海外事情・旅行流通

フォーカスライトJapanでは、PhocusWire Daily (phocuswire.com) 並びにTravel Weekly (travelweekly.com)を含む海外主要旅行業界誌から、面白そうな業界ニュースを選別し日本語に意訳して、トラベルジャーナル(TJ)の隔週コラム「FROM THE WORLD/海外事情」とTD 勉強会(e-rtb.com)に掲載しています。TDTravel Distribution)勉強会の「海外事情 アーカイブ」では、TJのコラムに掲載したニュース以外の記事を、TJコラム発行日の3日遅れで掲載しています。 

 

2021530

海外事情 524日号

 

先週号に続いて、旅行市場の回復をレポートする記事が並ぶ。 ワクチン接種が進んでいる欧米では、業界の待ちに待ち続けていたパンデミックの収束がやっと期待できそうなので、自然とそれに関する記事も多くなる。 ワクチンに加え健康パスポートの流通が回復促進をさらに加速させるだろう。

 

パンデミックで人員整理を余儀なくされたホテル業界が、予想されていた通り今度はスタッフ不足に遭遇している。 この問題を軽減するために、非接触テックの導入や自動化などによるフロントデスク廃止や事務の効率化が求められている。 航空会社でも、セルフのKIOSKテクノロジーで代替して、この際、空港のチェックインデスクを廃止しろと言っている。 航空会社の空港旅客接遇部門の無人化が始まる。

 

ロックダウンに対応して自動車を中古市場で売却してしまったレンタカー業界では、車不足が発生しているという。 半導体不足のために自動車生産が遅れており、レンタカー不足はおいそれと直ぐには解決できそうもないそうだ。 そのため料金が大幅に高騰している。

 

旅行市場が回復し始めた時に、事業の再開に集中するばかりに、懸案のサステイナビリティー(環境問題)やダイバーシティとインクルージョン(D&I)の経営課題についても忘れてはいけないと戒める。 米ホスピタリティー業界では、パンデミックで黒人従業員が不釣り合いにより多く失職しているという。

 

この他、日本のTravel.jpによる法人旅行チャットの立ち上げの記事があった。

これは、Kayakの共同創立者Paul English2014年に作った法人旅行チャットLolaと似ている。 この会社は、20193月のシリーズCまでで、合計8,170万ドル(約90億円)の資金調達に成功した。 パンデミックで安全安心な旅行を求める旅行者にとっては、このような24/7のコンセルジュタイプのモバイルアプリは必須のツールとなり始めている。

(編集人)

 

 

目次

1. (TD) 旅行需要回復、レンタカー台数不足

2. (TD) 短期レンタル、2019年需要を突破

3. (TD) Trip.com、中国国内旅行完全復活

4. (TD) エクスペ,ブッキング,エアビー異なるマーケティング      1位閲覧

  (TD) = トラベルジャーナル 614日号 参照

5. MyDigitalOfficeBroadvine買収

6. 空港、チェックインデスク廃止すべき

7. 旅行回復と責任、正しいことをするチャンス到来

8. VIDEO: 中東旅行市場回復進展

9. GojekTokopedia合併、GoTo Group

10. GetYourGuide調査、旅行需要回復基調つたえる

11. テクノロジーは、ホテル従業員不足を補えるか?                  4位閲覧

12. ホテル黒人従業員、より多く失職

13. Despegar COVID影響で減益

14. ワクチン接種の官僚主義、旅行業界を殺すか?

15. 新興企業ステージ:短期レンタルのリネン供給Washbnb

16. 航空会社の旅行者信頼獲得新方法

17. 私の足跡ep65: Alex Cruz 英国航空                                 2位閲覧

18. LIVE BROG:コロナの旅行業への影響                                5位閲覧

19. 日本Travel.jp、法人旅行チャット立ち上げ

20. 直言:旅行業界、それらのアイディアを大切にしろ                3位閲覧

21. Awaze、欧州で買収継続

22. ワクチンパスポート、法人旅行復活支援

23, COVID-19、旅行決済変革                                                 5位閲覧
24. 517日の週の資金調達記事

 

 

5. MyDigitalOfficeBroadvine買収

ホテルのパフォーマンス管理プラットフォームMyDigitalOfficeMDO)は、予算編成および予測ソフトウェアのプロバイダーであるBroadvineを買収した。 買収の条件は明らかにされていない。 声明の中で、MDOは、Broadvineのテクノロジーがその成長を後押しすると述べている。

MDO創設者兼CEOであるAli Molooは、「この買収により、プラットフォームが即座に完成し、真にエンドツーエンドのホテルパフォーマンス管理システムが作成される」と述べている。 Broadvineは、買収後の顧客はイノベーションとプロダクトの増加から恩恵を受けるだろうと語った。 BroadvineCEOであるLex Raleighは、「MDOを使用することで、ホテル経営者が毎日直面する負担と課題をさらに軽減できる」と述べている。 声明は、パンデミックにもかかわらず、MDO2020年に顧客基盤を2倍にし、2021年にはさらなる成長を見込んでいると付け加えている。(5/17 https://bit.ly/3ygslr3)

 

 

6. 空港、チェックインデスク廃止すべき

空港は、乗客が乗り降りする駅のようにならなければならない。 エティハドの上級幹部によると、今後の技術の焦点は空港からすべてを取り除くことにあるはずだ。 同社の運用戦略担当エグゼクティブディレクターであるChris Youltenは、業界にはタッチポイントを減らす機会が数多くあったが、「毎回実現の機会を逃した」、「新しいターミナルがオープンした時に、我々はチェックインデスク廃止の非常に多くの機会を持っていた。 チェックインデスクは必要ない。 すべてオンラインでチェックインできる。 必要なのはバッグドロップだけだ」と、今週のバーチャルイベントCAPA Live “航空業界の再構築”で述べている。

Youltenはさらに、乗客がTWAから搭乗券を郵送で受け取ることができ、プロセスが安全であった1980年代から、業界は多くの点で後退していると付け加えている。 彼はまた、需要回復時の業界にとって“最大の恐怖”は、健康認証のチェックとその結果としての空港の混雑であると語っている。 「これは今後の最大の課題。 それが航空会社や空港に当てはまる場合、我々は複合的な問題を抱えることになる」と言う。 ヒースロー空港のボスであるJohn Holland-Kayeは、今年初めに乗客1人あたりのCOVID関連の事務処理に20分かかったと述べ、業界全体にこの同じ意見が反映されている。 今週初め、ヒースロー空港のスポークスパーソンは、Border Forceに自動化を強化するよう促しながら、列ができるのを防ぐために乗客を飛行機の機内で待機させたり、他の空港に飛行機を迂回させたりする計画があることを明らかにした。

Youltenは、政府が課題に注目しているという希望はあると述べている。 業界はすでに空港での混雑を緩和するソリューションを試している。 インテリジェントなキューイングソリューションも前面に出てきている一方で、デジタルヘルスパスポートについて多くの話題がさまざまな航空会社によって試験運用されている。 ブリティッシュ・エアウェイズは今週、空港に到着する前にスロットを事前予約することで乗客がバーチャルな列に並ぶことを可能にするQmaticの技術を試していると発表した。 乗客にはスロットを予約するための電子メールが送信され、このテクノロジーはヒースロー空港のターミナル5を利用するフライトで試用されている。 待機時間を監視する他のソリューションも、シンシナティ/ノースケンタッキー空港が最近Veovoと提携してフロー管理テクノロジーを実装することで実装されている。 このテクノロジーにより、空港は、乗客、プロセス、航空会社などのさまざまなコンポーネントが空港全体でどのように“相互作用および相互接続”するかを分析できる。 空の旅の生体認証技術も、シームレスな乗客体験を追求するゲームチェンジャーとして注目されている。

多くの航空会社や空港は、すでにこのテクノロジーに投資して実装している。

(5/17 https://bit.ly/3hC9lgS )

 

 

7. 旅行回復と責任、正しいことをするチャンス到来

歴史上旅行業界に影響を与える最悪の危機の真只中にいた後、旅行ブランドは正常の状態に戻ることを熱望している。 このような大仕事には、航空機とその乗務員を空に飛ばしたり、従業員を雇用(または再雇用)したり、再開などの活動やホテルの円滑な運営を確保することが含まれる。 特に旅行者、当局、旅行特にブランドが、事業を行っている国におけるワクチン接種と感染率を注意深く監視している時には、このような業界の大規模な再動員に関する手引き書は存在しない。 しかし、パンデミック前の業界は、環境に対する態度をめぐって活動家やますます多くの旅行者から持続的な注目を集めていたことは注目に値する。 グレタ効果(スウェーデンの女子高生グレタ・トゥーンバーグが持続可能性アジェンダを再び主流にしたことで大成功を収めた活動にちなんで名付けられた)は、企業の取締役会にこの分野での戦略を評価する理由を与えた。

COVID-19のパンデミックにより、業界の通常の業務が1年以上保留になっていたため、企業が今回、気候変動やその他の持続可能性に関する懸念事項における役割について真剣に考えることを期待する人もいるかもしれない。

PhocusWireDestinationXシリーズのビデオ日記と目的地の専門家であるDoug Lanskyによる分析を通じて広範囲にカバーしたのは、ジレンマである。

 

行動する時

Time to act

航空は精査中の明らかな分野の1つであり、ジェット燃料と運用が二酸化炭素レベルの原因であると見なされている。 航空宇宙メーカーは正しいことを言っているが(バイオ燃料やその他の省エネ運航方法の開発、効率化など)、時間は誰の側にも味方しないで待ってくれないという感覚が高まっているため、研究と統合の必要性のスピードを上げる必要がある。 他の場所では、パンデミックの初期回復段階でのテクノロジーの迅速な展開は、正しい方向への一歩であり(必要な紙の書類が少なくなり、旅行者を処理するより効率的な方法の一般的な導入) ― 多くの人が加速する必要があると信じている分野だ。

オンライン仲介業者の世界では、おそらくもっと難しい次のステップが必要だ。 特に、多くがエネルギーを消費する資産を所有していないためである。

2019年のTravalystコンソーシアムの創設は、それらの少なくとも一部が真剣に自分の役割を取っていたという信号だったが、これはレトリックに追加するある程度の緊急性の行動が必要な別の領域でもある。 これは、顧客が使用して楽しむためのプロダクト(ホテル、個人の宿泊施設、地上輸送、およびアクティビティ)の二酸化炭素排出量と持続可能性のアジェンダに対するはるかに詳細な精査に結びつく可能性がある。 そして最後に、目的地や政府が都市、国立公園、アトラクション、会議センター、ビーチを旅行者に再び開放する際に負うことができる大きな責任を忘れないで欲しい。 テクノロジーとデータ分析によって推進されるスマートな目的地管理は、それを買う余裕のある人だけを保護するべきではない。 このような管理プロセスを実装するために目的地と地域間のコラボレーションが必要な場合は、その方法を見つける必要がある。

さらに、クルーズラインなどの目的地でこのような問題を助長するプロダクトも、自分自身を見て、どのように改善できるかを検討する必要がある。 何が機能し、何が機能せず、何が業界、旅行者、そして地球の最善の利益であるかを大規模に再評価する機会が存在する。 現在、それに参加するのはすべての利害関係者の責任だ。(5/17 https://bit.ly/3tTBm6g )

 

 

8. VIDEO: 中東旅行市場回復進展

オンライン旅行の予約は、2020年の間に中東で64%減少した。 この地域が世界中の他の地域よりもいくらか良い兆候を示している。 国内予約は、ドバイなどの主要な旅行ハブでの多数のプログラムの実施とともに、セクターの取り組みを維持する上で注目に値する役割を果たした。 これらは、今月発行され、2020年から2024年までの期間をカバーする、中東向けの最新のPhocuswright Travel Market Reportからの調査結果の一部である。

この市場規模レポートは、中東地域でのパンデミックの影響をカバーし、今年の第3四半期までにこの地域で観光指標が大幅に改善されると予想している。 それでも、2023年までに一部のセクターでパンデミック前のレベルに戻る可能性がある。 PhocusWireは、レポートの筆頭著者であるShadi Kaddouraに話を聞き、レポートの主要な調査結果のいくつかと、地域の都市、国、ブランドのいくつかが回復戦略を実行するために行っていることについて詳しく学んだ。

PhocusWireKevin Mayとの完全な議論はこのVIDEOに含まれている。

(5/18 https://bit.ly/3tYGG8g)

 

 

9. GojekTokopedia合併、GoTo Group

モビリティと決済のプラットフォームであるGojekeコマース企業のTokopediaが合併した。 声明によると、インドネシアを拠点とする2つの企業は、インドネシアの“最大のデジタル消費者プラットフォーム”であるGoTo Groupを形成する。 グループの総取引額は2020年に220億ドルに達し、月間アクティブユーザー数は1億人を超える。 声明はさらに「GoTo Groupは、急成長中の中産階級とテクノロジーに精通した若い人口を抱える東南アジア最大の経済の大きな可能性を活用する。 GoTo Groupは、Gojekがすでに事業を展開し急成長している新興市場にも引き続き注力していく」と述べている。

最近ネットワークサービスプロバイダーのTelkomselから3億ドルの投資を集めたGojekは、シンガポール、タイ、ベトナム、そしてインドネシアで事業を展開している。 Gojek Groupの共同CEOであるAndre SoelistyoGoTo GroupCEOとして統合事業を主導し、TokopediaPatrick Caoが社長に就任する。

Caoは、「我々のビジネスモデルは今やさらに多様で、安定していて、持続可能なものになっている。 Gojekの大量、高頻度のモビリティトランザクションと、Tokopediaの高価値、中頻度のeコマーストランザクションが組み合わされる。 GoTo GroupはインドネシアのGDP2%以上を占め、会社と経済が拡大するにつれて、より多くの雇用と収入の機会を創出する予定である。 包括的成長の触媒としてのイノベーションを追求する次の章を楽しみにしている」と述べている。 GojekCEO兼共同創設者であるKevin Aluwiは、「このサイズと規模のM&Aをシームレスに実行することは、地域で最も密度が高く最速のモビリティネットワークと、マーチャントの最も包括的なプールによってサポートされ、消費者に最高のエクスペリエンスを提供することに絶え間なく焦点を当てている、2社が同じ目標を信じているためにのみ可能であった」と述べている。 両社は、過去の資金調達ラウンドに基づくと、過去の2社合計の評価額は180億ドル(約2兆円)だったと述べている。(5/18 https://bit.ly/3bErkQ9 )

 

 

10. GetYourGuide調査、旅行需要回復基調つたえる

6か国の約7,500人の旅行者を対象としたGetYourGuideGYG)の調査によると、COVID-19に感染することへの恐れは依然として存在するが、近い将来の旅行への意欲が高まっている。 Dynataが実施したこの調査には、米国、英国、スペイン、フランス、イタリア、ドイツの消費者が含まれている。 GYGReopening Researchレポートによると、回答者の半数以上(56%)が、今後6か月以内に旅行を計画していると回答しており、レポートでは“熱心(eager)”と分類されている。 2020年には、そのカテゴリーはわずか40%であった。 同時に、“慎重な(cautious)”消費者(少なくとも12か月間旅行していない消費者)の割合は、2020年の25%から今年初めの調査時の11%に低下した。

6か国すべてで、回答者が旅行を予約するきっかけとなる主な要因には、ワクチン接種、友人や家族との面会、感染率の低下などがある。 逆に、予約の最大の障壁は、COVID-19に感染することへの恐れと、目的地で隔離されたり立ち往生したりすることへの恐れである。 「旅行の新時代は異なることを我々は知っている。 健康と安全、柔軟性と個性が旅行者の最優先事項である」そして「タッチレスチケット、厳格な衛生対策、小グループ、管理された群衆、柔軟なキャンセルポリシーを必須にする」とGYGのチーフマーケティングオフィサーであるEmil Martinsekは言う。 ツアーやアクティビティへの参加については、回答者は屋外のアトラクションやウォーキングツアーが最も安全で公共交通機関であると認識しており、乗り降り自由のバスは最も安全性が低いと考えている。 アクティビティを試みるように促すインセンティブは何かと尋ねられた時、キャンセルして払い戻しを受ける柔軟性を備えた6か国すべてで、割引と少人数のグループがすべて上位の3つの選択肢に含まれていた。 また、ツアーやアクティビティを予約する場合、回答者は「アクティビティプロバイダーから直接オンライン予約」を優先する方法を選択する。(5/18 https://bit.ly/33SUsi3)

 

 

11. テクノロジーは、ホテル従業員不足を補えるか?

ホテル業界は、労働力不足により回復が妨げられている。 ホスピタリティビジネスが2020年に何ヶ月も、そして再び2021年の最初の数ヶ月に閉鎖を余儀なくされ、多くの従業員がこのセクターを去ったため、世界的パンデミックはこの問題の張本人にされている。 労働者は安全に仕事に復帰することについて健康上の懸念を抱いている可能性があり、一部は、特に米国では、依然として政府から失業支援を受けている。 Hospitality Asset Managers Associationの最近の調査では、スタッフのアベイラビリティが最大の懸念事項であり、次に顧客の需要と人件費が続くことが明らかになっている。 この懸念は、最近の決算発表でもホテルの上級幹部の1人が、現在最も重要な問題の1つであると繰り返している。 ヒルトンの社長兼最高経営責任者であるChris Nassettaは、ホテルが施設にサービスを提供するのに十分なスタッフを確保できないため、「特定の時期の回復を制約している」と言っている。 彼はまた、少なくとも短期的には賃金への圧力につながるが、状況は「安定し、うまくいく」と述べた。

信用格付け会社Fitchの最近のメモは、英国の同様のスタッフ不足の問題も原因として、ブレグジットも強調することを忘れずに、雇用とトレーニングのコストが短期的に増加すると予想している。 しかし、「これらの圧力は徐々に解消され、このセクターは英国内でますます採用を増加すると予想される。 この採用には、店舗閉鎖による小売など、他の顧客対応セクターから解雇された従業員も含まれる」と言っている。 Nassettaは、健康上の懸念、育児の問題、9月に期限が切れる連邦政府の追加支払い(top-up payment)など、米国で問題を悪化させているいくつかの要因について詳しく説明した。 彼は、当時の措置は完全に理にかなっているが、人々が戻って来るための仕事が今そこにあると言った。 「まだ仕事に就いていない業界関係者は300万人だと思う。 9月、10月になる頃には、ビジネスでの需要があると思うので、それらの大部分は簡単に再雇用できると思う。 そして、それは国にとって最高である。 個々のチームメンバーにとっても最適であるが、それはすべて同時に発生するから、大変なことになると思う」と言う。 InterContinental Hotels Groupの最高財務責任者であるPaul Edgecliffe-Johnsonも、グループの2021年第1四半期の収益において、ホテルを開けていく時の人材を採用することの難しさを認めた。

 

スタートアップの出現

Emerging startups

夏の終わりに状況が自然に解消することを期待して、ホテルは、旅行に対するペンタアップ需要の高まりが解き放たれるにつれて、ギャップを埋める方法を見つける必要がある。 労働力の不足は、ホスピタリティ業界での採用の課題のいくつかに対処するために、大西洋の両側でここ数ヶ月の新興企業の出現と一致している。 業界に柔軟な労働者の人材プールを提供することを目的としたプラットフォームであるThe Hospitality Gigの共同創設者であるFiona Robsonは、ホテル会社は労働力不足しているにもかかわらず、他のセクターほど“前向き”ではないかもしれず、「実際に人員配置には課題があるが、我々と関わってきた多くのホテルは、市場プラットフォームが提供するより費用効果の高いソリューションを採用するのではなく、誰かに完全な採用または選択プロセスを実行してもらいたいなど、より伝統的な方法を探している」と言う。 彼女は、このプラットフォームは、ホテルグループよりも、ホスピタリティテクノロジー、個人、業界団体などの関連セクターからより多く取り入れられていると言い、「これは、純粋なホスピタリティの役割から才能を失うという業界の主要な懸念の1つに結びついている」付け加える。 英国を拠点とするビジネスの共同創設者であるRachel Moosaは、業界が従来の採用モデルではなく、「分散したギグワーカーの才能にも心を開いて」くれることを期待していると述べ、「従来の雇用モデルは、職場にも労働者にも柔軟性を提供しない。 我々は、雇用の焦点を仕事の成果に移したいと考えている。 これにより、すべての人にとってより包括的なビジネスが生まれ、労働者は職場に現れる能力ではなく、持っているものを評価される」と語る。 “ホスピタリティエンジン”と自称するMogulは、パンデミックによって引き起こされたホスピタリティ業界のスタッフ不足と同時に出現したもう1つのスタートアップである。 2020年後半に2,000万ドルの資金を集めた同社は、データサイエンスと独自のアルゴリズムを使用してホスピタリティ雇用者が候補者を見つけるのを支援するMogulRecruiterなどのサービスを提供している。 共同創設者で開発責任者のYvonne Choiは、リリースされたばかりのMogulRecruiterの最新版は、現在、さまざまな基準に対して才能または“モーグル(大物)”をランク付けしている。 Choiは、同社の顧客は労働問題を確認しているが、彼らの問題は接客係のレベルになる傾向があると言う。 MogulRecruiterは現在、ゼネラルマネージャーおよびスーパーバイザーレベルの候補者を提供しているが、今年後半にデータベースを拡張する予定である。

 

創造的思考

Creative thinking

ホテルは今、創造的に考え、その分野の新興企業に目を向けるか、他の方法で従業員を引き付けることによって、ギャップを埋める方法を見つける必要がある。

デジタル化の進展はすでに前進の道と見なされており、スタッフを他のタスクに解放することでホテルをより効率的にしている。 タッチレステクノロジーは、スタッフが安全に仕事に戻る際のリスクを最小限に抑え、手動プロセスを減らし、うまくいけば、収益を大幅に向上させるのにも役立つはずである。 しかし、デジタルおよびテクノロジーの強化と追加は、人間の感情を呼び起こす物理的な場所であり、現金が不足しているホテルのための重責を担っている。

(5/18 https://bit.ly/2S6pbpc )

 

 

12. ホテル黒人従業員、より多く失職

ホスピタリティ業界の黒人従業員は、COVID-19パンデミックの間に不釣り合いに失業した。 挫折は、旅行ブランドがビジネスの多様性と包括性を優先することを求める多くの要求にもかかわらず発生する。

Castell Projectの調査「ホスピタリティリーダーシップにおける黒人の代表2021」によると、黒人の従業員はホスピタリティ業界の雇用シェアを失い、過去1年間リーダーシップで過小評価されたままだ。 Castellプロジェクトの議長であるPeggy Bergは、「ホスピタリティは北米の他の業界よりも黒人従業員にさらに依存しているため、COVID後の従業員を引き付ける業界の能力にとって公平性と包括性は極めて重要である」、「ホスピタリティ業界のほぼすべての企業が一度に再編するため、これは素晴らしい機会の時である。 McKinseyCompanyが報告しているように、多様性のある企業は時間の経過とともに同業他社を上回り、多様性に欠ける企業に対する罰則は厳しくなっている。 これは、ホスピタリティ業界にとって、多様な従業員に機会を提供し、公平に再建するためのまれなチャンスである」と述べている。

レポートによると、ホスピタリティ業界の公の顔としてのリーダーシップにおける黒人の代表は、2019年から2020年に減少した。 2020年に、アナリストがレビューした801のホテル会社のウェブサイトの11%だけが黒人の幹部(取締役からCEOまで)を示している。 それは、2019年では630社のウェブサイトの16%であった。 黒人の幹部(executives)は、2020年に会社のWebサイトでホスピタリティ業界の幹部の1.6%を占めた。 これは、ホスピタリティ業界の雇用の17.5%のシェアの9%であり、黒人従業員の昇進は公平ではないことを示している。 2020年には、ホスピタリティ従業員5.7人に1人が黒人であったが、副社長では49人に1人、EVP / SVPでは58人に1人であった。

米国労働統計局によると、2019年から2020年にかけて、パンデミック前の数ヶ月間の完全雇用にもかかわらず、旅行者向け宿泊施設の平均雇用は35%減少した。 ホスピタリティ業界は、他の従業員よりも黒人労働力の割合を高くしている。 2020年には黒人従業員が旅行者向け宿泊施設の従業員の17.5%を占め、2019年の18.8%から減少した。 「これは極めて重要な問題だ。 パンデミック中のビジネスの混乱の規模のために、我々がどのように人々を仕事に戻すか、そして誰を戻すかは、今後何年にもわたって業界を決定づけることとなるだろう。 これは、多様な将来の市場に向けて業界を形成する上で極めて重要な瞬間だ」とBergは言う。(5/19 https://bit.ly/3bzZGDB )

 

 

13. Despegar COVID影響で減益

Despegar(ブラジル)は、この地域でのCOVID-19の急増により、2021年の第1四半期の総予約数が減少した。 ラテンアメリカのオンライン旅行代理店は、四半期の総取扱高が36,900万ドルで、前四半期比で8%、前年比で53%減少したと報告している。 同社によれば、第1四半期のトランザクションは前四半期と比較して2%減少したが、ブラジルを除くと12%増加した。 Despegarの収益は、前四半期比で3%減の約5,200万ドル、前年同期比で32%に減少した。

調整後EBITDAは、「特にブラジルとアルゼンチンでのCOVID-19パンデミックの第2波を反映して」、2,000万ドルの損失となった。

これは、2020年の第4四半期の1,900万ドルの損失と、前年同期の1,400万ドルの損失と比較される。 DespegarCEOであるDamian Scokinは、「総取扱高が2桁台前半で連続して増加したメキシコの好業績は、ブラジルとアルゼンチンの減少を部分的に相殺した。 コロンビアとチリを含むアンデス地域の国々も、順次改善をもたらした。 現在の傾向は第2四半期を通じて続くと予想されるが、この地域が春と夏のシーズンに達し、予防接種プログラムが加速するにつれて、需要は回復すると確信している」と述べている。

Despegarは、昨年8月に2億ドルの投資を発表し、第1四半期末の現金および現金同等物は約32,600万ドルであったと述べている。

(519 https://bit.ly/3ypBUUU )

 

 

14. ワクチン接種の官僚主義、旅行業界を殺すか?

COVID-19治療とワクチン接種を市場にもたらす科学は、命を救うことに成功している。 しかし、それはまた、国際的なビジネスやレジャー旅行への復帰を可能にし、さらには奨励する標準化されたシステムを特定して実装する政府当局の能力を上回っている。 それを変える必要がある。

現在、米国などの一部の国では、完全に予防接種を受けた帰国旅行者に、COVID-19感染の陰性検査結果を取得して提示するよう要求するなどの非論理的な規則が依然として求められている。 さらに困ったことになは、タイ、韓国、ドミニカなどの他の国では、完全に予防接種を受けた外国人に強制的な検疫を義務付けている。 コロナウイルスワクチン接種またはCOVID-19の陰性PCRテスト結果の文書化に関しては、世界の政府保健当局が国境を越えるための何らかの形の普遍的な基準に向かって努力している最中なので、それは今のところ未開拓の領域(wild west)である。 ほとんどの予防接種カードは紙のカードストックにすぎず、詐欺に対抗するようにはほとんど設計されていない。

一人当たりの予防接種率が高く、以前に感染を経験した国に対する推奨事項は次のとおり: 証明は必要ない。 あなたの国境を開け、そうすれば経済はフォローする。 そして保険制度(health system)に発生するいかなるケースも吸収させろ、制度はそうするように設計されている。 米国はこれを直ちに行うべきであり、ヨーロッパはおそらく普遍的な基準が準備される前に、数ヶ月以内に同じことを行う立場にあるべきである。 ウイルスを管理していない国では、解決策を特定するのは簡単ではないかもしれない。 

 

重要な調整

Critical coordination

これらの場所では、政府関係者は、中央の組織ではなく、ユーザーがワクチン、以前の感染、COVID-19および将来の病気の発生の検証に使用されるデータを保存および制御する安全な技術標準を推奨するためにリーダーシップを発揮する必要がある。 もちろん、ワクチンや治療法が世界中に広まるにつれ、これらの政府は旅行の制限を緩和または撤廃する準備をする必要がある。 旅行者は、証明を提示する必要がある場合、中央の組織(centralized organization)に情報を委託するのではなく、自分の予防接種とテストのデータを管理したいと考えている。 Global Rescue2021年の旅行者の感情と安全に関する調査によると、2倍の回答者が個人情報をある場所で一元的に保存するのではなく予防接種の証明とCOVID-19の検査結果を個人が維持し、必要に応じて提示することを望んでいる。 また、回答者の16%は、データの収集をまったく望んでいない。

旅行者は、コロナウイルス検査と予防接種情報の集中収集に常に反対しているわけではない。 昨年9月のGlobal Rescue調査では、旅行者の88%が情報を一元的に収集する準備ができており、政府や組織がCOVID-19に打ち勝つように設計されたプログラムに介入して体系化することを望んでいたことが判明した。 時が経つにつれ、より多くの感染テスト技術が必要になり、旅行者は迅速なオンサイトテストの便利さを受け入れ、それに対してお金を払っても構わないと思っていることを明らかにした。 回答者の圧倒的多数(91%)は、旅行前にコロナウイルスをチェックするために高速のオンサイトCovid-19検査を提出すると述べ、80%は検査の費用を支払うと述べた。 一元化された旅行者の健康情報をサポートする感情は半年強で180度転換した。 透明性と感染テストへのアクセスは、我々が可能な限り多くの人々を健康に保つための鍵である。 これらは2つの異なるものであり、我々の旅行体験の不確実性を自分たちで取り除くことはできない。 それは政府の役目だ。 旅行者が旅行を予約する時に、デジタル健康証明書に問題がなく、どちらの側でも検疫隔離されないことが保証されるように、政府間である程度の調整を行う必要がある。十分な医療が利用できる立場にある政府は、できれば制限を撤廃する必要がある。 そして、彼らは今それをするべきだ。

この記事はもともとTravel Weeklyに掲載された。

(5/19 https://bit.ly/33WGNqr )

 

 

15. 新興企業ステージ:短期レンタルのリネン供給Washbnb

Washbnbは、Airbnbのホストや、ブティックホテルやバケーションレンタルなどの他の宿泊施設マネージャー向けのサービスとして、高級リネンのサプライを自動化している。 時間、品質、清潔さと持続可能性への信頼を解決する1つのシンプルなサービスに含まれる、豪華なリネンのレンタル、ロジスティクス、ランドリーである。 Washbnbは、ホスピタリティ企業を強化するホスピタリティ企業である。 従来の投資家とクラウドファンディングの両方を介してシードラウンドで資金を調達している。 Washbnbは、RFIDやオゾン技術などに投資して、ビジネスをより効率的かつ持続可能にすると同時に、洞察に活用してより良い意思決定に情報を提供できる貴重なデータを収集できるようにしている。 ビジネスはかなり理解しやすい。 ホストとマネージャーにリネン/ランドリープログラムを外部委託するように依頼し、その見返りとして、各予約から発生する収益の鞘を要求する。 ホストは通常、清掃料金を通じてゲストに費用を転嫁することができ、すべての関係者と環境にとって真のウィンウィンウィンウィンを実現する。

Washbnbは、何よりもまずホスピタリティ企業である。 つまり、旅行者とその宿泊施設のホスト/マネージャーの両方が経験する問題点を解決する。 旅行者またはゲスト(宿泊客)の観点からは、ベッドリネンとバスリネンに関連する品質と厳格さの経験がほとんどか、またはまったくないホストが提供する短期賃貸物件に滞在することに伴うリスクがある。 Washbnbは、ホストに高品質の高級リネンレンタルプログラムを提供し、ゲストエクスペリエンスを最適に実行および改善する方法をアドバイスし、Washbnbの利点と価値をゲストに直接伝えることで、そのリスクと問題点を軽減する。 (5/20 https://bit.ly/3faJpYl)

 

 

16. 航空会社の旅行者信頼獲得新方法

パンデミックにより、消費者が生活に与えていたコントロールの一部が削除されたため、航空会社はそれを彼らに還元する方法を模索している。 需要が停滞している一方で、旅行者は当然のことながら、絶えず変化する制限の中で飛行機に乗ることに懸念を抱いている。 IdeaWorksのレポートによると、予測可能性(predictability)と一貫性(consistency)を提供できる航空会社は報酬を得ることができる。 CarTrawlerがスポンサーした報告書は、旅行者は、そのような検査や予防接種の周りの調整不足などの前で遭遇したことがない欲求不満に直面していると言う。 “一貫性とイノベーションが航空業界を救う」のレポートでは、大きく3つのグループに航空会社の行動を分割する。

一貫した旅行情報を提供することで信頼を築くことを目指しているキャリアやテクノロジーパートナーが居る。 例としては、アメリカン航空と、旅行制限に関する最新情報、必要なテスト、および乗客が予約する前のその他のドキュメントを提供する同社のSherpa旅行制限ツールが挙げられる。 デルタ航空は、目的地に関連する制限に関する情報を旅行者に提供し、特別販売を強調し、航空運賃、マイル、またはバケーションパッケージに基づいた価格を示すDiscovery Mapで同様の情報を提供している。

他の航空会社は、イージージェットのProtection Promise、エミレーツ航空などの柔軟な保険契約などを提供、旅行者に必要な自信を与えるために、無料で自動的に予約に追加されるマルチリスクポリシーを提供している。

レポートの3番目のグループの航空会社は、これらの困難な時代の旅行者を支援するために、コアビジネスに関連するサービスとそこから離れたサービスの両方を提供している。 カンタス航空はペットサービス会社Mad Pawsと提携し、旅行者はペットに関するサービスの予約でマイルを獲得できる。 パンデミックの際にペットを飼った人の数を考えると、カンタス航空の顧客の66%がペットの飼い主であると言われているはそれほど大げさではない。 IdeaWorksレポートは、一貫性と前向きな体験を提供することで、四方の壁の変更を切望している旅行者を呼び戻すことができると結論付けている。(5/20 https://bit.ly/2Rqw6tH)

 

 

17. 私の足跡ep65: Alex Cruz 英国航空

Alex Cruzは、彼のキャリアがビジネスのリーダーとして“彼に賭けている”人々の中心に存在していることを認めている。 30年以上の間、Cruz1990年代にアメリカン航空とセイバーで働いた後、アクセンチュアで経営コンサルタントの世界に短期間勤務した。 しかし、2006年に格安航空会社のClickairを設立するために航空会社に戻った。 20097月にClickairとスペインの航空会社Vuelingが合併した時、合併会社のCEOに就任した。 彼の知名度を上げたのは、スタートアップにおける熱狂的な時期であった。 20164月までに、彼はVuelingとイベリアを含むインターナショナルエアラインズグループ(IAG)のポートフォリオの旗艦ブランドであるブリティッシュエアウェイズの会長兼CEOに就任した。 その後5年ほどは、いくつかの主要な戦略的開発の導入だけでなく、労働組合との労働争議や2020年初頭のコロナウイルスパンデミックの開始によって特徴づけられた。  Cruzは昨年10月に会長兼CEOを辞任し、20213月まで取締役会会長を務めた。 彼はHow I Got Hereの最新ゲストとして我々に加わる。(5/10 https://bit.ly/340NDuS)

 

 

18. LIVE BROG:コロナの旅行業への影響

旅行、観光、ホスピタリティ業界は、コロナウイルスCOVID-19の発生の影響で衰退している。 各国は依然として致命的なウイルスと積極的に戦っているが、社会や業界もまた、危機からの再建と再出発を目指している。 旅行業界の回復プロセスは複雑で時間がかかる。 PhocusWireの毎日更新されているライブブログについては、以下を参照して欲しい。 これには、Northstar Travel Group(会議、小売旅行 、出張をカバー)と、WebInTravelの姉妹ブランドからの独自の広範な報道、記事、解説、および信頼できる報道機関や政府機関の速報からの最新情報が含まれている。 (5/21 https://bit.ly/3u8I1tn)

 

 

19. 日本Travel.jp、法人旅行チャット立ち上げ

日本を拠点とするグローバルオンライン旅行会社ベンチャーリパブリックは、日本の通信会社ワークスモバイルジャパンのビジネスチャットサービス部門であるLINE Worksと共同で、新しいチャットベースの法人旅行予約および管理サービスを開始する。 Travel jp for Businessとして知られるこのサービスは、チャットボットと人間の旅行コンシェルジュを使用して、ビジネス旅行者が国内および海外旅行の旅行を予約および管理できるようにする。 ユーザーは、ホテル、航空会社、その他のサプライヤーが使用している旅行の遅延やCOVID-19予防策に関する情報も入手できる。

このサービスでは、キャンセルのサポートや、キャンセルによって発生した費用の補償も提供する。 ベンチャーリパブリックによると、Travel jp for Businessは、LINE Worksプラットフォームで最初の公式サードパーティアプリとなる。 サービスの開始に伴い、ベンチャーリパブリックとワークスモバイルジャパンは、ソフトバンク、USEN SMART WORKS、凌芸社とのビジネス向けトラベルjpの新たな販売提携も発表した。 Travel jp for Businessを利用するには、LINE Worksに登録する必要があるが、使用料金(国内出張1,100円、海外出張3,300円)は予約確定後となる。(5/21 https://bit.ly/3uc4Ufr )

 

 

20. 直言:旅行業界、それらのアイディアを大切にしろ

過去16か月の間に、一時解雇とその後の人員整理が旅行、観光、ホスピタリティ業界に非常に大きな打撃を与えた。 ホスピタリティ業界はビジネスで最も打撃を受けたセクターの1つと言われている。 ホテルは旅行の再開に備えて既存のスタッフを呼び戻すか、新しいチームを採用して従業員のギャップを埋めようとしている。 この状況は、業界全体が何ヶ月も、そしておそらくもっと心配なことに、さらに先に直面するであろう 問題を物語っている。 ホテルや業界の他の部分が経験している問題は、異なるレベルで反映される可能性がある。 異なるレベルとは、大きなアイデアと最先端のイノベーションで業界の未来を形作るのをどのように支援するかを検討する問題である。 旅行スタートアップの失敗率はパンデミック前にすでに高かったが、このセクターが昨年発見した状況の脆弱性を考えると、多くの起業家は起業を延期する可能性がある。 AirbnbUberの成功を真似ようと熱心に取り組んでいるスタートアップの創設者の目に輝くきらびやかな光は、COVID-19の危機の間に幾分薄暗くなった。 旅行で新しいビジネスを形成することの固有の危険な性質は、市場がその歴史の中でパンデミックとの大戦いからどのように抜け出るかと言う不確実性の挑戦を付け加えられている。 これが、既存企業が立場を取り、それに基づいて行動する必要がある理由である。 しばらくの間、問題が発生し続けるにもかかわらず、新しいアイデアを育み、明るい人々をこのセクターに引き付けることは、支援する手段を持っている人々が把握しなければならない課題であるはずだ。 市場の回復に焦点を合わせている確立されたブランドが、起業家精神を持っている彼らにチャンスを与えなかったり、大規模なプレーヤーに付属しているアクセラレーター/インキュベーターが彼らの計画を棚上げにしてしまったりする場合は、今後数年間の業界の進化に悪影響を及ぼす。 (5/21 https://bit.ly/3f7iah2)

 

 

21. Awaze、欧州で買収継続

バケーションレンタルグループのAwazeは、3つの新しいホリデーホーム会社を買収した。 英国のAmberley HousePortscatho Holidays、およびデンマークのBornholmtoursの買収により、Awazeの既存の100,000を超える物件のポートフォリオに約1,000戸の住宅が追加された。

AwazeCEOであるHenrik Kjellbergは、同社はヨーロッパ全体でさらなる拡大の機会を探し続けていると述べている。 「多くの分散化があり、ヨーロッパ中で活動している地元の小さなプレーヤーがたくさん居る」と彼は主張する。

同氏は、このセクターは引き続き競争が激しいが、Awazeの焦点は地方の住宅にあると付け加えた。 Kjellbergは、「AirbnbVRBOの両方から複数のホストを連れて来るためには、需要の側面とホストまたは所有者の側面の2つが必要となり、同時にそれらの両方をうまくやってスケールを得るのは難しい。 私の見解では、Airbnbは自分でプロパティを管理するホストを探しているようだ。 我々は別のことに特化している。 我々の所有者は、それをうまく行うには時間がかかるので、それを外部委託したいと思っているが、彼らは質の高いゲストと良い収入を望んでいる」と語る。

同社は最近、採用ニーズを満たすためにマンチェスターにハブを設立し、そこで50人目の従業員を採用した。 Kjellbergは、Awazeはさまざまな商業的および技術的役割を募集しており、所有者とゲストの両方のためにその技術をさらに開発することを計画している。 「我々はテクノロジープラットフォームに積極的に投資し、オーナーポータル側とゲストエクスペリエンス側の両方でアップグレードしている。 マンチェスターは、候補者の数が多い良い場所になると思った」と言う。 HoseasonsJames VillasNovasolなどのブランドを持つAwazeは、Wyndham Vacationsがヨーロッパの事業をPlatinum Equity13億ドルで売却した2018年に設立された。 Kjellbergは、現在このセクターの人気と、バケーションレンタルの在庫を拡大することについての大規模なオンライン旅行代理店からの騒ぎを考えると、Awazeのプライベートエクイティ所有者からの売却圧力に惹かれることはないだろうが、「私の焦点は、ゲストに素晴らしいプロダクトを提供し、従業員に素晴らしい体験を提供することにある。 所有者は、彼らが適切な時期であると考える時期を決定し、物事がうまくいけば、我々は売却される運命にある」と言っている。

* 201911月のKjellbergとのBig Chareシリーズのライブインタビューでこれをチェックして欲しい。(5/21 https://bit.ly/2Sdweg0)

 

 

22. ワクチンパスポート、法人旅行復活支援

グローバルビジネストラベルアソシエーション(GBTA)の新しいレポートによると、COVID-19パンデミックの発生以来、出張の再開に関する楽観的な見方は最高点に達している。 GBTAによると、旅行バイヤーと調達の回答者の4人に3人は、主にワクチンの展開とワクチンパスポートの導入のおかげで、従業員が現在の環境で旅行することを“喜んで”または“非常に喜んで”いると感じている。 回答者の4人に3人は、政府発行のデジタル健康パスポートの配布は、出張の再開を促進する上で“非常に効果的”または“効果的”であると考えている。 デジタルヘルス検証の発行を“効果がない”、“非常に効果がない”、または“不明”と見なしているのは10人に1人だけだ。 地域別では、ヨーロッパの回答者の86%、英国の回答者の90%、カナダの回答者の89%が、米国の回答者の73%に比べて、デジタルパスポートの発行が効果的であると述べている。

サプライヤー側では、回答者の半数以上(54%)が、GBTA4月の世論調査のわずか40%と比較して、過去1週間以内に法人顧客からの予約が増加したと報告している。 全体として、サプライヤーおよび旅行管理会社の回答者の半数以上(52%)が、1か月前と比較して出張の回復について楽観的であると感じていると述べている。 5人に2人、41%が同じように感じていると答え、わずか7%がより悲観的に感じていると答えている。

 

スタッフ不足

Staff shortage

サプライヤーや旅行マネージャーは需要の回復に熱心であるが、多くの人がスタッフ不足に直面している。 GBTAによると、サプライヤーと旅行マネージャーの4人に3人(77%)が、パンデミック前と比較して、今日のスタッフは“はるかに少ない”または“少ない”と述べている。 回答者のほぼ半数は、資格のある候補者の不足(47%)または旅行業界で働く見込みのある採用者の躊躇(46%)のために、会社がスタッフの採用に困難に直面すると考えている。 その他の予想される障害には、リモートでの作業を希望する候補者(35%)またはワクチンの検証(15%)が含まれる。 今後6か月の見通しでは、サプライヤーと旅行マネージャーの大多数(62%)は、会社の配員が適度にまたは大幅に増えると予想している。 4人に1人(27%)は、人員配置は同じままであると予想している。 スタッフの配員増加を予想している回答者の約半数は、旅行業界を去った多くの人が資格のある候補者を見つけるのが難しいだろうと懸念している。 さらに、半数以上(54%)が、競合他社も人員を再配置しているため、資格のある候補者を採用するのは難しいと感じている。 旅行需要増加と比例する人員配置の問題と懸念は、旅行業界の隅々でビジネスを悩ませている。 ホスピタリティでは、ホスピタリティ資産運用会社協会からの最近の調査により、アセットマネジャの最大の関心事はスタッフのアベイラビリティであることが明らかになり、顧客の需要と人件費がそれに続く。 ヒルトンの社長兼CEOであるChris Nassettaは最近、ホテルが物件にサービスを提供するのに十分なスタッフを確保できないため、特定の時期の回復の制約になると述べた。 さらに、Castell Projectの最近の調査によると、パンデミックの最中に、黒人の従業員のホスピタリティ業界における雇用シェアが低下したことが判明した。(5/21 https://bit.ly/3u8PPLH )

 

 

23, COVID-19、旅行決済変革

旅行業界がCOVID-19危機から回復するにつれ、企業と消費者の両方にとっての決済ビジネスが急速に変化している兆候が現れている。 「COVID-19は、決済スペース内のイノベーションの速度を加速させ、“次の標準(next normal)”を迅速に形成し、決済会社はほぼ一晩でデジタルマスターになる必要がある」とCapgeminiFinancial ServicesCEOでグループの取締役会メンバーであるAnirban Boseは述べている。 B2B決済については、Amadeusの新しい調査によるとパンデミック前に発生していた傾向、特に代替の決済方法の採用に関連する傾向は、旅行会社が回復するにつれて収益性を優先するため、すべてのセクターで急速に進んでいる。 今年の第1四半期にAmadeusに委嘱されてColeman Parksが実施した調査によると、代替決済方式の採用は、法旅行代理店(74%)、国際航空会社(70%)、ホテルチェーン(60%)が“利益率の改善”を挙げた最大の項目となっている。 COVID前では、それはちょうど半分でしかなかった。 この利益の優先順位付けは、昨年中に処理しなければならなかった前例のない量の払い戻しに関連してサプライヤーが直面した課題に明確に関連しており、さまざまな方法で収益に影響を与えた。 報告書によると、回答者の93%は、より多くの払い戻し額に対処するために人員を増やす必要があった。 2000年代初頭以来、バーチャルカードは、照合(reconciliation)を簡素化および高速化し、リスクを最小限に抑える支払いオプションとして注目を集めている。 「支払い方法、必要な手動リソース、そして最終的にはコストの間には明確な相関関係がある。 実際、バーチャルカードは照合プロセスを大幅に削減することが示されている。 この理由の1つは、手動の照合が必要な銀行振込とは異なり、バーチャルカードはPNRをワンタイムパスコードにリンクできるため、エコシステム全体で払い戻しを自動的に追跡できる体」とAmadeusレポートは述べている。 回答者はバーチャルカード決済の多くの利点を認めているが、それらを使用していると答えたのはわずか60%だ。 しかし、Amadeusの支払サービスの責任者である Damian Alonsoは、その数が増えると予想している。 「パンデミックの圧力が続く中、旅行業界はデジタルB2B決済への切り替えを加速させている。 これは、エージェントが従来の業界決済スキームの保証として資金をロックする必要がないことを意味し、プロバイダーはほぼリアルタイムで支払いを受け、重要なキャッシュフローを確保できる」、「一部の加盟店は、コストが高いとの認識からバーチャルカードの受け入れに歴史的に疑問を呈していたことは事実であるが、パンデミックがデジタルで支払われることによる具体的な効率の向上を強調したため、そのような疑問は終わりに近づいている」とAlonsoは言う。

実際、この調査では、バーチャルカードとCOVIDのための払い戻しの照合との間に明確な相関関係があることが判明した。 バーチャルカードでサプライヤーに支払う代理店のわずか20%が、払い戻しとチャージバックに対処するために追加のスタッフを雇う必要があると述べたが、バーチャルカードを使用しない代理店の80%は、この目的のためにスタッフを追加する必要があった。

 

旅行者の支払

Traveler payments

パンデミックはまた、消費者のための代替支払いオプションを加速させた。 CapgeminiWorld Payments Report 2020の調査では、現金を頻繁に使用すると回答した回答者の41%が、パンデミック時に非接触型カードを試したことがあることが分かった。 さらに、カードを頻繁に使用する調査参加者のうち、35%がデジタルウォレットを試し、27%がQRコードベースの支払いを試した。 これらの傾向は、過去1年間の“非接触”のすべてに対する関心の高まりを反映している。 Guestlineの最近の調査によると、英国とアイルランドのホテル経営者の20%が、非接触型決済ソリューションは2020年に投資予算の最大のシェアを獲得したテクノロジーであり、3分の1以上(38%)が今年の非接触型決済技術に投資する計画であると言っている。 月曜日に、GuestlineはオンラインチェックインソリューションGuestStayのアップグレードをリリースし、支払いとチェックアウトを追加した。 「過去12か月間、よりスマートで安全なゲストエクスペリエンスが必要になった。 パンデミックの永続的な遺産の1つは、間違いなくこれを達成するための新しいテクノロジーとプラットフォームの開発であり、ホテル経営者が最終的に再開してゲストを歓迎する準備をするにつれて、回復への道を開くことになる」、「確かに、チェックイン、チェックアウト、支払いのいずれであっても、非接触型決済は、過去1年間の決定的な進展の1つであった。 ホテル経営者とそのゲストの両方が、このテクノロジーが提供するメリットを認識し、それを採用することに熱心であるのを見るのは心強い」とGuestlineの最高技術責任者Andrew Metcalfeは述べている。

新しい支払い方法に加えて、パンデミックは支払プランのオプションを加速させている。 これにより、消費者は航空運賃などの高額商品を予約する際の柔軟性が高まる。 今月初めFly Now Pay Laterは、英国とドイツでの事業を拡大し、米国でローンチするために、シリーズAの資金で1,400万ドルを調達した。 1月に6,800万ドルのクレジットラインを発表し、4月にサウスウエスト航空との提携を発表するなど勢いを増している。 また、フレキシブル決済プロバイダーのAffirmは、今月初めに2021年度の第3四半期の財務結果を報告する際に、“旅行と発券”を含む特定のカテゴリーでgross merchandise volumeGMV総取扱高)の増加が加速していると述べている。 Affirmによると、このカテゴリーのGMVは、前年同期比で50%以上増加、2021年度の第2四半期と比較してほぼ3倍になった。(5/21 https://bit.ly/3oFGEB2 )

 

 

24. 517日の週の資金調達記事

·         ウエルネストラベルVacayou

ウェルネス旅行体験を発見して予約するための新しいオンラインプラットフォームであるVacayouは、その立ち上げをサポートするために、エンジェルラウンドとシードラウンドの合計で330万ドルを調達した。 資金調達は、投資家とタンパベイライトニングの所有者であるJeff Vinik、リレバンスベンチャーズ、その他のエンジェル投資家が主導している。 Vacayouは、スパ、ゲッタウェイ、ウェルネスリトリート、アクティブな旅行体験など、100を超えるパッケージオプションを備えたベータ版をリリースしつつある。

「ウェルネスツーリズムは、旅行業界で最も急速に成長しているトレンドの1つ。 そして、2027年までに1.2兆ドルに達すると予測されている」、「無数のブランドがマーケティングで“ウェルネス”という用語を使用しているが、Vacayouは誇大広告を打ち破り、世界中で最高のウェルネスとアクティブな体験のみを厳選している。 次に、利用可能なリトリート、スパ、ツアー、リゾートの種類について、旅行者(多くは初めてのウェルネス旅行者)を教育している」と、Vacayouの創設者兼CEOであるMuirelle Montecalvoは述べている。 Montecalvoによると、同社はこの資金を使ってプラットフォームを開発し、新しいパートナーのオンボーディングを合理化し、消費者へのマーケティングを推進する予定である。 現在のパートナーには、キャニオンランチ、カリヨンマイアミウェルネスリゾート、イントレピッドトラベルアドベンチャーズ、ミラバル、シュースギバンハウス、カマラヤサムイ島が含まれる。 このサイトには、プロパティレビュー、ウェルネス用語集、およびユーザーがエクスペリエンスを並べ替えて組み合わせることができるフィルターが含まれている。 Vacayouには、24時間年中無休で利用できるカスタマーサービスチームも存在する。(5/18 https://bit.ly/3ylPW9Z)

 

·         オンディマンド配車サービスVirtuo

パリを拠点とするVirtuoは、自動車所有の代替として自らを位置付けている新興企業であり、シリーズCの資金調達6,000万ドルと、ヨーロッパ全域の資産ベースの資金調達3,600万ドルの組み合わせで9,600万ドルを調達した。 シリーズCラウンドは、既存の投資家であるBalderton CapitalIris CapitalRaise Venturesとともに、BpifranceAlpha Intelligence CapitalH14が参加したAXA Venture Partnersが主導した。 資産ベースの資金調達は、NatixisBanque PopulaireCaisse d’Epargne Groupのいくつかのメンバーから提供される。 2016年に設立されたVirtuoの最後のエクイティラウンドは2019年に行われ、この資金調達と合わせて、調達されたエクイティの合計は1億ドル近くになる。新しい資金はその技術の開発と「車の所有権に代わる重要な代替手段として車のオンデマンドサービスを位置付ける革新的な新しいサービスの開始」に投資される。 同社はまた、ヨーロッパ全体での拡大を加速し、電気自動車のフリートを拡大することを計画している。 Virtuoの顧客は、サプライヤーのモバイルアプリを使用して車両を予約しアクセスする。 現在、フランス、スペイン、英国の都市で供給が可能。 同社はまた、現在ロンドン、パリ、マドリッドで利用可能な車両配送サービスを開始している。 Virtuoは、「音楽や映画をストリーミングするのと同じ方法で車にアクセスできるはずである。 車は必要な時にオンデマンドで表示され、そうでない時は見えなくなる」と言っている。 Virtuoは今月後半にミラノに、2022年までにドイツに拡大する予定。 このスタートアップはまた、2025年までに車両の50%を電気で、2030年までに100%を電気にすることを目指している。(5/20 https://bit.ly/3fwwPS1 )

 

 

 

+++++

6月4日

九州で大手系列越え初の共同運航

米ユナイテッド航空、超音速機購入へ