海外事情・旅行流通

 

フォーカスライトJapanでは、PhocusWire Daily (phocuswire.com) の毎日のニュース

意訳して、毎週 月曜日更新の「海外事情」に掲載しています。

「海外事情」は、この他に TD 勉強会( www.e-tdb.com )と、その一部を 

トラベルジャーナル(TJ)の隔週コラム「FROM THE WORLD / 海外事情」にも

掲載しています。 

 

2020年以前の「海外事情」は、TD 勉強会 www.e-tdb.com のアーカイブにて 

ご覧になれます。TD = Travel Distributionの略です。)

 

 

TD海外事情 104

 

Phocuswrightが、11月にフロリダで会議を開催する。 旅行のルネッサンスがサブタイトルだ(「18. フォーカスライト会議 2021、新時代のためのプログラム」)。 2年ぶりのライブの会議開催となる。

 

911日付の日経「春秋」は、『科学者にとって大掛かりなシンポジウムに出席する意味は何か。立命館アジア太平洋大学の井手口治明学長が知人から聞いた話を本で紹介している。 有名な研究者の発表より、実は休憩中に旧交を温めたり、隣の人と情報を交換したりすることでの刺激の方が大きいそうだ。

出会い、雑談、無駄話。 そうした「本当に研究の糧となるもの」がオンラインで消えたと嘆く。(以下略)』と書いている。

 

この記事にまさに同感だ。 毎年参加しているフォーカスライト会議も、同僚、顧客、パートナーと新鮮な視点で交流する場でもある。

 

春秋を読むと、ZoomTeamsに食われてしまうと言われている法人旅行が、きっと復活するという楽観論を支持したくなる。

 

5. OTA、ブランドで苦しむ?」は、要すればGoogleなどの有料広告を活用するパーフォーマンスマーケティングより、ダイレクトのブランドマーケティングを強化しろと言っている。 そして、ブランドマーケティングの成功例としてAirbnbをあげる。 しかし、高いブランド認知度によるサイトトラフィック(アクセス)の吸引力がなければどうしようもない。

 

ブランド認知度は、偏にそのブランドの持つコンテンツの質と量によって決まると考える。 革新的なホームシェアリングというモデル(つまりコンテンツ)を考え出したAirbnbだからこそ、大きなトライフィックを獲得できることになる。 これは、革新力に欠けた平凡な可もなく不可もないブランドでは全く真似できない能力だ。 誰とも“比較”されない他とは違うエッジの利いた差別化ができてこそ、ブランドマーケティングが成功する。 「Airbnbは、実際には世界中で使用されている名詞と動詞である」と、同社の広報が語っているくらいだ(524日号「14. エクスペ、ブッキング、エアビーの異なるマーケティング」)。

 

ピアツーピアのビジネスモデルを完成させ、仲介業者さえ排除してしまうと言われているブロックチェーンの次世代トラベルテックでさえ、良質なコンテンツ無かりせば、ダイレクトなど(ブランドマーケティングなど)できっこない。

 

仲介業者を排除する、所謂“中抜き”(disintermediate)は、サプライヤーの垂涎の的である。 サプライヤーは、継続して直販拡大戦略を強化している。

ロイヤルティプログラムの強化、航空会社のNDC導入、チェーンホテルの規模拡大、価格パリティーなどがその戦略だ。 しかし直販には、“比較”つまり商品比較(特に価格比較)ができなくなってしまうという大きな欠陥が存在する。 消費者は、絶えずより良い商品、より安い価格を追い求めるので“比較”は不可欠なのだ。 だから、ブランド認知度を徹底的に高めるためには、“比較”を必要としないダントツの競争力を有するプロダクトを開発する必要があるということになる。 そうでなければ、仲介業者に頼んで売ってもらうしかない。

 

そのブランドマーケティングの雄 Airbnbが、OTA並みのホテル販売を強化するという(「9. エアビー、ホテル戦略変更、OTAモデルに近づく」)。

Brian Cheskyの「総合旅行会社」構想が進んでいると見た。 彼は、Booking.comExpedia Groupを追い抜くとまで言っている。

 

この他、日本のSOMPOホールディングスが、豪Cover Genius7,200万ドルの新規投資ラウンドを主導したという記事が「20. 927日の週の資金調達記事」の中にあった。 Cover Geniusは、2014年設立のインシュアテックのスペシャリストで、旅行パートナーが保険商品をカスタマイズ、追加、および組み込むことを可能にする。 201710月にはCover Genius Japan(株)が千代田区に設立されている。

(編集人)

 

 

目次

1. (TJ) アコー、自律運転でシトロエンと提携

  (TJ) = トラベルジャーナル1025日号を参照ください。

2. REPORT:タイムシェアの転換点 — 第二市場の登場

3. ロンリープラネット、Thorn Tree閉鎖

4. 旅行APPダウンロード2019年超える、ホッパーがトップ

5. OTA、ブランドで苦しむ?                                 閲覧第2

6. 航空券詐欺、7年後に再び増加

7. ホテルの予約柔軟性最優先、価格より勝る

8. VIDEO:エアビー、賃貸規則とコミュニティの協力       閲覧第1位

9. エアビー、ホテル戦略変更、OTAモデルに近づく                   閲覧第4

10. 成長最優先、東南アのパンデミック前ダイナミズム

11. ディズニーとアマゾンの顧客音声アシスタント

12. エアビー、新ディスプレーをテスト

13. トラベルパーク、旅行コンサルタンのサステラ買収

14. VIDEO:代替宿泊施設の顧客獲得メカニズム                 閲覧第3

15. 社説:自律型サービスの具体化

16. VIDEO:旅行支払、ロイヤルティとコンバージョン貢献

17. OYO、上場計画概要発表

18. フォーカスライト会議 2021、新時代の為のプログラム 閲覧第5

19. ALERTS:デジタル旅行の新契約・製品・提携・採用         閲覧第6

20. 927日の週の資金調達記事

 

 

2. REPORT:タイムシェアの転換点 — 第二市場の登場

単一のリゾートでの謙虚な起源から、タイムシェアは世界の旅行業界の主要なセグメントに進化した。新規参入者と市場の力が業界の輪郭を再形成し、業界内のすべてのプレーヤーの役割を再定義したため、変化は業界でコンスタントに発生する。統合は時代の決定的な傾向であり、タイムシェアのエコシステム全体に影響を与えている。このレポートは、流通市場または再販市場に焦点を当てたタイムシェア業界の進化の概要を提供する。

幅広いタイムシェアエコシステム内の流通市場の規模、範囲、重要性をカバーし、流通市場で事業を行っている主要企業を特定し、潜在的および既存の所有者と協力し、開発者と協力して再販の役割を拡大する機会を検討する。

以下のフォームに記入すると、完全なレポートをダウンロードできる。 エグゼクティブサマリーは、https://bit.ly/3B1CV6g から入手できる。(9/21 https://bit.ly/3CQE4OD )

 

3. ロンリープラネット、Thorn Tree閉鎖

Lonely Planetは、人気のあるThorn Treeオンラインコミュニティとフォーラムを閉鎖することで、そのルーツから自分自身を取り除くための新たな一歩を踏み出した。 このサイトは、旅行者が旅行前、旅行中、旅行後に推奨事項を共有し、目的地やサービスについて話し合うためのメカニズムとして1996年に作成された。 これは、インターネット上で最大かつ最も人気のあるフォーラムと見なされ、ガイドブックやオンラインコンテンツとともに、ブランドの無料の読者主導の領域として機能した。 しかし、25年後、組織はCOVID-19の大流行の開始時にサービスを停止してから18か月後に、サービスを終了することを決定した。 同社は「旅行の世界は変化している。COVID-19の大流行によって引き起こされた世界的な混乱を受けて、私たちは愛するフォーラムであるThorn Treeを“読み取り専用” モードにすることを決定した。 これにより、新しい投稿の作成が禁止された。 これは、急速に変化する世界での安全でない旅行につながる情報の拡散を抑えるのに役立つ」述べている。

Thorn Treeコミュニティを完全に閉鎖することは“難しい決断” を下したと付け加えているが、「まったく新しいLonely Planet」が開発中であると言う。

声明によると、「現在、2021年、私たちはパンデミックの影響を受け続けているため、旅行者はこの予測不可能な状況をナビゲートするためにさまざまな種類のツールが必要であると認識している」と表明している。

フォーラムを閉鎖するだけでなく、Lonely Planetは既存のコンテンツも削除する。これは、ヒントや自分の貢献に注目したいと思った人にとっては残念なことだと考える人もいる。 東南アジアのTravelFish旅行ガイドサイトの共同創設者でCouchfishニュースレターの発行者であるStuart McDonaldは、「私は何年もの間、このフォーラムを使用していた — それはTripAdvisorでは代替できない。私はそれを通して友達を作り、他の方法では得られないものを見つけて学んだ。 それは私にとって、私の最初のオンライン旅行コミュニティであった。 それはただなくなっただけではない。 それは破片となる薪に変わった。 人々が投稿したものをつかむための通知がなくなった — そこにはたくさんあった。 その理由を誰が知っているのか — おそらく古いアドバイスに対する責任を叫んでいる弁護士がいる — 私にはわからない。 また、人々が旅行インテリジェンスを異なる方法で照合しているだけでなく、旅行の仕方も異なりつつあると思う」と語る。

Thorn Treeサービスは、Lonely Planetの当時の所有者であるBBC Worldwideが“不適切なコンテンツ” のために一時的にアクセスを停止した2013年のトラブルを含め、何年にもわたって議論の余地が存在している。 BBC Worldwideは、そのわずか2か月後にLonely PlanetNC28,000万ポンドの損失で売却した。 Red Venturesは、昨年12月に非公開の料金でこのブランドをNC2から買収した。(9/27 https://bit.ly/3os18zx )

 

4. 旅行APPダウンロード2019年超える、ホッパーがトップ

Hopperは、2020年にトップの座を獲得したBooking.comを超えて、米国でトップの旅行予約アプリとしてパンデミックから浮上した。App StoreTravelカテゴリとGoogle PlayTravel & Localカテゴリの旅行アプリを分析したモバイルアプリのマーケティングインテリジェンスプロバイダーSensor TowerState of Travel Apps 2021レポートによると、Hopperのダウンロードは20217月に130万回でピークに達した。 全体として、上位の旅行予約アプリは2021年第2四半期に1,060万ダウンロードを超えた。これは、2019年の同時期と比較して81%の増加である。 2021年前半にダウンロードされた旅行予約アプリのトップ10のうち、5つはExpedia Groupの傘下にあり、Expediaのランキングは3位、Hotels.comOrbitzTravelocityのランキングはそれぞれ567位で、Hotwireはリストの9番目。 Expediaのダウンロード数は20216月にピークに達し、前年比70%増の100万回近くに達した。

一方、Booking Holdingsブランドは、2位(Booking.com)、4位(Priceline)、10位(Kayak)のスポットを獲得した。 Hopperがトップに浮上したのは、2018年から2020年にかけて、3番目にダウンロードされた旅行予約アプリであったが、いくつかの要因によるものであるとレポートは述べている。 Hopperは、“価格凍結”機能などの機能を消費者に提供することに加えて、2020年の初めにTikTokで、2021年にSnapchatで広告を成功させた。 このアプリは、2021年の前半にTikTokで音声スパイクのシェアも確認した。 HopperBooking.comは、2021年上半期に最高の市場シェアを記録し、それぞれが旅行予約アプリのダウンロードの27%を占めた。 今年上半期のHopperの市場シェアは2020年と比較して8ポイント増加したが、Booking.comのシェアは同期間に3ポイント減少した。

航空の採用

Air adoption

旅行予約、航空会社、ナビゲーション、ライドヘイリング、e-バイク共有アプリを含む旅行カテゴリ全体を調べると、State of Travel Appsレポートは、米国での旅行アプリのダウンロードが2021年第2四半期に8,500万回を超えたことを明らかにしている。 COVID-19の発生以来、四半期ごとの採用数(quarterly adoption)が最も多く前年比で128%増加した。 3年連続で、Google MapsUberLyftが最もダウンロード数の多い旅行アプリのトップ3を構成する。  2021年の前半、VrboAirbnbがトップ5を締めくくり、Hopper6位で遅れを取った。 2021年上半期の旅行アプリのダウンロード数の19%を旅行予約アプリが占め、サブカテゴリは2020年と比較して4パーセントポイント増加した。 2020年に市場シェアが低下した航空会社のアプリは、今年の前半に回復し始め、シェアサイズで3位にランクされた。 2021年上半期、航空会社のアプリは13%の市場シェアを占め、2020年の12%から増加した。 航空会社のアプリのダウンロード数は、2021年第2四半期に800万回に達し、2019年第2四半期のカテゴリの過去最高の730万回を10%上回った。 American Airlinesは、2021年前半に最もダウンロードされた航空会社のアプリで、過去5年間の月の6月に初めて80万回以上のダウンロードを記録し、前年比236%増加し、7月には84万回以上のダウンロードを記録した。 Fly Delta2番目にダウンロードされた航空会社のアプリで、20217月に770,000ダウンロードでピークに達した。 レポートによると、上位6つの航空会社のアプリは2019年の同時期と比較して2021年第2四半期に合計で17%の成長を遂げた。

地元の生活

Local living

ライドヘイリング、ナビゲーション、eバイク共有、レンタカーアプリなど、地元の旅行アプリのダウンロード数は20217月に前年比53%増加し、ライドヘイリングアプリとeバイクアプリはパンデミック前のダウンロード数に達した。 ライドヘイリングアプリのダウンロード数は20217月に360万回増加し、20203月と比較して197%増加した。 Uberは、2021年前半に最もダウンロードされたライドヘイリングアプリであり、最近、今年の8月に195万ダウンロードに達した。 その同じ月、Lyft130万回の初回ダウンロードを記録した。 アプリはCOVID以前のダウンロードレベルに完全には達していないが、Lyftの採用は20202月から20218月までに全体の90%に増加した。

E-bike-sharingアプリは、パンデミックの中で人気を博し、Birdは前年比121%の成長を達成し、ダウンロード数は20217月に63万にピークを迎えた。

2番目にダウンロードされたe-bike共有アプリであるLimeは、同じ月に57万回近くダウンロードされた。 他の地元の旅行アプリと比較して、e-bike-sharingアプリは高い成長の可能性を秘めている:レポートによると、20191月以降のe-bike-sharingアプリのインストール数の伸びは183%を超え、同じ時期にアプリ(UberLyftを除く)をより126ポイント高くなっている。

(9/27 https://bit.ly/3m1r6a9 )

 

5. OTA、ブランドで苦しむ?

業界の私たちがオンライン旅行代理店について詳しく話している間、彼らは彼らが対象とする一般大衆によく知られているのか? 彼らが受け取ったすべての投資と数百万ドルを自由に使える状態で、彼らは実際に彼らのブランドを旅行者と消費者の心に入れるのに良い仕事をしたのか? それすら重要なのか?

これらの質問は、私が最近の集まりで家族や友人と話していたときに出てきた。一部のブランドを除いて、ほとんどの人が、私が言及した大手OTAのいずれも聞いたことがないことを発見した。 私が尋ねたほとんどすべての人がTripAdvisorAirbnbBooking.comについて聞いたことがあるが、ViatorGetYourGuide、および他のいくつかについて言及したとき、彼らはぼんやりと私を見つめた。 これは私に考えさせた。 OTAはブランドの知名度を上げるのに優れた仕事をしているのか、それともGoogle広告などを通じて予約を取得することに集中しているため、成功するブランドを成長させるための道を見失っているのか。 AppleVirginGoogle・・・これらの企業はすべて、製品ではなく顧客とエクスペリエンスに焦点を合わせているため、さまざまな理由で世間で知られている一般的な名前になっている。 私にとって、Airbnbは、Googleのようなものに大きく依存することなく、真にブランド認知度を高めてきた私たちのセクター内で唯一のブランドである。 彼らは(すぐにわかるように)人々の精神の頂点にいないかもしれないが、代替の宿泊施設を予約することに関して消費者の心にあるという点で“正しいことを実行した”。 GoogleAirbnbの宿泊施設を検索する人は誰もいないが、アプリやウェブサイトで直接“Airbnb it”を検索する。 彼らは間違いなくそのセクターのGoogleになった。 TripadvisorBooking.comのようなものについては同じことは言えない。 Googleで検索した後、これらのプラットフォームで製品を見つける顧客が多すぎる。

一方、Airbnb Experiencesは、ブランド提供の宿泊施設側と同じ勢いをまだ獲得していないが、その時が来ると信じている。 ブランドの宿泊施設側は、彼らが一般的な名前になるまでに何年もかかった(20088月に発売)。 これは、ブランドを構築してから13年であり、Google広告やFacebookなどの他のプラットフォームに過度に依存することはない。 これが、最終的にAirbnbがツアー、アクティビティ、体験のためのOTAバトルに“勝つ”と私が主張している理由である。 業界の中で唯一の潜在的なこの邪魔者(spanner)はAmazonのようなブランドかもしれないが、これは遠い道のりだ。 消費者は、製品そのものではなく、消費者に焦点を当てたブランドに引き寄せられている。Airbnbは効果的にブランドファミリーを構築しており、今後もそうしていく。

OTAに対する消費者の認識

Consumers’ perception of OTAs

データは常に意見や戦略をリードする必要があると考えているため、Tourism Marketing Agencyは調査を実施し、米国と英国全体の消費者に、このセクターの大きなOTAのいずれかを知っているかどうか、そしてそれぞれについて最初に頭に浮かぶブランドかを尋ねた。

米国では、TripadvisorOTAリストのトップであり、Booking.comAirbnbがそれに続く。 ただし、英国では、Booking.comが最も人気があるが、Tripadvisor1%遅れている。 Airbnb3分の1近くである。

米国では、GetYourGuideViatorの両方がゆっくりではあるが着実に進んでいる。 英国を見ると、どちらのブランドも比較的小さい。 GetYourGuideの割合が高いと予想していた。 彼らが何年にもわたって受け取った巨額の現金投資で彼らが何をしていたのか不思議に思うだろう。

それでは、消費者がこれらのブランドのいくつかをどのように認識しているかを見てみよう・・・。

米国の消費者にとってAirbnbの最大の認識は、宿泊施設を検索して予約することであるため、そこには驚きはないが、ブランドのエクスペリエンス面を成長させる優れた仕事をしているようである。 対照的に、英国の人々は実際にはAirbnbを予約体験と関連付けていない。

米国でのTripadvisorの最大の認識は、宿泊施設の検索と予約に使用されているということである。 繰り返しになるが、これは驚くことではないが、目的地の調査が、米国でのツアーやエクスペリエンスの予約の上位になる。 驚くべきことにTripadvisorで有名なレビューは4位に位置しており認識が変化している。

米国市場とは異なり、英国では、Tripadvisorに対する消費者の認識は、サイトが主にレビューを読むための場所であるということである。 宿泊施設の予約と目的地の調査はスポット23で行われ、ツアーとエクスペリエンスは英国のTripadvisorで最も知られていない。

米国でのGetYourGuideのブランド認知度とメッセージに問題があることは明らかだ。 目的地の調査は予約とエクスペリエンスのトップであり、調査対象の消費者は宿泊施設を予約できると考えている。 このプラットフォームでは、それは対応できない。 英国では、GetYourGuideのブランド認知度は非常に低く、消費者の30%近くがブランドについて聞いたことがない。 このブランドを知っている人にとっては、主にレビューの場所であり、それからエクスペリエンスを予約する場所と見なされている。 宿泊施設の予約が再び上位に存在するので、彼らのメッセージの内容が何か正しくない。

OTAにはどのような問題があるのか? (そして解決策は何か?)

What issues do OTAs have? (And what are the solutions?)

上記の調査結果を見ると、これらのOTAが持つリソースを使用して、消費者がそれらの大部分についてほとんど、あるいはまったく知識を持っていないことは、依然として驚くべきことである。 または、知っている場合は、英国市場向けのTripadvisorのレビューなどの1つの分野に絞られている。 彼らは皆、Google広告に努力と投資家の資金を集中しているが、彼らがしているのは、この分野で独自の願望を持っているすでに巨大なモンスターに餌をやることだけである。 真に自立し、Airbnbのタイプのブランドになるためには、ブランド化とマーケティングの方法に再び焦点を合わせ、これを迅速に行う必要がある。 ほとんどの場合、これらの変更を実装するために2年間のパンデミックがあったが、OTAの大部分はその取り組みが停滞していると言っても過言ではない。

大手OTAの革新はどこにあるのか? オンラインマーケティングのほとんどをGoogle広告に集中させることを決定したのは誰なのか? 何年も経った後、なぜ一部のOTAは誰でも知っている名前とはなっていないのか? 私が投資家だったとしたら、これらは私が答えを求めている質問だ。 GetYourGuideのブランド認知も紛らわしい。 彼らはOTAなのか、それともGetYourGuide Originalsブランドのオペレーターなのか? 個人的には、消費者はGYGが何であるかを理解するのが難しいと感じていると思う。 TourpreneurShane Whaleyは、GetYourGuideがニューヨーク市のテレビで一連の広告をリリースしたことを強調した。 広告は素晴らしいが、この広告キャンペーンは彼らがする必要があるものと比較して大海の一滴だ。 これらの広告は、おそらく、それらがどれほど効果的であるかを確認するためのテストであるか、投資家をなだめるための単なる方法であるか、あるいはその両方である可能性がある。 しかし、少なくともそれは正しい方向への一歩である。 それは成功するか? 時間がかかることは分かるが、それを機能させるには、莫大な金額、より良いブランド開発のより多くの年、そしてより多くの投資が必要になる。 また、Airbnbはブランドエクイティ(ブランドが持つ資産的価値)の点で、このゲームよりもはるかに進んでいるため、他の一部のOTAにとってはゲームの後半となっている今では少し遅すぎる可能性がある。

顧客と直接的な関係を築く必要がある理由

Why you need to build a direct relationship with your customers

独自のブランドを構築することは、小規模な企業であろうと、数百万ドル規模の大企業であろうと、あらゆるビジネスの長期的な成功に不可欠である。

ブランドエクイティがなければ、あなたがすべき、あるいはそれが可能な種類の牽引力を獲得することは決してない。 これが、ほとんどのOTAがこの領域のマークを見逃していることに私が非常に驚いている理由である。 彼らは驚くべき技術、製品の膨大なライブラリ、莫大なお金、さらには顧客のデータを“所有”しているかもしれないが、彼らは本当に顧客の心を所有しているのか?

ブランドを構築することがすべてである。 それがなければ、あなたは存在するために存在するプラットフォームまたはブランドにすぎない。 消費者が本当にあなたに存在を望んでいるからではない。 そのブランド関係を直接構築する場合、あなたはその言葉を広めるのを助けるあなた自身のファンとフォロワーのファミリーを構築するより良いチャンスに立つ。 Airbnbが何をしたか考えてみて欲しい。 あなたが滞在した場所を思い出して振り返ると、私たちのほとんどは「それは私たちのホストのJillがスコットランドに持っていた素晴らしい宿泊施設だった」とは思わない。 しかし、あなたは「去年の夏に私たちが泊まったあのAirbnbは素晴らしかった」と言うだろう。 ブランドが製品またはサービスの代名詞になると、それが勝利する。 残りはただ追い上げをしているだけである、そして私が見ているには、いくつかはかなり貧弱な仕事をしている。

著者:Chris Torresは、Tourism Marketing Agencyの創設者兼ディレクター。

(9/27 https://bit.ly/3m6hECo )

 

6. 航空券詐欺、7年後に再び増加

ARCは、2014年以来休眠していた後、過去7か月間に再び出現した航空券詐欺計画について警鐘を鳴らしている。 9月中旬までに、ARCの不正検出器は、約80件の不正発券を発見し、その額は約120万ドルを占めた。 ARCの不正調査マネージャーであるDoug Nassは、平均して成功した不正な発券攻撃は、被害者である無意識の旅行アドバイザーのGDS資格情報を使用して510枚のチケットを発行していると述べている。 チケット1枚あたりの平均価格は800ドルから1,200ドルの間である。 中小規模の旅行代理店と大規模なチケット統合業者(コンソリデータ)が最も頻繁に被害を受けている。 これらのGDSクレデンシャルを取得するために、詐欺師はGDSから来たと称する旅行アドバイザーにフィッシングメールを送信している。 今月のウェビナーでARCが提示した例では、詐欺師は“Sabre System Upgrade Notification Letter”という件名を使用してSabreを偽装した。 Sabreは、予約システムにサインインするときに、新しいレベル3のセキュリティを追加していると電子メールは述べている。 そしてすべてのユーザーはメンバーのログイン情報(原文のまま)を入力する必要がある。 ログインすると、Sabre Red Workspaceが確認されたことがSabreに通知される。 次に、受信者はリンクをクリックしてSabreのクレデンシャルを入力するように求められる。 Nassは、2021年のこれまでのところ、詐欺師が3つの主要なGDSのうち2つをスプーフィング(spoofing)していると述べている。 2番目のGDSは、その情報を公開するためのARC許可を与えていないため、彼は公開しなかった。 SabreTravelportはこの話についてコメントすることを拒否した。 Amadeusは、なりすましメールや不正な発券については特に言及していない。 「Covid-19パンデミックの発生以来、サイバーセキュリティの分野で悪意のある試みが増えている。 私たちは顧客と協力して、これらの困難な時期に簡単に実行できる一連の実用的なセキュリティ管理と対策を顧客に提供している」と同社は言いう。 Nassは、収益完全性(revenue integrity)のARCディレクターであるCornelius Hattinghとともに、無許可の発券が西アフリカから発券されているようであり、航空旅行者がモロッコのカサブランカ;セネガルのダカール;アビジャン、コートジボワール;およびその他の場所の空港から出発していると報告している。 詐欺師は、米国での夜間にエージェントの資格情報にアクセスすることがよくある。 代理店が翌日営業を開始するまでに、詐欺師は顧客にチケットを発券している。 多くの場合、これらの顧客はすでに空を飛んでおり、旅行代理店に航空会社が期待するデビットを残している。 Hattinghは、ARCが代理店と協力して不正な取引を無効にしようとする可能性があると述べている。 「人がすでに飛行機に乗っている場合は、我々はエージェントに、直接航空会社に連絡して払い戻しを申請するよう依頼する。これは難しい環境になる」と彼は言う。

何年も休眠しているフィッシング詐欺

Phishing scam dormant for years

不正発券詐欺は、約7年間の休眠の後に再発生している。 ARCの詐欺チームは2009年から2014年までこの問題に関与していたが、この計画に関連して3人の西アフリカ人男性が逮捕された頃に詐欺は停止した。 Eric Donys Simeuを含むカメルーン人が逮捕され、 米国連邦刑務所で5年近くの刑を宣告された。 Simeu2018年後半に釈放された。 Nassは、旅行アドバイザーは注意を払うことでこの詐欺の犠牲になるのを避けることができると述べた。 リンクが期待していた電子メールに含まれていない限り、リンクをクリックしないで欲しい。 また、旅行アドバイザーは送信者の住所に細心の注意を払い、ずさんな間違いに注意する必要がある。 Nassが例として使用したSabreのなりすましには多くのタイプミスがあり、@coinersoirex.comのなじみのないドメインから送信された。 Nassはまた、GDSにアクセスできるすべての従業員がこの詐欺に気付くように、政府機関はトレーニングを強化する必要があると述べている。

*この記事はもともとTravel Weeklyに掲載された。

(9/28 https://bit.ly/3AT1lyL )

 

7. ホテルの予約柔軟性最優先、価格より勝る

旅行への欲求の高まりやサプライヤーからの柔軟性の必要性など、パンデミックについてはよく知られている。 しかし、現在の傾向のどれが残るのか、そして旅行者の行動が長期的にどのように影響を受けるのか、まだ誰も本当に知らない。 SiteMinderのレポートは、旅行への期待の高まりと、旅行者の3分の1以上(34%)がもっと旅行を計画しているという感情に賛成している。

ホテルのテクノロジースペシャリストによると、Dynamic Traveler : New Era of Hotel Guestレポートでは、旅行者は宿泊施設への期待が高まっているとのことである。 レポートによると、52%がより高い期待を持っていると述べており、予約行動に最も大きな影響を与えているのは、柔軟性、コストパフォーマンス、セキュリティなどの要素である。 調査によると、予約に影響を与える可能性のある14の要因のうちで、予約変更と無料のキャンセルが、旅行者のほぼ3分の1にとって上位2つの優先事項に含まれる。 これは過去の行動に影響を与える最大の要因と常に考えられていた価格を上回る。 価格は27%で2番目になる。 オーストラリアでは、予約の柔軟性は旅行者の45%にとって上位2つの目の優先事項の範囲内であるが、フランス、スペイン、英国では40%以上の重要な要素となる。 興味深いことに、予約の柔軟性と価格を考慮した後、朝食を含め、健康と安全の慣行は、予約に影響を与えるものに関してほぼ同等にランク付けされる。 レポートはまた、直接予約の傾向を強調しており、旅行者の39%がホテルで直接予約することを期待しており、2020年の36%からわずかに増加している。 調査によると、オンライン旅行代理店経由の予約は、2020年の37%から今年は26%に減少した。 また、旅行者がパッケージをより多く選択していることも明らかになり、2020年の約4%と比較して、現在14%がパッケージを選択している。 SiteMinderレポートのさらなる調査結果には、旅行者の約5分の1が支払いに関して個人データ管理に関して宿泊施設プロバイダーを“大いに”信頼し、48%が“やや”、21%が“あまりない”と答えるオンライン信頼性のチャレンジが含まれている。 SiteMinderの最高マーケティング責任者であるMark Renshawは、「このダイナミックで進化した旅行者の好みは、旅行業界を根本的に変える可能性がある」と述べている。(9/28 https://bit.ly/3ok9QQ6)

 

8. VIDEO:エアビー、賃貸規則とコミュニティの協力

旅行におけるピアツーピア市場の台頭により、政府は地元の環境への影響を精査するようになった。 特にバケーションレンタルにおける既存の法律が今日のデジタル世界に適しているかどうかについて多くの疑問が生じている。

ロンドン、ニューヨーク、パリなど、世界最大の都市のいくつかは、短期賃貸の成長を抑制するために新しい法律を導入した。 Airbnbはしばしば悪役と呼ばれているが、同社は規制の必要性を認識しており、この議論の会話に加わりたいと主張している。 ごく最近、Airbnbのポリシーおよびコミュニケーション担当上級副社長であるChris Lehaneは、短期賃貸へのEU全体のアプローチの進展を支持するヨーロッパの指導者に書簡を出した。

PhocusWire PulseRentals On The Riseイベントで、Lehaneはこのセクターにおける規制の枠組みの必要性について話し合う。 彼は、Airbnbが政府や地方自治体とどのように連携し、プラットフォームがどのように、どこで利益をもたらすことができるかについて、より広い視野を共有している。 Lehaneはまた、パンデミック以降、旅行がどのように変化したか、そしてそれがレンタル業界にとって何を意味するかについての彼の見解を示している。PhocusWireLinda Foxとの完全な議論はhttps://bit.ly/3AWn60Eのとおり・・・(9/28 https://bit.ly/3zQoBw7 )

 

9. エアビー、ホテル戦略変更、OTAモデルに近づく

AirbnbCEOであるBrian Cheskyは、柔軟性の重要性について繰り返し語り、同社の第2四半期の決算発表で、「柔軟性は今や旅行の恒久的な部分である」と述べている。 5月、同社はゲストに柔軟性を持たせるためのオプションを追加した。 これにより、ゲストは固定の日付、目的地、またはプロパティのパラメータなしで検索できるようになる。 現在、Airbnbは、チャネルマネージャーと流通プラットフォームにAirbnbプロパティの複数の料金プランをロードする機能を提供する新しいAPIを利用したディスプレイをテストしている。

これにより、旅行者とホストの両方に柔軟性がもたらされ、プラットフォームが従来のホテルにとってより魅力的になり、Booking.comなどのオンライン旅行代理店とより直接的に競争できるようになる。 イタリアを拠点とするRoom Cloudは、ホテルとレンタルのチャネルマネージャー兼予約エンジンであり、4月にAirbnbと料金プランについて話し合いを始め、7月にベータ製品の開発を支援し始めたと同社のマーケティングマネージャーであるSilvia Gualanoは述べている。 「Airbnbの主な目標はホテルに提案することである。 ホテルやアパートでも利用できるが、ホテルはBooking.comExpediaなどの他のOTAで料金プランを利用することに慣れているため、彼らにとってはさらに興味深いものである。 つまり、Airbnbは、バケーションレンタルだけでなく、一般的なOTAとして提案したいと考えているようなものである」とGualanoは言う。 Gualanoによると、所有者は一連の料金プランを定義できる。 たとえば、部屋のみと朝食付きの部屋を提供する。 Airbnbは、最大2つを表示する。 最も安いオプション(ママ)は返金可能で、最も安いオプションは返金不可だ。

参加したいプロパティのローンチを簡素化するために、Room CloudBooking.comに表示されているのと同じ料金プランをコピーしてAirbnbに送信している。 同社は、新しい料金プランの表示を備えた1つの物件をライブで所有しており、一度に1つずつさらに多くの物件をオンボーディングしている。

「私たちのサポートチームは現在それを行っているが、将来的にはクライアントにすべてを自分たちでできることを伝える」と彼女は言う。 サンディエゴベースのCloudbedsもベータテストの一部に入っている。 「Airbnbは、流通の観点から機能を拡張して、品質の良い製品をロードする機能を含める必要があった。 このAPIがまさにそれである」と、Cloudbedsのパートナーシップ担当副社長であるSebastien Leitnerは述べている。 Leitnerによると、APIはホテルからのリクエストと、Airbnbがそのプロパティからより多くの料金にアクセスすることで競争力を高めることができるために生まれたとのことである。

Airbnbは宿泊施設のすべてに力を与えることを本当に追求していると思う。 それが私にとって最大の話である。 Airbnbは今でも非常に優れており、できるだけ多くのバケーションレンタルを利用可能にすることに努力している。

彼らはバケーションレンタルの観点から彼らの成長を鈍化させているのではなく、単にそれに加えているだけである。 彼らは本当にあらゆるタイプの宿泊施設を売る使命を帯びている」とLeitnerは言う。 Leitnerは、AirbnbHotelTonightを強化しており、供給を獲得し、市場マネージャーを雇用していると述べている。 HotelTonightでのオープンな役割の長いオンラインリストは、「パンデミックのため、ホストコミュニティのコアを直接サポートしない活動への投資を削減する必要がある。 TransportationAirbnb Studiosでの取り組みを一時停止しており、HotelsLuxへの投資を縮小する必要がある」という、20205月のCheskyの発表からの注目に値するシフトである。

Booking.comはどこへ行く・・・

Where Booking.com goes...

Hostlyの共同創設者兼社長のDavid Jacobyは、Booking.comのリードに続くAirbnbのもう1つの例は、新しい料金プラン戦略であると述べる。 これは、Airbnbがホストとゲストの料金体系に加えた変更で最初のエビデンスである。 「そしてBooking.comは、複数の料金プランでも、ホテルの在庫でもリーダーなっている。 だから、これは私がコピーとは言いたくないAirbnbの別の例であるが、Bookingの足跡をたどっている。 Booking.comは常にこれを行ってきた。 最近、ホストとプロパティマネージャーに対して、その柔軟性を示すために複数の料金プランを設定するための大規模なプロモーションを行っている」とJacobyは言う。 D-Edge Property Solutionsは、Airbnbと協力して新しい料金プランソリューションのテストを行っている別の流通テクノロジープロバイダーである。 同社の分析によると、Airbnbはホテルの流通シェアを獲得しており、パートナーシップの責任者であるLéa Vernetは、価格設定をより細かく提供することでAirbnbがさらに後押しされる可能性が高いと述べている。

「これにより、Airbnbは他のOTAと同じレベルになるため、Airbnbがより魅力的になる。 ホテルは、Booking.comExpediaと同じ機能を使って、料金をオンラインで提供できるようになる」とVernetは言う。 IDeaSのチーフエバンジェリスト兼チーフデベロップメントオフィサーのKlaus Kohlmayrは、パンデミックは消費者の目から見た柔軟性の価値を高めただけであり、伝統的なホテルが返金可能と返金不可の料金の選択肢を提供してきた20年間、このタイプの価格戦略がコンバージョンを促進することが示されている。 「それがまだ存在している理由である。 複数の選択肢を示すと、人々は前向きに反応するのは事実である。 消費者として、あなたは選択を望み、あなたにとって正しいものを選ぶことを望んでいる」と彼は言う。 そして、Gualanoは「旅行者は、他のOTAで見つけるのに慣れている価格ロジックを再発見できるようになる。 特にこの不確実な時期には、これにより予約時の自信と落ち着き(serenity)が増す」と述べる。 このテストについてコメントを求められたとき、Airbnbの広報担当者は、「ホスティングを容易にするために製品を革新する新しい方法を常にテストしているが、現時点で共有できるニュースはない」と述べている。

(9/29 https://bit.ly/3F6MTpk )

 

10. 成長最優先、東南アのパンデミック前ダイナミズム

東南アジアの旅行の回復が本格化すると、大幅に減少した基盤から回復するだろう。 それらの間で、Phocuswrightの最新の調査レポートである東南アジア旅行市場レポート2020-20244か国は、2019年に1140万人のインバウンドの到着を歓迎した ― タイで3,990万人、マレーシアで2,610万人、シンガポールで1,910万人、インドネシアで1,630万人であった。 その合計は2020年に1,780万に急落した ― タイで670万、マレーシアで430万、インドネシアで400万、シンガポールで270万に減少した。 地域の回復を支援するために、東南アジアの10か国がワクチン認証とデジタルヘルスパスに関する対応を調整することが期待されている。 これはまだ実現されておらず、20218月にはASEAN間の大きな旅行需要はほとんど存在していなかった。 2021年には期待された回復が始まらず、最低限の予約数である147億ドルになると予測されている。 成長の再構築は東南アジア旅行市場の優先事項であるが、パンデミック前のダイナミズムの復活も同様である。 [パンデミック前には低コスト航空会社(LCC)が急増した量のレジャー観光客を輸送した一方で、出張の拡大はMICEと輸送インフラの拡大を支えた。 より多くの人々が教育や経済移民の目的で、そして家族や友人を訪ねるために旅行した。 クルーズ部門は繁栄し、東南アジア全体で毎年の寄港が増加した。 カジノツーリズムは、シンガポールとマレーシアの高地の洗練された統合型リゾートで繁栄した。 新しいビーチフロントのリゾートやシティホテルが誕生し、空港がアップグレードされ、高速鉄道が建設され始め、地方のコミュニティがマイクロツーリズム経済を築き上げた。 国境が閉鎖されていても、キャンプやハイキングからジップライン(ziplining)やリバースポーツに至るまでのアウトドアアドベンチャーと同様に、自然スポットへの国内セルフドライブ旅行の人気が急上昇した。 アジア太平洋地域全体の発展を反映したデジタルテクノロジーの革新は、特に若い人たち(younger demographics)の間で、東南アジアの旅行の回復を後押しする。 パンデミックの間でさえ、インタラクティブなテクノロジーは、リアルタイムの仮想ツアー、ゲーム化された旅行プロモーション、新しいキャッシュレス支払い形式など、旅行マーケティングの新しいパターンに影響を与えた。 オンライン旅行流通の見通しは、これらの傾向を反映している。 2024年には、総旅行取扱高は410億ドルに達すると予測されており、この合計の50%以上である211億ドルがオンラインで行われるだろう(下のグラフを参照)。 これは、2019年の市場全体で541億ドルのオンライン売上高が217億ドルであるのと比較される。

東南アジア旅行市場レポート2020-2024のレポートは、主要なセグメント、国レベルのシェアとトレンド、流通のダイナミクスなどの分析を含む、2018年から2024年までの東南アジアの旅行業界の包括的な市場規模と予測を提供する。

(9/29 https://bit.ly/3F4aKpR )

 

11. ディズニーとアマゾンの顧客音声アシスタント

AmazonDisneyは、来年Walt Disney World ResortホテルでAmazon Echo音声アシスタントを展開する予定である。 DisneyホテルのAlexa for Hospitalityプラットフォームに加えて、Hey, Disney!は、自宅のEchoデバイスでも使用できるようになる。 Disneyパーク、エクスペリエンス、製品の会長であるJosh D'Amaroによると、音声アシスタントは「ゲストが象徴的なキャラクターやストーリーに取り組むための新しい方法を解き放つ」ように設計されており、ユーザーはインタラクティブなディズニーエクスペリエンス、エンターテインメント、ジョーク、雑学クイズ、その他のコンテンツにアクセスできる。 Disneyホテルでは、追加の毛布や枕を求めるなどの特別なリクエストを行うだけでなく、公園に行くための最速の方法、特定の食料品を見つける場所などに関する情報を入手するためHey, Disney!が利用できる。 Hey, Disney!へのアクセスは、ホテルでは無料のアメニティとして利用できる。 Hey, Disney!を自宅で使用する場合は、米国ではAlexa Skills Storeで購入できる。 Amazonによると、Hey, Disney!は、Alexa顧客アシスタントがEchoデバイスで初めて利用可能になる。*この記事はTravel Weeklyに最初に掲載された(9/30 https://bit.ly/3kXxTCp )

 

12. エアビー、新ディスプレーをテスト

今後数週間で、Airbnbは世界中の市場の一部の物件の価格を表示するさまざまな方法をテストし、最初のリスト検索で1泊の料金、サービス料金、清掃料金で構成される価格を表示する。 このテストは、Airbnbが欧州委員会およびノルウェー消費者当局が主導する一部の国内消費者保護当局からの透明性の向上を求める要求を受けて、ヨーロッパでの価格表示に同様の変更を加えてから2年余り後に行われている。 ヨーロッパのモデルでは、日付付きの検索の場合、Airbnbは、プロパティの価格、清掃とサービスの料金、および該当する宿泊税を含む合計費用を表示する。 対照的に、たとえば米国では、現在、いくつかの都市でAirbnbのリストを検索すると、最初の検索リストに1泊の料金が表示される。 これは、プロパティだけの価格であり、下の小さいフォントでは、料金を含む滞在の合計価格を表示するが税金は含まれていない。 Airbnbが今月後半に特定の場所で開始し、数週間実行する新しいテストでは、Airbnbは、料金を含み、税金を含まない1泊の合計料金を表示し、場所に応じては、引き続き最終支払いページで詳細を分解して表示する。 このテストは、Airbnb5月に、ソーシャルメディアで料金について抗議された翌日に開始されたレビュープロセスの一部である。 「最近、Airbnbの予約の料金についてゲストからの不満を聞いた」と同社は5月の声明で述べ、料金の設定方法を説明し、レビューの開始を発表した。 「私たちはまた、常に改善の余地があることを理解しており、ゲストから受け取ったフィードバックに対応することができる。 Airbnbのホスティングのグローバル責任者であるCatherine Powellは本日、ホストとゲストがナビゲートしやすい価格設定をさらに透明かつ簡単にすることを目的として、料金の包括的なレビューを実施し、必要に応じて推奨事項を作成することに焦点を当てるチームを彼女の権限の下に割り当てた」と声明は述べている。 Airbnbは、今後数週間にわたるこれらのテストの後で、価格の表示方法を“変更するかどうか”を決定する。 Airbnbによると、サービス料金(service fee)はほとんどの滞在で予約小計の15%未満であり、プラットフォームが提供する「製品とサービス」の費用をカバーしている。 清掃料金はホストの裁量に委ねられている。 ホストの約45%は清掃料金を請求せず、平均して予約費用の10%未満を請求している。 7月、Expedia Groupのバケーションレンタルパートナーの成功担当副社長であるKevin Locraftは、Vrboは価格の透明性を向上させるために、料金の内訳をどこでどのように表示するかについてもテストを行っていると語った。 「これは、今後6か月から12か月以上の間に私たちが身を乗り出すのを見ることができる場所である。 旅行者は料金(fees)が気に入らないことを私たちは知っている・・・そのため、私たちはその問題を解決するために身を乗り出す。 最終的には、価格がより透明になると、すべての人のコンバージョンに役立つと信じている」と彼は述べている。

(9/30 https://bit.ly/3F5U9lB )

 

13. トラベルパーク旅行コンサルタンのサステラ買収

TravelPerkは、旅行持続可能性コンサルタント会社Susterraを非公開の金額で買収した。 環境科学者のJames Dentによって設立された英国を拠点とするSusterraは、企業に従業員の出張関連の環境への影響の全体像を提供する。

同社はデータ分析を使用して、企業が炭素効率を改善し、コストを削減し、持続可能性の目標を達成するのに役立つ洞察を備えたレポートを提供している。

TravelPerkは、この買収を「企業が持続可能な旅行を支援するという使命の最新のステップ」と説明している。 契約の一環としてTravelPerkに参加するDentは、「より持続可能なビジネス慣行への道は可視性から始まり、この哲学がSusterraの製品の基礎を形成する。 Susterraは業界標準のICAO Methodologyを使用しており、顧客がプラットフォームの精度と影響に自信を持つことができるようにしている」と述べている。 2020年の初めに、TravelPerkGreenPerkイニシアチブを発表した。 これにより、企業は旅行の意思決定に関する炭素影響データを確認し、コストをかけて旅行の炭素排出を相殺することができる。 同社によれば、このイニシャティブに基づいて、今後数か月以内にSusterraプラットフォームをTravelPerkプラットフォームに統合する計画だ。

この買収は、1月の米国を拠点とするNexTravel7月の英国を拠点とするClick Travelに続くTravelPerkのここ数か月の3番目の買収となる。 持続可能性の信用を高めているのは、旅行管理プラットフォームだけではない。 今週初めに、ライバルのTripActionsが持続可能な航空燃料(SAF)プロバイダーのNesteとのパートナーシップを発表し、このパートナーシップを通じて、TripActionsReed & Mackayは、SAFを購入し、二酸化炭素排出量を削減するオプションを顧客に提供する。 一方、ATPIは、持続可能性に焦点を当てた「新しいアイデアとサービスのインキュベーター」と表現するHaloを発表した。 旅行管理会社はまた、カーボンニュートラルになる計画の一環として持続可能性チームを編成している。(9/30 https://bit.ly/3zWRhDJ )

 

14. VIDEO:代替宿泊施設の顧客獲得メカニズム

2020年の後半には、ほとんどの業界の数字が示す通り、パンデミックの回復のリーダーとして代替の宿泊施設が強化された。 利便性と他のゲストと肩を並べる必要がないという約束は、業界の他のすべてでCOVID-19の発症時に旅行者の数が減少した後、セクターに待望のブーストを与えるのに十分であった。 Booking.comVrboAirbnbなどのブランドは、この機会を最大限に活用しており、従来のホスピタリティオプション(ホテルなど)が独自に復活し始めたとしても、成長が続くことを明らかに望んでいる。

しかし、顧客獲得は代替宿泊施設の複雑な分野であり、消費者は選択した検索プラットフォーム間を移動し、お気に入りのブランドに簡単に直接アクセスできる。 これにより、急成長している場合であっても、新しいゲストを獲得する(そして以前のゲストを維持する)ための一貫した戦略を確立することがはるかに困難になる。 HomeToGoなどのレンタル検索サービス は、現在、独自の市場観を持っており、大手ブランドと協力し、同様の顧客マーケティングの問題に直面している。 CEOPatrick Andraeが率いる同社は、顧客獲得の仕組みや、すでに忙しい市場でサービスを成長させるための独自の試練や苦難を理解するのに十分な経験を有するブランドの1つでもある。 Andraeは、最近のPhocusWire PulseRentals On The Riseオンラインイベントで、PhocusWireLinda Foxと話をした。 完全なインタビューは https://bit.ly/3kW0hEL に含まれている・・・(9/30 https://bit.ly/3uruNJU )

 

15. 社説:自律型サービスの具体化

「私たちはテクノロジー、イノベーション、持続可能性、経験を融合させている。 滞在前と滞在後にエクスペリエンスを提供したいと考えている。 私たちのホスピタリティの未来は、私たちが拡張ホスピタリティと呼んでいるものである」、これは、今週のPhocusWireの記事で、Accorのグループ最高商務責任者であるPatrick Mendesが、自律移動を開発するためのCitroenとのチェーンのパートナーシップについての記事での発言だ。 PhocusWireは過去に、自動運転はまだ未来的な現象であるように思われることを指摘した。 これは、楽しみにして待って、さらに先をつかむためのものである。 これは、まだ揺籃期にある技術の導入を検討するのではなく、COVID-19パンデミックから回復するためにできる限りのことをしようとしているセクターに特に当てはまる。 自動運転が多くのブランドの研究開発リストの重要な議題になるのは、おそらく2022年と2023年のことだろう。 私たちはその予測を支持する ― それでも、その予測をサポートするか、機会(opportunity)を捉えようとしているのは自動車メーカーだけではないことを示唆するいくつかの小さな動きがある。 今週初め、Accorは自動車メーカーのCitroenとアウトドアメディア会社のJCDecauxと協力してUrban Collectifを発表した。 このサービスは、さまざまな輸送ニーズに使用できる電気ポッドを通じて、都市の自律移動の開発を促進することを目的としている。 23人が乗れるSofitel En Voyageポッドは、トランスファー、ショッピング旅行、または都市体験に使用でき、Pullman Power Fitnessはユーザーが通勤中に運動できるようにする。 このようなイニシアチブは、自動運転車が業界の将来において重要な役割を果たすという分野横断的な理解の発展において重要である。 オブザーバーは、AccorのアイデアがVirgin AtlanticスタイルのGoogle Glassのマーケティング喘鳴(marketing wheeze)ではないことを望んでいる(初心者にとっては、おそらくはるかに高価である)。 Robotaxis1つのことであるが、自動運転車の世界を使用して業界の他の分野での体験を向上させる方法は、おそらく機会の興奮( excitement of opportunity)が本当に来るところである。(10/1 https://bit.ly/3mf1OoT )

 

16. VIDEO:旅行支払、ロイヤルティとコンバージョン貢献

パンデミックの間、払い戻しとチャージバックが爆発的に増加し、オンライン旅行仲介業者にキャッシュフローの課題を引き起こした。 また、予約期間の短縮など、旅行者の行動の変化により、旅行会社にとって追加の支払いの課題が生じている。 最後に、旅行者はデジタルファーストのタッチレスオプションと、無料の分割払いなどの新しい支払いモデルを求めている。

旅行会社は、顧客の忠誠心とコンバージョン率を高めるために、これらの課題にどのように対処するのが最善であるのか。

最近のTravelTech Show 2021オンラインイベントで、旅行および観光組織の3人の業界リーダーがこれらの問題やその他の問題について話し合った。

パネルの参加者:

  • Upliftの最高商務責任者Tom Botts
  • Travel LedgerCEORoberto Da Re
  • WEXの南北アメリカ担当副社長兼ジェネラルマネージャー、Heather Andrews

https://bit.ly/2WyiL55PhocuswrightPet Comeauとの完全なインタビューをご覧ください・・・(10/1 https://bit.ly/3ouJ5Zh)

 

17. OYO、上場計画概要発表

OYOは、インド証券取引委員会に書類を提出することにより、上場のプロセスを開始した。 インドのグジュラトに本拠を置くこの会社は、主に新株といくつかの既存株の発行を通じて、約12億ドルを調達しようとしている。 株式発行による収入は、借入金の返済と成長イニシアチブに向けられると見込まれている。 OYOは、Draft Red Herring ProspectusDRHP)ドキュメントで、「大規模でありながら高度に断片化されたグローバルホスピタリティエコシステムを強化する、最先端の新時代のテクノロジープラットフォーム」と表現している。 2012年に設立されたOYOは、所有者が「断片化され、ブランド化されておらず、十分に活用されていないホスピタリティ資産を、収益創出の可能性が高いブランド化されたデジタル対応のストアフロントに変換する」ことで、短期滞在型宿泊施設市場の再構築に重点を置いていると述べている。 同社の最大の株主は、OYOの創設者であるRitesh Agarwalであり、彼の持ち株会社であるRA Hospitality Group Holdingsとソフトバンクビジョンファンドの約3分の1を所有していると考えられている。

DRHPによると、OYOの純損失は2019年に約31,800万ドル、2020年に18億ドル、2021年に53,100万ドルであった。 2021331日までの1年間の同社の総収入は、前年同期の18億ドルに対し、56,000万ドルであった。 OYOは最近、Microsoftパートナーシップを結び、Microsoftから500万ドルの投資を受けた。 両社は、スマートルームソリューションを含む旅行およびホスピタリティテクノロジーの開発に協力することを計画している。

今年初め、同社は債務返済、製品開発、バランスシートの強化に向けて66,000万ドルの借り入れを行うことを発表した。 OYOはまた1月にシリーズFの資金で740万ドルを調達した。 パンデミックに先立ち、OYOはホテルフランチャイズプログラムとバケーションレンタル部門の両方を通じて、米国とヨーロッパの両方で野心的な成長計画を発表した。 同社20195月に@LeisureGroup36000万ユーロで買収した

OYOの最高執行責任者であるAbhinav Sinhaは最近COVID回復のための同社の戦略と成長分野についてPhocusWire話した。 OYOは現在、世界80か国で43,000を超えるホテルと150,000の住宅を提供している。

(10/1 https://bit.ly/3AXpmF3)

 

18. フォーカスライト会議 2021、新時代のためのプログラム

今こそ旅行のルネッサンスであり、より大きなエネルギーと明るい可能性に目覚める。 これは、同僚、顧客、パートナーと新鮮な視点で交流する時である。

私たちがここにたどり着くためにどれほど懸命に努力したかを考えると、この瞬間を正しくすることが不可欠だ。 アーリー・バードの価格割引の終了に先立ち、Phocuswright2021年の主力イベントのプログラムとスピーカーの最新ドラフトを発表した。

業界の3日間の豪華なイベントは、1115日月曜日から1117日水曜日まで、米国フロリダ州ハリウッドの通常の東海岸の本拠地に直接戻る。

もう一度、旅行会社は(可能であれば!)雇用し、売り上げを出し、顧客にサービスを提供している。 パンデミックが本当になくなることはないかもしれないが、楽観的な見方が存在する。 今こそ旅行のルネッサンスであり、より大きなエネルギーと明るい可能性に目覚める。 これは、同僚、顧客、パートナーと新鮮な視点で交流する時です。

プログラム(https://bit.ly/3oruFt6 )には以下が含まれます。

1115日月曜日:

  • ヤングリーダーズサミット
  • スタートアッププログラム
  • イノベーションサミットとローンチ

1116日火曜日:

  • センターステージ
  • 業界円卓会議
  • ブレイクアウトセッション

1117日水曜日:

  • センターステージ

改善に向けた大きな一歩は、私たちの失敗と成功を評価することである。

修正が必要な壊れたものはあるか? 私たちを人質にする古い習慣?

成長と変化を予測することは1つのことであるが、収益性が高く、充実し、意味のあるコースを作成することは別のことである。 健康で安全な環境、旅行体験の向上、目的地の活性化、プロセスの合理化、応答時間の短縮、公正で多様な職場など、次の賞に再び注力する際には、過去を振り返る必要がある。

(10/1 https://bit.ly/3B3JCVC)

 

19. ALERTS:デジタル旅行の新契約・製品・提携・採用

旅行、観光、ホスピタリティ業界のバックボーンは、テクノロジーとデジタルサービスによって支えられている。 予約システム、販売契約、ウェブサイトのデザイン、デジタルマーケティングツール、収益管理プラットフォーム-プロバイダーが顧客にサービスを提供できるようにするための重要な機能である。

PhocusWireのこのページでは、デジタルトラベルスペースでの新しい取引やパートナーシップ、製品の発売、重要な採用について説明する。 editor@phocuswire.comにアナウンスを送信して欲しい。

最終更新日:10104:46

Oct 01 04:46

SendSquared partners with Barefoot Technologies for vacation rental data solution

Sep 30 22:28

UATP and Uber for Business partner for global acceptance

Sep 28 19:42

Destination Canada partners with Air Canada and StatusMatch to entice American travelers

Sep 28 19:30

Former BA chief joins Caravelo

Sep 15 20:22

Etihad ups retailing capabilities via Amadeus deal

Sep 15 20:11

eDreams ODIGEO extends flight offering via easyJet partnership

Sep 14 22:33

SevenRooms, TheFork partner to provide services to hospitality operators

Sep 14 22:01

Hopper adds direct access to Spirit inventory through new NDC partnership

Sep 14 06:32

Tripadvisor collaborates with Audible

Sep 08 19:20

TUI Group provides enhanced tours and activities platform to Eurostar

(10/1 https://bit.ly/3uDb9ee )

 

20. 927日の週の資金調達記事

·          Pudu Robotics

Pudu Robotics7,700万ドルのC2ラウンドを完了し、このシリーズの合計は15,500万ドルになった。 デリバリーおよびレセプションのロボットKettyBotを含むさまざまなロボットを開発している中国を拠点とするこの会社は、5月に7,800万ドルのシリーズCラウンドを発表した。 新しいラウンドへの投資は、MeituanGreater Bay Area Homeland Development FundShenzhen Investment HoldingsSequoia Capital Chinaが主導した。 Puduは、この資金を製品開発、サイトの立ち上げ、拡張に使用することを目指している。 今年初めに発売されたKettyBotは、顧客との対話や広告表示などの機能を提供する。 同社の範囲内のもう1つのロボットであるFlashBotは、ホテルなどの建物のデリバリーロボットである。 同社によれば、同社のロボットはレストラン、ホテル、スーパーマーケット、官公庁、空港、高速鉄道駅、病院で使用されている。 Pudu Roboticsの創設者であるFelix Zhangは、「私たちは、ロボットを使用して人間の生産と生活の効率を向上させることを使命としている。 最先端のテクノロジーと強力なイノベーションへの意欲により、私たちはスマートな生活を人々の生活に導く実用的なロボティクスソリューションを開発し続ける」と述べる。 投資家の注目を集めるのはPuduだけではない。 デリバリーソリューションも提供するKeenon Roboticsは、最近SoftBankが主導するシリーズDラウンドによる2億ドルの調達を発表した。(9/27 https://bit.ly/3zN2rLp)

 

·          Turismocity

アルゼンチンを拠点とする旅行検索エンジンTurismocityは、600万ドルを調達し、1年足らずで2回目となるブラジルを拠点とするQuanto CustaViajarを買収した。 取引条件は明らかにされていない。 Turismocity202012月にダラスを拠点とするFareCompareを買収し、ラテンアメリカへの当初の焦点を超えて、米国、ヨーロッパなどに拡大することを可能にした。 
投資ラウンドには、IRSA / CresudCEOであるEduardo ElsztainGlobantの共同創設者兼CEOであるMartin MigoyaRiverwood Capitalの共同創設者兼マネージングパートであるFrancisco Alvarez-Demaldeと、IplanFibertelの共同創設者Pablo Saubidetを含むアルゼンチンのビジネスリーダーの参加が含まれる。 Quanto Custa Viajarは、航空運賃、宿泊施設、1日の支出、食事、レンタカーなど、目的地への旅行の費用を決定する計算機を含むデジタル旅行計画ツールである。 2014年に設立された同社は、現在、年間1,200万人以上のユーザーを抱えている。Turismocityは、パンデミックにより「よりグローバルな視点を獲得し、業界内のさまざまな機会を活用する」ことができたと述べている。 旅行会社やテクノロジー会社の買収と投資を継続する予定だとのことである。 「私たちの目標は、世界のトップ5の旅行会社の1つになることだ」と声明で述べている。(9/27 https://bit.ly/3ulcMNv)

 

·          Ukio

バルセロナを拠点とするスタートアップで、月極めの滞在に家具付きアパートを提供しているUkioは、900万ドルのシード資金を調達した。 ラウンドはBreegaが主導し、HeartcorePartechが参加し、TravelPerkの共同創設者兼CEOAvi MeirCoverwalletの創設者であるIñaki Berenguerを含むエンジェル投資家の支援を受けている。 2020年に設立されたUkioは、バルセロナとマドリードに100のアパートを持ち、2022年末までにヨーロッパの6つの首都で700に成長する計画である。 また、フルスタックのテクノロジーと内部オペレーティングシステムの開発も続けている。 同社は月極めの家具付きアパートを提供している。 滞在し、検索からチェックアウトまでデジタルカスタマーエクスペリエンスを提供する。 Ukioは各アパートを選び、地元の職人によって作られた家具と再生可能エネルギーによって供給される電力を提供する。

(9/27 https://bit.ly/3ojLHcf )

 

·        Dance

電動自転車のサブスクリプションサービスであるDanceは、さらに1,650万ユーロの資金を調達した。 Eurazeoと多くのエンジェル投資家たちからの投資は、1年前に発表されたシリーズA1,500万ユーロを上回る。 ドイツのベルリンを拠点とするDanceは、招待制のパイロットプログラムに続いて市内でサービスを開始した。 シリーズAの時点で、Danceの共同創設者兼CEOであるEric Quidenus-Wahlforssは、同社はヨーロッパ全体に、そして将来的には米国にも拡大することを計画していると述べた。 Quidenus-Wahlforssは、追加の資金提供を発表し、“パリからの国際的な視点”のために、同社がEurazeoと協力することに魅力を感じたと述べている。 彼は、近年、サイクリングのインフラストラクチャを確立するために市が行った作業を賞賛していると付け加えている。(9/29 https://bit.ly/2YgUwsK )

 

·        Cover Genius

保険技術のスペシャリストであるCover Geniusは、7,200万ドルの新規投資ラウンドを使用して、ヨーロッパの新しい市場への拡大を支援する。

オーストラリアに本拠を置くこの会社は、投資を主導したSOMPOホールディングスからシリーズCラウンドの支援を受けた。 G Squaredと既存の投資家も参加した。現在、総資金は約9,500万ドルに上る。 2014年に設立されたCover Geniusは、Booking HoldingsSkyscannerDespegarEtravali Groupなどの旅行パートナーが保険商品をカスタマイズ、追加、および組み込むことを可能にする。 このラウンドは、旅行、モビリティ、その他のeコマース分野での顧客基盤の拡大をサポートするためにも使用される。 CEO兼共同創設者のAngus McDonaldは、「この戦略的投資は、新しい流通ラインを備えた市場に当社の能力を拡大するのに役立つ」と述べている。 そのテクノロジーには、XCoverが含まれる。 これは、国、言語、通貨を問わず、あらゆる保険ラインをカバーする流通プラットフォームである。 Research and Marketsよると、COVID-19のパンデミックは、POSまたはサインアップに組み込まれている保険商品の対応可能な市場を加速させている。 世界の電子商取引市場は、2019年の18,085億ドルから、2020年には約24,053億ドルに成長すると予想され、世界の電子商取引市場は、2023年までの複合年間成長率14%で35,663億ドルに達すると予想される。 

* The Phocuswright Conference2019Cover Geniusをフィーチャーしたピッチとインタビュー https://bit.ly/3m9FsFjを確認してください。

(9/29 https://bit.ly/3zW6d58 )

 

·        Troop

会議計画のスペシャリストであるTroopは、著名な旅行投資家からシリーズA800万ドルを調達した。 このラウンドは、Madrona Venture GroupSteve SinghConcurの創設者が主導し、EPIC VenturesConexo VenturesAll Iron VenturesPlug and Play Tech CenterTop Seeds LabFounders Factoryがサポートした。 Trivagoの共同創設者であるRolf Schromgens、元Egenciaの社長であるRob Greyber、元OrbitzCEOであるBarney Harford、元SAP Concurの社長であるJim LucierMike Eberhardなどの旅行業界の幹部も投資している。 スペインと南アフリカを拠点とするTroopは、予約および経費ソリューションに関する製品開発と統合をスピードアップするためにこの資金を充当することを計画している。 Troopを使用すると、会議の主催者は、会議の計画を容易にし、改善するためのデータを提供することで、直接のグループ会議を手配できる。

2021年のPhocusWire Hot 25スタートアップであるTroopCEOであるDenis Vilovic、「旅行業界の販売方法を最適化する代わりに、企業のビジネス旅行マネージャーが何を必要としているかを評価した。 彼らには、使いやすさ、場所に関するデータ、持続可能性、支出、タイミングなどの幅広い目標に合わせて最適化する能力が必要である。 そして最も重要なのは、同僚とコラボレーションする能力だ。 我々のプラットフォームを成長させて、予約と費用との緊密な統合を含めるようにする。 Troopは、法人旅行へのまったく新しい破壊的なアプローチを可能にする」と述べている。 Troopの取締役会の議長になるSinghは、「世界中の企業が分散型作業モデルを採用するにつれて、グループが集まる必要性が高まっている。 会議の計画、予約、実行は、企業のオフィスでの5人の会議、一部の参加者が旅行しているのに他の参加者が旅行していないハイブリッド会議、従来の会場での大規模な会議など、簡単である必要がある」と加える。 Singhは最近、4,100万ドルの資金で最近立ち上げられたSpotnanaの投資家および会長になった。 彼はまた、経費管理技術スペシャリストセンターの支援者でもある。

* Phocuswright Europe 2021で記録された、のTroopVilovicのピッチ https://bit.ly/3oo6VWD を確認して欲しい。

(9/30 https://bit.ly/3mc46p2 )

 

+++++

6月4日

九州で大手系列越え初の共同運航

米ユナイテッド航空、超音速機購入へ