海外事情・旅行流通

フォーカスライトJapanでは、PhocusWire Daily (phocuswire.com) 並びにTravel Weekly (travelweekly.com)を含む海外主要旅行業界誌から、面白そうな業界ニュースを選別し日本語に意訳して、トラベルジャーナル(TJ)の隔週コラム「FROM THE WORLD/海外事情」とTD 勉強会(e-rtb.com)に掲載しています。TDTravel Distribution)勉強会の「海外事情 アーカイブ」では、TJのコラムに掲載したニュース以外の記事を、TJコラム発行日の3日遅れで掲載しています。 

 

202131

海外事情 222日号

 

Google Researchによると、今日の典型的なオンライン旅行の消費者、つまり過去、現在、未来のホテルのゲストは、ソーシャルメディアのやり取りからメッセージング、スマートフォンでのヘッドラインのクイックリードまで、年間25万を超えるデジタルマイクロモーメントにさらされている。 (年間25万回を1日当たりにすると約700回になる。そんなに多い?と訝ってしまうほどだ。) eMarketerによると、今年の旅行消費者は、他のすべてのメディア(TV、ラジオ、新聞、雑誌)を合わせた5時間30/日よりも、デジタルメディア(6時間41/日)に多くの時間を費やすだろう。・・・と「7. ホスピタリティのデジタル旅行者対応」が伝える。

 

デジタルマイクロモーメントについては、thinkwithgoogle.comが、次のように説明する。

『モバイルの普及により、生活者は「何かをしたい」と思った時、すぐに目の前にあるデバイスで調べる、購入するという行動を起こすようになりました。この行動に出る瞬間 であるMicro-Moments (マイクロモーメント)を的確に「見極め」、生活者が求めている情報を「届け」、そして効果を正しく「測定」すればモバイルが生み出す価値を最大化することができます。』

 

そしてこの記事は、このような旅行者のデジタル化に対応して、ホテルのマーケティング戦略を見直さなければならないと言っている。 これは、ホテルに限らず旅行業界全般に言えることではないだろうか。 旅行業界のDXがいかに遅れているかを改めて認識させられた。 世界ではオンライン広告の出稿量がオフラインを追い抜いてしまった。 日本でも2019年にオンライン広告がTV広告を上回った。

 

TwitterTrump元大統領の投稿禁止、競争法違反の疑いで米連邦取引員会(FTC)がFacebook(20042月立上げ)を提訴、中国動画SNSTikTok20179月立上げ)の急成長、口コミ掲示板SNSサイトReddit20056月立上げ)によるGameStop株急騰騒動、招待制の音声SNSアプリのClubhouse20204月立上げ)の異常人気、中国WeChat(微信)(20111月立上げ)利用者12億人に対するネット通販「微信小商店」のテスト開始・・・などなどSNSだけをとっても最近の大きなニュースが目白押しだ。

 

Twitter4,700万人のフォロワーを抱えるElon Mask(電気自動車Tesla創立者)のビットコインの15億ドル購入と暗号通貨に関するツイートが、ビットコインを5万ドルまで上昇ささせたと言われている。 5年前の400ドルの何と125倍だ。 「16. 直言:ビットコイン、脱 排他的必要」は、この暗号通貨のファン(利用者)は、Elon Maskやある種の“革命”に夢中になっているがむしゃらなオタクたちであるので、旅行業界で使用されるには時期尚早と言っている。

(編集人)

 

 

目次

1. (TJ) レンタル、記録的予約も収入減少

2. (TJ) Travel + Leisure Co.の新予約プラットフォーム

3. (TJ) ビットコイン、旅行決済に使われるか                215日週 第1位閲覧

  (TJ) = トラベルジャーナル 315日号参照

4. 英当局、Lastimnites.comの払戻に圧力

5. イージージェットCEO現状を語る                           215日週 第3位閲覧

6. Sabre 66%減収

7. ホスピタリティのデジタル旅行者対応                        215日週 第4位閲覧

8. CendynNextGuest合併

9. グーグル、ホテル評価で罰金

10. ヒルトン、大幅損失計上

11. 将来の決定的旅行、ep. 1 Amadeus旅行部門社長       215日週 第2位閲覧

12. 新興企業の舞台:旅行計画Travis

13. マリオット、1.6億ドル損失、史上最悪年

14. 私の足跡ep. 52: Jamie Wong, Vayable

15. ホスピタリティ取締役会多様性改善

16. 直言:ビットコイン、脱 排他的必要

17. トリアド、202061%減収

18. エクスペディア、D&Iでハッカソン                          215日週 第5位閲覧

19. 215日の週の資金調達記事

 

 

4. 英当局、Lastimnites.comの払戻に圧力

Lastminute.com Groupが未払いの払戻しを顧客に返済しない場合、Competition and Markets AuthorityCMA)は法的措置をとると圧力をかけている。 英国の規制当局によると、このオンライン旅行会社は昨年11月に20201月末までに700万ポンド以上を顧客に支払うことを約束したが、2,600人の顧客には100万ポンド以上の債務が依然として存在する。 CMAは、Lastminute.com Groupが、2020123日以降にパッケージ旅行がキャンセルされてから14日以内に返金を受ける資格のある顧客に返済するという約束を果たしていないと付け加えている。 CMAは、2021212日金曜日にLastminute.com Groupに、会社に対して行動を起こす意向を説明した手紙を送ったと述べている。 規制当局はまた、旅行会社が一部のパッケージ旅行の顧客に航空会社から直接払戻しを求めるように指示したことは、パッケージ旅行規則に違反していると述べている。 これに対し、Lastminuteは、まだ払戻しを待っている顧客に謝罪し、ごく一部の予約の期限に間に合わなかったと述べている。 影響を受ける予約全体の約2%が払戻しを待っていると同社は述べている。 Lastminute.com Groupは、アイルランドを拠点とする航空会社のRyanairのフライトを含む予約に関して、Ryanairが払戻希望者に直接同航空会社に連絡するように案内したことも混乱を惹起したと言っている。 Lastminute.com Groupは、すべての未払いの払戻しを完了するための詳細な行動計画をCMAに通知したと述べている。 (2/15 https://bit.ly/3rWRSBU

 

 

5. イージージェットCEO現状を語る

パンデミックは、在宅勤務の機会だけでなく、限界(limitations)も示している。 多くの旅行幹部は、運命に満ちた予測にもかかわらず、それとは反対に出張が戻ってくると確信している。 EasyJetCEOであるJohan Lundgrenは、オンラインツールは、知っている人や11の会議には適しているが、ビジネスの他の要素には適していないと述べている。 「新しい関係を築いたり、複数の人と話をしたり、複雑さを調べ始めたりする場合、難しい決断を下す必要がある場合は、直接会う方がはるかに優れている。 人間は社会的であり、会いたい、旅行したい、そしてそれらの関係を確立したいと思っている。 重要な構造的変化が起こるとは思わない」と語った。 先週のCAPA Liveオンラインイベントで講演していたLundgrenは、変化が起こるかもしれないが、成長もあるだろうと付け加えた。 他の多くの人と同じように、彼はビジネスよりも早く回復するレジャーのためのヒントとして、旅行の現在の主な目的が休日(holidays)であることを明らかにするEasyJetの研究を強調し、次に友人や家族を訪問し、ビジネス旅行が3番目に来る。 Lundgrenによると、ほとんどの危機の後に同様の傾向が見られている。 EasyJet以前はTUIグループの上級職で長年旅行業界に携わってきた人物として、彼は旅行で多くの危機を経験したと述べている。

9.11では、人々は旅行が二度と同じになることは決してないだろうと言った、まあ、いくつかのセキュリティ制限があり、数年後に記録的なレベルの回復があった。 2007年から2008年の世界的な経済危機があり、人々は出張が二度と戻ってこないだろうと言った。 数年後には活況を呈していた。 あなたが瞬間に立って、あなたが持っているすべての情報を取り、歴史的に根底にある傾向やあなたが知っているドライバーについて考えない時は、それは異なる(難しい)結果になるだろう。」

しかし彼が変化を感じている分野の1つは、持続可能性の問題だ。 多くの人が航空の二酸化炭素排出量に対処する手段として飛行の削減を求めているが、Lundgrenは、航空による環境への影響を少なくすることが重要であると述べる。 「需要面だけを見て、課税し、飛行費用を高くする必要があると言うことは、社会的不平等を引き起こすため、それはひどい、ひどい方法だ。 それは、90年代半ばの規制緩和前の時代に戻って、裕福で特権的な人々が利用できるものだったことを意味する」と言う。 彼は、持続可能性の名の下に後退して飛行を制限することは、より低い搭乗率とより低い効率を意味すると言う。 「これはパンデミックの危険性である。 新しいテクノロジーに投資するために業界から切実に必要とされていた資金が排除されるからだ。 航空会社のコミットメントの一部は取り下げられている。」 Lundgrenは、EasyJetは、すべての炭素排出量を相殺する世界でも数少ない航空会社の1つであると述べている。 「我々はそのコミットメントを維持している。 これは、我々が大いに信じている水素や電気などの革新的な技術に取り掛かる前の架け橋となるソリューションである。 それまでの間は、カーボンオフセットスキームは不可欠であり、現時点では絶対に適切なソリューションである。」 彼はまた、パンデミックの過程で下された難しい決定のいくつかに触れた。 これには、組織の規模を適切に設定し、生産性を向上させるために設計された大幅なコスト削減プログラムが含まれる。 対策には、キャリアに柔軟性を高め、冗長性を回避するためにスタッフをパートタイム契約に入れることが含まれている。 「コストの観点から、我々がやったことを誰もがやったとは思わない。 これは、将来的に利益率が向上するため重要であるが、成長を継続させる場合に非常に優れた基礎となる。 成長するのに危険なことの1つは、コストベースが平坦化されることである。 毎年多くの供給を投入するとすべてが見栄えが良くなるため、一般的に企業の非効率性が隠される。 Lundgrenは、“なり残忍な(pretty brutal)”な問題であっても、全てに対してあらゆる手段を講じると言う。 「人々に影響を与えた不快な決定が存在したが、最終的には、今から6122436か月後には、それが正しい決定であったことが分かるはずだ」と言う。(2/15 https://bit.ly/2NvgC5j )

 

 

6. Sabre 66%減収

Sabre全体的な収益は2020年に13億ドルに急落した。 これは、年間66%の減少となる。 普通株主に帰属する純損失も13億ドルを計上した。 同社によれば、コロナウイルスのパンデミックの猛攻撃によって悪影響を受けたが、この年に実施された多くのコスト削減策がその影響を部分的に相殺した。 2020年の第4四半期の収益も、前年同期比で3分の2減少して31,380万ドルになったが、これはSabreにとって第1四半期以来の最高の3か月であった。 通年の流通収入は58,200万ドルで、2019年に比べて79%減少した。 Sabreの予約数値に関しては、2020年の航空券も前年比79%減少して1300万になった。 非航空予約は68%減少して6,700万になった。 年間の乗客数は32,300万人で、2019年の74,100万人の約半分であった。 SabreIT Solutions部門の数値は、他部門よりはわずかに良く同期間に59,500万ドルの40%減少になった。 2020年の悲観的な財務報告にもかかわらず、Sabreは、旅行者が自信をつけて“空への回帰” を期待しているため、“旅行に対する鬱積需要が存在している” と考えている。 同社は、旅行制限が厳しくなったため、ヨーロッパは他の市場よりも回復が遅いと考えているが、「幸いなことに、Sabreにとっては北米が最大の市場である」と述べている。

社長兼最高経営責任者のSean Menkeは「COVID-19のパンデミックに照らして、2020年は世界の旅行業界が直面した最大の課題を提示し、世界の航空およびホテルの予約は前年よりも減少した。 COVID-19ウイルスの影響が広がるにつれ、財政状態を改善するために迅速かつ断固たる措置を講じた。 今後の年間コストを約2億ドル削減した。 これは、2019年のコストベースに対して大幅な節約になる。 流動性を追加し、債務の満期を延長し、15億ドルの現金残高で年末を迎えた」と述べている。

*昨年11月のThe Phocuswright Conference2020で記録されたMenkeへのこのインタビューをご覧ください(2/16 https://bit.ly/3jWBoXA )

 

 

7. ホスピタリティのデジタル旅行者対応

Google Researchによると、今日の典型的なオンライン旅行の消費者、つまり過去、現在、未来のホテルのゲストは、ソーシャルメディアのやり取りからメッセージング、スマートフォンでのヘッドラインのクイックリードまで、年間25万を超えるデジタルマイクロモーメントにさらされている。 eMarketerによると、今年の旅行消費者は、他のすべてのメディア(TV、ラジオ、新聞、雑誌)を合わせた5時間30/日よりも、デジタルメディア(6時間41/日)に多くの時間を費やすだろう。 “デジタルライフスタイル” の爆発的増加に伴い、カスタマージャーニーはますます複雑になっているデジタルカスタマージャーニーに変わり、ホテル経営者はエンゲージメント、取得、サービス、維持のためにテクノロジースタック、企業、マーケティング戦略を見直しなければならない。 これらのデジタルに精通した旅行消費者は、複数のデジタルタッチポイントおよびすべてのデジタルチャネルとデバイスにまたがっている。 残念ながら、我々の業界は、この新しいデジタルの現実に対して非常に準備ができていない。 ホテルに滞在するということは、ゲストの自宅に比べて優れたテクノロジーと設備(薄型テレビ、HBO=Home Box Office、高速インターネットなど)を体験することを意味していた時代は過ぎ去った。 現在、ほとんどのホテルは、クラウドアプリケーションやモバイルアシスタントから、IoT対応デバイス、ストリーミングメディア、6G Wi-Fi、“スマート” に至るまで、デバイス、アメニティ、モバイル、クラウドサービスなどのテクノロジーで家に比べて致命的な遅れをとっている。 テクノロジーの観点から、ホテル経営者にとっての緊急の課題は、デジタルカスタマージャーニーとその夢、計画、予約、体験、共有の各フェーズを通じてゲストを引き付け、変換し、維持するための “デジタルテクノロジー環境” を作成し、ホテルとゲストがすでに自宅で楽しんでいるものと少なくとも同じかそれ以上のルームテクノロジーサービス、アメニティ、アプリケーションを提供する必要がある。 我々の業界の技術不足の主な理由は何か? 1つは、テクノロジー、特にモバイルおよび次世代テクノロジーとクラウドアプリケーションへの体系的な過少投資であり、これは長年にわたって業界を悩ませて来た。もう1つの主な理由は、テクノロジーの採用を導くことができるホスピタリティ教育を受けたデジタル技術者と戦略家の不足である。

 

教育の問題  Education matters

今日、デジタルテクノロジーと最新のテクノロジーイノベーション、トレンド、ベストプラクティスに関する適切なホスピタリティ業界の教育には明らかな不足が存在する。 今日、ホスピタリティテクノロジーコースを教えているホスピタリティスクールはいくつあるか? 重要なホスピタリティ技術アプリケーションに関する専門能力開発技術コースと認定を提供しているのはいくつか? 少ししか存在しない。 数年前、ニューヨーク大学のティッシュホスピタリティセンターは、大学院および学部の “Hospitality Technology” コースを開始し、最近、ホスピタリティイノベーションハブを開設した。 スイスのLes Roches Global Hospitalityは現在、ホスピタリティ戦略とデジタルトランスフォーメーションの修士号取得プログラムを提供している。 これらのプログラムの両方(私は両方で教えられることを光栄に思う)は、テクノロジーのビジネスアプリケーションについて将来のホテル経営者を教育し、将来のデジタル技術者を業界に提供するための素晴らしいスタートである。

誤解しないで欲しい。 私は、ホスピタリティスクールがITおよびソフトウェアエンジニアリング、コンピュータサイエンス、またはPhDレベルのデータサイエンスを教えるように説教している訳ではない。 我々は、これらのスペシャリストは、引き続き一般労働市場から採用していく。 しかし、ホスピタリティテクノロジーのビジネスアプリケーションを理解し、組織のテクノロジーニーズを評価し、テクノロジー戦略と最適なテクノロジースタックを考案し、ソリューションを提供し、ソリューションの実装と継続的な統合を監督する最も適切なテクノロジーを評価および選択できる次世代のホスピタリティデジタル技術者を教育および作成する必要がある。 これはホスピタリティデジタル技術者と技術ストラテジストの仕事であり、ITエンジニア、ソフトウェアエンジニア、データサイエンティストの仕事ではない。 ホスピタリティスクールの卒業生は、最適なホテルの技術スタックと、技術ソリューションを使用して顧客サービスと運用効率を改善し、人件費、運用コスト、流通コストを削減し、収益を増やす方法に精通している必要がある。 彼らは、クラウドPMSとオンプレミスPMSの利点は何か?などの質問に自信を持って答えることができるはずである。 ホテルにRMSが必要なのはなぜか? CRMテクノロジーを使用してリピートビジネスを増やすにはどうすればよいか? ホテルのウェブサイトにはどのタイプのCMSが必要か? 不動産デジタルマーケティングの会話と収益を改善するには、どのタイプのDMSテクノロジーが必要か? 宿泊施設で誰にでもできる問題解決システムをどのように作成するか? 100%非接触のゲスト体験は? 自動化をどのように実装するか、ゲストの満足度を低下させることなく、顧客サービスの効率を改善し、人件費を削減するためのロボット化とIoTデバイスをどのように導入するか?に答えられるはずである。 コーネル大学ホテル管理学部の教授(clinical professorオンラインプログラム)であるBill Carroll博士は、ホスピタリティにおける技術教育の重要性を強調している。 「COVID-19の危機からホスピタリティ業界が回復するにつれて、効果的なデジタルテクノロジーとデジタルマーケティングの役割と使用がさらに重要になっている。 ホスピタリティプログラムには、オンラインとオフラインの両方の教育と研究を通じて業界に奉仕する義務と機会がある。」

スイスのクランモンタナにあるLes Roches Global HospitalityのプログラムディレクターであるScott Dahlは、同じ見解を共有している。 「OTA20年以上前に客室の予約方法に革命を起こし始めて以来、ホテル業界はデジタル変革を遂げて来た。 それ以来、ビッグデータ、クラウドコンピューティング、標準化されたインターフェイスなどの進歩により、この変革が加速し続けているが、ほとんどの場合ホスピタリティ教育は対応できていない。 Les Rochesでは現在、ホスピタリティ戦略とデジタルトランスフォーメーションの修士号を提供しており、カスタマーエクスペリエンスから流通まで、あらゆる分野で新しいテクノロジーを最大限に活用することに重点を置いている。 そして、業界パートナーからの圧倒的な肯定的な反応は、我々は正しい方向に進んでいることを示している。」 ホスピタリティマネジメント、収益管理、マーケティング、不動産開発、財務および会計への集中に加えて、世界中のホスピタリティスクールは、ホテル経営者だけでなく、無数のホテルテクノロジーベンダーにも利益をもたらすホスピタリティテクノロジーへの集中を優先する必要がある。 今日のホスピタリティ業界は、自発的であれ意図的でないにせよ、オンライン、モバイル、クラウド、IoTAI、ロボット工学、ブロックチェーンのツールとアプリケーションを活用した100%デジタルテクノロジー対応のサービス業界に変革する必要がある。 これは、デジタルテクノロジーが、一部のスマートなホテル経営者の運営、ゲストサービスとコミュニケーション、収益管理、流通、CRM、およびマーケティングのあらゆる側面にすでに浸透していることを示す非常に前向きな兆候である。 この “デジタルの未来への飛躍” には、テクノロジーのビジネスアプリケーションを理解し、業界のデジタル変革をリードできる新世代のホスピタリティ技術者とストラテジストの教育が必要だ。

*この記事は、もともとHotels MagazineMax StarkovThe Tech Centerコラムの一部として公開された 著者:Max Starkovは、ホスピタリティおよびオンライン旅行技術コンサルタントおよびストラテジスト。

(2/16 https://bit.ly/2OOc7n7 )

 

 

8. CendynNextGuest合併

Cendynが、CRMおよび仲間のデジタルマーケティング会社であるNextGuestと、Cendynの名前で合併しつつある。 合併により、統合された事業体はホスピタリティ分野で最大のCRMおよびデジタルマーケティングプロバイダーになると声明は述べている。 現在、ハイアット、マリオット、IHG、ヒルトンなどのブランドを顧客ベースに数えている。 声明はさらに、合併によりCendynの範囲が広がり、すべてのゲストとのやり取りに沿ってホテル経営者を支援できるようになると述べている。 Cendynは、約18か月前にAccel-KKRから投資を受け、販売とマーケティングに重点を置き合併や買収に関心があると述べていた。 同社は、そのわずか数か月後収益最適化プラットフォームであるRainmakerを買収した。(2/17 https://bit.ly/3u4zdWJ)

 

 

9. グーグル、ホテル評価で罰金

Googleは、誤解を招くホテルの星の評価に対してフランスの当局から課せられた110万ユーロの罰金を支払うことに同意した。 2019年、ホテル経営者からの苦情により、フランスの競争、消費、詐欺の抑制総局(DGCCRF)は、検索エンジンとGoogleマップでのGoogleの評価慣行に関する調査を開始した。 政府機関は声明の中で、7,500以上のホテルのランキングを自動的に収集して分析し、Googleの星評価を、国の観光開発機構であり、星評価の唯一の認定プロバイダーであるAtout Franceの星評価と比較したと述べている。 DGCCRFからのニュースリリースは、Googleが公式のAtout France分類を独自の基準に基づく分類に置き換えたことを調査が発見したと述べている。 「しかし、この分類は、その提示と、宿泊施設の観光を分類するための1から5までの同じスケールでの“星”という用語の同じ使用によって大いに混乱した」と声明は述べている。 「この慣行は、宿泊施設を予約する時に期待できるサービスのレベルについて誤解され消費者に特に損害を与えた。 それはまた、施設がAtout Franceの公式ランキングよりも低いランクとして誤って提示されたホテル経営者に偏見をもたらした。」 DGCCRFは、これは「欺瞞的な商慣行」であり、Google Ireland(同社のヨーロッパ本社はダブリンにある)とGoogle France110万ユーロの罰金を科したと述べている。 Googleは、その星の評価をAtout Franceによって提供されたものに置き換えた。 Googleのスポークスパーソンは和解を確認し、「我々は今DGCCRFと和解し、Google Mapsと検索のホテルの公式のフランスの星評価のみを反映するために必要な変更を加えた」と述べた。(2/16 https://bit.ly/37plHDg)

 

 

10. ヒルトン、大幅損失計上

Hilton2020年に72,000万ドルの損失を出した。 これには、第4四半期の22,500万ドルの損失が含まれる。 この数字は、ホテルの巨人がある程度の改善が見られたと述べた、2019年通年の純利益88,600万ドル、2020年第3四半期の8,100万ドルの損失と比較される。 同社は、四半期の調整後EBITDA2400万ドル、通年で84,200万ドルと報告した。 パンデミックの継続的な影響にもかかわらず、同社は現在、ホテルの97%がオープンしていると述べている。 グローバルチェーンの社長兼最高経営責任者であるChris Nassettaは次のように述べている。 「第4四半期の業績は、COVID-19症例の増加と旅行制限の強化により、夏から秋にかけて見られた前向きな勢いが崩壊したため、ほぼ予想どおりであった。 厳しい環境でも、四半期中に100万部屋のマイルストーンを祝い、年間で5%を超える純ユニット成長(net unit growth)を達成した。」 同社によれば、116の国と地域に開発中の約2,570のホテルがあり、そのうち31のホテルは現在ポートフォリオには加えられていないと述べている。 米国の第4四半期の稼働率は41%で、前年比で30ポイント以上減少した。 ヨーロッパでは、四半期の稼働率は28%で、前年比で53ポイント以上減少した。(2.17 https://bit.ly/2M0Ezkp )

 

 

11. 将来の決定的旅行、ep. 1 Amadeus旅行部門社長

旅行、観光、ホスピタリティ業界の未来は、顧客の獲得と新プロダクトの展開について考えるだけではない。 セクターがどのように進化する可能性があるかについてのいわゆる“全体像(Big Picture)”は、新しいビジネスモデルやテクノロジーなど、ブランドが今後数年間で戦略をどのように検討するかを形作るさまざまな力の存在を認識する。 特にコロナウイルスのパンデミックをきっかけに、新しいトレンドの出現を利用するために会社をどのように位置づけるかを理解することは非常に重要である。 この一連のビジネスリーダーへの11のインタビューでは、現在および将来に発生するそのような変更について詳しく説明してもらう。 Future-Proofing Travelのこの第1回目のエピソードのゲストは、スペインを拠点とするアマデウスの旅行ユニットの社長であるDecius Valmorbidaである。 下記のPhocusWireLinda Foxとの完全なインタビューVIDEOをご覧ください。(2/17 https://bit.ly/3s98ZR3 )

 

 

12. 新興企業の舞台:旅行計画Travis

Travisは、ミレニアル世代およびZ世代の消費者が旅行計画を簡単に行えるようにする、視覚的、社会的、および協調的なプラットフォームである。 ユーザーは自分の旅行体験を共有して、他の人に刺激を与えたり、旅行ガイドや場所のパーソナライズされたフィードを見つけたり、厳選されたムードボードや地図にお気に入りの場所を保存したり、友達を追加して1か所での旅行を計画したりできる。 招待制のベータ版をリリースし、ユーザーのエンゲージメントと期待を高めるために、新しいユーザーをバッチでプラットフォームに招待している。 Travisの主な機能は:

·         パーソナライズされた発見 ― 信頼できる人が存在することを知らなかった場所をユーザーが発見できるようにし、時間の経過とともにパーソナライズと最適化を強化する。

·         共同計画 ― Travisのガイドまたは任意のWebサイトから、訪問する場所をキュレートするための単一の場所を提供し、友人と協力して計画を立て、地図上で確認する。

·         コミュニティで生成されたコンテンツ ― 次の人を刺激する視覚的な旅行ガイドとして、個人的な経験を共有するツールをコミュニティに提供する。 このコアから、Travisは旅行中の旅行者をサポートするように拡張され、旅行/観光ブランドやコンテンツクリエーターが旅行中の意欲的な旅行者とよりよく関わるための新しい機会を生み出す。

旅行の計画は時間がかかり面倒だ。 オンラインの旅行コンテンツが非常に多く、調査用の複数のプラットフォームにまたがっており、すべてを簡単にまとめる方法は1つではない。 特に過去5年間、旅行におけるソーシャルメディアの台頭によって引き起こされたこの壊れたデジタル体験は、インスピレーションと情報が旅行の専門家や出版物だけでなく、インターネット上の誰によっても提供されていることを示している。 ただし、FacebookInstagramのようなプラットフォームは旅行用に構築されておらず、今後もそうなることはない。 それらはピアツーピアで視覚的だが、マッピングしたり、数日にわたって計画したり、簡単に予約したりすることはできない。 その結果、旅行者は、スクリーンショット、落書き、Googleタブを通じてこのインスピレーションを収集して保存することから、スプレッドシート、グループチャット、地図、Booking.comAirbnbなどの予約プラットフォームでの旅行の計画まで、壊れたプロセスに直面している。 一方で、これはまた、旅行や観光のマーケターが、さまざまな目的でさまざまなプラットフォームを使用しているため、購入経路全体で適切なタイミングで旅行者と交流することがこれまでになく困難になっていることを意味する。

旅行再開の能力も勘案した上でローンチ市場のオーストラリアを強化し次の市場に展開する。 我々は常にパートナーシップを拡大し、優れたコンテンツクリエーターと協力している。 これは、人々とつながる非常に高品質で本物のガイドを作成する上でこれまでうまく機能して来た。 その上に、当社のプロダクトには2つの主要な口コミメカニズムが組み込まれている。

·           友人のグループが同じ旅行計画を一緒に提案して取り組むことを可能にするコラボレーションと、

·           ウェブサイトのリンクをマッピング可能な場所に変える機能の2つだ。 これにより、旅行者は貴重な情報をプラットフォームに提供して、他の人が発見できるようになる。

会社の真のニーズと対応可能な市場の規模を確立するためのプロセスは、我々のチームが個人的に繰り返し直面した問題であった。 2019年のある特定の旅行で、この問題を解決することに執着した。 その結果、2535歳の300人以上の旅行者を対象に調査とテストを行い、これが我々だけの問題ではないことに気づいた。 実際、世界中に37,000万人のミレニアル世代の旅行者がおり、Z世代はそれほど遅れていない新世代の旅行者だ。

アメリカのデジタルユーザーの5人に3人は旅行に関係なく旅行コンテンツを消費し、87%はFacebookから旅行のインスピレーションを得ている。 我々の調査から、これらのデジタルに精通した旅行者がまだ非常に初歩的なGoogle Mapsのピンとスプレッドシートの組み合わせを使用していて、旅行の調査と計画に数え切れないほどの時間を浪費していることが分かった。

誰でもTravisを使用して旅行の発見、計画、コラボレーションを無料で開始できるが、熱心な旅行者向けのより多くの計画およびコラボレーションツールではサブスクリプションを徴収している。 また、旅行や観光のブランドが体験コンテンツやブランドインサイトツールについてクリエイターとつながるためのビジネスサブスクリプションを12か月以内に導入する。

需要は膨大であり、安全が確保されれば旅行は回復する。 我々は、旅行者が使用するツール(AirbnbBooking.comなど)にとらわれず、それを補完するものとして、旅行者の旅全体で独自の位置に配置されるようにTravisを構築している。 これにより、旅行者の行動や習慣に可能な限り適合する。 Travisは、どこからでもインスピレーションを1か所に集め、これを使って計画や予約を行うためのツールを提供するための接着剤と考えて欲しい。 我々は、我々が個人的に直面する問題点を解決し、我々が本当に愛することが分かっているエクスペリエンスをデザインしている。 Travisは、10万人の熱心な旅行者が旅行を発見、計画、コラボレーションすることをサポートし、実際にそれを楽しくしている! また、ツールを使用してプラットフォーム上に1,000の企業を配置し、体験コンテンツから継続的な価値を引き出しやすくする。 成長し、プライベート企業の立場を維持する。 現在、デジタルトラベラーの旅を再考することに焦点を当てているが、これはパズルの1つのピースにすぎない。 これにより、旅行エコシステム全体でより大きな変化がもたらされ、Travisがこれを消費者の将来に向けて開拓する可能性があると考えている。(2/18 https://bit.ly/3umGJMK)

 

 

13. マリオット、1.6億ドル損失、史上最悪年

過去12か月の困難に続いて、Marriott Internationalは今週初めに、社長兼CEOArne Sorensonが予期せず亡くなったことで再び打撃を受けた。 Sorenson62歳)は、膵臓がんとの闘いの後、月曜日に亡くなった。 業界がホスピタリティの重要人物の喪失を悼んでいる。 Sorenson1996年に入社し、2012年にグループのCEOに初めて任命された。 Marriottは、消費者オペレーション・テクノロジー・興企業のグループプレジデントであるStephanie Linnartzが「93年の歴史の中で最も挑戦的な年」と呼んでいる最悪の状況に続いて前進する任務を負っている。 2020年第4四半期に、Marriott16,400万ドルの純損失を報告したが、前年同期の純利益は27,900万ドルであった。 2019年第4四半期の49,800万ドルに対し、第4四半期の調整後純利益は合計3,900万ドルとなった。 Marriottの報告された営業損失は、2020年第4四半期に合計12,800万ドルであったが、前年は27,400万ドルの利益計上であった。 2019年第4四半期の調整後EBITDA9100万ドルであったのに対し、当四半期の調整後EBITDAは合計31,700万ドルであった。 2020年第4四半期に匹敵するシステム全体の為替一定のRevPARは、2019年第4四半期と比較して、世界全体で64.1%、北米で64.6%、国際市場で62.7%減少した。 「4月には、世界で最も急激なRevPARの低下を経験し、稼働率はわずか12%で、前年比で90%減少した。 この谷から世界中の需要がさまざまな速度で改善、中国が先導した。 中国本土のRevPARは、年間を通じて有意義な回復を見せ、12月には前年比で10%未満しか減少しなかった」とLinnartzは言う。 「中国は、ウイルスが封じ込められているとした場合は、需要は非常に回復力があることを示しているが、2020年末に向けて米国やヨーロッパで見られたように、ウイルス症例の大幅な急増によって進行が遅くなる可能性があることも分かった。 「世界の稼働率は、第3四半期と同様に第4四半期も35%にとどまり、4月の谷を大幅に上回っている。 このパンデミックがどのくらい続くかは誰にも分からないが、世界中でワクチンの展開が加速することで、旅行や宿泊の需要が大幅に回復するという小さな初期の兆候が見られる。」 Marriottは、2020年を通じて世界中で約63,000の客室を追加した。 これには、国際市場の28,000を超える客室と、合計で約8,100のコンバージョンルームが含まれる。 ネットルームは2019年末から3.1%増加した。 2020年の終わりに、同社の世界的な開発パイプラインは、合計で約2,900の物件、498,000を超える客室を含み、そのうち約20,000の客室が承認されたが、まだ契約は締結されていない。 Marriottのグローバル開発・設計・運用サービスのグループプレジデントであるTony Capuanoは、「パンデミックによる前例のない課題にもかかわらず、所有者やフランチャイズ加盟店から業界をリードするブランドへの強い需要が続いていることを嬉しく思う」と語る。 CapuanoLinnartzは、マリオットの取締役会が新しい社長兼CEOを任命するまで、会社の日常業務を監督する責任を共有する。 新CEOの任命は、今後2週間以内に行われる予定。  「パンデミックに起因する前例のない環境に直面して、我々のアソシエイトとリーダーシップチームは課題に立ち向かった。 我々は所有者とフランチャイジーと緊密に協力して、一時的および永続的なコスト削減を実施することで危機を乗り切るのを支援した。 アソシエイトとゲストの安全と幸福を高めるために、ポートフォリオ全体に強化された清潔基準を実装し、会議やグループビジネスを安全に行うための追加のプロトコルも導入した。」 2020年末のMarriottの純流動性は合計で約44億ドルであり、これは、利用可能な現金残高が約8億ドル、回転信用枠の下での未使用の借入能力が36億ドルに相当する。 第4四半期に、同社は6億ドル以上の負債を削減した。(2/18 https://bit.ly/3aBIjCB )

 

 

14. 私の足跡ep 52: Jamie Wong, Vayable

これは、オンライン旅行で最もよく見られる経歴ではない。 ヒットしたThe Daily Show With Jon Stewartのプロデューサーから、ツアーやアクティビティビジネスのCEOまでを経験した。 そしてJamie Wongは、2010年にテレビの世界からピボットしてVayableを立ち上げた。 米国を拠点とするこのプラットフォームは、Wongが会社の本社を置いていたサンフランシスコを皮切りに、観光客と地元の人々を結びつけ都市での体験を提供した。 当時まだ業界で新たなカテゴリであった初期のビジネスを軌道に乗せることは容易ではなかった。 多くの共同創設者が行き来し、競合他社も登場したが姿を消した。 Wongは、2017年までこのビジネスを続けた。 その後、ExpediaErik BlachfordTechnology Crossover Venturesの名声とともに、Narrative.Fund投資ビークルを設立した。 彼女はHow I Got Hereの最新ゲストに参加する。 HIGHは、PhocusWireMozioがプロデュースする毎週のショーで、スタートアップと旅行と輸送の革新の裏話を知ることを目的としている。 編集長のKevin Mayと、Mozioの共同創設者兼CEODavid Litwakが主催している。(2/18 https://bit.ly/2NHfs6Q)

 

 

15. ホスピタリティ取締役会多様性改善

平均的なホスピタリティ企業の労働力は多様であるが、これらの組織のトップレベルではそれほど多様ではない。 女性とホスピタリティの多様な代表を後押しするために活動している非営利組織であるCastell Projectは、上場ホスピタリティ企業における女性、黒人、アジア人による取締役会の構成を調査した。 ホスピタリティ業界の公開会社の取締役会2021レポートの多様性は、31のブランドを調べて、11の取締役会だけが黒人のメンバーを持っていることを明らかにした。 この調査はまた、ホスピタリティ企業が女性の取締役会メンバーの平均23%を示しており、2017年の15%から増加している。 しかし、報告書によると、それでも、ホスピタリティ企業の約3分の1は、女性が1人またはまったくいないままである。 31の公的ホスピタリティ企業のうち20社には黒人取締役がいない。 調査によると、2016年から2019年にかけて、黒人の割合は6%から8%に増加したが、2020年には7%に減少した。 Castell Projectの議長であるPeggy Bergは、次のように述べている。「人種と性別の両方で取締役会を多様化する圧力は強まる可能性がある。 現在、取締役会は人種的に多様であるよりも性別が多様である方が簡単である。 「女性は米国の人口の51%だが、黒人は13%を占めている。 しかし、米国の人口の40%以上が“白人以外 と認識しており、その比率は高まっている。 社会的意識が役割を果たす可能性があるが、説得力のあるケースは企業の取締役会の構成を業界の多様な市場と人材プールに合わせるというものである。」 彼女は、業界がどこにあるかをベンチマークするだけで進歩を促進し、物事は正しい方向に向かっていると言う。 「実際の市場との関連性が高い企業の取締役会の勢いは増すだろう。」 昨年末、NASDAQは、多様性統計の開示と取締役会の2人の多様な取締役を含む上場のための新しい取締役会多様性要件を提案した。 レポートでは、Marriott Internationalが最も性別が多様な組織であり、14人の取締役のうち5人が女性であるとしているが、ホスピタリティのあらゆる側面で行われるべき膨大な作業がまだ存在する。 今週のニューヨークタイムズのレポートは、女性が取締役会のポジションを受け入れる際に直面している1つのハードルを浮き彫りにした。 国の大企業の多くは、従業員が自社以外の取締役会の役割を受け入れることを禁じていると言われている。 12月にCastell Projectの理事会に加わったTracy Prigmoreは、PhocusWireとの最近のインタビューで、ホスピタリティ、特にホテルの所有権におけるサイロを崩壊して、すべての人種の女性が協力できるようにしたいと述べた。 彼女は、ホスピタリティ企業は、彼らが利用していない才能を見つけるために社内を見るだけでよいと言う。

(2/19 https://bit.ly/3bmNUvJ)

 

 

16. 直言:ビットコイン、脱 排他的必要

ベルボトムジーンズのように、ビットコインはかなり正確な規則性で行き来しているように見えるトレンドである。 それは決して普遍的に人気があるわけではないが(前述の衣類のように)、ビットコインは数年ごとに多くの人々を興奮させて話題にさせる傾向がある。 そして、それは他の多くの人をひどく苛立たせる。 ビットコインと暗号通貨をめぐる最近の話題の増加の理由は、一般的にその価値の急上昇によるものである。 今週は1ビットコインで約50,000ドルだが、1年前は約10,000ドルであった。しかし忘れてはならない、ビットコインは5年前はわずか400ドルであった。 これは、何か新しいものが明らかに着実に成長していることを示している。 それは何も悪いことではない。 しかし、ビットコインの価格がどれほど容易に激しく変動し、情熱的な支持者以外からも支持を得ることができる通貨としての信頼性に、長年にわたって疑問を投げかけていることを覚えておく価値がある。 部分的には、通常、ビットコインの批判者にその有効性について懸念を表明する機会を与えるのはその最後のポイントである。 ビットコインと暗号通貨の世界最大のファンは、多くの場合、デジタル世界で最も対立を生むような(divisive)人物(Elon Muskなど)であるか、主に彼らの戦術のために、全てに対してある種の“革命”に夢中になっているがむしゃらなオタク(pushy nerds)たちである。したがって多くの人は、ビットコインは、そのすべての平準化と分散化された利点のために、実際にはかなり排他的であり、ドルやユーロのようなものの支払いに使用できる事実上の通貨ではなく、多くのお金を稼ぐ方法として一部の人に楽しんでいると感じている。 したがって、要するに、クリプトは、旅行ブランドのようなものに受け入れられる前に、伝統的な通貨と同列に並ぶ規模で、おそらくある程度の距離が存在する。(2/19 https://bit.ly/3aBwfRw)

 

 

17. トリアド、202061%減収

Tripadvisorは、2019年の16億ドルから61%減の6400万ドルで、2020年を終えたが、社長兼CEOSteve Kauferは、同社が2021年の事業運営は“楽観的”であると述べている。 これは、主に、 Tripadvisor Plusサブスクリプションサービスからの継続的収入によるものである。 Kauferは、2020年の第4四半期と通年の業績を報告し、「パンデミックからの脱却をさらに強力にするために、エキサイティングな措置を講じた。 2021年以降も、Tripadvisorの影響力をより効果的に収益化に変換できる、直接的で永続的な顧客関係の構築に引き続き注力していく」と述べる。 Tripadvisor2020年第4四半期の収益は11,600万ドルで、前年同期と比較して65%減少した。 年間の損失は、ホテル、メディア、プラットフォームとして定義されている会社の3つのビジネスユニット - エクスペリエンス、ダイニングおよびその他 - の間でほぼ均等に分割された。 調整後EBITDA損失は、第4四半期が3,300万ドル、通年が5,100万ドルであったが、2019年の第4四半期は9,200万ドル、通年は43,800万ドルであった。 第4四半期のサイトの月間ユニークユーザー数は前年同期と比較して、10月に68%、11月に58%、12月に59%であったが、4月のレベルである33%をはるかに上回っている。 Tripadvisorは、2020年と2019年に、従業員関連と任意の固定費の節約で2億ドル以上を達成したと述べている。 「2020年、我々は業界とビジネスがこれまで直面した中で最も困難な時期をうまく乗り越えた。 TripadvisorCFOであるErnst Teunissenは、柔軟なコスト構造の迅速な削減、債務資本の調達、クレジットファシリティの再交渉など、年間を通じて協調した行動により、さまざまな回復シナリオに先んじて強固な財政状態を確保している」、「2021年も、継続的な節約と刺激的な長期戦略的成長イニシアチブへの的を絞った投資のバランスを取りながら、慎重なコスト規律を持って事業を遂行していく」と述べる。  これらのイニシアチブのうちの2つは、プラットフォームの年間99ドルのサブスクリプションプロダクトであるTripadvisor Plusと、旅行デザイナー向けのマーケットプレイスであるRecoで、どちらも2020年に発売された。 アナリストとの電話対談でKauferは、Tripadvisor Plusがまもなくベータ版からリリースされ、米国全体および他の英語圏市場に次ぐ拡大に伴い、加入者に割引や特典を追加すると述べている。 Kauferによると、Tripadvisor Plusは、アップグレード、目的地での特典、特別な体験や予約へのアクセスなどの宿泊料金や特典の割引により、より長く複雑な旅行に関心のある旅行者にとっては、サブスクリプション料金は“取るに足らない ものになる。 このプログラムは、ホテル経営者にとっても“Win”となるように構成されているとKauferは言う。 これは、これらの潜在的にハイエンドの旅行者へのアクセスと、Tripadvisorでの優先配置をすべて追加の流通コストなしで提供するためだ。 「我々は、Tripadvisorのような企業が通常ホテルの販売の手数料を収受するというモデルを変更している。 我々は、我々に支払う代わりに、消費者に直接その割引を提供しろと、サプライヤーに言っている」、「特典の価値を追加し、割引の価値を追加すると、消費者にとってかなり魅力的なものになる・・・そしてホテル経営者が、他のチャネルよりも同じかより良い旅行流通コストでそのパッケージを提供できる範囲内にあるものになる」と彼は言う。 Tripadvisor Plusの開発に加えて、2021年の優先事項には、“オークションとホテルのB2Bサービスの継続的な改善”、エクスペリエンスとダイニングのカテゴリと“TripadvisorViatorTheForkにおける成長機会の開拓”が含まれると同社は述べている。(2/18 https://bit.ly/3bozivH )

 

 

18. エクスペディア、D&Iでハッカソン

COVID-19のパンデミックから社会正義の要求まで、昨年の出来事により、旅行ブランドはさまざまな観点からビジネスを再評価することを余儀なくされた。 その中には、社内外の多様性と包括性の取り組みに関して、旅行会社がどのように取り組んでいるかが含まれる。 多くの旅行ブランドは、これまでに公開されているように、この分野でかなりの作業を行っているが、個々の企業にとって最善のアプローチを理解して実行するのは難しい場合がある。 Expedia Groupが組織内の変化を推進することを目指すための1つの方法は、最近の2020 InclusionDiversity Analytics Hackathonなどの従業員主導のイニシアチブによるものである。 12月の2日間のハッカソンには、Expedia Group内のチームと個人が集まり、社内および顧客のために、会社の多様性と包括性のフットプリントを改善するための積極的で積極的かつ実践的な行動を推進したいと考えた。 会社の方針と労働力に関連するトピックを超えて、多様性と包括性は幅広いテーマであり、ハッカソンの背後にある考え方は、データとロジックを使用してビジネスの質問に答え、関係を発見し、未知の結果を予測し、意思決定を自動化することであった。 Expedia Groupの小売グループのシニアマーケティングアナリストでイベント参加者のHumairah Malekは、ハッカソンは、従業員、顧客、パートナーにとってより包括的なものになるという使命を果たすExpedia Groupにとって当然の次のステップであると述べている。 「我々は企業として、旅行は誰にとってもアクセスしやすいものでなければならず、それを実現する責任は我々全員にあると心から信じている」と彼女は言う。 「分析とデータサイエンスを使用すると、データを使用してこれまでに見られなかった洞察を明らかにし、ビジネス上の意思決定を促進し、未知の結果を予測できるため、我々の仕事はビジネスにとって非常に強力になる。 スキルセットとデータを使用して、Expedia Groupの包含と多様性の旅に役立てることができると考えた。」  最終的に、10のチームが集まり、LGBTQIA +、障害、人種、性別、教育に関連する過小評価されたアイデンティティに焦点を当てたトピックに取り組んだ。 チームは48時間かけてハッキングし、分析、プロダクト、多様性、包括性の専門家によって、関連性、創造性、技術的創意工夫、分析の厳密さ、実現可能性、機能性、売り込みについて判断された結果を提供した。 トピックには、物件の包括性スコアから、人口統計学的に十分なサービスを受けていない旅行オプション、Expedia Group候補者の採用仕様まですべてが含まれていた。 受賞したアイデアは、多様性とインクルージョンのセグメント化された予約エクスペリエンスの調査を中心にした。 2位はプロパティの包括性スコアの概念に与えられ、3位は旅行先の近くで過小評価されたアイデンティティの人々が所有する地元企業を浮上させるというアイデアに与えられた。

 

肯定的な影響  Positive impact

ハッカソンの主催者の1人である旅行パートナーグループの供給分析マネージャーであるDavid Barmazは、ハッカソンなどのイニシアチブを軌道に乗せるには、会社のトップからの賛同が鍵であると述べている。 「それはリーダーシップが気にかけていることだ」と彼は言い、Expedia Groupの全従業員は、ダイバーシティとインクルージョンに関連する四半期目標の1つを設定する必要があると付け加えた。 「それが社内で多くのイニシアチブを推進したと思う。 我々は皆、IDについて自分自身をよりよく教育し始め・・・そして、「それについてハッカソンをやってみよう」と言った。 MalekBarmazの両方が、ハッカソンは世界中のさまざまなチームと協力するユニークな機会を提供したと言う。 「これは1つの分析チームだけでなく、供給側、マーケティング側、プロダクト側に分散している」とBarmazは言う。 「これらのハッカソンで本当に素晴らしいことの1つは、人々が非常に興味を持っていることである。 議題はない。 彼らは何に取り組みたいかを決定する・・・そして今、あなたはあなたにとって非常に重要な何かを取り、それを次の[レベル]に持っていく機会がある。」 Malekは「2日間のハッカソンから生まれたアイデアの多様性を見るのは間違いなく刺激的であった。プロジェクトは、多様性の非常に多くの異なる領域に触れた」と付け加える。 Barmazによると、ハッカソンの目標は、アイデアの一部を実際のプロダクトに変えることである。 これは、Expedia Groupが過去に行ったハッカソンの成果だ。 これは、他の旅行ブランドも再現できる演習だとMalekは言う。 「これらの問題の多くは、ごく少数の顧客グループのみを対象としているため、あまり頻繁に取り上げられるものではないが、これらの問題を対象とし、これらの問題に取り組むことも同様に重要だと思う。  「[DIに焦点を当てたハッカソン] は、革新的なアイデアを形成し、日常の役割から離れて、今まで考えたことのないことを考えるための優れた方法だと思う。 また、さまざまなバックグラウンドを持つ人々を集めてこれらのアイデアを作成し、実現するための優れた方法でもある。」 (2/19 https://bit.ly/2M8nu8c )

 

 

19. 215日の週の資金調達記事

·         Felyx

De Hoe Dennen Capitalは、オランダを拠点とするスクーター共有サービスFelyxへの2,400万ユーロのシリーズA投資を主導した。 最近の資本注入により、4年前の会社が調達した総額は2.800万ユーロ強になった。 同社は、この資金を使って、ベネルクス諸国の中心地であるフランスとドイツに事業を拡大する。 Felyxが受け取った最後のラウンドは、20187月の債務融資(debt financing)と投資ラウンドの300万ユーロの組み合わせであった。 以前に会社を支援していた持続可能な投資に焦点を当てている起業家であるAnne-Marie Rakhorstも、最新のラウンドに参加した。 Felyxの拡張計画は、アムステルダム、ロッテルダム、ハーグ、アイントホーフェン、フローニンゲン、デルフト、ハーレム、デンボッシュ、ブリュッセルの既存の都市を超えてそれを推進する。 現在、約3,000台のスクーターがあり、チームには130人が居る。 これは、昨年の30人からの急増。 会社の技術に追加投資が行われ、スタッフ数がさらに追加される。(2/15 https://bit.ly/3dp3kBY)

 

·         FantasticStay

短期賃貸テクノロジーのスペシャリストであるFantasticStayは、130万ユーロの資金を受け取った。 2018年に設立されたスタートアップへの投資は、New Vision 3NV3)ファンドが主導した。 資金は会社の成長に向けられ、その技術を開発し、短期賃貸不動産管理者の間におけるその技術の採用を促進する。 このスタートアップは、資産管理システムとチャネル管理テクノロジーを提供し、AirbnbBooking HoldingsExpediaと提携している。 2020年初頭にライバル企業のバケーションレンタルテクノロジーのスペシャリストVreasyを買収した。 (2/16 https://bit.ly/2NfvapR)

 

·         GetYourGuide

GetYourGuideは、リボルビングクレジットファシリティ(RCF)を介した8,000万ユーロの新規資金調達を発表した。 資金調達はUniCreditが主導し、CitiGroupSilicon Valley BankDeutsche BankKfWの“Venture Tech Growth Financing” プログラムなどの他の金融機関も参加している。 声明の中で、ツアースペシャリストは、この資金調達は “信任投票(vote of confidence)”であり、“今年後半に予想される旅行のリバウンド中に新しい戦略的投資を探求する余地がある” と述べている。 GetYourGuideCEO兼共同創設者であるJohannes Reckは、「我々は旅行の真の転換点にいる。 世界がワクチンプログラムを展開するにつれ、我々は信じられないほどの旅行体験に対するかなりの鬱積需要を見ている。 国連世界観光機関によると、2021年と2022年は世界観光の2桁のリバウンドを特徴とし、レジャー旅行をパンデミック前のレベルに近づく」と述べている。 声明は、2021年のGetYourGuideの計画には、オリジナルツアーポートフォリオの拡大とデジタルカスタマーエクスペリエンスの開発が含まれていると付け加えている。

20209月、同社の共同創設者兼最高執行責任者であるTao Taoは、パンデミックの間、GetYourGuideが顧客を呼び戻し、GetYourGuideエコシステム内にとどめるために、どのように“顧客に取りつかれた(customer obsessed)” ままにしたかについて話した。 GetYourGuideは、10月に転換社債で11,400万ユーロを発表し、同社が“戦略的機会に投資し、市場をリードする地位を築く” ことを可能にした。 10月の資金調達は、同社が事業をリセットするために約90人の従業員を解雇すると発表してからわずか数週間後に行われた。

* 2020年のNew Reality With・・・シリーズで録音されたJohannes Reck, CEO co-founder GetYourGuideとのこのインタビューをご覧ください。

(2/16 https://bit.ly/2ZnkxDL)

 

·           Questo

都市探検ゲームの旅行プラットフォームQuesto150万ドルの資金を調達した。 ラウンドはEarly Game Venturesが主導し、Sparking Capitalも関与した。 Questoを使用すると、観光客や地元の人々は、モバイルアプリケーションを介してチャレンジのロックを解除することで都市を発見し、ストーリーを明らかにすることができる。 2017年に設立されたルーマニアを拠点とするスタートアップは、セルフガイドツアーを“新しい形の都市エンターテインメント” と表現している。 Questoは、パンデミックの際に運営する都市を2倍の100以上に増やし、ゲーム数を150%増やしたと述べている。 資金は、2021年末までに200の都市、特に米国での探検ゲームを目標に、さらなる拡大に向けて投入される。 Questoの共同創設者兼CEOであるAlex Govoreanuは、「人々は人生のほとんどを都市で過ごす。 我々の使命は、旅行者であろうと地元の人々であろうと、街の目に見える層や未知の層をすべて楽しむことができるようにすることである。 Questoは、ストーリーテリングとゲームデザインを使用して、人々を自分たちの街のファンタジーストーリーにテレポートさせ、フィクションと現実を絡み合わせている。 プレイヤーが主人公であり、地元のストーリーテラーがゲーム開発者となる、現実世界のゲームのSteamのように考えるのが好きだ」と述べている。 ゲームは、Questoアプリまたはウェブサイト、TripadvisorExpediaKlookMusementから入手できる。 Early Game VenturesのマネージングパートナーであるChristian Munteanuは、高いアプリ内エンゲージメント、グローバルな拡張性、そしてパンデミックの時代でも信じられないほどの牽引力により、投資の決定は非常に自明であった」と言う。 PhocusWire Hot 25 Startups 2020の企業であるQuestoは、20207月にSparking  Capitalが主導して30万ユーロを調達したと発表した。 Sparking CapitalのマネージングパートナーであるVlad Panaitは、「2020年、Questoは、観光業が回復し始めた時に指数関数的に成長できる組織、パートナーシップ、プラットフォームインフラストラクチャを開発した」と述べている。

(2/18 https://bit.ly/3k33vEx )

 

·         Jet-lag

Uplift Jet Lag Appの作成者であるUplift Venturesは、50万ドルのエンジェル投資を終了した。  Upliftのアプリは、旅程に基づいて体内時計を再同期するためのカスタマイズされた指圧ソリューションを通じてユーザーをガイドするビデオと写真を提供する。  同社は、この資金を使ってアプリの開発を継続し、夜勤労働者向けの新しいソリューションの臨床試験を実施すると述べている。 この最新の資金調達は、2019年末に終了した前回の100万ドルのラウンドに続くものである。 今月初め、別の時差ぼけアプリの作成者であるTimeshifterは、交代制勤務者向けのアプリを作成するために200万ドルを調達したと発表した。(2/19 https://bit.ly/37zeKiS)

 

·         RocketRez

Blueprint EquityTIMIA Capitalは、ツアーとアトラクションのオペレーターにテクノロジーを提供するRocketRezのデビュー資金調達ラウンドを支援している。  シリーズA660万ドルの投資は、Blueprintからの500万ドルと、TIMIAからの収益ベースの資金調達で構成されている。 カナダを拠点とするRocketRezは、2011年に創立され、CEOJohn Pendergrastが率い、アトラクション、美術館、ツアー、動物園にテクノロジーを提供している。 プラットフォームには、予約システム、セキュリティ、CRM、支払い、マーケティングなどのサービスが含まれる。 投資の結果、Blueprintの管理パートナーであるBobby OcampSheldon LewisRocketRezの取締役会に加わる。 Ocampは次のように述べている。 「すべての顧客がRocketRezのプロダクトとカスタマーサービスに絶賛している。 特に観光やアトラクション業界にとって理想的とは言えない環境では、それが見られることはめったにない。 特に今年は、大きな成長を遂げている。」  RocketRezシステムは現在、ExpediaGetYourGuideKlookViatorなど、販売のために多くの販売パートナーと統合している。(2/19 https://bit.ly/3uaQf5v) 

 

 

+++++

6月4日

九州で大手系列越え初の共同運航

米ユナイテッド航空、超音速機購入へ