自問することを意味する。非常に競争の激しいホテル契約業界(hotel contracting industry)では、ライバルに勝つことがすべてである。 敏捷性、柔軟性を向上させ、作業の複雑さを軽減することで、新しいゲストエクスペリエンスの作成やホテルの部屋の販売など、自分が最も得意とすることに多くの時間を費やすことができる。

旅行の新時代。物事を行うための新しい方法

A new era of travel. A new way of doing things

古い方法が常に最良であるとは限らない。ホテルの供給を増やしたいと考えている部屋の売り手は、多くの場合、困難な一連の障害に直面する。それが非常に複雑な官僚機構の層であろうと時代遅れの技術システムであろうと、企業は新しく革新的な仕事の方法を求めている。

チームは速く動きたいと欲している。そして、コントロールを保持

Team wants to move fast. And retain control

ホテルとの直接契約(direct contracting)と卸売業者の接続は常にこのミックスの一部であったが、どちらの方法でも大きな欠陥が明らかになった。 ベッドバンクなどの卸売業者を経由することで、部屋の売り手がスピードを上げると思われるものは、柔軟性とコントロールが失われることがよくある。 常に、ベッドバンキングの匿名性は、顧客体験のコントロールを失うことにつながる可能性がある。 たとえば、ゲストが部屋に問題を抱えている場合、その部屋がそのゲストに到達する前に何度も売られている可能性があるため、予約の発信元を見つけるのが非常に難しい場合がある。 一方、従来の直接契約は時間がかかる場合がある。 非常に遅い。必要なソフトウェアプログラムとアプリケーションの膨大な数に当惑させられる可能性がある。 これには、販売と契約、アカウント、コンテンツ、チャネル管理のためのソフトウェアが含まれ、交渉を数か月間引き延ばす。 現在の環境では、迅速な旅行ビジネスに必要なものはほとんどない。ここで、ImpalaConnectivityContracting APIソフトウェアなどの革新的なテクノロジーが驚異的に機能する。 超高速で使いやすく、使いやすいように考案されたこのホテルは、部屋の売り手がビジネスを強化できるようにする。

将来は不透明かもしれないが、それでもビジネスを前進させることができる

The future may be uncertain, but you can still drive your business forward

新しいゲストエクスペリエンスを作成したいルームセラーに、ホテルを即座に接続することのメリットは明らかだ。 部屋の空き状況を確認し、予約を管理する合理化された方法を探している人にとって、ImpalaによるConnectivityは、現在利用可能な最も速くて簡単な方法の1つである。また、ホテルへのアプローチや特別料金の交渉から取引の成立まで、以前は数か月かかっていたものが、Impalaによる契約により1,000倍簡単になる。 旅行プラットフォームは、Impalaプラットフォームを通じて展示された何千ものホテルに一気に到達し、コストのかかる統合と無限の交渉サイクルのすべてを一度に終了する。何ヶ月もの電子メールと電話をImpalaに委託することができる。

パートナーとの関係を擁護する

Champion your relationships with partners

Impalaなどの新しいテクノロジーの採用が進むにつれ、パートナー(および潜在的なパートナー)とのより強力な関係が続くと信じる理由は随所にある。

好むと好まざるとにかかわらず、ホテルは多くの場合、直接予約した方法に関連してゲストを扱う。 ホテルに直接予約する人は、最終的に卸売業者を通じて部屋を取得したゲストよりも優遇される可能性が最も高くなる。最新のテクノロジーを介してホテルと直接連携することにより、旅行会社は予約がどこから来ているのかを正確に知ることができる。 さらに、彼らはゲストにオーダーメイドのユニークなサービスを提供するプライベートディールを作成することができる。 これはあなたのビジネスに価値を追加し、長期的にはより高い透明性とより強い関係をもたらす。 最近の旅行は少し違って見えるかもしれないが、このセクターの企業は、テクノロジーの助けを少し借りれば、生き残るためだけでなく、持続的な成長のために戦うことができる可能性がある。

著者:Charlie CowleyImpalaの共同創設者。(9/13 https://bit.ly/3ny52pP )

 

7. ルフトハンザとトラベルポートのNDC新契約

LufthansaTravelportと流通契約を結び、現代の小売業と技術革新への道を開いている。 LHTravelportの両方がNDC技術標準に関連する機能を開発し続けているため、長期契約の開始は2022年の前半になる。ローンチ時に、TravelportAPISmartpointエージェンシーデスクトップソリューションを介してNDCと従来のATPCOコンテンツを提供する。Travelportの最高商務責任者であるJason Clarkeは、「これにより、コンテンツを並べて比較できるようになる。 LHが提供し、バンドルして提供(オファー)する属性は、LH独自の製品範囲および同じルートを運航する他の航空会社と比較することができる。 変更、払い戻し、キャンセルのサービスの部分は非常に重要である。APILHと接続してそれを確実に処理する必要がある。 そのすべてを促進する上でLHがそれを解釈する方法と(NDCの)バージョンを確認する必要がある」と述べている。Lufthansa Group Network Airlinesチャネル管理担当シニアバイスプレジデントであり、SWISSCCOであるTamur Goudarzi Pourは、すべてのLHパートナーが接続されている必要があり、「これが機能するものであることを市場に信頼させる」必要があると付け加えている。 同氏によると、LH Groupには、基本的なコンテンツの流通コスト(DCC=distribution cost charge)を削減するための中小規模の代理店向けのNDCパブリックモデルがある。 Lufthansa Groupは、2015年半ばGDSの予約にDCC料金課した最初の航空会社であった。 一方、このNDCの二者間モデルは、大規模な顧客や特定のコンテンツを必要とし、LHおよびTravelportとの契約を結ぶ必要がある顧客向けの製品とサービスの完全なスイートになる。Clarkeはさらに、Lufthansa Groupの航空会社からNDCコンテンツを保護するなど、3つの理由(注)からこの取引が重要であると説明する。

 

(注)筆者に確認したところ、3つとは:

the three reasons Travelport says it's important are:

access to Lufthansa's NDC content

longevity and stability for retailers

strategy alignment of Travelport's distribution strategy and Lufthansa's retail strategy.

 

同氏はまた、この合意は「特にパンデミックを乗り越えたときに、共同代理店(joint agency)の顧客に永続性と安定性をもたらす。 これは、小売業全体のエクスペリエンスを向上させるのに役立ち、特にマルチソース流通に関する業界の革新を加速するという私たちの計画と非常に一致している」と述べている。 最後に、Clarkeは、Travelportの小売戦略とLHの流通戦略を一致させることが重要であると述べている。

業界の回復

Industry recovery

Goudarzi Pourは、NDCが業界の回復に不可欠であると信じている。

「誰もが持っているすべての手段を使用し、回復軌道に戻るためだけにすべてのコンテンツを同じチャネルに配置することを余儀なくされていると言う人もいる。 特定のコンテンツは技術的にはエディファクトの世界ではもはや表現できないため、COVID後の世界ではNDCチャネルに明らかな利点があると信じている。 たとえば、継続的な価格設定(continuous pricing )はすでに適用されており、NDCチャネルでのみ使用できる。 それに合わせたコンテンツ要素がさらに増え、顧客に合わせて実際にカスタマイズすることが重要になる」と語る。 彼は、 dynamic ancillariesなど、開発中の他の機能も、古い流通方法では不可能であると付け加える。Goudarzi Pourは、NDCを企業の世界と流通チェーンを構成するすべてのプレーヤーのために機能させるという、現在NDCにとって最大のハードルに取り組むと述べている。Clarkeは、アグリゲーターとしてのTravelportの観点から、それは「テクノロジーの解釈における一貫性である。 私たちはそれを実装している、または実装を検討している航空会社がたくさんあるが、解釈が少し異なるので、一貫性が高いほど、すべての機能を簡単に実行でき、サービスサイドの実行をより容易にできるので、より簡単にエクスペリエンスを向上させることができる」と付け加える。 Amadeus今週、上記の残りの課題と、商業協定を含む、NDCのクリティカルマスに到達するための他の課題に焦点を当てホワイトペーパーを発表した。 LHも最近Sabreと販売契約を結んだが、Amadeusとはまだ契約を結んでいない。 Goudarzi Pourは、議論が進行中であり、「各プレイヤーと進歩するためのあらゆる種類の方法がある」と述べている。(9/14https://bit.ly/3AbCZ3a )

 

8. 目的地体験の変革のためのデータとテックの役割

データと政府技術のバックグラウンドを持つシンガポール政府観光局の新しい最高技術責任者であるWong Ming Faiは、観光組織だけでなく、国の旅行業界のエコシステム全体の野心的なデジタル変革を推進している。 彼は最近のインタビューでこれを行うための包括的なステップを概説している。

Q. LinkedInにリストされている彼の最初の仕事は、Whiz Bang! Labsのプログラマーであった。 楽しそう。そこで何を作ったのか? そして、あなたはこの経験からどのような教訓を得たか?

WhizBangLabsは、機械学習を専門とする大学の教授によって設立されたスタートアップであり、彼らの焦点は、企業がインターネットを自動的にスキャンして情報を探し、その情報を構造化された形式に抽出して消費しやすくすることであった。 主な使用例の1つは、会社のWebサイトの求人広告ページをクロールし、役職、仕事の説明、採用会社、連絡先番号など、利用可能な仕事のリストを編集することであった。この情報は、Monster.comなどの求人検索Webサイトに掲載できる。 プロセスが自動化されているため、手作業を大幅に節約できる。 機械学習は、インターネット上の情報の海から関連するWebページを選択することから、役職などの関連情報の最終候補ページをどこで探すかを特定することまで、この作業の多くを強化した。 ここで、この機械学習エンジンの一部を構築していた。 WhizBangLabsでの私の任務は、私のデータへの情熱を強化した。 データを通じて明らかにできる洞察と、人工知能や機械学習などのテクノロジーを通じて達成できる多くの可能性に興味をそそられた。その情熱が私のその後のキャリアの選択を導き、さらにはSTBでの現在の役割にまで繋がった。 これは、データが観光セクターにもたらす可能性のある多くの可能性に惹かれたためである。

Q. Oracle CorporationMITでの短期間の勤務を除いて、あなたはシンガポール観光局(STB)に参加する前にシンガポール保健企業省やEnterprise Singaporeなど主に政府の技術に携わっている。 あなたを惹きつける政府の技術とは何か? 特に、パンデミックの管理において政府の技術が重要であったこの時期に、政府の技術でより大きな違いを生むことができると思うか?

テクノロジーへの情熱を追求すると同時に、スマートな国になるというシンガポールのビジョンに貢献できることには意味がある。保健省に在籍していたときは、National Electronic Health RecordsNEHR)プロジェクトに携わっていた。 数年後、父が治療を受けている病院にいたとき、医師はNEHRを利用して、別の病院に保管されていたにもかかわらず、父の医療記録にアクセスすることができた。その時、以前の貢献の影響を感じ満足感を覚えた。 より良いeサービスを一般に提供することから、組織としてより生産的かつ効果的に機能することまで、シンガポール政府がテクノロジーの面で達成したことを誇りに思う。 公衆がSafeEntryTraceTogetherなどのテクノロジーと非常に定期的にやり取りしたため、この影響はパンデミックを通じて最近明らかになっている。

Q. 政府の技術に関するあなたの経験を踏まえると、シンガポールの観光業の再開を支援する上で政府の技術はどのような役割を果たすことができるか?

たとえば、トラベルパスの開発には多くの作業がある。 シンガポールはIATAトラベルパスと提携しており、テマセクのアフィニディもトラベルパスを開発している。 政府の技術は一般的にどのように回復を助けることができるか?

安全かつ進歩的な方法でシンガポールの国境を再開するにつれ、テクノロジーは地元の人々と訪問者の両方に安全でシームレスな体験を可能にする上で重要な役割を果たしている。COVID-19検査のデジタル証明書や旅行の安全性を高めるワクチンなどの技術の開発とは別に、政府は、企業が清潔さと衛生標準を高める革新的な技術ソリューションを採用するためのSTBのビジネス改善基金(BIF)などの助成金を通じて支援を提供している。 たとえば、当ホテルはBIFを利用して、ゲストにシームレスな体験と安心を提供する非接触型テクノロジーと仮想コンシェルジュサービスを導入している。 ホテルには、顔認識技術を活用してゲストの身元を認証するE-Visitor AuthenticationEVA)システムイニシアチブへの参加を奨励している。 その後、ゲストデータがICAに送信され、滞在の有効性が確認される。 これにより、渡航文書を手動でチェックするプロセスが不要になる。 大量のレジャー旅行がすぐに回復する可能性は低いため、私たちの観光およびライフスタイルビジネスは、消費者がシンガポールを遠くから体験し、常に頭を悩ませ、市場が回復したときの需要を構築できる方法を探し続ける必要がある。マーケティングを強化するプラットフォームを探している企業は、STBが開発したワンストップのデジタルリソースプラットフォームであるSTBTourism InformationServices HubTIH)を利用して、シンガポールの観光サービスや旅行ソフトウェアサービスに関する関連情報にアクセスできる。 このプラットフォームにより、企業は、アトラクション、飲食物、モール、ショップなどの複数のカテゴリにわたる4,000を超えるリストと13,000を超えるメディア資産、およびRecommendation EngineItinerary Plannerにアクセスできる。 リアルタイムの情報更新は、アプリケーションプログラムインターフェイス(API)を使用して、TIHにリンクされたすべての観光関連Webサイトおよびモバイルアプリケーションにプッシュされる。 TIHを使用すると、観光事業者は製品の露出を増やし、マーケティング活動を拡大して、より多くのチャネルに到達し、消費者基盤を拡大することができる。 また、他の観光事業と連携して、コラボレーションを模索し、相乗的なパートナーシップを構築することもできる。

Q. あなたの役割は、「シンガポールのダイナミックで活気に満ちた革新的な観光セクターを形成するためのテクノロジーとデジタル化戦略の策定と調整」だ。 簡単な説明だが、その中には示唆に満ちたことがたくさんある。あなたの上位3つの優先事項は何か?

STBのテクノロジー変革戦略の上位3つの優先事項は次のとおり。

(1). シームレスなエンドツーエンドの訪問者エクスペリエンスの作成

私たちのビジョンは、拡張現実やスマートサービスなどのテクノロジーを介してシームレスで没入型のエクスペリエンスを提供するために、データに基づく顧客中心の考え方を採用して、One Singapore Experienceを作成することである。

·        シームレスなエクスペリエンスを提供するために、訪問者の旅を計画して摩擦点を特定し、訪問者が通過する必要のあるステップ数を減らす方法を確認した。 次に、VisitSingapore.comVisit Singapore AppSingapore Visitor Centersなどのさまざまなプラットフォームを介してシームレスな訪問者エクスペリエンスを提供し、これらのプラットフォーム間のシームレスな移行に向けて取り組んでいる。

·        さらに、訪問者の旅のさまざまな部分からデータを収集し、それらを使用して訪問者の好みを理解する。この理解により、訪問者に訪問先の推奨を行い、訪問の旅程を提案することもできる。

·        さらに、STBTourism InformationServices Hubとチャネルを統合することにより、パートナーがチャネルを通じて有用なコンテンツと推奨事項を提供できるようにする。没入型の体験を提供するために、ARが訪問者の体験を改善する方法と、シンガポール観光へのARの採用を促進する方法を提案する拡張現実戦略を作成した。

(2). シンガポールを旅行の未来のための生きた実験室に変える

そのためには、需要側、つまりシンガポールの観光事業をレベルアップするとともに、供給側に介入してシンガポールの最先端技術プロバイダーを導入する必要がある。 そのため、需要側では、観光事業が変革するためのリソースを提供するTcubeなどのイニシアチブを通じてデジタル変革を促進する。 供給側では、Singapore Tourism Acceleratorのようなイニシアチブがあり、世界中からシンガポールに技術ソリューションと人材を引き付けて、観光セクターを強化している。 また、GoogleAirbnbなどのテクノロジー業界と提携して、観光向けの新しいデジタル製品を共同で作成している。

(3). STB内でテクノロジーとデータ機能を構築する

最後に、STB役員の間でデジタルツールとデータの幅広い使用を促進したいと考えている。 Singapore Tourism Analytics Network Stan)のデータ分析を利用して、消費者インサイトを通じてマーケティングを強化したり、潜在的な訪問者を引き付けるためのデジタルプラットフォームとコンテンツを利用したりしている。

TCubeについて教えて欲しい。旅行業界がそのリソースと機能を活用できる3つの方法を挙げ欲しい。そしてこれまでのところ、最も需要の高いサービス/製品は何だったか?

STB20214月にTcubeを立ち上げた。これは、STBの既存のデジタルイニシアチブのいくつかを、新しいリソース、プログラム、ソートリーダーシップコンテンツとともに単一のプラットフォームに統合するハイブリッドイノベーションスペースである。 Tcubeは、すべてのデジタルリソースに一か所で簡単にアクセスできるようにし、観光事業がエクスペリエンスを変革および再設計するのを支援し、全体的なデジタル変革をサポートする。Tcubeで利用可能なリソースとデジタルイニシアチブは、3ステップのLearn-Test-Buildフレームワークの下で編成されている。 短期的には、観光事業者が学習すること、つまり、デジタルトランスフォーメーションの現在の状態を理解することを奨励したいと考えている。そのために、STBTourism Transformation IndexTXI)を発表した。これは、以下で構成される自己診断ツールである。

·        観光セクターとSTBにとって変革が何を意味するかについての共通言語を提供するフレームワーク。

·        企業の変革の現状を診断する自己評価ツール

·        その後、企業に的を絞った推奨事項を提供するレポート。

また、データ分析のeラーニングプラットフォームであるData Collegeを立ち上げた。 これは、初心者向けのデータ分析の基礎から、企業がレベルアップするにつれてより技術的なトラックまで、さまざまなコンピテンシーレベルのトレーニングリソースを提供する。

次に、Tcubeは、概念実証とパイロットを通じて世界初の革新的なソリューションをテストベッドする観光イノベーターのコミュニティを育成することにより、観光ビジネスがテストするためのオープンイノベーション環境を促進する。

Singapore Tourism Acceleratorプログラムを通じて、私たちは企業が高品質のソリューションを開発するためのサポートを継続し、観光業界のプレーヤーと一緒にそれらを試験的に導入している。これまで、Acceleratorは、最初の3つのコホートで35の業界ソリューションを開発するために25の新興企業をサポートしてきた。例えば:

·        Wheel the Worldは、Sentosa Development Corporation SDC)およびShangri-La Hotel と提携して、障害を持つお客様のアクセシビリティを向上させた。 Wheel The Worldは、スマートなアクセシビリティ評価、推奨事項、トレーニングを通じて、SDCShangri-La Hotel が障害を持つ旅行者のニーズに合わせて製品とサービスを適応させ、シームレスなエンドツーエンドの体験を生み出すことを可能にした。

·        Copthorne Kings Hotels (Millennium Hotels and Resorts) は、デジタルトランスフォーメーションイニシアチブの一環としてWooHooと提携し、客室内のゲストの安全性とエクスペリエンスを向上させる次世代の音声アシスタントスピーカーであるWooHoo X-Seriesを導入した。ゲストは音声コマンドを使用して、電話をかけたり、照明を制御したり、音楽やテレビなどの室内エンターテイメントを再生したり、トイレタリーをリクエストしたり、室内での食事を注文したり、部屋での体験を調整したりできる。目的は、スタッフの呼び出しを20%削減し、室内での食事を少なくとも30%増やし、リアルタイムの運用上の洞察を提供することである。

Cohort 4が現在進行中であるため、最新のパイロットの結果を見るのを楽しみにしている。

Q, 持続可能性はシンガポール政府の重要な目標であり、STBの最高経営責任者であるKeith Tanは、シンガポールを“持続可能な革新的な都市の最高の目的地” として位置付けることであり、“持続可能な観光商品と経験をテストベッドするための最適な場所” になりたいと述べている。 現在取り組んでいることで共有できるものはあるか? どのような製品や体験がこのカテゴリに分類されるか?

私たちの観光関係者の何人かは、すでにそれぞれの持続可能性の旅に乗り出した。 たとえば、Sentosa島は2030年までにカーボンニュートラルを達成するという野心的な目標を設定し、Wildlife Reserves SingaporeMandai Ecological Restoration Planやそのグリーン調達ロードマップなどのイニシアチブで環境の持続可能性と保全の目的を擁護している。さらに、Singapore Hotels AssociationSHA)は昨年、Hotel Sustainability CommitteeHSC)を設立した。 この委員会は、Singapore Tourism BoardSTB)、National Environment AgencyNEA)、Singapore Food AgencySFA)で構成されている。 HSCは、持続可能性と商業的価値を結び付けるソリューションと戦略を概念化し、シンガポールを環境に配慮した宿泊施設として宣伝する。 HSCはまた、ホテル業界によるサステナビリティへの取り組みの現状を調査し、今後35年間の堅牢なサステナビリティロードマップの基盤となる可能性のある課題と機会を特定する。 SHAは、後日、HSCの詳細を共有する予定である。 Singapore Tourism Accelerator内では、旅行および観光業界の将来性を保証するソリューションを開発している有望な企業を探し、それらを観光企業とマッチングさせて、実行可能なソリューションを実現する。 実際、一部の参加企業は、自社のプロパティでの廃棄物、水、エネルギーの使用を削減するための問題ステートメントをすでに作成している。 たとえば、地元の新興企業であるLumiticsは、AI、データ分析、画像認識ソフトウェアを組み合わせたソリューションを通じて、MillenniumCopthorne International Limitedが食品廃棄物を削減しコストを削減するのに役立たせた。

次のAcceleratorの実行では、サステナビリティ関連のテクノロジーソリューションを開発するための範囲を広げている。 観光事業の持続可能性の目標を追跡、監視、達成できる革新的なテクノロジーソリューションを開発する企業がプロポーザルを提案することを歓迎する。

Q. より持続可能になりたい旅行会社はどのように旅を始めるべきか? それは測定と追跡から始まると言われている ― あなたが与えることができる実際的なアドバイスはあるか? 

それは考え方の転換から始まる。 持続可能性イニシアチブは、長期的には、より効率的なプロセス、リソースの使用、およびより少ないコストを意味する可能性がある。 企業は、持続可能性がビジネスにとってどのように意味をなし、それが正しいことであるかを超えて、自社のビジネスプロセスとモデルにどのように適合するかについて考える必要がある。

Q. 技術は才能なしには存在できない。 そして旅行会社は現時点で技術会社と才能を競うのに苦労している。この課題にどのように対処できるか?

私たちの観光事業は、技術者を引き付ける仕事になるように仕事を再設計する必要がある。 これをうまく行うには、企業はまずテクノロジーがビジネスの変革にどのように役立つかを理解し、次にテクノロジーの才能者たちに説得力のあるビジョンを明確にする必要がある。 私たちの観光事業は、技術動向に遅れずについていき、より革新的でユーザー中心になるのに役立つスキルを身に付ける必要がある。 そのため、STBが主催する一連のテクノロジーとイノベーション関連のコース、ワークショップ、ウェビナーであるTech Collegeを通じて、市場における最新のテクノロジー開発とベストプラクティスについて学ぶことを勧める。 拡張現実に関する新しいモジュールをリリースする予定である。 詳細については、間もなく発表する。

Q. 現在、テクノロジー/トラベルテクノロジー全般で起こっている最もエキサイティングなことは何か?

人々が旅行し、観光サービスを体験する方法に大きな影響を与えるであろう主要な傾向のいくつかはここにある:

·        エクステンデットリアリティ複合現実(XR)は、拡張現実(AR)、仮想現実(VR)の組み合わせを使用して仮想世界と物理世界を融合し、オンラインとオフラインの分割を橋渡しする没入型体験を作成する。 観光業では、これはゲーミフィケーションを介して行うことができ、記憶に残る方法で消費者に情報を提供して、顧客エンゲージメントを強化し、コンバージョンを促進し製品を宣伝する。 また、COVIDの中で安全性を優先する非接触でシームレスな体験を提供するためにも使用できる。 観光企業はすでにXRを使用して、ゲストに没入型の体験を提供している。 たとえば、バーチャルファッションフェスティバルがある。 今年、Front Rowはハイブリッド形式に軸足を移した。 バーチャルリアリティ(VR)で作成された3Dファッションビレッジと、エクステンデットリアリティ(XR)テクノロジーを展開してファッションモデルをユニークな3Dランドスケープに転送するファッションフィルムを特集する。 旅行前から旅行後までのXRエクスペリエンスの使用を加速するために、STBは、観光事業で使用できる自由に使用できる3Dアセットのライブラリに投資している。 5Gの登場により、観光事業は4K解像度の没入型体験でARXRの限界をさらに押し上げることができるようになる。

·        ロボットは、人間の行動を再現し、タスクから取得したデータ駆動型の洞察を提供するために、単純で反復的なタスクを完了することができる。 ホテル業界での潜在的なユースケースには、ハウスキーピングサービスが含まれる可能性がある。 たとえば、ホテルはロボットを使用して、汚れたリネンや部屋の備品を輸送し、手動輸送による部屋の売り上げのボトルネックを減らすことができる。 サービス提供ロボットなど、自律移動が可能なロボットも、人の介入なしにサービスを提供することで、安全と衛生を向上させることができる。

·        人工知能により、機械は人間と同じように機能し、反応できるように、感知、理解、学習することができる。 AIは機械学習に適用され、データセット内のパターンと関係を認識して、ビジネス上の意思決定のためにリアルタイムと予測の両方の消費者パターンを提供する。 たとえば、ホテルはAIを使用して食品廃棄物を特定し、リソース計画を最適化している。 これにより、食品廃棄物と食品コストが削減され、環境の持続可能性に貢献している。

*この記事はもともとWebinTravelに掲載された。

(9/14 https://bit.ly/3tL0Jsj )

 

9. 航空会社、2020年アンシラリー増収

COVID-19の影響により、2020年の航空旅客数と収益は50%以上減少したが、いくつかの航空会社は、アンシラリーな製品とサービスから収益を押し上げた。

IdeaWorksCompany、によって作成された2021年のCarTrawler Yearbook of Ancillary Revenueによると、昨年、AllegiantSpiritViva Aerobus、およびWizz Airは、総収益の50%以上をアンシラリーから獲得した。Wizz Airはトップストップにあり、アンシラリー収益は総収益の55.9%を占めており、2018年のViva Aerobusの過去の最高記録である47.6%を上回る。レポートには、世界中の75の航空会社によって自主的に開示されたデータが含まれている。 これらの航空会社のうち73社の2020年のアンシラリー総収入は347億ドルに減少した。  2020年に50%の大台を超えた4つの航空会社に加えて、50の航空会社は、2019年と比較して2020年に“総収入のパーセントとしてのアンシラリー収入” の数値が増加した。データを提供した75の航空会社では、アンシラリー収入が総収入の14.6%を占め、2019年の12.1%から増加した。もちろん、これの一部は、パンデミック中の座席収入の減少によるものである。 レポートが認めているように、2020年の構成比の増加は、パンデミック中で運賃が割引され、受託手荷物や割り当てられた座席などの主要なアラカルトサービスの料金が高かったために発生した。 しかし、CarTrawlerの最高商務責任者であるAileen McCormackは、航空会社のサポートの源泉としてのアンシラリー収入の力も示していると述べている。 「パンデミックに伴うアンシラリー収益が収益の半分を超えていた主要な航空会社をいくつか見た。 これは、コアビジネスではないことを考えると驚くべきことである」と彼女は言う。

(9/14 https://bit.ly/395znUi )

 

10. VIDEO:ロケーション ターゲッティング

Big Techが、目的地の消費者をターゲットにする技術的能力の提供を停止するという迫り来る脅威にもかかわらず、ブランドはまだ自由に使えるたくさんの戦術を持っている。 旅行ブランドや観光組織は、さまざまな方法でその場所の顧客に関するデータを収集できる。 この機会は、多くの企業にとって現代のマーケティング戦略の中心であり、目的地で行うアンシラリー製品やその他のことに関するオファーを送信するチャンスを提供する。 一部の旅行関連ブランドは、ツアーおよびアクティビティプロバイダーに対するホテルのアプローチと固有の違いがあり、他のブランドよりも活用する(capitalize)のに適した立場にある。 そして、DMOによって行われるより広いブランディングエクササイズがある。 それでも、旅行サービスの検索と発見(そして予約)におけるその遍在的な役割を考えると、現在Googleをポートフォリオに数えることができるBig Techブランドをはじめ、常に対処すべき脅威が存在する。 パーソナライズされたロケーション技術プロバイダーであるStrollCEOである John Eberhardtが、先月のPhocusWire PulseDigital Marketing Tacticsイベントの最終セッションで、これらのトレンドとターゲットマーケティングトレンドの他の要素について話した。

PhocusWireLinda Foxとの完全なインタビューはhttps://bit.ly/398Oo7Oのとおり。(9/14 https://bit.ly/3980qyn )

 

11. NDCの次は、コンテンツ投資とイノベーション

NDCは、COVID-19がすべてを変えるまで、法人旅行部門で最も熱狂的なフレーズの1つであった。実際、過去18か月間にNDC技術標準のテーマに当たってはまった不気味な静けさにより、多くの人が、新しい流通機能への投資が鈍化し、航空セクターの甚大な収益減少の影響を大きく受けていると推測している。

しかし、静かな嵐は決して無視されるべきではない。 多くの企業と同様に、航空会社はパンデミックを使用して、すべてが通常どおりのビジネスである場合に注意が必要な根本的な変更をテスト、試行、および導入してきた。 同様に、旅行管理会社(TMC)は、さまざまな予約プラットフォームがどのように機能するかを確認し、旅行の再開時に対応する重点分野の計画を立てた。 明らかなことは、1つのものですべてに対応できるわけではないということである。 NDCGDSを完全に置き換えるわけではなく、企業、TMC、航空会社の連携方法を根本的に変えるものでもない。

チャネルの選択と柔軟性

Channel choice and flexibility

マルチチャネルの選択は、COVID-19とともに生きる世界に登場する際の重要なテーマである。 そして、究極の柔軟性と選択の必要性は、価格だけではない。それは、企業が予約のプロセスのどこにいても、その時点で機能するさまざまなチャネルとプラットフォームで販売する適切な旅行コンテンツを用意することである。また、2つの旅行が同じように処理されることはない。

世界はしばらくの間変化しており、パンデミックは持続可能性やwellbeingなどの要因への関心を加速させている。 最も安いフライトオプションは、炭素排出量の点で最も高いか、複数の乗り換えがある可能性が最も高い。 今日、価格は、どの運賃を選択するかということだけの、全ての意思決定の部品の1つに過ぎない。 TMCとしては、クライアントにさまざまなソースを検討することを勧める。 TMCは、すべてのオプションを提供し、あるプラットフォームを別のプラットフォームよりも選択することの利点を示す必要がある。 もちろん、魅力的な価格を超えた運賃に伴うものを強調することは私たちの目的だ。 ただし、クライアントが必要とするものは予約によって異なる。 予約プラットフォームは、ユーザーが複数の競合するソースから番組を選択できる洗練されたスマートTVのようなものである必要がある。ほとんどの人は地上波TVを見るだけでなく、さまざまな加入者パッケージ、無料のオンラインコンテンツ、昔からのお気に入りのチャンネルの間を行き来している。スマートTVはこれを認識し、ボタンを押すだけで、Netflixが推奨するタイトル、オンデマンドイベント、独立したコンテンツクリエーターからのYouTube映画、または高価な大人気映画をシームレスに表示できる。 旅行の予約も同じだ。 TMCの役割は、NDCプラットフォームなど、将来的に優れた旅行コンテンツが提供される複数のソースを予測し、クライアントがミックスの一部にアクセスできるようにすることである。 NDCはこれの重要な部分となる。また、航空会社がパーソナライズとマーチャンダイジングのオプションに投資するにつれて、NDCはますます魅力的になる。 しかし、多くの航空会社が独自のNDCプラットフォームを持っているため、TMCは多くを理解しなければならない問題に直面する。

応答性と柔軟性のあるテクノロジー(Responsive and flexible technology)がすべてである。 パンデミックをきっかけにNDCを優先事項ではなくなったとして却下した人々は、この眠っている巨人を誤って判断した。 NDCコンテンツから生じる変化と機会に対応できることは、優れたTMCであるための重要な部分である。

コンテンツの課題

Contents challenges

もちろん、運賃を販売するための適切なテクノロジープラットフォームと商業契約を結ぶことは言うまでもなく、NDCやその他の旅行コンテンツの革新についていくことはチャレンジングなことである。 NDCは、eコマースが実店舗を凌駕したのと同じように、新しい警備員を古い警備員から分離していると言う人もいる。 しかし、私たちの見解は、すべてを適切に組み合わせることが重要だということだ。 最近、GDSプロバイダーから、ヨーロッパ最大の航空会社のいくつかのNDCコンテンツがプラットフォームを通じて利用可能になるという発表があった。 また、一部のTMCは、GDS外のNDCコンテンツにはアクセスしないと述べている。 これは、最初は障害物が取り除かれたように聞こえるかもしれないが、詳しく調べると、実際にはそうではないことが分かる 。航空会社は実際、GDSが “full content” を保証していないことを確認している。

彼らの立場は、GDSプラットフォームを介してNDCコンテンツの大部分を流通することを意図している一方で、NDCの旅に出たエージェントやイノベーターにも報酬を与えたいというものである。特定の業界ニッチにサービスを提供しているTMCは、GDSでは利用できない直接チャネルで特定のNDCコンテンツにアクセスできるようになる。このコンテンツの多様性と範囲は少し不明確なままであるが、明確なパラダイムの変化を反映している。 最大のボリュームを持つクライアントは、間違いなく、主要なTMCGDSNDCチャネルを介して簡単に取引できる割引を請求できる。 ただし、適切な顧客をターゲットにする能力を実証する革新的なエージェントは、GDSではなく直接NDC接続を介して来る旅行者に合わせた最も魅力的な運賃を目にする可能性がある。これは、企業の旅行バイヤーにとって、航空会社がより的を絞ったNDCコンテンツを通じて直接旅行者に焦点を合わせるため、一元化された割引と規模のメリットが損なわれることを意味する。 TMCとしての私たちの役割は契約上の所有者に焦点を当てているが、合意された割引を超えてどのようなオファーがあるかを知ることは常に重要であると私たちは常に主張してきた。 これにより、より丸みを帯びた全体像の把握が保証される。将来を見据えたテクノロジープラットフォームは常に不可欠であるが、専門家のサービスなしでは成功しない。 パンデミック禍の旅行ナビゲートは、旅行の予約の多くがオフラインで、ハイタッチのサービス環境になった。あなたがテクノロジープラットフォームであることに長けているだけなら、あなたは本当に無防備な状態になる。 熟練したTMCは、どの眠っている巨人を近くに置いておくべきか、そしてどの嵐を通り抜ける価値があるかを知っている。 NDCは、将来の企業の旅行予約の大きな部分を占めるが、採用する重要な旅行コンテンツソースはNDCだけではない。エキサイティングな機会が引き続きあり、これは他の旅行コンテンツプロバイダーからの革新を推進する。 次は? 変化と混乱(disruption)を受け入れる準備ができていることは、始めるのに良い場所だ。

著者:Adam Knightsは、英国、ヨーロッパ、中東、ATPIの地域マネージングディレクター。(9/15 https://bit.ly/2XfT7C1 )

 

12. 新興企業ステージ:法人収益プラットフォームYour Pocket Fuel

Your Pocket Fuel(蘭アムステルダム)は、ホテルが出張や企業移転からリードを生み出すのを助ける企業販売プラットフォームである。 20209月に開始されたこのプラットフォームは、公的および私的なソースからのデータを組み合わせて、会社のホテルと移転の需要を予測する。 ホテルの法人売上高はホテルの総売上高の最大70%を占めているが、販売プロセスは30年間変わっていない。 今日まで、ホテルの営業マネージャーは、優れた営業ツールを自由に使用することなく、年間を通じて2か月もの期間を販売の調査に費やしている。 ホテルが資金を失っている時代に、Your Rocket Fuelは、ホテルの販売チーム向けの独自の販売プラットフォームを通じて、人件費を削減しながら、企業の収益を増やすのに役立つ。 専門家や潜在的な顧客へのインタビューに基づいて、不動産、モビリティ、コワーキング業界での製品適応の需要が確認されている。

ホテルやサービスアパートの販売チーム向けの販売プラットフォームを構築している。 マップインターフェイスを介して、主要な企業の洞察、旅行と移転の情報、関連する業界と都市のニュースを含む、質の良い、指定された場所のリードを見つけることができる。 このプラットフォームは、パブリックソースとプライベートソースを通じて収集され、独自のアルゴリズムによって分析されたパブリックデータとプライベートデータの両方を組み合わせたものである。

総アドレス可能市場内でのプラットフォームの潜在的な収益は、25,000万ドルのARRAnnual Recurring Revenue))である。年間SaaSサブスクリプションを販売することで収益を上げている。(9/15 https://bit.ly/3Ex37rQ )

 

13. VoxelTroovo買収でB2B決済プラットフォーム強化

B2B決済のスペシャリストであるVoxelは、非公開の金額でTroovoを買収した。 オーストラリアを拠点とするTroovoは、Robotic Process Automationを使用して、トランザクション処理コストを削減している。 Voxelは、TroovoのテクノロジーをbaVel Payプラットフォームに統合して、GDS接続と、支払いを最適化する意思決定エンジンを提供することを計画している。 スペインを拠点とするVoxelは声明の中で、テクノロジーの統合を通じて「摩擦のないプロセスが達成可能であり、より良いビジネス成果を可能にする」と述べている。 また、baVel Payプラットフォームは、請求と支払いの完全なサイクルを処理できるようになると付け加える。 同社は、シドニーとメルボルンにTroovoのオフィスを置き、アジア太平洋地域での事業拡大を可能にする予定である。 Voxelは、Flight CentreWebbedsQBTなどの既存のTroovoの顧客と引き続き連携する。(9/15 https://bit.ly/39aI1kt)

 

14. PhocusWire Pulse: レンタル増加

PhocusWire Pulse イベントは、旅行、観光、ホスピタリティの単一のトレンドまたはトピックに専念する、業界リーダーの一連の仮想集会である。

今年で6回目のイベントでは、代替宿泊セクターの開発の急速な進展に焦点を当てる。 パックされたプログラムには、テクノロジー、ニッチを対象とした出張、ポリシーと規制、顧客獲得などに関するディスカッションが含まれる。

PhocusWire PulseRentals On The Riseは、2021927日月曜日の東部標準時午前10時から行われる。 この最新のイベントはSalesforceによってサポートされている。 

イベントには、次の講演者が参加する。

  • Airbnb、ポリシーディレクター、Chris Lehane
  • Rentals Unitedの共同創設者兼最高マーケティング責任者、Vanessa de Souza Lage
  • RVShare製品担当副社長Melissa Fortenberry
  • Jacqueline NunleySalesforce、旅行およびホスピタリティのシニア業界アドバイザー
  • Cuddlynest、共同創設者兼最高執行責任者、Ritesh Raj
  • Phocuswright、マネージングディレクター、Pete Comeau
  • AnyPlaceCEOSteve Naito
  • HomeToGoCEOPatrick Andrae

·        Transparent、エグゼクティブチェアマン、Drew Patterson

このイベントのインタビュアー:

  • Linda Fox、シニアレポーター、PhocusWire
  • PhocusWire、シニアレポーター、Mitra Sorrells
  • PhocusWire、ニュース編集者、Jill Menze
  • PhocusWire編集長Kevin May

 (9/15 https://bit.ly/3zhsxWu )

 

15. 出張者、パーソナルな航空旅行を気にする理由

出張はCOVID危機によって正面から打撃を受けた。専門家は、2019年のレベルに達することは決してないだろうと報告しており、Zoomが出張を殺したと一般的に言われている。 私は、個人的に出張は回復すると信じているが、優先順位は異なる。 ビデオ会議はほとんどの社内会議に取って代わる可能性があるが、人間との対話ではなく、主に電話に取って代わる。 高速列車や企業の承認プロセスなどの他の要因は、パンデミックの前に存在し、すでに出張パターンに影響を与えている。また、持続可能性はCOVIDの前にすでに空の旅の取り組むべき問題の最上位にあり、それはそこにとどまっている。 パンデミック後の出張の将来の変化については、他の場所でも見つける必要がある。

旅行者は、注意を求めている

Travelers want attention

空の旅でビジネス旅行者にとって最も重要だったのはスケジュールと価格であり、ホテルでは場所と価格であった。すべての検索システムは、当初、この仮定に基づいて設計された。 健康と持続可能性が最重要課題になっている今、顧客は航空会社が彼らを気にかけていることを知りたがっているだろうと推測できる。しかし彼らは、航空会社に説明責任を負わせて、すべてのフライトで注意を払わせるのか?  旅行者に代わって、法人の顧客は、優先サプライヤーを選択するとき、旅行を計画するとき、そして旅行自体の間に、これらの3つの段階で航空会社が注意することを期待している。まず、優先サプライヤーは、企業に関連するすべての意味で、健康と持続可能性への取り組みを示すことができなければならない。持続可能性のために、これには、たとえば、CO2排出量が少ない新しい航空機や使い捨てプラスチックの禁止が含まれる。 第二に、旅行者が旅行を計画するとき、航空会社はすべての関連情報とサービスを提供する必要がある。 たとえば、健康関連の旅行制限やフライトのCO2排出量の場合の保険だ。 アクセシビリティも含める場合、ディスプレイには、接続を含む各フライトの車椅子アクセスを含める必要がある。 第三に、旅行中、顧客は安全でタッチレスな体験を期待する。

マインドセットシフト

Mindset shift

健康と持続可能性へのこの注意は、考え方の変化を表している。 私たちは、空の旅を商品であり、効率が高く、工業化されていると考えている。しかしそれだけではない。 現在の危機がそれを証明している。空の旅は、運送業者の注意または注意が必要なサービスなのだ。  人々が空の旅の “ウーバー化(Uberization)” を探したとき、彼らはそれが、パイロットが彼ら自身の自家用機を飛ばすことを意味すると思った。 実際、Uberは資産を所有せずにネットワーク効果を生み出すだけではない。 それは考え方の転換でもある。人々は、インターネット上で出会った未知のドライバーを信頼して、安全に家に帰ることができるだろうか?  Uberは、町を横切る道を見つけるのに熟練したプロのタクシーで乗るのと比較して、5つ星のドライバーと会うときに適切なゲストエクスペリエンスとの信頼関係を築くことができた。 空の旅のウーバー化は後者から来ている。 この考え方は、AからBに安全に移動するだけでなく、経験、健康、環境への配慮からも変化している。

航空会社は注意の必要性を実現できるか?

Can airlines deliver on the need for attention?

次の質問は、航空会社が提供する能力についてである。 当然のことながら、慣性があり、一部の航空会社は従来の業務に集中し続け、気にしないだろう。

そして、おそらく一部の顧客にとっては問題ないだろう。 しかし、ほとんどの航空会社は気にかけていると思う。 一部の航空会社は、各顧客の期待を理解し、それに応じて提供できるように、すでに “顧客中心” のデジタル変革を開始している。 何百万人もの旅行者を運び、世話をするとき、それは挑戦だ。しかしそれはそれに取り組む価値がある。 顧客を気遣う航空会社の考え方は、小売業者のように振る舞うことだ。 彼らは、適切なタイミングで適切なオファーを提供する能力に焦点を合わせている。 たとえば、顧客の要件を満たす代替の輸送モードがある場合、航空会社はそれに接続する必要があることを意味する。

このような航空会社は、運賃とエクスペリエンスに関する詳細で透明性のある情報を提供し、すべての売り手と仲介業者が同じレベルの情報を提供できるようにする。顧客中心主義は、決定を下す必要があるときにテストされる:航空会社は、顧客に関連情報を提供できない売り手と取引を続ける必要があるか?

航空会社からのオファーが顧客に表示されない “キャッシング” について考えてみて欲しい。 

新しい旅行市場

The new travel market places

企業と航空会社が健康、持続可能性、ケアの条件について合意しているが、仲介業者に関連する技術的および商業的理由でそれを実施できない場合はどうなるか? 今日、企業と旅行サプライヤーをつなぐために、市場をゼロから発明して構築するとしたら、どのようになるか? あなたが知っていることをすべて忘れて、レガシーを学ばないで欲しい、それを機能させるために本当に必要なものを想像して欲しい。このマーケットプレイスは、隠れた料金(hidden fees)などなしで、すべての人に開かれ、完全に透明である。これは“オープンソースソフトウェア” と呼ばれている。 企業と旅行業者の間の契約、および各予約またはオーダーは、安全な共有データベースにコード化されており、仲介者を必要とせずに自動的に実行できる。これは “スマートコントラクト” と呼ばれる。 この新しいマーケットプレイスが設置されると、その周りに多くのサービスを開発できる。 主な利点は、企業が旅行業者のコンテンツにアクセスすることを妨げるものはなく、その逆も同様である。

出張の未来

The future of business travel

これは空想科学小説か? もはやそうではない。いくつかの企業が、旅行流通のためのブロックチェーンの可能性を模索してきた。 支払いの面では、TravalaのようなOTAは暗号通貨での支払いを受け入れ、UATPでさえ暗号での支払いを可能にするパートナーシップを発表した。 しかし、クレジットカードをより安価で安全な支払い方法に置き換えることは氷山の一角にすぎない。Winding Treeと呼ばれる会社は、そのような旅行市場を提供している。これは、企業と旅行業者の間のピアツーピア接続を提供する。関連する旅行情報へのアクセスは直接であり、ショッピングは透視的であり、データは2つのエンティティ間でのみで直接交換され、決済は即座に実行できる。 他の企業も旅行の流通を破壊する(disrupt)ことに取り組んでおり、1つのオープンソースプラットフォームでID管理、接続、支払い、決済のオプションを提供している。

ビジネス旅行者の場合、健康プロトコル、CO2排出量、車椅子へのアクセス、または会社に付与された特別な手当に関する関連情報の取得の結果、旅行計画時のエクスペリエンスが変化する。 この情報のアベイラビリティは制限されなくなった。 OTAまたはGDSは、この関連情報を表示するメリットがなくなった。 テクノロジーにより、すべてのサプライヤーからすべての顧客にこの情報を大規模に表示できるようになった。実際、何も変わらなければ、出張は2019年のレベルに戻らない可能性がある。COVID、在宅勤務、ビデオ会議は、旅行需要にいくらかの影響を及ぼす。同時に、健康、環境、個人的な旅行体験など、他のトレンドも働いている。 情報、ケア、パーソナライズは、旅行者の信頼を回復する。 新しい旅行市場は、この旅行のパーソナライズを可能にする。 出張の回復は、私たちが思っているよりも早く起こるかもしれない。 新しいマーケットプレイスは、旅行のパーソナル化を起こす。

著者:Eric LeopoldIATA15年間過ごし、現在は独自のコンサルティングエージェンシーを所有しており、Winding Treeのアドバイザーを務めている。

(9/16 https://bit.ly/2XlJGRy )

 

16. VrboAirbnbのホストをスカウト

Vrboは、より多くのホスト、特にAirbnbホストを引き付けるキャンペーンで、カナダ、フランス、英国の代替宿泊施設のホストをターゲットにしている。

Fast Startプログラムは、20213月に米国で開始され、まだサイトに参加していない経験豊富なホスト(および“スーパーホスト”)が認知度と収益を向上できるように設計されている。Fast Startを使用すると、レビュー評価が4.5以上で、過去1年間に3,000ドル以上を獲得したホストは、プラットフォームを使用して最初の90日間、Vrboで昇格したポジションを獲得する。 Expedia Groupが運営するVrboは、このプログラムによって予約が25%増加し、予約された宿泊が50%増加し、ホストの総予約額が140%増加すると主張している(米国の1,600ホストのサンプルサイズに基づく)。 この動きは、2020年半ばにいくつかの旅行制限が緩和されたときに始まったセクターへの関心の波を捉えるために、2つの代替宿泊施設の巨人の間で進行中の戦いの一部である。

Expediaの関係者によると、米国でのキャンペーンの導入は “非常に成功” し、Vrboのキャンペーン開始以来 “数千人のホストが参加” した。サイトにリストされているプロパティは、他の旅行サイトからのレビューに基づいたレビュースコアを表示する “New to Vrbo” バッジで示される。個々のレビューは表示されないが、スコアはホスト自体から、またはVrboによってスクレイピングされたデータから提供される。 この指定は、個人の所有者またはマルチプロパティアカウントで利用でき、Vrboはホストのサインアップを専用でサポートする。ホストは参加するためにVrbo専用である必要はない。

最近Transparentからの新しい分析により  、ホストのサイズとそのプロパティのレビューの質と数の両方に関連する代替宿泊スペースのコントラストが示された。 AirbnbVrboBooking.com  Tripadvisor7月のデータを見る と、プロパティの数が少ないホストは、多くのプロパティを管理しているホストよりもレビュースコアが高く、プロパティあたりのレビュー数が多くなっている。

(9/16 https://bit.ly/39d8hdV )

 

17. VIDEO: 旅行業界繁栄に役立つ希望の概念

過去18か月の前例のない出来事は、多くのレベルで同様に個人と企業のための目覚めの呼びかけとして役立った。 実際、社会的、経済的、環境的観点から進行中の変化は非常に劇的であり、現時点の真の重要性 ― と約束を ― 見失うことは簡単である。 Accentureのタレントと組織のマネージングディレクターであり、北米のリードインクルージョンとダイバーシティであるBlair Taylorは、「人々は自分の時代の問題に集中するので、実際にはチャンスが見えない」と述べている。

しかし、TaylorPhocuswrightの今週初めのオンラインイベントDiversity in Leadershipで、彼が言うところの “希望の持続的な現実(persistent reality of hope)” は、直面する手元の課題に対処するだけでなく前方の解決策を見つけることに役立つと語っている。

「私たちが今生きている時代を考えると、人類とテクノロジーのこのバランスが取れている。 これは私たちがこれまでに見たことのないものであり、毎年どんどん速く動いている。 これらすべての[課題]は、解決策を見つけるための企業の介入と企業の関与を叫んでいる」とPwCとスターバックスの元幹部であるTaylorは言う。 多様性、公平性、包括性に関して、企業はマクロレベルで考え、ミクロレベルで行動する必要がある ― 内部と外部の両方で ― とTaylorは続ける。 「“希望の永続的な現実” は私たちの繁栄にどのように役立つのか」というタイトルのセッションで、Taylorはまた、企業のリーダーが真の共感を得るのに意図的に不快感になるために努力しなければならない理由を説明する。

「これを無視しているのなら、未来を無視していることになる。 それらを無視しているのなら、成功することは不可能だと思う。企業の観点から、企業が前進するためのこれほど重要な時期はなかった。 また、企業は今よりも優れたリソースやインセンティブを持っていた時期はなかった」と彼は言う

以下のPhocusWireJill Menzeとの完全なインタビューhttps://bit.ly/3kfCYFG をご覧ください。(9/16 https://bit.ly/3tOnZFT )

 

18. CWT、資本許可で負債解消

旅行管理会社のCWTは、既存の金融関係者との資本増強契約の一環として、35,000万ドルの新しいエクイティ資金を調達している。自己資本の注入に加えて、契約の条件には、ほぼ9億ドルの債務の撤廃が含まれている。

Travel Weeklyの姉妹誌であるBeatは、債券保有者がCWTの債務を株式と交換し、Carlson Holdingsを会社の過半数株主としてまとめて置き換えると報告している。 CWT CEO Michelle McKinney Frymire は声明のなかで、世界的な投資会社であるBaringsなどが主導する資本増強計画は、「事業をさらに成長させ発展させるための重要な財源」を提供すると述べた。CWTの金融関係者は、“実質的な長期流動性” でCWTをサポートし、CWTへのすべてのビジネスパートナーおよびその他の商品やサービスのプロバイダーに全額が支払われるようにすることを約束した。CWTは、今後数週間で計画の正式な承認を求めることを開始する予定であり、合意は今年後半に完了する予定であると述べた。「この合意により、パンデミックを乗り越え、クライアントと旅行者に業界をリードする体験を生み出す投資を加速し、CWTがすでに進行中の回復から利益を得ることができるようになる」とFrymireは述べている。

*このストーリーはもともとTravel Weeklyに掲載された

(9/16 https://bit.ly/2Zd7JDn )

 

19. エミレーツ、VR搭載

Emirates航空は、OculusストアでのVRアプリケーションを立ち上げた初めての航空会社と主張している。このアプリを使用すると、将来の乗客は、ファーストクラスの製品、機内ラウンジ、広いキャビンなどの施設を表示し、コックピットを探索できる。コンテンツは、EmiratesWebサイト、モバイルアプリ、最近ではOculus Riftデバイスを介して表示できる。Emiratesのスポークスパーソンによると、2018年に最初のVRの取り組みを開始し、バーチャルリアリティ体験への投資を続けている。この技術はスペインを拠点とするRemacenと共同で開発されたもので、コンテンツを更新して、航空会社のプレミアムエコノミーキャビンと最新のA380インテリアを含める予定である。顧客は、Google CardboardなどのVRヘッドセットを使用してチェックインする前に、3Dシートマップを介して座席を表示および選択することもできる。Emiratesはまた、顧客がOculus VRアプリ内から目的地を探索し、フライトの予約と支払いを行えるようにすることを計画している。 航空会社は、近年の異なる仮想と拡張現実アプリケーションをテストしている。ヴァージンアトランティックは、SITAとの提携により乗組員の訓練のためにVR利用している。 ニュージーランド航空は、旅行のインスピレーションのためにAR体験を立ち上げ ている。 ブリティッシュ・エアウェイズとカンタス航空はどちらも機内体験のためのVR技術を試している。(9/17 https://bit.ly/3tPogZa )

 

20. 社説:リーダーはこの機会を差別化に利用しろ

「私たちは結果のある生活(lives of consequence)を送っている。 私たちは皆リーダーである。違いを生むのにこれほど良い時期はなかった」、今週のPhocuswrightDiversity in Leadershipイベントのクリップで、Accentureの才能と組織のマネージングディレクターであり、北米のリードインクルージョンとダイバーシティであるBlair Taylorからの引用。 過去20か月間、リーダーシップの欠如を示したことを認める企業のc-suiteエグゼクティブはほとんどいないだろう。 彼らは、その立場のおかげで、困難な時期に、そして組織を反対側に導くために決定的な行動が必要なときに、労働力を鼓舞するためにそこにいる。 もちろん、企業の多くの従業員は、リーダーシップチームが責任を果たせず、スタッフは計画を立てずに、ある課題から別の課題へと単純に走っていると個人的に言うだろう。 そして、会社をまとめるために正しいことを言って実行しているかもしれないが、業界に長期的な変化をもたらすために今必要とされているより広い視点に欠けているリーダーがいる。 多様性と持続可能性に関する重要な問題は、おそらく回復プロセスで頭に浮かぶ問題であるが、間違いなく、業界が直面している最も重要な課題である。 前者は、それが正しいことであるという理由だけで対処する必要がある。 業界は、リーダーシップが顧客基盤をより適切に反映し、過小評価されている人々にこれまで利用できなかった機会を(偶然または設計によって)確実に提供するという、より効果的な仕事をしなければならない。

持続可能性も同様に困難で複雑な問題であるが、すぐに行動を起こさなければ、中長期的にセクターの存続を脅かす問題でもある。 消費者と業界の労働力は、次の10年の間に(おそらくもっと早く)彼らを待っている気候危機にもっと気づくようになるにつれて、彼らは両方とも、リーダーシップの能力と、最も重要なことである、現在の混乱とそれに対応する戦略に期待している。

(9/17 https://bit.ly/3AlYQ82 )

 

21. 終わりのない観光

イノベーションは多くの場合、最も困難な瞬間から生まれ、企業がネガティブな状況から回復するのに役立つ。 パンデミックの間に、旅行を体験する新しい方法が出現した。 最も関連性の高いものの1つは、「終わりのない観光(neverending tourism.)」である。 Politecnico di MilanoObservatory on Digital Innovation in Tourismによると、この概念は、デジタルソリューションによって可能になった時間と空間での旅行体験の拡張を識別する。 これにより、観光会社は、目的地への訪問時間に限られずに、実際には終わりのない体験を提案するように設計された製品とプロセスを手配する機会が得られる。

 

終わりのない観光の概念の主な特徴は何か? そして、それをどのように使用して、旅行者への価値提案を革新することができるか?

顧客:旅行を体験する新しい方法

Customers: a new way of experiencing travel

終わりのない観光の機会を理解するための出発点は、パンデミックによって加速されている顧客のニーズと行動に注意を払うことである。雑誌やドキュメンタリーを使って新しい場所にたどり着いたり、典型的な商品(地域の食品、地元の工芸品、ファッションオブジェクト、お土産)を購入したりすることで、旅行の前後に、遠く離れた目的地との関係を保ち、人々は常に継続的な観光体験の必要性を表明してきた。 デジタルイノベーションは、体験を拡大する可能性を高めることに貢献している。 Observatory on Digital Innovation in Tourismのデータによると、訪問先の代表的な商品をeコマースで購入する観光客の数は2016年以降絶えず増加しており(2018年に対して2019年は+ 30%)、この市場の可能性が高まっていることを示している。 パンデミックに伴い、他の傾向が強まっている。インターネットでデジタルコンテンツを楽しむ時間は劇的に増加した。 イタリアでは、Politecnico di MilanoObservatory on Digital Innovation in Tourismによると、最初のロックダウン中に、イタリアのインターネットユーザーの40%がポッドキャスト、ビデオゲーム、音楽、ニュースにより多くの時間を費やした。 銀行、eショッピング、食品配達、支払いなどのデジタルサービスでも同じことが起こった。 これは観光客の体験にも影響を与えている。インターネットは、インスピレーションの源としてだけでなく、観光体験の直接的なチャネル、美術館への訪問、サイクリング、レガッタなどの強い物理的意味合いを持つ活動を事実上実行する方法としての役割を強化している。パンデミックの間、“仮想博物館” や“オンライン博物館” などの単語に関連する予約エンジンの検索が急増した。

これにより、伝統的な物理的体験を補完する観光および文化的なデジタル体験とコンテンツの市場が出現した。デジタルエクスペリエンスはスタンドアロン製品を表すことができるが、訪問前のフェーズでの次の休暇の魅力とインスピレーションの推進力として、または休暇後の観光客との関係を継続する方法としても使用されている。パンデミックによって強化された第2の傾向は、多くの場合 “休日の仕事 (holiday working)” になっているスマートでリモートワークへの頼りである。たとえば、2020年には、イタリア人の26%が休暇先で働くために家を予約したが、2021年には、この傾向は引き続き大きな影響を及ぼしている。 この現象は、休暇に捧げられた伝統的な期間を超えて旅行体験の機会を拡大することを可能にする。

観光サプライチェーン:利害関係者のための終わりのないサービスと利益の例

The tourism supply chain: examples of neverending services and benefits for the stakeholders

終わりのない経験の要求に対する供給の反応を分析することにより、観光産業全体にわたる興味深い試みを特定することが可能である。 パンデミックの間、ディスカバープエルトリコなどのいくつかの目的地は、地元の伝統を伝える遠隔地の労働者との仮想のアポイントメントを提供した。 この傾向はイタリアの宿泊施設でも見られる。 2020年には、宿泊施設の42%が顧客に地元の製品(オンラインまたは施設内)を購入する可能性を提供し、39%がリモートワークで顧客をホストした。 Digital Innovation in HeritageCulture Observatoryの調査結果によると、2020年のイタリアの美術館、記念碑、遺跡の80%は、ロイヤルティを築き、活発な訪問者との関係を維持するためにオンラインコンテンツ(教育研究所、ガイド付きツアー、ワークショップなど)を提案した。 スタートアップは、終わりのない観光に特に積極的である。 2つの例は、それぞれ“Smart Tastings”(ワイナリーでのオンラインテイスティング体験)または“Experience Boxes”(特定の目的地に関する仮想コンテンツが豊富なローカル製品を含むパッケージ)を提供するDivineaVentunoがある。 終わりのない経験の観点からの評価は、eコマースやデジタルコンテンツだけを通過するわけではない。 たとえば、ツアーオペレーターとイタリアの空港は最近、顧客が出発前に割引料金で免税品をオンラインで予約したり、搭乗直前に注文を回収したり、“クリック&コレクト” サービスを使用したりできるサービスを開始した。

空港店でアドバイスを提供し、事前注文を行う個人的な買い物客をオンラインで予約する。これにより、観光体験の延長として、負担とされることの多い身体の動きの時間も楽しむことができる。また、追加費用を助長し、旅行会社の収益源を差別化する方法にもなる。

したがって、適切に設計された終わりのない製品は、さまざまな利点を可能にする。  それらは、増収ストリームの生成、コスト削減の可能性(たとえば、マーケティング)、および顧客との長期的で信頼できる経験的な関係の確立だ。 さらに、終わりのない観光は持続可能性にプラスの影響を与える可能性がある。

たとえば、休日の仕事は、いくつかの目的地の季節性の問題を減らすことを可能にし、人里離れた場所からのマイナーな場所の復活を助けることができる。

到達不可能でマイナーな観光地域とその製品(食品、手工芸品など)の価値は、オファーの延長の要素であり、目的地の経済全体にプラスの影響をもたらす。 したがって、終わりのないイノベーションは、サプライチェーン全体と旅行エコシステムに生命線を提供し、観光の新しい体験を提供するための道である。

著者:Politecnico di Milano Digital Innovation in Tourism Observatoryの共著者は、Eleonora LorenziniFilippo RengaFederica RussoFrancesca Crucianiである。(9/17 https://bit.ly/3ltU81C )

 

22. 913日の週の資金調達記事

·        SiteMinder

ホテルの流通およびテクノロジープロバイダーであるSiteMinder(米)は、7,400万ドルの資金調達ラウンドでFidelity Managementの支援を獲得した。 この投資ラウンドは、オーストラリアを拠点とする企業の新規株式公開ラウンドとして位置付けられている。 既存の株主であるAustralianSuper BlackRock, Ellerston Capital, Pendal Group, Washington H. Soul Pattinsonが管理するエクイティファンドも参加している。 SiteMinderは、BlackRockが主導する約6,900万ドルの投資ラウンドを成功させた20201月以来、IPOへのルートについて話してきた。 同社は、顧客ベースの40%の増加を含め、2021年の会計年度中に約7,500万ドルの収益を確保したと主張している。 現在のメトリクスでは、IPO企業価値を73,300万ドルの範囲に置くと言っている。 (9/14 https://bit.ly/3kcB1Kd )

 

·        Pacasoバケーションホーム共同所有プラットフォーム

人々が豪華な別荘を購入して共同所有するのを支援するプラットフォームであるPacaso(米)は、シリーズCの資金で12,500万ドルを調達し、会社の評価額を15億ドルにした。このラウンドは、ソフトバンクのビジョンファンド2が主導し、 Fifth WallGaingels からの追加資金と、以前の投資家であるGreycroft, Global Founds Capital, Crosscut, 75 & Sunny Ventures.からの参加がある。 

Pacaso1年未満前の202010月に立ち上げられ、Hotwireを設立した元Zillowの幹部であるAustin AllisonSpencer Rascoffによって共同設立された。同社によれば、発売以来国内市場のリーチは2倍になり、現在はナパ、タホ湖、アスペン、マリブ、マイアミなど、セカンドホームの所有権が最も高い25の目的地で運営されている。 そのプラットフォームは、2億ドル近くの不動産を管理している。Pacasoは、米国での継続的な成長に加えて、今年末までにスペインを皮切りに、ヨーロッパ全体で拡大を開始すると述べている。  Pacasoは、消費者が8分の1から2分の1までの高級住宅の一部を分割所有することを可能にする。 購入後、Pacasoはインテリアデザイン、修理、ユーティリティ、プロパティマネジメントを含む家を管理し、所有者はそれらの運用コストを分割し、月額99ドルの料金も支払う。 所有者は、Pacasoのソフトウェアプラットフォームを使用して、滞在のスケジュールを管理する。 所有者は運用コストを分割し、月額99ドルの料金を支払う。 今月初め、メキシコシティを拠点とするKocomoは、同様のコンセプトで5,600万ドルを調達した。 (9/14 https://bit.ly/3tIYTZ3 )

 

·        中国DeepRoute、ロボタクシー

自動運転技術プロバイダーのDeepRouteは、大規模な投資から1か月も経たないうちに、3億ドルのラウンドを終了する。 2年ほど前に設立された中国を拠点とするこの会社は、主要投資家のアリババグループからシリーズBラウンドを確保した。 中国の電子商取引の巨人は、今年8月に2億ドル相当の初期のシリーズAラウンドを主導した。DeepRouteは現在、55,000万ドルの財政的支援を確保している。 20199月には、5,000万ドルのラウンドが確保された。 最新のラウンドの他の投資家には、以前の支援者であるFosun RZ CapitalYunqi PartnersGlory Venturesが含まれる。 DeepRouteによると、この資本は2021年末までにrobotaxiフリートを150台に拡大し、同社の貨物供給と都市ロジスティクスの研究開発を発展させるために使用される予定。 DeepRouteによって開発された自動運転車は、現在、武漢と深圳で稼働しており、これまでに120万マイル以上走行している。 また、カリフォルニア州の規制当局から、米国の州に車両を配備する許可を取得している。 自動運転車セクターの最近の進展には、Momentaへの5億ドルの投資ラウンド、LyftFordの間のライドヘイリングサービスのスケールアップ契約、Sixtによる同様のサービスの開始が含まれている。(9/15 https://bit.ly/3tLNrMj )

 

·        SmarterTravel(旧Hopjump

SmarterTravel(米)Hopjumpから名前を変更し、950万ドルのシリーズB資金調達を発表した。投資はLink VenturesSecond Alphaが主導し、既存の投資家もこのラウンドに参加している。デジタルマーケティングおよび旅行コンテンツ会社のHopjumpは、20207月にTripadvisorからSmarterTravelを含む旅行会社のポートフォリオを買収した。 SmarterTravelの最高経営責任者であるJordan Staabは、「私たちはすでに700万人以上の人々にとって頼りになる情報源であり、情報へのアクセスをインテリジェントに合理化して、より安全に旅行し、より多くの情報を入手し、お金を節約するのに役立つ。2022年第1四半期までに、メンバーとの関係を拡大し、SmarterTravelをインターネットでホテルを予約する最良の方法にする」 と述べている。彼は、名前の変更はウェブサイトのポートフォリオが提供するものをよりよく表すと付け加えた。

投資は、新しい旅行商品の採用と開発に向けられる。Link VenturesのマネージングディレクターであるLisa Dolanは、「SmarterTravelは、顧客の生涯価値を最適化し、最も安い価格を提供することに重点を置いている。これは、より高いエンゲージメント、保持、クロスセルによって達成される」  と述べている。 Hopjumpは元々、Link VenturesのインキュベーターであるCogo Labsから生まれた。昨年Tripadvisorは、SmarterTravelと共に、AirfarewatchdogFamily Vacation CriticOysterなどのブランドをHopjumpに売却した。(9/16 https://bit.ly/3tN5vFE )

 

·        中国Keenon Robotics

中国のサービスロボット会社Keenon Roboticsは、SoftBank Vision Fund 2が主導する2億ドルの資金を確保した。同社がサービスロボット分野でこれまでで最大の資金調達ラウンドであると主張するシリーズDラウンドには、CICC ALPHAおよびProsperity7 Venturesからの参加も含まれている。2010年に設立されたKeenon Roboticsは、人工知能を使用して、ホスピタリティ、不動産、ヘルスケア業界向けの食品配達などの配達ソリューションを強化している。創設者のTony Liによると、「Keenon Roboticsは新しい資本を使用して、社内のRDを通じてイノベーションを推進し、新しい効率的でコストを節約するアプリケーションを提供すると同時に、新しい市場の拡大と新しい展望の特定を通じて現在のロボットプラットフォームを拡張する。 これは、成長を促進し収益を増やすための資金調達である」と語る。 同社は現在、アメリカ、欧州、韓国、シンガポールで事業を展開している。

(9/17 https://bit.ly/2VPs8Ng )

 

+++++

6月4日

九州で大手系列越え初の共同運航

米ユナイテッド航空、超音速機購入へ