海外事情・旅行流通

フォーカスライトJapanでは、PhocusWire Daily (phocuswire.com) 並びにTravel Weekly (travelweekly.com)を含む海外主要旅行業界誌から、面白そうな業界ニュースを選別し日本語に意訳して、トラベルジャーナル(TJ)の隔週コラム「FROM THE WORLD/海外事情」とTD 勉強会(e-rtb.com)に掲載しています。TDTravel Distribution)勉強会の「海外事情 アーカイブ」では、TJのコラムに掲載したニュース以外の記事を、TJコラム発行日の3日遅れで掲載しています。 

 

2021329

海外事情 322日号

 

Phocuswright創立者のPhilip Wolf(享年64)が316日急逝した。

僕をPhocuswrightのアナリストの一人に採用し、日本代表にしてくれたのがPhilipだった。 20073月に定年を迎えた僕は、今まで40年間も仕事して来た航空の経験と知識を生かせる仕事を継続したいと考えていた。 そこで、このオンライン旅行の調査会社が発行する定期レポートを購読していたこともあって、「PhoCusWrightの日本レップにしてくれ」とCEOPhilipに厚かましくも頼み込んでみることにした。 これからはインターネットを使った商売が主流になると思ったからだ。 それが2007年の520日だった。

2011年にNorthstar Travel Mediaに買収されるまで、社名はPhoCusWrightであった。 Philip C. Wolfの頭文字を取って考案された名前だ。)

 

もちろん、会ったこともない一購読者の僕に返事を直ぐにくれるとは期待していなかったが、案の定、彼は返事をくれなかった。 しつこく何回もメールを打った。 そして数ヶ月経った後に、「これが最後のお願いだ。 ダメなら諦める」と書いて、そのメールに「Japan Travel Market」と題したPPT 21ページのスライドプレゼンテーションと、航空会社勤務時代に共に仕事をしたSabreの米国本社の上席部長の紹介状を添付した。 なんと驚いたことに、その最後通牒とも言うべきメールを打った2007930日のその日に、Philipから「Haruo、一度会って話をしよう」と言う待ちに待った返事がやっと届いた。 1112日〜15日にOrlandoで開催するPhoCusWright Conferenceに来いという。

 

格安運賃を買って、合計24時間ほどのロングホールの3回乗り継ぎ航空便でOrlandに飛んだ。 1113日、Omni Orland ResortConference会場の入り口でPhilipと奥さんのCarolが僕を待ってくれていた。 そしてその場で直ぐにPhoCusWrightのバッジをくれた。 「Haruo、今日からチームの一員だ」と笑顔で言った彼の顔が今でもまぶたに浮かぶ。

 

それから14年間、こうしてPhocuswrightのメンバーの一員として日進月歩で絶え間なく進化し続ける世界のオンライン旅行市場を追いかける、エキサイティングでスリリングな充実した仕事を続けられている。 Philipのおかげだ。 Philipは、僕にとって、定年後の第2の人生の恩人の一人でもある。

 

夫妻が20124月に東京と仙台で開催された第12WTTCグローバルサミットに出席するために来日された折には、会議終了後の419日に人形町ですき焼き鍋を囲んだ楽しいひと時の思い出が浮かんでくる・・・。

 

9. フォーカスライト創立者Philip Wolfが急逝」、「11. 飾り気のない性格、Philip Wolfを悼む」は、彼のあまりにも早い突然の死を悲しみ惜しんでいる。

(編集人) 

 

目次

1. (TJ) Hotelworld81%減収、エクスペリエンスに賭ける

2. ゼロトラベルの意味するところ

3. VacasaTurnkey買収の意味するところ                    315日週、第3位閲覧

4. 航空会社の需要予測のための意図データ

5. 旅行回復を刺激するツーリズム新興企業

6. エアビー決算が教える旅行者行動の変化

7. 上場電子旅行ブランドの変遷

8. 旅行ブランドのアップル・アプリクリップ利用            315日週、第2位閲覧

9. フォーカスライト創立者Philip Wolfが急逝

10. EmburseRoadmapDvi買収

11. 飾り気のない性格、Philip Wolfを悼む                      315日週、第1位閲覧

12. トラベルズー、2020年収入半減

13. 私の足跡ep55: S. Domin, Duffel                           315日週、第6位閲覧

14. パンデミックが影響する旅行消費                            315日週、第4位閲覧

15. 直言:2021年はレンタルのコンソリ

16. GestReadyPorto Concierge買収

17. 欧州委員会、電子グリーン証明検討

18. ホスピタリティにおけるロボット                            315日週、第5位閲覧

19. 315日の週の資金調達記事

 

 

2. ゼロトラベルの意味するところ

他の哲学者が宇宙の意味を疑問視している間、Gottfried Leibniz(ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツは、ドイツの哲学者、数学者)は有名なことに宇宙が存在する理由を尋ねた。 パンデミックは、出張で独自の経済的なLeibnizの瞬間(moment)を生み出した。 対面式の会議の代替案を試すことを余儀なくされたため、多くの企業が現在、物理的な旅行の必要性に疑問を投げかけている。 低コストのオプションとして、仮想(virtual)がデフォルトになっている。 旅行に投資するという議論は、経済状況が悪化するにつれて、さらに難しくなる可能性がある。 これは、彼らの役割と責任の突然の再発明に直面している旅行マネージャーにとって課題を提起する。組織が旅行の基本的な必要性に疑問を投げかけているのなら、旅行マネージャーの役割にも疑問を投げかけているのではないのだろうか。 我々は危機を隠れた機会と見なす必要がある。 旅行マネージャーは長い間、旅行をより戦略的に見るようにビジネスに求めて来た。 皮肉なことに、パンデミックは組織全体の企業の旅行管理の可視性とステータスを高める可能性がある。 過去12か月間、旅行マネージャーはビジネスラインや経営幹部と緊密に協力して、旅行ポリシーが適切な程度の保護と安心を提供できるようにした。 今、彼らは同じ予算保有者と異なる課題、つまり旅行の目的と商業的価値の戦略的評価に取り組む必要がある。

  • 出張が不可欠な理由は何か?
  • それはどのようにビジネス価値を生み出し、その価値は何か?

現在、これらの質問に対処し、誰が、いつ、どこで、どのくらいの期間旅行するべきかについて、旅行マネージャーが新しいこれらの質問に取り組む責任がある。 これらの質問に正確に答えるには、文化とプロセスの両方で大きな調整が必要になる。 それを可能にするために、組織が行う必要のある変更がいくつかある。

まず、旅行マネージャーは予算保有者とのより強力な関係を構築する必要がある。 これは最初から難しいかもしれない。 旅行マネージャーは、旅行予算の方向性ではなく、旅行ポリシーの管理に関連付けられている。 しかし実際には、ほとんどすべての旅行の問題には戦略的な心がある。 たとえば、常設デスク(permanent desks)とホットデスク(hot desks = 誰でも使えるデスク)の正しい比率はどれくらいか? CFOは、より小さな本社に満足しているかもしれない。 しかし、会ってコラボレーションするスペースが少なくなった今、旅行にどのような影響があるか? そして、旅行が軽減するのに役立つ可能性のある物理的接触の減少の感情的なコスト(emotional cost)はあるか? 多くの企業では、販売部門が最大の旅行予算を使う。 旅行の減少が売上高に与える本当の影響は何か? ロックダウン時のリードコンバージョン率(セールスリードを実際の販売に転換する比率)を評価することから始める。 旅行がデフォルトだった前年と比較して、このレートはどうか? これらの質問はすべて、適切なデータで答えることができる。 組織が行う必要のある2番目の変更は、運用上および商業上の洞察の生成を妨げるデータサイロを解消することである。 特に執行委員会(executive boards)は、代替案に対する旅行の有効性を説明するために厳しい数字を必要とする。 適切な関係と適切なデータがあれば、旅行マネージャーは、戦略的パートナーとして評価されている予算保有者を説得するための重要な一歩を踏み出すことができる。 しかし、役目を変えるのは難しい。 そして、他人の認識を変えることはより困難だ。

役目の変えるスピードをアップするために、旅行マネージャーは他の場所で起こっているビジネスの変化を探す必要がある。 新しいプロセス、新しい人々、そして新しい顧客でさえ、通常、物事を異なる方法で行う機会を生み出す。 たとえば、新しいクライアントの獲得は、アカウントとの会話が、より正確な予算を設定するためのクライアントの期待に対する将来の旅行のニーズをモデル化することを意味する可能性がある。 旅行の未来は実存的な問題である。 しかし、それはまた、旅行マネージャーを商業および運用戦略に直接引き込む実際のビジネス上の問題(existential question)でもある。 旅行ポリシーをビジネスのコストとして管理する代わりに、旅行マネージャーは、戦略的役割を持つ他の部門長が常に行ってきたように、支出を正当化するために、より大きなテーブルに着席するようになる。

著者:Tristan Smithは、Egenciaのカスタマーサクセス担当副社長。

(3/15 https://bit.ly/30TMljL )

 

 

3. 航空会社の需要予測のための意図データ

航空会社のオンラインデータ活用を支援する新興企業のMigacoreCiriumに買収された。 買収金額は不明。 このスタートアップは機械学習を使用して、オンラインニュースやソーシャルメディアなどのソースからのデータを、航空会社が需要を予測するのに役立つ意味のある洞察に変換する。 Ciriumは航空分析を専門としており、Migacoreの機能を拡張し、このスタートアップに独自のデータとリソースへのアクセスを提供することを計画している。 航空会社は、より良い意思決定を支援するために、人工知能が運用においてどのように大きな役割を果たすかを数年間検討して来た。 パンデミックにより、検索エンジンやソーシャルメディアの意図データ(intent data)などの新しいデータソースを組み込む必要性が高まっている。 航空会社はパンデミックから回復する際に路線を計画し、需要を予測するため、過去の予約行動への古い依存は十分ではない。 Ciriumは、Airline Insights Review 2020で課題を強調し、予約ウィンドウとスケジュールウィンドウが短縮されているので、航空会社はより柔軟になり、需要を予測するためにより多くのリアルタイム情報を組み込む必要があると述べた。 同社によれば、2020年第4四半期の予約の40%は間際予約のことである。 一部の旅行テクノロジー企業は、すでにSkyscannerでギャップを埋めている。 たとえば、最近、ビジネスインテリジェンステクノロジーにUnscheduled Routesモジュールを追加している。 同社は、業界がこれまで取り組んできた方法はもはや機能せず、運送業者は“真の旅行需要”にアクセスする必要があると考えている。 航空会社の広告技術のスペシャリストであるxCheckの共同創設者兼CEOであるTim Underwoodもこれに同意する。

彼は、現在、航空会社は“需要曲線を予測する”ために従来頼っていた信号を持っていないと言う。 同社は、消費者がGoogleでフライトを検索する時に表示されるのと同じ情報を航空会社に提供するRadarと呼ばれるツールを開発した。 Underwoodは「このデータソースは現在のものであり、昨年のデータソースでは役に立たなくなってしまっている。 それが何年続くかは分からないが、そのモードでは立ち往生することになる。 2020年のデータはあまり使用されないし、2021年のも2022年にはあまり使用されないだろう。 これは、予測能力が大幅に低下した時にパック(puck=シェイクスピア“真夏の夜の夢 のいたずらづきの小妖精)が正確にどこにあるかを理解することに関するものである」と述べている。 Radarテクノロジーは、人工知能を使用して、消費者が検索した時に競合他社が提示している価格を自分の価格と比較して航空会社に示し、状況に応じて広告を配信して予約を獲得する。 YieldinCEOであるLaurent Lebardは、これはサプライ側でどれだけ変化したかということでもあると言う。

「そのため、データセットは履歴データだけでなく、よりタイムリーで詳細なデータポイントを含める必要がある。 たとえば、ほとんどの収益管理システムが、残りの在庫を最適化するための基礎として販売されたキャパシティや座席などの内部データのみを使用する場合、彼らは、バッグ、座席割り当て、その他のアンシラリーを含む、販売されたプロダクト(つまり運賃ファミリー)のルックツーブック比率やリアルタイム変換率などのリアルタイムデータポイントを完全に無視している」と言う。 彼は、今後、販売された座席の数ではなく、座席の顧客が誰であるかを知ることを付け加える。 「現在の購入者の人口統計(demographics)とチャネル情報は非常に洞察に満ちており、ウェブサイトまたはオンラインポータルで直接買い物をするという需要から導き出すことができる」と言う。 一方、Migacoreはすでにルフトハンザとシンガポール航空と協力して、リアルタイムの情報源から有意義な洞察を得るのを支援している。 このスタートアップのCEOであるAbheer Kolhatkarは、予測技術とCiriumのサービスを統合することで、「市場がしばらくの間必要としていた新しいモデルを前進させ、航空会社が旅行の意図をより正確に予測できるようになる」と考えている。(3/15 https://bit.ly/3cHQ2im )

 

 

4. VacasaTurnkey買収の意味するところ

Vacasa160回目の買収は大きなものであり、バケーションレンタル部門が業界の将来にとって何を意味するのかについてが話題になっている。 先週、北米の大手バケーションレンタル管理会社の1つであるVacasaは、テキサス州オースティンに本拠を置く不動産管理会社TurnKey Vacation Rentalsの買収を発表した。 契約条件は明らかにされていないが、この取引(株式と現金の組み合わせ)は1か月以内に完了する予定であり、COVID-19パンデミックの中でバケーションレンタルの需要が急増した時期に行われる。 バケーションレンタル業界の特定の分野では、この取引は驚くべきことではなかった。 競争が激化し、企業がパンデミックから立ち直るにつれて、規模を拡大する圧力が強まるにつれて、統合は必ず発生し今後も続くと多くの人が信じている。 しかし非常に分散化された業界にとって、さらなる統合は、この分野の小規模なプレーヤーにとって何を意味するのだろうか。 そしてVacasaにとって、利益を上げるというプレッシャーの下でTurnKeyを買収することは、最終的なIPOのために会社をより良い位置に置くための動きなのか? 以下では、バケーションレンタルの専門家たちから、Vacasa / TurnKeyの取引がセクターおよび旅行業界全体にとって何を意味するかについて聞いた。

 

VTripsの創設者兼CEOSteve Milo

これは、資本が、私が供給市場と呼ぶものに移動し始めていることを再び証明している。 これまでは資本(capital)の大部分が需要/ OTA側にあり、現在は、供給/プロパティマネージャー(supply/property manager)側に投資される資本がますます増えている。 現在、供給よりもはるかに多くの需要があるため、これは業界にとって本当に良いニュースである。 IPOに関しては、彼らの会計が直ぐにIPOに耐えられる形になっているのかどうかは分からない。 SPACの可能性が高い。 一般的に、統合が加速するだろう。 投資家は、不動産管理者のスペースには契約の独占権があり、独占権が業界の収益性の[]であることを理解していると思う。 私は、より多くの資本が不動産管理スペースに流入し、依然として極度に分散化された市場を統合する(roll up)ことを期待している。 Vacasaに投資されたすべての資本はまだ北米市場の5%に過ぎない。 このスペースの多くのプロパティマネージャーは、オペレーション上の問題を解決できるかどうかを確認するためにVacasaを監視していると思う。 Vacasaは資金を調達できることを証明したが、問題は、事業を運営上収益性の高い方法でオペレーションできるかどうかだ。

 

Atlantic Vacation HomesゼネラルマネージャーMichelle Williams

我々が目撃して来たように、バケーションレンタル業界は主要な統合段階にある。 成熟するにつれて、この市場の強さを見るのはエキサイティングだ。  Vacasaのような大企業にとっての今後の課題はほとんどのバケーションレンタル会社には、本質的にゲストと住宅所有者という2つの顧客を満足させる必要があるということだ。 これはどの企業にとっても難しいバランスを取る行為であり、特に満足させる必要のある投資家や株主がますますその方程式の一部になるにつれて、そのダイナミックがそのような規模でどのように機能するかを見るのは興味深い。 Vacasaと直接競争する中小企業にとっての利点は敏捷性である。 ゲストと所有者に高度にパーソナライズされたエクスペリエンスを提供し続けながら、絶えず変化する市場に必要に応じてピボットまたは適応できる人は、引き続き競争の場に存在できる。

 

Rentivo.comの共同創設者兼ディレクター、Richard Vaughton

最初は頭を悩ませる人もいたが、COVIDが手数料のみのビジネスモデルを公開すると、サイズがすべてであり、MAが答えであると信じる買収サメが水中にいるだろう。 優れたテクノロジーに支えられた経済規模では真実であるが、これはオペレーションの活動が含まれ、直接予約(直販)マージンが大きくない場合は、まったく当てはまらない。 Vacasaのようなフルサービスソリューションは、高収益性の拡張が非常に難しいハイパーローカルのクリーニングビジネスのようだ。 新しい目的地への追加はリーチと顧客ベースが拡大するが、VacasaAirbnbのようなブランドではなく、Googleと他のマーケティングチャネルに依存している。 まともなコミッションを指揮し、ゲストとパーソナルに取引するが、所有者が管理するプロパティの割合が高いビジネスは、規模のメリットを見ることができる。 はるかに小さな国にあるが、比較的強いブランド力を持っているSykesCottagesを考えてみて欲しい。 SykesCottagesは、20,000以上のプロパティを持ち、データ駆動型である。 またMarriott Homes and Villasは、オペレーションの活動には関心がなく、流通環境でのトラフィックを促進する大きな垂直ブランドである。

それはどういう意味なのだろうか? 完全に管理された“一般在庫(generic inventory)”スケーリングビジネスは、所有者からのより多くの固定費を活用し、損益計算書を安定させるためにゲストをメンバーシップスキームに結び付ける必要が多分あると思う。 ただし、所有者チャネルにはそれほどのマージンしかない。 これはVacasaが購入し続ける自己管理型または独立したローカルビジネスモデルを提供する在庫チャーン(inventory churn)のレシピである。それはGroundhog Dayだ。 (聖燭節、グラウンドホッグが巣穴から出る時に天気が曇っている場合は、春は早く始まり、天気が晴れている場合は、冬は後6週間続くという米国における天気占い。) 新しいVacasa / TurnKeyの組み合わせモデルがどこに行くのか想像するのも難しいが、より大きな清掃会社を構築してもAirbnbのようにはならない。 おそらくTurnkeyは重要な買収である。 投資家は許容できる所有者マージンで競争できる新しいモデルを探す必要がある。専門の清掃会社目を向ける必要がある。あるいは企業の利益浪費する“現場でのオペレーション”について心配する必要がある。 所有者の関与を維持し、スタッフのオーバーヘッドを削減し、サードパーティの運用を管理するためにデータおよび通信技術に焦点を当てている企業は、健全なブランドを構築し、直接予約(直販)の機会を増やす能力を有する。

 

Sykes Holiday CottagesCEOGraham Donoghue

これはVacasaにとって良い動きであり、バケーションレンタル部門の多くの人にとって驚くことではないことは間違いない。 昨年の莫大なプライベートエクイティ投資とセクターの回復力を考えると、小切手帳が出てくるにつれて、このようなさらなる統合は避けられないだろう。 重要なのは、価値の創造と効率化への道である。 SPACまたは完全なIPOを作成したとしても、最終的には露見されるため継続することはできない。 アナリストは優しく数四半期の猶予を与えてくれるが、次にその売り、売り、売りを迫る傾向がある。 米国の市場の分散化レベルでは助走路は長いが、Vacasaの次の動きが欧州である場合は、欧州市場は大きく異なる。 質の高い買収は、万能型ではなく最高のものを共有する必要がある。

 

C2G Advisors、社長、Jacobie Olin; Olin Realty Groupの共同創設者兼社長:

VacasaによるTurnKeyの買収は、正しく統合されれば、住宅所有者とゲストの両方にとって有益だ。 住宅所有者はさまざまな管理モデルから選択でき、ゲストはより差別化された在庫と幅広い市場に精通できるからだ。 逆に、これらの地域の競合他社は、この買収に喜んでおり住宅所有者への新しいマーケティングアプローチを戦略化している。 また、TurnKeyには、以前はVacasaによって管理されていた住宅所有者がいくらかいる可能性がある。 この買収が、Vacasaを公開する可能性のある一連の動きの最初の動きであるかどうかはまだ分からない。

 

Mateo Bradford、戦略的パートナーシップおよび事業開発、At Ease Rentals Corporation

私の意見は次のとおりである。 できる人がそうする。 それは我々の業界の近い将来となるだろう。 より多くの買収が見られると思う。 一部の企業は非常にうまくいっている — COVID以前には牽引力があった。 それは興味深いものになるだろう、そして私はそれが業界の地元のマネージャーにとってどうなるかは分からない。 結局のところ、それはビジネスの一部でもある。 我々は、我々が誰になりたいのか、そして我々が業界として誰になるのかというこの文化的ジレンマに立ち向かわなければならない。依然としてホスピタリティを素晴らしいものにするものを提供できるのだろうか。 その親しみを感じさせる、そのオーガニックな相互作用を。 我々がより多くの企業や商業になるならば、それが世界の終わりになるとは思わない。 さらに多くの統合が見られるだろう… 業界内でも世代交代があるかもしれない。 たぶん、子供たちがもうそこにいたくないというレガシーの [家族経営の] ビジネスがあるか、人々は退職を考えて売りたいと思っている。 パンデミックが [VacasaTurnKeyの取引] を加速したと確信しているが、彼らはすでにその道を進んでいた。 [Vacasa] 過去の全体的な戦略は買収であった。 彼らだけではない – VTripsにもそのMOがある 彼らは、11のマネジャーを通じている以外に買収を通じて成長する。 業界はしばらくの間そのように傾向を示して来た。 COVIDが人々に与えた機会は、座ってそれについてより戦略的になる能力だったと思う。 それはまた、その反対側の人々に(売却を検討している人々に)、多分私はもうこれをやりたくないかもしれないと言うことを知らせる。 どちらの方法でも、人々が前進するための戦略立案の方法について考えるのを一時停止させたと思う。 その多くは買収による成長だ・・・ そこにはどのような買い手の需要があり、誰が売りに出ているのかを見るのは興味深いだろう。 誰が事業から撤退しようとしているのか、そしてその理由、誰が販売しているのかを聞きたい。 その話には別の側面がある — その考えを私は知りたい・・・ ビジネスの観点から、私は [Vacasaの動き] を尊重する。 それは彼らの洞察力と彼らが賢いビジネスの動きをしていることを示している。 しかし、それは我々の文化について何を言っているのだろうか。 それは業界全体にとってより大きな議論だと思う。 我々は集合体としての存在になる。 ・・・非上場の小規模マネージャーがいなくなることはない。 短期賃貸マネージャーが5人いる場所に行くことは決してないが、ビジネスに参加し市場で競争して繁栄できるようになりたいと考えている地元の小規模マネージャーを支援およびサポートする方法について話し合う必要がある。

 

BookingPalの共同創設者兼CEOであるAlex Aydin

COVID後、ほとんどの企業はスケールを持つことの必要性と利点を認識していると思う。 この統合は非常に理にかなっている。 サイズを活用してOTAから譲歩を得て、マージンを向上させることができる。 これらの2つは、非常によく経営されている企業であり、前進する手ごわいプレーヤーになるだろう。 これにより、IPOまたはSPACを介して上場企業になることができ、追加の買収を継続するための追加の資金が提供されると思う。

 

Vivi Cahyadi HimmelAlto Vita共同創設者兼最高経営責任者(CEO):

パンデミックは、信頼できる品質、安全性とセキュリティに対する長期滞在法人顧客の関心の高まりによって、バケーションレンタルのタイプを有利にしている。 家具付きのアパートのアセットが通常利用できない遠隔地では、バケーションレンタルは、在宅勤務の従業員や家族にとって頼りになるアセットである。 この統合により、デジタルノマドの次世代の才能からの高まる需要をサポートするテクノロジーと専門化に焦点を当てる必要性が高まる。

(3/15 https://bit.ly/3bRwKrj )

 

 

5. 旅行回復を刺激するツーリズム新興企業

イノベーションコンサルタント会社Beta-iPortugal Tourismによって開発された事前加速プログラムであるBeta-Startは、観光業の回復を後押しできるデジタルソリューションで初期段階のスタートアップを支援するために考案された。 そのアイデアは、彼らが彼らのビジネスの構造を改善するのを助けるか、それからビジネスに成長するアイデアを育てることである。 タッチレスソリューション、持続可能なイニシアチブを開発し、観光業と在宅勤務の傾向を結びつける新興企業は、最初のコホートの1つであった。

 

ベータスタートとは何か?

Beta-Start Tourismエディションは、起業家がビジネスをより適切に構築できるように設計された3か月の事前加速プログラムであり、共同イノベーションコンサルタントであるBeta-iが、Turismo de Portugalのサポートとともに開発した。

 

その目的は何か?

このプロジェクトは、観光業界がこれまで以上に新しいビジネスモデル、サービス、デジタル化を必要としている時に始まる。 そのため、新しい現実に適応した将来のパイロットプロジェクトとソリューションの開発を強化するために、Beta-Startが誕生した。 このプログラムは、プレシードまたはシードフェーズでスタートアップを集め、この業界の回復をサポートし、観光旅行のすべてのポイントでのロータッチインタラクションの促進など、今日の最大の課題のいくつかを解決できるデジタルソリューションを提供する。 循環的でグリーンなサービス、観光業を新しいリモートワークモードに統合し、農村地域と地元のプロダクトを宣伝する。

 

どうしてそのアイデアを思いついたのか?

これと同じくらい重要な瞬間に、Beta-iTurismo de Portugalは、パンデミックによって最も影響を受けた業界の1つを支援すると同時に、直接的なソリューションにそれらを後押しすることによってスタートアップエコシステムを支援する市場へ直接影響するソリューションを開発したいと考えた。

この意味で、我々はShift to Start-Tourism Editionを作成した。 これは、アイデアまたはBeta-ShiftBeta-Startなどのスタートアップの成熟段階を考慮して、異なる時間に異なるターゲットオーディエンスに対して行われる2つの連続した加速プログラムで構成されるイニシアチブである。

Beta-Shiftは、ビジネス開発のさまざまな概念について個人や意欲的な起業家をトレーニングするための集中的な3日間のトレーニングプログラムである。Beta-Startは、プレシードまたはシードのスタートアップをサポートし、彼らのビジネスを改善し、成長段階を促進することを目的とした3か月のプレアクセラレーションプログラムである。

これら2つのプログラムを組み合わせることの目標は、すでに加速段階にあるプロジェクトをサポートしながら、新しいスタートアップになることができる新しいアイデアを育成することによって、業界に波及効果を生み出すことを試みることである。

 

これまでのBeta-Startの結果はどうだったか?

17のファイナリストスタートアップを慎重に選んだ後、90日間にわたる3つの集中的なブートキャンプ、24のワークショップ、25人のメンターによる数10のトレーニングセッションに参加し、市場での潜在的なソリューションを検証し、顧客志向のビジネスモデルを設計する方法を学んだ。 一貫性のある市場開拓戦略を構築し、収益とコストのモデルをテストおよび構築し、最後に顧客と投資家向けのプレゼンテーションを構築する。 その後、5つのファイナリストTourism Innovation CenterTurismo de PortugalLC VenturesPortugal VenturesCore Angelsが選ばれ、彼らは潜在的なクライアントとNESTを構成する投資家のグループに彼らのビジネスを紹介した。

その中でもPortuguese Borasurf、サーファーや旅行者は地元のサーフコミュニティを発見し、そのネットワークを拡張することができるプラットフォーム、および育児のすべての物流を確保し、リモートで作業しながら、親が子供と一緒に旅行するために設計されたプログラムであるFamily Workationがある。

ファイナリストには、旅行者が携帯電話でスワイプするだけで意思決定を行えるように支援するドイツのItinderary、デジタルサービスを通じて旅行者と旅行ガイド/ブロガーの間の新しい形のコミュニケーションを提供するイスラエルのPinstepsも選ばれた。 そして優勝者は、共有機器によるパンデミック時の伝染のリスクが軽減される、観光客が携帯電話やヘッドセットを介して音声ガイドをたどることができるアプリケーションを開発したスペインのDisVoizeとなった。

 

次のステップは何か?

選ばれた5つの新興企業は、観光産業の回復を支援し現在の課題を克服するために市場での事業を開始または拡大する。 一部の新興企業は、ポルトガル政府観光局などのパートナーとも連絡を取り、ポルトガルで実施するための潜在的なパイロットを設計している。

 

Beta-Startの実行経験から何を学んだか?

観光業のように非常に分散された市場でイノベーションすることは非常に困難であり、実装することはさらに困難だ。 それにもかかわらず、観光セクターの起業家は強い回復力を示し(おそらくこのセクター固有の自然な季節性のために)、スタートアップとパートナーの両方のすべてのプレーヤーは、パンデミックが終わった後の迅速な回復の大きな希望を示している。 そして、その希望は、時が来たときに準備ができるように、新しいものを構築してテストするように彼らを駆り立てている。(3/16 https://bit.ly/2NsuNZa )

 

 

6. エアビー決算が教える旅行者行動の変化

前年比で22%の収益の減少を発表している会社は、通常、祝うものではない。

しかし、パンデミックが旅行業界に打撃を与えた時、Airbnbの上場後の最初の収益結果は非常に良いニュースであった。 またこれは、2008年の立ち上げ時にホスピタリティを混乱させた会社の回復力と、ビジネスやレジャーの旅行者にとって代替宿泊施設の魅力が高まっていることの表れでもある。 確かに、Airbnbはパンデミックを乗り越えていない。 この宿泊市場では、昨年春に収益が70%以上急落し、仕事、給与、予算を削減する必要があった。 しかし、従来のホテルと比較すれば、過去1年間は順調に推移しており、より急速に回復している。 2020年後半のIPO後、Airbnbの市場価値は1,200億ドルに上り、Marriott International, Hilton Hotels & Resorts, Hyatt Hotels and InterContinental Hotels Groupを合わせたものよりも価値が高くなっている。 旅行者が再び旅行の計画を立て始めたら、Airbnbの人気を後押ししているトレンドと、2021年以降のビジネスやレジャー旅行にとってそれらが何を意味するのかを見る良い機会である。

 

パンデミック時のより安全な選択

A safer choice during the pandemic

危機は消費者を有名なブランドと信頼できる基準に引き戻す傾向があるため、パンデミックが旅行業界に与える壊滅的な影響は、ホテルよりもさらに大きな打撃をAirbnbに与えると予想されていたかもしれない。 昨年は逆のことが起こり、いくつかの要因が集まって、人々はホテルよりも別の選択肢を選択するようになった。 誰かの家や専門的に管理されたアパートを借りることは、通常、消費者の支出を節約する。これは、経済が不確実な時期にはさらに魅力的である。 空の旅の安全性と世界中の国々が他の場所からの旅行者を禁止することへの恐れの中で、行楽客は家の近くにとどまった。 パンデミックが発生する前は、国内旅行がAirbnbのビジネスの約52%を占めていた。 現在、約80%を占めており、国内旅行が会社の成長の大きな推進力となっている。 人々は社会的距離を奨励され、旅行者は他のゲストと廊下、エレベーター、ロビーを共有するよりもアパートや家を借りることを好んだ。 言うまでもなく、ホテルは、ほとんど完全に自律的で潜在的な相互作用が少ないバケーションレンタルと比較して、部屋間を移動してすべてのゲストと相互作用する人員の数が多くなる。 ホテルはまた、レストランやバーなどの求められている設備が閉鎖された時に競争力の一部を失い、個人的なサービスは非接触型のやり取りよりも望ましくなくなった。

Airbnbの旅行者にとって、Uber EatsPostmatesなどの配達サービスにより、ルームサービスの代替が簡単になった。 外出中に家にいるというアイデアは、常にAirbnbのセールスポイントであり、パンデミックの際に特に魅力的であった。 ユニット内にキッチンまたは簡易キッチンがあることは、レストランが閉まっている時や店の定員を少なくしている時にさらに価値がある。 キッチンや簡易キッチン付きのユニットは40%高い料金で借すことができる。 最後に、在宅勤務の増加により、人々は居間からだけでなくビーチでのレンタルからも柔軟に仕事をすることができるようになった。 これが、予約(宿泊)の平均が3日から6日に長期化し、この傾向が続く可能性が高い理由の1つである。

 

2021年のリバウンド

The 2021 rebound

消費者は再び旅行することを熱望しているが、大多数は彼らの安全を心配し続けている。 American Hotel and Lodging Association2021年の業界レポートによると、1月の時点でホテルに快適に滞在できると答えたのはアメリカ人の約34%に過ぎない。 同時に、出張はレジャー旅行よりもゆっくりと回復すると予想されている。 少なくとも2021年までの会議や全社的な会議などの対面イベントのキャンセルは、ホテルに悪影響を及ぼし続けるだろう。 米国では、202011月の時点でホテルの稼働率は40%という悲惨なものであった。 ホテルのデータプロバイダーであるSTRによると、220日の週までに48%に増加した。 これらの数値がどれだけ速く上昇するかは、ワクチンの展開速度に大きく依存する。 AHLAの調査に回答した人の約20%は、アメリカ人の大多数が予防接種を受けるまで、ホテルに快適に滞在することはできないと述べている。 それがいつ起こるかは誰も言えず、不確実性のためにホテルの稼働率が完全に回復するのを妨げる可能性がある。 AHLAによると、パンデミック前のレベルに戻ることは2024年まで期待されていない。 これは、より多くの損失に備え続けるのではなく、パンデミック後の世界に取り残されないように、変化を受け入れることで現代の旅行者に適応する機会である。

 

代替案への長期的な移行

The long-term shift to alternatives

パンデミックが発生する前は、AirbnbVRBOJurnyなどの代替宿泊施設の人気が高まっていた。 昨年はシフトを加速させただけだ。 2019年には代替レンタルが業界の約12%を占め、約20%に達すると予想されている。 消費者の価値観とライフスタイルは、多くの旅行者にとって代替オプションをより魅力的にする方法で変化している。 人々は、市場を通じて宿泊施設を借りるというアイデアと、最小限の接触で便利に借りることができるテクノロジーに慣れて来た。 多くの人がプライバシーと独立性を求めており、サービスにはあまり関心がない。 もちろん、代替オプションに通常関連する低価格は引き続き重要である。 アメリカ人の働き方の変化は、パンデミック後もリモートワークとハイブリッドワークが続くと多くの人が予測しており、これはAirbnbがさらにレジャー市場に参入する機会であり、ビジネス旅行者は旅行に休暇を追加したり、家族を連れて来たりする。 今後数年間の代替の成功の鍵は、宿泊施設が安全で清潔であることを消費者に保証しながら、これらの利点を提供し続けることである。 非接触チェックインとチェックアウト、およびモバイルテクノロジーを使用してゲストと通信するホストには利点がある。 休暇や出張のために伝統的なホテルを予約することを好む旅行者は常にいるが、Airbnbが、その巨大な市場シェアと豊富な資金で、代替オプションを完全に主流にする方法をリードすることを期待する。 筆者:Jurny CEO Luca Zambello

(3/16 https://bit.ly/3eOENqH )

 

 

7. 上場電子旅行ブランドの変遷

一部の国で封鎖制限が緩和されたため、第3四半期に旅行ブランドの活動が最初に急増したが、2020年は多くの企業にとって低調な結果で終わった。

 

以前のチャートが示したように、このセクターの上場企業の一部は、第3四半期に収益が回復する初期の兆候について話した。 これは、2020年の第2四半期に発生した最も劇的なヒットに続いた。この期間は、オンラインおよび旅行テクノロジーセクターの歴史の中で最も残酷な時期であった。 第4四半期は、伝統的に旅行部門での予約が静かな期間であるが、これは、ヨーロッパのいくつかの主要市場で旅行制限がもう一度課されたのと同時に起きた。 旅行活動は、他の市場では目立ったレベルまで再開しなかった。 PhocusWireは、201911月に数10年前にさかのぼるデジタル旅行会社の四半期収益の見える化を最初に作成した。 チャートは1995年に始まる。

国際市場のいくつかの企業は、半年ベースでのみ収益を報告している。 つまり、チャート上の収益数は年に2回しか変化しない。 HostelworldOnTheBeachTravelzooなどの他の企業はまだ決算を報告していない。 外貨は、当時の為替レートを使用して米ドルに換算された。(3/16 https://bit.ly/2NsFXx2 )

 

 

8. 旅行ブランドのアップル・アプリクリップ利用

旅行会社は、“コロナウイルス”という言葉を聞くずっと前から、旅行者の旅を摩擦のないものにする方法を検討して来た。 しかし、業界のすべてのセクターで、旅行ブランドが進化する旅行者の期待に適応するにつれて、非接触型ソリューションは「持っていたら良いもの(nice-to-have)」から「必要なもの(need-to-have)」に変わった。 旅行プロバイダーが自由に使える新しいソリューションの1つがAppleApp Clipだ。 これにより、ユーザーは、アプリケーションを完全にダウンロードしなくても、ブランドのアプリのごく一部を体験できる。 AppleiOS14の一部としてリリースされたApp Clipsは、その瞬間に使用されるように設計されており(たとえば、食べ物を注文するため)、ユーザーはタスク全体またはトランザクションを数秒で完了できる。 ユーザーは、SafariMapsMessagesを介して、または現実の世界でNFCタグ、QRコード、またはApp Clip Codeを介してApp Clipsを検出する。 これらは、ユーザーを特定のApp Clipに誘導するユニークなマーカーである。 たとえば、ユーザーがツアーのQRコードをスキャンすると、App Clipがポップアップ表示され、Apple Payを介してエクスペリエンスの料金をすぐに支払うことができる。 トランザクションが完了すると、App Clipが消えるか、ブランドがユーザーにアプリ全体をダウンロードする機会を提供できる。

「パンデミックの時代は、アプリのオーバーロード、プライバシーの透明性、インスタント/ゼロタッチエクスペリエンスなど、すでに上昇しているトレンドを加速させている」、「App Clipsは、これらのトレンドのタイミングの良い集大成である」と、マーケティング分析プラットフォームAppsFlyerのプロダクトマネージャーであるTal Ravivは述べる。

Ravivは、旅行ブランドがApp Clipsについて考える良い方法は、次のように尋ねることだと言う。 モバイルウェブに大きく依存しているのはどこか?

App Clipsは、モバイルWebのアベイラビリティとネイティブiOSアプリエクスペリエンスの豊富さを兼ね備えている。 そのように考えると、それはそんなに旅行の分野ではなく、よりコンテキストとユースケースについての意味合いが多くなる。 ブランドは、ネイティブモバイルエクスペリエンスを輝かせる絶好の機会を提供するクイックバリューの瞬間を検討する必要がある。 これは、モバイルWebが提供できるものをはるかに上回る」、「旅行はApp Clipsにとって理想的なコンテキストである。 利用できる豊富なモバイルエクスペリエンスが非常に多いからだ。 一方、多くの価値は、メッセージングアプリやファイナンスアプリのように、人々の長期的なルーチンにうまく適合しない。 App Clipは、この価値をアプリのダウンロードの背後にとどまることから解放し、旅行者が完全なアプリから得られる価値の一部を即座に得ることを可能にする」と彼は言う。 旅行での現在の使用は比較的初期段階であるが、いくつかのブランドは、旅行者に摩擦のない体験を提供し、顧客エンゲージメントを高める方法としてApp Clipsを導入している。

 

KKday

2月、旅行eコマースプラットフォームKKdayは、中華圏で初めてApp Clipエクスペリエンスを導入した観光事業者になった。 KKdayApp Clipを使用すると、台北児童アミューズメントパーク、マオコンゴンドラ、台北アリーナアイスランドなどのアトラクションを訪れる台北の旅行者は、iPhoneApp Clip Codeをスキャンして、すばやくシームレスにチケットを購入できる。

チケットの購入が完了すると、訪問者はすぐに電子バウチャーのQRコードを受け取り、携帯電話を使用して入り口でバウチャーを検証することで会場に入ることができる。 KKdayCFOであるVictor Tsengは、KKdayのユーザーの50%以上がKKdayのアプリを使用しているが、Webブラウザーまたはその他の方法で予約しているユーザーのサブセットがまだ存在すると述べている。

「我々を発見していない新しいユーザーがたくさんいる」、「App Clipは、KKdayがより摩擦のない方法でデジタル化したこれらのプロダクトを発見できるようにするために、この種のユーザーを補足するものである」と彼は言う。

Tsengは続けて、「App Clipsは、ユーザーが完全なアプリをインストールするためにモバイルで時間とスペースを費やす必要なしに、COVID時代に重要な“ホリスティック(総合的)でタッチレスなエクスペリエンス”の作成を支援する。 それは非常に摩擦がなく、非常にデジタル化されており、COVIDと社会的距離に照らして非常に適している」と言う。 KKdayはまた、台北メトロと提携して、台北子供アミューズメントパーク、猫空(Maokong)ロープウェイ、台北アリーナアイスランドでの体験をApple Payを通じてVisaカードで支払う消費者にNT $ 50の割引を提供している。 Tsengによると、リリースから1か月後、App Clipsは“かなり良い”牽引力を発揮しており、KKdayは台北のより多くのベンダーと協力してソリューションを実装する予定である。

 

シーザーズエンターテインメント

Caesars Entertainment

ラスベガスのCaesars Entertainmentは、アップルのApp Clipソリューションを利用したStripで最初のホスピタリティ企業である。 デジタル体験会社Bottle Rocketによって開発されたCaesarsApp Clipを使用すると、オンサイトのゲストはCaesars Rewardsモバイルアプリをダウンロードしなくても、ホテルの部屋を見つけてレストランの予約をすることができる。 App Clipは、CaesarsのエンゲージメントパートナーであるAirshipからのプッシュ通知も活用する。 2020年にリリースされたApp Clipsには、QRコード、NFCタッチポイント、またはCaesarsブランドコミュニケーション内のリンクからアクセスできる。 現在、Caesarsのすべてのリゾートで、Caesarsの宿泊施設で自分の部屋や興味のある場所を見つけるためのステップバイステップの手順を提供するFind My Room App Clipが利用可能であり、Book Restaurant App Clipがいくつかのプロパティでリリースされた。

Caesars EntertainmentApp Clipsは、完全なアプリをインストールしなくてもゲストがすばやく便利に使用できるCaesars Rewardsモバイルアプリの2つの主要な機能を強調している」、「アプリ以外のユーザーの場合、これらのApp Clipを使用すると、ゲストはCaesars Rewardsモバイルアプリの便利な機能のいくつかを見つけることができるため、後でアプリ全体をダウンロードすることができる。 現在のアプリユーザーの場合、Book Restaurant App Clipを使用する時に、ゲストが情報を入力する手順をいくつか節約できる」とCaesars EntertainmentのモバイルおよびデジタルイノベーションのディレクターであるTerry Chiは述べている。 Chiは、マーケティングの観点から、App Clipソリューションを最初に市場に投入する際の障害は、多くの人がApp Clipが何であるかまたは何をするのかを完全に理解していないことだと言う。 「大衆に採用されるには時間と教育が必要である」と彼は言う。 とはいえ、これまでのところ、CaesarsApp Clipsとのエンゲージメントは“すべての期待を上回っている”。

 

Expedia Group

オンライン旅行代理店もApp Clipsを試している。 9月、Expedia Group所有するHotwire.comは、評価やユーザーがApple Payを介してワンタップで予約する方法などのホテル情報を提供するApp Clipをリリースした。

App Clipは、新しいHotwire取引ウィジェットとともに、2週間前の表示料金と比較して、顧客が直前の宿泊予約を平均52%節約するのに役立つ。 Expedia Groupは立ち上げの初期段階にあるが、同社によればこの経験は前向きであり、顧客のフィードバックにアプリを適応させ続けている。 「初期の兆候は、Hotwireの顧客が私たちのアプリを使用する時に、より多くの再エンゲージメントを示すことを示している。 アプリユーザーのロイヤルティは高く、ユーザーはレビューやモバイルのみの取引など、アプリ固有の機能をさらに探求したいと考えている」、「我々は、顧客がApp Clipでアプリのエクスペリエンスを味わうのに役立つ何かを作成して、モバイルWebからアプリに移行してこれらのメリットを享受できるようにしたかったのだ」と同社は声明で述べている。

最終的に、AppsFlyerRavivは、ブランドのアプリが価値を提供できる状況を劇的に拡大する“インストールの障壁”を下げることがすべてだと言う。

「これにより、ダウンストリームでのアプリのフルインストールが確実に増えるが、根本的な目標はエンゲージメントと価値である。 App Clipを慎重に活用しているブランドは、App Clipで行われる場合でも、アプリ全体で行われる場合でも、エンゲージメントと価値を高める機会がたくさんある」とRavivは言う。(3/16 https://bit.ly/3qPQ38V )

 

 

9. フォーカスライト創立者Philip Wolfが急逝

Phocuswrightの創設者であるPhilip Wolfが、本日、亡くなった。彼は64歳であった。 1980年代後半からオンライン旅行のチャンピオンであるWolfは、1994年にインターネット旅行調査機関であるPhocuswrightを立ち上げた。

デューク大学で公共政策学の学士号を取得し、ヴァンダービルト大学でMBAを取得した後、ニューヨーク証券取引所の小売業者のCEOのアシスタントとして経験を積み、ランプ製造事業に従事した後、1989年に旅行業界に参入した。 小さな代理店Travelmationの責任者となり、その後CEOとして、旅行、観光、ホスピタリティで名を馳せた。 戦略的変化と市場動向について何十年にもわたって分析、精査、意見を述べた後、彼はトレードマークのキャッチフレーズ「政治的に正しいのではなく、戦略的に正しい」に基づいてブランドを構築した。 彼が創立した会社は現在、旅行、観光、ホスピタリティインテリジェンスの最高の情報源である。 今日のほぼすべての業界の売り込みとプレゼンテーションには、“出典:Phocuswright”と刻印されたスライドが含まれている。 Phocuswright Conferenceの設計者であるWolfは、多くの業界エリートと11で舞台に立っている。 真実に対する彼の徹底的な忍耐力(そして本当の答えなしに手放さないこと)は、聴衆を騒がせ続けていた。 2011年にPhocuswrightを売却した後、Wolfは幹部職を引退し、メンターおよび数多くの企業のボードディレクターとしての旅に乗り出した。 彼は、インドのMakeMyTripを含む4大陸の25以上の民間企業および上場企業の独立取締役を務め、HopperTrustYouBlacklanebd4TravelSmarToursMobi Systemsの取締役、およびDataArtHudson, CrossingdnataITBRedDoorzRateGainVidecArivalVertoeの取締役顧問を務めた。 「Philipは我々の創設者以上のものであった。 彼はPhocuswrightのガイドライトであった」、「オンライン旅行と旅行テクノロジーのレジェンドでありパイオニアである彼は、業界の多くの人々に触れた。 彼は彼の知識と専門知識を自由に与えた、そして我々は皆彼の喪失で悲嘆に暮れている」とPhocuswrightのマネージングディレクターであるPete Comeauは述べている。

Northstar Travel Groupの会長兼CEOであるTom Kempは、「Philipは、旅行業界の真の先見の明であり、旅行技術革命の要であり、Phocuswrightの創設者でありリーダーでもあった」と述べる。 Northstar Travel Groupの社長であるBob Sullivanは、「Philipは、PhocuswrightNorthstarの家族の不可欠な一員であった。 我々は皆心が痛む」と述べている。(3/16 https://bit.ly/3s1MGgn )

 

 

10. EmburseRoadmapDvi買収

経費管理および買掛金自動化ソリューションのプロバイダーであるEmburseは、ポートフォリオにさらに2社を追加している。 Emburseは、モバイルビジネスの旅行技術開発者であるオランダのスタートアップRoadmapと、旅行データのスペシャリストであるバージニアを拠点とするDVIData Visualization Intelligence)を、条件が明らかにされていない個別の取引で買収している。 「我々は、COVID後、出張で大きな利益が得られると確信している。 COVIDがヒットした時、旅行が再開されると以前とは非常に異なる形になることに早くから気づいた。 これは、顧客との話し合いによって強化された」、「旅行データと洞察、従業員の旅行者の経験、注意義務、従業員の経験、持続可能性、旅行の価値の実証などの分野により重点が置かれるだろう。 RoadmapDVIの買収により、これらの機能をさらに効果的に提供できるようになる」と、EmburseCEOであるEric Friedrichsenは述べている。CertifyChrome Riverの合併から数か月後の20197月、新会社はEmburseを買収した。 その後20201月に、合併後の会社はEmburseという名前にブランド名を変更した。 CertifyChrome Riverに加えて、AbacusCaptioNexoniaTallieのプロダクトとサービスが含まれ、両社のすべての従業員がRoadmapDVIが追加された。 Emburseによると、企業顧客は16,000人で、120か国以上に900万人のユーザーがいる。 Emburseによると、Roadmapのシンプルなユーザーインターフェイスにより、企業のクライアントは従業員に“直感的なエクスペリエンス”を提供し、出張費を企業ポリシーの範囲内に収めることができる。 旅行中、ユーザーはアプリを介して、雇用主がブランド化したフライトの最新情報、目的地のヒント、安全に関するリマインダーを受け取る。 「Roadmapをソリューションスイートに組み込むことで、顧客は、従業員に力を与え、ポリシーと価値観を反映した、消費者のようなモダンな旅行体験を従業員に提供できる」とFriedrichsenは言う。

Roadmap2015年に設立され、2018年にシリーズAの資金調達で460万ドルを調達した。 Emburseは、DVIのテクノロジーを使用して、クライアントがあらゆるタイプの旅行費を分析し、あらゆるチャネルを通じて予約し、COVIDデータに関して目的地を監視できると述べている。 「DVIを追加してプラットフォーム機能を構築できることに興奮している。 これにより、さらに高度なデータ分析を顧客に提供できるようになり、ビジネス旅行者とそれをサポートする財務チームにとって重要性が増し続けている」、「世界中の組織が出張の増加に戻るにつれ、従業員の安全とコスト管理は引き続き重要な問題になる。 組織が景気後退から抜け出すためには、支出パターンをきめ細かく可視化し、無駄な支出や非効率的な支出のポケットを特定し、ポリシー違反のトランザクションを最小限に抑えることが不可欠である」とFriedrichsenは言う。 DVI2017年に設立された。 Emburseは、既存のスタンドアロンソリューションでDVIRoadmapの顧客を引き続きサポートすると同時に、Emburseプラットフォームにテクノロジーを組み込むと述べている。(3/16 https://bit.ly/3bUII3q )

 

 

11. 飾り気のない性格、Philip Wolfを悼む

旅行、観光、ホスピタリティ業界では、Philip Wolfと彼がPhocuswrightで作ったものの影響を感じていない人はほとんどいない。 彼の家族、友人、同僚など、彼を個人的に知っている人たちがいる。 後者の多くは、彼が今日の研究とイベントのパワーハウスにビジネスを組み込んだ時に育て、インスピレーションを与えた人たちである。 そして、2011年にPhocuswrightを辞めた後、彼が参加した多数の会社の取締役会で調査を行ったり、最終的に一緒に働いたりした時に、彼がステージでインタビューした業界の人々がいる。 最後に、彼の作品やアイデアについて間接的に触れた人たちが大勢存在するが、彼らはおそらくそれを認識することさえない。 彼らは、彼の名前すら知らないだろう。 それは、出しゃばらないリーダーやビジョナリーができることである。 短い病気の後の週の彼の死は、業界の隅々から感動的で魅力的な賛辞の溢れをもたらした。 彼の死は非常に多くの人にとって大きなショックであり(彼は先週ITBトレードショーのために旅行CEOにインタビューしていた)、彼らは彼がどれほど影響力を持っていたかを知っているので嘆き悲しんだ。 彼のキャリアには、参加者を結びつけ、刺激し、しばしば驚かせるほどの世界クラスの会議の創設など、多くの人が指摘する一連の極めて重要な機会があった。 そして、旅行業界を色々な切り口で業界の調査を行う方法を理解した、非常に賢いアナリストの集団を集めた。 しかし、おそらく彼の永続的な遺産は、1990年代後半に急成長しているオンライン旅行セクターにスポットライトを当て、それを会議や調査を通じて、より広い旅行、観光、ホスピタリティ業界の変化の継続的な推進力として位置付けるという彼の情熱にある。 彼は、デジタル旅行経済の初期段階から主流の一部になるまでの責任を主導するだけでなく、それがどのように発展するかについての新しい考え方を聞き、反映し、確立することができた。 オンライン旅行が市場での地位にかなり快適に落ち着いたように、間違いなく最良の例は2006年に来た。 彼は、その栄光に甘んじるのではなく、Web 2.0の爆発的な発展の中で、このセクターが“エスタブリッシュメントに立ち向かう”準備ができているかどうかを尋ねた。 こうして、Travel2.0が誕生した。

その用語(パーソナライズ、ソーシャルトラベル、リアルタイムで動的な価格設定とエンゲージメント、ブラウザの先を見据えた、次世代の流通など)に関する原則は、彼の有名な会議のモノローグで提唱された。 これらの要素を伝達する彼の能力、そしてさらに重要なことに、人々がそれを好むかどうかにかかわらず、オンライン旅行の開発におけるそのような記念碑的な次のステップが来た理由を主張し、何年にもわたって議論し、アイデアを考え、立ち上げ(プロダクトとスタートアップの両方)の基礎を築いた。 たとえば、彼が彼の経験やヒントを共有して助けてくれる前に、彼がよく話を聞いてくれたことを思い出すスタートアップは無数存在する。  恐ろしくて容赦のないインタビュアーとしての評判にもかかわらず(これは良いことである)、彼は公正であり、何十年にもわたっていくつかの思い出に残る瞬間を生み出すためにオーディエンスとインタビューを受ける人の両方を演じる方法を知っていることにも狡猾であった。

しかし、その時々のタフな外観の背後で、最終的に彼は非常に単純な使命を持っていた。 知識とアイデアを共有し、業界を導くことである。 彼が特定した、またはPhocuswrightが生み出した、実現しなかったトレンドやアイデアを見つけるのは困難だ。 今週の賛辞の多くが、業界への影響と並んで注目しているのは、彼の精神と寛大さの温かさである。 Philipは自分自身の研鑽と会社のプロ意識の徹底を信じられないほど真剣に行ったが、彼はいつも彼の顔にいたずらな笑みを浮かべて、常に物語を語りながらそれを実行した。 多くの人は、いつも小生意気なきらめきを目にして、或る会社のCEOと対峙する準備をしている時に、“後でインタビューする時に、このちょっとした厳しい情報を取り上げる”と言うことがよくあったことを思い出す。 そしてその後、両者とも舞台裏やカクテルパーティーで笑って、彼と一緒に会社を設立した素晴らしい妻のCarol Hutzelmanも一緒に入って笑い合うことがよくあった。 彼のその寛大さは大いに尊重された。 コネチカット州シャーマン、または後にマサチューセッツ州のケープコッドにある自宅に招待された人は、彼が客を楽しませ、新しいアイデアについて伝道し、ちょっとした情報の詳細を思い出し、周りの人が冗談を言い合い、次の大きな計画やクレイジーな計画について議論したり、思いついたりするのを見て微笑んで聞いていたことを思い出す。 今週、Phocuswright家はとても悲しい家族となった。 しかし、Philipが我々にあまりにも長い間嘆き悲しむことを望まないことは誰もが知っている  — Phocuswrightでの彼の時間に頻繁に語られていた有名なフレーズを変更し、新たなPhocuswrightのページを開くためにする沢山の仕事が待っている。 Philip安らかに眠れ。(3/17 https://bit.ly/30VpEvU)

 

 

12. トラベルズー、2020年収入半減

特別販売(deal)とメタサーチブランドのTravelzooは、2020年に前年と比較して収益の約半分を失った。 今週発表された同社の2020年の決算は、2019年の1500万ドルから12か月後のパンデミックの打撃で5,300万ドルに減少した。 コロナウイルスによる旅行制限が会社全体の事業に打撃を与えたため、2020年の営業利益は1,800万ドルであったが、昨年は230万ドルの損失に切り替わった。 2020年の最終四半期に同社にとって最も大きな打撃を受けたのはヨーロッパ事業であり、売上高は前年比71%減の270万ドルであった。 北米では、同期間に収益が45%減少して890万ドルになった。 Travelzoo20201月に60%の株式を取得したJack's Flight Clubは、2020年の第4四半期に100万ドル弱の収益を生み出した。 2020年、Travelzooは、シンガポールと日本の事業を、それぞれJulian RembrandtHajime Suzukiへのライセンスプログラムにオフロードした。 グローバルCEOHolger Bartelは、次のように述べている。 「当社のビジネスは継続的に改善されている。 旅行会社からの魅力的な価格の取引が見られる。 Travelzooは、最も信頼できるメディアブランドの発行および推奨取引として、メンバーに最高の取引をもたらしている。 「20213月、Travelzooサイトとアプリでのユーザーセッションで測定した場合、20203月以降、米国のTravelzooメンバーから最も強い活動が見られた。」(3/18 https://bit.ly/38VKe3x )

 

 

13. 私の足跡ep55: S. Domin, Duffel

Duffel2017年に登場して以来、かなりの話題を呼んでいる。 これは、次世代の航空会社の流通プラットフォームを構築する初期段階で“ステルス”を維持しようとする戦略によるものであった。 それは最終的にかなりの投資ラウンド(それ以来5,600万ドル以上の資本を調達した)とアメリカン航空やブリティッシュエアウェイズを含む多くの重要なパートナーと共に世間の注目を集めた。 Steve Dominと創設チームは、静かな期間(the quiet period)を利用して、航空券の発券と小売りの複雑な世界について多くを学んだ。 これは、以前の試みが何十年もかかって開発したプロセスのオーバーホールに失敗した理由について、多くの会話と頭を悩ませるプロセスであった。 DominHow I Got Hereのポッドキャストの最新ゲストとして参加する。(3/18 https://bit.ly/3r2nOE3 )

 

 

14. パンデミックが影響する旅行消費

旅行会社は業界の回復に目を向けており、パンデミックによって引き起こされた消費者行動が長期的に続く可能性があることにも注目している。 市場調査会社のEuromonitorは最近、旅行業界にいくつかの手がかりを提供するTop 10 Global Consumer Trends 2021を発表した。 このレポートは、消費者の行動がどのように進化しているかの一般的な概要であるが、旅行会社が消費者を呼び戻すために手を差し伸べる際には、確かに多くの要素が関連している。

以下では、いくつかのトレンドについて説明し、旅行でどのように機能するかについて説明する。

 

立ち上がる

Taking a stand

昨年、ブランドはBlack Lives Matterや環境などの社会問題においてこれまでにない立場をとることが期待されており、より広い責任を示している。

消費者は確かに注目しており、Euromonitorは、政治システムに対する反発を説明する“落ち着きがなく反抗的 (restless and rebellious)”な傾向を作り出していると報告するが、旅行ブランドも注意する必要がある。

最近のCAPA Liveイベントで、オーストラリアのメルボーン大学の消費者心理学者であるBrent Cokerは、消費者の66%、特にミレニアル世代が、社会問題に対するブランドの立場に基づいて購入を決定する方法について「消費者は、環境条件にどのように影響を与えているかという観点から、ブランドを非難したり、ブランドに目を向けたりするようになっている。 だから、今、非難の的に立たされているのは政府だけではない」と話した 大きな政府の救済の恩恵を受けた航空会社などのブランドが財政的責任を示し、顧客に共感を示す方法に対する消費者の反応においても、落ち着きのない(restless)傾向が前面に出てくる可能性がある 米国の航空会社に対する数十億ドルの救済の恩恵を受けている株主については、すでに質問が寄せられている。

 

基礎を揺るがす

Shaking the foundations

パンデミックはメンタルヘルスとウェルビーイングにスポットライトを当て、多くの消費者にワークライフバランスの調査を余儀なくさせた。 “揺れ動いた(shaken and stirred)”傾向は、パンデミックの過程で消費者がどのように回復力を示したか、そして今後の優先順位がどのように異なるかを物語っている。

たとえば、出張がパンデミック前のレベルに回復するかどうかが検討されており、一部の航空会社の幹部は完全なリバウンドを期待しているが、旅行管理コミュニティはすでに旅行者のケアと福祉にさらに重点を置いている。 他の人は、Zoomや他のオンラインコラボレーションツールが引き続き大きな役割を果たしているという側面に傾いている。 独立した旅行コンサルタントで元クルーズセールスディレクターのDenella Ri'chardは、Zoomが定着し人々はホテルのポイントやエアマイルよりも家族の時間を大切にしていると言う。 「私は企業の世界の何人かの友人と話をしたが、彼らの大多数は、Zoomを介して開催できる(リアルの)会議のために、家の快適さと健康の安全を危険にさらす準備ができていない。 長く引き延ばされた退屈な対面会議で目を覚まし続ける手間をかけずに、Zoom会議が対面会議よりも効率的かつ効果的になったことを報告する人が増えている」と言う。 彼女は、最近のZoomミーティングにより、見本市で直接会うよりも多くの人々と交流できるようになったと付け加える。

 

支出パターン

Spending Patterns

消費者は2020年の大半にわたって家にいたため、多くの人が支出を節約することができ、これがレジャー旅行の需要の増加につながると考える人もいる。

最近のヒルトンの決算発表で、ヒルトンの社長兼最高経営責任者であるChris Nassettaは、米国の個人貯蓄率は2020年にはほぼ2倍の2.9兆ドルに達したと述べた。 Ri’chardはまた、節約が旅行業界に利益をもたらすと考えている。 「彼らは自分の口座をチェックしていて、通常は外食に費やされていたであろう余分な50ドルを持っていることに驚いている。 その節約は、旅行の需要を埋めることに相当する。 航空会社、ホテル、クルーズ船は、数か月間見られなかった予約の急増を経験している。 人々は旅行に行く準備ができている! 彼らは自分たちの生活を再評価している。 彼らは2020年にあまりにも多くの問題を経験し、外に出て生きる準備ができている」と彼は言う。 ただし、過去の世界的なイベントと同様に、消費者は価値を意識する可能性がある。

このトレンドを「思慮深い倹約家」と呼ぶEuromonitorは、企業が後払いサービスで対応していると述べている。 パンデミックの前に旅行業界ですでに目に見えていたそのようなサービスの多くは定着した。 たとえば、Fly Now Pay Later柔軟な支払いオプションに3,500万ポンドの資金提供を発表し、最近では、Upliftがサービスに6,800万ドルのクレジットラインを発表した。 また、1月には、別の後払いサービスであるAffirmが公開市場でデビューし株価は当初の公開価格と比較して100%上昇した。 BidroomeDreamsCitizenM、そして現在のTripadvisorなどの企業からのサブスクリプションサービスも好調である。 これらの種類のサービスは、旅行に必死であり貯蓄がないような消費者に歓迎されるだろう。

 

ハイブリッドワールド

Hybrid World

多くが定着していると信じている継続的なバーチャルツアーやエクスペリエンスの傾向はまた、リアルな旅行よりも、消費者のポケット(予算)に優しくなる。 Amazonなどの企業がこの分野に参入し、ライブストリーミング技術の人気が高まっていることも、この傾向を後押しするのに役立つ可能性がある。 ホテルはまた、対面サービスとデジタルサービスを組み合わせた物理的な世界にすばやく適応した。 Accorは、50%の株式を保有するWojoとのパートナーシップを通じて、ホテルにワークスペースを作成した。 また、Hotel Officeを立ち上げ、在宅勤務とホテルサービスへのアクセスを組み合わせた代替手段を勤労者に提供している。

 

旅行を保留するさらなるトレンド

Further trends taking hold travel

·      清潔さと衛生は旅行でより明白なものであり、これは、業界のすべてのセグメントが新しい衛生プロトコル、タッチレステクノロジーソリューション、社会的距離測定の導入を通じてパンデミックの初期に対処した傾向である。

·      Euromonitorが言っている“時間で遊ぶ(playing with time)” 傾向は、旅行にも影響を与えておりデジタル遊牧民(digital nomads)や出張とレジャー旅行を組み合わせようとする旅行者の増加を示しているとAirbnbを含む多くの企業が指摘している。

·      しばらくの間、より良い再建(Bild Back Better = BBB)が多くの人の口に出て来た。 これは、2019年にハリー王子が立ち上げた持続可能な旅行イニシアチブであるTravalystの重要なメッセージの1つであり、多くのトップ旅行ブランドがこれに参加している。 業界には環境に悪影響を与える慣行をなくす機会があるという認識が広まり、最も被害を受けた航空会社などのセグメントでさえこの課題に取り組んでいる。

(3/18 https://bit.ly/30XFSVe)

 

 

15. 直言:2021年はレンタルのコンソリ

先週からのVacasa / TurnKey契約に対するSteve Miloの明らかな反応は、レンタルプラットフォームとそれを取り巻くソフトウェアプロバイダーがセクターの統合に非常に注意を払うべきであるということである。 これは、現在の多くの要因の必然的な結果である。 第一に、バケーションレンタル部門は急速に成熟している。 それはもはやオンライン旅行スペースの初心者ではなく(これまでもそうだった?)、統合は常に市場が独り立ちしたという合図なのだ。

賃貸と複数の宿泊施設の供給の所有者と仲介者の両方によると、市場はホテルに先んじてレンタルを回復過程に載せた。 そして最後に、投資先を探している投資家からの資本の流入は、資金の豊富なブランドに、成長や競争の手段を欠いている小規模なプレーヤーを“巻き上げる”ように促すこともできる。 だから、ここに、今年がどのように解き明かされるかという大きな不確実性の期間の中で、要素のほぼ完全な嵐が集まっている。 このシナリオでもう1つの重要な要素と思われるのは、AirbnbVrboBooking.comなどの市場最大のプラットフォームがどのように反応するかだ。 それらは、行われる統合の多くを扇動するものである可能性があるが、コンテンツの他のサプライヤを吸収する必要はなく、市場の技術ベンダーも必要としないと主張する人もいるかもしれない。 したがって、考えられる結果の1つは、統合が完全に市場の中間層で行われることだ。 パワーハウスは単に監視し、おそらく彼らの下での彼らの位置を理解する人々からの消費者向けの活動の最初の増加に対抗するために、彼らのマーケティング支出を増やし、そしていつものように妨げられずに続ける。

(3/19 https://bit.ly/2Nz8SPX)

 

 

16. GuestReadyPorto Concierge買収

ロンドンを拠点とするGuestReady2019年のPhocusWireHot 25 Startups1つ)は、ポルトガルで最大の短期賃貸管理会社であるPorto Conciergeを買収した。 GuestReadyは取引条件を開示していない。Porto Conciergeのチーム全体がGuestReadyに加わり、創設者兼CEORui Silvaがポルトガルのカントリーマネージャーになり、COOLuis Carvalhoがマスターリースとロジスティクスの責任者になる。 GuestReadyCEOであるAlexander Limpertは、「Porto Conciergeは、4年足らずで5回目の買収となる。このような新しくダイナミックな業界では、地元のリーダーと協力して、ホストとゲストの両方のサービスの水準を継続的に引き上げることは理にかなっている」と述べる。 2017年、GuestReadyはロンドンを拠点とするEasy Rental Servicesを買収した。 2018年後半、GuestReadyはポルトガルのOporto City Flatsを買収し、We Stay in Parisの管理を引き継いだ。 数か月後の20194月、GuestReadyはパリを拠点とするBnbLordを買収した。 2016年に設立されたGuestReadyは、12月に株式クラウドファンディングキャンペーンを終了し、800人を超える投資家から240万ユーロ以上を調達した。 同社によれば、2020年には“オペレーショナルエクセレンスと技術改善”に注力しており、今回の買収により、ポートフォリオを現在の2,800物件から2023年までに10,000物件に拡大することを目標に“成長への明確な転換”を図っている。 GuestReadyは、さまざまな季節の地域にまたがる存在と収益分配モデル戦略の両方により、パンデミックを乗り切ることができたと述べている。 「急成長は常に我々の戦略の中心であったが、競合他社のいくつかが選択したマスターリースモデルは、体系的なリスクが多すぎると認識していた。 採算性は低くリスクは高い。 これはまさにこのパンデミックの間に明らかになったものだ」とLimpertは言う。 Porto Conciergeの創設者兼CEORui Silvaは、「2018年以来、GuestReadyの友好的な競争相手であり、ポルトガルチームをよく知っていた。業界は急速に統合されており、この分野でテクノロジーリーダーに加わることは、我々自身の成長をさらに加速する絶好の機会である」、「GuestReadyの技術的専門知識とクラス最高の運用設定を、根深い地元市場の専門知識と組み合わせることで、ホストとゲストへの提供をさらに改善することができる。これからも一緒に旅を続けられることを楽しみにしている」と語る。

(3/18 https://bit.ly/3lvQPqq )

 

 

17. 欧州委員会、電子グリーン証明検討

欧州委員会は、COVID-19パンデミックの際に欧州連合内での自由な移動を可能にするデジタル証明書を提案した。 無料で紙の形式でも入手できるデジタルグリーン証明書は、QRコードを使用し旅行者がウイルスの予防接種を受けているか、検査結果が陰性であるか、またはウイルスから回復したことの証明として機能する。欧州委員会の声明によると、“すべての証明書をEU全体で検証できるようにするためのゲートウェイを構築し、証明書の技術的実装において加盟国をサポートする”ことを計画している。 証明書保有者の個人データはゲートウェイを通過せず、旅行パスを確認する加盟国によって保持されない。 一般的に旅行者に対してどの制限を解除するかを決定するのは加盟国の責任であり、Digital Green Certificateの保有者に一部の制限の免除を適用する必要がある。

証明書には、名前、生年月日、発行日、ワクチン/テスト/回復に関する関連情報、および証明書の一意の識別子(unique identifier)が含まれる。 価値観と透明性の副社長であるVěra Jourováは、我々の主な目的は、データ保護を完全に尊重する、使いやすく、差別のない安全なツールを提供することだ。 そして、我々は他のパートナーとの国際的な収斂に向けて努力を続けている」と述べている。 一時的な措置と言われるこの証明書は、EUに居住する非EU国民および他の加盟国に旅行する権利を有する訪問者にも発行される。 欧州委員会は、夏に間に合うように提案を欧州議会と理事会が迅速に採択する必要があると述べている。

同時にEU加盟国は、証明書を展開できるように相互運用性を確保するための技術基準を導入する必要がある。 9,000人の旅行者を対象としたAmadeusの調査によると、空港での対面のやり取りが少なければ、旅行者のほぼ75%が健康データを電子的に保存することを喜んで受け入れると言っている。 ただし、回答者は3つの主な懸念を提起し、38%が個人情報のハッキングについて、4分の1が健康情報の共有について、30%がデータの共有場所の透明性と管理の欠如について懸念を表明した。 Amadeusは、最近、乗客が安全な方法で健康文書を表示できるように、Traveler IDプラットフォームを拡張した。 Amadeusからの完全なレポートは今月後半にリリースされる予定である。(3/19 https://bit.ly/3s4luNT )

 

 

18. ホスピタリティにおけるロボット

ロボットは仕事を引き受け、ホスピタリティ業界を完全にひっくり返しているか? ロビーに足を踏み入れ、ロボットのチームに迎えられてチェックインし、IDと顔をスキャンして身元を確認し、バッグを持って部屋に案内することを想像してみて欲しい。 パンデミックは距離と限られたタッチポイントを強調したかもしれないが、ホスピタリティの芸術は、人工知能と感情分析のプログラムされた能力を超えるタスクを実行する人的要素なしでは完全に失われてしまう。 COVIDが旅行やホテル滞在にどのくらいの期間、どの程度影響を与え続けるかを決定する際には、正しいバランスを見つけることが業界の主要な焦点となる。 ロボットと自動化されたテクノロジーは、業界の現在の進化をサポートするが、それは、スタッフが卓越したゲストサービスの提供に集中できる場合に限られる。 ロボットと自動化技術の長所と短所を見てみよう。

 

長所  The pros

ロボットは旅行者の旅のなじみのある部分になりつつある。 CNBCによると、ロボットは、米国のラガーディア空港、ドイツのミュンヘン国際空港、ソウルの仁川国際空港など、世界中の空港のゲストに非接触オプションを提供しており、2030年までにロボットが空港チェックを引き継ぐ予定だ。

ゲストがホテルに入ると時に同様の体験を期待するのは当然のことであり、このテクノロジーにはいくつかの大きな利点がある。

·         非接触体験を提供する:世界的大流行をきっかけに、ロボット技術は、ゲストとスタッフの間の接点を制限し、ホテル全体の健康と安全を向上させるための優れたオプションになる可能性がある。 ロボットコンシェルジュ(病気にならない)が、体温を測ったり、荷物を預けたり、ロビーでリクエストに答えたりするために利用できる。

·         効率と生産性の向上:ロボットとAIは、24時間年中無休で稼働でき、定期的なメンテナンスとソフトウェアのアップグレードを除いて、休暇や休憩は必要ない。 このため、ゲストのチェックインやゲストのリクエストの追跡など、日常のタスクの管理に関して、効率と生産性の両方を向上させることができる。 AIに基づいて構築された室内の音声アシスタントを使用して、質問に答えたり、要求に応えたりすることで、労働負荷が大きくなっているスタッフを支援することができる。

·         清掃作業の支援:自動掃除機やUV消毒ロボットなど、現在必要とされている追加の清掃および衛生業務を支援するために、さまざまなロボットオプションを利用できる。

·         ゲストの滞在をパーソナライズする:ロボットはデータを保存および記憶するための無限の容量を備えており、スタッフがゲストの旅をパーソナライズするのに役立つ。 到着時にお気に入りの音楽ステーションやテレビチャンネルを再生して、ゲストの好みの温度に部屋を設定し、朝刊でブラックコーヒーを届けることを忘れない。

 

短所  The cons

旅行業界全体でロボット、チャットボット、音声アシスタントが増えているが、ロボットが完全に配置されたホテルに到着するのは奇妙に感じないか? 日本のあるホテルは、ロボットとカスタマーサービスAIはエントリーレベルのタスクには最適だが、このテクノロジーではエンドツーエンドの操作を処理できないことに気づいた。 したがって、これらのテクノロジーには確かに欠点が存在する。

·         実装に高いコスト:ロボット技術がより容易に利用できるようになっている一方で、最新の技術の実装には費用がかかる可能性がある。 一部の病院やCarolina Panthersで使用されているUVライト、ウイルス駆除ロボットの価格は125,000ドル以上だ。 予算ごとにさまざまなオプションがあるが、特に昨年の業界の打撃により、すべてのホテルでロボット技術を利用できるとは限らない。

·         定期的なメンテナンスが必要:技術を最高の能力で機能させ続けるには、すべてが正常に機能し続けることを保証するために人間の手が必要となる。

·         グリッチ(故障)やハッキングの影響を受けやすい:他のテクノロジーと同様に、セキュリティは常に重要な考慮事項である。 ロボットはエラーやセキュリティ違反の影響を受けやすい可能性があるため、ロボットによって収集されたデータが安全であることを確認することが重要だ。

·         仕事を引き受ける:いつの日かホテルにロボットが完全に配置される可能性はあるか? 現在、米国仕事の25以上が、自動化による混乱(disruption)を経験している。

 

ハイブリッドアプローチ  A hybrid approach

ゲストの好みは異なる。 ロボットと話したり、個人のデバイスを介してホテルとやり取りしたりするだけで満足するゲストもいれば、スタッフに質問したり、スタッフの支援を受けたりする方が快適なゲストもいる。 最近の調査によると、英国のビジネス旅行者の52%は、自動化されたテクノロジーによって旅行がより安全になると考えている。 我々全員が1年間の制限された旅行の後にどのように立ち直るかを理解するために努力するので、ゲスト(宿泊客)が彼らの経験をコントロールできるようにすることは必要である。 ロボット技術はゲストにとってなじみのない領域ではないことを忘れないで欲しい。 空港で1つか2つのロボットに遭遇したり、自宅で音声アシスタントを使用したりする可能性がある。 ゲストの好みと長所と短所の両方を考慮した後、正しい答えは何か? ロボットは進むべき道なのか、それとも初期費用と維持費が高すぎるのか? 成功するホテルは、現在そして将来、ハイブリッドアプローチに目を向けると思う。 最も影響が大きい領域から始める。 スタッフは余分な清掃作業に圧倒されているか? ロボット掃除機を検討したら良い。 彼らはゲストのリクエストに圧倒されているか? 室内の音声アシスタントが最適な方法かもしれない。 ロボットとスタッフは、ゲストが探している体験を提供するために連携して作業する必要がある。 ホテルがゲストエクスペリエンスのパーソナライズ、忠誠心を向上させるためのデータの収集、効率を高めるための日常業務の管理に役立つロボット技術と自動化技術を実装すると、ホテルは報酬を得ることができる。著者:Chris Connarは、NomadixAngie HospitalityシニアVP

(3/19 https://bit.ly/3eYjd36 )

 

 

19. 315日の週の資金調達記事

·           Transreport

身体の不自由な鉄道の乗客を支援するスタートアップであるTransreportは、320万ポンドの資金調達を発表した。 ロンドンとグラスゴーにオフィスを構えるこのビジネスのラウンドは、Blackfinch VenturesPraetura Venturesが主導した。 Transreportは、駅が身体の不自由な乗客に対応する際に、鉄道事業者とスタッフを支援する乗客支援サービスを開発した。 このアプリを使用すると、鉄道スタッフは、毎日の鉄道旅行を行う身体の不自由な乗客のニーズに対応できる。 またスタッフは、旅行の遅延、キャンセル、その他の変更の際に支援することができる。 Transreportは、この資金を使用してマーケティングと市場拡張に投資し、マルチモーダルサービスをさらに開発することを計画している。(3/15 https://bit.ly/30Nh1TY )

 

·           Tripscout

旅行のインスピレーションと計画のための人工知能を利用したプラットフォームであるTripscoutは、Corazon Capitalが主導するシードプラスラウンドで230万ドルを調達した。 追加の投資家には、AccompliceNew Stack VenturesMATH VenturesM25などが含まれる。 これにより、スタートアップの総資金は460万ドルになり、最後のシードラウンドは2019年になる。 Tripscoutを使用すると、ユーザーは目的地、予算、タイミング、他の人と一緒に旅行しているかどうかなどの詳細を入力し、プラットフォームは地元の専門家からの何百万もの記事、ビデオ、ヒントを分析して、それらの入力に一致するパーソナライズされた推奨事項を提供する。 ユーザーはアイデアを旅程と地図に保存できる。 同社によれば、2020年にはソーシャルメディアでの月間視聴回数が200万回から2億回を超え、アプリユーザー数は100万人を超えた。 Tripscoutの共同創設者兼CEOであるKonrad Waliszewskiは、「我々の世代は毎日旅行について考えている。旅行していない時でも、自由な時間の多くを世界について夢を見て学び、次の旅行を予測し、次の旅程を詳細に計画することに費やしている。 しかし、業界の現職者たちは取引(transactions)に非常に夢中になっているため、我々が旅行する理由と方法とのこの深い関係を無視している。 Tripscoutは、これにソリューションとして介入する。 我々は、関心のあるすべての場所とトピックに合わせたパーソナライズされた発見プラットフォームを提供することで、旅行計画の未来に革命をもたらす」とTripscoutの共同創立者でCEOKonrad Waliszewski語る。 Corazon CapitalのプリンシパルであるPhil Schwarzは、次のように述べている。 「旅行は3兆ドルの業界だが、既存企業と同じゲームをプレイしようとしたために顧客獲得できなかった旅行スタートアップの墓地がある。 旅行の専門家であるだけでなく、オーガニックな顧客獲得のためにスケーラブルで費用効果が高いソーシャルメディアを活用するためにKonradAndy [Acs、共同創設者兼チーフプロダクトオフィサー]Tripscoutのチームを倍増させた。 そして、パンデミックの真只中にあるにもかかわらず、前年比でほぼ1,000%のアクティブユーザーの成長につなげた。 これをTripscoutプラットフォームの業界をリードするエンゲージメント指標(業界平均と比較して月間保持率が400%以上高い)と組み合わせると、我々が、旅行者が現代で期待するエクスペリエンスを生み出す大規模で永続的な企業を構築するのに適した位置にあると確信している」。 Tripscoutは、資金調達のニュースに加えて、Dorth Raphaelyを新しい最高マーケティング責任者として採用したと述べている。(3/17 https://bit.ly/3cQNm1E)

 

·           Launchtrip

グループ旅行計画のソリューションを作成するスタートアップであるLaunchtripは、Axis Capitalが主導するシード前の投資ラウンドで380万ドルを調達した。 Launchtripは、この夏からアプリをベータ版で提供する予定。このプロダクトを使用すると、旅行者のグループが宿泊施設やレストランを見つけて予約し、アプリとWebサイト内で費用をグループメンバーに分割することができる。 スタートアップは、米国中の7つの都市に20万以上のホテルを持ち、レストラン予約パートナーとしてResyを立ち上げると述べている。 年内には、世界中のホテルに加えて、団体旅行の割引や特典システムを提供するようにスケールアップする予定である。 同社は、パンデミックが発生する前の2020年初頭に初期段階のMVPMinimum Viable Product)を試験運用しており、100万ドル以上の売り上げを生み出したと述べている。(3/18 https://bit.ly/3f7y1gf)

 

·           Optibus

Bessemer Venture PartnersInsight Partnersは、大量輸送技術の新興企業Optibusへの1700万ドルの大規模な投資ラウンドを主導している。 Verizon VenturesPitangoNew Era Capital PartnersDynamic LoopBlue Red Partnersなどの既存の投資家も資金調達のラウンドに参加した。 シリーズCラウンドでは、イスラエルを拠点とする企業が調達した総額は16,000万ドルになる。 2014年に作成されたOptibusは、人工知能とクラウドコンピューティングを公共交通ネットワークに使用しているため、当局はルートとサービスをより効率的に計画できる。 現在、ロンドン、ニューヨーク市、ロサンゼルス、メルボルン、香港、ブラジリアなど、世界中の450を超える都市の公共交通機関と連携している。 投資ラウンドと同時に、都市ネットワークの作成に使用されるランドマーク、都市施設、およびその他の重要な要素の場所を利用するプランナー向けの視覚化ツールであるGeospatial Suiteを立ち上げた。 OptibusCEO兼共同創設者であるAmos Haggiagは、「パンデミックにより、都市や交通機関が安全で効率的な公共交通機関を提供することがより困難になり、同時にこれらのサービスがいかに重要であるかが浮き彫りになった」、「公共交通業界を近代化することは、業界のためだけでなく、交通の公平性、すべての居住者の移動の自由、環境的に持続可能な都市のためである」と語る。(3/18 https://bit.ly/3cIt6za )

 

 

+++++

 

 

6月4日

九州で大手系列越え初の共同運航

米ユナイテッド航空、超音速機購入へ