海外事情・旅行流通

フォーカスライトJapanでは、PhocusWire Daily (phocuswire.com) 並びにTravel Weekly (travelweekly.com)を含む海外主要旅行業界誌から、面白そうな業界ニュースを選別し日本語に意訳して、トラベルジャーナル(TJ)の隔週コラム「FROM THE WORLD/海外事情」とTD 勉強会(e-rtb.com)に掲載しています。TDTravel Distribution)勉強会の「海外事情 アーカイブ」では、TJのコラムに掲載したニュース以外の記事を、TJコラム発行日の3日遅れで掲載しています。 

 

2021627

 

海外事情 621日号

 

世界のバーケーション・レンタル・マネジメント(VRMC)の企業数が大幅に増加している。 2018年の115,000が、現在は140,500以上に成長した(「15. バケーションレンタル会社数、14万以上に」)。

パンデミックで「3密」を嫌う旅行者が、バケーションレンタルを含む短期レンタルに殺到して、この市場が急速に拡大しているからだ。 若い世代やリモートワーカーたちも、この柔軟な宿泊オプションをより多く選択している。

 

レンタル・マネジメント・カンパニーとは、プロパティ・マネジメント・カンパニーの一種であると理解している。 プロパティ・マネジメント・カンパニーとは、Wikipediaによれば不動産管理業者のことで、主に不動産に関する資産管理を行うとある。 資産管理とは、大きく言って二つに分解できるのだろうか。 不動産を売買したり借家人に長期賃貸を斡旋したりする不動産業者としての業務と、不動産を旅行者にレンタルする旅行業者としての業務の二つだ。 旅行業者としての場合は、ハウスキーピング、オンライン予約エンジン、予約管理、マーケティング、衛生プロトコール作成など、家主に代わってレンタルの業務の全てを実施する。

 

バケーションレンタル管理業者が急増しているのは、冒頭で述べた通り需要が急増したために、不動産を旅行者向けに短期レンタルさせる方が、借家人の住宅として長期貸し出しするよりも遥かに多く儲かるからだ。 実例を上げれば、Airbnbのホストの10%がプロの不動産管理会社で占められ、述べ人泊数の28%を獲得している(20209月末)。 ホストの人数で10%しかならないのに延べ人泊数で28%にもなるのは、プロの不動産管理業者が、マルチファミリ物件などを含む複数の物件を旅行者に貸し出しているからだ。

 

 コンドミニアムの場合も不動産業界に属すのか旅行業界に属すのかも紛らわしい。 コンドとは、北米では分譲マンションを指し、その売買を不動産業者が斡旋する。 しかしオーナーが住んでいない時に短期レンタルとして貸し出す場合は、旅行業としての不動産業者が仲介することとなる。

 

よく分からないのは、同じ不動産業者が不動産業と旅行業の両方を営んでいるのか、それとも異なる業者が不動産業と旅行業を別々に営業しているのだろうか?  この記事では、レンタル・マネジメントと言っているので旅行業の不動産管理に間違いないだろうが・・・、旅行業界誌では、プロパティ・マネジメントの呼称ばかりが目につく。 いずれにしても、不動産業と旅行業の業際の壁が低くなっているようだ。

(編集人)

 

 

目次

1. (TJ) トラベルポート、アマゾンWebサービス経由ホスティングへ

2. (TJ) ユナイテッド航空、ベンチャーファンド立上げ

3. (TJ) トリアド、サブスクPlus本格立上げへ

4. (TJ) エクスペディア・クルーズ、テック強化             6/14週 第2位閲覧

  (TJ) = トラベルジャーナル 712日号 参照

5. Knowlandの新CEO

6. Didi上場申請

7. エアビーとバーボ、パーティハウス取締

8. 短期レンタルブーム、継続するか?                          6/14週 第1位閲覧

9. 新興企業ステージ:ホスピタリティ従業員支援Otolo

10. 航空会社回復のためのNDCの役割と次世代接続          6/14週 第3位閲覧

11. Ixigoのワクチン接種場所と空きの検索アプリ

12. Hopper、ホテル価格

13. 新興企業:Tashi

14. AwazeLandal GreenParks売却、レンタルホーム集中

15. バケーションレンタル会社数、14万以上に

16. LBGTQ+法人旅行者を支援する5つのステップ

17. ルフトハンザ、チェックインにワクチンQRコード使用

18. オービッツのLGBTQが泊まれる宿泊施設検索             6/14週 第5位閲覧

19. 直言:クルーズのデジタル世界への試験的ステップ

20. 私の足跡eps69Dean Donovan, DiamondStream Partners

                                                                               6/14週 第4位閲覧

21. 614日の週の資金調達記事

 

 

5. Knowlandの新CEO

Knowlandは、2020年後半にRobert Postが予期せず亡くなった後、CEOの役割を果たすためにHyattの幹部を採用した。 新CEOJeff Bzdawkaは、ベテランのホテルおよびテクノロジーエグゼクティブであり、最近ではホテルチェーンでグローバルホテルテクノロジーの上級副社長を務めていた。 昨年Postが亡くなった後、Knowlandの創設者であるMichael McKeanが暫定CEOとして復帰していた。 Knowlandは、ホテルおよび会議部門向けのマーケットインテリジェンスデータプラットフォームとして最もよく知られている。 Bzdawkaは、2012年からHyattに勤務し、グローバルプロパティシステムおよびフィールドサービスのバイスプレジデントを含む多くのテクノロジーの役割を担っていた。 Hyattに入社する前は、TravelClick2005年〜2012年)とPegasus1999年〜2004年)で働いていた。 彼は「ホテルが会議やイベントの再開による収益性への影響をかなりのレベルで実現できるようになるまで、業界の完全な回復は起こらない。 Knowlandはその回復を可能にする立場にあり、会社を新しい時代に前進させることに興奮している」と述べている。(6/14 https://bit.ly/35m3Knw) 

 

 

6. Didi上場申請

ライドヘイリングの巨人Didi嘀嘀は、今月初めに上場申請を提出後、市場で株式公開をしようとしている。 NASDAQに上場する予定の北京を拠点とするこの会社は、上場の規模を発表していないが、地元メディアは、650億ドル以上の企業価値になると述べている。 目論見書の中で、Didiは“真にグローバルなテクノロジー企業”を目指していると述べている。 Didiは、過去3年間に14か国で事業を開始し、現在15か国の約4,000の都市で展開している。 また、共有モビリティ、自動車ソリューション、電気モビリティ、自動運転部門を戦略的に構築している。 2020年のDidiの収益はほぼ220億ドルで、2019年の240億ドルから減少した。 同社は、ソフトバンク、トヨタ、Booking Holdings, Appleなどの一連の著名な投資家から210億ドル以上の資金を調達した。

ちょうど1年以上前、同社はソフトバンクビジョンファンドから5億ドルの投資ラウンドを受け取り、自動運転車の開発を加速する計画を立てていたと述べている。 Didi2012年にタクシー配車サービスを開始した。 長年にわたって配車サービスを拡大し、2015年にKuaidi(快)を、2016年にUber Chinaを買収することで成長した。 同社はまた、2016年に自動運転への投資を開始し、2020年に共有モビリティ用のD1電気自動車を発売した。

Grabは、AltimeterとのSPAC(空箱上場)を通じて公開市場にデビューした結果、約45億ドルの現金を調達した。 ライドヘイリングセクターと主要な資金調達イベントにとって忙しい数年間となった。 米国のライバルであるUberLyftは、201812月にそれぞれ上場している。(6/14 https://bit.ly/3xlwfxS)

 

 

7. エアビーとバーボ、パーティハウス取締

VrboAirbnbは、新しいホストのマーケティングと誘致に関しては激しいライバルの関係かもしれないが、両者が同意することが1つある。 それは、パーティーハウスが継続的な問題であり修正が必要であるからだ。 犯人が1つのプラットフォームでリストを廃止されても、別のプラットフォームにリストすることを繰り返して行うことを制限するために、この問題に協力して対処することを決定した。 これまで、両社は独自のガイドライン(VrboStay NeighborlyAirbnbNeighborhood Support Line)を作成して、コミュニティリーダー、隣人、ホストが問題を提起できるようにしている。 しかし、AirbnbExpedia GroupVrboは、パーティーハウス(騒音を撒き散らすパーティを開催する施設/ハウス)をめぐる問題が続いており、さらなる行動が必要であることを認めている。 両社はCommunity Integrity Programを作成し、ガイドラインに繰り返し違反してリスト廃止となった物件を特定するプロセスを開発し、リストの繰り返しができないようにする。 これは、両社のポリシーに繰り返し違反するパーティー旅行者にも当てはまる。 2社は、他の短期レンタルプラットフォームがこのプログラムに参加することを望んでいる。 「1つのプラットフォームだけではこの問題を解決することはできないので業界全体の努力が必要だ」と彼らは言う。 プログラムは米国に焦点を当て、プログラムの開発を監督するためにサードパーティベンダーが雇われる。(6/11 https://bit.ly/3xkn54G )

 

 

8. 短期レンタルブーム、継続するか?

旅行業界の他のセクターと比較して、短期賃貸(short term rental)市場はCOVID-19パンデミックの中で活況を呈しており、米国のその需要は20214月の時点で2019年レベルを超えるレベルまでに回復している。 多くの主要な代替宿泊施設プラットフォームは、記録的な夏の旅行のリバウンドに備えており、それぞれのサービスにより多くのホストを誘致するための新しいイニシアチブを推進している。 今年の夏の数ヶ月は、記録上最高になると予想されるが、人々がオフィスや学校に戻ると、短期賃貸業界がこの軌道を継続できるかどうかについて疑問が生じている。 AirDNAの新しいレポートによると、米国の短期賃貸物件の次の主要なパフォーマンスのマイルストーンは、この業界が2019年の成長率を維持した場合に達成したであろうレベルに需要を回復するかどうかである。

AirDNAデータは、それを達成するためにさらに2年以上を必要とするとしているが、特定の強気のシナリオでは、それより早く到達する可能性がある。

Frontdeskの共同創設者兼チーフプロダクトオフィサーであるJesse DePintoは、需要を2019年の成長率レベルに戻すことは、サービス付きアパートレンタル会社が業界内で目指しているマイルストーンであると述べている。 「当社の総収益はすでにパンデミック前のレベルを超えているが、RevPARでさえ完全に回復し、ユニットの成長を支えている」、「それに加えて、需要の伸びが続いており、地域の供給が限られているため、RevPARは引き続き上昇すると予想している」とDePintoは言う。 全体として、短期賃貸市場は市場や在庫の種類によって大きく異なるが、DePintoは、都市部のmultifamily apartmentにスイートの宿泊施設を提供するFrontdeskが、AirDNAが予測する2年以上の前にこの次のマイルストーンを超えると予想している。 At Ease Rentals Corporationの戦略的パートナーシップおよび事業開発者であるMateo Bradfordは、需要レベルは今後も増加し続けると考えている。 「在宅勤務やライフスタイルが引き続き需要を牽引するため、需要は[AirDNAで予測される]需要レベルを超えると思う。 サービス部門が仕事に戻ると少し落ち込むと思うが、それでもレジャー、休暇、デジタル遊牧民が家を出るのを止めることはできない」と彼は言う。

 

都市の回復

Urban recovery

2020年と2021年に発生した小都市/地方および目的地/リゾート市場での新しい需要は、すべて都市へ復帰するとAirDNAは予測している。 20214月まで、都市部の需要は2019年と比較して40%減少した。 しかし、ワクチンが流通され、アトラクションが再開されると、都市への旅行は2021年後半に回復し始め、2022年に本格的に回復、2023年までに2019年のレベルに完全に回復すると予想されている。 AirDNAによると、ビジネス旅行者が個人の宿泊施設を選択した場合、都市部の賃貸はより早く回復する可能性があるが他の要因も関係している。 マルチファミリーのオーナー(multifamily owners)と直接取引している短期賃貸管理会社Vector Travelの創設者兼最高経営責任者(CEOMicky Kropfは、「ビジネス旅行が都会の短期レンタルの成功にとって重要である、Vectorが商売している多くの市場では、コンベンションセンターのビジネスや1回限りの会議のための短期間の旅行よりも、滞在期間が長くなる、長期にわたるコンサルティング契約またはプロジェクトのためのビジネス旅行の増加が継続している」と語る。 そして「都市の需要回復に影響を与える他の要因には、都市の市場規模、海外旅行への依存、経済基盤の多様性、および全体的な都市人口増加率が含まれる」と付け加える。

Bradfordは、「人々は家を出る準備ができている・・・彼らにはそれを実現する能力がある。 人々は通常に戻りたいと思っている。 したがって、コンサートや音楽祭、スポーツイベント、あらゆる種類のライブエンターテイメントなどのイベントを開催できる都市は、これらの市場への需要を促進する」と語り、都市の回復は旅行再開へのローカル政府の規制解除に依存すると言う。

とは言うものの、特に新規および既存の規制が新規施設のリストの追加を制限している市場では、供給が都市の需要回復を制限する要因となる可能性がある。 供給を構築するのを助けるために、Bradfordはより多くの地方の市と郡の支援を要求する。 「業界は議論の一部に参加する必要がある。 これらの行政機関と連携することで、すべての人に永続的で公平なソリューションが保証される」、「また、未使用ユニットを短期賃貸モデルに統合する方法について、供給者(所有者、ビジネス開発者)と話し合う必要がある」と彼は言う。

DePintoは、「不動産コミュニティ内の信頼を再構築するには、業界はよりプロフェッショナルになる必要がある。 今日のほとんどのアパート所有者と住宅所有者協会は、依然として短期賃貸はリスクが高すぎると考えている。 過去1年間のハウスパーティーと閉鎖された企業(shuttered businesses)の間で、少数のアマチュアのオペレータと悪役がこの信頼喪失に貢献した」、「都市部の供給の成長は、短期賃貸業界が協力して一貫した基準を形成し、それまでにマルチファミリ業界(multifamily industry)の信頼を再構築できない限り、新しいホテルの建設スケジュールと柔軟な生活アパート開発(flex living apartment developments)によって制約される」と付け加える。

Kropfは、マルチファミリ在庫(multifamily inventory)は、それが提供する規模の密度と経済性を考えると、都市の目的地で供給するための鍵であると言う。

「マルチファミリの貸し手(multifamily lenders)があらゆる種類の短期賃貸収入を完全に認識することで、より多くの所有者と管理者が短期賃貸業界を通じて収入源を多様化できるようになる」、「我々は、特定のマルチファミリ物件(multifamily property)内の収入源に基づく階層化されたキャップレート(cap rate=還元利回り=総家賃収入から管理費や修繕費などを控除したもの)を不動産価格で除した率)の支持者である。 それにより、すべての収入を売却または借り換えの目的で資本化できるようにしながら、すべての収入源からの収入リスクを調整する」と彼は言う。

AirDNAによると、都市部の市場の回復に対するもう1つのリスクは、海外旅行の回復だ。 ニューヨーク、サンフランシスコ、マイアミなどの市場では、過去の需要の30%が海外からのゲストに起因する可能性がある。 一方、米国がワクチンの先駆者であるため、米国人は海外からのゲストが米国への旅行を許可される前に海外旅行を再開する可能性があり、旅行の不均衡を生み出し、一時的に米国の業績を損なう可能性がある。

 

見通し

Outlook

Airbnbなどの代替宿泊施設プロバイダーは柔軟な生活と長期滞在に大きな賭けをしているが、第1四半期に、このホームシェアの巨人はゲストナイトの24%が28日以上の滞在であったと述べた ― AirDNAは、企業が労働者をオフィスに戻すのが安全だと感じたらならば、リモートワークがノーマルになるとは予測していない。 とはいえ、柔軟性が増すと、パンデミック前よりも長期の旅行が一般的になる。 AirDNAによると、2021年第1四半期の平均滞在日数は4日で、主に大中規模の都市での長期滞在が原因で、パンデミック前より25%長くなっている。 AirDNAは、レジャーや出張がこれらの都市に戻ると滞在期間が短くなるが、2019年のレベルよりも大幅に高いままであると予想する。

Bradfordは、柔軟な仕事と生活の傾向が高まると信じている。 「人々は以前のようにオフィスに戻るつもりはない。 人々が遠隔地で働くことを可能にすることができる会社はそうし続けると思う」、「彼らは商業的フットプリントを縮小し、従業員のためのリモートワーク文化を構築する。 バランスシート上では間違いなく見栄えがする」と彼は言う。 DePintoは、今後、消費者は大規模なプロのオペレーターをますます好むようになり、「消費者は、ユニットの汚れ、コミュニケーションの悪さ、独自のものでない写真などのすべてのコストとリスクなしに、優れた短期レンタルのすべてのメリット(より広いスペース、本格的な体験、シームレスな予約/チェックイン/チェックアウトなど)が得られることを知って予約する」と述べている。

DePintoによると、Frontdeskは、アパートコミュニティで短期賃貸物件の利用に対する不動産所有者の関心が急増していると言っている。 「OTAが市場で予想される需要を満たすための供給が不足していることを共有した時、短期賃貸ポートフォリオを構築するための新たな興奮が再び見られた」と彼は言う。 AirDNAによると、AirbnbVrboの両方が、ホストを引き付けるための新キャンペーンを実施したにもかかわらず、20215月の時点でどちらのプラットフォームにも約52,000の新しいユニットが追加されたに過ぎず、この数は、同期間の通常の年よりも約10%少なくなっている。

AirbnbVrboで利用可能なユニークなリストの平均数は、2022年に20.5%増加して130万を超えると予想されている。 Kropfは、Vectorはパンデミック以来、契約在庫を3倍以上に増やし、「できるだけ早く市場に投入するために熱心に取り組んでいる」と述べている。 AirDNAによると、高水準の需要と新しい短期賃貸ユニットの利用可能な供給の拡大の遅れは、米国の不動産の稼働率(OCC)が少なくとも2年間上昇することを意味する。 ユニットあたりの平均料金が高い目的地/リゾート市場へのシフトにより、2020年と2021年にはADRが上昇したが、逆に、需要が都市に戻ると、2022年にはADRが低下する。

ただし、2022年に料金が引き下げられたとしても、平均料金は2019年より7.5%高くなり、総収入は4年間で42%増加する。 競争が激化し、セクター全体で統合が続く中、AirDNAは、短期賃貸業界が自身を専門化(professionalize)し、宿泊費全体に占めるシェアを拡大し続けることを期待する。

「今のところ、予約プラットフォームへの流通オプションがこれまでになく増えており、ニッチプロバイダーはターゲットの消費者プールの人口統計や消費パターンに基づいて需要のさまざまなセグメントに焦点を合わせている」、「使いやすさ、ホストとゲストの公正で透明性のある条件、そして選択につながる規模が今日を勝ち取り、10年以内に支配的な異なるドミナントな予約プラットフォームの数が少なくなる可能性がある」とKropfは言う。

Bradfordは、「我々のスペースでの業界の巨大な競争は、消費者/ゲストと最もよくつながる企業によって推進される。 勝者は最大の市場シェアを獲得できる企業だ。 結局のところ、勝者は最終的にゲストが最も多く使用し続ける企業である」と付け加える。(6/13 https://bit.ly/3gqOmwp )

 

 

9. 新興企業ステージ:ホスピタリティ従業員支援Otolo

Otoloは、ホスピタリティ従業員がメンタリングを受けてキャリアを伸ばすためのオンラインコミュニティである。  同社は今年4月に発足し、最近、ホスピタリティ企業が採用情報を無料で一覧表示できるようにするCareers Clubを追加し、この応募プロセスを通じて潜在的な新入社員を支援している。

Otoloは、ホスピタリティ業界の人々が仲間やメンターとつながり、共有し、キャリアを築くための頼れるオンラインコミュニティである。  舞台裏では、Otoloのグローバルコミュニティの力を利用して、個人や組織向けの素晴らしい有償のメンタリング体験やプログラムを作成している。 彼らはOtoloを使用して、ライブ作業プロジェクトや専門能力開発に関するガイダンスを求めている。 Otoloは、マッチングテクノロジーを使用して、回答との新しいつながりを特定し、認定とライブパフォーマンスの追跡を提供している。 また、企業、チーム、卒業生、学生のプライベートコミュニティに力を与え、さらなるコラボレーションを促進し、イベントを含むパートナープロモーションを提供し、応募者がリアルタイムのキャリアメンタリングを受ける新しい業界採用サービスをホストすることもできる。

ホスピタリティのトレーニングと採用にかかる世界の年間支出は、2019年に合計約170億ポンドであったが、従来の方法に基づいているか、業界にとらわれないツールに依存しているか、非常に細分化されている。  Otoloは、チームと個人がOtolo Mentoringのプレミアム機能にアクセスするための少額のプラットフォーム料金を請求し、やがて我々のCareers Clubは採用サービスから強力な第2の収入源を生み出す。  202212月からは黒字を予定するが、10年間で10億ポンドの収益ビジネスを計画し、学習および採用サービスから年間17,000万ポンドを稼ぐ計画で引き続き多額の投資を行う。  これから12ヶ月間で、Otoloには6,000人のメンバー、400人のライブジョブ、1,000人のメンタリング参加者が加わり、収益性に近づかせる。(6/15 https://bit.ly/35qNthi)

 

 

10. 航空会社回復のためのNDCの役割と次世代インタライニング

核融合は革命的な技術になると言われているが、その革命は少なくとも20年先となる。 この声明の問題点は、過去50年以上「20年先」であるということが続いていることだ。 New Distribution CapabilityNDC)は、間違いなく同じ苦痛に苦しんでいる。 それは、革命ではないにしても、現在の流通慣行を破壊し、航空会社の収益創出能力を向上させる可能性がある。 それでも、パンデミックが航空業界を生き残りの演習に変える前でさえ、離陸するのは痛々しいほど遅い。 少し前に、航空会社のCEOに「頭を水上に浮かせているか?」と尋ねたら、彼の一言の返事は“鼻孔”だけと答えた。  月ごと、さらには週ごとのサバイバルがゲームの名前である場合、航空会社には別の新しいことに取り掛かる余裕がなく、特にそれらのITリソースがすでに解雇されているか、最近失業している可能性がある場合、“ジャムトゥモロー(当てにならない先の楽しみ)”のITプロジェクトを考えることすらもできない。 では、何が変わったのか? パンデミックトンネルの終わりに、かすかな光の兆候が見え始めている。 YES、ウイルスは依然として世界中の多くの地域で大混乱を引き起こしており、今後数か月、場合によっては数年にわたって大混乱を引き起こす可能性がある。 ワクチン接種の展開は不均一に進んでいるが、ほとんどの先進国でスピードが増しているが、発展途上国で同等の保護を提供するのにどれくらいの時間がかかるかは不明である。 航空会社は次に何が起こるかについて考え始めている。 多くの国の国内交通は順調に回復しており、地域内の飛行は回復し始めている。 広範囲にわたる長距離路線の回復がまだしばらく先にあるとしても、航空会社の商業管理は明日を過ぎて考えることを敢えてしている。

 

ルートは少なくなるが、提携の機会は増える

Fewer routes but more partnership opportunities

明後日は昨日とはかなり違って見えるだろう。 航空会社の失敗があった、そしてもっとあるだろう。 多くのネットワークキャリアは、オペレーションを縮小している。 一部の人にとっては、それはより需要の細い長距離ルートをカットすることを意味し、他の人にとっては、ハブへの路線を減らすことを意味した。 一方、より堅牢な格安航空会社(LCC)は、主に短距離ネットワークが回復の恩恵を最初に受けるため、より多くの市場シェアを獲得する立場にある。 パートナーシップとインターラインの機会が狭いことを目の当たりにしているネットワークキャリアは、運航を回復したら、より多くのフィードトラフィックを生成し、収益を最大化することを真剣に考えている。 どのような潜在的なパートナーがいる可能性があるのか? 確かにLCCはあるが、LCCとネットワークキャリアはどのように連携できるか? 過去数年間で何百万人もの乗客が自分で接続便を探す(自己接続=セルフコネクションする)ことで運賃を節約したり、より良いフライトの選択を見つけたりすることができる方法をすでに発見している。 自己接続とは、2つ以上の個別のチケットを予約することであり、多くの場合、少なくとも1つはLCCとなる。 一部のOTAは、自己接続市場の「スペシャリスト」になっているが、価格が低ければ、乗客は多くの場合、彼らが支払うものを手に入れる。 この接続は保証されておらず、手荷物許容量などのアンシラリーは運送業者間で調整されておらず、その手荷物は接続空港で自分でピックアップして再確認する必要がある。 ネットワークキャリアの観点からは、乗客の体験は貧弱となる。

 

レガシープロセスの廃止

Sunsetting legacy processes

そこで、“第3世代のインターライニング”が登場する。 この用語は、MITAIATCIのような頭字語が多く、LCCに適さないレガシープロセスを必要とせずに、すべてのキャリアタイプ(フルサービスキャリア、LCC、および地上輸送プロバイダー)が相互に連携できるようにする、より統合されたソリューションを指す。 同時に、手荷物のチェック、接続の中断、アンシラリーの調和など、乗客にシームレスな旅を提供する。 重要なのは、第3世代のインターライニングがネットワークキャリアとLCCプロセスの両方と互換性があることだ。 誰もが参加できるパーティーである! 初めて、これらの仮想インターライン旅程がNDC経由で利用可能になった。 Air Black BoxAir Connection EngineACE)などのNDCネイティブソリューションは、航空会社のPSSおよびNDCインターフェイスから直接コンテンツを調達するだけでなく、結果として得られるインターラインの旅程を航空会社の予約エンジンやNDCを介して複数の流通チャネルで利用できるようにする。 

 

インターライン環境内のNDCの美しさ

The beauty of NDC within an interline environment

大規模なネットワークキャリアが、チケットなしのLCCで接続する旅程を販売したいとする。 ネットワークキャリアは、NDCを使用してACEに在庫を提供し、ACEはそれをLCCの在庫と組み合わせ、次にNDCを使用して、予約エンジン、OTA、またはメタサーチからの検索要求に応答し、完全なNDCの有効なリッチコンテンツと組み合わせたインターライン旅程を提供する。ネットワークキャリアは、プロセスを変更せずに接続フィードを取得し、LCCは収入按分のプロレートや収入セトルメントなどを心配する必要はない。 乗客はお得な旅程の幅広い選択肢を手に入れ、ネットワークキャリアで期待されるように、目的地までずっと手荷物をスルーチェックすることができる。 仮想インターラインを流通するためには、NDCが使用されている。 航空会社の関心のレベルから判断するに、今や、この仮想接続のアイデアの時が来た。 そして核融合とは異なり、それは今日すでに実現されている。

著者:Patrick Edmondは、Air Black Boxの最高商務責任者。(6/15 https://bit.ly/3zqo8C1)

 

 

11. Ixigoのワクチン接種場所と空きの検索アプリ

旅行検索プロバイダーのIxigoは、コロナウイルスの発生からできるだけ多くの市民に予防接種を行うというインド政府の取り組みを支援したいと述べている。 この国はここ数ヶ月、Deltaとして知られるCOVID-19ウイルスの変異株に大きく苦しんでおり、ワクチン接種プログラムの急速な加速が期待されている。  Ixigoは、ユーザーが最寄りの予防接種センターと最新の空き状況を見つけることができるように、フライトと列車の予約アプリにスペースを割り当てた。

データは、公式のCoWINワクチン接種Webサイトとの統合を介して提供される。 ユーザーは、年齢、プログラムに含める予定の用量、ワクチンの種類(CovishieldまたはCovaxin)、および有料サービスと無料サービスのどちらの資格があるかによって、ワクチン接種のスロットを検索できる。 データと時間が確保されると、ユーザーはCoWIN Webサイトにリダイレクトされ予約が確定する。 インドは今年5月上旬にピークに達し、1日あたり40万件を超える新たな感染が報告され、同じ月の後半に1日あたり5,000人が死亡した。

基準に基づいてスロットが利用可能になった時にユーザーに警告する通知ツールも含まれている。(6/16 https://bit.ly/3iIzlrp)

 

 

12. Hopper、ホテル価格

Hopperは、ホテル予約の価格凍結を開始して、別のフィンテックプロダクトをラインナップに追加している。 3月にCEOFred Lalondeが、フライト価格の凍結、フライトの遅延保護、航空券やホテルの払い戻し可能な予約など、既存のフィンテックプロダクトが同社の収益の約3分の2を占め、平均的なHopperユーザーの消費を約15%増やすと発言していたことを考えると、これは論理的な次のステップとなる。

HopperのフィンテックのホテルのヘッドであるAnwesha Bhattacharjeeは、ホテルの価格凍結は、COVIDによって旅行者が感じるかもしれない不確実性を軽減することを意味すると述べている。 「ホテルは伝統的に後付けであったが、最近では人々が実際にロードトリップ(自家用車旅行)を行っており、ホテルに滞在する必要があるため、ホテルは後付けではなくなった。 そして、彼らはこれらのホテルの適切な価格といつ予約するかについて確信がない。 したがって、我々が予測して、これが購入または凍結するのに良い時期であると彼らに言う時、彼らは実際にそのアドバイスを受け取り、彼らは価格にコミットしたいと思う」、「我々が見ているもう1つのことは、顧客の価値意識がはるかに高いことである。 予約する前に、非常に確信を持っていることを望んでいる。 価格凍結が、彼らの心配をなくす・・・それは彼らが価格を固定し、その良い価格を失うことなしに決定を下すのに役立つ」とBhattacharjeeは言う。 価格凍結はプラットフォーム上のすべてのホテルで利用可能であり、コストはデータを分析してその特定の予約の価格がいつ上がるか下がるかを予測するアルゴリズムに基づいている。 ユーザーは、ホテルで利用可能な最良の料金を最大60日間凍結できる。 その期間中に価格が上昇した場合、Hopperは差額の最大100ドルをカバーし、価格が低下した場合、ユーザーはより低い価格を支払う。 予約が行われた場合、価格凍結デポジットは予約価格にクレジットされる。 ユーザーがそのホテルを予約しないことを決定した場合、価格凍結デポジットは、その60日以内に行われた別の予約に代用できる。 ただし、60日以内に何の措置も取られない場合、ユーザーのデポジットは没収される。 また、凍結は料金を保証するものであり、特定の部屋を保証するものではないため、Bhattacharjeeは、顧客が予約する準備ができた時にホテルが売り切れになる可能性があることを認めている。 その場合、旅行者がデポジットを別の物件に譲渡したくない場合、Hopperはリファンドを発行する。 将来的には、Hopperは特定の部屋タイプに最適な料金を凍結するオプションを提供する。 Hopper6か月以上プロダクトをテストしており、平均して23泊の滞在の宿泊客は、1滞在あたり平均43ドル、または1泊あたり17ドル節約できることが分かった。 Bhattacharjeeによると、同社は10人に1人のユーザーが価格凍結オプションの使用を選択すると期待している。(6/16 https://bit.ly/3xsbf8E )

 

 

13. 新興企業:Tashi

旅行マーケットプレイス向けのTashiのコードなしソフトウェアプラットフォームを使用すると、カスタムビルドソリューションの1%の時間とコストで、独自のAirbnbスタイルのピアツーピアマーケットプレイスを作成、構成、および起動できる。 Tashiは、AirbnbBookingCtripExpediaなどのグローバルプレーヤーの対抗策になりつつある、成長を続ける旅行市場のグループに力を注いでいる。 オーストラリアで2020年にローンチし、すでに5つのライブマーケットプレイスにパワーを供給しており、さらに5つは2021年後半までにローンチする予定である。 Booking.comは、Tashiを世界の持続可能な旅行のスタートアップトップ101つに選んだ。 Tashiの顧客には、すでに国際開発銀行と、米国、オーストラリア、インド、南アフリカの大規模な旅行グループが含まれている。

Tashiは、次のAirbnbを構築する人々のための新しいマーケットプレイスの立ち上げから技術を排除している。 Tashiのプラットフォームには、機能とルックアンドフィールをカスタマイズできるように、ドラッグアンドドロップのフロントエンドビルダーで数百万のサプライヤーとゲストをスケーリングする場合に必要なエンタープライズグレードのバックオフィスツールと統合が一方に存在する。 必要な支払いゲートウェイ、チャネルマネージャー、オンライン旅行代理店接続などのバックオフィス統合が存在する。 Tashiの高度なサプライヤー予約システムは、宿泊施設、数日および日帰りツアー、アクティビティプロバイダーの幅広いプロダクト要件にも対応できる。 また、フロントエンドでは、事前に構築されたテンプレートとドラッグアンドドロップコンテンツ管理システムにより、顧客は市場を要件に合わせて構成し、無駄のない迅速な方法で立ち上げることが簡単にできる。 すでに、旅行起業家、目的地管理組織(DMO)、およびプラットフォームをアップグレードしたい既存の旅行市場から多くのインバウンドの関心を集めている。 すでに10のマーケットプレイスに署名しておりすでにその内の5つがライブで、それらには2,000を超える宿泊施設プロバイダー、ツアー、アクティビティオペレーターが存在する。 ピアツーピアの旅行マーケットプレイスソフトウェアの大手プロバイダーとして、関連する検索用語ですでにGoogle1位にランクされている。 ブランド開発、旅行業界のパートナーシップ、ターゲットキーワードを中心とした検索エンジン最適化への投資を通じてインバウンド販売から成長して来た。旅行マーケットプレイスのコミュニティを拡大するにつれて、現在の5つから2022年末までに20に、2025年までに100になり、SEOフットプリントとドメイン権限を着実に拡大して行く。

COVID-19にもかかわらず、市場機会は巨大である。 世界の宿泊施設とツアーの総アドレス可能市場(TAM)は3.4兆ドルであり、サービス可能アドレス市場(SAM)は1.5兆ドルだ。 これらの数字は、202012月のIPO前のAirbnbS-1ファイリングからのものである。リーズナブルな導入料金で旅行マーケットプレイスプラットフォームのベースバージョンを起動してから、アプリを購入して機能を向上させることができる。 その後、顧客の成功に応じてのみ上昇する月額料金が発生する。2025年までに100の旅行市場で年間10億ドルの予約を行うという5年計画の最初の2年間でTashi20の旅行市場で年間1億ドルの予約を行う。(6/17 https://bit.ly/3cPE47b )

 

 

14. AwazeLandal GreenParks売却、レンタルホーム集中

バケーションレンタルグループAwazeは、Landal GreenParksを未公表額でRoompotに売却した。Landal GreenParksには、ベルギー、デンマーク、ドイツ、オランダのユニットを含む、ヨーロッパ全体に約100の公園を所有している。 オランダを拠点とするRoompotは、中央ヨーロッパと南ヨーロッパに200を超える公園と休暇の場所(holiday location)を持っている。

James VillasHoseasonsブランドを運営するAwazeRoompotは、どちらもプライベートエクイティが所有している。 Awazeは、Platinum Equity2018年にWyndham Vacations European部門を買収した際に設立され、Roompot2020年に別の株式会社であるPAI Partnersから10億ユーロ相当の取引でKKRに買収された。 Awazeは最近、英国とヨーロッパで買収を行い、グループに約1,000戸の別荘を追加して、別荘のポートフォリオを拡大している。

AwazeCEOであるHenrik Kjellbergは、当時、企業は地方の住宅に焦点を合わせていたと述べた。 同社は最近、ホスピタリティの新興企業であるCosi Groupに都市に焦点を当てたFriendly Rentalsを売却した。

Landal GreenParksの売却について、Kjellbergは「この売却により、Landalは長期にわたってゲストにすばらしい体験を提供し続ける将来に向けた適切な住宅提供者となることができる。 Awazeでは、ヨーロッパを代表するバケーションレンタル管理会社を構築し、テクノロジープラットフォームに投資し、所有者とゲストのエクスペリエンスを向上させていく」と述べている。(6/17 https://bit.ly/3gOl3mO)

 

 

15. バケーションレンタル管理会社数、14万以上に

新しい市場レポートによると、バケーションレンタル管理セグメントは、セクターの全体的な人気に沿って成長を続けている。Hostfullyの研究 は、2018年の115,000のバケーションレンタルを管理する企業が、現在は140,500以上に成長したことを明らかにした。 バケーションレンタル管理会社(VRMC)は、平均して79の物件を管理している。Vacation Rental Industry Statsレポートはさらに、この数字を米国では約33,000の管理会社、ヨーロッパでは80,000以上、ヨーロッパと北アメリカ以外では24,000以上に分類している。Hostfully分析では、VRMCが推奨するテクノロジーと、テクノロジーに毎月費やされる金額も調べている。 おそらく、当然のことながら、プロパティマネジメントプラットフォームが45%の企業に推奨されるテクノロジーとして浮上し、生産性ツールの19%がそれに続く。 レポートによると、平均的なVRMCは、プロパティマネジメントシステムやその他のソフトウェアを含むテクノロジーに、プロパティあたり月額約51ドルを費やしている。 毎月の支出を計算するために、Hostfullyは、プロパティマネジメントシステムプロバイダーによる一括価格(bulk pricing)、統合の数とそれらを維持するためのコスト、使用される追加ソフトウェアの平均数など、いくつかの要因を考慮に入れた。 Hostfullyによると、1物件あたり月額51ドルは多額に思えるかもしれないが、効率の向上、収益の増加、ゲストエクスペリエンスの向上は、システムが“コストに見合う”ことを意味している。 バケーションレンタルセクターが活況を呈し続けるにつれて、専門的な管理サービスと自動化の必要性も高まる可能性がある。 最近のAirDNAレポートは 、米国の需要が2019年以上のレベルに回復していることを明らかにしている。 この調査はまた、2020年と2021年の小都市と地方の場所の需要と比較して、2022年の成長は主要都市周辺である可能性が高いと述べている。 AirDNAはまた、このセクターは専門化を続け、消費者とのつながりが最も良い企業が勝者になると信じている。

* Hostfullyレポート全体と、VRMC業界の規模をどのように計算したかについてはhttps://bit.ly/35yxOMVをご覧ください。(6/17 https://bit.ly/3zBKYGH )

 

 

16. LBGTQ+法人旅行者を支援する5つのステップ

LGBTQ +の旅行者の95%は、安全を守るために出張で性的指向を隠している。これは、一部の国の法律や態度が旅行のしやすさにどのように影響し続けているかだけでなく、雇用主のサポートが不足している可能性があることを示す衝撃的な統計な事実である。 多くの企業は現在、旅行ポリシーのわずか9%でカバーされているLGBTQ +の旅行者に対して、不十分なサポートシステムしか導入していない。 LGBTQ +の旅行者は、海外旅行の際に独特の課題に直面する可能性がある。多くの国が同性結婚を法的に認めておらず、70か国以上が合意に基づくLGBTQ +の関係を犯罪と見なしている。 LGBTQ +コミュニティを祝うこのPride月間では、ビジネス旅行マネージャーが多様な旅行者グループをサポートするために実行できる5つのステップである1.旅行前の評価、2.準備、3.旅行中、4.旅行後、5.長期 を紹介している。(各ステップの解説は省略した)

著者:Suzanne Sangioveseは、Risklineのコマーシャルおよびコミュニケーションディレクター。(6/17 https://bit.ly/2SADbIL)

 

 

17. ルフトハンザ、チェックインにワクチンQRコード使用

ルフトハンザは、乗客からの予防接種のデジタル証明を受け入れるようになり、旅行者が印刷されたワクチン証明書を提示する必要がなくなり、それによって不正証明書が減少する。 ドイツでは、予防接種を受けた個人が予防接種の証拠としてQRコードを受け取るようになった。 ルフトハンザでは、旅行者が空港でチェックインする際に、携帯または印刷物のいずれかでそのQRコードを表示できるようになる。 QRコードがスキャンされると、システムは証明書のデータを予約および乗客のデータと比較し、搭乗券を発行する。 航空会社は、ルフトハンザアプリでQRワクチン接種証明書をスキャンするか、アプリにデジタルでロードすることがまもなく可能になると述べている。 アプリがQRコードを認識すると、搭乗券が発行される。 ルフトハンザは、空港に到着して正しい資格を確認するまで待ちたくない旅行者のために、出発の72時間前までに、ルフトハンザサービスセンターでテストと予防接種の証明を確認できると述べている。(6/18 https://bit.ly/3cT9Kbz)

 

 

18. オービッツのLGBTQが泊まれる宿泊施設検索

Expedia GroupOrbitzは、ユーザーがLGBTQフレンドリーな宿泊施設を見つけるのに役立つように設計された新しい検索機能をデビューさせた。 このツールは、性別と性的アイデンティティに基づく差別に対するOrbitz Inclusivity Pledgeに署名した35,000を超える独立したブティックホテルとブランドホテルをハイライトする。 少なくとも、この誓約書に署名した宿泊施設のパートナーは、あらゆるレベルのスタッフからの憎悪的、無礼、または差別的な行動に対してゼロトレランスポリシーを実施することを約束する。 一部のパートナーは、性同一性に関するスタッフトレーニングの実施や、性別に依存しない言語の使用など、追加の措置を採用している。 Orbitzユーザーは、Orbitz.com / Prideの専用検索プラットフォームを介してこれらのLGBTQに適したホテルを見つけることができる。 または、Orbitz.comとモバイルアプリで利用できる新しいLGBTQ歓迎ホテルのフィルター機能を利用できる。 参加する宿泊パートナーは、包括性誓約の要件を満たしていることを自己証明するよう求められるが、宿泊パートナーがこれらの条件に違反した場合、OrbitzOrbitz.comおよびモバイルサイトからの削除を含めて措置を講じる。 さらに、調査によると、LGBTQアメリカ人の58%が、シスジェンダーや異性愛者の旅行者よりも旅行先や宿泊施設の調査に多くの時間を費やしていると報告している。 一方、回答者の10人に6人は、彼らの性同一性または性的指向のために、結果として安全でないと感じて旅行をキャンセルしたか、旅行計画を変更したと述べている。

*この記事は以前Travel Weeklyに掲載された。(6/18 https://bit.ly/3xvjDUL)

 

 

19. 直言:クルーズのデジタル世界への試験的ステップ

Expediaの野心は高い。 クルーズは、キャビンのカテゴリーから食事の計画や寄港地観光まで、すべての変数があるため、常にオンラインで販売するのは困難であった。 さらに、クルーズ販売の複雑さを議論から取り除いたとしても、オンライン旅行体験から常に欠落している1つの要素は、予約をするために明らかに必要な人間的なタッチである。 しかし、デジタルはしばしば方法を見つけ、時には人と話す必要性は、ますますデジタルFAQとなりつつあるオンラインチャットサービスによっていくらか満たされた。 ただし、Expediaはエクスペリエンスやコンテンツなどのリーダーと言っているが、予約機能が省略されていることに注意して欲しい。 オンラインの巨人からオンラインとオフラインのソリューションを組み合わせるという動きは興味深く、少なくとも短中期的には理にかなっている。 Expediaは、顧客に最高のエクスペリエンスを提供し、必要に応じて電話でも応対できるようにすると話す。 同社は、2013年にCruiseShipCenters(現在のExpedia Cruise)を買収して以来、クルーズ予約に関するデジタル機能を着実に構築して来た。 昨年、同社はクルーズエージェントをExpedia Group Partner Centralプラットフォームに参加させた。 これにより、供給へのアクセスが改善され、消費者体験が向上すると同社は述べている。  しかし、よくあることだが、中央プラットフォームにエージェントがいると、オンラインの巨人がすべてを追跡し、問題点を分析し、デジタルジャーニーで顧客がどこで失われたかを評価できるため、悪魔がデータに含まれる。 継続している問題は、クルーズに関して何のExpediaのデジタルターゲットが何時実現するかということである。 たぶん今こそ、クルーズがデジタルの世界への最後の一歩を踏み出す時である。 このセクターがデジタルに精通した若い世代にアピールするには、クルーズは確かにある程度進化する必要がある。 Expediaなどのオンラインの巨人は、完全なオンラインエクスペリエンスに必要なすべてのツールを提供するために、データを備えた適切な場所に配置されている。

 (6/18 https://bit.ly/2U7wJJo )

 

 

20. 私の足跡eps69Dean Donovan, DiamondStream Partners

Dean Donovanは過去に片足を置き、間違いなく未来に片足を置いている。

Bainコンサルタント会社での5年間のキャリアの後、Donovanと彼のビジネスパートナー(Brian Flynn)は、2004年に、メキシコ初の格安航空会社であるボラリスの創設と支援に中心的な役割を果たした。 その前年に設立した投資企業であるDiamondStream Partnersは、その後、モビリティセクターの企業とテクノロジーの開発において重要なプレーヤーになった。 Deanは、How I Got Hereの最新ゲストとして参加する。(6/18 https://bit.ly/3iUI5uG)

 

 

21. 614日の週の資金調達記事

·         マイクロモビリティVassala

電動自転車と電動モペットを提供するスウェーデンのマイクロモビリティスタートアップであるVässlaは、1,100万ドルを調達した。 投資はSkabholmen Investが主導し、北欧を拠点とする多くの起業家も関与した。 スタートアップはこの資金を使って、アプリを介して消費者、配達ドライバー、企業にサブスクリプションとレンタルサービスを提供するVässla Clubレンタルプラットフォームを立ち上げることを計画している。 Vässlaは最近、e-bikee-mopedのハイブリッドであるバイクを発売した。 電動スクーターに関する新しい法律が完成したら、ベルリン、ハンブルク、マドリッド、ウィーン、英国など、ヨーロッパの多くの都市に自転車を持ち込む予定である。  Vässlaは、国によってe-bikee-mopedの分類は異なるが、「e-bikee-mopedの間でこの新しいカテゴリを獲得、主張、所有する」ことを望んでいると述べている。(6/15 https://bit.ly/3iMasv4)

 

·         ブロックチェーン民泊Dtravel

プライベート宿泊施設向けの新しいブロックチェーンベースのマーケットプレイスが、“ホストとゲストに既存のプラットフォームよりも多くのコントロール、所有権、および低料金”を提供することを目的として立ち上げられている。 Dtravelは、Kenetic CapitalFuture Perfect VenturesDHVCPlutus VCGBV CapitalAU21 CapitalShima CapitalLD CapitalNGC Ventures、およびいくつかのエンジェル投資家からの500万ドルのシード資金調達ラウンドによって支えられている。 このベンチャーは、オーストラリアに本拠を置くオンライン旅行代理店であるTravalaによって立ち上げられている。 これは、支払いとして20以上の暗号通貨を受け入れるブロックチェーン上に構築されている。 ローンチの発表では、「AirbnbExpedia、その他のグローバルテクノロジー企業の元幹部」もローンチに参加している」述べているが、名前は公表されていない。この発表では、Dtravelの幹部も指名されておらず、スポークスパーソンは、Dtravelは“分散型自律組織(decentralized autonomous organization DAO)”であるため、従来のリーダーシップの役割はないと説明している。 代わりに、Dtravelは、ネイティブTRVLトークンを保持し、ネットワークを導く決定に投票するホストとゲストのコミュニティによって管理および所有されている。 Dtravelによると、予約からのすべての収益は、ホストとゲストの利益のために存在する同社のコミュニティ財務保護基金(Community Treasury and Protection Fund)に注ぎ込まれる。「従来のホームシェアリングプラットフォームは、初期段階ではユーザーと連携しているが、時間の経過とともに変化する。 株主に利益を還元する必要があるため、ホームシェアリングプラットフォームは、プラットフォームでの取引から可能な限り多くを引き出すことを余儀なくされている」、「Dtravelは、ホームシェアリングコミュニティのニーズを最初にそして永遠に満たす。 使いやすく、安全性が高く、旅行体験のコントロールを取り戻したい次世代のホストやゲスト向けに最適化されている」と、Travalaの共同創設者兼CEOであるJuan Oteroは述べる。 Dtravelの予約料金は7.5%で、サイトはビットコイン、そのTRVLトークン、その他の暗号通貨、および法定通貨での支払いを受け付ける。 「シェアリングエコノミーは、利害関係者によって管理および管理されている場合にのみ、本物で持続可能であり、ホームシェアリングエコシステムは、中央集権化された企業からの大規模な管理下で何年にもわたって破壊されて来た。 コミュニティが所有し、コミュニティが管理する時代が来た」と、Future / Perfect Venturesの創設パートナーであるJalak Jobanputraは述べている。 ホストの参加を奨励するために、Dtravelは、サイトに登録した最初の100,000人が3500万ドル以上のTRVLトークンを受け取る資格があると述べている。(6/17 https://bit.ly/2SCDd2O)

 

 ·         グーグルの自動運転ウエイモ

Waymoは、一連の大手金融機関から25億ドルのラウンドを確保し、これまでに50億ドルを超える資金を調達して来た。 親組織からの参加に加えて、Google傘下の会社AlphabetAndreessen HorowitzAutoNationCanada Pension Plan Investment BoardFidelity ManagementResearch CompanyMagna InternationalMubadala Investment CompanyPerry Creek CapitalSilver Lakeがすべて最新のラウンドに参加している。 新しい資金調達は、20203月の22.5億ドルと、そのわずか3か月後の75,000万ドルの追加ラウンドに続くものである。 20203月のラウンドまで、Waymoは親会社によってのみ資金提供されていたが、その後、外部の支援者からの支援を受けて、独立事業として扱う戦略が開発されている。

米国のフェニックス市では、自動運転車が配車サービスとして配備されており、他の場所ではUPSなどを使用して貨物と配達の部門が設置されている。

Waymoは、米国の25都市の公道を数千万マイル走行し、シミュレーションを数百億マイル走行した。 Waymo Driverを構築して展開し、ライダーにサービスを提供し、小包を配達し、貨物を移動し、最終的には個人の車の所有権を強化する。(6/18 https://bit.ly/2ScHCcu)

 

                                                         xxxxxxxxx

 

 

6月4日

九州で大手系列越え初の共同運航

米ユナイテッド航空、超音速機購入へ