海外事情・旅行流通

 

フォーカスライトJapanでは、PhocusWire Daily (phocuswire.com) の毎日のニュース

意訳して、毎週 月曜日更新の「海外事情」に掲載しています。

「海外事情」は、この他に TD 勉強会( www.e-tdb.com )と、その一部を 

トラベルジャーナル(TJ)の隔週コラム「FROM THE WORLD / 海外事情」にも

掲載しています。 

 

2020年以前の「海外事情」は、TD 勉強会 www.e-tdb.com のアーカイブにて 

ご覧になれます。TD = Travel Distributionの略です。)

 

 

TD海外事情 82日号

 

旅行市場が回復モードに入り始めている。そこで今こそ旅行業界が“持続可能性”に対応するタイミングだと言う。何よりも目的地への配慮が必要で、そして環境対策が重要だと言っている。75日号 でも持続可能性の記事が社説を含めて5つも掲載され、編集人コメントでもそのことに触れたが、今週号でも多く記事がこの問題を取り扱っている。

 

12. 次世代旅行者へのリーチ方法」では、ミレニアル世代とZ世代の旅行者は価値重視であり、安さに拘泥しない。旅行のサプライヤーの社会的責任と持続可能性を重視し、安い旅をするという評判にもかかわらず、次世代は彼らにとって重要なことには喜んで支払うと言っている。

 

16. 払い戻し・強化衛生が予約決定を動かす、価格でない」は、旅行者の5人に3人(59%)は、旅行をより持続可能なものにするために支出を増やしたいと考えており、旅行者の3分の2近く(65%)は、持続可能性を彼らの慣行に含めている旅行プロバイダーを予約する可能性が高いと述べている

 

一方、「18. より持続可能な旅行業界への堅個なステップ」は、ほとんどの観光客は持続可能性の必要性を認識しておらず、それが困難、高価、または単に不便になると考えている。そこで旅行の会社自らが、旅行者に持続可能性を理解させなければいけないと説く。持続可能性は、気が遠くなるように思えるかもしれないが、小さな変更は大きくなる可能性があり、あらゆる努力が必要であり、それらの行為は高く評価されていると言っている。

 

21. 社説:全ての持続可能性の正しい取組み」は、『旅行業界の多くの人々によって何年にもわたってうやむやにされた後の持続可能性の議論は、今やなくなる可能性は低い - つまり、旅行ブランドは現在または近い将来にいくつかの難しい選択をする必要がある。世界最大の産業が一夜にして自らをオーバーホールし、地球にとってより持続可能でより良いものになることは不可能だ。しかし、このセクターは、その役割を果たすことができ、さらに重要なことに、先導できることを実証する必要がある。ブランドが、旅行者が帰国したときに正しいことをするように1人(または数千人)の顧客に刺激を与えることができれば、それは小さなことでも有効な方法であり、それは実行する価値のある戦略である』と書いている。

 

国際旅行のあらゆる障害を排除し、旅行出発地国/地域と目的地国/地域の間の自由かつ無差別な旅行貿易の促進を目的とする国際経済協定が必要と考える。そこでは、目的地に対する互恵平等の原則が貫かれ、国連STGとも連動し、観光公害対策が求められる。アウトバウンド旅行者ソーシング大国の戦狼外交は許されなくなる。

 

この他、「10. オンライン旅行におけるSPAC台頭」が面白い。

(編集人)

 

 

目次

1. (TJ) スカイスキャナー、パーソナル化ドライブ旅行サービス試験

  (TJ) = トラベルジャーナル830日号をご覧ください。

2. リフトとフォード、配車サービスで提携

3. トラベルズー増収、特に北米

4. VIDEO:旅行大手の物語の次章

5. 欧州アジアいくつかのホテルでEXPE下降、ABNB上昇         閲覧第2

6. PhocusWire PULS:旅行決済の進歩

7. My Method: Getawayeメールマーケティング

8. 最も良く説明してくれる旅行エージェント、人工知能AIと同意

9. アマデウス、Hopperの旅行フィンテック利用

10. オンライン旅行におけるSPAC台頭                              閲覧第1位

11. VIDEO:旅行回復機会へ焦点

12. 次世代旅行者へのリーチ方法

13. Ruminate、直予約プラットフォームNAVIS買収

14. MakeMyTrip、デルタ変異株禍でも増収

15. グーグルに、航空運賃とホテル料金に透明性必要

16. 払い戻し・強化衛生が予約決定を動かす、価格でない         閲覧第3

17. WIT 新興企業ピッチ賞金、25万ドルAWSクレジットとサポート

18. より持続可能な旅行業界への堅個なステップ

19. Phocuswright Europe 2021ピッチの全ての革新者

20. VIDEO:ブッキングの旅行決済                       閲覧第4

21. 社説:全ての持続可能性の正しい取組み

22. ヒルトン 第2四半期決算

23. トリバゴ、一部地域で需要回復

24. アマデウス、2Q業績改善

25. VacasaSPAC上場計画

26. 航空会社、旅客体験向上にテック利用マスト                   閲覧第5

27. 726日の週の資金調達記事

 

 

2. リフトとフォード、配車サービスで提携

Ford Motor Companyは、自律型ライドヘイリング車両の商業化を目指して、ライドヘイリングサービスLyftとの協力を開始する。このペアは、テクノロジー企業のArgo AIと協力して、“実行可能な自律型ライドヘイリングサービスを作成するために必要なすべてのパーツをまとめる”予定である。Ford Motorは、Argoのソフトウェアを使用して、Lyftのサービスネットワークに車両と安全ドライバーを配備する。このプロジェクトは、今年後半に米国フロリダ州マイアミで開始され、2022年にテキサス州オースティンで開始される。トリオの声明によると、この最初の展開フェーズは、スケーリング操作の基礎を築く。両当事者は、今後5年間で、Lyftネットワークに少なくとも1,000台の自動運転車を展開することを目的とした契約の最終決定に取り組んでいる。契約の一部では、LyftArgoの株式の2.5%を受け取ることになる。

この動きは、Lyftが自動運転車部門をトヨタ自動車の子会社であるWoven Planet Holdings55,000万ドルで売却してからわずか3か月後に行われる。

 (7/26 https://bit.ly/3zEuXPz )

 

3. トラベルズー増収、特に北米

Travelzooは、特に同社の北米事業において、パンデミックに見舞われた2020年からの損失の一部を回復したと述べている。2021年の第2四半期の収益を報告すると、同社は北米が2019年のレベルの78%であるのに対し、ヨーロッパはその年の収益の48%でまだ遅れていると述べている。2021年第2四半期のTravelzooの連結売上高は、前年同期比172%増の1,900万ドル強で、前四半期の1,400万ドルから34%増加した。当四半期の純利益は300万ドルと報告されましたが、営業活動によるキャッシュフローは1,300万ドルであった。同社の最高会計責任者であるLisa Suは、「将来的には、第3四半期の収益は2,000万ドルから2,100万ドルの範囲になると予想している」と述べている。この旅行取引とメタサーチ会社は、制限が解除されたときに旅行に行く準備ができている3,000万人のメンバーがいると主張している。今後、同社は、20201月に60%の株式を取得したサブスクリプションビジネスのJack’s Flight Clubの成長を目指している。(7/26 https://bit.ly/2TEPhRy )

 

4. VIDEO:旅行大手の物語の次章

ポットをかき混ぜて優先順位を変えるのにこれ以上の時間はない。そしてそれこそが、世界をリードする旅行プラットフォームの1つが備えているものである。最悪のパンデミックを乗り越えた後、Expedia Groupは独自の続編の準備が整った。レジャーとホスピタリティ、特に短期間のレンタルに重点を置き、パートナーやサプライヤーが旅行に戻るのを支援することを目的としたサービスを増やしている。Expedia for Businessの社長であるAriane Gorinは、PhocuswrightLorraine Sileoとの話し合いで次に何が起こるかについての彼女のビジョンを共有している。インタビューは、6月のPhocuswright Europe 2021イベントのために記録された(そしてhttps://bit.ly/3jc0BNTに完全に示されている)。

(7/26 https://bit.ly/3BMXl3E )

 

5. 欧州アジアのいくつかのホテルでEXPEダウン、ABNB上昇

旅行の量が大幅に削減され、マーケティング予算が削減されたため、ホテル経営者は、どの流通戦略が予約を促進しているかを理解することがこれまで以上に重要であることを認識している。D-Edge Hospitality Solutionsからの新しいレポートは、ヨーロッパとアジアのいくつかの明確な傾向を明らかにしている。レポート「ホテルの流通とパンデミック:旅行チェス盤」は、20215月までのヨーロッパの3,442のクライアントとアジアの438のクライアント ― 独立したホテル、地域チェーン、およびチャネルマネージャーと予約エンジンソリューションを使用するいくつかの小グループからのデータに基づいている。 分析によると、これらのホテルのオンライン収益の主な源はオンライン旅行代理店であるが、過去5年間で、OTAを介した予約の割合は、ヨーロッパで11ポイント、アジア(中国本土を除く)で14ポイント減少している。 また、OTAの予約は減少傾向にあるが、ホテルのWebサイトの直接予約は、ヨーロッパとアジアの両方で近年増加しており、パンデミックの開始以来急増している。

ヨーロッパでは、直接予約は2017年から2019年まで収益の約20%で推移していたが、2020年には30%、2021年の最初の5か月で32%に跳ね上がった。アジアでは、2017年から2019年の約25%から2020年に37%、そして2021年の最初の5か月で41%に増加した。

深い見方

A deeper look

しかし、集合体データは物語の一部を物語っているだけである。D-Edgeクライアントからのデータによると、直接予約の急増は主にExpedia Group犠牲にしており、2019年のヨーロッパの19%の市場シェアから2020年には10%、2021年の初めには7%に低下した。そしてアジアでは、Expedia Group2019年の16%から2020年には8%、2021年の初めには6%になった。

D-Edgeの最高デジタルサービス責任者であるJean-Louis Bossは、Expediaの減少は、国境を越えた旅行の制限に起因する可能性があると述べている。

「パンデミックの間、Expediaの重要なエリアであるフライトやホテルなどのパッケージの必要性は完全に減少した。また、飛行機のないホテルが必要な場合は、Booking.comにアクセスするか、ホテルのWebサイトに直接アクセスする」、「Expediaは回復すると確信している。通常の状況ではないので、おそらく戻ってくる」と彼は言う。Expedia Groupブランドを通じてD-Edgeクライアントの予約シェアが急減した理由を尋ねられたとき、Expedia Groupの市場管理担当副社長であるOrla Leeは、「旅行がいつどのように回復するかをコントロールすることはできないが、それが戻ってくることはわかっている。私たちの側では、需要を促進するためにテクノロジープラットフォームとマーケティングの強化に投資を続けている。回復期間が長いため、旅行者を継続的にサポートし、旅行が回復したときにブランドの信頼と信頼を維持することが重要である。パートナーに力を与え、新たなニーズを満たすパーソナライズされた摩擦のない体験を作成することで、さまざまな旅行者を引き付けるためにビジネスの価値を高めるのに役立つ」と述べている。また、D-Edgeクライアントの直接予約の急増について、Leeは「ホテルが直販ビジネスを推進したいことは理解しているが、2021年第1四半期のビジネスに重大な影響は見られなかった。パートナーは、広範囲の旅行者ベースを活用するために、OTAと直接予約が含まれるマルチチャネルの流通戦略を採用する必要がある。COVID以前の調査によると、OTA経由の旅行者は、直接予約者と比較してホテル経営者に同等以上の価値をもたらし、ホテルで多くを消費しかつ長期滞在する。OTA経由の旅行者はコミュニティでも積極的に活動しており、地域経済の収益を増やしている」 と述べている。Booking Holdingsブランドも、ヨーロッパとアジアで過去5年間に市場シェアの低下が見られたが、パンデミックの開始以来、ヨーロッパでは引き続き堅調であり、2020年と2021年の最初の5か月のホテル予約収益の47%を占めている。Booking Holdingsはコメントの要求に応じなかった。ヨーロッパで注目すべきもう1つのチャネルはAirbnbである。同社のホテル流通の全体的な市場シェアは小さいものの、着実に成長しているとBossは言う。「今日、Airbnbには300以上のホテルが接続されており、Airbnbの市場シェアは大幅に増加している。絶対値は低く、おそらく市場シェアはわずか2%だが、1年前には何もないところから来ているので、これは私たちが見た中で最高の改善の1つである」、「これはおそらく、今後数年間で重要になる何かの始まり」と彼は言う。国内旅行需要は、ハンガリーのSzalla.huやチェコ共和国のHotel.czなど、ヨーロッパの小規模なローカルOTAのトラフィック拡大にも拍車をかけている。そしてアジアでは、Traveloka2018年と2019年の8%の市場シェアから2020年には13%、2021年の1月から5月には16%に成長した。

直接戦略

Direct strategies

ホテル経営者への重要なメッセージは、滞在中に前向きで思い出に残る体験を提供し、データを使用して将来の関連オファーとの関係を構築することにより、昨年直接予約したこれらの旅行者からの忠誠心を生み出すことである。彼はまた、ホテル経営者に、プロパティのWebサイトが良好に機能していることを確認し、訪問者を予約者に変換し、直接予約を消費者にアピールする価格戦略をアドバイスする。D-Edgeは、パンデミックの開始以来、モバイルデバイスで行われた直接予約が3040%増加したと報告しているため、モバイルでのユーザーエクスペリエンスもこれまで以上に重要になっている。 そしてBossは、ダイレクトチャネルの成長もGoogleの価値を確認していると言う。「Googleはデジタル流通の世界のマスター。ホテルが流通の30%または40%をウェブサイトで直接取得する場合、それはGoogleのおかげである」、「34年前には、TripadvisorTrivagoKayakなどの主要なプレーヤーがいたが、今日は残念ながらGoogleGoogleGoogleしか存在しない。他のすべては劇的に彼らの市場シェアを減らした。Googleは、ホテルのウェブサイトを簡単に見つけることがユーザーの関心事であることを競合他社よりもよく理解している。そして、Googleの戦略は常にユーザーエクスペリエンスを促進することであった」と彼は言う。(7/26https://bit.ly/2UQGpsA )

 

6. PhocusWire PULS:旅行決済の進歩

PhocusWire Pulse イベントは、業界リーダーの一連のバーチャル集会であり、このセクターの単一のトレンドまたはトピックに専念する。今年の5回目のイベントでは、旅行業界における複雑で急速に進化する決済の世界に焦点を当てる。 遅延支払い(delayed program)プログラム、主要な旅行ブランドのフィンテック部門、クレジットカード、顧客の信頼など、さまざまな問題と傾向に注目している。

Progress In Paymentsは、727日火曜日に行われる。

PhocusWire PulseProgress In Paymentsは、次のスピーカーを備えている。

  • Fly Now Pay Laterのパートナーシップ責任者であるSophia Melas
  • XanderPayCEO Mike Cario
  • Worldpayの航空会社および旅行担当副社長であるThomas Heldorff
  • Booking.comFinTechのシニアバイスプレジデントであるDaniel Marovitz
  • Trust My TravelCEOWill Plummer
  • Travelokaの金融サービス担当上級副社長Alvin Kumarga
  • GlobalTixの共同創設者兼CEOChan Che Chong
  • Duist International、ホテルファイナンス担当バイスプレジデントKen Ling
  • NTTデータ香港、saes責任者、Chew Ann Wee

このイベントのインタビュアー:

  • PhocusWireシニアレポーター、Linda Fox
  • PhocusWireシニアレポーター、Mitra Sorrells
  • WebInTravelの創設者であるYeoh Siew Hoon
  • PhocusWire編集長Kevin May

(7/27 https://bit.ly/3y6W31n )

 

7. My Method: Getawayeメールマーケティング

旅行およびホスピタリティブランドが引き続き回復モードで運営されているが、全体的なパフォーマンスは2019年のレベルを下回り、業界はパンデミックに依然として見舞われている。しかし革新的なリーダーが顧客のエンゲージメントを維持し、成長を促進するための創造的な方法を見つけたため、希望と可能性が垣間見えてきた。ホスピタリティブランドのGetawayは、パンデミックの際に、他社がエンゲージメント、収益、その他の主要な指標が低下している最中に、予約、顧客維持、収益の増加を促進する機会を見た。この成功の一部は、より効果的なeメールマーケティング戦略を展開することによって行われた。

Getawayの顧客エンゲージメントプラットフォームを活用して、カスタマイズされた電子メールを作成し、顧客がエンゲージメントする可能性が最も高いときにそれらを配信することにより、同社はターゲット市場の潜在的なゲストにパンデミックに安全な旅行オプションを導入することに成功した。

チャレンジ

The challenge

Getawayはリモートキャビン(remote cabin = 人里離れたところにある小屋)を提供し、設備の整ったキッチン、快適な睡眠の手配、気を散らすデバイスを手の届かないところに保つように設計されたロックボックス付きで、自然の中でゲスト本人が充電できるようにする。

この宿泊施設のブランドは、2020年末までに、前哨基地(outposts)と呼ばれる12の場所に展開し、それらの場所は、すべて米国の都市から車で数時間以内のドライブの距離になる。パンデミックの際により安全な選択肢を探している旅行者にアピールする社会的距離のガイドラインを実践し続けながら、休暇を楽しむための理想的な場所としてキャビンを配置する機会を見て、同社は2021年の終わりまでに、前哨基地を合計17の目的地に拡大するという目標を設定した。同時に、ブランドは予約を増やし、ネットプロモータースコア(NPS)を上げ、リピーターを引き付けたいと考えていた。これらの成長の野心を刺激するために、Getawayは、プロモーションメールの開始をサポートする、より効果的なパーソナライズされたメールキャンペーンを作成するだけでなく、予約および到着プロセス中に何を期待するかを旅行者にシームレスに案内する、インパクトのあるトランザクション育成プログラムを開発したいと考えた。

このビジョンを実現するには、クラス最高のパーソナライズされたメッセージングをサポートしていなかった電子メールプラットフォームの限界を克服する必要があることに気づいた。

キャンペーンエンゲージメントの促進

Driving campaign engagement

Getawayは、Brazeセグメンテーション機能を利用して、各キャンペーンの適切なオーディエンスを特定し、インテリジェントタイミング機能を利用して、個々の顧客の過去のやり取りや好みに基づいて最適なタイミングでメールを展開し、他のソリューションとともに、会社のメールマーケティングパフォーマンスを改善した。

旅を合理化、体験を最適化するためのターゲットを絞ったメッセージング

Targeted messaging to streamline the journey and optimize the experience 

Getawayは、カスタマージャーニービルダーを使用することで、前哨基地での滞在を予約したすべての顧客をガイドするトランザクションメールのフローを開発することができた。これらの電子メールは、チェックインとチェックアウトの方法、その地域で何をすべきかについての推奨事項、および今後の滞在に関するその他の関連する詳細についての役立つ情報を提供した。また、動的コンテンツ機能を使用することで、チームはこれらの11のパーソナライズされた電子メールを簡単に自動化して、最大の関連性と魅力を実現することができた。

結果の提供

Delivering results

Getawayのシカゴの前哨基地の立ち上げの最初の週に、リピーターが30%増加し、トランザクションの電子メールキャンペーンからの収益が30万ドルを超えた。Getawayのマーケティングチームは、すべてのキャンペーンが適切なタイミングで適切なオーディエンスに確実に届くようになり、ブランドが旅行者とより有意義な関係を築けるようになった。これらはすべて、会社の長期的な成長と顧客エンゲージメントの目標をサポートする。

著者:Will Crokerクロッカーは、Brazeの顧客およびパートナーのマーケティングチームを率いている。(7/27 https://bit.ly/2TMchhC )

 

8. 最も良く説明してくれる旅行エージェント、人工知能AIと同意

旅行マーケターは、顧客に提供したパーソナライズされた体験で、何年もの間他の業界に先んじてきた。特定の航空旅客にアピールする可能性が最も高いインセンティブやアップグレードを提供するためにロイヤルティスキームに依存している航空会社であろうと、アメニティやスナックで客室到着体験をカスタマイズするためのホテルによるアンケートの使用であろうと、旅行業界は一般的にパーソナライズを使用して、より個人的な旅を提供すると同時に、ロイヤルティと顧客生涯価値を向上させるリーダーである。人工知能(AI)技術の高度化と採用が進むにつれて、旅行業界でのパーソナライズが大幅に強化される。これは、AIが膨大な量のデータを分析および処理し、他の方法では明らかではない可能性のある接続や提案を推測できるためある。旅行計画を立てるために、消費者は歴史的に独立した旅行代理店と彼らの知識に依存していた。過去20年間で接続性(connectivity)がよりアクセスしやすくなり、世界中に広まるにつれて、多くの旅行者が独自の調査を行って旅程を作成する。これは、将来AIを使用することで、特定の顧客に最もアピールする旅行パッケージの作成と組み立てを支援できる肥沃な領域である。現在、AIの初期段階に過ぎず、特に推奨事項や旅行計画に関連するユースケースは非常に限られている。旅行でのパーソナライズのためのAIの最初の使用は、オンラインカスタマーエクスペリエンスの向上と、よりコンテキストに応じたカスタマーサービスのためのチャットボットに焦点を当てる傾向がある。ただし、将来的には、AIは旅行計画に含まれるさまざまな変数や個人的な好みを理解できるため、旅行を変革する可能性がある。このテクノロジーは、より関連性の高い推奨事項を提供し、旅行会社やブランド全体の消費者のプロセス全体を真に最適化するために、人間がこれまでに可能であったものより多くの情報を取り込むことができる。旅行者は、予算、旅行の種類、タイミング、航空会社、ホテルなどの好みを選択して、ロイヤルティポイントなどを獲得し、自分やエージェントの頭に浮かぶことのないカスタマイズされた旅行体験を提供できる。飛行機の接続、鉄道やフェリーの接続の追加、目的地の場所や宿泊施設への選択など、旅の接続を計画するのは難しいことがよくある。

エージェントの視点

Agent perspective

歴史的に、経験豊富な旅行エージェントは、そのような旅程を手配するために彼ら自身の経験と知識に依存していた。最近では、消費者向けオンライン検索が、旅行計画全体を整理するためにますます使用されている。将来的には、機械学習とAIは、大量のデータをリアルタイムで確認および分析し、個々の旅行者の認識された個人的および固有のニーズに最適なものを提示できるため、旅行計画に不可欠になる。ただし、このAI主導の推奨の進化において同意(consent)が果たす重要な役割がある。効果的であるために、パーソナライズは最終的に消費者の知覚された個人的な好みに基づいている。旅行業界がAIの使用をテクノロジーソリューションにますます取り入れているため、発生する問題は、消費者が個人データの収集と使用に同意するよう求められるかどうか、そしてどの程度まで求められるかということである。さまざまなカテゴリのクッキーへのユーザーの同意を要求するWebサイトの同意管理システムに、我々はますます慣れてきた。ただし、旅行業界におけるAIベースのシステムの同意管理はかなり新しい分野である。そもそもAIの性質上、消費者はAIが関与しているという事実や、より幅広い用途を理解していなくても、個人情報(ホテルの部屋の好みなど)を提供するように誘導される可能性がある。また、消費者がAIを使用して個人情報を収集または処理しているシステムまたはエンティティと直接的な関係を持っていない可能性もある。収集されている個人情報、その情報の使用方法を開示し、その活動への同意を求めることは、業界のベストプラクティスである必要がある。旅行業界が今後数年間でAIをより広く受け入れるようになるにつれ、AIベースのパーソナライズの業界のメリットとプライバシーおよび個人の利益とのバランスが取れるように、倫理と情報に基づくユーザーの同意が十分に考慮されるようになることを願っている。AIが倫理的かつユーザーの同意を得て使用され、法的な精査や不必要な規制を回避する場合、業界はAIによって最もよく機能する。私たちは皆、何も問題ないと願っている。

著者:Simon Yenckenは、 Fanplayrの最高経営責任者(CEO)兼 共同創設者である。(7/27 https://bit.ly/3zOpJAU )

 

9. アマデウス、Hopperの旅行フィンテック利用

Amadeusは、非伝統的な保険および旅行保護製品のポートフォリオを多様化するためのより広範な戦略の一部として、Hopperのフィンテックソリューションを、航空会社、OTA、メタサーチ、他の旅行プロバイダーにAmadeus Travel Platform経由で提供する。Hooperとのパートナーシップは3月に発表された同社のB2BイニシアチブであるCancel for Any Reason”と“Price Freeze”の2つの製品から始まり、将来的にはさらに多くの製品を追加する予定である。
Hopper
はマーチャントof レコードとなり、Amadeusの顧客が販売するフィンテック製品のすべてのリスクを引き受ける。  Hopperは、フライトでもホテルでも実際に価格を凍結し、凍結期間内に価格が上がった場合、差額はHopperが負担する。つまりPrice Freezeに参加する人は誰でも、収益管理への悪影響を心配する必要がない。このリスクを冒すHopperの能力はAIのおかげである。現在、世界中の誰よりも、価格が上昇するリスクの価格設定に優れている。Amadeusにとって、このパートナーシップは、旅行者に個別の保険商品を提供するため、昨年10月にPhocusWire Hot 25のスタートアップであるSetooとのパートナーシップを発表したときに始まった多様化戦略の次のステップである。Amadeusは、フィンテック製品が従来の旅行保険よりも速く、またはそれ以上に成長すると確信している。 2019年に独自のアプリで最初に発売されたHopperのフィンテックソリューションは、現在“数万のトランザクション”を処理しており、ユーザーは他の場所で予約した場合よりも平均15%多く支出し、パンデミックが始まって以来の市場シェアを3倍に拡大した。 この新しいAmadeusHopperのパートナーシップの一環として、Hopperは、現在191か国以上の40のレンタカー会社で構成されているAmadeusのグローバルレンタカー在庫にもアクセスできる。Hopperは、2020年にアプリにレンタカーを追加した。 今では全売上高のほぼ20%になっている。 将来的には、Hopperはフィンテック製品を拡大し、アプリでの体験などの新しいカテゴリを追加し、アジア、ラテンアメリカ、ヨーロッパでの事業開発を継続する。(7/27 https://bit.ly/3ydJm4P)

 

10. オンライン旅行におけるSPAC台頭

旅行ユニコーンの風景は、パンデミックと特別目的買収会社(SPAC)を介した公開リストの台頭により、過去18か月で一新した。このスペースの企業を追跡するTraveland Mobility TechTNMT)は最近、旅行のユニコーンの成長を2018年の22から2019年末の452020年末の49になっていることを明らかにした。現在、その合計はわずか36である。

Lufthansa Innovation Hubのインサイト部門であるTNMTは、2年前にAirbnbGojekDidiYanoljaなどの有名企業をユニコーンリストに載せていたが、これらの企業は現在公開されている。その他、SonderGrabTravelokaTiketを含む合計8社がSPAC経由で上場した。

Macintosh HD:Users:ushiba:Desktop:travel unicorns and spac.png

ユニコーンからSPAC

Unicorn to SPAC

4月下旬、Sonderは、SPAC会社のGores Metropoulos IIと合併し、総額22億ドルの上場計画を発表した。その月の初めに、GrabAltimeterと共にSPACを介してIPOを申請したGrabは、上場で45億ドルを調達することを望んでいると述べた。一方、Travelokaは、同社と市場はIPOの準備ができており、SPACを介して公開することは魅力的であると述べている。

また、さまざまな報告によると、TiketSPAC Cova Acquisitionと協議て公開を準備している。Goldman Sachs4月に、SPACが今後2年間で約1兆ドルの取引を占める可能性があり、約1,290億ドルのSPAC資本が合併相手を模索していると推定していると述べた。これは、SPAC202012に合併買収活動を推進する可能性があると同社が述べた3,000億ドルからの大幅な増加である。投資銀行のアナリストはまた、規制当局からの綿密な調査の中で、SPACの熱狂が鈍化していると述べた。それが旅行にどのように影響するかは不明であるが、TNMTは、「今年、これほど多くの企業がSPACの時流に乗っている」のを見たセクターは他にないと考えている。たとえば、TiketTravelokaはどちらも、他の市場へのルートも検討していると述べている。

そして、SPACを利用して公開したのは旅行ユニコーンだけではない。今月初め、旅行クラブの独占サービスであるInspiratoは、Thayer Venturesと合併しSPACを編成することで公開すると発表した。Thayerは、202010月に17,500万ドルを調達する計画で、分派(offshoot)であるThayer Ventures Acquisition創設を発表したときが、旅行SPACの初期の動きであった。

待機している

Waiting in the wings

他の旅行SPACはチャンスを待っている。旅行管理会社Teplis Travelの最高経営責任者であるGary Teplisが率いるAltitude Acquisition IIは、2月に公的市場を通じて2億ドルを調達するという入札を開始したTeplisと彼のチームの最初のSPACであるAltitude Acquisitionは、202012月に261ドルを調達した。Teplisは、ターゲットは旅行関連および旅行テクノロジービジネスであると述べている。また、HomeAwayの創設者であるBrian Sharplesが率いるMoose Pond3月に証券取引委員会に提出され、2億ドルの資金調達を望んでいる。American Express Global Business TravelのエグゼクティブチェアマンであるGreg O'Haraが率いるGo Acquisition Corpは、昨年、旅行関連および旅行に隣接するビジネスをターゲットにしていると発表した。このSPACは昨年8月に5億ドルのIPOを発表した。最近、フランスのホテル大手AccorEuronext ParisAccor Acquisition Companyを通じて3億ユーロを調達したため、旅行テクノロジー、ウェルネス、イベントなどの“コアホテルビジネスに隣接する活動”をターゲットにすると述べ

当時、Accorの会長兼最高経営責任者であるSebastien Bazinは、「AACチームは、Accorの規模、ネットワーク、影響力の恩恵を受ける認定企業を特定し、提携することにエネルギーと才能を注ぎ込む。これらの製品、サービス、ブランドは、ホテルのオーナーやゲストにとっても非常に魅力的だ」と述べている。

将来の不確実性

Future uncertainty

世界中の政府の規制がセクターの回復を阻害し続けているため、現在、旅行に関連するものについての予測は困難である。さらに、今年4月にSPACの新しい会計規則に関するSECの声明が発表された後、活動は全面的に減少した。

CB Insightsによると、SPACによる上場ファイリングは2021年の第1四半期の298から第2四半期には61になり 、調達した資金は830億ドルから120億ドルに減少した。ただし、上記の企業を大まかに計算すると、旅行セクターを対象とした約15億ドルが明らかになる。Grabと同様に、モビリティ企業は、地上輸送を揺るがし、追加のサービスを提供し、スーパーアプリのステータスを開発し続けているため、引き続きターゲットになる可能性がある。代替宿泊施設プロバイダーもSPACの合併候補になる可能性がある。そして、投資家からのTripActionsTravelPerkなどの法人旅行スタートアップへの継続的な信頼は、彼らを魅力的なSPACターゲットにする可能性がある。(7/27 https://bit.ly/3C2WOuS)

 

11. VIDEO:旅行回復機会へ焦点

パンデミックは、セクター全体の何百もの旅行、観光、ホスピタリティのブランドの収益、自信、戦略に穴を開けた。しかし、多くの国で集団予防接種が行われ、業界が再び活動を開始しようとしているため、企業が今後の機会をどのように活用できるか、また活用すべきかが注目されている。特定の戦術の1つは、新しい顧客を理解することである。これは、道路で再びドライブすることに対する自信と、過去18か月の間に以前の買い物や購入の習慣がどのように変化したかという観点からである。旅行者に製品を提供するだけでなく、優れたカスタマーサービス、COVID-19衛生プロトコルの詳細への注意、いわゆるカスタマージャーニーのすべての段階でのさらなる努力で旅行者を“喜ばせる”必要がある。要するに、旅行ブランドは、パンデミック回復期間のこの次の段階で、2020年と2021年のサバイバルモードから“繁栄”に移行する必要がある。PhocusWireは、Acxiomの旅行、ホスピタリティ、エンターテインメントの業界グループ副社長であるChris Hamlinと話をし、詳細を調べた。

完全なインタビューはhttps://bit.ly/3zPYMg9に含まれている。

(7/28 https://bit.ly/3zNauYU)

 

12. 次世代旅行者へのリーチ方法

旅行業界はパンデミック後の回復を始めているが、まったく新しい形をとっている。旅行者の需要の変化と次のことに備える方法に関する4部構成のシリーズの最初の記事を読んで欲しい。COVID-19ワクチンの普及と地域の開放により、アメリカ人はついに再び旅行を始めている。「訪れる近くの場所」の検索数は、世界全体で前年比200%以上増加し、「フライト予約アプリ」の検索数は、世界全体で前年比70%以上増加している。パンデミックの最中に旅行を計画しているほとんどの人は健康と幸福を優先させたが、安全プロトコルは現在、航空会社、ホテル、レンタカー会社、および旅行業界の他の人々にとって重要な役割を果たしている。旅行が回復するにつれ、業界のリーダーたちは、パンデミック後の周遊旅行(excursions)の重要な需要層として浮上している次世代の旅行者に熱心に焦点を合わせている。

次世代の旅行者は誰か?

Who are next-gen travelers?

次世代の人口は、15,100万人のミレニアル世代とZ世代で構成されており、合計で3,500億ドルの購買力がある。彼らは年配の旅行者よりも自分たちを冒険的だと呼ぶ可能性が1.5倍高く、常に旅行を夢見ている。この活発な若い集団は旅行に最も熱心であり、最初にそこに戻ることは確実だ。彼らは旅行を生活の重要な部分と考えており、2019年には古い世代の1.2倍のレジャー旅行をした。この世代の45歳未満の消費者は、45歳以上の消費者よりもホテルを予約する可能性が26%高くなっている。デジタルの世界にいてソーシャルメディアに精通しているため、次世代の旅行者の80%がオンラインで旅行の計画を立て始める。デジタルネイティブとして、旅行研究に関しては、古いデモグラフィックの人たちよりも広く深くなる。標準の旅行メタ検索エンジン、オンライン旅行代理店、レビューサイト、ブランドWebサイトに加えて、次世代の旅行者はブログ、ソーシャルメディア、旅行を計画するためのビデオプラットフォームを利用する。彼らの研究の幅と深さは、次世代の旅行者が夢の旅行体験を創造することをどれほど決心しているかを反映している。彼らの目標は、すべての旅行を最大限に活用することであり、彼らはそれを実現するために仕事に積極的に取り組んでいる。次世代の旅行者が何を望んでいるか、そしてどのように彼らに到達するかを正確に見てみよう。

デジタルで刺激する

Inspire with digital

動画や宣伝されたオーガニックソーシャルメディアの投稿などのデジタルコンテンツは、次世代の旅行者の65%に旅行の計画を開始するよう促す。これは、コンテンツマーケティングが重要であることを意味する。ウェブサイトや記事などの従来のデジタル広告不動産と比較すると、これらの新しいデジタルロケーションの広告は、次世代のオーディエンスを刺激する可能性が28ポイント高くなる。ビデオは特に強力な役割を果たしており、次世代の旅行者の69%がビデオプラットフォームに触発されて旅行を計画している。彼らは、InstagramTikTokのどちらもコンテンツにも満足しているが、YouTubeがトップに立っており、次世代の動画インスピレーションの半分以上を占めている。

スポンサー付きのコンテンツは興味をそそるが、次世代の旅行者は実際の予約に関してはしばしば仲間に頼る。実際、74%が、ユーザーが作成したコンテンツは、ジャーナリスト、有名なインフルエンサー、ガイドブックなどの業界の専門家からのスポンサー付きコンテンツや情報を上回り、予約決定により大きな影響を与えると述べている。次世代の旅行者が旅行鞄に荷物を詰め始めると、デジタルコンテンツが旅行の決定の多くに影響を与えるのは当然のことである。これらの旅行者が切望する一生に一度の旅行のために、スポンサー付きのソーシャルおよびビデオコンテンツは刺激を与え、ユーザーのレビューと推奨事項がコンバージョンさせる。

真正性を持ってリードする

Lead with authenticity 

次世代にとって、ビジネスであれレジャーであれ、すべての旅行はユニークな何かを体験するチャンスであり、それ以下のものは浪費される機会としかならない。実際、次世代の旅行者の43%は、“私にとって新しい”体験を求めている。

年配の旅行者は家族の経験、リピートの訪問、親しみやすさを優先するが、次世代の旅行者は社会的で冒険的な経験を求めている。これらの経験は必ずしも並外れたものである必要はない。代わりに、彼らはそれぞれの体験が本物であり、地域を反映していることを望んでいる。次世代の旅行者は旅行で感情的な見返りを探しており、ターゲットを絞った体験を提供することが彼らをそこに導くための核心だ。食べ物やライブミュージックなど、冒険心をアピールする特定の興味に焦点を当て、他では見られない本物の体験を提供する。

ロイヤルティは柔軟に

Be flexible with loyalty

リワードポイントは常に旅行の決定に影響を与えてきたが、各旅行を最適化するという次世代の考え方は、従来のロイヤルティプログラムではうまく機能しない。これらの旅行者は、古いデモグラフィックよりも航空会社のロイヤルティプログラムに属する可能性が1.6倍低く、ロイヤルティプログラムを通じてホテルを予約する可能性が1.9倍低くなっている。少数のブランドに固執するだけでは、次世代の旅行者が旅行を最大限に活用するために必要な柔軟性を得ることができない。ロイヤルティの報酬よりもはるかに重要なのは、理想的なフライトや完璧なホテルを予約できることである。したがって、マーケターは、ミレニアル世代とZ世代に到達するために、従来のロイヤルティの概念を再考する必要がある。ポイントではなくユニークな瞬間に焦点を当て、次世代の旅行者に最高の機会を提供することが必要だ。

コストを超えた価値を強調する

Emphasize value beyond cost 

それで、ロイヤルティが次世代の旅行者に効き目がないならば、何をするか?もちろんコストも要因だが、これらの旅行者は価値重視であり、安さに拘泥しない。利便性、快適さ、ブランドの社会的責任と持続可能性はすべて、フライトの選択に影響する。宿泊施設に関しては、快適さが重要な要件としてランク付けされており、利便性、レビュー、アメニティ、社会的責任はすべてブランドのロイヤルティを上回る。安い旅をするという評判にもかかわらず、次世代は彼らにとって重要なことには喜んで支払う。超安値の価格戦略には共鳴しないかもしれないが、ドルの価値に見合う価値を強調するメッセージは確かに彼らにとって魅力的である。

旅行のカムバックの準備

Preparing for travel’s comeback

国境が再開し、通常のフライトスケジュールが再開され、旅行熱が再燃する中、私たちは旅行マーケターにとって決定的な瞬間を目の当たりにしている。これをリードしているのは次世代であり、彼らは彼らが待ち望んでいた旅と彼らが逃した経験を探すことを決意している。彼らがインスピレーションを得たソーシャルメディアやビデオプラットフォームで彼らに連絡し、彼らの冒険心と信憑性への欲求について話すことだ。最も重要なことは、彼らが新しく有意義な体験で各旅行を最適化するのを手伝うことである。ミレニアル世代とZ世代が旅行の回復に拍車をかけているため、このでもグラフィックに焦点を当てることは、以前よりも強く復帰するために不可欠である。最近の旅行業界は少し違って見えるかもしれないが、マーケターはこの重要なセグメントに到達するための適切なメッセージングおよびコミュニケーションツールを準備することができるに違いない。(7/28 https://bit.ly/2VlNxgA )

 

13. Ruminate、直予約プラットフォームNAVIS買収

米国を拠点とするホスピタリティのゲストマーケティングプラットフォームであるサンフランシスコのRuminateは、直接予約を促進するソフトウェアを提供するNAVISを買収した。 買収の条件は明らかにされていないが、Ruminateはその投資家でありパートナーであるSerent Capitalが買収を後援したと述べている。「NAVISのような補完事業(complimentary business)の買収を発表できることを非常に嬉しく思う。一緒に、私たちはホテル経営者が完全なゲストの旅をカバーするエンドツーエンドのゲストライフサイクルの相互作用を通じてスケーラブルな直接収益と利益を生み出すことを可能にするデータ駆動型ゲストプラットフォームを拡張する」とRuminateの現在のCEOであるMarc Heynekerは言う。Ruminateは、“革新的で市場をリードする直接収益および利益を生み出すソリューション”を備えたこの組み合わせたソリューションを、30万以上のホテルに提供すると述べている。Ruminateは、過去6ラウンドで5,200万ドルの資金を調達している。(7/27 https://bit.ly/3fdCWez)

 

14. MakeMyTrip、デルタ変異株禍でも増収

MakeMyTripは、COVID-19Deltaバリアントが同社の国内市場で旅行計画に打撃を与えたにもかかわらず、2021年の第2四半期に収益が3,300万ドルに急増した。インドを拠点とするこのオンライン旅行代理店は、2020年の対応する四半期(MMTの会計報告年度の第1四半期)では、わずか600万ドルの収入を獲得した。グループの総販売額は、前年同期の6,500万ドルに対し、今年4月から6月の間では28,700万ドルとなった。営業損失は2,100万ドルから900万ドルに縮小した。市場セグメントは、2021年の第2四半期に旅行活動が活発化したため、全体的に改善された数値を示した。航空券からの収益は、前年比400万ドルから1,500万ドルに増加し、ホテルの予約とパッケージ旅行は、同じレポート期間中に100万ドルから1,100万ドルに増加した。同社によれば、パフォーマンスは“インドの全国的な封鎖後徐々に回復”し始めたが、インドは2021年初頭に記録された感染者数の“急速な復活を経験し、デルタバリアントの出現に至った。同社は、より効率的なコスト構造、強力なバランスシート、長期投資により、パンデミック後も強力なポジションを維持していると言っている。(7/28 https://bit.ly/3l7BXjW)

 

15. グーグルに、航空運賃とホテル料金に透明性必要

欧州委員会は、オンラインのフライトとホテルの価格の透明性を高めるようGoogleに求めた。Googleには、規制当局に回答(変更)を通知するために2か月の猶予が与えられている。ECは、消費者保護協力当局と並んで、「消費者は検索結果のランク付け方法と、支払い(payments)がランク付けに影響を与える可能性があるかどうかを知る必要がある」と述べ、EU法を遵守するようGoogleに求めている。ECは声明の中で、Googleに提示されるフライトとホテルの価格は「最終的なものであり、事前に合理的に計算できる料金または税金を含める」 べきであると述べている。Googleが行った変更が十分に進んでいない場合、EUはフォローアップダイアログを予定する。国家当局は最終的に制裁を課すことを決定するかもしれない。当局はまた、Consumer Authoritiesから報告された“消費者保護規則に違反したコンテンツへのアクセスをより早く削除すべきだと述べた。Googleの広報担当者は「私たちはこの対話を歓迎し、消費者保護機関およびECと緊密に協力して、ユーザーにとって有益であり、さらに透明性を提供する改善をどのように行うことができるかを検討している」と述べている。検索の巨人Googleは、検索ランキングとその支配的な地位をめぐって、ヨーロッパの規制当局から長年にわたって継続的な課題を要求されている。11月下旬、Awazebooking.comeDreams OdigeoExpediaなどの旅行会社の法定代理人が、競争委員会のMargrethe Vestagerに書簡を送り、検索大手が242,000万ユーロの罰金を科された2017年から市場支配濫用に関する決定を執行するようECに要請した。当時、デジタルゲートキーパーの規制に関する提案にもかかわらず、この書簡の署名者たちは即時の行動を要求した。Googleはまた、米国の規制当局からの圧力を受けており、司法省は202010月に反トラスト法を提出している。(7/28 https://bit.ly/37a3WY8 )

 

16. 払い戻し・衛生強化が予約決定を動かす、価格でない

旅行業界の特定のセクターで需要がパンデミック前のレベルに向かって戻ってきているが、COVID-19は旅行者の好みと予約行動に永続的な影響を及ぼす。 

Expedia Groupのレポートによると、旅行者は健康と安全に新たな期待を抱くだけでなく、包括性と持続可能性に対する信念に一致する宿泊施設を見つけるなど、価値に基づく予約決定などにも重点を置いている。8か国の8,000人を調査し、Wakefield Researchと提携して実施された、オンライン旅行大手のTraveler Value Indexは、これらの進化する嗜好と、パンデミック後の需要を獲得するために旅行プロバイダーができることを強調している。

このレポートによると、消費者のほぼ4分の372%)が、今後12か月以内に旅行を計画している。旅行者の3分の1以上(35%)が、2020年と比較して現在、旅行予算が大きいと述べており、5人に1人(18%)が、主要な支出と同等に、2021年に最も多く費やすものになると予想している。家のリノベーションプロジェクト(18%)と同じで、エンターテインメント(12%)よりも大きい。旅行セグメント(ホテル、バケーションレンタル、航空、レンタカー、クルーズ)全体で、旅行者は他のすべての考慮事項よりも全額払い戻しまたは強化されたクリーニングを重視するようになった。これは、価格が予約決定を左右する従来の知識からの大幅な変化である。実際、旅行者の4人に1人は、すべての旅行体験で全額払い戻しを受ける能力を最も高く評価していると述べている。ホテル滞在の場合、すべての旅行者の24%がキャンセルされた予約の全額払い戻しを受ける能力を高く評価しているが、世代間での違いが存在する。米国と日本では、40歳未満の旅行者が清掃強化を最も重要視した。これらの旅行者はまた、非接触型決済とプレミアム特典を高く評価しており、若いグループは価格と払い戻しにあまり重点を置いていないことを示している。

地域全体で、特にメキシコでは、女性の割合が高く、ホテルでの最高の価値として強化されたクリーニングを選択している。メキシコでは、女性の33%が、男性の25%と比較して強化されたクリーニングを最高の価値としてランク付けしている。

 一方、全額払い戻しを受ける能力は、バケーションレンタルの旅行者のより大きな(26%)によって評価され、レンタルの強化されたクリーニングは価値としてランクが低くなる。旅行者は、ペナルティなしで予約を変更できる柔軟なポリシーを4番目の全体的な価値としてランク付けしているが、旅行する子供の数に基づいてレンタルの価格柔軟性の価値は上昇する。メキシコでは、旅行者の27%がバケーションレンタルの手頃な価格を強く評価しており(27%)、日本では、環境に配慮したポリシーがバケーションレンタルの3番目(14%)であり、他の市場よりも特に高くなっている。航空旅行者はまた、特に英国(31%)とドイツ(34%)で、全額払い戻しを受ける能力を最も高く評価している。低価格と強化されたクリーニング(両方とも18%)は、強化されたクリーニングよりも低価格をランク付けするミレニアル世代とZ世代の消費者を除いて、航空旅行者にとって次に重要な値である。レンタカーとクルーズの場合、全額払い戻しを受ける能力は旅行者に最も高く評価されているが、多くの国の回答者が低価格を最も重視していると答えたのはクルーズだけである。北米のZ世代の旅行者は、クルーズを検討する際に、環境に配慮したポリシーを2番目に重視しているとも述べている。

追加の好み

Additional preferences

旅行者が道路や空に戻ると、回答者の4分の3近く(71%)がワクチンのパスポートのアイデアに満足していると答え、英国のほとんどの消費者(81%)が予防接種の証拠を示して乗船していると答えている。パンデミックの中で遠隔地でのバケーションレンタルが急増している一方で、ラスベガス(+ 40%)、メルボルン(+ 90%)、パリ(+ 30%)、シドニー(+ 85%)の都市の訪問者数が増加している。旅行者も新しい体験を求めており、消費者の4分の3は、これまでに行ったことのない目的地を予約する可能性が高いと述べる。旅行を計画している回答者の半数以上(52%)は、これまでにない交通手段を利用する可能性が高く、旅行者の22%は、次の旅行で一生に一度の体験を求めていると述べている。 さらに、旅行者の5人に3人(59%)は、メキシコ人旅行者の76%を含め、旅行をより持続可能なものにするために支出を増やしたいと考えており、旅行者の3分の2近く(65%)は、持続可能性を彼らの慣行に含めている旅行プロバイダーを予約する可能性が高いと述べている。

信頼が鍵

Trust is key

Expedia Groupによると、旅行者の関心を予約に変えるには、信頼を早期かつ迅速に構築することが重要である。来年に旅行を予約すると、旅行者の半数以上(53%)が、プロバイダーが約束を果たすことを信頼したいと述べている。

オンライン予約の場合、旅行者の57%が、希望する旅行体験のタイプに適した価格を提供するサイトを高く評価していると答える。また、ナビゲートしやすいサイト(49%)、迅速な予約プロセス(45%)、カスタマーサポート(38%)、多数のリスト(32%)、さまざまな旅行方法(27%)も求める。旅行者のほぼ半数は、これまで使用したことのない新しい会社を通じて予約を受け入れると述べており、新しいオプションへの開放性を示している。

完全なTraveler Index Reportは、https://bit.ly/2WpmqBBから入手できます。(7/28 https://bit.ly/3ydBTTB)

 

17. WIT 新興企業ピッチ賞金、25万ドルAWSクレジットとサポート

WiTの毎年恒例のStartup Pitchが復活し、世界で最も包括的で広く採用されているクラウドであるAmazon Web ServicesAWS)との4年連続の継続的なコラボレーションに支えられている。AWSは、AWS Activateプログラムを通じて、WiT Startup Pitch 2021に向けて250,000米ドル以上のAWSクレジットとテクニカルサポートを提供する。このプログラムは、スタートアップにビジネスの成長と拡大に役立つツールとリソースを提供する。

コンテストへのエントリー募集は、2021813日が締め切り。審査員団が20211018日のWiTイノベーションステージでピッチする10人のセミファイナリストを選出する。このピッチが2021101920日、ハイブリッド体験でMarina Bay Sandsホテルに戻るWiT Singapore Main Stageをキックオフすることになる。3人のファイナリストが20211020日のグランドファイナルでピッチに進む。勝者は、20211115-17日、フロリダ州フォートローダーデール/ハリウッドで開催されるPhocuswright Conferenceスポットライトセッションで5分間センターステージ、でプレゼンテーションを行う機会が与えられる。WiTスタートアップピッチは13年目で、創立5年以内のすべての旅行関連のスタートアップに開放されている。 WiTは、このピッチを通じて旅行テクノロジーの限界を押し上げる画期的な新しいアイデアを備えた賢明な起業家精神に焦点を当てる。世界中からのエントリーを募集しており、地域版(WiTソウル、WiT日本と北アジア、WiT中東、アフリカ)を活用して、新しいアイデアと起業家の新鮮な集団を探している。https://bit.ly/3lakcR5からエントリーを送信してください。(7/29 https://bit.ly/3j2vrbu)

 

18. より持続可能な旅行業界への堅個なステップ

観光産業はターニングポイントにある。需要が増加しているため(2030年には到着旅客数が18億人に達すると予想されている)、人、地球、利益のバランスを見つけることが重要になる。現在の形の観光は持続可能ではない。現在の軌道が続くと、サンゴ礁や熱帯雨林などの自然空間は、それらがもたらす利益とともに存在しなくなる。パンデミック前の世界的な到着旅客数は前年比4%で増加し、目的地はプレッシャーを感じていた。観光過多(overtourism)は、生物多様性の喪失、生態系の劣化、および資源の不足を引き起こす可能性がある。しかし、希望がある。観光業は経済の原動力であり、持続可能な慣行の実施は、業界を善の力に変えることができる。より持続可能な観光産業を創出するために採用できる具体的なステップをいくつか紹介する。あなたが、熱帯の島、都会の街並み、山間の村の頂上にいるかどうかは関係ない。

サプライチェーンマネジメント

Supply chain management

サプライチェーンは、観光事業の持続可能性を評価するための優れた方法であり、変化の場でもある。製品の出所、製品の流通方法、業務での使用方法、使用後の廃棄方法はすべて考慮すべき質問だ。あなたは、購入者として、製品の持続可能性基準を管理できる。いくつかの有用な質問は、製品の調達方法、生産中に発生する廃棄物の量、製造と輸送に電力を供給するために使用される燃料、ゲストが製品をどの程度効率的に使用しているか、材料はリサイクル可能、再利用可能、または堆肥化可能かなどである。システムをより持続可能なものにシフトすることを選択したかどうかにかかわらず、いかなる情報も良い情報である。サプライチェーンを理解することは、観光事業のフットプリントを理解するための鍵である。例として食べ物を取り上げよう。贅沢な目的地では、おなじみの朝食でゲストにくつろぎを与えたいと思うかもしれない。善意はあるものの、“完全な英国風”を提供するために世界中の食材を空輸しているバリのリゾートは持続不可能だ。代わりに、食事は、地元の経済を支えながら、ゲストに文化的な体験を提供する絶好の機会となる可能性がある。周りを見回すと、季節の果物や野菜、小さなパン屋、地元の農場がより持続可能で、多くの場合、より安価な選択肢だ。新しい考え方を採用するだけで、持続可能な移行を通じて豊富な機会と競争上の優位性を見つけることができる。

現地化する

Go local

地元の人が一番よく知っている。食べ物、近所、ビーチ、彼らは専門家である。彼らの知識を活用し、協力して包括的で無停止で前向きな観光エコシステムを構築することが重要である。地元の人々がコミュニティ内の観光について意見を述べることができるようにすることで、プッシュバックや紛争も回避できる。
地元の人が主催するウォーキングツアー、シュノーケリングツアー、料理教室、エコウォークはすべて、ゲストをコミュニティに参加させるための優れた方法である。これらの中小企業を積極的に奨励することで、地域経済を刺激し、コミュニティ内の関係を強固にすることができる。

関与する; ブレーンストーミングワークショップを主催したり、助成金を提供したり、問題解決の課題を整理したりする。あなたはツーリズムが好きなので目的地で観光事業を始めた、目的地を最もよく知っている人々の助けを借りて目的地が提供しなければならないすべてをあなたのゲストに見せて欲しい。

再生力ある体験

Regenerative experiences

再生観光(regenerative tourism )は2021年の言葉であるはずだ。COVID18か月後、多くの目的地は疲弊している。多くの人が観光客の受け入れを恐れているが、それでも経済的刺激を切望している。目的地への害を制限するだけでなく、効果的な目的地の支援方法を考えて欲しい。ここでも、ローカルからのインプットを活用することが重要である。ボランツーリズム(voluntourism = ボランティア活動と観光を兼ねた旅行)にとらわれないで欲しい。ビーチの清掃、植樹、動物保護の支援などのプロジェクトは良い考えである。地元のNGOと協力して、コミュニティのニーズを学び、ゲストを巻き込むための最も適切な方法を理解する。

看板とキャンペーンの改善

Improved signage and campaigns

これは、とてもシンプルだがとても効果的だ。ほとんどの観光客は持続可能性の必要性を認識しておらず、それが困難、高価、または単に不便になると考えている。あなたの変化や動機をゲストに伝えることは、後から追加することではない。あなたは隠すものは何もない、あなたは私たちの惑星で正しいことを行なっている!新しい洗濯システムを導入したら、それらを伝えて欲しい。より植物ベースのメニューに移行したら、それらを伝えて欲しい。プラスチックの使用量を減らしたら、」それらを伝えて欲しい。持続可能な慣行を簡単にすることで、最も頑固なゲストを持続可能性の容易さを理解させることさえできる。

ボーナスヒント

Bonus tips

それはとても決まり文句に聞こえるが、プラスチックをカットする。場所に関係なく、プラスチック製のストロー、カトラリー、シャンプーボトル、パッケージを最小限に抑えることが重要である。リクエストされた場合にのみストローまたはバスアメニティを提供して欲しい。除外または使用手控えが不可能な場合は、リサイクル可能または生分解性(biodegradable)の材料を使用して欲しい。海の目的地で活動している場合は、サンゴ礁に安全な日焼け止めを奨励し、化学物質がサンゴに与える影響についてゲストを教育して欲しい。確認メールで情報を送信するか、サンゴ礁救済ブランドと提携して、コンシェルジュデスクで販売することを検討して欲しい。より多くの植物ベースのオプションを提供する。新しいビーガンやベジタリアンの前菜やメインディッシュでもうまく行く。さまざまな食事のリクエストに対応することで、ゲストはあなたが彼らのニーズを気にかけ、より意識的になるよう努力していることを知ることができる。持続可能性は、気が遠くなるように思えるかもしれないが、小さな変更は大きくなる可能性があり、あらゆる努力が必要であり、それらの行為は高く評価されている。

著者:Melissa Novotnyは、Sea Going Greenの運用およびパートナーシップマネージャー (7/29 https://bit.ly/2VelXBL  )

 

19. Phocuswright Europe 2021ピッチの全ての革新者

Phocuswrightは常に、世界中の複数のイベントで、旅行業界の最新のイノベーションの波をステージにもたらす。Phocuswright Europe 2021で、イノベーターたちはEMEAトラベルイノベーターオブザイヤーを受賞したり、ピープルズチョイスアワードを受賞したりするために戦った。競争(ピッチ)は2つの部分に分けられている:

  • イノベーション製品を提供する確立された企業向けのローンチ(Launch)。
  • スタートアップがビジネスを紹介するためのサミット(Summit)。

2021年のオンラインイベントでは、イノベーターたちからの次の提案が取り上げられた。

Launch

ReTravel Technologies (優勝者)、Fornova, The Data Appeal Company, Tablr4One, Road.Travel, QTravel.ai,  

Summit

Indie Campers(優勝者)、RoomPriceGenie, Troop, Pace Revenue, Zytlyn, FlyNow Aviation, 

(7/29 https://bit.ly/37bFRA8)

 

20. VIDEO:ブッキング旅行決済

Booking.com は、旅行プロセスの摩擦を取り除くことを目的として、わずか3週間前にフィンテックユニットを発表した。それまで、同社は支払いプラットフォームと接続された旅行におけるその重要な役割について話し合うことに時間を費やしていた。しかし、 Daniel Marovitz上級副社長が率いるこのユニットは、特に外国為替などのビジネスの潜在的な新しい収益源を見つけると同時に、サプライヤーがそのプラットフォームを使いやすくするという、より高い野心を持っている。最新のPhocusWire Pulseイベントの一環として、Marovitzは、消費者とサプライヤーが経験する財政的および支払いの苦痛を“最後の大きな山”であり、会社が登りたいと考えていると説明している。彼は、決済環境の複雑さ、それを見ることができるさまざまなレンズ、さまざまな決済文化を理解する必要性についての洞察を共有している。

Marovitzはまた、なぜ会社が今フィンテックに参入しているのか、そしてなぜそれが独立したビジネスユニットである必要があるのかについても触れている。

完全なインタビューはhttps://bit.ly/3yknl4kの通り。

(7/29 https://bit.ly/3rMp6oL)

 

21. 社説:全ての持続可能性の正しい取組み

「製品の出所、流通方法、業務での使用方法、使用後の廃棄方法はすべて考慮すべき問題だ」、これは、“より持続可能な産業に向けた構築”に関する今週の記事のSea Going Greenの運用およびパートナーシップマネージャーであるMelissa Novotnyからの引用である。

業界の多くの人々によって何年にもわたってうやむやにされた後の持続可能性の議論は、今やなくなる可能性は低い - つまり、旅行ブランドは現在または近い将来にいくつかの難しい選択をする必要がある。地球の生態系の多様性に対する気候変動の影響は、最終的にはもはや議論の対象ではなく、懸念の原因となっている。環境保護主義者にとって、この瞬間は何年にもわたるキャンペーンの終わりを示している。社会と産業は、私たち全員が私たちの世界に与える科学と影響に目覚めている。もちろん、キャンペーンは止まらないが、私たちの行動に対する意識はもはや避けられないものである。世界最大の産業が一夜にして自らをオーバーホールし、地球にとってより持続可能でより良いものになることは不可能だ。よりクリーンな燃料源で稼働する航空機は、大規模に開発および展開する必要がある。新しいホテルは、再生可能エネルギーを中心に建設されるべきである。そして、もっとたくさんの例が存在する。高額商品は、ストラテジストとウォレットホルダー向けだ。ミクロレベルの業界運営も同様に重要であると考えることができるが、サプライチェーンは地元のマネージャーに彼らが貢献する十分な機会を与えている。宿泊施設プロバイダー(民間および主流のホスピタリティの両方)および航空会社は、当然のことながら、使い捨てプラスチックに関するポリシーを検討する必要がある。また、製品の調達元や、食品、飲料、地域の活動などで誰と協力することを選択するかについても検討する必要がある。ハードウェアおよびソフトウェアプロバイダーとのビジネスは、パートナーの持続可能性のクレデンシャルのレンズを通して見る必要がある。企業が再生可能エネルギーでシステムを運用していない場合は、最終的に運用する理由や戦略を尋ねて欲しい。旅行業界は、正しい方法ではなく、簡単な方法で物事を行うことに非常に慣れてきた。これは必然的にコストとリソースによるものが原因だ。しかし、このセクターは、その役割を果たすことができ、さらに重要なことに、先導できることを実証する必要がある。ブランドが、旅行者が帰国したときに正しいことをするように1人(または数千人)の顧客に刺激を与えることができれば、それは小さなことでも有効な方法であり、それは実行する価値のある戦略である。選択の余地はない。(7/30 https://bit.ly/2WDFVXo )

 

22. ヒルトン 第2四半期決算

721日の時点で、世界中のHiltonのホテルの99%が営業しており、稼働率(OCC)とADRが上昇しているため、2021年の第2四半期のシステム全体のRevPAR2020年の同時期と比較して230%以上増加している。2021年第2四半期の純利益は12,800万ドル、調整後EBITDA4億ドルだが、2020年の同時期の純利益損失 43,200万ドル、調整後EBITDA 5,100万ドルであった。HiltonCEO Chris Nassettaは、最新の決算を発表した声明の中で、「予防接種の普及と旅行の緩和およびその他の制限の解除により、家族は長期の旅行に乗り出し、企業は再び出張の予定を立てることで、旅行と観光への新たな関心が生まれた。特にコロナウイルスの亜種を取り巻く不確実性により回復のペースは地域によって異なるが、レジャー需要の継続的な強さと出張のさらなる上昇により、今年の後半に継続的な復活促進が予想される。また、当社の新規開発についてはますます楽観的であり、通年の純ユニット成長率は5%から5.5%の間になると予想されている」と述べている。

2021年の第2四半期に、Hiltonは合計19,800室を超える119の新しいホテルをオープンした。同社はまた、四半期中に記録的な量の転換契約(conversion signings)を報告している。630日の時点で、Hiltonの開発パイプラインは、Hiltonが現在既存のホテルを持っていない30の国と地域を含む、115の国と地域全体で401,000室に相当する約2,590のホテルになった。(7/30 https://bit.ly/2TMUBSY )

 

23. トリバゴ、一部地域で需要回復

Trivagoは、多くの市場での封鎖措置の終了に対応して、2021年の第2四半期に収益が急増した。指標は“2019年を大幅に下回る”ままだが、3か月間の宿泊施設メタ検索へのリフェラルの最初の急増により、一部の国では2年前よりも高くなっている。ドイツに本拠を置く同社の第2四半期の総売上高は9,600万ユーロで、業界の多くが停止した昨年の同じ四半期の1,600万ユーロからほぼ500%増加した。資格のある各リフェラルからビジネスが稼ぐ単価は、前年比で0.59ユーロから1.27ユーロに115%増加した。調整後EBITDAは業績の好転の始まりを示し、2020年第2四半期の1,900万ユーロの損失は、今年は400万ユーロの損失に縮小した。Trivagoは、株主への書簡の中で、民間の宿泊施設の選択肢に早くから注目が集まっているにもかかわらず、最近、ホテルは“宿泊施設市場全体の中で比較的高いシェア”を獲得し、「ホテルはキャパシティを迅速に増やし、需要の増加に対応するのに適していると考えているが、パンデミック後、代替宿泊施設が市場シェアを獲得すると予想している。ただし、昨年のデータが示唆するよりも低いシェアで安定する可能性がある」と述べている。同社の主要なリフェラル収益は、オンライン旅行代理店、特にBooking HoldingsExpedia Groupからのものである。2021年の最初の6か月で、Expedia Groupはリフェラルの21%を占めていたが、2020年の同期間は32%となった。Booking Holdings59%で、2020年の40%からシフトした。

Trivagoは、COVID-19のデルタバリアントの出現とその急速な普及により、今後数か月の間にビジネスに困難な環境が生まれると予想する。

同社は「パンデミックはまだ終わっていない。旅行ビジネスはしばらくの間、チャレンジングで不安定なままである可能性がある。しかし、旅行者が大規模に戻ってきて、戦略を実行し続け製品と私たちのマーケティング活動を適応させて、新しい機能を開発できるようになるのを楽しみにしている」述べている。

* 20205月にPhocusWireNew Reality Withシリーズで記録されたTrivago CEO Axel Heferへのインタビューをご覧ください

(7/29 https://bit.ly/3fbeGK4 )

 

24. アマデウス、2Q業績改善

Amadeusによると、2020年の第1四半期よりも航空予約と搭乗客は改善を続けている。今年4月から6月に報告された第2四半期の収益では、今年の第1四半期と比較して12,800万ユーロから62,400万ユーロの増収を記録した。EBITDAは前年同期比75%減の14,500万ユーロで、第1四半期の9,200万ユーロから改善を示した。全体として、Amadeusは四半期で約2,400万ユーロの損失を報告した。これは、第1四半期から約6,000万ユーロの改善である。第2四半期の旅行代理店の航空予約は、2019年から約67%減少して4,700万になり、今年の第1四半期に比べて約12ポイント改善した。2019年と比較すると、ITソリューションの搭乗乗客数はほぼ68%減少したが、2021年第1四半期から3%増加した。

社長兼最高経営責任者(CEO)のLuis Marotoは、収益についてコメントし、6月を「パンデミックが始まって以来最高の業績を上げた月」と説明、「この段階的な回復と並行して、私たちはコスト最適化の取り組みと顧客サポートに引き続き取り組んでいる。今後数か月以内に、予防接種プログラムが進行し続け、旅行制限が解除され、旅行者の感情が改善し続けるにつれて、これは時間の経過とともにより一貫したより強力な回復につながると楽観視している」と語った。IATAの新しい流通能力技術標準NDCが会社にもたらす可能性のある価値についてのアナリストからの質問に答えて、Marotoは、「それが普及していると感じている。私たちは進化に満足しており、これを本当に前進させる能力と技術を持っている」と言う。彼は、NDCが長年市場に出回っているにもかかわらず、普及率はまだ低いが、それが増えると予想していると付け加えた。「時間の経過とともにNDCについて話すことはなくなり、製品の商品化に役立つ新しいテクノロジーが登場する。NDCを可能にするテクノロジーは普及するが、世界中での牽引力と浸透には何年もかかる」と言う。流通部門の収益は、2019年のパンデミック前の数値から66%減少し、ほぼ26,800万ユーロと報告された。2020年第2四半期の流通は、パンデミックの原因として1,600万ユーロの損失を出した。Amadeusは、すべての地域が2021年の第2四半期に航空予約の増加を報告し、北米と西ヨーロッパが最大の改善を示したと述べている。ITソリューションの収益は、2019年の同時期と比較して43%減少して35,700万ユーロになった。 2020年第2四半期と比較して、IT収益はほぼ30%改善した。同社によれば、20216月末現在の財政状態は約34億ユーロである。(7/30 https://bit.ly/3ffTx1s )

 

25. VacasaSPAC上場計画

TPG Pace Groupは、特別目的買収会社(SPAC)との取引を通じて、Vacasaを公開するのを初めて支援する。ティッカーVCSAの下で取引されている上場Vacasaは、IPOの結果として45億ドルの評価があり、48,500万ドルを調達すると予測されている。同社によれば、この動きにより、成長戦略と技術要件に再投資できるようになるという。Vacasaは、米国、カナダ、メキシコ、ベリーズ、コスタリカに拠点を置き、ポートフォリオ内の30,000戸の住宅を通じて年間300万人以上のゲストを処理している。消費者向けのビジネスに加えて、住宅所有者は、AirbnbBooking.comVrboなどの他のプラットフォーム経由の流通にVacasaを使用している。このIPOは、TPGプライベートエクイティハウスの6番目のSPAC形式のリストになる。

Vacasaは、2021年の総予約数が約16億ドル、収益が75,000万ドルに達すると主張する。Silver Lake, Riverwood Capital and Adams Streetを含む同社の既存の投資家は、“株式の100%を継続所有”して同社の88%の所有権を保持すると声明は述べている。創設者で元CEOEric Breonと経営陣は、新しい株主所有構造に含まれる。Breon20202月に取締役会メンバーとして戦略に専念するために会社辞めOpenTableの元CEOであるMatt Robertsに暫定的に交代、その後彼は永久的にポストを確保した。Robertsは「私たちの専用テクノロジーと地元の専門サービスチームとのSPAC統合は、住宅所有者に並外れたケアとより大きな利益をもたらし、一貫した信頼できる体験をゲストに提供し、流通パートナーのために専門的に管理された住宅を大量に提供するのに役立つ」と述べている。Vacasaは今年3月にTurnKeyVacation Rentalsを買収し 、約63,500万ドルの投資資金を調達した。最新の資本注入は、20206月にSilver Lakeから1800万ドルのシリーズDラウンドを介して行われた。(7/30 https://bit.ly/3led8Tr )

 

26. 航空会社、旅客体験向上にテック利用マスト

航空業界にとって、テクノロジーは常に日常業務において主要な役割を果たしてきた。これは、パンデミック時の乗客の安全とセキュリティに関して特に当てはまる。航空会社は、乗客にとって安全で健康的な環境を作り出すために、新しい距離プロトコルと非接触システムを実装した。今日、航空会社は、顧客体験を改善および緩和するために、テクノロジー機能を向上させる多くの行動をとっている。航空会社が一貫して顧客満足度スコアの最下位にランク付けされていることを考えると、これは賢明な動きである。空港に戻る旅客の数が増えるにつれ、パンデミックの前に旅行中にどれほどの摩擦があったかを乗客にすぐに思い出させている。多くの人にとって、空への帰還は、他の苛立たしい経験の中でも、長いフライトの遅延、キャンセル、広範なセキュリティチェック、手荷物の紛失を意味する。旅行者の数が増えるにつれ、航空会社はどのようにテクノロジーを使用して全体的なカスタマージャーニーを改善できるだろうか。航空会社が乗客の体験を向上させるために焦点を当てることができる3つの分野は次のとおりである・・・

速度を上げる

Increasing speed

旅行者の旅のさまざまなチェックポイントを合理化することは、顧客満足度の向上に大いに役立つ。チェックポイントが多すぎることは、旅行者にとって大きな問題だ。航空会社は、エージェントや警備員が搭乗券をスキャンしてIDをチェックし、荷物を降ろしたり、チェックインしたり、国境管理を行ったり、搭乗したりする代わりに、キオスクやスマートデバイスを使用してプロセスを簡素化している。これらの高度なシステムは、荷物タグからID管理まですべてを処理し、カスタマージャーニー全体ではるかに高速な速度を促進する。これらの高度なキオスクは生体認証にも対応しており、モバイルデバイスにシームレスに接続しながら、乗客の顔をIDとして使用できる。これにより、ドキュメントの処理、共有デバイスへのタッチ、またはスタッフとの継続的なやり取りの必要性が大幅に減少する。調査によると、これらのキオスクは搭乗時間を最大30%短縮し、乗客を目的地に出入りさせる速度を上げることができる。

より良いコミュニケーション

Better communications

チケットの購入からゲートの変更まで、最新の運賃とフライトの変更について乗客に通知することが重要である。運賃やスケジュールを調べるとき、顧客は最新の情報にすぐにアクセスできることを望んでいる。最新の航空運賃システムは、航空会社がリアルタイムで価格決定を行うために必要なすべてのデータを提供する。これにより、航空会社は運賃の競争力を維持し、より多くの情報に基づいた購入決定を下すために乗客に最新の価格情報を提供することができる。チケットを入手したら、遅延やフライトの変更について乗客を更新することが優先される。知識のない乗客はすぐに焦り、イライラする可能性がある。空港は、最新の地上から空中への通信プラットフォームを使用して数十のアプリに接続し、乗客にリアルタイムのフライトおよび旅行情報を提供している。

航空会社は、これらのプラットフォームを独自のシステムに統合して、電子メール、テキスト、およびプッシュ通知を乗客にできるだけ早く送信できる。自動化と人工知能により、これらのアプリはより速く、より強力になり、旅行中ずっと乗客に情報を提供し続ける。

荷物の固定

Securing luggage

荷物の紛失のような旅行を台無しにするものは他に何もない。航空レジャー旅行者の増加と空港労働者の大幅な不足により、荷物の紛失に対する懸念が高まっている。乗客が帰宅する場合でも目的地に到着する場合でも、荷物が届かないことは不安や欲求不満の原因となる可能性がある。数十の航空会社が手荷物追跡を導入して、乗客のバッグを紛失する可能性を減らしている。紛失または誤配送した手荷物の大部分はトランスファーバッグが占めているが、航空会社は高度な追跡システムを使用して、便の接続時およびチェックインから到着までの手荷物処理プロセスを改善している。手荷物追跡の次の進化には、手荷物の位置ステータスの更新と、旅行者への手荷物の紛失の通信が含まれる。これは、乗客から非常に期待されている機能だ。航空会社と空港は、増加する乗客数に適応するために取り組んでおり、乗客の旅をスムーズにするためのテクノロジーに多額の投資を行っている。ボトルネックを緩和し、旅行者に情報を提供し、乗客の所持品を保護するために、新しいハイテクイノベーションが展開されている。これは、世界中の乗客に共通する3つのフラストレーションである。高度なテクノロジーにより、より良い旅行者のために空は踊る。(7/30 https://bit.ly/3j7WGRT )

 

27. 726日の週の資金調達記事

·          OTA MisterFly

フランスを拠点とするオンライン旅行代理店であるMisterFlyは、1,000万ユーロの新規資金を調達した。投資はBpifranceFrance Investissment Tourisme 2ファンド(FIT 2)を介して主導し、既存の投資家であるMontefioreIris Capitalも参加した。声明の中で、同社は、この最新のラウンドにより、MisterFlyが調達した資金が2年足らずで2,500万ユーロになり、2016年の会社の立ち上げ以来合計4,000万ユーロになると述べている。さらに、このOTAは、パンデミックから抜け出し、成長するための堅実な財政状態にあると言っている。MisterFlyの社長兼共同創設者であるNicolas Brumelotは、資金調達はその戦略に対する投資家の信頼の表れであると述べている。彼は、同社が旅行の専門家が顧客のために旅行を検索して予約するのを支援する革新の最前線にあり続けたいと付け加える。Brumelotは、財政状態を改善した後、調達資金の投資優先事項は予約後のプロセスをさらに自動化することであると述べる。MisterFlyは、既存の製品やサービスを補完するための買収の可能性にも注目している。Bpifranceの観光部門のディレクターであるSerge Mesguichは、投資はFIT 2ファンドの戦略に沿っていると述べている。この基金は、パンデミック後、中小規模の観光組織が立ち直るのを支援することを目的としている。

(7/28 https://bit.ly/2VgUOhy)

 

オンライントラベルIxigo

インドの総務省への提出資料によると、オンライン旅行アプリIxigoは、シンガポールのソブリンウェルスファンドGIC Private Limitedが運営する投資会社であるGamnatが率いる投資家から5,300万ドルを調達した。このラウンドには、Bay Capital Holdings LimitedIE Venture FundIndia Acorn Fund LimitedMalabar India Fund Limitedなども参加している。2007年に設立されたIxigoは、フライト、ホテル、電車、バスの予約を提供するオンライン旅行代理店である。 2月、Ixigo、インドのオンライン列車検索および予約プラットフォームであるConfirmtktを買収した。同社によれば、パンデミックが発生する前は、インドでは毎日2,500万人以上が電車で旅行し、80億ドルの市場になっている。Ixigoの最後の資金調達ラウンドは、2017年にSequoia Capital IndiaFosun RZ Capitalからの1,500万ドルのシリーズBであった。

同社の他の買収は、2015年のRutogo 2017年のReachの非公開の料金での買収である(7/29 https://bit.ly/3zXE3H8)

 

·          複数日パッケージツアー Exoticca

複数日にわたるパッケージツアーのスペシャリストであるExoticcaは、シリーズCラウンドで3,000万ドルを調達した。スペインを拠点とする事業への投資は、14WAldea Venturesおよび既存の投資家によりMangrove Capital Partnersが主導した。Exoticcaは、2年前のシリーズBラウンドの1,100ユーロと202010月の500万ユーロの追加投資を含め、現在5,300万ドルを調達している。同社は、目的地の専門家が旅程をまとめたパッケージツアーを50以上の目的地に提供している。同社は、パンデミックが発生したにもかかわらず、無料キャンセル、大幅な割引価格、および旅行期間の延長がすべて貢献し、売上を伸ばすことができたと主張している。最新の投資は、Exoticcaの成長を加速させるために技術と製品開発へ向けられる。同社は、買収による成長も検討するとしている。 

*オランダのPhocuswright Europe 2019で記録された、このプレゼンテーションとVallesへのインタビューをご覧ください。(7/30 https://bit.ly/3lgwFCS)

 

 

+++++

6月4日

九州で大手系列越え初の共同運航

米ユナイテッド航空、超音速機購入へ