海外事情・旅行流通

フォーカスライトJapanでは、PhocusWire Daily (phocuswire.com) 並びにTravel Weekly (travelweekly.com)を含む海外主要旅行業界誌から、面白そうな業界ニュースを選別し日本語に意訳して、トラベルジャーナル(TJ)の隔週コラム「FROM THE WORLD/海外事情」とTD 勉強会(e-rtb.com)に掲載しています。TDTravel Distribution)勉強会の「海外事情 アーカイブ」では、TJのコラムに掲載したニュース以外の記事を、TJコラム発行日の3日遅れで掲載しています。 

 

2021622

海外事情 614日号

 

今週号には、「3. パンデミック後の法人旅行」と「21. 法人旅行回復には、法人イノベーションが必須」の出張旅行に関する記事が2つある。

 

法人旅行は、オンライン会議で(ある程度)代替できるという説と、否、今まで通りリアルの対面会議がマスト必要であるという説が業界を二分している。 MicrosoftBill Gatesは、出張の50%が永久に無くなってしまうと予測した。 オンライン会議ソフトTeamsを開発しているMicrosoftのことだから、そういう悲観的な予測となるのだろうか? 伝統的なリアルの対面商談がこれからも継続すると予想する人たちは、パンデミックですっかり定着し始めているリモートワーカーが、新たな法人旅行需要を作り出してくれるとまで言っている。

 

一つはっきりしていることは、法人旅行の形態はパンデミック前とは大きく違ったものになるということだ。 今週の記事が言っている通り、出張規定は書き換えられ、テクノロジーの導入が進み、さらにイノベーションが起こる。 そして企業には、SDGにも配慮した持続可能な経営の舵取りが求められている。

 

ところで、610日の日経朝刊7面“オピニオン”に、「『観光』でうらなう産業の未来」という記事が掲載されていた。 元欧州復興開発銀行総裁ジャック・アタリ氏が書いた記事である。 彼は、この記事で「新たな疫病の蔓延を防ぎ、化石燃料の消費を減らし、文化遺産や支援環境を保護するには特に外国旅行を規制する必要がある」と言っている。 そして、「例えば無駄な出張の削減や格安航空会社(LCC)の設立制限、イタリアのベネチアでの低価格住宅の建設禁止、タイのビーチや京都の神社仏閣への観光客制限などは理性的な政策と言えるかもしれない」という。

 

観光産業は、世界のGNP10%にも及ぶ巨大産業化した。 この辺で、世界貿易を律しているGATT(関税及び貿易に関する一般協定、現在のWTO/世界貿易機関協定)のような国際的な枠組みが必要になって来ているのではないだろうか。 国際旅行のあらゆる障害を排除し、旅行出発地国/地域と目的地国/地域の間の自由かつ無差別な観光貿易の促進を目的とする、UNWTO/世界観光機関による国際観光経済協定が必要になっていると考える。

(編集人)

 

 

目次

1. グループ旅行の複雑さへの回答は透明度

2. VIDEO: バケーションレンタルの詐欺との戦い

3. パンデミック後の法人旅行                                                   4位閲覧

4.フォーカスライト、One-to-Oneメンター開始

5. Niumが旅行決済プロバイダーIxaris買収

6. Yatra 1,600万ドル損失計上

7. VTripsの連続買収

8. GDS、旅行代理店航空予約2019年比62%

9. Q&AOYO                                                                     2位閲覧

10. フォーカスライト、短期レンタルを調査する

11. 私の方法:Setaiホテルのゲストアライバル体験テック利用

12. 顧客エンゲージメント戦略

13. 旅行プラットフォームの自主規制

14. Tourlane、共同CEO体制終了

15. 旅行におけるNFTの役割?                                                 1位閲覧

16. RedDoorz、4番目ブランドSunerrs Hotels

17. 私の足跡eps68Brett Tollman, The Travel Corporation       第6位閲覧

18. 空と海の接続する時が来た                                                 5位閲覧

19. 新興企業ステージ:Lovuのロマンスアプリ

20. 直言:旅行の全ての流行が正しいわけではない

21. 法人旅行回復には、法人イノベーションが必須

22. VIDEO: 旅行のシステムセキュリティ                                  第3位閲覧

23. 今週の資金調達記事

 

 

1. グループ旅行の複雑さへの回答は透明度

67%の多くのアメリカ人が、今年、旅行を計画している。 観光産業に大きなリバウンドをもたらす。 フェスティバル、コンサート、プロスポーツなどのライブイベントがすべて戻って来ている。 カップルたちは、待望の結婚式、独身パーティー、女性の独身お別れパーティーを再び計画している。 間違いなく、今後2か月間で旅行するグループのトップ カテゴリの1つである家族は、夏休みを予約している。 実際、American Express Travelの最近の調査によると、回答者の71%が、パンデミックの最中に会うことができなかった愛する人を訪ねる予定であり、60%2021年の近い将来、家族と再会すると述べている。 これらのトレンド全体に共通する特徴は何か? グループ旅行を重視していることである。 人々は再び一緒に旅をしており、当然のことながら、誰もが再び世界に戻りたいと望んでいる。 それでも、問題は残っている ― 我々は広範囲にわたる再開を処理する準備ができているか? 旅行業界のロジスティクスは常に悪夢であるが、パンデミック後の世界の崖っぷちに立っているため、ロジスティクスはさらに複雑になっている。 グループ向けのレクリエーション旅行が最も影響を受けたカテゴリであることは驚くことではない。

COVIDの制限と規制は、都市、州、国全体でほぼ毎日変化している。 複数のオンライン旅行代理店(OTA)の比較、隠れたコスト(hidden cost)の理解、グループ向けの招待状の追跡、お金の収集など、旅行の計画に関連する必要な煩雑な仕事がさらに複雑化している。 2021年へようこそ、今日、旅行の計画がさらに困難になることを想像するのは難しい。 これらの複合的な要因により、ホスピタリティや旅行会社が最新かつ最も正確な情報に遅れないようにすることはほぼ不可能である。 Tripadvisorの最近の調査では、消費者の29%はパンデミック関連の進展が明らかになるのを待っており、22%は旅行前に完全に予防接種を受けるのを待っていることが分かった。 アメリカ人のワクチン接種率は頭打ちになり、実際に誰がワクチンを接種しているか、そして今後の最善の道を特定する方法を特定することが不可能となった。 いつオープンするか、いつマスクの義務を撤回するか、そしてこれらの決定が最終的に旅行に与える影響を知ることができなくなった。 透明性(Transparency) ― OTAや他の旅行会社には歴史的に欠けている ― は、明確で持続可能な再開戦略の鍵として浮上している。 ニューヨークはすでに独自のワクチンパスポートを発行している。 これは、透明なガイドラインを実装するための最初のステップである。 ここでのキーワードは、ニューヨークだ。 利用可能なリソースは州によって異なり、予約を促進する時にワクチンの要件、流通、パスポートを調べるOTAは現在いない(ただし、現在、ホワイトハウスのtopdating appsとのパートナーシップのおかげで、ワクチン接種済みの日付をさっとスワイプ“できる)。 そして独立系ホテルは規制に関して一貫性がない。 これらの問題に取り組むのは簡単なことではない。 幸いなことに、透明性を通じて持続的な回復をサポートする革新的な新技術によって、旅行業界ではすでに破壊(disruptions)が見られ始めている。 ニューヨークのアプリは、州内で機能するシンプルで簡単なソリューションの一例である。 スケーリングと広範な採用が次の大きなハードルだ。 我々はすでに人工知能と機械学習を使用して、個人的な経験をより適切に管理し、特に旅行業界における人の安全と災難のリスクを理解している。 この既存のテクノロジーを活用して、正確に旅行者の優先事項が何であるか、地域ごとに最もうまく機能するものは何かを見つけ、我々のコミュニティを理解することは、テクノロジーとしての成功と広範な再開にとって重要であることを理解している。 この進化する状況で可能な限り透明性を確保することは、ホテル、レストラン、航空会社などの主要な利害関係者と協力して、消費者に最高のサービスを提供し、最も正確な情報を確実に提供することを意味する。 今日の消費者、特に旅行業界の消費者は、金銭的コストを超えた価値を判断するのに役立つ透明性を必要としている。 透明性は、特にグループ旅行や、旅行がより複雑でストレスが多く、費用がかかる世界で、全体的な体験を改善する。 グループ旅行のような業界のロジスティクスは簡単ではなく、これに対するソリューションの開発は非常に複雑である。 これが、誰もこの問題に未だ取り組もうと決めていない主な理由である。 パンデミック後の世界で出現するテクノロジーは、消費者と目的地の間のギャップを埋めることに焦点を当て、既存のデータを利用してエンドツーエンドの誠実さと信頼を再構築する。 何も変わらずにパンデミックから立ち直る業界はないが、旅行業界は協力してより強力な方法を構築する。

著者: Julian IngLaunchtrip創設者兼CEO(6/7 https://bit.ly/3ghp02S

 

 

2. VIDEO: バケーションレンタルの詐欺との戦い

旅行者は、旅行中に社会的距離を保つ安全な方法としてバケーションホームを借りることを選択しているが、すべての旅行が計画どおりに進むとは限らない。 そこで、確立されたレンタル プラットフォームの支援が役立つと、Expedia GroupEMEAのバケーション レンタルのパートナー サクセス担当シニアディレクター、James Cassidyは言う。

PhocusWirePulseDecoding Travel Securityイベントで、Cassidyは、仲介業者を経由する予約には、Expedia Groupが所有するVrboBook With Confidence Guaranteeなどの保障が付属している。 Cassidyはまた、所有者がプロパティを保護する方法、安全な支払い取引の重要性、およびVrboAIと機械学習を利用して不正の潜在的なインスタンスを検出する方法についても話す。 以下のPhocusWireニュース編集者のJill Menzeのインタビュー全文をご覧ください。(6/7 https://bit.ly/3z3RIwV)

 

 

3. パンデミック後の法人旅行

法人旅行は2019年のレベルには決して回復せず、会議やイベントの高い割合がバーチャルのままであると予測する運命論者が居る。 Microsoft創設者Bill Gatesは、おそらくこれの最も有名な支持者であり、出張の50%は戻ってこないという悲観的な予測を持っている。 もちろん、この見解を支持することは彼と彼のビジネスに適しているかもしれない。 それから、より楽観的な見方をする人々が居る。 世界に出て、特に企業の世界で人々と直接会う必要があると固く信じている人々だ。 このグループの中には、法人旅行の回復には時間がかかるものの、回復すると主張する航空会社やホテルのリーダーが居る。 EasyJetEmiratesUnited AirlinesのそれぞれのCEOたちは、この問題について声を上げて来た。 リモートワークのトレンドにより、出張が増える可能性があるとさえ言う人も居る。 どちらが正しいか、そして最終的にはその両方のどちらか一方になる可能性があるが、出張は違ったものになるだろう。

 

新しい状況

A new landscape

COVID-19の感染検査に関連するより多くの事務処理、長い列、旅行者のフラストレーションの増加は、短期から中期のパンデミックの遺産のほんの一部である。 航空会社のキャパシティが大幅に減少し、スタッフ不足によるホテルの運営も2020年に支出が半分以上落ち込んだ業界の回復の遅れに寄与するだろう。 幸いなことに、ビジネス旅行会社は、旅行者は出張の再開について楽観的であり、状況が安全である限り注意すれば済むことだと述べている。

感染検査とワクチンのパスポートに関する進行中の大混乱が片付いたとしても、旅行マネージャーと企業は依然としてスタッフをケアする義務がある。 つまり、各地の制限を常に把握し、可能な限り最も効率的な方法で出張者を教育することを意味する。 法人旅行ポリシー(出張規定)は、COVIDプロトコルだけでなく、新しいハイブリッドな働き方を可能にするために、更新されるか、おそらく書き直される必要がある。 出張旅行は、旅行者とその雇用主が、過去に一般的だった1回だけの会議のための宿泊旅行を避けるため頻度は低くなるが、長期化する可能性が高いと考えられる。 また、従業員が在宅勤務や主要都市から離れて仕事をしている同僚や顧客を訪ねるために出張することで、出張がさらに広がるとの見方もある。 航空会社、ホテル、および企業旅行に関連するその他の企業は、これらの状況変化に適応しなければならず、そこではテクノロジーが手動プロセスの一部を取り除くことで負担の一部を軽減するのに役立つ。

しかしながら、この良い面は環境にも利益をもたらす可能性がある。

旅行業界のCEOたちが業界の二酸化炭素排出量に対処するというプレッシャーにさらされている現在、旅行者がより長く滞在し、より多くの第2および第3の都市に分散する場合、従来の目的地への影響はもう少し分配される可能性があるからだ。

また、旅行管理(TMC)業界は進化していると主張する人もいるかもしれないが、TMCコミュニティは縮小するだろう。 法人旅行分野における統合は、AMEX GBTEgenciaを買収する計画を発表したこと、TractionsReed & Mackayを買収したこと、TravelPerksNextTravelを買収したことなど、最近の取引ですでに起こっている。 混乱にもかかわらず、投資家が企業、特にTractionsTravelPerksなどの新しいタイプのTMCに大規模なラウンドを積極的に支援することで、このセグメントには自信を持っている兆候が見られる。 これらの投資は、法人旅行業界が進化する必要性を強調し続けており、パンデミックによってさらに推進されており、テクノロジーが提供できる機会を把握し、時間のかかる手動プロセスを手放す必要がある。(7/7 https://bit.ly/2Tbecvd )

 

 

4.フォーカスライト、One-to-Oneメンター開始

PhocusWireの姉妹ブランドPhocuswrightは、11のメンタリング関係を促進する新しいサービスを発表した。 Phocuswright Connectsは、メンティーとメンターを結び付けて、旅行、観光、ホスピタリティ業界での旅を学び、発展させる。 キャリア メンタリングは、個人がネットワークを拡大し、新しい知識と洞察を得て、新しいスキルを構築するのに役立つ。 Phocuswright ConnectsFacebookと連携して立ち上げられている。

Phocuswrightのクライアント サービス担当バイスプレジデントであるRebecca Callahanは、「現在の旅行環境と回復に伴う課題を考えると、Phocuswright Connects を立ち上げるのに最適な時期だと考えた。 メンターシップとネットワーキングは、業界が前進するための鍵である。 Connectsは、我々の対面イベントの成功の多くを促進する“つながりの文化(culture of connection)”を演じており、年間を通じてそのレベルのネットワーキングとつながりを可能にするプラットフォームを開発したいと考えていた」と語る。

プログラムには次の機能がある。

  • 素晴らしいメンターとつながる機会
  • メンターは12ヶ月間活動を続ける
  • メンティーは6か月または12か月間参加する
  • 業界のリーダーとの11のメンターシップ接続
  • 1回限りの“フラッシュ”ミーティング
  • 3ヶ月のメンター期間の延長
  • 仮想ネットワークの機会

Facebookの旅行業界の責任者であるColleen Coulterは、次世代のトラベルリーダーは、「Phocuswright ConnectsプログラムでPhocuswrightと提携できることを光栄に思う。 旅行業界がパンデミックから再び浮上するにつれて、次世代の旅行リーダーの成長をサポートするために団結することが重要だ。 旅行業界の多様で過小評価されているメンバーを支援することに重点を置くことは、メンターシップにアクセスしたすべての人のキャリアの向上 ― とその後の関係と業界の視点にとって ― 特に重要である」と付け加える。(6/8 https://bit.ly/3w4Ykt3 )

 

 

5. Niumが旅行決済プロバイダーIxaris買収

Ixarisは独立企業としてほぼ20年を終え、グローバルな決済プロバイダーNiumの一部になる。 買収条件は明らかにされていない。 シンガポールを拠点とするNium2014年設立)は、今後18か月から2年の間に米国で上場企業になるための申請を行う予定である。 Ixarisは、2002年に英国のAlex Mifsudによって設立され、多くの旅行ブランドに支持されている仮想クレジット カード システムのパイオニアの1社であった。 現在は、2005年に開発者として入社した後、20205月にグループCEOに就任したMark Spiteriが率いる。 同社は2019年に約1,000万枚の仮想カードを発行し、顧客以上の2,400万件の取引を処理したと主張している。 86人の従業員からなるIxarisの全チームは、買収完了後、同社に移籍する。 Niumの共同創設者兼CEOであるPrajit Nanuは、「旅行業界は長い間、動きの遅い完全に統制された決済プラットフォームに依存して来た。 我々の買収は、これらの既存企業を、Ixaris の最先端の仮想カード機能とNiumの高度な領収、支払い、および外国為替機能を組み合わせた最新のソリューションに置き換えるのに役立つ」と語る。(6/8 https://bit.ly/2Tcl7Eq )

 

 

6. Yatra 1,600万ドルの年間損失計上

インドを拠点とするオンライン旅行代理店のYatraは、331日までの3ヶ月間の業績を発表し、前四半期の300万ドルに対して800万ドルの損失を出したことを明らかにした。 同社によると、調整後の収益は1,300万ドルに前四半期からほぼ60%増加したという。 3ヶ月間のEBITDAは、前四半期の500,000ドルの損失に対して130万ドルの損失と報告された。 航空券の調整後の収益は、前四半期から48%増の約900万ドルとなり、ホテルとパッケージの調整後の収益も250万ドルに改善し、前四半期から67%増加した。 3ヶ月間の予約総額は、前年同期の22,800万ドルに対して1200万ドルに達した。

Yatraの最高経営責任者であるDhruv Shringiは、EBITDAは「計画を大幅に上回った」と述べ、同社は「堅実な貸借対照表と約3,100万ドルの現金残高で四半期を終えた」と付け加えた。 彼は、最近のCOVID-19の第2波がピークに達した後、インドは回復の初期の兆候を見せ始めていると述べ、「第1波後の力強い回復が示すように、旅行は力強く回復すると信じている。 堅実な3月四半期の業績が示すように、当社の流動性、強力なブランド、大規模な顧客ベースを考えると、旅行業界の回復を十分に活用する態勢が整っていると確信している」と語る。

Yatraは、2021会計年度の調整後収益を3,000万ドルと報告し、前年の 1,200万ドルの損失と比較して、年間の損失は1,600万ドルであった。 調整済みEBITDA500万ドルであった。 2021会計年度の航空券販売による調整後収益は、前年比62%減の2,000万ドル、ホテルとパッケージの調整後収益は、前年比55%減の480万ドルであった。 2021年の総予約額は83%減少し、2100万ドルになった。(6/8 https://bit.ly/3g0tI6d)

 

 

7. VTripsの連続買収

VTripsは、ここ数週間で一連の取引を行い、テネシーを拠点とするResort Property Managementとフロリダを拠点とするDistinctive Beach RentalsResort Collectionを買収した。 これらの買収の条件は明らかにされていない。

フロリダ州北西部で定評のあるバケーション レンタル管理会社の1つであるResort Collectionと共に、VTripsはそのポートフォリオに800を超える物件を追加した。 フロリダ州ポンテ ベドラを拠点とするVTripsは、フロリダからハワイまでのリゾート地で3,000件のバケーション レンタル プロパティを管理している。 VTripsの創設者兼CEOSteve Miloによると、買収資金はVTripsの営業利益と商業銀行の負債から捻出された。 Miloは、買収により、VTrips は北米のリゾート バケーション レンタル市場で業界をリードする立場に立つことができると確信している。 彼は、「収益性が重要であり、VTripsは引き続きEBITDAで全国のバケーション レンタル会社のトップ リーダーであり、前年比でのEBITDA成長率と収益に対するEBITDAマージンを高めている」、「ビジネスに適したフロリダに本社を置き、創設者とオーナーが引き続き責任を持ち、支援とボランティア活動で業界をサポートする会社として、他の大企業がリーダーシップと運営上の混乱に対処している間に、VTripsは急速に拡大する位置につけている」と語る。

取引の一環として、VTripsResort CollectionDistinctive Beach RentalsResort Property Managementの全従業員に仕事を提供した。 「VTripsは、従業員がこれらの企業の生命線であると考えており、従業員にとってポジティブな環境を作り出すために可能な限りのことを行っている。 我々の業界では、特定の大規模な国内のバイヤーが“露天掘り”のように運営しているため、すべてのスタッフを雇用し、ブランドと遺産を管理し、コミュニティで生活できるようにするバイヤーを求めるセラー(seller)がますます増えている」、「我々はセラーに、彼らが別の州や国に引っ越して携帯電話を変えるつもりなら、特定の大規模な国内のバイヤーが選択肢になると伝えている。 これはおかしいと思うセラーもいる。 セラーと直接会う時は、いつもたくさんの良い話がある。 ほとんどのセラーは、遺産を築き、ゲストや従業員のために素晴らしい思い出を作ることに人生を捧げており、同じ価値観を共有するバイヤーを求めている」とMiloは言う。

 

統合は続く

Consolidation continues

3月、MiloPhocusWireに、VacasaTurnKey Vacation Rentalsを買収したというニュースを受けて、バケーションレンタル業界の統合が加速すると予想していると語った。 「私は、より多くの資本が不動産管理分野に流入し、依然として非常に細分化された市場であるものをロールアップすることを期待している」と彼は語った。 Vacasa/TurnKey契約に加えて、この部門の最近の動きは、Cosi GroupAwazeFriendly Rentalブランドを取得するだけでなく、Awazeがイギリスとデンマークのいくつかのバケーションレンタルプロバイダを買収した。 ソフトウェアの面では、Opertoは先週、VRSchedulerの買収を発表した。 Opertoは、2021年と2022年の間に、ホスピタリティをサポートするソフトウェア セクターがさらに統合されると予想している。(6/7 https://bit.ly/3iozHn7 )

 

 

8. GDS、旅行代理店航空予約2019年比62%

Sabreが開示したデータは、GDSを介して旅行代理店が販売している航空券の回復が、ホテルの予約よりもはるかに遅いことを示している。 ディストリビューションとテクノロジーのプロバイダーのSabreは、5月のGDSを介した総航空予約は、20195月よりも62%減少したと述べている。 ホテルの取引は同期間に約35%減少した、とSabreは規制当局への提出書類で述べている。 Sabreのホスティング システムを介して搭乗した乗客の数は、20195月と比較して、20215月に44%減少した。 Sabreは、この数字は引き続き「COVID-19の症例数、累積および毎日のワクチン接種率、および地域の旅行制限を反映している」、「COVID-19ワクチンの投与が継続されたため、20214月および2021年の第1四半期と比較して、20215月に主要なボリュームの指標が継続的に改善された。 これらの主要な指標は、国内レジャー旅行の回復傾向による」と述べている。 Sabre2019年以降の活動の最低点は昨年4月中旬であり、旅行代理店経由の航空予約と搭乗旅客数が2019年の同時期よりも95%減少した。 20207月から2020年後半にかけて、一部の旅行業務が開始された暖かい時期でも、航空予約の総量は8085%減少した。(6/8 https://bit.ly/3v6GbK3 )

 

 

9. Q&AOYO

Abhinav Sinhaは、OYOのグローバル最高執行責任者であり、現在、800以上の都市で43,000のホテルと130,000の別荘を展開しているOYOの、世界中で事業を成長させるための同社の取り組みを監督している。 インドを拠点とするこのホスピタリティ企業は、1月のシリーズFラウンドで740万ドルを調達し、2019年後半には15億ドルという大規模なラウンドを行った。 パンデミックを通じて同社が学んだこと、立ち上げた新しいテクノロジープロダクト、および今後の成長計画について、Sinhaに話を聞いた。 長文記事なので、以下、質問だけをリストする。 回答は原文参照ください。

Q: 過去18ヶ月を振り返って、COVID危機から最も顕著な学びは何か?

Q: それは課題や機会に関するものであったか?

Q: 昨年、何件の新しい物件を追加したか?

Q: 米国で、OYOブランドに新しい物件をもたらす主な戦略は何か?

Q: 2019年末、OYOは米国でのバケーションレンタル事業の成長に向けて取り組んでいた。 一般的に旅行業界全体では民間の賃貸部門はパンデミックの間に比較的好調であったが、OYOバケーション ホームについては最近あまり耳にしていない。 事業部の現状と成長計画は?

Q: OYOは、この事業を米国で拡大する計画はあるか?

Q: OYOが昨年作成したいくつかのテクノロジ ソリューションについて詳しく教えてくれるか? その開発はすべて社内で行われているか?

Q: 流通とマーケティングに関する OYOの戦略は何か?

Q: OYOの今後5年間のOYOの成長計画は何か?

Q: 私の調査では、OYO6億ドルの負債資金調達を目指しているという最近の記事をインドの新聞で見つけたが、それと会社の一般的な財務状況について詳しく教えてくれるか?

(6/8 https://bit.ly/3w7JTnQ)

 

 

10. フォーカスライト、短期レンタルを調査する

米国の短期レンタルは、過去10年間、着実な成長軌道に乗って来た。 しかし、コロナウイルスが2020年にほぼすべての旅行を混乱させたため、短期レンタルにも影響が及んだ。 この分野で事業を行っているいくつかの企業は閉鎖され、他の企業は縮小した。 住宅所有者とホストは、長期の賃借人にサービスを提供することに重点を置いた。 パンデミックによってもたらされたいくつかの変化は、まだ残っているようだ。 短期レンタルのエコシステムは、将来に備えてどのトレンドが維持され、どのトレンドが衰退するかを知る必要がある。 2013年以来、旅行業界の大手調査会社であるPhocuswrightは、短期レンタル市場の規模を決定するいくつかの先駆的な調査研究を実施し、消費者と業界の傾向を分析し、デジタル化の進展とこのセグメントの専門化を調査して来た。 最新の調査であるHere to Stay: US Short-Term Rentals Move Mainstreamは、一つにはサプライサイドの変更と年配の旅行者需要の増加により、総予約が2017年から6%近くの年平均増率で増加し、2019年には340億ドルに達したことを示している。 現在、旅行が再開される中、Phocuswrightは、米国の短期レンタル市場の変化と、宿泊施設のこの重要なセグメントを定義する展開を理解することを目指している。 この調査では、パンデミックが収益に与える影響、予想される回復、旅行者の好みの変化、その他のトピックの中でも特に不動産管理の進化について詳しく見ていく。 調査の一環として、Phocuswrightは、市場を理解し、主要な不動産管理の傾向を調査するために、米国を拠点とする短期賃貸不動産管理者を対象に15分間の調査を実施する。 調査の対象となり、調査を完了した不動産管理者は調査の結果を受け取り、調査回答者から無作為に引き出された3枚の50ドルのAmazonギフトカードのうち1枚を獲得するチャンスがある。 回答は機密に保持され、傾向を判断するためにのみ使用されます。(6/9 https://bit.ly/3x9eEsP)

 

 

11. 私の方法:Setaiホテルのゲストアライバル体験テック利用

ホテルは競争の激しい市場でゲスト(宿泊客)を迎えるためにドアを再開するにつれ、パフォーマンスを向上させ、生産性を向上させ、かなりの時間をかけて旅行を望んでいるゲストの期待を超える方法を検討している。 多くのホテルが直面している課題の1つは、無駄のないスタッフで運営しながら、ピーク時にレセプションデスクで質の高いサービスを提供することである。 ゲストのエンゲージメントは、ゲストがホテルに足を踏み入れるずっと前に始まるが、到着体験はホテルとゲストの間の最初の物理的な相互作用であるため、ゲストの旅の最も重要なステップの1つであることを我々は知っている。 チェックインは多くの場合、休暇の本当の始まりを象徴し、ホテルとの関係全体を形作る能力を持っている。 また、ホテルがゲストにサービスを接続してアップセルする機会も提供する。 レセプションでの最初の体験が退屈な場合、待ち時間が長い場合、またはゲストが最終的に部屋の鍵を受け取る前にアイコンタクトが少ない忙しいレセプションに直面している場合、ゲストの体験は出だしから躓く。 Duveは、世界中のホスピタリティブランドと協力して、ホスピタリティ業界がゲストコミュニケーションを自動化およびパーソナライズし、その最大のリソースであるゲストを活用できるように設計されたゲスト管理ソリューションを提供している。 プラットフォームは、自動化を使用してゲストジャーニーの各ステップでゲストと対話し、ホテル経営者がWhatsAppSMS、電子メールなどの優先チャネルを介してゲストと通信し、各ゲストに個人的な注意を払い、アップセルサービスを提供できるようにする。 業界のベテランとして、私はホスピタリティビジネスの複雑さと、ホテル運営の内部の仕組みに適したシームレスなソリューションの重要性に精通し、最近のクライアントの1つで目覚ましい成果を上げている。

 

挑戦

The challenge

国際的なSetaiグループの一員であるSetai, Sea of Galileeは、158室の客室とヴィラを備えたモダンで豪華リゾートである。 各ヴィラには専用施設があるが、ホテルでは豊富なスパサービス、食事のオプション、館内全域で利用できる自転車などの追加の設備を提供している。 受付係が書類を提出するプロセスを経る必要があるだけでなく、スタッフがホテルの広大な施設とリゾート全体のさまざまなエリアの場所に関する追加情報を共有するため、チェックインプロセスは時間がかかる。 さらに、ホテルが提供する広範なサービスは、複数のフォローアップの質問につながり、レセプションは頻繁に占有され、ゲストはピーク時に長時間待つ必要があった。

 

到着前のコミュニケーションを使用してエクスペリエンスを向上させる

Using pre-arrival communication to improve the experience

SetaiDuveのコラボレーションの開始時に設定された主な目標の1つは、到着時の事務処理を排除することにより、到着体験を向上させることであった。

Duveのオンラインチェックインプロセスをホテルのニーズに合わせてカスタマイズするために、カスタマーサクセスチームは、ホテルの組織コンサルタントおよび受付マネージャーとともにシステムを構成し、オンラインチェックインにチームができるようにするために必要なすべての手順が含まれていることを確認し、不必要な事務処理を避けている。 オンラインチェックインの手順には、すべての個人ゲストの連絡先の詳細、到着時間、IDまたはパスポートのスキャン、電子署名契約、駐車目的の車の登録の詳細、およびオプションの支払い処理の収集が含まれる。 ゲストから提供されたすべての詳細は自動的にPMS予約システムに返送されるため、スタッフはシームレスに操作できる。 ホテルのニーズに合わせてカスタマイズされたオンラインチェックインにより、ゲストのパスポートをスキャンしたり、ゲストに登録カードに署名させたりするなどの手動の手順はすべて、効率的な自動ワークフローによって合理化される。 その結果、チームの時間は大幅に節約され、すべてのゲストとの事務処理に費やす時間が短縮され、レセプションデスクでの待ち時間が最大3分に短縮された。 オンラインチェックインリクエストは、到着の数日前にゲストに送信され、そこにはSMSWhatsAppを介して送信されるスマートリマインダーが含まれている。 コンバージョン率は70%以上に達し、ゲストの78%が4月中にオンラインチェックインを完了している。 「Duveは我々のカスタマーサービスのゲームチェンジャーだ。 プラットフォームがゲストとのつながりに役立つことは分かっていたが、テクノロジー志向ではないゲストでもDuveを使用してコミュニケーションをとることができ、そのすべてがいかに巧妙にシンプルであるかに驚いている」、「スタッフがシステムにすべてを手動で入力する必要がなく、チェックインプロセスの半分をコンピューターの画面に向けて費やす必要がないため、毎日多くの時間を節約できる」と組織コンサルタントのDina Roxa述べている。 自動化により、ホテルは待ち時間を短縮できるだけでなく、受付チームがゲストとより個人的なやり取りをすることができ、より多くのアイコンタクトを取り、質の高いやり取りを楽しむことができる。

 

デジタル通信の重要性

The importance of digital communication

デジタルプロセスは、すでにゲストが自宅からホテルにエンゲージすることを奨励しているため、ホテルが事前にゲストの詳細を収集する以上のことを行えるようにするソリューションを含める必要もあった。 真に優れた体験を提供するために、ゲストは自分のニーズを共有し、ゲストアプリからホテルサービスについて詳しく知ることができる。 到着前の連絡が整っているため、オンラインチェックインプロセスが完了すると、ゲストは到着前にホテルとチャットしたり、ゲストアプリの施設について読んだり、実際に到着する前にホテルとやり取りしたりできるようになる。 ゲストはチャットを介してより簡単にニーズを共有でき、統合された受信ボックスを介してより多くの問い合わせをいつでも処理できるため、ホテルのサービスに非常にプラスの影響を与える。 パンデミックは、ホスピタリティビジネスが継続的に運営される必要性を浮き彫りにした。 スマートな自動化ツールを使用してこれを実現する方法を直接見て来た。 これにより、ホテル経営者はより効率的になり、ブランドを強調し、長期的な結果を達成できるようにゲストに提供するエクスペリエンスを向上させることができる。著者:David Mezumanは、Duveの創設者兼CEO

(6/9 https://bit.ly/3xf09Uo )

 

 

12. 顧客エンゲージメント戦略

旅行ブランドが、今後数週間から数か月の間にどのように顧客と関わりを持つかが信頼を築く上で重要である。 この新しいレポートはこの問題を浮き彫りにし、メッセージングが重要であり、多くの消費者はまだ完全に旅行する準備ができていないと述べている。 AppotopiaBrazeSkyscannerThe Ready for Take Offからの報告は、わずか19%が今快適な移動を感じ、22%がほとんどの人がワクチンを接種されるまで自信を持てないことを明らかにしている。 さらに5分の1は、ほとんどの人が予防接種を受けてからしばらく経つまで快適ではないと述べ、16%は、完全に予防接種を受けたら旅行するだろうと述べている。 レポートはまた、59%のほとんどが自国で安全に旅行できると感じていることを示しているが、他の国に旅行しても安全だと感じている人は32%に低下する。 メッセージングと情報の観点から、消費者は旅行ブランドからの高いレベルのエンゲージメントを望んでおり、世界中の旅行者の34%が、期待するコミュニケーションが得られない場合は別の会社に予約することを検討すると述べている。 レポートによると、メッセージングの配信チャネルも重要であり、43%が電子メールで更新を受信したいと考えており、約5分の1が電話を好み、16%がテキストとダイレクトメッセージを好む。 企業から受け取ると予想される情報に関しては、63%が訪問先のCOVID規制を見たいと考えており、59%が自社のCOVIDポリシーに関するコミュニケーションを期待しており、52%が目的地でのウイルスの状態に関するコミュニケーションを期待している。

この調査では、世界中の現在のオンライン旅行代理店のモバイルアプリの使用状況も明らかにしている。 アジア太平洋地域では、パンデミック前と比較してOTAアプリの使用量が24%減少しており、旅行者は20201月よりも購入する旅行数が約20%少なくなっている。 ヨーロッパ、中東、アフリカ地域でのOTAアプリの使用率は36%減少しているが、旅行者は20204月よりも43%多くの旅行を購入している。 米国でのOTAアプリの使用量は、COVID以前のレベルと比較して41%増加しており、旅行者は20204月のレベルと比較して71%多く購入している。 レポートからのさらなる傾向は、コストが依然として重要な要素であることを明らかにしているが、安全性とワクチン接種パスポートに関するコンセンサスの欠如を犠牲にすることはない。 レポートの調査情報は、4月にWakefield Researchによって、13の市場の9,500人の参加者を対象に実施された。 完全なレポートは https://bit.ly/3xdRDVD からダウンロードできる。(6/9 https://bit.ly/3wfQHQm)

 

 

13. 旅行プラットフォームの自主規制

地上輸送のスペシャリストであるBoltを含むヨーロッパのテクノロジープラットフォームのグループは、「プラットフォーム企業のより良い規制」に向けた共同の取り組みの一部である。 BoltDelivery HeroGlovoWoltの創設者が率いるEuropean Purpose Projectの目的は、政府へのコミットメントと推奨事項を備えた「プラットフォーム作業のヨーロッパモデル」を確立することである。 このイニシアチブは、行動規範をまとめることを計画しており、今後3か月間の協議プロセスの一環として、プラットフォームの将来に関するアイデアを共有するよう関係者を招待している。 計画は、プラットフォーム経済のベストプラクティスのコードと“プレイブック”を9月に公開する。 European Purpose Projectは、同じ企業たちが昨年12月に発表したStatement of Principlesに従い、彼らが運営する都市と環境のために働き、テクノロジーとデータの責任あるユーザーになることを含む。 この企業内では、アルゴリズムの仕組みの透明性とユーザーが個人データを管理する能力を積極的に促進することに同意している。 Boltの共同創設者兼CEOであるMarkus Villigは、「プラットフォームワークとプラットフォーム経済は、イノベーション、雇用、経済成長の源である。 これらのメリットを実現するには、ヨーロッパの本質的な価値観を反映した、これらのプラットフォームを中心としたエコシステムを開発する必要がある。 Boltは、この開発で主導的な役割を果たし、これらの価値観を反映した配送プラットフォーム(delivery platforms)の強力な業界の声を生み出すことに参加することを約束する」と述べている。 このイニシアチブは、“大きなデジタルゲートキーパー”の力に取り組むことを目的とした欧州委員会によって作成されたデジタル市場法の法律に照らして興味深いものである。 これまで、booking.comAirbnbなどの大手旅行ブランドは、ゲートキーパーのパラメーターに該当するという提案に反発して来た。

デジタルゲートキーパーは、次のように解釈される。

  • 強力な経済的地位を持ち、複数のEU諸国で活動している
  • 大規模なユーザーベースを多数の企業にリンクする
  • 市場で確固たる地位または永続的な地位を築いている

欧州委員会のEurope Fit for the Digital AgeのエグゼクティブバイスプレジデントであるMargrethe Vestagerは、昨年末、この法律はデジタル市場を公正に保つことに関するものであると述べた。 European Purpose Projectは配送会社(delivery companies)を対象としているように見えるが、規制当局をなだめる手段として、他の大規模な旅行プラットフォームが原則に遅れをとっているかどうかを確認することは興味深いだろう。(6/9 https://bit.ly/2StY4VH )

 

 

14. Tourlane、共同CEO体制終了

複数日のツアーとアクティビティを提供するTourlane2016年創立)は、創業者が共同で会社を経営するのを終わらせるための管理体制を整えている。 Julian StiefelJulian Weselekは、2016年にドイツを拠点とする会社が設立されて以来、共同CEOを務めている。 しかし、今週発表された一連の措置の一環としてWeselekが事業の唯一のCEOになり、Stiefelは最高成長責任者の新しい役職に異動する。 同社はまた、プロダクトおよび技術の最高責任者としてのLeah Farmer(前プロダクトおよびエンジニアリング担当副社長)、最高人事責任者としてのHolger Haenecke(前人事担当副社長)および最高財務責任者(以前は財務部長)としてのFranck Pascaultの昇進を決めた。 同社によれば、COVID-19のパンデミックによる“一時的な落ち込み”の後、Tourlaneは旅行活動の再開に向けて準備を進めている。 ドイツに本拠を置くこの会社は、1億ドルを超える投資資金を調達し、ヨーロッパ、南北アメリカ、アフリカ、アジア、オセアニア、および中東への旅行を管理している。

* 20213月のHow I Got Here podcastで記録された、StiefelWeselekへのインタビューをチェックしてください。(6/9 https://bit.ly/3zjtzlZ)

 

 

15. 旅行におけるNFTの役割?

ここ数週間、限られた時間以上の時間をインターネットに費やしたことがある人なら、おそらく、ハイテク分野の周りに浮かんでいる新しい用語、NFTに遭遇したことだろう。 特に、デジタル アーティストのBeepleの作品が3月にクリスティーズ オークションで約7,000 万ドルで販売された時、このテクノロジーは見出しを飾った。 しかし、NFTとは正確には何なのか、そして旅行ブランドが注目すべきこのテクノロジーの流行は何なのだろうか?

基本から始めると、NFTは“代替不可能トークン”の略である。 つまり、IoTeXのビジネス開発責任者であるLarry Pangが言うように、NFTは暗号通貨の一種である。 他の暗号通貨や物理的な通貨と比較して、NFTを異なるものにしているのはその独自性である。 NFTは代替不可能であるため、ブロックチェーンに保存される各トークンには一つだけの独立した識別コードがあり、したがって交換できない。 NFTの最も注目されているユース ケースは、アートや音楽などのデジタル アイテムの販売である。 Pangによると、デジタル資産は誰かが所有できるものになり、仲介者なしで、ピアツーピア方式で取引できる。

旅行では、NFTは旅行者が特定のことをしたことを証明する機会を提供すると考えている。 たとえば、旅行者が現実世界の特定のランドマークを訪れた場合、NFTの形でデジタル記念品を受け取ることができる。 「これは、旅行を記録するだけでなく、フィジカルとデジタルのギャップを埋めることに取り組むインセンティブとして人々にデジタル世界で何かを提供したいと欲している[経営者]、レストラン、グラフィティ アーティスト、または物理的な世界に人々が関わりたいと思うものを持っている人なら誰でも利用することができる」と彼は言う。

 

旅行の証明

Proof of travel

最近、IoTeXは、旅行者が“旅行の証明”に基づいて専用のデジタル資産を作りだす(mint)できる新プロダクトを導入した。 Pebble Trackerと呼ばれるこのハードウェアは、FaceID用のスマートフォンで使用されているものと同様の組み込みのセキュア エレメントを使用して、位置、気候、動き、光などの現実世界のデータをキャプチャし、暗号的に署名することができる。 Pebble Trackerからの検証可能なデータが収集されると、IoTeXがデバイスのユーザーが検証可能なデータを独占的に所有および制御できるようにする“個人データ ロッカー”と説明する、分散型IDに割り当てられる。 4月、IoTeXはブロックチェーンベースのオンライン旅行代理店Travalaと提携し、Pebble Trackerを使用してブロックチェーン上で旅行者の旅を記録し、前述の旅行の証明経由で、分散型旅行ログ、旅行コンペティション、ロケーションベースのNFTなどの新しいユースケースを促進することを発表した。 「Pebble Trackerは、ユーザーが特定の時間に特定の場所に居たことを改ざん防止の方法で証明できる」とPangは言う。 「これは基本的に、改ざん防止のGPS読み取り値を提供し、応答を生成するためにブロックチェーンに事実を証明する資産トラッカーである。 たとえば、美術館を訪れた人は、美術館内のすべてのスペイン様式の芸術を訪れてデジタル“バッジ”を収集し、特定の旅程を完了するようインセンティブを与えられ、完了したことの証明で報酬を得ることができる。 しかし、そもそもこれらのデジタルバッジを収集するインセンティブは何か?NFTは影響力を重視する」とPangは言う。 旅行先でショットグラスやマグネットを集める人もいるが、彼は、「他の人に見せて、『これは私がやったこと』と言えるようなデジタルウォレットを持つこと」に未来があると信じている。

NFTの次の取り組みは、デジタルの評判に関するものになると彼は続ける。 「『これを持っている』だけではない。 それは、「これをやった、これを訪れた、これを経験した」ということなのだ。 3月にViatorと提携して暗号通貨を介してツアーやアクティビティを予約できるようにしたTravalaと共にIoTeXは、旅行者が特定の活動の連鎖を完了したことを証明できるさまざまなスカベンジャー ハント(ごみ拾い競技:一覧表にあるものを、お金をかけずに集めたり実行したりする競技) (分散型のAmazing Race=CBSのリアリティ番組シリーズ)スタイルのようなもの)を作成する可能性について議論した。

「人々はブロックチェーンを信頼している」、「つまり、そのレベルの信頼を持っているだけでなく、その信頼の足跡をこれらのデジタル通貨だけでなく現実の世界にも拡大すると、旅行で多くの興味深いアイデアが開かれる」とPangは言う。 特定のアクティビティを完了することで、別のシナリオとして、旅行者がロイヤルティ ポイントを獲得したり、将来のフライトの割引を獲得したりすることができる。 目的地については、DMOは地元のアーティストと協力して、小規模企業を訪問するための限定版のデジタル アートを提供することもできる。 「世界が再び開かれるにつれて、多くのブランドがオーディエンスとつながるための新しい方法を検討していると思う」とPangは言う。

 

見通

Outlook

IoTeXTravalaのパートナーシップについて、FISWorldpayの航空会社および旅行担当副社長であるThomas Helldorffは、デジタル旅行ログを作成することで、特定の旅行要素の完了の証明が実際に容易になると述べ、「これは、OTAなどの旅行代理店と旅行サプライヤーとの間のB2B決済を引き起こす可能性がある」と言う。 そうは言っても、Helldorffは、旅行でのNFTの使用例はまだあまり見られていないと述べている。

NFTの概念を支払いの観点から見ると、「旅行会社は投機ビジネスを行っている会社ではない」、「非常に薄いマージンでは、特定の旅程から得られる収益を正確に知る必要があり、中程度の変動性の通貨でさえ、基本通貨または決算通貨に対してヘッジする必要がある。 ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を受け入れる航空会社や旅行会社は、通常、トークンを安定した法定通貨に即座に変換する取引所を通じてこれを行う。 このように、旅行会社は為替リスクを一切負わない」と彼は言う。 NFTを使用すると、「旅行会社はNFTとしてプレミアム体験を発行し、流通市場(secondary market)で販売したり、イベントを記念して後で使用したりできる」とHelldorffは言う。 しかし、「これがどの程度の需要があるのか、あるいは旅行会社にとってどのようなメリットがあるのかは定かではない」とのことである。(6/9 https://bit.ly/3xaudjW )

 

 

16. RedDoorz、4番目ブランドSunerrs Hotels

RedDoorzは、東南アジア最大のホスピタリティ企業になるための一環として、新しいミッドスケールのブランドSunerra Hotelsを立ち上げた。 今月初めにインドネシアのジャカルタで最初の物件がローンチされた。 これは、昨年11月のエコノミー ブランドSANSホテルの立ち上げに続く4番目のブランドである。 シンガポールに本拠を置くこの会社は、長期滞在型の共同生活ブランドであるKoolKostと重要ブランドRedDoorzも持っている。 RedDoorzは、「バジェット予算の滞在から、よりデザインに触発されたより良い体験、さらには長期滞在のオファーまでのそれぞれが異なるブランドに支えられ、東南アジアの消費者のさまざまなニーズに対応する、複数のホスピタリティおよび宿泊施設プロダクトのエコシステムになりたいと考えている。

Sunerraのビジネスモデルは、「サインアップ料金、技術料金、ブランド料金を伴う純粋な管理契約である。 RedDoorz がゼネラル マネージャーを提供する。

彼は、RedDoorz が引き続き需要ブランドであり、SANSはユニットあたり約 2.5倍、Sunerra35倍、KoolKostは約半分と見積もっている。 パンデミックにもかかわらず、インドネシアとフィリピンの主要市場は持ちこたえている。 RedDoorzは、東南アジアでホスピタリティの未来を築くことに引き続き深く取り組んでおり、Sunerraは会社と地域に対する野心的なビジョンの実現のためのブランドである。

*この記事はもともとWebinTravelに掲載された。(6/10 https://bit.ly/3zhDw3f)

 

 

17. 私の足跡eps68Brett Tollman, The Travel Corporation

1920 年代から営業している家族経営のビジネスのホット シートに足を踏み入れるのは、かなり困難な作業に違いない。 これは、2000年に旅行業界で最も古い企業グループの1つであるTravel CorporationCEOに就任した時に、Brett Tollmanに起こったことである。 この事業は引き続き個人所有であり、現在70か国以上で事業を展開、40以上のオフィスと10,000人以上の従業員を擁している。 Travel Corporationは、ガイド付きの休暇、豪華なリバー クルージング、若者向けの旅行や観光の専門家、豪華なブティック チェーン、レッド カーネーション ホテル コレクションなど、29 のブランドを運営している。 Tollmanは、世界旅行ツーリズム協議会の副議長でもあり、業界に持続可能なイニシアチブをもたらすことを目指す非営利団体であるThe Treadright Foundationの創設者兼ディレクターでもある。 彼は、How I Got Here の最新のゲストとして参加する。(6/10 https://bit.ly/2TWuWXI)

 

 

18. 空と海の接続する時が来た

過去 1 年半にわたり、COVID-19のパンデミックは、世界中の人々が在宅勤務を続け、学校から医療に至るまで、多くのことがバーチャルのままであるため、どこにいても接続の重要性を強調している。 旅行業界が回復に向かっており、航空券の価格が上昇し、クルーズの予約曲線が記録的な長さになっているなど、前向きな兆候が見られる中、航空会社とクルーズの幹部が先を見据えることはこれまで以上に重要である。 空や海での“家のような”接続への期待など、パンデミック以前の旅行からの課題と乗客のニーズの多くが最前線に戻って来た。 同時に、需要の変動や移動制限による急速なルート変更などの新たな課題により、柔軟性と俊敏性が新たに必要とされている。 これらの課題に立ち向かうために、これらの企業のリーダーは、接続戦略を再考し、新しいテクノロジーによるネットワークを将来にわたって保証する必要がある。 絶えず変化し混雑している状況の中で、航空およびクルーズラインの乗客の体験と競争力を維持する能力はそれに依存している。

 

古いものと新しいものへの挑戦

Challenges old and new

空中または海上での高速で信頼性が高く、手頃な価格の衛星接続は常に課題であったが、従来の静止衛星(GEO)が到達または“見る”ことができない極北のルートでは特に難しく、極域を横断するフライトまたはクルーズで接続のギャップが発生する。 同様に、旅行が今後数か月にわたって回復し始めると、空港や港周辺のネットワークの混雑という古い問題が再び浮上するだろう。 グローバルで、シームレスで高性能な接続は、航空とクルーズの両方で乗客体験の重要な部分となり、ネット プロモーター スコアと顧客ロイヤルティに影響を与えている。 乗客の体験は、これまで以上に重要である。 機内または海上での乗客の接続は、これまで娯楽や仕事に追いつくために使用されて来た。 これは今後も重要であるが、将来的には、旅行者が健康、安全、入国管理や目的地や宿泊施設の情報にリアルタイムでアクセスできる必要性が高まる可能性がある。 これはさらに、次世代ネットワークを組み込み、一度に接続する人数やルートがどれほど多くて離れていても、すべてのフライトまたはクルーズで、すべての乗客に一貫した高性能のユーザー エクスペリエンスを提供することの重要性を強調している。 需要が(願わくば)増加し続けるにつれて、この現在標準的な乗客の期待は、柔軟で機敏なルート管理の必要性という新たに緊急の課題によってさらに複雑になっている。 航空会社やクルーズ会社が業務を強化し、来年以降はルートを頻繁に追加または変更する必要があるため、航空および海事セクターにサービスを提供するネットワークは、柔軟性と俊敏性を備えている必要がある。 世界中で旅行制限が緩和され続けることを願っているが、企業はその逆の可能性もあるということを認識する必要があり、大規模に柔軟に対応できるダイナミックなネットワークの必要性が再び強調されている。 将来がどうなるにせよ、変動は避けられないものであり、接続ネットワークは機敏に対応できる必要がある。 つまり、すべての乗客の接続に対する期待に応えるのに十分な帯域幅を備えていなければならない。

 

新しい衛星技術がその答えだ

New Satellite technologies are the answer

接続性に関しては、航空会社とクルーズ会社は、フリートのサイズや地理的な範囲のニーズに関係なく、手頃な価格、信頼性、速度、セキュリティ、および全体的な品質を求めている。 これは新しいニーズではない。 しかし、低軌道(LEO)衛星ネットワークなどの新しいテクノロジーは、航空会社やクルーズ会社が、ネットワークが乗客やフライトの運用に提供できるものをより広く再考するのに役立っている。 LEOネットワークは、従来のGEOネットワークよりも地球に近いため、35倍高速な接続、つまり、高速ストリーミング、ダウンロード、インターネットなどが可能になる。 これと柔軟性と回復力の組み合わせは、航空および海事接続サービスプロバイダー、ひいてはその顧客にとって変革をもたらすだろう。 たとえば、TelesatPhase 1 LEO衛星上でGlobal EagleTelenor Maritimeを使用した最近のテストでは、ファイバーのような接続性能を備えたLEOと将来的に互換性のあるハードウェアを示している。 新旧の課題と乗客のニーズに対処しようとしている航空会社とクルーズ会社にとって、LEO接続はすべてのボックスをチェックできる。 LEOは、真のグローバル カバレッジを備えたリアルタイムの常時接続エクスペリエンスを提供する。 そのため、旅行者は、飛行機、クルーズ、航海のどこにいても、今日の世界で必要とされる家庭と同じのような接続を利用できる。 大規模な旅行ハブや混雑したルートの周りのスケーラブルで集中した容量などのエンタープライズサービス用に特別に設計されたLEOコンステレーションの追加の利点は、旅行先に関係なく、高速ビデオストリーミング、ゲーム、VPN、オンラインショッピングなどに対する乗客の高まる需要を満たすことができる。 さらに、各衛星が隣接する衛星に光学的にリンクされている“メッシュネットワーク”として構築されたLEOネットワークは、データルーティングの柔軟性と復元力を向上させ、単一障害点を排除する。 これにより、今後数年間で航空およびクルーズラインが動的にルートを調整または変更するための機敏性が向上する。 将来を見据える場合、航空会社とクルーズオペレーターは、必要に応じて接続を動的に増減できるようにするLEOネットワークパフォーマンスと商取引条件を必要とする。 これは、ルートと旅行制限が絶えず変化する重要なポイントである。 これらの企業は、飛行機から飛行機へ、または船から船へと、世界のどこにいても、すべての乗客に同じレベルの接続を提供できることを知っておく必要がある。 その結果、航空およびクルーズラインには、ネットワークに競合(contention)を導入することなく、フリート全体でコミットされた情報レートを保証できるプロバイダーが必要である。 これにより、複数の乗客が同時に接続する機能が制限される。 これらのニーズを満たすことができるプロバイダーを特定することで、企業は将来的に優れたインターネット エクスペリエンスを提供できるようになる。 パンデミック後の世界に向かっているため、航空会社とクルーズ会社は、現在および将来の乗客が必要とする高速で信頼性が高く、回復力のある接続を提供する方法を見つける必要がある。 これらの新しいテクノロジーを今すぐ探求し、LEOネットワークに上位互換性のあるハードウェアをインストールしている接続ベンダーと提携することで将来を見据えたネットワークは、長期的な持続可能性と、潜在的な将来の業界を変えるイベントから保護し、生き残る能力を保証する。

著者:Manik Vinnakotaは、Telesatのプロダクトおよびコマーシャルのディレクター。(6/10 https://bit.ly/3iz1nFG )

 

 

19. 新興企業ステージ:Lovuのロマンスアプリ

1.          Lovuは、恋愛とカップルの旅行がすべての旅行アプリ。 求婚から目的地の結婚式、新婚旅行、記念日、更新の誓い、ベビームーン(妊娠中または妊娠前最後の夫婦での旅行)まで、Lovuでのロマンチックな旅行は簡単。 ここでは、消費者がホテルや旅行アドバイザーと直接11の関係を築くことができる。 Lovuは、真の価値を提供しないオンライン旅行会社のような仲介業者を排除し、消費者がロマンチックな旅行体験をコントロールできるようにする。 顧客の獲得は、主にコンテンツマーケティングに依存する。 B2C(旅行消費者)コンテンツマーケティングの取り組みには、ブランドマーケティング、専門メディア、ソーシャルメディア、広報キャンペーン、専門家のアドバイスマーケティング、インフルエンサーマーケティングなどが含まれる。 ホテル、リゾート、バケーションレンタルなどへのB2Bコンテンツマーケティングについては、ソーシャルメディア(LinkedIn)、広報、業界プレス、専門家のアドバイスマーケティングなどが含まれる。 旅行アドバイザーのマーケティングは、業界広告、電子メールマーケティング、業界会議、コンテンツマーケティング、および継続的な仮想立案者クラスで構成され、旅行アドバイザーに継続的にロマンス旅行のビジネスを教育する。 Lovuは、観光プロバイダーと旅行アドバイザーに購読料を請求し、メディアの機会を利用して収入を得る。

(6/11 https://bit.ly/3gfV5tm )

 

 

20. 直言:旅行の全ての流行が正しいわけではない

[NFT]にどのような需要があるのか、旅行会社にどのようなメリットがあるのかは定かではない」 これは、今週のPhocusWireの旅行におけるNFTの機会についての記事で、FISWorldpayの航空会社および旅行担当副社長であるThomas Helldorffからの引用である。 NFTは、旅行業界が現在利用する、おそらく最も役に立たないものである ― と一部の人は主張するかもしれない。 業界の大多数が、単に2019年頃のある程度の正常に戻そうとしているこの期間では、“改竄できないトークン”(以下のTiktokを介したツイートでの説明)について議題項目ナンバーワンとして考えることはない。

NFTのようなものをあざけるのは簡単だ。 特に、このコンセプトのチャンピオンの多くは、常識よりもお金を持っているか、他の、おそらくもっと重要なことに対する責任を忘れているように見えることがよくある。 しかし、新しいトレンドがどのセクターにどのように影響を与える可能性があるかを却下することは、あらゆる種類のイノベーションをいくらか卑劣に嘲笑することでもある。

YES、旅行はしばしば、多くの人が頭を悩ませるような新しい形のテクノロジーやプロセスを採用するように促されて来た。 Google Glassを覚えているか? ウェアラブルの最初の注目を集めた1つである。 それは、時が来れば、旅行業界で必然的に大きな可能性を秘めている何かの典型的な例であった。 それでも、ヴァージンアトランティック航空(何かからブランディングの資本を作る機会を逃すことはない)のようなものが、ロンドンヒースロー空港のエグゼクティブラウンジで、このコンセプトに何らかの裏付けと短期間のテストを与えることを止めなかった。 NFTはおそらく現在、有用なウェッジの最も薄い端に存在するが、繰り返しになるが、旅行ブランドは少なくとも技術分野のより大きなトレンドに目を光らせる必要がある。 あまりにも頻繁に、業界は突然時代精神の背後にいることに気づき、否定論者よりもはるかに早く動きを見た人々によって破壊されている(disrupted)ことに気づいている。(6/11 https://bit.ly/3whpcWz )

 

 

21. 法人旅行回復には、法人イノベーションが必須

出張がすぐに再開されない場合、競合他社との取引を失うことを恐れるが、大きなイノベーションギャップが進行中であることを恐れている人もいる。

出張をサポートする多くの人たちは、対面でのやり取りと、直接行うことしかできない取引の必要性を強調しているが、コラボレーションとその結果としてのイノベーションにはあまり関心を払っていない。 MicrosoftVenueSourceと決済のグローバルディレクターであるEric Baileyは、新しいアイデアが不足していると考えている。 今週のCAPA Liveのパネルで、Baileyは、技術革新や“開発ギャップ”は、数十億ドル規模の契約機会の逸失を意味するかもしれないと述べている。 彼は、人々は、顔を合わせてすばやくコラボレーションし、他の人を引き込むことができる時と同じように、仮想会議を介して同じように物事を成し遂げることができないと感じ始めるだろうと言う。 「我々は皆一緒になって、単一(バーチャル?)イベントでスケジュールをまとめた。 それには魔法のようなものがあり、それが非常に迅速なイノベーションを引き起こす」、「顧客獲得を競争して商品を示すこと以上に、私が考えるリスクである。 何故ならば、会社を買収し、物を売るなど我々が今多くのことを(オンラインで?)行うことができるからだ。 それがイノベーションになるだろう。 それらのイノベーションが、旅行で我々皆が実施していることを飛躍的に前進させる。 それは異なる考え方である。 我々の誰もがそれを失うわけにはいかない」と彼は主張する。

しかしOne worldアライアンスのCEOであるRob GurneyAmerican Express Global Business Travelの最高商務責任者であるAndrew Crawleyを含む、パネルの他の旅行幹部は、人々が関係を築くために飛行機に戻る必要があることに同意する。 だがBaillyによると、パンデミックの際にMicrosoftで採用された25,000人は、上司や直属の部下に会ったことがないという。 彼は、それらの人々はより人間的なつながりを求めるだろうが、旅行が必要かどうか、そして旅行が彼らを“より良く働かせる”方法について疑問を呈すると付け加えた。 TravelportCEOであるGreg Webbは、人々は仮想インタラクションがもはや機能しないと感じ始めると信じているが、遠隔地の労働力と人々がオフィスに戻らない可能性があるため、業界が復帰する方法にはデータ主導のアプローチが必要であると言う。 彼はまた、現在の予約数の少なさは、人々の旅行意欲ではなく、政策によるものだとも述べている。 その感情を反映して、Crawleyは、業界は準備ができているが、政府は完全に準備ができていないと言う。 「数か月前から依然としてまだ修正されていないものがいくつかある。 IATAは、需要が通常に戻った場合、国境管理での待機時間は最大1011時間になる可能性があり、これはまったく受け入れられず、空港のインフラストラクチャは停止するだろう」と述べた。 彼は、政府がIATAなどによって開発されたデジタルCOVID健康証明書を二国間で合意し認める必要があると付け加え、「これは、政府が取り組む必要のある大きな仕事だ。 消費者の信頼感の問題ではなく、今の政府の信頼の問題だ」という。(6/11 https://bit.ly/3xlEREF )

 

 

22. VIDEO: 旅行のシステムセキュリティ

旅行業界は近年ハッカーを惹きつけており、有名ブランドがターゲットにされており、多くの場合それが一定期間にわたって続く。 Marriott-Starwoodへの攻撃などはメディアの見出しを捉える可能性があるが、業界のシステムにアクセスするための小規模な試みは他にも数え切れないほど存在する。 大量トランザクションを有する業界特性は、侵害に対してより脆弱であると言われているレガシーシステムの普及と並んで1つの理由である。 パンデミックが発生した時、Booking Holdingsなどの旅行会社は攻撃が増加していると述べ、専門家は業界が回復するにつれてさらに急増する可能性があると考えている。

ファイアウォールやスキャナーなど、システムを保護するために企業が実行できる小さな手順がある。 5月に開催されたPhocusWirePulseDecoding Travel Securityイベントに参加したIoTexの共同創設者兼CEOであるRaullen Chaiも、企業が検討する必要のある大きなステップのいくつかについて説明した。 以前にGoogleUberでシステムセキュリティの役割を果たしてきたChaiは、オンラインでの活動が増えるにつれ、ハッカーにとっては良い時期になっていると述べている。 彼はまた、攻撃が進行中であるかどうかを特定するための危険信号に触れ、すぐに実行する手順を示す。 PhocusWireの上級記者リンダフォックスとの完全なインタビューをご覧ください。

(6/11 https://bit.ly/2U1UNNZ )

 

 

23. 今週の資金調達記事

·         RVezy

Plenty Of Fishデートアプリの作成者であるMarkus Frindは、カナダを拠点とするレクリエーション車の予約サイRVezyの最初の大規模な資金調達ラウンドを支援している。 新しい2,000万ドルのこのラウンドは、2019年後半のFrindからの300万ドル相当の財政支援に続くものである。 起業家からの最新の支援は、カナダから米国へのRVezyの拡大を継続するために使用される。

COVID-19 のパンデミックが始まって以来、これまでに約10,000人のRVの所有者が、レジャー旅行者のロードトリップへの関心が高まる中でプラットフォームに参加している。 RVezyの共同創設者であるMichael McNaughtは、「2020年にパンデミックが発生した時、何百万人もの人々が、従来の飛行機やホテルの代わりに、地元の旅行、キャンプ、RVingに目を向けた。 RVで素晴らしいアウトドアを探索するという噂が広まった」と語る。 投資家達は、この業界に熱い視線を送っている。 Harvest Hostsは今年3月に3,700万ドルを調達し、RVshare2020年後半に1億ドルという巨額の資金を調達した。 RVezyは、Michele Romanowから$150,000 の投資を確保したDragonDenに出演したことで知られている。 同社は2018年に300万ドル以上の総売上高を獲得し、2019年半ばまでに年間売上高は1,200万ドルになった。(6/7 https://bit.ly/3islwgH)

 

·         Collective Retreats

ラグジュアリーリトリートビジネスCollective Retreatsは、RVレンタルプラットフォームOutdoorsyが主導する2,300万ドルの資金調達ラウンドを調達し、この2つのスタートアップは新しい戦略的パートナーシップ契約を締結した。Outdoorsyに加えて、ニューヨークを拠点とする投資会社Fireside Investmentsは、RevolutionRose of the Rest Seed Fundを含む既存の投資家の参加を得て、このシリーズCラウンドを主導した。 Collective RetreatsOutdoorsyは共同で、Collective Retreatsのアウトドア ホスピタリティの専門知識とOutdoorsyのテクノロジー プラットフォームを組み合わせた新しい宿泊施設タイプとアウトドア体験を開発することにより、成長するアウトドア ホスピタリティ市場を活用することを計画している。 615日から、アウトドア派の旅行者は、ニューヨークのガバナーズ島でコレクティブ リトリート体験を予約できるようになり、続いて今夏後半に、コロラド州ベイル、テキサス州ヒル カントリーで同様の体験を予約できるようになる。 秋には、Collective RetreatsOutdoorsyは、OutdoorsyのゲストがCollective Retreatsの場所にいる間、RV車に滞在できる新しい宿泊施設を立ち上げる。 2015年に設立されたテキサス州オースティンを拠点とするOutdoorsyは、20191月のシリーズCラウンド5,000万ドルを含め、7,500万ドル以上を調達した。 今年の1月、同社は、パンデミックの中で社会的距離を置いて休暇を過ごしたいという顧客の要望に支えられ、四半期末までにそのプラットフォームでの取引が1億ドルに達する見込みだと述べた。 同時に、Outdoorsyは最高製品責任者のKevin Swintの雇用も発表した。 彼はAirbnb から入社、AirbnbではExperiencesとホストコミュニティのプロダクトのグローバル責任者を務めていた。(6/9 https://bit.ly/3vcGToY)

 

·         Zytlyn

Zytlynが、一連の金融機関やエンジェル投資家からの資金を確保した後、250万ドル相当のシードラウンドを成功させた。 旅行業界向けのデータ分析を専門とするスイスを拠点とするこの企業は、Plug & Play Ventures, Century Oak, the Geneva Foundation for Technological Innovationからのデビューラウンドを確保した。 また、Elyes MradCertares)、Julia SattelAmadeus前社長)、Niels GronAquaFold創設者)も参加した。 Zytlynプラットフォームは、航空会社、旅行代理店、空港、ホテルのワークフローを自動化し、需要、価格設定、収益、売上の予測ツールを提供することを目的として今年初めに設立された。

共同創設者兼CEOHouman Goudarziは、「機械学習を使用してリアルタイムでパターンとの相関関係を見つけることにより、可能なすべての信号をキャプチャすることで、航空会社、旅行代理店、空港、ホテルに、競合他社と市場の行動ときめ細かい消費者に関する豊富な予測的洞察を提供する」と述べている。 Goudarziは最近まで、IATAのビジネスインテリジェンスおよび新プロダクト開発のグローバル責任者であり、昨年11月に辞任した。(6/11 https://bit.ly/2TjHCHU)

 

 

 

+++++

6月4日

九州で大手系列越え初の共同運航

米ユナイテッド航空、超音速機購入へ