海外事情・旅行流通

フォーカスライトJapanでは、PhocusWire Daily (phocuswire.com) 並びにTravel Weekly (travelweekly.com)を含む海外主要旅行業界誌のニュースを意訳して、TD 勉強会(www.e-tdb.com)とトラベルジャーナル(TJ)の隔週コラム「FROM THE WORLD/海外事情」に掲載しています。

 

海外事情 75日号

 

持続可能性が今週号のトピックだ。目次の (TJ) 1. (TJ) 2. 5. 8. 12.4つの記事に加えて社説(目次 21.)がこのテーマに触れている。要すれば、これらの全ての記事は、米国をはじめ一部の国で旅行の回復が始まりつつあるので、その際には持続可能性にもしっかり配慮した旅行のニューノーマルを構築しろと言っている。

パンデミックの後だからこそ、持続可能性イニシャティブを実行する千載一遇のチャンスが到来していると説く。

しかしこれには、持続可能性を実現するためのコストを誰が負担するのか?という難問が常につきまとう。旅行者は、持続可能性の重要性を認識していても、『旅行者の82%は持続可能な旅行が重要であると考えている』(社説)、

いざそのコストを負担させられるとなると・・・ おいそれとは納得してくれないのが現実だと言う。

614日号でも書いた通り、目的地の観光経済を保護し、訪問者(旅行者)の快適なエクスペリエンスを満足させ、質の高い人的交流文化を育み、CO2エミッションなどの環境問題にも対応した国際観光経済協定が必要だ。

 

持続可能性がしっかり配慮されるようになると、そのコストを負担するために航空運賃が上昇、LCCの低運賃ビジネスモデルが影響を受けることになりそうだ。航空への炭素税の導入も検討されている。

フランス政府は、高速鉄道で代替可能となる2.5時間以内の短距離国内航空路線を禁止した。短距離はLCCの主戦場だ。

 

パンデミックが明らかに影響したことの一つに、“非接触テクノロジー”の採用がある。 「9. ホテル支払い、モーニングコールの時」は、多くのホテルがモバイルアプリによるキーレスのチェックイン・チェックアウトや支払いの自動化を促進させて、ゲストにレセプションデスクを素通りさせていると言っている。

この話は、航空会社が、空港のチェックインデスクをKIOSKで代替させている話と何やら似通っている。

空港といえば、「16. 空港、バーチャルキューイングをテスト」の長蛇の列の回避だって、3密回避ための非接触テックと考えて良いだろう。

 

自分は、ラッシュアワーの電車の3密を回避して、タクシーに乗る機会が最近多くなった。 iPhoneにダウンロードしたタクシーアプリGOを使って、家の前まで車を呼んで、目的地に到着したら、このアプリに格納しているクレカで自動引き落としにしてキャッシュの支払い不要で下車できる。すこぶる便利だ。下車した後には即、運転手の評価シートがスマホに送られて来る。当日はもちろん翌日以降の配車(送迎)予約までいとも簡単にできる。まるで運転手付きの自家用車に乗っている気分だ。「ここで乗る」のGPSも正確で、地図にピンを立てた場所にドンピシャで時間通りに迎えに来る。

今では、その他のアプリも取り入れて、外出時にはiPhone一つと小銭を持って、財布を持つのをやめてしまった。スマホがなければ生活ができなくなっている。

バーチャルキューイングは、まだ経験したことがないが、病院の長時間の待ち時間対策にもこのようなアプリを是非とも採用して欲しいものだ。

(編集人)

 

 

目次

1. (TJ) 将来の旅行、目的地マーケティングの進化       閲覧第3位

2. (TJ) 法人旅行の鉄道利用

3. (TJ) 支払いの柔軟性、旅行者の信頼向上させる

   (TJ) = トラベルジャーナル 726日号 参照

4. 新興企業ステージ:Luxury Travel Hackers

5. 法人顧客ホテルレート、2021年末に回復予想

6. Hotelhero創立者退出、Apaleo参加

7. バケーションレンタルで予約時期長期化

8. 旅行業界 持続可能性加速、消費者フォローできる? 閲覧第1

9. ホテル支払い、モーニングコールの時

10. 新興企業の舞台:Travelled

11. 出張者の自信再構築と出張旅行復帰の加速

12. 若年旅行者、包括的ポリシー宿泊施設予約

13. VIDEO:神話か現実か、旅行で何が変わったか?  閲覧第2位

14. LIVE Blog: コロナと旅行業界、影響と回復

15. VIDEO: PCW Europe Summit pitch優勝者、RoomPriceGenie

16. 空港、バーチャルキューイングをテスト

17. InspiratoThayer Venturesと合併、空箱上場

18. ビッグチェア:Dori SteinFornova                 閲覧第5位

19. VIDEO: PCW Europe Launch pitch優勝者、ReTravel

20. B6テックベンチャー、短期賃貸分析Transparent投資

21. 社説:持続可能性努力、今、開始必要

22. 顧客獲得、エクスペリエンス、ロイヤルティの新ルール   閲覧第4

23. 628日の週の資金調達記事

 

4新興企業ステージ:Luxury Travel Hackers

元映画およびテレビプロデューサーのGary Kohnによって設立されたLuxury Travel Hackersは、ユーザーにワンクリックの予約エクスペリエンスを提供したいと考えている。 このスタートアップは、スターウッドホテル&リゾートの元CEOが率いる初期段階の資金調達を開始した。Luxury Travel Hackersは、インフルエンサーが作成したソーシャルメディアとビデオコンテンツを使用してミレニアル世代向けの旅行の推奨事項をまとめ、ソーシャルチャネルを介して旅行を予約できるようにする。LTHは、私たちの業務のさまざまな側面から収益を生み出す旅行予約プラットフォームである。 私たちのMVPminimum viable product)は、フォロワーを顧客に変える予約である。

また、コンテンツとインフルエンサーのフォロワーにプロダクトのライセンスを供与、制作、または紹介する際に、観光局、ホテル、ベンダー、DMC、および大手ブランドから報酬を受け取るコンテンツとインフルエンサーの側面でかなりの収益を生み出している。私たちが構築しているテクノロジーは、ドラッグアンドドロップシステムを通じてシームレスで簡単な予約プロセスを可能にし、顧客がコンテンツの表示に基づいて旅行を構築できるようにする。

すべての旅行者の80%がソーシャルメディアで次の休暇を選択しているとき、彼らは今見た旅行を構築するために複数のWebサイトで平均7.5時間の追加調査を費やしている。私たちはそのプロセスをシームレスかつ高速にしている。また、業界にとって、業界全体のブランド向けにストーリー主導の形式で美しいコンテンツを作成する当社の能力により、より高いコンバージョン率が可能になる。私たちはインフルエンサーにとって非常に大きな問題を解決する。それは、彼らがそれから稼ぐ初期のお金の外に、すでに撮影したコンテンツをどのように収益化し、長期的な受動的収入源を生み出すかである。LTHは、インフルエンサーのコラボレーションとギブアウエイを通じて多くの顧客を獲得する。現在、ソーシャルリーチが30mを超える数百人のインフルエンサーをオンボーディングしているところだが、これはたったの過去数か月間の実績である。世界中に2億人のミレニアル世代が旅行している。米国では6,000万人、ターゲット市場は1,400万人である。LTHは、予約、観光局、ホテル、ベンダー、コンテンツのライセンス、ブランド統合、アフィリエイトマーケティング、およびメンバーシップモデルから収益を上げている。1年後には、テクノロジーの第2バージョンをリリースし、テレビ番組バージョンを販売し、ソーシャルメディア全体で200万人を超えるフォロワーを獲得し、今後の市場に大きな足がかりを築く。(6/28 https://bit.ly/3jozVed )

 

5. 法人顧客ホテルレート、2021年末に回復予想

現在の法人旅行需要は2019年のレベルの約30%であり、1日の平均ホテル料金も低いままだが増加している。Tripbamの第2四半期の市場レポートの数値も、世界市場のホテル料金が前月比で10%上昇しており、その軌道を継続すれば、年末までに2019年のレベルに到達するペースにあることを示している。

Tripbamの創設者兼CEOであるSteve Reynoldsは、木曜日のウェビナーで、旅行バイヤーにとって、「今こそ、交渉して取引を成立させる時だ。さもないと、今年後半に真の挑戦をする可能性がある」、「来年の第1四半期までに、2019年のレートに戻ると思う。いくつかの市場では、2019年よりも高いレートが見られている」と述べている。

Tripbamは、620日のレポートでホテル料金データを取得し、12か月の移動平均を使用した。月次比較では、過去30日間と2019年の同じ期間を使用した。Tripbamは、新しいクライアントを除外し、2019年にシステムにあったクライアントのみを使用して、同様の比較を保証した。レポートデータも、レジャーやグループではなく、企業の一時的な予約のみに基づいている。レポートによると、6月の最高の利用可能なレートは2019年の同時期から29%減少し、予約レートは27%減少したが、それは“急速に変化している。世界の企業の予約率は前月比で8%上昇した。「トレンドラインは急勾配であり、これはレートが上昇していることを意味し、それを減速させるものは何も見えない」、「ホテルの収益管理者は、稼働率(OCC)が高くなっているため、これは料金を維持できると感じていることを示すもう1つの兆候である」とReynoldsは述べた。

レートのボラティリティは、Tripbamの第1四半期のレポートの18%から16%に低下した。過去のボラティリティ平均は10%から12%であり、今年の第4四半期頃に“落ち着く”と予測しているとReynoldsは述べている。以前のTripbamのレポートは、パンデミックの間も旅行を続けた需要の構成に基づいて、法人旅行者がホテルのダウングレードしていることを示唆していたが、その傾向は第2四半期に変化し始めた。Reynoldsは、「1月から2.5つ星と3つ星の市場が落ち込み、4つ星と5つ星の[予約]が回復する傾向が見られる」と述べた。

今後の提案依頼書(RFP)のシーズンはどのようになるかを尋ねられたとき、Reynolds2019年のような状況を予測した。「何故ならば、ホテル経営者は取引の交渉意欲が高いためである。彼らはこれらの2019年の割引を開始して、今年の後半には[買い手に]この価値を提供する。2022年にはそれはかなりの価値となるだろう」と言う。同社は7月にエアソリューションへの拡張のベータテストを開始する予定であると、Tripbamのエアソリューション担当副社長であるTim Nicholsは述べている。Nicholsは、「私たちはエアーのカテゴリーに参入することに興奮している」と述べ、Tripbamは年末までにエアーの再ショッピング、監査、ベンチマーク(reshopping, auditing, and benchmarking )を提供する予定であり「ソーシングは2022年に行われる」と付け加えた。

完全なTripbamレポートはhttps://bit.ly/3h4JnCdからダウンロードできる。

*この記事はもともとBusiness Travel Newsに掲載された。(6/28 https://bit.ly/3x83dBZ )

 

6. Hotelhero創立者退出、Apaleo参加

ホテルのソフトウェアレビューおよび推奨プラットフォームHotelheroは、創設チームがホスピタリティテクノロジーのスペシャリストであるApaleo加わったことで業務の縮小を開始する。今年の4月にシリーズAの資金で450万ユーロを調達したApaleoは、Hotelheroのテクノロジー、経験、ネットワークを使用して、アプリストアを活性化し、プラットフォーム全体を強化する。

Hotelheroは、ホテルとソフトウェアベンダーの間のギャップを埋めるというビジョンを持って、École Hoteliere de Lausanne3人の卒業生(Julien Schmit, Thibault Gence, Florian Montag)によって2017年に設立された。ホテル経営者は、そのプラットフォームを通じて、市場シェアデータ、独自のプロパティ特性、およびユーザーが生成したレビューに基づいたレコメンデーションエンジンを介して、ソフトウェアを発見および選択できる。「今日でも、ホテルの最大のハードルは、データの標準化が欠如し、統合機能が制限されているため、シームレスに統合されたアプリケーションがないことである。Apaleoは、オープンプラットフォームとAPIファーストのアプローチでこれを変えるユニークな立場にあると信じている」とMontagは言う。Apaleoは、100%オープンAPIに基づく唯一のクラウドプラットフォームであり、どのアプリプロバイダーも1つのエコシステムに簡単に接続できると主張している。

同社によれば、ホテル経営者は、オペレーションを自動化し、ゲストジャーニーを合理化するための柔軟なデジタルプラットフォームの必要性を認識しているため、パンデミック全体で顧客ベースが300%増加した。Hotelheroの共同創設者兼COOであるThibault Genceは、「Apaleoのアプリエコシステムをさらに発展させ、あらゆる種類の宿泊施設プロバイダーのニーズに応える最初の真のプラグアンドプレイアプリストアを構築する予定である」と述べている。この協定は71日に発効する。(6/29 https://bit.ly/3dpk3V60 )

 

7. バケーションレンタルで予約時期長期化

予約からチェックインまでの期間は、パンデミックに見舞われた2020年と比較して、2021年の最初の3か月で劇的に増加した。民間の宿泊施設のスペシャリストであるVacasaデータによると、予約期間の中央値が2020年の2030日から今年の第1四半期の3540日にシフトしている。これは、2019年よりも10日間の延長であるとVacasaは言う。この延長は、COVID-19のロックアウト制限が緩和されるにつれて、旅行者がより長期的な計画を立てることに慣れてきていることを示している。Vacasa2021年のバケーションレンタル検索レポート では、20204月から20213月までの間に顧客の49%が1泊あたり50ドルから249ドルの範囲で物件を検索し、消費習慣が変化したことが判明した(過去12か月間の57%と比較して)。250ドルから499ドルの価格帯では、6パーセントポイント増加して39%になった。ハイエンドプロパティの検索は、2つの時間枠の間で横ばいのままである。Vacasaによると、平均滞在期間は2020年より5%長くなり、滞在期間は、2泊で21%、4泊で17%、7泊で15%、一晩で3%に比較して3泊が最も人気のあるオプションである。

ベッドルームが2つある物件(家族、友人の小グループなど向き)は、他のどのタイプの物件よりも多く検索されており、3ベッドルームを23%、1ベッドルームを15%上回る。それでも、大人2人での旅行はかなりの旅行距離で最も人気があるが、大人7人以上での滞在は2番目に人気のある旅行(20%)であるとVacasaのデータは示している。米国を拠点とする同社は、メインサイトへのトラフィックレベルが前年比で116%増加し、サイトでの検索数が235%増加したと主張している。(6/29 https://bit.ly/3yoGqST )

 

8. 旅行業界持続可能性加速、消費者フォローできる?

昨年の旅行業界の予期せぬかつ前例のない減速(多くの場合は閉鎖)は、パンデミックによって引き起こされた反省と革新のための時間と相まって、このトピックにまつわる既存の最悪の事態(perfect storm)の勢いによって持たされた効果によって、持続可能性の分野における一部の利害関係者による活動の加速に拍車をかけた。ここ数週間、CWTアコーシンガポール航空イントレピッドトラベルなどのブランドから、炭素排出量の削減、自然保護の支援、地域社会への利益などに関する新しいイニシアチブについての発表が殺到している。持続可能性に関して行動を起こす最新のブランドはTourRadar、本日、専用ページとフィルターを含む新しいツールスイートをリリースする。これは、お客様が持続可能性を組み込んだツアーを見つけるのに役立つ。たとえば、地元で所有されているツアーや、コミュニティ開発や環境プロジェクトをサポートするツアーなどである。同社は現在、CHOOOSEと提携してカーボンオフセット計算機と貢献ウィジェットを表示し、持続可能な旅行に関するより多くのコンテンツを提供している。TourRadarは、観光のより持続可能な未来を創造するために6つの非政府組織の共同作業で昨年立ち上げられたFuture of Tourism Coalitionにも参加している。この連合の創設組織の1つであるTravel FoundationCEOであるJeremy Sampsonは、11月にグラスゴーで開催されたCOP 26として知られている国連気候変動会議に一部関連して、今後数か月以内にさらに多くの旅行会社が気候変動やその他の持続可能性の問題に取り組む計画を発表すると予想している。「私たちは観光セクターがこのようなイベントでこれまでにない最大の存在になるため準備している」とSampsonは言う。今年の夏の終わりに、Travel Foundationは、国連WTO、国連Environment ProgrammeVisitScotlandTourism Declaresと協力して、間もなくリリースされる「Glasgow Declaration」への署名者を求め、「旅行と観光を横断して、気候変動対策を加速し・・・共有されたメッセージと行動のための具体的進路を中心にセクターを統合することを目標とする緊急性の意識の高まり」を呼びかける。

消費者心理=行動?

Consumer sentiment = action?

最近の調査は、旅行が再開するにつれて、消費者は持続可能性に取り組んでいる目的地とサプライヤーを選択しようとしているという考えを支持していることを明らかにしている。Booking.comSustainable Travel Report 2021は、30ヶ国の30,000人の調査に基づいており、 46%が、パンデミックにより、将来、より持続可能な旅行を望んでいると述べている。しかし、Sampsonは、「現在、旅行があまり行われていないため、意識が本当に行動につながるかどうかを理解するのは難しい」と述べている。今のところ、コミュニティや環境への関心が実際に消費者の将来の旅行の決定に影響を与えるという想定の下で、ますます多くのブランドが運営されている。 TourRadarCEOであるTravis Pittmanは、彼と彼の同僚が過去15か月を振り返り、顧客を調査し、業界を調査したところ、会社は「事業の再構築を開始するにつれて、より良い方向に変化する」必要があることが明らかになり、これらの新しいツールとコンテンツの立ち上げたと語る。しかし、彼はまた、持続可能性に関する消費者の意識が旅費の支出の観点から解釈できるほど強いかどうかという問題があることも認めている。

「持続可能性の側面に本当に傾倒している事業者もいるので、彼らの旅行はおそらくもっと高価となる・・・だから、消費者が、彼らの核となる信念に本当に共鳴し、多分少しの保険料を払っても構わないと思っているかどうかを見るのは興味深い」と彼は言う。 同社の新しいカーボンオフセットの機会は、この問題に費やす消費者の意欲を明確に示す。ツアーを予約した後、ユーザーは旅行の詳細(フライト、旅行の長さ、宿泊施設、地上輸送)を計算機にプラグインしてその旅行を相殺するためのコスト決定できる。そうすることを望む人々は、カンボジア、ケニア、ペルーで、自然と野生生物を支援する3つの炭素緩和プロジェクトの1つに資金を提供することができる。 Pittmanによると、同社はユーザーの行動を分析して、ユーザーの関心のレベルとフィルターの使用法をよりよく理解し、持続可能な旅行の機会を明らかにする予定である。 

収益への影響

Bottom line impact

今月初め、オーストラリアを拠点とするツアーオペレーターであり、「社会的および環境的パフォーマンス」に基づく指定であるB Corporationとして認定された最大の旅行会社であるIntrepid Travelは、MEET Networkとのパートナーシップを発表し、クロアチアとクレタ島でその組織のエコツーリズムエクスペリエンスをもたらした。これらの地域でのIntrepidのツアーのいくつかに、まもなく追加の場所でMEETエクスペリエンスを追加する計画がある。Intrepid TravelのマネージングディレクターであるEMEAZina Bencheikhは、旅行業界のすべての部門が地球を保護する責任を負うことが重要であると述べている。「業界の利害関係者がソリューションの一部に加わるほど、持続可能またはほとんど持続可能であるオプションを顧客に提示できるようになる」、「そして、私たち[Intrepid Travel]32年間取り組んできたニッチ(持続可能な旅行、没入型エクスペリエンス、地元のエクスペリエンス)では、特に過去45年間で、他の業界よりも指数関数的かつはるかに速く成長して来た。 実際、責任ある旅行とビジネスの目的の側面に投資すればするほど、私たちは成長していると信じている。これは、このタイプの旅行に対する需要と必要性が高まっていることを明確に示している」とBenchiekhは言う。

Pittmanによると、TourRadarが協力している2,500のツアープロバイダーは「非常に順応性があり」、顧客の関心に基づいて変更を加える用意があるため、彼のような企業が小規模なサプライヤーに何が起こっているかを教育し、このスペースでそして消費者に彼らの努力を表面化するために行動を起こしているので、持続可能性イニシアチブが進展することを期待している。Benchiekhは、クレタ島やクロアチアなどの場所で地方自治体と提携し、ガイドやホストを訓練し、地元の専門知識に基づいて旅程を作成するMEET NetworkとのIntrepidの取り組みは、このタイプの必要なパートナーシップの例であると述べている。「私たちは、企業として、または民間部門として、観光業が地球にもたらす問題を自分たちで解決することはできない。私たちは常に、民間、公的、非営利のコラボレーションが重要であり、はるかに大きな違いを生むと信じている。誰もが果たすべき役割がある」と彼女は言う。Sampsonは、業界の利害関係者に、その役割には2つの部分があることを理解してもらいたいと述べている。1つは旅行会社がより持続可能に運営するためにビジネス内で実行できるアクション、もう1つは他の企業に影響を与えるために実行できるアクションである。「私は目的地自体と緊密に連携しているか?サプライヤーと関わっているか?旅行者と直接コミュニケーションを取っているか?そして、変化に影響を与えることができるように、これらの各接続ポイント内で私たちが果たす役割は何か?」、「それがエコシステムであり、私たちが達成しようとしていることに関して良好な整合性があるというこの考え方があればあるほど、システムレベルで実際に何かを達成できるようになる」と彼は言う。(6/29 https://bit.ly/3AftPTr )

 

9. ホテル支払い、モーニングコールの時

ホテル経営者は、最近、旅行者がホテルを予約し、支払い、そして最終的に訪問する方法に大きな変化(sea change)を経験した可能性が非常に高い。

パンデミックにより、非接触型支払いの需要が加速している。モバイルチェックアウト、キーレスエントリ、自動化などのインタラクションは2019年以前に人気が高まっていたが、タッチレスの価値は現在ほど明確ではなかった。ここで注意すべき重要な点は、これらの傾向の少なくとも一部は永続的である可能性が高いということである。パンデミックまたはパンデミックなしであっても、これらのテクノロジーと柔軟なサービスは、ホテルエクスペリエンスを向上させ、バリューチェーン全体でこれらの機能強化を採用するホテル経営者に機会をもたらす。

将来予想される物事

A taste of things to come

成長するトレンドや新しい顧客の期待が出現したときにそれをうまく特定できるホテル経営者は、これらの機会を最大限に活用するための能力が整っている。

以下では、明日のホテルエクスペリエンスに影響を与える現在のトレンドのいくつかを探る。

(1). ハンズフリーホテル

   Hands-free hotels

ホテルは、滞在の重要なポイントで対面でのやり取りが必要になっている通り、歴史的にマルチタッチ環境である。しかし、ますます、旅行者は彼らの訪問に対するより多くのコントロールを要求し、(少なくとも一時的に)不必要な接触を回避するものは言うまでもなく、個人的なエクスペリエンスを期待するようになりつつある。専用のモバイルアプリケーションは、ゲスト(宿泊客)とホテル経営者の両方にさまざまなメリットを提供できる。これらのデジタルタッチポイントを使用すると、ゲストはデスクに行かなくても、条件に応じてホテルと直接やり取りできる。ゲストは、デスクでのチェックインをスキップして、自分の部屋に直接進み、携帯電話を使用してドアのロックを解除し、さらにはすべてアプリから補助的な購入を行うことができる。チェックアウトと支払いはアプリからも行うことができる。これも、出発前にフロントデスクに行く手間を省くことができる。すべての支払いは、指紋または笑顔で承認された1つ以上の保存された支払いの詳細を使用して行うことができる。「非接触型」を採用したアプリは、補助サービスのアップセル、すべての重要な顧客分析の収集、ロイヤルティスキームの提供、ターゲットを絞ったプロモーションの送信を検討しているホテルに、追加の支出と繰り返しの訪問を促す大きな機会を提供する。これらのアプリはまた、スタッフの貴重な時間を解放し、技術に精通していないゲストや「人間の経験」を好むゲストに集中できるようにする。ただし、必ずしもそれだけではない。TechnologySolution Consulting CompanyAltexSoftは、アプリのインストールとサインアップは依然として追加の摩擦として認識される可能性があるとアドバイスしている。「アプリをインストールせずに非接触型支払いを実現する1つの方法は、プログレッシブウェブアプリ(PWA)を使用することである。これらのアプリケーションは、ネイティブモバイルアプリと同じように見え、動作するWebサイトであるが、標準のモバイルブラウザーから起動される」とAltexSoftの旅行テクノロジープラクティスリーダーであるAndrey Chebotarovは述べている。

今日の非接触型支払いは明らかに優先事項であるが、モバイルアプリケーションやその他の非接触型テクノロジーは、将来のシームレスなホテルエクスペリエンスに大きく貢献する可能性がある。キューイングの削減、顧客分析の改善、ゲストサービスへのアクセスの向上の可能性があるため、非接触型支払いの現在の傾向は、顧客エンゲージメントに関して新たな期待につながると予想している。これはもう1つの「新しい常識(new normal)」である。

(2). 柔軟性と新しい旅行モデル

   Flexibility and new travel models

かつては旅行者にとって便利だった柔軟な予約が、今では必要不可欠である。ローリングロックダウン、旅行制限、および厳格な新しいガイドラインにより、予約のアベイラビリティに深刻な不確実性が生じている。比較的短期間の通知で予約をキャンセル、再スケジュール、または移動する必要がある旅行者に対応できないホテルは、リスクを背負うが、柔軟性を提供するホテルは非常に重要なセーフティネットを提供する。「Flexcations」(柔軟な休暇)と「bleisure」(出張を個人的な日にも延長する)、これらの流行語、またはパンデミックによって加速された別の新たな傾向なのか?あなたがこれらのかばん語(portmanteaus)のファンであるかどうかにかかわらず、これらの2つの予約モデルは、最近の旅行の状態が旅行者の行動にどのように影響したかを強調している。予約から旅行日までの時間は、パンデミック前と比較して平均してはるかに短い。旅行日の数ヶ月前の予約に関連する現在のリスクは、旅行することが不可能となり、個人的な費用と失望を招く場合がある。ほんの数日前に予約(間際予約)することで、このリスクは大幅に最小限に抑えられる。ビジネスとレジャーを1つの旅行にまとめることで、旅行者の個人的なリスクも最小限に抑えられる。支払いプロセスを正しく行うことは非常に重要である。絶えず変化する旅程やこれらの「ブレイジャー」旅行の支払いをするのは簡単ではない。予約と支払いのエクスペリエンス、およびそれをバックアップするサポート機能は、複数の支払い方法をサポートできるように調整する必要がある。また、変更、キャンセル、払い戻しなどのサービスの例外に取り組む必要がある。

(3). 不正防止の未来

   The future of fraud prevention

アプリやその他のデジタル購入によるモバイルチェックインとチェックアウトの人気が高まるにつれ、他に選択の余地がないので、オンライン支払いトランザクションのシェアも高まる。そこで、ホテルがオンラインセキュリティ対策を調整して、不正のリスクを最小限に抑えることが重要となる。効率的な不正スクリーニングツールは、既存予約に対する不正の試みをかわすことができる。直接オンライン支払いに移行すると、ホテルは、すべての支払いトランザクションをカード所有者が認証する必要がある欧州支払いサービス指令2PSD2)などの新しい規制に準拠しやすくなる。これは、ホテルが旅行代理店や他の旅行代理店から受け取ったカードの詳細を使用している取引では不可能だ。モバイルチェックインとモバイルチェックアウトを有効にすると、ホテルで支払いカードの詳細を保存する必要がなくなるため、PCI-DSSの負担を軽減することもできる。

PCI DSSは、 クレジットカード情報および取り引き情報を保護するために200412月、JCBAmerican ExpressDiscover・マスターカード・VISAの国際ペイメントブランド5社が共同で策定した、クレジット業界におけるグローバルセキュリティ基準である。Wikipedia

 

(4). 優れた支払いエクスペリエンス、または最も費用効果の高い支払いワークフロー?なぜ両方ではない?

   Excellent payment experience, or most cost-effective payment workflows? Why not both?

支払いプロセスは、ホテルエクスペリエンスの基本的な部分である。しかし、ほとんどのホテルが支払いフローを個別に管理しているため、ユーザーエクスペリエンスは一貫性から程遠くシームレスではない。大規模なホテルチェーンでさえ、ブランド化されたアプリ全体で一貫した支払いエクスペリエンスを実装するのに苦労している。これまでのところ、さまざまなフランチャイズおよび所有権モデル(ownership models)により、一元化された支払いモデルの実装が困難になっている。ただし、一元化されたホテルの支払い構造は、ホテルのブランドや個々のホテルにさまざまなコストと時間の節約のメリットを提供すると同時に、ゲストに優れた総合的な支払いエクスペリエンスを提供することができる。ブランドと個々のプロパティについて、支払い処理要件を一元化することで、ホテルの拠点ではなく、ゲストの出身地に基づいて支払いエクスペリエンスを調整できる。さらに、トランザクションのコストの削減、および調整とカスタマーサポートのコストの削減を促進する。海外からのゲストの場合、これにより、ブランドは、外国為替レートのマークアップを含め、ゲストの現地通貨建による滞在の価格を設定できる。これは、新しい収益機会となる。

このモデルは、OTAの運用方法と同様に機能し、顧客への支払いを容易にし、可能なすべての形式の支払いを提供し、資金をプロパティに転送する。

一部のB2B予約では、マーチャントモデルが採用されている。つまり、マーチャントレコードは、ホテルに資金を返還する必要があるディストリビューターである。ほとんどのホテルはまだこれらの支払いを手動で処理している。グローバルホテル経営者コミュニティであるHEDNAの支払いワーキンググループは、チャネルマネージャーの仕事と同じように機能する支払いの切り替えシステムを作成することを提案している。個々のホテルの場合、ここでのメリットは大幅なコスト削減という形でもたらされる。取引を処理するためにブランドまたは仲介業者によって料金が請求される場合があるが、これは、個々のアクワイアラァと支払いエコシステムの置き換えに関連する節約、および顧客サポートと財務調整のためにそれに関連する労働力の削減によって大幅に相殺される。

そして最後に、ブランドとそのホテルは、ゲストにシームレスな支払いエクスペリエンスを提供できる。世界規模で同じサービスを受け、使い慣れた標準化された支払いフローをエクスペリエンスし、希望する方法で、現地通貨で、希望する(保存された)支払い方法で支払うように促されることで、繰り返し予約が促進され、ロイヤルティが生まれる。

これらの傾向の長期的な影響は何か?

What’ the long-term impact of these trends?

最終的に、ホテルの支払いの未来は、顧客中心の経験によって推進される。

ただし、これを実現するには、ホテルが支払いを受け取り、管理する方法を根本的に変える必要がある。つまり、ホテルをプロパティレベルで管理する方法から、より中心的なブランドベースの支払い設定に変更する必要がある。 これは、見返りとして、プロパティレベルでの最適化と節約を促進する。ホテル業界はこの変化の準備ができているか?モーニングコール(警鐘)の時間なのか?誰が最初に動くか?(6/29 https://bit.ly/3qB9Ji4 )

 

10. 新興企業の舞台:Travelled

ホテルの宿泊客の約90%は初めての宿泊客である。つまり、ホテルは誰が宿泊しているのか、宿泊客のニーズや要望は何かを知らない。Travlledは、ゲストデータの問題を解決するためのプラットフォームである。ゲストが独自の好みのプロファイルを作成してホテルと事前に共有できるようにすることで、Travelledは形成を逆転させ、データに関する責任と明確さを旅行者に戻す。

ホテルは、独自のダッシュボードを介してこれらのプロファイルにアクセスし、すべての人の情報に関する詳細な概要を取得できる。Travlledを使用すると、幅広いセグメントの利用の代わりに、リピーターやポイントを集めているゲストだけでなく、すべての単一の旅行者に非常にユニークでパーソナライズされたエクスペリエンスを大規模に作成できる。

Travelledは、ゲストとホテルの両方の当事者を支援している。Travelledのソリューションを使用すると、旅行に価値を付加し、旅行を深く個人的なエクスペリエンスにすることができる。他のプロバイダーと比較して、ゲストはTravelledのソリューションの中核であり、どの情報を共有するか、どの情報を非公開にするかを積極的に決定できる。ゲストの関与により、ホテルはシステム内の重複、データプライバシー、または古いデータについて心配する必要がなくなった。ゲストはプロファイルを一度作成すれば、すべてのパートナーホテルと簡単に共有できる。プライバシーは私たちのビジネスにおいて重要な役割を果たす。そのため、ゲストは積極的に同意し、それぞれのホテルとプロフィールを共有する必要がある。これはいつでも元に戻すことができ、プロファイル自体は必要に応じて変更、更新、または削除できる。ホテルにとって、ゲストの好みやニーズなどを知り、それを使って作業することは、ゲストの満足度だけでなく、アップセルやクロスセルの可能性を高め、日常業務の作業プロセスを最適化するという大きな利点をもたらす。Travelledのプラットフォームでは、ゲストとホテル以外の誰もが好みのプロファイルにアクセスできない。現在、プロファイル共有のプロセスを簡素化するために、PMSシステムへの統合の構築に取り組んでいる。ホテルからのフィードバックが十分にある場合は、機能とオプションを調整したバージョン2の改訂版を公開する。現在、料金モデルはシンプルで、ホテルの月額固定料金が含まれている。 ゲストの場合、このサービスは無料となる。マイルストーンを達成した後、プロファイルと予約履歴に基づいて、ハイパーパーソナライズされたアップセルおよびクロスセルのオファーを作成してゲストに送信する可能性を追加する予定である。このため、プラットフォームを介して行われた予約には少額の手数料がかかる。特定のマイルストーンを達成した後に提供される、より多くのサービスとアドオンがすでに計画されている。(6/29 https://bit.ly/3AgGQfH )

 

11. 出張者の自信再構築と法人旅行復帰の加速

COVID-19ワクチンの展開が進み、世界経済が再開するにつれて、出張は回復し始めている。すべての地域とセクターの旅行マネージャーは、当然のことながら、旅行プログラムを再燃させ、会社を軌道に戻すことに熱心である。しかし闇雲に突進する前に、彼らは当然立ち止まり、一歩後退し、現在は大きく異なる状況に照らして出張戦略を見直している。パンデミック前の「従業員の自信」が、旅行マネージャーの懸念事項のリストに掲載されることは今までめったに無かった。今日、それは彼らの最も重要で最も差し迫ったものの1つとなっている。 Expediaの調査によると、旅行者の37%が、仕事で出張するという考えに「懸念」を感じている。彼らの緊張は、衛生、安全、国内でのガイダンスや制限の変更など、さまざまな基準に基づいている。それでは、トラベルマネージャーが、出張者を、自信を持って出張できるようにするために実行できる最も重要な手順は何か。

明確で明確なガイダンス

Clear, unambiguous guidance

トラベルマネージャーは、旅行への復帰を計画する際に、難しい質問の長いリストに熱心に取り組んでいる。進行中のパンデミックに照らして、どの旅行が正当化されるか?どのグループの従業員が出張する必要があるか?彼らはどのような特別な予防策を講じる必要があるか?どの国に旅行し、どの国を避けるべきか?Consultancy Festive Roadは最近、トラベルマネージャーの意思決定を支援するために、優れた寛容で目的のある旅行フレームワークを立ち上げた。ここで正しい選択を行うことは明らかに重要であるが、組織の他の部分のためにそれらが明確な一連のガイドラインにまとめられるようにすることは、間違いなくさらに重要である。あいまいさと混乱は不安と心配を生み出し、これは従業員の出張意欲に悪影響を及ぼす。ガイドラインは一貫性があり、効果的に伝達され、頻繁に繰り返される必要がある。たとえば、今後数か月の間に、組織が、従業員が訪問を許可される厳密に定義された一連の目的地に同意し、共有し、定期的に更新すること、および旅行者をそれらのガードレール内に保つように予約ツールを構成することが重要になる。会社が下している決定の背後にある理論的根拠も、明確かつ透過的に明確にされなければならない。別のオフィスが禁止されているのに、なぜあるオフィスが出張できるのか?マーケティングではなく、営業チームの健康を危険にさらすことをいとわないのはなぜか?ここでは、データが重要な役割を果たすことができる。たとえば、テクノロジーパートナーからデータを収集して共有することで、同業他社の従業員がどのように、誰が、どこに旅行に戻るかを示すことが、摩擦を減らし、自信を高める効果的な方法となる。

知識は力である

Knowledge is power

ことわざにあるように、備えあれば憂いなし。旅行者の信頼を築くための重要な部分は、今後の旅行のすべての側面に関する正確でタイムリーな情報を旅行者に提供することである。過去12か月で、この問題に対する一連のテクノロジーを活用したソリューションが登場し、トラベルマネージャーとその従業員が予約経路でリアルタイムに旅行情報にアクセスし、国内の制限の変化に遅れないようにすることができるツールを介して情報を活用することで、不確実性を排除し、関連するすべての情報を組織と従業員の信頼できる唯一の情報源に一元化することで、ストレスを軽減し、信頼を築くことができる。

柔軟性が最も重要

Flexibility is paramount

これまで、多くの組織は、コストを厳しく管理するために、従業員がどこにどのように移動するかについて厳しい制限を課して来た。しかし、企業は、従業員が飛行機に戻り、顧客、パートナー、同僚の前に戻ることを奨励するには、より多くの柔軟性が必要であることをすぐに認識している。トラベルマネージャーにとって柔軟性は必ずしも容易ではないが、オンライン予約ツールの助けを借りて、特定の基準を一時的に緩和するポリシー変更を行うことができる。たとえば、我々のポリシーデータによると、かなりの数のトラベルマネージャーが、従業員がキャビンクラスをアップグレードできるようにすることを選択した。これにより、社会的距離を縮めることができる。また、出張の予定日の間際にチケットを予約して、 COVID-19によって必要とされる土壇場での意思決定を可能にしている。要約すると、対面でのやり取りは、ビジネスプランを加速し、人間関係を改善し、従業員の成長を促進するのに役立つが、パンデミックにより、一部の従業員は飛行機に戻ることを躊躇している。自信を取り戻し、組織を再び動かすための鍵は、明確で曖昧さを排除したガイダンスを設定し、従業員がリアルタイムの情報にアクセスできるようにし、前例のないレベルの柔軟性を提供することである。

著者: Clayton Nelsonは、Egenciaの戦略および変革担当副社長。

(6/30 https://bit.ly/2UdLx9E )

 

12. 若年旅行者、包括的ポリシー宿泊施設予約

報告書によると、パンデミックの間に考え方が変化し、消費者は価値観に基づく旅行エクスペリエンスを選択する可能性が高くなっている。Expedia Group調査によると、旅行者、特に40歳未満の旅行者は、選択したブランドが社会的良心を持っていることを知りたがっている。調査によると、旅行者のほぼ3分の2が、多様性と包括性に関するポリシーを持つ宿泊施設を予約することをいとわないことが明らかになっている。宿泊施設には、女性や有色人種だけでなく、LGBTQIAコミュニティや障害を持つ人々を歓迎するものも含まれる。報告書は、選択が企業の包括的方針(inclusive policy)によってどの程度影響を受けるかに関しては世代間のギャップがあり、40歳未満の77%が包括的な宿泊施設を予約する可能性が高いのに対し、40歳以上の57%はそうすると付け加えている。Expedia Groupのマーケティングおよびエンゲージメント担当シニアバイスプレジデントであるMelissa Maherは、「昨年の社会的不公正は、公平性とインクルージョンにスポットライトを当て、進行中の言説は、旅行に関する人々の考え、行動、期待を変えた。これまで以上に、人々は旅行を自分の個人的な見解を反映したものと見なしており、彼らは自分たちの予算の枠内で話している」と述べる。この調査はまた、これが世界的な傾向であることを明らかにしており、メキシコの回答者の82%が包括的方針(inclusive policy)のある宿泊施設を選ぶ可能性が高く、ドイツの回答者の71%が同じことを言っている。そして、この包括的政策に基づいて宿泊施設を選択する可能性が高いのは、女性の67%と男性の62%である。Maherはさらに、包括的であるための努力を示し、自分たちを際立たせる可能性が高い企業についても述べている。最近、Expedia GroupOrbitzは、LGBTQIAコミュニティが包括性誓約書にサインアップした宿泊施設にアクセスするのを支援する検索機能を発表した35,000以上の独立したブランドホテルが、性別や性的アイデンティティに基づく差別に反対する誓約書に署名している。この動きはLGBTQIAコミュニティが居心地の良い宿泊施設を見つけるのを支援するためのマイクロサイトの昨年Orbitzの立ち上げに加えて行われた(6/30 https://bit.ly/3dxk6OO )

 

13. VIDEO:神話か現実か、旅行で何が変わったか?

CarTrawlerの最高商務責任者であるAileen McCormackは、旅行業界が過去1年半にわたって耐えて来た、そして耐え続けている変化の波は、「感情的なローラーコースター」のように感じているとしか言いようがないと言っている。

McCormackは、Trivagoマネジングディレクター兼最高経営責任者(CEOAxel Hefer との一緒のPhocuswright Europeのオンラインイベントで、そのような状況がまさにCarTrawlerに当てはまると言う。CarTrawler世界中のパートナーを保有しており、どの市場が開いていて、どの市場が依然として旅行制限に直面しているかをナビゲートするのが特にチャレンジングであると言っている。

あらゆる種類の旅行会社が同様の問題に直面していることに加えて、消費者が家に閉じ込められている間に構築されてきた溜まった需要にどのように対応するかについて取り組んでいる。困難はさておき、旅行の再開(レジャーとビジネスの両方)は避けられない。しかし、今回はどのようになるか?昨年は業界の価値観や規範を変えたか?それとも2019年の状態に戻っていくのか?

「ここでは完全な回復にはほど遠いと言っても過言ではない」とHeferは言い、何十億もの人々がワクチン未接種のままであり、コロナウイルスの新しい亜種が蔓延していると付け加えた。しかし、「私たちはいくつかの浮き沈みを伴って継続的な進歩を見ているが、[進歩は]非常に重要なことである」と語る。

Phocuswrightのリサーチおよび製品戦略担当シニアバイスプレジデントであるCharuta Fadnisとの会話の中で、HeferMcCormackは、出張の性質の変化、持続可能な旅行により多くを費やしたいという消費者の願望、および宿泊施設の見通しについて話し合う。(6/30 https://bit.ly/2TfGDc5 )

 

14. LIVE Blog: コロナと旅行業界、影響と回復

旅行、観光、ホスピタリティ業界は、コロナウイルスCOVID-19の発生の影響で衰退した。各国は依然として致命的なウイルスと積極的に戦っているが、社会や業界もまた、危機からの再建と再出現を目指している。旅行業界の回復プロセスは複雑で時間がかかる。PhocusWireのライブブログについては、以下を参照して欲しい。 これにはNorthstar Travel Group会議 小売旅行 法人旅行)、WebInTravel姉妹ブランドからの独自の広範な報道、記事、解説、および信頼できる報道機関や政府機関/ agency速報からの最新情報が含まれている。

COVID-19に関する重要な詳細のいくつかを次に示す。

  • 182,988,030件以上の症例が確認されている。
  • ほぼ3,962,980人の死者が記録された。
  • 167,572,525を超える症状から「回復」した症例の数。残りはまだ監視中または隔離中である。

さまざまなリソースと他のPhocusWireコンテンツは以下の通り。

  • New Reality With ... ― 旅行、観光、ホスピタリティ業界、さらにはより広いテクノロジーの世界の幹部やソートリーダーへのインタビュー。
  • ホテル予測 ― Phocuswrightとのデータサイエンスチーム LodgIQは、 主要大都市圏の多様渡っホテル関連およびその他のデータの広範な包帯を評価する。
  • InPhocus ― 各エピソードの特別ゲストを含む、PhocusWirePhocuswrightの通常のポッドキャスト。
  • Sounding off ― PhocusWireの毎週の社説。

この記事には、71日更新の24LIVE BLOGが掲載されている。

(7/1 https://bit.ly/3dAGhDz )

 

15. VIDEO: PCW Europe Summit pitch優勝者、RoomPriceGenie

RoomPriceGenieは、価格を自動的に設定できるダイナミックプライス設定ソフトウェアであり、ホテルやサービス付きアパートの収益を1520%増加させるのに役立つ。同社は、収益管理を誰もが利用できるようにするという夢を持って設立された。 技術者でない人でも喜んで使えるように、シンプルである必要があった。 それはどんなサイズのホテルにも十分手頃な価格である必要があった。 そして、最高品質の推奨価格を提供する必要があった。RoomPriceGenieによると、小規模なホテルはシステムにすべてを任せている。 収益管理者は透明性と管理を本当に高く評価している。RoomPriceGenieは、Phocuswright Europe 2021Summit pitchでピープルズチョイスアワードを受賞した。(7/1 https://bit.ly/2TrCba8 )

 

16. 空港、バーチャルキューイングをテスト

テーマパーク愛好家は、近年、バーチャルキューイングに慣れてきた。現在、空港はTSAのセキュリティチェックポイントで使用するための同様のテクノロジーの実験を開始している。バーチャルキューイングの試験は、この夏、シアトルのシータック空港とボストンローガンで進行中である。空港、および試験でそれらと提携しているベンダーは、展開は空港での搭乗者のストレスを軽減することを目的としていると述べている。Covid-19が引き続き懸念されているため、バーチャルキューイングによって混雑を減らすこともできる。また、物理的に列に並んで待機しなくなった搭乗者は、レストランやショップを訪れる時間が増え、空港のコンセッショネアの収益が増加する。

シアトルの試験は5月上旬に始まり、831日まで続く。空港はアラスカ航空の搭乗者にサービスを提供するTSAチェックポイント52回目の試験を実施している。どちらもSEA Spot Saverのマーケティング名で運営されている。

ボストンのバーチャルセキュリティラインのトライアルは4月に始まり、ターミナルBでアメリカン航空の搭乗者を対象にし、これは77日まで続く。

ローガン空港の関係者はパイロットプログラムの進行状況についてコメントを控えたが、バーチャルキューイングテクノロジーパートナーであるAccesso Technology Groupは、ソリューションのユーザーに関する最近の調査で、96%が、バーチャルラインが旅行のストレスを軽減するのに役立ったと述べた。Sea TacのスポークスマンPerry Cooperは、初期の兆候は良好であるが、システムが物理的な列を減らしているかどうかを知るのは時期尚早だと述べた。「夏の間は、その量が増え続けるのを見るだろう」と彼は言った。

Accessoは、バーチャルキューイングでよく知られている。そのソリューションは現在、ほとんどのSix Flagsの施設だけでなく、Legolandの場所やその他のテーマパークでも使用されていると、同社のキューイング製品管理ディレクターであるSebastian Hindsは述べている。

Accessoのテクノロジーを使用することを選択したボストンの搭乗者は、空港の入り口近くにある画面で、携帯電話でQRコードをスキャンする。次に、ユーザーはWebインターフェイスに移動し、そこでセキュリティラインを予約し、列の入り口に現れるまでにどれくらいの時間がかかるかを通知される。その後、ブラウザセッション内のカウントダウンにより、搭乗者は残りの待ち時間を確認でき、列に入る番になると通知される。空港のスタッフは、列の入り口で搭乗者の携帯電話のQRコードをスキャンして予約を確認する。Hindsによると、搭乗者は予約を尊重するために約15分の時間枠がある。Accessoは、同社のQsmartプラットフォームの機能を拡張して事前予約を可能にすることを想定しているため、搭乗者は空港に行く前にチェックポイントの到着時間を設定できる。「待ち行列のない未来、それが私たちの行くところだ」とHindsは語った。

コールセンターのキューイングテクノロジーのリーダーであるVHTも、空港のバーチャルキューイングテクノロジーをQRコードに集中させている。電話でコードをスキャンした後、ユーザーはテキストを介してシステムと通信する。バーチャルラインのステータスを更新するテキストを受信し、テキストを介して追加の更新を要求することもできる。VHTは、6月中旬に事前予約の試行を開始したと語った。これまでのところ、バーチャルキューイングパイロットはTSA PreCheckと統合されていない。つまり、すべてのユーザーは靴を脱いで完全なスクリーニングプロセスを実行する必要がある。TSAはこの話についてコメントすることを拒否した。

 *これはTravel Weeklyに最初に掲載された記事である。(7/1 https://bit.ly/3h8HTa0 )

 

17. InspiratoThayer Venturesと合併、空箱上場

Thayer Venturesは、独占的な旅行クラブサービスであるInspiratoと合併し、特別目的買収会社(SPAC)を介して上場する。IPOの結果としてのInspiratoの推定企業価値は11億ドルになる。同社は、385を超える高級別荘を持ち、500以上のホテルおよびリゾートのパートナーと協力して、同社のメンバーシッププログラムに在庫を提供している。2022年末までに年間約2億ドルの収益を処理する予定である。CEOBrent Handlerは、旅行業界の「デスティネーションクラブ」セクターのパイオニアの1人として多くの人から認められている。

(デスティネーションクラブのコンセプトは、豪華なタイムシェア開発ビジネスのベテランであるRob McGrathPrivate Retreatsを立ち上げた1998年に導入された。それ以来、30以上の企業が、セカンドハウスの所有権のメリットを望んでいる裕福な家族を対象としたクラブを立ち上げたが、毎年休暇をとる場所の柔軟性と選択肢が増えている。 Inspirato with American Expressは、世界最大の目的地クラブです。Wikipedia

 

上級市場の旅行者は、旅行のサービスやその他の贅沢な要素を含むメンバーシッププログラムの下で組織された、リゾート施設の高級個人住宅またはホテルユニットにアクセスできる。彼は2002年に兄のBradExclusive Resortsを立ち上げ、2004年に事業の大部分をAOLSteve Caseに売却した。2009年にその事業を辞めた後、2011年にInspiratoを立ち上げ、新しいバージョンのデスティネーションクラブモデルに着手した。このモデルでは、物件を賃貸し、旅行期間中に旅行者にリースバックする。それ以来、同社は約8,000万ドルの資金を調達し続けている。Inspiratoは、ティッカー「ISPO」を使用してナスダックで取引される予定である。Thayer Venturesの共同CEOであり、Inspiratoの新取締役であるChris Hemmeterは、「Inspiratoは、市場セグメントに焦点を当て、強力な供給集約エンジンとネットワーク効果サブスクリプションビジネスモデルを組み合わせて、旅行スペースに新しいカテゴリーを作成している。この会社は、数十年にわたってラグジュアリーライフスタイルセクターのリーダーであり続けると信じている」と述べている。

Thayerは以前、高級マンションの賃貸サービスであるSonderに投資してきた。

* 20209月のHow I Got hereポッドキャストで記録されたHandlerとのインタビューをチェック欲しい。(7/1 https://bit.ly/3661gtM )

 

18. ビッグチェア:Dori SteinFornova

2010年に設立されたFornovaは、大規模なホテルチェーンや独立系ホテル、レンタカー会社、オンライン旅行代理店の流通、需要創出、収益管理を支援している。同社には10か国に200人のチームメンバーがいる。

Dori Steinは、Fornovaの創設者の1人。 彼は2015年にCEOの役割を引き受け、それ以来すべての資金調達ラウンドを主導してきた。この記事はSteinとのインタビュー記事である。以下の質問のうち一部の回答内容は省略した。

Q. What weaknesses or needs has the pandemic exposed in hospitality? What still needs to be fixed?

Q. Do you expect hotel distribution to change as we come out of the pandemic? Q. Who will be the winners and losers? 

Q. What do you hear from hotels as far as what they would like to see change regarding distribution? Where are their pain points?

Q. ホテルと大手OTAの関係についてどう思うか?また、今後数年間でどのように進化する可能性があるか?

   What are your thoughts about the relationship between hotels and the big OTAs and how that may evolve in the coming years? 

ホテルの流通ソースの組み合わせを見ると、出張、グループ、イベントがパンデミック前のレベルに戻るまでに時間がかかることを考慮すると、直販トラフィックがあまりないホテルは、今すぐこれまで以上にOTAに依存する必要がある。これらのホテルは、ターゲットを絞った需要を獲得するために、OTAが提供するツールをますます使用する必要があると予想される。

3つの変更があると予想している。

·        パンデミック前のレベルに戻っていないホテルの直販チャネルへの投資は、さまざまな理由で減少し続ける。

·        私が前に言ったように、主要なOTAの影響力は拡大し続け、それらはスペースを支配する。

·    ホテルがパンデミック前の状況を把握し始めていた卸売業者やベッドバンクの問題はすべて、復讐をもって戻って来る。 卸売業者を流動的な価格設定に移行した後、ホテルは静的な料金(static rate)に戻っている。

Q. 旅行におけるGoogleの役割についてどのように予測しているか。 そして、それに関してクライアントにどのようにアドバイスするか?

   What is your prediction for Google’s role in travel? And how do you advise clients regarding that?

これは「勝者総取り」の環境だが、それが「すべて」ではない。Googleはすでに旅行検索の大部分を占めており、今後もそうしていく。Googleのような最大のメタサーチサイトが引き続き支配的である一方で、より小さなサイトは縮小し続けるだろう。Fornovaは小売業を基盤としており、GucciWalmartSamsungなどのブランドと引き続き協力している。これらの分野では、すべての価格比較エンジンがGoogle Shoppingによってどのように間引かれたかを経験したが、旅行でも同じことが起こっていることが分かる。

とはいえ、我々はGoogle Connectivityのパートナーであり、ホテルの可視性を最適化するために緊密に協力している。ホテルへのアドバイスは次のとおりである。Googleの無料のトラフィックを取り上げろ。昨年、Googleは、Commissions1滞在あたり)を使用したホテルキャンペーンで最も経済的に有益でリスクのない入札戦略モデルを開始した。これは、Pay Per Stayとも呼ばれ、ゲストの滞在が実際に発生したときにのみホテルが支払う制度だ。ホテルは、少なくともいくつかのプロパティでこれを試す必要がある。

価格は現在の環境で最も重要なパラメータである。ホテルは、常にベストの価格を提供していることを確認しながら、料金の整合性(rate integrity)を保護するためにできる限りのことを行う必要がある。

Q. 代替宿泊施設の供給を増やす必要があると言われている、その需要の一部を取り込むために従来のホテルにどのようにアドバイスするか?

   As we hear about the need for more supply of alternative accommodations, how would you advise traditional hotels to capture some of that demand? 

一部のクライアントはすでに代替宿泊施設を提供している。たとえば、マリオットは別荘を提供している。同様に、私たちは最大のバケーションレンタルブランドと協力しており、彼らはホテルの部屋も提供している。

ホテルは、最近の競合相手の幅を認識している必要がある。近くにある他のホテルだけを監視することはできない。さらに、フィーダー市場も変化している可能性があることを覚えておく必要がある。また、ゲストがどこから来ているのかを監視するときは気を配る必要がある。これは、法人旅行者中心の伝統的ホテルが、現在はレジャー客を引き付けるためにピボットしている場合に特に当てはまる。また、彼らは「ニューノーマル」に照らしてゲストエクスペリエンスを考慮する必要がある。バケーションレンタルに移動する人の中には、ホテルのチェックインプロセスを嫌っている。したがって、1つのオプションは、多くのクライアントが採用している非接触チェックインの導入だ。

プラス面として、ホテルは非常に高い衛生基準を提供することができ、バケーションレンタルはそれを満たすのに苦労する可能性がある。さらに、テクノロジーの使用により、ゲストはホテルのレストランだけでなく、地元の飲食店からも自分の部屋に食べ物を注文しやすくなっている。

Q. 「どこからでも仕事ができる」というコンセプトは、あなたの会社に影響を与えたか?

Has the "work from anywhere" concept impacted your company?

2019年に、ソリューションの販売とトレーニングをオンラインで正常に提供できると言っていたとしたら、何について話しているのかわからないと言われていただろう。しかし、昨年私たちは新しいクライアントに販売、トレーニング、サービスをオンラインで提供することに成功した。問題の単純な事実は、それが機能しているということだ。我々の会社には大陸を移動した営業やトレーニングの担当者がいるが、その理由を尋ねるまでわからなかった。それはシームレスであった。アムステルダムからメキシコに引っ越した従業員と、イスラエルからアルゼンチンに引っ越した従業員がいる。私自身、ロンドンからイスラエルに引っ越して、家族やRDチームに近づいた。しかし、クライアントとチームメンバーがグローバルに関係している限り、彼らがオフラインとオンラインの違いを理解しているとは思えない。

Q. Fornova’s last funding round came in September 2019 - $7 million extension of your Series B – but then a few months later the COVID crisis began. What have been some of the key developments for the company in the last 18 months?

Q. Looking back, is there anything you wish you had done differently as the pandemic began as it relates to your business?

Q. Fornova has now been around for more than a decade. How do you continue to drive innovation?

Q. Fornova acquired HotelsBI in early 2019. Are more acquisitions part of your growth strategy?

Q. What are your priorities for Fornova in the next five years?

Q. What advice do you have for young people just entering the travel industry?

 

19. VIDEO: PCW Europe Launch pitch優勝者、ReTravel

旅行業界向けの自律的なアップセルおよびクロスセルサービスであるReTravel Technologiesは、旅行会社にリテンションマーケティングソリューションを提供する。これにより、予約情報を分析および処理し、カスタマージャーニー全体で旅行者とインテリジェントに通信することで、旅行者の価値を最大化できる。プラットフォームは、ミッドオフィスシステムから既存のAPIソースにリンクして、既存の予約データを取得する。必要に応じて、GDSシステムに直接アクセスすることもできる。セットアッププロセスは摩擦がなく、クライアントの側からの実装を必要としない。セットアップが完了すると、システムは完全に自動化されて実行され、手動で何もインポートする必要はない。また、既存のサプライヤーネットワークに直接リンクする。これにより、ReTravelは、旅行者向けのオファーを調整するために不可欠なリアルタイムのアベイラビリティと価格設定を引き出すことができる。利用可能なオファーには、予約エンジンのディープリンクを介してアクセスするか、予約に関連付けられているアフィリエイトを持つ外部サプライヤーにリンクすることができる。ReTravelは、購入の可能性が高い適切なタイミングで旅行者と交流することにより、リテンションマーケティングを完全に自動化する。

ReTravel Technologiesは、Phocuswright Europe 2021Launchコンペティションでピープルズチョイスアワードを受賞した。(7/2 https://bit.ly/3qGLLlN)

 

20. B6テックベンチャー、短期賃貸分析Transparent投資

JetBlue Airways子会社であるJetBlue Technology Venturesは、短期賃貸業界にマーケットインテリジェンスを提供するTransparentに投資している。投資額は明らかにされていないが、Transparentは、K FundHighgate VenturesKima Venturesなどの以前の投資家たちによって、これまでの総調達資金は280万ドルになると述べている。 2016年に設立されたTransparentのプラットフォームは、価格、占有率、競争などのバケーションレンタル市場の状況に関するデータを集約し、不動産管理者、投資家、オンライン旅行代理店、観光局が情報に基づいた決定を下せるよう支援する。同社は、この資金を使って商業チームを拡大するとしている。JetBlue Technology Venturesの資金調達は、Transparentの「宿泊エクスペリエンスを再考する」という目標と一致し、Transparent JetBlueにこのスタートアップ主導のイノベーションを提供する。

「顧客に短期レンタルオプションを提供することへのJetBlueの関心と、旅行業界の最近の需要の変動性を考えると、正確なデータは健全なビジネス上の意思決定を行うために不可欠である。Transparentへの投資は、短期賃貸市場における貴重な洞察を提供するだけでなく、バケーションレンタル分野の大手スタートアップの1つとのパートナーシップも提供する」とJetBlue Technology Venturesの投資アソシエイトであるRyan Chouは述べている。

Transparentによると、同社のシステムは世界中で3,600万件を超えるリストにインデックスを付け、数百万件の匿名化された予約を集約しているという。クライアントとパートナーには、AmadeusBooking.comFour SeasonsMarriottHopperHawaii Tourism BoardGreater Miami Convention and Visitors Bureauが含まれる。「COVID-19の期間中、予約の25%は短期賃貸で発生し、この形態の宿泊施設への長期的な移行を加速させた。JTVの当社への関心は、バケーションレンタル業界がホテルセクターの影から抜け出し、それ自体が旅行とホスピタリティのエコシステムの主要なプレーヤーとして浮上したことを再確認することである」と、Transparentの共同創設者兼CEOであるPierre Becerrilは述べている。(7/2 https://bit.ly/3he012d)

 

21. 社説:持続可能性努力、今、開始必要

「多くの旅行者は、環境に配慮する方法をどこから始めればよいかを知らない」

Colle McVoyInsightのエグゼクティブディレクターであるKatie AndersonInsightディレクターのAlli Bolgerが、今週のPhocusWireに関する記事で、進化するデスティネーションマーケティングについて引用している言葉である。

しばらくの間、多くの旅行ブランドの議題になっているが、COVID-19の大流行が始まって以来、持続可能性はさらに鋭い焦点に成長した。旅行の拠点が停止し、サービスを提供する顧客が大幅に減少したため、旅行のブランドと目的地は、事業と今後の影響を再考するまれな機会が存在した。そして、本当に、惑星を救おうとすることよりも高貴なことは存在するのか?彼らのすべての努力のために ― そしてYES、持続可能性は確かにエコシステムの多くのプレーヤーにとって積極的な優先事項である ― 持続可能性が本当に意味することとそれが旅行者の行動にどのように変換されるかについては断絶が残っている。

Booking.com2020 Sustainable Travel Insightsレポートが述べているように、旅行者の82%は持続可能な旅行が重要であると考えており、72%は旅行会社が顧客により持続可能な旅行の選択肢を提供すべきだと考えている。

ただし、National Geographicによると、持続可能な旅行が実際に何を意味するのかを十分に理解しているのは成人の15%に過ぎない。消費者が持続可能な旅行の意味を十分に理解し ― 行動の観点から支払いや変更を求められていることを実際的なレベルで理解する前に ― 旅行ブランドはまず、推進しているアジェンダとその理由をより綿密に調べる必要がある。じっくりと注意深く、彼らは今彼らの努力を確立し促進する必要がある。消費者が持続可能性を重要視しているのであれば、その感情を利用するのにこれ以上の時間はない。旅行が急増する中、旅行ブランドは、ビジネスと顧客の両方に対する約束を果たすための重要な機会を逃すリスクがある。緊急に行動しない「いつものビジネス(business as usual)」は、恐ろしく後ろで待ち受けている。(7/2 https://bit.ly/3xgynHk )

 

22. 顧客獲得、エクスペリエンス、ロイヤルティの新ルール

旅行マーケターにとって、2021年の次の数ヶ月は運命を左右する一瞬である。ブランドは、どの消費者がすぐに宿泊旅行を予約する可能性が高いのか、あるいは、飛行機に飛び乗って国を横断したり、海外に行ったりするのか、をナビゲートするため、旅行の準備の状況に基づいてメッセージングをターゲットにすることが重要になる。これまで以上に、旅行マーケターは、個人をターゲットにして、より深いレベルで個人とつながるために、正確で詳細なデータを必要としている。これにより、個人が認識され、聞いてくれて、そして何よりも保護されていると感じることができる。結局のところ、今シーズンは不安が依然として高いが、人々は休暇も必要としている。では、旅行者(熱心で慎重な旅行者)がロックダウンから抜け出すにつれて、顧客獲得、エクスペリエンス、ロイヤルティマーケティング全体でニューノーマルはどのように見えるのだろうか?

顧客獲得

Acquisition

旅行の予約は以前のようには見えない。古き良き旅行の時代では、消費者はハワイの空想を始め、いくつかのホテルを調べ、飛行機を予約して出かけて行く。今、あなたは旅行者の好みを深く掘り下げて、彼らが「滞在を予約する」をクリックするのに十分快適に感じる理由を理解する必要がある。私たちの調査によると、熱心な旅行者(つまり、今年の夏に旅行を計画している旅行者)の29%は、最良の取引をしたいときに旅行サイトを通じて予約する。ホテルや航空会社は、割引を強調して直販する方法を検討する必要がある。同様に、旅行者の15%は、他の人が旅行しているのを見ると旅行を開始すると答えている。つまり、旅行マーケターは、訪問者が目的地やエクスペリエンスを友人や家族と共有するように促すために、より多くの努力を払う必要がある。これは、アイデアや調査を計画するためにソーシャルメディアに目を向ける可能性が平均よりも高い熱心な旅行者にリーチする場合に特に重要だ。さらに、熱心な旅行者と慎重な旅行者(つまり、少なくとも10月まで旅行を待っている旅行者)の両方の21%が、キャンセルポリシーを確認する可能性が高まったと述べている。これは予約の成否である可能性がある。つまり、旅行ブランドは、旅行が保護されていることを顧客が確信できるようにする方法に特別な注意を払う必要がある。

エクスペリエンス

Experience

旅行の予約は最初のステップにすぎない。1年以上家を離れて一夜を過ごしたことがないかもしれない旅行者にとって、彼らが休暇生活に戻ることについて気分を良くするために、エクスペリエンスは一流である必要がある。熱心な旅行者と用心深い旅行者の両方の35%弱が、旅行を予約する主な理由は家族と過ごすことであると述べている。したがって、旅行ブランドは、今すぐ広告の中心に家族と一緒に集まるという考えを置くことに焦点を合わせる必要がある。また、特に旅行者の両方のグループが平均的な旅行者よりも寛容を重視する可能性が高いことを考えると、ブランドは「家族」に関連する全てを彼らのクリエイティブに取り入れる必要がある。さらに、熱心で慎重な旅行者の36%は、旅行の最高の価値として喜びを挙げている。長く厳しい一年を過ごした後、これらの旅行者は楽しみをエクスペリエンスしたいと思っていることを忘れないで欲しい。彼らはリラックスしたいのだ。さらに、熱心な旅行者の37%は、贅沢にもっとお金を払っても構わないと思っている。旅行ブランドは、アップグレードの準備ができている必要がある。

ロイヤリティ

Loyalty

最初の旅行が行われ、その体験はそれほど悪くはなかったので、彼らに次の旅行を予約するように勧める時が来た。各旅行者グループのほぼ半数が1年以上ホテルに滞在しておらず、66%が飛行機に乗っていないことを考えると、ロイヤルティの再構築は、マイルが引き換えられるのを待っていることを思い出させるほど簡単ではないかもしれない。私たちはかつての場所に戻っている。熱心で慎重な旅行者のほぼ4分の1が、フライトを予約する際の最重要事項としてベストの価格を挙げており、40%以上が、ホテル滞在の最重要事項として価格帯を挙げている。言い換えれば、特売(deals)、特売、特売となる。
これらの旅行者を旅に連れ出すには、特売で彼らを誘惑することになる。したがって、旅行ブランドがロイヤルティを考えているときは、「1回滞在、2回滞在、3回目の滞在を無料にする」というオファーを打ち出すことを検討することを勧める。何よりも、旅行ブランドはペースを維持する必要がある。今後数か月以内に、旅行者は飛行機やホテルに殺到するだろう。しかし、彼らが旅を開始する際には、彼らはブランドが彼らの1年間の経験を認め、通常の旅に戻る過程で彼らに対応することを期待している。そのためには、ブランドはキャンペーンを導く洞察を継続的に更新する必要がある。

著者:Ericka Podesta McCoyは、Resonateの最高マーケティング責任者。 

(7/2 https://bit.ly/36arE68 )

 

23. 628日の週の資金調達記事

·        Treebo Hotels

フランスを拠点とするホテル大手のAccorは、インドを拠点とするTreebo Hotels1,600万ドルのシリーズD資金を提供した。既存の投資家であるElevation CapitalMatrix PartnersBertelsmannWard Ferryも投資の一部を分担し、Bennett ColemanCompanyもホテルのフランチャイズと予約プラットフォームのサポートに参加した。Treebo Hotelsの共同創設者であるSidharth Guptaは、同社はAccorとパートナーシップを結んでおり、TreeboHotel SuperheroテクノロジーがAccorの施設で展開されると述べている。

この最新の資金調達は、202010月の600万ドルの注入に加えて行われ、Treeboは、当時、Hotel Superhero SaaSビジネスの構築に向けて進むと述べた。

Treeboは、インド全土に600以上のホテルを持ち、2017年にシリーズCの資金で3.500万ドルを調達した。(7/1 https://bit.ly/3huRTZY)

 

 

+++++

6月4日

九州で大手系列越え初の共同運航

米ユナイテッド航空、超音速機購入へ