海外事情・旅行流通

フォーカスライトJapanでは、PhocusWire Daily (phocuswire.com) 並びにTravel Weekly (travelweekly.com)を含む海外主要旅行業界誌から、面白そうな業界ニュースを選別し日本語に意訳して、トラベルジャーナル(TJ)の隔週コラム「FROM THE WORLD/海外事情」とTD 勉強会(e-rtb.com)に掲載しています。TDTravel Distribution)勉強会の「海外事情 アーカイブ」では、TJのコラムに掲載したニュース以外の記事を、TJコラム発行日の3日遅れで掲載しています。 

 

2021421

海外事情 412日号

 

18. Googleのゼロクリック、ホテルにとって機会か脅威か」は、ゼロクリックサーチ(ゼロクリック検索)が、クリック数ベースで2020年に約65%に増加したと報告する。 2019年の50%より大幅に増加したというのだ。 多分にCOVID-19パンデミックによる広告の減少が影響したのだろうか。 ゼロクリック検索とは、検索を行った際にSERPだけで知りたかった情報を把握してしまい、表示されたコンテンツにアクセスをせずにページを離れてしまう現象である。 収入減少に直結する可能性があるのでマーケターにとって一大事だ。 クリックをベースとするCPCCPAのビジネスモデルが成り立たなくなってしまう。 この記事は、コンテンツの充実をはじめとするゼロクリック対策を伝える。 マーケターにとっては、この問題に加え、先々週号の「8. Google、ホテル手数料一部廃止」や、先週号の「4. グーグルホテル無料予約リンク、出来すぎた話?」への対応もある。

 

また「4. ケアのマーケティングと観光の未来」が、目的地のパンデミック後の顧客獲得には、旅行者の安心安全に対する不安を払拭するコンテンツを編集する方法、即ち 観光マーケティンングの現代的で統合的なアプローチである “ケアのマーケティング(Marketing of Care)”を教える。 旅行者の心のケアに寄り添う必要があると言う。

 

そして「6. 2021年のトラベルマーケターのデータの難問」が、パンデミックによって今までのデータが、全く使えなくなってしまったと説く。 2019年までのノーマルが、2020年に完全に断絶してしまって時系列分析などの過去のトレンドに依存するマーケティングができなくなってしまったのだ。 それに変わる分析手法を見つける必要があると言う。

 

パンデミック収束後の市場への対応は、爆発的なペントアップ需要が存在するからと言って、データどころか主役の旅行者そのものの希望と期待と行動が変わってしまっているのだから、マーケターたちの仕事は、そんなに簡単であるはずがない。

(編集人) 

 

目次

1. (TJ) 航空会社幹部、’23年までにGDS流通削減

  (TJ) =トラベルジャーナル 510-17日合併号参照

2. 新興企業の舞台:Ticknovate

3. VIDEO: バケーションレンタルのロイヤルティ

4. ケアのマーケティングと観光の未来                                 週間閲覧第3

5. シェルパ、COVIDトラベルポリシー追跡マップ立ち上げ

6. 2021年のトラベルマーケターのデータの難問

7. ヒップマンク創立者、Flight Penguin立上げ                      週間閲覧第5

8. Hornblower Group、リブランドしてWalks買収

9. ヘルスパスポート

10. 電子健康証明書、航空にバイオメトリック                       週間閲覧第1位

11. GuestyMyVR買収

12. トラベルポート、既存サービスTravelport+に統合

13. 私の足跡:トリバゴRolf Schromgens                            週間閲覧第2

14. TierMakery買収

15. ワクチン後の旅行、消費者の味方

16. VIDEO:旅行のロイヤルティ

17. 直言:旅行者のゴール

18. Googleのゼロクリック、ホテルにとって機会か脅威か        週間閲覧第4

19. 45日の週の資金調達記事

 

2. 新興企業の舞台:Ticknovate

Ticknovateは、英国と北欧の大規模なアトラクションやフェリー会社と共同で20193月に創立された革新的なサービスとしてのソフトウェアチケットソリューションである。 我々は、企業がより多くの顧客により多くを販売するのを支援する。 複雑な発券プロセスを採用し、シンプルで直感的なプラットフォームを介して、強力な機能を提供する。 これにより、企業は新しい収益機会を活用しながら、カスタマージャーニーのすべてのステップを収益化できる。

Ticknovateは、マイクロサービスを使用した最新のソフトウェアアーキテクチャに基づいて構築されており、プラットフォームを、独立して開発およびリリースされる緩慢な結合サービス(プロダクト、在庫、注文、チケット、支払いなど)のコレクションとして配置している。 問題のあるドメインを小さなチャンクに分割すると、これらのサービスを拡張して新しい機能を追加するのが簡単になり、顧客にすばやくリリースできるようになる。 Ticknovateを使用すると、1つの非常に直感的な管理インターフェイス(ツアー、フェリー/輸送、アトラクション、および入場イベント用に構築された)からチケットビジネスのあらゆる側面を管理できる。 機能は、Rest APIを介して、すべての顧客タッチポイント、オンライン旅行代理店、およびサードパーティソフトウェアベンダーに公開される。 Ticknovateは、最新の発券smartPOSソリューションを提供する。 これにより、現場のスタッフがチケットの販売と発行、チケットのスキャン、既存の予約へのアップグレードの提供、および1つの持ち運びと使用が簡単なデバイスを介した予約の問い合わせの管理が可能になる。

Ticknovateはトランザクションプラットフォームである。 他のSaaSプラットフォームと同じように機能する。 我々はソフトウェアを提供し、ホスティングを管理し、プラットフォームの開発を続け、メンテナンスを行い、ビジネスに合わせたサポートを提供する。 その見返りとして、前払い費用を負担することなく、販売されたチケットごとに少額の料金を支払う。 販売されるチケットあたりの料金モデルは、規模の経済を使用して、より多くのチケットを販売するにつれて削減する。 今後1年かけて、対象となるすべての業界で多数のケーススタディを実施し、英国と北欧での存在感を高め、他のヨーロッパ市場での販売パイプラインを強化し収益性を高めていく。

(4/5 https://bit.ly/39NqNKy)

 

 

3. VIDEO: バケーションレンタルのロイヤルティ

バケーションレンタルのロイヤルティのための決定的な手引きはまだ存在しない。 このセクターは決して新しいものではないが、ブランドは、ゲストからのロイヤルティを獲得し、新しい旅行を検討するたびに旅行者の注意を引くための最善の方法をまだ確信していない。 これの一部は、あらゆる形態のレジャー旅行に影響を与えるまれな購入に帰着する — また、Airbnbなどのプラットフォームは(おそらく不注意に)ブランド自体が、ロイヤルティが現れる場所であるという考えを採用している。 しかし、ロイヤルティを確保し、ゲストからのリピート予約を引き付けるための最良の方法については、他のアイデアが浮かび上がってきて来る。 Rental Unitedの共同創設者兼チーフマーケティングオフィサーVanessa de Souza Lage、そしてAirDNA CEO Scott Shatford、このセクターための機会と課題をPhocusWireJill Menzeに話す。

それらは、2021323日のPhocusWire PulseLoyalty For The Long Haulイベントの一部として登場した。(4/5 https://bit.ly/31M6B7F)

 

 

4. ケアのマーケティングと観光の未来

パリへの情熱。 またはローマのロマンス。 またはアカプルコの魅力:旅行者は最初のワクチン接種後の目的地をどのように決定するのか?

我々の愛する国や都市が世界中からの観光客を歓迎し始めるにつれて、世界が再び手招きするにつれて、これらの目的地の議論は再び我々にすぐにやって来る。 これに伴い、旅行と観光のマーケティングが復活し、テクノロジーの変化と幸福のマクロトレンドの継続的な上昇というより大きな文脈ですべてが起こる。 言い換えれば、他のすべてのように、旅行マーケティングは20203月以前の標準に戻ることはない。 データと経験を新たな差別化要因として、デスティネーションマーケティングが再発明される。 可処分可能な旅行費を獲得することは、ビーチがより自然のままであり、美術館がより刺激的であり、レストランがより想像力に富んでいるだけではない。 我々の愛する旅行体験の活気と持続可能性には、公衆衛生の専門家、交通機関のリーダー、データサイエンティスト、技術者、目的地のマーケティング担当者による努力の結集が必要だ。

変化への適応は常に、デスティネーションマーケティングがエレガントに行ってきたことの一部であった。 結局のところ、業界は1世紀以上も継続している。 したがって、世界中の目的地のマーケティング組織、観光省、地方の局や組織で働いて革新している人々は、旅行を計画する際に、新たにワクチン接種を受けた何百万人もの人々の希望、期待、不安に対処する必要がある。

皮肉なことに、旅行と観光の経済に最も危険にさらされ、最も重要な貢献者である団塊世代には独自の問題がある。 各コホート(Z世代、X世代、ミレニアル世代の幼い子供を持つ家族)には、独自の要望とニーズがある。 各グループは安全性を異なる方法で定義するため、業界は安全性を広くも狭くも伝えるための新しい方法を必要としている。 “安全性”は、まったく新しい文脈で再定義されている。 古いフレームワークと基準(一次元的で非比較的な基準)は、観光マーケティングへの現代的で統合的なアプローチである“Marketing of Care”の緊急性に置き換えられる。

 

ケアのマーケティングとは何か?

What is Marketing of Care?

Marketing of Careは、ハイパーローカルデータと合理的および感情的な要因を含む利点の全体的な組み合わせを通じて旅行先の魅力を提示することとして定義される。 つまり、再構成されたエクスペリエンスである。 “ハイパーローカル”が鍵となる。 音、光景、匂いが通りやブロックによって異なるのと同じように、安全性も異なるのだ。 ケアのマーケティングは、パンデミック前よりも広範で、よりきめ細かく、よりパーソナライズされ、より迅速であるという4つの重要な要件を満たすフレームワークを通じて実行される。

より広範な要求は、幅広いコミュニケーション戦術、データ戦略、および公衆衛生計画による信頼醸成を要求する。 これらは、ウイルスの存在と重症度を測定するだけでなく、多様性、平等、包含に関連するデータや、目的地の価値観が自分たちの価値観とどのように一致するかを表すその他のマーカーに対して“ケア”を示さなければならない。 その上に、消費者、特にミレニアル世代は、自分たちの価値観を反映し、自分たちにとって何が重要かを気にする企業やプロダクトをサポートしていることを我々は知っている。 それは彼らが訪問する場所にまで及び、それがケアのマーケティングが、目的地がどれだけ気にかけるかを含む理由である。 たとえば、パンデミック前には、同性の結婚を禁止する目的地のLGBTボイコットが見られた。 新しいMarketing of Careフレームワークの2番目の要件は、精度(granularity)だ。 旅行者は、具体的で詳細かつフィルタリング可能な目的地に関する情報を要求し、旅行マーケターは提供する必要がある。 これは、女性、LGBTQBIPOCの顧客を含む社会の個々のセグメントに関連している。 アジアのトランスジェンダーの女性は、旅行中にローカライズされたCOVID-19情報以上のものについて知りたがっている:コミュニティはLGBTQに友好的か? どの地域が夜暗くなっても安全か? この種の情報を完全かつ自由に広める者は、革新的なバッジを通じて安全性の傑出した者として認識される。

3番目の柱は、パーソナライズの新時代である。 今日の11のマーケティングのデジタル世界では、関連するハイパーターゲットの安全メッセージを数十のマイクロ集団(constituencies)に配信できる。 デスティネーションマーケターは、検索、ソーシャル、ネイティブ(今日のメディア世界のすべてのツール)を使用して、安全で安心感のある刺激的な休暇の選択肢であることを伝える洗練されたデジタルプラクティショナーになる必要がある。 場所が旅行者をめぐって競争するため、関連データは不可欠なツールになる。 たとえば、GeoSureのようなプラットフォームでは、ソーシャルメディアの正確さを活用して、どの宛先でも複数のデータソースを組み合わせたメッセージを作成できる。 これはセグメントごとに出現するため、世界の再開に欠かせない要素となるだろう。 データとターゲティングにより、我々はそこにたどり着くことができる。 最後の要素は即時性。 旅行者は、現時点で高速、正確、関連性のあるデータを求めている。 しばしば矛盾する安全情報の連なりに苦労したいと思う人は誰もいない。 彼らは、1つの迅速にアクセス可能なエクスペリエンス、安全が彼らにとって何を意味するかを速報する1つの信頼できる参照ポイントを望んでいる。 ダイナミズムは、目的地の不変の性質を通常販売する目的地マーケターにとってまったく新しい世界である。 しかし、今日の世界では、安全条件は毎週または毎日でも変化する可能性がある。 これは、Wazeのようなプラットフォームの双方向の相互性に見られる参加とコラボレーションを招く。

目的地が訪問者と居住者を同様に招待して、彼らの街をより安全で安心させるのに役立つかどうか想像してみて欲しい。 DMOはそのレベルの意識を導入できるか? できると思う。 今日のパンデミックの暗闇の中で、にぎやかなカフェ、クラブ、コミュニティを想像することは困難だが、それらは戻って来る。問題は、旅行者が最初にどの目的地に戻るかということだ。 マーケティングプラットフォームを使用して、幸福と安心を生み出すだけでなく、地域全体の良さを可能にするテクノロジーへのアクセスを提供すると信じている。 それは旅行マーケティング、またはケアのマーケティングが取り扱う新しいことである。

著者: Michael BeckerGeoSureCEOであり、Adam Hanftは未来派、グローバルブランドストラテジスト、著者、公開会社の取締役、GeoSureのアドバイザー。(4/5 https://bit.ly/2PuV0ra)

 

 

5. シェルパ、COVIDトラベルポリシー追跡マップ立ち上げ

トロントを拠点とするテクノロジー企業であるSherpaは、航空会社やその他の旅行ブランドの旅行の個人認証要件(travel identification requirementsを集約し、PhocusWire2019年のHot 25 Startups1つであり、消費者がCOVID関連の制限と要件を理解するのに役立つインタラクティブなグローバルマップを作成した。 航空会社、クルーズライン、オンライン旅行代理店などの旅行会社は、API、埋め込み可能なウィジェット、またはホワイトラベルのウェブアプリを使用して、旅行再開マップをウェブサイトやアプリに統合できる。 Sherpaのウェブサイトから直接消費者が利用することもできる。

マップは、訪問者に開放されている目的地を識別するために色分けされている。 ユーザは、COVID-19検査要件、検疫プロトコル、および入国制限のガイドラインの概要について、国にカーソルを合わせることができる。 また、出発地と旅行日に基づいてパーソナライズされた国名または空港コードで検索することもできる。 プラットフォームは、COVID-19テストサイトのデータベースも提供する。 「海外旅行は、我々の世界経済と人間の経験の重要な部分である。 それでも、世界的大流行での旅行を計画することはチャレンジだ」、「我々のチームの使命は、旅行者が十分な情報に基づいて意思決定を行い、自信を持って旅行するために必要なリアルタイムの精度で情報のギャップを埋めるデジタルソリューションを提供することである。 このソリューションは、旅行者が旅行を予約する際に要件、ドキュメント、ビザを1つのステップで取得できるようにすることで、国境通過の複雑さを緩和するという我々の大きなビジョンの一部にすぎない」とSherpaCEOであるMax Tremaineは言う。

Sherpaは、政府、航空会社、空港、観光局、公開フォーラムなど、何千ものソースからのデータを集約し、必要に応じて1時間ごとに更新を行う。 マップは、英語、スペイン語、ドイツ語、フランス語(カナダ)、ポルトガル語、ロシア語、トルコ語、ラトビア語を含む複数の言語で利用できるようになり、さらに多くの言語がまもなく追加される予定。(4/5 https://bit.ly/3uusQuY)

 

 

6. 2021年のトラベルマーケターのデータの難問

“ビッグデータ”という用語は、オックスフォード英語辞典に初めて含まれた2013年に主流になった。 それ以来、データはすべてを網羅するようになり、マーケティングと広告の世界では、データは事実上すべての投資決定の背後にある原動力となっている。 しかし、旅行のピークシーズンに入ると、マーケターはほとんどの人が答える準備ができていないという問題に直面する。 2020年に収集したデータの不足をどのように説明すればよいのだろうか。

パンデミックが発生すると、ほとんどの旅行広告主はプログラムを完全に停止するか予算を減らした。 世界は歴史的な段階に入り、短期的および長期的な成功の見通しは不確実となった。 旅行は季節的に偏重したビジネスであるため、マーケターは通常、傾向や過去の行動に依存する可能性がある。 これらのパターンにより、予算の割り当てがはるかに簡単になり効果がほぼ保証されていた。 しかし今、彼らは比較データセットがもはや効果的ではなく、季節性は現在の気候ほど重要ではない状況に突入している。 旅行の欠如と最小限の広告プログラムは、2つの主な理由で広告主に大きなジレンマをもたらす。

(1). それらには、アルゴリズムが価格や活動などの履歴モデルで考慮しなければならないデータの通年の途切れがある。

(2). 広告主がガイダンスのために参照できる過去の期間はない。

現在、マーケターは、2021年に効果を発揮するために、戦略を最適化および展開する方法を再考する必要がある。 マーケターのアプローチは、次の3つの柱によって導かれるべきであると考える。

 

A. リセットボタンを押す

   Hit the reset button

最初のタスクは、成功がどのように見えるかを定義することである。 パフォーマンスマーケティングには一般的な基準があり、一定レベルの効率に対する期待がある。 ただし、現時点では、発生するアクティビティの量が最小限であるため、市場が回復スペクトルのどこに位置するかに基づいて、コストとリターンの両方の期待値をリセットする必要がある。 その結果、ターゲティング戦略を再作成し、実際のニーズ期間に直接反映するように予算を展開する必要がある。 ホテルは予算を展開する際にそこから得る保証を少なくすることをいとわないので、今日の成功がどのように見えるか、そしてそれが歴史的な規範とどのように異なるかを本当に理解するには、忍耐と新しい一連の期待が必要。

 

B. 市場をフォローする

   Follow the market

ガイダンスの第2の柱は、市場に注意を払うことである。 通常、旅行業界では、クリスマスや夏休みなどの目的地の予約が予測どおりに増加する。 過去数年間、春の数か月は空の旅やビーチリゾートなどの予約が多数発生していた。

逆に、今日、我々はマイカーで運転可能な市場でより多くの活動を見ている。 マーケターは、これらのポケットが最もアクティブな場所と、それらの起点からどの地域がうまく並んでいるかを特定するように努める必要がある。 そこから、マーケティング担当者は、その目的地に到達できるオーディエンスを引き付けるために予算を展開する正しい方法を見つけ出す必要がある。 その結果、これらのベクトル(目的地と出発地)は、ドライブと結びついており、これがはるかに重要になっている。 州内旅行は重要な機会になり、マーケターは戦略が一致していることを確認する必要がある。 マーケターは、過去に機能した歴史的な仮定を取り除き、市場が何を言っているかを見る必要がある。

 

C. フォーカスについて

   Adjust focus

最後の、そしておそらく最大の柱は、マーケターが焦点のウィンドウを狭めなければならないということだ。 過去のように前年比や季節的な傾向を見るのではなく、90日間のアプローチでパフォーマンスを表示する必要がある。

最近の活動に対して現在のパフォーマンスを判断することは、はるかに効果的であることが証明されている。 たとえば、20211月は20201月よりも202012月に似ている。 この方法では、目的地がどこに戻って来ているか、広告主がどこに予算を配置しているかを調べることができる。 このデータを使用して、マーケターは効果的で影響力のある投資を計画できる。

旅行のピークシーズンに入ると、これらの比較セットが変わるため、マーケターは今後数か月にわたってこの種の戦略を試す必要がある。 我々は回復がどのように見えるかについての考えを持っている、そして結局、それはマーケターが彼らの焦点を移すべきところである。 業界が歴史的に依存してきた季節的または年次の比較ではなくなった。

 

何が先にあるか

What lies ahead

過去12か月間、旅行業界には回復のポケットがあった。 昨年の春と初夏は、回復の軌跡がどのように見えるかを示したが、パンデミック前のレベルに戻るまで、マーケターはデータへのアプローチ方法について異なる考え方を持っている必要がある。 2020年のデータが不足しているため、一部のマーケターはお手を挙げとなり、予算をどのように展開するかを推測する。しかし、彼らは彼らが真空でまたはガイダンスなしで動作しているように感じるべきではない。 賢明な人は彼らの考えをリセットし、市場が彼らに言うことに耳を傾け、彼らの焦点を調整する。

著者: Chris Heikeは、Koddiの運用およびプログラム管理担当副社長。

(4/6 https://bit.ly/3dGrBSL)

 

 

7. ヒップマンク創立者、Flight Penguin立上げ

SAP Concur2016年に買収したメタ検索エンジンHipmunkを閉鎖しから、1年余り、Hipmunkの創設者であるAdam GoldsteinSteve Huffmanがメタ検索市場で新しいベンチャーを立上げた。 Flight Penguinと呼ばれるChrome拡張機能は本日発売され、カヤックの直接の競合相手となる(同社のウェブサイトには、「Kayakを氷上に置く時が来た」とまで書かれている)。

Flight PenguinHipmunkとは異なり、Flight PenguinはウェブサイトではなくChrome拡張機能であり、顧客のブラウザから機能して最新の航空運賃を取得する。 Flight Penguinを使用すると、顧客は、フライトの出発時刻と着陸時刻を示すタイムバーレイアウトと、乗り継ぎを示すギャップを介してオプションを視覚化できる。 Flight Penguinは、価格や期間で並べ替えるだけでなく、オプションを“痛み(pain)”で並べ替えることができ、旅行者が快適さと価値の最適な組み合わせを見つけるのに役立つ。 同社は、顧客を最高入札者に販売する旅行サイトと比較して、広告なしの結果を「偏りがなく、破損していない(unbiased and uncorrupted)」と呼んでいる。

 

HipmunkからFlight Penguin

Goldsteinは、Hipmunkがシャットダウンされた時、彼とHuffmanは「失望した」と述べ、2人は後継者にシード資金を提供することにした。

「我々はHipmunkを懐かしく、今までHipmunkを使用していた人々が、代替手段が持てなくなってしまった何百万人もいることを知っていた」と彼は言う。 2010年に設立されたHipmunkは、初期の頃は“Kayakキラー”や“旅行検索の未来”として多くのメディアに取り上げられ、かつてHipmunkを“道路の端の小動物死骸(roadkill)”と呼んだKayakの共同創設者兼CEOSteve Hafnerなどがから怒りを買った。

Goldsteinは、2018年の終わりにHipmunkを去り、そしてSAP ConcurHipmunkと旅行と経費プロダクトConcur Hipmunkの廃止の決定について「我々の統合された旅行や経費管理を提供するアプローチが進化したのでHipmunkConcurHipmunkを廃止することを決定した。 TripItProを使用したConcurTripLinkは、オンライン予約ツールであるConcur Travelに適していない顧客に推奨されるソリューションである」と言葉少なに述べていた。

Goldsteinによると、Kayakはメタサーチ分野のマーケットリーダーであるため、Flight Penguinの自然なターゲットだ。 「Hipmunkが始まってから10年以上、Kayakや他のサイトは倹約志向の旅行者に焦点を合わせ続けている。 我々は、時間とお金を大切にする人々のために[Flight Penguin]を作っている」と彼は言う。 30日間の無料トライアルの後、顧客はFlight Penguinに月額$ 10を支払い、コロナウイルスの大流行中に多くの旅行者が蓄積してきた現金またはクレジットカードポイントを使ってフライトを検索できる。 サブスクリプションモデルにより、「業界に定着したプレーヤーの気まぐれや要求に頼る必要がなくなる」とGoldsteinは言う。 「航空会社は米国では寡占であり、サイト(Hipmunkを含む)にビッドさせるためにますます攻撃的な戦術を使用している。 通常、これらは見返り契約(quid pro quo contracts)の形式を取る。 旅行サイトがその航空会社のフライトのサードパーティ運賃を非表示にするなど、航空会社にさまざまな恩恵を与える場合、航空会社は、この旅行サイトに手数料、データ、広告購入などの特典を提供する」と彼は続ける。 「航空会社と旅行サイトはこの居心地の良さから恩恵を受けているが、すべてのオプションが表示されない場合、顧客は不利益を得ることになる。 多くの場合、サイトは利用可能な運賃が安いことを知っていながら航空会社との居心地の良い関係を維持するために、それらを表示しないことを選択する。 以前やっていたので知っているが、今はそれを誇りに思っていない」、「Flight Penguinは“談合なし”の哲学を採用している。 他の多くの旅行サイトとは異なり、顧客から情報を隠す取引は断じて行っていない」とGoldsteinは語る。 Goldsteinは、元HipmunkエンジニアのSheri Zadaを採用してFlight Penguinを開発した。 これにより、ユーザは順番待ちリスト(waitlist)から削除され、今夜はさらに順番待ちリストに登録できるようになる。 Flight Penguinは、今後数週間で残りの順番待ちリストをロールアウトする。

* 20206月に録音されたHow I Got Hereポッドキャストについては、ここに掲載されたインタビューGoldsteinを確認して欲しい。(4/5 https://bit.ly/2OqhOYj)

 

 

8. Hornblower Group、リブランドしてWalks買収

エクスペリエンスおよび輸送会社のHornblower Groupは、水上および陸上ベースのポートフォリオをCity Experiencesとしてブランド名を変更し、ツアーおよびアクティビティオペレーターのWalksの買収を通じてそれらの提供を拡大している。 25を超える既存のブランドがCity Experiencesの傘下にあり、City CruisesCity FerryCity Experiences3つのカテゴリに分類される。

Walksの買収により、City Experiencesは、寄港地観光、パートナー提供の体験、市内ツアー、マルチポートパッケージなど、陸上での体験の提供を拡大することができる。 Walksは、ローマ、ヴェネツィア、パリ、ニューヨークを含む14の都市で100以上のユニークなストリートレベルのツアーを提供している。 昨年4月、COVID-19のパンデミックへの対応として、Walksは、同社の800人のガイドの一部がナレーションを付けた、対面でのウォーキングツアーのオンライン複製である、20を超える「Tours From Home」を開始した。 Walksは、寄港地観光プロバイダーのCruising ExcursionsShoreTripsなどの追加の陸上体験会社に参加している。

City ExperiencesのチーフマーケティングおよびレベニューオフィサーであるKristina Heneyは「単一のブランドアイデンティティを作成することで、土地と水域のエクスペリエンス、集中的なマーケティングと販売の取り組み、City Experiencesの集合的なサービスに対するゲストの認識の向上、そして最終的には都市内およびグローバルな目的地市場間のポートフォリオのクロスセルが容易になる。 さらに、直感的な予約プラットフォームであるAnchorの投資と、総合的なエンドツーエンドのデジタルエクスペリエンスにより、ブランドの約束をさらに強化する、摩擦のないパーソナライズされた新しい旅でゲストエクスペリエンスが向上する」と言う。 Anchorテクノロジーを活用したCity Experiencesの最新のイニシアチブは、ニューヨークのOfficial Downtown Experienceである。

City Experiencesポートフォリオ以外では、Hornblower Groupは、オーバーナイトクルーズ部門、NYCフェリーおよびプエルトリコフェリーシステム、その他の政府輸送サービス、およびサードパーティベンダー向けのアンカーチケットサービスを引き続き運営する。 Hornblower Groupの足跡は、111の国と地域および125の米国の都市にまたがっている。 年間1,700万人以上のゲストにサービスを提供している。(4/6 https://bit.ly/3cX82X6)

 

 

9. ヘルスパスポート

政府がデジタル健康パスポート導入に関するプライバシーへの影響を検討しているが、旅行者は、このパスポートが安全に旅行を取り戻す手助けすると確信している。 Amadeusの調査によると、91%が今後デジタルヘルスパスポートを使用すれば快適だと答える。 Rebuild Travel Digital Healthの調査では、アンケート参加者に健康の詳細を電子的に保存することについても質問した。 72%は空港での処理を高速化できる、74%はより多くの目的地に旅行できるとそれぞれ肯定的な回答をする。 旅行者の約70%は、最も頻繁に利用する航空会社が旅行の健康データを保存する方法を提供した場合、健康データを共有する可能性が高くなると述べている。 ただし、これは、自らは顧客データの保存をせずに、旅行に関して政府が消費者と直接的な関係を築くべきだという航空会社の要望に反している。 ただし旅行者はデータを共有する用意があるが、関連するリスクについて懸念を抱いている。 38%が個人情報のハッキングについて懸念を表明し、35%が共有される健康情報のプライバシーについて懸念を表明する。 さらに30%が、データの共有場所に対する透明性と管理の欠如に関する懸念を挙げる。 旅行者はまた、デジタル健康データに関してどのような解決策が彼らを安心させることができるかを尋ねられ、回答者の42%が旅行全体の旅行アプリケーションが全体的な体験を改善すると述べ、41%がそのようなアプリが旅行のストレスを軽減すると述べた。 旅行者の60%以上が、旅行が“信頼できる”ヘルスケア会社と提携した場合、健康データを保存するためにアプリを使用する可能性が高いと述べている。

Amadeusの旅行担当社長であるDecius Valmorbidaは、「まだ不確実性はあるが、このような調査は、以前よりも旅行を改善するという私の楽観的な見方を裏付けている。 このRebuild Travelデジタルヘルス調査で概説されている旅行者の期待に応え、真に接続された非接触型の旅を可能にする適切なテクノロジーを導入するため、政府と業界間のコラボレーションが旅行を再開するための鍵となる」と述べている。 この調査は、フランス、スペイン、英国、米国、ドイツのシンガポールを含む9か国の9,000人以上の旅行者を対象にCensuswideによって実施された。(4/7 https://bit.ly/3uAGsEW)

 

 

10. 電子健康証明書、航空にバイオメトリック

今年は2021年であり、世界はCOVID-19世界的大流行から徐々に浮上しており、企業やレジャーの旅行者は空に戻ることを切望している。 パンデミックの最中にデジタル化が加速したことは一般的にほとんどの人が同意しているが、旅行は安全に再開するための大きな課題に直面している。 空港や航空会社は、需要回復の際に直面する課題をすでに認識している一方で、社会的距離の測定を維持し、したがって乗客をさまざまなチェックポイントを迅速に通過させる必要がある。 ヒースロー空港は最近、すべての乗客のCOVID関連の書類を処理するのに20分かかると述べ、今後の道としてデジタルヘルスパスの必要性を強調した。 しかし、デジタルヘルスパスは、旅行中の生体認証(biometrics)、特に顔認識の開発を後押しし、大きなシームレスな体験を生み出すため、はるかに長期的なメリットをもたらす可能性がある。 最近のPhocusWire Pulse Safer and SeamlessイベントでIATAの空港、乗客、セキュリティプロダクトの責任者であるAlan Hayden Murrayは、デジタルIDは今後の航空業界にとって“ゲームチェンジャー”になると述べた。 彼は、乗客がモバイルデバイスでパスポートのデジタルバージョンを作成し、これをセルフィー画像と組み合わせて使用して、カメラを見るだけで空港をシームレスに通過できるようにするためのすべてのテクノロジーがすでに導入されていると付け加えた。 2021年は、生体認証技術が実際に旅行に定着する年であり、最近の多くの開発がこの見解を支持しているとさえ言う人も居る。

 

生体認証の手順

Biometric steps

昨年11月、ルフトハンザとスイスエアラインズは、フランクフルトとミュンヘンを経由する特定のフライトで旅行する乗客が生体認証技術を使用してセキュリティと搭乗ゲートを通過できるようになると発表した。 これらのキャリアは、バイオメトリクスIDプラットフォームを開発するためのNEC Corporationとのパートナーシップとして、2019年に発表されたStar Allianceバイオメトリクスイニシアチブの立ち上げ顧客である。 このプラットフォームは、Star Allianceの顧客にチェックイン、手荷物預け入れ、ラウンジへのアクセス、搭乗ゲートの非接触体験を提供するオプトインシステムである。 ルフトハンザにとって、このイニシアチブは、米国の空港からの搭乗にしばらく使用されて来た米国税関国境警備局の“旅行者検証システム(Traveler Verification System)”の上にある。 一方、スピリット航空はAmadeusと協力して、フォートローダーデールハリウッド国際空港での国際線出発の搭乗便に生体認証による顔認識を使用しいる。 Amadeusによると、このシステムはスケーラブルであり、チェックインキオスク、手荷物預け入れ、搭乗ゲート全体で使用できる。

最近では、航空技術のスペシャリストであるSITAが、顔認識を使用してエティハドの乗務員が同社乗務員センターにスムーズに出入りできるようにする概念実証プロジェクトを発表した。 また、イベリア航空は2月、マドリッドバラハスで顔認識技術をテストして乗客の処理を高速化すると発表した。

 

投資の促進

Investment boost

SITAの調査によると、航空会社はバイオメトリクスによるセルフボーディングへの投資を2倍にする計画であり、82%がIDドキュメントと一緒に2023年にテクノロジーを実装する予定であると述べている。 バイオメトリクスのみを使用して搭乗する場合、SITA2020 Air Transport IT Insightsのキャリアの57%が、2023年にテクノロジーを実装すると述べている。 航空旅行業界では他にも数え切れないほどの生体認証の開発が行われており、旅行業界の他の部分では、One IDIATAや、世界経済フォーラムがAccentureVisionBoxAir CanadaKLM、および Known Traveler Digital Identityの関連空港と協力しているすべてが生体認証旅行への道を開いている。 ただし、協調的かつ協調的なアプローチが必要であり、業界や政府がこれを達成できるかどうかについて、ますます懐疑的な見方も存在する。 生体認証とモバイルテクノロジーを使用して旅行の摩擦を取り除くプラットフォームであるTravizoryの最高経営責任者であるRenaud Irmingerは、機械学習と人工知能がテクノロジーの背後にあるアルゴリズムを改善し開発コストを削減することで、顔認識に大きな進歩を遂げている。 「Amazonを使用すると、数分でアカウントを作成し、Rekognitionを使用できる。 基本的にほぼ無料のコモディティになっている」と彼は言う。 Amazon Web Servicesテクノロジーは、AWSのウェブサイトによると、“ユーザ認証のために、多種多様な顔を検出し分析し比較することができる彼らのアプリケーションに画像やビデオ分析を追加することを開発者に可能にする。

 

対決

Face off

しかし、コストが下がり、デジタル化のペースが加速しているにもかかわらず、Irmingerは、Travizoryがセイシェル政府と行ってきた旅行者の承認作業が複雑さを浮き彫りにしていると言う。 「国レベルでさえ標準化することができない。 200人で、40種類のPCRテスト証明書が存在し、これらはすべて形式とデータフィールドが異なる」と言うのだ。 当然のことながら、Travizoryは空の旅の生体認証への標準化されたアプローチの支持者であり、Star Allianceイニシアチブは乗客が一度だけ登録する必要があるという点で一歩前進であると考えている。 「最終的な目標は、より良いエクスペリエンスを提供し、キュー(queue)を改善することである。 今では、それが20倍も重要になっている。 オーストラリアからカンタス航空でシンガポールに行くためにシドニーを出発し、チャンギでトランジットし、エールフランスのフライトでパリにジャンプしニースに接続するには、旅行の顔認証標準の存在が必要になる。 複数の登録ではすべての利点を失うことになる。 一度登録して、生体認証要素を各利害関係者に、またはアライアンスや航空会社を介してプッシュするのは旅行者でなければならない」とIrmingerは言う。 彼は、IATA One IDは最も先進的なイニシアチブであり、航空会社は標準を作成できた歴史があるため、「そのような標準を推進する立場にあるべきである」と付け加えている。 ルフトハンザのプロダクト管理部門のシニア製マネージャーであるHeidrun Holinは、さまざまなシステムの相互運用性を支援するために、いくつかの標準が登場する可能性が高いと述べている。 Irmingerによると、さらなる課題は、生体認証が“善か悪か”をめぐるさまざまな国の“意思決定者間の混乱”である。 これは興味深い議論である。 何百万もの消費者がすでに顔を使ってモバイルデバイスやアプリケーションにアクセスしている一方で、政府が市民をスパイする問題は、どのような情報がどのように収集されるか、そしてそれが収集され、保存されるかどうか、またどのように保存されるかについてほとんど知らされていないホットなトピックだ。 Irmingerは、旅行に顔を使用すると、旅行者がデータを管理できるようになり、オプトインできるようになり、エクスペリエンスの向上という点で価値が提供されるため、良いことだと認識されるはずだと指摘する。 彼は、人々が通りに出かけている時、彼らの顔はとにかくプライベートではないと付け加える。 IATAMurray Haydenは、乗客は旅行時にすでにすべてのデータを政府と共有していると述べているが、生体認証の開発により、より安全で効率的になると言う。

 

それほど遠くない未来の技術

Technology of the not too distant future

安全性と効率性は、生体認証旅行を次のレベルに引き上げるための主要な推進力になるだろう。 ルフトハンザのHolinは、既存のセルフサービス技術に生体認証要素が導入されることで、技術が徐々に取り入れられることに同意している。 同社は搭乗タッチポイントから始め、搭乗ゲートの数を増やし、ラウンジへのアクセスやバッグドロップなどのタッチポイントをさらに追加する予定。

 彼女は、バイオメトリクスは「明らかに乗客識別のための未来の技術」であり、それほど遠くない未来でもあると付け加える。 Holinも「世界中の空港(およびその他のインフラストラクチャ)がバイオメトリクスを採用しているため、バイオメトリクスがわずか数年で個人識別の新しい標準になると予想する」と言う。(4/7 https://bit.ly/3s3LAzU)

 

 

11. GuestyMyVR買収

短期賃貸物件管理プラットフォームGuestyは、物件管理ソフトウェアMyVR買収した。 取引条件は明らかにされていない。 Guestyは、MyVRを使用して、「同社を事実上、世界最大の短期賃貸物件管理プラットフォームにする」と述べている。 Guestyの投資は、2021年の短期賃貸市場の約束と、コロナウイルスの大流行から抜け出し始めた旅行者の好みを示している。 テルアビブに本拠を置く同社は、旅行への需要の高まりと、より多くの居住スペースと仕事スペースを求めて従来のホテルよりもプライベートレンタルを選択するユーザが増えたため、今後の予約が“急増”したと述べる。 「MyVRを買収するという我々の決定は簡単であった。 Guestyと同様に、MyVRY Combinatorの卒業生。 彼らの革新的なチームは、我々の成長を促進し、この業界の標準化を促進する最先端のプロダクトを開発した」、「未来は明るく見える。 旅行が回復していることは間違いない。 我々の成長するチームは、世界中の次世代の代替宿泊施設を開拓しているプロのホストや不動産管理会社の多様なビジネスに力を与え続ける方法のあらゆる段階に存在する」とGuestyの共同創設者兼CEOAmiad Sotoは述べている。 今のところ、GuestyプラットフォームとMyVRプラットフォームはどちらも独立して運営し続け、両社の顧客は現在のプロダクトやサービスに変更を加えることはない。 Guestyは、MyVRを使用することで、MyVRのコア市場の1つである北米を含む幅広い顧客ベースに対応し、より高度な機能を迅速に提供し、標準化を推進し、より深いビジネスパートナーシップを構築するのに適していると述べている。 買収契約の一環として、MyVRチームはGuestyに統合される。 「バケーションレンタルとロータッチの独立したブティックホテルがCOVID後の世界で好まれる宿泊施設の選択肢であるため、プロのホストや不動産管理会社が、実績のあるモダンで革新的な技術パートナーをますます求めて、急速に拡大する業界内の旅行者の需要への対応に急ぐ」、「我々はGuestyファミリーに加わり、一緒に不動産管理の市場リーダーとして選ばれ、ユーザが必要とするすべての技術ソリューションを1つの屋根の下で提供できることに興奮している」と、MyVRの共同ラウンダー兼CEOであるJonathan Murrayは述べる。

GuestyMyVRは、業界の多くの専門家が短期賃貸エコシステムの統合フェーズであると言っていることに力を合わせた最新のものである。 これまでのパンデミックから浮かび上がった最も注目を集めた取引は、先月のVacasaによるTurnKey Vacation Rentalsの買収が存在する。 Sykes Holiday Cottagesの最高経営責任者(CEO)であるGraham Donoghueは、「昨年の莫大なプライベートエクイティ投資とセクターの回復力を考えると、投資が出てくるにつれて、このようなさらなる統合は避けられないだろう」と述べている。(4/8 https://bit.ly/2RkoCrI)

 

 

12. トラベルポート、既存サービスTravelport+に統合

開発開始から2年以上が経過し、TravelportCEOであるGreg Webb20198月の入社以来、繰り返し述べていたことが実現する Travelportは本日、Galileo, Apollo, Worldspan 3つのレガシーシステムに代わる単一の環境として、新しいプラットフォームであるTravelport +を正式にリリースする。 流通と小売業が長年にわたって進化し改善されてきたため、Webbは、旅行業界のニーズに対応するために古いシステムを改造することは非効率的で不十分になっていると述べる。 「過去のシステムはすべて、航空会社向けに特別に作成された元の要件に基づいて構築されていた。 そして確かに、この時点で旅行小売業は航空会社を超えているが、基礎となるデータ構造のいくつかは、PNRと呼ばれる乗客名レコードに実際に結びついている」、「我々の目標は、世界で最高のマルチソースコンテンツアグリゲーターになることである。 その一環として、基盤となるデータ構造についての考え方を変えることができる」とWebbは言う。

新しいプラットフォームの重要な部分は、旅行の個々のコンポーネントのより効率的な管理を可能にするオープンシステムに旅行の旅行記録を格納する“旅行コンテナ”であるとWebbは言う。 このシステムには、航空、自動車、ホテル、鉄道の幅広いコンテンツが含まれており、“ソース、販売者、消費方法に関係なく”接続が簡素化されている。 「それで、我々は旅行の開花する小売構造を扱うことができる・・・それがバックエンドで複雑であるとしてもそれを単純化する」と彼は言う。 Travelport+は、航空券交換ツール、マイクロサービスAPIレイヤー、クラウドベースのPOSソリューションも更新した。
Travelport
の声明によると、「組み込みのインテリジェンスにより、旅行小売業者とサプライヤーの両方が、オファー、価格設定、マーチャンダイジング戦略を継続的に最適化できるようになる」とのことだ。 Webbによると、このプラットフォームは業界のすべての部分に価値を提供することを目的としている。 「これは、柔軟性と小売能力を向上させる方法の基準を引き上げようとする我々への複数年にわたる投資であり、チケットごとまたはホテルの部屋ごとにより多くの価値をもたらすように努めている。 サプライヤーに予約された。 そして、消費者が、最終的に彼らが費やすすべてのドルに対してより多くの価値を得ていることを確認する」と彼は言う。 Travelport+の機能は徐々にグローバルに展開されており、同社の顧客の80%以上がすでに1G指定(新しいシステムに使用されている以前のGalileo指定=designator)を使用しており、残りのクライアントの10%以上が統合されている。 「我々はすでに競合他社よりも機敏である」、「これはそれに追加するだけで、これにより、応答性、俊敏性、柔軟性が向上する」とWebbは言う。(4/7 https://bit.ly/3uOMAdd)

 

 

13. 私の足跡:トリバゴRolf Schromgens

Rolf Schromgensは、共同創設者と一緒にTrivagoをついに作成した時は、以前のスタートアップの経験から打ちのめされて傷を負っていた。 現在市場で有数のホテルメタサーチサイトの1つである同社は、これらの初期のベンチャーからの学習と、投資家から多額の資本を受け取るのではなく、収益で成長したいという願望に基づいて構築された( 2013年にExpedia Groupから63,200万ドルの支援を受けた)。 Schromgensは、最初の企業価値提案が混乱を招くことがあったことを認めているが(メタ検索またはレビュー?)、データと技術的能力のみに基づいて決定を下すという固い決意により、同社はヨーロッパで強力な存在感を確立した。 Trivagoは後に、悪評の“Trivago Guy”広告キャンペーンで米国に大きな狙いを定め、最終的に2016年に公開市場に上場した。 2019年にCEOを辞任したSchromgensが、How I Got Hereの最新ゲストとして参加する。 HIGHは、PhocusWireMozioがプロデュースする毎週のショーで、スタートアップと旅行と輸送の革新の裏話を知ることを目的としている。(4/8 https://bit.ly/3uzGoW1)

 

 

14. TierMakery買収

ヨーロッパのマイクロモビリティスペシャリストであるTierは、Makeryの買収後、中央および東ヨーロッパでのプレゼンスを拡大する予定である。 Tierは契約条件を明らかにしていないが、過去数年間、ハンガリーを拠点とするソフトウェア開発会社であるBudapestと協力して来た。 この買収により、Tierはベルリンとロンドンにある既存のオフィスの外にテクノロジーセンターを提供する。 同社はまた、この地域の他の都市と並んで、今年ブダペストでスクーターを発売する予定。 声明によると、Makery27人の強力なチームがTierに加わり、消費者向けプロダクトの責任を負う。 Tierの共同創設者兼最高技術責任者であるMatthias Laugは、「我々の計画は、今後数か月で従業員の数を増やし、世界中から離れた場所で働くチームメンバーだけでなく、地元の才能を増やす」と述べる。 Makeryの共同創設者であるAndrás KindlerGyula Vörösは、Tierのエンジニアリング担当副社長になる。 Tierのもう一人の創設者であるBalázs Zsédelyも、Tech Hubのディレクターとして経営陣に加わった。

Zsédelyは「モビリティと持続可能性は常に我々の重点分野の1つであり、Tierは両方の長所をもたらす。 ブダペストの中心部から、モビリティを永久に変えるユニークな機会がある」と述べている。 Tierは、11月にSoftBank Vision Fundが主導する25,000万ドルのラウンドを発表した。 同社は、資金はさらなる拡大に向けて進むと述べた。(4/9 https://bit.ly/3dQyLnt)

 

 

15. ワクチン後の旅行、消費者の味方

ワクチンの展開が続き、消費者がデジタルヘルスパスポートのアイデアに満足するようになると、人々が再び動き始めた時に旅行が最終的にどのように見えるか、そして企業がこの新しい環境でどのように競争できるかについて疑問が生じる。 結局のところ、米国だけでも2020年の旅行部門は4,920億ドルを失い前年比で42%減少したが、海外旅行と出張旅行はそれぞれ76%と70%減少し業界はまだ回復していない。 ただし回復の有望な兆候がある。

IBM Institute for Business Value調査によると、ワクチン接種を受けた人は、今後6か月で宿泊旅行する可能性が約1.5倍高くなる。 2539歳の旅行者は、55歳以上の旅行者よりも、予防接種後の最初の6か月で旅行する可能性が62%高くなる。 とはいえ、調査によると、人口のかなりの部分が何時迄も家にいる予定であり、回答者の約4人に1人が、ワクチンを接種した後でも2021年に旅行する予定はないと述べている。 出張の場合は、予防接種により、ほとんどの国で出張する人の数が24倍になる。 メキシコ、ドイツ、ブラジルのビジネス旅行者にはワクチン接種が最も大きな影響を及ぼすが、55歳以上のビジネス旅行者は出張に自信がなく、ワクチン接種後に快適に感じると答えたのはわずか25%。 旅行の仕方については、47%の回答者がワクチン接種後は車での旅行を増やす予定であると回答し、30%はより頻繁に飛行機で旅行する予定であると回答している。 一方、消費者の23%は、飛行機の利用回数を減らす予定であると述べている。 報告書によると、クルーズ業界は最も大幅な純減を経験し、26%の人がクルーズ船の使用を減らすと答え、17%だけがクルーズ船の使用を増やすと答えている。 今年、旅行会社は少数の旅行者をめぐって競争するため、顧客体験、ロイヤルティプログラム、およびパーソナライズによる差別化が、消費者を引き付けるための鍵となる。 「組織は、より調整されたセグメント固有のメッセージとソリューションを作成する必要がある。 個々の消費者は、さまざまなコンテキストでさまざまなものを求めていることを理解している。 シームレスでパーソナライズされた体験は、ワクチン接種後の状況に違いをもたらす可能性がある」、「より広い観点から、それは新しい社会的ニーズを明らかにする。 個人は、大規模なグループに再び集まっても、スーパースプレッダーイベントのラッシュにつながることはないと確信する方法を探している」と報告書は述べている。(4/9 https://bit.ly/3uEi45z)

 

 

16. VIDEO:旅行のロイヤルティ

旅行者に会員プログラムに参加してもらうことは最初のステップだが、企業がそれを達成すると、それを利用する多くの機会が存在する。

Vacation Innovationsの社長であるBryan Randは、個人の宿泊施設、ホテル、タイムシェアは、顧客を忠実なメンバーに育てるのに理想的な場所であると信じている。 そして、そのようなロイヤルティプログラムを旅行関連の取り組み以上のものににまで拡大することができると言う。 フロリダ州オーランドに拠点を置き、ボストン、ラスベガス、メキシコにオフィスを追加したVacation Innovationsは、タイムシェア資産を専門とするエスクロー(第三者預託金)およびタイトルエージェンシーとして1999年に始まった。 それ以来、旅行商品、ソフトウェア、サービスのプロバイダーに成長し、バケーションオーナーシップ業界向けの流通市場サービスとソリューションを専門としている。 Randは、2021323日のPhocusWire PulseLoyalty For The Long Haulイベントの一部として登場した。 以下の完全なインタビューをご覧ください。(4/9 https://bit.ly/328nOYR)

 

 

17. 直言:旅行者のゴール

旅行者は、彼らを飛行機の機内に置いたり、どこかで眠りにつけたりするブランドのように、少しジレンマに直面している。 2021年の間に旅行が増え始めた時、彼らは行きたい場所と旅行時の行動について慎重に考えているか?  彼らは、回復プロセス、業界の将来、そして地球の運命に最適なものに基づいて、目的地、宿泊施設、交通機関を選択したいと思っているか? 楽観的な評価は次のとおりである。 “もちろんだ。 ひどい1年が経ってまた旅行できるようになった今、我々は完全に正しいことをしている!” 消費者が、思慮深いミレニアル世代であるかどうかにかかわらず、彼らの“価値観(values)”を反映する企業をサポートしそれに応じて旅行を予約するすると主張することには多くの問題がある。

第一に、無数のブランドによって提案されている規模でのいわゆるペントアップ需要(鬱積需要)は、特に旅行者が何をするかという点で、歴史的な前例がない。 旅行者は、パンデミック前の旅行についての考えに基づいてプロダクトを選択すると想定される場合がある。 しかし、同様に、旅行者が自分の選択を気にしないほど、ロックアウトや旅行の制限から逃れようとして、どんな形の旅行にも必死になっている可能性がある。 業界は盲目的に飛んでいる(The industry is flying blind)。
第二に、“価値観”はPRの世界で議論するのに素晴らしいことであるが、実際にはそのようなことは非常に不正確であるか、単にナンセンスである可能性がある。 誰もが今持つことができる最高の希望は、人々が実際に、ペントアップ需要を利用したいという業界の願望を実現し、“そして”少なくともより思慮深い旅行世界の兆候を示す方法でそれを実現することである。(4/9 https://bit.ly/3uKc8Ip)

 

 

18. Googleのゼロクリック、ホテルにとって機会か脅威

昨年、Googleでの検索の64.82%は、ウェブサイト、ブログ、記事などへの“クリックスルー”がゼロになった。 これは、Googleが検索結果ページ自体でユーザが必要とするすべての回答を提供し、基になるコンテンツへのクリックを不必要にしたためである(SimilarWeb / SparkToro)。 これは、2019年の50%の“ゼロクリック検索”から大幅に増加した。 2020年のGoogleの残りの検索は、オーガニッククリックスルーが33.59%発生し、有料クリックスルー(Google AdsGoogle Hotel AdsGoogle Product Listing Ads)はわずか1.59%であった。 この分析は、2020年に世界中で約5.1兆回検索されたSimilarWebデータと、iOSデバイスを含むモバイルデバイスとデスクトップデバイスを組み合わせたものに基づいている。 一見すると、ゼロクリック検索は、13,600億ドルの公開企業であるGoogleから必要とされている有料クリックと収益を奪うため、直感に反しているように見える。 では、なぜGoogleはゼロクリック検索が検索エンジン結果ページ(SERP)の主要な結果になることを許可しているのか? 一方で、人間が抱く可能性のあるあらゆる質問に対して、超高速で、関連性があり、的を射た答えを提供することは、Googleの中心的な使命に沿ったものである。 一方、モバイルアシスタントと音声アシスタントの進歩により、即時の回答が必要になるため、このシフトは避けられない。 これはすべて、Googleが音声またはSERPの上部で提供する、関連するゼロクリックの回答と要約の形で、ますます多くの情報が配信されていることを意味する。

Googleは、ユーザがそれ以上クリックしないように、つまり検索をクリックスルーゼロで終わらせる、十分な情報をユーザに提供するためにSERPのどこで回答を得るのか。 答えは非常に簡単:ウェブサイトのコンテンツとコンテンツマーケティングからだ。 では、ホテル経営者はGoogleの新しい“ゼロクリック”の現実からどのように利益を得ることができるのだろうか。

 

ホテルウェブサイトのコンテンツ

Webサイトのコンテンツを再検討しろ。 それはユニークで、関連性があり、編集品質の良いものか?  「なぜこの物件を選ぶのか」という重要な質問に答えるか? レジャー、ビジネス、企業グループ、SMERF(社会、軍事、教育、宗教、兄弟の会議)など、主要な顧客セグメントのすべての重要な質問と懸念に対応しているか? 宿泊施設のサービスと設備について詳しく説明しているか? 地元のイベント、アトラクション、興味のあるポイントに関する情報を提供しているか? ウェブサイトのリッチでディープなコンテンツにインデックスを付けることで、GoogleはゼロクリックSERPに対する多くの答えを見つける。 注意の言葉(word of caution):プロパティのウェブサイト上のユニークなコンテンツはまさにそれを意味する - ユニークなコンテンツだ! だから重複するコンテンツ、つまり、Webサイトとオンライン旅行代理店のWebサイトに同じコンテンツ(プロパティ、アメニティ、部屋の説明など)を含めることは避けて欲しい。 Googleと検索エンジンは、重複するコンテンツ(2つの異なるURLにある類似のコンテンツ)をスパムと見なし、より高い権限を持つWebサイト(この場合はOTA Webサイト)をランク付けし、もう一方のWebサイトを無視する。

 

よくある質問

FAQは、モバイル検索およびモバイル音声アシスタントの時代に重要性を増しているWebサイトコンテンツの一部である。 FAQは、宿泊施設の場所、サービス、設備に関する宿泊施設のウェブサイト上の構造化されたコンテンツである。 Googleと潜在的な顧客の両方が、プロパティに関する貴重な情報のこのコレクションを気に入っている。 これにより、プロパティの場所とプロダクトに関する質問に対する迅速で適切に定式化された回答を見つけ、潜在的なゲストが迅速に予約を決定できるようになる。

 

コンテンツマーケティング

現在の危機と枯渇したマーケティング予算によってその役割が大幅に高まっている、プロパティのより広範なコンテンツマーケティングを再検討する。 コンテンツマーケティングは、パフォーマンスマーケティングよりもはるかに安価である 有料検索、メタ検索、ディスプレイ、有料メディアである。 コンテンツマーケティングのイニシアチブの多くは、オンラインユーザが抱く可能性のある関連する質問に対するプロパティの回答の範囲を拡大する。 これらのイニシアチブには、ブランドポジショニングの発表(たとえば、グリーンホテル認定)、SEOWebサイトのコンテンツ、ソーシャルメディアの投稿、企業の旅行およびグループプランナーの関与を目的としたLinkedInを介したB2Bマーケティングイニシアチブ、PR、ブログ記事および投稿、ホワイトペーパー、ウェビナー、ケーススタディ、インフルエンサーマーケティング、専門家の知識マーケティング(スパとウェルネス関連の投稿、シェフレシピ、結婚式のヒントなど)、賞の発表、新しいサービスとアメニティの発表などがある。 コンテンツマーケティングは、夢と計画の段階で旅行消費者を引き付け、誘惑し、デジタルカスタマージャーニーの予約段階ですぐに予約できる顧客を作る。

 

検索エンジン最適化(SEO

Googleのオーガニッククリックスルーの33.59%すべてに加えて、ゼロクリックSERPの回答のほとんどは、ウェブサイトのSEOの品質に直接影響される。 Googleは、何千ものサブシグナルとバリエーションを持つ200以上の主要なランキング“シグナル”を使用していると頻繁に述べている。 ホテルのウェブサイトがこれらのシグナルをGoogleに伝達するように最適化されると、SERPでより高いランキングを達成し、かなりのオーガニック収益とゼロクリックビューでプロパティに報酬を与える。 次の3つの主要なSEOカテゴリは、ホテル経営者の管理下にあり、危機後の時代に最優先事項になるはずだ。

·           ウェブサイトコンテンツ — 専門的に書かれ、有益で、有用で、旅行ガイドレベルの品質の、ユニークで関連性が高く魅力的なウェブサイトコンテンツ。

·           インバウンドリンク — CVB、オンラインマガジンや新聞、ブログ、ソーシャルメディアなどの権威のある無料のウェブサイトからホテルのウェブサイトへのリンク。

·           テクニカルSEO — ホテルのウェブサイトを最適化し、検索エンジンボットがウェブサイトにアクセス、クロール、解釈、インデックスを作成できるように設計された、ウェブサイトとサーバーに実装されたテクノロジー、構成、プロセスのエコシステム。 これにより、最終的に検索トラフィックと収益が増加する。

デジタルマーケティング代理店がGoogle固有の継続的なSEOサービスを提供でき、schema.orgGoogle AMPGoogle Sitemap XMLGoogle Search Consoleダッシュボード管理などの非常に複雑なGoogle固有の技術的なSEO要件を処理できることを確認して欲しい。

 

スキーママークアップ

プロパティのWebサイトに自動スキーママークアップがあるか? スキーママークアップは、検索エンジンがWebサイトのコンテンツと意図、特にイベントや出来事のページ、特別オファー、営業時間、星評価などの動的コンテンツ要素を理解するのに役立つ。 これらのリッチスニペットにより、ホテルのウェブページがGoogle検索エンジンの結果ページでより目立つように表示されるため、ホテルのウェブサイトの全体的なSEOパフォーマンスの可視性が向上する。

重要な利点の1つは、注目のスニペット(featured snippets)である。 これは、Googleがウェブサイトのコンテンツに基づいて動的に作成し、検索結果の上に配置する。

 

Google Accelerated Mobile PagesAMP

あなたのウェブサイトには、モバイルデバイスやウェアラブルデバイスに高速でダウンロードされ、モバイルSERPGoogle AMPティーザーセクションでニュースや情報の「ティーザー(teasers)」として紹介されているGoogle AMPページがあるか? AMPはホテルの認知度を高め、モバイルの訪問者と予約を増やすための別のエントリポイントを作成するだけでなく、競合他社を凌駕する別の機会を提供する。 ホテルのマーケティング担当者は有料検索を放棄する必要があるか? 前述のように、昨年はGoogleでの検索の1.59%のみが有料クリックスルー(Google広告、Googleホテル広告、Google商品リスト広告)になったが、Google2020年に有料検索から約1,470億ドルを稼ぎ、9%増加した。 2019年以上。 それでは、検索の98%以上がゼロクリックのページビューまたはオーガニッククリックスルーをもたらしているので、ホテル経営者はGoogleでの有料検索キャンペーンを放棄する必要があるか? 有料検索は進化しているが、すぐにはどこにも行かない。 “通常の”年では、ホテルのウェブサイトの収益の20%から25%は、依然としてGoogleの有料検索キャンペーン(Google広告とGoogleホテル広告)からのものである。 危機後、ホテル経営者は、占有率の低下とマーケティング予算の枯渇の時代に、大規模な有料検索マーケティング予算と手の込んだキャンペーンの時代が終わったことに気づいた。  Googleの有料検索フォーマットを活用するよりスマートな方法があり、そのほんの一部を次に示す。

 

Google Hotel Ads (GHA)

·           Googleが最近導入した無料のホテルリストプログラムに参加して、GHAGoogleのメタ検索プログラム)をGoogleの必須のマーケティングイニシアチブの一部にする。 Googleは、すべてのホテルにGHAの無料予約リストを提供することで、その見事なフリーミアムモデルを再構築した。

そのため、各目的地に予約オプションを氾濫させ、ホテル、OTA、その他の予約サイトにスポンサー付きリストを購入して可視性を競わせようとしている。

·           あなたの物件が競争の激しい目的地にある場合は、ゲストがGHA経由で予約し、最終的に物件に滞在する場合にのみ、適度な手数料の形で紹介料を請求する、ペイパーステイGHAプログラムを介してスポンサー付きリスティングプログラムに投資する。

·           中央予約システム(CRS)、チャネルマネージャー、またはデジタルマーケティングパートナーと協力して、GHAで物件を有効にする。

 

Google Ads

·           Google AdsGA)を介して低予算のホテルブランドのキーワード用語キャンペーンを開始し、短距離およびドライブインフィーダー市場の過去のゲストをターゲットにする。

·           これらの過去のゲストはすでにあなたのホテルのブランド名を知っている、彼らはあなたのホテルのプロダクトを知っている、あなたが今実施する必要があるのは、あなたのアセットが安全に滞在できること、そしてあなたが彼らの現在のニーズに対処するパッケージとプロモーションを持っていることを彼らに納得させることである。

·           この新しいゼロクリック検索の現実では、Google Adsがスポンサーとなっているリストのマーケティングメッセージの重要性が増している。 これで、「なぜこのホテルに滞在する必要があるのか」などのユーザの質問に答えられるようになる。あなたのホテルがテーマパークの隣にあるなら、それを言ってくれ! あなたが町で唯一のスパホテルなら、それを宣伝してくれ!

·           Google Adsは、過去のゲストだけでなく、プロパティのコンテンツマーケティングやゼロクリック検索結果情報にすでにアクセスしている新規顧客を変換するための“ディールクローザー”広告フォーマットとして、また滞在したい場所を正確に知っている顧客に最適だ。

 

Google Display NetworkGDN)リターゲティング

·           GDNディスプレイのリターゲティングは、ウェブサイトにアクセスしたことがあり、プロダクト、商品、場所に既に精通しているユーザに、物件の価値提案を伝えるのに役立つ。 GDNリターゲティングは、優れた“予約放棄回復”および“ブランドのリマインダー”ツールとして機能する。

·           予算に基づいて、最も重要な短距離およびドライブインフィーダー市場に焦点を当てた小規模なGDNターゲティングキャンペーンの開始も検討して欲しい。 GDNは、場所、キーワード、オーディエンス、類似ユーザなど、ダイレクトレスポンスタイプのターゲティング機能を提供する。 GDNターゲティングは、ホテルのマーケティングリーチを拡大し、目標到達プロセスの最上位で新しい顧客を引き付けるのに最適なソリューションだ。

著者:Max Starkovは、ホスピタリティおよびオンライン旅行技術コンサルタントおよびストラテジスト。(4/9 https://bit.ly/3fYODqU )

 

 

19. 45日の週の資金調達記事

·           Eola

Pentech Venturesは、ツアーやアクティビティのサプライヤーにテクノロジーを提供する英国を拠点とするEolaに、230万ユーロのシード資金を提供している。 投資はTechstarsと他の名前のない投資家によってサポートされた。 Eola2017年に創立、CEO兼共同創設者のCallum Hemsleyが主導した。  同社のプラットフォームにより、オペレーターはWebサイトやソーシャルプロファイルを介して予約を取り、顧客を管理し、リアルタイムで活動を整理することができる。 この企業は、パンデミックに見舞われた2020年に、顧客のWeb予約が2倍になったと主張している。 以前の資金調達ラウンドは、TechstarsSFC Capitalを介して行われた。 Pentechは以前、Booking.comTripadvisorAirbnbVrboなどと接続するバケーションレンタル所有者向けの配信および広告最適化プラットフォームであるTravelNestに投資して来た。(4/6 https://bit.ly/31TxNBu)

 

·           NoiseAware

短期賃貸物件の騒音監視を提供する新興企業であるNoiseAwareは、S3 VenturesThayer Venturesが主導するシリーズAラウンドで800万ドルを調達した。 ダラスに本拠を置く同社は、資本を使ってプロダクトの革新を加速し、国際的に拡大し、短期賃貸を超えて市場を開拓すると述べている。 NoiseAwareCEOであるAndrew Schulzは、「新しいパートナーからの知識を活用して、NoiseAwareが投資を安全に維持しているという安心感を持って、さらに多くの人々が事業運営に集中できるようになることを楽しみにしている」は述べる。 2015年に賃貸物件の所有者によって開発されたNoiseAwareは、住宅所有者と管理者が騒音障害のために失われた賃貸収入で1500万ドルを節約したと言う。 このシステムは、屋内と屋外のセンサーを使用して騒音レベルと持続時間を測定し、データを“騒音リスクスコア”として計算する。 このスコアは、不動産所有者がモバイルダッシュボードで表示できる。 騒音レベルがカスタマイズされたレベルを超えると所有者はアラートを受け取る。 「短期賃貸業界の爆発的な成長に伴い、NoiseAwareは、不動産管理者と住宅所有者が賃貸収入を最適化する方法に大きな影響を与える準備ができている」、「NoiseAwareは、集合住宅や伝統的なホテルを含む宿泊業界全体の多くの分野で価値があると我々が感じている独自の自動化されたサービスを提供する」とThayer VenturesのマネージングディレクターであるJeff Jacksonは述べている。 NoiseAwareは資金提供に加えて、S3 VenturesのパートナーであるEric EngineerCatalyst Innovation Labの創設者であるStephanie Fuhrmanを取締役会メンバーとして追加している。(4/5 https://bit.ly/2PJK7S6)

 

·           Port

“遠隔時代の旅行会社”と自称するシンガポールを拠点とする新興企業であるPortは、HISグループからシード前の投資を確保した。 投資額は公表されていないが、ポートCEOPhilip Manは“6桁”だったと語った。  20204月に設立されたPortは、ユーザと世界中のガイドをつなぎ、直接会うのではなく、ビデオ通話を通じて目的地やビジネスイベントを体験できるようにする。 ガイドは、何を見て何をすべきかについてのクライアントの指示に従う。 Portのガイドは、街のバーチャルウォーキングツアーや美術館などのサイトへの訪問を提供するために雇うことができる。 また、見本市や展示会のフロアを歩くために雇うこともできる。 ガイドとクライアント間のやり取りは、Portのビデオ通話ソフトウェアを介して行われる。 これにより、クライアントはカメラをリモートで制御し、写真を撮って保存し、ガイドの場所を確認できる。 HISグループは、日本を拠点とする多国籍コングロマリットであり、旅行代理店、ツアー代理店、ホテル、テーマパーク、運輸、エネルギー、ロボット工学、保険などの企業を含む64か国の148社で構成されている。 HISグループは昨年夏にPortとのリモートツーリズムのパイロットプログラムを実施し、現在、ポートを旅行代理店、プライベートガイド、その他の関連企業のプラットフォームとして宣伝する予定であり、フィジカルに出会うことなく、旅や地元の人々との人とのつながりが持てる世界を目指すと述べている。 Portはまた、目的地管理組織、イベントオーガナイザー、会場と提携して、顧客にリモートツアーを提供している。(4/7 https://bit.ly/3s0KtB9I)

 

·         Gazal

Gazal、サウジアラビアベースのマイクロモビリティのスタートアップは、エンジェル投資家やファミリーオフィス率いるシード資金ラウンドで200万ドルを調達した。 2020年に設立されたGazalは、混雑、騒音、汚染を減らすことを目的として、サウジアラビア周辺の都市でドックレス自転車と電動スクーターを提供する。 「生活の質を高め、車ではなく人でいっぱいの街を作るのを助けることは、Gazalの最優先事項」と、Gazalの共同創設者であるHaytham Alsuhaimiは言う。 このスタートアップは調達した資金を使って、サウジアラビア全体、そしてさらに広い地域にサービスを拡大することを計画している。 新しい資金調達により、会社の評価額は600万ドルになる。

(4/6 https://bit.ly/3uxxQ25)

 

·           Bob W

アパートレンタルのスペシャリストであるBob Wは、以前のシードラウンドに600万ユーロの資金を追加した。 フィンランドのヘルシンキに本拠を置くこの会社は、テクノロジー主導のアパートのコンセプトを提供しており、2020年に当初400万ユーロのシード資金を確保した。 投資は、ファウンダーズVCとプライベートエクイティファームのフィンランドインダストリーインベストメントが主導した。 Bob Wの共同創設者兼CEOであるNiko Karstikkoは、この資金は同社の技術プラットフォームの開発と、ヨーロッパの新しい市場への採用と拡大に充てられると述べている。 彼は、エストニアとフィンランドに不動産を所有している同社は、パンデミックにもかかわらず、2020年に収益を増やすことができ、稼働率はホテルの3倍だったと付け加えている。

「我々は何千ものゲストと何百もの企業にサービスを提供した。 ホテルの平均37に対して、93NPSが示すように顧客満足度は高くなっている。 昨年、独自の技術プラットフォームも立ち上げ、チームを6人の従業員から30人に増やした。 夏までにそれを2倍にする予定である」と言う。 Bob Wはまた、2021年後半にロンドンに最初のアパートをオープンする予定。 同社は、コミュニティのアーティストやメーカーが提供する室内装飾を通じて、非接触型ソリューションと地元の雰囲気を組み合わせた、数多くの新しい宿泊施設レンタルコンセプトの1つである。(4/8 https://bit.ly/31XorET)

 

·           Trip.com

アジア太平洋地域のオンライン旅行大手Trip.com Groupは、公開市場での株式の二次上場から14億ドルもの資金を調達しようとしている。 CtripQunarTrip.comSkyscannerの各ブランドを運営する同社は、香港証券取引所に3,160万株を上場する予定。 2番目のIPOは、米国と香港の両方で二元上場を進める最初のオンライン旅行会社になる。 以前はCtrip Groupとして知られていたTrip.com Groupは、2003年に米国の公開市場に最初に上場した。 同社によれば、2回目の上場による収益は、事業の拡大、グループの技術の向上、その他の企業活動に充てられるという。、

“挑戦的な年”は、Trip.com Group2020年の財務実績を以下のように説明した。 中国を拠点とする旅行大手は、2019年に49%減少し、28億ドルの年間収益を報告した。 同社によれば、2020年の第4四半期は、2019年の同期間と比較して収益が40%減少したが、国内旅行が“力強い回復”を続けたため、パンデミックに見舞われた年からの減少が縮小した。 国内旅行事業は、第4四半期に76,100万ドルで“実質的にすべての総収益”に貢献し、グループのCEOであるJane Sunは、今後数か月以内に海外旅行が戻ってきた時に市場の追加シェアを獲得する準備ができていると主張する。 Trip.com  Group2020年の最も大きな打撃を受けたセグメントはパッケージ旅行で、2019年と比較して収益が73%減少して4,000万ドルになった。 比較すると、宿泊施設の収益は通年で47%減少して11億ドルになり、企業の旅行事業は30%減少して13,500万ドルになった。(4/8 https://bit.ly/3wP9va7)

 

+++++

 

6月4日

九州で大手系列越え初の共同運航

米ユナイテッド航空、超音速機購入へ