海外事情・旅行流通

 

フォーカスライトJapanでは、PhocusWire Daily (phocuswire.com) の毎日のニュース

意訳して、毎週 月曜日更新の「海外事情」に掲載しています。

「海外事情」は、この他に TD 勉強会( www.e-tdb.com )と、その一部を 

トラベルジャーナル(TJ)の隔週コラム「FROM THE WORLD / 海外事情」にも

掲載しています。 

 

2020年以前の「海外事情」は、TD 勉強会 www.e-tdb.com のアーカイブにて 

ご覧になれます。TD = Travel Distributionの略です。)

 

 

TD海外事情 1115日号 NEW

 

Certaresは、言わずと知れた投資先を旅行業中心にしたPEファンドである。

3. CertaresCOVIDからの資金作り」が、『Certaresが行った最も注目を集めた投資は、破産の回復を通じてリードしていたHertzである』と報じている。

 

Hertzは、2020522日に米連邦破産法Chapter 11を申請した。 そして2021514日のCertaresが編成した投資団による買収を経て、630日にそこから脱出した。 僅か13ヶ月の迅速脱出だ。 Hertz の第3四半期決算は、収入が$2,226M(前年同期比 75%増収)、税引き後純利益は $608M(前年同期-$223M欠損)を計上、調整後Corporate EBITDA利益 $860M(同利益率 39%)の新記録を達成した。 米国における保有台数は、387.4千台(前年同期 389.6千台、前々年同期591.3千台)と減少させたが、却ってこれが幸いしてレンタル料金を上昇させることができた。RPD11日当たりレンタル収入)を$69.25 (前年同期 $48.07、前々年同期 $47.78)に大幅に上昇させて2019年並みの収入を確保した。

米国レンタカー

2021 3Q

2020 3Q

2019 3Q

Total Rev. (M$)

1.914

892

2,066

調整後EBITDA  (M$)

830

-11

298

保有台数

387,368

389,605

591,327

RPD ($)

69.25

48.07

47.78

(注:米国レンタカー市場)

そして、Chapter 11脱出後わずか5ヶ月後の1025日にはNASDAQに再上場、同時にTesla EVカー10万台調達を含む、Telsa, Uber, Carvana(中古車自販機)との変革(transformative)イニシャチブを発表、Hertz がこのモビリティ・エコシステムの中心的役割を果たすこととなった。 HertzのこのV字型回復と新たな電気自動車10万台調達計画は、CertareHertz経営戦略の改革によるものと言われている。 

 

レンタカーの主たる需要である法人旅行の大幅減少があり、その回復が懸念されている最中に、旅行業投資のプロであるCertareが、なぜHertzの買収に乗り出したのだろうか? ここで注目すべきは、CertareTelsa, Uber, Carvana(中古車自販機)との変革イニシャチブだ。 Certaresは、AMEXGlobal Business Travelにも投資している。 Certaresの“逆張り” とも見えるHertz投資は、電気自動車や今後の自律運転型自動車などのテクノロジーを梃子にして、モビリティ・エコシステムどころか、MaaSはもちろんゆくゆくは次世代の旅行モデルを開発する遠大な計画が隠されているのではないだろうかと想像する。 Certareの創設者兼専務取締役であるGreg O’Haraは、『私は自分のキャリアの中でこれらの不況と好転を十分に経験してきたので、チャンスが何であるかを簡単に認識できた』と述べている。

 

この記事の中でO’Haraが、「日本(企業)は伝統的に購入(買収)するのが難しい」と言っているのが気にかかる。 日本は、国際性の欠如、遅い意思決定、DXの遅れの3つをいつまでも背負っていてはいけない。

(編集人)

 

 

目次

1. (TJ) 航空会社、2021年アンシラリー収入658億ドル         閲覧祭3

  (TJ) トラベルジャーナル 126日号 参照ください

 

2. VIDEO:トラベルテックショー2021受賞者

3. CertaresCOVIDからの資金作り

4. ホスピタリティ業界、ネットゼロへ7,680億ユーロ

5. デジタルサービス経由の旅行新収入

6. VIDEO:新旅行業界で変革重要

7. My MethodSatisfi Labs2つの動物園の話

8. Phocuswright会議2021, 航空幹部へ5つの質問

9. Q&ASiteMinderm、パンデミック下で如何に上場したか

10. トリアドCEO退任                                                閲覧第1

11. 新興企業の舞台:RemoteDream

12. エアビー、ホストプロテクションと自動翻訳追加

13. IN THE BIG CHAIRCWT CEO Michelle M Frymire 閲覧第2

14. クリエイター、販売支援

15. Phocuswright会議2021、宿泊施設幹部へ5つの質問

16. 旅行業界、持続性に取り組め

17. 航空会社の増収方法                                            閲覧祭4

18. NDC成功に導く協業

19. アマデウス、DL航空と運賃額ベース流通契約締結

20. Phocuswright会議2021、ピッチするイノベーター達

21. Lastminute.com、パッケージ販売増収に貢献

22. 社説:NDC、十人十色の異なる意見

23.VIDEO: Trip.com Group、業績回復                        閲覧第5

24. 118日の週の資金調達記事

 

 

2. VIDEO:トラベルテックショー2021受賞者

今年のTravelTech Show 2021では、旅行、観光、ホスピタリティの新興企業とイノベーターに3つの賞が授与された。 全体的なトレイルブレイザー(草分け)賞はTour Amigoが受賞し、ピープルズチョイスアワードはGrapevineKoderlyが受賞した。 TourAmigoは、複数日ツアーを専門とする旅行テクノロジー企業。 Grapevineは、アンシラリーと目的地における支出を改善するTMC支援企業。 Koderlyは、オーダーメイドの旅行予約プラットフォーム。

各社の、過去18か月のナビゲートで最大の課題は何か? 今後18か月間の最大の課題は何か? 学んだ教訓? パンデミック戦略についての解説や2022年に向けた展望など、それぞれの製品の売り込みなどの詳細は割愛した。

(11/8 https://bit.ly/3mX0Sr5 )

 

3. CertaresCOVIDからの資金作り

パンデミックサバイバルファンドを探している旅行会社の場合、電話をかけるのはおそらく1人だけである。 ニューヨークを拠点とする投資家マネージャー、Certaresの創設者兼専務取締役であるGreg O’Haraだ。 しかし、O’Haraがすぐに電話を取るとは思わないで欲しい。 彼は、COVIDによる不況時にビジネスをサポートしたり、日和見主義的な買収を行ったり、債権者を追い払うために債務を返済したりするために、迅速な資本を求めている旅行会社からの123回の電話に応答するのに忙しい。 実際、O’Haraは過去18か月間非常に忙しかったため、投資または買収する可能性のある企業を調査するためにアウトバウンドコールを行う必要がなかった。 それらの会社は現在、資本を求めて列を作っているからだ。 Certaresには、プライベートエクイティのプラットフォーム、困窮した企業のためのオポチュニティファンド、不動産プラットフォーム、ベンチャーキャピタルプラットフォームがある。 O’Haraは、フランスのニースからのビデオリンクを介してシンガポールのWIT Experienceで講演し、あなたが専門家なら、旅行事業に投資するのにこれほど良い時期はなかったと述べた。 ルクセンブルクとドバイに支社を置くCertaresは、Ama WaterwaysAmerican Express Global Business TravelG AdventuresHertz、ラテンアメリカの航空会社Latam、ブラジルのAzulなどのさまざまな旅行会社に投資している。 「私たちが最初に行った投資は、トランプ大統領が国境を閉鎖してから数日後の、Tripadvisorへの3億米ドル以上の投資だったと思う。 そして、すべての投資家がその投資について、私が賢いと思っていなかったことを言わなければならない。 しかし、私は自分のキャリアの中でこれらの不況と好転を十分に経験してきたので、チャンスが何であるかを簡単に認識できた。 Certaresは、2020年と2021年の間に、過去8年間に管理していたよりも多くの資本を調達した。 私たちはより大きな機会を選ぶことができ、最高の機会を選ぶことができた。 私たちの投資はすべて、比較的堅実な経営を行っている優れた企業への投資であった。 彼らは旅行の回復に基づいて良い見通しを持っていた。 彼らが必要としていたのは、どんな不況が起こっても生き残ることができる十分な財政的支援であり、それは私たちが提供したものである」とO’Haraは言う。 Certaresが行った最も注目を集めた投資は、破産の回復を通じてリードしていたHertzである。 O’Haraは、Certaresが稼いだ “紙幣(”paper” money)”の一部は “迅速”(quick) であったが、ほとんどの投資はGDPまたは一般市場の成長率よりも高い資本利益を返していることを明らかにした。

「これらの企業が成長し続ける限り、私たちはそれらを保持し続けるつもりである。 私たちの哲学は、会社が何か、成長、買収、変革に対応していない場合はそれを売却するというものだが、これまでのところ、2012年にこれを開始して以来、何も売却していいない」と言う。 O’Haraはアジアでの投資見通しについて強気であり、シンガポールとそのソブリンウェルスファンド(GIC)を特別な賞賛のために選び出している。 「彼らはここ数年、私たちの大きな支持者であり、シンガポールだけでなく、周辺のアジア地域でも私たちを支援することを非常に考えてきた」と言う。 彼はまた、マレーシア、タイ、インドネシアへの投資の見通しも気に入っている。 日本は「伝統的に購入するのが難しい。 私たちはアジアへの投資を検討し、おそらく経営陣がより成熟する傾向がある中小企業ではなく、大企業に投資する」と彼は言った。

Greg O’Haraからのいくつかの考え:

スタートアップへの投資について

私たちは、これらのビジネスと、最も革新的なアイデアのいくつかが生まれているアジアのスタートアップエコシステムを支援したいと考えている。

フィンテックへの投資について

私たちの従業員のほとんどは財務のバックグラウンドを持っているので、それは私たちにとって興味深いビジネスである。 フィンテックスポットにいることは良いことだが、彼らは購入するのにかなり高価な会社になる傾向がある。

サブスクリプションモデルについて

これはユーザーを現金化するための別の方法であり、かなり良いと思う。 今後の展開にご期待して欲しい。

SPAC、または特別目的買収会社について

市場は過熱している。 それらの数が多すぎた。 株式市場のほとんどは、需要曲線に対する供給曲線で実行される。供給が多すぎた。需要が低すぎた。

市場は時間とともに正常化すると思う。 SPACを通過することで公開に値する優れた企業はうまくいくだろう。 公開されるべきではなかった企業は、苦労し、場合によっては非公開になるだろう。

https://bit.ly/3mWkA68 の完全なインタビューをご覧ください

(11/8 https://bit.ly/3EXuVVv )

 

4. ホスピタリティ業界、ネットゼロへ7,680億ユーロ

報告書によると、ホテルやその他の宿泊施設は、2050年までにネットゼロを達成するための長くて費用のかかる道を歩んでいる。 EY ParthenonBooking.comの調査は、このセグメントが目標年までネットゼロを達成するために7,680億ユーロを投資する必要があると推定する。 7,680億ユーロは、“現在の技術の完全な排除の可能性” と言われる2,430億ユーロと、残りの5,250億ユーロは “エネルギー生産のグリーン化” への投資に分解できである。 数十億ユーロの投資には、冷暖房システムなどのより効率的な技術の実装、および再生可能エネルギー源への切り替えが含まれる。 このRoad to Net Zero Emissionsレポートによると、必要な投資は、すべてのホテルと宿泊施設の年間総収入に相当する。 宿泊施設が観光セクターの年間総排出量の10%を排出していることを明らかにしたこの調査は、これらの新技術を採用する際の宿泊施設業界の障壁も特定し、緊急性と財源の不足を浮き彫りにする。

持続可能性の考え方

Sustainability mindset

大まかに言えば、宿泊施設のプレーヤーは、持続可能性を真剣に受け止め、行動を起こすことに関して、3つの考え方に分類される。

市場の約32%を占める観客(spectators)は、持続可能性の目標を追求せず、コスト削減に役立つ措置を講じているだけである。 Room coverageの約61%を占めるpartakers(分かち合う人たち)は喜んで措置を講じるが、持続可能性は中核的なビジネス目標に次ぐものである。 残りの7%のフロントランナーは、サステナビリティアクションを積極的に推進しているフロントランナーである。 それは彼らのオペレーションとゲストオファリングの一部に深く根付いている。

この調査では、天然資源のより効率的な使用、ゲストと従業員による持続可能な行動、再生可能エネルギー源への移行など、業界がネットゼロに到達するために実行できる4つのステップも強調する。 消費者は、より持続可能に旅行する準備ができており、持続可能性に対して一定の責任を感じていると述べているが、ほとんどの場合、責任は政府と業界にあると感じている。 Aseanの旅行者に関するルフトハンザイノベーションハブ(LIH)のレポートによると、政府と業界がコストを負担する必要があると感じているのは約5分の1である。

Skyscannerのレポートによると、全体として、全回答者の59%が持続可能性は旅行業界の責任であると考えており、53%は市民にかかっていると述べ、49%は航空業界の責任であると述べ、49%は政府が責任を負う必要があると考えている。 このレポートはまた、LIHの調査の多くを反映しており、消費者は持続可能性に関する情報がほとんどないと感じており、入手可能なものが混乱していることを発見している。 SkyscannerSustainability in Air Travelレポートは、フライトの予約に関して、コストが引き続き決定要因であることも明らかにしている。

消費者心理

Consumer sentiment

さらに、多くの旅行者は、カーボンオフセットイニシャチブが世界の旅行排出量の削減に役立つとは考えていない。 解決策は持続可能な航空燃料とより燃料効率の高い飛行機である可能性があると考えている。 持続可能性を推進する責任を負うのは政府と業界であるという感情にもかかわらず、ほとんどの消費者は、1年前よりも持続可能な選択をしていると述べている。

Skyscannerのレポートによると、58%が、地球環境を改善する上で誰もが役割を果たす必要があるとこれまで以上に確信していると述べている。 さらに、40%が、パンデミックにより、変化を起こし、より持続可能な行動を取る必要があることを認識したと述べている。 回答者はまた、サプライヤーがより持続可能なオプションを提供した場合、チケットに最大5分の1を支払う用意があると述べている。 これが実際に起こるかどうかは不明であり、今年初めに発表されたLIHHopperからのレポートは、消費者が有言実行していないことを明らかにしている。 航空と宿泊施設に加えて、業界の他の部分も役割を果たす必要がある。 クルーズ業界も例外ではなく、業界団体のクルーズライン国際協会は最近、ネットゼロに向け進捗状況に関する独自のレポートを発表した。

強調されたイニシャチブには、港でエンジンをオフにできるように海岸側の電力に接続することが含まれ、世界の供給の35%がすでに海岸側の電力を使用するようになった。 液化天然ガス、排気ガス浄化システム、廃水処理などのさらなるイニシャチブも持続可能性の目標に貢献しており、CLIAメンバーは2030年までに炭素排出率の40%削減を目指す。 課題の大きさと必要な投資を強調することは、脱炭素化に向けた小さな一歩であるが、真の変化を推進するには、投資家を含む業界全体の教育とコラボレーション、および消費者の行動の大きな変化が必要である。 (11/8 https://bit.ly/3D5y1qc )

 

5. デジタルサービス経由の旅行新収入

旅行ブランドがスマートリカバリーを開始すると、COVID-19の封鎖中に消費者が慣れ親しんだデジタルセルフサービスの習慣を最大限に活用し、コストを削減して収益を増やすことができる新しいサービスを導入したいと思うかもしれない。 旅行ブランドが成功するには、この社会的距離の期間中に、見込み客を満足させ、つながりを維持しているオンライン小売業者とサービスアプリのベストプラクティスを特定して採用する必要がある。 また、新しい製品やサービスが導入されても、旅行ブランドの約束と一致する方法で提供できるようにする必要がある。 パンデミックの間、オンラインショッピング、食料品および食品配達サービス、ストリーミングエンターテインメント、およびオンデマンドのアプリ対応アクティビティは、日常生活の重要な側面になっている。

食料品の配達と集荷サービスのeコマースの総売上高は20198月の12億ドルから、20206月までに72億ドルに増加した。 それらは、20215月までに53億ドルと比較的高いままである。 これらの新しい消費者の習慣は、旅行ブランドが期待の変化に追いつくための新しい機会を提供する。

「今年の初め、旅行業界が開放され始めたとき、私たちはビジネス旅行がレジャー旅行に後れを取っていたことに気づいた。 レジャー旅行者はロックダウン中にテクノロジーを使用することに非常に熟練していた」と、Salesforce旅行およびホスピタリティのシニア業界アドバイザーJacqueline Nunley,は言う。

「彼らはデジタルチャネルへの移行に成功し、デジタルコミュニティの驚異的な成長が見られた。 サービスのプロビジョニングと消費はこれまで以上にデジタル化および自動化されており、現在、インタラクションの中心となっている。 これは、パンデミック時の経験に基づいて、すぐ手に届く所で消費者が望んでいる必要のあるタイプのサポートである。 旅行者の今日の行動の変化を理解するには、パンデミックの封鎖中に消費者が家に配達する食品や食料品を注文し始めた方法を見るだけで良い。 これらの新しい便利さが私たちのエコシステムに押し込まれただけでなく、すべてをはるかに簡単にしている。 人々は、必要な便利さに関して、どのようにサービスを提供したり、自分自身を助けたりするかについてすぐに理解した。 今、それは彼らのサービスを増やし、新しい収入源を開発するための旅行の機会を生み出しが、それはまたいくつかの本当の問題を引き起こす。 旅行会社は、消費者が現在標準と見なしているこれらの便利さを模倣する必要がある。 旅行会社は、オファーの一部として、旅行者が期待するものを提供する必要がある。 たとえば、ホテルは、オンデマンドで提供される再定義されたルームサービス、アプリ対応の食品注文、またはアプリを介したレストランでの予約にゲストの関心を引くことができる。 ホテルはまた、Uber Eatsのような幅広いオプションを提供する可能性のあるフードデリバリーサービスに慣れてきた消費者に対応するために準備する必要がある。

ブランド価値

Brand vales

パートナーシップは、競合他社との差別化のためのオファーを強化するために重要になる。 しかし、そのサービスの交換では、提供される製品も代表されるブランドも損傷したり希釈されたりしないことが最も重要である。

「ホテルはそのようなシナリオに取り組んでいる」とNunley氏は言う。

旅行会社は、顧客の安全を優先しながら、利便性に対する顧客の期待という観点から、目の前にあるものをどのように解決するのか。 そのタイプのサービスを正常に提供できれば、将来の予約、再訪問、そして最終的にはロイヤルティを最優先に保つことができる。 したがって、問題は次のようになる。 これらの企業は、このタイプのサービスを提供できるようにする旅行エコシステムソリューションをどのように実装するのか。 旅行者のニーズに応えるために、定期的かつ一貫して拡張サービスを提供するのか? 健康と食品の取り扱い/配達プロトコルは、一部のブランドやセグメントでさえ懸念を引き起こす可能性がある。 旅行会社は、従業員とゲストの両方にとって安全に配達が処理されるように創造性を発揮する必要がある。 1つのオプションは、ゲストに警告して受け取ることができる配達ロッカーである。 別の選択肢は、パンデミックのために一時的に中止された可能性のあるホテルサービスの独占と継続のためのホテルベースのメニューを持つことを支援するゴーストキッチンである可能性がある」とNunleyは語る。

ニューヨークのButler Hospitalityは、この分野の初期の革新者であった。 同社はホテルのレストランを配達ハブに変え、近くのフルサービス、限定サービス、およびセレクトサービスのホテルに仮想ルームサービスを提供している。Butlerは、ユニークで多様な豪華メニューをデザインし、キッチンで調理し、30分以内にホテルの客室に直接配達し、登録されているゲストのクレジットカードに代金を請求する。 同社は、パンデミック時にホテルとそのゲストにゴーストキッチンモデルの利点を証明し、医療従事者、隔離された高齢者、COVID患者、軍人に175,000食以上の食事を提供した。 私たちのパートナーホテルの多くが、Butlerネットワークの一部であったという理由だけで、封鎖中にビジネスを続けることができたことを特に誇りに思う。 これらのホテルは、私たちが提供するルームサービスのアメニティがなければ、ファーストレスポンダー(初期対応者)の契約を結ぶことができなかっただろう」と、Butler HospitalityCEOPremtim Gjonbalicは述べている。

箱の外で考える

Thinking outside of the box

ホスピタリティ業界では必需品となっているが、飲食などのサービスをアウトソーシングするという考え方は、旅行業界ではなじみのないものではない。

多くの航空会社は、民営化中にケータリング部門をスピンアウトして、航空サービスのコアコンピタンスに集中した。 同時に、これらのケータリング部門はビジネスモデルを完成させ、他のキャリアにフードサービスを提供するように拡大した。 最も重要なこと、つまりフードサービスの品質を通じてブランドの整合性を維持することは、ケータリング業者がより多くのクライアントの要求を満たすためにプロセスを洗練するにつれて、このより競争の激しい状況で改善された。 航空会社は、契約したケータリングパートナーと協力して、ブランドを差別化するためにシェフがデザインした食事を開発し続けている。 COVID-19の封鎖中、多くの航空会社のケータリング業者は、新しい健康と安全の要件にすばやく適応し、一部は宅配にさえ軸足を移した。 フィンエアーのケータリング部門は、封鎖中の宅配の人気の高まりに気づき、顧客の家に機内食を配達するための食品配達サービスFoodoraとの提携を発表した。 これは、ビジネスを継続するための賢い方法であるだけでなく、顧客のことを頭に入れて新しい顧客を引き付けるための賢い方法でもある。 「Foodoraオンラインフードサービスとのこの新しい協力により、Taste of Finnairを多数の新規顧客が利用できるようになる。 非常に多くの人々が将来の旅行を夢見ているとき、私たちは自宅で小さなフィンエアーの体験を提供したいと思っている。 フィンエアーの味は、フィンエアーのビジネスを発展させ、COVID-19ロックダウン中に私たちの人々に雇用を提供したいという願望から生まれた。 私たちはそれを私たちの事業の恒久的な一部にすることができたことを嬉しく思う。 私たちは製品と幅広い選択肢の両方を開発し続ける」とFinnair Kitchenの副社長であるMarika Nieminenは述べている。 航空会社はまた、フィンランド南部の厳選された食料雑貨店で食事を販売している。 重要なのは、旅行ブランドが消費者の期待に応えるために行った、または行った適応をさらに発展させて、一貫性のあるマインドシェアを維持することである。 「旅行者の体験全体を慎重に検討し、新しい収益を生み出すために追加された新しいサービスが、旅行者のブランドに対する期待に応えられるようにすることが不可欠だ。 現在、提携しているベンダーがブランドを代表して行動している」とNunleyは言う。

消費者の認識

Consumer perception

サービスや製品の欠陥がブランドとは関係がない場合でも、ブランドは消費者の心に責任を負う。 ブランドは、ベンダーやパートナーの旅行エコシステムでは、トレーニング、認定、またはブランドの約束を実現する方法について共有された知識を通じて、ブランド基準(スタンダード)を維持する必要があることを理解する必要がある。 そうしないと、ゲストエクスペリエンスに影響を与えたり、深刻なダメージを与えたりする可能性のあるすべてのタッチポイントを実行していないため、ブランドを危険にさらすことになる。 繰り返しになるが、機内食スペースはいくつかのインスピレーションを提供するかもしれない。

航空会社はかつて社内にあったサービスを外部委託しているが、完全に制御を失ったわけではない。 特別に設計されたメニュー、確固たる契約、およびケータリング施設の定期的な監査により、ブランドの約束の継続性が保証される。

ただし、ベンダー側のベストプラクティスから得られるインスピレーションもいくつか存在する。 それは、追加された製品またはサービスの基準と責任を明確に定義することだ。 Nunleyは、これらの新しい機会が、旅のさまざまな時点での顧客の所有権(customer ownership)に関する長年の議論を再開することも強調する。 「実際に顧客を所有しているのは誰か? ベンダーはどの時点でコミュニケーションを所有しているか? 問題は、カスタマージャーニーをどのように強化するかである。 適切なコミュニケーションと適切なフォローアップを、ゲストが優れたエクスペリエンスを提供するために必要なすべてのものと統合するにはどうすればよいのか」Nunleyは言う。 自宅から空港、航空会社、レンタカーまたは交通機関、ホテルまたは代替の宿泊施設まで、旅のさまざまなステップでより良いハンドオフがあるか? そして、そのハンドオフ中にすべてのパートナーが確実に利益を得ることができるようにするにはどうすればよいか。

Salesforceはそれを促進する役割を果たすことができる」とNunleyは説明する。 「それは何年もの間、顧客の旅を本質的につなぎ合わせる方法について話し合われてきた。 そして、いくつかの側面は機能し、いくつかは機能しない。 

これは、交通機関のコンポーネントを管理するブランドがチェックインプロセスに結び付けてゲストを認識することができる高級セクターで行われているのを見てきたが、通常はそこで止まり、ホテルのサービスをチェックアウトするまでシームレスに接続することはできていない。 旅の特定の部分を販売するときは、これらのコンポーネントをつなぎ合わせるのは難しいが、それが、私たちが解決しようとしていることだ。 ブランドがUberと関係があるとしょう。 オペレーションに関して、ブランドがパートナー情報に接続してゲストの到着のステータスを取得する方法はあるか? ブランドがアプリに交通機関の部分を持ち、消費者が必要なすべての便利さにアクセスできるようにする方法はあるか? 彼らの手の届く所で? ゲストがチェックアウトする予定のとき、ブランドがゲストに好みの交通手段の予約について警告する機会か、それは別の提案、特典としての無料乗車の機会か? そのような関係と真に差別化された旅行体験を提供するには、相互作用のために相乗効果を開発し、完成させる必要がある」と彼女は言う。 繰り返しになるが、ブランドの整合性は重要であり、旅行ブランドは、どの企業を旅行エコシステムに導入するかを慎重に検討する必要がある。 それでも、将来はその作業を自動化し、シームレスな旅を織り交ぜるためにそれらのパートナーシップを育むことにある。 「それが旅行とホスピタリティの未来だと心から信じている。 旅行のエコシステムとプロセスを正しくし、ブランドの約束を確実に実現することは、消費者の心を捉え、持続させるものになるだろう」とNunleyは言う。(11/8 https://bit.ly/3bWxmLz )

 

6. VIDEO:新旅行業界で変革重要

ことわざにあるように、変化はコンスタントだが、COVID-19のパンデミックにより、多くの企業は、より良い、よりスマートなブランドへの変革をどこまで進めたいかについて考えるための一時停止を与えている。 旅行、観光、ホスピタリティ組織の戦略で最も注目されている2つの動きは、デジタル、テクノロジー、データへの持続可能性と投資をめぐって行動を起こす可能性がある。

前者は、ほぼすべての種類の産業、社会、政府、科学が共同で行動を起こさない限り、すぐになくなることのない問題である。 特に旅行部門は、旅行者が飛ぶ飛行機の問題であろうと、宿泊施設プロバイダーによって提唱された持続可能な行動であろうと、その環境に配慮した資格についてますます精査に直面する可能性がある。 しかし、消費者と業界の間の意識は、重要な行動と戦略の変更につながるのか? 答えるのは難しい質問だが、正しい動きがあれば、ある程度の進歩を遂げることができる。 同じことが、ブランドがテクノロジー、データ管理、およびより多くのデジタルサービスの採用を使用するだけでなく採用する方法にも当てはまる。 投資を正当化することはもはや疑わしいものではなく(しかしそれは測定可能でなければならない)、新しい技術にもっと柔軟で実験的なプロセスを植え付ける必要がある。 これらの問題と傾向について、OAGチーフプロダクトオフィサーであるNatalie Seatterと話し合う。 この会社は、明確な目標と戦略を持って回復期間に向けて独自の位置付けを行ってきた。

PhocusWireKevin Mayとの完全な議論はhttps://bit.ly/3HaFB4Y に含まれている。(11/8 https://bit.ly/3qk6LRb )

 

7. My MethodSatisfi Labs2つの動物園の話

今まで以上に、家族や旅行者は、アトラクションに戻るときのマスク着用、ワクチン接種要件、能力、発券に関するCOVIDポリシーに関する最新情報など、観光体験プロバイダーからより多くのものを必要としている。 観光名所は、常連客にリアルタイムの情報を伝え、提供するのに苦労している。 旅行プロセスは多くの旅行者の焦点になり、観光客に安心感を与えるための新しい技術の実装につながった。 カリフォルニアの主要な観光地の2つであるLA動物園とオークランド動物園は、訪問者の質問に対応するために新しいテクノロジーシステムに傾倒している。 今年初めの再開を見越して、LAとオークランド動物園はSatisfi Labsのテクノロジーを活用し、AIを利用したアシスタントを再起動して、更新されたCOVIDプロトコル、チケット販売に関する問い合わせ、健康と安全に関する情報に関する質問への回答をゲストに提供した。 Satisfi Labsは、目的地のマーケティング組織や観光名所と協力して、そのテクノロジーを通じてAIを活用したソリューションを提供している。 AIバーチャルアシスタントは、アトラクションへの訪問全体を通してゲストを支援するように訓練されている。

挑戦

The challenge

LA動物園には270種以上の動物が生息しており、年間180万人近くの訪問者が訪れる 。オークランド動物園には850を超える在来種とエキゾチックな動物が生息しており、動物の世話と教育に重点を置いている。 パンデミック全体を通して、従う必要のある新しいガイドラインとCOVIDリスクに関連する障害のために、目的地に行くことは困難であることが証明されている。 

人々の生活の仕方を変える規制により、動物園に行く規則は絶えず更新されていた。 どちらの動物園も、従業員にプレッシャーをかけることなく大規模な顧客ベースと効率的かつ効果的にコミュニケーションできるように、業務を合理化する方法を必要としていた。

会話型テクノロジー

Conversational technology

目的地での顧客体験は変化しており、企業はどこにいても顧客に対応する必要がある。 これは、ソーシャルメディアプラットフォームとテキストメッセージングを介して接続し、観光名所の訪問者にリアルタイムでパーソナライズされた回答を提供することの重要性を強調している。 LA動物園とオークランド動物園は、Satisfiのテクノロジーを使用して、ウェブサイトとFacebook Messengerで仮想アシスタントを立ち上げた。 Facebook Messengerは、訪問者が問い合わせによく使用するプラットフォームである。 バーチャルアシスタントは即座に回答を提供し、コールセンターへのカスタマーサービスの呼び出し回数を減らすのに役立った。 24時間年中無休で訪問者に回答を提供できるため、動物園などの目的地では、従業員がより重要なタスクを処理するための時間を解放できる。 また、回答できる問い合わせの量を増やすこともできる。

結果

Results

オークランド動物園が再開してから1年で、仮想アシスタントは27,000を超えるメッセージに応答し、その87%がWebで受信された。 アシスタントはまた、10,000人以上の訪問者を支援し、コールセンターのスタッフを大幅に支援し、スタッフの作業を23週間以上節約した。 LA動物園のアシスタントが2月に再開されて以来、仮想アシスタントは6月までの47週間の作業に相当するスタッフの節約に役立ち、予想どおり、アシスタントは1日のアクティブユーザー数が110%増加した。 グレーターロサンゼルス動物園協会のスポークスマンは、「昨年は長期間閉鎖されていたが、ゲストは戻ってきて、私たちの動物園に生息する何百もの種について学びたいと熱望している。 Satisfi Labsの仮想アシスタントは、最新の情報で訪問の準備ができていることを保証する。 また、訪問者が最も気にかけていることについての洞察を理解できることにも興奮している。 会員情報は一番の問い合わせトピックである。 彼らは一度戻ってきたがっているだけでなく、思い出に残る体験を生み出すために戻ってきたいと思っていることを発見した」と述べている。 バーチャルアシスタントの実装以来、オークランド動物園とロサンゼルス動物園の両方が、このテクノロジーが訪問者を支援し、スタッフの時間を節約すると同時に、コミュニケーションに個人的な側面を提供できることを学んだ。

観光の未来のための技術

Tech for tourism future

両方の動物園は引き続きカリフォルニアの主要なアトラクションの1つであるため、Satisfi Labsとのパートナーシップは当面続くだろう。 テクノロジーは、動物園だけでなく、あらゆる場所のアトラクション、会場、観光地にとって、より安全で魅力的な体験をもたらす。 パンデミックは、情報の流通がいかに重要であるか、そして計画の経験を浮き彫りにした。 AIツールは、観光体験を次のレベルに引き上げ、訪問のすべての段階で最大限の安全性を確保している。

(11/9 https://bit.ly/30heKUr )

 

8. Phocuswright会議2021, 航空幹部へ5つの質問

Phocuswright会議は、スピーカー、イベントやネットワーキングのその通常の広い編成により、1115日〜17日までフロリダで開催される。

センターステージでのいくつかの重要なセッションに先立ち、PhocusWireは、プログラムの幹部とパネルのために議論するための主要な領域のいくつかを概説している。 今年のパネルでは、航空会社の小売と流通に焦点を当て、次のゲストを特集している。

  • Travel Technology ResearchT2RL)の共同CEO兼流通部門の社長であるCory Garner
  • Onrivaの創設者、会長兼CEOVajid Jafri
  • Sabreのマーケットプレイスセグメント担当シニアバイスプレジデント、Traci Mercer
  • ATPCOの社長兼CEOAlex Zoghlin

航空幹部への5つの質問:

  1. 航空セクター全体の小売業の取り組みに関するこれまでの進捗レポートを教えて欲しい。
  2. 小売業が期待どおりに大規模に軌道に乗らなかったと考える人がいる理由には、技術的、戦略的、または商業的な理由があるのか?
  3. パネルは、エアアジアなどの航空会社の取り組みを、航空会社の小売業が現在どこまで進むことができるかのベンチマークであると考えているか?
  4. 小売業を次のレベルに引き上げるには、どのようなパートナーシップまたはテクノロジーが必要か?
  5. 航空会社の小売業の可能性を強化し、実現する必要がある航空会社の流通エコシステムの他のセグメントはあるか?

(11/9 https://bit.ly/3obF2Q0 )

 

9. Q&ASiteMinderm、パンデミック下で如何に上場したか

SiteMinderは今週、オーストラリア証券取引所で上場した。 これは、2010年代のグローバルな流通システム以来、最初に公開された旅行テクノロジー企業の1つである。 宿泊施設の流通およびテクノロジー市場は、投資家に12,000万株以上を提供し、時価総額は13億ドルになった。

これは、共同創設者兼マネージングディレクターのMike Fordから引き継いだCEOSankar Narayan (https://bit.ly/3qlMRVJではビッグチェアのインタビュー)の指揮をとって3年が成功したことを示している。

会社の取引初日の終わりにNarayanと話をした...

Q: これは、何年にもわたって最初のB2BトラベルテックIPO1つである。 それはあなたが現在事業を行っているより広い市場について何を語るか?

第一に、B2Bトラベルテクノロジー(これまでイノベーションにおいて他の業界に遅れをとっていると見なされてきた分野)は、世界で最も成功している企業の1つであると言える。 SiteMinderは一夜にして成功するわけではない。 私たちのIPOは、2人の先駆者から始まった15年の旅であった。 旅行技術のパートナーが1,350人もいるので、その中には確実にイノベーターが何人かいると言える。 その多くは、私たちと同じように小規模から始めている。 グローバルなイノベーションの段階でB2B旅行技術の場が存在する。

第二に、それは旅行が単に変わっただけで、死んではいないことを確認する。

私たちが話しているように、世界のホテル予約は現在2019年のレベルの80%であり、スペイン、ポルトガル、台湾、アラブ首長国連邦、コスタリカを含む多くの市場が、パンデミック前に経験した量にすでに戻っている。

Q: 民間企業から公開企業に切り替えることの最大のメリットは何か?

現在、オンライン接続の改善から恩恵を受けることができるホテルは100万を超えており、オープンなホテルコマースプラットフォームを通じて、我々はより良い方法を提供している。 32,000以上のホテルに加えて、すべての従業員とパートナーは、これと、すべてのホテルのオンラインコマースへのアクセスを開放するという私たちの目的を常に信じてきた。 今、これを信じる世界中の誰もがSiteMinderの一部になることができる。 それが最良の部分である。 私たちと同じように、より大きな何かの一部であり、世界に本当のプラスの影響を与えると信じているすべての個人や機関を、私たちのストーリーの一部として招待できる。 さらに、私たちの焦点、目的、戦略は公知の事実で変更されないが、上場企業は、上場されるという通常のメリットとは別に、従業員の関与(engagement)に実際のプラスの影響を与える可能性がある。

たとえば、全社的な従業員持株制度があり、チームとの連携を強化し、本当の所有感を促進する。 そのようなメリットに加えて、私たちが世界の投資巨人に支えられていることを知っていることは、私たちのチームの自信と士気を高める。 私は私たちのチームがしているのかを信じており、彼らが何をしているのかが重要であると言うことは私にとって重要であり、投資家が私と同じように彼らを信じていると言うのもまた重要である。

Q: そして最大の障害は?

追加の集中の乱れである。 私たちは常に一点に集中して焦点を当てる会社であり、私たちの成功の大部分はそれによるものである。 これからも、私はすべての会社の人々に私たちの戦略の実行に集中し続けるように言っている、そして株価はそれの反映である。 私は同じことをいい続けている。 

Q: 今週の上場が成功した後、事業の運営と回復市場での作業の両方の観点から、戦略的な優先事項は何か?

私は常にSiteMinderに強い信念を持っていたが、今日ほど強くはなかった。 2018年後半に初めてこの事業に参入したとき、3年間の戦略を立てた。 過去2年間で道を変えなければならなかったが、到達点はいつも同じで、今ここに居る。 私が先を見据えているように、上々生活は私たちの戦略的優先順位をまったく変えていない。 私たちは、過去2年間で多くの変化を経験した人々、顧客、パートナーに完全に専念し続けている。 私たちは、お客様の変化するニーズに対応し、常にダイナミックな環境でお客様の回復力を維持できるように、オープンホテルコマースプラットフォームを進化させ、強化して行く。 過去2年間のことで何かを思い出したとしたら、パンデミックを乗り越えようとして会社をナビゲートしようとしたとき、人々、顧客、パートナーの面倒を見ると、他のすべては、放っておけばなんとかなる傾向があるということである。 私たちは、世界中のあらゆる場所で、あらゆる規模のすべての宿泊施設プロバイダーのオンラインアクセスとパフォーマンスを向上させる機会があることを常に知っている。 その包括的な優先順位は変更されない。

Q: 公開リストは、今後のMA活動にどのように影響するか?

私たちは引き続き主にオーガニックな成長に焦点を合わせている。 MAは当社のオーガニックな成長戦略を補完する有用なツールであり、IPOを通じて得た追加資本により、さらなる成長を追求するためのより強力な立場になったが、現時点で報告するMA活動はない。

Q: IPOに先立つロードショーでのSiteMinderの最も重要な “投資家の話” は何であったか?

財務データと製品を超えて、投資家は一つを選択した。それは人である。

私たちは、パンデミック(生涯で最も困難な時期)の間に自分たちがどのように行動したかを非常に誇りに思っていた。 最終的には、過去2年間の回復力とパフォーマンスの強さは、野心的な計画を実行する能力の証である。 また、パンデミックの前の年に1億件以上の予約を提供したマーケットリーダーでもある。 この数は無視することはできない。 特に、オープンなホテルコマースプラットフォームとグローバルな市場参入機能を通じてホテルが変革し、世界とのつながりを深めるのに役立つ重要な機会を考えた場合はなおさらである。(11/9 https://bit.ly/3EZmbhJ )

 

10. トリアドCEO退任

Tripadvisor共同創設者兼CEOであるSteve Kauferは、21年間会社を率いた後、2022年に引退する。 同社は2021年第3四半期の財務報告と並行してこのニュースを発表した。 Kauferは後継者が指名されるまで彼の立場を維持すると述べ、同社は後任選びの調査が進行中であると述べている。 「(退任の)適切な時期はないが、これは移行を開始するのに間違いなく良い時期だと思う・・・今私たちの未来を見ると、私たちは明らかにパンデミックから抜け出していることがわかる。 私は新しいイニシャチブが大好きですだ・・・全体的にビジネスはすべての部分で回復している・・・私たちは強力な経営陣を持っていると思う。 Kauferはアナリストとの電話で、引退の発表と会社の業績について話した。 「取締役会が求めているものに関しては、旅行体験は素晴しい、サブスクリプション体験は素晴らしい、eコマース ― それは今日そして将来の私たちのビジネスの中核部分である。 公表されていること以外に、私の辞任について誰かが何かを憶測するべき理由はない。 会社は良い位置にあり、私は辞めるまでに22年間指揮を執っている・・・これは変更が必要な問題ではなく、劇的に何かをしようとしている問題でもない。 違いますが、私は取締役会に本当に最高のリーダーを選ぶための十分な時間を与えたかった」とKauferは語る。

Tripadvisorは、第3四半期決算を3300万ドルの収益で終えた。 これは、昨年の同時期の収益の2倍以上であり、2019年第3四半期の42,800万ドルの収益を29%下回っている。 同社は、2020年第3四半期の4,800万ドルの損失と比較して、100万ドルの利益を計上したが、それでも2019年第3四半期利益5,000万ドルをはるかに下回る。 第3四半期の調整後EBITDA7,200万ドルで、第2四半期の2,500万ドルから大幅に増加した。 TripadvisorCFOであるErnst Teunissenは、「第3四半期に、旅行需要の継続した強力な回復に呼応して、収入と調整後EBITDA のレベルが増加したことに喜んでいる。

特に私たちのexperiencesdiningの収益は非常に力強い回復を示しているが、第3四半期の収益にはまだ完全には反映されていない。 予約レベルでは、201910月と11月の初めに比べて、複合エクスペリエンスビジネスは増加している。・・・回復が定着し、2022年の旅行とビジネスについて強気であると非常に楽観視している」と述べている。 当四半期の3300万ドルの収益のうち、60%近く(17,200万ドル)は “ホテル、メディア、プラットフォーム” からのもので、11,400万ドルは “experiencesdining” からのものです。 株主への手紙の中で、Kauferは「私たちは、ViatorTheForkのかつてないほどの大きな価値創造の機会を見ている。 魅力的な成長プロファイル、市場機会、競争力を引き続き見ている。 そして、それらの固有の価値をよりよく結晶化するためのオプションを検討している」と述べている。 アナリストから、ViatorTheForkをスピンオフするか売却するかを尋ねられたとき、Teunissenは、「特にViatorの場合、消費者にとってのTripadvisorの価値提案(value prop)の経験が重要であるため、Tripadvisorに大きな影響を与えるという戦略的重要性が存在する。 しかし、いくつかの選択肢がある・・・私たちは、これらの事業を分離し、別々に資金を調達することでさらに前進することを検討している。 現時点ではまだ詳細を把握しておらず、特定の行動方針についても確約していないが、今後数か月および数四半期にわたってオプションを検討している」と述べている。 同社は9刷新され、現在米国でベータテスト中のTripadvisor Plusサブスクリプションプログラムの財務結果を公表していないが、Kauferは、この変更が 供給のロックを解除(unlock supply)”し、Plusオファリングへより多くのホテルを参加できるようにしたと述べている。 ホテル経営者からのレートパリティの懸念に対処するために行われた、加入者向けの 休暇基金(vacation fund)“ 特典への変更により、大規模チェーンからの参加が増えたかどうかを尋ねられたとき、Kauferは、小売モデルであるため、Plusは他のディストリビューションソースを通じてチェーンプロパティを含めることができると言う。 「これは通常の小売レートであるため、レートパリティに違反するという点でチェーンを悩ませることはない。 これにより、チェーンではなく他のアグリゲーターを通じて、チャネルマネージャーを介して直接、場合によっては他のアグリゲーターを介して、HiltonMarriottIHGHyattから世界で最高のプロパティのいくつかを持っている」と彼は言う。 「つまり、すべてのチェーンを会話に招待するが、一部は参加し、一部は後で参加するだろうが、私たちの経済モデルのポイントは、我々の公的パートナーである多くのグローバル在庫にアクセスでき、そのインベントリーはレートパリティには抵触しないで我々のサイトに表示できる、Trip.comを含むアグリゲーターがいるため、実際には参加する必要がないということである。 Kauferの引退を発表した同社は、2000年に「世界中の旅行者が完璧な旅行を計画して予約できるよう支援することを使命として、Tripadvisorを共同設立した」と述べている。 過去21年間で、彼のリーダーシップの下、同社は世界最大の旅行サイトに成長し、20か国以上に従業員を擁し、40を超える市場でローカライズされた旅行サイトを運営している。 Tripadvisorは、Plusサブスクライバーのコンバージョン率の詳細を提供しないが、Kauferは、明確な “価値提案の説明” を備えたシンプルなユーザーエクスペリエンスの作成と、簡単な予約フローの実現に重点を置いていると述べている。

* Steve Kaufer1116日のThe Phocuswright Conferenceで講演する。

(11/9 https://bit.ly/3CXP0ul )

 

11. 新興企業の舞台:RemoteDream

RemoteDreamは、人々がリモートワークに適したホテルやホステルを見つけて予約するのに役立つ。 共同創設者のJoeri Nanoによると、2021年に設立されたこのスタートアップは、遠隔地の労働者、仕事をしている旅行者、デジタル遊牧民を対象としている。 ミレニアル世代は、リモートで旅行して仕事をしたいと思っているが、AirbnbHostelworldWeWorkBooking.comのようなプラットフォームはたくさんあるが、欠点は、コワーキング対応のホテルやホステルの範囲が提供されていない。 大手OTAが求める高い手数料率を回避する。 ホテルやホステルにおけるリモートワークがはるかに簡単になり、多くの人にとって参入障壁が低くなる。 今から1年後、500以上のリモートワークスポットをリストアップし、シリーズA投資ラウンドを調達し、月間良好な予約率を達成することを目指している。 最終的なゲームは、海外からリモートで仕事をしたいすべての人にとって、B2BB2Cの両方のチャネルで、頼りになるプラットフォームになることだ。(11/10 https://bit.ly/3H8pmpn )

 

12. エアビー、ホストプロテクションと自動翻訳追加

前回の抜本的なアップデートから6か月も経たないうちに、Airbnbはホストとゲスト向けに50を超える新製品とサービスの別のラウンドを開始する。 アップデートを発表するビデオの中で、CEOBrian Cheskyは、「これは、パンデミックが人々の生活様式をどのように変えたかに対処するために開発された。 数百万人の人たちが、場所を選ばずに仕事ができるようになった。 彼らはどこにでも行き、どこでも働くことができる」と述べている。 その柔軟性が長期滞在につながっている — Airbnbによると、7月から9月の間に予約された宿泊の20%は1か月以上の滞在で、半分近く(45%)は少なくとも1週間の滞在であった。 また、一部のアップデートは、長期滞在を受け入れるホストのニーズに対応することを目的としている。 たとえば、AirbnbAirCoverと呼ばれる包括的な保護プログラムを作成している。 このプログラムには、100万ドルの損害保護や100万ドルの賠償責任保険など、Airbnbの既存の保険が組み込まれており、Airbnbが資金提供するペットの損傷とディープクリーニングの保護が、標準のペットとクリーニングの料金でカバーされる額を超えた分を保障する。 Airbnbのグローバルオペレーション責任者であるTara Bunchは、ホストとゲストからの調査やその他の形式のフィードバックに基づいてアップデートが行われたと述べている。 「ホストは、人々がペットと一緒に旅行し、家族と一緒に旅行していて、彼らが長期間滞在していると言ったので、ペットのカバレッジやディープクリーニングなどが必要である。 なぜなら、人々が非常に長い間滞在する場合、2時間の迅速なクリーニング作業とは異なる」と彼女は言う。

Bunchは、既存のホストの懸念に対処するとともに、強化された保護が新しい在庫を引き付けるのに役立つことを望んでいると述べている。 このプラットフォームは、保険金請求の提出と処理をより簡単かつ迅速にするための新しい請求管理ツールも作成した。 スーパーホスト向けの迅速なサービスを提供する。 アップデートには、世界が再開する際の旅行者のニーズに対応するサービスも含まれている。 今年末までにリリースされる新しい“翻訳エンジン”は、リストとレビューを62の言語に自動的に翻訳する。 ModernMTの機械翻訳を使用して作成されたBunchは、翻訳サービスは「ホストとゲストがグローバル市場で交流し、つながりと自信を持って感じる」ための重要な要素であると述べている。 旅行者は、ステップフリーの入り口など、12を超えるユーザーのアクセッシビリティ機能に基づいて物件リストをフィルタリングできるようになった。 同社は、世界中の25,000世帯のアクセシビリティ機能をすでに確認し、確認していると述べている。 また、消費者が旅行中に作業する際の高速で信頼性の高いWi-Fiへの関心が高まる中、Airbnbホストはアプリ内でWi-Fi速度テストを実行し、その検証済みの速度をプロパティのリストに追加できる。 Airbnbはまた、柔軟性機能を拡張して、ユーザーが過去6か月のスパンから最大12か月前までに柔軟な日付の物件を検索できるようにしている。 プラットフォームはまた、プロパティをフィルタリングするために4つの新しいカテゴリ:オフグリッド、スキーイン/スキーアウト、豪華な家、風変わりな家 を追加している。 Bunchは、Apple8年間勤務した後、20205月にAirbnbに入社した。 Appleでは、同社のカスタマーサービスおよび修理組織であるAppleCareの副社長を務めた。 「Appleについて考えると、彼らは優れた製品と優れたサービスに焦点を合わせている。 これはAirbnbで採用しているのと同様のアプローチである・・・すべての機能、すべての製品、すべてのタッチポイントを監査し、業界で最高の期間であるかどうかを確認している。 これらすべてのアップグレードとすべての革新は、これらの監査に基づいている。

どこでギャップを見つけ、どこでより良くできるか、ゲストとホストのニーズは進化しており、それらのニーズを満たす必要がある」と彼女は言う。

(11/10 https://bit.ly/3D8U9Qb )

 

13. IN THE BIG CHAIRCWT CEO Michelle M Frymire

Michelle McKinney Frymireは、20215月にCWTCEOに就任した。

彼女は、Starwood Vacation OwnershipDelta Air LinesContinental Airlinesで指導的役割を果たした後、2019年にCWTに入社した。 CWTの歴史は150年近く前にさかのぼる。 旅行管理プラットフォームは現在、約140か国に存在している。

Q: CEOとして6か月の記念日を過ぎた。 仕事で最も驚いたことは何か? そして、何が最も挑戦的か?

ポジティブな意味で驚くべきことだけでなく、挑戦するという点でも驚くべきことがたくさんあった。 ポジティブなことに、この分野でCEOになった最初の女性として、社内外の両方で非常に多くのポジティブなフィードバックがあったことは、私にとってどれほど驚くべきことでありながら有意義であったかをお伝えすることができないほどだ。 従業員の7割が女性である企業として、これまでも受け続けてきた、そしてこれからも受けるであろう応援やおめでとうの言葉はとてもポジティブである。 挑戦的な面では、これは私たちの業界にとって挑戦的な時期である。 そして、私が予想していたよりも少し難しい部分は、それが行く必要がある場所に自分の時間を割り当てていることを確実にすることである。 私たちにとって、財務の将来を確保するだけでなく、チームに適切なリソースを確保し、適切なイニシャチブに資本を割り当て、私たちの使命について長期的に考えていることを確認するために、多大な労力を費やしてきた。 そして、私はいつも考えている、私は正しい方法で時間を割り当て、私が楽しみにしていて、正しい活動に正しい時間を与えていることを確認しているか?と。

Q: 成長の機会はどこにあると思うか?

最初で最高の機会は、テクノロジーと製品への投資である。 私たちの前には重要な投資計画があり、正しいことだというだけでなく、それらの順序付けも非常に重要である。 MyCWTアプリには、特にクライアントのニーズと要望に基づいて、正しい順序で確実に取得したい要素がある。 持続可能性の周りには要諦(elements)がある。 私たちは引き続きRoomItとそこでの開発に焦点を当て、MyCWT Chinaオファリングに引き続き焦点を当て、革新的な開発にも引き続き焦点を当てている。 それらの順序付けと計画について考えることは、私たちにとって大きな優先事項である。 私たちが大きな投資をしている間、私たちが適切な時期に適切な場所でそれを行うことが重要である。

Q: まだ修正または更新する必要がある法人旅行の主な側面の1つまたは2つは何か?

人々が旅行に戻ると、彼らは旅行について本当に苦痛なことにも気づく。

カーブサイドからゲートまで行くのにかかる空港内の経験は、まだ本当に長い。 それは本当に苦痛で、本当に予測できないことがある。 それは、私たちがその分野で見ている信じられないほどの技術革新に非常に熟している分野である。あなたは、顔認識、AI、そしてそれに耐えることができるすべての驚くべきテクノロジーについて考える。 人々が旅行に戻ってきて、あらゆる種類のビジネスでテクノロジーの使用が大幅に増加しているのを見ると、起こっているテクノロジーの革新から本当に恩恵を受けるのは旅行の場所だと思う。 そして、予約体験自体が旅行者にとってとても重要だと思う。 旅行者や旅行の手配者は、それが簡単であることを望んでいる。 彼らは、必要なすべての情報を手元に置いておきたいと考えている。 そして、その一連の情報は日々増え続けている。 持続可能性に関する情報、安全衛生に関する情報、要件に関する情報だ。 それは私たちがテクノロジーへの投資に興奮している部分の一部であり、私たちがその経験を高めることにどのように参加しているかだ。

Q: 現在、最も関心のある新しいテクノロジーやソリューションは何か? 

AI、ブロックチェーン、機械学習、それらはすべてエコシステム内に存在する。 真のオムニチャネルエクスペリエンスと、AIや機械学習などを使用してメッセージングアプリケーションを旅行者にとってさらに効果的にする我々の能力について考えると、それらが展開される方法が私を最も興奮させる。 私は、人々が私たちのプラットフォームでメッセージングを使用して仕事をより効率的にする方法についてのこのアイデアが大好きだ。 メッセージングを使用しているクライアントは1,000を超えている。 私は自分のことを考えている・・・私は会議から会議へと行く・・・そして私は私の日が変わりつつあり、私の4時のフライトは2時のフライトかもしれないし、多分それは6時のフライトにする必要があるかもしれない。 そして、メッセージングを使用すればいかに簡単であるか、今日の往路便を変更する必要があると言うと、私たちが展開するテクノロジーが、私が誰であるか、どこにいるのか、どの旅行をしているのかを即座に知ることができ、その情報をすぐに使用して60秒未満の労力を費やして私の一日を変更することができる。 これらのことを行うためにテクノロジーを使用することは、実際に旅行者に非常に異なる経験をもたらすだろう。 

Q: TripActionsTravelperkなどのTMCスペースへの新規参入者についてどう思うか? CWTやその他のレガシープレーヤーは彼らから何を学ぶことができるか? そして、彼らはあなたから何を学ぶことができるか?

彼らが私たちから学ぶことができるのは、これは実際には人とテクノロジーであるということである。 テクノロジーのすべてが大文字で、人々が小文字ではない。 大文字のTと大文字のPである。 このビジネスはサービスビジネスであり、優れた人材に支えられた優れたテクノロジーが必要だ。 反対に、私たちが学び、発見し続けているのは、イノベーションを加速し、機敏に動き、物事を迅速に実装し、自社のテクノロジーセットにスタートアップテクノロジーを確実に採用して組み込む(新規参入者の)能力だと思う。 私は私たちのビジネスで開発が起こっているペースが大好きだ。 私たちがどれほど急速に進化しているかを見るのはエキサイティングである。 そして、私たちがもたらしているイノベーションの独自のブランドをどのように加速できるか、そしてイノベーションを加速するために投資しているCWTに興奮している。 しかし、結局のところ、これはピープルビジネスである・・・そしてそれはテクノロジーを開発する人々、クライアントにサービスを提供する人々、旅行者にサービスを提供する人々であるかどうかにかかわらず、人々の力に支えられている — それは最終的にはピープルプラステクノロジービジネスである。

Q: 人々と言えば、CWTは他の多くの旅行会社と同様に、パンデミックのために人員を削減または変更した。 回復が続く中、クライアントのニーズに対応するための適切な人員を配置するために、会社をどのように位置づけているか?

私は今起こっている回復を見て非常に興奮している。 過去68週間でさえ、それは注目に値する・・・そして私たちは皆、自分たちで旅に出ることに興奮している。 それは人々に関係しているので、それは私たちが実施したこれらのパートタイムのワーキングプログラムの本当の利点の1つである。 ボリュームが戻ってくると、誰かが週に12日働いているので、ボリュームに応じて週に34日まで非常に迅速に人員を増やすことができる。 また、ボリュームの変動に合わせて費用を調整することもできる。 採用市場以外で採用している場所もある。 私たちが運営している私たちのグローバルハブがある、いくつか私たちのテクノロジー組織もある。 私たちは何百もの仕事を募集しており、人々が旅行の仕事に戻ってくることに大きな成功を収めている。 これは、私たちの前にある強い未来のおかげである。

Q: 2019年のレベルに戻るという観点から、CWTの回復の予測について簡単に説明して欲しい。 そして、CWTが 9月に発表したこれらの予測と財務リストラは、今後の戦略にどのように影響するか?

私たちは、回復は複数年となると他の誰もが考えている。 私は法人旅行のおそらく50の異なる予測を見てきたが、来年に100%復帰する予測はない。

また、考慮しなければならないさまざまな視点があることもわかっている。

回復は非常に異なり、世界中の国によって大きく異なる。 私たちは、クライアントが誰であるか、そして彼らが出張に戻ることをどのように考えているかを考慮に入れている。 私たちは、最大のサプライヤーが誰であるか、そして彼らがそれについてどのように考えているかを考慮に入れた。 一般的に、資本増強の目的で私たちが取った回復の見方は、実際にはかなり保守的なものであった。私たちは、その旅を経て、会社が非常に財政的に強いことを確認したかった。

一方、回復が見られ、やや控えめな予測を上回っているため、今後3か月と6か月は常に再考し、スタッフを確保し、クライアントにサービスを提供する準備ができている。我々は、誰が仕事と旅行に戻りつつあるかを知っている。

それは私たちにとって非常に流動的なプロセスであるが、業界のほとんどの人と同じように、現時点では旅行への強い復帰が見られる。冬休みの期間には家族や友達との再会のために、需要回復が一時停止する可能性がある。 そして、2022年初頭には本当に楽観的な期待がある。 力強い回復が見られると思う。

業界や地域によって異なると思うが・・・しかし、2022年頃のベンチマークについて考えると、現在の状況では、2022年には2019年のレベルの6070%を見ることができ、それ以降は確実に回復すると思う。

Q: NDCが、TMCや航空会社向けの流通の万能薬ではなかったのはなぜか? 次は何が必要になるか?

50人の旅行者にNDCとは何かを尋ねると、60の異なる答えが得られる。 それが万能薬ではない理由の根本にある。 それが何であるか、それをどのようにするか、どのように機能させるかについての定義が1つもない。 そしてそれが、私たちがそれをどのように機能させるかについて、私たちの多くにとって依然として幻想的な目標に止まっていると私が思う理由である。 この分野で私たちが行っていることと、さまざまな方法でコンテンツを集約し、その調和のとれたコンテンツをクライアントに提供するためのガイドを支援する能力に興奮している。 しかし、その最大の課題は、それが何であるかという定義、そして人々がそれをどのように進めているかの不一致だと思う。 そして、それは破壊的技術の初期段階では珍しいことではない。 さまざまな見方やアプローチが存在するからだ。 時間が経つにつれて、それらはうまくいくように見える特定のものの周りで合体し、それは牽引力を得ると思う・・・私はそれが繁栄すると思う。 私たちはNDCに焦点を当てた素晴らしいチームを持っている・・・そして私たちがサプライヤーやクライアントと行っている仕事とその上での流通システムはエキサイティングであるが、それでももう少し定義が必要であり、おそらくどのように行うかについての改良と調整が必要だと思う。 私たちは集合的にそこに行き着く。

Q: CWTがまもなく持続可能性に関連するいくつかの目標を発表することを理解している。 CWTのような企業は、業界がこの分野で進歩するのを支援する上でどのような役割を果たすことができるか?

私は持続可能性、多様性、公平性と包括性、社会正義について考えている — 私はこれらのトピックについて同心円モデルで考えている。 円の中心は、私たちが正しい方法で行うことをしなければならないということである。 適切な理由で適切なタイミングで適切なことを行う。 しかし、もっと重要なことは、池に岩を投げて円が波打つように、時間の経過とともに大きくなるのと同じように、私たちはそれを超えて影響を与える能力を持っている。 私たちは、旅行プログラムの持続可能性に関する革新的な考え方を何千ものクライアントにもたらすことができる。 最大のトレンドとは何か、ベストプラクティスとは何かをベンチマークし、それらを他のクライアントに広めることができる。 私たちは、人々が持続可能性に関するテクノロジーを予約慣行、旅行前の承認などに統合するのを支援できる。 私にとって、それは本当にエキサイティングな場所である。  しかし、あなたのクライアントのためにそれをするには、先ずは家で始めることを意味する。 そして、私たちが正しいことをしていること、そして私たちがそのエコシステムの正しい部分であることに内向きに集中していることを確認する。 クライアントに持ち込み、そのクライアントが一緒に仕事をすることができる他のクライアントをつなぐことができるので、インパクトを大幅に増やすことはよりエキサイティングである。

Q: あなたは旅行業界の主要ブランドをリードする数少ない女性の一人である。 Cスイートの多様性を高めるには何が必要か?

そこで機能するものはどこでも機能する。 サークルを大きくするには、サークル内にいるすべての人が、自分とは異なる人々を積極的にサークルに参加させる必要がある。 基本的にはとても簡単だ。 役員室、Cスイート、エグゼクティブランク、中間管理職、従業員ベースのいずれにおいても、バックグランド、色、宗教、さまざまな信念体系、さまざまな考え方など、私たちとは異なるすべてのレベルの人々をサークルに参加させることに重点を置く必要がある。

それはすべて非常に重要である。

世界は信じられないほど多様で素晴らしい場所である。 私たち自身が世界のように見えるとき、それは従業員ベースだけでなく、クライアントベース、サプライヤーベース、エグゼクティブランク、役員室までも含めた世界とすれば、より良いCWTを構築することにもっと成功するだろう。 私たちはCスイートと役員室で目覚ましい進歩を遂げたが、まだまださらに進歩する必要がある。 これには、世界中のすべての企業が果たすべき役割があると思う。 必要な進歩を遂げることができるのは集合的にのみであり、進歩のペースを速める必要があるからである。 私たちが必要とするような多様性を実現するのに100年かかることはなく、それは世界に反映されている。 

Q: あなたには、航空会社とホスピタリティブランドの両方を含め、キャリアの中で幅広い経験がある。 あなたは、あなたの経験から何を学んだか?

私が早い段階で、そしてしばしば非常に頻繁に経験したことの1つは、企業が変革を遂げていることである。 私は9.11の直後にデルタ航空で働いた。 私は金融危機後の企業で働いていた。 私は、超成長期の企業で働いていた。 私は非常に買収の多い企業で働いていた。 3年間で、私の経験の1つで5060社を買収した。 そして、私は毎日、変革を通じてどのように管理したか、どのように変革を自分たちで行ったか、どのように変革を会社のために機能させたか、そしてどのように変革と革新があった会社内に文化を構築したかという経験を利用している。 私たちのDNAの一部だ。 ですから、私は毎日それらの経験を利用することができて本当に幸運だと感じている。

Q: 旅行業界に参入したばかりの若者に何かアドバイスはあるか?

私の最大のアドバイスはそれに固執することだと思う。 価値がある。 それは素晴らしいビジネスだ。 エキサイティングでそれは面白い。 あなたの経験はさまざまだ。 それがあなたを連れて行く場所はあなたの人生とあなたの世界観をしっかりと豊かにするだろう。 困難な時期を経験したからといって旅行をあきらめないで欲しい。 今は特に、仕事するのに素晴らしい場所だと思う。 旅行に影響を与えた最後の2つの地殻的危機の後に私が見たのは・・・信じられないほどの成長の機会であった。 これらの危機の後でこれらのビジネスに携わったとき、私は非常に多くの機会、影響を与える機会、成長する機会、新しい経験を得る機会に遭遇した。(11/10 https://bit.ly/3073n0R )

 

14. クリエイター、販売支援

パンデミックは旅行ブランドのマーケティング戦略を覆した。 あてにならない旅行需要があるため、顧客とつながるアプローチにたどり着くのは困難である。

しかし、良いニュースがある。 2022年は、ニューノーマルに適応する旅行とブランドにとってブレイクアウトの年になる準備ができている。

旅行マーケターが業績を伸ばすことに焦点を合わせていることは変わりない。 それでも、旅行ブランドに対する消費者の期待や鬱積された旅行熱を実現しようとしている旅行者の好みなど、他のほとんどすべてが変化した。 需要も異なる。 ビジネス旅行者は、COVID以前の旅行ブランドにとって重要な焦点であった。 現在、レジャー旅行者が中心だ。

そして、新しい機会が生まれている。 消費者は、ブランドに第2の第一印象を与えることを望んでいる。 つまり、市場に復帰して、ブランドが誰であり、何を専門にしているのかを、より正当な方法で説明することである。

ソーシャルメディアは、旅行者に本物のメッセージを届けるための自然な手段である。 米国の成人の38%は、夏の旅行の計画を立てるためにソーシャルメディアを使用すると述べている。 これには、54%のミレニアル世代と57%のZ世代が含まれる。

広告チャネルとしてのクリエイター

Creators as an advertising channel

出張やレジャー旅行に対するブランドのロイヤルティがビジネス旅行の衰退とともにさらに重要な収入源になっている現在、旅行ブランドが実際の人々からの関連性のあるストーリーで視聴者を引き付けることは、牽引力を得る戦略の1つである。 旅行クリエイター(ブロガー、写真家、非常に熱心な視聴者を持つビデオグラファー)と協力し、それを介して作業することは理にかなっている。 旅行のインフルエンサーをフォローしている人の84%は、旅行の推奨事項を彼らに頼ったと述べている。 クリエイターは、旅行ブランドが今必要としているものにぴったりである。 彼らは制作チームよりも機敏であるため、制作コストと計画を削減できる。 しかし、もっと重要なことは、クリエイターは、1年以上にわたって封鎖のさまざまな段階にある世界について、彼らの視点を与える親しみやすい人間なのだ。 言い換えれば、クリエイターはブランドができない方法で消費者にリーチすることができる。 消費者に、どの航空会社を利用するか、ホテルを予約するか、体験するかを伝えるのではなく、旅行がどのようなものか、何が変わったか、何が安全か、そして現在世界で何が起こっているかを示す。 Meta(旧Facebook)のビジネスグループである業界マネージャーのSanjay Bhatiaは、「消費者が信頼する実在の人々を介して製品を生き生きとさせる。 それは、クリエイターが提供できる計り知れない価値である」と述べる。 さらに、クリエイターはパンデミック全体を通じて国内および海外を旅してきた(規制で許可されている場合)。 彼らは旅行する最初の人々の一部である。 そして、彼らの聴衆は、特に自宅で仕事をすることがどこからでも仕事を意味する可能性がある現在の状況下では、旅行の仕方、行き先、そして何をすべきかに依然として強い関心を持っている。

クリエイターが行うことをどのように行うか

How creators do what they do

クリエイターは、一貫したコンテンツ制作、フォロワーシェア、ハッシュタグ戦略、他のクリエイターやブランドのフォローを通じて視聴者を教育する。 さまざまなタイプのコンテンツ(短い形式、長い形式、ビデオ)を作成し、それを複数のチャネル、特にソーシャルメディアに配信するものもある。

また、ブランドと提携して、Facebookなどのブランドコンテンツ広告を活用する。 これにより、ブランドはクリエイターコンテンツの背後にマーケティング費用をかけて広告しリーチを拡大できる。 その結果、マクロインフルエンサーとミクロインフルエンサーの両方がビジネスの成果を促進することができる。

旅行のクリエイターは、トピックに関する専門知識、十分に調査された情報、または製品、サービス、ライフステージを直接体験することで信頼性の基準点(threshold)を満たす。 そして、彼らはかなり機敏である。 多くの人は、旅行が制限されているときでも、写真や執筆に関するチュートリアルなどの他のサービスを提供して、視聴者の関心を維持するように適応した。 クリエイターは、視聴者が関心を持っているトピックを活用する方法に非常に精通している。

「共有するコンテンツを決めるときは、旅行の世界で何が起こっているのか、フォロワーが何を求めているのかを調べる。 特定の目的地や旅行のトピックについてもっと知りたい人から、コメントやダイレクトメッセージを常に受け取っているので、そこから始めることができる。 クリエイティブに自分をプッシュする場合でも、フォロワーが本当に知りたいことを中心にコンテンツを開発しようとしている」と、旅行の作成者であるTami VillaInstagram@tami_travels)は説明する。

クリエイターとの連携方法

How to work with creators

ブランドは、有料のプロダクトプレースメントやプロモーションを通じて既存のコンテンツに統合するなど、さまざまな方法でクリエイターと提携できる。 クリエイターは、ブランドとの独占的なコンテンツパートナーシップの一環として、カスタマイズされたコンテンツを開発できる。 ブランドも、長期的なパートナーシップの一環として、クリエイターをフィーチャーしたコンテンツやアクティベーションを構築できる。 重要なステップは、ブランドに合ったインフルエンサーを見つけることである。 FacebookBrand Collabs Managerツールなどのインフルエンサーソフトウェアとデータベースは、クリエイターとのつながりを促進し、ブランドコンテンツの広告を可能にする。 ブランドはまた、代理店やMeta Business PartnersMBP)を含む他のサードパーティを通じて、クリエイターのエコシステムをナビゲートするための支援を得ている。

サードパーティを介して作業することは、ブランドに大きなメリットをもたらす。 MBPは、“フォロワーの健康状態”を検証し、視聴者の洞察(audience insights)を提供できる。 また、コンテンツのアクセス許可の取得、制作タイムラインの監視によるプロセス全体の合理化、コンテンツのレビューによるブランドの安全ガイドラインへの適合などのロジスティクスにも役立つ。

クリエイター広告は機能するか?

Does creator advertising work?

多くの旅行者は、クリエイターにガイダンスを求めている。 旅行インフルエンサーと関係を持つ人々の63%は、パンデミック以前よりもそのコンテンツに依存していると述べている。 そして、企業は、業績結果にこの傾向の反映に見ている。 インフルエンサーマーケティングを使用していると調査した企業の90%は、それが効果的であると信じている。  Influencer Marketing HubInfluencer Marketing Benchmark Report 2021の統計も、「各調査でほぼ同じレベルにとどまっている。 ほとんどのインフルエンサーマーケティングパートナーシップは機能しており、すべての関係者にとって双方にメリットのある状況である」と述べている。 最大のブランドのいくつかは、クリエイターに成功を収めている。 たとえば、Adidas#hometeamキャンペーンでは、オリンピックのアスリートやミュージシャンからディレクターやデザイナーまで、ベンチに入れられたAdidasのインフルエンサーを、人間(親、友人、隣人)が他のほとんどの人と同じようにCOVID-19の周りで同じストレスと恐れに挑戦していると位置付けた。 数千のビデオ、ストーリー、イベント、クラス、ライブストリームが、4か月にわたって流れ、5つの市場で3,630万人に到達し、#hometeamAdidasとの関係についての認識を78万人に高めた。

さらに、クリエイターとブランドのコラボレーションの別の例では、Pampers PantsMoving Momentsが、子育てのインフルエンサーを活用して、Pampersブランドを刷新した。 パンデミックの最中に家に閉じ込められたインフルエンサーは、「動く子供たちのために特別に作られたおむつ」であるパンパースパンツを着た動きの速い子供たちを捕らえた。 キャンペーンの結果、広告想起の伸び(ad recall lift)は +14.5ポイント、対価の伸び(consideration lift)は+1.2ポイントになった。

もちろん、適切なクリエイター、関連するオーディエンス、経験豊富なパートナー、柔軟なプラットフォームを持つことで、ブランドはリーチの拡大、新しいリードの生成、予約の増加など、探している目標を達成できる。 旅行ブランドが彼らの第2の第一印象を最大限に活用するのにこれほど良い時期はない。

(11/11 https://bit.ly/3wS4i1H )

 

15. Phocuswright会議2021、宿泊施設幹部へ5つの質問

Phocuswright Conferenceは、1115日から17日までフロリダで開催され、通常の幅広い講演者、イベント、ネットワーキングがライブで行われる。

センターステージでのいくつかの重要なセッションに先立ち、PhocusWireは、プログラムの幹部とパネルのために議論するための主要な領域のいくつかを概説している。 宿泊施設に焦点を当てた今年のパネルには、次のゲストが参加する。

·          Travel + Leisure Groupの社長兼Travel + Leisureの最高ブランド責任者であるNoah Brodsky

·          Guestyの社長兼最高執行責任者であるVeredRaviv Schwarz

·          HotelTonightCEOAirbnbのゲストエクスペリエンスの責任者であるSam Shank

·          Hiltonのエグゼクティブバイスプレジデント兼最高商務責任者、Chris Silcock

宿泊施設の幹部への5つの質問:

·          代替宿泊施設をめぐるパンデミック中期の関心の高まりは、長期的な傾向か?

·          従来のホスピタリティプロバイダーと代替の宿泊施設運営者は、顧客サービスと経験について互いに何を学ぶことがでるか?

·          パネルは、特にオンライン旅行代理店を利用している場合、消費者が異なる宿泊施設タイプ間の境界線のぼやけをますます見ていることに同意するか?

·          パンデミック主導の渡航禁止令への復帰以外に、代替の宿泊施設やホテルの成長に対する最大の脅威は何か?

·          補助的な商品のアップセルやクロスセルに関して、ホテルは他の宿泊施設プロバイダーよりも有利か?

Phocuswright Conference 2021

Executive Roundtable: Hotels and Rentals - Divide, Conquer or Converge?

 (11/11 https://bit.ly/3CdUuzL )

 

16. 旅行業界、持続性に取り組め

ワールドトラベル&ツーリズム協議会(WTTC)は、炭素削減目標で、より野心的であることを旅行業界に呼びかけている。 この組織は、国連環境計画およびAccentureと協力して、2050年まで、または場合によってはそれ以前に脱炭素化を達成するために業界が協力するためのフレームワークを示すNet Zero Roadmapレポートを公開している。 宿泊施設プロバイダー、ツアーオペレーター、航空、クルーズ、仲介業者を対象としたこのレポートは、次の5つの分野での推奨事項を提供する。 

  • 個人およびセクターの目標を達成するために、今すぐベースラインと排出目標を設定する
  • 進捗状況を定期的に監視および報告する
  • 業界や政府内および業界間でのコラボレーション
  • 移行に必要な資金と投資を提供する
  • 意識を高め、気候変動に関する知識と能力を構築する。

このレポートは、Booking.comSustainable Travel Report 2021調査結果である、世界の旅行者の83%が持続可能な旅行を不可欠であると考えており、世界の旅行者の69%が業界からのより持続可能な選択肢を期待しており、61%がパンデミックにより彼らがより持続可能な旅行望んでいることを指摘している。 この調査結果は、Lufthansa Innovation HubSkyscannerによる他の最近の研究を裏付けており、持続可能な旅行の重要性と選択肢の欠如に関する現在の消費者の感情明らかにしている。 脱炭素化への多くの課題は、排出量の測定と報告、規制変更の可能性、政府の支援と財源の欠如など、業界のすべての要素で最も一般的であると特定されている。 明確なコミットメント、港や空港などの持続可能なインフラストラクチャの優先順位付け、ビジネスの移行の促進など、政府向けの推奨事項も提供されている。 最後に、このレポートは、旅行および観光業界のさまざまな要素を3つのターゲット回廊(target corridors)に分類する。 2030年までにネットゼロを目標とし、2025年までに排出原単位を少なくとも50%削減するのは、旅行代理店を含む“緩和しやすい回廊(an easy-to-abate corridor)”である。

航空セクターを含む“緩和しにくい回廊(hard-to-abate corridor)” は、2050年までに純ゼロを目標とし、2030年までに2530%の排出削減を目標としている。 宿泊施設やクルーズなどの他のセグメントは、2040年までに正味ゼロ、2030年までに少なくとも6070%の排出削減を伴う中央回廊(middle corridor)にある。(11/11 https://bit.ly/3DdsH3O )

 

17. 航空会社の増収方法

2年近くの厳しい制限の後、海外旅行はようやく回復している。 たとえば、10月初旬の時点で、英国の完全ワクチン接種を受けた乗客は、ヨーロッパを含む英国への帰国時に出発前のPCRを行わなくても、50を超える“非レッドリスト” 国に自由に旅行できる。 118日から、米国はヨーロッパへの到着の禁止を解除し、完全にワクチン接種された乗客が訪問できるようにした。 いくつかの制限は残っているが、海外旅行を容易にするというこの動きは、業界が立ち直り始めたことを表している。 航空会社はついにパンデミックの間に失った収入を取り戻す力を感じている。 しかし、まだいくつかの課題が残っており、航空会社がテクノロジーを活用する方法を根本的に変える必要がある。

サードパーティサイトの問題

The problem of third-party sites

PROSの最近の調査によると、旅行者の大多数はサードパーティのサイトから予約することを好み、乗客の53%が航空会社の座席を予約するためにこの方法を選択し、62%がこれらのサイトの実際の価格または認識されている価格を選択している。 これにより、航空会社は大きな不利益を被る。 サードパーティのサイトでは、顧客が航空会社の製品群を垣間見ることができるのはごく限られている。 航空会社は、機内のアドオンやレンタカーのオファーから途中降機の旅行オプションに至るまで、有利な補助サービスを提供する能力を失い、多くの場合、最も安価な座席オプションを提供する唯一の製品が選ばれている。 サードパーティのサイトも航空会社の効果的な商品化能力を低下させているため、重要な増分収益を生み出すことができる範囲が制限されている。
これは、直販サイトを通じて販売しない場合、航空会社は、最初から最後まで必要なものを正確に顧客に提供する完全なカスタマージャーニーを提供する能力を失う。 そのうちの1つの要素はアンシラリーサービスである。 顧客が海外旅行計画を立て始めると、航空会社はこの機会を利用して、ユニークな機会を通じてこれらの旅行者と関わり、顧客に変えるために迅速に行動する必要がある。 解決策は2つある。 まず、航空会社は、サードパーティのサイトやオンライン旅行代理店から旅行者を誘惑するために、パーソナライズされた小売体験で直接サイトの提供を強化する必要がある。 しかし、彼らはそこで止まることはできない。 増収機会に対する長期的な解決策は、旅行者がチケットを購入する場所を変えることだけではない。 それは、サードパーティのサイトを介して収益性の高い補助サービスを提供するために、AIとインテリジェントリテールを活用している航空会社にある。

AIとインテリジェント小売:完璧なパートナー

AI and intelligent retailing: perfect partners

AIを使用すると、航空会社は、データ駆動型で全体的かつシームレスな小売体験を提供することを目的とした小売の幅広い戦略の一環として、顧客に対してパーソナライズされた専門的なアプローチをとることができる。 顧客は、eコマース小売業者から受けるのと同じユーザーエクスペリエンスを航空会社に期待するようになっている。 そこでは、パーソナライズされた取引が提供され、旅のすべてのステップでコンシェルジュレベルのサービスが提供される。 顧客を満足させるために、航空会社はこの小売りの考え方を採用する必要がある。

AIは、このレベルのパーソナライズを提供する航空会社にとって非常に重要である。 このテクノロジーは、ユーザーエクスペリエンスからデータを収集し、インテリジェントで最適化された洞察でデータを充実させ、どの補助サービスやオファーをいつどの顧客に提供するかについての推奨事項を提供する。 航空会社の収益を増やすことで、顧客は、個人を対象とした特定の補助サービスに関連するパーソナライズとカスタマイズも高く評価している。

航空会社が再び旅行を熱望する顧客を獲得するために競争するにつれて、AIを活用したパーソナライズは、旅行者を引き付け、喜ばせるために重要になる。

エンドバイヤーを支援するテクノロジーを使用することは、顧客に具体的なメリットをもたらさないテクノロジーを積み上げるよりも役立つ。 航空会社の間で一般的になる小売体験の一部は、“通路の端の通路に面した(目立つ)”ディスプレイの表示である。 B&Mの実店舗のように、レジの前の魅力的なディスプレイで迎えられたときのように、航空会社は総合的なショッピング体験を向上させるためにWebサイトの視覚的要素に投資する必要がある。

現代の流通

Modern distribution

航空会社が克服しなければならない2番目の課題は、パーソナライズされたオファーを提供すると、現在のシステムではこれらをサードパーティのサービスでは販売できないということである。 OTAとサードパーティのサイトは、GDSから航空会社の製品を引き出している。 これにより、アンシラリーを提供する可能性が大幅に制限され、航空会社はこのチャネルを介して販売するためにより多くの費用がかかる。 AIの可能性を最大限に引き出し、サードパーティのサイトにも販売できる最新の小売戦略を採用するには、航空会社はレガシーシステムを更新する必要がある。 航空会社が使用する予約エンジンの多くは、従来の旅客サービスシステムプラットフォームを基盤として構築されている。 これらのシステムは、1960年代の流通原則に基づいており、運賃のファイルに焦点を当てており、小売業にとっては制約がある。 これらのシステムは、航空会社が製品を差別化し、変化や危機に柔軟かつ機敏に対応する能力を制限する。  PSSは、航空会社が要求するものを提供できなくなった。 航空会社は、このシステムから、最新のOrder & Offerの管理プラットフォームとNDCNew Distribution Capability)を利用する、より小売りに適したモデルに移行する必要がある。 これにより、航空会社は単一のプラットフォームを使用して、直接およびOTAを通じて顧客に販売できる。 PSSまたはGDSシステムから独立している技術パートナーは、制約なしに製品を流通し、顧客のニーズを満たす自由を提供する次世代の小売プラットフォームを航空会社に提供できる可能性が高くなる。 従来のPSSプラットフォームからNDC環境でのOrder & Offerの管理への移行には何年もかかる可能性がある。 航空会社は、PSSから新しいシステムに一度に切り替えるのではなく、PSSの一部を、小売業でより効果的なこれらの新しいシステムの部品に置き換える戦略を開始する必要がある。 少しずつ、PSSは時間とともに溶解する。 これを考えると、航空会社は行動を待つ余裕がなく、今日から計画を立てる必要がある。

展望

Looking forward

現在の海外旅行の状況は、航空会社にとってターニングポイントである。

彼らがこの機会にどのように対応するかは、過去から抜け出せないでいる航空会社を、近代化し顧客の期待に追いつく航空会社と区別する。 現代の小売業から引き出されたパーソナライズされたアプローチを採用することは、結果として航空会社に将来の混乱に耐えるために必要な回復力のある収入源を与えるだろう。 パンデミックは、危機が一夜にして現れる可能性があることを証明しており、航空会社は、変化する市場や顧客のシナリオに絶えず適応するために、システムと販売戦略を現代の電子商取引指向の世界に適応させる必要がある。 航空会社にとって幸運なことに、AIIntelligent Retailingは、そのような成果を達成するための最も機敏で包括的な基盤を提供する。 ただし、航空会社が今日行動する場合に限る。

著者:Mike Sloanは、PROSの旅行小売部門の副社長兼プリンシパル。

(11/11 https://bit.ly/3n6AZoy )

 

18. NDC成功に導く協業

2020年のテーマが混乱であったとしても、それは確実にNDCの進展を止めていない。 実際、2021年は、業界が必要とする柔軟性の向上とダイナミック販売の小売りの重要な部分をサポートすることを目的とした、このメッセージング標準の展開において極めて重要な年と見なされる可能性がある。 今日、私たちはいくつかのマイルストーンを達成したが、大量工業化(mass industrialization)への道は完全ではない。 私たちは現在、NDCの進歩の段階にあり、標準がより成熟し、すべての旅行プレーヤーにとって、課題が残っているにもかかわらず、かなりの機会を開拓し始めている。 今こそ、デジタル旅行小売業におけるこれらの機会を解き放つための共有ビジョンに向けて参加し、協力する時だ。 最新の論文であるNDC 2021 and the pass to industrializationで、業界全体の専門家と話をして、NDCをさらに加速し、業界のリーダーが何をしているのかを把握するために必要な次のステップについて詳しく調べた。 このペーパーが、私たちがどこまで進んだかを思い出させ、旅行業界のすべての主要なプレーヤーが協力し続け、次に進む必要がある場所に調整することを奨励するのに役立つことを願っている。 NDCの大規模な工業化を促進するという使命を持って協力し続けると、旅行業界全体が恩恵を受けることになる。

まず、ステータスチェックしょう

First, let's take a status check

IATAが“Future Of Airline Distribution”でNDCの世界における流通エコシステムの将来のビジョンが概説されている。 この白書が発行されてから8年が経っている。 進歩は容易ではなく、直線的でもなかったが、今日、旅行業界はNDCを祝ういくつかの成功を収めている。 Amadeusは、IT側で30以上の航空会社、20近くの航空会社と協力して、Amadeus Travel Platformを介したNDC経由でコンテンツを流通している。 これらの航空会社流通パートナーの約80%がIATAレベル4認定を取得しており、NDC航空会社パートナーは2019年に世界の乗客数の約25%を占め、世界中でNDCの取り組みと世界的な採用を示している。 さらに、世界中でAmadeusを使用しているすべての旅行代理店が、今年末までにAmadeusソリューションを通じてNDC経由でこの航空会社のコンテンツを予約できるようにする予定である。 実用的なレベルでは、航空会社はすでにNDCの実験を開始しており、予約と経費のプロセスから不要な手順を削除しながら、旅行者に合わせた運賃バンドルとより豊富なオファーを提供している。 たとえば、アメリカン航空はNDCを使用して、大企業の顧客の一部の従業員向けに特注のバンドルオファーを作成している。 これは、何が可能かという点での最初の例にすぎない。 テクノロジーは着実に進歩しており、デジタル消費者のニーズに合った、適応性があり、状況に応じた、パーソナライズされた旅行小売の未来を想定している。

クリティカルマスに到達するための障壁を克服する

Overcoming barriers to reaching critical mass

私たちは大きな進歩を遂げたが、NDCの大量採用に関しては、旅行業界は依然としていくつかの大きなハードルに直面している。 重要な課題の1つは、真の標準化である。 NDCは“標準”と呼ばれているが、航空会社によってさまざまな方法で適用されている。 標準の適用におけるこれらの違いは、各航空会社の独自のサービスにほとんど価値を追加しないが、NDCの実装に複雑さを追加し、コストを増加させ、採用に悪影響を及ぼす。 輸送業界にはいくつかの本当の類似点がある。 輸送コンテナが登場する前は、各企業が独自のボックスとケースで商品を出荷していたため、船の積み下ろしが非常に遅くて面倒であった。 輸送コンテナが発明されたとき、海運業界は変革した。 企業はコンテナに好きなものを入れることができたが、標準サイズの輸送では、すべてがはるかに高速かつ効率的に移動し、コストが大幅に削減された。 現在、航空会社はさまざまな方法でNDCを介して在庫を出荷(shipping)している。 航空会社がそれぞれ同じ方法で(必要に応じて同じ“メッセージコンテナ”で)NDCを使用した場合でも、旅行者に独自の在庫を提供できるが、標準化により効率が劇的に向上し、長期的にはイノベーションが促進される。

標準化は1つの障壁だが、他にもある。 https://bit.ly/3oiGK1W読むことができる私たちの論文は、業界全体でのより商業的な連携の必要性、ミッドオフィスシステムとバックオフィスシステムの適応、トランザクショントラフィックの劇的な増加と考え方の変化に備えて航空システムを準備する必要性についても説明している。 旅行の売り手は、オファーやオーダーに適応する必要がある。 さらに、業界として、旅行者の信頼に影響を与える可能性のあるダイナミックプライシングを中心とした新しい競争環境に注意する必要がある。

これは最終的に、買い物をしたり、出発日に近い旅行の購入を遅らせたりするなど、望ましくない購入行動を引き起こす可能性がある。

業界全体のコラボレーションが私たちの成功の鍵である

Industry-wide collaboration is the key to our success

NDCの成功に対する主な障壁には、すべて共通点が1つある。 それは、コラボレーションがそれぞれを克服するのに役立つ可能性があるということだ。

NDCの早期採用者は、すでに最大の問題を解決している。 しかし、NDCを実際に実行可能にし、旅行業界全体に広めるには、誰もが発言権を持ち、誰もが参加する必要がある。 航空会社がNDCを実装する1つの統一された方法に同意できれば、業界全体が旅行小売業の実験と真の革新に集中できる。 これは、過去の他の多くの場合と同様に、業界が問題を共同で解決する方法を見つける必要がある更に別の機会である。 航空会社は、旅行者が探しているオファーを知る必要がある。 旅行の売り手は、航空会社がNDCで何をもたらすかを知る必要がある。 テクノロジーパートナーは、航空会社や旅行者に価値を提供する際に旅行販売者が直面する問題を理解し、それに取り組む必要がある。 業界がNDCへの投資から最大の利益を達成し、業界の回復を加速するのは、対話とパートナーシップを通じてのみである。 何年もの間、私たちは旅行小売業に対するNDCの可能性について話してきた。 COVID-19の前でさえ、AmadeusNDCの展開を旅行セクターの長期的な持続的成長の重要な部分と見なしていた。 さて、2021年、それは言葉に行動を起こす時である。 昨年、旅行業界は前例のない割合の実存的な課題に直面した。 今こそ、業界の最大の課題と機会を真正面から受け入れるために協力する時だ。 私たちは、旅行業界が旅行者の信頼を回復し、パーソナライズを改善し、より良い顧客サービスを提供するのを支援する機会をすぐに手に入れることができる。NDCは、これらの多くで役立つ。 協力することで、世界中で利用できるようにし、規模を拡大することができる。(11/12 https://bit.ly/3nbigbJ )

 

19. アマデウス、DL航空と運賃額ベース流通契約締結

Amadeusは、GDSのライバルであるSabreTravelportに続いてDeltaと価値ベースの販売契約(value-based distribution agreement)を締結した。

両社は商取引の詳細を発表していないが、GDSを補償するための新しい価値ベースのアプローチの下で、Deltaはフラットなセグメント料金を廃止し、各予約の価値に基づいてGDSへの段階的な支払いに置き換えた。 協定はまた、アンシラリーやプレミアムシートを含むデルタの全製品を展示するために装備された、より堅牢なマーチャンダイジングプラットフォームのGDSによる使用を強調している。 Deltaによると、Amadeus契約により、Amadeus Travel Platformのユーザーは、「属性(attributes)やアンシラリーのサービスを含むすべてのフライトで拡張された製品オプションを提供する」最適化されたショッピングディスプレイにアクセスできるようになる。 Delta5月にSabreと最初の価値ベースのGDS契約を締結した。 Travelportとの同様の合意が8月に続いた。

Sabreの取引は、このGDSに対してAmerican航空によって提起された進行中の訴訟につながった。 Americanは、Sabreの新しいマーチャンダイジングディスプレイ(New Airline Storefrontと呼ばれる)が検索結果をDeltaに偏らせていると主張している。 Deltaの価値に基づく合意は、GDSが旅行アドバイザーの販売に対してどのように報酬を与えるかについては取り扱っていない。

しかし、6月のSabreとの契約について、DeltaのグローバルディストリビューションのマネージングディレクターであるJeff Loblは、新しいアプローチが機能するためには、Sabreがハイエンドのチケットと付随的な販売のためにDeltaが支払う追加のお金の一部から、それらを予約するエージェントに渡す必要があると述べた。 また、Travelportは、Deltaとの新しい契約により、旅行代理店が補助的なアイテムでチケットの販売を増やすときに、追加のインセンティブを獲得する機会が与えられると述べている。

*この記事はもともとTravelWeeklyに掲載された

(11/12 https://bit.ly/3kxJreX )

 

20. Phocuswright会議2021、ピッチするイノベーター達

旅行および観光業界でイノベーションを促進することは、スタートアップコミュニティをサポートし、常に新しい知識を獲得し、世界市場、トレンドを分析し、画期的なイノベーションとその旅行業界への影響を特定することを意味する。 どの旅行スタートアップが成功する運命にあるかを予測することは複雑な作業だ。 大企業とレガシーテクノロジーが支配的な業界では、どのアイデアが力を維持しているのかを知ることは困難である。 投資家の関心は1つの主要な要因であるが、他の要因は、顧客の牽引力から、戦略的パートナーシップの範囲と規模、混雑した市場で注目を集めるスタートアップの能力にまで及ぶ。

Phocuswrightは、世界の旅行、観光、ホスピタリティ業界におけるイノベーションの最前線にいる。 私たちは旅行業界のリーダーと最も有望な起業家を結びつける。 今年のイノベーター達は、サミットとローンチの2つのプログラムに分割される。

Summit Innovators

Launch innovators

(11/12 https://bit.ly/3HsuTaq )

 

21. Lastminute.com、パッケージ販売増収に貢献

Lastminute.com Groupは、特にパッケージ製品のサポートにより、ヨーロッパへの旅行に着実に戻ってきた後、財務実績が“大幅に上昇」”したと主張している。 Latminute.comRumboBravoFlyJetCostなどのオンライン旅行代理店およびメタサーチブランドのプロバイダーは、ポートフォリオ全体の総収益が2021年の第3四半期に前年比60%増の5,500万ユーロに達したと述べている。 調整後EBITDAは同期間に1,300万ユーロ(289%増)で、貸借対照表の純現金は4,800万ユーロになった。 同社によれば、特にIT部門では、今後数か月で人員を増やす計画だという。 7月から9月にかけてのパッケージ旅行の販売により、この製品はグループのマージン指標に大きく貢献し、全体の70%を占めている。 CEOAndrea Bertoliは、2022年中にレジャー旅行の需要が“正常に戻る”ことを期待していると述べている。Lastminute HoldingsCEOであるFabio Cannavaleは、「過去18か月は、旅行業界全体とグループにとっても最も困難であった。 私は、ビジネスを確保し、ビジネスを収益性の高い方法で再開するための最も有利な条件を作り出し、収益性の高い事業を再開するために従業員が行ったことを誇りに思っている。 IPOの時から常に現金余剰があった。危機のピーク時でもそれを維持することは当然のことではなかった。 今や事業は確実に回復しており、構造的な高度なキャッシュインの恩恵を受け始めるだろう。 モデルでは、イノベーションに投資するためのリソースがさらに増えていく」と述べている。(10/12 https://bit.ly/3Hl9aRo )

 

22. 社説:NDC、十人十色の異なる意見

50人の旅行者にNDCのことを尋ねると、60の異なる答えが得られる」、これは今週のPhocusWireIn The Big Chairのインタビューで、CWTCEOであるMichelle McKinney Frymirからの引用である。 2013年に最初に発表されて以来、IATAの流通標準NDCについて話すことに多くの時間が費やされてきた。 展開直後でも、旅行仲介業者などの流通チェーンのいくつかの要素がその本当の開発動機に疑問を投げかけてこの標準を混乱させた。 規格が何を意味し、誰のためにあるのかを定義するのに長い期間がかかった。 多くの人が、おそらくその初期段階で、IATANDCを誤って販売した(mis-sold)ことを認めており、その開発に対する批判の1つは、コストの話が多すぎることである。 誰がコストを支払うのかという問題は、誰にとっても変わらないので、それは驚くことではない。 商業的な会話が何年にもわたって議論を曇らせてきたのは事実であるが、さまざまな航空会社がソリューションを開発するために使用した標準のバリエーション、または標準の反復(iteration)も同様である。 そして今、標準の多くの進歩にもかかわらず障害が残っている。 一部の大手航空会社は、従来の流通方法に戻っていると述べているが、他の航空会社はまだNDCの旅に乗り出していない。 一方、IATAは会話をNDCから航空会社の小売業に移そうとしており、NDC認定プログラムの後継としてAirline Retailing Maturity指数を発表したばかりである。 一部の大手航空会社やそのGDSパートナーなど、この標準に投資した企業は引き続き楽観的であるが、それでも複数年の移行期間が必要であると考えている。 しかし、CWTFrymireが指摘しているように、破壊的技術は、共通の基盤が確立される前に、解決するのに時間がかかるさまざまな見解を引き出すことがよくある。

(11/12 https://bit.ly/3nbLOGb )

 

23.VIDEO: Trip.com Group、業績回復

Trip.com Groupが、2025年までに世界でも有数の国際旅行ブランドになる大胆計画を発表してから2年が経った。 この発表は、同社の20周年記念日とホテルと航空券の国際ビジネスの大幅な伸びを示した2019年第3四半期決算と並行して発表された。 もちろん、その後まもなく、Trip.com Groupの本拠地である中国でCOVIDのパンデミックが始まり、旅行が停止した。 回復が徐々に世界中に広がる中、Trip.com Groupの共同創設者兼会長のJames Liangは、同社は成長マインドセットに戻り、製品を強化し、戦略的投資を行う準備ができていると述べている。 WiT Experience Singapore 2021Web in Travel創設者兼編集者であるYeoh Siew Hoonとの会話で、Liangは、「COVIDは私たちを少し遅くしたが、私たちはアジアでこの成長軌道を継続する」と述べている。 より多くの国が広範囲にCOVID-19ワクチンを受け入れることに同意するにつれて、Liangは、おそらく“36か月”で、中国人旅行者がアジアおよびそれ以降の目的地に戻ることを期待していると言う。 そして、中国がいつ国際観光客に再開するかを尋ねられたとき、彼は「それは時間の問題だ。 このような回復が見られるとき、私たちは間違いなく投資をスピードアップする」と言う。 製品開発も間近に迫っている。 Liangによると、優先事項には、Trip.comの国際線製品の改善、アプリの開発、カスタマーサービスの改善が含まれる。 https://bit.ly/3kz8w9kの完全なインタビューをご覧ください。(11/12 https://bit.ly/3FaIGjR )

 

 

24. 118日の週の資金調達記事

·        モービルバイクとe-scooterLime

持続可能性の誓約は、モビリティバイクとe-スクーターのプラットフォームであるLimeへの新たな52,300万ドルの投資の中心である。 米国を拠点とするこの会社は、ADGFidelityHighbridge、および他の陸上輸送プロバイダーであるUberから資本を受け取っている。 Limeは、最新のラウンドはオーバーサブスクライブされており、同じくUberが主役である17,000万ドルのベンチャーラウンドから18か月後に来ると主張している。 2017年のローンチ以来、約15億ドルが調達された。 この資本は、パートナーのサプライチェーンを “脱炭素化” する取り組みとともに、電動自転車や電動スクーターの開発に使用される。 CEOWayne TinLingによると、2022年中に公開市場に参入することも望んでいる。 Limeは、パリ気候協定の方針に沿って持続可能なイニシャチブを推進するための戦略に、2,000万ドルの投資が使用されると述べている。 UberCEOであるDara Khosrowshahiは、「Uberの誰もが、バランスシートを一貫して改善するLimeの能力に感銘を受けている。 都市とその住民が地元の自転車やスクーターにますます依存するようになるにつれて、このリーダーシップチームはLimeを新たな高みに引き上げるビジョンと能力を持っていると確信している。 地元の旅行は自転車とスクーターに頼っている。」と述べている。 Limeは現在20万台の車両を保有しており、2021年には80の新しい都市で発売された。

* 202010月のHow I Got Hereポッドキャストで録音されたライムのブラッドバオとのこのインタビューをチェックしてください。

(11/8 https://bit.ly/3c9FdFX )

 

·          レンタルテック新興企業 Enso Connect

レンタル技術の新興企業であるEnso Connectは、200万ドルのシードを調達した。 カナダを拠点とする会社への投資は、Mistral VenturesCowie Capitalも関与するMantella Venture Partnersが主導した。 2019年に設立されたEnsoは、人工知能主導のコミュニケーションとスマートホームテクノロジーを組み合わせたゲストエクスペリエンスプラットフォームを提供する。

このプラットフォームには、ゲストの好みを追跡し、パーソナライズを可能にする顧客関係マーケティングツールも含まれている。 Ensoの創設者であるFrancois Goueloは、「より高い料金と引き換えに、ゲストは品質と喜びを求めている。 現在のところ、業界の誰も、本当のパーソナライズを作成するのに十分な顧客を知らない。 私たちはそれを変え、ゲスト体験を次のレベルに引き上げるためにここに居る」と述べている。 声明によると、同社は6か月で17,000%の成長を遂げ、パンデミックの際に18か国以上で事業を開始した。Mantella Ventures Partnersの共同創設者兼ゼネラルパートナーであるDuncan Hillは、Ensoに投資したのは、不動産管理者が生き残るだけでなく、この急速に成長する市場で繁栄できるように、不動産管理者の専門化を支援するというビジョンを持っているからだ」と述べている。(11/10 https://bit.ly/3F5LK0x )

 

·          T&A アクティビティーモバイルアプリFunNow

ツアー、アクティビティ、体験モバイル予約アプリFunNowは、新しい1,500万ドルの投資ラウンドで、台湾のオンライン旅行代理店KKdayの経済的注目を集めた。 KKdayは、CDIB CapitalDarwin VenturesAccuvestと並んで、台湾を拠点とするFunNowの多くの支援者の1人である。 シリーズBラウンドは、韓国のPerfect Hexagon CommodityInvestment BackAscendo Venturesが主導した。 FunNowのシリーズAラウンドは2018年に行われ、Alibaba Entrepreneur Fundが主導した500万ドルであった。新しい資金調達は、シンガポールやタイを含むアジア地域の他の国々にサービスを拡張するために使用される。 すでに香港、マレーシア、日本、そして台湾の国内市場で存在感を示している。 FunNowは、レストラン、アクティビティ、映画、その他のアクティビティなど、目的地での体験にユーザーを結び付け、Klookなどと競合する。 KKday自体は、20209月に独自の7,500万ドルのシリーズCラウンドを確保した。(11/10 https://bit.ly/3c1pYhZ )

 

·          ホスピタリティテック新興企業Amenitiz

ホスピタリティテクノロジーの新興企業であるAmenitizは、新しい市場に拡大し、成長を加速するために、650万ユーロのシード投資を受けた。 Point-NineBackedOtiumがラウンドを主導し、TravelperkAvi MeierGoCardlessMatt RobinsonCarlos Gonzalesなどのエンジェル投資家も参加した。

バルセロナを拠点とするAmenitizは、ヨーロッパの独立したホテル経営者、BB、コテージに完全なオペレーティングシステムを提供している。 ホテル経営者にウェブサイトとチャネルマネージャー、および請求や支払いなどのタスクを自動化するためのプロパティマネジメントシステムを提供する。 この資金で、同社は収益管理などの追加サービスで提供を拡大する予定。 また、フランス、イタリア、スペインの需要に対応するために、100人のスタッフの3倍の規模の採用を計画している。 2018年に立ち上げられたAmenitizは、28か国で3,000を超える物件を支援してきた。 同社によれば、パンデミックによってもたらされた課題にもかかわらず、2020年には4倍に成長したという。

(11/11 https://bit.ly/3ojVi1q )

 

+++++

6月4日

九州で大手系列越え初の共同運航

米ユナイテッド航空、超音速機購入へ