海外事情・旅行流通

 

フォーカスライトJapanでは、PhocusWire Daily (phocuswire.com) の毎日のニュース

意訳して、毎週 月曜日更新の「海外事情」に掲載しています。

「海外事情」は、この他に TD 勉強会( www.e-tdb.com )と、その一部を 

トラベルジャーナル(TJ)の隔週コラム「FROM THE WORLD / 海外事情」にも

掲載しています。 

 

2020年以前の「海外事情」は、TD 勉強会 www.e-tdb.com のアーカイブにて 

ご覧になれます。TD = Travel Distributionの略です。)

 

 

海外事情 89日号

 

各社の第2四半期決算が続々発表されている。先週号のヒルトン、トリバゴ、アマデウスに続いて、今週号ではGDSのセィバー、配車サービスのリフトとウーバー、OTAのブッキングG・エクスペディアG・ラーストミニッツ、メタサーチ(レビュー)のトリアドと軒並みだ。全ての企業が大幅増収、ほとんどの企業が四半期EBITDA利益を達成、通期計上に自信を示す。欧米でワクチン接種が進み、旅行市場の回復が始まっているからだ。しかし、いくつかはインド変異株ウイルスの感染拡大による不確実性の高まりに懸念を示し、本格的安定的回復に慎重な姿勢を見せている。

 

日経新聞724日朝刊は、「『米航空、コロナ下初の黒字』 米国の大手34~6月純利益260億円、国内観光・出張が急回復」の見出し記事を掲載した。

これらの決算には、雇用調整助成金である米政府のPayroll Support Programによる多額の資金援助が含まれているため、実質は依然として大幅欠損であることに注意が必要だ。それでも、米運輸保安局の米空港通貨旅客統計によれば、1日あたりのTSA通過旅客は200万人台に達し、2019年比で80%にまで回復しているので、業績改善軌道に乗っていることは確かだ。

 

 

米各社の決算詳細は、航空経営研究所(www.aviatn.com)のJAMRレポートを参照願います。

(編集人)

 

 

目次

1. (TJ) エクスペディアG 2Q収入20億ドルヒット

  (TJ) = トラベルジャーナル 830日号を参照ください

2, VIDEO:アジアエコシステムにおける旅行決済

3. 空港におけるシームレスのインターモーダル

4. 標準化レンタル、法人旅行需要に有効か?            閲覧第1位

5. 旅行回復時、旅行者への影響とアクティベート

6. セィバー第2四半期、2019年収入50%未満

7. アップルのロケーションデータ再編成                      閲覧第2

8. 新興企業ステージ:TravelRank

9. リフト、初の調整EBITDA利益計上

10. ブッキング、ホテル フラッシュセール開始

11. VIDEO:旅行決済の改善                                      閲覧第3

12. レポート:近代法人旅行管理テック

13. IxigoAbhibus買収でインド主要都市展開拡大

14. ウーバー、第二四半期収入$40億に回復

15. VIDEO:ホスピタリティの支払い刷新

16. ブッキング、2Q 220億ドルに増収

17. ロシア オンライン旅行市場                                       閲覧第4

18. ラーストミニッツ、業績回復

19. 社説:旅行の会社、ワクチンで綱渡り

20. トリアド2Q収入2.35億ドル達成

21. VIDEO:旅行支払いの全体像                                 閲覧第5

22. ブラジルAzur、電気エアータクシー参入

23. 82日の週の資金調達記事

 

 

 

2. VIDEO:アジアエコシステムにおける旅行決済

複数通貨による支払い詐欺いくつの支払い方法を提供する必要があるか ― 対処が必要な主要な頭痛の種である。世界銀行のFindex Databaseによると、世界には17億人の銀行口座を持たない成人がおり、代替の支払い方法でこの市場に取り組む機会は計り知れない。潜在力はサハラ以南のアフリカで最大で、80%が銀行口座を持たず、次に中東が67%、ラテンアメリカが65%である。アジア内では、東アジアと東南アジアで59%、南アジアで58%存在する。高所得のOECD諸国では、その割合は8%に低下するため、決済の世界でも、フィンテックの展望には大きな不平等がある。問題は、特に顧客が国境を越える旅行スペースでこの機会にどのように対処し始めるかである(少なくとも今まではそうだ) ― しかし、この期間は、決済に投資してあなたの国境を越えた旅行の復帰の準備をするのに打ってつけの期間となる。

Travelokaの金融サービス担当シニアバイスプレジデントであるAlvin KumargaGlobalTixの共同創設者兼CEOであるChan Che ChongDusit Internationalのホテルファイナンス担当バイスプレジデントであるKen LingNTT DATA Hong Kongの営業責任者であるChew Ann Weeらは、 PhocusWire PulseイベントProgress in Travel Paymentsに参加し、アジア大陸の課題と機会について話し合った。セッションは、WebInTravelの創設者であるYeoh Siew Hoonによってモデレートされた。録音はhttps://bit.ly/37fOLwn に含まれている。(8/2 https://bit.ly/3xi68qZ )

 

3. 空港におけるシームレスのインターモーダル

空港まで歩いた航空会社の乗客は何人いるだろうか。世界中に17,600以上の空港があるので、きっと幾人は居るはずだ。これらの旅はさておき 、旅客輸送はすべての場合にインターモーダル輸送であると言っても過言ではない。事実、人々は事実上すべての旅でモードからモードへと乗り継ぎ、空港は、道路、交通機関、鉄道、その他の交通システムに接続するためのマルチモーダルプロジェクトの開発と資金提供を迫られている。総合的インターモーダルへの移行は、地上での高速接続を通じてキャッチメントエリア(空港の地理的カバー範囲)を拡大できるために空港に適している。そしてそれは環境にも良い。これには、空港の従業員と乗客からの二酸化炭素排出量が含まれる。

ヒースロー空港(COVID以前)で実施された最近の調査によると、75,000人以上が空港で働いており、そのうち60%が一人で自動車通勤しており、20%が5km以内に住んでいる。それが従業員のために機能しない場合、それは運賃を払っている旅行者のためにも機能しないことは間違いない。

リンクアップ

Linking up

ヨーロッパだけでなく世界の他の地域でも、シームレスなインターモーダル接続には、克服すべき多くの課題、障壁、問題が伴う。政府の政策に取り組み、計画と空港の設計を検討する必要がある。2001年、欧州委員会は、輸送ポリシー白書で、乗客輸送の優先事項として、統合された発券、手荷物処理、および旅の継続性を特定した。信じられないほどの量の調整、協力、法的な問題、資金調達、技術的な問題など多くのリストが続く。 この作業を行うには、時刻表、旅行時間、基本的な運賃/料金情報、“チケットの購入方法”の情報など、各国で提供される最小限のデータを備えたヨーロッパのワンストップショップインターモーダル旅行プランナーが必要である。空港と話し合い、フライトの接続をリンクし、短距離および長距離の旅行者のニーズに対応した経験のある私たちのような企業は、そのノウハウを使用してインターモーダルモデルを推進できる。インターモーダル旅行のオプションには、旅行者が目的地に向かって進むときに、座席をアップグレードしたり、食べ物を注文したりする機能を備えた電車やバスなどのローカル輸送サービスを含める必要がある。これらのオプションは、以前は利用できなかったが、インターモーダル施設によって提供される追加の容量がなければ、これは不可能であり、いくつかの空港での地上アクセス予測では、混雑だけでなく交通麻痺も予測されている。空港はあらゆる乗り継ぎの旅において重要な役割を果たしており、私たちは空港と協力して乗客の移動を可能な限りシームレスにするよう取り組んできた。セキュリティのファストトラック、荷物の移動、手荷物の保管は、空港がこの機能を実現し、空港とそのサービスを提供する航空会社の競争力を高めるために焦点を当てる必要のある分野のほんの一部である。

思考に参加

Joined up thinking

たとえば、ベルリン空港は、旅行チェーン内の多くの交通インフラの1つである。空港は、これらのさまざまなモードとタイプの輸送を連結して接続を可能にするプラットフォームを提供する。このインターフェースでは、空港はインターモーダル接続の成功に大きく貢献できる。ベルリンブランデンブルク空港(ターミナル1の下の鉄道駅、すぐ近くのバス停)の最適なインフラストラクチャ条件と、プロセスパートナーとの集中的な交換、たとえば、飛行計画に従った空港への旅行スケジュールの頻度、ベルリンブランデンブルクは戦略的に価値のある輸送プログラムを設定することができ、したがって旅行チェーンにプラスの影響を与えることができた。将来の空港については、転送時間の最適化、サービスの提供、空港の連絡担当者など、他にも多くのアイデアがある。デジタルハブとして、空港は旅行チェーンの中心的な輸送ハブになることができ、インターモーダル接続をさらに強化できる。これらのインターモーダルターミナルを通過する時間を短縮することは、公共交通機関をより魅力的にするための鍵である。ターミナルの設計と編成の方法は、ターミナルの集中的な使用につながる。すべてのターミナルや空港に鉄道駅があるわけではないが、ほとんどが公共交通機関へのアクセスを提供している。これにより、空港はモビリティの提案を作成し、航空、鉄道、バス、交通機関のパートナーと協力して空港を介した接続を可能にし協力することで、以前よりもシームレスなエクスペリエンスを顧客に提供できる。空港は協力することで、より持続可能で技術的に有効な方法で需要を刺激することができる。ベルリンブランデンブルク空港は、インターモーダル接続に最適なインフラストラクチャを提供する。ターミナル1の真下にある地方および長距離の鉄道駅を使用すると、天候に関係なく、列車と飛行機の間(または他の輸送モード間)の移動をすばやく行うことができる。また、第1ターミナルから徒歩圏内に長距離バスの駅がある。 ベルリンブランデンブルク空港は、空港への到着時と空港からの出発時の両方で、キャッチメントエリアの全体的な接続性に集中的に関与している世界中の多くの空港の1つである。空港は乗客に最良の接続の選択肢を提供したいと考えており、特にインターモーダル接続がこれに大きな役割を果たすはずである。ベルリン空港は最近、セルフ接続プロダクト(self-transfer productVIA BERを立ち上げた。VIA BERは、空港でのセルフトランスファを簡素化し、より便利にするすべてのサービスとソリューションをバンドルすることを目的としている。 それらの間の可能な限り小さい動きのために接続を配置すること、料金の統合、そしてもちろん最初から最後までの全旅程を予約する能力はそれを機能させるだろう。

著者:David Gunnarssonは、DohopCEO(8/2 https://bit.ly/2V9yYwX )

 

4. 標準化レンタル、法人旅行需要に有効か?

法人旅行の回復ロードマップについては、まだ多くの不明な点がある。 COVIDの亜種、予防接種の議論、マスクの義務、そして継続的な不安は、世界中の企業や個人に不確実性の雲を残している。 最大のアンビバレンスは短期的な見通しに関連しており、長期的には、進む道は不均一になるが、法人旅行は戻ってきて、パンデミック前とは異なるというよりは、より似ているというコンセンサスが得られる。  PhocuswrightUS Corporate Travel Report 2020-2024によると、米国の総取扱高は2024年までに1,210億ドルに増加し、これは2019年のレベルの91%になる。出張が増加するにつれ、継続する可能性が高い傾向の1つは、法人旅行者向けの非伝統的な宿泊オプションの開発である。これは、より“家のような”物件での長期滞在の需要によって促進され、より多くの消費者がパンデミックの間に代替宿泊供給をサンプリングし、今では仕事のためにそれを検討する可能性が高くなっている。Phocuswrightによると、米国の旅行マネージャーの半数以上が、自社のポリシーで短期賃貸が許可されていると述べており、2017年にはそのシェアが2倍になっている。 

販売戦略

Sales Strategy

サンフランシスコを拠点とするスタートアップのSonderは、その需要の一部を獲得したいと考えている企業の1つである。パンデミック前、Sonderの営業担当副社長Kristen Richterは、同社の事業は80%がレジャー、20%が企業であったと述べている。水曜日、Sonderは、サードパーティの流通接続パートナーを通じてAmadeus, Sabre, Travelportにレートと在庫を提供し、トラベルマネジャーに対してそのプロパティの可視性を高め、TripActionsEgenciaとも提携、さらにより多くの旅行管理会社のパートナーシップを獲得すると発表した。この発表は、特別買収会社(SPAC)であるGores Metropoulos IIとの合併により22億ドルの企業評価額が見込まれるというSonder4月のニュースに続くものである。そしてそれは、企業が来年の計画を立てるこの秋、毎年恒例の法人旅行の提案依頼書プロセス(RFP)に先んじている。
「私たちは陳列棚に並べられている。今年は2022年の年次RFPプロセスに参加する。これは、Sonderにとって大きなマイルストーンである。正直なところ、短期賃貸会社にとっては・・・そして私たちはRFP参加する最初の会社である。そのプロセスはGDSの在庫経由で行われる」、「旅行者の心に残る3つの最も重要なことは、清潔さ、場所、手頃な価格であることを私たちは知っている。広々としていて、ほとんどの場合、キッチン、洗濯機、乾燥機を備えたSonderの製品とこれら3つの要素が混ざり合っており、これらすべての組み合わせは、法人旅行者が今求めているものである」とRichterは言う。Sonderは現在、9か国の35の都市でアパートとホテルの部屋を提供しており、ゲストが予約、チェックインとチェックアウト、Wi-Fi、会社のローカルサポートチームとのやり取りなどを管理できるアプリを備えている。 

標準化された供給

Standardized supply

TripActionsのチーフトラベルオフィサーであるDaniel Finkelは、これらのタイプの技術ソリューションとともに、衛生プロトコル、室内設備、建物のセキュリティ、チェックインなどに関連する旅行者に均一な体験を提供するSonderはクライアントにアピールすると述べている。「この一貫性がなかったため、多くの旅行マネージャーが代替宿泊施設の使用に強い抵抗があったと思う」、「私は間違いなく、標準化された代替宿泊施設への関心が高まると思う。私は実際に、健康と安全と清潔さ、そしてCOVIDの世界で必要なすべてのものに対する監視が強化されているために、標準化されていない代替宿泊施設が増えるかどうか疑問に思う」とFinkelは言う。 Finkelによると、TripActionsはオンライン旅行代理店への接続を通じて、プラットフォーム上に何千もの代替宿泊オプションを持っているが、Sonderとのこの統合により、“優先パートナー”としてのバッジとそのプロパティの設備と利点を強調するディスプレイを通じて、リストの可視性が高まる。しかしFinkelは、宿泊施設の選択肢の違いを明確にするために、彼の会社や他の企業の旅行仲介業者からさらに多くの作業が必要であると述べている。「問題はOBTTMCにある。標準化をうまく行ったパートナーを呼び出し、UIUXを使用して、含まれているもの、含まれていないものを選択し、1つの企業パートナーグループがなぜそうするのかを呼び出す能力、そして何故別の人には適していないかもしれないが、ビジネス旅行者に適しているのか、それが、イノベーションが本当に必要な場所だと思う」と彼は言う。Festive RoadマネージングパートナーであるPaul Tilstoneは、セキュリティ、サポートサービス、物件の品質などに関する詳細なコンテンツが、パンデミックからの増加を期待している代替宿泊施設を検討している旅行マネージャーにとって重要であることに同意する。「私たちが聞いているのは、旅行の数は長期的には減少する可能性があるが、より目的があり、より持続可能で、より価値のある旅行を作成するために、特に長距離の滞在期間が長くなる可能性があると旅行マネージャーが言っている。そして、これは家から離れた家(home away from home)のような宿泊施設に良い影響を及ぼす」、「ある特定の旅行マネージャーは、最近のインタビューで、アパートサービスへの関心がわずか6か月かそこらで18%から32%に上昇したと私に話した」 Tilstoneは言う。

次のステップ

Next steps

Sonderは、TMCとのパートナーシップを確立した最初のサプライヤーではない。20202月、American Express Global Business Travelは、ビジネス旅行者を対象としたアパートスタイルの宿泊施設を持つ新興企業であるMint House販売パートナーとなり、同社をRest Assured Solutionsプラットフォームに追加した。GBTのホテル担当副社長であるWes Bergstromは、Mint HouseSonderなどが提供する標準化された宿泊施設は、法人旅行に役立つ代替宿泊施設のサブセットであると述べている。「HomeAway [Vrbo]Airbnbの世界を見ると、非常に多くの供給があると思う。それはユニークで、レジャー旅行者などに最適であるが、出張に行くときはいくつかの基準が必要である。そして、それがこのセグメントが・・・非常に理にかなっているところである」、「それが、ビジネス旅行者が特定の[ホテル]ブランドを長い間気に入ってきた理由である。それは、彼らが毎回何を手に入れようとしているのかを知っているからである」と彼は言う。しかし、GDSに在庫を置き、TMCと直接統合するための、Sonderなどのサプライヤーの取り組みは、企業の旅行市場でより多くのシェアを獲得するための代替宿泊施設に必要なもののほんの一部である。
「これらのいくつかには、企業の旅行プログラムに関連するように十分なサイズと規模が必要だ。1つの都市に30の部屋しかない場合、さまざまな場所に大勢の人が行く企業にとって、それはどれほど魅力的か?」
「そして多くの場合、旅行者はまだどこに滞在するかについていくつかの意見を持っている、そして私はほとんどの旅行者がまだこれらのブランドについて知らないと思う・・・そこに名前を出して、認識させ、彼らが何をするかを知らせ、なぜ彼らが違うのか、旅行者にとって何が面白いのか、彼らが長い間滞在してきたものとどう違うのかを知らしめる必要がある」とBergstromは言う。
そしてBergstromは、このスペースにサービスを提供するモバイルソリューションには、旅行者の予約から滞在までのエクスペリエンスを合理化するためのイノベーションが必要であると述べる。「それは一種の次の波です。そのテクノロジーがどのように組み合わされるかを見て欲しい。今日、あなたは複数のアプリを持っている必要があるかもしれない。将来、すべてを1か所にまとめることができれば、旅行者にとってその体験がはるかに良くなるだろう」と彼は言う。(8/2 https://bit.ly/2Vx7D7I)

 

5. レポート:旅行回復時、旅行者への影響とアクティベート

COVIDの前は、旅行、観光、ホスピタリティのブランドはソーシャルコンテンツを使用して発見を促していた。彼らのソーシャルコンテンツは、キャンペーンメッセージを増幅し、予約を奨励するオファーを作成することを目的としていた。ソーシャルコンテンツ(ソーシャルメディアの投稿、ビデオとポッドキャスト、ブログの投稿、旅行者のレビューなど)は、ブランドが独自に作成したコンテンツと、旅行者がカスタマージャーニーで作成したコンテンツで構成されていた。パンデミックの初期は、ソーシャルコンテンツの制作と適用の通常の流れを狂わせた。旅行が一時停止したとき、家で立ち往生している人々は彼らがとらなかった旅行を記録することができなかった、そして多くの旅行と観光に依存するブランドは商品を市場に出す理由がほとんどなかった。多くの地域では、人々が家を出るとき、それはしばしば車またはRVで、素晴らしいアウトドアに向かっていた。これらの活動は素晴らしいビジュアルコンテンツにつながり、その多くはソーシャルチャネルで共有された。旅行が再び出現している今、ソーシャルコンテンツのアプリケーションは、カスタマージャーニー全体でさらに大きな役割を果たす。
このホワイトペーパーでは、COVID以前の旅行におけるソーシャルコンテンツの重要性、消費、および適用、パンデミック以降の変化、旅行中心のブランドが今後ソーシャルコンテンツをどのように、どのような期待で適用すべきか、そしていつ旅行に備えているかについて説明する。それはソーシャルコンテンツとUGCになる。PhocusWireTINTと共同で作成したこの独占レポートでは、旅行ブランドがソーシャルを利用して復旧作業を支援する際に、これまでに何が起こったのか、そして次に何が起こるのかを検証する。 

以下のフォームに記入すると、完全なレポートをダウンロードできる。

(8/3 https://bit.ly/3jsB7f9)

 

6. セィバー2四半期、2019年収入50%未満

Sabreは、2021年の第2四半期に、このハイテク巨人の多くの主要市場で旅行制限が緩和された後に活動が活発化したため、400%を超える収益の増加を記録した。米国を拠点とするこの会社は、20214月から6月までの3か月間で42,000万ドル、上半期で74,700万ドルの収益を上げた。2019年第2四半期のSabreの収益は10億ドルであった。投資家がパンデミック前のレベルに回復することを認めるためには、Sabreはまだ多くを増収しなければならない。調整後EBITDAは、2020年の対応する四半期の22,900万ドルの損失を改善し、7,000万ドルの損失を計上した。Sabreの旅行ソリューション部門は、2020年第2四半期の封鎖ヒットの5,600万ドルから、今年の4月から6月の間に37,300万ドルに収益が564%増加した。そのユニット内で、流通(GDS)の収益は21,800万ドル、IT(ホスティングなど)は15,500万ドルで、それぞれ4,800万ドルと5,100万ドルから前年比で増加している。 ホスピタリティ技術を提供する姉妹部門は、前年比75%増の5,100万ドルであった。GDSを介した予約は2021年第2四半期に5,700万人で、2019年の同時期に比べて60%減少した。予約の増加は、主に米国国内観光旅行の顧客ベースから来ている。搭乗した乗客は、直近の会計期間で1400万人に達した。これは、2019年から43%減少したが、2020年の同時期の2,000万人から増加している。(8/3 https://bit.ly/3fDg7Bo)

 

7. アップルのロケーションデータ再編成

今日のiPhoneiPad、その他のMacデバイスのように、位置マッピングとターゲティングに別れを告げる。Appleは最近、オペレーティングシステムiOS 15の次のリリースでいくつかの新しい変更を発表した。iCloud Private Relayを使用して、SafariブラウザでWebを閲覧する人のIPアドレスを非表示にする。多くのDMOにとって、これは新しいハードルを表している。IPアドレスは、場所による識別とターゲット設定に一般的に使用されているためだ。この変更により、IPアドレスは、すべてではないにしても、その価値のほとんどを失うことになる。Safariでもロケーションターゲティングは可能であるが、このシフトはIP Trackingの量と精度に制限がある。これは、DMOが自身のマーケティング活動に関連するため、再評価する必要がある変更である。たとえば、近隣の州から訪れる旅行者をターゲットにするDMOは、macOS12およびiOS 15Appleユーザーをターゲットにする機能を失う。このタイプのターゲティングでは、今後も変更が加えられる。Google Chromeなどの他のブラウザでも同様の発表が行われる可能性がある。IPアドレスだけに依存しない戦略を構築することは、将来の賢明な投資である。

IPアドレスを超えて拡張

Expanding beyond IP addresses

DMOや他の多くのマーケターがロケーションベースのターゲティングにIPアドレスに依存している理由はたくさん存在する。IPアドレスはアクセスが簡単で、本当にスケーラブルである。全国および世界中の人々をターゲットにするためにそれを使用するのは簡単だ。しかし、真実はそれが実際にはそれほど正確ではないということである。ある推計よると、IPアドレスは、ある都市では約50%から70%しか正確ではなく、その地域や州ではわずかにそれよりも優れている。その真ん中、たとえば66%の精度で見積もった場合、ターゲットにされた3人に1人が実際には別の場所にいることを意味する。予算の3分の1が無駄になる。 
IP
アドレスが提供するデータは比較的容易で規模が大きいため、この事実は見過ごされがちであるが、AppleIPアドレスを締め付けている今、これらの複合要素はDMOに代替アプローチを見つけるよう促すのに十分なはずである。優れたオプションの1つは、「DMOが旅行者の知識と許可を得て使用できる位置データ」という派手な言い方であるが、つまり「同意された位置データ」である。 おそらく最も重要なのは、同意されたデータが潜在的な訪問者との真の11の関係を表していることである。幸いなことに、消費者は多くの状況で(つまり、トランザクションの条件で、または出前アプリなどの場所固有のサービスを使用して)位置データを提供する用意があり、DMOがその受益者になることができる。

同意されたデータオプションの評価

Assessing consented data options 

オプトイン位置データ(つまり、同意されたデータ)にアクセスするには、いくつかの課題がある。まず、同意された位置データを収集するには、DMO側でいくつかの新しい戦略とパートナーシップが必要である。 DMOは、旅行者に自分の場所を尋ねるだけでなく、そうする他の企業と提携するデータ収集戦略を持っている必要がある。ヨーロッパのGDPR、カリフォルニアのCCPA、および他の多くの同様の州法を含むプライバシー規制が実施されているため、DMOは、訪問者の洞察を収集するための“オプトイン”戦略の作成をすでに開始している。これは素晴らしいことである。位置データの収集は、その戦略に組み込むことができる。たとえば、旅行者がサイトで検索するときは、訪問する予定の場所をターゲットにしたオファーを受け取りたいかどうかを尋ねる。DMOが自分で収集できるデータは素晴らしいが、DMOIPアドレスを大規模に置き換えるためのパートナーシップも必要になる。この旅の早い段階から始めると、DMOが到達できる訪問者の数が減少する前に、規模を拡大するのに役立つ。DMOは、旅行者の旅のグラフを作成して、旅行者がサイトを調査するときにアクセスするチャネルとリソースを確認することから始める必要がある。DMOは、目的地に入る旅行者と滞在の開始と終了を識別する“データスケルトン”から始めることができる(通常はフライトとホテルの予約データを介して)。次に、旅行者の出身地または自宅のソースデータを追加する。最後に、コンサート、美術館、ショッピング、レストランのデータなど、市場での行動や好みに関する重要な情報でもって肉付けする。DMOは、新しいデータソースを見つけるために連絡を取る前に、すでにアクセスできているものと、ローカルリージョンがすでに収集しているものを確認する必要がある。一部のDMOには、位置データの収集の専門家である巨大なアトラクション(たとえば、米国ペンシルベニア州のHershey)がある場合があるが、他のDMOには、位置データがより大きな目的地によってまだ収集されていない、データコンソーシアムまたはパートナーシップの恩恵を受けるかもしれない、はるかに分散した訪問者プロファイルがある場合がある。次に、品質と規模の組み合わせを提供できる追加のパートナーによりギャップを埋める時が来た。旅行者の旅のグラフをガイドとして、主要な場所や主要なチャネルで旅行者にリーチするのにどれだけ効果的に役立つかについてパートナーを評価する。 同意されたデータのロケーション戦略を構築するには時間と労力がかかるが、結果はそれだけの価値がある。DMOが自分の訪問者とデータを保有する場合、DMOはより多くの制御と正確さを持ち、より良いキャンペーン結果を提供できる。幸いなことに、DMOは今日この旅に出ることができ、一度にすべてを行う必要はない。位置データの収集に向けた小さな一歩でも、大きな違いを生む可能性がある。

著者:Nikolai Scholzは、Adaraの製品管理ディレクター

(8/3 https://bit.ly/3xnl9Yx)

 

8.  新興企業ステージ:TravelRank

TravelRank(キエフ、ウクライナ)はフリーミアムのウェブアプリで、高度なAIによって各ユーザーに合わせた人気の旅行先、フライト、観光スポットを見つけることで、頻繁に旅行する人が調査時間を節約できる。TravelRankAIは、ユーザーの旅行履歴を分析し、同様のユーザーや同様の未訪問の目的地からのデータと比較する。目的地、フライト、観光スポット、天気の比較を手動から自動操縦で検索できるようにする。数時間や数日ではなく、数秒で物事を成し遂げることができる。AIは、いくつかの要因に基づいて、ユーザーが特定の目的地を訪れることを楽しむ可能性を推定する。TravelRankは、プレミアムサブスクリプションとフライト販売によるアフィリエイトコミッションの2つの収益源に依存している。プレミアムサブスクリプションは現在テストモードであり、個人の旅行アドバイザー、COVIDフィルター、選択した目的地でのメールアラート、旅行履歴のインポートのオプション、特定の推奨事項に関する洞察などの特典が含まれる。(8/4 https://bit.ly/3AhqPFm)

 

9. リフト、初の調整EBITDA利益計上

Lyftの収益は、今年の第2四半期に76,500万ドルに増加した。これは、COVIDのパンデミックにより、米国全土で最初のシェルターインプレイスオーダー(外出禁止令)が成立した2020年の同時期と比較して125%の改善である。また、第2四半期の収益は、収益が6900万ドルだった今年の第1四半期と比較して26%増加している。第2四半期の調整後EBITDA2,380万ドルで、Lyft2012年に設立して以来、最初の四半期調整後EBITDA利益を記録し、最新のガイダンスで予測されたよりも四半期早く目標を達成した。

アナリストとの電話で、LyftCFOであるBrian Robertsは、2021年に通年で調整後EBITDA利益を計上することも期待していると述べている。そして彼は、会社がすべての測定基準でその見通しを上回ったと言う。「第2四半期は本当に例外的であった。アクティブライダーを前四半期から360万人以上増やし、前年比125%の収益成長を実現し、調整後のEBITDA利益を計上した。同時に、ドライバーはこのアウトパフォーマンスで記録的な時給を共有した。そして7月には、報告されたCOVIDの症例数が増加したにもかかわらず、プラットフォームの需要が引き続き増加したため、ドライバーの収入は引き続き堅調であった」とRobertsは言う。Lyftの第2四半期のアクティブライダーは1,710万人で、今年の第1四半期と比較して27%増加し、前年比でほぼ100%増加した。注目すべき領域の1つは、空港での乗車で、6月にライドシェアの合計乗車数の8.3%に達し、20204月の1.6%から、201912月の9.5%にほぼ到達した。売上高に占める販売費およびマーケティング費の割合は11.6%で、第1四半期の11.4%とほぼ同じであった。201912月に開始されたブランドのメンバーシッププログラムであるLyftPinkのステータスについて尋ねられたとき、Lyftの共同創設者兼CEOLogan Greenは、「これは私たちが今でも非常に興奮しており、新しいメリットの追加に継続的に投資しているプログラムである」と述べている。しかし、「現時点で、私たちは市場の供給側に焦点を合わせているためPinkのマーケティングを控えている。Pinkは会社の将来に大きな役割を果たすが今は供給がすべてなので、すべてのライダーのために新しいドライバーを路上に連れて行き、既存のドライバーと関わり、素晴らしいドライバーを待っていることを確認するために、あらゆる側面に傾倒している」と彼は続ける。アナリストはまた、先週、Lyftの共同創設者兼社長のJohn Zimmerが、同社の継続的な技術革新の功績であると述べた、自律運転ライドヘイリングを実現するためにFordおよびArgo AIと提携しているというLyftの発表について質問した。「私たちが実際に示しているのは、自動運転車を大規模に商業化するための道は、Lyftネットワークを経由することだと思う。これは、ドライバーの成功、Lyftの成功、ライダーの乗り心地の向上、AVサプライヤーの車への投資のおかげで、より良い収益を得ることができるというマーケットプレイステクノロジーについて私たちが行ったポイントに戻るということである。この戦略が、この素晴らしい四半期決算を可能にした」と彼は言う。

(8/4 https://bit.ly/3ywHzrN) 

 

10. ブッキング、ホテル フラッシュセール開始

Booking.comは、旅行の需要が高まったときに参加ホテルの30%割引を旅行者に提供することを目的とした、Flash Deals(短時間特売)プロモーショを開始する。このプログラムは、来週(813日金曜日)から10月下旬まで、6つのイベントで実行される予定であり、世界中の施設で利用できるようになる。このオンライン旅行代理店はFlash Dealsの立ち上げについて公式にコメントしていないため、プログラムが最初の計画期間を超えて継続するのか、賃貸物件やその他の製品を含むように範囲を拡大するのかは不明である。アイデアは、パートナーホテルにより多くのビジネスをもたらし、Booking.comに新しい顧客を引き付けることを目的としている。割引は2週間ごとに決まった日に行われ、販売はわずか36時間続く。その期間中、顧客は選択した部屋と料金から最大30%オフになる。PhocusWireが閲覧したホテルに発行された文書によると、ゲストは20228月まで割引滞在を利用できる。ホテルは、Booking.comが提供するクリエイティブアセットを使用して、独自のチャネルを通じてFlash Dealsを宣伝するよう求められる。これにより、顧客はBooking.comのランディングページに移動する。文書によると、割引は、税金と料金を差し引く前の部屋の元の価格に適用する必要がある。また、プロパティが関与する可能性のある他の割引と組み合わせて使用できない。 Groupon, Secret Escapes, LivingSocialなどが当時推進していたフラッシュディールのコンセプトに大きな関心が寄せられている中、このブランド2011年に同様のサービスを開始した。ホテルがモデルを採用するか回避するか、Booking.comは結果を待ち望んでいる。一部の物件は、割引料金が来年8月まで有効であることを考えると、既存の収益管理戦略内でフラッシュディールの概念を処理するようには調整されていない。とはいえ、一部のホテル所有者は、このサービスを使用して競合他社からシェアをシフトする可能性がある。また、このセクターでの大幅な割引の以前の使用結果に基づいて、このようなプログラムが需要を促進するのかという疑問もあるが、30%のレベルは必然的に顧客を引き付けるのに十分な魅力があるかもしれない。(8/4 https://bit.ly/3ly0WNy)

 

11. VIDEO:旅行決済の改善

顧客が分割払いで旅行の料金を支払うことを可能にする、後払いするという概念が近年注目を集めている。これは、かなりの資金調達ラウンドで出現した多くの新興企業と、ブランドパートナーが旅行者にサービスの支払いにさまざまなオプションを提供しやすくするための戦略によるものである。このアイデアは決して新しいものではなく、ヨーロッパのツアーオペレーターは何十年もの間、顧客が定期的に支払いを延期することを許可している。しかし、このアイデアは確かに大きな意味で普及している。特に、多くの顧客がパンデミックに見舞われたため、旅行を確保するためにある程度の柔軟性が必要だ。

では、ブランドにとって、後払いにすることの魅力は何か。業界のどのセグメントが他のセグメントよりも人気があるか?そして、それは、すでにかなり複雑になっている可能性のあるビジネスモデルにどのような影響を及ぼすか?

Fly Now Pay Laterのパートナーシップの責任者であるSophia Melasは、最近のPulseイベントであるProgress In Travel PaymentsPhocusWireに話しかけた。PhocusWireKevin Mayとの完全な議論はhttps://bit.ly/37lfuaY に含まれている。(8/4 https://bit.ly/3xpomqB)

 

12. レポート:近代法人旅行管理テック

パンデミックの回復が続き、企業が旅行に戻るにつれ、多くの企業が企業の旅行管理テクノロジーを近代化する機会をつかんでいる。しかし、洗練された安全な技術スタックは不可欠であるが、技術だけでは十分ではない。法人旅行の次の段階を計画する際に、企業は、旅行プログラムの目的を理解し、それらを満たすために - 目的意識を焼き付けて、ゼロから構築された技術を模索する必要がある。すべての技術的機能の作成を推進する意図がある場合、企業は企業の旅行管理テクノロジーの可能性を最大限に引き出し、成功の可能性を最大限に高めることができる。効果的なテクノロジーソリューションは、クライアントとエンドユーザーが、従業員の安全、生産性、幸福、そして環境意識と保護やビジネス効率やコスト削減などの主要な目標を達成できるように細心の注意を払って設計される。COVID後の世界では、これらの目標はさらに緊急になる。これらの目標を達成することに焦点を当てたテクノロジーは、パズルの重要な部分である。これは、PhocusWireTripActionsに関連して作成した独占的なレポートであり、エンドユーザー向けに設計されたツールがより効果的で、COVID後の旅行に不可欠である理由を検証する。

以下のフォームに記入すると、完全なレポートをダウンロードできる。

(8/3 https://bit.ly/3jrL50m)

 

13. IxigoAbhibus買収でインド主要都市展開拡大

都市間バスのオペレーターであるAbhibusは、旅行検索アプリIxigoに買収された。ハイデラバードに本拠を置く会社の購入価格は、現金とIxigo株の混合で買収されていること以外は明らかにされていない。声明によると、Abhibusは、2020年にインドで2番目に大きなバス事業者であり、プラットフォームを介して126,000枚のチケットを販売していた。Ixigoによると、この買収により、インドの主要都市以外での存在感が高まり、鉄道、航空、道路にまたがるマルチモーダルサービスを提供できるようになる。同社の創設者は、「Abhibusはいくつかのインドの州で主要なバス発券ブランドとして、州の道路輸送会社や民間事業者全体の供給側と需要側に深く浸透している革新的で高成長の会社を構築した」と述べている。Abhibusの創設者兼CEOであるSudhakar Reddy Chirraが、他のチームとともにIxigoに加わった。これは2021年のIxigo2回目の買収であり、同社は2月にConfirmtktの買収を発表した。昨年、スマートバスのスタートアップGogoBusへの投資を発表した。Ixigoは、シンガポールのソブリンウェルスファンドであるGICが管理する投資会社であるGamnatが主導するラウンドで、7月下旬に5,300万ドルを調達した。

(8/4 https://bit.ly/3yuFYTt)

 

14. ウーバー、第二四半期収入$40億に回復

配車サービスの巨人Uberは、2021年の第2四半期に総販売高が過去最高の220億ドルに達し、年末までに利益を上げると見られている。米国に本拠を置く同社は、2020年に世界的な封鎖と長期にわたる旅行制限の重みで配車部門が崩壊した後に好転した。第2四半期の第2四半期の収益は39億ドルで、前年比95%増加した。配車サービスは16億ドル、デリバリーは約20億ドルであった。

同社の最大の収益増加はアジア太平洋地域で見られ、第2四半期には前年比227%増の7900万ドル、ヨーロッパは159%増の92900万ドル、北米は76%増の19億ドルであった。Uberの損失は第2四半期に15,000万ドル減少して5900万ドルになり、最高財務責任者のNelson Chai2021年第4四半期までに調整後EBITDA利益計上を予測した。プラットフォームでの乗車回数は、第1四半期に15億回に増加し、封鎖によって多数の乗客の移動が妨げられた2020年の同じ3か月間比で105%増加した。財務収益の発表後、CEODara Khosrowshahiは、「彼らが最初にRidesEatsFreightを経由してUberに来たかどうかにかかわらず、消費者、商人、企業は同様にUberでより多くのことをすることにますます慣れている。パンデミックの間、私たちは複数のビジネスラインのそれぞれが他のビジネスラインに対するヘッジをどのように提供できるかを示した。しかし、よりエキサイティングなのは、我々の製品とブランドの革新が顧客基盤間の相互作用をどのように推進しているかである。企業はヘッジを提供するが、さらに重要なことに、一つの事業の強みが他を強化する可能性がある」とアナリストに述べている。

(8/4 https://bit.ly/3CkRuD6)

 

15. VIDEO:ホスピタリティの支払い刷新

キャンセル、キャッシュフロー、非効率的なプロセス - これらの問題はホテル経営者にとって常に存在していたが、COVID危機が始まってから過去18か月ほどではなかった。これらの支払いの課題の緊急性はホテル経営者にとって頭痛の種となっているが、新しい考え方や新しいシステムの必要性にもスポットライトを当てている。イノベーションの必要性について話している人の1人は、XanderPay創設者兼CEOであり、HEDNAの支払い委員会のリーダーである支払いのベテランであるMike Carloである。最新のPhocusWire Pulseイベントでは、Carloは、旅行の支払いの進捗状況、ホスピタリティのレガシーシステムが回避できたはずの問題をどのように生み出したか、支払い処理に関してホテルがオンライン旅行代理店のように運営されるべき理由、そして変化の妨げとなるハードルについて説明する。 Carloはまた、将来についての考えと、今後35年で支払い環境がどのように異なって見えるか(そしてよりゲスト中心になるか)についての考えを共有している。https://bit.ly/3AeSredPhocusWireMitra Sorrellsとの完全な議論を閲覧してほしい。

(8/5 https://bit.ly/37ppy2Q )

 

16. ブッキング、2Q 220億ドルに増収

Booking Holdingsの総取扱高は、今年の4月から6月の間に220億ドルで、2020年の同時期のわずか23億ドルから増加し、パンデミック前の最後の四半期である2019年の第4四半期をわずかに上回った。第2四半期に予約された客室の宿泊数は15,700万で、今年の第1四半期の9,900万から増加し、2020年の第2四半期から458%増加した。予約された客室の60%はモバイルで取引された。

Booking Holdingsの最高経営責任者(CEO)であるGlenn Fogelは、「私たちは引き続き、中核となる宿泊事業を強化し、旅行者と宿泊施設供給パートナーの両方に利益をもたらすことに注力している。さらに、Connected Tripのビジョンを含む戦略的優先事項の実行を続けている。これにより、コアとなる宿泊施設ビジネスがさらに強化されると確信している」と述べている。

アナリストとの電話で、Fogelは、Connected Trip戦略の焦点であるBooking.comのフライト製品が、第1四半期末の18か国から現在24か国に拡大したことを共有した。「Bookingのフライトオファリングを通じて予約された航空券は、私たちの期待を有意義に上回り続けている。ただし、これらは報告された航空券全体のごく一部であり、2019年第2四半期と第2四半期で120%増加した。これは主にPricelineによるものである」、「Bookingのフライト製品はまだ初期の段階であるが、Booking.comのまったく新しい顧客を獲得していることを示す肯定的なデータが見られる。さらに、これらの新規顧客からの宿泊予約のクロスセルが高くなっている。これらの初期のデータポイントは、フライトオファリングが新しいフロントを作成して、増分顧客をプラットフォームに導き、これらの顧客に宿泊施設をクロスセリングすることを実証するのに役立つ」とFogelは言う。

Booking Holdingsの第2四半期の総収益は22億ドルで、昨年の同じ四半期の63,000万ドルから増加し、2019年の第2四半期に記録された収益の半分強になった。2021年第2四半期の調整後EBITDA4,800万ドルであったが、2020年第2四半期の調整後EBITDA損失は37,600万ドルであった。

同社は第2四半期のマーケティングへの支出を2倍以上の98,800万ドルに増やし、今年の第1四半期の46,100万ドルから増加し、多くの有料チャネルでROIが向上したと述べている。「ソーシャルメディアやデジタルメディアなどの他のチャネルをテストするときや、“Back to travel”キャンペーンなどのプロモーションキャンペーンを展開するときに、マーケティングの専門知識とROIの焦点を活用している。プラットフォームへのトラフィックを増やし、ブランドに対する消費者の意識を高めることを目指して、マーケティングおよび顧客獲得チャネルの多様性を拡大し続ける」とFogelは言う。

Booking.comで、Fogelは、6月末の時点で2,800万件のリストがあり、そのうち660万件が代替宿泊施設用であると述べている。同社は引き続き物件を追加しているが、ブランドの代替宿泊施設製品を改善および成長させるための“多くの取り組み”があり、特に米国で単一の物件所有者を追加することに関心があると彼は述べている。そして、同社は将来の予約について慎重で楽観的だ。 CFODavid Gouldenによると、ヨーロッパと北米では、現在、残りの夏の月の総予約数が2019年の同時期よりも多いとのことである。「したがって、キャンセル率が同じままであると仮定すると、残りの夏の数か月間、これらの市場でより多くの収益が得られる可能性がある。しかし、キャンセル可能な予約や返金可能な予約の割合も2019年の同時期よりも高いため、これらの予約の多くが同時期よりもキャンセルされるリスクがあることは明らかである」と彼は言う。また、あまり肯定的ではないが、Gouldenは、アジアが2019年と比較して大幅に減少しており、今年の第1四半期よりも第2四半期の部屋の泊数の成長が悪化していることを認めている。「ご存知のように、地域全体が非常に落ち込んでいる。アジアのほとんどの地域で予防接種率が遅れている。また、COVIDの発生への対応はより積極的になる傾向があり、すべての国のアジア地域での感染発生に基づいて、より迅速に制限が設けられている」、「それで、旅行レベルは非常に低い・・・まだ行くには長い道のりだ」と彼は言う。そして法人旅行についての彼の考えを尋ねられたとき、Booking Holdingsのビジネスは80%以上がレジャーであると認めながら、Fogelは、より多くの人々がオフィスに行かなくても働くことができ、企業がコスト削減を検討しているため、法人旅行の将来はまだ非常に不確実であると言う。「CFOや企業でコストを意識している他の人々から、『過去に行ったすべての旅行が本当に必要なのか』と言う抵抗はまだあると思う。そうでないかもしれない。これらの新しいテクノロジーを使用すると、ニューヨークからロンドンに1日の会議のために15,000ドルで誰かを派遣しなくても、かなり効果的であるように思われる。そして、それは出張方法をいくらか変えると思う。飛行機の前方のクラスや、非常に高いコストの5つ星ホテルなどで多額の費用を費やす出張が少なくなり、状況が少し変わる」と彼は言う。(8/5 https://bit.ly/3ip9vs4)

 

17. ロシア オンライン旅行市場

政府の規制が解除され、旅行者が冒険に出かけるにつれて、世界中に旅行の回復のポケットと希望のかすかな光がある。ほとんどの国の経済はパンデミックの深刻な影響を受けているが、旅行業界は大幅な衰退に見舞われている。ロシアはその好例である。この国の旅行業界は2020年までの数年間で力強い成長を遂げており、オンライン旅行の売上は着実に伸びていた。すべてが一掃された一方で、特に国内観光業では、数字が再び成長を示して、楽観的な見方には慎重な理由があるものの、投資家は再び注目を集めているようだ。メタサーチのスペシャリストであるAviasalesは、4,300万ドルの投資を発表したことで道を切り開いた1つの企業になる可能性がある。ロシアを拠点とする企業への資金提供は、Elbrus Capital FundsiTech Capitalからのものである。

計画は、新製品のための資金を使用するだけでなく、国内および国際市場の両方で成長を促進することである。この投資は、20204月に立ち上げられたAviasalesの法人旅行部門、およびそのアフィリエイトマーケティングプラットフォームであるTravelpayoutsのサポートにも使用される。AviasalesCEOであるMax Kraynovは、「その強力なビジネスモデルのおかげで、同社は2020年を黒字で終え、2021年に積極的かつ収益性の高い市場シェアを獲得している」と述べている。彼は、会社がずっとそのチームと製品に投資し続けていると付け加える。今後も、同社はコアフライトエンジンに引き続き注力し、フライト以外の収益源を拡大したいと考えている。

リカバリモード

Recovery mode

大規模な資金調達ラウンドは、パンデミックの際に予約数が大幅に減少し、現在は回復を目指しているロシアの旅行業界の多くの人々にとって前向きな兆候となるだろう。ヨーロッパの他の地域の新興企業への資金調達取引はここ数ヶ月で豊富に存在するが、ロシアからの旅行投資ニュースは1つか2つの例外を除いて枯渇したようだ。Aviasalesによると、同社の最新の投資は、過去2年間で、東ヨーロッパの旅行テクノロジーの新興企業全体で最大のベンチャーキャピタル取引の1つである。比較すると、BlablacarBoltTravelPerkなど、ヨーロッパの他の地域の企業は、ここ数か月でかなりのラウンドを引き付け続けている。しかし、ロシアのオンライン旅行市場は反発するだろうという信念がある。Elbrus Capital FundsのシニアパートナーであるDmitri Krukovは、

「ロシアの航空と旅行市場は欧州最大の一つでありCOVID-19以降、力強く再起している」と述べている。iTech TravelのマネージングパートナーであるGleb Davidyukは、「投資するのに最適な時期である。業界の回復とAviasalesからの多くの新製品は、私たちの野心的な成長計画と事業開発のための強力な基盤を確立する」と述べる。

オンラインでの成長

Online Growth

Phocuswrightの調査によると、ロシアの旅行市場は2019年に5年間で最高を記録し、375億ドルの収益を上げた。 パンデミックはこの目的地を大幅に後退させ、昨年の総取扱高は170億ドル強に減少した。ロシアのオンライン旅行市場に関する最新のレポートPhocuswrightは、パンデミック前のレベルへの回復は2024年以降になるが、オンライン旅行の売上は着実に成長することを明らかにしている。レポートによると、2024年までに、すべての旅行収入の47%がオンラインチャネルを経由する可能性がある。モバイルトランザクションは、2020年にスマートフォン全体の普及率が73%に達することで、オンラインの成長を促進する可能性がある。Aviasalesはまた、Mediascopeの調査によると、ロシア人の約3分の1だけがオフラインエージェントを通じて旅行関連のサービスを予約していることを明らかにしている。さらに、過去に旅行業者に現金を支払っていた多くの消費者は、業界が回復するにつれてオンラインで旅行を購入する可能性がある。オンライン仲介業者が優勢になるのか、それともサプライヤー直販ビジネスが勝つのかという疑問が残る。Phocuswrightの調査によると、2019年のオンライン総取扱高のほぼ66%がサプライヤー直販のオンラインであり、この傾向は今後も続く可能性がある。そして、より広い旅行業界の回復の見通しと同様に、時が経てばわかるだろうが、ロシアはパンデミックの前に多くの要素を備えていて、今や旅行業界の成長が再び熟しているように見える。SimpleFlyingによると、20208月に国内旅行がパンデミック前のレベルに近づき、業界はすでに急速に回復していることを示している。また、多くの国内スタートアップや、TravelpayoutsなどのAviasalesなどの新しいイニシアチブも、パンデミックの間に成長を示している。起業家でサイバーセキュリティの専門家であるEugene Kasperskyが立ち上げた、昨年のExploring Russiaアクセラレーターの勝者の1人であるAltourismも成長を報告した。国内での休暇に対して消費者に報いる政府の計画は、既存の企業と新興企業の両方が危機を乗り切るのに役立った可能性がある。国の観光組織は7月末に、国内観光は2021年前半にCOVID前のレベルの95%に回復したと述べた。比較すると、国際観光の回復は遅れているが、それはロシアだけではない。世界中のほとんどの観光地が、国際市場が完全に旅行のために再開したときに何が起こるかを見守っている。(8/4 https://bit.ly/3lBvgGZ)

 

18. ラーストミニッツ、業績回復

Lastminute.com Group2021年第2四半期の収益は、同社の主要なヨーロッパ市場での旅行制限が緩和されたため、3,700万ユーロに増加した。前年比213%の急増は、特にLastinute.com Groupが、予約数が減少したにもかかわらず、収入がCOVID以前のレベルと一致したと述べた6月に、ビジネスの“強い回復”を示している。調整後EBITDAは、2020年第2四半期の600万ユーロの損失から、直近の報告期間の700万ユーロの利益にシフトした。同社によれば、2022年にはレジャー旅行が完全に回復すると見込んでいる。

最高財務責任者のSergio Signoretti によると、パンデミックの際に同社がリリースしたバウチャーの約40%が、顧客に再編成された旅行プランに使用する機会を与えて使用されたという。 2021年上半期の収益は現在5,000万ユーロで、昨年の対応する6か月の8,300万ユーロから減少している。CEO Andrea Bertoli は「パンデミックは、人々の行動と生活の多くの側面へのアプローチに構造的な変化をもたらした。デジタル化は劇的に成長し、eコマースだけでなく、教育からエンターテインメント、公共サービスまで、経済のすべてのセクターでオンラインサービスの利用が促進された。パンデミック前に予測された軌道と比較して、デジタルの採用は少なくとも3年加速した。これは、20214月までの6か月間に+ 38%のシェア増加を報告したオンライン旅行に特に当てはまる。オフラインからオンラインへの移行の加速は、ノーリターンの傾向である」と述べている。(8/5 https://bit.ly/37x37sh)

 

19. 社説:旅行の会社、ワクチンで綱渡り

「残念ながら、世界のより多くのワクチンが接種されるまで、完全な旅行回復への道はでこぼこなままである。」これは、2021年の同社の第2四半期の収益を取り上げた今週の記事の、Expedia Group社長兼CEOであるPeter Kernからの引用である。旅行、観光、ホスピタリティ業界は、生き残りの時代から希望の時代へと移行している。回復が来て、多くの事業が以前の自分に戻ることを願っている。その回復をめぐる楽観主義は、2020年(ママ、2021年?)の残りの数ヶ月から来年にかけて実施される戦略においてリアリズムが重要な役割を果たさなければならないことを認めるために、すでに多くの人によって静かに片側に押しやられている。業界で必要とされる回復努力の多くは、顧客とスタッフの両方によるCOVID-19ウイルスに対するワクチン接種の実施を中心に展開している。

たとえば、多くの国では、訪問者の入国に予防接種の証明を義務付けている。この方針は、ほとんどの場合、特に物議を醸すものではない。2017年にDonald Trumpが大統領に就任して以来加速している国の社会全体で進行中の分裂のおかげで、プロセス全体を政治化することに成功したアメリカ合衆国を一歩前進させて欲しい。旅行ブランドは通常、政治を敬遠するが、業界や人々を再び動かし、ワクチンを支持しなければならないことを知っている。これにより、接種されないことを選択した多数の顧客を遠ざける可能性がある。

一部の旅行ブランドが直面する可能性があるのは厄介な状況であるが、それでも避けられない状況である。彼らが沈黙を守っている場合、またはおそらく彼らが強力なワクチン接種のメッセージを出している場合、それは彼らの評判を損なう可能性がある。しかし、不確実な時代には大胆なリーダーシップと立場が必要だ。ブランドが科学に従わなかった場合、そして人々にワクチン接種の申し出を受け入れるように促すために彼らの役割を果たさない限り、セクターは望む速度で回復しないという議論がある。そのような明らかなリーダーシップと要件が少し曖昧になるのは、1つのことだけを言い、完全に全てをフォローしない場合である。このような戦略は、同様に損害を与える可能性がある。ビッグテックに影響力のある識者であるScott Galloway教授は今週、Uberが、オフィスの従業員にワクチンの接種を義務付けたが、感染症にかかるまたは広げるリスクを有しているドライバーに対しては同じことを期待していないことを批判した。空想の広がりでは、業界は困難から抜け出せない。

(8/5 https://bit.ly/2Vzx8Wf)

 

20. トリアド2Q収入2.35億ドル達成

Tripadvisorは、2021年の第2四半期に収益が大幅に増加したことで、世界中の多くの市場でワクチン接種と再開の数が増えていることを認めている。ユーザーレビューおよび旅行検索サービスは、ビジネス全体で23,500万ドルの総収益を記録し、2020年の対応する四半期のわずか5,900万ドルからほぼ300%増加した。調整後EBITDAは、同社の最新の収益レポートで、前年比7,400万ドルの損失から2,500万ドルの利益に切り替わった。最高財務責任者のErnst Teunissenは、“回復の拡大”と“継続的なコスト規律”により、“社内の予想よりも優れた”ビジネスのパフォーマンスが向上したと述べている。ホテルとメディアサービスは311%増の15,600万ドル、体験(experiences)と食事(dining)は386%増の6,800万ドルで、すべての事業部門で前年比増収した。サイトのユーザー数も今年の第2四半期に大幅に増加し、4月、5月、6月にそれぞれ前年比59%、71%、79%増加した。Tripadvisorによると、四半期中の検索マーケティング活動の増加により、この分野の関連コストは前年比128%増の12,300万ドルになった。米国を拠点とする同社の国内旅行市場が先導し、報告期間中も引き続き強化されており、ホテルのメタ検索指標は2019年第2四半期のレベルに近づいている。Experiences部門の回復は“予想よりも早く発生”し、ヨーロッパはここ数ヶ月で回復していると収益レポートは述べている。CEOSteve Kauferは、最近完全に開始されたTripadvisor Plusサブスクリプションプログラムを、今年のビジネス戦略の要素として「非常に興奮している。何億人もの消費者が、音楽、オンラインショッピング、ビデオコンテンツなどのカテゴリ全体で、好みのサブスクリプションサービスを選択している。しかし、旅行で手頃な価格の高価値のサブスクリプションサービスが著しく不足している。世界の市場機会は数千万の加入者であり、サブスク市場は数十億ドルの経常収益を意味すると私たちは信じている」と述べている。

* 20213月にPhocusWire PulseLoyalty For The Long Haul Webイベントで記録されたLindsay Nelsonとのこのインタビューをチェックして欲しい。彼女は、Tripadvisor Plusプログラムについて話し合っている。

(8/5 https://bit.ly/3AlINqe)

 

21. VIDEO:旅行支払いの全体像

いくつかの点で、旅行、観光、ホスピタリティセクターの支払い要素は、旅行者の数に関係なく運営される。ボリュームは、システムがスムーズに動作する能力を妨げるのではなく、単なるナンバーゲームである。理論的には・・・

テクノロジーが業界のほぼすべての部分に絶えず影響を与えていることに沿って支払いは進化しているが、変化の多くは消費者の目には見えず段階的である。しかし、昨年、航空会社や他のブランドが複雑な払い戻しやバウチャー操作を余儀なくされたときに示されたように、パンデミックは状況を変える可能性がある。この状況はほぼ終わったが、支払いがどのように行われるか、そしてブランドと消費者が将来見るであろう発展にもう一度光を当てた。FISのワールドペイの航空会社および旅行担当副社長であるThomas Helldorffは、7月のPhocusWire PulseProgress In Travel Paymentsイベントでこれらの問題について話した。議論されている他のトピックには、ブロックチェーンの課題、消費者の期待、ユーザーエクスペリエンス、支払いのセキュリティ、および生体認証が含まれる。(8/6 https://bit.ly/2VGhQyM)

 

22. ブラジルAzur、電気エアータクシー参入

ブラジルの航空会社Azulは、ドイツを拠点とするLilium10億ドルの商業的および戦略的提携を結んだ。これは、人や物を輸送するための電気垂直離着陸(eVTOL)ジェットを製造する新興企業である。この計画では、Liliumがブラジルで共同ブランドのeVTOLネットワークを構築することを求めており、2025年に開始される予定である。Liliumは、航空会社がネットワーク全体で運用および保守できるように、220機のジェット機をアズールに販売することを計画してえう。 Liliumは、“航空機の異常監視プラットフォーム”、交換用バッテリー、その他のスペアパーツを提供する。両社によると、このイニシアチブは、年間1億人近くの国内航空旅客を抱え、現在世界有数の民間ヘリコプターおよびビジネス航空市場の1つであるブラジルで、“高速地域輸送を根本的に変革する”とのことである。「Azurは、毎日の都市間ネットワークのキャパシティの点で、ブラジルで最大の国内航空会社である。当社のブランドプレゼンス、独自のルートネットワーク、および強力なロイヤルティプログラムにより、ブラジルでLilium Jetネットワークの市場と需要を創出するためのツールが提供される。過去13年間にブラジル国内市場で行ったように、Lilium Jetを使用して、今後数年間でまったく新しい市場の創出に取り組むことを再び楽しみにしている」とAzulCEOであるJohn Rodgersonは述べている。20203月、LiliumTencentが主導するラウンドで24,000万ドルを調達し、その総資金は37.000万ドルを超えた。Azurは、都市間サービスを提供する出発便数でブラジル最大の航空会社であり、110を超える目的地への毎日700便が運航している。jetBlue航空の創設者であり、現在はアズールの会長を務めているDavid Neelemanによって2008年に設立された。「13年前のAzurの設立以来、ブラジルの航空市場は倍増し、Azurはその成長のほぼ60%を占めている。私たちは新しい市場を創造し成長させる方法を知っている。また、Lilium Jetをブラジルに持ち込むことで、大きな市場機会が見込まれる」とNeelemanは言う。

(8/6 https://bit.ly/3yz0gv2)

 

23. 82日の週の資金調達記事

·          オーダーメイドツアーTravelLocal

Trip.meは、オーダーメイド旅行サービスのターゲットと多国籍のオンライン旅行代理店を作成するためにTravelLocalと合併する。合併の条件は明らかにされていないが、両社の合併と同時に250万ポンドの新規投資ラウンドも発表されている。この合併は、2つの成長しているブランドをまとめる“一世代に一度”の機会で、予想される需要のブームを利用する手段として宣伝されている。

両者合計では今までに1,300万ポンドの投資資金を調達したTravelLocalの最新のものは20198月に英国の放送局Channel 4を介してラウンドされたものである。このペアは、100か国以上、特に英国とドイツのそれぞれの国内市場の顧客にリーチを合わせ、ほぼ100の目的地で製品を利用できるようになる。

今週のシリーズAラウンドは、Active PartnersGresham House Venturesが主導した。(8/3 https://bit.ly/3CaTSfB )

 

·          ベトナム テックVNLife

旅行、銀行、小売などで事業を展開するテクノロジー企業であるベトナムを拠点とするVNLifeは、シリーズBの資金調達で25,000万ドルを調達した。
ラウンドはGeneral AtlanticDragoneer Investment Groupが主導し、PayPal VenturesEDBI、既存の投資家であるGICSoftBank Vision Fund 1が参加する。VNLifeは、この資金を「ますますデジタル化するベトナムの広大な市場機会をさらに活用する」と述べている。 VNLifeの旅行子会社であるVNTravelは、Mytour.vnDinogoTripi30以上のモバイルバンキングアプリケーションなどのプラットフォームを通じて、500万人以上の顧客に航空、ホテル、ツアー、アクティビティの予約を提供する国内のオンライン旅行代理店である。 7月、VNTravelは、ホスピタリティソフトウェアプロバイダーであるYanolja Cloudと、デジタルチェックインとチェックアウト、非接触型決済、その他のサービスを可能にするテクノロジーをベトナムのホテルに提供する契約を締結した。
(8/2 https://bit.ly/3Acqi7N)

 

·          モビリティスペシャリストBolt

モビリティスペシャリストのBoltは、最新の資金調達ラウンドで6億ユーロを調達した。このシリーズEの投資により、エストニアを拠点とする企業の評価額は40億ユーロを超える。最新の資金は、SequoiaTekneGhisalloなどの新規投資家、および既存の投資家であるG SquaredD1 CapitalNayaから提供されている。声明によると、Boltは“過去1年間に超成長を経験”し、7,500万人の顧客を含むまでに成長した。このモビリティプラットフォームは、ライドヘイリング、カーシェアリング、スクーター、電動自転車の共有サービスのほか、ボルトフードを介したレストランの配達を提供する。最近では、食料品の配達サービスであるボルトマーケットが追加された。ヨーロッパ初のスーパーアプリと名乗るBoltは、最近、発展途上国でモビリティツールを開発するために2,000万ユーロを投資する発表した。その前に、同社は12月に15,000万ユーロを調達したと発表し、「当社の製品とサービスの安全性と品質をさらに向上させる」と述べた。(8/3 https://bit.ly/3ysihuJ)

 

·          都市短期レンタル Frontdesk

米国中の35の市場で運営されているバケーションレンタルプラットフォームであるFrontdeskは、Stormbreaker Venturesが主導するベンチャーラウンドで700万ドルを調達した。ウィスコンシンに本拠を置くこの会社のこれまでの総資金は1,800万ドルで、これより前の最新のラウンドは20204である。
Stormbreakerがこの春に私たちにアプローチしてきたとき、私たちは高い期待に沿って成長するキャッシュフローを持っていたが、この先制されたベンチャーラウンドは私たちに指数関数的に拡大する能力を与えた。テクノロジー対応のSTRプラットフォームに対する需要が非常に強いことを考えると、予想以上に成長する機会がある。最終的に、私たちは“火を燃やす”ことを決定し、急成長している短期賃貸スペースのリーダーとしてパンデミックから抜け出た。資本の流入は、経営陣とテクノロジー事業の両方にさらなる成長をもたらし、パンデミック前の数を超える短期滞在で、私たちの手に届く需要を満たす」と、Frontdeskの共同創設者兼CEOであるKyle Weatherlyは述べている。

同社は、今年末までにポートフォリオを倍増し、2022年に黒字化することを目指して、積極的な成長計画を継続する予定である。Frontdesk250人以上の従業員を擁し、35の市場の160か所で毎月15,000人以上の旅行者を受け入れている。同社はまた、ソフトウェアビジネスであるFrontdesk Flexの成長を加速させると述べている。これにより、プロの短期賃貸不動産管理者は、不動産管理システム、直接予約エンジン、動的価格設定アルゴリズム、アクセス制御、タスク管理などなどの一連のホワイトラベルテクノロジーソリューションを利用できる。 Stormbreaker VenturesのマネージングパートナーであるSaid Mia

は、「たとえば、Sonderは、Frontdesk8倍の規模を達成するために35倍の資本を必要とした。一方、他のブランドは、Frontdeskよりも小規模で5,000万ドル以上を調達しているに過ぎない。その結果、私たちは、パンデミック後の時代に消費者の生活、仕事、旅行の方法を根本的に変える同社の能力に自信を持っている」述べている。(8/5 https://bit.ly/3jq0s9G)

 

+++++

6月4日

九州で大手系列越え初の共同運航

米ユナイテッド航空、超音速機購入へ