海外事情・旅行流通

 

フォーカスライトJapanでは、PhocusWire Daily (phocuswire.com) の毎日のニュース

意訳して、毎週 月曜日更新の「海外事情」に掲載しています。

「海外事情」は、この他に TD 勉強会( www.e-tdb.com )と、その一部を 

トラベルジャーナル(TJ)の隔週コラム「FROM THE WORLD / 海外事情」にも

掲載しています。 

 

2020年以前の「海外事情」は、TD 勉強会 www.e-tdb.com のアーカイブにて 

ご覧になれます。TD = Travel Distributionの略です。)

 

 

海外事情 830

 

14. Q&A:旅行業界の回復を支援する暗号通貨」が面白い。先週号の「3. Q&A 旅行における分散型IDの可能性」と合わせて読むと、トラベルテックの世界最前線が分かる。保守的な旅行業界は、なかなかこれらの次世代テクノロジーの採用とはいかないとPhocusWire Dailyの社説が書いている。現実の話としては、「4. 3Dロボット、ホテルの人手不足を救うか?」が言っている通り、人手不足に対応する自動化や省力化のテクノロジー導入が最優先されるのだろう。それに旅行者が求める決済オプションの多様化や非接触のテクノロジーも必要だ。

これらの次世代テクノロジーが6〜7年で実用化するとなれば(先週号3.)、既存の仲介ビジネスモデルが「ご破算」となってしまうのだろうか?個人とサプライヤーのクリデンシャルが分散型台帳技術(ブロックチェーン)によって、第三者の仲介業者を必要としなくなると言うのだ。

 

その他では、「2. (TJ) . エアアジアスーパーAPPで配車サービス」が、

AirAsia Rideの創設により、マルチトラベル、マルチコンシューマー製品サービスへの移行を続けている』と言っている。AirAsiaは、LCC +“旅行会社”戦略を果敢に推し進めている。Bookingのコネクテッドトリップ、Airbnbの総合旅行会社構想などと相通ずるような気がする。

 

10. ファーウェイ、旅行APP追加、新興企業$1億投資」は、Huaweiが同社の全てのスマートフォンにOTA Wegoのアプリをデフォルトで組み込むと報じている。米国や欧州から否応無しの圧力をかけられてHuawei製のスマホの売り上げが激減、今では世界5傑にも入れないありさまだ。“製造”から“ソフト”へシフトするという戦略の一環なのだろう。旅行を取り込んだスーパーAPPを目指すのかもしれない。

 

地上輸送アプリMaaS Globalが、4つの組織の支援者から1,100万ユーロを調達した。フィンランドを拠点とするこのMaaSのスタートアップは、バス、タクシー、電動スクーターなどの地上輸送サービスの計画アプリであるWhimの開発者である。投資家の中には三井不動産、三菱商事、トヨタファイナンシャルサービス、あいおいニッセイ同和、デンソーなど多くの日本企業が存在する(「18. 823日の週の資金調達記事」)。

(編集人)

 

1. (TJ) 2021年の旅行新興企業投資額 440億ドルヒット

2. (TJ) エアアジアスーパーAPPで配車サービス

(TJ) = トラベルジャーナル927日号参照ください

 

3. 新興企業ステージ:会員制ホテル予約StayTick

4. 3Dロボット、ホテルの人手不足を救うか?

5. トリアドとエアビー、グーグルLocal Searchに対抗     第1位閲覧

6. ホテル、マルチプラットフォーム統一求める

7. 旅のデジタル広告の現状                                3位閲覧

8. レポート:現代法人旅行管理

9. 新興企業ステージ:Motourismo

10. ファーウェイ、旅行APP追加、新興企業$1億投資

11. アクティビティにおける多様化                                      4位閲覧

12. 新興企業ステージ:デジタルエージェントUna

13. サイバーセキュリティ問題、旅行を襲う

14. Q&A:旅行業界の回復を支援する暗号通貨                  2位閲覧

15. 社説:イノベーション、危なっかしい綱渡り

16. Hostelworld上半期決算減収75%

17. ペンタアップ需要獲得の3つの方法                              5位閲覧

18. 823日の週の資金調達記事

 

 

3. 新興企業ステージ:会員制ホテル予約StayTick

StayTick(マドリッド)は、年会費は25ユーロで最大25%節約できる、世界中の500,000を超えるホテルの予約プラットフォームである。創設者は、従来の旅行代理店だけでなく、Barcelo GroupExpediaBeMyGuestなどの企業での経験がある。202012月、創業者はAmazon Primeのビジネスモデルに触発され、それをホテルの予約に適応した。このビジネスモデルでは、クライアントはサービスをより速く取得し、より多くのメリットを得ることができる。クライアントは年間サブスクリプションを契約し、その代わりに、最初の予約から節約を開始する。彼らは、価値が非常に明確で十分に実証されているため、再度予約する。世界が再開するにつれ、加入者数が増加し、宿泊予約が続くと予想される。StayTickはサブスクリプションから稼ぎ、そしてすべての予約からコミッションを取る。 同社の調査によると、平均的な加入者は年間23回の予約を行い、平均滞在期間は57泊である。(8/23 https://bit.ly/3kiXvrJ )

 

4. 3Dロボット、ホテルの人手不足を救うか?

パンデミックは、COVID-19の初めに大量解雇で多くのセクターを混乱させ、記録的な労働力不足を引き起こした。特にホスピタリティ部門は、パンデミックの際に全国レベルをはるかに上回った大きな失業率の深刻な打撃を受けた。他の業界も回復への道を歩み始めているが、ホスピタリティ業界は、20202月の時点よりも280万人の雇用が不足している。アメリカ人の60%以上が再び旅行を希望し、米国企業の55%が今後3か月以内に出張を再開することを計画しており、現在のホスピタリティワーカーの3分の1以上が業界からの撤退を計画しているのでホテル業界は苦境に陥っている。長期的な労働力のソリューションが、旅行需要の高まりとホスピタリティ労働力の劇的なシフトに対応するために必要である。ここで、3Dカメラを搭載したロボットが役割を果たすことができる。ロボットは、ホテル経営者が効率を維持し、ゲストにサービスを提供し、人員不足の業務を支援するために投資できるホスピタリティテクノロジーの最も影響力のある形態の一つである。

人員不足の解消

Solving staffing shortages

顧客対応業界は、小売店からホスピタリティ業界に至るまで、すでに3D画像センサーを搭載したロボットを通じて人員不足を解決し業務を改善している。たとえば、レストランは食品配達と食器配膳用の自己ナビゲートロボットを追加し、食料品チェーンは、ロボットに清掃作業、在庫管理アラートとチェックアウト業務をさせている。これらのタスクは通常、顧客対応の職務に制限されているが、これらの業務は、デジタルのロボットに簡単にプログラムできる反復的で時間のかかるアクティビティである。これにより、ロボットは多くのホテル施設で発生している人員不足に対する理想的なソリューションになる。あらゆるサイズのプロパティが、サービスロボット、つまり「co-bots」の実用化を実現し始めている。これは、人間と協力してパフォーマンスを拡張および改善し、人間の労働者の負担を軽減して、より厳しい責任を処理できるようにする。

 

Co-bot = 協業ロボット = 協働ロボットは、産業用ロボットの一種で、人と同じ空間で一緒に作業を行えることが特徴。 従来の産業用ロボットは、出力が非常に大きいものが多く、安全上、人間とは物理的に隔離した状態で作業を行わせる必要があった。協働ロボットは従来の産業用ロボットと比較した場合、小型、軽量に作られており、省スペースで運用が可能となっている。(ウィキペディア)

 

多彩な機能

Versatile functionality

3Dカメラ内蔵ロボットの人気のある機能は、セルフサービス機能を向上させ、利便性を向上させ、ゲストの顧客体験を向上させる機能である。モバイルロボットは、ゲストを部屋に案内したり、枕、毛布、タオル、トイレタリーなどの一般的に要求されるルームサービスアイテムを配達したりするなどのナビゲーションタスクを実行できる。彼らは、プロパティ全体でロービング警備員として動作することもできる。スマートフォンのロックを解除するために使用されるテクノロジーのような3D顔認証を使用して、ゲストを認識し、名前でアドレス指定することができ、パーソナライズ感と高級なサービスを追加する。その間、ゲストはキーカードを手探りすることに別れを告げることができ、ホテルのスタッフはもはや多くのキーカードを再印刷することを心配する必要はない。ハウスキーピングとサニタイズは、3Dロボットの最も要求が高くROIの高い使用法である可能性がある。ロボットは、掃除や衛生などの室内および共用エリアの清掃作業を管理でき、特別に装備されたロボットは、接触の多いエリアやアイテムを完全に消毒できる。紫外線と消毒スプレーを備えたこれらの人気のあるクリーニングコンパニオンは、エレベーターのボタン、ドアノブ、テレビのリモコンの表面からわずか数秒で細菌を除去できる。

3D技術の安全性と効率性

Safety and efficiency of 3D tech

3Dカメラは、人間の労働者と一緒にタスクを処理するロボットの鍵である。 3Dカメラ技術により、モバイルロボットは障害物や人を非常に正確に識別して回避できる。カメラテクノロジーは、奥行きを正確に認識して、人口の多いスペースをナビゲートできる。廊下での交通量の多さから、ロビーに積み上げられた荷物やバッグまで、3Dロボットはそのすべてをナビゲートできる。深度検知機能を使用して、廊下の開いたドアや特定のスペースでの個人の非定型の存在などの異常を見つけることもできる。SLAMSimultaneous Location and Mapping)と組み合わせると、空間のデジタルマップをスキャンして作成するテクノロジーと自走式3Dサービスボットスキャンにより、ホテルの敷地内のどこにでも食べ物、飲み物、その他のアメニティが届けられる。障害に関係なく、SLAMがサポートする3Dは、ゲストが必要なものをシームレスにナビゲートして配達できる。

ロボットのROI

Robotic ROI

Cobalt RoboticsBear Roboticsは、ホスピタリティロボティクス部門で3Dカメラテクノロジーを利用している2つの会社である。米国を拠点とする企業であるCobalt Roboticsは、セキュリティ、施設管理、コンシェルジュサービスに利用できる3Dカメラ搭載ロボットを開発している。Bear Roboticsは、フードサービスの展開に特化したロボットを提供している。これらの場合にロボット労働者を利用するコストは、多くの場合、1時間ごとの労働者と同等かそれ以下だ。これらの節約と病欠、怪我、その他の混乱の排除を組み合わせると、ホテルのマネージャーは、日常業務を処理するためのより費用効果の高い方法を選択することができる。ホテルで3Dロボットを採用する際のROIのもう1つの重要な形態は、ゲストの好み、施設のステータスと維持、セキュリティなどに関するデータを収集できることである。この情報は、ホテルがより効率的に運営され、顧客満足度に重点を置くために重要である。

ホテルの未来

The future of hotels

パンデミックは、ホスピタリティ業界に大きな不確実性をもたらした。パンデミック後の長い将来、ゲストの予約と行動、ホスピタリティの経済学、または競争活動がどのように変化するかはまだわからない。しかし、確かなことは、労働力が永遠に影響を受けること、そしてその技術、特に信頼性が高く多機能なロボットがホテルの未来の一部になることである。

著者:David Chenは、Orbbec3D Technology International Inc.の共同創設者兼エンジニアリングディレクター。(8/23 https://bit.ly/3sInU6b )

 

5. トリアドとエアビー、グーグルLocal Searchに対抗

Googleは、地元のビジネスや活動に関する情報を探している大多数の消費者に最適なWebサービスであるが、新しい調査によると、他のブランドが確実にこのサービスに参入していることがわかった。

UberallMomentFeedの調査によると、ユーザーの約69%が近くのものの検索にGoogleを使用しており、Yahoo23%)、Apple Maps23%)、Yelp22%)などのサービスがGoogleのリストのさらに下に存在する。しかし、80,000の事業所のローカルオンラインパフォーマンスの分析と1,000を超える米国を拠点とする消費者の調査では、TripadvisorAirbnbなどの旅行ブランドが、独自の検索エンジンとしての地位を確立していることがわかった。

この調査では、5人に1人の消費者が、たとえばローカル検索サービスとしてこれら2つを使用していることがわかった。TripadvisorAirbnbなどにとってのローカル検索の重要性は、通常の旅行先に旅行できず、地元のコミュニティや地域を探索している人々に詳細な情報を提供するためのパンデミック戦略の重要なマーカーになっている。Uberallのインサイト担当バイスプレジデントであるGreg Sterlingは、「データによると、消費者は旅行を計画し、旅行中に食事、宿泊、娯楽の決定を行うときに複数の旅行サイトを使用している」と述べている。消費者の検索行動におけるもう1つの戦略的変化は、ブランド検索から非ブランド検索への切り替えであり、後者がパンデミック時の主要な方法である。調査によると、「Hotel Near Me」の検索は、「Marriott Near Me」やその他のブランド主導の用語などのパンデミック以前の人気のある用語に取って代わった。Uberallの北米担当最高戦略責任者兼エグゼクティブバイスプレジデントであるNick Hedgesは、「ブランド化されていないローカル検索の増加は複雑な現象であり、主に消費者が近接性、即時性、利便性を重視していることがこの原因である」と語る。旅行やアクティビティのブランドは、消費者の65%が購入決定において最も影響力のある要素の価格設定を検討していることを知っても驚くことではないと説明する。しかし、COVID-19の衛生と安全プロトコルに関する情報の重要性は、同じリストの5番目で29%であり、自宅からのビジネス距離(38%)、評価とレビュー(36%)、製品の写真(31%)を下回る。旅行業界は2020年に特に大きな打撃を受け、ほぼすべてのコンバージョンタイプでクリック数が減少したことが調査で判明した。旅行リストでは、アクションが前年比で47%減少した。これは、主に2020年の広範な旅行制限に起因する可能性がある。Hedgesは「この業界が人的なコンバージョン体験に強く関連していることを考えれば、そんなに驚くべきことではない。ウェブサイトへのアクセスや電話で完全に置き換えることはできなかった」と述べている。

*完全なレポートはhttps://bit.ly/3mnKmApから入手できる。の(8/23 https://bit.ly/386wbr1 )

 

6. ホテルテックボス、マルチプラットフォーム統一求める

ある調査によると、PMSの運営者は、他のサービス提供者とのつながりを提供することに焦点を当てるベンダーを探している。

独立したレポート観光コンサルタントJosia Mankenzieから(既存のハイテクブランドやホテル経営者によって、このフィールドに入れられていないが)ホテルブランドの最高情報責任者、最高技術責任者と最高執行責任者の役員の80%以上が、統合に集中する彼らのPMSプロバイダを望んでいたことが分かった。この回答は、「私のニーズのほとんどを満たすエンドツーエンドのソリューション」を提供するオプションの調査をはるかに上回った。統合への傾向はまた、PMS内で必要とされる最も重要なツールは何かを尋ねる別の質問も上回った。回答者の半数は、他のベンダーとの統合をサポートしていると述べている。これに対して、収益の増加は15%、時間節約機能は11%である。モバイルの使用、セキュリティ、コストなどの他の要因はすべて5%以下であった。

この調査では、56人のCOOCTOCIO、その他の上級運用およびテクノロジーリーダーに、彼らのPMSの見方について質問した。幹部は、北米、ヨーロッパ、およびアジアに10500の施設を持つホテルブランドを代表している。

調査の他の注目すべき項目には、回答者の約70%が現在のサプライヤーに満足しているという、PMSベンダーに対するいくらかの安堵が含まれている。そして、より良い統合の要求にもかかわらず、約75%は2021年中にベンダーを変更する計画はない。(8/24 https://bit.ly/3gzuaYV)

 

7. 旅のデジタル広告の現状

旅行マーケターがCOVID-19パンデミックを通して学んだことが1つあるとすれば、それはより少ない労力でより多くのことを行う方法である。予算の削減、人員の削減、ウイルスの予測不可能な性質により、旅行マーケターはリソースが少なくなったが、それでも彼らは新しいソリューションのテストとメッセージングの革新に責任を負っている。しかしSojernの新しい研究によると、上昇中のワクチンの流通で、多くの旅行意思決定者は、2022年の実質成長の見通しのもとで広告費の増加を見込んでいる。このレポート2021旅行マーケターがデジタル広告をアクティブ化する方法」では、COVID-19が、予算、広告費、チャネル毎の予算の割り当てにどのように影響したかを理解するために、ヨーロッパ、アジア太平洋、北アメリカ、中東、アフリカの300人以上の上級旅行意思決定者と広告主が、広告テックの将来についてどのように考えているかを調査した。

支出戦略

Spending strategy

Worldwide Business Research Insightsと一緒に作成されたこのレポートによると、旅行マーケターの56%が、現在のオンライン環境がダイレクトレスポンスキャンペーンに理想的であることに同意している。旅行者は、明確なキャンセルと返金のポリシーを見つけることができるため、プロバイダに直接予約している。一方、オンライン旅行代理店では、パンデミックの中でキャンセルポリシーを混乱させることに旅行者が不満を感じることがよくある。全体として、88%の企業がCOVID-19以降、デジタル広告戦略の予算を増やしたり同じままにしたり、87%の企業が、2020年にブランドキャンペーンへの支出を引き締め、パフォーマンスキャンペーンへの支出を増やした。ヨーロッパでは、旅行組織の49%近くがマーケティング予算全体の26%から49%をデジタル広告に充てているが、アジア太平洋地域では、旅行ブランドの44%がマーケティング予算全体の26%から49%をデジタル広告に充てている。北米では、マーケターの50%がマーケティング予算全体の26%から49%をデジタル広告に充てており、中東とアフリカのマーケターの55%が同じ予算を組んでいる。

デジタル広告の掲載結果については、56%が“満足”、40%が“非常に満足”と回答している。デジタル広告のパフォーマンスに不満を表明した旅行マーケターは、独自のコンテンツの開発、顧客インサイトの収集と使用、広告効果の測定、パーソナライズの改善など多くの課題を挙げている。

一方、パフォーマンスの最適化に対する課題には、詐欺、サイバー脅威、需要の低下、予算の逼迫、主要業績評価指標への洞察の欠如などがある。“広告に費やされた時間”は、キャンペーンの成功を測定するために最も一般的に使用される指標であり、ヨーロッパの回答者の23%、アジア太平洋の回答者の22%、北米の回答者の28%、中東とアフリカの回答者の25%がこれを引用している。“閲覧回数”は、すべての地域のマーケターにとっても非常に重要であった。

マーケターはブランド広告への支出を厳しくしているが、それでも消費者との信頼とロイヤルティを築く方法としてブランディングに価値を見出している。このレポートによると、旅行マーケターの13%は、予算の大部分をブランディングに費やしている、または予算がブランディングとパフォーマンスの間で均等に分割されていると述べている。

将来のテック

Future tech

Sojernの製品担当副社長であるDave Gouldenは、コネクテッドTVCTV)は、「ビデオ広告で熱心な旅行者にリーチしようとしているブランドにとって素晴らしいオプションである。ストリーミングサービスはますます人気が高まっており、より多くの消費者がコードを切るにつれて、CTVはブランド認知度の向上と消費者エンゲージメントの促進に対する業界の答えになった」と語る。調査対象者の14%は、マーケターが従来のテレビ放送から期待できるよりも低コストで、より多くの制御で新しい顧客にリーチする前例のない機会を持っていることに同意している。CTVとビデオの利点にもかかわらず、アップテイクは比較的低いままである。ヨーロッパでは、旅行マーケターの78%が予算の10%以下をCTVとビデオに割り当てている。アジア太平洋地域では、マーケターの43%が、北米のマーケターの74%と中東とアフリカのマーケターの45%が、予算の10%以下を割り当てている。

将来を見据えて、旅行マーケターは、2021年と2022年に機械学習と人工知能技術の使用を増やすことを計画していると言う。実際、回答者の84%が、機械学習とパーソナライズのためのAIは、社内のチャネル全体で優先度が高い、または非常に高いと答えている。ただし、パーソナライズに機械学習とAIを使用することには、記録の維持にかかる高額なコスト、テクノロジーのリスク、テクノロジーのアップグレードへの支出など、固有の課題が伴う。多くの旅行ブランドはテクノロジーの実装を遅らせており、代わりに従来のマーケティング手法による売り上げの増加に焦点を合わせている。全体として、旅行会社の68%は楽観的であり、予算または広告費はCOVID-19以前のレベルに戻ると考えている。調査対象者のうち、旅行マーケターの37.5%は、予算と支出が2025年までにCOVID以前のレベルに戻ると考えている。一方、44.9%は2025年から2030年の間に、17.6%は2030年以降に。COVID以前の支出レベルに戻ると考えている。(8/24 https://bit.ly/3mzwLGf)

 

8. レポート:現代法人旅行管理

パンデミックの回復が続き企業が旅行に戻るにつれ、多くの企業が企業の旅行管理テクノロジーを近代化する機会をつかんでいる。しかし、洗練された安全な技術スタックは不可欠だが技術だけでは十分ではない。それらを満たすために、法人旅行の次の段階を計画する際には、企業は、旅行プログラムの目的を理解し、その目的意識を焼き込んだ、ゼロから構築された技術を模索する必要がある。全ての技術的な機能を開発することを意識すると、企業は企業の旅行管理テクノロジーの可能性を最大限に引き出し、成功の可能性を最大限に高めることができる。効果的なテクノロジーソリューションは、クライアントとエンドユーザーが、ビジネス効率やコスト削減などの主要な目標を達成できるように細心の注意を払って設計される。従業員の安全、生産性、幸福。そして環境意識と保護。COVID後の世界では、これらの目標はさらに緊急になる。これらの目標を達成することに焦点を当てたテクノロジーは、パズルの重要な部分となる。これは、PhocusWireTripActionsに関連して作成した独占的なレポートであり、エンドユーザー向けに設計されたツールがより効果的ではなく、COVID後の旅行に不可欠である理由を検証する。(8/25 https://bit.ly/3mFp55v)

 

9. 新興企業ステージ:Motourismo

Motourismo(独)はオートバイ観光の最初の市場プレィヤーである。非常に細分化されたこの市場をデジタル化し、顧客とサプライヤーの両方にワンストップソリューションを提供する。モーターサイクリストは、初めて世界中のオートバイ旅行を簡単に見つけ、比較し、予約することができる。二輪車観光の市場はニッチではない。西欧諸国には17,000万人以上の二輪車があり、特定のマス市場が存在する。同社は、バスケットの価値(basket value)とモーターサイクリストの数の両方が非常に大きいため、2030年の市場全体の規模は1,000億ユーロと評価している。ツアーの平均予約量は4桁相当の金額。需要と供給の両方に、今後12か月で大きく進化する使いやすいプラットフォームを提供する。 Motourismoで行われる予約ごとに、すでに広告費を上回るプラスの収益を上げている。ビジネスモデルは、今日の時点で手数料ベースである。(8/25 https://bit.ly/3sO229s )

 

10. ファーウェイ、旅行APP追加、新興企業$1億投資

ハードウェアからの移行の一環として、Huaweiはアジア太平洋地域でのクラウドサービスと新興企業支援を拡大している。旅行とホスピタリティはまだ頭にないが、シンガポールに本社を拡大することで、この分野への移行は避けられないようだ。そして最近の中東での旅行関係の最初の動きは以下の通りである。
Huawei
は、欧米市場での圧力と米国の制裁の中での消費者ビジネスの減速に直面しており、世界が今直面してい問題に新鮮なソリューションを提供するデジタルテクノロジーの力を深く信じて、製造業から着実に焦点を移しテクノロジーおよびソフトウェア企業になった。Huaweiのローテーション会長であるEric Xuは、今月初めの前半の業績発表で、「低炭素でインテリジェントな世界の構築を支援するために革新を続けていく」と述べている。
中東では、旅行市場のWegoが、旅行アプリをHuaweiスマートフォンに統合するためにHuaweiPetal Searchとのパートナーシップに署名した最初の旅行プレーヤーとなった。

「旅行者の60%以上が旅行計画を立てる際にスマートフォンアプリケーションに完全に依存しているため、旅行とホスピタリティの世界はmコマースの新時代に入った。Wegoアプリをスマートフォンにプレインストールすることは、これらの旅行者が休暇で買い物をするときに最高のお得な情報やオプションを利用できるようにするための継続的な取り組みの一環である」と、MENAとインドのWegoマネージングディレクターであるMamoun Hmedanは述べている。

5月から、WegoアプリにバンドルされているすべてのHuaweiスマートフォンEMUI 5以降が、アラブ首長国連邦、サウジアラビア、オマーン、バーレーン、クウェート、イラク、エジプト、レバノン、ヨルダン、モロッコ、アルジェリア、チュニジア、パキスタンで利用可能になる。
新興企業支援の分野では、Huaweiはこのエコシステムに1億ドルを投資する計画を発表し、その資金は今後3年間でアジア太平洋地域のSpark Programに向けられる。シンガポール、香港、マレーシア、タイが優先市場であり、7月のHuawei Cloud Spark創設者サミットで、このプログラムがインドネシア、フィリピン、スリランカ、ベトナムの4つの追加スタートアップハブを開発すると発表した。包括的な目的は、合計1,000のスタートアップをSparkアクセラレータプログラムに採用し、そのうちの100をスケールアップに形作ることである。関心のある分野には、AIML、または5Gに関係するあらゆるものが含まれ、業界には、フィンテック、ロジスティクス、スマートシティ、広告技術、保険技術が含まれる。Huaweiによると、同社のグローバルHMSエコシステムは世界で3番目に大きいモバイルアプリエコシステムであり、170を超える国と地域で450万人の開発者にサービスを提供している。目標は、アジア太平洋地域で、3年間で10万人を超えるHMSクラウドネイティブ開発者を育成することである。Huawei Cloudは、中国で2番目、世界のIaaSinformation as a Service)市場で5番目。

(8/25 https://bit.ly/3kmdQvS )

 

11. アクティビティにおける多様化

ツアーとアクティビティ業界は、COVID-19の封鎖によって最も大きな打撃を受けた業界の1つである。ただし、特定のサブセクターまたは個々のプロバイダへの影響は、その後のこの業界全体の発展と同じように差別化(differentiated)されている。これは、経済的要因による他の危機とは異なり、ツアー、アクティビティ、アトラクションの需要が減少せず今後も減少しないため、この市場の一般的な問題ではないためである。需要はまだ存在しするが、“需要の人工的なブロック”であるロックダウンにより顕在化できない。ロックダウンが終わったので、需要は再び始まる。そのための最善の準備ができているオペレーターは、最も恩恵を受けるだろう。 

スペクトル(範囲)がある

There is a spectrum

ツアーやアクティビティ業界のどのサブセクターが影響を受けたかを最初に詳しく見てみると、多くの屋外オペレーターはかなり良い夏を過ごしたが、ほぼすべての屋内オペレーターは一年中苦しんでいた。この見方を、サプライヤーがロックダウンにどのように適応したか、結果にどれだけ積極的に対処したか、どれほど創造的であったか、そしてどのように新しい収益源を開発できたかを、取り巻く違いと組み合わせると状況は再び変わる。スペクトルは、夏の間に少なくとも何らかの形のビジネスを開いている創造的でアクティブなオペレーターから、残念ながら代替のビジネスモデルを構築することができず、廃業を余儀なくされたオペレーターにまで及ぶ。営業を続けることと廃業することの違いの多くは、予約システム、タイムスロットチケットの使用、またはそれほど厳しくないキャンセルポリシーを迅速に自動化して実装する機能など、技術的なものであった。その他の重要な要素は、オンラインバージョンへの切り替えやテストセンターの運用、新しいターゲットグループ、特に国内および特定の地域への集中などの柔軟性であった。

市場の可能性の再分配

Redistribution of market potential

体験産業(experience industry)の総合的体系では、封鎖(ロックダウン)の結果が今やあらゆる範囲の影響を生み出している。一方では、ツアー、アクティビティ、アトラクションセクターの企業の買収を通じて、市場シェア、独占的アクセス、または単に魅力的な在庫を確保することがこれまで以上に有利になった。例としては、GetYourGuideによるGuidatoursの買収、Hornblower GroupによるWalksandShoretripsの買収などがある。ここでは、市場は引き続き統合され、今後数か月でこの種の動きが増える可能性が非常に高くなる。同時に、少し直感に反して、キャッチアップ効果のためにロックダウン前よりも需要が高くなっているものの、経済的な縮小または体験のオファーの排除に起因する業界の空白がある。言い換えれば、新しいビジネスのためのスペースが開かれ、既存のビジネスが拡大するためのより多くの余地が与えられている。
さらに、需要はかつてないほど“オンライン”になっている。これまで、新規参入者はオフラインの再販業者ネットワークの構築に多くの時間を費やす必要があったが、テクノロジープロバイダーからのデジタル予約および流通ソリューションのサポートにより、スタートアップの“市場投入までの時間”、投資と人的資源の要件が新しい最小値に軽減されている。これは、現時点で真の勢いを生み出している。 

適切な専門家を見つける時が来た

Time to find the right experts

封鎖関連の事業閉鎖の過程で、または市場統合の文脈で、多くの献身的で創造的な精神が他の分野に移動したか、現在ツアーや活動業界にまさに戻り始めている — ノウハウの可能性が求められる準備ができている。資格のある従業員の採用と維持にも早い段階で投資している企業は、市場での地位をさらに強化することができる。特に状況が緩和し続けると、観光セクター全体が正常化し、有能な人材が再び不足するようになる。 

危機は機会を生み出す

Crises creates opportunity

ツアー、アクティビティ、アトラクションは急速に回復しているが、2019年と比較すると、セクターとしては大幅に異なる。アクティビティは少人数のグループで行われ、可能な場合はますます屋外で行われ、主に地域のターゲットグループを対象としており、需要が高いために価格が高くなることがよくある。起業家精神を持ったこの市場環境にいる人々は、これまで以上に参入障壁が低く、未開拓の可能性が高く、体験への渇望が大きいことに気付くだろう。

著者:Lukas HempelCEOMatthias WirzBookingKitの最高成長責任者 (8/25 https://bit.ly/3kw39qr )

 

12. 新興企業ステージ:デジタルエージェントUna

嗜好の世代シフトとCOVID-19のパンデミックにより、消費者はこれまで以上に自発的に旅行を計画するようになった。これにより、今日のプロセスの断片化された一般的な性質に対抗して、旅行を発見、計画、予約する新しい方法に対するユーザーの需要と市場シェアの機会が生まれた。  XOKindは、人々が旅行を計画するためのシームレスなオールインワンの場所としてUna旅行アプリを構築した。 Unaは、グループ旅行計画をサポートし、人工知能を使用して旅行者の好みに合ったオプションを推奨する。Unaの長期的なビジョンは、高度な透明性と信頼性を維持しながら、最小限の旅程で旅行全体を計画および予約できるように、顧客を十分に理解しているAI旅行代理店およびコンシェルジュを構築することである。

XOKindのコアビジネスとテクノロジーの差別化は、AI対応のマーケットプレイスであり、ユーザーを利用可能な最良の在庫と照合して、全体的な旅行体験を最大化する。XOKindのチームは、最新のAIの進歩を活用して、世界の旅行コンテンツ、予約可能な旅行場所と無料の旅行場所(公園、ビーチ、美術館など)の在庫、およびユーザーの好みのナレッジグラフを作成する。 主な製品は、コンシェルジュ兼旅行代理店であるUnaと呼ばれるモバイルアプリである。これは、旅行を計画するためのオールインワンの場所で、Unaを通じての購入に対して手数料を支払う。 他の多くの旅行商品とは異なり、Unaは広告を表示しない。これは、ユーザーの信頼を構築し、インセンティブが常にユーザーのインセンティブと一致するようにする方法である。アプリで行われた予約からの手数料を通じて収益を上げてい る。最近、アプリでホテルの予約を導入、まもなくバケーションレンタルの予約が含まれる予定である。フライト、レンタカー、アクティビティ、ツアー、アトラクションを購入する機能を提供するために、すでにパートナーが登録しており、これらを徐々にUnaに導入する予定である。(8/26 https://bit.ly/3mDZmdl )

 

13. サイバーセキュリティ問題、旅行を襲う

観光およびレジャー業界は、支払いの詳細から生年月日および電子メールアドレスまで、個人の機密データが大量に保持されているため、サイバー犯罪者にとって常に魅力的なターゲットとなっている。 

British AirwaysMarriottなどの大規模な組織が、データ侵害の大見出しになった。パンデミックにより、企業はこれまで以上にデジタルプロセスを採用することを余儀なくされている。オンラインコラボレーションツールを含むこれらの新しい作業方法は、リモート作業を容易にするのに役立ったが、同時にサイバー攻撃の潜在的なリスクを高めている。業界は規制が解除されるにつれてビジネスの拡大を期待できるが、サイバー犯罪の潜在的なリスクも高まる。以下では、クレデンシャルの盗難と内部脅威に関連する主なリスクと、それらを軽減するのに非常に効果的なアクションについて説明する。

増大するサイバーセキュリティの懸念

フィッシングメール:誘惑しようとするツール

Growing cyber security concerns

Phishing email: a tool which tries to tempt

詐欺師は、パスワードなどのオンライン資格情報を盗むことを目的として、フィッシングと呼ばれる方法を採用している。フィッシングは、費用効果が高く、属性を検出するのが難しいため人気を博している。詐欺師からの電子メールには、個人の個人的な資格情報へのパスポートであるリンクと添付ファイルが含まれている。リンクを1回クリックするだけで、詐欺師は企業のプライベートデータベースにアクセスできる。企業は、この種のフィッシングメールに注意する必要がある。クレデンシャルの盗難の有名な例の1つは、Marriottのデータ侵害だこれは、2人の従業員のログインクレデンシャルを使用することで促進され、520万人のゲストのデータにアクセスした。

インサイダーの脅威:さまざまなタイプのインサイダー

Insider threats: various types of insiders

レジャー部門のもう1つの課題は、見逃せない深刻な懸念となっている内部脅威である。 インサイダー脅威の兆候には、異常な時間(深夜のログイン)でのアクティビティ、疑わしい慣行(異常なデータベースへのアクセス)、または大量のデータの送信が含まれる。さらに、インサイダーの脅威を認識するためには、さまざまなタイプのインサイダーを理解することが重要である。インサイダーには主に3つのタイプがある。悪意のあるインサイダー、侵害されたインサイダー、不注意なインサイダーの3つである。 悪意のあるインサイダーは、個人的な利益のために正当な資格情報を悪用することによって情報を盗む傾向があるが、侵害されたインサイダーは、クリデンシャル情報が意図せずに侵害され、セキュリティアラートを回避して攻撃者によって使用されたものである。 

不注意なインサイダーは、会社のセキュリティプロトコルに関係なく、意図せずによくある間違いを実行してしまう。2020年のレポートによると、内部脅威の世界平均コストは過去2年間で31%増加して1,145万ドルになり、インシデントの発生はその間に47%増加した。 さらに、National Cyber Security Centreよると、サイバー攻撃の43%は中小企業を標的にしている。 COVID-19の制限が解除されると、ホテルや小規模な旅行および観光事業はオンライン予約を受け取るようになる。多くの人が支払いと個人情報をこれらのビジネスに委託し、サイバーセキュリティ対策を採用することは消費者とビジネスの両方の利益になる。 

サイバーセキュリティとCOVID-19

Cyber security and COVID-19

パンデミックの間、ログイン資格情報などの個人情報へのアクセスを目的としたフィッシング攻撃が劇的に増加した。これらの攻撃は、クリデンシャル情報の盗難を唯一の目的としている。パンデミック詐欺師の恐れの中には、フィッシングメールの件名に、消費者の不安を刺激する“コロナウイルス”と“一時解雇”が使用された。パンデミック後の社会では、人々が休暇をとるときに、詐欺師は“ワクチン”と“COVIDパスポート”の件名を使用して、データの盗難につながるこれらの偽のリンクをクリックするように促すことができる。したがって、詐欺師が個人的な利益のために政府の計画や社会的状況をどのように悪用してきたかについての認識を広めることが不可欠である。パンデミック後の状況では、リモートワークワークスペースとハイブリッドワークスペースの増加に伴い、組織はサイバー攻撃を防ぐためにクラウドベースのソリューションを実装するなどの積極的な行動を取る必要もある。企業がデジタルトランスフォーメーションで新しい作業モデルに適応するピークにあるときの、オンラインホリデー予約の急増により、企業は厳格なサイバーセキュリティ対策を採用することが不可欠になっている。 

PwCGlobal Trust Insights Surveyからも明らかなように、パンデミックによってサイバー攻撃の可能性が高まったため、雇用主がサイバーセキュリティの予算を増やし始めたことはすでに明らかだ。レジャーおよび旅行セクターで事業を行う企業は、データを保護するためにクラウドベースのソリューションを採用することを勧める。ここでZero Trust Architecture が登場し、企業はログインを試みるたびに保護の層を追加できるようになる。このプロトコルは、データにアクセスしたいアクターを信頼しない。外部からでも内部からでも、すべてのログイン試行を認証する。このソリューションは、ログインの時間と期間を追跡し、リスクが検出された場合にサービスを中断する。このアーキテクチャにより、組織はデータにアクセスしているアクターの場所を時間と期間で追跡できるためインサイダー脅威のシナリオを回避できる。ハッカーが攻撃を試み続けることは間違いないが、エンドツーエンドのクラウドベースのソリューションは強力な防御として機能する。過去18か月を見ると、組織がどのように運営されているかを検討しなければならなかったことは間違いない。在宅勤務の“新しい規範(new norm)”により、観光およびレジャー業界はサイバー犯罪者にとって魅力的なターゲットであり続けるだろう。デジタルトランスフォーメーションの時代に、レジャーおよび観光会社は、セキュリティ計画にサイバー保険契約を組み込むことを検討する必要がある。これにより、危機が発生したときに即座にサポートを提供し、失われたコストを可能な限り回収することがでる。

著者:Dominik BirgelenOneclickCEO(8/26 https://bit.ly/2WtnEM8 )

 

14. Q&A:旅行業界の回復を支援する暗号通貨

旅行業界が経験したショックは、パンデミック後のさまざまなやり方を検討するように多くの人を駆り立てている。業界がCOVID-19危機から回復し、生き残るのではなく成長に取り掛かることができるように、プロセスからコストを取り除き、効率を上げることがこれまで以上に必要とされている。一部の人々は、暗号通貨は旅行で多くのアプリケーションを持っており、それらの使用は潜在的に業界の回復を助けるだけでなく、より良い未来のためにそれを設定する可能性があると信じている。Rohit Talwar、先見コンサルタントFast Futureの最高経営責任者(CEO)とのQAではPhocusWireは、業界のための新たな機会を創出するために暗号通貨の可能性を探る。Talwarは、暗号経済をより深く考察する彼の次の本から洞察のいくつかを共有している

Q. あなたは旅行のための暗号ベースの分散型マーケットプレイスのアイデアについて話している、そこでのあなたの考えは?

You talk about the idea of a crypto-based decentralized marketplace for travel, what's your thinking there?

私たちが見ているのは、暗号通貨の台頭である。人々は、私たちが別の方法で物事を行うことができることを理解している。文字通り従業員がいない、いわゆる分散型自律組織を作成すれば、ビジネスから多くのコストを削減できる。

それらは完全にソフトウェアに存在し、それらを作成した人は誰でも、トークンを保持している人々のコミュニティにそれらを渡す。次に、非常に異なるモデルであるプラットフォームの開発または拡張を提案するが、コストを大幅に削減する。旅行の多くの部分では、さまざまな仲介業者にかかるコストの層があるため、これを別の方法で行うことができると言う人々の例が見られる。Travalaはその一例である。それはオンラインプラットフォームを提供し、60以上の暗号通貨を受け入れる。週に100万ドル以上の収益を上げており、予約の70%は暗号通貨である。Expediaなどの企業とのパートナーシップにより、300万の製品にアクセスできる。Travalaが言っていることは、暗号通貨で支払うと、そのロイヤルティシステムに参加してより多くの報酬を獲得できるということである。だから、あなたは本当に面白い何かの基礎を築き始めている。航空会社向けのCheapairAlternative Airlinesなど、現在7つの暗号通貨のようなものを受け入れ、600以上の航空会社からチケットを購入できるものもある。そのため、より安いコストでさまざまな方法でこれを実行できるとプレィヤーは言っている。

多くのプレーヤーがこれらの分散型マーケットプレイスを作成し、多くの仲介者を排除し、非常に異なる方法で物事を実現できるようにしている。Travalaの特徴は、プロセスの多くを自動化し、コストを削減し、人々が暗号で支払うことができるため、オーバーヘッドが非常に少ないことである。

2つの利点がある — コストを削減することと成長する市場にサービスを提供することである。最新の調査によると、米国の成人の25%が、暗号通貨での旅行に金を払いたいと言っている。数は魅力的になり始めており、世界には3億人の暗号通貨保有者のようなものがある。物事を違ったやり方でやりたいと思っているのは、これからやってくる世代である。
業界は、いくつかの新しいソリューションと、物事を行う方法についての大胆な根本的な考え方を必要としている。マーケットプレイスとしての私のお気に入りの例の1つは、Sandblockと呼ばれるプラットフォームである。これは、企業が独自のトークンを作成し、消費者がAvios for MSトークンなどを交換できるようにするためのロイヤルティ交換プログラムである。クレジットカード会社は本当にこれに飛びついた。Visaは今年の前半に暗号通貨の支払いだけで10億ドルを得ている。我々は、専用の暗号通貨ベースのクレジットカードを見ている。新しいゲーム、市場についての新しい考え方が登場している。

リスクと機会は何ですか?

What are the risks as well as the opportunities?

暗号通貨で支払うことの大きな点の1つは、原通貨の価値が上がる可能性があることだ。いくつかのリスクがあるが、私が旅行プロバダーであり、暗号通貨で支払いの一部を受け取った場合、時間の経過とともに価値が高まる可能性がある。ビットコインは歴史上最高のパフォーマンスを発揮する金融資産であり、毎年最低値は前年の最低値よりも高くなっている。あなたがそこに投資したいのであれば、伝統的な金融市場のリスクとはかなり同等である。

人々はあなたが得ることができる種類の利点が、伝統的な金融市場で繰り返される可能性が低いことを認識している。時間の経過とともに、暗号市場の価値は高まる可能性がある — すべての大手金融機関が参入し、富裕層のクライアントを呼び込み、ますます多くの企業が参入し、より多くの企業が暗号チームを設立するかどうかを決定し、自分の通貨を所有するか、彼らがそれをどのように受け入れるかを考えている。たとえば、Choice Hotelsは、人々が暗号をそのロイヤルティポイントと交換できるようにしているため、成長する可能性が非常に高い。私たちはまさにこれの始まりであり、規制でさえ市場を奪うことはない。旅行業界にとっての問題は、それが時代遅れになりたいのか、それともその前になりたいのかということである。新しいプレーヤーがやって来て、業界の大部分を迅速に取り入れている。彼らは、伝統的な会社がコンセプトを議論するための最初の会議を組織することができる時間に、デザインを考え出し、それを構築し、それを立ち上げることができる。それはアイデアがそこにないという意味ではない、それは意思決定のプロセスがかなり保守的であるということだけである。そのため、彼らは外部から人々が新しい提案を持ち込み、既存のセクターに挑戦しているのを目にしている。既存のセクターは、何が可能なのかについて頭を悩ませている。一部の旅行プレィヤーは、過去に支払いのために暗号通貨を使用しようとした。なぜそれがうまくいかなかったのか?

主にそれは暗号とは何の関係もない。それは、既存のプレーヤーが特定の方法で市場について考える特定の組織の考え方と関係がある。これには、非常に異なる思考プロセス、異なる市場の見方が必要なのだ。多くのオンライン旅行プレーヤーも、世の中で最も保守的な企業の一部であり、彼らは市場の破壊者として登場したが、今では彼らのプラットフォームに非常に結びついている。彼らはそれを理解していない、彼らはそれを彼らの組織で機能させる方法を知らない、そして彼らが新しい参入者と提携することができるかどうか検討している。それは、自分でやろうとするのではなく、多くの企業が実施する方法である。それが以前にキャッチアップできなかった理由の一部は、また消費者の信頼であるに違いない・・・消費者は、大手金融機関や企業がこの分野に参入するのを見て、関与し始め、信頼を持ち始めている。しかし、多くの人にとって、売買プロセスは複雑に思える。銀行や住宅金融組合がこれらのことへの入り口を確立し、人々にアクセスを提供し、複雑さを取り除く必要がある。必然的に、これらの仲介業者は、この利益のかなりの部分を占めることになる。採用率はインターネットの採用率よりも速く、インターネットよりもはるかに速く3億人のユーザーに到達した。人々はそれが何であるかについてより理解し始め、人々は暗号でより多くの商品やサービスを購入することへの関心が高まり始めるだろう。
私が、あなたが見ると思うもう一つのことは、ソーシャルトークンまたはブランドトークンであり、大きなブランドはそれを、常顧客をロイヤルコミュニティに閉じ込める方法と見なしている。たとえば、Disneyは、そのエコシステムに参加し、Disneyが提供するすべてのものを購入できる顧客向けにトークンを開発している。Disneyはコインホルダーに追加の割引や報酬を与えることができる。彼らにとって素晴らしいことは、支払いが“DisneyCoin”で行われるため、クレジットカード手数料を支払う必要がないことである。彼らは、航空会社などの他のベンダーを呼び込み、顧客のために独占的な取引を行い、市場内のDisneyCoinで支払いを受けることができる。それらのコインの価値も時間とともに高く評価される可能性がある。顧客がますます多くの報酬を受け取るにつれて、ディズニーのプラットフォーム内でより多く購入するように動機付けられる。 だから、これらすべてが起こっているので、人々がそれを望んでいるかどうかにかかわらず、この空間に移動する一種の自然な変化がある。

生涯サブスクリプションのアイデアも話題になっている・・・

The idea of a lifetime subscription is also being talked about...

空の旅の民間プレーヤーの1社であるSurfairは、サブスクリプションすれば、オンデマンドで空の旅をすることができると言っている。旅行をすればするほど、より多くの報酬を獲得でき、他のプレィヤーとも提携できるため、これらの報酬をこれらのサードパーティで使用できる。 今のところ、あなたが支払う暗号通貨の価値が上がると誰も言っていない、私たちはあなたと報酬を共有するが、あなたはそれが時間とともに起こるのを見ることができる。従来の市場には見られなかった賢いモデルがどんどん見られ始めている。分散型の自律的な方法でこれらのことを行うことの素晴らしい点は、プロセスに多くの人を追加する必要がないことである。それは、より複雑な“スマートコントラクト”を作成するだけなので、時間の経過とともに提供範囲を拡大できる。業界にとっての真の課題は、失われた利益を補うために今どのように成長するかである。それが業界にとってのエキサイティングであり、人員を増やすことなく収益を増やすことができる。楽観的な見方では、業界は2023年までに2019年の乗客レベルに戻るだろう。それは本当かもしれないが、当時の収益と利益に到達するまでにはもっと長い時間がかかる可能性がある。

資金調達は暗号通貨の適用のためのさらなる領域である・・・それはこれらの全ての新しいものに投資したい、新しい億万長者がいるからか?

Raising finance is a further area for the application of crypto currencies... is that because there are all new these new millionaires who want to invest?

YES、そしてあなたは暗号ルートを取っているすべてのセクターでたくさんのスタートアップがやってくる。株式発行やプライベートエクイティの調達の代わりに、彼らが行うのは最初のコインオファリングである。たとえば、暗号ベースの航空会社でトークンを購入するとき、私は株式を持っているだけでなく、トークンを使用してその航空会社とそのパートナーから製品やサービスを購入できることを除いて、ほとんどの範囲と目的で株式提供と同じである。 BAの株式を持っていても何もできない。株価が上がって配当がもらえるといいのだが、いきなりここで買ったトークンでは、いろいろなことができるようになる。そのスタートアップで。また、この会社の業績が上がるにつれて、それらの価値が時間とともに上がる可能性も十分にある。彼らの収入と私の収入の間にはもっと直接的な関係が存在する。確立された企業がサイドベンチャーを立ち上げ、最初のトークンオファリング(initial token offering)で立ち上げられ、より多くの人々がそれをはるかに安価な資金調達方法と見なし始めている。 

あなたはこの旅行の勝者である賭けの男か?

Were you a betting man, who is the winners in this in travel?

旅行には3つのグループがあると思う。最初のグループは、 そのような驚異的な提案を提供し、既存の旅行会社がそれについて考えることなく簡単に参加できるようにするプレーヤーである。エクスペディアや他の誰もがパートナーになることができるTravalaSandboxのようなものである。

2番目のグループは、スピンオフする既存のプレーヤーである。これは、Hiltonなどのブランドの通常の範囲内では時間がかかりすぎるため、スピンオフを設定する。暗号空間のプレーヤーを対象としたブティックブランド、おそらくプレミアムを目指す。それは暗号を通して、スキー旅行、フェスティバルなど、あなたの体験全体をキュレートする。3番目のグループは、既存のセクター内で実際にそれを目指しているプレーヤーである。スイスのDolder Grandは、厳選された体験を提供し、暗号を使用することで、安全性、豪華さ、効率性、匿名性を顧客に提供できると言っている。それが同様に行った巧妙なことは、Bitflexと呼ばれるプライベートジェット会社とのパートナーであり、それはすでにその予約の50%を暗号で取っていた。この航空会社でフライトを購入した場合、またはその逆の場合、Dolderのクレジットを取得し、自己強化型のエコシステムを作成し始めている。Pavilions Hotels & Resortsのように、40種類以上の暗号を使用して予約できるものが他にもあり、多くの航空会社が同じようなことをしている。

業界はその準備ができているか?

Is the industry ready for it?

業界とその中のすべての組織には、おそらく私が話したことすべてを提案している人々がいるが、業界全体、そして経営陣と意思決定と承認のすべての層はおそらく準備ができていない。これは、インターネット、クラウド、ビッグデータ、AIなど、ほとんどすべての技術革新の準備ができていないのと同じ状況であるが、ほとんどは徐々にそこに到達するだろう。しかし、一部の人はそうする。Singapore航空とそのKris+ 暗号報酬スキーム、そして群を抜こうとしている人々たちは、すでに行動を起こしている。Emiratesはまた、独自の暗号ベースのロイヤルティスキームを採用しようとしている。ULCC Norwegian航空のような、または同様のビジネスモデルを作成した米国のいくつかのプレィヤーは、これが次の論理的なステップであると言っている。

これらすべての可能性を妨げるものは何か?

What will get in the way of all this potentially?

それは考え方の問題である。レギュレーターという言葉が書かれたイエローカードを持ち込むのが好きなのは、すべてを止める美しい方法である。私が見たケースの少なくとも80%でそれが起きているが、ある会社は規制当局がこれを気に入らないと言っている一方で、別の会社はとにかくそれを実行している。

規制当局は、これとあなたがあなたの暗号の会計をどのように行うかに関して少し問題があるかもしれない。また、業界団体の中には、それについて確信が持てないと言う人もいるかもしれないが、それは彼らがそれを理解していないためである。それは、組織のトップにいるのは誰か、そして彼らの子供たちが暗号に積極的であり、彼らの両親に影響を与えているかどうかに依存していると思う。 
考え方の問題もある。暗号の世界は多くの異なるグループに分かれている:

    それを手に入れ、イノベーション主導であり、伝統的な金融市場を混乱させ、物事を行うまったく新しい方法にするためにそれを愛する技術コミュニティ

    これを金儲けの手段と、潜在的に彼らの見通しを変える方法として見ているアーリーアダプター 

    これが何であるかを本当に気にしない金融機関、それはたくさんのお金を稼ぐための単なる機会である

    それに参加する人々が、主に彼らが群れに従うつもりであるという理由で、そして、

     あなたがほとんど説得することのない人々。

暗号は、ブランドと消費者の両方に多くの機会を開き始めている。それは、それが提供する透明性、深い自動化、人や官僚主義などの排除、物事をより速く、より効率的に行う方法を可能にするすべてのものである。

(8/26  https://bit.ly/3ktmBUV )

 

15. 社説:イノベーション、危なっかしい綱渡り

多くのオンライン旅行プレーヤーは、世の中で最も保守的な企業の一部でもある。彼らは破壊者として登場したが、現在はプラットフォームに非常に結びついている」これは、今週のPhocusWireに関する記事で、Fast FutureCEOであるRohit Talwarの「旅行業界の回復を支援する暗号通貨」についての引用である。確立された大手企業が主要な方法で革新する能力(または無力)は、旅行部門で長期にわたる議論の対象となっている。派手なテクノロジー、最先端のユーザーエクスペリエンス、話題のブランディングでイノベーションに突入した後、彼らはそこから前進することができず、時間とともに動いているだけだ。彼らの戦略が“保守的”であるというラベルは、態度と彼らを彼らがいる場所に導いたアイデアの両方の観点から、彼らの多くが直面している課題を物語っている。多くの場合、Rohit Tawarが示唆しているように、新しいテクノロジーやこれらのテクノロジーの適用に関するトレンドは、新しいものを受け入れる努力が処理しきれないように思われるため脇に追いやられているので、この保守的ラベルは正確に適用されている。その結果、彼らは自分たちが取り残されたり、顧客に不利益をもたらしたりすることに気付くかもしれない。

これは無数の新しいプロセスやテクノロジーにも当てはまる(歴史には、新しい形のイノベーションに対して行動を起こさなかったブランドが散らばっている)が、暗号通貨の主題は把握するのがはるかに難しいと考える人もいる。暗号ベースの分散化に対するテクノロジーが、業界があたかも革命に直面しているかのように議論されている。いくつかの点ではその通りであるが、他の多くの点ではそうではない。2020年初頭に衰退したこのセクターは、複雑な一連の手順を経て安定した場所に戻るために依然として努力しつつあるが、せいぜい断片的な需要の一部を捉えることしかできていない。特に既存の戦略が一般的に機能し、顧客が舞台裏で目立った影響を与えるイノベーションを叫ぶことがほとんどない場合、今、これほど多くのオーバーホールを行うことは、多くの企業にとって現実離れすぎるように思われるかもしれない。(8/27 https://bit.ly/3BhdTzW )

 

16. Hostelworld上半期決算減収75%

Hostelworldは、パンデミック関連の渡航禁止令が続いたため、2021年上半期の収益が前年同期比で75%落ち込んだ。バジェット宿泊施設のこのオンライン旅行代理店は、2020年の同時期の1,200万ユーロから、今年1月から6月の間にわずか290万ユーロの収益を獲得した。グループの調整後EBITDAの損失が、2020年上半期の830万ユーロから、970万ユーロに拡大した。アイルランドを拠点とするHostelworldは、このセクターの短期的な見通しは依然として“非常に暗いと述べているが、COVID-19危機から“以前よりも良くなる”と確信している。CEOGary Morrisonによると、旅行制限が緩和された地域では顧客の需要が戻ってきており、米国と南ヨーロッパの国々の国内旅行は力強い回復を示している。「回復が進むにつれ、在庫競争力の向上、ユーザーエクスペリエンスの向上、マーケティング機能の向上によって、コアプラットフォームを強化するためにすでに行ったイニシアチブの経済的メリットも見られる」と彼は付け加えている。市場の需要の一部を獲得したHostelworldは、2021年前半もマーケティング活動を継続し、6か月間で240万ユーロの販売費を費やした。

この数字は、2020年の対応する期間の750万ユーロから減少しており、純売上高の約64%に相当する。(8/27 https://bit.ly/3ktIG5P )

 

17. ペンタアップ需要獲得の3つの方法

一部の地域ではパンデミックの制限が緩和されており、消費者は再び旅行する準備ができている。多くの人々は完全に予防接種を受けており、家にいることにうんざりしており、“リベンジトラベル”の最初の機会に費やすために資金と旅行マイルを節約している。数ヶ月の外出禁止令の後、“リベンジトラベル”は、消費者が逃した旅行やキャンセルされた旅行を補う方法である。旅行に対する消費者の欲求は、旅行行為に対する自信の高まりと相まって、これらの機会に対する需要が戻ってきたことを意味する。旅行ブランドにとって、これは購入を熱望しているオーディエンスにリーチするまたとない機会となる。これは、旅行ブランドが2021年に活用して、ペンタアップ旅行需要を活用できる3つのデジタルマーケティング戦略である。

(1). 安全第一

  Safety first

消費者は間違いなく旅行を検討しているが、安全性は依然として最優先事項である。パンデミック関連の懸念に対応するメッセージングを作成することにより、消費者の信頼を構築する。たとえば、多くの航空会社は現在、柔軟な再予約ポリシーを提供している。デジタルキャンペーンでこのポリシーを強調することにより、航空会社は躊躇する旅行者の興味を引くだろう。航空会社が柔軟性を提供するという知識は、消費者の信頼を築き、まだ旅行するかどうかについて迷っているその消費者にとって決定的な要因となる可能性がある。新規顧客とリピーターの両方で、ブランドは、消費者が求めている安全で思い出に残る“旅行への復帰”体験を提供することにより、消費者の信頼をさらに強固にする(または獲得する)ことができる。

(2). コンテンツターゲット

  Contextual targeting

コンテンツターゲットを使用して、再び旅行する準備ができているオーディエンスにリーチする。

 

コンテンツターゲットとは、Googleディスプレイネットワークの一種であり、Googleのシステムでディスプレイネットワークの全てのウェブページのコンテンツが分析され、そのサイトにテーマを設定し、そのテーマと設定したキーワードが関連する場合に広告が表示されます。

簡単に言うと、キーワードを登録し、そのキーワードに関連するコンテンツが記載されているサイトに広告を配信することになります。(marketer.jp)

 

コンテンツターゲット広告は、アルゴリズムを使用して、キーワード、Webサイトのコンテンツ、およびその他のメタデータに基づいて広告を配置する。この方法は、広告が表示される環境に基づいてユーザーをターゲットにし、消費者の現在の心構えに焦点を当てて、関連性の高い広告を表示する。旅行の復活を利用する上で、現在旅行を受け入れているオーディエンスを獲得することが成功への鍵となる。旅行を検討している人の割合が高いことを最大限に活用するには、最初に最も関心のある人と交流するようにする。彼らは旅行を予約する可能性が高くなる。旅行の復活の騒ぎが治ったら、コンテンツターゲットを活用して再エンゲージメントすることで、最初は興味を示さなかった可能性のある人々に興味を起こさせることができる。コンテンツターゲット広告を使用して「2021年の最高の目的地」などのコンテンツをターゲティングすることで、現在旅行を熱望している、または今年の旅行のアイデアを受け入れている旅行者にリーチできる。

(3). ビデオでリードする

  Lead with video

旅行は感動的な体験である。ターゲットオーディエンスの興味を引くには、その感情を伝えるチャンネルを活用する。ビデオは、視覚的な手がかりを使用して視聴者に感情を生み出す、魅力的で没入型のメディアだ。旅行ブランドは、このメディアを使用して、視聴者をストーリーテリングに引き込み、提供している体験を紹介することができる。視聴者の感情を利用することで、あなたの動画は、高級ホテルでの滞在を予約したり、豪華なビーチを求めてリゾートを訪れたりするように視聴者を誘うことができる。また、コネクテッドTVCTV)でビデオキャンペーンを実行すると、ユーザーの注意を特にうまく捉えて保持することができる。 CTVの自然なフルスクリーン体験は、視聴者がすでに関与している環境での視認性の高い広告に役立つ。接続されたテレビデバイスを介してコンテンツを視聴する場合、視聴者は広告がエクスペリエンスの一部であることを理解する。これを知っていると、彼らは彼らをより受け入れやすくなる傾向がある。これらのメリットとCTVの強化されたターゲティングオプションおよび在庫の選択は、CTVが直線的な広告費を上回っている理由のほんの一部である。旅行の復活が始まっており、減速することはないと予想されている。これらの3つのデジタルマーケティング戦術により、ブランドは再び旅行する準備ができている消費者にリーチし、消費者の信頼を築き、視聴者を魅力的なストーリーに没頭させることができる。現在、停滞している需要を活用することで、旅行マーケターは、今後数年間の旅行需要の高まりに合わせて拡大を続けることができる。(8/27 https://bit.ly/2Y8Xf7v )

 

18. 823日の週の資金調達記事

·          アフリカ、シェアーモビリティPlentywaka

西アフリカで運営されている共有モビリティスタートアップであるPlentywakaは、120万ドルのシード資金を確保し、ガーナで運営されているモビリティスタートアップであるStabusを買収した。7月、PlentywakaTechstars Torontoアクセラレータプログラムを終了し、トロントに本社を設立した。このラウンドの資金調達を主導しているのは、トロントを拠点とするファンドのThe Xchangeで、Techstars TorontoSOSVShockVenturesArgentil Capital PartnersODBA  CoVentures、およびカナダ、米国、アフリカのエンジェル投資家が参加している。Plentywakaは、Stabusの買収により、西アフリカをはじめとするアフリカ大陸で最大の共有モビリティプラットフォームになるという野心がさらに高まったと述べている。2019年に発売されたPlentywakaは、バスから車やバンに至るまで950台以上の車両の現在の在庫で、オンデマンドの相乗りとモバイルチケットを提供している。同社はナイジェリアで事業を展開しており、Stabusを買収して現在はガーナに進出、Plentywaka Ghanaとして運営している。同社は今後2年以内に他の6つのアフリカ諸国にモデルを複製する予定であると述べている。 (8/23 https://bit.ly/2XToeDH )

 

·          ホテルダイナミックプライシングRoomPriceGenie

ホスピタリティのダイナミックプライシングスペシャリストであるRoomPriceGenieは、220万ドルの資金を調達した。スイスとドイツのテクノロジースタートアップへの投資は、Wingman VenturesMutschler Venturesが主導し、RKKVCZurcher Kantonalbankも参加した。同社は声明の中で、この資金は価格設定自動化ソリューションの国際展開を加速するために使用されると述べている。2017年に設立されたRoomPriceGenieは、過去12か月で収益が落ち込んだと述べている。創設者兼CEOAri Andricopoulosは、価格設定自動化支援は、すべてのタイプのホテルにとって、例外ではなく標準になるものである」と述べている。RoomPriceGenieは、Phocuswright Europe 2021のサミットコンペティションでピープルズチョイスアワードを受賞した。

(8/24 https://bit.ly/2Ws4lmF )

 

·          地上輸送アプリMaaS Global

MaaS Globalは、4つの組織の支援者から1,100万ユーロの投資資金をポケットに入れ、これまでに調達した総額は7,500万ドル弱になった。

フィンランドを拠点とするスタートアップは、バス、タクシー、電動スクーターなどの地上輸送サービスの計画アプリであるWhimの開発者である。

シリーズBラウンドは、既存の投資家であるNordicNinjaと三井不動産の参加を得て、FerrovialTesiを経由して行われた。同社の前回のラウンド(そしてこれまでで最大のラウンド)は、201911月に3,000万ドル相当の別のシリーズB投資によってもたらされた。MaaS Globalの創立者兼CEOであるSampo Hietanenは、「これにより、世界中のMaaSシーンでの信頼性が高まり、MaaSの業界の先駆者としての地位が強化され、さらなるスケーリングの準備が整う」と述べている。MaaS Globalは、この投資を利用して、Whim製品とB2B製品の両方を介して消費者向けサービスを拡張することを計画している。また、このビジネスを新しい市場に押し込み、サービスとしてのモビリティセクターの統合に“積極的な役割を果たす”ことも望んでいる。2015年の設立以来、同社を支えてきたその他の投資集団には、BP Ventures、三菱商事、トヨタファイナンシャルサービス、Swiftcom, Karsan, Transdev、あいおいニッセイ同和、デンソー、Vehoが含まれる。(8/26 https://bit.ly/3mC8P4V )

 

+++++

 

6月4日

九州で大手系列越え初の共同運航

米ユナイテッド航空、超音速機購入へ