海外事情・旅行流通

フォーカスライトJapanでは、PhocusWire Daily (phocuswire.com) 並びにTravel Weekly (travelweekly.com)を含む海外主要旅行業界誌から、面白そうな業界ニュースを選別し日本語に意訳して、トラベルジャーナル(TJ)の隔週コラム「FROM THE WORLD/海外事情」とTD 勉強会(e-rtb.com)に掲載しています。TDTravel Distribution)勉強会の「海外事情 アーカイブ」では、TJのコラムに掲載したニュース以外の記事を、TJコラム発行日の3日遅れで掲載しています。 

 

2021年1月31日

 

海外事情 1月25日号

 

·法人旅行に関する記事が目立った週だった。

MicrosoftのBill Gatesが、昨年11月17日のNYタイムズのDealbook会議で「法人旅行は半減し、それに加え会社勤務日の30%は消滅する」と予言したが、それに対して旅行業界の人たちが反論している。 彼らは、人間の対面の繋がりはビジネスだけでなく全てにわたって不可欠であると強調、企業の出張は決してなくならないし半減などもしないと言っている。

「4. エアビーCEO、旅行の永久シフトと危機への原則語る」と「5. ビルゲーツは間違、出張旅行はなくならない」の2つが、会社勤務日の削減が、却って、リモートで働く人たちの定期的な集合が必要となる新たなタイプの法人旅行が誕生すると言っていて面白い。

これを裏付けるような記事が「13. TripActions、1.55億ドル資金調達」だ。 2015年創業の法人旅行管理ソリューションを提供するスタータップTripActionsが、パンデミック禍の最中にもかかわらず大きな資金調達に成功している。

利にさとい投資家たちのことだ、このような時期に大金を投資するとは、きっと法人旅行の将来に確かな明るい見通しを持っているからなのだろう。 1月23付Crunchbaseのヘッドラインは、「TripActionsが約5191億円の評価額で約161億円を調達、大逆転」と報じた。 立派なユニコーンになっている。 TripActionsは、『出張の需要が恒久的に大幅に減少するとは考えていないが、実際には新しいニーズのために増加する可能性がある』と、「3」と「5」の記事と同じようなことを言っている。

 

TripActionsに法人旅行の “古いモデル” と言われてしまったAMEX GBT(全米旅行会社番付 第3位、法人旅行分野では第1位)でさえ、中堅TMCを買収し今後の法人旅行市場回復に備えていると「16. AMEX GBT、Ovation Travel Group買収」が伝えている。

 

· 「7. スタータップステージ:Hospitality Gig」が、ギグワーカーのための職探しプラットフォーム立上げたと伝える。 そういえば、米旅行業界でもホームベースのエージェント(在宅勤務旅行業エージェント)が増えているという。

働き方改革が進んで、UberやAirbnbなどのシェアリング経済の新モデルがどんどん増えていけば、世界でギグワーカーがますます増加することなる。

1月12日付日経朝刊も「ギグワーカー、満足度高く」の記事を掲載した。

そうなれば、“ワーケーション” の新語が暗示しているように、法人旅行と観光旅行の境界線が長期的にはなくなってしまうのかもしれない。 働きながら観光する(観光しながら働く)デジタルノマドが増えるからだ。

 

今から7年ほど前の2013年7月、当時の大統領候補Hillary Clintonが、ギグ経済が経済問題への取り組みを難しくしている。 共有経済のギグワーカーの賃金が、米国の雇用者の賃金を低下させていると、ギグを非難したとも取れる発言をしてから、社会は大きく変わっている。

日本航空では、2019年5月から、出張先で休暇を取れる「ブリージャー」(ビジネス+レジャー)を導入し、休暇制度の多様化を進めている。

(編集人)

 

 

目次

1. (TJ) 予防接種記録を共有

2. (TJ) 13. Hopper、LH航空の初のNDCパートナー

3. 米黒人旅行者の旅行意思決定

4. エアビーCEO、旅行の永久シフトと危機への原則語る

                                                               1月18日週 第3位閲覧記事

5. Skyscanner、収益性ルート検索

6. ビルゲーツは間違、出張旅行はなくならない   1月18日週 第2位閲覧記事

7. スタータップステージ:Hospitality Gig

8. VIDEO: ヒルトンのDX

9. ATPCO、SITAのAirfare Insight運賃管理システム買収

10. 昔々、クルーズ船が出港した・・・旅行業界の生涯の366日

                                                               1月18日週 第1位閲覧記事

11. 観光と体験を定義する4つのトレンド

12. Microsoft、GMの自動運転Cruiseに投資

13. TripActions、1.55億ドル資金調達            1月18日週 第5位閲覧記事

14 直言: 常にビジネスに賭ける必要はない

15. スカイスキャナー新CEO

16. AMEX GBT、Ovation Travel Group買収

17. 旅行は、いかに自分自身を治すのか           1月18日週 第4位閲覧記事

18. 1月18日の週の資金調達

 

 

3. 米黒人旅行者の旅行意思決定

Black Traveler: Insights, Opportunities and Priorities の調査のパート1で、MMGY Globalは、米国のブラックレジャー旅行者が2019年に旅行に1,094億ドルを費やしたことを明らかにした。 現在パート2で、MMGYは、黒人旅行者、特に米国、カナダ、英国、アイルランドの旅行者が、目的地と旅行プロバイダーが多様性にどのようにアプローチしているかに細心の注意を払っていることを発見し、それが旅行の意思決定に影響を与えたと述べている。 具体的には、マーケティングと広告や同様のその他の宣伝で黒人がどのように表されるかが意思決定において重要な役割を果たし、彼らが広告で黒人の表現を見れば、米国の54%、英国/アイルランドの42%、カナダの黒人旅行者の40%がその目的地訪問する可能性が高いことに同意している。 ただし、フランス(27%)とドイツ(15%)からの黒人旅行者の間ではあまりその合意がない。 旅行の意思決定における別の要因は、目的地が黒人旅行者にとって安全であると認識されているかどうかだとMMGYはいう。 米国とカナダの回答者のうち71%が、安全性が彼らの決定にまたは非常に影響を及ぼしたと述べているが、英国/アイルランドの58%、フランスの31%、ドイツの回答者の21%だけが同じように感じている。 「広告と安全性における黒人の表現が、人種問題についての認識と議論がより控えめなフランスとドイツからの黒人旅行者よりも、米国の黒人旅行者に大きな影響を与えることは驚くべきことではない」と、Black Travel Allianceの調査委員会委員長であるUrsula Petula Barzeyは述べている。 「アメリカの奴隷制の歴史に続いて、弾圧的なJim Crow法、人種差別、制度的人種差別、警察の残虐行為が続いているため、米国の黒人旅行者は慎重になっている。 ヴィクトルユーゴーの 『黒人ドライバーのためのグリーンブック』が1936年から1966年に発行されたのはそのためだ。 現在、黒人旅行者が集まる現代のオンラインコミュニティは非常に重要である。 我々はレジャー旅行への欲求が高まっており、目的地が積極的に我々に売り込むことを歓迎しているが、その経験が前向きなものになることを確認したいと思っている」Barzeyは言う。 この調査は、黒人旅行コミュニティのニーズ、行動、感情を特定するために、黒人旅行者擁護団体に代わってMMGYトラベルインテリジェンスによって作成された。(1/18 https://bit.ly/2LLk379 )

 

 

4. エアビーCEO、旅行の永久シフトと危機への原則語る

Airbnbは2020年に激動し、年初にIPOを計画していたところから、3月の8週間で予約の80%を失うことになった。 コロナウイルスのパンデミックの結果としての明らかな課題にもかかわらず、2020年の第3四半期に、同社の業績は2019年の第3四半期近くのビジネスレベルに戻り、創業以来3か月で最も収益性が高い四半期決算を記録した。 その後、チャンスの窓が見え、大成功を収めた株式市場のデビューで1年を締めくくった。 さまざまな国でのさまざまなCOVID関連の旅行制限に対処する一方で、同社はまた、今後のより永続的な傾向のいくつかが何であるかを楽しみにしている。 同社のCEOであるBrian Cheskyは、先週のReuters Next仮想イベントで、彼の3つの主要な旅行トレンドを説明した。 Cheskyは、パンデミックの過程で、旅行が終わったという点でいくつかの大きな声明を出したが、彼は物事がどのように変化しているかについての詳細でそれをフォローしている。 「旅行がパンデミック前の状態に戻ることは決してないと思うが、旅行が戻ってこないという意味ではない」と彼は言う。 パンデミックが発生する前は、出張が主流だったとCheskyは言う。 彼は、消費者が長い間家に留まり外に出たいと切望しているため、彼らはレジャー旅行へのシフトを考えている。 これは、旅行者が飛行機に乗って1つの会議に行くという、「我々が知っているように、出張の大幅な恒久的な減少」と結びついている。 「企業がリモートでの作業に苦労するにつれて、新しいタイプの出張が出現する。 これは私がハブアンドスポークモデルと呼んでいるもので、人々はリモートで作業するが、四半期ごとに2週間ほど本社に戻る」と言う。 彼の2番目の傾向は、都市から都市以外の目的地への移動ではなく、彼が「どこの都市でも(city to everywhere)」と呼んでいるものについてである。 人々は上位50都市に旅行するだけではない。 Cheskyは、車で旅行する人々や小さな都市、コミュニティ、農村地域がすべて対象となり、「同じ場所で相撲を取る公平な競争となった」と述べている。

 

新しい形の「旅行」  New forms of “travel”

人々が大都市に行き、観光ホテルの地区に滞在し、ランドマークに並ぶという大量旅行のアイデアは、より意味のある旅行に置き換えられる。 Cheskyによると、ゲストの調査によると、54%が旅行を計画している、または2021年にすでに旅行を計画していると答えているが、友人や家族に会いたいと思っており、意味のある、より人間的で、より本格的で、人工的(synthetic)でない旅行方法を望んでいる。 彼らはランドマークに行くが、同じボリュームではない。 後戻りしないと思う。 本当の人間関係、旅行者はまだそれを必要としている ― それは我々全員が感じていることだと語る。 4番目(3番目?)の傾向は、おそらくそれは最大の傾向で、都市に観光地区と住宅地区の区分がなくなるように旅行を再流通することである。 彼は、Airbnbがコミュニティにサービスを提供し、強化することについて語っている。 「それは、彼らが望む量の[訪問者]を提供することであり、理想的にはそれ以上ではない」と彼は主張する。 Cheskyの言うことのいくつかは、心理学者が見ていることを反映している。 メルボルン大学の消費者心理学者であるBrent Cokerは、新しい贅沢は「旅行のための混雑のない体験」であると語っている。 先週のCAPA Liveセッションで、彼はZ世代の台頭について、ブランドからの信頼性をどのように評価しているか、そして「善を行い、社会的平等を促進する」という彼らの願望についても話し合っている。 彼は、66%が社会問題に対するブランドのスタンスに基づいて購入を決定し、ほとんどの人が社会的病巣の解決においてブランドが果たすべきより大きな役割を持っていると信じていると言う。 Cokerは、消費者が環境条件にどのように影響を与え、環境条件をどのように支援できるかという点で、ブランドを非難したり、ブランドに目を向けたりするようになっている。 だから、現在努力しているのは政府だけではない」と述べる。 「今週の就任式でワシントンD.C.エリアのAirbnb予約禁止のニュースで、株価が上昇したことは興味深いことである。企業はこの我々の危機への対処方法について記憶に残すだろう」とCheskyは述べている。 彼は、「短期的な株価変動」に基づいて決定を下したくはないが、ビジネスの結果がどうなるかに関係なく、原則的な決定を下す必要が生じることもあると語る。 「不確実な時期には、何が起こるかを予測できないことが多いため、原則的な決定がビジネス上の決定よりも優れていることがよくある。 ワシントンDC地域での予約を禁止した時に何が起こるかは分からなかったが、正しいことは何であるかを知っていた。 時間が経つにつれて、我々が正しい決定を下し続け、人々が我々の原則が何であるかを知っていて、それらの原則に同意すれば、彼らは我々を信頼し、我々のビジネスはうまくいくだろう」

(1/18 https://bit.ly/35P8ym4 )

 

 

5. Skyscanner、収益性ルート検索

Skyscannerは、ビジネスインテリジェンステクノロジーにUnserved Routesモジュールを追加することで、航空会社が需要を測定し、より収益性の高いルートを見つけるのを支援したいと考えている。 Unserved Routesサービスを使用すると、航空会社や空港は、旅行者が何をいつ探しているかに関する最新のデータを確認できる。 Skyscannerは、航空会社がウェブサイトからのインテントデータに依存することで機会を逃している可能性があると述べている。 これでは、航空会社が飛行しないルートや、多くの場合、旅行者の最寄りの空港の検索を明らかにしない。

Intent data = 顧客の興味・関心を把握するための行動データ。 Web上の行動解析の中で、「intent」つまり意志を持つ行動データのことを指す

同社のデータプロダクト責任者であるMichael Dochertyは、過去のデータは依然として重要であり旅行需要は毎日変化しているものの、航空会社が2019年に起こったことに基づいて来たる夏の価格決定を行う可能性は低いと付け加えている。 Ciriumからの最近のレポートでは、航空会社が需要の全体像を構築するのに役立つ検索やソーシャルメディアなどの新しいデータソースを探す必要があることが強調されている。 Dochertyは、これらの新しいデータソースを採用するには、過去に旅行者がどのようにやり取りしたかに依存していた航空会社の考え方を変える必要があると考えている。 Skyscannerによると、Unserved Routesモジュールは、検索とリダイレクトの量、および間接サービスのコストに基づく価格とコンバージョン率に基づいて各ルートを分析する。同社は、航空会社がより賢明な決定を下せるよう支援することで、より幅広い業界の利益という点で「波及効果」がもたらされることを望んでいる。 Unserved Routesモジュールの追加は、昨年9月に発表されたSkyscannerのTravel Insight Visionサービスに基づいている。(/19 https://bit.ly/35RuRYr )

 

 

6. ビルゲーツは間違、出張旅行はなくならない

COVID-19のパンデミックは、特に旅行に関して、ビジネスの前進の仕方を劇的に変えることは間違いない。 Microsoftの共同創設者であるBill Gatesは、リモートワークと仮想会議が標準になった今、出張の50%以上が永久になくなるとさえ予測している。 彼はMicrosoftのチームに対面の商取引の価値のある代替を提供するかどうかは分からないが、Gatesの悲惨な旅行予測は、次の3つの重要な要素を大幅に過小評価している。

 

·  人とのつながりは、仕事がどのように行われるかだ。

   Human connection is how work gets done.

  我々は基本的に人間関係を重視する生き物であり、最先端のテクノロジーを使用しても、プッシュ
  が押し寄せる時でも、ビジネスは直接行われている。彼自身の信念により、Gates自身は今年、新
  しい友人やビジネス上のつながりを1つも作らなかった。 そして我々ほとんどは、ハッピーアワー
  やチームコラボレーションを通じてすでに知っている人々と話をして関係することができる。
  しかし会議、見本市、その他のネットワーキングイベントがキャンセルされると、新しい接続を
  確立するのがはるかに困難になる。

 

·   販売では軍拡競争が存在する。  There will be an arms race in sales.

   CFOは、今年の旅費と接待費の削減にわくわくするかもしれないが、販売数についてどのように
   感じているかを尋ねて欲しい。 販売費なしでは販売額は維持できないので、ほとんどの人はそれ
   ほど興奮しない。 営業チームは、オンライン販売することに完全に満足していると言うかもしれ
   ない — それははるかに便利だ — しかし、競合他社が見込み客と調節コンタクトするとすぐに本
   質的に取引を失う。 言うまでもなく、個人的な関係に依存する膨大な量のアップセル、拡張、お
   よび保持が存在する。 コンサルタントやベンダーが、クライアントが直面している他の課題につ
   いて学びサポートを提供できるのは、多くの場合、昼食、コーヒー、またはドリンクを介してで
   ある。 このようにして、1回限りのプロジェクトが長期的な取り組みに変わる。 現実には、関係
   が弱ければ弱いほど、競合他社に商売を奪われる可能性が高くなる。 そして、物理的にそこにい
   ない場合、リスクははるかに高くなる。

 

· 決して旅行しない」が旅行者になる。

“Never travelers” will become travelers.

   全員がオフィスに居る時は、正式には会議用テーブルの周りで、または非公式に休憩室で、ブレ
  インストーミングを簡単にすることができた。 接続が失われ、分散作業に固有のリモートコラボ
   レーションの課題が発生したため、イノベーションは鈍化した。 同時に、リモート採用により、
   新入社員の採用の雇用が困難になる。 企業は、組織を前進させるためにチームをまとめる必要が
   ある。 その結果、年に2回、または四半期に1回、チームビルディング、プロジェクトキックオフ
   および今まで旅行したことのない人々とのコラボレーションセッションが増えることが期待でき
   る。 かつてはスタッフの20%が常に出張し、80%が一度も出張したことがなかったのに対し、
   今では半数以上が年に1、2回出張する可能性がある。 頻繁に出張する人たちはより少なくなる
   かもしれない。 しかしその量は、初めて仕事のために旅行する可能性のある大規模な人口に
   よって大幅に相殺されてしまう。

旅行を正当化するための敷居(threshold)が上がる可能性があることは事実だが(企業はROIに
焦点を合わせる必要がある)、売上の拡大、チームの構築、文化の維持には、出張が依然として
不可欠である。
優れたCFOは、収益とコスト削減だけでなく、人材の経験と会社全体の成長がどのように関係する
かについても考えている。 人々を集めることは、信頼と関係を迅速に構築し、原因を取り囲み、
チームに活力を与え、やる気を起こさせるために重要である。 これらはすべて、イノベーション
にとって重要である。
では、企業はこの出張の変化にどのように備えることができるだろうか。 スマートポリシー、
コンプライアンス基準、および鉄壁の記録管理を確立することによって可能となる。

 

·  戦略を立てる。  Map out a strategy

   出張費は高く企業はコストを管理する必要があるが、すべての旅行で厳しい「いいえ」を行うと、
   競合他社に負けるリスクがある。 代わりに、旅行のビジネスケースを決定するためのプロトコル
   と、新規ビジネスだけでなくチームビルディングやオンボーディングについても費用を正当化する
   方法を確立する。 新入社員は、規定を事前に知りたいと思うだろう。 完全に離れている場合、
   どのくらいの頻度で同僚と顔を合わせて関係を築くのかのルールを決める必要がある。

 

· 旅行ポリシーに包括性を組み込む。  Build inclusivity into the travel policy.

   次の飛行機に飛び乗るために、多くの従業員が少しずつ途方に暮れているかもしれない。 しかし、
   リスクが高い、または子供や高齢者の世話、ホームスクーリングなどの困難な家族/個人的な状況
   にある他の人にとって、彼らがすぐに出張することは危険または不可能かもしれない。 家を出る
   ことができない従業員の人たちに不利益を与えないように、機会をどのように管理するかについて
   慎重に考える必要がある。

 

· 記録とコンプライアンスを維持する。  Maintain records and compliance.

   2010年の経験に基づくリスクがあるため、2021年は監査の年になる可能性が非常に高い。 昨年か
 そこらの旅行のロックダウンで、政府は従業員の職場に関連する税金と法的な問題について非常に
 寛大であった。 彼らのほとんどは現在、巨額の予算不足に直面しているので、それが続くとは思わ
   ないで欲しい。 彼らは企業で責任をとることを要請する。 企業は、コンプライアンスと健康/安全
   の両方について、誰がどこにいるのか、どこにいたのかを常に把握する必要がある。 従業員の場所
   をリアルタイムで自動的に追跡し、税務および法令遵守を保証および検証し、従業員の安全を維持
   するための最も信頼性が高く、監査可能なソリューションを提供する。

 出張の理由は変わっていない — 我々はまだ仕事を成し遂げるために個人的なつながりに依存して
 いる — そしてその理由で、それが安全で人々が快適に感じるとすぐに旅行の回復が見られると
 期待できる。 しかし、間違いなく旅行が戻ってくると、コストとリスクを低く抑えることに関し
 て、多くの新しい複雑さがもたらされる。 企業は、競争のトップを維持するために、それを
 サポートするための適切な戦略とテクノロジーを準備する必要がある。
著者:Steve Blackは、Topiaの共同創設者および最高戦略責任者。

(1/19 https://bit.ly/35WUlDM )

 

 

7. スタータップステージ:Hospitality Gig

我々の使命は、ホスピタリティを機能させ続けることである。 需要が非常に不透明な時期を迎える中、すべてのホスピタリティ事業は重大な課題に直面している。 現在、スタッフのレベルを柔軟にする能力は重要な成功要因であり、商業的回復は、企業が必要な時に適切な人材にアクセスできるか、コストを厳しく管理できるかどうかにかかっている。 COVID-19がホスピタリティの仕事に与える影響により、企業が高度な人材プールを活用するユニークな機会が生まれた。 当社のプラットフォームはこのアクセスを可能にし、ホスピタリティギグエコノミーを生み出す。 短期的には、業界をサポートし業界の同僚がやりがいのある一時的な仕事の機会を見つけるのを支援するためのイノベーションを提供している。 長期的には、リモートでアクセスして動的に変更できる素晴らしい才能のためのプラットフォームは、ホスピタリティワークプレイスにとって前向きな進化となるだろう。

Hospitality Gigは、仕事の機会をポスティングし、仕事を完了するための適切なリソースを見つけ、その仕事の支払いを管理し、仕事の質を評価するエンドツーエンドのプロセスを管理するためのプラットフォームを確立する。 我々のプラットフォームは、労働者と企業を直接結び付け、ホスピタリティの商業、管理、およびエグゼクティブサポート機能の熟練労働者へのアクセスを提供するという点で独特である。 ホスピタリティチェーンで6か月以上働いた資格のある人材のみを受け入れ、プラットフォームで承認される前に、すべてのギグワーカーからの2つの紹介が必要である。 ビジネスモデルはシンプル。 プラットフォームを介して調達および完了したすべての仕事に対して料金を請求する。 求人の登録や投稿に費用はかからない。 プラットフォームテクノロジーには、次の4つの重要な部分がある。

   · プロファイル管理。 これにより、ワーカーはプロファイルを作成し、スキルを披露する。

   · 求人情報のポスティングと提案のプロセス。 これにより、労働者は機会を申請して最終候補者
     に 選ばれ、企業はプラットフォームを介して労働者とコミュニケーションを取り、必要な仕事
    と報酬に関する詳細に同意して最終決定することができる。

   · ギグマネジメント。 作業のステータスが管理され、完了時にサインオフされる。

   · 支払いは、プラットフォームとグローバルな支払いプロバイダーであるStripeとのシームレスな
     統合であり、企業と労働者の間でエンドツーエンドの支払いプロセスを直接管理し、完了した
     作業に対して労働者がタイムリーに支払いを受けることを保証する。

市場規模と機会については、さまざまな見積もりとレポートがある。 NatCen Panelは、英国の人口の4.4%が過去12か月間にギグエコノミーで働いていたことを発見した。 これはおよそ280万人だ。 しかし、TUCとハートフォードシャー大学のパンデミック前に完了した調査では、ギグ経済には470万人の労働者がおり、10人に1人の英国人がギグの役割を果たしていると推定されている。 多くのホスピタリティ企業が従業員の最大25%を解雇しなければならなかったことを考えると、人材の利用可能性と仕事を遂行するためのより革新的なソリューションを見つける必要性が存在し、市場規模は大幅に変わると予想される。 COVID-19がギグ経済にどのような影響を及ぼし、このパンデミックが仕事の未来をどのように変えるかはまだ分からないが、これはこれらのタイプの役割にアクセスできない可能性のある人々にアクセスを提供する機会であると信じている。 当初の焦点として英国とアイルランドで開始することを決定したが、リモートワークの新しいトレンドを考えると、国際的なリソースの提供を支援することもできる。 我々は、組織のさまざまなレベルで、主要なホスピタリティブランドのほとんどと話し合い、このタイプの雇用モデルが切実に必要であることを確認した。これは広く合意されている。

我々はかなり早い段階で、ビジネスに6桁の金額を投資したいと考えていた確立されたプライベートエクイティファームの投資家から連絡を受けたが、早い段階で我々の使命を放棄するリスクがあるこの投資には消極であった。 プラットフォームと運用を拡張するための投資を確保する必要があるが、これを行うための適切なパートナーを探す。(1/20 https://bit.ly/2KxJYPa )

 

 

8. VIDEO: ヒルトンのDX

2020年は旅行にとって厳しい年であったが、ホテルは特に大きな打撃を受けた。

レジャー旅行が行き詰まり、会議やイベントがキャンセルされ、短期賃貸が脚光を浴びている中、ホテルのリーダーたちが注目を集めている。 パンデミックがどのようにチャネルの流通を悪化させたかなど、このセクターに重要な質問が寄せられている。 そして、ホテルは、旅行業界の小さな回復のポケットのいくつかをつかむことができたように見える民間の宿泊施設プラットフォームとどのように競争することができるのか?

Hiltonのグローバル流通チャネル担当バイスプレジデントであるOral Muirは、業界が回復し、再建し、未来を取り戻すことを期待している。 彼は、11月のPhocuswright Conference 2020で、PhocuswrightのLorraine Sileoと話をした。

完全なインタビューは以下に含まれている。(1/20 https://bit.ly/3p8kQ0o )

 

 

9. ATPCO、SITAのAirfare Insight運賃管理システム買収

ATPCOは、SITAの運賃管理システムであるAirfare Insight(AFI)の購入により、プロダクトポートフォリオを拡大している。 契約が1月1日に終了した後に即発表された。 SITAは引き続きAFIを運用し、ATPCOと協力して、シンガポール航空、エミレーツ航空、ヴァージンアトランティック航空、厦門航空など、現在AFIを使用している航空会社にサービスを提供する。 このシステムは、ATPCOの価格設定ツールであるArchitectに統合される。 これは、航空会社が価格戦略を効率的に管理し、収益を最大化できるようにする自動化ツールである。 ATPCOによると、SITAとの契約は、両社が「業界の投資を最適化し、システムを統合する時期」であることに合意した後に行われたとのことである。 AFIをArchitectに統合するために協力することに加えて、この取引では、2021年を通じて両者が協力して、価格設定ツールの専門知識を使用して航空業界を支援することも求められている。(1/20 https://bit.ly/39VpZmp )

 

 

10. 昔々、クルーズ船が出港した・・・旅行業界の生涯の366日

1年前の今日、プリンセスクルーズのダイヤモンドプリンセス船は、2,666人のゲストと1,000人以上の乗組員で14日間の旅行のために日本の横浜から出航した。 当時誰も知らなかったのは、乗客の一人が乗船前日に咳をしていたことだった。 その男は1月25日に下船して、2月1日にCOVID-19の検査で陽性であった。 しかし、2月3日に予定されていた横浜に戻るまで船の旅は続き、日本政府はそれを検疫に入れた。 日本政府によると、その後の数週間で、ダイヤモンドプリンセスの700人以上の乗客と乗組員がCOVID-19陽性であり、14人が死亡した。 ダイヤモンドプリンセスの状況は、旅行業界に対するCOVID-19の最初の直接的かつ大規模な影響を表している。 その後の数週間から数か月の間に、ウイルスは世界の隅々にまで蔓延した。 この厳しい記念日を記念して、旅行の主要セクターに関連するパンデミックの重要な瞬間を確認し、回復を活用するための戦略の現状を見ていく。

 

クルーズ

ダイアモンドプリンセスの物語に続いて、3月中旬までにすべての主要な海と川のクルーズラインが操業を停止した。 マイアミヘラルドがまとめたデータによると、2020年10月の時点で、世界中で87隻の客船がCOVID-19の影響を受けており、合計で4,000人近くが感染し111人が死亡している。 6月、ロイヤルカリビアングループとノルウェージャンクルーズラインホールディングスは、公衆衛生、バイオセキュリティ、疫学などのリーダーとともに「Healthy Sail Panel」を開催した。 このグループの74のベストプラクティスのリストは、レビューのために米国疾病予防管理センターに提出された。 その間、クルーズラインは健康と安全の基準と手順を強化している。 夏以降、いくつかの路線が航海を再開した。 特に、ヨーロッパとアジアでの短い「どこにも行かない」旅行がある。 しかし、大手のほとんどは少なくとも第2四半期まで出港が保留され、カーニバルコーポレーションのカーニバルブランドは4月1日まで、ホーランドアメリカは5月1日まで、プリンセスクルーズは5月15日まで一時停止し、4月末までほとんどのブランドが航海を停止した。

 

航空

ダイアモンドプリンセスが横浜を出航してから3日後の1月23日、パンデミックの震源地と呼ばれる武漢からの最後の1便が、オーストラリアのシドニーに着陸した。 1週間後、主要なグローバルキャリアは、北京や上海などの中国の都市へのフライトをキャンセルした。 2月中旬までに、中国の旅客機の3分の2が繋留された。 航空会社はマスクポリシーの導入を開始、衛生ポリシーとその後のミドルシートブロッキングイニシアチブを導入した。 3月11日にCOVID-19がパンデミックと宣言され、国が国境を閉鎖すると、本国送還を支援し、重要な医療機器をウイルスのホットスポットに移動する以外の航空機の飛行はほとんどなくなった。 昨年3月以来、航空会社にとってはジェットコースターに乗っているみたいで、各国は夏に制限を解除し、いくつかのトラベルコリドーを確立したが、2020年の最後の数か月で再び封鎖に戻った(乗客への通知はほとんどなかった)。 国際航空運送協会(IATA)は、2021年夏の旅行業界の回復への期待を背景に、航空会社は2020年に110億ドルを損失、2021年には340億ドル(ママ、34億ドル?)の損失に改善すると推定している。 これは、政府による規制解除とワクチンの有効性と継続的なテストイニシアチブに依存している。 ただし2019年のレベルに回復するための最も早い予測は、2023年後半のものであり、多くの人は、キャリアがより小さくよりスリムなオペレーションの時代に着手したと信じている。

 

宿泊施設

フライトのキャンセルと国境の閉鎖は、ほとんどの出張の停止とともに、直接かつ即時の影響を及ぼし、ゲストが旅行できなくなったか、旅行する意思がなくなったため、世界のホスピタリティ業界にもろに波及した。 一部のホテルは閉鎖され、他のホテルはスタッフを最小限に抑えた。 ほとんどのホテルブランドにとって、2020年の第2四半期はドン底であった。 ヒルトンはこの四半期に4億3,200万ドルを失い、調整後EBITDAは2019年の同時期と比較して92%減少したが、マリオットの収益は72%以上減少して14億ドルになった。 短期賃貸も同様に当初は苦戦したが、より速くより急激に回復したようである。 STRとAirDNAのレポートによると、米国、スペイン、イタリア、フランス、中国では、2020年7月の短期レンタルの1日平均料金が2019年7月よりも高いと報告されている。 Airbnbは12月初旬にその波に乗ってIPOに乗り出し、取引初日に1株あたり146ドルでオープンした。 これは、前日に設定された予想株価を上回っている。 ホテルやレンタル会社は、キャンセル、払い戻し、クリエイティブな収益管理戦略に対処するとともに、非接触型テクノロジーやグローバルなクリーニングブランドとのパートナーシップなどを使用して、施設の衛生状態や社会的距離に対処するソリューションを優先している。 しかし、完全な回復はまだ道のりが遠いと予想されており、STRは10月に、米国の客室需要とADRがそれぞれ2023年と2025年まで2019年のレベルに達する可能性は低いと報告している。

 

出張

2020年1月下旬からのフライトの停止により、中国に拠点を置く多くの大企業や世界中を仕事で旅行する従業員は、世界保健機関によって公式のパンデミックが宣言される前でさえ、早期の警告に接し旅行を減らしていた。 3月にパンデミックが発生すると、旅行管理会社(TMC)は、従業員の本国送還を支援するとともに、石油やガス、医療専門家などの分野で不可欠な労働者を必要な場所に連れて行く方法を見つけるためにスクランブルをかけた。 その後、新規予約が枯渇するにつれ、TMCは流動性の維持とコスト削減策に移行した。 コロナウイルスの蔓延過程で繰り返し、出張の業界は政府に旅行の出発点と到着点での大量検査を導入して旅行を再開するよう要請した。 彼らがサービスを提供している企業の多くはより慎重だが、大企業は少なくとも今年の後半までオフィスへの復帰を延期している。 大規模な組織は、COVID-19が何百万人もの人々にオンラインコラボレーションツールの採用を余儀なくさせているため、従業員に在宅勤務の柔軟性を大幅に提供すると述べている。 企業の出張旅行への影響は今後数年間感じられ、50%が永久に失われると予測する人さえ存在する。 統合(consolidation)は不可避でありすでに始まっているが、企業の旅行開始への継続的な投資意欲は、希望のかすかな光を提供する。

 

OTA

オンライン旅行代理店は、サプライヤーと旅行者の間の立場のために、パンデミックの間にいくつかのユニークな課題に直面した。 危機の初期に、一部のOTAは両端からの怒りに直面した。 迅速で効率的な払い戻しを望んでいる旅行者や、ホテル経営者を中心とするサプライヤーは、一部のOTAが許可なしで払い戻しを行いし、クレジット(バウチャー)を提供する取り組みを弱体化させていることに不満を感じた。 一部のOTAは、Expedia Groupの2億7,500万ドルのパートナー回復プログラムなど、パートナーを支援する取り組みを発表した。 マーケティングクレジットの形で2億5,000万ドル、宿泊パートナーへの手数料が一時的に削減される。 しかし、専門家によって議論された1つの疑問は、 ― eコマースの採用が急増している今 ― 、ホテルがOTAへの依存を減らし直販を強化する時であるかどうかだ。 Booking HoldingsとExpedia Groupsは、主に国内旅行と鬱積需要により、改善の兆しを見せて第3四半期決算を締めくくった。 Booking Holdingsは、第3四半期に予約された宿泊日数が前年比で43%減少し、第2四半期の87%の減少を大幅に上回った。 またExpedia Groupは、市場の安定化と「マージン拡大」を推進するための社内の取り組みにより、2月以来初めて9月にキャッシュフローニュートラルに達した。

 

ツアーとアクティビティ

他のセクターと同様に、ツアーやアクティビティ(T&A)はパンデミックによって大きな打撃を受けたが、多くのサプライヤーの小さな独立した性質を考えると、多くが立ち直れない可能性がある。 11月までの期間の予約数は、2019年の同時期と比較して76%減少した。 パンデミックを通じて、企業は、特に以前に提携してビジネスに依存していたGoogleなどの企業からの支援がほとんどないことを嘆いた。 多くの人たちがこの時間を使用して、将来より直接的な予約を確保するための計画(または野心)を使用して、Webサイトと流通プロセスを更新している。 COVID-19がT&Aに対して影響を及ぼしたことを上げれば、それはデジタル化を加速し、非接触ソリューションの需要を大幅に押し上げたことである。 長い間閉じ込められた後、消費者はさらに体験を望んでいるため、T&Aやアトラクションが回復することが期待されている。 自分自身を改革する方法を発見し、企業のすべてのデジタル技術を活用することは、ニューノーマルの準備のためにうまくやっていく企業たちだ。

 

結論

これらは、旅行業界がパンデミックの崩壊に取り組んだ過去1年間の極めて重要な瞬間のほんの一部だ。 悲しいことに数千人が死亡し続け、感染率が高いままであるため、旅行業界のトンネルの終わりにはわずかな光のちらつきしかない。 中国はこの悲観的な状況の中で明るい場所の1つであり、国内旅行は力強く戻って来ており、アジア太平洋地域全体でのさらなる復活への期待を引き起こしている。 それでも、危機ですぐに明らかになったように、予防接種の利用可能性とその取得、そして多くの国からの旅行者が2021年半ば以降にある程度の規模で再び旅行できる可能性に期待が寄せられている。

(1/20 https://bit.ly/35WQfeD )

 

 

11. 観光と体験を定義する4つのトレンド

2020年は確かに覚えておく/忘れる年であった(該当しない箇所は削除)。 しかし、観光と体験の分野のレベルでは、COVIDによって引き起こされた我々の集団的生活の完全な破壊を超えて、今年の重要な瞬間(key moments)は何なのか?

 

2030年までにガソリンとディーゼルの観光が終了

The end of petrol and diesel sightseeing by 2030

業界史の激動の末期を迎えたものの、他にも色々なことが起こった2020年は、観光のあり方が大きく変化した年としても記憶に残るであろう。 この呼びかけからのフィードバックはまちまちである。 2020年には収入がなく、2021年には限られた収入しか期待できないため、この目標を設定することは不可能であり、無関係な目標であると主張する人もいる。 私のような他の人々は、気候変動の証拠を指摘し、これは少なすぎる、遅すぎると示唆している。 いずれにせよ、ガソリンとディーゼルをベースにした観光は2030年までに歴史になると私は予測している。 新しいバス、シャトル、その他の観光車両を購入する時は、このことを念頭に置いて欲しい。 以前の議論(https://bit.ly/2LT96Ra)でそれについてもっと読んで欲しい。

 

デジタルのツアーとアクティビティが開始され失敗した

Digital tours and activities launched and failed

パンデミックの初期には、デジタル観光が次の大きなものであるように見えた。 2つのアプローチが支配的である:

    ·  顧客静的/ホスト静的(Customer static/host static)(Airbnbが主導的な立場を取っている
                                    ように見える)

    ·  顧客静的/ホスト移動(Customer static/host moving)(例:Amazon、Local Purse、My
                                    Real Trip)

私はどちらのアプローチにも興奮しているか? 大したことではない。 顧客はホストではなく、現実の世界に移動する必要があると思う。

 

自律型観光車両が一歩近づいた

Autonomous sightseeing vehicles moved a step nearer

2018年のArivalのイベントでは、2025年までに都市型車両ベースの観光を自動運転車に移行する必要があると書かれたTシャツを着ていた。 その日付には満足しており、少し保守的だと感じたが、日付を発表するのは賢明ではない。その目標に達成しないこともあるからだ。 2020年、Amazon(Zoox)とLyftは、2022/2023年までに複数の市場で商業的に運用可能になると発表した。 Google(Waymo)も、2020年に、フェニックスという1つの市場で自動運転車に乗るための顧客のお金の受け入れを開始した。 このタイムラインの可能性がまったくないと信じていた人にとって、2020年は、これらの車両が間もなく大規模に登場することを示した年であった。 これらの初期の市場の都市にある自動車ベースの観光会社にとっては、2025年までの移行では非常に不十分である。

 

Expediaは基盤をリセットし、3〜5年で勝つための最高の位置に見える

Expedia resets foundations and looks in prime position to win in 3-5 years time

私は当時TourCMSのCEO / CTOとして、2015年にGray Lineが2016年のExpedia Epic Awardを受賞したExpediaの最初の予約システム接続プロジェクトを主導した。 私はビジネスだけでなく、現在の関係なしで話すことができる外部の人を知っている。 2020年、Expediaは地上の小売事業(ハワイとオーランドのオフライン・コンセルジュサービス)を閉鎖し、アクティビティーのオンライン小売の多くをTripadvisor / Viatorの供給に基づくようにシフトした。 これはこのセクターにとって大きな損失と見なされたが、私は別の見方をしている。 これは、Expedia Groupが将来勝つための位置付けだと思う。 これは意図的な戦略である場合とそうでない場合があるが、Expediaは現在、従来のビジネスから解放されており、業界の主要な構造になる新しい形で再構築できるようになる。 ツアーの場合、OTA小売業者モデルは消滅しかけている。 Expediaの位置をGetYourGuideの位置と比較する。 ドイツを拠点とするこの企業は、ツアーの場合、Originalsブランドが正しい道であることを知っている(そして私も同意する)。 ただし、GetYourGuideは、既存の資金調達レベルを考えると、かなりの(資金)規模でその位置に移動する必要があるため、この戦略への移行に苦労しているようだ。 Expediaは現在、オンラインとオフラインのレガシービジネスに邪魔されていないため、GetYourGuideが実現する前に、Expediaが新しい業界全体の構造を実現する機会があると思う。

著者:Alex Bainbridgeは、AutouraのCEO兼最高技術責任者。

(1/21 https://bit.ly/2Y0acx1 )

 

 

12. Microsoft、GMの自動運転Cruiseに投資

Microsoftは、自動運転車の商品化を加速するための長期的な戦略的関係の一環として、ゼネラルモーターズの無人自動車ユニットCruiseの20億ドルの資金調達ラウンドを支援している。 Microsoftは、GM、ホンダ、機関投資家と共にラウンドに参加、Cruiseの評価額は300億ドルになる。 サンフランシスコを拠点とするCruiseは、MicrosoftのクラウドおよびエッジコンピューティングプラットフォームであるAzureを活用して、自動運転車ソリューションを拡張する。 Microsoftは、優先クラウドプロバイダーとして、Cruiseの業界専門知識を活用して、プロダクトの革新を強化し、運送会社にサービスを提供する。 「より安全で、より良く、より手頃な交通手段をすべての人に提供するという私たちの使命は、単なる技術競争ではなく、信頼競争でもある。 Microsoftは、信頼できる技術の民主化のゴールドスタンダードとして、我々の自動運転、全電気、共有車両のフリートを商品化する際の力の乗数になるだろう」と、CruiseのCEOであるDan Ammannは述べている。 契約の一環として、MicrosoftはGMが推奨するパブリッククラウドプロバイダーにもなり、自動車メーカーのデジタル化イニシアチブを加速する。 「Microsoftは、事故ゼロ、排気ゼロ、渋滞ゼロの未来の世界に向けて前進するチームにとって素晴らしい追加だ」と、GMの会長兼CEOであるMary Barraは述べる。 「Microsoftは、Cruiseの全電気式自動運転車の商品化を加速し、GMが2025年までに世界で30台の新しい電気自動車を開発し、成長を促進する新しいビジネスとサービスを創出することで、クラウドコンピューティングからさらに多くのメリットを実現できるよう支援する」と彼女は語る。 注目すべきトップトレンド Lux Researchのレポートによると、自動運転車の台頭は2021年に注目すべきテクノロジーのトップトレンドである。 Big Techは、この分野での推進力をリードして来た。 2020年6月にはAmazonが自動運転車プロバイダーのZooxを買収し、12月にはUberが自動運転車ユニットをAmazonが支援するAurora Technologiesに売却するなどのニュースが続いている。 Googleの親会社であるAlphabetが所有し、昨年3月に最初の外部投資を歓迎したWaymoは、夏からカリフォルニアで自動運転車のテストを行っている。 また最近、アリババが支援するAutoXは、中国の深圳で25台の自動運転ロボタクシーを展開したと発表した。 他の場所では、ライドヘイリングプラットフォームのDiDiが5月に自動運転技術を開発するためにソフトバンクから5億ドルの投資を発表した。(1/21 https://bit.ly/2KG8jT8)

 

 

13. TripActions、1.55億ドル資金調達

ほとんどの企業旅行の継続的な一時停止にもかかわらず、TripActions15,500万ドルのシリーズE成長資金調達ラウンドを終了し、その企業評価額は50億ドルに達した。 これは、パンデミックが始まって以来2番目の大規模な資金調達。 昨年6月には、IPOで転換可能な12,500万ドルの債務融資を調達した。 共同創設者兼CEOAriel Cohenは、既存の投資家Andreessen HorowitzAddition Ventures、投資家Elad Gilが主導し、それにこれも既存の投資家であるZeev VenturesLightspeed Venture PartnersGreenoaks Capitalが参加したこの投資は、同社の旅行と費用管理の両方の市場にもたらしているイノベーションに対する自信の表れだと述べている。 20202月、同社はビジネス支出管理ソリューションであるTripActions Liquidを立ち上げ、9月には、グローバル企業にサービスを提供するための統合された旅行および費用ソリューションであるTripActions Enterprise Editionを発表した。 同社によれば、これらは3月以降に発売された40を超えるプロダクトの機能強化と新機能のうちの2つにすぎない。 Cohenは、資金調達ラウンドを求めていなかったと述べているが、同社の「市場シェア獲得の観点からの実行」により、2020年末にかけて成長投資家たちが彼のところにやって来た。 「今年のCOVIDでは75%成長した。そしてもう1つは、Liquidプロダクトラインだ・・・クレイジーな速度で成長している。 先月は前月比で150%成長した」と彼は語る。 現在のTripActionsクライアントには、NetflixWayfairAccorLennarが含まれる。 現在、同社はLiquidの開発を継続することに注力している。 Cohenのビジョンは、エンドツーエンドの自動化によって「経費管理」の概念が消去され、COVID-19による新しいタイプの出張に対処するソリューションを作成することである。

「世界にはこれからもっと多くの分散した労働力があると思う・・・[これは]多くのオフサイトを意味する・・・そして人々は世界中のさまざまな場所で会う必要がある・・・[しかし]グループ予約では本当に時代遅れのプロセスでしかない。 そのすべてのステップが時代遅れだ」、「それで、我々のプラットフォームで『オフサイトのどこに行けばいいの?』と検索すれば、オフサイトに参加する人々に基づいて、コストの観点、複雑さの観点からそれを行うのに最適な場所を勧める」とCohenは言いう。

 

統合  Consolidation

Cohenは、これらのプロダクト開発に加えて買収する企業を探したが、まだ適切なものを見つけていないと述べる。 「我々は従来のTMCを検討して来たが、テクノロジー企業も検討して来た。 最終的に自社のチームでそれを行うと、より効果的になると思うか?と自問した。 今まで我々はより効果的だと思っている。 我々には本当に良い研究開発チームがあり、本当に良いプロダクトチームが存在する。 だから我々には買収のチャンスが必要なかったのだ。 そして別のことがある。 TMC、より多くの従来のTMC、およびそこでの経済を見ると、それは意味がないことに気がついた。 ・・・販売コストやマージンなどが表示されるだけだ。 我々のビジネスモデルを見ると、これらの買収を行うことは意味がなかった」と彼は言う。 TripActionsが2015年に登場して以来、その同じ年のTravelPerkと翌年のTravelBankとともに、TMCスペースは一般に新興企業と伝統的な企業が混在するものとして分類されて来た。 Cohenは、会社の年齢という観点からではなく、「古いモデル」と「新しいモデル」の運営方法について説明する。 「古いモデルは、American Express [Global Business Travel]モデルと呼ぶことができる、BCD、American Express、Carlson [CWT]のような企業、およびそのような多くのTMCだ。 つまり、基本的には、それらは代理店を、いくつかのパートナーシップを、POSを、エージェントを、そして運が良ければテクノロジーを保有している。 それは古いモデルである。 新しいモデルは現代的である。一つのシステムを通してサービスは本当に、本当に良い。 このシステムは、今日の人々のチャットしたい、彼らの旅行をキャンセルしたいという要求にユビキタスにリアルタイムで対応する。 これが新しいモデルであり、それが我々のモデルであり、エンドツーエンドのシステムである」と彼は言う。 Cohenは、「旧モデル」企業間の統合(consolidation)や消滅を予想している。 「NetflixとBlockbusterを比較して欲し。 古いモデルを統合、統合、統合する優れた例であり、突然そこにいなくなる。 だから、統合が見られると思うが、最終的には顧客が新しい種類のシステムを要求すると思う」 The Phocuswright Conference 2020でのインタビュー中にAmerican Express Global Business Travelの議長であるGreg O'Haraから、TripActionsやその他のTMCスタートアップが「基本的に[2020年に]市場から姿を消した・・・存在しない」との意見に対する回答を求められたCohenは次のように述べている。 「TMCのイノベーターに侵略されたことはない。 その意見がどこから出て来たのか、何を根拠にしているのかを知らないが、我々の数字に基づいていないことは確かだ。 そして最終的にバリュエーション(企業価値)を見ることができる。 投資家は今、一種の投票をしていて、我々のバリュエーションは他より少し高いと思う。 出張は他の仕事と同じようにオンラインになる。 我々がGreg O’Haraだったら、彼の従業員にテクノロジーへの投資をもっと勧めるだろう」とCohenは回答した。

 

今後の展望  Looking ahead

Cohenは、継続的なワクチンの流通が出張を再開させると楽観的であり、同社は今年の第3四半期中に2019年のレベルの50%に戻ると予想している。

Cohenは、出張の需要が恒久的に大幅に減少するとは考えていないが、実際には新しいニーズのために増加する可能性がある。 TripActionsには「出張業界がどのような規模になっても成長する余地が沢山存在する。 パンデミックの開始時に300人を解雇した会社は、すべての部門で再び採用している。 市場シェアの観点から、ナンバーワンのプレーヤーになりたいと思っている。 今日、我々は間違いなく最善の解決策を持っていると思う。 しかし、我々は他ほど大きくはないので、市場参入を加速させる。 つまり、グローバルな販売とマーケティングにより多くの投資をすることが必要であると彼は言う。 「TripActionsの観点からこの[資金調達]に興奮している・・・しかし、業界にとっても本当に良いニュースだと思う。 明日があり、明日が来ることを業界に伝えている。 それはもうすぐだ」と語っている。(1/21 https://bit.ly/2M8HGGT )

 

 

14 直言: 常にビジネスに賭ける必要はない

Brian Cheskyの原則に関するコメントを読んでいると、少し苦笑していることに気付いた人もいるかもしれない。 これは、昨年の「不確実な時代」に歴史上最大の事業を進め、公開市場に上場したのと同じ会社だ。 しかし、それを直視すると、Cheskyと仲間はAirbnbとその長期投資家のために絶対に正しい決定をした。 それでも、その会社存在の最初の4分の3の期間について、一連の問題について世界中のホテル部門や市当局からの批判に絶えず直面していたのも同じ会社である。 地元の観光税や不動産のビジネス料金の支払い、Airbnbの施設での乱痴気パーティーの取り締まり、ホストやゲストへの紛らわしいまたは不公平な料金の導入など ― 非常に無原則な期間を通してかなり居心地の良い場所に座っていたと主張するAirbnbの批判者は沢山居る。 それらの無原則は複数の都市で開始され、旅行業界で真面目なプレーヤーになることが実際にどれほど難しいかを実証させた。 それでも、原則に関するCheskyの現在のコメントに戻ると、企業とそのリーダーは、ビジネス主導の決定よりも原則的な決定を選択する必要があると彼が述べている。 彼らは正しい。 2020年が業界や社会全体に何かを示したとしたら、いくつかの危機が他の危機(アイスランドの火山 対 世界的大流行 対 世界的金融崩壊)とは明らかに異なることを理解することであり(またはすべきであり)、そして特定の方法で対応する必要がある。 昨年の多くの場面で、ブランドが単に身をかがめて物事がすぐに吹き飛ばされることを期待するのではなく、場所や居住者、顧客、スタッフ、パートナーのために正しいことをしているという素晴らしい例が存在した(ほとんどの場合、そうではなかったが)。 ビジネスの世界は通常そのように運営されていない。 その指導者の目にはちらつくドルが多すぎる。 しかし、2020年に非常にうまく効果的に実証されたその原則的な行動の精神は、旅行部門が築き上げるものになるはずだ。 顧客は覚えているかもしれないが(フレー ― 回復するビジネスに適している!)、何よりも、それは正しいことを行うことである。(1/22 https://bit.ly/3qKKg4J )

 

 

15. スカイスキャナー新CEO

John Mangelaarsは、新しいCEOとしてSkyscannerに加わり、7年間英国のオンライン旅行代理店グループを率いたTravix Internationalを去る。 彼は、昨年6月にCEOのBryan Doveが辞任した後、業務を監督するために連れてこられたMoshe Rafiahの後任となる。 RafiahはSkyscannerの取締役会に副会長として残る。 Mangelaarsは、Trip.comグループの仲間であるTravixからすぐに就任する。 彼の任命は、エジンバラを拠点とするビジネスへの「明確な文化的適合性」および「eコマースビジネスの拡大の確かな実績」として認識されている。

2013年にTravixに入社する前、Mangelaarsは23年間マイクロソフトに勤務し、最終的には広告とオンラインのヨーロッパ担当副社長に就任した。

Mangelaarsは、Skyscannerには「成長を活用するかなりの機会」があると述べている。 Rafiahは、Skyscannerの指揮をとる短い在職期間中、TravelFusionを運営し続けた。 RafiahのTravelfusionは、2015年1月にTrip.com Group(当時はCtrip)に推定1億6,000万ドルで売却された。 Travelfusionは、2000年代初頭の先駆的なメタ検索エンジンの1つであり、最終的にはB2Bモデルに移行して、パートナーの航空コンテンツを集約した。 中国を拠点とするオンライン旅行の巨人は、その約22か月後にSkyscannerを17.5億ドルで買収した。

Doveは2015年に最高技術責任者としてSkyscannerに入社した。 CEOとしての彼の最大の功績は、昨年11月、同社がビジネスに「マーケットプレイス」アプローチと呼ばれるものを導入したことである。

* Moshe Rafiahと、アメリカン航空、Amex GBT、Amadeusの幹部が参加する、The Phocuswright Conference 2020の航空会社の流通に関するこのディスカッションのVIDEOをご覧ください。(1/22 https://bit.ly/2Me5TeL)

 

 

16. AMEX GBT、Ovation Travel Group買収

American Express Global Business Travel(GBT)は、米国を拠点とするグローバル企業であるOvation Travel Group(年間売上高は17億ドル以上)を買収した。 取引条件は明らかにされていない。 この買収には、Ovation Travel Groupのすべてのブランドが含まれる。 Ovation Travel Groupとその従業員は、GBTのグローバルカスタマーパートナーシップ組織の一部門になる。 Ovation Travel Groupは、700人以上のクライアントと30万人以上の旅行者にサービスを提供している。 近年、出張スペースでの活動が盛んに行われている。 先週、TravelPerkはNexTravelを買収し、本日、TripActionsは1億5,500万ドルのシリーズE資金調達ラウンドを発表した。

* 2020年3月のHow I Got Hereポッドキャストで録音されたOvation Travel GroupのPaul Metselaarへのインタビューをご覧ください。

(1/21 https://bit.ly/3iLhIW8)

 

 

17. 旅行は、いかに自分自身を治すのか

COVID-19は変化を加速させるものであり、それに伴いペースを維持するための豊富な新しいイノベーションと経験がもたらされた。 しかし、非接触型決済のような明らかな傾向を超えて、2021年の旅行はどこに向かっているのだろうか。 また、そこにたどり着くには何が必要なのか。 企業は、将来に向けて適切に計画を立てながら、現在の混乱を乗り越えて管理するという独自のバランスをとる必要がある。 そのため、新しいイノベーションを受け入れる旅行業界の意欲が回復の鍵となる。 次の4つのトレンドは、来年に業界を再定義する準備ができている。 新しいテクノロジーには、この新しい旅行体験を変革する絶好の機会が存在する。

 

持続可能性  Sustainability

パンデミック全体での移動の減少、そしてその後の炭素排出量は、持続可能な旅行ソリューションの必要性をさらに示している。 この傾向によって加速されている関心のある分野の1つは、顧客が個人の二酸化炭素排出量を追跡し、より持続可能な輸送方法を促進できるようにするテクノロジーだ。 代替の推進システム(電気や水素など)を動力源とする長期的な輸送は、今後10年間で繁栄するだろう。 これにより、新しいバッテリーテクノロジー、空気力学を改善して燃料燃焼を減らすためのコンピューターモデリング/人工知能の使用の増加、垂直離着陸機やドローンなど、空の新しいタイプの航空機を管理するための高度な機械学習が実現する。

 

オンラインの世界  An online world

パンデミックの初期に航空会社の出張が90%以上急落した時、企業はZoomや接続を維持するための同等のものに目を向けた。 この傾向は来年も勢いを増し続け、ワクチンの普及は秋まで期待されていない。 バーチャルリアリティを模倣する会議テクノロジーは、今年、リモートワーカーに再び働きかける可能性がかなりあり、まるで顔を合わせているかのように没頭しているように感じることができる。 将来的には、これらのオンラインエクスペリエンスは、対面イベントと連携して機能し、参加者が物理的な場所に関係なく同様のエクスペリエンスを提供できる「ハイブリッドイベント」を作成できる。

 

新しい収益機会  New revenue opportunity

2021年、旅行会社は、チケット(またはホテルの部屋、入場料など)を超えて収益源を多様化し続ける必要がある。 この傾向は、将来のマクロ経済へのエクスポージャーを減らし、財布のシェアを増やす可能性を秘めている。 幸い、新しいテクノロジーを活用して、これらの変化する好みを収益化できる。 たとえば、Volantioのような企業は、リアルタイムの情報を活用して、航空会社の乗客データを集約し、戦略的なオーバーブッキングフライトを可能にする。 また、旅行者が少ない時期にロイヤルティプログラムに新たな革新が加えられ、旅行だけでなくさまざまな状況でポイントを利用できるようになった。

 

旅行ドルのシフト  Shift in the travel dollar

2020年には、地上輸送や地元旅行を選択する旅行者が増えるにつれ、RVやキャンプ用品の売上が大幅に増加した。 興味深い大きな相違は、これらの人里離れたアトラクションの多くがWebサイトを持っていないか、支払いとしてクレジットカードを受け入れていない可能性があり、平均的な消費者がサービスを見つけてアクセスするのを困難にしていることだ。 これらの企業が変化を受け入れる意思がある場合、テクノロジーは、今年の需要の増加に対処するためにこれらの企業をより適切に備えさせることができる。 Hipcampのような新進気鋭の新興企業は、技術的なギャップを埋め始めるために資金を投入している。 旅行は、可処分所得がある時に我々の多くがやりたい最初の活動の1つである。

これらのトレンドを適用すると、新しいテクノロジーにより、健康と安全への取り組みを維持しながら、顧客の心を取り戻すという独自の課題のバランスをとることができる。

著者:Raj Singhは、JetBlue Technology Venturesの投資担当マネージングディレクター。(1/22 https://bit.ly/3o5JMEJ )

 

 

18. 1月18日の週の資金調達

 

·  Cocoonr

バケーションレンタルサービスCocoonrは、さらに100万ユーロの投資資金を調達した。 ラウンドで会社を支えているのは、B&B HotelグループのGeorge SampeurとGwenne G、その他の無名の投資家である。 2015年に創立されたフランスを拠点とするプラットフォームと資産管理システムは、2017年と2018年に2回、合計130万ユーロを確保した。 Gwenne Gは以前のラウンドで会社をサポートしていた。 新しいラウンドは、新しい市場でのサービスの展開を加速し、不動産所有者の予約を支援するBook&Payツールを開発するために使用される。 プラットフォームには現在700の物件があり、2021年中に1,000戸以上に増やす計画。 Cocoonrは、フランスのレンヌ市に本社を置き、他の8ヶ所に地域拠点を置いている。(1/18 https://bit.ly/3qy2tCx)

 

·  Pana

出張プラットフォームのPanaは、シリーズAのエクステンションが追加された後、これまでに最大1,500万ドルの資金を調達した。 今回の360万ポンドのラウンドは、RTP Venturesが主導し、投資家のMatt ZiskieとDave Ambroseの参加が含まれていた。 米国を拠点とするこの会社は、Bessemer VenturesとTechstars、MergeLane Fund、Matchstick Venturesの支援を受けて、2019年4月に1,000万ドルのシリーズAラウンドを成功させた。 同社は2014年にオンデマンドの旅行コンシェルジュサービスとしてスタートし、ユーザーはアプリを介してメッセージを送信して、フライトの予約、ホテル、レンタカー、レストランのおすすめをリクエストできる。 次に、Panaは、モデルまたは2段階の月払いを使用して、各ユーザーに詳細を返信する。 設立以来、Panaは旅行マネージャーや顧客を訪問する人々代わって予約をするグループに重点を置いてきた。同社は、企業の旅行プログラムはこれまで以上に複雑になっていると主張しているが、市場にある既存のツールは10年以上にわたって有意義に進化していないと言っている。 SlackやAsanaと同じくらい使いやすいサービスを提供するというビジョンに基づいて、新プロダクトが今後数か月以内に発売される予定であると述べている。(1/19 https://bit.ly/3sHtWUg)

 

·  Meep

Liil Venturesは、スペインのスタートアップMeepに400万ユーロの投資ラウンドを主導した。 シリーズAの資金調達ラウンドは、モビリティアプリとホワイトラベルプラットフォームへの150万ユーロのシードラウンドから1年強になる。 マドリッドに本拠を置く同社は、2021年中にこの資金を使ってサービスを11の新しい都市に拡大し、2017年の開始以来合計18の都市にする予定であると述べている。 このアプリは、ユーザーが目的地のさまざまな交通ネットワークでチケットを確保するためのプラットフォームとして機能する。 Meepは、これまでにスペインの本拠地を含む4か国でパートナーシップを確保して来た。 Meepは、チケット販売機能に加えて、ユーザーの輸送ネットワーク全体の旅行プランナーとして機能し、バス、鉄道、相乗りを統合する。 舞台裏では、サービスとしてのモビリティテクノロジーが支払いを処理し、企業および個人のアカウントと統合する。(1/19 https://bit.ly/38VIR5f )

 

· Maps.me

オフラインモバイルマップサービスMaps.meは、5,000万ドルの設備投資資金を調達した。 このラウンドは、暗号通貨取引を専門とする会社であるAlameda Researchが主導し、Genesis CapitalとCMS Holdingも投資に参加した。 報告によると、Maps.meはこの資金を使用して、旅行者が現地の支払い方法を使用し、資金を他の通貨に変換し、海外取引に関連する銀行手数料を回避できるようにする多通貨ウォレットを開発する予定である。 目的は、ウォレットが「分散型の金融エコシステム」になり、ブランドの1億4,000万人のユーザーを介してより多くのオーディエンスに開放されることである。 このエコシステムは、ユーザーに報酬とオファーへのアクセスを提供する。 ウォレットには、仲介を回避し、旅行プロバイダーとの直接予約を可能にする可能性もある。 Maps.meは、昨年末にロシアのインターネット会社Mail.ru Groupから、企業決済スペシャリストであるParity.com Groupの一部である大邱に売却された。(1/21 https://bit.ly/3qI64OC )

 

· Gravity

ロンドンを拠点とする共同生活企業Gravityは、モデルを国際的に拡大するために140万ドルを調達した。 2017年に設立されたGravityの共同生活モデルは、「コミュニティ、柔軟性、個人の成長」に基づいており、経験と利便性を求めるミレニアル世代を対象としている。 同社は現在、カムデンに2つ、フィンズベリーパークに1つを含む、ロンドン全体に3つの物件を持っている。 新しい資金により、Gravityは2021年初頭に国際的に拡大する予定であり、新しい建物のパイプラインにより、今後2か月以内に取扱物件が2倍になる予定。 現在、ロンドン、パリ、バルセロナの戦略的不動産パートナーとのプロジェクトに取り組んでいる。 COVID-19のパンデミックによってもたらされた旅行と賃貸の状況の変化にもかかわらず、Gravityは、封鎖の孤独に刺激された高成長の期間を経験したと言う。 同社は、英国での封鎖中に人員を2倍にし、2つの新しい建物を開設した。 「私たちは現在、共生の新時代にいる。 人々はパンデミックにより、ハッスルして忙しく働く(‘hustle harder’ culture)生活が終り、人々の生活には単なる仕事以上のものがあることに気づいたことを意味する」とGravityの共同創設者兼CEOのRiccardo Tessaroは述べている。 確かに、コロナウイルスの発生の中で、長期的かつ柔軟な滞在が増加している。 AirbnbのアドバイザーであるChip Conleyが言ったように、「デジタルノマドは主流になる」。 Airbnbの共同創設者兼CEOのBrian Cheskyは先週、パンデミックから「新しいタイプの出張が出現する」と予測した。 「これは私がハブアンドスポークモデルと呼んでいるもので、人々はリモートで作業するが、四半期ごとに2、3週間本社に戻る」と彼は言っている。(1/22 https://bit.ly/3iBAhfl )

 

 

+++++

6月4日

九州で大手系列越え初の共同運航

米ユナイテッド航空、超音速機購入へ