海外事情・旅行流通

フォーカスライトJapanでは、PhocusWire Daily (phocuswire.com) 並びにTravel Weekly (travelweekly.com)を含む海外主要旅行業界誌から、面白そうな業界ニュースを選別し日本語に意訳して、トラベルジャーナル(TJ)の隔週コラム「FROM THE WORLD/海外事情」とTD 勉強会(e-rtb.com)に掲載しています。TDTravel Distribution)勉強会の「海外事情 アーカイブ」では、TJのコラムに掲載したニュース以外の記事を、TJコラム発行日の3日遅れで掲載しています。 

 

202168

海外事情 531日号

 

Expediaが、一昨年の暮れの業績悪化に伴ったCEOCFOの突然の同時交代後、積極的にリストラを推し進めている。 「2. (TJ) エクスペディアのリストラ、アップルとベライゾンの幹部採用」は、Expedia ServicesExpedia BrandsExpedia MarketplaceExpedia for Businessの“4つの主要な柱”に組織変更し、それらのトップにAppleVerizonの最高幹部クラスの人材を引き抜いたと書いている。 はて、今月、法人旅行サイトのEgenciaAMEX GBTに売却したばかりだというのに・・・何故Expedia for Businessの新部門が設立されたのだろうか? この売却と同時に両社が合意した戦略提携にその解がありそうだ。 観光需要と法人需要の両方を、双方が今後も力を合わせて販売して行くというのだろう。

 

Googleが、バケーションレンタルの検索を追加した(「18. グーグル、バケーションレンタル追加」)。 9-11の混乱が、航空業界でLCCを誕生させた。 今度はCOVID-19パンデミックが、ホスピタリティ業界で本格的な短期レンタル市場を誕生させている。 先週号でも「4. 短期レンタル、2019年需要を突破」の記事があった。 今では宿泊市場のおよそ4分の1を構成するまでになっている。 混乱の後には、新たなイノベーションが必ず生まれると言われている。

 

エアビーは、新たに曖昧検索機能などを追加して、この市場の来るべき激戦に備える。 Googleの参入によりAirbnbのブランドマーケティングは影響を受けないのだろうかが気にかかる(「7. エアビー、これまでで最も包括的アップデート」)。

パンデミックで一時停止していたエアビーの新規事業はどうなっているのか。 同社の共同創立者の1人で兼最高戦略責任者のNathan Blecharczykは、「交通機関やホテルなど、パンデミックの最中に一時停止されたビジネスユニットには“多くの成長の可能性”がある」と述べている。

 

4. テクノロジーが世界を動かす鍵である理由」と「13. デジタルCOVIDチェック無しでは空港混乱」を読めば、いかにトラベルテックが必要なのかが良く理解できる。 デジタル認証テックが存在しなければ、旅行者の健康チェックに長い時間がかかり、空港におけるボーディングやホテルのチェックインは、混乱どころか実施困難になってしまうだろう。 LHR空港のターミナル5だけでも、COVID-tested便の搭乗前後のPCR検査で、約500人の新たなスタッフの採用が必要だとの試算も存在する。 世界標準と相互運用性を持つ統一された健康パスポートのアプリが不可欠なのだ。

(編集人)

 

 

目次

1. (TJ) 目的地 回復にグーグルとUNWTO支援

2. (TJ) エクスペディアのリストラ、アップルとベライゾンの幹部採用

  (TJ)= トラベルジャーナル 628日号参照

3. ラーストミニッツ、予約改善管理調整

4. ホテルの直予約                                                                      3位閲覧

5. テクノロジーが世界を動かす鍵である理由

6. 出張規定変化、ハイブリッドのパターン登場

7. エアビー、これまでで最も包括的アップデート                             1位閲覧

8. 新興企業ステージ:Live The World

9. メイクマイトリップ、今年下半期の国内旅行回復期待

10. ビッグチェアー:Sankar Narayan、サイトマインダー                4位閲覧

11. セーバーByHours提携。ホテルの時間売り

12. eDreams Odigeo、サブスクとワクチンが回復支援

13. デジタルCOVIDチェック無しでは空港混乱

14. 私の足跡ep66: D. Armstrong and S. KaatzHolidayPirates      6位閲覧

15. VIDEO:バイオメトリック、旅行の迅速・非接触ID先導                2位閲覧

16. 直言:旅行の大志のメインストリームにはマスク不要

17. Watch: デジタルトラベル取扱高推移

18. グーグル、バケーションレンタル追加                                         5位閲覧

19. 524日の週の資金調達記事

 

 

 

3. ラーストミニッツ、予約改善管理調整

Lastminute.com Groupは、2021年第1四半期のコアビジネス収益が前年比84%減の1,160万ユーロであることを明らかにした。 同社のEBITDAは、前年同期の920万ユーロに対し、損失530万ユーロを計上した。

LM Holdingの純損失は、前年同期の670万ユーロに対し、12.7百万ユーロであった。 ただし、Lastminute.com Groupによると、これまでで最高だった2020年の第1四半期と比較すると、結果は歪んでいるとのことである。

純損失が1,670万ユーロだった2020年第4四半期と比較して、結果は改善を示していると付け加えている。 同社によれば、ヨーロッパでは回復が進んでおり、英国はまだ遅れているものの、大陸全体で「急な売上成長軌道」が見られているとのことである。 決算発表の時点で、Lastminuteは、第1四半期と比較して、1日の予約が100%増加したと述べている。(5/24 https://bit.ly/3yDLhR1 )

 

 

4. ホテルの直予約

多くの報告によると、ロックダウンが緩和されて旅行が再開されるため、ホテルは直接予約する消費者に向かう傾向が見られる。 これにはさまざまな理由がある。 ブランドや消費者がホテルの施設のウェブサイトにアクセスすることで、パンデミックが発生する前から存在していた信頼から、実施されている安全衛生プロトコルについて詳しく知ることができる。 いずれにせよ、ホテルは長い間達成することを切望してきた直接予約へのシフトを経験している。

議論は常に、プロセスの最も重要なフェーズ、つまり、ゲストに関するデータを収集し、旅行前、旅行中、旅行後に独自の電子メールマーケティング戦略に移行できる“顧客の所有”に関するものである。 彼らが抱えていた問題は、仲介業者、つまりBooking.comExpediaなどのオンライン旅行代理店が2桁の手数料率と引き換えに、多くの場合高額で提供できる予約の量に集中していた。 ホテルは、これまで、さまざまな程度の成功を収めて、OTAへの依存のサイクルを断ち切ろうとした。

 

前進する

Moving forward

百万ドルの質問(前述の両方のOTAが消費者を彼らのチャネルに導くためにデジタルマーケティングに過去にどれだけ費やしたかを考えると、おそらく120億ドルの質問)は、このトレンドが回復期間より長く続くかどうかである。

回復プロセスといわゆる“ペントアップ需要”が落ち着くと、通常のサービスが再開されるという議論がある。 OTAは、“パートナー”より多くの金を使って、方程式の宿泊施設の部分だけでなく、旅行に関連するすべてのもののワンストップショップとして自分自身を再配置することができる。

ホテルにとっての課題は、回復期間が今後数か月、おそらく2022年にまで及ぶため、今すぐすべてのハードワークを確実に実行することである。 顧客との新しいロイヤルのパターンを作成することは、ゲストエクスペリエンス戦略の重要な部分になる。 これは、オンライン(旅行の前後)と実際に滞在が行われた際の両方で行われるプロセスである。 直接予約と間接予約の適切なバランスを見つけることは、ホテルが達成するのに苦労してきた芸術形式(artform)であったが、現時点では勢いがあり、パンデミック以前にもう一度戻り、可能な限り多くの地盤を取り戻す機会がある。 ホテルは、直接予約に有利なわずか数パーセントのポイントが、大きな違いを生む可能性があることを知っている。(5/24 https://bit.ly/3fiB5FP )

 

 

5. テクノロジーが世界を動かす鍵である理由

パンデミックを通じて、旅行業界は“ノーマル”への復帰を切望して来た。 現在、印象的な世界的なワクチンの展開、世界的な旅行制限の緩和、および毎日の旅行者の着実な増加により、業界は新しい楽観的な感覚を見出した。 しかし、新たにワクチン接種を受けた人が再び旅行を始めると、パンデミックの前の旅行にどれほどの摩擦があったかがすぐに思い出される:ほんの数例を挙げると、長い空港の乗り継ぎ、荷物の紛失、税関の事務処理、長期のセキュリティチェック、フライトの遅延、タクシーの長蛇の列がある。 これには、COVID-19によって悪化し、新しい顧客の不安や懸念、オペレーションの複雑さ、旅行体験全体にわたるさまざまな政府の制限が加わった。 残念ながら、業界はパンデミック後の旅行体験の重みを不当に負担している。 政府は国境を越えた感染検査とワクチン接種のための共通の枠組みに合わせることができず、その結果、航空会社は顧客とのインタラクションの最前線として機能させられている。 政府の規制の変更はコントロール不可能であるが、航空会社は、IATA Travel Passイニシアチブの採用と改善に関わらず、Vaccine Credential Initiativeなどのサードパーティフレームワークの採用、または少なくとも、既存のアライアンスパートナーシッププログラム内の共通の標準セットなどの業界の重大な問題点を解決するために協力する機会がある。 国境を越えた認証は1つの問題であるが、業界は協力して旅行者の体験から摩擦を取り除く方法を見つける必要がある。 そうしないと、顧客は再び旅行することを思いとどまり、ロイヤルティを他の場所変えて過ごすことになり、最終的には回復が遅くなってしまう。

 

パンデミック後の旅行は混乱の危機に瀕している

Post-pandemic travel is ripe for disruption

今日の環境では、破壊(disruption)の脅威から免れる業界や企業はほとんど存在しない。 旅行業界はこの影響を受けている。その一方で、AirbnbUberなどのデジタルファーストのブランドが業界で独自の領域を切り開き、業界で最大の評価を得ている。大きな変化は、また変化の新しい機会を開くので、主要な出来事と破壊は奇妙な仲間である。 日常のプロセスの一部として顧客の摩擦(friction)を受け入れている業界は、破壊されるのに熟した候補である。 多くの場合、ディスラプター(破壊者)は顧客の問題を確認することから始め、それを修正することに執拗に集中する。 その過程で、彼らは業界を変え、顧客にとってかけがえのないものになる。 パンデミック後の旅行体験には多大な摩擦と問題が注ぎ込まれてされているため、業界は、過去のプレイブック、インフラストラクチャ、テクノロジーよって回復に向かっているため脆弱である。 同時に、ディスラプターは、これらの問題を単純化するのに役立つテクノロジーに利点と規模を見出し、コスト、利便性、またはサービスの相互作用に新しい価値を生み出す。 過去1年間で世界の多くの地域が閉鎖されたが、テクノロジーはイノベーションのペースを加速させた。 顧客は非接触技術に引き寄せられ、音声サービスを採用し、接続されたデバイスやウェアラブルをますます採用している。 人工知能と機械学習アプリケーションは、パンデミックの最中に加速し、11のパーソナライズを解き放ち、ビジネスプロセスを再定義した。 労働力の不足とCOVID-19の制限により、ロボット工学と自動化の使用が促進された。 多くの空港では、航空機の検査を支援するために自律的な荷物輸送またはドローンを使用している。 もちろん、業界の多くが昨年の技術の進歩によって提示された新しい機会と課題の両方でパンデミックからの離脱を切望しているので、これらは進行中のシフトのほんの一部である。

 

“フリクションレス”はパンデミック後の回復の鍵

“Frictionless” is the key to the post-pandemic recovery

旅行業界が摩擦を減らして、パンデミック中に発生した新しい行動や懸念を優先する、より良い顧客体験を生み出すには、以下のごとくのいくつかの方法がある。

·      非接触型インタラクションContactless interaction):顧客が共有サーフェスに触れることを引き続き懸念しているため、QRコードや非接触型キオスクなどのテクノロジーを使用できる。 サウスウエスト航空は、QRコードを使用したフライトで新しい飲み物注文システムを使用している。 顧客はコードをスキャンして飲み物メニューを検索し、飲み物を選択し、携帯電話で注文をすることができる。 エアアジアはまた、非接触型キオスク、乗客照合システム(PRS)、空港での非接触型決済、モバイルアプリSourceの拡張機能など、重要な旅行のためのいくつかの非接触型決済を導入した。 さらなる例では、マリオットは最近、非接触型到着キオスクの一部のホテルで、抗菌技術とUVライトによるチェックインを可能にするパイロットプログラムを展開した。 これは、マリオットの上顧客プログラム用のBonvoyアプリから利用できるリアルタイムメッセージングによるモバイルチェックインとチェックアウト、モバイルルームキー、モバイルサービスリクエストなど、すでに市場をリードするエクスペリエンスの進化形である。

·      経路探索と待ち行列Wayfinding and queues多くの人にとって、パンデミック後の最大の懸念の1つは、テーマパーク、カジノ、美術館などの場所では避けられない群衆と長蛇の列である。 ビーコンやIoTなどのテクノロジーを使用して、人の流れや動きを監視し、オペレーションを最適化したり、距離測定を監視したりすることができる。 これらの摩擦点を軽減するためのもう1つの重要なツールは、劇的に更新し、トラフィックを誘導し、ゲストに待ち時間を知らせることができるデジタルサイネージである。 デジタルサイネージは、道順やインタラクティブな地図を提供するモバイルアプリと組み合わせたり、拡張現実などのアプリケーションや既存のポイントプログラムと組み合わせたりしてユニークなブランドの顧客コンタクトを可能にする。 長蛇の列の解消を支援したりするために、仮想キューイングを実装できる。 5Gなどの新しいインターネットテクノロジーが拡大し続けるにつれて、これらのテクノロジーはますます普及するだろう。 たとえば、ユニバーサルスタジオは、パーティーのゲストや他の人が特定の乗り物に行く時間をスケジュールできる仮想並び(virtual line)システムを使用しており、COVID前の時間の混雑したキューを排除している。

·      旅行前の計画と到着前Pre-trip planning and pre-arrival消費者がCOVID後の旅行の世界をナビゲートする時、彼らは絶えず変更される目的地の規則と制限についてまだ確信を持っていない。 多くの人にとって、パンデミック後の旅行でできることと、できないことについての情報を見つけようとする時、Google検索は最初に行く場所である。 その結果、“旅行”に関連する最も一般的な質問は“旅行制限” または“COVIDテスト”に関する質問である。 Google Travelは、さまざまなソースからのローカライズされた情報を旅行前のエクスペリエンスに統合するため、これに対応するリーダーである。 Googleは、ホテルやフライトの横にあるCOVID-19アラートなどの機能セットを継続的に拡張して、その場所に予防接種や検疫の証明が必要かどうかを顧客に知らせている。 昨年のロードトリッパー(road trippers)への移行に対応するために、Googleは役立つ安全アラートをGoogleマップに統合し、旅行者に国境を越えのチェックポイントと制限の情報を提供した。 これらは、Googleがパンデミック後の新たな摩擦点に対応し、旅行者を支援する上で静的(static)な到着前のメールを超えた例のほんの一部である。

·      生体認証と健康診断Biometric identification and health checksパンデミック後に国際旅行した人の多くは、新しいプロトコル、チェックポイント、フォームを、待ち時間の延長、運用コストの増加、最終的には旅行者のストレスの増加に貢献している一連の新しいボトルネックとして思い出す。 多くの大手の旅行の会社(travel companies)が顔認識などの新技術のテストと展開を開始しており、赤外線カメラなどの健康診断ツールは交通の流れを促進するのに役立つ。 アブダビのヤス島などの目的地のランドマーク開発会社であるMiralは、最近、テーマパークのゲストが公園やアトラクションにアクセスし、顔認識やモバイルを含む他の方法を使用して支払いを行うことができる最先端のFacePassイニシアチブを発表した。 これは、ヤス島のモバイルアプリによって促進され、島の公園やアトラクションのチケットシステムや回転式改札口(turnstiles)にリンクされる。 これにより、ゲストは入場地点で非接触型アクセスを行い、一部の小売店や飲食店で顔認識を介して非接触型決済を行うことができる。 空港は、ウイルスの拡散を監視して遅らせるために、体温スキャン技術の採用を加速させている。 ダラス、ロンドン、カンクンなどでは、空港は顔認識熱画像技術をテストして、空港を流れる人々の体温とセキュリティを監視している。

パンデミックは、さまざまな業界でテクノロジーの採用と使用を明らかに加速させており、世界を再び旅行させる上で重要な役割を果たしている。 ただし、旅行の会社が問題を見つけるためにソリューションを使用しようとするのではなく、顧客体験を向上させる方法に焦点を当てることが重要である。 旅行業界は、通常の状態に戻ることを考えるべきではなく、将来を念頭に置いて自らを再構築するべきである。 我々が危機から抜け出すにつれて、消費者はますます、最終的にお金、時間、または摩擦を節約するテクノロジーソリューションを採用し、これらの物理的およびデジタルの相互作用をシームレスに組み合わせる企業にブランドロイヤルティをシフトすることを厭わないだろう。 このようなテクノロジーを採用することは、消費者の信頼を取り戻すのに役立つだけでなく、最終的には業界の回復が遅いか弾力的かという違いを意味する。

著者:David Taylorは、Publicis Sapientの旅行およびホスピタリティ業界のグローバル戦略およびコンサルティングのリーダー。

(5/25 https://bit.ly/4g0sSh )

 

 

6. 出張規定変化、ハイブリッドのパターン登場

多くの従業員が少なくとも一部の時間は自宅で仕事を続けるため、出張のパターンは変化する。 一部の会議はバーチャルのままだが、American ExpressAmerican Express Global Business TravelAMEX GBT)のレポートによると、“意思決定者”の69%は、リモートワークがより多くの出張につながる可能性があると考えている。 AMEX GBTのグローバルクライアント担当エグゼクティブバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーであるDavid Reimerは、「クライアントからの連絡とこの調査で確認されたように、多くの企業の意思決定者は、従業員が仕事に戻るための自信を高めるために、旅行ポリシー(出張規定)をどのように進化させるべきかについてのサポートを求めている」と述べている。 Back to Blue Skiesレポートによると、意思決定者の83%が、今後2年間で出張がパンデミック前のレベルに戻ると見ている。 Bill Gatesがパンデミック後に出張の50%以上が消滅するとコメントして、出張が完全に回復するかどうかについての意見は大きく異なる。 他の人は対面接触の必要性と売り上げを取り戻すための意欲が、再びボリュームを構築するのに役立つと信じている。

レポートの詳細によると、ビジネス旅行者の86%は、安全と見なされたら出張に戻ることを楽しみにしている。 意思決定者の85%によると、出張と利益および収益の増加には相関関係がある。 出張者はまた、出張が専門能力開発において役割を果たすと言い、意思決定者の85%と90%は、出張が専門能力の成長に繋がることに同意している。 回答者、出張者の82%、意思決定者の79%も、対面会議のメリットは仮想会議よりも大きいと述べている。 さらに、ビジネス旅行者のほぼ80%は、仮想よりも対面での共同会議を好み、78%は仮想よりも対面での営業会議を好む。 またビジネス旅行者の50%以上が、新しいビジネス関係を構築するための最大の課題として、感染を防ぐための専門的な化学の評価と、その測定のリアルタイムの応答を挙げている。 このレポートでは、出張が再開されると意思決定者の73%が安全を確保するために旅行ポリシーをどのようにすべきかについてのガイダンスを求めており、78%はパンデミック前とはポリシーが異なると述べている。 別の最近のレポートは、帰国時のビジネス旅行者からの楽観主義を強調したが、スタッフ不足が課題になることを明らかにした。 1,000人以上の出張者と500人の意思決定者がこのレポートに関与した。(5/25 https://bit.ly/3fkIowT )

(追記)表題のハイブリッドとは、対面のリアルの出張とZOOMなどのオンライン会議のハイブリッドという意味なのだろうか?

 

 

7. エアビー、これまでで最も包括的アップデート

Airbnbは、プラットフォームに100以上のイノベーションとアップデートを導入して旅行需要を獲得し、ホストのプールとサポートを増やすことで、“前例のない旅行のリバウンド”となるものに向けて準備を進めている。 Airbnbの共同創設者兼CEOBrian Cheskyは、プラットフォームの更新(新しい検索ツールとホストの合理化されたサインアッププロセスを含む)は、“これまでで最も包括的な更新”であると述べている。 ホームシェアの巨人は、アップグレードは人々が旅行する方法の“大きな変化”に触発されたと言う。 これには、多くの人々が仕事とレジャーの側面を融合する柔軟性への欲求が含まれる。

そのために、Airbnbは“I'm Flexible”の検索機能を導入した。 これには、プラットフォーム上で検索する3つの新しい方法、Flexible DatesFlexible MatchingFlexible Destinationsが含まれる。

「他のOTAにはないと思われる、これは強力な機能」と、Airbnbの共同開発者で最高戦略責任者のNathan BlecharczykPhocusWireとのインタビューで述べている。 2月に開始されたFlexible Datesを使用すると、決まった固定の日付ではなく、週末の休暇、1週間の休暇、1か月の滞在などの機能で検索できる。 ツールのリリース以来、1億回以上の検索でツールが使用されている。

Flexible Matchingを使用すると、ユーザーの検索パラメータのすぐ外側にあるリストを表示できる。 たとえば、1泊あたりの特定の最大価格をわずかに上回る価格の住宅などである。 Flexible Destinationsは、特定の目的地ではなく、滞在する場所(たとえば、城や樹上の家)の独自性を重視するゲストを対象としている。 Airbnbによると、17万件を超えるユニークな物件から選択でき、2021年のこれまでのところ、これらのリストの検索数は2019年の同時期と比較して94%増加している。 Flexible Destinations630日にライブになる。

Airbnbはまた、季節や場所に適応し、人々が興味のあるポイントの近くの家や、海の見える家などの特定の属性を持つ家を検索できるようにする検索フィルターを追加した。 さらに、Airbnbは、ゲストのチェックアウトプロセスの高速化とレビューセクションの更新、旅行者が滞在前に必要な情報を記載した専用の到着ガイドを導入した。 Blecharczykは、パンデミックによる混乱と、202012月に公開市場に上場したAirbnbの取り組みの間に、実際には新しいアップデートは“過去5か月の副産物”であると述べている。 パンデミック前にはいくつかの機能の作業があったが、Airbnbがコアホームビジネスに焦点を合わせるというピボットは、同社が“チームの全員を一方向に漕ぐ”ことを意味した。

柔軟性機能は、ゲストへの対応を改善するだけでなく、ホストがカレンダーの空室ギャップを埋めるのにも役立つと言い、「プラットフォームとして、我々は仲人の役割を果たすという独自の立場にある。 それを上手く行うことができれば、誰もが勝てる。 それはAirbnbのプラットフォームをさらに強力なものにする。 世界クラスでなければならないことがあれば、マッチングが世界クラスでなければならないことである」とBlecharczykは続ける。

 

ホストを支援する

Helping hosts

ホストの場合、Airbnbはオンボーディングプロセスを“数十”のステップからわずか10ステップに簡素化した。 最初のステップとして、ホスティングページへ ようこそが再設計され、記事や紹介文、およびリストエリアの1泊あたりの料金と占有率に基づいて潜在的な収益を見積もるための改善されたツールが含まれるようになった。 他の場所では、ホストがゲストのアピールによって写真を配置し、リストの効果的なタイトルと説明を作成するのに役立つコンピュータービジョンのディープラーニングモデルを含むテクノロジーが導入されている。 米国では、寝室やバスルームの数などの詳細は、公開されている不動産データに基づいて自動的に入力される。 Cheskyは、新しいプロセスの概要を説明する基調講演で、新しいホストの場合、「リストに登録すると、予約が入る可能性が非常に高い」と述べている。 同社によれば、2021年第1四半期にアクティブ化および予約された新規リストの場合、50%がアクティブ化から4日以内に予約リクエストを受け取った。 Airbnbはまた、ホストの受信トレイを改善し、メッセージの読み込みが最大10倍速くなり、ホストが予約と毎日のタスクを管理できる新しい“Today”タブを導入した。 また、ホストの場合、Airbnbはサポートエージェントの数を2倍にし、サポート範囲を11言語から42言語に拡大している。 また、スーパーホストとホストコミュニティリーダー専用のサポートチームを追加し、最も経験豊富なサポートエージェントから優先サービスを提供する。 新機能は、バケーションレンタルスペースでの競争が激化している最中に導入される。 AirDNAによると、米国の短期レンタル市場は、2019年のレベルを超える需要を公式に回復した。 そのため、代替の宿泊施設プラットフォームがそのビジネスを争っている。 4月、AirbnbのライバルであるVrboは、Airbnb Siperhostsを直接対象とした“Fast Start”プログラムを発表した。

夏のシーズンが始まると、短期賃貸プレーヤーが直面する主要な課題は、増大する需要を満たすために供給をどのように増やすかである。 「供給拡大には時間がかかる。 ホストが参加するのは直感的な時間(intuitive time)ではない・・・[しかし]旅行がリバウンドするにつれて、人々にとってより直感的になるだろう。 我々は革新を続け、彼らが快適なホスティングを感じられるようにする」

VrboAirbnb Superhostsを横取りしようとする試みについて、Blecharczykは、Vrboのキャンペーンの開始以来、Superhostsが移行したことを裏付けるデータを見たことがないと述べている。 「Vrboは長い間存在し、Airbnbは長い間存在していた。 競争は新しいものではない」と彼は言う。

SuperhostsAirbnbの中でも最高だと彼は続ける。 「彼らはAirbnbで最も多くのビジネスを行っている。 彼らはAirbnbに最も満足している人たちだ」と彼は言う。 100を超える新しい更新は、主に宿泊施設に焦点を当てているが、Blecharczykは、交通機関やホテルなど、パンデミックの最中に一時停止されたビジネスユニットには“多くの成長の可能性”があると述べている。

「我々が見ているこれらの変化するトレンドに傾倒し、率直に言って市場シェアを獲得し、さらに主流(mainstream)になる機会がある。 そして、それは多くのビジネス上の意味がある」「それは短期的には変わらないが、長期的には多くの機会がある」と彼は言う。(5/24 https://bit.ly/3bTDB33 )

 

 

8. 新興企業ステージ:Live The World

Live The Worldは、面倒な旅行計画を永遠に終わらせたいと考えている。 スロー旅行者(slow travelers)が切望している地元の本物の体験を見つけ、厳選されたパーソナライズされた方法でそれらを提示する。 これらすべてが楽しくて簡単なコラボレーションプラットフォームで行われ、ミレニアル世代の旅行者が自分の旅行を計画する際の時間とエネルギーを節約する。 ユーザーは、他の手数料ベースのプラットフォームでは見つけることができない、地元の人々によって書かれた100%独立した信頼できる体験を確実に得るために、アクセスに対して料金を支払う。 簡単に言えばLive The Worldは、初のスロートラベルガイドである。

ほとんどのデジタルオンラインプラットフォームは、有料のツアーやアクティビティを推進しているため、真に独立した推奨事項を取得することは非常に困難である。 Live The Worldの社内調査によると、最大の問題点は、信頼できるローカルで信頼できる情報を見つけることである。 Live The Worldは、この総合的なサービスに割増料金を支払うことを厭わないオンライン旅行コミュニティに一貫した方法でこれを提供することにより、その問題点を解決したいと考えている。

Live The Worldはコンテンツの支払いモデルを持っている。 つまり、ユーザーはLive The Worldへのフルアクセスに対して料金を支払うので、手数料を受け取らないので、ユーザーは本物の信頼できる情報を確実に入手できる。 ユーザーは、目的地ごとに1回限りの料金を支払うか、プラットフォーム上のすべての目的地にアクセスするための月額サブスクリプション料金を低く支払う必要がある。(5/26 https://bit.ly/2RQwKk6)

 

 

9. メイクマイトリップ、今年下半期の国内旅行回復期待

MakeMyTripは、2021年度の第4四半期と通期決算(20194月〜20203月)で、それぞれ7,900万ドルと16,300万ドルの収益を計上した。 インドのグルガーオンに本拠を置くオンライン旅行代理店は、航空券の収益が第3四半期に報告された1,800万ドルから第4四半期に2,400万ドルに改善したと述べている。

このOTAのホテルとパッケージの収益は、第3四半期の2,400万ドルから、第4四半期には3,800万ドルに改善した。 同社によれば、第4四半期の営業活動は前年同期の33,000万ドルの損失に対し、30万ドルの利益を上げ、第4四半期の調整後営業利益は2020年の同じ四半期の1,000万ドルの損失に対して1,100万ドルであった。 調整後営業利益は、2021年第3四半期と比較して約600万ドル増加した。 同社はまた、転換社債の発行により流動性を強化した。

20214月以降、インドで2回目のCOVID-19波が急速に発生したため、短期的な課題は続くものの、パンデミック後のインドの旅行市場で、コスト規律に引き続き重点を置いて、より強力なプレーヤーとして浮上すると言っている。

同社は2021会計年度の第3四半期と第4四半期に国内観光から利益を得ていたが、地域のロックダウンにより、2022年度の第1四半期の業績に対するCOVID-19の第2波の影響が大きくなると予想している。 不確実性にもかかわらず、MakeMyTripは、会計年度の第2四半期における国内旅行のある程度の回復について“慎重に楽観的”であると述べている。 他のOTAと同様に、同社は年間を通じて販売およびマーケティング費用を大幅に削減し、前年の16,700万ドルから84%減少して約2,300万ドルにした。

MakeMyTripによると、3月末現在の手元流動性は45,000万ドルであった。

(5/26 https://bit.ly/3wEv7VJ )

 

 

10. ビッグチェアー:Sankar Narayan、サイトマインダー

Sankar Narayanは、2018年後半にサイトコントローラー大手SiteMinder(豪、2006年設立)の最初のCEOに就任した。 彼は、クラウド会計ソフトウェア会社のXeroから入社し、以前はVirgin AustraliaVodafoneなどのテクノロジーおよび旅行ブランドで役割を果たしていた。

Sankarは、CEOとして、ホテルの顧客の多くがドアを閉めることを余儀なくされた時に、パンデミックを乗り越えてSiteMinderを操縦するのを支援して来た。 彼はまた、ホテルの電子商取引への付託された権限(remit)を拡大するにつれ、舞台裏で会社の戦略を組み立てて来た。(Sankarとのインタビュー記事、詳細省略)(5/26 https://bit.ly/3yFoCDW )

 

 

11. セーバーByHours提携。ホテルの時間売り

Sabreは、マイクロステイホテル予約プラットフォームByHoursと提携して、時間単位のホテル予約を提供している。 この合意により、テキサスを拠点とするGDS Sabreは、1時間ごとのホテル予約を提供する最初のグローバルプラットフォームになる。 パートナーシップを通じて、旅行代理店は、ByHoursSabre Red Appを介して時間単位で部屋を販売できるコンテンツにアクセスできるようになり、顧客が要求する関連コンテンツをエージェントに提供しながら、ByHoursとホテル経営者の流通リーチと収益機会を拡大する。

コロナウイルスのパンデミックは、ビジネスとレジャーのセグメント全体でマイクロステイの必要性を加速させている。 どこからでも仕事ができるポリシーを採用する企業が増えるにつれ、仕事をしたり会議を行ったりするための柔軟なスペースの必要性が高まっている。 2012年に立ち上げられたバルセロナを拠点とするByHoursは、ホテルで1時間ごとのパッケージを提供する最初の予約プラットフォームを開発した。 20201月に800万ユーロを調達し、同社の総資金は1,800万ユーロになった。(5/27 https://bit.ly/3vr0Ola)

 

 

12. eDreams Odigeo、サブスクとワクチンが回復支援

eDreams Odigeoは、収益が79%減少して11,100万ユーロとなり、会計年度を終了した。 このオンライン旅行代理店グループが、市場が回復し始めたときに“業界の追い風に乗る”強力な立場であると述べているにもかかわらず、前年度の12か月間(20194月から20203月)から52,900万ユーロ減少した。 2021年の最初の3か月(会計年度の最終四半期)の収益は、前四半期と比較して横ばいの3,010万ユーロで、前年同期比で74%の落ち込みを示した。

通年の調整後EBITDAは、3,800万ユーロの損失であった(前期の11,500万ユーロの利益計上から減少した)。 グループ内のフラッグシップブランドeDreamsGoVoyagesOpodoTravellinkLiligo metsearchサイトを保有する同社は、20213月の会計年度末で1600万ユーロの流動性ポジションを持っていたと述べている。

CEODana Dunneは、Primeとして知られるeDreamsサブスクリプションサービスがビジネスの“大きな成長機会”であると主張している。 同社によれば、NetflixSpotifyAmazonをベースにしたPrimeは、今月100万人の加入者に達し、過去12か月で約58%増加した。 これは、ヨーロッパでの旅行に対する継続的な制限による“需要の軟化”にもかかわらず達成した成長である。 最近、ユーザーが利用できるサービスにダイナミックパッケージのプロダクトが追加され、20229月までに200万人の加入者を獲得する計画である。 eDreams Odigeoは、競争優位性を高め、競合他社から市場シェアを獲得し、ヨーロッパで明確なリーダーであり、世界でフライト小売ビジネスの第2位である。(5/27 https://bit.ly/3fOzzua )

 

 

13. デジタルCOVIDチェック無しでは空港混乱

国際航空運送協会IATA)は、政府が旅行の健康に関する資格(credential)を管理するためのデジタルプロセスを迅速に採用しないと、空港での経験がひどく混乱するリスクがあると警告する。 COVID-19以前は、乗客は各旅行で平均約1.5時間、チェックイン、セキュリティ、出入国管理、税関、手荷物受取所などの旅行プロセスに費やしていた。 IATAによると、現在のデータに基づくと、処理時間は、COVID前のレベルの約30%に過ぎない旅客数で、空港の処理時間はピーク時に3時間に膨れ上がり、チェックインと国境管理で最も時間がかる。 この場合、旅行の健康に関する資格情報は主に紙の文書としてチェックされる。 プロセスの改善がなければ、空港のプロセスに費やされる時間は、75%のCOVID前のトラフィックレベルで1トリップあたり5.5時間に達し、100%のCOVID前のトラフィックレベルで1トリップあたり驚異的な8時間に達する可能性がある。 「COVID-19チェックの自動化されたソリューションがなければ、空港が大幅に混乱する可能性がある。 すでに、平均的な乗客の処理時間と待ち時間は、危機前のピーク時の時間の2倍になり、許容できない3時間に達している。 そしてそれは、多くの空港が危機前の量のごく一部しか存在しない旅客数に対して、危機前レベルの人員配置を展開しているベースの計算である」、「チェックイン時や国境手続きのための待ち時間を誰も容認しない。 トラフィックが増加する前に、ワクチンとテスト証明書のチェックを自動化する必要がある。 技術的な解決策が存在するが、政府はデジタル証明書の標準に同意し、それらを受け入れるためのプロセスを調整する必要がある。 そして、彼らは迅速に行動しなければならない」とIATA事務局長Willie Walshは言う。

旅行に健康に関する資格情報を必要とする政府向けの1つの解決策は、それらの資格情報をすでに自動化されたプロセスに統合することである。 ただし、これを行うには、COVID-19検査およびワクチン証明書のために、世界的に認められ、標準化され、相互運用可能なデジタル証明書が必要となる。 証明書のデジタル化には不正なドキュメントの回避、政府による “搭乗承認”チェックの有効化、セルフサービスチェックインとの統合による空港での待ち時間の短縮、デジタルID管理との統合によるセキュリティの向上、ウイルス感染のリスクなどのいくつかの利点が存在する。 G20は同様の解決策を特定し、観光の未来のためのG20ローマガイドラインで、COVID-19の検査、予防接種、認証、情報、およびデジタル旅行者のアイデンティティの促進に関する共通の国際的アプローチを求めている。

IATAは、611日に予定されているG7の議論は、主要政府が次のことに同意することにより、4つの主要分野に関するソリューションを開発する次の機会であると述べている。 QRコードを含むWHO Smart Vaccine Certificateデータ標準に基づくワクチン証明書の発行; 国際民間航空機関のデータ要件に従ってCOVID-19テスト証明書の発行; 国境でデジタルCOVID-19検査とワクチン証明書の受け入れ; IATA Travel Passなどの旅行者に優しいアプリを受け入れ;の4つである 「しかし、政府と管轄当局は孤立して行動しており、動きが遅過ぎる。 スムーズな再起動は可能だ。 政府は緊急性を理解し、迅速に行動する必要がある」とWalshは言う。

 

デジタル開発

Digital developments

3月に主要航空会社への展開を開始したIATA Travel Passは、旅行者がCOVID-19テストまたはワクチンの検証済み認証を保存および管理するのに役立つ。

これは、個人の健康状態を確認するために開発された数多くのデジタルソリューションの1つである。 そのようなソリューションの1つであるVeriflyは、これが世界中でワクチンの健康に関する資格情報を受け入れる最初のデジタルウォレットであると主張する。 生体認証およびID保証ソリューションプロバイダーのDaonによって開発されたVeriflyを使用すると、旅行者は安全なデジタル健康認証の一部として予防接種カードをアップロードできる。

英国航空、デンバー国際空港、ハイアットホテルと並んでVeriflyの顧客の1つであるアメリカン航空は、旅行者にVeriflyアプリを使用して、エルサルバドール、グアテマラ、バハマへの旅行用のワクチンドキュメントをアップロードするオプションを提供しする。 Veriflyによると、6大陸の60か国以上から80万人以上のアクティブユーザーが参加している。(5/27 https://bit.ly/34u6rmt )

 

 

14. 私の足跡ep66: D. Armstrong and S. KaatzHolidayPirates

HolidayPirates2012年に誕生した。 基本的に、人々が安い航空券を見つけるための旅行ハック(travel hack)として生まれた。 共同創設者のSebastian Kaatz(現在は会社の特別プロダクトとプロジェクト副社長)が、旅行者が安全でまともな運賃を取得するためのオンライン情報の不足にますます不満を募らせていることを解消しようとして設立した。 ドイツを拠点とするこのコンテンツサイトは、すぐに割引航空券のリストサービスを開始し、それ以来、同社は成長を続けている。 会社にビジネス感覚を追加する必要があるため、David Armstrong2014年にCOOとして会社に加わり、最終的に20167月にCEOになった。 HolidayPiratesは、Googleからトラフィックを購入したことがなく、スマートなソーシャルメディアのアクティビティに依存して、顧客獲得に独自の(いくつかの点で)アプローチを採用している。

彼らはHow I Got Hereのポッドキャストの最新ゲストとして我々に加わる。

(5/27 https://bit.ly/3i5WFiq )

 

 

15. VIDEO:バイオメトリック、旅行の迅速・非接触ID先導

生体認証システムは、長年にわたって旅行業界で注目を集めている。 指紋と顔と虹彩のスキャンは、旅行者の身元をすばやく、譲渡できない証拠として提供し、その人が旅行中に移動することが明確であるかどうかを示す。 それが飛行機に乗る場合でも、ホテルにチェックインする場合でも同じである。 そして現在、COVID-19の危機により、生体認証テクノロジーへの関心が高まっている。 生体認証テクノロジーは、旅行者の非接触のセルフサービス処理を容易にすることができるためである。 場合によっては、人間が管理するチェックよりも正確だ。 SITAの最新のAir Transport IT Insightsレポートは、200の旅客航空会社と146の空港の幹部の調査に基づいており、生体認証技術を使用した非接触処理が投資の焦点であることが分かった。 空港の64%と58%または航空会社は、2023年までに自動生体認証搭乗ゲートの設置を目指している。 同社が提供している顔認識技術の1つは、サンフランシスコを拠点とするParavisionのテクノロジーである。 2月、米国国立標準技術研究所は、国境におけるビザと画像を使用した“識別”モードで、Paravisionを米国、英国、欧州連合で第1位、世界で第6位のベンダーにランク付けした。

PhocusWire PulseDecoding Travel Securityで講演し、ParavisionCEOであるDoug Aleyが、旅行での識別と検証に生体認証を使用する方法、標準の必要性、および実装をリードするその他の業界について説明する。

PhocusWireシニアレポートMitraSorrellsとの完全なインタビューのYouTubehttps://youtu.be/QdgKrH3lXPA)をご覧ください。

(5/27 https://bit.ly/2SzpoSa )

 

 

16. 直言:旅行の大志のメインストリームにはマスク不要

“メインストリーム”という言葉の辞書的な定義は次のとおり。 「ほとんどの人が共有し、正常または慣習的と見なされるアイデア、態度、または活動」。

旅行業界では、Airbnbの共同創設者の最近のコメントのように、主流の企業は、最も幅広い聴衆をターゲットにしたり、幅広いプロダクトやサービスを提供したりするブランドを指すだろう。 パンデミックは必然的に多くのブランドの大志(ambitions)を止めさせた、彼らは長い間、営業することができず、ブレーキペダルが戦略的事業開発にしっかりと置かれた。

Airbnbは、ある種の新しい戦略の一環としてではなく、かなり長い間、メインストリームに自分自身を配置しようとして来たことを覚えておく価値がある。

COVID-19はそれを終わらせた ― 当分の間。 2018 年の初めに、AirbnbCEO である Brian Chesky は、事業をホテル部門に挑戦するのではなく、競争相手が ExpediaBooking.com になると述べて、その野心を大きく変えることを示唆した。 おそらく、2008年の設立以来、同社がオンライン予約の世界のメインストリームに参入したのは初めてのことであろう。 これは、最初は SiteMinder との契約、次に他のチャネル管理サービスとの契約を通じて、とにかくホテルの流通を開始した。

Experiencesの立ち上げに伴い、サービスの武器となるプロダクトが増えた ― 1日および最終的には複数日の両方で ― そして 2019 年初頭までに、メインストリームへの最大の動きは、ある程度のファンファーレを伴って“輸送”部門をリードするために前バージン・アメリカの CEO であるFred Reid雇われた時に明らかになった。 Reidは昨年 11 月に静かに退社したが、Airbnb が復活した民間の宿泊施設に注力し、12 月の IPO に向けて急いでいることを考えれば、これは驚くにはあたらない。 したがって、“メインストリーム”なるという新しい目標は、Airbnbとその競合他社の両方にとって興味深いものになるだろう。

それは、パンデミック前の時代のアイデアを単純に復活させ、Experiencesとホテルの流通に、現在のバケーションレンタルで行っていることと同等の重みを与えるかもしれない。 それとも他に何かあるか? “メインストリーム”のプレーヤー、つまり前述の“競合他社”は、確かに Airbnb が現在持っているよりも多くのプロダクトポートフォリオを持っている。 しかし、同様に、Airbnb は、レンタカー、パッケージング、フライト、保険など、同様の分野にシフトするようなブランドのようには見えない。

(5/28 https://bit.ly/34G9acZ)

 

 

17. Watch: デジタルトラベル取扱高推移

旅行業界にとって悲惨な2020年以降、多くの人は2021年初頭がある程度の楽観的な見方を示すことを望んでいただろう。 これまでのところ、少なくとも四半期ごとの結果を発表しているセクターの上場企業にとってはそうだ。

多くのブランドの伝統的に明るい第1四半期(消費者が年の後半に毎年の休暇を検討し始める時)は、ヨーロッパや他の場所で進行中のロックダウンによって打ちのめされた。 PhocusWireのダイナミックな収益棒グラフの以前のバージョンでは、 2020年度第4四半期中にいくつかの改善を示した ― しかし、売上高はこれまでのところ2021になってもほとんど平坦である。

202012月のIPOに続いてAirbnbがデータ収集に追加されたことで、AirbnbBooking Holdingsに次ぐ第3位になり、ExpediaBooking Holdingsがそれぞれ1位と2位になった。

 

PhocusWire は、201911月に数十年前にさかのぼるデジタル旅行会社の四半期収益の視覚化を最初に作成させた。 チャートは1995年から始まる。

国際市場のいくつかの企業は半年ベースでのみ収益を報告している。 つまり、チャート上の収益数は年に2回しか変化しない。 HostelworldOnTheBeachYatraなどの他の企業はまだ報告していない。 外貨は、当時の為替レートを使用して米ドルに換算されている。(5/28 https://bit.ly/34wIif2)

 

 

18. グーグル、バケーションレンタル追加

Googleは、ホテルと個人の宿泊施設の境界線をさらに曖昧にするような動きをしている。 検索の巨人は、“ビーチ レンタル”と“ステイケーション”の検索が昨年、世界で100%以上増加したと述べている。 現在は、バケーション レンタル(貸別荘)とホテルを目的地の1つの包括的な検索結果にまとめることで、その関心にさらに応えたいと考えている。 本日より、特定の目的地で宿泊施設を検索する消費者は、google.com/travel の検索結果にホテルと貸別荘の両方が表示されるようになる。 2019 年に開始された“バケーション レンタル”のフィルターは、結果をホテル以外の施設のみに限定したいユーザー向けに残されているが、このフィルターがないと、デフォルトの表示には両方のタイプの宿泊施設が表示される。 Google によると、検索結果はユーザーのクエリとの関連性に基づいて有機的にランク付けされる。 同社は現在の供給パートナーのリストを提供しないが、サイトで検索すると、トリップアドバイザー、VacasaRed AwningSonderRentals United などのリストが表示される。 Vrbo のリストはサイトに 2 年近く掲載されていたが、2月の決算発表で、Expedia グループのCEOであるPeter Kern は、同社がそれらを撤回したと発表した。 「Googleのバケーション レンタルへの投資は特に増加しているわけではなく、カスタマー エクスペリエンスが特に価値があるとは我々は考えていない。 もちろん、Vrbo の直接的なトラフィックが非常に多い時期でもある。 そこで、トラフィックを増やすための収益性の高い別の方法を見つけた」と彼は言う。 現段階では、Booking.comAirbnb のプロパティがバケーション レンタルの検索に参加しているかどうかは不明である。 Google は、木曜日の朝の Google Marketing Live オンライン イベントで、ホテルとバケーション レンタルを組み合わせた新しい検索サービスを発表した。 「パンデミックが始まって以来、バケーションレンタルへの関心が高まり続けており、ユーザーの好みに合わせてプロダクトを進化させて来た。 ユーザーが宿泊先を探している時に、ホテルとバケーション レンタルの両方を組み合わせた結果を示すのは今回が初めてである」と、同社の広報担当者は電子メールで語った。

 

業界の反応

Industry reaction

これは Google にとって初めての試みであるが、ホテルとレンタルの両方を1つの検索結果に表示するというアイデアは、Booking.com などのオンライン旅行代理店からしばらくの間提供されて来た。 Expedia Groupは、OTAブランドのVrboリスティングの可視性を高めている。 「イノベーターから、Google は単なる模倣者になった。 昨年、AirbnbVrbo、その他の民泊企業が、2019年の19%に対して宿泊需要の29%を獲得した。 Googleはついにこのセクターに注目している」と、ホスピタリティおよび旅行テクノロジーのコンサルタントであるMax Starkovは言う。 Mirai CEOPablo Delgado は、「新しいものでも破壊的なものでもない」とStarkovの意見に同調しているが、「今日のGoogleの消費者のほとんどがホテルを探しているため、この変化はバケーション レンタルが増加する需要を獲得するための大きなチャンスである。 バケーション レンタルにとって増分は重要であり、ホテルの需要は失われる。 したがって、短期的には、ホテルは負ける」と言う。 Googleのレンタル サプライ パートナーであるRed AwningCEOであるTim Choateは、このようなホテルとレンタルの組み合わせを、消費者の考え方に起きている変化の認識と見なしている。 「Google でのこの変化は、バケーション レンタルが代替の宿泊施設ではなく中核的な宿泊施設になったという事実を反映していると思う。 実際、レジャー旅行に関しては、現在、多くの場合、適切な休暇用物件が利用できない場合の“代替手段”として選ばれているホテルよりも、バケーション レンタルが好まれている。 業界で旅行者が何を求めているかを知っている人がいるとすれば、それはGoogleだ。 つまり、旅行者が探しているのはバケーション レンタルであるという事実がよく分かる」とChoateは言う。 Starkovによると、ホテル経営者は、「週間および月間料金を提示し、スイートや家族向けの宿泊施設を宣伝し、清潔さのプロトコルを宣伝し、1滞在あたり75ドルから350ドルもするバケーション レンタルの清掃料金をホテルは請求していないという事実を宣伝することで、この進化する需要の一部を取り込むことができる。 いくつかのレンタルは、彼らのプロパティを“目的地のヒーロー”として位置付けている」

 

レンタルのプロフィールは増え続けている

Rental’ profile keeps growing

この新しいアップデートは、バケーション レンタルに関連するGoogleの進化する検索サービスの最新版である。 Google20193月に、google.com/travel のホテル検索に“バケーション レンタル”フィルターを、「ボストンのバケーション レンタル」などの検索結果に“バケーション レンタル”ユニットを追加した時が、Googleの最初のバケーション レンタルを表示し始めた時である。 昨年の夏、Googleはシステムを更新し、フィルターを使用する人は誰でも google.com/travel の新しい[バケーション レンタル]タブに移動するようにした。 このタブから、これらのリストを直接検索することもできる。 本日の更新により、google.com/travel の一般的な宿泊施設の検索結果に民泊施設が表示される。 バケーション レンタル関連の検索に関するGoogleの検索結果データは、他の場所で見られる傾向を模倣している。 AirbnbVrboなどのブランドは、一部の旅行者がソーシャルディスタンスの取れたプライベートな宿泊施設を探しているため、この1年で需要が急増している。 Deloitteが今週行った調査によると、旅行者の4分の1以上(28%)が、パンデミックの最中に初めてプライベート レンタルに滞在したか、この夏に向けて計画していることが判明した。 また、2021年の夏休みにレンタルを選択している10 人中8人は、今後の旅行の少なくとも半分はレンタルに滞在する予定であると述べている。 しかし、多くの消費者はホテルとレンタルの両方を検討している。 つまり、Googleのアップデートは彼らにとって朗報だ。 Deloitteの調査によると、レンタル旅行者はクロスショッピングをする可能性が高く、53%がホテルも検討していると答えているが、ホテル旅行者でレンタルを検討しているのはわずか15%であった。 検索でのバケーション レンタルの表示の更新に加えて、Googleは、検索テキスト広告拡張機能内にHotel Adsのフィード データを自動的に表示するようにした。 ホテルの広告主にとって、これは、ランディング ページ、ホテル、価格、空室状況などが既存のフィードから取得され、検索キャンペーンで使用することができるようになる。 Googleによると、この拡張機能は現在、一部の広告主のみが利用でき、今後数週間のうちにさらに広く展開される予定である。 Googleはまた、広告パートナーがキャンセル リスクを管理できるようにする方法として、昨年6月に導入された滞在ごとの支払いプログラムpay-per-stay、コミッション(滞在ごと)プログラム(commissions (per stay) program)とも呼ばれる、を更新している。 照合(reconciliation)を容易にするために、GoogleGoogle Adsで予約ごとのレポートを提供している。 このレポートを使用して、ホテル経営者はどの予約がキャンセルされ、どの予約が滞在されたかを確認できる。 広告主は、キャンセル後のパフォーマンス指標も確認できる。 *PhocusWire はこの記事について AirbnbVrboBooking.com にコメントを求めたが、いずれの企業も返答しなかった。

今年後半には、Googleは滞在ごとの支払いキャンペーンの入札単価調整サポートを導入し、広告主がチェックインする曜日や滞在日などのディメンションによってレートを調整できるようにする。(5/27 https://bit.ly/3wMtC81 )

 

 

19. 524日の週の資金調達記事

·         ビジネス航空テックPostside

ビジネス航空の新興企業であるPortsideは、クラウドベースのソフトウェアソリューションを成長させるために1,700万ドルを調達した。 Tiger Global Managementがラウンドを主導し、I2BF Global VenturesSOMA Capitalなどの既存の投資家が参加した。 2018年に設立されたPortsideは、航空管理会社、航空機所有者、企業の飛行部門、およびフラクショナルオペレーターがデジタルデータ操作を合理化するのを支援している。 そのクラウド対応プラットフォームは、重要なフライトオペレーション、乗務員とスタッフのスケジューリング、費用管理、メンテナンス、財務および予算データを接続し、ビジネス航空会社とフライト部門がワークフローを簡素化し、情報に基づいた意思決定をリアルタイムで行えるようにする。 新しい資本により、サンフランシスコを拠点とするこの会社は、「プロダクトイノベーションへの投資を加速し、大企業の顧客とのさらなる関与をサポートし、グローバルなエンジニアリングおよび顧客成功チームを成長させる」と、Portsideの共同創設者兼CEOAlek Vernitskyが述べている。 同社によれば、コロナウイルスのパンデミックの影響にもかかわらず、2020年には収益が300%近く増加、複数の国で50を超える航空機オペレーターが顧客ベースに追加された。(5/24 https://bit.ly/3vvIas4)

 

·         詐欺防止Forter

Forterは、eコマース詐欺防止サービスを拡大するために3億ドルを調達した。

シリーズFラウンド(Forter30億ドルと評価し、最も価値のある非公開の不正防止会社にしている)は、Third Point VenturesAdage Capital Managementの参加を得てTiger Global Managementが主導した。 既存投資家のBessemer Venture Partners, Sequoia Capital, March Capital, NewView Capital, Salesforce Ventures, Scale Venture Partnersも参加した。

新たな資本は、202012月のニューヨークを拠点とする会社の12,500万ドルのシリーズEラウンドに続くものである。 Forterは、PricelineKiwi.comなどの旅行ブランド、およびInstacartSephoraなどの会社と協力している。

Forterは、過去12か月で、収益が2倍になり、グローバルな加盟店ネットワークの規模も2倍になり、年間オンライン取引で2,500億ドルを超えたと述べている。(5/25 https://bit.ly/2SxGhfV )

 

·         ロケーションベース・マーケティングStroll

目的地のマーケティングスペシャリストであるSimpleviewは、ロケーションベースのマーケティングプラットフォームであるStrollに投資した。

契約条件は明らかにされていないが、Simpleviewはエンジェル投資家であり、Strollと提携して、目的地が訪問者の興味や場所に基づいてリアルタイムで関与できるように支援している。 2019年に設立されたStrollは、さまざまな目的地が提供するものについて旅行のインスピレーションを提供する“Strollers”またはインフルエンサーが主催するテレビ番組であるVibe Guideも開発している。

(5/28 https://bit.ly/3fRe0sN)

 

 

+++++

 

 

6月4日

九州で大手系列越え初の共同運航

米ユナイテッド航空、超音速機購入へ