海外事情・旅行流通

 

フォーカスライトJapanでは、PhocusWire Daily (phocuswire.com) の毎日のニュース

意訳して、毎週 月曜日更新の「海外事情」に掲載しています。

この「海外事情」は、この他に TD 勉強会( www.e-tdb.com )と、その一部を 

トラベルジャーナル(TJ)の隔週コラム「FROM THE WORLD / 海外事情」にも

掲載しています。 

 

2020年以前の「海外事情」は、TD 勉強会 www.e-tdb.com のアーカイブにて 

ご覧になれます。TD = Travel Distributionの略です。)

 

 

TD海外事情 719

 

7. 航空会社、NDC利用で異なる販売ルート提供」を読むと、欧州と米国で、NDCの進捗状況が異なっていることが分かる。欧州では、LHが早くからGDSサーチャージを導入するなど直販を優先させ、その戦略の一環として、流通チャネルを拡散分散させるためにNDC開発にも積極的であるなど、NDCシンパが多いようだ。

 

GDSサーチャージとNDCは、一見、関係がないように見えるが、サーチャージを導入して直販を増やし、その上にさらにNDC を開発してGDS以外のチャネルを拡大するという、どちらもGDS外し(つまり流通経費削減)という航空会社にとって同じ流通戦略目標を有している。それに対抗してAmadeusは、この航空会社のGDS外しに対抗してNDCアグレゲーターとしての地位を強化している。

 

一方米国では、GDSサーチャージを導入している航空会社は存在しない。DLは、パンデミックに対応してNDC開発を昨年9月に中止してしまった。そして、SabreAirline Storefrontプラットフォーム開発に協力、最近、Sabreとの契約を改定して“価値ベースの流通パートナーシップ”を発表した。

 

628日号「5. DeltaGDSフラットセグメントフィー放棄」が、『71日に発効するDeltaSabreのこの改訂販売契約で、Deltaは航空会社-GDS商用モデル内で標準的なフラットセグメント料金を放棄し、代わりにその予約の価値(航空運賃)に基づいてセイバーに支払う料金を決定する。この動きは、Delta航空がレジャー志向のSabre Red 360と法人旅行志向のGet There予約ツールを通じてDelta Oneビジネスクラスのプレミアム座席や国内ファーストクラスなどすべてのプロダクトを表示する、より良い、より徹底的な仕事をするようにSabreを動機付ける航空会社の試みである。Deltaはまた、AmadeusTravelportGDSにも同じ支払いモデルを実装することについても話し合っている・・・』と伝える。

DLは、NDC開発を断念してしまったのだろうか?この記事からは、そのような印象を受けてしまうのは自分だけなのだろうか・・・?

 

11. 航空カスタマージャーニー、離陸のずっと前に開始」に出てくる“カスタマージャーニー”とは、ウィキペディアによれば、「マーケティング用語であり、商品やサービスの販売促進において、その商品・サービスを購入または利用する人物像を設定し、その行動、思考、感情を分析し、認知から検討、購入・利用へ至るシナリオを時系列で捉える考え方である。カスタマージャーニーを設計するためのツールをカスタマージャーニーマップと言う」と解説する。

・・・ということであれば、旅行のカスタマージャーニーとは、旅行者の “旅の夢想→旅行の調査→旅行の計画→旅行” の予約の段階を意味することになる。Phocuswrightではこのタビマエの各段階を“Travel Funnel”と呼んでいる。

 

何も航空に限ったことではないが、タビマエ→タビナカ→タビアトにおける全てのfrictionspain pointsを除去して、各段階の旅行パーツをシームレスに繋ぎ直すことが旅行会社のマーケティングの要諦となるようだ。だから、トラベルマーケターには、各段階の旅行者の行動データを詳細に分析し、問題点を洗いざらい抽出して、そこからプロダクトの改良改善はもちろんのこと、パーソナルな旅行の提案をできるようすることが求められている。そこでは、(各段階の旅行パーツをシームレスに繋ぎ直すために)、業者間のパートナーシップや提携が今まで以上に重要になってくる。最近の記事に、パートナーシップとか提携の言葉が、やたら多く目につく所以はそこにある。(編集人)

 

 

目次

1. フォーカスライトコンファレンス2021

2. VIDEO: PCW欧州Launchピッチ参加Qtravel

3. 持続可能性トラベルの評価方法

4. VIDEO:目的地の安全な再開ジレンマ                           閲覧第4位

5. VIDEOPCW欧州Summitピッチ参加FlyNow Aviation

6. SITA、持続可能性テック買収

7. 航空会社、NDC利用で異なる販売ルート提供                  閲覧第2

8. VIDEO: PCW欧州Launchピッチ参加Road.Travel

9. トリアドサブスクPlus、初のホテルチェーン契約

10. VIDEO: ホテル直販プッシュ、反対するか賛成するか 閲覧第1位

11. 航空カスタマージャーニー、離陸のずっと前に開始

12. VIDEO: PCW欧州Summitピッチ参加Pace Revenue

13. グーグル、Travel Insightツール新機能

14. エクスペディアGAlice売却

15. 旅行メンターシップ、基本に戻す                       閲覧第5

16. Report:旅行回復、旅行者に影響して活動させる

17. VIDEO: PCW欧州Launchピッチ参加Fornova

18. 旅行保険SetooPatternと合併

19. 社説:COVIDレッスンを忘れるな

20. VIDEO:ある航空会社の過去18ヶ月間とその未来

21. 短期レンタルのハイテックブーム 長続きするか?       閲覧第3

22. 712日の週の資金調達記事

 

 

1. フォーカスライトコンファレンス2021

深呼吸して、その瞬間を楽しんでください。もう一度、旅行会社は再雇用を開始し、売り上げを伸ばし、顧客にサービスを提供している。パンデミックは多くの場所で後退しており、本当になくなることはないかもしれないが、楽観的な見方が存在する。今こそ旅行のルネッサンスであり、より大きなエネルギーと明るい可能性に目覚める時である。これは、同僚、顧客、パートナーと新鮮な視点で交流する時である。私たちがここにたどり着くためにどれほど懸命に努力したかを考えると、この瞬間を正しくすることが不可欠である。改善に向けた大きな一歩は、私たちの失敗と成功を評価することである。修正が必要な壊れたものはあるか?私たちを人質にしている古い習慣はあるか?旅行のルネッサンス:よりスマートに。より大胆に。より良く。これがPhocuswright Conference 2021のテーマである。https://bit.ly/2Vpjkgrでアーリィバード入場料の割引が利用可能です。 (7/12 https://bit.ly/3yRbuus )

 

2. VIDEO: PCW欧州Launchピッチ参加Qtravel

Qtravel.aiは、Travel-search-as-a-Serviceであり、コストを削減して変換するカスタマイズされた高速な検索と発見のエクスペリエンスを簡単に開発できる。

同社は、シンプルかつ強力で、旅行者の自由を制限しない、パーソナライズされた旅行の検索と発見を提供することを目指している。Qtravelを使用すると、旅行者は好きなことを尋ねることができる。彼らにとって、それは自由を意味する。ブランドにとって、それは幸せな顧客、ウェブサイトへのより多くのトラフィック、そしてより高いコンバージョン率を意味する。ポーランドを拠点とする同社の使命は、開発者であっても、サービスを使用する際に簡単なエクスペリエンスを提供することである。

Qtravelは、Phocuswright Europe 2021Launchコンペティションに参加した。

https://bit.ly/3eb8kdn がそのピッチです...(7/12 https://bit.ly/3eafbnf )

 

3. 持続可能性トラベルの評価方法

今日の旅行プログラムの設計、実施、管理を支配する原動力について考えるとき、環境の持続可能性は、ほとんどの人々にとって最初で最大の影響を及ぼす。 

気候が突然流行したわけではなく、世界的パンデミックは、比較的活動が少なく、通常の旅行業務への影響が少ない時期に、業界に一世代に一度の変革の機会をもたらし、適切な量の注意を向けることを促している。 持続可能性に焦点を当てたプログラムを実施することは、今後数十年にわたって将来を見据えた組織に役立つ。環境に重点を置くことには、地球にとって当然明らかなもの以上のいくつかの利点がある。社会に配慮した時代に最も優秀な人材を惹きつけ、維持したいと考えている企業は、自社の持続可能性を無視するわけにはいかない。また、持続可能なサプライチェーンへの積極的な貢献者であることは、潜在的な顧客によっても考慮されるための前提条件になりつつある。CWTは最近、Linkedinのフォロワーを調査して、旅行に関してより持続可能な選択をする準備ができているかどうかを調べた。 その結果、31%が出張を減らす準備ができていることが明らかになった。YouGovの別の世論調査では英国の回答者の34%が、環境の持続可能性が旅行に関する意思決定に影響を与えると考えていると指摘している(前年の30%から増加)。

旅行における持続可能性の必要性についての議論は十分に行われている。しかし、二酸化炭素排出量を最小限に抑えるために取られているすべての重要で信頼できる行動については、成功がどのように見えるか、そしてその成功をどのように測定できるかを自問する必要がある。私たちは前向きな違いを生むためにすべてのことをするが、進歩がどのように見えるかについては何も知っていないのだろうか? 

参加者の3分の1以上が旅行プログラムの炭素削減目標を持っていなかったことを強調した、今年の初めのBTN調査を振り返ると、私たちの多くはまだ暗闇の中で闇雲に射撃している。おそらくこの理由の一部は、何が現実的で達成可能であるか、または成功にどれくらいの時間がかかるかを知らないためだろう。

しかし、持続可能性の目標は非常に重要だ。不完全なターゲットでさえ、まったくないよりはましである。それらは、適切な行動を支え、企業が最終目標に向けて進路を描くのを助けるために、時間とともに進化し、洗練される可能性がある。組織を今後の課題に集中させることになると、具体的な目標を設定していない組織は、勢いをつけるために重要となる長期目標と短期目標を組み合わせて、迅速にそれを行う必要がある。成功の測定自体は複雑である必要はない。Science-based Targets InitiativeSBTi)にサインアップし、Paris Climate Agreementの目標に沿った企業の数は増え続けており、組織が改善の基準を計算できれば、それらのとらえどころのないターゲットを設計する賢明な方法となる。

課題は、そこに到達するために必要なアクションは何か?と言うことになる。 

一般的に採用されている対策の1つは、オフセットである。排出量を削減したり、CO2を吸収して自分の排出量を補ったりするために他の人に金銭で処理するという考えは、根本的な行動の変化を促進しないため欠陥があるようだ。したがって、それだけでは、長期にわたって維持できる持続可能性を提供することはできない。ただし、オフセットは、成功の測定において果たす役割がある。たとえば、標準化されたCO2測定が難しい場合だ。 したがって、排出レベルと炭素強度の低下(carbon intensity reduction)を追跡することによって測定される、全体的な脱炭素化について並行して考える必要がある。 

最近、ほぼすべての業界が強制的な在宅勤務から何らかの形で環境的に恩恵を受けており、これにより“許可される旅行(permissible travel)”の新しい定義が生まれた。 したがって、私たちが孤立から抜け出すときの成功の1つの尺度は、ビジネス活動に付加価値をもたらさない旅行を排除することによる炭素への影響であり、代わりに私たちのお気に入りのオンライン会議ツールに置き換えられるべきである。 ただし、組織への出張と従業員の成功のメリットは疑いの余地がないため、最善の結果は、予算内で可能な限り多くの持続可能性の活動を維持することである。これを可能にするものとして、持続可能な航空燃料の可能性は、私たちの業界にとってエキサイティングなことである。成功の尺度として、これは、旅行活動とそれがもたらすすべての見返りを犠牲にすることなく、前年比での炭素削減を実証する素晴らしい例になり得る。 

では、すべてをまとめた場合、持続可能な旅行プログラムの成功をどのように測定するのだろうか。次の3つのステップに焦点を当てる。

  • 目に見えるCO2削減の目標を設定しコミットする。全体として、1つまたは2つだけにするよりも、幅広いメトリックセットが望ましい。これらには、使用される燃料の量と、炭素強度の全体像を構築するために作成される大量のCO2を含める必要がある。
  • オフセット、SAFsustainable aviation fuel)への投資、不要な旅行の削減、およびそれらの旅行のための環境に配慮した選択を組み合わせて、CO2管理イニシアチブの幅広いスイートを実装する。 
  • 成功の第3の基本は報告(reporting)である。これは、進捗状況を追跡し、意思決定の現実を強調し、人々が情報に基づいた選択を行えるようにするための触媒と考える必要がある。 

著者:Rich JohnsonCWTソリューショングループのシニアディレクター

(7/12 https://bit.ly/3xD6LMH )

 

4. VIDEO:目的地の安全な再開ジレンマ

観光を安全に再開する方法と時期を理解することは、コロナウイルスの大流行の中で目的地が直面する最大のジレンマの1つである。ヨーロッパ全体で、入国要件と予防接種率は国によって異なり、消費者を混乱させるだけでなく、国民の移動を損なうことにもなる。思い切って旅をする人にとって、旅行はほとんど“反逆の行為”と見なされる、そしてこれらの訪問者を安全に歓迎する新しい方法を見つけるのは目的地次第であると、Turespaña局長のMiguel Sanz Castedoは言う。スペインにとって、再開戦略を検討したとき、観光のホットスポットは1つのリソースである科学に目を向けた。「それは経済と健康の間の何かではない。それは互いに一つでなければならない」、「私たちは科学者にどうやって旅行を再開できるか尋ねた、そして一番の答えはワクチンだった」とSanz Castedoは言う。Sanz Castedoは、Phocuswright Europe 2021で講演し、ワクチン接種を受けた観光客に開放するというスペインの決定、再開計画に持続可能性をどのように織り込んでいるか、業界全体でのコラボレーションの必要性などについて説明した。PhocusWireニュース編集者Jill Menzeとの完全なインタビューhttps://bit.ly/3AU7Jq0 を参照ください。(7/12 https://bit.ly/3kbV2kk )

 

5. VIDEO: PCW欧州Summitピッチ参加FlyNow Aviation

FlyNow Aviationは、自律型の電電気垂直離着陸(eVTOL)ヘリコプターを製造中である。これは、ヘリコプターが実証済みの技術、並進揚力(translational lift)、効率的であり、長距離に対応できるためである。同社は、ロシアンヘリコプターズによって製造された同軸逆回転Kamovヘリコプターを引き合いに出している。同軸逆回転ロトブレードが航空機にもたらす利点は、FlyNow Aviationが求めているものである。電気ヘリコプターを設計する場合、電気モーターを使用し、バッテリーを電源として使用し、固定ピッチのローターブレードを使用することで、複雑さを軽減できる。FlyNow Aviationは、固定ピッチのローターブレードシステムは、乗客の快適さを維持しながら、より高い速度を達成すると述べている。FlyNow Aviationは、Phocuswright Europe 2021Summitコンペティションに参加した。https://bit.ly/3khtslU がそのピッチです...

(7/13 https://bit.ly/3wycKBn )

 

6. SITA、持続可能性テック買収

航空会社と空港の技術プロバイダーであるSITAは、フランスの旅行ブランドであるSafety Lineを買収した。買収の条件は明らかにされていない。

Safety Lineは、2010年にフランス、パリのPierre Jouniauxによって設立された。航空会社のデータを整理および管理して、燃料消費量とその後のCO2レベルを削減する決定を下せるようにする戦略を立てている。その他のプロダクトには、AirsideWatchプラットフォームが含まれ、空港の運用、安全管理を改善し、環境への影響を監視するのに役立つ。SITASafety Lineは、20209月に初めて共同作業を開始した。Safety Lineは、以前に約350万ドルの資金を調達していた。この買収により、SITAは「既存の航空会社および空港ソリューションのスイートと統合できる持続可能なソリューションの開発を加速する」と述べている。SITAは、航空会社に対する二酸化炭素排出量削減の「圧力が高まっている」と述べており、世界の排出量の3%が航空によって占められている。

SITA for AircraftCEOであるSébastien Fabreは、「戦略的航空会社の顧客であるTransaviaAir FranceまたはGroup ADPなどの空港とのイノベーションパートナーシップのおかげで、Safety Lineがデータサイエンスチームからの研究を実際のアプリケーションに変換できたことに感銘を受けた。既存のパートナーシップを通じて、私たちはすでに顧客に真の価値を提供してきた。この買収は、効率を高め、排出量を削減するために顧客と提携し、共同イノベーションを行うというSITAのアプローチと完全に一致する」と述べている。

(7/13 https://bit.ly/3keMNUM )

 

7. 航空会社、NDC利用で異なる販売ルート提供

パンデミックの過程でIATANDCの進捗状況を評価することは、実際に誰と話すかによって異なる。IATA、この技術基準が20206月までに間接チャネルでのNDC予約の20%の目標に到達したと述べているが、それは主に国内のレジャー予約向けであった。IATAは現在、航空会社の小売りとその“航空会社の小売成熟度プログラム”についてさらに多くのことを話し合っている。しかし、パンデミックの間にNDC標準の勢いが失われたことは疑いの余地がなく、航空会社は数百万を失い、ほとんどの旅行代理店はほとんど又はまったくビジネスを残していない。Delta航空が20209月にNDCの開発中止すると発表したとき、他のセカンドクラスの航空会社もそれに続くと予測されていたSabreは、5月の第1四半期決算説明会で、パンデミックのためにNDC取引は非常に低水準であったと述べた。Sabre Travel Solutionsの社長であるDave Shirkは、大多数の航空会社が「この時点でNDC活動を一時停止または完全に停止した」と述べた。

一方、SabreAirline Storefrontプラットフォーム開発しており、最近、Deltaとの価値ベースの流通パートナーシップを発表した。これは、Shirkが「非常に高度な小売業の取り組み」と表現している。

しかし、SabreNDCの開発についてあまり声を上げていないが、Amadeusからの一連の発表は、この流通標準へのコミットメントを示している。今月初め、Amadeusは、Qantas NDCが提供するコンテンツを試験的に旅行販売業者に流通すると発表した。Qantas航空は、サービス要素が整うまで予約を許可しないと述べているが、AmadeusのエアコンテンツアクセラレーションのディレクターであるLudo Verheggenは、「ほとんどのサービスは準備万端に整っている。私たちが取り組んでいる追加のサービス機能がいくつかあり、直ぐに提供できると期待している。パイロットがうまくいけば、すぐにライブに移行できるはずである」と言う。

業界の進歩

Industry progress

Verheggenは、Qatarとのより広範囲な流通契約、British AirwaysおよびAmerican航空とのNDC契約、20219月のAir France-KLMとの契約など、NDCの旅におけるAmadeusのその他の最近のマイルストーンを例示している。 

彼は、一部の航空会社が開発を中止する決定をしたことを考えても、この基準が危険にさらされているとは考えていない。「業界として、私たちは非常に順調に進んでいる。サポートされているユースケースと標準に基づいて提供されているガイドラインの観点から、18か月前の状況を見ると、私たちは大きく進歩している。今年下半期の次のリリースであるバージョン21.3はさらに改善されると信じている。コンテンツがより利用可能になり、より多くの航空会社が参加するため、2021年にはNDCの採用が世界規模で見られるようになると確信している」、「パンデミックの最盛期には、チームが一時解雇されたためテストが遅れ、おそらくオペレーション面でさらに減速が見られたが、回復にはそれほど時間はかからず、エンゲージメントは常に存在していた」と、Verheggenは、パンデミックの間にNDCの勢いがあまり失われていないと付け加える。Verheggenは、旅行会社と航空会社のパートナーも、標準の開発に引き続き取り組んでいると述べている。「COVIDにより、回復が最も速く、最も効率的な方法で行われるためには、動的である必要があることが分かった。状況の変化に適応し、チェーンを通じてできるだけ多くの情報を提供できるようにする必要がある。そうすることで、誰もがオファー全体で何が利用できるかを把握し、より具体的なオファーをその場で作成できるようになる。それが、NDCが明らかに私たち全員を助けることができる場所である」と言う。

Amadeusは、フルサービスのキャリアパートナーとの統合、Navitaireパートナー向けのNDCゲートウェイの開発、旅行代理店パートナーへのNDCコンテンツのグローバル展開という点でも、技術面で進歩を遂げている。Verheggenは、より多くの航空会社がNDCの旅を始めており、格安航空会社や主要航空会社との会話を奨励していると確信している。

特色は何か?

What’s your flavor?

しかしながら同じような多くの課題が残っているが、主な課題の1つは、航空会社が採用しているNDCのさまざまなバージョンである。

Verheggenは、「現在の状況を見ると、約60の航空会社がNDC認定を受けており、使用しているバージョンやテクノロジーのさまざまなプロバイダーには大きな違いが存在する。同じバージョンの2つの航空会社でさえ、APIが同じであるとは限らない。状況は改善しており、標準の次のリリースでは“より均質な実装”を作成する必要がある」と述べている。もう1つの残りの課題は、NDC契約の商業的側面であり、Air France-KLM契約や最近のBritish Airways契約など、さまざまな種類の契約も出現しているようだ。Travelportは最近、Emirates航空との合意を発表した。これにより、代理店は専用チャネルを使用して追加料金を回避できる。一方、TPConnectsは、サブスクリプションベースのNDC Marketplace立ち上げ、旅行会社が既存のNDCの航空会社とGDSの資格情報を使用することによって、サーチャージだけでなく様々な航空会社のポータルへのアクセスの必要性を回避する。商業上の課題はすぐになくなることはなく、Verheggenは、 NDCはすべての関係者から投資を受けると述べている。

Amadeusは、NDCプラットフォームを利用可能にするために多くの投資を行っており、世界中の旅行販売業者もNDCに投資する必要がある。彼らは流通の変化に投資する必要があるだろう」と言う。NDCの進歩は、2013年の開始以来、多くの浮き沈みがあり、早期採用でさえ実現するまでに57年かかるという予言が的中した。パンデミックは助けにはならなかった。とはいえ、Verheggenは、1年以内に業界が“世界規模での採用の始まり”を目にすることになると確信し、「今から612か月間で、ほとんどの顧客がNDCを使い始めると確信している。NDCコンテンツと従来のGDSコンテンツが共存するハイブリッドな世界になることを念頭に置く必要がある」と語る。(7/13 https://bit.ly/3wCTbYG )

 

8. VIDEO: PCW欧州Launchピッチ参加Road.Travel

Road.Travelは、ストーリーテリング、予約機能、業界独自の予算オプティマイザーを備えた厳選されたルートを作成および公開するためのオールインワンソリューションである。英国を拠点とするこの会社は、車での旅行をホリデーパッケージと同じくらい簡単にし、ロードトリップパッケージを導入した初めての技術プラットフォームの1つ。そのテクノロジーにより、観光当局、目的地管理会社、旅行サービスプロバイダーは、世界的な封鎖(ロックダウン)後の数か月で即座に措置を講じることができる。Roadトリップパッケージは、主に個人の車で社会的距離を保つために、自国のあまり知られていない遠隔地に旅行することをいとわない個人の観光客を引き付けることができる。Road.Travelは、Phocuswright Europe 2021のローンチコンペティションに参加した。

https://bit.ly/2VPNJVyがそのピッチです...(7/14 https://bit.ly/3yYJSUi )

 

9. トリアドサブスクPlus、初のホテルチェーン契約

Barceló HotelsMillennium Hotels and ResortsPestana Hotel Groupは、Tripadvisor Plusに参加した最初のホテルチェーンであり、新しいサービスの加入者にウェルカムギフト、ダイニング、スパクレジットなどの特別料金と特典を提供している。Tripadvisor Plus、ベータ版の6か月後の6中旬に米国の消費者向けに正式に発売開始された。加入者は99ドルの年会費を支払い、参加ホテルからの特別料金や特典、Hertzからのレンタカーの割引、ツアーやアトラクションの割引、フライト情報に関するアラート、テキストによる個別の旅行のヒントなど、さまざまな特典を利用できる。Tripadvisorによると、Plus3つのホテルグループパートナーに“部屋の流通の革新的な新しいモデル”を提供する。これにより、加入者による予約に対してTripadvisorにコミッションの手数料を支払う必要がなく、Plusの予約に関するすべての顧客情報にアクセスして通信できるようになる。それらのゲストと直接参加しているプロパティは、Plusメンバーを引き付けるために、Tripadvisorの可視性と特別なバッジも強化されている。「Tripadvisor Plusは、経験豊富な旅行者に提供する節約だけでなく、旅行体験を向上させるのに役立つVIP特典にも非常に魅力的である。これこそが、これら3つのパートナーが提供するものであり、メンバーが利用できる幅広い宿泊施設に興奮している」、「当社のパートナーは、Tripadvisor Plusが、高いオンライン流通コストの負担を軽減するのに役立つ可能性を明確に認識している。そして、米国での旅行のリバウンドにより、今日のニュースは、私たちがこのプログラムで構築している勢いを示している」と、Tripadvisorの最高商務責任者であるKanika Soniは述べている。  
3
つのホテルグループを合わせると、Tripadvisor Plus500近くのホテルが追加される。Barceló Hotels Groupは、Barcelo, Royal Hideaway, Occidental, Allegroホテルのブランドで販売されている22カ国に250以上のホテルを持っている。Millennium Hotels and Resortsは、Grand Millennium, M Social, Copthorne< Kingsgateなどのブランドで、80か所に145以上のホテルを運営している。また、Pestana Hotel Groupはポルトガルを拠点とするチェーンであり、3大陸で100のホテルを所有および管理している。6月下旬のPhocuswright Europeで、SoniPhocuswrightLorraine Sileoと、Tripadvisor Plusと旅行のサブスクリプションプログラムのコンセプトについて話した。完全なインタビューhttps://bit.ly/36CKT8D をご覧ください。(7/14 https://bit.ly/2VJdVAZ )

 

10. VIDEO: ホテル直販プッシュ、反対するか賛成するか

ホテルが 直販戦略とロイヤルティプログラムを顧客にプッシュするのに最適な時期は今か?それとも、再起動するときにこれまで以上に仲介者が必要になるのだろうか。これは決して新しい議論ではない。ホテルは何年も、今では何十年もの間、予約の流通に対するある程度のコントロールを取り戻すために必死になっている。メガオンライン旅行代理店の総合的なマーケティングコストは、パンデミック前の2019年に約120億ドル(約13,000 億円)に達した。当時のエコシステムは、ホテルがOTAを使用して部屋を埋めるのに役立っていたが、明らかに、より多くのゲストが自社Webサイトや直販マーケティング戦略を介してやって来ることを望んでいた。2020年後半と今年の上半期に再び市場が旅行者に再開されたため、直販予約へのシフトがあった。しかし、OTAの巨人たちは間違いなく、今年後半から2022年にかけて微調整されたデジタルマーケティングの取り組みを再燃させる準備をしているだろう。 そのため、ホテル(独立系およびチェーン)は、2019年のエコシステムが戻るか、回復マーケティングキャンペーンが何とか長続きするかどうか、または残念ながら失速するかを発見するために待機している。この問題には常に多くのニュアンスがあり、実行するためのプレイブック戦略は存在しない。しかし、ホテルには、当面の間の鬱積需要とOTAに対するマーケティング支出のレベルの低下という追い風がある。Accorの南ヨーロッパのCEOであるMaud Baillyと、PACE Dimensionsの創設者兼マネージングディレクターであるTim Davisが、Phocuswrightのアナリスト、Lorraine Sileoに加わり、2021年以降の問題について話し合う。(7/14 https://bit.ly/3ershMV )

 

11. 航空カスタマージャーニー、離陸のずっと前に開始

航空業界は明らかに回復傾向にあり、20203月以来初めて、200万人超える旅行者が611日の金曜日に米国の空港を通過した。しかし、パンデミック後の世界では、マスキングと社会的距離のせいで、カスタマージャーニーは同じように見える。しかし余分な靴下と水着を詰め込んで旅行準備をする前では、それは異なる日、おそらく数週間に見える。その理由?

物理的な旅が始まるずっと前に、デジタルの旅が本格的に始まる。そして今日、デジタルカスタマーエクスペリエンスを最優先することで、乗客はデジタルカスタマーエクスペリエンスのすべての可動部分をより適切に適合させる航空会社のフライトを好むようになる。

デジタル共感が航空では必要

Digital empathy in the air

すべてのオンラインセクターで、特に航空券のようなより高価なアイテムの場合、COVID後の消費者は、サービスプロバイダーからのより大きなデジタル共感を求めている。リアルタイムの顧客行動の洞察をうまく利用してそのような理解を構築した航空会社は、2020年の危機からより良い回復のスタートを切った。パンデミックがピークに達したときに顧客が悲惨な不確実性に直面したとしても、United航空は、有能で思いやりのある応答性の高い精神を企業価値の中心に据えたクロスチャネルのデジタル顧客体験生み出すことができ

同様に、American航空は、怒りのクリックなどの摩擦反応(friction responses )をソースまで追跡し、欠陥の軽減をより効果的に優先することで、顧客の共感を高めることができた。今日、これまで以上に、顧客は旅のトラブル望んでいない。旅行者は、デジタルジャーニーに何を期待するかを知っており、それ以上を求めており、それが実行されなければ、ロイヤルティを変えることに残忍である。顧客は具体的に何を求めているか?また、航空会社は新しいデジタルノーマルの挑戦にどのように立ち向かわなければならないか?ここに4つの良い出発点がある:

(1). シームレス:新しい標準

   Seamless: The new standard

2020 SITA航空輸送ITの洞察レポートでは、乗客が対面よりデジタル相互作用を好むことが分かっており、この傾向は加速し続けている。しかし、航空会社がゲートエージェントをセルフサービスキオスクに置き換えることに投資し、より多くのインタラクションをモバイルとWebにシフトしている場合でも、デジタルインタラクションは断片化されたままだ。今日の旅行者は、デスクトップ、ネイティブアプリ、キオスク、コールセンターなど、すべてのデジタルチャネルでシームレスなエクスペリエンスを期待している。これには、デジタルカスタマージャーニーのより深い理解、顧客のデジタル行動のより綿密な監視、そして ― 決定的に ― トラブルが特定されたときの、その問題の超高速の優先順位付けと軽減が必要である。

(2). デジタルアップセル:収益機会

   Digital upselling: A revenue opportunity

航空会社は、Quick Service Restaurants10年前に知っていたことを学んでいる。効果的なアップセルは、大幅な収益の増加につながる。そして幸いなことに、レストランと同じように、航空会社の消費者は、直接のオファーよりもデジタルアップセルのオファーに積極的に反応する。それでも、座席のアップグレード、優先搭乗、前払いの食事、追加の手荷物許容量などのアンシラリーの効果的なデジタルアップセルには、顧客のプロファイル、行動、および経験についての深い理解が必要となる。航空会社のチームは、アップセルの各カテゴリとカスタマージャーニーの各段階でコンバージョン率を追跡できることが重要である。チームに意味のあるプロダクトを開発させマーケティングキャンペーンを成功させる以上に、技術的なエラーなどのデジタル障害に遭遇した顧客の興奮ほどイライラさせることはない。現在は2021年であり、ビジネスの成功は、購入するための楽しい物理的なプロダクトを作成するだけでなく、デジタル体験を完成させることでもある。これは、アンシラリー販売に悪影響を与えるUXまたは技術的な問題をすばやく特定し、実際の潜在的な収益損失に基づいて修正に優先順位を付けて展開することを意味する。

(3). 忠誠心:これまで以上に重要

   Loyalty: More important than ever

封鎖(ロックダウン)に疲れた旅行者が長期延期された休暇を楽しむために彼らの家から出てくるので、価格設定は依然として敏感な問題である。パーソナルファイナンスサイトのWalletHubは、平均的な航空会社の特典プログラムで運賃を約11%引き下げることができることを発見した。これにより、獲得したロイヤルティポイントが旅行者の意思決定の重要な要素になる。ロイヤルティプログラムの収益上のメリットを最大化するために、航空会社は、ロイヤルティショッピング中にアップセルおよびクロスセルの機会を示す可能性のあるデジタル信号をインテリジェントに監視する必要がある。ロイヤル顧客に価値を提供し続けるために、航空会社は彼らのロイヤルティプログラムのユーザー体験を継続的に強化するよう努めるべきである。

(4). サードパーティサービス:新たな収入源

   Third-party services: an emerging revenue source

経済がパンデミックから回復するにつれて、航空会社は収益性を最大化するためにロードマップをシフトする必要がある。以前はほとんどの航空会社の利益の源であった法人旅行は回復しているものの、航空会社の幹部は、早くてもこの秋まで完全に回復することを期待していない。一方、レジャー旅行は大きく跳ね返っている。これは、航空会社がビジネスプランを再調整し、カスタマージャーニーを再考する必要があることを意味する。例として、今年の初めにJetBluePaislyの発売を発表した。この新しいサービスは、JetBlueの顧客に、ホテル滞在、レンタカー、テーマパークのチケットなどに関する個別の推奨事項を提供する。OTAサービスを拡大している航空会社の場合、カスタマージャーニーは複雑さを増し続けるだけであり、これまで以上に複雑な監視および応答メカニズムが必要になる。

結論

The bottom line

航空会社は、デジタルカスタマージャーニーを実際のジャーニーの重要な部分と見なすことで、顧客を理解する方法に優先順位を付け直すことができる。

高度なテクノロジーにより、航空会社はリアルタイムの顧客行動洞察の力を活用し、複数のタッチポイント間でデジタル摩擦をより迅速に削減し、アップセルの機会により効果的に対応し、そして最も重要なことに、ロイヤルティを確保し、オンラインの評判を保護するデジタル共感を育むことができる。

著者:Mario Ciabarraは、Quantum MetricCEO兼創設者。

(7/14 https://bit.ly/3re8qpK )

 

12. VIDEO: PCW欧州Summitピッチ参加Pace Revenue

今日の収益管理は、仮定と手動ワークフローに基づいている。明日の収益の最適化は、戦略と自動化に焦点を合わせている。Pace Revenueは、さまざまなソリューションを通じてホテル経営者を収益管理に再び夢中にさせる。同社は最先端の機械学習を使用して、需要をリアルタイムで評価し、今後365日間にわたってすべてのカテゴリに最適な価格で対応する。これらはすべて1時間ごとに行われ、完全に自動化されている。Paceを使用すると、チームは戦略的目標に関連するデータを視覚化できる。顧客は、あらゆるデータに対してあらゆる視覚化を設定し、それらを利害関係者と共有し、リアルタイムで更新を受け取ることができる。Paceは、クライアントが適切なプロセスとソリューションの継続的な評価に集中できるように支援する。収益チームは、戦術的な介入ではなく、戦略的な機会の発見に集中する必要がある。Pace Revenueは、Phocuswright Europe 2021Summitコンペティションに参加した。

https://bit.ly/3wL6PZIがそのピッチです...(7/15 https://bit.ly/3rhzQuX )

 

13. グーグル、Travel Insightツール新機能

アジア太平洋およびヨーロッパでの6か月以上のテストの後、Googleは現在、Destinations InternationalおよびHospitality Sales and Marketing Association InternationalHSMAI)と提携して、“Travel Insights with Google”ツールを米国で拡大している。3つの組織はまた、スペイン、ギリシャ、クロアチア、インド、韓国、タイなどですでにローカライズされたバージョンが利用可能で、世界中の目的地の組織とホスピタリティの専門家にツールとトレーニングを提供するために協力している。Googleによると、Travel Insightsツールは、グローバルなGoogle検索データに基づいて、リアルタイムの旅行需要に関する洞察を提供する。旅行は、「どこへ旅行するか」、「旅行できるか」、「COVIDの旅行制限は」が、極めて多くピックアップされて検索されている。

ポータルには2つのツールがある。Destination Insightsは、特定の目的地の主要な需要源に関するデータを提供し、企業、政府、観光局が旅行者の出発地を理解できるようにする。パイロット中のフィードバックに基づいて、GoogleDestination Insights内に新機能を追加したと述べている。新しい“Focusing Facts”セクションでは、直近の84日間のデータに基づいて、3つのスナップショットを提供する。旅行先として世界で最も関心が高まっている国、ユーザーの国に対するインバウンドの関心が最も高い国、最も検索されている目的地の都市の3つある。2番目の新機能は、ユーザーがデータをフィルタリングして、フライトと宿泊施設の両方について、1つの主要国と最大10の比較国の間でインバウンドとアウトバウンドの両方の関心を比較できる“Demand Sizing Tool”である。

ポータルの2番目のツールはHotel Insights。これは、ホテル経営者が前年比のデータやソースマーケットなどの検索トレンドを分析し、プロパティのデジタルプレゼンスを強化するためのヒントを提供することを目的としている。 Googleはまた、国連世界観光機関と協力して旅行業界の回復を支援しており5月に発表され戦略では、目的地にデータとトレーニングを提供している。

(7/15 https://bit.ly/2VQHyR8 )

 

14. エクスペディアGAlice売却

Expedia Groupのホテル運営管理プラットフォームであるAliceは、Alpine Investorsのポートフォリオ企業であるASGに買収された。取引条件(カーブアウト取引)は明らかにされていない。2013年に設立されたAliceは、ゲストメッセージング、ゲストサービス、ハウスキーピング、メンテナンス、およびサービス提供のためのツールを提供するオールインワンのホスピタリティオペレーションプラットフォームである。Marriott International, Hilton Hotels & Resorts, Graduate Hotels, Grupo Posadasなどのブランドの2,500以上のホテルと数万人のホテルスタッフと連携している。2016年、Expedia Group950万ドルの資金Aliceに投入、18か月後、このオンライン旅行の巨人はさらに2,600万ドルを投資、Aliceの大株主となった。その直後の20179月、Aliceコンシェルジュ向けのソフトウェアであるGoConcierge非公開の金額で買収したASGの場合、Aliceは、以前にTranscendent, ProfitSword , Visual Matrixを買収したASG Hospitality Technologyバーティカルで、36回目と4回目の買収をマークする。Aliceのオフロードは、202010月のSilverRailのマネジメントバイアウトに続く、Expedia Groupによる非中核事業の利益の一部を放棄する最新の動きである。Expedia Groupにとって、Aliceのオフロードは、202010月のSilverRailマネジメントバイアウトに続いて、その非中核事業の利益の一部を放棄しようとする旅行グループの最新の動き。SilverRail事業は現在、経営陣によって完全に所有されており、Expedia Groupの鉄道に対する戦略的関心は終了した。(7/15 https://bit.ly/3kn4fGO ) 

 

15. 旅行メンターシップ、基本に戻す

昨年の出来事は、私たちが個人的かつ専門的に新しい課題に取り組み、私たちの生活のあらゆる側面の関係に影響を与えた。旅行業界で働く私たちにとって、私たちの業界に固有の影響と不確実性ははるかに個人的なものであった。

パンデミック間のメンターとして、私は世界と状況が進化するにつれて柔軟で共感的であることの重要性を知っていた。昨年のメンティーとの話し合いでは、新しい仮想作業世界に適応して適応するための最善の方法、混乱の中で何らかの構造を作成するのに役立つ方法、そして家と仕事の絶え間ないぼやけに慣れる方法に焦点が当てられた。現在、多くの人がオフィスに戻ったり、旅行したりするにつれて、私たちはより多くの変化と課題に直面している。多くの人にとって、そして私たちの業界全体にとっては前向きであるが、これらの変化は不安や不確実性をもたらす可能性も存在する。だからこそ、私は常にメンターの核となる信条を念頭に置き、その人を第一に考え、安全な空間を作るようにしている。

メンターの核となる信条

Core tenets of a mentor

私たちが指導した方法は、確かに過去1年間で異なった形で展開されたが、基本的なアプローチとコア構造は変化していない。メンティーとの関係を構成する基本原則は次のとおりである。

聞く(Listening:始めに、メンティーが関係から何を探しているのかを理解するためにメンティーに耳を傾けることが重要。これを行うには、個人的にも専門的にも多くの質問をし、聞いたことを要約して、彼らが何を望んでいるのかを理解するために両方が同じ土俵にいることを確認する。

権限を与える(Empowering:メンティーは、課題や問題を解決する方法についてアドバイスやガイダンスを求める。彼らに解決策を与えるのは簡単かもしれないが、ガイダンスと建設的な批判を提供すると同時に、彼らが決定を下し、解決策を見つける力を与える。

謙虚さ(Humility:メンターはフィードバックを受け入れることにもオープンである必要があるため、謙虚さを保つことが重要。私の人間関係では、私が人間であることを示すために、通常はユーモアを交えながら学ぶのに役立った個人的な経験を共有している。

個人(Personal:個人と専門家の両方のバランスの取れたアプローチを取ることは、焦点を従来のビジネスとキャリアのトピックからより個人的な会話に移すのに役立つ。昨年、多くの人が燃え尽き症候群を避けるのに苦労していたので、このアプローチは特に重要であり、効果的でもあった。メンターとしての自分の気持ちについてオープンで正直であることは、あなたをより関係しやすく親しみやすくし、関係の中でさらなる信頼を築くことができる。

安全な空間を作る

Creating a safe space

メンティーのための安全なスペースを作ることは、関係にとって常に重要だが、パンデミックを超えて展開されていた他の重要な社会的および政治的会話やイベントにまで及ぶ影響は、私たちの国全体で、この必要性をさらに強調した。

旅行には、異なる文化やアイデンティティの人々の間で心を開き、より良い理解を促進する力があり、私たちは同じ考え方を私たちの個人的および職業的関係に適用して、つながりを強化し、分裂を橋渡しするのに役立つ。 私はメンターとして、個人的な経験、ニュース記事、その他の利用可能な学習リソースから学んだことを共有することを約束する。また、メンティーにも、私が彼らから聞きたいことを表明する。私の個人的な感情や共有されたコンテンツが彼らにも当てはまるかどうかにかかわらず、それは彼ら自身のリーダーシップアプローチで彼らを助けることができる異なる視点にさらされる機会を生み出す。私たちはすべて進行中の作業であり、あなたの人生のあらゆる面で、あなたが人として誰であるかを示すことは、今日の環境で私たちが経験していることに関係なく、メンティーのためにできる最善のことの1つである。今日、私たちはビジネスと個人の目標についてより実践的な会話をしているが、パンデミックの間に学んだ共感と教訓を引き継いで、より深いメンター/メンティーの関係を育み続ける必要がある。(7/15 https://bit.ly/3BfAltV )

 

16. Report:旅行回復、旅行者に影響して活動させる

COVIDの前は、旅行、観光、ホスピタリティのブランドはソーシャルコンテンツを使用して発見を促していた。彼らのソーシャルコンテンツは、キャンペーンメッセージを増幅し、予約を奨励するオファーを作成することを目的としていた。ソーシャルコンテンツ(ソーシャルメディアの投稿、ビデオとポッドキャスト、ブログの投稿、旅行者のレビューなど)は、ブランドが独自に作成したコンテンツと、旅行者がカスタマージャーニーで作成したコンテンツで構成されていた。パンデミックの初期は、ソーシャルコンテンツの制作と適用の通常の流れを狂わせた。旅行が終わったとき、家で立ち往生している人々は彼らがとらなかった旅行を記録することができなかった、そして多くの旅行と観光に依存するブランドは商品を市場に出す理由がほとんどなかった。多くの地域では、人々が家を出るとき、それはしばしば車またはRVで、素晴らしいアウトドアに向かっていた。これらの活動は素晴らしいビジュアルコンテンツにつながり、その多くはソーシャルチャネルで共有された。旅行が再び出現している今、ソーシャルコンテンツのアプリケーションは、カスタマージャーニー全体でさらに大きな役割を果たす。このホワイトペーパーでは、COVID以前の旅行におけるソーシャルコンテンツの重要性、消費、および適用、パンデミック以降の変化、旅行中心のブランドが今後ソーシャルコンテンツをどのように、どのような期待で適用する必要があるか、そしてソーシャルコンテンツとUGCをどのように旅行に対応させるかについて説明する。PhocusWireTINTと共同で作成したこの独占レポートでは、旅行ブランドがソーシャルを利用してリカバリー作業を支援する際に、これまでに何が起こったのか、そして次に何が起こるのかを検証する。 以下のフォームに記入すると、完全なレポートをダウンロードできる。

(7/16 https://bit.ly/3wLgUpx )

 

17. VIDEO: PCW欧州Launchピッチ参加Fornova

Fornovaは、クラス最高のデータ駆動型ビジネスインテリジェンスソリューションを提供することにより、世界の旅行およびホスピタリティ業界が流通を最適化し、需要を生み出し、収益を最大化できるようにする。そのクライアントには、世界のトップ10の最大のホテルグループのほとんど、最大のグローバルOTA、何百もの小さなブランドや独立したホテル、レンタカー会社や予約サイトが含まれる。Fornovaのソリューションにより、組織全体(収益と流通から販売、eコマース、運用まで)がより適切な意思決定を迅速に行い、変化する市場環境をナビゲートし、競合他社に先んじることができる。Fornovaは、Phocuswright Europe 2021Launchコンペティションに参加した。

https://bit.ly/3wLhNhR がそのピッチです... (7/16 https://bit.ly/3wN8VID )

 

18. 旅行保険SetooPatternと合併

InsuretechのスタートアップPatternSetooは、サードパーティのeコマースサイト向けのグローバル保険プラットフォームを作成する契約に基づいて合併する。合併後の会社は、Patternのブランド名で運営される。その他の条件は開示されていない。  Setooは、旅行会社に保険プロセスを自動化し、各旅行者向けにパーソナライズされた保険プランを開発する方法を提供するというビジョンを持って2017年に設立された。同社はオンライン旅行代理店と協力しており、保険会社AXAの支援を受けている。米国を拠点とするPatternは、ステルスモードから生まれたばかりであり、Webサイトにブランド保険商品を埋め込む機会を与えるという同様の戦略を持っている。合弁会社はヨーロッパとアメリカの両方で運営される。合併は今年8月に完了する予定。Setooは、Phocuswright Conference 2019Award For Travel InnovationStartup Category)第2位で、PhocusWire Hot 25 Startups for 20201社。

https://bit.ly/3hKxQbB がそのピッチである。(7/16 https://bit.ly/3kqgnH5 )

 

19. 社説:COVIDレッスンを忘れるな

「旅行には、異なる文化やアイデンティティの人々の間で心を開き、より良い理解を促進する力がある。私たちは同じ考え方を私たちの個人的および職業的関係に適用し、つながりを強化し、分裂を橋渡しするのに役立つ。」

Expedia Group Media Solutionのグローバルマーケティング担当バイスプレジデントであるMonya Mandichが、今週のPhocusWireに関する記事で、メンターシップの中心的な信条について述べている。

 

過去18か月は、多くの点で残酷であった。400万人以上がCOVID-19で亡くなった。Brookings Institutionによると、危機は世界的な景気後退を引き起こし、第二次世界大戦の終結以来最も深刻であり、景気後退は世界の最も貧しい地域で最も顕著であった。特に旅行と観光では、COVID-19と関連する制限により、4.5兆ドル近くと6,200万人の損失が発生した。 確かに、パンデミックは私たちの多くに深く個人的に影響を及ぼした ― ウイルス自体に加え、友人や家族への影響、私たちの個人的および職業的ルーチンの変化、そして1年半以上のストレスの深刻な感情的および心理的犠牲、不確実性、孤独と反省を引き起こした。しかし、世界がこの危機の暗闇から抜け出すにつれて、私たちがより回復力を持ち、より人間性を持って立ち上がる機会があるという兆候が存在する。 YES、パンデミックへの対応方法に関しては違いや論争があったが、これまでにない方法で、この目に見えない敵と戦う世界は過去18か月で団結した。 多くの点で、それは詩人Maya Angelouの言葉の背後にある真実を明らかにした。

(注)マヤ・アンジェロウの英語の名言には「No sun outlasts its sunset, but will rise again and bring the dawn.(沈まない太陽はない。しかし陽はまた昇り、夜明けをもたらす)」などがある。

 

Mandichが指摘するように、旅行には「心を開き、より良い理解を促進する」能力があり、この危機でも同様である。このレッスンを無駄にしないようにしょう。 Mandichの擁護者としてのメンターシップの役割を通じてであろうと、同僚や友人とのあまり正式ではない相互作用を通じてであろうと、私たち一人一人は、より多くの思いやりと優しさ、そしてコラボレーションの精神で前進しようと試みることができる。個人的な関係を超えて、競合他社のAirbnbVrboが安全性の問題に対処するための共同「コミュニティ整合性プログラム(Community Integrity Program)」を開発し、Googleが組織と協力するなど、旅行全体でのパートナーシップの多くの例をすでに見てきた。国連世界観光機関、Destinations InternationalHSMAIを含め、検索データを使用して復旧を推進するためのヒントを共有している。 そして、政府、非政府組織、民間部門が協力して旅行業界が以前よりも賢く復活するのに役立つソリューションを作成しているため、持続可能性をめぐって行われている作業にこの証拠が見られる。 だから、回復し、再建し、“ノーマル”に戻りたいという私たちの熱意の中で、この危機の教訓を埋めるのに過度に熱心にならずに、より人道的な未来の基盤としてそれらを使用しょう。(7/16 https://bit.ly/36J9QiK )

 

20. VIDEO:ある航空会社の過去18ヶ月間とその未来

地球上のほとんどの航空会社にとって、今年は厳しい1年半であった。

瞬く間に交通量が減少したため、医薬品の航空輸送を行ったものもあれば、フリートの一部を貨物機に使用するためにピボットしたものもあった。しかし、全体として、航空部門は停滞し、航空機は一時的に飛行機の墓場に駐機されるか、世界中の何百もの空港のパーキングスタンドに留め置かれた。

ヨーロッパで2番目に大きい航空会社であるEasyJetも例外ではなかった・・・しかし、旅行者が飛行機に乗る準備をし、制限が緩和されたとき、それはどのようにその復帰を計画し、どのようなタービュランスを計画しているか?

EasyJetの最高商務責任者であるSophie Dekkersが、先月のPhocuswright Europeカンファレンスで、PhocusWireの編集長Kevin Mayと一緒に旅行が戻ってきたときの、向かい風と追い風について話す。完全なインタビューは、https://bit.ly/2UQNl8T に含まれている。(7/16 https://bit.ly/3xMxGWF )

 

21.  短期レンタルのハイテックブーム 長続きするか?

国内のレジャー旅行は今年の夏に活況を呈している。これは、待望の休暇への需要の高まりと、海外旅行の制限により、多くの人が毎年の夏休みを海外に持ち出すことができなくなっているためだ。パンデミックが発生して以来、旅行者の要望、ニーズ、期待は劇的に変化し、今のところ、バケーションレンタルが好ましい宿泊施設の選択肢として浮上している。どこにでもある短期賃貸物件のマネージャーは忙しい休暇シーズンを経験しており、連続した予約とサービスのゲストの要求を管理するためにスマートテクノロジーに目を向けている。

間違いなく、短期賃貸市場でのテクノロジーの採用は、過去1年間で驚異的な速度で加速している。業界が適応するにつれて、“非接触”、“ハンズフリー”、“運用効率”などの用語が多く議論されてきた。これは、新しいゲストの期待と非常に異なる世界への対応である。Hostfullyの調査によると、平均的なバケーションレンタル管理会社は現在、テクノロジーに1物件あたり月額約51ドルを費やしており、テクノロジーへの投資が真剣に受け止められていることを示している。バケーションレンタルの予約が急増するにつれて、スマートテックも急成長する。しかし、このスマート革命の次は何か?テクノロジー採用におけるこの上昇軌道は続くか?ここでは、プロパティマネージャーがスマートプロパティオートメーションの最新イノベーションを常に把握し続けるのか、それとも飽和点に到達しようとしているのかを探る。

バケーションレンタルのスマート革命の背後にある原動力

The driving force behind the smart revolution in vacation rentals

まず、スマートホームテクノロジーに対する新しい姿勢の背後にある推進要因について考えてみよう。

(1). デジタルネイティブにはデジタルの期待がある

    Digital natives have digital expectations

米国のブロードバンド世帯の34%がスマートホームデバイスを持っている。しかし、ホームにおける“技術向上”に対するこの欲求は、バケーションレンタル体験に関する期待にも向けられているか?そうだと思う。今日の旅行者は、旅行の過程で高レベルのデジタル機能と技術の自動化を求めている。実際、デジタルネイティブのミレニアル世代とジェネレーションXの旅行者の数が増えるにつれ、それは彼らの基本的な期待になっている。最近のPointCentral顧客調査によると、レンタルで“基本的な”スマートホームテクノロジー(キーレスエントリーやゲストの到着に快適な温度を設定する接続されたサーモスタットなど)がないことは、否定的な立場で旅行を開始する原因となる。多くのゲストは自宅にあるすべてのテクノロジーを望んでいないが(結局、休暇をとって日常のスイッチを切る)、休暇を楽しむのに役立つプロップテックソリューション ―ホームを適切に機能させるための予測テクノロジー、ゲストの安全を維持するためのテクノロジー、スピーカー、外灯のオンとオフを自動的に切り替えることができる接続された照明 ― は完全に採用されている。

(2). パンデミック効果

    The pandemic effect

バケーションレンタル業界にとって素晴らしい夏のシーズンになるだろう。消費者の興奮と旅行への欲求に加えて、健康と安全に対するゲストの不安は依然として高いままである。スマートホーム技術の開発は、これらの懸念に対処し、緩和するためにここ数ヶ月で長い道のりを歩んできた。社会的に離れた滞在は、ホームへの直接チェックイン/チェックアウトとキーレスの部屋のソファへのアクセスによって可能になる。さらに、検証済みのチェックとバランスを備えた自動衛生プロセスにより、安全で衛生的な休暇環境に足を踏み入れているという安心感が得られる。

(3). プロパティマネージャーは、より高い運用効率を要求する

    Property managers demand greater operational efficiency

スマートホームテクノロジーによってもたらされる誰もが認める“ゲストの喜び”は別として、プロパティマネージャーは、適切なテクノロジースタックを配置することの運用上の利点をすぐに認識した。HVAC分析(過剰使用と損傷に関する監視とレポート)は、スマートプロパティマネジメントがプロパティの資産を保護し、生産性を向上させ、効率を高める方法の代表的な例である。適切なシステムを導入することで、部屋の温度調節コストを最大23%節約できる。これに加えて、非接触チェックイン、キーレス作業指示、水漏れ検出、光センサーなどの効率性とスマートホームテクノロジーは、資産を保護し、非常に厳しい時に最大の効率で運用したい不動産管理者にとっていとも簡単なテックとなる。

上向きの軌道?

An upward trajectory?

旅行に対する消費者の需要が、パンデミック後の回復を促進するためにどのように設定されているかについて多くのことが書かれている。また、AirDNAによる最近のレポートは、2019年と比較して短期賃貸市場が力強い成長を示していることを示唆している。在宅勤務の傾向とその結果としての柔軟な生活への需要は、活気に満ちたバケーションレンタル業界にさらなる勢いを加えている。しかし、物事は絶えず変化しており、業界は市場と旅行の両方のトレンドに対応するために機敏で柔軟である必要がある。たとえば、COVIDが旅行者の関心を都市市場から遠ざけるにつれて、伝統的なビーチサイドや山岳バケーションレンタルの需要は大幅に増加している。この中には、時間の経過とともに自然に都市環境に戻るものもあるが、より伝統的な市場への新たな需要という形で残るものもある。バケーションレンタルのプロパティマネージャーは、この旅行者の需要を活用するために迅速に行動する必要がある。そこでテクノロジーの出番となる。多くのプロパティマネージャーは、彼らのニーズを満たすのに十分な速さで資格のあるスタッフを採用することができないでいる。既存のスタッフをより効率的に運用するためのテクノロジーソリューションを採用することで、マネージャーは、清潔さ(クリーニングプロトコル、ホームへの直接チェックインなど)および安全性(キーレスアクセス)に関するゲストの新しい期待に応えながら、バックエンドプロセスをリモートでより低いスタッフレベルで実行できるようになった。これに加えて、前述の資産保護と運用効率、そしてスマートホームのイノベーションへの投資から得られる利益は、明らかにテクノロジーに有利なバランスを構築する。スマートホームテクノロジーは、短期賃貸の文脈だけでなく、より広いホスピタリティ業界にとっても、連続した空室の発生しない予約に対処するためのスマートな方法である。ホテルは何年もの間キーレスチェックインと自動温度制御を使用しており、このセクターはアプリやRFIDベースのサービスなどの新しいテクノロジー対応カテゴリに移行することでスマート革命も受け入れている。

技術的な飽和点はあるか?

Is there a tech saturation point?

世界的に、プロパティマネージャーは技術スタックを構築し、効率のメリットだけでなく、所有者の安心と肯定的なゲストレビューを楽しんでいる。それで、それはスマートテクノロジーのためか?飽和点に到達しようとしているか?すべてのテクノロジーと同様に、最新のイノベーションを常に把握することが重要である。技術ツールは絶えず進化しており、プロパティマネージャーは時間をかけて技術スタックを定期的に確認し、技術スタックが彼ら、スタッフ、ゲストに可能な限り最高のエクスペリエンスを提供していることを確認する必要がある。

技術はすべてを解決するわけではない。しかし、プロパティマネージャーは、スマートホームオートメーションを活用して、商売敵と差別化しないアクティビティを最小限に抑えることができる。これにより、最も貴重なリソース、つまり時間を、実際に差別化することに自由に費やすことができ、所有者とゲストの両方に価値をもたらす。この技術の進化に終点はない。私たちはまだ始まったばかりである。

万歳「スマート」革命

Viva la “smart” revolution

バケーションレンタル業界、そしてより広いホスピタリティセクターの特別な点は、それが常にリレーションシップビジネスになるということである。スマートテックはこれと連携して、ゲストエクスペリエンスとプロパティマネジメントビジネスを強化する。短期賃貸業界が繁栄し続けるにつれて、このブームをサポートするスマートテクノロジーソリューションの需要も急増するだろう。

著者:Sean Millerは、Alarm.comの子会社であるPointCentralの社長。

(7/16 https://bit.ly/2VItmcI )

 

22. 712日の週の資金調達記事

·        Ola

インドを拠点とするモビリティプラットフォームOlaは、上場計画に先立って5億ドルを調達した。資金は、TemasekPlum Wood Investment、およびOlaの創設者であるBhavish Aggarwalから提供されている。声明によると、Olaは“さまざまなカテゴリーと地域にわたって”ライドヘイリング事業を拡大し続ける。Olaは、1年前にプラットフォームをインド国外の法人顧客に拡大し、英国やオーストラリアなどの市場に展開した。(7/12 https://bit.ly/2T4Pb5h )

 

·        Bookaway

Bookaway Groupとして知られる消費者向けの旅行ブランドの新しいコレクションは、3,500万ドル相当の投資ラウンド後に設立された。イスラエルを拠点とするBookawayは、シリーズBを確保し、地上および海上輸送の予約サービスに焦点を当てたビジネスのポートフォリオとなることが期待されるものを形成した。グループに参加する最初の2つのブランドは、GetByBus12Go

前者は、バルカン地域と西ヨーロッパを横断するルートを提供するクロアチアを拠点とする陸上輸送プロバイダーである。12Goはタイに本社を置き、東南アジア全域でバスのチケット、フェリー、フライトを販売している。Bookawayは、CEONoam ToisterDavid YitzhakiOmer Chehmerによって2017年に設立され、60か国の約2,000都市でトランスファーを販売している。同社は以前、2018年にシードおよびシリーズAの資金で1,100万ドルを調達していた。支援者には、AlephCorner VenturesEntrée Capitalが含まれる。新しいBookaway Groupの共同活動により、世界80か国の14,600の都市で、100,000を超える輸送ルート、カスタマーレビュー、カスタマーサポートにアクセスできるようになる。(7/13 https://bit.ly/3hzS0om )

 

·        NoTraffic

自律型トラフィック管理プラットフォームNoTrafficは、Uberの元幹部であるLars Fjeldsoe-Nielsenが主導する1,750万ドルを調達した。Fjeldsoe-NielsenNielsen VenturesVEKTOR PartnersがシリーズAラウンドを主導し、Grove VenturesMenora Mivtachim GroupMeitav Dashと、既存の投資家lool venturesNext Gear VenturesNorth First Venturesを参加させた。2017年に設立されたNoTrafficは、人工知能を使用して交通管理を最新化し、インフラストラクチャと交通管理のコストを都市で節約する。NoTrafficのリアルタイムのプラグアンドプレイプラットフォームは、乗用車と非乗用車、自転車、電動スクーター、バス、歩行者を含むすべての道路利用者を識別、分類、追跡し、都市計画者に交通インフラストラクチャのより多くの洞察とコントロールを提供する。このテクノロジーは、自動運転車の台頭やその他のデジタルモビリティの変化をサポートするために、アップグレードと将来を見据えた交通インフラストラクチャにも役立つ。この資金で、カリフォルニアとイスラエルに本社を置くNoTrafficは、研究開発に投資し、全米での展開を加速し、ヨーロッパに拡大し、チームを成長させる。NoTrafficによると、カリフォルニアやアリゾナなどの地域の運輸部門とのパートナーシップにより、渋滞が50%も削減された。平均的な都市では、NoTraffic26,000トンの排気ガスを除去する。これは、道路から約5,700台の車両を取り除くことに相当する。NoTrafficは今年ヨーロッパで立ち上げる予定であり、他の市場やバーティカルを調査している。(7/14 https://bit.ly/3B3Qlzj )

 

 

+++++

6月4日

九州で大手系列越え初の共同運航

米ユナイテッド航空、超音速機購入へ