海外事情・旅行流通

フォーカスライトJapanでは、PhocusWire Daily (phocuswire.com) 並びにTravel Weekly (travelweekly.com)を含む海外主要旅行業界誌から、面白そうな業界ニュースを選別し日本語に意訳して、トラベルジャーナル(TJ)の隔週コラム「FROM THE WORLD/海外事情」とTD 勉強会(e-rtb.com)に掲載しています。TDTravel Distribution)勉強会の「海外事情 アーカイブ」では、TJのコラムに掲載したニュース以外の記事を、TJコラム発行日の3日遅れで掲載しています。 

 

 2021年3月10日

 

海外事情 31日号

 

4. 旅行で注目すべき強力なテックトレンド」が、米テックコンサルタントCBInsightsの“12 Tech Trends To Watch Closely In 2021(https://bit.ly/3svKH3R )の一部を抜粋して紹介している。 CBInsights は、2020年の未曾有な危機と混乱が、今後の強力な、明白な、希望に満ちたテクノロジーのトレンドを生み出すと予想する。 このレポートは特定の産業や業界を対象にしているわけではないが、旅行業界のDXにも参考になると言う。 一部しか抜粋しておらず、その上、量子コンピュータが出てきたりするので少々難解で分かり辛いが、これからはテクノロジー開発の如何が企業の競争力の優劣に影響するのは間違いなさそうだ。

 

日経223日付は、コロナで米国のDXが加速していると伝える。 労働現場の自動化が進み2020年の生産性が2.6%上昇、10年ぶりの高い伸びとなったそうだ。 この記事によれば;

ラスベガスのMGMリゾーツは、コロナ危機の真只中の20206月にチェックインからチェックアウトの清算まで全てスマホのアプリで処理する全面自動化を行った。 MGMは、20208月、米従業員の25%にあたる18,000人に解雇を通知した。 米調査会社によると全米のホテルの1部屋あたりの人件費は前年の85ドルから44ドルまで下がりほぼ半減した。

 

ところが、コロナパンデミックが日本のIT後進国を露呈させた。 スイス国際経営開発研究所(IMD)の世界競争力ランキングによれば、2020年、日本は30位に落ち込んだ。 情けないことに、デジタル技術では62位とランキング対象の63カ国の下から2番目である。 まさにIT後進国の何ほどでもない。 政府はデジタル庁を9月に新設し巻き返しをはかる。 1月には「第6期 科学技術・イノベーション基本計画」をまとめ、今後5年間の研究開発予算 30兆円を計画、官民合計では120兆円を目標とする。

 

15. ブッキング55%減収、決済プラットフォーム焦点」は、Booking Holdings2020年決算を伝える。 営業外収益7.45億ドルなどが貢献し最終損益は5,900万ドルの黒字計上となった。 営業損益では6.31億ドルの損失であった。 226日の株価は2,328ドルで、52週最安値の2倍以上、最高値近くを付けている。 Booking Holdingsは、2021年に優先すべき3つの戦略目標を発表している。 (1)コネクテッドトリップの促進、(2) Booking.comペイメントサービスの展開拡大、(3) 米国市場シェアの拡大である。 コネクテッドトリップの促進では、いよいよエアーの予約開始を準備する。

Expediaと比較すると下表の通りとなる。

                                        (単位:百万ドル)

 

総売上

収入

営業損失

ネットP/L

時価総額

BKNG

35,394

(-63%)

6,796

(-55%)

-631

(5,345)

59

(4,865)

953億ドル

(10兆円)

EXPE

36,796

(-66%)

5,199

(-57%)

-2,719

(903)

-2,687

(565)

231億ドル

(2.5兆円)

 

Airbnbの決算も発表された(「2. (TJ) エアビー、第4四半期39億ドル損失」)。 これは1210日上場後の初の決算開示である。

第3四半期では四半期利益を計上したが、第4四半期ではストックオプションコスト(28億ドル)などの上場にまつわる一時的経費の計上により39億ドルの欠損を計上した。 しかし総売上は前年同期比 -22%と第3四半期の-18%とほぼ同程度のレベルを保っており、依然として短期レンタル市場の需要増の恩恵を受けているものと見られる。 2021年度は、きっと利益を計上するだろう。

共同創立者兼CEOBrian Cheskyは、『“将来的に” 交通機関やホテルなどのビジネスユニットへの投資を再開すると』と述べている。 いよいよエアーの予約開始も準備するのか。

                                        (単位:百万ドル)

 

総売上

収入

営業損失

ネットP/L

時価総額

ABNB

23,896

(-37%)

3,378

 (-30%)

-3,590

(-502)

-4,585

(-674)

1,240億ドル

(13兆円)

 

BKNG ABNBが揃ってエアー予約を開始してコネクテッドトリップや総合旅行会社構想を強化するとなれば・・・、OTA市場の競争が熾烈化するだろう。

(編集人)

 

目次

1. (TJ) 米 税関・国境警備局、アプリ導入

2. (TJ) エアビー、第4四半期39億ドル損失                222日週 第2位閲覧

  (TJ) = トラベルジャーナル 329日号 参照

3. 新興企業のステージ:Local Purse

4. マリオットの夏に向けた回復戦略

5. 電子チャネル、航空会社とOTAの優先投資

6. 旅行で注目すべき強力なテックトレンド                 222日週 第1位閲覧

7. エミレーツ、GDS料金導入

8. IHGの中規模市場ブランドとデジタル開発

9. 旅行業界、黒人旅行者認識必要                           222日週 第5位閲覧

10. キャンプのエクスペリエンス・ツーリズム

11. アコー、202020億ユーロ損失

12. トラベルポートのリブランド                                222日週 第3位閲覧

13. eDreams Odigeo回復戦略

14. 私の足跡ep53A Skalleberg, StudentUniverse     222日週 第6位閲覧

15. 2020年、航空会社投資停滞

16. ブッキング55%減収、決済プラットフォーム焦点

17. バケーションレンタル、“コラボ”がキーワード         222日週 第4位閲覧

18. コンサルティングのCompass Collective

19. デジタルノマド、中東市場回復支援

20. 直言:コラボに何故プロアクティブ必要か

21. アマデウス、2020年大幅欠損61%減収

22. 222日の週の資金調達ニュース

 

 

3. 新興企業のステージ:Local Purse

COVIDのために自由に旅行できなくなった旅行者と、職を失った経験豊富な地元のガイドや収入を失った地元の職人(artisans)をどのように結び付けることができるか? Local Purse(スエーデン)は、3つの問題すべてに対処するソリューションである。 Local Purseは、職人をサポートし、ライブビデオ文化ショッピング体験を通じて世界中の旅行者を仮想的にホストするガイドをサポートするWebベースのプラットフォームである。

地元のガイド、地元の小さな企業、旅行者の間でライブビデオショッピング体験を促進するための使いやすい革新的なソリューションを提供することにより、我々の競争上の利点は、パーソナライズされた体験に焦点を当て、つながりを育むことであれる。 我々のソリューションは、不平等を減らす非常に低い参入障壁を提供する。 現在、信頼できるパートナーの審査とオンボーディング、および顧客獲得戦略の開発と強化を行っている。 我々は信頼とつながりに基づいて構築されたスタートアップであり、これらのコアバリューがあらゆる段階でビジネスに浸透するようにしたいと考えている。 特に大企業がライブビデオショッピングのこの分野を模索しているため、我々は市場調査、調査の実施、統計の解析、および市場検証を行って来た。

我々は、最初のグローバルパートナーであるIntrepid Travelと提携して、最初の2つのエクスペリエンスを公開した。 現在、今後数週間でさらに多くの目的地とエクスペリエンスをオンボーディングしている。

*以下のPhocusWireNew Reality With・・・シリーズで、Local Purseの共同創設者であるLola Akinmade Åkerströmをチェックしてください

(2/22 https://bit.ly/2NmgRjt

 

 

4. マリオットの夏に向けた回復戦略

世界的大流行時のマーケティングは容易なことではないが、Marriott Internationalは過去1年間、消費者ベースと積極的に関わって来た。

同社の安全衛生プロトコルのクリーン化への取り組みについて確固たるメッセージを発信し、2019年に獲得したエリートステータスメンバーシップを202221日まで延長することで、Marriott Bonvoyロイヤルティプログラムメンバーとの関係を強化した。

以下では、Marriott Internationalの米国とカナダの最高マーケティング責任者であるJulius Robinsonが、今日の旅行者の心を打つマーケティングイニシアチブの種類と、今年の夏に最も需要がありそうな旅行と目的地の種類について説明する。

 

Q: このような不確実な時期に、Marriott Internationalは、ゲストに旅行の予約や旅行の計画を促すことに関して、何が最も効果的であると考えたか?

固執する2つのことは、我々のホテルが非常にきれいであるという知識をゲストに提供することと、もう1つは柔軟性である。 キャンセル料免除などを行っており、それが永遠に続くわけではないが定期的に検討を続けている。

7月以降、今年の第1四半期末までに行われた予約については、キャンセル料はすべて免除される。 そして状況がそれを正当化すると我々が考えるならば、我々はそのプログラムを拡張する。 ゲストが簡単に利用できるように努めている。 また、今日の旅行者と顧客に非常に関連性のあるイニシアチブを開始した。 たとえば在宅勤務。 オンラインプラットフォームを通じて、Day PassStay PassPlay Passの各パッケージを提供している。 これらのパッケージは、たとえば、月曜日にちょうどいい日中の滞在を求めて、家から離れて仕事をするために設計されている。 または、風景を変えるためだけに、数日または長期間滞在したい場合は、それを希望するゲスト向けにカスタマイズできるように作成されている。 ここでのアイデアの一部は、我々があなたを1日ホテルに連れて行って仕事をすることができ、我々が実施している環境と清潔さの基準を見せることができれば、もっとどこかで長い滞在を予約することを考えてもらえる。

 

Q: 検索と予約の面でどのような傾向が見られますか?

旅行のトレンドは非常に短期的であり、これは今後も続くと予想される。 人々は、いつ旅行するのか、何をしたいのかについて、かなり迅速な決定を下している。 またショップデータから、旅行者が近くに住んでいない家族や友人と再会しようとしていることも分かる。 二次、三次市場(secondary, tertiary markets)では、この傾向が通常よりもはるかに頻繁に出現する。 これは、人々が特定の場所で友人や家族に連絡したいというシグナルだ。 データに表示されるもう1つのものは、夢のバケットリストの休暇の目的地。 人々はまだニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコ、シアトル、アリゾナに行きたいと思っている。 彼らは、過去12か月間に抱いていた旅行の夢に追いつくことができる時代に戻ることを望んでいる。 また、我々が見ている旅行の傾向は、予防接種の分布に直接関係している。 人口のより多くのメンバーが予防接種を受けるようになるにつれて、春休みの後、初夏の予約シーズンに入ると、ワクチン接種の成果が見られるようになると確信している。

 

夏といえば、今年の夏の旅行シーズンはどうなると思うか?

さて、今シーズンは国立公園が重要になると思う。 そして、今年はマイカー旅行の2年目になる。 目的地のホテルについて話すだけでなく、マイカー旅行する顧客も途中でホテルに立ち寄ることに注意する必要がある。 そのため、目的地のホテルにはエンゲージメントの機会があるが、フロリダ、カリフォルニア、またはその他の場所に向かう途中で1日ストップオーバーする顧客との信頼関係を築く機会でもある。 予測しているわけではないが、ある時点で我々が目にすることの1つは、全国の主要な目的地への旅行を探している人々の大規模な発生である。 そのため、人々が今計画を立てていない場合、(遅すぎた)予約時点で実際に飛行機やホテルの部屋を見つけることができないことに気付くかもしれない。 *この記事はもともとTravel Weeklyに掲載された。

(2/22 https://bit.ly/3aIe9NS)

 

 

5. 電子チャネル、航空会社とOTAの優先投資

COVID-19の大流行により、消費者によるオンラインツールとプラットフォームの使用が加速し、旅行ブランドはその変革に取り組む計画を立てている。

スウェーデンに本拠を置く決済テクノロジー企業Trustlyが実施した調査では、ヨーロッパに本拠を置くOTAのリーダーの42%、低コストおよびフルサービスの航空会社の35%が、COVID-19以降の旅行者との関係を改善するための「カスタマーサービスのデジタルチャネルの改善」が最重要戦略であると述べている。 450人の回答者の約3分の2OTAから、残りは航空会社からであり、68%は年間収益が10億ユーロを超える企業だ。 結果は“Rebound or Rehabilitation” で詳しく説明されている。 一連の3つのレポートの最初がTrustlyからのレポートである。 航空会社とOTAの回答者はどちらも、顧客との関係を改善するための2番目と3番目の優先事項として、「消費者向け流通チャネルへの直接投資の増加」と「消費者ブランドへの投資の増加」を選択している。 レポートは、加速するデジタル変革によって提示される課題と機会の両方に対処するように旅行リーダーにアドバイスし、課題と機会について次のように伝える。

課題:2020年初頭の緊急性と危機的精神が正常化した今、組織はテクノロジーの展開においてペースと敏捷性を維持して、旅行者の体験を向上させ、商業的改善を推進するにはどうすればよいのだろうか?

機会:2020年は、多くの人にとって、テクノロジーの最も迅速で目に見えるテストケースまたは証明ポイントの1つを提供した。 これにより、テクノロジー投資の次のステップへの道がスムーズになる可能性がある。

テクノロジーに加えて、レポートは、経営幹部が考慮する必要がある別の要因は“債務漬けを治す”ことであると述べている。 IATAのデータを引用して、世界の航空業界の債務は2020年末までに5,500億ドル(約60兆円)に増加したと報告書は警告している。・・・このセクターは、負債のレベルが高く債務返済が増え、抑制された需要によって2021年に回復への遅い道を歩み始めた。 これは、旅行価値提案(travel proposition)の経済を精査することなしに維持することはできない。 Trustlyの調査によると、経営幹部の70%が、パンデミックによって競争環境が変化し、最強のブランドにチャンスが生まれると考えている。 これらの機会を捉えるために、レポートはブランドに、今日消費者のクラス最高のデジタル体験が、明日への期待のベースラインになることを理解するようにアドバイスしている。 「したがって2021年以降のカスタマー・ジャーニーと旅客のエクスペリエンスは、2020年に緊急に受け入れることを余儀なくされたこの進歩のペースに追いつく必要がある。 そうしないと、今まで以上にデジタルをよく知っている顧客に遅れをとるリスクがある」と述べている。(2/22 https://bit.ly/3uoj3aI )

 

 

6. 旅行で注目すべき強力なテックトレンド

テクノロジーと投資のトラッキングサービスである米CBInsightsは最近、今年のイノベーションとテクノロジー開発に関する予測を含むレポートを公開した。

12 Tech Trends To Watch Closely In 2021には、ビジネスの世界に影響を与える可能性のあるものと、ユーザーにどのような影響を与える可能性があるかについての概要が示されている。 これは、特に業界の1つのセクターに取り組むものではないが、今年注目を集めると予想されるテクノロジー業界の動きの概要である。 このリストを旅行業界に関連させる要素は沢山存在する。 このセクターはコロナウイルスの大流行に見舞われているため、回復に役立つイノベーションのポケットは考慮すべき重要なものになる可能性がある。 そして、デジタルの世界は、昨年の今回の予測をはるかに超えて加速している。 以下にリストされているのは、CBInsightsが指摘したトレンドの一部と、それらが2021年に前進するための業界の戦略とどのように調和するかを示している。

 

我々が採用するのは、“チーフ緊急対策オフィサー”

We're hiring: the "chief prepper officer"

パンデミックに襲われた2020年は、ビジネス運営の重要な側面を示している。 それは、回復力と準備のために努力することだ。 旅行では、火山などのイベントが業務に壊滅的な影響を与える可能性があることをブランドはすでに理解していたが、多くの人が(我々のNew Reality Withのシリーズの業界リーダーとの一連のインタビューで明らかになったように)健康上の緊急事態が大規模かつ長期間にわたってどれほど破壊的であるかをまったく考えていなかったことを認めた。 スマート企業は、サプライチェーン、パートナーシップ取引、および顧客が将来どのように処理されるかを調査することに専念する組織(または既存のポジション内の責任範囲)で役割を作成する可能性がある。

 

慰めの量子コンピュータ

Quantum computer of solace

量子コンピューティングの背後にある最先端の処理技術には多くのプラスの利点があるが、深刻な要件が浮上している。 まともな量子コンピュータを持っているハッカーは、サーバーとユーザーの間を移動する時に、ブランドの電子メール、eコマースのやり取り、支払い、その他の記録を盗聴できるようになった。

企業はこれらの機能を独自の暗号化方式と一致させる必要があり、その多くはすでにIBMMicrosoftなどによって開発されている。 無くても済む訳ではないが、IT部門の戦略のますますコAccorンポーネントになりつつある。

 

専用クラブ

Exclusive clubs

ここ数ヶ月のClubhouse(音声SNS)の急速な台頭は、プライベートネットワークの役割が、シリコンバレーのオタクな世界や(あまりにも多くの)時間を費やしている投資家を超えたトレンドである可能性があることを示している。

Facebookやその他のセミオープンのソーシャルネットワークはまだ取り消されるべきではないが、安全な環境で問題や傾向に会い、議論したいという人々の願望を無視する企業は危険にさらされる。 顧客(すなわち旅行者)が集団や一団(tribes and packs)に集まることができるようにすることは、多くのブランドが長年にわたって努力してきたプロダクト(使用前および使用後)のコミュニティの側面である可能性がある。

 

シリコンバレーの世界

A world full of Valleys

カリフォルニアのシリコンバレーは、ロンドン、ベルリン、テルアビブなど、世界中の他の都市にテクノロジーハブが出現したにもかかわらず、何十年にもわたってテクノロジーとイノベーションの開発を支配して来た。 “テクノロジーフォワード都市” は、ハブの概念をゼロから(文字通り)再考しており、デジタルファーストのインフラストラクチャ、輸送、資本へのアクセスを構築することに重点を置き、クールなことが起こり得る場所と事前定義されたアイデアを無視する投資にアクセスしている。 これは、スタートアップの世界だけでなく、旅行業界で確立されたテクノロジー主導の企業の研究開発計画にも大きな影響を及ぼす。 多くが参加するか、取り残されるかだ。

 

仲良くしよう

Let’s get physical

旅行のビジネスの多くはデジタル環境で予約および調整されているが、ユーザーは依然としてほとんど(2020年に登場した少数の仮想体験を数えない限り)、実際の生活で最終プロダクトを消費する。 旅行者は、飛行機で移動し、運転し、滞在し、目的地を直接体験する。 しかし、コロナウイルスの発生により、物理的な空間をどうするかについての考え方が新しい領域に移動した。 健康への配慮とプロトコルは、旅行者が使用または体験する実際の環境とどのように相互作用するかに大きな影響を及ぼすが、ブランドはそれらの領域を他に何に使用できるかを考える必要がある。 スペースの多目的で効率的な使用(たとえば、コワーキング会場としてのホテルや学習センターとしてのアトラクション)は、促進と管理を行うテクノロジーによって推進され、回復の主要な推進力の1つになる可能性がある。 このような変化は、目的地やブランドが何十年にもわたって切望してきた地元の顧客と観光客の集合(convergence)のきっかけとなる可能性がある。

 

考慮すべきその他の重要な傾向:

Other important trends to consider:

·         外的な健康増進(Ambient wellness) ― 健康とセルフケアの融合(2020年に焦点が当てられた)は、スパを解き放ち、家、店、その他の場所に持ち込む。

·         オフィスのホテル化(Hotelization of the office) ― 人々がオフィスに戻ると、スペースは人口密度が小さくなくなり、パーソナルなものになり、古い共同キャンパスモデルから美的価値が豊富なものにシフトする。

·         暗号のクリッピング(Clipping crypto) ― 暗号通貨技術に基づく報酬は、ブランド、ロイヤルティプログラム、および決済会社がキャッシュバックを提供する方法を再形成する。

(2/22 https://bit.ly/3dCHBqD )

 

 

7. エミレーツ、GDS料金導入

Emirates航空は、エージェントチャネルの販売を同日に開始するNDCを利用したポータルにプッシュすることを目指して、71日からGDS追加料金を実装する。 料金は、セクターの長さに応じて、チケット1枚あたり1425ドルになる。 Emirates Gatewayと呼ばれる直接接続ポータルを使用する代理店や旅行アドバイザーは、追加料金を回避してGDSで利用できるよりも優れた取引やより多様なプロダクトを利用できるようになる。 これには、専属販促運賃やプリセールスと差別化されたチケット価格へのアクセス、超過手荷物を販売する機能、一部の補助サービスの差別化された価格設定、新しいアンシラリープロダクトへのより迅速なアクセスも含まれる。 アドバイザー(エージェント)は、Emirates Partner Portal経由か、またはNDCがサポートする直接接続でオンラインのEmirates Gatewayのコンテンツにアクセスできる。

ドバイを拠点とするこの航空会社は、昨年8月、旅行業界のオンラインゲートウェイであるEmirates Partner Portalを展開し、旅行業界のパートナーがEmiratesの最新プロダクトに関するあらゆる情報、サービスとポリシー、および技術サポートに迅速かつ安全にアクセスできるワンストップショップを完成させた。 *この記事はもともとTravel Weeklyに掲載された。

(2/23 https://bit.ly/3dDxnpJ)

 

 

8. IHGの中規模市場ブランドとデジタル開発

InterContinental Hotels GroupIHG)は、今年末までにポートフォリオ全体で属性の価格設定(attribute pricing)を実施する予定である。

Guest Reservation SystemGRS)の最新フェーズであるこの機能により、ホテルはゲストの滞在を調整し、アンシラリーな要素を購入できるようになる。

IHGは、属性の価格設定が2019年にホテルで試験的に実施され、その年の終わりに多くの施設で実施されることを期待していると発表した。 GRSは、2015年にAmadeusとのパートナーシップとして発表されたものである。

デジタル開発は、このホテルグループの2020年通年の財務結果で触れられたシリーズの1つ。 グループは、2019年の630百万ドルの利益と比較して、20201231日に終了した年度の営業損失は153百万ドルであった。総収益は24億ドルで、2019年の46億ドルの48%減少した。 この結果について、CEOKeith Barrは、2020年を「我々の歴史の中で最もチャレンジングな年となった。 2021年はこれらの課題の多くがまだ残っている状態で始まり、業界の回復に向けたより有意義な進展は年内になる可能性は低く、世界的なワクチンの展開、規制の解除、経済活動の加速に依存する」と説明している。

Barrは、グループはホテルの収益を増やし、ゲストエクスペリエンスを向上させるために、デジタル機能への投資を継続していると付け加える。 さらなるテクノロジーとデジタル開発には、1,000を超える施設でのデジタルチェックインが含まれ、2021年末までにそれを4,500ホテルに展開する予定だ。 デジタルチェックアウトは、4,000のホテル施設ですでに利用可能となっている。 同社はまた、Trip.com GroupCtripブランドと提携して、デジタルリーチを促進するためにIHGストアを立ち上げたと述べている。 一方、10月には、ブティックホテルプラットフォームのMrMrs Smithとのロイヤルティパートナーシップが発表され、ロイヤルティスキームのメンバーはより多くのホテルにアクセスできるようになった。 IHGは、“不可欠なビジネスおよび国内のレジャー旅行に重点を置いている” ことを考えると、今後の回復には良い位置に居ると述べている。 同社によれば、ポートフォリオの約70%を占めるミッドスケールブランドは2020年に好調であった。 また同社のビジネスは、国際的なインバウンド旅行にそれほど依存しない非都市市場にも傾いており、たとえば、米国のビジネスの95%は国内にある。 Barrは「2020年に回復力を示し、パフォーマンスを上回った我々は、業界の長期的な成長見通しを活用するための投資とともに、需要を獲得するために所有者と緊密に協力し続けている。 魅力的な市場とセグメントで我々が好むブランド、さらに強力なテクノロジーとロイヤルティプラットフォーム、そして建設中のパイプラインのかなりの部分は、市場が回復するにつれて業界をリードするネットルームの成長を達成する能力に自信を与えてくれる」と述べている。 IHG2020年に285のホテルをオープンし、360の新しいホテルに署名した。 その4分の1は他のブランドからのコンバージョン。(2/23 https://bit.ly/3usOpNu )

 

 

9. 旅行業界、黒人旅行者認識必要

目的地の旅行ブランドは、2月の黒人歴史月間(Black History Month)の28日または29日間を超えて、1365日間の黒人の文化と成果を擁護することを約束する必要がある。 黒人歴史月間について黒人を認識するための重要な月だが、我々の誇りと歴史は1か月で語ることができない。 我々は日々、変化をもたらし、社会に貢献している。 MMGY2019 Shifflet Travel Performance / Monitorによると、黒人旅行者に関するビジネスケースと経済は明快である。 これは、4,800人の黒人の米国のレジャー旅行者を調査し、2020年には全米黒人会議プランナー連合の200人のメンバーを調査した。

調査結果によると、アフリカ系アメリカ人は2019年に推定1,094億ドル(約12兆円)をレジャー旅行に費やした。 これは、米国のレジャー旅行市場の約13.1%に相当する。(2018年は推定630億ドル) 調査結果によると、2019年に黒人の米国のレジャー旅行者は平均3回の宿泊休暇を取り、各旅行の平均滞在泊数は2.5泊であった。 彼らはまた、調査対象の旅行者が通常1泊の滞在ごとに約600ドルを費やしたことを明らかにしている。 黒人歴史月間を認識するために、目的地の旅行ブランドは、民族のマーケティングメッセージや、パンアフリカンの旗からの黒人と有色人種の明白なイメージを超越する必要がある。 さらに、Black Lives Matter運動に対する表面的な承認またはサポートは、ほとんどまたはまったくアクションに繋がらない。 真につながり、信頼を築くために、ブランドは継続的に黒人コミュニティとつながる真の機会を特定し関与する必要がある。 「黒人歴史の父」として知られるCarter G. Woodsonは、彼が設立した組織である黒人の生活と歴史の研究協会(ASNLH)とともに、1925年に黒人歴史週間を最初に考案して発表した。 19262月の1週間に、アブラハムリンカーンとフレデリックダグラスの誕生日を祝した。 祝賀会は1976年に1か月に拡大された。 これは、公民権運動直後の米国建国200年の年にあたる。 フェスティバルは、ジェラルドRフォード大統領が全国的儀式を宣言してから1か月に拡大された。 31日に停止しないでくれ。 一年中の継続は、有色コミュニティとつながる上で重要な要素だ。 さまざまなコミュニティ内で本物の長期的なつながりを構築し会話をするようになる。 すべての旅行者と同様に、黒人旅行者は新しい目的地、リラクゼーション、レストラン、高級レストラン、芸術、文化活動、家族のイベントへの参加、ショッピングを探索するのが大好きだ(私はショッピングと言ったか?)。 以下を提供しないと、黒人旅行者と現実的につながる機会を逃す可能性がある。

·         黒人コミュニティでの買い物

·         黒人旅行者のためのアメニティ

·         黒人コミュニティを促進する組織のリソースと黒人の歴史資料

·         ブラックコミュニティでのプログラミング、イベント、エンターテイメント

·         黒人コミュニティにおける親しさと信仰に基づく(Neighborhood and faith-based)経験

あなたのブランドがコミュニティに示すロイヤルティと信頼性が高ければ高いほど、それはより多くの利益をもたらす。 そして、このルールは今でも有効である。 新しい顧客を構築するよりも、顧客を維持する方が簡単だ。

黒人との親しさ(Black neighborhoods)、ビジネス、社会的つながりを強調する目的地の多様性を促進しろ。 ブラックコミュニティリーダーと協力して、ネットワーキングイベント、イニシアチブ、プログラムをサポートするコミュニティパートナーや組織を紹介しろ。

観光多様性問題(Tourism Diversity Matters)の事務局長として、我々は集合的おインパクトアプローチを採用して、構造化された方法で人々を結び付け、観光業界で成功を収め、多様性、公平性、包括性(DEI)に影響を与える。 DEIイニシアチブの共同リーダーとして、我々は民族格差の盲点に対処できる概念をサポートし、観光およびイベント業界の意思決定者に、より効果的な多様性と包括性戦略を開発するためのアクセス、リソース、および戦術を提供する。 黒人歴史月間は2月の28日または29日だけに止まらないことを忘れないで欲しい! また、リーダーになるためには、単に“機会均等” を受け入れるだけではない。 我々は、戦略的な競争上の優位性として、多様性、公平性、包括性を評価し、受け入れる必要がある。

著者:Greg DeShieldsは、Tourism Diversity Mattersのエグゼクティブディレクター。(2/23 https://bit.ly/3aOyrW2 )

 

 

10. キャンプのエクスペリエンス・ツーリズム

何年にもわたって旅行で前面に出てきた多くの新しく創造的な用語がある。 オーバーツーリズム、再生ツーリズムを超えて、しかし心を打たれるのは、文化的および自然の風景について新しいことを学ぶエクスペリエンス・ツーリズムだ。それがキャンプの本質だから好きだ。 キャンプ市場は常に充実している。 この業界は、英国だけで年間93億ポンドの旅行消費を生み出す(UK Caravan and Camping Alliance)。 過去5年間で、ヨーロッパ全体で前年比12%成長した。 アウトドアやアドベンチャーツーリズムの分野でも大きな成長が見られる。 Allied Market Researchのレポートによると、このセクターは北米、南米、ヨーロッパで5,860億ドルと評価されており、2026年までに16,260億ドルに増加すると予想されている。 その後、COVID-19が登場し、しばらくの間、他の旅行業界と同様に、キャンプ部門は閉鎖された。 しかし他の多くとは異なり、それは非常に迅速に回復し強く反発した。 昨年、キャンプ業界では需要が異常に増加した。 我々の予約は540%増加した。 これは前例のないことだ。 予防接種プログラムが世界中で展開されるにつれて、人々の考えは旅行に向けられるが、今は何時ではなくて何処へ旅行するかに関心が集中している。 COVID-19の後、旅行者は新鮮さ、空間、そして新しい冒険への欲求を満たすことに取り掛かるが、彼らは自身の安全と環境に気を配るだろう。 業界全体がこれに向けて準備を進めている。 航空会社は、乗客の安全性の向上、国境の閉鎖、環境への圧力に適応している。 ホテルは、ゲストの安全な距離を確保するための変更が組み込み、モバイルアプリでの注文と支払い、新しいタッチレステクノロジーを導入している。 同様に、ツアーやアクティビティはオンラインで予約され、店頭予約の機会はほとんどない。 フォーブスの最近の報告によると、EU全体のキャンプ場の予約は今年も急増し続けるだろう。 キャンパーは、彼ら自身がコントロールできるキャンピングカー、テント、またはトレーラーハウスに居ることを好み、キャンプ場は人々の社会的距離をより簡単に保つことを可能にする。 ただし、旅行が再開された時にステイケーション(staycation)のオプションを選択する旅行者が増えるため、企業は運営方法を変更する必要がある。 企業は、成功と成功を確実にするために新しい手段を導入する必要がある。

 

キャンパーはより大きな安全対策を期待している

Campers expect greater safety measures

COVID-19は我々のほとんどにとって引き続き主要な関心事であるため、キャンパーはサイトが再開した時にプライベート施設、非接触チェックインなどの変化を期待する。 国内で影響力のある組織であるThe Federation of French Outdoor Hotelsは、保健省、公衆衛生評議会、キャンプ場の所有者、および組合組織に沿った健康と衛生のプロトコルの開発を支援した。 これらの新しい詳細なガイドラインには、COVID-19予防措置が実施され、遵守されていることを確認する最終的な責任を負う各キャンプサイトでの安全担当者の任命が含まれている。 もちろん、その性質上、野外でのキャンプは感染のリスクが最小限であることを意味するが、交通の流れを管理する必要があるすべてのキャンプ場の一部では、安全な距離を確保するための対策が講じられている。 新しいプロトコルはまた、子供やティーンエイジャーのクラブなどの娯楽プログラムを10人のグループに限定することを推奨しており、各グループが滞在中に同じ若者を含むことを保証する規則がある。 この包括的な文書は、スタッフのトレーニングから疑わしい感染の管理まですべてをカバーしており、フランスのキャンプ場を企業に開放しておくことに大きく貢献している。

キャンプ場は十分な社会的距離を確保する必要があり、多くは一方向、一度に1つのシステムを運用する。 多くのサイトは、ピーク時のボトルネックを回避するために追加のシャワー設備を借りることをすでに選択している。 キャンプ場は共有の屋内設備を減らすことを目指しているため、屋外シャワーも常設設備になる可能性がある。

 

予約と支払い

Booking and Payment

キャンプのオンラインによる予約と支払いが増加し、オンサイトでの現金の受け取りや非接触チェックインは行われない。 キャンピングカーはオンラインで予約し、支払いをすることをお勧めする。 近年、我々のようなキャンプサービスプロバイダーの新しい波は、キャンプ場だけでなくキャンプ体験全体を提供している。 エクスカーションや冒険は専門家によって運営されており、安全を維持しながら冒険を体験する素晴らしい方法を提供する。 米国では、投資家は、土地所有者や農民がキャンプやアウトドアの分野に参入することを奨励する刺激的な新しいビジネスに多額の投資を行っている。

 

回復を促進する

Fueling the recovery

キャンプ部門は、人々が地方、地域、国のレベルで非常に必要な休憩(break)をとるのを助けることができる。 レンタカー、キャンピングカーのレンタル、地元のツアーやアクティビティなどの他のサービスにゲストを誘導する。 キャンプ場は、ワクチンプログラムが継続しつつあるので、顧客の安全を守るために何をしているのかを伝えることでこの上昇軌道を継続することができる。 また、我々のようなサードパーティのプラットフォームを使用して、はるかに幅広いオーディエンスにリーチすることもできる。 顧客の変化するニーズに対応し、これを効果的に伝達するためにプロダクトを迅速に進化させることができるブランドは、生き残るだけでなく、適応する能力を通じてより強力になる。

著者: Finán O’DonoghueCampsitedCEO(2/24 https://bit.ly/2P57swZ )

 

 

11. アコー、202020億ユーロ損失

Accorは、2021年のビジネスの戦略的焦点の1つとして、ALL Loyaltyプログラムを設定した。 ホテルの巨人は2020年の業績結果の発表に際し、2年前に最初に発表されたロイヤルティスキームを通じてパーソナライズの取り組みをスピードアップしたいと述べている。 Accorは、年間でほぼ20億ユーロの純損失を計上し、2019年比60%減の16億ユーロの売上高を計上した。 EBITDA損失は39,100万ユーロであった。 Hotel Services事業は収益11億ユーロで、前年比ほぼ60%減少した。 ホテルのプライベートレンタル、プライベートセールス、デジタルサービスを含むAccorの新しい事業部門は、同様の基準で42.9%減少し、9,100万ユーロの収益を報告した。 今年のその他の戦略的イニシアチブには、20208月に発表された同社のRESET 2億ユーロのコスト削減計画が含まれる。 Accorは、2020年上半期に報告された月間キャッシュバーン8,000万ユーロと比較して、2020年の月間平均キャッシュバーンを6,100万ユーロに削減したと述べている。 また、コスト削減計画が2021年にEBITDA7,100万ユーロを貢献すると見込んでいるとも述べている。 フランスを拠点とするこのホテル大手も2021年に成長を加速する計画であり、2020年に205のホテルをオープンし、1,000を超えるホテルのパイプラインを持っていると述べている。

会長兼最高経営責任者であるSebastien Bazinは、「グループは景気回復を前もって計画し、新しい合理化された機敏な組織の実装、Ennismoreとの合併による12のユニークなホテルブランド、およびFaenaブランドとの戦略的パートナーシップの署名などを通じて、ライフスタイルにおけるリーダーシップの地位を強化するための大規模なイニシアチブの展開を続けた。 2021年、ワクチンは主にレジャー客によって推進される観光業の段階的な回復を確実にしているが、Accorは回復の恩恵を受け、ロードマップを推進するのに理想的な位置にある」と述べている。(2/24 https://bit.ly/3bR7QqT)

 

 

12. トラベルポートのリブランド

 

Travelportは、Worldspan, Galileo, Apollo3つに分かれたバックエンドコアを廃止し、マルチソースコンテンツ機能を提供する1つのシステムを採用する次世代プラットフォームの立ち上げを準備している。 CEO Greg Webbは、20198月にCEOに就任して以来、会社で起こった変革を反映した新しいビジュアルアイデンティティを発表すると述べている。

「我々は、従業員とパートナーや顧客の両方の考え方とメンタリティに大きな文化的変化をもたらした。 我々は、旅行や観光の分野でコンテンツ集約ソースと小売市場を提供する時に、自分たちが得意なことにばかげているほど細密に焦点を合わせた。 そのため、我々はその点で最高になることに焦点を当てている」「我々は異なった行動をとり、異なった話し方をし、内部的には以前とは異なっているので、異なって見える必要がある」とWebbは言う。 新しいロゴ、新しい色、“変化は勇敢な人のためのもの”(“change is for the brave”)というキャッチフレーズを備えたブランド変更は、新しいプラットフォームの立ち上げに先立って行われ、一部のTravelportクライアントは、今後数週間における広範な展開に先立って現在新プラットフォームに移行している。 Webbは、新しいプラットフォームに加えて、プロセスを簡素化し、“サプライヤーとセラーがすべてのトランザクションで価値を最大化する” のを支援するために、“コアに忠実” であり続けることに重点を置いていると述べている。

そのために、同社は活動を合理化した。 たとえば、昨年夏に企業予約プラットフォームLocomoteを創業者に売り戻し、12月にeNettOptalWEXへの売却を決定し、ブロックチェーンなどの作業の優先順位を下げた。

「我々が投資していた技術的なものの中には、それらは将来わずかな利益をもたらすかもしれないが、ゲームチェンジャーではなく、業界が我々を見る方法を変えるものではなかったものが存在していた」「我々は自分たちのコアに忠実であり続ける必要がある。 一部の競合他社や他の競合他社とは異なり、我々は多くの航空会社のプロダクトに時間を費やしていない。 どこかの航空会社に収益管理を売り込もうとはしていない。 それは我々がしていることではなく、我々はそれをするつもりはない」と彼は言う。 彼によると、優先事項は、Travelportが顧客を支援するソリューションをさらに迅速に作成できるようにすることである。 「スピードが命。 あなたがより速いなら、あなたが市場に出るのがより速いなら、あなたが市場を変える新しい革新的なものを見つけるのがより速いなら、あなたがより良い能力を提供する革新的な方法を見つけるのがより速いなら、あなたは勝つだろう」「それで我々は過去2年間で、Travelportはかなり速くなったと思う・・・しかし、我々はもっと速く行きたいのだ」とWebbは言う。 Webbは、“グローバル流通システム(GDS)” という用語が好きではないことを繰り返し述べ、「これは20年前に作成されたレガシー環境を指す・・・[そして]未来ではなく業界の過去についてあなたを虜にする。」

代わりに、Webbは“マルチソースコンテンツアグリゲーター” という用語を好み、AmadeusSabreなどのGDSを超えて、Travelportが競合する相手の定義を「マルチソースコンテンツアグリゲーションのスペースに足を踏み入れようとしている企業」にまで拡大する。 COVIDによるレイオフと6月に発表された5億ドルの資金調達パッケージに続いて、Webbは、Travelportは、おそらく合併や買収の取引を通じて、将来的には間違いなく“大きく” なると述べる。 「我々が会社としてより良くなる機会を見つければ、積極的に買収を企てるが、我々のコアミッションに合わないものを手に入れるつもりはない」と彼は言う。 「我々のスポンサーは、この期間中、会社を非常に大きく支援してきた。 買収の可能性を検討する際には、我々をしっかり支援してくれるだろう。」(2/23 https://bit.ly/2ZQvQol )

 

 

13. eDreams Odigeo回復戦略

eDreams Odigeoは、2020年第4四半期中、旅行事業の不確実性が続いていると感じたが、パンデミックの制限が解除された場合、“鬱積需要(pent-up demand)を掘り起こす” という強い立場にあると主張する。 このオンライン旅行代理店グループは、ビジネスは“機敏で機敏” であり、ヨーロッパの主要な消費者ベースで今後数か月にわたって旅行市場が開かれた時に迅速に適応できると考えている。 2020年の最後の3ヵ月(会計年度の第3四半期)の収益は、前年比77%減の3,000万ユーロになった。

調整後EBITDAは、コアeDreams OTAGoVoyagesOpodoTravellinkLiligo メタサーチサイトなどの事業ポートフォリオ全体で1,040万ユーロの損失を計上した。 このグループは、近年、Primeサブスクリプションサービスを大いに活用しており、モデルの成長を続けており、メンバー数は前年比55%増の758,000人になっている。 2023年までに約200万人の顧客が会員になると主張している。 eDreams Odigeoの流動性ポジションは、202012月までに12,500万ユーロ、今年1月末までに12,200万ユーロであった。(2/25 https://bit.ly/3qYDetD)

 

 

14. 私の足跡 ep.53Atle Skalleberg, StudentUniverse

Atle Skallebergのこれまでのキャリアは、適切な場所に適切なタイミングでいること、賢明な決断、そして忍耐力の組み合わせであった。 ノルウェーから米国に到着した後、彼は最終的にStudentUniverseに就職し、ビジネスの基本を学び、同様に重要なこととしてビザを取得するために何でもする準備をした。

その後数年以内に、彼は会社(若者と学生の旅行のためのオンライン旅行代理店)を運営し、成長、買収を経て、そして最終的にはFlight Centre Groupへその会社を売却した。 彼はメンタリングを強く信じており、何が可能かについて正直であり、適切なパートナー(および買収者)を見つけることに関しては時間をかけている。 彼はHow I Got Hereの最新ゲストに参加する。

HIGHは、PhocusWireMozioがプロデュースする毎週のショーで、スタートアップの裏話と旅行と輸送の革新を目的としている。 編集長のKevin Mayと、Mozioの共同創設者兼CEODavid Litwakが主催している。(2/25 https://bit.ly/2ZUl6oZ)

 

 

15. 2020年、航空会社投資停滞

収入がほとんどないため、航空会社と空港は、1年前にパンデミックが発生した際にテクノロジー予算を削減し、優先順位を再設定することを余儀なくされた。

SITAの数値によると、航空会社と空港は2019年に610億ドル以上のテクノロジーを費やす予定であったが、昨年はまったく別の結果となった。 SITA 2020 Air Transport IT Insightsによると、航空会社からの計画されたIT投資は2020年に220億ドルに減少した。 キャリアの半数以上が2020年にテクノロジーへの投資を増やすことを計画していると述べていたが、実際には、91%が当初の予算よりも少ない金額を費やした。 当然のことながら、これは空港でも同様だ。 2020年のテクノロジー支出は35億ドルに落ち込んだが、12か月前の投資額は約90億ドルであった。 繰り返しになるが、空港の58%が支出を増やす計画であると述べたが、85%はパンデミックのために投資が減少したと報告した。

航空業界にとって状況がいかに悲惨であったかをさらに思い出させるために、ヒースロー空港は今週その収益を発表し、年間で20億ポンドの損失を明らかにした。 さらに、乗客数は1970年代以来見られなかったレベルにまで減少した。

このような状況を背景に、テクノロジーチーフは、すでに持っているものをさらに活用し、支出の優先順位を変更することを検討する必要があった。 SITAによると、今後2年間の航空会社の投資の最優先事項は、モバイルアプリケーション、サイバーセキュリティ、クラウドサービスを介した旅客サービスである。

これは、クラウド、サイバーセキュリティ、ビジネスインテリジェンスであった2019年の優先事項と比較される。 さらに、ほとんどのキャリアは、短期的にIT支出が増加することを楽観視していないようで40%が減少を期待している、29%が同じままである、31%が増加すると述べている。

最近のCAPAイベントで、EasyJetCEOであるJohan Lundgrenは、パンデミックが技術革新に切実に必要とされていた資金をどのように取り除いたかを強調した。 航空会社はまた、乗客がタッチレス体験を作成するための自動化に投資する計画について質問された。 48%が2020年に自動チェックインを展開したが、70%は2023年までに自動チェックインを計画すると述べている。

自動搭乗ゲートを介したセルフボーディングも2020年に36%増加し、2023年までに68%が提供する予定である。

 

生体認証ブースト

Biometric boost

航空会社はまた、IDドキュメントを備えたバイオメトリクスを使用したセルフボーディングへの投資を2倍にする計画であり、2020年の39%に対して、82%が2023年に実装することを計画していると述べている。 生体認証のみを使用した搭乗も大きな一歩を踏み出す可能性があり、キャリアの57%が、2020年の5%に対して、2023年までに実装すると述べている。 空港の場合、投資の優先順位は変更されておらず、サイバーセキュリティ、クラウドサービス、ビジネスインテリジェンスは依然として上位3つのスロットを占めている。 空港は乗客向けのセルフサービス技術にも焦点を当てており、72%が2020年の42%に対して、2023年までに自動入国管理を実施することを目指している。 一方、空港の77%以上が、現在26%であるのに対し2023年までにセルフボーディングゲートを実装することを計画している。 航空会社や空港が回復モードに移行し、パンデミックの経済的影響と旅行の新しい現実を緩和するため、これらの開発は今後非常に重要になる。

ヒースロー空港のCEOJohn Holland-Kayeは今週、デジタルヘルスパスポートの必要性を強調し、乗客1人あたりの現在の紙の書類の処理に20分かかると人数が増えるにつれて対応不可能になると述べた。 パンデミックから何か良いことが起こった場合、デジタル開発の加速とその結果としての生体認証の向上により、よりシームレスな旅がより近く、より速くなる可能性がある。(2/25 https://bit.ly/3kqoqS5 )

 

 

16. ブッキング55%減収、決済プラットフォーム焦点

Booking Holdingsの社長兼最高経営責任者であるGlen Fogelは、2020年の第4四半期に収益と予約の両方が前四半期よりも大幅に減少したにもかかわらず、アナリストと財務結果を共有するための電話会議で積極的経営姿勢を見せた。

Fogelは、「2020年は世界がこれまでに見た中で最大の世界旅行に混乱をもたらした」「しかし、旅行者は2020年中にプラットフォームを通じて35,500万泊の宿泊を予約し、調整後EBITDAで約88,000万ドルを生み出して利益を維持した。 この前例のない年と予測不可能な年にこれらの結果を提供することは、常に効率的な運用に非常に重点を置きながら、旅行の顧客とサプライパートナーに最高の価値とサービスを提供するためのチームの絶え間ない努力の功績である」と説明した。 もちろん、2019年に関連する2020年通年の数字を考慮すると、バラ色の少ない絵が描かれる。 客室の宿泊日数は58%近く減少し(前年の84,400万から減少)、調整後EBITDA85%減少した。

 

年間の総旅行予約額は354億ドルで、2019年と比較して63%減少し、2020年の総収入は68億ドルで、前年度から55%減少した。 Fogelによると、第4四半期の業績も、2020年の第3四半期と比較して著しく低下したが、予想ほど急激ではなかった。 第4四半期の総旅行予約は73億ドルで、前四半期に記録された134億ドルのほぼ半分であり、2019年の第4四半期と比較して65%減少した。 予約された客室の宿泊日数は7,600万ドルで、第3四半期の12,700万ドルから減少、2019年第4四半期と比較して60%減少した。 第4四半期の総収益は12億ドルで、前年比で63%減少し、第3四半期に報告された収益(26億ドル)のわずか半分となった。 また、第4四半期の調整後EBITDAは、2019年第4四半期の調整後EBITDA13億ドルであったのに対し、3,800万ドルの損失であった。 マーケティング費用は、2019年第4四半期の99,200万ドルから第4四半期には61%減少して38,600万ドルになった。 通年では、マーケティング費用は2019年の50億ドルから22億ドルに減少した。 また、同社はスタッフを約23%削減した。 2020年には、人件費を年間約37,000万ドル節約できた。

 

“我々が制御できるもの” を制御する

Control “what we can control”

新しいCOVID-19の症例、国境の制限、ワクチンの不均一な流通により、回復のペースは依然として不確実であるため、Fogelは、Booking.comの支払いプラットフォームの拡大、コネクテッドトリップ機能を構築し、米国での市場シェアを拡大する。 Fogelによると、2020年のBooking.comの総予約の22%は、統合された支払いプラットフォームで処理され、2019年の15%から増加、その数は今後も増えると予想している。 「これまでBooking.comでアクセスできなかったマーチャンダイジング機能を有効にするためこの支払いプラットフォームは戦略的に重要であるので、将来的には選択的に活用して成長を促進することを期待している。 さらに、この支払いプラットフォームは、コネクテッドトリップ戦略を実現するための基盤である」と彼は言う。 コネクテッドトリップビジョンに関連するもう1つの優先事項は、Booking.comで“堅牢なフライトプロダクト” を構築することである。 「これにより、旅行の早い段階でフライトブッカーと交流できるようになり、宿泊施設やその他のプロダクトをそれらのブッカーにクロスセルする機会が得られる。 今後数年間で、フライトはビジネス全体の構成の増加を表し、収益とEBITDAの増加を促進すると予想している」とFogelは言う。 コネクテッドトラベルの各種の要素 ― 支払いネットワークと個別のサポートによって接続された宿泊施設、フライト、地上交通機関、アトラクション、ダイニングにまたがるプロダクトなど旅行のすべてのさまざまな要素 ― の基盤は、ロイヤルティと利用頻度を高めることにある。 「人々を直接我々に戻してもらうこと(つまり直販)は、今後の重要な戦略である」とFogelは言う。 そして、米国でより多くの市場シェアを獲得することの3番目の優先事項に関して、Fogelは、その重要な部分は、Booking.comの代替宿泊施設ビジネスを構築することであると述べている。 「我々はグローバルに大規模で競争力のある代替宿泊施設ビジネスを構築してきたが、米国ではそれを改善する重要な機会があると信じている。 これには、プロダクトの改善、供給の獲得、Booking.comでのこのタイプの在庫に対する消費者の意識の向上が含まれる」と彼は言う。 Fogleは、同社は一戸建て不動産(single-home properties)の供給を増やす必要があると述べており、専門の不動産管理パートナーと協力することで、それをより迅速かつ効率的に行うことを期待している。 パンデミックの初期にBooking Holdingsを批判したホテルサプライヤーとの会社の関係の状況について尋ねられた時、Fogelは、プロモーションに関連する戦略の提供、収益管理、コンテンツの開発など、さまざまな方法でパートナーを支援していると述べている。 「私はリレーションシップの観点から、ディストリビューターとして、需要が少ない時は、彼らの確かなパートナーとしてより価値があると信じている」「非常に高い稼働率の時代には、どのホテルもディストリビューターはそれほど必要ない。 しかし稼働率が高くない場合は、需要を探し始める。 そして、我々には世界最大のホテル需要のプラットフォームであるという利点がそこにある」と彼は言う。(2/24 https://bit.ly/3bysTxW)

 

 

17. バケーションレンタル、“コラボ” がキーワード

米国の旅行業界はCOVID-191日平均16億ドルを失っている。 全国の都市は収入不足に悩まされており、地元政府の議員たちは観光収入に依存する経済を、責任を持って復活させる方法に取り組んでいる。 家族、最前線の医療従事者、新しく開発された遠隔地の労働者が社会的に離れた宿泊施設の選択肢を模索したため、長期にわたる景気後退の中でバケーションレンタルは珍しい明るい場所として機能している。

STRAirDNAの共同レポートによると、20204月上旬から20207月上旬にかけて、世界のバケーションレンタル業界では世界の予約数が257%増加し、危機の間の平均滞在期間も58%増加した。 バケーションレンタルは地方経済において重要な役割を果たし、都市に不可欠な税収を提供し、保守作業員、造園業者、家政婦(house keepers)、その他の請負業者の仕事を支援する。 訪問する家族が地方に滞在する間、観光消費をコミュニティ内で循環させ続ける。 バケーションレンタルのV字型の回復が永続的な傾向であることを保証するために、業界のすべての主要なプレーヤーは、効果的な公共政策について市や州政府と積極的に提携する必要がある。

 

有効なポリシー  Policy that works

すべてのコミュニティの利害関係者とのオープンな対話と生産的なパートナーシップに基づいた公共政策への全体的なアプローチは、公正かつ効果的な規制を全国的に推進するのに成功していることが証明されている。 たとえば、南カリフォルニアの砂漠都市であるラキンタは最近、責任あるバケーションレンタルの運営を継続することを許可する条例を採択し、同時に近隣の懸念にも対処することとした。 これにより、バケーションレンタルが都市の長期的な経済成長に貢献できるようになる。 同様に、サンディエゴ、カウアイ、ホノルルでは、これらのコミュニティ内の主要な利害関係者の関与の結果として、歴史的な合意に達した。 サンディエゴでは、その取り組みには、市議会のメンバーと、とりわけ主要な労働組合であるUNITE HEREが含まれ、包括的な新しいガイドラインを通じてバケーションレンタル物件を安全かつ効果的に規制する方法に関する覚書(MOU)を締結した。 これは、初のこの種の合意で画期的合意となった。 サンディエゴの地元の短期賃貸所有者および管理者の同盟であるShare San Diegoによっても支持されている。 提案されたバケーションレンタル条例はこの覚書の結果であり、今月後半に投票のために市議会に転送される前に、市の計画委員会によって満場一致で承認された。 ハワイでは、カウアイ島とオアフ島の両方でMOUが署名されており、安全な旅行が再開されてもコミュニティが責任ある不動産や運営者によって提供される経済的利益を享受できるようにしながら、違法に運営されているバケーションレンタルの政府による追跡と施行を促進している。

 

信頼できるソリューション  Trusted solution

パンデミック後の回復を促進するバランスの取れた規制を制定するために地方自治体と協力することは、パズルのほんの一部である。 同様に重要なのは、次の休暇を予約する際の旅行者の信頼を回復し高めることである。 その多くは、健康と衛生対策に関する透明性に帰着する。 パンデミックの開始時に、オンライン旅行プラットフォーム、米国旅行協会、バケーションレンタル管理協会などの旅行リーダーが公衆衛生当局と協力して、米国疾病予防管理センターと世界保健機関とCristal International Standardsの推奨事項に基づいて、バケーションレンタルの清潔度に関するガイドラインを作成した。 旅行者を安心させるには、所有者と不動産管理者(property managers)が採用した特定の衛生手順に基づいてオンラインの不動産リストをフィルタリングし、自信を持って予約して旅行できるようにすることが重要である。 多くの所有者や不動産管理者は、清潔チェックリストなどの利用可能なツールやリソースを使用して、個々の不動産の説明やリストに衛生対策を報告し追加している。 旅行者が自信を持って次の旅行を検索して予約するために必要なツールを提供することに加えて、多くの所有者やプロパティマネージャー、および彼らが活動するコミュニティの懸念は、良き隣人になり敬意を持って、隣人を邪魔したり、ホストの財産を傷つけたりしない滞在する方法である。 Stay Neighborlyなどの革新的なコミュニティイニシアチブは、バケーションレンタルの所有者と管理者がリソースにアクセスして地域の規制に準拠し、コミュニティの苦情を回避するための1つの方法である。 データを活用したテクノロジーソリューションもこの分野でサポートされており、騒音監視会社であるNoiseAwareなどの企業を活用して、迷惑な苦情が発生する前に防止している。

 

今後の展望  Looking ahead

パンデミックは旅行環境に前例のない変化をもたらした。 旅行は劇的に低調だが、家族の82%がすでに2021年の旅行を計画しているため、旅行の計画ではそうなってはいない。 また旅行の専門家は、バケーションレンタルが今後も消費者にとって最高の選択肢であり、この国の隅々での景気回復の取り組みに貢献することを期待している。 バケーションレンタルに対する旅行者の嗜好が高まっているにもかかわらず、広範な経済回復は、都市、プラットフォーム、バケーションレンタルの所有者と管理者の間の協力的な取り組みに依存している。 旅行および観光業界が、安全かつ自信を持って旅行を再開する旅行者の復帰を歓迎するために、この協力的な取り組みは、バランスの取れた規制を制定して、加速的かつ持続的な成長のための強力な基盤を構築する必要がある。

著者:Kevin Locraftは、Expedia Groupのパートナーサクセス、バケーションレンタル副社長。(2/25 https://bit.ly/3dM6pwn )

 

 

18. コンサルティングのCompass Collective

多くの旅行専門家にとって、2020年は、彼らとそのブランドがビジネスを行い、考える方法に大きな変化をもたらした。 高級旅行デザイナーのCourtnie Nicholsは、COVID-19による突然のダウンタイムを利用して、高級ビジネスを再考するとともに、旅行業界の多様性と包括性を高める方法を学んだ。 コロナウイルスのパンデミックにより結婚式が保留になっているため、フロリダを拠点とするNicholsは、2017年に設立した目的地の結婚式の計画代理店であるTravelBashを超えて拡大し、豊かなミレニアル世代の市場を追いかけようとした。 そのために、彼女は、メンバーのための没入型で排他的なオーダーメイドの体験を専門とする豪華な旅行デザインスタジオであるTRVLBを立ち上げた。

彼女はまた、旅行ブランドが観光マーケティング活動とスタッフトレーニングを通じてより多様な旅行者グループにサービスを提供するのを支援するコンサルティングエージェンシーであるCompass Collectiveの開発を開始した。

1月中旬に開始されたCompass Collectiveは、チームワークショップ、11のコンサルティング、基調講演、市庁舎、パネルディスカッションを提供している。 重点分野には、観光マーケティングキャンペーンの開発、代表および組織の監査、多様な旅行およびインフルエンサーマーケティングが含まれる。

Nicholsは、20205月のジョージフロイドの殺害が世界中の人種平等の要求に火をつける前に、Compass Collectiveのような組織のアイデアが浸透していたと言う。 しかし、昨年の夏にブラック・ライヴズ・マター運動が勢いを増したため、Nicholsは彼女のアイデアを実行に移した。

「私はこれらすべてのことを言い、これらすべての意見を持っていて、それらを表現する方法を本当に知らなかった」とニコルズは言い、Instagramに黒い四角を投稿するなどの実行手段(performative measures)は本当の影響を与えるものではなかったと述べた。

父親がテネシー州ジョーンズボローの最初の黒人市長であり、祖父が町で最初の黒人市会議員だったNicholsは、彼女のバックグランドが世界を変えたいという願望を植え付けるのに役立ったと言う。 「私は、より良いことをしたい、より良くなりたい、そして黒い四角を立てるだけでなく、多様な市場を本当に支持したい企業(brands)と一緒に働きたい」と彼女は言う。

「あなたが旅行ブランドで、[黒人旅行者と有色人種]を引き付ける方法がわからない場合は次の戦略がある。 有色人種のインフルエンサーとペアになる必要があるか?ここにいくつかのオプションがある」と彼女はCompass Collectiveがクライアントに提供するいくつかのサービスについて述べている。

「これが私の体験した方法である。 私は政治家ではないが、この分野では、旅行業界での経験と有色の女性であるため、他の人よりも知識が豊富であると感じている。」

 

通年の取り組み  Year-round commitment

Nicholsは、前向きな変化を起こすには時間がかかる ― それはプロセスだ ― と強調する。 旅行ブランドは、組織内にどれほど深く根付いた不平等があるかを考慮する必要がある。 「“このマーケティングキャンペーンの全体像を変えるだけだけ”とか、“多様性と包括性を実現するために黒人を雇うだけだ”と考える・・・それほど単純ではない。白か黒ではない」と彼女は言う。 企業は、経営幹部と取締役会の構成を検討することから始め、多様性と包括性を専門とするコンサルタントと協力することを検討する必要がある。 また、最終的にサービスを提供する旅行者の構成も考慮する必要がある。 Nicholsによると、2月は米国の黒人歴史月間であり、黒人の歴史を祝うべき月であるが、旅行ブランドは一年中、本物の方法で黒人コミュニティを受け入れる必要がある。

[黒人の消費者]は信憑性に重点を置いており、偽物を見分けることができる。 生き残るためにそれをしなければならなかったので、私たちは偽物がなんであるかを知っている。」 彼女は、あらゆるバックグラウンドのますます多くの人々が、彼らが彼らのお金をどのようにそしてどこで使うかについてより選択的になっていると付け加える。 「旅行が変化していることを人々に知ってもらいたいのだが、[ブランド]が変わらなければ、彼らは追いつくことができないのではないかと心配している」「結局のところ、私は感情的になって“それは正しいことだ、それはあなたの収支に影響を与える” と言うつもりはない」とNicholsは言う。(2/26 https://bit.ly/308tHoh)

 

 

19. デジタルノマド、中東市場回復支援

中東は、地域がCOVID-19パンデミックによって引き起こされた荒廃から立ち直ろうとしているので、回復の緑の芽を見始めている。

旅行分析会社ForwardKeysのデータによると、特にドバイは、1か所で長期間生活して仕事をしたいと考えているデジタル遊牧民の目的地になっている。

ドバイが20207月に再開を発表して以来、フランス人旅行者が最初にこの地域に集まり、10月中旬までに到着者が83%増加した。しかしフランスが2回目の全国封鎖に入った後、フランスからの予約は減少したが、12月に再び回復した。 12月に封鎖が解除された後、英国からの旅行者も増加したが、ロシアの旅行者は記録的な数でドバイを訪れている。 実際、ドバイでのロシア人旅行者の平均滞在期間は、2019年の平均のほぼ2倍となっている。 ForwardKeysによると、ドバイに長く滞在する傾向は偶然ではなく、ドバイ政府が行った賢明な動きであり、1014日にデジタル遊牧民ビザを導入して、より長い滞在を求める裕福な市場からの旅行者を引き付けた。 航空券のデータは、ヨーロッパと南北アメリカから発行されたチケットが1020日以降増加傾向にあることも示している。 「[Digital Nomad Visa]プログラムが最初に発表された10月下旬から、長期国際チケットが毎週増加していることに気づいた」とForwardKeysEma Mandalは述べている。 「遠隔地の労働者は、最長1年間有効なビザで家族と一緒に暮らすために、ドバイに来ることができる。 カナダや英国を含む多くのオリジン市場は、11月と12月に前年比で成長を示している。」(2/25 https://bit.ly/2Oa1zhO)

 

 

20. 直言:コラボに何故プロアクティブ必要か

毎週金曜日に、PhocusWireは、その週にPhocusWireがカバーする業界のトレンドや新しい開発について分析し討論する。 旅行業界の回復は、電灯のスイッチを入れるほど簡単なことではなかった。 2021年のこの早い時期に旅行者がワクチンを接種したとしても、業界の企業は“良い時代” が戻る前に解明することがたくさん存在する。 実際、特に多くのブランドがスケルトンの人員配置を実行し、国の一時解雇制度を利用しているため、パンデミックの壊滅的な影響はまだ真に感じられていないという強い議論がある。 これらのプログラムがなくなると、旅行組織は自力で生き残り、事業運営の経済がスタッフに支払うことができるほど早く戻ってこなかったかもしれない収入で生き残ることを余儀なくされる。 だからこそ、“V字型の回復” という話は紙の上ではいいように聞こえるが、明らかに“消費者の鬱積需要” が勃発したとしても、現実は、それを実現するのは非常に困難である。

Kevin Locraftが正しいのは、レンタルと地方自治体とのパートナーシップに焦点を当てていることだ。 Airbnbのような企業は、最初は不動産所有者(そしてもちろんAirbnb)の収入を稼ぐ力を与えたモデルで登場したが、規制当局や政府と緊迫した関係にあることが多い。 セクターが立ち直る、または慎重な効果的な方法で戻ってくる能力は、観光と旅行がおそらく以前に考えられていたよりもはるかに大きな努力が必要である。 パンデミックは業界、人々の生活、そして彼らの生活に打撃を与えたので、多くの要素が公正で意味のある方法で再建される必要がある。 それが、ビジネスモデルが地域社会や地方自治体の財政に与える影響についてより積極的(proactive)になることを意味するというのであれば、そうなるだろう。 すべての人に役立つ方法で運営するチャンスがある。 つまり、すべての人が自分の役割を果たし、正しいことをしなければならないということだ。(2/26 https://bit.ly/3qZRr9z)

 

 

21. アマデウス、2020年大幅欠損61%減収

Amadeus2020年に収入20億ユーロ計上した。 これは2019年と比較して61%の減収となる。 この流通大手は、今年の最終四半期に航空交通にわずかな改善が見られたものの、パンデミックは旅行に深刻な影響を及ぼし続けたと述べている。 同社の年間EBITDA90%減の22,300万ユーロ、利益は124%減の損失3200万ユーロとなった。 社長兼CEOLuis Marotoは、Amadeus2020年に5億ユーロのコスト削減を達成し、35億ユーロの流動性で2020年を終えたと述べている。 彼は「昨年の旅行へのショックにもかかわらず、多くの顧客は将来の成長のためにテクノロジーへの投資を続けた。 ITソリューションセグメントの重要な取引に合意し、コンテンツ契約を拡大しながら、新しいNDC契約に署名した。 ホスピタリティと空港では、ビジネスインテリジェンスとセルフサービスソリューションに対する顧客の関心が高まっている。 我々は旅行の将来について引き続き楽観的であり、移動制限が解除されると旅行が再開され、もう一度業界が繁栄すると確信している」と付け加える。

同社は、2021年に固定費削減プログラムを維持し、さらに5,000万ユーロのコスト削減を行うことを明確にしている。 20201231日に終了した第4四半期の収益は、474百万ユーロ、損失は88百万ユーロであった。 流通収益は16,250万ユーロ、ITソリューションは31,200万ユーロで、それぞれ78%と49%減少した。 Amadeusは、クラウドへの移行と“デジタルおよびカスタマーサービスの変革策” が、現在の困難な環境を乗り越えるのに役立つと述べている。 同社はマイクロソフトとのパートナーシップを発表しており、今後35年でパブリッククラウドに移行する予定である。

声明によると、このパートナーシップにより、Amadeusは“クラウドテクノロジーを活用して、新製品やソリューションを革新および探索し、よりスムーズな旅行体験を生み出す” ことが可能になる。 クラウドへの移行により、同社は「運用能力を拡大または縮小したり、市場や需要の状況に応じて必要に応じて調整したりする柔軟性が向上する」と付け加えている。 ほぼ2年前、Amadeusは、Master PricerショッピングアプリケーションのGoogle Cloudへの移行を発表し、100%クラウドインフラストラクチャの実現を目指していると述べていた。

マイクロソフトのパートナーシップについて、Amadeusの広報担当者は「共同出資のイノベーションプログラムを含め、この新しいパートナーシップに投資しているが、将来的に他のプロバイダーと協力する可能性を排除するものではない。 確かに、ベンダーやパートナーもパブリッククラウドから運用することが増えているため、進化するニーズに合わせてハイパースケーラー(規模の大きいクラウドベンダ)全体にフットプリントを分散させることができる」と述べている。 Amadeusによると、マイクロソフトとの契約は将来に向けて会社を強化する計画の一部であり、NDCと企業のホスピタリティテクノロジーも焦点の一部である。(2/26 https://bit.ly/3bLEzgT)

 

 

22. 222日の週の資金調達ニュース

·         Kakao Mobility

韓国を拠点とするサービスとしてのモビリティ(mobility-as-a-service)プラットフォームであるKakao Mobilityは、2億ドルの資金を確保した。 投資は、Carlyle Asia Partners V fund を介してCarlyle Groupから行われた。 Kakao Corporationの一部であるKakao Mobilityは、アプリプラットフォームからタクシーの配車、電動自転車のレンタル、駐車およびナビゲーションサービスを提供している。 Carlyleの声明によると、韓国企業は自動運転技術も開発しているという。 Kakao Mobilityは、Carlyleの“業界知識とグローバルネットワークを活用して新しいビジネスに拡大する” だけでなく、テクノロジーに投資することになると付け加えている。 CarlyleアジアアドバイザリーチームのマネージングディレクターであるJohn Kimは「経験豊富な管理チームのリーダーシップの下、Kakao Mobilityは強力なデータ分析とテクノロジー機能を備えた韓国最大のMaaSプラットフォームに成長した」と述べている。 Carlyleは、過去に、Tripadvisorに買収される前のViatorを含む旅行会社に投資して来た。 同社は201912月にAmerican Express Global Business Travelへの投資を発表したが、20205月にこの取引は頓挫した。 報告によると、2014年にAmerican Express GBT50%の買収を主導したCarlyle GroupCertaresは、この失敗した取引に関連する訴訟を和解した。(2/23 https://bit.ly/3unNEVQ)

 

 

 

+++++

6月4日

九州で大手系列越え初の共同運航

米ユナイテッド航空、超音速機購入へ