海外事情・旅行流通

フォーカスライトJapanでは、PhocusWire Daily (phocuswire.com) 並びにTravel Weekly (travelweekly.com)を含む海外主要旅行業界誌のニュースを意訳して、TD 勉強会(www.e-tdb.com)とトラベルジャーナル(TJ)の隔週コラム「FROM THE WORLD/海外事情」に掲載しています。

 

2021年7月4日

 

海外事情 628日号

 

今週号ではMaaSの記事「4. 旅行とモビリティーには大きなテック努力必要」が必読だ。モビリティーのスペシャリストのGround Control創立者David Litwakの投稿記事だ。当たり前だが、MaaSには“統合(integration)”が必要だと説く。

 

米国の旅行が再開し始めている。6月に入ってから1日あたりのTSA通過旅客は2百万人を超える日が多くなって、26日までで2019年同期比で73%まで回復した。

 

 

 

米航空会社の株価も持ち直しつつある。

出典:Google

(編集人)

 

 

目次

1. コンテンツパリティ無しでは直販維持できず

2. セーバー、トラベルリスクツール開発

3. 旅行業界、顧客行動電子化マスト把握の理由

4. 旅行とモビリティーには大きなテック努力必要          1位閲覧

5. DeltaGDSフラットセグメントフィー放棄

6. Attraction WorldTen Ocean Private Equity買収

7. On The Beach、中間決算 減収440万ポンド

8. ビッグチェア:Stan Boland、自動運転Five             3位閲覧

9. プライベートエクイティ、Enseo買収

10. 短期レンタル予約定着

11. フォーカスライト ヨーロッパ2021                   第4位閲覧

12. 現代の法人旅行管理テックはテックに終わらず

13. 新興企業ステージ:Routespring

14. オーソドックスを乗り越えたダイバシティー

15. パンデミックの旅行サステイナビリティへの影響

16. 旅行業界、信頼のギャップをマスト修復               2位閲覧

17. グーグル、旅行検索急増

18. 直言:自動運転車の複雑性まだ未解決

19. 私の足跡eps70: Jeremy Gall, FlipKey                   5位閲覧

20. 621の週の資金調達記事

 

 

1. コンテンツパリティ無しでは直販維持できず

一部の国での予防接種プログラムの成功により、ホテルは業界の歴史の中で最も困難な年の1つを経て、訪問者を歓迎し始めている。需要が回復し始めると、可視性(visibility)が市場シェアを確保するための最大の決定要因になる。それでも、主要なブランドと提携しているホテルから小さなブティックまで、ほとんどのホテルは最初のステップで失敗している。流通チャネル、ディレクトリ、その他のホテルリストサイト全体でプロパティに関する一貫性のない情報を共有することにより、ゲストを引き付ける可能性を大きく損なうことになる。

インターネットプラットフォーム間で情報を更新およびクロスチェックするという単純だが時間のかかるタスクは、ホテルのトラフィック、したがって予約にコストをかけている。Googleはそれを明確にしている:すべての予約とリストのプラットフォームでコンテンツパリティと呼ばれる完全で一貫した情報を持っていることはあなたのホテルがゲストによって見つけられるかどうかの違いを生むことができる。ホスピタリティビジネスはすでにスケルトンスタッフで運営されているが、特に複数のプロパティが関係している場合、考えられるすべてのオンラインプラットフォームをチェックして更新する時間を本当に持っているのは誰か?この問題に対処するために、ホテルは、オンラインディレクトリや予約サイトのいわゆるローカル引用を一括更新するサブスクリプションベースの一般的なロケーションマーケティングプラットフォームに目を向けている。

しかし、これらはホテルが提供を効果的に宣伝するために必要な調整されたフィールドを欠いていることが多く、いくつかの例外を除いて、ホテル経営者ではなく、リストエントリを所有するのはマーケティングプラットフォームである。つまり、支払いをやめると、すべてのリストが自動的に失われる。

より効果的なアプローチが必要であることは分かっていた。回復のこのような極めて重要な時期に、ホテルはベッドに頭を固定するために得ることができるすべての助けを必要としている。そのため、Fornovaはこの問題に対処する準備を整えた。

ホテル経営者がGoogle My Business、トリップアドバイザー、トリバゴ、フェイスブックでプロパティのプロファイルと属性をすべて単一の安全で一元化された使いやすいプラットフォームから自動的に更新できるようにする、ホスピタリティ業界専用のソリューションを開発した。他の多くのビジネスディレクトリとデータアグリゲーターは、今後数ヶ月で追加される。ホテル経営者はホテルのプロファイルを我々のプラットフォームからダウンロードして、まだ統合していないリスティングWebサイトを含め、すべてのチャネルで使用できるため、プロパティのプロファイルが常に一貫していて、全体的に正しいことが保証される。

ホテルだけの新しいイノベーション

A new innovation only for hotels

FornovaHLFornova Hotel Listings)は、ホスピタリティ業界向けに特別に設計された唯一のインテリジェントリストソリューションである。これには、ホテルがゲストを効果的に引き付けるために必要なすべての専門分野が含まれている。標準的なアメニティのリストから、強化されたクリーニング、個人保護、物理的な距離、非接触チェックインなどのCOVID-19に対する安全対策までが含まれる。そして、業界が長年にわたってFornovaに示して来たサポートを認識して、FornovaHLをすべての独立したホテルだけでなく、チェーンの最初のホテルにも無料で提供することで、我々の役割を果たしたいと考えている。その目的は、ホテルのオンラインでの認知度を高めるだけでなく、ホテル経営者の時間を解放し、ホテル経営者が他の重要な復旧タスクに集中できるようにすることである。Fornovaは、ホテルの商業チームが価格設定や流通の最適化などの非常に複雑な課題に対処するのに役立つ高度なソリューションでも業界で知られている。実際、FornovaDIFornova Distribution Intelligence)は、マリオット、ヒルトン、ハイアット、マイナーのすべてのホテルで使用されているレートパリティソリューションである。FornovaHLでは、業界に関する深い知識と確立された関係を使用して、Googleの接続パートナーとして、そしてBookingExpediaのデータパートナーとして、オンラインディレクトリのコンテンツパリティの単純な問題を解決したいと考えていた。そこで、ホスピタリティ業界向けに特別に設計および構築された、最初で唯一のビジネスプロファイルおよびロケーションデータ管理ソリューションを作成した。それでも疑問に思う場合、コンテンツのパリティが本当に重要である理由は次のとおりである。

以下、Google My Businessの最適化、NAPName, Address and Physical Place)の一貫性、正しいジオロケーション、アメニティの幅、部屋の階層、リッチコンテンツ、企業の一時的出張旅行およびMICEセグメント、ホテルにとってのスマートコンテンツ パリティソリューションは省略した。

著者:DoriSteinFornovaCEO(6/21 https://bit.ly/35KFtYu)

 

2. セーバー、トラベルリスクツール開発

Sabreは、旅行リスク管理プラットフォームGopass Globalと提携して、旅行代理店が見る各フライト旅程にバイオセキュリティリスクスコアを割り当てている。Sabreによると、このスコアは、エージェントがクライアントにアドバイスを提供し、ショッピングワークフロー中にその情報を利用できるようにすることで、予約プロセスを短縮するのに役立つ。Gopass Travel Risk Optimizerは、機械学習と人工知能を使用して、到着と出口の制限、飛行ルート、空港、目的国の感染率、政府の方針を監視しているとSabreは述べている。次に、フライトの旅程ごとに110のリスクスコアを作成する。Sabreによると、Gopassのスコアは企業アドバイザーとレジャーアドバイザーの両方に関連しているという。GopassSabreのショッピングAPIと統合されており、世界中のアドバイザーが利用できる。

*この記事はもともとTravel Weeklyに掲載された(6/21 https://bit.ly/3zIPseP)

 

3. 旅行業界、顧客行動電子化マスト把握の理由

パンデミックの過程で、特に決済などの分野でデジタル化が進んだことは間違いないが、それは今では消費者からの期待なのか?

これは、デジタルツーリズムシンクタンクのNick Hallとの最近のSkyscannerイベントで触れられた分野の1つであり、顧客の問題点(pain points)に対するデジタルソリューションの必要性を強調した。Hallによると、同社は、包括的な「業界、政策、戦略」の観点から、今年1月以降、デジタル開発に頭を悩ませて手助けを必要とする企業からの要求が殺到しているという。「物事が変化し、デジタルが企業や消費者にとっての重要性に突然拍車をかけたという認識がはっきりと存在する。それは、問題点(pain points)と障壁の按配を最適化し、それらを軽減しようとすることである。それは、時にはやり遂げるのが難しい教育の旅(educational journey)となる」と彼は語る。

Hallは続けて、人々はブロックチェーンに興奮するかもしれないが、顧客の問題とデジタルが役割を果たすことができる場所に焦点を当てる必要があると言う。彼はまた、消費者は目的地の「デジタルサービスレイヤー」をますます期待し、企業は十分な速さで変革を行わず、競争力を失うと取り残されると確信している。「業界の多くは急速に前進しており、消費者はこれにますます満足している」と彼は主張する。

Skyscanner Horizonsイベントの他のパネリストは、Googleの開発に直面しても競争力を維持する方法について質問された。Skyscannerのフライト担当バイスプレジデントであるHugh Aitkenは、Googleを単なる別のチャネルとして説明し、業界は直接的な関係を構築するか、パーソナライズするかを問わず、継続的に進化する必要があると付け加える。Skyscannerの最高商務責任者であるStuart Middletonは、同社はGoogleの優れた競争相手であるが、検索の巨人は「立派な競争相手であり、我々を正直に保つ」と付け加えた。スピーカーはまた、一貫性(consistency)、コラボレーション(collaboration)、明確さ(Clarity)から優先事項として何を選ぶかを尋ねられた。ほとんどの人がコラボレーションを選択し、それなしでは他の2つを手に入れることはできないと述べたが、Aitkenは明確さを主張した。

「我々はコラボレーションを持っていると思う。私は業界がこんなにコラボしたのを見たことがない。先週、ヒースロー空港の滑走路に4人の航空会社のCEOが立っているのを見たが、これはとにかく奇妙なことで、これまでになかったことだ」、「我々は政府に訴えるために協力しているので、明確さが重要になる。我々は我々が知っていることからのみ行うことができる。我々が物事を明確にしないと、前もって計画して考えることは不可能だ」と彼は言う。(6/21 https://bit.ly/3qfVM9a)

 

4. 旅行とモビリティーには大きなテック努力必要

10年前、私は陸上輸送のためのグローバル流通システムを構築するというアイデアからMozioを始めた。これは、SabreAmadeusTravelportの空の旅に存在したものと同様の陸上輸送業界の仲介者である。我々は早かった。「オンボーディング」フェーズが軌道に乗り始めたちょうどその時に、UberLimeViaの発明である統合エンジン(integration engine)を開始した。 その結果、比較的ニッチな空港送迎で堅実なビジネスを構築し、Booking.com、エールフランス、ジェットブルー、TUIなどの主要な旅行ブランドの舞台裏での活動の多くに力を注いでチャンス到来を待った。Ground Controlの中心的なテーマの1つは、我々の現在のモビリティ革命の最初の10年間は、輸送を完全にオンラインまたは「オンボーディング」することに専念していたが、次の10年間は、これらのさまざまな形態の輸送の統合(integration)に専念することである。Uberは地元の自動車サービスをオンラインにし、手動のディスパッチとコールセンターに依存していた競合他社を打ち負かした。 SilverRailは、フランスの国鉄システムを現代に対応させ、内部のITシステムを更新しながら、流通用にアクセスできるようにした。LimeBirdTierRevel、およびMotivateは、我々が当然だと認めているまったく新しいカテゴリのバイクシェアとスクーターシェアを追加した。 BytemarkMasabiなどの公共交通機関の予約エンジンとそれ以上が採用され、多くの機関が「オープンループ(open loop)」システムで稼働しており、旅行者はMastercardまたはVisaを使用して地下鉄の無人改札をタップして利用できる。空の旅では、過去10年間、最終的にNDC(基本的にはXMLフィード)を採用する航空会社で埋め尽くされ、基本的なAPI機能への道が開かれ、DuffelKyteなどの企業がSabreAmadeusTravelportなどの従来のGDSを混乱させる道が開かれた。 過去810年間のイノベーションの多くは、これらのモビリティオプションの多くをオンラインにするか、システムを更新するだけで、非常に古風で、外部との統合ができなかった。結果として、モビリティ革命の多くはほとんどサイロ化されたままである。LyftUberBoltFreeNow、およびほとんどの主要なライドシェア会社が完全に機能するAPIを持っていなかったことにショックを受けたことを覚えている。何十億もの資金があっても、外部統合にまったく焦点を当てていないのか?それは馬鹿げている。しかし、誰もが自分の壁に囲まれた庭に集中していたため、より広いエコシステムへの統合について誰も前もって考えていなかった。モビリティ革命のこの部分は完全には完了していない。ZeeloBusrightなどの企業は、企業と学校の交通機関をそれぞれオンラインで提供しており、Portsideは、依然として古風なシステムの民間ビジネス航空機のシステムを構築している。そして、「オンボーディング」フェーズはかなり長く続くと主張することができる。結局のところ、自動運転や空飛ぶクルマなど、まったく新しい形の輸送手段が発明されるだろう。しかし、我々はしばらくの間、「Excelスプレッドシートに集中する」段階にある。それで、それは疑問を投げかける:次は何か?モビリティイノベーションは「統合(integration)」フェーズに入っており、それについて我々は、いくつかの主要なトレンドに気づき、推測する。

地方、地域、国のインフラの統合

The merging of local, regional and national infrastructures

エアタクシーは、来るべき地方と国が融合するための完璧なシンボルである。地元の交通手段、タクシーと、長距離航空会社の代名詞である空の旅のような交通手段が1つになる。今後510年間で、空港から離れた場所や市内で、駐機場からエアタクシーで直行したいという人が増えるにつれ、バッグのチェックからセキュリティまで、空港が提供するものの一部を複製する方法を見つける必要がある。空飛ぶクルマ用に屋上を改造したり、高層ビルにラウンジやセキュリティを設置したりするビジネスは他にもあると思う。マンハッタンのミッドタウンで終わるフルフライトを販売するというアイデアは馬鹿げたことではない。そうするためには、より多くの航空会社が新しい形態のモビリティとのインターフェース方法を理解する必要がある。Landlineはこれに取り組んでおり、手荷物処理、セキュリティチェック、航空会社の予約システムへの統合などのインフラストラクチャを構築して、バス、電車、空飛ぶクルマなどを販売できるようにしている。しかし、この傾向は、都市と全国の間の境界線をかき分け(push through)始めている既存のプレーヤーにも当てはまる。地元のフードデリバリーとしてスタートしたRappiは、Rappi Travelを立ち上げた。通常は地域の相乗りであるBlaBlaCarは、スクーター会社とのコラボレーションを開始した。「モビリティ」がより包括的な用語になるにつれて、さらに多くのことが続く。地域およびローカルのプラットフォームから、いくつかの新しいより一般的なオンライン予約エンジン(OTA)が生まれることを期待している。

ライドシェアのプラットフォーム化

The platformification of rideshare

Gettは、法人旅行予約エンジンを立ち上げ、自社のライドに重点を置くのではなく、さまざまなライドオプションを統合して企業の出張者のニーズに対応するプラットフォームを構築することに重点を置いている。これは、多国籍企業にサービスを提供することはイノベーションではないことを認識している。イノベーションについては、統合についても存在する。それはおそらくすべての市場自体をカバーすることはできないだろう。モビリティが成熟するにつれ、この統合の傾向は高まり、すでに我々はそれを見ている。Mozioは早期適合者であり、Amex Global Business Travelなどの法人旅行プログラムと仕事をしていたが、今ではVollSkiprなどが法人旅行者を支援するために立ち上っている。
以前はリソースを新しい市場を征服するために費やしていたライドシェア企業が、実際にAPIにリソースを投入することを戦略とし始めていることに昨年気が付いた。Uberは、古いタクシーディスパッチシステムの1つであるAutocabさえも買収した。昨年、私は交通機関のスタートアップの悲しみの5つの段階について冗談を言った。それは、彼らがタクシーを殺そうとしていると思ってから、文字通りタクシーディスパッチアプリを購入するまで、Uberの転身のあまり明らかにされていない大変身だった。

モビリティは他のすべての交通手段とそれほど変わらないと考える企業が増えるにつれ、「社内」サービスとアウトソーシングサービスのバランスを伴って、最終的には相互に統合する必要のある地域およびセクターのチャンピオンが存在するようになる。

MaaSが独り立ちできるようになる

MaaS finding its legs

Whim / Maas GlobalTrafiTransitCitymapperMoovitなどのMaaSプレーヤーは、ルート計画/トランジットアプリの起動、サービスとしてのデータ販売、都市固有のパートナーシップは、たまたま先端にあった市当局によって立ち上げを制限されることがよくある ― Whimの都市パートナーを見て欲しい。文字通りそれらがあなたに利用可能な唯一のオプションでない限り、ウェストミッドランズとトゥルクでは誰も立ち上げられない。MaaSは現在、有名な「ハイプサイクル」で幻滅の谷にある。あまりにも多くの地元の交通機関が接続できず、あまりにも多くの地元のタクシーやライドシェア会社がAPIの開発に苦労していなかった。

 

それは変わり始めている。

 

地域および国の交通機関の詳細分析

The slicing and dicing of regional and national transportation

10年前、町を横断したい場合は、ほとんどの場合、公共交通機関またはタクシーを選択する必要があった。現在、公共交通機関、ドッキングバイクシェア、ドッキング電動バイクシェア、ドックレスeバイク、スタンディングスクーター、シッティングスクーター(Revel)、バンプール(Via)、カジュアルカープール、コミューターカープール、ライドシェアがある。すべての価格帯、時間、価格、利便性の間のすべてのトレードオフは、新しいタイプの輸送で考慮されている。地域および国の交通機関でこれが見られ始めている ― 一度に2人しか着席しないWiskからBladeの空飛ぶタクシーの注文は、これからの新タイプの良い例である ― 我々は、ヘリコプターとジェット機の間の主に構成されているエコシステムのバイナリの選択から、から、さまざまなタイプのユースケース向けのさまざまなオプションのフルメニューまで移動するだろう。ユナイテッド航空は15機のBoom Supersonic航空機を購入したばかりで、ニューヨークからロサンゼルスへの1時間のフライトは、現行6時間のフライトの2倍の費用がかかる世界を設定した。もちろん、これにより、既存のインフラストラクチャがますます多くの種類の輸送に対応する必要があるため、統合がさらに必要になる。

仲介業者の台頭

The rise of middlemen

モビリティの仲介業者にとって、タイミングはますます良いものになっている。 ツアーとアクティビティは、旅行業界の最近のアナログセクターだ。ツアーとアクティビティをオンラインにするだけで何年も費やし、RezgoFareharborPeekXolaなどの多数の予約プラットフォームが市場に取り組み、同時に1つのHop On Hop OffバスまたはSegwayツアーが登場した。Viatorは最初のアクティビティ予約プラットフォームを構築してから20年後に2億ドルで売却され(数年後、GetYourGuideなどは数十億ドルの企業価値があった)、今では、統合問題を取り扱うRedeamからIndieからTripAdmitのミドルマンが存在する。統合ビジネスまたはマーケットプレイスが存在するためには、十分な業界がオンボーディングされ、アクセス可能である必要がある。旅行やモビリティのプレーヤーがテクニカルハウスを準備万端整えるようになるにつれ、外を見る時が来た。

著者: David Litwakは、Ground Controlの創設者であり、Mozio創設者兼会長。彼はまた、PhocusWireKevin Mayと一緒にHow I Got Hereポッドキャスト共催している。(6/21 https://bit.ly/2SRjSed )

 

5. DeltaGDSフラットセグメントフィー放棄

71日に発効するDeltaとセイバー間の改訂された販売契約は、航空会社、GDS、および旅行アドバイザー間の標準的な商業支払いモデルを混乱させる可能性がある。この取り決めの下で、Deltaは航空会社-GDS商用モデル内で標準的なフラットセグメント料金を放棄し、代わりにその予約の価値(航空運賃)に基づいてセイバーに支払う料金を決定する。この動きは、Delta航空がレジャー志向のSabre Red 360と法人旅行志向のGet There予約ツールを通じてDelta Oneビジネスクラスのプレミアム座席や国内ファーストクラスなどすべてのプロダクトを表示する、より良い、より徹底的な仕事をするようにSabreを動機付ける航空会社の試みである。Deltaはまた、AmadeusTravelportGDSにも同じ支払いモデルを実装することについても話し合っていると、DeltaのグローバルディストリビューションのマネージングディレクターであるJeff Loblは述べている。 Loblは、航空会社がGDSの支払いに通常使用するフラットセグメント料金モデルは、マーチャンダイザーに検索結果で最低運賃を表示する標準的な方法を超えるインセンティブをほとんど提供しないと述べている。現在の標準的な販売アプローチは、プレミアム航空会社のブランドとしての地位を長年求めてきたDelta航空には適していない。Delta航空は、より高価な機内運賃クラスを含め、プロダクトライン全体で販売を促進したいと考えている。「他のプロダクトには顧客にとって多くの価値があることを我々は知っている」、「そしてSabreとの合意の意図は、これらすべてのプロダクトを顧客が利用できるようにするためにエコシステム全体を調整することであある。我々は、直販チャネルと同じ機能を間接チャネルにも導入しようとしている」とLoblは言う。

Loblは、予約額が増加した時にSabreに支払う計算式の詳細を開示することを拒んでいる。 Delta-Sabre契約は、Sabreが旅行アドバイザーに売り上げに対してどのように報酬を与えるかについては触れていない。Sabreは、新しいモデルが旅行代理店に「強化された価値」をもたらすと言う以外は、その問題についてほとんどコメントしなかった。Loblは、新しいアプローチが機能するためには、Sabreが、Deltaがハイエンドチケットと付随販売に支払う追加のお金の一部を、それらを予約するエージェントに渡す必要があると言う。業界の弁護士であり、Travel WeeklyのコラムニストであるMark Pestronkは、代理店とのインセンティブ方式を変更するには、Sabreが代理店契約を再構築する必要があると述べている。「唯一の変化がより高いインセンティブである場合、代理店が拒否することは想像できない」、「しかし、他のコンテンツに対するインセンティブが低くなるなど、トレードオフがあると思う」とPestronkは言う。新しいDelta-Sabre支払いモデルは、71日まで有効にならないが、Sabreはすでにマーチャンダイジングツールの近代化を開始している。 Deltaが開発を支援したSabreNew Airline StorefrontNAS)は、4月にRed 360で稼働した。 Sabreは、NASを、OTAで利用可能な航空会社間の運賃の比較可能性と、通常は航空会社の直販チャネルでのみ利用可能なプロダクトを組み合わせるように設計されたツールとして説明している。Sabreは、NASGet Thereに組み込む作業も行っている。DeltaSabre5月初旬に新しい合意を発表した時、彼らはそれを、変化を推進する業界初のモデルであると説明した。 

PhocuswrightのシニアアナリストであるNorm Roseは、航空会社は、報酬の計算式を価値ベースに変更しながら、間接チャネルでのプロダクトの提供をより適切に管理したいと長い間望んでいたと述べている。これらの要望は、旅行アドバイザーによるより多様な運賃の提供とプロダクトバンドルの販売を可能にするために、過去10年にわたってIATANDCの開発を推進してきたと彼は言う。 Roseによると、新しいDelta-Sabreの支払いの取り決めは、ウェブサイトなどの航空会社の直販チャネルと、GDSのような間接販売チャネルのインバランスに取り組んでいる旅行業界の進行中のビジネスモデルの変化(transformation)の一部である。「経営のリストラが起こっており、すべての旅行代理店は彼らが理解していることを確認する必要がある」とローズは付け加える。業界アナリストでAtmosphere Research Groupの創設者であるHenry Harteveldtは、新しいDelta-Sabre支払いモデルにより、Deltaが旅行アドバイザーを通じてプレミアムチケットをより多く販売することができた場合は、Sabreが他の航空会社にもこのモデルを売り込むだろうと述べる。しかし、Harteveldtはそれが効果的であるかどうかについて懐疑的である。「この戦略は正しいのか、それともDeltaは代理店に行って「プレミアムプロダクトを販売するなら、直接報酬を支払う」と言ったほうがいいのだろうか?」と彼は言う。Internova Travel Groupの航空会社担当上級副社長であるPeter Vlitasは、より悲観的である。彼は、代理店が新しいDelta-Sabre商用モデルに基づいてシェアまたは予約をDeltaに移動すると考える。しかし彼は、航空会社とGDSが協力しているこの近代化されたマーチャンダイジングアプローチにより、クライアントの主な焦点が可能な限り安いチケットを入手することである場合、旅行アドバイザーにとってより困難になるのではないかと心配する。Vlitasによると、エージェントは、古い「ブルースクリーン」GDSディスプレイで長い間使用していたのと同じように、すぐに利用できる比較方法で価格を理解できるようにする必要がある。

*この記事は元々Travel Weeklyに掲載された(6/22 https://bit.ly/3xEtnvS )

 

6. Attraction WorldTen Ocean Private Equity買収

英国を拠点とするテーマパークとアトラクションチケットのスペシャリストであるAttraction Worldは、Ten Ocean Private Equityに買収された。契約条件は明らかにされていないが、買収は、Attraction Worldの戦略的パートナーであるPrioticketへのTen Ocean Private Equityの以前の投資に続くものである。

Attraction Worldは、30ヶ国以上で70,000以上のツアー、アクティビティ、アトラクションと直接連携して、旅行パートナーがアトラクションチケットの売り上げを伸ばすのを支援している。2005年の設立以来、同社は500万人以上の顧客がアトラクションを事前予約できるようにして来た。パンデミックの中で、Attraction WorldPrioticketの技術を利用して製品ポートフォリオを拡大した。PrioticketAPIテクノロジーは、ウォルトディズニーワールドリゾートフロリダ、ユニバーサルオーランドリゾートフロリダ、シティサイトシーイングワールドワイド、ホーンブロワー、シーワールドパークス&エンターテインメントなどと接続している。(6/22 https://bit.ly/35JTCoP )

 

7. On The Beach、中間決算 減収440万ポンド

On The Beach GroupOTB)は、2021331日までの6ヶ月間で440万ポンドの半期収益を報告した。この数字は、英国を拠点とするオンライン旅行会社の前年比79%の減収を表している。グループの粗利益は前年比42%減の340万ポンドで、税引き前損失はほぼ22百万ポンドとなった。同社によれば、331日現在の現金は3,000万ポンドで、これには信託口座に保管されている顧客のお金は含まれていない。OTB Groupは、7,500万ポンドのクレジットファシリティにもアクセスできる。同社は5月、COVIDに関連する不確実性が続いているため、2021年夏の休暇旅行を販売しないことを発表した。OTB Groupの最高経営責任者であるSimon Cooperは次のように述べている。「2021512日に発表されたように、取締役会はグループのオフセール期間を2021630日から831日まで延長する決定を下した。最近のポルトガルの状況が緑から琥珀色に変化したことを考えると、取締役会が、顧客がさらに混乱と失望に苦しむことを避けるために、この決定を早期に下したことを嬉しく思う」

同社は、競争市場局(the Competition & Markets Authority)が、払い戻しを提供しないことで一部の航空会社が消費者法に違反しているかどうかを調査していることを喜んでいると付け加えた。OTBによると、キャンセルされたフライトについては引き続き顧客に返金され、331日の時点で、航空会社は約1,200万ポンドを所有していた。Cooperは、「彼らの休暇旅行がキャンセルされた場合に払い戻しされる。これらすべてが、消費者が公平に扱われることを保証すると同時に、最も必要とされる時に自信を取り戻すのに役立つ」と述べている。Cooperはまた、OTB理事会は、業界が回復するにつれて、同社が市場シェアを拡大するのに適した場所にあると確信していると述べている。(6/22 https://bit.ly/3qrghA0 )

 

8. ビッグチェア:Stan BolandFive

Stan Bolandは、半導体業界の多くの企業を設立し、成功裏に撤退したテクノロジー分野の起業家である。2015年、彼は自動運転技術のスペシャリストであるFiveを共同設立した。Fiveは、車載ソフトウェアをさらに開発するために、20203月に4,100万ドルのシリーズB資金調達を発表した。2019年、同社はロンドンで自動運転車のテストを実施した。

シリーズB以来、Fiveはプロトタイプの自動運転システムの研究開発を続けて来たが、現在は高度に統合された包括的なクラウドベースのワークフローを製品化して、それを使用できる顧客に提供することを目的としている。自動運転システムを開発、テスト、設計して、実稼働展開を実現する。 B2CではなくB2Bに焦点を当てているということは、いくつかの大手自動車メーカーと強固な関係を築き、この業界が必要としているもの、つまりテクノロジー企業と企業間のスキルの融合を正確に実現し始めていることを意味する。(以下省略)

(6/22 https://bit.ly/3zO010a )

 

9. プライベートエクイティ、Enseo買収

プライベートエクイティ会社のH.I.G. Capitalは、ホスピタリティ業界向けの室内エンターテインメント、Wi-Fi、スマートルームオートメーション、エネルギー管理、その他のテクノロジーソリューションのプロバイダーであるテキサスを拠点とするEnseo過半数の株式を取得した。 取引条件は明らかにされていない。Enseoはこの投資により、「ホスピタリティの革新を続け、高齢者向けの生活、教育、ヘルスケア、その他の新しい垂直市場に積極的に拡大する」と述べている。同社によれば、同社のシステムは現在、マリオットインターナショナル、ヒルトン、ラキンタ、インターコンチネンタルホテルズグループなどのブランドの世界中の30万室以上のゲストに使用されている。Enseoの創設者兼CEOであるVanessaOgleは引き続き取締役会の議長を務め、委員会のプロセスを通じて新しい最高経営責任者が指名されるまで暫定CEOを務める。(6/23 https://bit.ly/3jcDUKT )

 

10. 短期レンタル予約定着

多くの短期賃貸プラットフォームは、人々が柔軟性を高めて旅行するにつれて長期滞在の傾向を宣伝しているが、新しいデータは、消費者がより短い滞在とより長い予約期間に復帰していることを示しており、旅行が「正常化」していることを示唆している。AirbnbBooking.comVrboTripadvisorなどのプラットフォーム全体の予約パターンを分析したGuestyによると、この夏の米国での滞在は、2020年の5泊に対して、2021年の4.3泊で、昨年に比べて14%短くなる。滞在期間は、2019以前の平均4.1泊に近い。20217月の滞在期間は、昨年の7月より14%短く、20197月と同じ滞在期間である。その月の予約料金は20207月と比較して29%高く、COVID前の20197月よりも29%高くなっている。8月と9月の予約の滞在期間は、昨年の同時期と比較して、20218月で19%、202197%短くなっている。両方の月の予約は、2020年と比較してコストが30%高くなる。 2019年と比較して、20218月の予約は26%高く、20219月の予約は34%高くなっている。一般的に、米国では、制限が緩和され、鬱積需要が旅行を開始しているため、予約のコストは昨年と比較して今年の夏に30%高く、2019年と比較して28%高くなる。米国の国内旅行のシェアは、COVID以前と比較して今年12%増加しており、国内の予約の90%以上が国内旅行者によって占められている。短期賃貸物件にソフトウェアを提供しているGuestyによると、プロパティマネージャーやプロのホストは、すでにこのオーディエンスをターゲットにしているため、国内の旅行者をターゲットにすることに重点を置くのが簡単であった。それに比べて、英国では、回復が遅れ、国内旅行への依存度が歴史的に低くなっているため、プロパティマネージャーやプロのホストはマーケティング戦略を大幅に変更する必要があった。その結果、英国の国内旅行のシェアは、COVID以前と比較して今年はほぼ2倍になり、76%増加した。夏の残りの期間(7月から9月)の英国の予約数は2020年より700%、2019年より22%多くなっている。予約の費用は2020年と比較して1泊あたり30%高く(171ポンド対132ポンド)、2019年の価格と比較してほぼ22%高くなる。これにより、ホストは2020年からの損失の一部を取り戻すことができる。20217月の平均宿泊料金は、20207月より41%高く、20197月の平均宿泊料金より13%高くなっている。20218月の平均宿泊料金は、2020年より13%高く、2019年の平均宿泊料金より25%高くなっている。 20219月の平均宿泊料金は、2020年より33%高く、2019年の平均宿泊料金より54%高くなっている。平均して、旅行者は7月に1泊あたり160ポンド、8月に177ポンド、9月に178ポンドを支払うことになる。

オーストラリアでは、国内旅行のシェアは、COVID以前と比較して40%増加している。 2021年冬(6月から8月)は2020年より226%高く、2019年より12%高くなっている。1泊の平均料金は現在253豪ドルで、昨年に比べてほぼ83%増加している。オーストラリアでの冬の予約の滞在期間は2日間短縮され、再び正常に戻ったことを示している。

米国の見通し

U.S. outlook

Guestyによると、メモリアルデーの週末の予約は2020年と比較して71%、2019年と比較して43%高く、1泊あたり226ドルで、2020年の滞在より71%、2019年の滞在より9%多くなっている。来たる74日の週末の予約量は、2020年と比較して140%、2019年と比較して47%増加している。週末の滞在は2020年より17%高く、1318ドル。昨年は休日の間際予約が一般的であったが、消費者は今ではもっと前もって予約している。米国の秋冬休暇も予約数が急増し、量と価格がCOVID以前の数値を上回っていると予想される。

202111月と12月の予約数は、202011月と12月よりもすでに157%増加しており、2019年の同じ月よりも80%増加している。感謝祭の休暇の予約数は、2020年と比較して56%、2019年と比較して39%増加している。旅行者は、旅行あたり平均4日間の滞在を計画している。(6/23 https://bit.ly/2TYn2No )

 

11. フォーカスライト ヨーロッパ2021

1年間の休止の後、ヨーロッパの旅行業界は新たなスタートの準備ができている。しかし、長くて痛みを伴う一時停止後の再充電は、長いプロセスとなる。内外の力がまだ働いており、回復と後退の間に亀裂が生じている。制限、プロトコル、ヘルスパスポート、およびまだナビゲートする必要がある感染テストの迷路を考慮すると、リバウンドは開始時に不均一になる。そして、失ったタレントをどのように取り戻し、壊れたサプライチェーンを再構築するか?旅行業界は確かに何年にもわたって生き延びて来たが、パンデミックは誰も不安に陥れている。今こそ、旅行者と目的地、サプライヤーとディストリビューター、技術プロバイダーとプラットフォームがページをめくる時だ。
Phocuswright Europe 2021
のテーマである「Writing the Sequel(続編を書く)」は、過去の業績と過ちから学び、その後も幸せを目指すことを業界に求めている。今こそ、サービスを改善し、何十年にもわたって存在していた可能性のある問題を解決すると同時に、まったく新しい課題と願望のリストに取り組むための最大限の努力をする時である。過去のバージョンは問題なかったが、続編は ― より満足のいく旅行者、より安全で安全な交通機関、望ましい宿泊施設、改善されたサービス、持続可能な目的地、そして効率的なプロセスで、さらに優れているはずだ。

続編では以下に焦点が当てられる:

  • 資金の流れとビジネスモデルの変化
  • 古いパワーストラクチャの解体
  • 人間のプロセスを変革する自動化の台頭
  • 旅行を統合したり、潜在的に私たちを分割したりできる新しい基準と規則
  • パンデミック後の世界の絶壁で旅行者の期待に応えるための課題

1年間、ヨーロッパの旅行会社は苦しみ、結束し、可能な限りピボットした。今があなたの可能性を取り戻す時だ。旅行者は旅行の最初の機会に飛びつく準備ができており、業界はその溜まった需要を満たす準備ができている必要がある。立ち往生することは、回復への第一歩だ。Phocuswright Europe 2021:続編を書くことで、地域と世界中の主要な業界関係者が集まり、旅行の次の段階について話し合うことができる。

業界のプレーヤーがこの新しい不安定で有望な環境で競争するためにプレイブックをどのように更新したかを聞くために私たちに参加してく欲しい。このような2回目のチャンスはあまり存在しない。

ショー前の分析

PhocusWireは、イベントに先立っていくつかの重要なディスカッション領域を調査した。

  • 旅行のパンデミック後の現実:実際に何が変わったのか?
  • 旅行の回復と責任:正しいことをするチャンス
  • 直接予約の推進:ホテルは両方の方法でそれを行うことができる
  • 別の機会:法人旅行の続編のパンデミック後は何か?

セッションのハイライト

628日月曜日:

  • スタートアップのためのSummitコンペティション ― TroopTravelPace RevenueIndie CampersRoomPriceGenieZytlynFlyNow Aviationをフィーチャー。
  • 確立された企業のためのLaunchコンペティション ― The Data Appeal Company、 Fornova、 Qtravel.、 ReTravel TechnologiesTable4OneRoadTravelをフィーチャー。

629日火曜日:

  • 神話か現実か:実際に何が変わったかについての大きな議論 ― Axel Hefer(トリバゴ)とAileen McCormack (カートローラー)
  • 直販の推進:ホテルは立ち上がるのか、それとも助けを受け入れるのか?Maud Bailly (Accor) Tim Davis (Pace Dimensions)
  • 出張の再発明:誰が今旅行に行くのか? ― Niklas AndreenCWT)とChampa MageshTrainline
  • 回復と責任:彼らは手をつないで行くことができるか? ― Sally Davey (Travalyst)
  • 旅行のサブスクリプションとロイヤルティの価格:それらは機能するか? ― Kanika SoniTripadvisor)とLennert De JongCitizenM

630日水曜日:

  • 女性創設者のための旅の追跡 ― Vanessa De Souza LageRentals United)、Charlotte FranzellinTrippers)、Pavlína ZychováMyStay
  • 巡航高度:長い道のり? ― Sophie DekkersEasyJet
  • 救助へのデジタルマーケティング?ベストプラクティスの再評価 ― Chris BlaineSojern)とPablo DelgadoMirai
  • 目的地のジレンマ:準備ができているかどうか? ― Dimitris Fragakis(ギリシャ国立観光協会)とMiguel Sanz CastedoTurespana
  • 大きな分裂:業界は旅行者の不平等を回避できるか? ― Rohit Talwar (Fast Future
  • 次の章または新しい物語? ― Ariane GorinExpedia Group

その他のプログラムのハイライト

  • ヤングリーダーズサミット
  • 業界の円卓会議
  • 分科会:エクスペディアグループ及びWorldPay from FIS 

(6/23 https://bit.ly/2U2KvgE )

 

12. 現代の法人旅行管理テックはテックに終わらず

パンデミックの回復が続き、企業が出張旅行に戻るにつれ、多くの企業が法人旅行管理テクノロジーを近代化する機会を掴んでいる。しかし、洗練された安全な技術スタックは不可欠だが、技術だけでは十分ではない。法人旅行の次の段階を計画する際に、企業は、旅行プログラムの目的を理解し ― それらを満たすために ― 、目的を意識して、ゼロから構築された技術を模索する必要がある。意思によって全ての技術的機能を作成することにより、企業は企業の旅行管理テクノロジーの可能性を最大限に引き出し、成功の可能性を最大限に高めることができる。効果的なテクノロジーソリューションは、クライアントとエンドユーザーがビジネス効率やコスト削減、従業員の安全、生産性、幸福、そして環境意識と保護などの主要な目標を達成できるように細心の注意を払って設計される。COVID後の世界では、これらの目標はさらに緊急になる。これらの目標を達成することに焦点を当てたテクノロジーは、パズルの重要な部分である。

これは、PhocusWireTripActionsに関連して作成した独占レポートであり、エンドユーザー向けに設計されたツールがより効果的ではなく、COVID後の旅行に不可欠である理由を検証する。フォームに記入すると、完全なレポートをダウンロードできる。(6/24 https://bit.ly/2T4BALd )

 

13. 新興企業ステージ:Routespring

フィールドセールスおよび小売マーチャンダイジングチームには、独自の出張ニーズが存在する。最も顕著なニーズは、直前の旅行予約、一元化された支払い方法、きめ細かいポリシーコントロール、およびリアルタイムの承認プロセスだ。過去12ヶ月で、Routespringの旅行予約全体の96%がポリシーに準拠し、ホテルの予約の91%が同じ日に行われ、承認の100%がリアルタイムで処理された。Routespringの使命は、すべての中小企業にエンタープライズグレードの旅行ソリューションとプレミアムサービスへのアクセスを手頃な価格で提供することである。Routespringは、モバイル性の高いフィールドチームの取り扱いのエキスパートである。社内のカスタマーサクセスチームは、ロードウォリアー(出張者)がビジネス目標を達成し、安全に帰宅できるようにするために、常に複数のチャネルからアクセスできる。

Routespringの技術: 

·       財務チームが旅行費を効果的に管理できるようにし、ポリシー(出張規定)をきめ細かいレベルで構成できるようにする(たとえば、最低論理運賃に基づいて相対価格制限を設定する)。

·       リアルタイムの承認プロセスを備えたマネージャーが、柔軟に管理できるようにする

·       旅行者は、豊富なプリペイド在庫の提供により、翌朝5までホテルを予約できる。

·       現場の担当者が自己負担で支払う必要がなく、管理チームが払い戻しを処理する必要がないように、中央の企業請求方法を構成する機能を提供する。

·       ユーザーフレンドリーなモバイルアプリと応答性の高い旅行サービスデスクを通じて、外出先で旅行を予約する際の機動性を確保する。

ビジネスもでは、使用量ベースの料金モデルがあり、アクティブユーザーごとに月額料金を請求する。現在、月額実行料金は26,000ドルである。

過去12ヶ月間、フィールドチームが2,000を超える目的地の店舗を訪問するのを支援して来た。これから1年で、5,000の目的地にサービスを提供したいと考えている。(6/24 https://bit.ly/2U50p9W )

 

14. オーソドックスを乗り越えたダイバシティー

トロントで育った二重移民として、ニューヨークで10年を過ごし、最終的に上海でライフスタイルホテルのブランドを立ち上げた私は、地球上で最も多様で多文化的な場所に住み、そこで働くことの恩恵を享受した。また、デロイト、アクセンチュア、ヒルトンなど、ダイバーシティ賞を受賞した企業で働いたこともある。調査によると、差別は、教室での講義や企業研修ではなく、それを直接体験した人によって最もよく理解される。 2007年、ヒルトンで企業開発担当上級副社長を務めていた際、アリゾナ州フェニックスにあるウォルドーフアストリアリゾートの取締役会に出席していた。プレゼンテーションに続く非常に徹底的な質疑応答の後、私はネクタイを外し、レンタカーを取りに行くために係員に歩いて行った。係員が車を取りに行っていたので、私はこの象徴的なリゾートで他の数人のホテルのゲストと一緒におとなしく待っていた。数分の間に、1人ではなく3人の白人男性が、ヴィンテージのスポーツカーの車のキーを私に渡して、私を係員と間違えた。私は、「ここでは彼らが褐色人を信頼する数少ない場所の1つ」と皮肉げに語った実際の係員に鍵を渡した。 3人全員が不動産および金融会社のCEOであり、リゾートに頻繁にゲストとして訪れていたことが分かった。この経験の暗黙のバイアス(偏見)は意気消沈させるが、ホスピタリティ業界の上級幹部に到達する際に女性や少数民族が直面する明示的な障壁と比較すると大したことではない。ホテル会社のトップには多様性がないことを考えると、経営幹部が常識的なやり方から抜け出すことがさらに重要だ。 2012年に上海のCachet HotelsCEOに就任した際、私は多様性の増大を支持し、それをCEOとしての私の上位3つの目標の1つにした。

多くのアジア市場では、ホテルの所有者は、一流の国際的なホテルブランドを、通常それらを管理している背の高いハンサムなヨーロッパ人男性と強く結び付けている。このような関わりにもかかわらず、2012年、Cachet Hotelsは、ホテルとレストランのゼネラルマネージャーの50%を女性およびマイノリティにするという大胆な目標を設定した。当時、中国のホテル労働力の70%は女性であったが、フルサービスのホテルゼネラルマネージャーの女性は5%にすぎなかった。Cachet Hotelsの多様性イニシアチブは、上海での最初の中国の記者会見で明確に述べたトップダウンの意思決定によって導入され、中国本土のヨーロッパ人男性のために仕事の経験全体が働いていたホテル運営者に受け入れられ、広く採用された慣行に成長した。 5年後、私たちは中国、その他のアジア、南北アメリカのホテルとレストランのポートフォリオ全体で目標を達成した。また、数年後の2015年に、Accorがアジア太平洋地域の女性ホテルのゼネラルマネージャーの35%という目標を発表したことも嬉しく思う。私は数年前に米国に戻り、ホテル業界のベテラン、データサイエンティスト、技術者と提携して、実力主義を完成させ、多様性を加速することを使命とするエリート人材市場であるMogulRecruiterを作った。 MogulRecruiterでの調査によると、女性とマイノリティは、米国のホテルの最前線の60%と40%を占めている。ただし、米国のホテルのゼネラルマネージャーの20%だけが女性で、10%がマイノリティだ。黒人は最前線の15%を占め、ホテルのゼネラルマネージャーのわずか1%を占めているに過ぎない。

データの分析には数年かかったが、多様な人材プールをランク付けし、その価値と年間報酬を予測するアルゴリズムを開発した。今日、私たちの人材データベースには、スーパーバイザーの役割以上の50万人を超えるエリートホスピタリティリーダーがおり、50%以上の女性と33%がマイノリティとして特定されている。しかし、私たちの仕事はまだ始まったばかりだ。これらのリーダーシップの経験と「データの泳ぎ(swimming in the data)」を通して、私はホスピタリティ業界で多様な人材を調達し、育成することについて1つか2つのことを学んだ。今日、ホテル業界の統合により、エグゼクティブランクは小さな世界になった。私の以前の同僚、所有者、ビジネスパートナーの多くは、現在、主要なホテルブランドや不動産グループのCEOになっている。ほとんどは非常に洗練されており、勝利の文化を構築することに深く関心を持っており、不動産、不動産運用、オンライン流通での勝利を定義する明確な指標を確立している。しかし、2020年以前は、多様性を経営陣の最優先事項の1つとして設定している人はほとんどいなかった。多くの人は彼らの善意にもかかわらず沈黙を守っており、ソーシャルメディアプラットフォームの多様性の擁護者としてブランドをマーケティングするために多額の投資を続けている。ホテル業界は依然として非常に保守的であり、部外者のCEOはほとんど存在しない。「この業界でビジネスを行う方法」について正統性(orthodoxies)や深い信念を持っている可能性がある、同じ業界や会社に長期間いる最も優れたビジネスリーダーでさえもこの傾向が強い。これらの広く採用されている正統性は、投資コミュニティ、メディア、学者、業界団体、大学によって永続化されている。それらのすべての正統派が有毒であるわけではないが、最終的に混乱の原動力となる大規模な死角を作り出す。ホテルのCEOは、多様性を加速するために挑戦しなければならない有毒な正統性を特定することから始め、次に、それらが覆された場合にどのような機会が可能になるかについてブレインストーミングすることができる。プロセスを開始するために、ホテル業界の多様性に関する5つの業界の正統性を以下に示す。

1.CEOのダイバーシティアジェンダの焦点は、取締役会と人事リーダーである必要がある。これには、本社の強力なダイバーシティ部門も含まれる。」

1. “The focus of a CEO’s diversity agenda should be the board and human resources leader, including a strong diversity department in the corporate office.” 

2.「従業員と人材パイプラインに関する多様性データは、社内外の両方で機密に保つのが最善である。」

2. “Diversity data on employees and the talent pipeline is best kept confidential both internally and externally.”

3.「私たちの人件費はすでに高すぎて、多様性は私たちの採用、トレーニング、および訴訟費用を増やすだけだ。」

3. “Our labor costs are already too high, and diversity will only increase our recruiting, training and legal costs.”

4.「離職率を減らし、健康を確保するための最良の方法は、評価と性格検査を使用することである。」

4. “The best way to reduce turnover and ensure fit is to use assessments and personality tests.”

5.「私たちの業界にはすでに十分な多様性が存在する。 直接の競合他社からタレントを盗もう。」

5. “There’s already enough diversity in our industry. Let’s just steal talent from our direct competitors.”

5つの項目の説明は省略してある)

(6/24 https://bit.ly/3h1uuzk )

 

15. パンデミックの旅行サステイナビリティへの影響

世界がゆっくりと再開し、旅行が再開するにつれて、Booking.com最近の調査では、パンデミックが持続可能性と将来の旅行方法に関する消費者の見方に影響を与えていることが判明した。30の国と地域の約30,000人を対象としたオンライン調査によると、46%が、パンデミックにより、将来、より持続可能な旅行をしたいと考えていると答えている。調査結果は、同社のSustainable Travel Report 2021詳しく説明されている。また、Booking.com2016年に最初の持続可能な旅行を調査して以来、来年に少なくとも1回は持続可能な宿泊施設に滞在する予定の旅行者の割合は、2016年の62%から2020年の74%に、2021年には81%に増加し昨年最大となった。調査対象者の旅行に関する最大の懸念には、使い捨てプラスチック(43%)、地元の野生生物や自然生息地への脅威(38%)、人気のある目的地の過密(34%)、二酸化炭素排出量(22%)などの過剰廃棄物が含まれる。 しかし、Booking.comのレポートは、旅行者が望んでいることと期待していることと、宿泊施設プロバイダーが行っていることと共有していることとの間にギャップがあることを発見している。 旅行者の61%は、持続可能性の実践を実施した場合、滞在する場所を選択する可能性が高いと述べているが、約40%は、持続可能な旅行の選択肢が十分でなく、旅行を計画する時にそれらを見つける方法が分からないと述べている。 4月、Booking.com20ヶ国の3,400の宿泊施設プロバイダーを調査し、約4分の3が自社の施設で持続可能性の実践を実施しているものの、3分の1未満(31%)が潜在的なゲストに積極的にそれを伝えているが、そのほとんどはチェックイン時まで待ってそれを伝えている。 より持続可能な滞在オプションの可視性を高めるために、今年の初めから、Booking.comはプロパティページに持続可能性認証を表示している。この認証は、the Global Sustainable Tourism Council, Green Tourism the EU Ecolabelなどの認証機関、および複数のホテルチェーンの持続可能性プログラムから直接提供される。 現在、Booking.comに世界中でリストされている5,600以上のプロパティには、少なくとも1つの認証が表示されており、さらに数千のプロパティが、プロパティページに表示されるバナーで持続可能性への取り組みを共有している。  Booking.comはまた、オンラインのパートナーハブを通じて、持続可能性に関するデータとベストプラクティスをプロパティと共有している。(6/24 https://bit.ly/3h23JL9 )

 

16. 旅行業界、信頼のギャップをマスト修復

世界中の消費者が再び旅行を計画している時、10ヶ国にわたる新しい調査では、価格設定、健康と安全、および個人データの使用に関する透明性とコミュニケーションに関連する問題に対処することにより、業界が信頼を取り戻す必要があることが分かった。Travelportは、2000年以来、消費者の信頼を分析しているコンサルティング会社EdelmanEdelman Trust Barometer11,000人の旅行者の調査を委託している。「これは、リセットを押す一生に一度の機会だ。消費者から得る人はそれほど多くないので、この調査の教訓を取り入れて、業界がより早く立ち直ることができるように、それらを迅速の回復に適用することが重要である」と、Travelportの最高マーケティング責任者であるJen Cattoは述べている。Cattoによると、この結果は、消費者がAmazonなどのブランドに牽引されてオンラインショッピングに一定の期待を抱いており、旅行業界(代理店とサプライヤーの両方)が信頼できるeコマースエクスペリエンスを生み出すためにより多くのことができると信じていることを示している。「この調査から私たちが学んだことは、パーソナライズ、関連性を生み出すためのデータの適切な適用、利便性と価格の透明性を通じて消費者が慣れ親しんだ方法で購入するように訓練されていることだ。この慣行が旅行スペースにも移っているが、私たちの業界はそれに適応するのが遅いと思う」と彼女は言う。

回答者は、旅行会社を信頼するための上位2つの要因は、ショッピングプロセスにおける「隠れたコスト(hidden cost)がない」(55%)と「完全に柔軟または返金可能なプロダクト」(45%)であると述べている。しかし、彼らはそれらを最も重要な要素として選択している一方で、回答者の大多数は、業界がこれらの期待のいずれかを満たすことに成功しているとは思わないとも述べている。

「価格の透明性は誇張することはできないほど重要だ」、「状況を説明すると、隠れたコストがないことは、航空会社の長期的な安全記録よりも信頼に16%大きな影響を及ぼす。ここでの消費者からの要求は明らかだ。隠れた料金をなくし、価格設定とコミュニケーションの全体的な透明性を向上させる時が来た」とTravelportCEOGreg Webbは述べている。

ソースを信頼する

Trust the source

調査によると、消費者は旅行情報の情報源にも警戒しており、最も信頼できる情報源は友人や家族(67%)であり、最も信頼できない情報源は影響力のある人物(30%)や有名人(25%)である。「私たちの経済の大部分を占める次世代の旅行者、つまりZ世代を見ることが重要だ。彼らは、ほぼすべてのカテゴリを信頼していない」とCattoは言う。「したがって、情報について本当に透明であることが、この消費者セグメントにとって重要である。彼らはゲームを理解し、スポンサーコンテンツがどのように機能するかを理解し、(pay to playの)インフルエンサーがどのように機能するかを理解していると思う。旅行者の大多数(56%)は、業界がCOVIDの健康と安全対策の実施に成功していると述べているが、多くの人がサプライヤーによるこれらの対策の実施に自信がないことを表明した。回答者の46%だけが、サプライヤーが空気ろ過を改善するための措置を講じたと信じており、社会的距離を強制し、搭乗と待ち行列を管理することを信頼しているのは50%だけである。Cattoによると、これは業界が適切な対策を講じるための最善の努力にもかかわらず、コミュニケーションの欠如が信頼のギャップを生み出している分野である。「私は15ヶ月間自分自身をとても保護して来たが、今は旅行の準備ができている。彼らは今まで実施して来た私の健康と安全の経験を気にかけてくれるだろうか。これらは旅行者が今持っている種類の質問である」と彼女は言う。

データのプライバシーも回答者の懸念事項であり、旅行会社が適切な使用ガイドラインに従って個人情報を使用することを信頼していると回答したのはわずか40%である。旅行者は、11の会話(46%)、過去の予約行動(46%)、および忠誠活動(44%)を通じて積極的に共有したデータを使用して、旅行会社に満足していることを示している。しかし、旅行のサプライヤーや代理店が、ソーシャルメディア、クレジットスコアや過去の買い物、検索、他社との予約行動などの公開記録などを介して間接的に情報を入手する場合、彼らは快適ではなくなる。旅行会社にとっての朗報は、信頼を生み出すことは予約行動に直接関係する可能性があることである。回答者のほぼ半数(46%)が、旅行業者を選ぶ際に他のすべての要素よりも信頼を優先すると述べている。「このリセットの一部は、これらの信頼のギャップが何であるかを理解し、消費者との関係を再構築し、彼らのドルが、どれほど価値があるかを知ることだ」、「そのため、業界としての彼らとのコミュニケーションを再考する必要がある」とCattoは言う。

(6/24 https://bit.ly/3vZbwi6 )

 

17. グーグル、旅行検索急増

Googleは、絶望的な消費者が再び旅行することを明らかにする数字を発表した。 同社によれば、5月の旅行の検索需要は20205月と比較して270%増加しており、この数字はさらに増加する可能性が高いとのことである。当然のことながら、国の制限が解除されたため、ポルトガル行きの定期便の検索は5月末に急増し、英国に滞在する場所の検索は前年比で75%以上増加した。

Skyscannerの最近の数字は、今週英国のグリーンリストに掲載された目的地の検索ボリュームが大幅に増加していることを明らかにしている。パルマ、マヨルカへの検索は24時間で690%増加し、イビサ検索は845%増加し、マデイラへの検索は同期間に1,749%増加した。Googleは、この調査が、消費者からのニーズと懸念が変化していることを明らかにしていると指摘する。たとえば、Skyscannerによると、旅行会社は今年後半に向けて事前予約が増加しているとのことである。さらに、「ビーチホリデー」という用語の検索は2020年に着実に増加しているが、「シティブレイク」は2019年のレベルと比較してまだ回復していない。 アクティビティーも消費者の心に浮かぶようであり、「近くのレンタル」という用語は、前年比で100%の世界的な成長を見ている。このカテゴリの上位の検索には、近くのカヤックレンタル、近くの自転車レンタル、近くのボートレンタルが含まれる。英国の消費者が安全に制限の範囲内でどこに行くべきかを理解するにつれて、Googleは、「旅行先」などの用語の検索がYouTubeでの旅行関連コンテンツの視聴とともに増加していると言う。このような激動の時代にマーケターを支援するためのGoogleのヒントには、パンデミックに関連するものと今後残るものを識別するための傾向の監視と、さまざまなオーディエンスに対するさまざまな戦略の実装が含まれる。(6/25 https://bit.ly/3qpMR5j )

 

18. 直言:自動運転車の複雑性まだ未解決

自動運転車の分野である程度の能力を発揮しているセクターの人に、旅行セクターとの関係について尋ねると、同じ様な見解が得られる。チャンスは大きいが、この初期段階の問題も同様に大きいと彼らは言う。テクノロジーはそこにあり(安くはないが)、情熱的な支持者が居る(Alex Bainbridgeのような人々に聞いて欲しい)。そして、車両の電気的性質を外すと、多くのボックスが持続可能性の課題にチェックされる。Waymoの最近の資金調達が示すように、資金も注ぎ込まれている。しかし、しかし、しかし・・・多くの新しいテクノロジーやアイデアには「しかし」は常に存在する。一般の人々には信頼の問題があり、多くの人は、すべての作業を実行し、システムを安全に保つためにシステムに依存しているデバイス(ほとんどの場合、厳重に保護されたデバイス)の概念についてまだ確信がない。これは克服されるだろう ― 最終的に。

しかし、苦労しているのはユースケースである ― ある形態の輸送は自動運転ユニット(たとえば貨物)の導入に適しているが、他の形態はあまり明確に定義されていない。そして最後に、自動運転はまだ未来的な現象であるように見える ― 将来的に、そのうちに楽しみにしてさらに捕らえるものである。

これは、まだ揺籃期にある技術の導入を検討するのではなく、COVID-19パンデミックから回復するためにできる限りのことをしようとしているセクターに特に当てはまる。自動運転が多くのブランドの研究開発リストの重要な議題になるのは、おそらく2022年と2023年のことだろう。しかし、これは間違いなく良いことであり、テクノロジープロバイダーとコンセプトのチャンピオンに、まだ懐疑的な旅行者を説得するために必要な教育を継続する機会を与えている。(6/25 https://bit.ly/2U1uFCL )

 

19. 私の足跡eps70: Jeremy Gall, FlipKey

立ち上げ前に大手ブランドとのパートナーシップ契約に署名するスタートアップは多くない。そして、買収による撤退がどのようになるかなど、同じ取引に詳細が書き込まれる新規事業はおそらくさらに少ないだろう。しかしこれは、2007年にバケーションレンタル市場を軌道に乗せるためにTripadvisorとのパートナーシップを確保した際、米国のボストンに拠点を置くFlipKeyに起こったことである。これは、当時の民間宿泊施設の市場の開拓時期だったためではなく(他の多くの理由から、これは当時のレンタル市場の状態であったが)、Expedia Groupの当時の企業開発担当上級副社長であったMark Okerstromは、このTripadvisorとの合意を構成し何が現れるかを理解していた。元弁護士のジェレミー・ガルは、FlipKeyの共同創設者の一人であり、最初の署名が会社にとってどれほど重要であったかを知っていた。Tripadvisorは最終的にExpedia Groupから離れ(Okerstrom2017年から2019年までExpediaCEOになった)、2012年にFlipKeyを買収する契約の条件を順調に進めた。Gallは、仲間の共同創設者と同様に、契約後約1年間滞在し、その後、レンタル技術およびサービスプラットフォームBreezewayを立ち上げ、そのヘッドになっている。彼はHow I Got Hereの最新ゲストとして私たちに加わる。(6/25 https://bit.ly/3qqwLZ3 )

 

20. 621の週の資金調達記事

·        Handiscover

障害者や特別なニーズを持つ人々の旅行を可能にすることに焦点を当てたスウェーデンのスタートアップであるHandiscoverは、宿泊施設市場を成長させ、B2Bアクセシビリティ管理プロダクトを開発するために165万ユーロを調達した。資金の大部分(150万ユーロ)は、20205月にHandiscover160万ユーロの助成金を提供した欧州連合の投資プログラムであるEuropean Innovation Council Fundからのものである。残りの資金は、HOWZAT PartnersAlmi InvestTranquility CapitalなどのHandiscoverの既存の投資家から提供される。

2015年に設立されたHandiscoverは、身体の不自由な人に適した宿泊施設のオンラインコミュニティおよび予約サイトとして始まった。CEOSebastien Archambeaudによると、HandiscoverB2Bプロダクトはすでにスウェーデンで勢いを増しており、現在、同社はそれをヨーロッパ全体および世界中に拡大する予定である。Handiscoverの宿泊施設市場には、ほぼ100ヶ国に35,000を超える物件があり、同社がアクセス可能であると確認している。Archambeaudによると、同社は2022年にシリーズAラウンドの資金調達を計画しているという。(6/22 https://bit.ly/3gTY2QF )

 

·        Traveltek

旅行パッケージング技術のスペシャリストであるTraveltekは、130万ポンドの投資を集めた。スコットランドを拠点とする会社の資金調達は、YFMFTIが管理するファンドから行われる。YFMは過去にTraveltekに投資しており、同社の国際的な拡大を開始することを目的として、2016年に発表された530万ポンドの資金を調達した。声明によると、最新の投資は会社の製品ポートフォリオのさらなる開発を可能にするだろう。また、2018年に開始された米国でのTraveltekの拡張に向けて、最初はクルーズに重点を置いている。資金提供の一環として、ITC Travel GroupCEOであり、以前はトーマスクックとマイトラベルで役割を果たしていた旅行業界のベテランであるPhil Aird-Mashが会長として取締役会に加わった。(6/23 https://bit.ly/3gPI4H2 )

 

·        Cabana

シード資金調達ラウンドの1年後、「モバイルホテル」のスタートアップCabanaは、シリーズAラウンドでさらに1,000万ドルを調達した。最新の資金提供は、Craft VenturesGoldcrest Capitalが主導し、LaunchCastor VenturesGaingelsNordic Eye、その他の戦略的エンジェルとシンジケートが参加した。Cabanaは、ベッドと寝具、シャワー、トイレタリー、Wi-Fi、水タンク、そして一部のユニットではキッチンを備えた、移動式ホテルの部屋として機能するようにカスタマイズされたバンのフリートを提供するレンタルプラットフォームである。同社によれば、昨年のシアトルでの正式な立ち上げ以来、6,700泊以上の予約がありビジネスは急増した。Cabanaはロサンゼルスでの事業を追加し、現在35台の2人乗りバンを保有しており、より大きなグループや家族に対応するための4人乗りバンを含め、新しい資金で100台以上の車両を追加する計画である。同社はまた、追加料金なしで顧客に提供されるカスタムの旅程計画サービスであるCabana Conciergeを作った。(6/22 https://bit.ly/3j6sQii)

 

·        Buser

バスチャーターサービスであるBuserは、シリーズCラウンドで13,800万ドルを成功させた。ブラジルを拠点とするスタートアップへの投資はLightrockが主導し、SoftbankMonasheesValor CapitalGlobo VenturesCanaryIporanga Venturesも参加した。PhocusWire Hot 25 StartupであるBuserを使用すると、旅行者はバスをチャーターして、同じルートに関心のある他の人と旅行の費用を分担することができ。同社によれば、プラットフォームには400万人以上の顧客がおり、そのモデルでは、従来の運送会社のサービスよりも50%以上安い旅行が提供されている。Buserは、大規模なバス会社と提携して、チャーター業務の拡大に加えて、都市の旅客輸送やバスチケット市場などの新しいサービスの提供に注力していると述べている。Lightrockは、パンデミックにもかかわらず、Buserは、202012月の乗客数が前年比で3倍に増加し、旅行数が3倍以上の素晴らしい結果を達成したと述べている。(6/24 https://bit.ly/35NDy5p )

 

·        Outdoorsy

旅行ブランドがインシュアテック(保険テクノロジー)製品を作成する際に投資家の目を引いているもう1つの兆候は、Outdoorsy12,000万ドルのエクイティおよびデットファイナンスをもたらしたことである。この米国を拠点とするRV車とアウトドアのマーケットプレイスは、Moore Strategic VenturesADAR1 PartnersMonashee CapitalSiriusPoint、およびPernod RicardのコーポレートベンチャーグループであるConvivialite Venturesによる9千万ドルのエクイティラウンドで支援されている。Altos VenturesAngelsGreenspring Associatesなどの既存の投資家も参加している。Pacific Western Bankは、3,000万ドルの債務ファシリティを提供している。Outdoorsyは、新しい投資を使用してコアビジネスを拡大し、具体的には、旅行者とRV所有者向けのRoamly保険商品をサポートする。同社の最後の投資資金調達は、2019年のGreenspring AssociatesからのシリーズCラウンドで5,000万ドルを調達した。今月初め、Outdoorsyは、戦略的パートナーシップを含め、豪華な宿泊施設プロバイダーであるCollective Retreatsを支援するために2,300万ドルの資金を調達した。(6/24 https://bit.ly/35Qoa8u )

 

+++++

6月4日

九州で大手系列越え初の共同運航

米ユナイテッド航空、超音速機購入へ