海外事情・旅行流通

 

フォーカスライトJapanでは、PhocusWire Daily (phocuswire.com) の毎日のニュース

意訳して、毎週 月曜日更新の「海外事情」に掲載しています。

「海外事情」は、この他に TD 勉強会( www.e-tdb.com )と、その一部を 

トラベルジャーナル(TJ)の隔週コラム「FROM THE WORLD / 海外事情」にも

掲載しています。 

 

2020年以前の「海外事情」は、TD 勉強会 www.e-tdb.com のアーカイブにて 

ご覧になれます。TD = Travel Distributionの略です。)

 

 

海外事情 11 1日号

 

米国のビッグ3が第3四半期に利益を計上した。 大手3社の202179月期決算はそろって最終黒字を確保した。 計18億ドル(約2,000億円)の黒字となり、前年同期の96億ドルの赤字から大きく改善した(日経 923日朝刊)。

感染者数も低下している。 ただし、TSAのセキュリティゲート通過旅客数は、2019年比で77%の横ばいを示している。 国際線旅客の回復足踏みが影響しているのだろう。

(編集人)

 

目次

1. (TJ) Z世代、何処に旅行して滞在したいか

2. (TJ) クルーズのオンライン予約、アドバイザーより人気

  (TJ) = トラベルジャーナル 1122日号を参照

3. VIDEO:仮想インターライン、旅行回復貢献

4. 古いホテル流通はもはや機能しない

5. Intrepid Travel、ブランドとプロダクト刷新

6. KlarnaInspirock買収で旅行に参入

7. クラウドベースの管理システム、4つの真実              閲覧第4

8. PhocusWire Pulse:スポットライトの新興企業

9. 新興企業ステージ:バジェット旅行のElude

10. Phocuswright Conference 2021:アクティビティ幹部へ5つの質問

11. VIDEO:旅行回復の獲得

12. 航空会社幹部、テックナイーブ批判に反発            閲覧第2

13. トリアドでレビューの拒否と削除が増加

14. VIDEO:旅行新興企業のビッグピクチャ              閲覧第1

15. バスのテックプラットホームChaloShuttl買収

16. ヒルトン、中小企業法人旅行増加

17. VIDEO2021年の旅行新興企業ステータス                 閲覧第5

18. Phocuswright Conference 2021、持続可能性幹部へ5つの質問

19. MakeMyTrip、堅調な増収継続

20. COVID、旅行時の両替自動化要求                            閲覧第3

21. VIDEO、次の10億人のオンライン旅行消費者

22. 社説:小規模オペレータは締め付けを感じる(完全ノーマル)

23. セーバー、航空会社オペレーションAirCentre売却

24. VIDEO: クライシスにおける新興企業の勢い

25. 1025日の資金調達記事

 

 

3. VIDEO:仮想インターライン、旅行回復貢献

旅行の仮想インターライントレンドの今後の進化と発展については、多くの疑問が残る。 市場に関する最近の分析で説明されているように、完全に接続された世界では、インターラインまたはコードシェア契約がなくても、複数の航空会社間の接続を含む航空会社の旅程を簡単に作成して販売できる。 しかし、完全に接続された世界ではない。 そのため、仮想インターラインが、航空会社、仲介業者、および乗客によって設定された目標を達成するための技術的に効率的で戦略的に重要なプロセスとして浮上している。 考慮すべき重要な領域は、航空会社(および手荷物を処理するための空港)間のパートナーシップの仕組み、小売業の方程式への出現、オンライン旅行代理店にとってのコンセプトの魅力、そして真の仮想インターライニングがマルチモーダル機能を通じてどこに移行するかである。PhocusWireKevin Mayは、TripStackGabor TothJohn Boguslawskiに詳細とこの市場がどこに向かっていると思うかを聞いた。 TothTripStackCEOであり、Boguslawskiは事業開発のエグゼクティブ兼共同創設者である。 完全なインタビューはhttps://bit.ly/3jAXccuに含まれている。(10/25 https://bit.ly/3jDRfeO )

 

4. 古いホテル流通はもはや機能しない

世界のどこにいても、ホテルの予約傾向は過去数十年にわたってかなり予測可能であった。 そしてこれは、巨大なOTAのかつての革新的なテクノロジーを通じてホテルの部屋を流通することが、ビジネスを行うための信頼できる方法であったことを意味する。 これらのOTA(および他の流通プラットフォーム)がニーズに応えたことは間違いない。 これが、彼らが巨大な存在に成長した方法である。 しかし、パンデミックから抜け出すにつれ、新しいテクノロジー、世界経済の変化、ゲストの期待の変化が現状を揺るがしている。

今日の急速に変化する市場では、大きく異なる消費者行動に迅速に対応することが、ホテルや旅行代理店にとっておそらく最も重要なニーズである。 今まで、緊急に物事を変える必要はなかった。 確かに、大きなOTAは費用がかかり、作業に時間がかかるが、それでも予約が多くもたらし、新しい関係を構築してくれた。 しかし、今日、あなたはニューノーマルのための敏捷なツールを必要としている。 では、どのような変更に注意する必要があり、どのように準備することができるか?

古い市場は新しいトリックを学ぶ

Old markets learn new tricks

ヨーロッパ:世界で最も価値のある出発地および目的地の市場の1つ。 世界的な金融危機の間の2008年と2009年の緩やかな落ち込みを除けば、ヨーロッパの観光業は何年にもわたって着実で予測可能な成長を遂げてきた。 低コスト航空会社の台頭、ますます摩擦のない国境、そして観光インフラの開発により、新しい目的地と新しい成長の機会が開かれた。 しかし、この(比較的)快適な期間は終わった。 コロナウイルスは予約期間を短縮し、季節性のパターンを破壊し、旅行に厳しい制限を課した。 YES、国境は再開されるが、消費者はキャンセルされた旅行の痛みを覚えており、彼らのやり方を変えている。 間際予約、柔軟性への期待、国内旅行の重視など、新しい習慣が定着している。

これらの新しいパターンは、旅行者が新しい方法で行動していることを意味する。 しかし、旅行の古い技術がセクターの対応能力を妨げている。 私たちは皆、新しい市場を追求するための契約と技術を確立するのに数ヶ月かかると予想するようになった。 流通技術が機能するまでに機会が過ぎてしまった場合、どのように商業戦略を革新することができるか?

新たな需要の到来

New demand incoming

中国アウトバウンド旅行は、過去数年間、世界の観光業の重要な成長ドライバーであり、この細流はまもなく洪水になる。 中国には約4億人のミレニアル世代がおり、2人に1人が、2026年までに旅行する予定であると述べている。 

これを、多くの欧米のブランドがすでに浸透できない市場である中国国内の消費者向けテクノロジーの変化のスピードと組み合わせると、その需要がどこに行くのか予測できない。 あなたは2つのことを確信することができる:旅行ビジネスのすべてのプレーヤーはそれらの行動(需要)の一部を望んでいる、そして消費者の行動に追いつくのに十分に機敏なものだけが報われるだろう。 古い流通の巨人はあなたの行動を見抜くだろうか? 敏捷であると説明でるか? 中国に限ったことではないが、南米の航空旅客数は、Ryanairモデルを真似するオペレータが増えるにつれて、10年で2倍になった。 可処分所得の増加に伴い富裕層が拡大しているため、もちろん、ホテルや旅行代理店が追いかける新しい市場が存在する。

追い風による変化

Changes with tailwinds

これらは、市場の破壊的なダイナミクスのほんの一部であるが、その影響は加速している。 航空機技術からソーシャルメディアまでの多くの革新は、これらの力が記録的な速さであなたのビジネスに影響を与えることを意味する。

例:表面上、A321LRXLR型機は、1993年以来空に浮かんでいる飛行機のバリエーションのように見える。 しかし、これらの長距離ナローボディ機は、需要の少ない長距離路線を開き、乗客をポイントからポイントへと移動させる。 以前は航空会社にとって実行不可能だった出発地と目的地の市場ペアを開放する。 ダブリンからブリッジタウン、モントリオールからアテネ、リスボンからマセイオはすべて今日飛行されており、これらの航空機はまだ何百機も生産ラインから出ていない。 将来の需要は予測できない場所から来るだろう、そしてあなたは最新の状態に保つためにこれまで以上に速く動く必要があるだろう。

人々が予約する方法もますます断片化している。 一部の旅行インフルエンサーは、彼らが動かす予約の収益の一部をすでに集めており、Instagramは多くのブランドのショーウィンドウになっている。 ミレニアル世代の中国人旅行者の予約の大部分を占めるアプリは、まだ存在していない可能性がある。

破壊の一部になる

Be part of the disruption

私はエンジニアとして旅行のキャリアを開始し、古いOTAやベッドバンクとの統合を構築した。 業界の技術スタックは壊れていて古風であり、旅行者に優れた製品と優れたサービスを手頃な価格で提供しようとしているよりは、仲介業者にサービスを提供するように設計されていることが直ぐにわかった。

変化する需要に対応するために、新しい販売チャネルを開設したり、新しいホテルに署名したりするのに数か月かけるべきではない。 そして将来的には、それは不可能だ。 数か月ではチャンスを逃してしまう。 新しい需要を開拓し、変化する行動に対応し、新しい市場をテストするのは簡単なはずである。 そのため、私はImpalaを作成した。 ホテルは登録でき、24時間以内に客室が販売できる。 管理者も、費用のかかる統合も、長く待つ必要もない。 また、ホテルの部屋を販売したい場合は、数分以内に予約をとることができる ― 両方に素晴らしい商業的価値がある。 ホテルの流通は、将来の見通し外の予約を処理するために、迅速に変更する必要がある。 そして、それは良いことである。 なぜなら、現状に満足している人は誰もいないし、それを揺るがすために必要なコストと手間をかける巨大な必要もあまりないからだ。 世界が変化する中、今こそ行動の時である。 業界をもっと良いものにするべきであり、Impalaを使えば、ついに ― 簡単に ― それに値するものを手に入れることができる。 Impalaは、めちゃくちゃ複雑な問題に対する根本的に単純なソリューションになるように構築された。 今日、私たちは、新しいテクノロジー、変化する顧客の期待、市場のダイナミクスが、すべての人にとってより良い方法で旅行のインフラストラクチャを再考する機会を私たちに与える完璧な合流点にいる。 それを実現するためにご参加して欲しい。

著者:Ben StephensonImpalaの創設者兼最高経営責任者。

(10/25 https://bit.ly/3Gm5Q89 )

 

5. Intrepid Travel、ブランドとプロダクト刷新

Intrepid Travelはツアーのラインを一新し、持続可能でエスペリエンスリッチな旅行と“楽しい旅行体験”の新製品ステートメントに取り組んでいる。 この変更は、Intrepidのトップツーボトムのリフォーカスまたは“リブランド”の一部である。 新製品の声明に加えて、Intrepidは、旅行の喜びを通じて前向きな変化に影響を与えるという、より包括的エクスペリエンスとミッションのビジョンに焦点を合わせた。 そのために以前のサービスを縮小し、200の新しい旅行を追加することでツアーのラインナップを一新した。 これは、現在、製品ライン全体の約20%を占めている。 ツアーは、保護、障害者支援、ジェンダーのエンパワーメント、先住民やマイノリティの文化的伝統の保護に新たに焦点を当てている。

低炭素のエスペリエンスとアクティブおよびアウトドアのオプションにも焦点が当てられている。 国内ツアーの多くは、先住民や先住民のコミュニティをサポートするエスペリエンスを含めることに焦点を当てている。

Intrepidはまた、プライベートまたはファーストクラスの地元の交通機関、食事、チップ、プレミアムサービス、4つ星の宿泊施設を含むハイエンドツアーのラインであるプレミアムを展開した。 少なくとも1回の滞在は、ユニークな歴史的建造物になる。 パンデミックの停止後も会社が再開し続けているため、さらに多くのツアー製品が開発中だ。 現在、30か国で製品範囲の約20%で稼働しており、月に約150回の旅行がある。

ロゴの変更

Intrepidのロゴは小さいながらも重要な方法で変更された。 ロゴを今のところもう少し“フィット”させ、円形の画像からブランド名を引き出し、独特の赤い色を柔らかくする。 新しい会社のビジョンは、“人々が世界を見る方法を変える”というフレーズを取り、“人々”を“私たち全員”に置き換える。 新しいマーケティングガイドラインは、BIPOC旅行、LGBTQ +、サイズの包括性(size inclusivity)、現代の植民地主義、インパクト/グリーンウォッシングの分野で6人のコンサルタントと共同で作成された。 32ページのドキュメントは、Intrepidブランドの“声”に関するガイダンスを従業員に提供する。 “好奇心旺盛なチェックリスト”は、読者に「他の人の視点について考えていますか? 他の声を増幅していますか? あなたの言葉に楽しみを見つけていますか? あなたの書き込みで前向きな変化を起こす方法を探していますか?」のような質問をするだろう。

*この記事はもともとTravel Weeklyに掲載された。

(10/25 https://bit.ly/3pD0m3a )

 

6. KlarnaInspirock買収で旅行に参入

世界的なリテールバンク、ペイメント、ショッピングプロバイダーのKlarnaは、オンライン旅行プランナーのInspirockを非公開の金額で買収した。 人工知能と地元の専門知識を使用して旅行者向けにパーソナライズされた旅程を作成するInspirockを使用すると、Klarna9千万人のユーザーが、Klarnaアプリを介して旅行の計画と買い物を分割払いで支払うことができる。 Klarnaは、Inspirockのテクノロジーを使用することで、顧客が通常の休暇を計画する時間を節約できると述べている。 Inspirockのテクノロジーにより、Klarnaは、Expedia GroupHMPelotonなどの25万を超える小売パートナーのネットワークに追加の広告およびマーケティングの機会を提供し、より厳選されたコンテンツで意欲的な買い物客にリーチできるようになる。

Klarnaのマーケティングソリューションには、比較ショッピング、AI駆動のスタイリングエンジン、仮想ショッピングプラットフォーム、インフルエンサーマーケティングおよび測定プラットフォームが含まれる。 2012年に設立されたカリフォルニアを拠点とするInspirockは、2015に、インドのMakeMyTripが主導し300万ドルのシード資金調達ラウンドを調達した。 今年の7Skyscannerは、Inspirockのテクノロジーを使用してパーソナライズされたロードトリップサービスをテストすると発表した。 2005年にスエーデンSTOで設立されたKlarnaは、評価額456億ドル(約5兆円)の最も価値の高いプライベートフィンテックの1つ。(10/25 https://bit.ly/3Bjx8s1 )

 

7. クラウドベースの管理システム、4つの真実

ホテルはスタッフが不足しているときに効率を改善するためにテクノロジーに目を向けているが、実際にニーズを満たすテクノロジーソリューションの明確な計画と測定された研究がなければ、テクノロジーだけでは運用を改善したり収益を増やしたりすることはできない。 ホテル業界の経営者は、プロパティ全体の機動力を拡大し、運用をより適切に管理するために、クラウドベースのプロパティマネジメントシステムへの投資を検討しているが、多くのホテルは、どのテクノロジーが適切か、ベンダー製品間の違いやオプションもまだわかっていない。 PMS技術スタックの変更を検討しているホテル経営者にとって、クラウドベースの技術の性質についていくつかの神話が続いており、それができることとできないことを混乱させていることに注意して欲しい。 これらのツールには、すべてのホテルが事前に知っておくべき要件が事前に明らかではない可能性があるため、真実に焦点を当てて見よう。

真実#1:統合は複雑

Truth #1: Integration is complex

ベンダーが他との統合を組み合わせる能力をどれほど簡単かつシームレスに宣伝できるかにかかわらず、ホテル経営者には共存できるようにする責任を果たす現実の複雑さがある。 単一のベンダーから提供されている場合であっても、プロパティが必要とする、または追加する予定のモジュールのPMSスイート内でサポートされている統合を詳細なレベルで確認することが不可欠である。 ここでの制約(limitations)は、ホテルの詳細な運用要件の内部評価を行い、提供されている提案されたソリューションの内部動作を明確に理解することなしには、常に明確であるとは限らない。 これがないと、クラウド統合やインターネットを介したすべての部門でのシームレスな運用に利用できるものと利用できないものがあることに驚かされるかもしれない。 これらは、敷地内のゴルフプロショップなどのニッチな設備から、コンドミニアムの管理、室内のデバイス、ゲスト向けのアプリケーションまで多岐にわたる。 驚きを避けるために、ホテルのオペレータは、そのようなシステムに投資する前に、特定のPMSプロバイダーとのクラウド統合に利用できるものと利用できないものについて完全に分析する必要がある。 ホテル経営者はまず、収益またはオペレーションを改善するための目標と、クラウドベースの統合がどのように利益をもたらすかを評価する必要がある。

重要なゲストデータを格納するために、単一のデータベース上のクラウドで真に集中化されたシステムを実現するのか? クラウドでシームレスな部門間の通信と統合を行うのか、それとも接続を完了するために独自のサーバーにデータを格納する必要があるのか。 これらの要因を理解することは、オペレータが目標を達成するために必要なパートナーシップを特定するのに役立ち、意味のある方法でダイヤルを動かすことができないテクノロジーへのコストのかかる投資を回避するのに役立つ。

真実#2:トレーニングが必要

Truth #2: Training is necessary

クラウドに接続するだけではホテルの運営は簡単にはならないが、ホテルの従業員が十分な訓練を受けていれば、長期的にはホテルの運営は簡単になる。

これは、アメニティやアクティビティを備えたより複雑な予約から高度な収益管理戦略の実装まで、ソフトウェアの高度化のレベルが運用に浸透するにつれて、トレーニングはますます必要になっている。 これの多くは自動化できるが、プロパティの従業員が少なくなると、適切なトレーニングの必要性とともに、説明責任のレベルが高まる。 クラウドベースのPMSを採用しているホテルは、新しいテクノロジーへの移行がスムーズに進むように、社内の運用手順を監視する必要がある。 また、新入社員は自信を持ってオンボーディングプロセスをガイドされる。 ここでは、統合に投資する前に、ホテルのテクノロジーニーズの範囲をもう一度理解することが重要である。 これは、従業員のトレーニングのレベルと焦点にも影響する。 スタッフを十分に訓練しないか、スタッフが使用しないツールについて不必要な指示を与えるだけの、効率を改善するために設計された新しいテクノロジーに投資するのは無駄な作業だ。

真実#3:データはそれ自体を処理しない

Truth #3: Data does not take care of itself

クラウドへのアクセスは、データセキュリティに関してホテルが関わりを断つことができるという意味ではない。 ホテル経営者は、クラウドに保存するデータを維持する責任があるだけでなく、物理的にオフサイトであっても、ローカルに存在するデータに対してPCIPayment Card Industry)準拠を維持するように注意する必要がある。 これは、フロントデスクからロビーバーまで、ゲストがクレジットカードを使用する敷地内のすべての場所に適用される。 クラウド内のデータは通常、自動的にバックアップおよび保護されるが、ローカルシステム内でこれを管理するのはホテルの責任となる。 クラウドは分離されたままであり、運用にクラウドベースのシステムを採用した場合、これらの要件はいずれも解消されない。 オペレータは、クラウドベースのサーバーホストとプロパティデータの管理を担当するローカルITチームとの間に明確な通信回線を作成することで、これを制御できる。 ホテルはまた、PCIコンプライアンスは、支払い処理に関するセキュリティ標準の基準であり、ソリューションではなく、データセキュリティの出発点であることを覚えておく必要がある。 オペレータはITチームと協力して、ローカルデータを定期的に保護およびバックアップし、データ侵害が発生した場合の法的責任とブランドの毀損を回避するために、ホストされているクラウドベースのシステムと同等の方法を維持する必要がある。

真実#4:クラウドベースのテクノロジーは全てを解決するわけではない

Truth #4: Cloud-based technology does NOT solve everything

新しいテクノロジーの必要性が生じた場合、その新しいテクノロジーに投資するためのホテルの主な目標を理解して調査を開始することが重要である。 投資を価値あるものにするソリューションの特徴と能力は、クラウドとオンプレミスの議論を否定する可能性がある。 プラットフォームに基づくソリューションが運用上のニーズを満たさない場合は、けして妥協しないで欲しい。 ホテル経営者は、適切な量のホスピタリティを提供する時期と、一歩下がってゲストに滞在を楽しんでもらう時期を理解している。 同様に、テクノロジーがニーズに対応するのに適している場合とそうでない場合を理解することも重要である。 ホテルのオペレータは、その完全な機能セットと、それがゲスト、スタッフ、および運用に与える影響を理解せずに、特定のシステムが必要であると想定してはならない。 ホテル経営者は、投資に対して最高の価値を得るには、ソフトウェアの制約内で作業するのではなく、運用上のニーズを解決する方法のメリットに基づいてソフトウェアと統合を選択することを勧める。 これは、ホテルのニーズ、望まれるユニークなゲストエクスペリエンス、およびテクノロジーがそれらの目標を柔軟に満たす方法を完全に理解することから始まる。 最も成功している実装は、ホテルのITチームと運用チームがベンダーに対するニーズを特定して明確に示し、利用可能なオプションと自社のITチームに対する責任を明確に理解している実装である。 テクノロジーは目的を果たし、スタッフの効率とゲストエクスペリエンスを向上させ、将来のサービス目標を達成するための経営陣のニーズに対応する必要がある。

著者: Warren DehanはプロパティマネジメントソリューションMaestroの社長。(10/25 https://bit.ly/3jC2Meo )

 

8. PhocusWire Pulse:スポットライトの新興企業

PhocusWire Pulseイベントは、旅行、観光、ホスピタリティの単一のトレンドまたはトピックに専念する、業界リーダーの一連の仮想集会である。

今年の8回目のイベントでは、旅行のスタートアップのトレンドと問題、課題、機会に焦点を当てる。 プログラムには、投資、成長計画、売り込み(pitching,)、顧客獲得などに関するディスカッションが含まれる。

PhocusWire PulseStartups In the Spotlightは、20211026日火曜日の東部標準時午前10時から午後12時まで開催される。

最新のイベントは、SalesforceTravelportによってサポートされている。

このイベントには、次の講演者が参加する。

  • JetBlue Technology Venturesの社長、エイミー・バー
  • SpotnanaCEOSarosh Waghmar
  • VouchCEOJoseph Ling
  • TrippersCEOCharlotte Franzellin
  • Phocuswrightの研究とイノベーションのマネージャーであるMike Coletta
  • Mark LenehanTravelportの航空会社の提案製品ディレクター
  • FutureStayCEOPhilip Kennard
  • SOSVのゼネラルパートナー、William Bao Bean

このイベントのインタビュアー:

  • Linda Fox、シニアレポーター、PhocusWire
  • PhocusWire、シニアレポーター、Mitra Sorrells
  • PhocusWire、ニュース編集者、Jill Menze
  • PhocusWire編集長Kevin May

(10/25 https://bit.ly/3CixvEx )

 

9. 新興企業ステージ:バジェット旅行のElude

Eludeは、予算を第一に考えて旅行を予約し、希望する価格帯に収まるカスタマイズ可能な旅行パッケージをユーザーに提示する。 Elude(米ロサンジェルス)は2019年に設立され、20218月に立ち上げられ、旅行者の手に力を取り戻し、複数の検索エンジンを閲覧する必要をなくすことを目指している、と共同創設者兼CEOAlex Simonは述べている。

人々は、洋服や不動産など、インターネット上で買い物をするのと同じ方法で旅行を検索して予約できる必要がある。 つまり、使いたいお金を入力し、何ができるかを学ぶ。 Eludeを使用すると、豪華であろうと費用対効果の高い場所であろうと、その中間の場所でも、数回タップするだけで、考えられるすべての旅行オプションを見つけ、探索し、予約することができる。 Eludeは旅行が予約されるたびにお金を稼ぐ。 旅行代理店のように、Eludeのプラットフォームで購入したすべての旅行から手数料を得ている。

(10/26 https://bit.ly/3GqR5AX )

 

10. Phocuswright Conference 2021:アクティビティ幹部へ5つの質問

Phocuswright Conferenceは、1115日から17日まで開催され、通常の幅広い講演、イベント、ネットワーキングが行われる。 センターステージでのいくつかの重要なセッションに先立ち、PhocusWireは、プログラムの幹部とパネルのために議論するための主要な領域のいくつかを概説している。

ツアー&アクティビティ、体験に焦点を当てた今年のパネルには、次のゲストが参加する。

BeMyGuestCEO兼共同創設者であるBlanca Menchaca

MagpieCEOChristian Watts

Tiqetsの創設者兼社長であるLuuc Elzinga

アクティビティの幹部への5つの質問:

(1). ブランドツアーは、このセクターの多くのプレーヤーが好む戦略である。 これは、市場戦略の大規模な変化をどの程度示しているか?

(2). 過去22か月の“ダウンタイム” の間に起こった、市場のオペレータ側での主な進展のいくつかは何か?

(3). 2022年以降、生き残るだけでなく繁栄するためには、同盟と統合が必要か。

(4). セクターの仲介者が回復段階で直面している最大の課題は何か?

(5). パンデミック関連の制限以外に、オペレータが最も恐れるものは何か:Google、オンライン旅行代理店、独自の技術的欠陥または何か他のもの?

(10/26 https://bit.ly/3CmOu94 )

 

11. VIDEO:旅行回復の獲得

2021年のこの最終四半期には、旅行、観光、ホスピタリティ業界に前向きな勢いがある。 航空会社は空に戻り、宿泊施設のプロバイダーは彼らのプロパティのベッドシーツの埃を払っている。 クルーズラインが再び出航し、アクティビティオペレータが目的地への訪問者を歓迎している。 しかし、これはこのセクターが現在の栄光に満足すべきだという意味ではない ― 実際、ブランドはパンデミック前に既存の顧客にサービスを提供する最善の方法を評価し、新しい旅行者をサービスに引き付ける方法を確立している。 “バケットリスト”トリッパー(生涯の夢を実現する旅行者)は、2年近く外出しないことによる節約を利用する傾向がある。 また、実装されている健康と衛生のプロトコルについて確認して、初めてクルーズサービスを利用しようとする人もいる。 では、旅行会社はどのようにしてこの回復期の需要に応え、収益性を維持できるのか?

そして、多くの旅行会社が学ばなければならなかった長期的な教訓を含め、2020年以降、旅行業界にとって根本的に何が変わったのか? 旅行業界へのロイヤルティと報酬プログラムのプロバイダーであるArrivaCEOであるMike Nelson、これらの問題などについて話し合う。 NelsonPhocusWireKevin Mayの間の完全な議論はhttps://bit.ly/3bdNxDR に含まれている。

(10/25 https://bit.ly/3bbIQdM )

 

12. 航空会社幹部、テックナイーブ批判に反発

航空業界は、中核となるシステムは信頼性が低く、今日のデジタル消費者には適していないという主張に反対している。 ブリティッシュ・エアウェイズの元ボスであるAlex Cruzは、今月初めのCAPA Liveセッションで、一部のシステムは50年以上前のものであり、「何千ものソフトウェア絆創膏、バンドエイドが追加され、内部パートナーと外部パートナーの複雑な組み合わせがあり、軽いサイバー攻撃がこれらのソフトウェアを屈服させるのも不思議ではない」と述べた。 彼はさらに航空会社の幹部の考え方を批判し、Amazonなどの小売業者は彼らが提供する経験(the experience)のために航空会社から財布のシェアを盗む準備ができていると発言した。 しかし、航空業界の上級幹部は、業界が近代化されており、システムが安全である(are secure)と述べて業界を擁護した。 この安全性の問題は、Cruzからさらに批判されていた。 T2RLのグループ共同CEO兼流通部門の社長であり、元アメリカン航空の販売および流通担当副社長であるCory Garnerは、「PNRやチケットなどの古風なプロセスは確かに航空会社のイノベーションを遅らせているが、テクノロジー自体は、他の世界クラスの企業と同じ最新のシステムとクラウドホスティング環境にますます基づいている。 それらはそれほど安全でなくはない」と述べている。 航空会社のシステムを近代化する必要がある一方で、それは信頼性の問題ではないことに同意する人もいる。 ルフトハンザグループネットワークエアラインズのチャネル管理担当シニアバイスプレジデントであり、SWISSCCOであるTamur Goudarzi Pourは、「実際、私たちは、ほとんどがインターネット時代以前に構築され、eコマースソリューションを意図したものではなかったシステムから、可能な限り多くのeコマース機能を抽出した。 これらのシステムとプロセスのさらなる強化により、セットアップ全体の複雑さが飛躍的に向上している。 したがって、航空会社を真のeコマースの世界に導くには、レガシープロセスのないOffers & Ordersを使用した新しいセットアップが不可欠である」と述べている。 彼は、一部の航空会社は、消費者の高まるデジタル期待に応えることができると信じている。 「現在のデジタル小売業の経験と他の業界の経験との間にはいくつかのギャップがあるが、このセクターには多くの動きがある。 ルフトハンザグループに関する限り、NDCにより技術スタックの近代化に関して大きな進歩を遂げた。 私たちは早い段階でNDC標準を開発し、販売パートナーと意識的に話し合った。 今日、デジタルチャネルの全体的なシェアは、直接オンラインチャネルによって大きく左右され、顧客の75%がすでにアクセスできるレベルにある。 したがって、航空会社にとって、デジタルカスタマーエクスペリエンスを全体的に向上させる大きなチャンスである」と言う。 同グループは、SabreTravelportの両方との新たな販売契約は、現代の小売業と技術革新への移行の兆候であると述べている。

小売業の考え方

Retailing mindset

Goudarzi Pourはまた、従来の航空会社の考え方は、“デジタルファーストのコンテキストでの小売業の考え方”によって補完されると述べる。 ルフトハンザグループがチャネル管理部門を立ち上げたことで、航空会社はパンデミックを利用して顧客と商業のセットアップを再考し、「私たちは、航空業界で最も近代的な組織構造を設計したと心から信じている。 これは、主にアジャイル製品組織でも機能する」と彼は言う。 IBS SoftwareCEOであるAnand Krishnanは、航空会社がパンデミックを利用してデジタルトランスフォーメーションを推進してきたことに同意し、“業界には大きな考え方の変化がある”とし、「航空会社は、テクノロジーをより良い、より迅速な回復への重要なルートとして特定しており、デジタル化への進歩的なアプローチをすでに実施している人々は、効率を改善し収益機会を増やすためにはるかに適している」と考える。 彼は、航空会社は最新のテクノロジーを使用して顧客の小売体験を向上させるだけでなく、「ロイヤルティの提案に革命をもたらし、新しい運用アプローチを通じて顧客体験を変革することで顧客獲得を増やす」ことができると付け加える。 要約すると、Kurishnanは、航空会社には“競争力のある差別化要因”を切り開く機会があると述べ、今後の道としてSaaSテクノロジーを提案する。

迫り来る脅威

Looming threats

差別化は、顧客を引き付けるだけでなく、Googleや他の潜在的な小売大手の迫り来る脅威と戦う上でも重要になる。 CAPA Liveセッション中に、Cruzは、Googleなどの企業は、フライトと消費者に関する多くのデータを保持しており、将来的にはキャリアよりも価格設定に関してより良い仕事をし、マージンを改善できると述べた。 しかし、航空業界の幹部はそれをそれほど単純だとは考えていない。 ルフトハンザのPour Goudarziは、「AIはこの文脈ですでにはるかにあなたを連れて行くことができますが、関連する多くの専有情報(proprietary information)があり、検索データはあなたをそこまでしか到達させることができない。 それでも、価格設定においても、航空業界のイノベーションドライバーに向けた強い推進力がある」と述べている。 彼は、ルフトハンザの継続的な価格設定の展開が良い例であると述べ、「これは、現代の航空会社の小売業における新たなマイルストーンを示し、お客様が常に最も魅力的なフライトオファーを受け取ることを保証する」と付け加える。 一方Garnerは、Googleや他の人たちが “次の支配的な仲介者” になるために必要なすべてを持っており、彼らの戦略を変えるだけでよいと語る。 「航空業界は常に仲介業者に支配される脅威にさらされているが、歴史が私たちに何かを教えてくれたとしたら、そのような優位性は、仲介業者の旅行技術の優位性とはほとんど関係がなく、収益性の高い顧客セットに対する支配を維持し収益化する能力と関係する」と言う。 全体として、パンデミックの間に航空業界の損失が数千億に達するにもかかわらず、継続的なデジタルトランスフォーメーション、オープン性の向上、およびコラボレーションを通じて、より強力になる機会があるとする感覚が存在する。 Amadeusの旅行担当プレジデントであるDecius Valmorbidaは、「コラボレーションの強化により、業界は現在、タッチレスソリューション、強化された小売機能、オープンおよびクラウドテクノロジー、収益管理製品を活用し、旅行者にとって本当に重要なことに焦点を当てている。 これらは、Amadeusが投資に焦点を合わせたさらなる分野であり、業界の利益のために投資と革新を続ける分野である」と述べている。 彼は、サイロを超えて考える能力により、業界は「旅全体を改善し、すべてのプロバイダーの利益を拡大する」ことができると付け加える。

 (10/26 https://bit.ly/3jAR8k7 )

 

13. トリアドでレビューの拒否と削除が増加

Tripadvisorは、レビュー分析テクノロジーを使用して、または手動で、2020年に200万件を超えるレビューを拒否または削除したと述べている。 2021年のTripadvisor Review Transparency Reportで、同社は200万件がすべての提出物の約9%を占め、そのうちほとんど100万件近くが不正であると判断されたと述べている。 2018年のほぼ5%から大幅に増加した。 報告書はさらに、100万件近くの不正なレビューの67%がサイトにアクセスするのを防いだと述べている。

Tripadvisorは、誤った情報や予防策を講じている企業への批判など、プラットフォームの新しいCOVID-19投稿ガイドラインに適合しなかった46,000件を超えるレビューも削除した。 そして、これらのガイドラインの結果として、さらに357,000件のレビューをモデレートした。 さらに、不正行為により34,605件のプロパティに罰則を科した。 同社はさらにスクリーニングプロセスの詳細を提供し、自動スクリーニング後の2020年にレビューのほぼ92%がサイトに投稿され、3%が自動的に拒否され、約5%が人間による閲覧のフラグが立てられた。 Tripadvisorによると、レビューが拒否または削除される主な理由は3つあり、2020年には48%がプラットフォームの基準に違反していると言われ、49%は偽物または偏見があると見なされ、残りは管理/その他の意味でビジネスが閉鎖されたかレビュー担当者による掲載削除で構成されている。 同社は、信頼と透明性への取り組みの一環として、Trust & SafetyWebサイトを開設した。 このウェブサイトには、セクハラや暴行を防ぐためのTripadvisor Says No Moreプログラムの一環として、ホスピタリティ従業員の信頼とトレーニングに関する会社の取り組みに関する情報が含まれている。

(10/27 https://bit.ly/3jJPbBL )

 

14. VIDEO:旅行新興企業のビッグピクチャ

COVID-19のパンデミックが発生してから、すべての旅行ビジネスにとって数年が経過した。 しかし間違いなく旅行の新興企業は、不確実性を背景にコスト、戦略、将来への期待を調整するため、さらに困難な時期に直面している。 現在ほとんどの企業が認識しているように、逆境とともにビジネスのすべての分野に創造性を展開する機会がしばしばもたらされる ― それは、生き残り、繁栄する能力を確保する機会だ。 今週のPhocusWire PulseStartups In The Spotlightイベントでは、JetBlue Technology VenturesAmy Burr、スタートアップ部門がトラウマ的な2年後に前進する方法をどのように検討しているかを詳しく説明した。 彼女はまた、投資家のためのホットなセクターのいくつか、生ぬるい(lukewarm)業界の分野、そして業界と財政支援者の目を引きたいと思っている創設者のためのトップのヒントについて概説した。 JTVの社長は、スタートアップが投資家に売り込むときに陥る罠のいくつかと、彼女のような組織の役割が若いビジネスの育成とサポートを支援するために何ができるかを説明した。 JetBlueが所有するコンサルタントおよびインキュベーターは、TransparentTravelStride3VictorsMilesMozioSkyhourFlyr LabsRedeamBetterezなどと協力してきた。 BurrPhocusWireKevin Mayの間の完全な会話はhttps://bit.ly/3jJRrZL に含まれています...

(10/27 https://bit.ly/3BgEuwJ )

 

15. バスのテックプラットホームChaloShuttl買収

バス技術プラットフォームChaloは、通勤サービスShuttlを買収した。

契約条件は明らかにされていないが、LinkedInを介してこの買収を確認した。 Chaloは、合併後の会社が月間2,500万以上の乗客を取り扱うと述べている。 
インドを拠点とするChaloは、より信頼性の高い輸送サービスを作成するために、ライブバス追跡サービスと非接触型決済ソリューションを提供している。
Chalo
は、今月初めにバステクノロジープラットフォームに4,000万ドルの投資を受けた。 この投資は、1月に発表された700万ドルの資金調達に上乗せされる。 報告によると、Shuttl2,000台のバスを保有しており、現在、ムンバイ、プネ、デリー、コルカタを含むインドの7つの都市で運行している。 同社はSequoia Capital, Amazon Alexa Fund, Times InternetLightspeed Venturesなどの投資家から9,700万ドル以上の資金を受け取っている。

(10/28 https://bit.ly/3bofF7A )

 

16. ヒルトン、中小企業法人旅行増加

Hiltonは、2021年の第3四半期に24,000万ドルの利益を計上した。 これは、中小企業(SME)からとレジャー旅行の予約の両方について、需要が高く、2019年レベルのレートに近いかそれ以上であるためである。 システム全体で、Hiltonは第3四半期のレートが2019年の同時期をわずか2.5%下回ったと報告している。 結果を共有するためのアナリストとの電話で、CEOChris Nassettaは、レジャーレートが四半期に2019レベルを超え、レジャー宿泊数は「ほぼ2019年並みになった」と述べている。 法人旅行の宿泊数は、“以前のピークレベル”の約75%となった。 システム全体で、RevPARは、2019年の同時期と比較して19%近く減少したが、今年の第2四半期と比較して17%ポイント改善した。 そしてHiltonのホテルの約40%が、今月に2019 RevPARレベルを超え、将来のすべての期間の予約は2019レベルをわずか8%下回っているに過ぎないとNassettaは言う。 今年の第3四半期の調整後EBITDA51,900万ドルで、前年同期比で132%増加し、2019年の第3四半期と比較して14%減少した。 Hiltonは、SME法人旅行増加の努力を続ける。 この四半期の法人旅行全体の一時的な減少は75%であったが、それは2都物語のようなものである  40%減少の大企業があるが、中小企業はたぶん510%の減少だ・・・そして、彼らは価格にあまり敏感ではない。 レジャーセグメントでは、Nassettaは需要を“ぶっち切り”と表現し、週末の米国での稼働率は8590%で、2019年のレベルを上回っている。  Nassettaは、流通戦略とオンライン旅行代理店との関係について尋ねられたとき、「効率的なフロンティアがあると信じており、その価格帯で彼らが提供できるものと我々が提供できるものに基づいて、個々の市場、プロパティごとに最小の流通コストで最大の収益を実現するにはどうすればよいかを可能な限りそれを計算したk。 そして私たちは、そのためにOTAと良好な関係を築いてきた理由であると信じている。 OTAがその役割を果たしていると信じている」と述べている。 Nassettaは、OTAは伝統的に予約の約1012%を占めており、そのシェアはそのレベルにとどまると予想していると言う。 「23年後であっても、以前と非常によく似ていると思う。 OTAの契約条件と、今後魅力的な条件を設定できることに明らかに満足している」と答えた。 第3四半期末現在、Hiltonは、既存のホテルがない27の国と地域を含む114の国と地域で、開発パイプラインに404,000の客室を備えた2,620を超えるホテルを所有している。(10/28 https://bit.ly/3pN6LJ3 )

 

17. VIDEO2021年の旅行新興企業ステータス

Phocuswrightの年次 State of Startups Report は、旅行業界における新規事業に関して最も包括的な概要を説明する。 このレポートは、2009年以降、デジタル旅行のスタートアップの状況を追跡しており、このセクターへの投資と、毎年どのような種類のビジネスが出現しているかのベンチマークとなる。 パンデミックに見舞われた2020年は、旅行、観光、ホスピタリティ業界にとって幸せな場所ではなく、市場の隅々に影響が及んでいる。 旅行の新興企業の状況も、レイオフの厳しい影響、旅行者からの需要の大幅な減少、およびパートナーからの新しいテクノロジーとサービスへの要求から逃れられていない。

旅行の新興企業74億ドルの投資が行われた2019年以降 202 0年の活動は、ほとんどの主要な測定指標で必然的に大幅に減少した。 2021年の完全なレポートのリリースに先立ち、Phocuswrightの研究とイノベーションのマネージャーであるMike Colettaは、今週のPhocusWire PulseStartups In The Spotlight イベントの初期の調査結果について概説した。 彼の完全なプレゼンテーションはhttps://bit.ly/3EoNXE7 に含まれている。

(10/28 https://bit.ly/3Ep0x6c)

 

18. Phocuswright Conference 2021持続可能性幹部へ5つの質問

Phocuswright会議は 、スピーカー、イベントやネットワーキングのその通常の幅広い編成により1115 ~ 17日に開催される。 センターステージでのいくつかの重要なセッションに先立ち、PhocusWireは、プログラムの幹部とパネルのために議論するための主要な領域のいくつかを概説している。 今年のパネルでは、持続可能性と、旅行、観光、ホスピタリティにおけるブランドの取り組み(またはそうでないこと)に焦点を当て、次のゲストを特集する。

  • Iberostar Groupのグローバルサステナビリティディレクター、Megan Morikawa
  • SilverRail TechnologiesCEOAaron Gowell
  • The Travel FoundationCEOJeremy Sampson

活動の幹部への5つの質問:

(1). 業界は、持続可能性に関して直面している主要な課題の認識に関して、空気を読んでいるか?

(2). ブランド戦略の企業の社会的責任のセクションで表明されているリップサービス以外に、企業が気候変動への影響に対処するために取るべき最初のステップは何か?

(3). 鉄道が答えになる国もあるが、他の国では、輸送に関してより持続可能な選択肢を実現するのがはるかに困難である。 だから、どうしたら良い?

(4). オーバーツーリズムと場所のリソースへの圧力に関連する問題に対処するために目的地が行うことができる重要な変更のいくつかを概説してくれるか?

(5). 宿泊施設のプロバイダーは、ゲストへの料金を引き上げることなく、より持続可能な製品やサービスにどのように移行できるのか? それとも、それは必要とされるトレードオフとなるのか。

The Phocuswright Conference 2021

Executive Roundtable: Travel's Dilemma - Are We Making Our Mark Or Leaving One?

(10/28 https://bit.ly/3CrvaaL )

 

19. MakeMyTrip、堅調な増収継続

MakeMyTripの収益は、2020年の第3四半期から今年の対応する期間までの間に3倍以上になった。 インドを拠点とするオンライン旅行代理店の最新の収益レポートで発表された数字によると、同社の収益は昨年の第3四半期の2,100万ドルから前年比で6,750万ドルに増加した。 同社は、COVID-19感染の大幅な減少とワクチンプログラムの展開と一致して、その財務実績が国の旅行業界の回復戦略を“リードし、貢献している”と述べている。 ビジネスの指標は、2021年の第2四半期に複数の製品ラインで上昇しており、総予約数は前年比で21,300万ドルから73,400万ドルに急増した。 航空券からの収益は2四半期で2倍になり、1,090万ドルから2,130万ドルに増加した。 ホテルとパッケージ製品(航空+宿泊施設)は、2020年から2021年までに、440万ドルから3350万ドルに大幅に増加した。 バスチケットの収益は、2021年第2四半期に4倍の840万ドルに増加した。 同社の損失は、2020年第2四半期の2,120万ドルから、今年の7月から9月の間に800万ドルに減少した。 国内旅行への段階的な復帰を捉えるために、MakeMyTripは販売およびマーケティング活動を400%以上増加させて1,160万ドルにした。(10/28 https://bit.ly/3bp0RFw )

 

20. COVID、旅行時の両替自動化要求

「ちょっと待ってください、Doc」と、象徴的な映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で Marty McFlyは言う。 これは、コロナウイルスのパンデミックが「ビジネス構造を永久に変えた」と主張する人々に対する良いアドバイスである。 COVIDは、ビジネスプロセスの自動化に関する既存のケースを補強するだけだと言う旅行業界では、使い古された決まり文句は、少なくとも一新させる必要がある。 パンデミックによる被害を否定する意味ではない。 UNCTADによると、私たちの生涯における市場リスクの最大の出来事は、世界で3億人以上を雇用しながら、世界のサービス輸出の29%を占める業界に前例のないショックをもたらした。 世界経済の観点から全体として、1.72.4兆ドルのGDPの大幅な損失が予想されている それでも、 Michael J. Foxが演じるキャラクターのように、ほとんどの通貨ヘッジは先物取引(forward contracts)で行われるため、未来に戻る(trip back to the future)、またはむしろ前に戻る(back to the forward)のがよいだろう。  航空会社、ホテルチェーン、卸売業者にとって、外国為替(FX)自動化のこれまで以上に説得力のあるケースは、以下に関するさまざまな戦略に光を当てている。

·        通貨市場での投機の回避

·        キャンセルを効率的に管理する

·        日常業務でより多くの通貨を使用する

·        競争力とコンバージョンを増やすためのツールとしてのFXの使用 

·        より多くの通貨を使用することによるマージン拡大のメリット

·        FXの自動化とリスク管理

ゆっくりと、しかし確実に、旅行流通におけるカタログベースの価格設定は、ダイナミックな価格設定へ道を譲っている。 このシナリオでは、FX建ての取引でキャッシュフローを保護する最も効率的な方法は、自動化されたマイクロヘッジプログラムを“確約(firm commitments)”または予約に適用することである。(マイクロヘッジ=投資家が現在保有している特定の証券のリスクを相殺できるようにする手法)

それでも、適切なツールの欠如、または場合によってはFXリスクの原因についての十分な理解がないため、財務チームはカレンダーまたは予算期間の全体に対して作成された予測に基づいてヘッジを行う可能性がある。 これは、過去の柔軟性のない旅行流通テクノロジーにとっては広く適切な戦略であった。 ただし、今日のプレーヤーがリアルタイムで接続および統合し、パーソナライズされた旅行体験を動的に提供することの容易さにより、予測ベースのFX管理手法は、条件付き注文および確固たるコミットメントのためのマイクロヘッジプログラムと適切に組み合わされない限り、非常に厳格でリスクが高くなる。 一部の企業は、ポリシー主導のFXマイクロヘッジプログラムに従うのではなく、構造化されていない方法で取引リスクをヘッジすることを好む。 このFXリスク管理戦略は非常に柔軟であるが、会社を通貨変動にさらすことにもなる。 それは為替レートとヘッジされた金額についての推測に基づいている — そして誰が現在の旅行環境では正確な予測はできない。

キャンセルの幽霊を飼いならす

Taming the ghost of cancellations

キャンセルは、旅行で最も差し迫った問題の1つである。 キャンセルされたFX建ての予約は、対応するヘッジが実行されていない場合、またはすでに実行された取引が同じFXレートで終了した場合に、通貨リスクへのエクスポージャーを減らす。 そうしないと、過剰なヘッジの状況が発生する。 対応するヘッジへの数百または数千の個別のエクスポージャーを手動で調整することは、特に不確実性が高い場合、すぐに不可能なほど複雑な作業になる可能性がある。 良いニュースは、テクノロジーが苦境に立たされている財務チームを救済してくれるということである。 APIを利用したソリューションにより、財務担当者は事前に決定されたキャンセル率のルールを設定でき、さらに重要なことに、企業の通貨リスクへのエクスポージャーを効率的に調整するために、自社のエンタープライズリソースプランニング(ERP)、予約エンジン、またはデータレイク(data lake)から“ネガティブエントリ(negative entries” を作成でき。 したがって業界の参加者は、これまで以上にキャンセルの打撃を和らげる立場にある。

価格設定ツールの鍵となる隠密活動としてのFX

FX as a key undercover pricing tool

自動化されたFXソリューションには、旅行会社が日常業務で競争上の優位性を獲得するのを助けることができる多くの方法がある。 FXレートソーシングの合理化されたプロセスにより、旅行業界のプレーヤーは次のことが可能になる。 

·        有利なFX市場の状況に最初に反応する

·        さまざまなクライアントセグメントの価格マークアップを設定する

·        競争力のある価格設定のためにフォワードポイントを使用する

異なる起算日の為替レートの差として定義されるフォワードポイントの場合を考えてみよう。(forward point=先物ポイントとは、外貨先物取引における直物レートと先物レートの差) 

“有利な”フォワードポイントの場合(フォワードプレミアムで取引される通貨で販売する場合、またはフォワードディスカウントで取引される通貨で購入する場合)、フォワードFXレートを使用すると、より競争力のある価格設定になる。 追加のボーナスとして、通貨リスクは体系的に管理される。 驚くべきことに、これらのタイプのWin-Winの自動化された機会は、参加者によってほとんど無視されている。 これは、参加者自身の“FXリスクマップ”に関する知識が不十分であるか、適切なソフトウェアツールがないことを反映している。 それでも、これらは投資された資本をより効率的に使用するための鍵であり、したがって、資本利益率と企業価値を高めるための鍵となる。

通貨を受け入れる 

Embracing currencies 

大事なことを言い忘れたが、FXの自動化により、航空会社、ホテルチェーン、卸売業者は、通貨リスクなしに日常業務に自信を持って“通貨を受け入れる”ことができる。 サプライヤーと顧客の通貨で売買することで、旅行業界のプレーヤーは、次のような多くの機会を生み出すため、1つの通貨のみを使用するリスクから解放される。

·        複数通貨のオファリングを実装して、信頼を高め、カートの放棄(カゴ落ち)を減らすシームレスなオンライン購入体験を作成する。 

·        FXの価格設定マークアップを取得して、顧客が自国通貨で請求書を決済できるようにすることで競争を弱める。

·        利益率を保護しながら収益を増やすために有望な新しい市場に拡大する

·        潜在的なサプライヤーの範囲を広げながら、サプライヤーが請求するFXマークアップによる高騰した価格を回避する

·        仮想クレジットカードやその他の支払い方法を使用して、企業自身のWebサイトでの直接的な利益率の高い販売の増加

·        急激な通貨切り下げが発生した場合に通貨が信用リスクに変わるのを防ぐ

どのようにスライスしても、旅行の流通におけるFX自動化の事例は、好都合な時期やパンデミックにおいて、ますます説得力のあるものになりつつある。

外貨による価格設定からFXの支払いと回収の“キャッシュフローの瞬間”まで、テクノロジーにより、スプレッドシートを必要とせずに、ERP、財務管理システム(TMS)、予約エンジンなどのさまざまなシステム間でデータをシームレスに流すことができる。 FXリスク管理プロセスの3つのフェーズ(取引前、取引、取引後)を自動化することにより、旅行業界の財務チームは利益率を保護し、キャンセルの幽霊を飼いならし、自信を持って顧客と自分自身により多くの機会を生み出すことができる。

著者:Marc Padrosaは、Kantoxのグローバル旅行業界ディレクター  

(10/28 https://bit.ly/3Bp0mWM )

 

21. VIDEO、次の10億人のオンライン旅行消費者

次の10億人のオンライン旅行の顧客は、現在の消費者とは異なり、旅行会社はすでに彼らの要件を検討している筈である。 将来のコホートにはさまざまな価値観と行動があり、柔軟性と、商品の返品、キャンセル、払い戻しの受け取り、柔軟な支払いメカニズムへのアクセスが可能なAmazonのようなエクスペリエンスが必要になる。 WebInTravel Singapore Experience 2021のパネルに参加し、オンライン旅行会社とAmadeusのシニアバイスプレジデントであるFrederic Barouは、「彼らが今日の社会生活で持っているこの種の行動はすべて、旅行でも見たいと思うだろう、そして私たちはこれから非常にかけ離れている。 ユーザーのために簡素化するには、多くの革新が必要だ」と述べている。
このセッションでは、投資家が現在スタートアップから何を見ているかについても話し合った。 Monk's Hill VenturesのベンチャーパートナーであるSusli Lieは、フィンテック、eコマース、SaaSは、現在、東南アジア地域での投資活動の上位3つのホットバーティカルであると述べている。 彼女は、それらの中に、Z世代のテクノロジー、クリエーターエコノミー、そして彼女が投資することに興奮し、旅行の新興企業によって取り上げられている仕事、学習、経験の未来に関するいくつかのトレンドとテーマがあると言う。 パネルはまた、旅行者の身元確認や個人がデータを共有する相手を選択する能力など、パンデミックによって引き起こされる可能性のある傾向についても触れている。

(10/29 https://bit.ly/3jOhK0Y )

 

22. 社説:小規模オペレータは締め付けを感じる(完全ノーマル)

[Viator]が行っているのは、予算があまりない事業者をGoogleに押し付け、必要な料金を請求するためのより多くの力を与えるだけだ」、Imagine Experiencesの共同創設者であるAna Karina Araqueからのこの引用は、Viatorの新しい手数料体系に関する今週のPhocusWireの記事にある。

ツアーやアクティビティでの流通は、一部の人が示唆するかもしれないが、少し移行段階にある。 他の人はまた、それが実際には少し混乱していると提案するかもしれない。 しかし、それはオンラインでのホテルの流通と、程度は少ないが、数年前の航空券の予約で起こったことを反映しているにすぎない。

強力なオンライン旅行代理店は、買い物客とアクティビティの提供者の間の有用な導管または市場として機能することを知っており、手数料に関しては(ホテルで行ったように)在庫とやりたいことを実行する能力を持っていることがよくある。 それは、良くも悪くも、進化として知られているものである。

Viatorの最近の変更は、今後数週間から数か月にわたって、アクティビティオペレータフォーラムやLinkedInの投稿で必然的に議論されるだろう。 これは、不公平と見なされるかどうかにかかわらず、Viatorの変更の問題だ。 ただし、実際には、事業者は最終的にGoogleや他のプレーヤーに向けて押し進める現在の流通戦略に対する新しい戦略を考え出さなければならない。 しかし、市場は最終的に落ち着き、次の開発は今後数ヶ月または数年後となるだろう。

これは、Viatorの動き(最終的に財政的または戦略的に負けると考えた場合、明らかにこれを行わなかっただろう)は、茶碗の中の嵐であると言っているわけではないが、このセクターの成熟過程におけるかなり日常的な動きである。

ツアー、アクティビティ、体験(エクスペリエンス)の分野は、製品のデジタル化と流通に関する何らかの形式の正規化に関して、ホテルや航空会社などにまだ遅れをとっている。 多くの人は、手作業が正当であり、仲介業者が、彼らの在庫の供給者を罰するために罰せられるべきであると考えるだろう。 また、そのような増大する痛みはセクターをスピードアップするプロセスの一部であると考えることは、少なくとも一時的には一歩後退する価値があると主張する人もいる。 資本主義とその包括的な競争原理は、企業が自分たちのニーズに合った方法で自分たちを位置付けるために好きなことをすることを意味する。 利他的行為と公平性がビジネスに存在することは滅多にない。 セクターがこれに気付くのが早ければ早いほど、先に進んで新しい機会を見つけることができる。(10/29 https://bit.ly/3Br4KnW )

 

23. セーバー、航空会社オペレーションAirCentre売却

CAEは、SabreAirCentre航空事業ポートフォリオを39,250万ドルで買収する。 この契約には、Sabre AirCentreの製品ポートフォリオ、関連技術、知的財産、および500人の従業員のCAEへの異動が含まれる。 カナダを拠点とするCAEは、民間航空、防衛、セキュリティ、ヘルスケアのトレーニングと運用サポートソリューションを提供している。 この買収により、CAEはパイロットトレーニングを超えてその範囲を拡大し、飛行および乗務員の運用ソリューションにおけるテクノロジーリーダーとしての地位を確立するのに役立たせる。 SabreAirCentreは、乗務員管理、飛行管理、移動管理、空港管理を含むポートフォリオで150を超える航空会社の顧客を数えている。

Sabreによると、この売却は、パーソナライズされた旅行のための新しい市場を創造するという同社のビジョンを実現するための新たな一歩を示している。

パンデミック前のAirCentreは、2019年に約15,000万ドルの収益を生み出し、同期間に約5,500万ドルのEBITDAを生み出した。 CAEにとって、AirCentreはコロナウイルスのパンデミックの開始以来9回目の買収となる。 この取引は2022年の第1四半期に完了する予定。

(10/29 https://bit.ly/3pX4uLg )

 

24. VIDEO: クライシスにおける新興企業の勢い

過去20か月が、旅行業界で活動している人にとって異常にストレスを感じていることは間違いない。 しかし、課題の重い雲の中には、いくつかの明るい点もある。 忍耐力だけでなく、勢いと成長も示している企業である。 確立された企業からの固有のサポートシステムなしで、パンデミックを乗り越えなければならなかった初期段階のスタートアップの前向きな牽引力を見るのはさらに注目に値する。  シンガポールを拠点とするVouch2021 PhocusWireHot 25 Startups1つ)は、これらのスタートアップの1社である。 危機が始まったとき、同社は、チャットボットベースのソリューションを使用してゲストエクスペリエンスを向上させるために、地元の市場でいくつかのホテルを取得し始めていた。 会社と創設者兼CEOJoseph Lingにとって幸いなことに、このタイプのテクノロジーは、パンデミックによって引き起こされるホテルの最も差し迫ったニーズの1つに対応するのに最適であった。 しかし、過去20か月間の会社の急速な成長は話の一部にすぎない。 今週のPhocusWire PulseStartups In The Spotlightイベントで、Lingは、2016年にまったく異なる製品でVouchを立ち上げ、2回資金不足に直面した難題について説明する。 彼は、困難な時期にモチベーションを維持した方法、ホスピタリティの経験がないことを強みと見なす理由、チームを構築した方法最近の110万ドル資金調達に続いて会社のやることリストを優先している方法について説明する。PhocusWireMitra Sorrellsとの完全なインタビュー https://bit.ly/3GxraaY をご覧ください。(10/29 https://bit.ly/3jJAzT9 )

 

25. 1025日の資金調達記事

·        マイクロモビリティTier

欧州のマイクロモビリティ企業であるTierは、シリーズDの資金で2億ドルを調達した。 “より広範なエクイティとデットレイズ”の一環であるとされる同社への投資は、既存の投資家であるSoftBank Vision Fund 2 Mubadala Capitalが主導し、M&G Investments and Mountain Partnersなどの新しいパートナーも関与しました。 ドイツを拠点とするTierは、現在、20億ドルの評価で合計66,000万ドルを調達している。 この投資は、「市場で最も安全で、最も公平で持続可能なモビリティソリューションを提供することにより、モビリティを善に変えるという使命を果たす」ためのリソースを提供すると述べている。 同社は、この資金を買収や戦略的投資、および艦隊の拡大に資金を使用する予定であると付け加えている。 Tier2018年に発売され、現在16か国の150の都市に135,000台の電動スクーター、電動自転車、電動モペットがある。 Tierは、6月にゴールドマンサックスから6,000万ドルの債務ファシリティを調達し、これは事業への信頼の投票と語った。

(10/25 https://bit.ly/3CjPVF5 )

 

·        ホテル決済Selfbook

ニューヨークを拠点とするホテル決済ソフトウェアのスタートアップであるSelfbookは、シリーズAの資金調達で2,500万ドルを、企業価値12,500万ドルの評価で調達した。 ラウンドはTiger Global Management主導し、Valia Ventures, Fin Venture Capital, 投資家のLachy Groomおよびエンジェル投資家が参加した。 同社は今年の第2四半期に200万ドルのシードラウンドを調達し、Better Tomorrow VenturesAbstract VenturesTenOne Ten Ventures9Yards Capitalなどの投資家も参加した。 20214月に立ち上がったSelfbookによると、Selfbookのソフトウェアを使用すると、ホテルはWebサイトでワンクリックの支払いを受け入れると同時に、詐欺を排除し、チャージバックを減らすことができる。 このシステムは、従来のクレジットカードとデビットカードに加えて、Apple PayGoogle PayPayPalをサポートしている。 Selfbookを使用すると、ホテルはゲストが分割払いを行うこともできる。 システムは、SevenRoomsMindbodySynXisなどのパートナーと統合され、ホテルのレストラン、スパ、アクティビティなどの複数の料金を1つの支払いフローに統合する。 Selfbookの直接予約リンクは、InstagramGoogle、および即時予約を可能にする電子メールを介して共有することもできる。 同社によれば、同社のソフトウェアは、アップセル、アドオン、部屋のタイプ、料金、カレンダーの表示構成の最適化を通じて、平均注文額を増やしている。 Selfbookのクライアントには、Eden Rock St. BarthsLe PigalleLineHotelsが含まれる。 このラウンドでは、総資金が3,000万ドルになり、シードラウンドの終了以降の評価額が15倍に増加する。(10/26 https://bit.ly/3nAIYcH

 

·          ホスピタリティ新興企業Butler Hospitality

ホスピタリティの新興企業であるButler Hospitalityは、“ゴーストキッチン”ダイニングのコンセプトを拡大するために3.500万ドルを調達した。

PhocusWire2019Hot25Startups1つであるButler Hospitalityは、総資金を5,500万ドルにする。 シリーズBラウンドは、Shamrock HoldingsMousse PartnersMaywic Select Investmentsが主導した。

2016年に設立されたButler Hospitalityは、ホテルでレストランを運営し、近くのサービスを提供していないホテルに配達することで、バーチャルルームサービスを提供している。 そのモデルは、既存の資産(この場合はホテルのプロパティ)を取得し、その収益を平方フィート当たり最大化するのに役立つように設計されている。 ニューヨークでの立ち上げ以来、このスタートアップはシカゴ、マイアミ、サンフランシスコ、ワシントンDC、ニュージャージーに拡大した。 この資金により、ボストン、ダラス、ヒューストン、ロサンゼルス、フィラデルフィア、ピッツバーグでサービスを追加し、2022年には約25万室のサービスを提供する予定である。 Butler Hospitalityはまた、この冬に新しいダイニングコンセプトを立ち上げるための資金を使用し、Hilton, Marriott International, Hyatt,  InterContinental Hotels Groupなどのホテルブランドとの戦略的パートナーシップを通じて会社を成長に向けて位置づける。 昨年7Butler HospitalityはシリーズAラウンドで1,500万ドルを調達し、企業価値を8,500万ドルとした。(10.28 https://bit.ly/3vVv1tu )

 

+++++

6月4日

九州で大手系列越え初の共同運航

米ユナイテッド航空、超音速機購入へ