海外事情・旅行流通

フォーカスライトJapanでは、PhocusWire Daily (phocuswire.com) 並びにTravel Weekly (travelweekly.com)を含む海外主要旅行業界誌から、面白そうな業界ニュースを選別し日本語に意訳して、トラベルジャーナル(TJ)の隔週コラム「FROM THE WORLD/海外事情」とTD 勉強会(e-rtb.com)に掲載しています。TDTravel Distribution)勉強会の「海外事情 アーカイブ」では、TJのコラムに掲載したニュース以外の記事を、TJコラム発行日の3日遅れで掲載しています。 

 

2021315

 

海外事情 38日号

 

今週号も例外なくCOVID-19関連記事で埋め尽くされている。 それらの記事を整理すると以下の通りとなった。

 

u     4. 何故 収入管理の再考必要か」は、今まで使っていた過去からの時系列のデータなどが、パンデミックで断絶、ご破算にされてしまって使えなくなってしまったので、収入管理の手法の見直しが必要だと説く。 間際予約の増加、法人旅行の緩慢な回復、旅行者の変化に合わせたタイムリーな管理が要求されている。

u     同様に、「5. ビッグデータがホテルの価値とロイヤルティ強化」は、直販拡大のためにロイヤルティプログラムの強化を訴える。ロイヤルティメンバーのプログラムに関する考えが、単なるポイントの収集から変化しているというのだ。 メンバーは、自分のパーソナリティ認めてもらいたいと願っている。 もちろん、プログラムによる安全安心な旅の案内や保証も求める。 メンバーの考え方の変化に対応して、データの管理やシステムの改善が必要だ。

u     16. PhocusWire Pulse: ロイヤルティ長期計画」は、323日開催のオンラインパネルディスカッションで、この問題のホットな話題を論じる。

u     法人需要が大きな打撃を受け、パンデミック以前の規模にはまず戻らないと言われているが、「5. サステイナビリティ、法人旅行の優先事項」は経済成長のためには法人需要がマスト必要だと弁護する。 そして企業は、環境問題に配慮して法人旅行の持続可能性についても気を配って行く必要があると言う。

u     法人旅行といえば、出張手配と管理の自動化プラットフォームを開発している新興企業のTripActions(創立20155月)が、需要が大幅に低下している最中にもかかわらず、1月に、15,500万ドルの資金調達を成功させ50億ドルの企業価値のユニコーン評価を獲得した。 「14.トリップアクションの最近の投資」の筆者である同じ法人旅行ソリューションプロバイダのTripkicks2018年創立) CEOが、TripActionsの資金調達に勇気付けられるとコメントしている。 そして、困難な時にこそ成長に投資する価値があると言っている。 レガシーのシステムがはびこっている法人旅行で、新興企業によって、やっとイノベーションが静かに進み出している。

u     9. エクスペディア、クラシックバケーション売却」は、Expediaがリストラの一環でコアでない事業の売却をしていると理解した。

u     ExpediaBookingはマーケティングコストを大幅(-60%)に減少させた(「1.  (TJ) EXPEBKNG2020年営業費$60億削減」)。 旅行の予約が減少しているのだから、当然パーフォーマンスマーケティングのコストも少なくなるのは当たり前だ。 この記事が言っているように、旅行が回復したならばきっとこの費用も増加するだろう。 結局は、Google依存から抜け出せないのか。 そしてAirbnbが、両社の今後のライバルとなると予想する。

u     12. ハーツのリストラ」は、昨年5月に破産法11条となったHertzの投資ファンド2社への売却が債権者たちから提案されている。

u     英国の621日からのロックアウト全面解除の発表を受けて、「9. 英国で短期レンタルが流行」し、前年同月比の予約量が 7月で14%8月で53%と急増した。

u     また、「19. パンデミックで何故バーチャルTour & Activity」では、Amazon ExploreWalksTiqets3つのバーチャルツアーを報道している。 オペレーターたちは、顧客との繋がりを維持し、ショッピングの機会(Amazon)や対面ツアーを補完するため(Walks, Tiqets)にバーチャルツアーを展開していると言っている。 Amazonは、旅行が本格的に再開された時には、対面旅行の予約受付をいよいよ開始するかもしれない(Amazonは否定)。

u     キャンプ場の検索および予約サイトCampsitedRVrecreational vehicle)のメンババーシップクラブHarvest Hostsの新興企業2社では、パンデミックによって需要が大幅に増加している(「25. 31日の週の資金調達記事」)。 Campsited60万ユーロの資金を調達し、今後3ヶ月でさらに300万ユーロのラウンドを終了する予定である。 Harvest Hostsでは、2020年に会員数を倍増させた。

u     ワクチン接種の開始の朗報で、旅行業界が今年の夏場の旅行の本格的再開を期待している。 果たしてその期待通りとなるか? 「3. VIDEO: 安全とシームレスの旅行」、「7. VIDE0: Terry Jones、健康パスポートなど語る」、「12. VIDEO: WTTC社長兼CEO」、「24. VIDEO: IATA健康パシポートと電子ID」の4つが業界の識者たちの見通しや意見を伝える。

u     しかし「21. 直言:サステイナビリティが最優先」は、『ワクチンが開発されて、大衆が再び旅行に出かけるつもりだ! 過去12か月の壊滅的な打撃の後、我々は回復への道をたどることができ、1年かそこら以内に全てが再び2019年のレベルに戻るだろう』と考えるのは、性急過ぎると戒める。 ここでは紙幅の都合でサマライズできないが、後刻これらのVIDEOの内容をまとめてみることとしたい。

 

u     最後に、COVID-19とは直接関係がないが、「2. (TJ) トラベロカ、世界展開睨んで上場」についてはコメントせざるを得ない。 Travelokaは、インドネシアのOTAで、同国のユニコーンだ。 Travelokaの成長力に脅威を感じたAirAsiaは、最近Travelokaとの業務提携を解消、独自に東南アジアのOTA市場への参入を企てる。 人口6.6億人を擁する東南アジアの旅行市場は極めて大きく、その人口のおよそ1/3を構成するインドネシアのポテンシャルは巨大だ。

主たる事業内容

創業

評価

備  考

Go-jek

配車サービス

2010

$10.5

billion

20近くサービス提供する

スーパーAPPに成長

Tokopedia

C2C eコマース

2010

7.5

ソフトバンクが出資

Taveloka

OTA

2012

4.5

EXPEが出資

Bukalapak

Online Market

2010

2.5

中小企業eコマース支援

企業評価額は、最近の報道ないしWikipediaからの引用であり現在の正確なバリューは表していない。(編集人)

 

目次

1. (TJ) EXPEBKNG2020年営業費$60億削減        31日週 閲覧第1位

2. (TJ) トラベロカ、世界展開睨んで上場

3. (TJ) Trip.com2020年収入半減

  (TJ)  = トラベルジャーナル 329日号 参照

4. 何故 収入管理の再考必要か

5. ビッグデータがホテルの価値とロイヤルティ強化

6. VIDEO: 安全とシームレスの旅行                         31日週 閲覧第3

7. 新興企業の舞台:Odyssey

8. サステイナビリティ、法人旅行の優先事項

9. エクスペディア、クラシックバケーション売却

10. VIDE0: Terry Jones、健康パスポートなど語る

11. 英国で短期レンタルが流行

12. ハーツのリストラ

13. VIDEO: WTTC社長兼CEO

14.トリップアクションの最近の投資                        31日週 閲覧第4

15. トラベルテックショウ、9月に延期

16. PhocusWire Pulse: ロイヤルティ長期計画

17. SitecoreBoxever買収

18. 私の足跡ep54Avi Brosh of Palisociety            31日週 閲覧第6

19. パンデミックで何故バーチャルT&A                    31日週 閲覧第2

20. 旅行の将来の保証:Stephanie Jones

21. 直言:サステイナビリティが最優先

22. EasyMyTrip(印)、上場計画

23. InPhocus ep33: ビッグピクチャ 不確実性

24. VIDEO: IATA健康パシポートと電子ID                31日週 閲覧第5

25. 31日の週の資金調達記事

 

 

4. 何故 収入管理の再考必要か

COVID-19とそれに続く世界的な旅行の封鎖は、ホスピタリティ業界に前例のない方法で影響を与えた — 広範囲にわたる失業とホテルの閉鎖に至った。

特に、政府の政策と封鎖規制に依存している旅行部門は、最も深刻なショックのいくつかに耐えて来た。 多くのホテル経営者にとって、パンデミック時の目標は、収益を最大化するために料金を最適化することではなく、パンデミックが終了した時に物件をオープンできるようにすることである。 回復への道はまだややぼやけているが緑の芽が現れている。 ワクチンの展開が世界中で拡大するにつれて、2021年の第2四半期に移行し、ホスピタリティ業界の状況について楽観的になる理由がある。 政府は第1四半期末までに人口の大部分に予防接種を行うことを目指しており、最終的には旅行が再開され、需要は徐々に回復する。 ただし、パンデミック前のレベルにはすぐには到達しない。 つまり、ホテル経営者は競争の激しい市場で事業を展開することになる。

2020年を通じて、収益チームはより少ない労力でより多くのことを行う必要があり、俊敏性を維持し最終的には現在はほとんど無関係なオンザブック(OTB)データや前年比の傾向への依存から戦略を転換した。 今日の旅行者の決定に影響を与える変数の数は、需要を正確に予測して刺激することを非常に困難にしているが、予測的で前向きなデータは、需要の避けられない変化を予測して捉える最良の機会を提供する。

 

消費者行動の変化  Changing consumer behavior

我々は未知の領域にあり、歴史的な前例のない状況をナビゲートしている。

旅行者の行動は、政府の旅行制限と地域の封鎖方針によって決定される。

これらのポリシーは、国から国へと絶えず変化している。 これには、症例数、地域のR数、ウイルスの変異株など、さまざまな要因が依存する。 これらの不安定な状況は、ホテル経営者が自国の旅行制限とフィーダーの目的地の制限を考慮に入れなければならないことを予測することを非常に困難にする。 消費者は、1ヶ月、3ヶ月、さらには6ヶ月前に旅行できるかどうかわからないため、予約期間が短縮された。 冒険に出かける旅行者はチェックイン前数日以内に予約しているため、OTBデータを使用して意思決定を行うことはほぼ不可能である。 特に海外旅行の可能性に対する懸念も、国内旅行、滞在、およびドライブ休暇の増加を引き起こした。 駐車場やペットフレンドリーな宿泊施設などのオプションが考慮され、旅行者の検索基準も変更された。 企業やMICEの旅行がないため、ホテルの需要はほぼ完全にレジャーにシフトしている。 つまりホテル経営者は、以前はほとんどの場合、ビジネスのごく一部にしか焦点を当てていなかった。 需要と供給が変わらないままであるため、競争は再び激化している。 さらに、安全性と社会的距離が依然としてゲストにとって最優先事項であるため、ホテルはよりプライベートな代替宿泊施設と競合している。 アパート、アパートホテル、代替宿泊施設の検索は、通常のホテル検索と比較して増加しており、ホテル経営者が克服するための別の課題を提供している。

 

ホテル経営者への影響  Impact on hoteliers

代替宿泊施設や他のセグメント(主に企業やMICEの旅行)に焦点を当てていたホテルとの競争の激化は、ホテル経営者が従来の競争セットを改訂し、よりダイナミックなアプローチを取る必要があることを意味している。 これをさらに深化させるために、以前はMICEと法人旅行に依存していたホテルは、レジャービジネスを競うために戦略を変更する必要があり、その結果、プロモーション、フラッシュセール、直前割引、および価格設定に対する一般的な圧力が発生する可能性がある。 現在、旅行の回復の有望な兆候が見られるが、残念なことに2021年の需要ドライバーは依然として大きな影響を受ける。 したがって、過去のパフォーマンスデータとYOY(前年比)の傾向を将来の需要の指標として分析することは、収益管理者にとって引き続き大部分が無駄な作業であり予測がはるかに困難になる。 予約期間が短いということは、ホテル経営者が需要の変化に対応する時間が少ないことも意味する。 需要が非常に低いままであるため、プラスの上昇はすぐに活用する必要があり、ホテル経営者は価格戦略でこれまで以上に機敏である必要がある。 ホテルの大多数は、ビジネスを維持するために一部のスタッフを解雇したり、一時休職させたりする必要があるため、リソースはさらに逼迫している。 予約行動はますます不安定になり、履歴データはほとんど効果がないため、収益管理者はより多くの作業を引き受け、はるかに積極的になる必要がある。 今こそ、新しいデータポイントを調べて“旅行者の意図”をよりよく理解し、ホテルのより多くの情報に基づいた収益決定を行う理想的な時期だ。

 

リカバリ戦略で採用する新しいデータポイントの世界

A world of new data points to employ in your recovery strategy

ホテル経営者は、特に旅行計画のインスピレーションの段階で、予約前にゲストの旅を完全に理解するのに長い間苦労して来た。 現在、OTA Insightの新プロダクトであるMarket Insightを使用すると、事前予約の目標到達プロセスの最上位のデータポイントを確認して、制約のない需要をより明確に把握し、予約曲線を先取りすることができる。

これらの新しいデータセットには次のものが含まれる。

(1). 宛先検索データ  Destination search data

これはOTAと検索エンジンから収集される。 目的地検索データにより、ホテル経営者は、旅行者が検討している目的地、見ている日付、滞在期間、希望する宿泊施設のタイプを確認できる。 次に、収益管理者は、市場で最も多くの検索を受けているプロパティを特定し、価格とゲストエクスペリエンスの観点から比較する方法を決定し、それに応じて戦略を調整できる。 また、平均滞在期間情報を備えているため、流通チームと販売チームは目的地のパートナーと協力して予算を最適化でき、マーケティングチームは特定のデモグラフィックに最適なプロモーションを確認し、最高のパフォーマンスの部屋タイプの特定の滞在期間のクエリをターゲットにすることができる。

(2). フライト到着データ  Flight arrival data

これにより、ホテルの地域の実際の需要をより明確に示すことができる。 フライト到着データは、毎日市場に到着すると予想される旅行者の数と、彼らがどこから来ているのかを理解するのに役立つ。 このデータを使用して、収益管理者とマーケティングチームは、特定の目的地からのゲストをターゲットにして、ゲストがあなたの物件を見過ごしていないことを確認できる。 同様に、最も忙しい日に最も多くの旅行者を獲得するための戦略を実装できる。 選択した期間に市場に何人の旅行者がいるかを知ることで、競合他社に対する予約パフォーマンスのベンチマークを行うことができる。

(3). 気象データ  Weather data

気象パターンをよりよく理解することは、収益管理者が気象関連の旅行傾向を特定するのに役立ち、熱帯の沿岸の目的地など、より厳しい天候の影響を受ける物件に特に役立つ。

(4). ダイナミック コンプセット(競争セット)  Dynamic comp set

旅行制限の変化により、ホテルは繰り返し開閉する。 これは、かつては競争的であったプロパティが、もはや競争的ではない可能性があることを意味する。 現在、需要を刺激するために、一部の高級ホテルは大幅に値引きする場合がある。 動的なコンプセットデータは、COVID以前の競合他社の静的なグループに制限されなくなったことを意味するが、ホームシェアリングサイトの代替宿泊施設を含む、幅広い競合他社に対してホテルの料金と空室状況がどのように測定されるかを確認できる。

 

まとめ  Summary

パンデミックが発生する前は、チームは予約後のデータに依存し、静的な競合他社と比較して戦略を立てていた。 しかし、予約行動が大幅に変化し、過去のデータポイントが後回しになり、同じ量のビジネスをめぐる競争が激化する中、収益チームは変化を受け入れ、利用可能な最新のデータとテクノロジーに適応する必要がある。 試行錯誤の時間はない。 顧客をよりよく理解しているホテルは、最良の結果を達成し、トップに立つための良い位置にある。 成功するには、将来を見据えたデータセットを活用し、目標到達プロセスの上位の需要トレンドを活用する必要がある。 これは、カスタマージャーニーの「夢」と「調査」の段階にある旅行者を引き付けることである。 それはまたあなたの競争を新たに見直す時である。 OTAとレビューサイトの台頭により、競争ははるかにダイナミックになっている。 法人旅行とMICE旅行が劇的に減少したため、ビジネス旅行に焦点を当てたホテルとレジャーに焦点を当てたホテルの区別がなくなった。 これを代替宿泊施設の需要の継続的な急増と組み合わせると、競争が再び変化する。 現在、実質的に市場全体と競争しているため、消費者の検索、アメニティ、星の評価、価格などの要因に基づいて、競争セットを自動的に調整できるツールを検討して欲しい。 現在、多くのホテルがよりスリムなチームで運営する必要があるため、サイロで作業することはできない。 収益、マーケティング、販売、運用の各チームがより緊密に連携しており、共通のデータセットがすべての目標と目的の調整に役立つはずである。 将来を見据えたデータセットのおかげで、収益およびマーケティングチームは、潜在的なゲストが何を望んでいるかを正確に理解し始めることができる。 次に、適切な日付と滞在期間について、ニーズに基づいて適切なプロモーションとオファーを提供する。 現在、リバウンドが間近に迫っている。 需要の回復を正しく予測し、他の営業チームと協力して行動するホテル経営者は、明確な競争上の優位性を獲得する。 これは、今年を次の通常(next normal)の状態に移行する際の回復力と成功に不可欠である。

著者: Gino Engelsは、OTA Insightの共同創設者兼最高商務責任者。

(3/1 https://bit.ly/3raa2jr)

 

 

5. ビッグデータがホテルの価値とロイヤルティ強化

ホテルのブランドは独自のチャレンジングな立場にある。 オンライン旅行代理店がビジネスのかなりのシェアを牽引し続けているため、多くのホテル所有者は、ブランドとの提携にかかる費用に見合う価値があるかどうか疑問に思っている。 最近まで、ホテルのブランドは独自のテクノロジーで差別化を図っていた。 しかし今日、ホテル経営者が利用できる革新的なツールは、ブランドが提供するものを超えないにしても、それに匹敵するものがたくさん存在する。 旅行者は、価値の安心感からブランドホテルを選ぶ。 彼らは何を期待できるかを知っており、そうすることでポイントを獲得できる。 この顧客のロイヤルな基盤を過小評価してはならない。 主要なグローバルブランドは最近、ビジネスの30%から60%をロイヤルティのあるメンバーに帰している。 Kalibri Labsによると、米国だけでも2019年のホテル予約総数の50%以上がロイヤルティ関連の予約の直販であった。 しかし顧客のロイヤルティは進化している。 無料の宿泊を獲得するのに十分なポイントを集めることではなくなった。 今日、ロイヤルティとはゲストの認識とパーソナライズを意味する。 ロイヤルなゲストは特別な気分を味わいたいと思っている。 ホテル会社は、ゲストの好みや過去の滞在履歴などの情報を使用して、カスタマイズされたゲストエクスペリエンスを構築しようとしている。 しかし、ブランドには大きなハードルが残っている。 ほとんどの場合、ゲストがプロパティに到着した後の行動に関するリアルタイムのデータが存在しない。 大規模な切断があり、それは大きくなっている。 自分がAccor30年以上を直接過ごした時にそれを感じた。 特に、カスタマージャーニーの接続とモバイルエンゲージメントの向上に焦点を当てた25,000万ユーロのデジタル変革の最中にこのことに気がついた。 ブランドは、滞在前と滞在後のゲストについて知っているかもしれないが、旅の最も重要な部分である宿泊中の体験をパーソナライズすることを見逃していることがよくある。 このデータは、ナイトオーディターがレポートを作成するまでホテルのシステム内にロックされたままになるか、ブランド全体で使用されているさまざまな資産管理システム(PMS)間でリアルタイムに接続されないことがよくある。

 

より多くの操作が一元化されつつある

More operations are being centralized

ホテルの所有者と運営者が収益性を改善するための戦略を制定するにつれて、多くの職務がホテルから排除され、プロパティの上部(企業corporate)にもたらされた。 予約、収益管理、マーケティングなどの機能は一元化されており、現在は地域レベルまたは企業(corporate)レベルで処理され、戦略は個々のホテルに受け継がれている。 もちろん、機能を一元化するには、企業(corporate)と各プロパティの間でより多くのコミュニケーションが必要である。 しかしそれはまた企業が最良の意思決定を行うために、プロパティレベルのデータにリアルタイムでアクセスする必要があることも意味する。 残念ながら、顧客とのやり取りが実際に行われているため、ブランドは必ずしもプロパティレベルのデータを取得するとは限らない。 実際、ブランドが各プロパティからデータを受け取るのは、通常翌日まででかかってしまっている。 多くの場合、ブランドは、現在インハウスのゲストに関するデータを含む毎日のエクスポートを受け取る。 しかし多くの場合、彼らはいくつかのプロパティからデータを受け取っておらず、次の夜までそれを認識できないでいる。 翌日の夜では、ゲストにとって意味のあることを決定するのは遅すぎる。 リアルタイムではなければ、信頼性もあまり高くなくなる。

 

複数のシステムが問題を複雑にしている

Multiple systems complicate the issue

これまで、ホテルブランドは、フランチャイジーに、ブランド独自の技術システムを導入するように要求することができた。 しかし、合併や買収の増加により、これはほぼ不可能になっている。 ある会社が別の会社を買収する場合、ホテルの所有者全員に古いシステムをすべて取り除いて別のシステムに交換するように要求するのは非現実的である。 その結果、1つのブランドが、異種システムで動作する多数のプロパティを監督することになる。 この問題をさらに複雑にしているのは、ホテルブランド内の異なるサイロ化された部門が異なるデータセットを必要とするという事実である。 おそらく、マーケティング部門には1つのデータセットが必要であり、BIbusiness intelligence)部門には別のデータセットが必要であり、カスタマーサービス部門にはまったく異なるデータセットが必要となる。 一部のデータはPMSから取得されるが、多くの場合、必要な情報の一部しか持たない中央システムからのみ取得される。 ブランドレベルで、ゲストをよりよく理解するためにCRMデータを必要とする部門が増えている。 ブランドの部門が、私が“スパゲッティボウル”と呼んでいるデータのランドスケープに直面し、部門間の無駄な努力が重複することがよくある。

データ収集は非常に一貫性がない。 ほとんどのブランドには、正しいデータがないという問題がある。

 

統一されたデータへの移行

Moving toward unified data

幸いなことに、ブランドが異種システムからリアルタイムでデータを収集するだけでなく、これらのデータセットを集約、クリーンアップ、正規化して、企業レベルでアクセスおよびアクションできるようにするためのソリューションを利用できる。 ブランドは、ホテルが可能な限り最高のテクノロジーを使用できるようにする必要があるが、それは必ずしも独占的ではない場合がある。

ただし、複数のPMSからの双方向統合を統合および有効化できるプラットフォームを使用できるようにすることで、すべてをまとめるのを支援する必要もある。 複数のシステムが1つのインターフェースにフィードできる場合、ホテル経営者はデータフィードを統合し、発生中にエクスペリエンスをパーソナライズできる。 ブランドは問題や機会をすばやく特定し、継続的に適応して革新し、顧客と競合他社の両方に先んじることができる。 運用が一元化されるにつれて、顧客体験が中心となり、ブランドはバリュープロポジションの拡大を目指しており、施設内のゲストに関する統一されたデータセットを企業と共有することが最も重要になっている。 ブランドがゲストの旅を通じて顧客をフォローできるようになると、優れたエクスペリエンスを提供し、ロイヤルティを高めることができるようになる。

著者:Laurent IdracHapiCOO(3/1 https://bit.ly/3r8re96)

 

 

6. VIDEO: 安全とシームレスの旅行

ほとんどの旅行ブランドは、彼らの回復努力に関してある種の見方を持っている。 これらの計画は、旅行者からの需要、供給の利用可能性、コロナウイルスのパンデミックがセクターを襲う前に存在していたパートナーシップの状況など多くの要因の影響を受ける。 これらの戦略がどのように実施されるかは、関係するプレーヤーと、旅行者の旅に出る熱意を測定することによって決定できる(“鬱積需要 (pent-up demand) ”は、2021年初頭によく使用されたフレーズである)。 しかし、多くの変数は、旅行者向けのブランドや舞台裏のテクノロジープロバイダーのコントロールが及ばないものである。

回復プロセスのこの領域は、保健当局の仕事とワクチンの入手可能性と投与に集中している。 2021223日のPhocusWire PulseSaferSeamlessイベントで、ニューヨーク市のMount Sinai Innovation Partnersの微生物学部のワクチン学教授Florian Krammerに話を聞いた。 インタビューでは、ワクチン、抗体検査、そして旅行業界にとって決定的に重要なこととして、旅行者をプロダクトに戻す際にさまざまなセグメントが考慮しなければならない課題とプロセスについて説明する。 完全なインタビューは以下のとおり。

PhocusWire PulseSafer & SeamlessFlorian Krammer教授

(3/1 https://bit.ly/3e0YaNc)

 

 

7. 新興企業の舞台:Odyssey

Odyssey Travel Appは、シカゴを拠点とするテクノロジー対応のプレミアム旅行プラットフォームであり、プロバイダーからユーザーに直接、高級ホテル、レンタカー、その他の旅行サービスへのアクセスを民主化することを目的としている。 Amadeus Startup Launchpadに受け入れられた新しいアプリとして、これまで不透明で限られていたサービス、特に多様なバックグラウンドの旅行消費者向けに、豪華な旅行予約体験とオープンな流通チャネルを強化することを目的としている。 Amadeusとのパートナーシップは、顧客の獲得と転換(convert)、ショッピングカートの価値の創造、利益の増加、および時間の経過に伴うフットプリントとビジネスの拡大に役立つ。

クラス最高のテクノロジーとコンテンツ、業界の専門家へのアクセス、ハイタッチのサポート環境を提供し、開発チームのテスト、最小実行可能プロダクト(minimum viable product = MVP)の証明、市場投入、グローバルな拡張を支援する。  ホテル、レンタカー、フライト向けのエンタープライズレベルのSOAP APIを使用して、クラス最高の価格設定、可用性、予約を消費者に提供する。 Idea Usherの開発パートナーのおかげで、Flutterを使用している。 Flutterは、モバイル(Android, iOS)デスクトップ(Linux, Mac, Windows, Google Fuchsia)および単一のコードベースのWebからの美しいネイティブで編集されたアプリケーションを構築するためのGoogleUIツールキットである。 つまり、3つの主要なプラットフォームで起動し、今後は1セットのコードのみをサポートする必要がある。

主要なパートナーとの統合は次の通りである。

Revelexは、クルーズAPIを実装するためのフェーズ2パートナーになる。  Revelexは、旅行業界で利用可能な最もダイナミックで堅牢なクルーズ予約エンジンを提供する。 35以上の主要なクルーズラインに直接接続し、他の20のクルーズラインとの関係により、APIクルーズソリューションで最高のクルーズ製品の幅広いネットをキャストするのに役立つ。

Visiting Mediaは、業界をリードする販売支援プラットフォームであるTrueTourと、Visiting Media360/ 3Dコンテンツプログラムの統合をサポートするパートナーシップであり、ホテルの販売収益を増やし、参加施設の統合された仮想ツアーを提供する。 部屋のアップグレードの増加は、平均的なOTAよりも6%高く、顧客あたりの収益も20%増加すると予想される。

Salesforce APIを利用して、信じられないほどのレポートを作成し、顧客の忠誠心を高めROIを最大化し、リピートおよび紹介ビジネスに焦点を合わせ、コンバージョン率を高めるマーケティング機能を成長させる。

Sherpa APIの統合により、顧客が必要な情報と必要なドキュメントを予約フロー内で提供することにより、COVID-19の旅行環境を安全かつ自信を持って案内する。 このテクノロジーは現在、アメリカン航空で使用されている。

SIFTデジタルトラストと詐欺防止の統合により、アカウントの乗っ取り、支払い詐欺、詐欺コンテンツを積極的に停止することで、Odyssey Travel Appodysseytravelapp.comを保護する。 これにより、あらゆる種類の不正取引から我々を保護し、ブランドと消費者を保護することができる。

Odysseyの重要な要素は、豪華な旅行アドバイザーの統合である。 消費者は、専門の旅行アドバイザーと協力してグループ旅行、ガイド付きツアー、鉄道、延長サービス、VIPサービスを予約および管理することにより、予約を延長することができる。 このシームレスでありながらユニークなプレミアムレベルのサポートを簡単かつオンザフライで提供することで、競合他社とは一線を画す。 または、消費者は引き続きオンラインで旅行を予約できる。 我々のマーケティングは、これらのタイプの消費者のプロファイルに一致するプロパティのショーケースを通じて、プレミアムおよびラグジュアリーの消費者を促進することに焦点を当てている。 ビジネスモデルは、予約の料金体系と、即時のコミッションを促進するプリペイド旅行の予約のおかげで、すぐに収入を獲得することができる。 最強のコミッションは、予約期間とサプライヤーによるコミッションの支払いスケジュールのおかげで、収益を上げるのに(収入計上するまでに)312か月かかると期待されている。(3/2 https://bit.ly/2NZBdPz)

 

 

8. サステイナビリティ、法人旅行の優先事項

我々は法人旅行の未来にとって重要な節目に位置している。 パンデミックの結果としての我々の働き方や注意義務についての考え方の変化は、2020年の初めと比べて今年の終わりには法人旅行の状況が大きく異なることを意味する。 景気が回復するためには法人旅行を再開しなければならないことは間違いないが、私は、2021年後半には旅行業界が活況を呈すると言って来た。 ワクチンを接種した人の数が増え、ワクチンのパスポートが海外旅行を再開するためのロード年に停滞しないようにする必要がある。 パンデミックが発生する前は、持続可能性がホットなトピックであった。 業界のプレーヤーは、法人旅行による環境マップの一部になる方法についての会話が進むにつれて、これは希望よりも現実に見え始めている。 ただし、2020年の持続可能な法人旅行の勢いが2021への影響を減らすために、もっと多くのことをすべきであり、そうすることができると考えていた。

COVID-19は、多くの企業が今年後半の旅行再開に備えるために旅行ポリシーとガイドラインを確認する機会を提供しており、持続可能性が中心的な指針となるようにこれらの企業を奨励する必要がある。

 

法人旅行はビジネスに必要  Business travel is here to stay

現在、旅行量が減少しているため、既存の旅行をより持続可能にすることを心配する必要がないという提案は誤った方向に進めてしまう。 パンデミック後も、Zoomまたは電話を介してさらにいくつかのトランザクションのインタラクションが引き続き実行される。 しかし、昨年が我々に教えてくれたのは、信頼(trust)、関係(relationships)、共感(rapport)を築くには、直接の交流が必要だということである。 また、将来的には新たな法人旅行のニーズが増える可能性がある。 たとえば、在宅勤務の増加は、分散型のセットアップに移行した企業の社内法人旅行が増えることを意味する。 これはそれほど頻繁には起こらないが、これらの旅行はより長くなり、業界に新しい機会を提供する。 これとは別に、法人旅行による国々への明らかな経済的利益が存在する。 パンデミックに照らして、ハーバード大学の研究は、法人旅行が完全に停止した場合に何が起こるかを調べた。 この調査は、法人旅行が国の経済発展に影響を与える可能性のあるノウハウの拡散を引き起こし、国の経済成長に影響を及ぼすと報告している。 ズーム疲労と従業員間のネットワークFOMOfear of missing out)の現実と並べて配置すると、これは目標に向かって前進するビジネス旅行セクターの継続的な価値を明確に示している。 2021年に自信を持って回復する準備ができているように見えるが、問題はそれがどのような形をとるかにある。

 

環境は優先事項  The environment is a priority

国連の持続可能な開発目標(SDGs)を達成するための期限2030年までの最後の10年間に入っているので、環境への影響を減らすことが緊急の優先事項になっている。 パリ協定を通じて、ヨーロッパ諸国は2030年までに排出量を55%削減する必要がある。 これにより、法人旅行、特に炭素を大量に消費する空の旅から生じる企業の排出量の一部をどのように削減できるかについての考えが鋭くなっている。 したがって、企業や従業員の意識を高めることは、もはや重要ではなくなっている。 もちろん、持続可能性は排出量の数値だけでなく、精神的健康と健康的な生活の維持にも限定されない。 実際、3番目のSDGsはまさにこれに関連している。 パンデミックの間、メンタルヘルスを促進し、それを企業文化に浸透させることがより重要になった。

TravelPerkでは、社内コミュニティを通じてこれを行い、従業員の給与に経済的支援を追加し、リモートチーム活動で、強力で支援的な文化を維持している。

また、上級幹部から新入社員まで、すべての従業員が健康的なワークライフバランスを維持することを勧める。 特に、燃え尽き症候群のリスクを回避するためにそれが必要だ。

 

これを賢くやって見よう  Let’s do this the smart way

では法人旅行環境への影響を軽減(mitigate)、減少(reduce)、相殺(offset)するためのスマートで実用的な手順をどのように実行できるかを考える場合、どこから始めればよいか。 勧めることができる簡単なヒントがいくつか存在する。 1つ目は、チームから賛同を得ること。 従業員の74%は、チームの炭素削減目標が何であるかを知っていない。 企業が意思決定プロセスに従業員を関与させ始め、行動の変化をボトムアップで推進する時が来た。 持続可能な旅行政策を作成することは、始めるのに良い場所である。 企業は持続可能な環境に配慮した慣行を取り入れ、最も炭素に敏感な旅行者に報酬を与えて祝うためのインセンティブプログラムの作成を検討する必要がある。 法人旅行プロバイダーが支援するためにできることは他にもある。 在庫を増やし、より効率的な航空会社と低い座席クラス(low seating classes)(座席配置密度の高い)を選択するオプションを提供することで、排出量を大幅に削減できる。 ここでは透明性が重要。 多くの幹部はこれに基づいて旅行の選択を喜んで行うが、現時点では、プロバイダーからこの情報が常に提供されているわけではない。

もう1つのステップは、ますます発生していることであるが、短いフライトを鉄道の旅に置き換えることである。 これは、プロバイダーと顧客の両方が果たすべき役割を持っている分野の別の例である。 また、カーボンオフセットプログラムであるGreenPerkも提供している。 これにより、企業は法人旅行中に発生する二酸化炭素排出量(CO2)をトリップごとに100%自動的にオフセットできる。 このようなインセンティブは、旅行者や企業が旅行の選択肢をより持続可能にすることを奨励するための賢い方法である。 このパンデミックは、2021年に法人旅行が再開される前に、企業が旅行ポリシーを検討し、持続可能性を優先する絶好の機会をもたらした。 持続可能な旅行ポリシーを策定し、意識を高め、従業員からの賛同を得ることで、より持続可能な旅行の選択肢を強化し、より環境に配慮した旅行に向けて前進できるようにする絶好の機会がある。

著者: Avi Meirは、ビジネス旅行プラットフォームTravelPerkCEO兼共同創設者。(3/2 https://bit.ly/3b86rNa)

 

 

9. エクスペディア、クラシックバケーション売却

Expedia Groupは、高級バケーションの卸売業者であるClassic Vacationsを民間投資会社のNajafi Companiesに売却する。 Classic Vacationsによると、Najafi Companiesは、42日より、Expediaからすべての資産を取得するという最終合意に署名した。 Najafi Companiesの社長兼最高経営責任者(CEO)であるJahm Najafiは合意の発表で、「ラグジュアリー・バケーション事業は近い将来に回復し、Classic Vacationsはその成長を利用するのに適した立場にある」「Classic Vacationsは、過去40年以上にわたって、従業員への献身、素晴らしいプロダクトとサービスの評判、そして最も重要なこととして、今日の環境で非常に重要なクライアント中心の文化を備えたスターリングブランドを構築して来た業界をリードする企業を当社のブランドポートフォリオに参加させることである」と述べた。 Classicは独立した会社として運営され、David Hu社長と彼のリーダーシップチームはそのまま残る。 本社はサンホセにある。 ハワイ、カリブ海、メキシコ、ヨーロッパ、南太平洋を含む世界中のバケーションパッケージの大手卸売業者である。 フェニックスを拠点とするNajafi  Companiesは、リッツカールトン、セントレジスホテル、プロモントリーパークシティなどのブランドの旅行関連株を保有する民間投資会社。 Huは、「Expedia Groupの同僚と別れるのは悲しいことだが、この変更により旅行アドバイザーとのパートナーシップをさらに強化し、旅行アドバイザー、ホテル、目的地のパートナーをより適切にサポートできるようになる」と述べている。

*この記事はもともとTravel Weeklyに掲載された。(3/2 https://bit.ly/2Ptv9PT)

 

 

10. VIDE0: Terry Jones、健康パスポートなど語る

Travelocity創設者兼CEOKayak初代会長など、業界で50年の経験を持つTerry Jonesは、旅行の多くの浮き沈みを乗り越えて来た。 現在、彼は、COVID-19検査と予防接種データを検証するために開発されているデジタルヘルスパスポートの標準と相互運用性の重要性について業界や政府の指導者と話し合うなど、業界を再び動かすためのソリューションに拍車をかけようとしている。 223日に開催されたPhocusWireの最初のPulse “Safer and Seamless”イベントで、Jonesは標準と相互運用性が必要な理由と、業界がこの作業を加速する方法について話し合った。 Jonesは、B2Cブランドの構築に数十年の経験を持ち、消費者の信頼と旅行への意欲を回復する方法、明確なコミュニケーションの重要性、そしてここにとどまる可能性のある変化についての考えも共有した。 以下の完全なインタビュー PhocusWire PulseSafer & Seamless - Terry Jonesをご覧ください。(3/2 https://bit.ly/3uJHAY5)

 

 

11. 英国で短期レンタルが流行

ボリス・ジョンソン首相が先週、英国が封鎖計画の緩和を開始すると発表した後、621日からすべての制限が解除されるので、夏場の短期賃貸予約が急増した。 短期レンタルソフトウェアプロバイダーのGuestyのデータによると、予約数は前週の予約数を88%上回った。 222日から28日まで、予約量はCOVID-19パンデミックの期間中、英国で見られた平均週予約量より160%多かった。 6月、7月、8月の夏季の英国の短期賃貸予約は、2020年の同時期と比較して2021年には36%高くなっている。 データは、上昇が英国のロードマップの発表に直接関係していることを示している。 2月の初め、夏の予約量は実際には2020年の夏の予約量より35%少なかった。 現在、20216月の予約数は20206月に比べて20%少なくなっているが、20217月の予約数は昨年の同じ月に比べて14%多くなっている。 20218月は、20208月と比較して53%多い予約量を示している。

AirbnbBooking.comVrboTripadvisorなどのプラットフォーム全体の予約パターンを分析したGuestyも、夏の間は1泊あたりの平均料金が上がることを示している。 20216月の平均1泊料金は1184ポンドで、20206月から58%上昇している。 7月の平均1泊料金は1泊あたり222ポンドで、20207月から53%上昇し、20218月の平均1泊料金は3か月間で最も高く、1泊あたり229ポンドで、昨年の8月から34%上昇した。 Guestyは、これらの予約のうちキャンセル可能なものの数を追跡していないが、多くの旅行者は予約の選択に柔軟性を考慮している。 パンデミックの初期には、Airbnbのようなプラットフォームが旅行制限の変動の中でゲストとホストの両方を安心させようとしたため、バケーションレンタルのキャンセルポリシーが特にホットボタンの問題になった。 一方、最近の決算発表で、Booking Holdingsのエグゼクティブバイスプレジデント兼CFODavid Gouldenは、西ヨーロッパ、特に英国とドイツの夏季の予約は、2019年の同時期と比較して25%増加していると述べた。これらの予約の大部分はキャンセル可能である。

 

米国の動向  US trends

米国でも夏季の予約数が増加しており、20216月、7月、8月の予約数は2020年と比較して110%増加している。 昨年の同時期と比較して、2021年のメモリアルデーの週末の予約数は71%増加している。 休日の週末の滞在は平均4日間、つまり2020年と比較して28%長くなる。 また料金は26%高く、1泊あたり平均327ドルである。 74日の週末の予約量は、昨年と比較して今日は50%多くなっている。 平均滞在日数は2020年と同等の5日間だが、予約の費用は平均1403ドルで41%高くなる。(3/3 https://bit.ly/30a34Pz )

 

 

12. ハーツのリストラ

Hertzはプライベートエクイティ企業を含む再編計画を提案し、破産法第11章から抜け出すチャンスを模索している。 この提案では、20205月に第11章破産を申請したこのレンタカー会社は、Knighthead Capital Management and Certares Opportunitiesから最大42億ドルの投資を獲得する予定である。

その場合、投資家とその関連会社は、再編成された会社の普通株式の最大100%を保有することになる。 この提案には、15億ドルのクレジットファシリティを含む、25億ドルの追加資金と、Hertzの米国車両フリートへのさらなる資金調達も含まれる。 計画は破産裁判所によって承認されなければならず、416日に公聴会が予定されており、Hertzが夏のいつかに第11章から抜け出る可能性があることを意味する。 CertaresKnightheadは最近、旅行とレジャーに特化した投資手段であるCK Opportunities Fundを設立した。

(3/3 https://bit.ly/3rdMXMM)

 

 

13. VIDEO: WTTC社長兼CEO

旅行業界のあらゆる部分には、オペレーションを再開することに固執しようとしているアジェンダがある。 しかし、それは健康規制の順守と複数の組織と利害関係者の間の調整なしには起こり得ない。 旅行者の懸念と熱意と2021年初頭が投げかけている状況は、複雑で管理が困難である。 世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)は、そのメンバー、政府、および業界を正常な状態に戻そうとしている人々の間の仲裁人としての地位を確立している。 PhocusWireは、WTTCの社長兼CEOであるGloria Guevaraに話を聞き、評議会が利害関係者を集めて調整された対応を行うために行っている取り組みを理解した。

Guevaraのインタビューは、2021223日のPhocusWire PulseSaferSeamlessイベントの一部である。 完全なインタビューは以下VIDEOのとおり。 PhocusWire Pulse : Safer & Seamless Gloria Guevara

(3/3 https://bit.ly/3kHkDjo)

 

 

14.トリップアクションの最近の投資

TripActionsに関する最近のニュースを見てうれしかった。 それは我々のボロボロの業界に対する自信の表れである。 業界をデジタル化し、グローバルモビリティを開始するためのイノベーションを促進する楽観主義(および資本)の過去の兆候を見て来たが、特に法人旅行に向けて新しい資金が投入されることには、元気付けてくれて安心感がある。 2019年の数字に復帰されなくても、投資家は法人旅行が戻って来ることを知っている。 しかし、はっきりしていることが1つある。 それは以前とは異なり、彼らはその変化に賭けている。 古いモデルが変更されている。 テクノロジーの使用を受け入れる旅行会社になるだけではもはや十分ではない。 旅行管理会社(TMC)がテクノロジーを増やし、多くの旅行テクノロジー会社が垂直的統合(代理店サービス、費用管理、支払い、会議など)に投資するにつれて業界も統合されている。 最終的には、これによりいくつかのパワーが統合され、業界に新しいパワーハウスが生まれる。 この変化は我々全員に影響を与える。 TMCには決定権がある。 彼らは投資、売却、または待つことができる。 誰も投資したくなるだろう。 新しいテクノロジーを構築または取得して、会社が将来に向けて適切な位置にあることを確認するためだ。 しかし、おそらく投資するのがこれまでに最も困難な時期である・・・現金とリソースに縛られ、おそらく最も困難な企業変革に直面している(テクノロジー企業にはどういう意味になるのか?!)、将来の需要の不確実なタイミングと組み合わされている。 確かに、投資は可能だが、それは簡単ではなく、危険だ! 多くの人にとってより安全な賭けは売却することであり、我々はそれを我々の周りに見ている。 どちらも選択しなかった場合、他に選択の余地がないので待機することになる。 待っている人は、法人旅行が回復すれば、忠実なクライアントがこの困難な時期に彼らに固執してくれるという知識で武装している。 しかし、我々が大きく異なる世界に直面する場合、本当に待つことが選択肢になるのだろうか、それとも単に避けられないことを遅らせているだけなのではないだろうか。 旅行が戻ってから、これらの忠実なクライアントはどのくらいの期間、顧客として存在してくれるのだろうか? この間、技術革新は続き、前例のない複雑さに直面しても顧客の期待は高まる。 旅行が戻った時に、成長のリーダーと出遅れた者との差はこれまで以上に明白になる。

“レガシー”な旅行テック企業はどうだろうか? 旅行代理店のサービスに取り組むことがカードに含まれていない場合でも、テクノロジーとプロダクトを倍増する必要がある。 なぜ今なのか? サービスとテクノロジーの両方を所有する競合他社は、これまでにない方法でより迅速にイノベーションを起こし、顧客の要求に応えることができるからだ。 我々のスタートアップに関しては、我々の回復力がテストされている。 何よりも我々は、新しい世界に関連する必要がある。 新しい世界は、デジタル、グローバル、オムニチャネル、予測(predictive)、個人的(personal)、そして持続可能なものとなる。 顧客の声に耳を傾けることで、我々は他よりも先に未来を認識し、より速く、より効率的に、より少ない資本で行動することができる。 これらすべてを行うことができれば、エコシステムに価値をもたらす方法を見つけることができる。 それは我々がTripkicksで目指していることである - それは、とても困難な時期に成長に投資することである。 私は同じことをしている多くの仲間を知っている。 この環境を効果的にナビゲートできるスタートアップは、これらの新しいパワーハウスの1つになる道を進んでいる可能性があるが、統合の犠牲者になる可能性が高くなる(必ずしも悪いことではない!)。 我々のグループでは“待つ”ことはないと確信している。

業界の統合と継続的な投資により、少数のプレーヤーがユーザーエクスペリエンス全体をより細かく制御および所有できるようになり、競争が激化し、(最終的に)より有用な差別化が実現する。 我々はもはや未来がどのようになるのか不思議に思う必要はない。 それは我々の周りで繰り広げられており、私は変化に興奮している。 旅行業界でのあなたの役割に関係なく、あなたがその一部であるならば、今があなたが将来に投資しなければならない時である。 旅行業者は、それぞれの強みを発揮するさまざまな成長戦略(つまり、構築、購入、または提携)を引き続き追求する。 賢い旅行マネージャーはこの時間を使ってプログラムの変更に投資しており、スタートアップはあらゆる可能性に逆らって成長しようとしている。 我々が未来の一部となるためには、我々全員が変化しなければならない。 外部の投資家がその機会を認識しているのを見るのは心強いことである。 筆者:Jeff BerkTripkicksCEO

(3/3 https://bit.ly/2Oj1Grp)

 

 

15. トラベルテックショウ、9月に延期

PhocusWireの姉妹ブランドで以前はTravel Technology Europeとして知られていたTravelTech Showが、2021年に仮想イベントになる。 COVID-19の持続性を考慮し、英国での現在の封鎖措置と世界中の同様の制限に照らして、過去12か月間、このイベントについて2つの戦略的決定が行われた。

1つ目は、イベントを元の日付の6月から914日と15日に延期した。 主催者は、この時までに業界は回復への道を順調に進んでおり、コミュニティはアイデアを共有し、回復と拡大に向けて取り組む新しい方法を模索する準備ができていると信じている。

2つ目は、ライブの対面イベントとして18年が経過した後、TravelTech Showから仮想のみのイベントへの移行である。 TravelTech Showは、PhocuswrightPhocusWireWebInTravelの力を活用して、真にグローバルなイベントを実現する最善の方法として、今年100%仮想化する。 詳細については、こちら(https://traveltech-show.com)をご覧ください。(3/4 https://bit.ly/3qoACo0)

 

 

16. PhocusWire Pulse: ロイヤルティ長期計画

PhocusWire Pulseイベントは、業界のリーダーとゲストの一連の仮想集会であり、このセクターの単一のトレンドまたはトピックに専念している。 2回目のPhocusWire Pulseは、ロイヤルティの世界と、消費者の注目と心を捉えるために業界がどのように進化しているかに焦点を当てている。

Loyalty For The Long Haul323日火曜日(米東部時間)午前10時から午後12時の間にオンラインで行われる。 このイベントでは、サブスクリプションプログラムの登場、航空会社のロイヤルティパッケージの複雑な性質、仲介業者に対するブランドロイヤルティ、再編成された宿泊施設セクターでの愛を勝ち取るための戦いなど、ロイヤルティに関連するさまざまなホットトピックに取り組む。 Phocuswright Researchは、プログラム中のロイヤルティに関する新しい論文も発表する。

 

Loyalty For The Long Haulには、次のスピーカーが出席する(詳細はまもなく追加される)。

·           Bryan Rand,  Vacation Innovations社長、

·           Spencer Lee, CEO BIGLIFE(エアアジアのBIG Rewardsプログラムの運営者)、

·           Scott Shatford, CEO AirDNA

·           Vanessade Souza, RentalsUnited共同創設者兼CMO

·           Lennert de Jong, CitizenM最高商務責任者、

·           Mark Blutstein, Phocuswrightリサーチ担当シニアマネージャー、

このイベントのインタビュアー:

·           Mitra Sorrells, PhocusWireシニアレポーター、

·           Linda Fox, PhocusWireシニアレポーター、

·           Jill Menze, PhocusWireニュース編集者

·           Kevin May, PhocusWire編集長

 (3/4 https://bit.ly/3uYy5Ey)

 

 

17. SitecoreBoxever買収

Sitecoreは、投資と開発の12億ドルの成長計画の最初のものとして、旅行パーソナライズ技術プロバイダーであるBoxeverを買収した。 アイルランドに本拠を置く会社を買収する契約の条件は明らかにされていない。 同時に、Sitecoreは、多くの有名小売ブランドと提携しているeコマースマーケットプレイスプロバイダーであるFour51を買収した。 Boxever2011年に創立、ブランドのユーザーデータを使用し、それを人工知能技術と組み合わせて顧客のアップセルとクロスセルの機会を提供する“デジタル最適化プラットフォーム”を構築した。 当初は航空会社と協力していたが(エミレーツやライアンエアーなどがある)、その後、銀行、ゲーム、電気通信の世界に進出した。

2つの買収は、“積極的な成長パン(growth pans)とプロダクトイノベーションに資金を提供する”ために、今年初めに発表されたSitecoreの開発計画に沿ったものとなる。 BoxeverCEO兼共同創設者であるDave O'Flanaghanは、同社は「データを使用して顧客とのやり取りをよりスマートにするという単純な使命から始まった」と述べている。

「パーソナライズは、クッキーや広告で、ウェブ上で顧客を追いかけるだけではないことを我々は知っていた。 それにより優れたブランドが、顧客が関与する永続的なプロダクトを構築できるようになる可能性があることを我々は知っていた。 市場の他の多くのソリューションとは異なり、真の1-1パーソナライズは、チャネルに関係なく各顧客の“次善のアクション”を決定することに基づいていると信じていた。 過去9年以上にわたって、“頭脳”であるプラットフォームの作成に取り組んだ。 ブランドのデジタルスタックで - 顧客が誰であるか、現在何をしているか、そして彼らの意図が何であるかに基づいて、リアルタイムで各顧客の相互作用を絶えず最適化する」と彼は語る。

(3/3 https://bit.ly/3c6ouCT)

 

 

18. 私の足跡ep54Avi Brosh of Palisociety

Avi Broshは、ホスピタリティに情熱を注ぐ前は、成功した不動産エグゼクティブであった。 しかし、ホテルセクターへの移行は、バジェットやアップスケールの代わり映えしないプロパティを作成したいという願望によって推進されたのではない。 Palisocietyは、場所や建築から付属品(ancillaries)や家具に至るまで、すべての活動の中心にあるデザインで形成されている。 要するにBroshは、ホテルのポートフォリオのデザイン面に夢中になっている - それらが完全に所有されているか、管理契約の一部として所有されているかどうかにかかわらず。 彼はあなたの典型的なホテルの幹部でもないし、シリコンバレーのスタートアップ起業家でもない。 BroshHow I Got Hereの最新ゲストに加わった。 HIGHは、PhocusWireMozioがプロデュースする毎週のショーで、スタートアップと旅行と輸送の革新の裏話を知ることを目的としている。

編集長のKevin Mayと、Mozioの共同創設者兼CEODavid Litwakが主催している。 PhocusWireYouTubeチャンネル経由のビデオバージョンは次のとおりです。(3/4 https://bit.ly/386BZ4j)

 

 

19. パンデミックで何故バーチャルT&A

AmazonAmazon Exploreを立ち上げてから約6か月が経った。 これは、世界中の専門家が主導するインタラクティブな仮想ツアーと体験のプラットフォームである。 その時点で世界の多くが封鎖されてから何ヶ月も経ち、AmazonCOVID-19によって作成された空白を埋めるために飛び込んできたようであった。 これは、AirbnbTripadvisorViatorなど、4月にオンライン体験を開始した他の人によってすでに認識されている機会である。 KlookGetYourGuideも同様だ。

実際、Amazonは、このプロダクトはパンデミック前に開発中であったと述べており、現在、国境や目的地が再開したとしても、このタイプのプロダクトは、世界を体験するための新しい媒体として、また対面旅行を補完する。 Amazon Exploreは現在、20の地理的な場所から、文化やランドマークから食べ物や飲み物、ウェルネスと美容、自然とアウトドア、そして当然のことながらパーソナルショッピングまで、7つのカテゴリで$10$250以上の体験を提供している。 パートナーには、Kens Tours Tokyoの坂田健のような個々のホストやIntrepid GroupIntrepid Urban Adventuresのような大規模なサプライヤーが含まれる。 今のところ、体験は米国の顧客だけがストリーミングでき、Amazonの広報担当者はメールで、「最初の立ち上げ期間中に収集した調査結果に基づいて、他の地域へのサービスの拡大を検討する」と述べている。

Amazonは予約に関する統計を共有していないが、ショッピングの機会が戦略の重要な要素であることを示している。 予約について尋ねられた時、スポークスマンは「Amazonは常に顧客に代わって革新を行い、顧客のショッピング体験を向上させる方法を探している。 Amazon Exploreは、新しい人や場所とのつながりを促進し、顧客がユニークなプロダクトを購入できるようにし、新しい視点やスキルを教える」と述べている。 一部のExploreホストが旅行の再開時にその形式を提供する場合、Amazonが対面体験の予約を有効にするかどうかを尋ねられた時、Amazonは「Amazon Exploreは、バーチャルツアーとして意図的に開発されたものであり、旅行が再開されてもバーチャルツアーとして存続する。 バーチャルツアーは、顧客が休暇の場所や目的地を試すためのリソースとして機能する」と答えている。

 

永続的な機会  Enduring opportunity

WalksCEOであるStephen Oddoは、対面での旅行(in-person travel)を補完するために仮想体験を維持するという戦略を最重要視している。 Walksは約10年間、さまざまな形式の仮想体験を提供して来たが、同社の最大の市場であるイタリアが事実上閉鎖された20203月に、この形式が優先事項になった。

Walksは、4月までに、20を超える“Tours from Home”を開始した。 これは、同社の800人のガイドの一部がナレーションを付け、動画、写真、ストーリーを組み込んだ、対面でのウォーキングツアーのオンライン再生版である。

その後の数か月で、Walksは“スポットライトシリーズ”を追加した。 これは、中国の武漢のウォーキングツアーが再開され、昨年の夏にニューヨークのストリートアーティストに焦点を当てたBlack Lives Matterに関連するなど、それぞれが15分のツアーを行い、質問に答える6つの都市のガイドとのライブオンライン体験のタイムリーなトピックに焦点を当てたプレゼンテーションとシリーズである。

Oddoは、パンデミックが始まって以来、約10,000人の顧客が仮想体験を予約していると推定している。 価格は個々のチケットで10ドルから、GoogleCiscoなどの大企業クライアントで約1,000ドルまで。 彼は、バーチャルツアーは多くの収入を生み出していないことを認めているが、一部のガイドに収入を提供し、Walksが過去の顧客とのつながりを維持し、新しい視聴者を引き付けることを可能にした。 実際、観光マーケティングエージェンシーによる最近の2,500人の調査によると、パンデミックの中でバーチャルツアーを試したすべてのツアーオペレーターの14.8%だけが“たくさんの”収入を生み出したと言っている。 別の39.3%は、収入増はなかったがブランドの認知度を高めるのに役立ったと述べている。 「ある割合が戻ってきて我々と一緒にツアーをする場合、それらは我々がGoogleにお金を払ったり、他の誰にでもお金を払ったりする必要のない顧客だ」、「我々がすでにそれらの顧客と関係を有しており、彼らは良い経験をしているという事実、それは我々が将来配当を支払うことを望んでいることである」とOddoは言う。 そしてその将来、国境が開かれ、海外旅行がパンデミック前のレベルに戻る中、Oddoは、旅行前の計画段階と旅行後の両方で、旅行者に仮想体験を売り込む機会があると考えていると述べている。 「予約する前に、我々と一緒に経験を積んでアイデアを得てから、仮想[有料]を予約に変換して、実質的に無料になるようにする」、「また、バーチャルツアーの顧客の多くは、過去に同じガイドと一緒にツアーに参加したことがある顧客であった。 彼らはこの再接続を愛している。 これは、後の仮想体験でも同じゲストを喜ばせ続けることができることを示している」とOddoは言う。

アムステルダムを拠点とするTiqetsは、オンラインエクスペリエンスで異なるアプローチを採用しているが、パンデミックが旅行を妨げなくなった後でも、これらのオプションは存在するという信念を有している。 Tiqetsは、会場パートナーの一部と協力して、ハロウィーンやバレンタインデーなどの特定のテーマに関連付けられた、美術館やアトラクション内に参加者を連れてくる1回限りの仮想体験を作成した。 同社によれば、55以上の会場(venues)と21,000人の顧客がこのイベントに参加し、すべて無料で提供されているという。

「我々は、当時閉鎖されていた会場を、家で立ち往生していて、それぞれが旅行に行き詰まり、実際に家を出ることができなかった消費者とつながるために、これらのキャンペーンを主催した・・・彼らが再び旅行できる時のために彼らに刺激を与え。 次に会場のB2B側からは、彼らのブランドの関連性を確かなものとした」と、Tiqetsの南北アメリカ地域ディレクターであるDaniel Hackettは述べている。 Hackettは、これらの美術館やアトラクションへの直接の訪問を再現しようとするのではなく、「消費者が参加するための魅力的なメッセージを作成するために、直接行うことのできない仮想プラットフォームで何ができるかという方針に沿って」仮想体験がユニークで説得力のあるコンテンツを提供することに焦点を合わせているとHackettは言う。 たとえば、ニューヨークのメトロポリタン美術館は、一般に公開されていない展示会をこっそりと案内した。 Hackettは、「仮想体験が、Tiqetsが会場パートナーに提供するオプションであり続けることを期待しており、同社はFacebook LiveInstagram Liveなどを使用してイベントを売り込む方法を模索しているが、それらを収益源に変える計画はない」、「我々は、目的地での人から人への体験に取って代わることをまったく試みていない。 また、それらを収益化することも考えていない。 これは、消費者が旅行前および旅行後の可能性のある場所に参加できるようにするための方法であるが厳密な代替ではない」と語る。(3/4 https://bit.ly/3eeUM1i)

 

 

20. 旅行の将来の保証:Stephanie Jones

旅行、観光、ホスピタリティ業界の未来は、顧客の獲得と新プロダクトの展開について考えるだけではない。 セクターがどのように進化する可能性があるかについてのいわゆる“全体像”は、ブランドが今後数年間で戦略をどのように検討するかを形作る、新しいビジネスモデルやテクノロジーなどのさまざまな力があることを認めている。 特にコロナウイルスのパンデミックをきっかけに、新しいトレンドの出現を利用するために企業をどのように位置づけるかを理解することは非常に重要である。 この一連のビジネスリーダーへの11のインタビューでは、現在および将来に発生するこのような変更について詳しく説明してもらう。

Future-Proofing Travelのこのエピソードのゲストは、National Blacks in TravelTourism Collectiveの創設者兼CEOであるStephanie Jones

開催日時:318日木曜日の午前11時(米東部時間)。

Future-Proofing Travelは、Travelportの協力を得て作成されている。(3/4 https://bit.ly/2O9hs8r)

 

 

21. 直言:サステイナビリティが最優先

「現在、旅行量が減少しているため、既存の旅行をより持続可能にすることを心配する必要がないという提案は、誤った方向に進んでしまう」

これは、今週のPhocusWireに関する2021年の法人旅行の持続可能性に関する記事で、TravelPerkの共同創設者兼CEO兼共同創設者であるAvi Meirからの引用である。

ああ、ありがとう2021がここにあり、ワクチンが開発されて、大衆が再び旅行に出かけるつもりだ! 過去12か月の壊滅的な打撃の後、我々は回復への道をたどることができ、1年かそこら以内に全てが再び2019年のレベルに戻るだろう。 大いなる喜びだ!

業界にはこのように考えている人が多すぎる。 そしてそれは間違っている。

2020年のトラウマと、人々が飛行機、ホテル、レンタル、乗り物、体験に仕事や顧客に戻ることを切実に必要としていることを考えると、私たちはそのような提案をどれほどあえてする必要があるのか。 しかし、人々が2019年に思いを馳せ、10代のスウェーデンの活動家Greta Thunbergによって重要な方法で推進された、持続可能性を議題に置くことに関する勢いに戻るのに長くはかからないはずだ。 業界が当時(少なくとも口頭で)取っていた小さなステップのどれだけが、時代精神への単なる口先だけのサービスであったか。 気候変動の時計は、生態学的にも、Donald Trumpが課した休止の後に米国が再び参加したパリ協定の条件の下での規制の観点からも刻々と過ぎている。 旅行ブランドは、事業がまともなレベルに戻った時に取り組むための項目としてではなく、回復中に持続可能性アジェンダへの取り組みを今見なければならない。 この焦点により、いくつかの前向きな行動が確実に実行され戦略に影響を与えるブランドとその幹部は、2030年の年に人々を見て、10年前に自分の時間と機会を最大限に活用したと言うことができる。

(3/5 https://bit.ly/2OpNfSg)

 

 

22. EasyMyTrip(印)、上場計画

EasyMyTripのウェブサイトとモバイルアプリを運営するEasy Trip Plannersは、インドでの株式市場への上場を計画している。 このオンライン旅行代理店は、株式の売却を通じて約7,000万ドルを調達しようとしている。 目論見書によると、調達した資金は会社の上場利益のためではなく、新規株式公開の目的は“当社の株式の資本勘定に組み入れる”ためである。 同社の最高経営責任者であるNishant Pittiとエグゼクティブ・ディレクターであるRikant Pittieは、提案された上場に対してそれぞれ半分の株式を投入する。 目論見書によると、分析会社CRISILは、MakeMyTripに次ぐ総予約収益で、Easy Trip PlannersをインドのOTA2番目にランク付けしている。 2008年に設立された同社は、フライト、ホテル、鉄道、アクティビティ、保険やビザの処理などの付随サービスを含む、さまざまな旅行予約サービスを提供している。

Easy Trip Plannersは、旅行代理店を通じて旅行サービスを提供するという当初のルーツから、インドの急成長する中産階級を利用する直接販売サービス(B2C)にまで拡大した。 その後、2013年に法人旅行セグメントに参入した。 同社によれば、easemytrip.comeasemytrip.inWebサイトへのアクセスは、2017年の1,500万回から2019年には4,200万回に増加した。 IPO38日に開始される予定であり、同社は、上場する決定は“市場、商業、法律、その他の要因”に基づいていると述べている。(3/ 5 https://bit.ly/3blSNpP)

 

 

23. InPhocus ep33: ビッグピクチャ 不確実性

PhocusWireチームとPhocuswrightチームの多くの人々は、昨年のこの時期、毎年恒例のITB展示会のためにベルリンに向かう準備をしていた。 知っての通りITBは、コロナウイルスのパンデミックの深刻さがますます明らかになり始め、ヨーロッパ周辺の感染率が急上昇したため急遽キャンセルされた。 その混沌とした数日間の中心にいたITBディレクターのMartin Buckは、20203月のイベント中止の1年後、ショーと業界にとってそれが何を意味したかを振り返ることができる。

ITBイベントの2021オンラインバージョンは事実上来週なので、2020年についてと、業界が立ち直ろうとした結果として浮上しているいくつかの大きな問題について、第33話のInPhocusで彼と共に深く掘り下げる。 InPhocusの最新エピソード(ポッドキャスト)は、PhocusWireKevin Mayによってホストされている。(3/5 https://bit.ly/3kRB6lq)

 

 

24. VIDEO: IATA健康パシポートと電子ID

航空業界の損失は2020年に1,180億ドルに達し、2021年にはそれほど大幅ではないにしろ、航空会社は再び乗客数を増やすことに必死である。

航空会社は、何ヶ月もの間、取られた措置とCOVID-19がまだ影響を及ぼしている状態で安全に空に戻ることを確実にする方法について政府に働きかけている。 テクノロジーは重要な役割を果たしており、乗客が自分の健康状態のデジタル検証を提供できるIATAトラベルパスを含む多くの健康パスポートイニシアチブが進行中である。

先月のPhocusWire PulseSaferSeamlessイベントで、IATAの空港、乗客、セキュリティ製品の責任者であるAlan Murray Haydenに現在の課題について話を聞いた。 議論の中心は、さまざまな健康パスポートの開発、政府の参加、基準の必要性、乗客のプライバシーに関する懸念と多岐にわたる。

彼はまた、シームレスな乗客の旅の観点から、デジタルIDが今後の航空業界のゲームチェンジャーになる可能性についても話した。 以下の完全なインタビューVIDEOをご覧ください。 PhocusWire PulseSafer & SeamlessAlan Murray Hayden (3/5 https://bit.ly/3edFbyJ)

 

 

25. 31日の週の資金調達記事

·           Campsited

Campsited60万ユーロの資金を調達し、今後3ヶ月でさらに300万ユーロのラウンドを終了する予定である。 アイルランドを拠点とする企業のこの資金は、Motley Fool VenturesEnterprise Irelandから提供されている。

キャンプ場の検索と予約のスタートアップは、2020年以降500%増収を達成した。 調達した資金はさらなる成長に向けて投入されると述べている。

同社は2021年に同様の成長を達成することを望んでいる。 Campsitedはさらにプロダクト開発を計画しており、プラットフォームをさらに3つの言語で利用できるようにし、これらのキャンプサイトへの国内予約の促進に投資している。 Campsitedの最高経営責任者であるFinán ODonoghueは、2021年にキャンプ休暇を選択する人々、特に今年も国内滞在を選択する人々がさらに急増すると予想している。 ODonoghueは「COVIDを通じて、我々は人々の生活においてはるかに重要な目的を持っていることに気づいた。 我々は、人々が屋外の環境と自然の中で愛する人と充実した時間を過ごすのを助けるためにここにいる。 自然の中での時間は素晴らしい癒し手であり、友人や家族との単純な時間よりも良い栄養はない。 それはまさにキャンプの休日だ」と語っている。(3/1 https://bit.ly/3sJbHg7)

 

·           Harvest Hosts

RVメンバーシッププログラムのHarvest Hostsは、消費者がCOVID-19のパンデミックの中で遠距離を移動する方法としてロードトリップに目を向け3,700万ドルを調達した。 投資はニューヨークを拠点とするStripesからのものであり、Harvest Hostsはホストの場所を拡大して、RVを持った旅行者にユニークな一晩の滞在へのアクセスを提供することができる。

コロラド州ベイルを拠点とするHarvest Hostsは、ワイナリー、醸造所、農場、ゴルフコース、美術館など、北米全体で1,900を超えるアトラクションのネットワークにメンバーを接続している。 旅行者は、ホストの施設にRVを駐車して、目的地やアトラクションを探索できる。 Harvest Hostsのメンバーは、訪問する地元企業を支援する提案以外に、追加費用なしで無制限の数の場所に滞在できる料金を支払う。 同社によれば、会員数は2020年に倍増し、会員は訪問した中小企業に2,500万ドル以上を費やした。 Harvest Hostsは、この成長を安全な移動方法を探しているRV旅行に興味を持つようになった新しいクラスの旅行者に起因していると言っている。

Harvest Hostsの使命は、ソファから降りて公道に出ることで人々がより幸せな生活を送れるよう支援すると同時に、アメリカのバックボーンである中小企業を支援することである」、「Harvest Hostsは、ユニークなRVエクスペリエンスを見つけるための信頼できるリソースであり続けたいと考えている。 Stripesと提携して、ホストネットワークとメンバーエクスペリエンスへの投資を倍増できることをうれしく思う。 Harvest Hostsとやり取りするすべての人が、ホストもメンバーも同様に、このエクスペリエンスから恩恵を得るために交流することを望んでいる」とHarvest HostsCEOであるJoel Hollandは述べている。 RV Industry Associationによると、4,600万人のアメリカ人が今後12か月以内にRV旅行に行く予定だ。 より多くの旅行者が道路に出かけるにつれて、キャンプの在庫が問題になる。 Harvest Hostsは、旅行者に代替宿泊体験を提供するために、何千もの中小企業とのパートナーシップを通じてこの問題を軽減したいと考えている。

JoelHarvest Hostsと提携するのはエキサイティングだ。 素晴らしいプロダクトを提供している野心的な起業家を探していた。 時間がたつにつれて、JoelRV愛好者のために本当に特別なプロダクトを構築していることが明らかになった」、「調査の一環として、数千のRV愛好者と数十のホストを調査して、彼らの直接の経験について学んだ。 メンバーとホストの両方からのフィードバックは圧倒的に肯定的であった。 さらに興奮したのは、拡大を続ける重要な機会の存在だ。 ホストネットワークとRV愛好者がエクスペリエンスをさらに向上させるためのサービスHarvest Hostsを主要なRVエクスペリエンスプラットフォームにするために投資するJoelのエネルギーとカリスマ性は、パズルの最後のピースである。 会社に対する彼のビジョンは、私たちが興奮しているものの一部である」とStripesのパートナーであるChris Careyは言う。

RVスペースでは、ミレニアル世代は2021年にRVをレンタルする可能性が最も高いと述べており、ここ数か月で追加の資金調達活動が行われている。 10月、コロナウイルスがロードトリップを加速するにつれて、RVshareはピアツーピア市場を拡大するために1億ドルを調達した。(3/3 https://bit.ly/2MOsSxN)

 

·           Easol

“エクスペリエンスコマース”のプラットフォームのEasolは、目的地がCOVID-19のパンデミックから回復するにつれて、アクティビティ需要の急増に備えるために450万ドルを調達した。 Notion Capitalがラウンドを主導し、Y CombinatorFoundation CapitalSlow VenturesAlibabaでの米国投資の元会長であるMicheal Zeisserが参加した。 ロンドンを拠点とするEasolは、冒険旅行、ウェルネスリトリート、フェスティバル、スポーツ、飲食活動などのエクスペリエンスビジネスをサポートし、より多くの直接販売を促進し、より多くの収益を維持し、データを所有することを制御できるSaaSプラットフォームである。 Easolは、プロバイダーがビジネスを従来のeコマースプラットフォーム、予約プラットフォーム、またはGetYourGuideAirbnbなどのエクスペリエンスマーケットプレイスにアウトソーシングする必要をなくす。

2020年はツアーやアクティビティ企業にとって困難な年であったが、消費者が再び自由に旅行できるようになると、このセクターは繁栄すると予想される。

EasolによるとCOVID-19ワクチンのニュースを受けて予約と処理の量が過去最大となり、パンデミック前の数値から25%増加、このプラットフォームは、した。 Easolはまた、プラットフォームを使用するエクスペリエンスクリエーターの数を前月比で20%増加させ、今年は6倍の成長を見込んでいる。

「長い間、経験のあるクリエイターは、効果のないツールをつなぎ合わせ、予約を手動で追跡し、サードパーティの予約料金を支払い、カスタムソリューションに多額の投資を行って来た。これらのツールはいずれも、それらを作成した人が体験を販売するために設計したものではない。 我々の使命は、Easolを、テクノロジー、所有権、可能性をエクスペリエンスクリエーターの手に委ねる最初のエクスペリエンスコマースプラットフォームにすることだ」と、妻のLisaとともに2017年に会社を設立したEasolCEOである Ben Simpsonは述べている。 この資金調達ラウンドにより、Easolはプラットフォームソフトウェアの開発を加速し、社員を採用し、新しいブランドアイデンティティを備えた2021年の市場開拓戦略を倍増させる。 Easolのプラットフォームは、大規模な経験からスタートアップまで、あらゆる規模のビジネスをサポートできる。 その顧客には、Ibiza RocksGlobal Cycle NetworkEnvision Festivalが含まれる。(3/4 https://bit.ly/38ddsKO)

 

 

 

+++++

6月4日

九州で大手系列越え初の共同運航

米ユナイテッド航空、超音速機購入へ